FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【英日語ブログ記事No.3619】■I was caught in "Fake News" ・・!私は『フェイクニュースサイト・ネオンネットル』が流した『フェイクニュース』に引っかかった!
Hello Everyone!

みなさん こんにちは!

My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japanese independent journalist based on internet media.    

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。                  
                                     
I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sunday at 9:00 p.m. in local time for more than 8 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と日曜日を除く毎日午後9時から配信しすでに8年以上になります。

Approximately 500 persons are watching each time.

毎回約500人の方が視聴されています。
                                    
I started English-Japanese broadcast by-weekly on Wednesday night from the 7th February 2016 in order to talk directly to 1.4billions of
English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は隔週水曜日夜に英日語放送を2016年2月7日からを開始、日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。
___________________________

【Video】47m46s

 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/677495646
____________________

▲Please find and read here-after the English blog revised on the subject of English-Japansese broadcast made yesterday on 31th March 2021.

昨日水曜日(2021.04.14)夜に放送しました【YYNewsLive英日語放送】のテーマを加筆訂正して【英日語ブログ記事】にしましたので、ぜひお読みください。

【English-Japanese Blog】【英日語ブログ記事No.3619】

■I was caught in "Fake News" by "Neon Nettle, a site specializing in fake news"!

私は『フェイクニュースサイト・ネオンネットル』が流した『フェイクニュース』に引っかかった!

The article "Neon Nettle" I delivered on June 24, 2017, "A former MI5 agent confesses the assassination of Princess Diana on her deathbed" was "Complete Fake News"!

私が2017年06月24日に配信した『ネオンネットル』の記事『元MI5エージェントが死の床でダイアナ王女の暗殺を告白』の記事は『完全なフェイクニュース』だった!

I picked up the above article on the TV broadcast "YYNewsLive" on June 23, 2017,and distributed it in the blog as "YYNewsLive Today's Featured Information" the next day (June 24, 2017).

私は上記の記事を2017年06月23日のTV放送『YYNewsLive』で取り上げ翌日(2017.06.24)『YYNewsLive今日の注目情報』としてブログ記事配信をしました。

I found out that it was a "Complete Fake News".

この記事は『完全なフェイクニュース』だったことがわかりました。

▲ Reposted original article

元記事再掲

"Dying MI5 Agent Admits to Killing Princess Diana in Deathbed Confession"

『元MI5エージェントが死の床でダイアナ王女の暗殺を告白』

Jay Greenberg  ジェイ・グリーンバーグ

19th June 2017  Neon Nettle

http://goo.gl/CTZPdP (Note Yamazaki:already deleted!)
 
          (注山崎:既に削除されている)

Photograph of Princess Diana and "Former Mi5 Agent Hopkins who confessed the assassination of Princess Diana on the deathbed" published in the article "Neon Nettle"!

『ネオンネットル』の記事に掲載されたダイアナ妃と『死の床でダイアナ妃暗殺を告白した元Mi5エージェント・ホプキンス氏』の写真!

20210413DyingMI5agent admits to killing Pricess Diana
_______________________

(Article excerpt) (記事抜粋)

1.80-year-old John Hopkins is a retired Mi5 operative who worked as a hitman for Uk Government and claims to have carried out 23
assassinations between 1973 and 1999.

80歳のジョン・ホプキンスは、英国政府のヒットマンとして働き1973年から1999年の間に23回の暗殺を実施したと告白した元Mi5捜査官である。

2.Hopkins was a 38-year veteran and claims that his job his often involved discretely assassinating individuals who "posed a threat to national"
security ".

ホプキンス氏は38年間従事したベテラン捜査官で、彼の仕事は「国家の安全保障に対する脅威」を抱える個人を密かに殺すことが含まれていた。

3.Many of the victims of his secret assassination unit were politicians, journalists, activists, and union leaders.

彼の秘密暗殺部隊の犠牲者の多くは、政治家、ジャーナリスト、活動家、組合指導者だった。

4.Hopkins claims that Princess Diana was the only women he ever killed,

ホプキンスはダイアナ妃が今まで殺した唯一の女性だと言った。

5. "She was the only target where the order came directly from the Royal
family.

ダイアナ妃はロイヤルファミリーから直接命令が来た唯一のターゲットだった。

6. "The Royal Family had evidence that she was planning to divorce Charles."

「ロイヤルファミリーは彼女がチャールズと離婚するという証拠を持っていた。」

7. "She knew too many Royal secrets. She had a huge grudge and she was going to go public with all sorts of wild claims."

彼女はロイヤルファミリーの秘密をあまりにも多く知っていた。彼女は大きな恨みを持っていてすべてのを秘密を暴露するつもりだった。

8. "My boss told me she had to die. He ’d received orders directly from Prince Philip.and we had to make it look like an accident."

「私の上司は彼女は死ぬべきであるとフィリップ殿下から直接命令を受けたと私に言った。我々は事故のように見せかけねばならなかった。」

9. "I'd never killed a woman before, much less a princess, but I obeyed orders. I did it for Queen and country."

「私は王女どころか女性を殺したことは一度もなかったが、私は命令に従った。女王陛下と国のためにやったのだ。」
_____________________________

▲ Three proofs of "this fake news"

この『フェイクニュース』三つの証拠

The French left-wing daily Liberation's article dated October 23, 2019 "British intelligence officer has not confessed to the assassination of Princess Diana" provides three proofs that this article is "fake news."

仏左翼系日刊紙『Liberation』の2019年10月23日付けの記事『英国情報機関員はダイアナ妃の暗殺を告白していない)』は、この記事が『フェイクニュース』である証拠を三つ挙げています。
____________________

Check News "A British intelligence officer has not confessed to the assassination of Princess Diana"

チェックニュース『英国情報機関員はダイアナ妃の暗殺を告白していない』 

le 23 octobre 2019 La Liberation ラ・リベラシオン

https: //bit.ly/3wRUGUc
__________________

three proofs

三つの証拠

1.The picture of a man in the bed attached to the original article was not a picture of John Hopkins in 2017, but a picture of a 2010 article "A man calling anambulance from a hospital bed on his cell phone" on the Australian website.

元記事に添付されている男性の病床の写真は、2017年のジョン・ホプキンスの写真ではなく、オーストラリアのウェッブサイトの2010年の記事「病院のベッドから携帯で救急車を呼ぶ男性」の写真だった。

2.There is no person named John Hopkins among British intelligence officers.

ジョン・ホプキンスという名の人物は英国情報機関員には存在しない。

3.The fact was wrong. The original article states that "the Royal Family had evidence that Princess Diana would divorce Prince Charles" but in reality Princess Diana died a year after her divorce.

事実関係が間違っている。元記事では「ロイヤルファミリーはダイアナ妃がチャールズ皇太子と離婚する証拠を持っていた」となっているが、実際はダイアナ妃の死は離婚後1年だった。

▲ What is "Neon Nettle" that was the origine of the article?

元記事を流した『Neon Nettleネオンネットル』とは何か?

I reproduce hiere-after a verification report about the article of "Neon Nettle" by "Media Bias Fact Check", a site specializing in verification of "Fake News" i. (Japanese translation by Yasuhiko Yamazaki)

以下に『フェイくニュース』検証専門サイト『Media Bias Fact Check』が調査した『ネオンネットル』の記事に関する検証レポートを転載します。(日本語訳山崎康彦)

D. Van Zandt

July 21, 2018 Media Bias Fact Check メデイアバイアス ファクトチェック

https://mediabiasfactcheck.com/neon-nettle/
________________

● Evaluation

評価                                

1.Conspiracy theory level: Highest

陰謀論レベル:最高

2.Pseudoscience level: Highest

疑似科学レベル:最高

3.Reliability: Lowest

信頼度:最低

▲ Detailed report

詳細レポート

Bias Evaluation: Right-Wing Conspiracy Theory and Pseudoscience

バイアス評価:右翼陰謀論と疑似科学

Fact Report: Low

事実報告:低

Country: United Kingdom (35/180 Freedom of the Press)

国:イギリス(35/180報道の自由)

Media type: Website

メディアタイプ:ウェブサイト

Traffic / Popularity: Medium traffic

トラフィック/人気:中程度のトラフィック

MBFC Reliability Rating: Low Reliability

MBFCの信頼性評価:低い信頼性

History

歴史

Neon Nettle is an independent news source. According to their self-introduction page, "Neon Nettle delivers educational and thought-provoking articles. Neon Nettle says mainstream media is declining its credibility with censorship and continuous coverage of clever stories. I think. ”Neon Nettle is in London, England and the lead editor is Jack Murphy.

『Neon Nettle』は、独立系のニュースソースです。彼らの自己紹介ページによると「Neon Nettleは教育的で示唆に富む記事を配信しています。ネオンネトルは主流メデイアが検閲と巧妙な物語の継続的な報道でその信頼性を低させていると考えます」 『Neon Nettle』はイギリスのロンドンにあり主任編集者はJackMurphyです。

Funding / ownership

資金源/所有権

The owner name is not listed on the website. Neon Nettle is funded through online advertising and donations.

ウェブサイトには所有者名は載っていません。 『Neon Nettle』はオンライン広告と寄付を通じて資金提供されています。

Analysis / bias

分析/バイアス

Neon Nettle is the right conspiracy theory and pseudoscience website. There are many articles about aliens, the New World Order and more. They insisted on "Pants on Fire" (Note Yamazaki: totally bullshit) in "Politifact" (Note Yamazaki: anAmerican site that fact-checks the credibility of political statements and statements). It is on the "Fake News" list. They judge that "Snopes" (Note Yamazaki: fact check site) and most of the other verification sites judge that it is "a fake News site". The best way to see what this site is is to actually visit it and see for yourself. We recommend an aluminum foil hat.

Neon Nettleは、右翼陰謀論と疑似科学のWebサイトです。エイリアン、新世界秩序などに関する多くの記事があります。彼らは『ポリティファクト』(注山崎:政治にまつわる発言・声明の信憑性をファクトチェック (事実検証) するアメリカのサイト)で『パンツ・オン・ファイア』(注山崎:全くのでたらめ)の主張をしており『フェイクニュース』リストに載っています。彼らは『Snopes』(注山崎:ファクトチェック専門サイト)や他の検証サイトのほとんどが『フェイク』と判断しています。このサイトの正体を見る最良の方法は実際にサイトにアクセスして自分の目で確かめることです。アルミホイルの帽子をお勧めします。

Overall, we judge "Neon Nettle" at the level of "a tin foil hat" (Note Yamazaki:a type of headgear made of several layers of aluminum foil that can shield the brain from electromagnetic waves, mind control and mind reading). We rate it as aconspiracy website. It is based on numerous conspiracy theoretic promotions and fake news distribution. (May 1, 2017) Updated (D. Van Zandt July 21, 2018)

全体として、私たちは『ネオンネトル』を『ティンホイルハット』(注山崎:アルミ箔を数枚重ねてつくるヘッドギアの一種で電磁波やマインドコントロール、読心術から脳をシールドすることができるという考えや信念)レベルの『陰謀論ウェブサイト』と判断しています。彼らは多数の陰謀論を宣伝しフェイクニュースを流すことをベースにしています。(2017年5月1日)更新(D. Van Zandt 2018年7月21日)

▲My conclusion:

私の結論:

1.As" the Fake news" like this one is flying around on the net, I am so be careful in the future!

ネット上には今回のような『フェイクニュース』が飛び交ってるので、今後は十分注意するようにします。

2.I was deceived by this "Fake News", but I am convinced that His Highness Philip had undertaken "dirty works" for many years behind Princess Elizabeth's "frontface". I think he was deeply involved in Queen Diana's "accidental death."

(end)

今回の『フェイクニュース』には騙されたが、私はフィリップ殿下がエリザベス王女の『表の顔』の裏で長年『汚れ仕事』を一手に引き受けていたと確信している。ダイアナ王妃の『事故死』にも深く関与していたと私は思っている。

(おわり)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************
*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



スポンサーサイト



[2021/04/15 10:37] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<【English BlogNo.3619】■I was caught in "Fake News" by "Neon Nettle, a site specializing in fake news"! | ホーム | 04/14のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/7559-f926ac47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |