FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【今日のブログ記事No.3559】 ■(再掲)12歳のカナダ人少女ビクトリアさんが2012年にカナダ公共銀行協会で講演した『腐敗した銀行制度』の内容を(注山崎1-4)を新たに付けて再掲します!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2021.01.08)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.3149】のメインテーマを加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】76分29秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/660626270

【今日のブログ記事No.3559】

■(再掲)12歳のカナダ人少女ビクトリアさんが2012年にカナダ公共銀行協会で講演した『腐敗した銀行制度』の内容を(注山崎1-4)を新たに付けて再掲します!

【画像】600人の聴衆の前で講演するビクトリアさん(12歳)

20210108ビクトリア

【YouTube 日本語字幕付き映像】https://www.youtube.com/watch?v=dCIVgxCc6IY

2012/05/30 公開

(講演はじめ)

カナダがどうして、借金まみれになっていることを不思議に思ったことはありますか?政府がカナダ人に多くの税金を払わせることに不思議に思ったことはありますか?最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、残りの私達がそうではないことを不思議に思ったことはありますか?

国全体の借金が8000億ドル(今日の為替レートで約64.4兆円)以上もあることに不思議に思ったことはありますか?あるいは、なぜ、私達は一日当たり1.6億(今日のレートで約139.0億円)ドルの利息を国の借金の金利として支払うのでしょう?これは年間600億ドル(今日のレートで約4.9兆円)です!誰がこの600億ドルを受け取るのだろうと、不思議に思ったことはありますか?

私が見つけたことは、銀行と政府が共謀して、財政的にカナダの人々を奴隷にしているということです。

私がとりあげる三つの重要な点は皆さんの関心を十分に集めて、皆さんがご自身で調査を進めて、政府がカナダの人々に対して行う犯罪行為を止めることにたずさわって下さると希望します。

まず最初にカナダ銀行(中央銀行)について簡単に検証します。二つ目に今日の銀行がどのように機能しているかを見てみます。最後に政府に実行を請願することができる実行可能な解決策を提供します。

カナダ銀行 (中央銀行)

カナダの歴史のおいて、ほとんど知られていないGerald GrattanMcGeerという人物がいます。彼は法律家で、国会議員、バンクーバー市長を務めました。

彼のカナダに対する貢献は私達の歴史にとってもっとも偉大な一つです。彼はカナダのお金の創造と管理を唯一行うカナダ銀行の設立を擁護しました。1934年7月3日の設立され、すべてのカナダ人によって所有されていました。

カナダ銀行のおかげで、1970年代まで、政府が現在私達が持っている銀行制度を導入することを決定するまで、カナダの借金は常に管理可能なレベルに抑えられていました。現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。ではどのように略奪をしているのでしょうか?

New!(注山崎1)上記に言われている『1970年代まで、政府が現在私達が持っている銀行制度を導入することを決定するまで、カナダの借金は常に管理可能なレベルに抑えられていました』の原因は何か?それは1971年に米ニクソン大統領が突然行った『ドルと金の兌換停止=ニクソンショック』ことが原因である。『ロスチャイルド国際金融マフィア』が100%の株を所有する私有銀行』である『米中央銀行・FRB』が、所有する金の数量とは関係なく好きなだけドル紙幣を増刷して世界中にばら撒くことが可能になったからである。私が言う『超金融資本主義社会』が生まれたことが原因である。

今日の銀行制度はどうなっているか?

今日、民間銀行と政府がどのように機能しているかを説明させてください。まず最初に、カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。彼らは借金として複利の利子付きでカナダに貸すのです。それから政府は驚異的に増大する財政赤字への利息の支払いのために、カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。その結果はインフレーションで、カナダ人にとって私達の経済へ費やす本当のお金が減少し、本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。

New!(注山崎2)上記に言われている『まず最初に、カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。』とは何か?それは、政府の財政赤字を埋まるために政府が国債を発行して民間銀行にすべてを引き受けさせ、高い利息を払って民間銀行から借金して穴埋めする、今のやり方のことです。

同様に政府は貸付金の形で存在していないお金を貸し出す能力を銀行に与えました。銀行があなたに住宅ローンを提供するとき、文字通り「死の誓約」、貸付という意味で、銀行はあなたにお金を渡すわけではないのです。彼らはコンピューターのキーをクリックして、空気から、偽のお金を作り出すのです。実際には彼らの金庫にはないのです。現在、銀行は40億ドル(約3,826億円)の預金しか持っていませんが、1.5兆ドル(約142.5兆円)貸し付けているのです。
_________________

(注山崎3)上記に言われている『現在、銀行は40億ドル(約3,826億円)の預金しか持っていませんが、1.5兆ドル(約142.5兆円)貸し付けているのです』ことがなぜできるのか?それは、民間銀行が中央銀行から『準備預金制度』という『特権』を独占的に与えられているからです。これは、民間銀行が預金者の預金(現金)の1%を中央銀行に預託するだけで100倍の与信が即座に与えられるシステムです。
________________

Towersさんを引用します。「毎回必ず、銀行が貸付を行うたびに、新しく預金されたお金として新しい信用が作り出される。大まかに言えば、銀行からのすべての新しいお金は貸付という形態である。貸付とは借金のことだから、現在の制度では、すべてのお金は借金である。」

私は興味を持ったことに、マタイの福音書21章があります。キリストですら、寺院から両替商を追い払ったのです。なぜなら、彼らは通貨を操作していて、人々からお金を盗んでいたからです。

民間銀行はマタイの福音書21章の両替商のようなものです。彼らはカナダの人々のお金、そして自由を横領し、略奪しているのです。彼らを止める必要があります。

銀行制度はどのように機能するべきか?

悪名高いインタビューでMcGeer氏はTowers氏に尋ねました。「なぜ、政府はお金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ、政府は自分でお金を創造できるのに、民間から利息付で借金をして、国を倒産寸前まで追い込んだのですか?」

Towers氏は答えました。「もし、議会が銀行制度の運営形態の変更を望むのであれば、それは明らかに政府の権限内で可能なことです」

言い換えれば、もしカナダ政府が国家のために、お金を必要とするのであれば、彼らは直接カナダ銀行(中央銀行)から借りることができるのです。それから市民は公平に税金をカナダ銀行に返金するのです。この税金のお金は私達の経済インフラへの投入として戻され、最終的には借金はなくなります。経済構造が借金によるお金ではなく、本物のお金が基本になるので、カナダ市民は再び繁栄するでしょう。

ロイヤル銀行のような民間銀行によって所有されている借金についてですが、私達がカナダ銀行(中央銀行)に借金分のお金を印刷させて、彼らに渡します。その後、カナダ銀行の借金を返済するのです。そうです。私達は法的権利としてそうすることができます。

結論

結論として、私達は銀行制度と共謀した政府によって、横領され、略奪されて続けていることは12歳カナダ人の私ですら、痛ましいほど明らかなことです。この犯罪を止めるには私達は何をすべきでしょうか?次の世代が銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から自由で開放されるために何をすべきでしょうか?
____________________

(注山崎4)上記に言われている『次の世代が銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から自由で開放されるために何をすべきでしょうか?』への私の答えは、何か?それは以下の『四つの政策』を実現するために『市民革命政権』を世界各国で一日も早く樹立することです!

1.中央銀行の100%国有化

2.中央銀行から政府、地方政府、企業、個人へ直接無利子融資

3.消費税廃止と金融経済への一律課税

New!4.金本位制の復活
____________________

Mead氏の引用です。みなさんにこれを思い出してほしいのです。「小さなブループの人々が世界を変えることができるということを決して疑わないでください。実際に、いままで常にそうだったのです。」

(講演おわり)

(おわり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト



[2021/01/09 08:18] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<01/09のツイートまとめ | ホーム | 01/08のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/7278-bf7b8e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |