FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【英日語放送】■ The MMT advocated by Professor Kelton is・・・"!ケルトン教授が提唱するMMT(現代貨幣理論)は現状を隠した『インチキ理論』であり『ロスチャイルド国際金融マフィア』が仕組んだ『謀略経済理論』である!
Hello Everyone!     
                       
みなさん こんばんは!

Thank you very much for your kind attention to my English-Japanese broadcast from Japan.

日本からの英日語放送を視聴していただきありがとうございます。

Today si Wednesday the 21st October 2020 at 9.15 PM in local time.

今日は2020年10月21日の水曜日で日本時間で午後9時15分です。

Today's【YYNewsLive】 is the 3001st broadcast in total。

今日の【YYNewsLive】は通算で3001回目の放送です。     
__________________________

My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japanese independent journalist based on internet media.

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sunday at 9:00 p.m. in local time for more than 7 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と日曜日を除く毎日午後9時から配信しすでに8年以上になります。

Approximately 500 persons are watching each time.

毎回約500の方が視聴されています。
                                    
I started English-Japanese broadcast by-weekly on Wednesday night from the 7th February 2016 in order to talk directly to 1.4billions of
English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は隔週水曜日夜に英日語放送を2016年2月7日からを開始、日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。
______________________

【Video】 44m38s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/647191923
_______________________

☆【the principal subject of today】【今日のメインテーマ】

■ The MMT (Modern Monetary Theory) advocated by Professor Kelton is "The Fake Theory" hiding the current situations and "The PlotTheory of Economics" designed by "the Rothschild International Financial Mafia"!

ケルトン教授が提唱するMMT(現代貨幣理論)は現状を隠した『インチキ理論』であり『ロスチャイルド国際金融マフィア』が仕組んだ『謀略経済理論』である!

An article by Professor Stephanie Kelton, Faculty of Economics of the Univrsity of New York State who is an advocate of MMT was published in the Toyo Keizai Online dated today (October 19, 2020), so I prove below that the MMT is a complete bogus theory"

MMTの提唱者であるニューヨーク州立大学経済学部ステファニー・ケルトン 教授の記事が今日(2020.10.19)東洋経済オンラインに掲載されていたので、私は以下に『MMTは完全なインチキ理論』であることを証明します。

▲ Professor Kelton's main claims

ケルトン教授の主な主張

1. Japan must completely abandon its obsession with reducing the budget deficit to escape the corona shock

コロナショック脱出のため日本は財政赤字削減への執着を完全に捨て去らなければならない

2. The Bank of Japan should create money to stimulate the economy.

日銀は貨幣を創造して景気を刺激せよ。

3. The government budget deficit is the only way out of the crisis.

政府の財政赤字は危機を脱する唯一の道である。

4. The new administration of Japan must completely abandon its obsession with reducing the budget deficit.

日本の新政権は財政赤字削減への執着を完全に捨てなければならない。

5. It is not important for Japan whether the government budget is in the red or in the black. What is important is whether the budget is used to achieve a balanced and equitable economy for the people.

日本にとって重要なのは政府の予算が赤字か黒字かではない。国民にとってバランスのとれた公平な経済を実現するために予算が使われているかどうかだ。

▲ My criticism

私の批判

The following "two preconditions" that Professor Kelton presupposes in "the MMT theory" are completely wrong.

ケルトン教授が『MMT』の前提としている以下の『二つの前提条件』は完全に間違っている。

The first precondition: The government's aggressive fiscal stimulus "realizes a balanced and equitable economy for the people."

第一の前提条件:政府の積極的な財政出動は『国民のためにバランスのとれた公平な経済を実現している』。

First of all from the conclusion is that the government's aggressive fiscal stimulus is not for the people, nor for the realization of a balanced and equitable economy.It is for paying huge interest to private banks.

結論から先に言うと、政府の積極的な財政出動は、国民のためでもなく、バランスのとれた公平な経済の実現のためでもなく、民間銀行に巨額な利子を払うために行われている、ということである。

This is because the government's aggressive fiscal stimulus for "the corona measures" is covered by "the government bond issuance" and it has been decided from the beginning that "the government bonds" would be entirely undertaken by "the private banks".

なぜならば、政府の『コロナ対策』のための積極的な財政出動は『国債発行』によって賄われ、その『国債』は全額『民間銀行』が引き受けることに最初から決められているのだ。

In other words, it has been decided from the beginning that the entire amount of the government's "countermeasures against corona" would be borrowed from "the private banks" by paying a huge amount of interest to the "the private bank".

すなわち、政府の『コロナ対策』の積極的な財政出動資金の全額は『民間銀行』に巨額な利子を払って『民間銀行』から借金することに最初から決まっているのである。

Furthermore, for "the redemption" of the "the government bonds" issued by the government, the government issues every year a "new government bond" called "refinancing bond" and pays "the principal of the government bonds" to the banks by having the banks undertake.

さらに政府が今まで発行した『国債』の『償還』のために政府は毎年『借換債』という新たな『国債』を発行して銀行に引き受けさせ銀行からの借金で『国債』の元本を銀行に支払うことをやっているのである。

Professor Kelton intentionally hides these "current conditions"!

ケルトン教授はこれらの『現状』を意図的に隠している!

Knowing these "current conditions", the premise of Professor Kelton's "MMT theory" saying that "the government fiscal mobilization has realized a balanced and equitable economy for the people" becomes "totally trick."

これらの『現状』知れば、ケルトン教授の『MMT理論』の前提としている『政府の財政出動が国民のためにバランスのとれた公平な経済を実現している』というのは『全くのインチキ』となるのだ。

Second precondition: The Bank of Japan's money creation "realizes a balanced and equitable economy for the people."

第二の前提条件:日銀の貨幣創造は『国民のためにバランスのとれた公平な経済を実現している』。

First of all from the conclusion, the Bank of Japan's "money creation" for "corona measures" was neither for the people nor for the realization of a balanced and equitable economy.It was done to provide a huge amount of money for the private banks.

結論から先に言うと、日銀が『コロナ対策』のために行った『貨幣創造』は、国民のためでもなく、バランスのとれた公平な経済の実現のためでもなく、民間銀行に巨額な資金を提供するために行われている、ということである。

This is because the huge amount of money that the Bank of Japan has created for "the countermeasures against Corona" would not be supplied directly by the Bank of Japna to the individuals, the companies, the local governments and the Central Government hit directly by the "Corona Pandemic".

なぜならば、日銀が『コロナ対策』のために『貨幣創造』した巨額な資金は、日銀が直接直接『コロナパンデミック』の直撃を受けた個人や企業や地方自治体や中央政府に『供給』されるのではないからである。

This is because it has been decided from the beginning that the huge amount of money created by the Bank of Japan would always be "supplied" to "the private banks" and "the government-affiliated banks."

なぜならば、日銀が貨幣創造した巨額な資金は必ず『民間銀行』と『政府系銀行』に『供給』されることが最初から決まっているからである。

In other words, "the right to decide the supply destination" of the huge amount of money that the Bank of Japan has created for "the Corona measures" is held by"the private banks" and "the government-affikiated banks" instead of "the Bank of Japna" and "the Government".

すなわち、日銀が『コロナ対策』のために『貨幣創造』した巨額な資金の『供給先決定権』は『日銀』や『政府』ではなく『民間銀行』と『政府系銀行』が持っているということである。

In other words, most of the huge amount of money that the Bank of Japan has crea for "the countermeasures against Corona Pandemic" was not "supplied" to the individuals, the companies, the local governments and the Central Governments suffering from "the Corona Damage".

すなわち、日銀が『コロナ対策』のために『貨幣創造』した巨額な資金のほとんどが『コロナ禍』で苦しんでいる個人や企業や地方自治体や中央政府には『供給』されなかったということである。

These funds were "supplied" preferentially to "the financial economy" controlled by "the Rothschild International Financial Mafia."

これらの資金は『ロスチャイルド国際銀行マフィア』が支配する『金融経済』に優先的に『供給』されたのである。

▲ What happened as a result?

その結果何が起こったのか?

As a result, while "the Corona Pandemic" destroyed "the real economy" around theworld and the lives of the ordinary people, "the Financial Bubble" has occurred on a large scale in the developed countries and 280,000 ultra-rich people aroundhave newly increased their assets of 700 trillions of yen in the past five months.

その結果、『コロナパンデミック』によって世界各国の『実体経済』と一般大衆の生活がて破壊される中、が先進各国で『金融バブル』が大規模に発生し世界の超富裕層28万人がこの5月間で700兆円もの資産を新たに増やしたのである。

▲ "Eight facts" that Professor Kelton never says in "the MMT
"

『MMT』の中でケルトン教授が決して言わない『八つの事実』

1. There are two types of economies that are in opposition to each other in each country of the world.

各国の経済には対立する二種類の経済が存在すること。

One is "the real economy," which is the "people's life" itself and the economy that creates "the values," and the other is "the financial economy," which is the"gambling economy" that produces no value just by buying and selling "the financial products".

一つは『国民の生活』そのものであり『価値』を生みだす経済である『実体経済』でありもう一つは『金融商品』の売買だけで何の価値も生まない『博打経済』である『金融経済』である。

2. The society in which we currently live is "the super-financial capitalist society."

我々が現在生活している社会は『超金融資本主義社会』であること。

"The super-financial capitalist society" is a society in which "the financial economy" that has swelled several tens of times larger than "the real economy" bydestroying "the real economy".

『超金融資本主義社会』とは数十倍の規模に膨れ上がった『金融経済』が『実体経済』を破壊しながらさらに膨れ上がる社会であること。

3. The US Central Bank "FRB (Federal Reserve Board)" is a "completely private bank" in which the US government does not own any shares and the Rothschild banks own 100% of the shares.

米国中央銀行『FRB(連邦準備制度理事会)』は、米国政府は1株も持たなずロスチャイルド系銀行が100%株を所有する『完全な民間銀行』であること。

4. Japan's "Bank of Japan", EU's "ECB (European Central Bank)", UK's "England Bank" and the Central Banks of European countries and "BIS (Banl of InternastionalSettlement)", the Central Bank of the Central Banks around the world are virtually controlled by "the Rothschild International Financial Mafia".

日本の『日本銀行』、EUの『ECB(ヨーロッパ中央銀行)』,英国の『イングランド銀行』ヨーロッパ各国の中央銀行そして世界各国の中央銀行の中央銀行である『BIS(国際決済銀行)』はすべて『ロスチャイルド国際金融マフィア』が実質的に支配していること。

5. The governments of each country issue every year a large amount of "the government bonds" to secure the financial resources, have "the "private banks" takeover all of them, and pay huge interest rates to them to"the debt" from "the private banks".

各国政府は、財源を確保するために毎年多額の『国債』を発行してすべてを『民間銀行』に引き受けさせ莫大な金利を払いながら『民間銀行』から『借金』していること。

6. The financial resources for "the principal redemption" of the "the government bonds" issued by the Government are "the debt" borrowed from "the private banks" by having "the private bank" takeover and paying interest.

政府が発行した『国債』の『元本償還』の財源は、政府が新たに『借換債』を発行して『民間銀行』に引き受けさせ金利を払って『民間銀行』から借りた『借金』であること。

7. The Central Bank of each country purchases "the Government Bonds" undertaken by the private banks and supplement the private banks with "the government bond purchase funds = the government loan funds".

各国の中央銀行は、民間銀行が引き受けた『国債』を買取って民間銀行に『国債購入資金=政府融資資金』を補填していること。

8. The total balance of "the Government Bonds" issued by the Government and the total amount of "the Government Bonds" purchased by the Central Bank from the private banks are all passed on to the people as "the national debt".

8.政府が発行した『国債』の総残高と中央銀行が民間銀行から買い取った『国債』の総額はすべて『国の借金』として国民に『ツケ』を回していること。

▲ My conclusion

私の結論

Professor Kelton's MMT (Modern Monetary Theory) is a "Plot Economics" designed by "the Rothschild International Financial Mafia" in order to execute unlimitedly "the government fiscal mobilization" and "the Central Bank monetary creation" "" and to invest most of the money in "the financial economy".

(end)

ケルトン教授のMMT(現代貨幣理論)は、世界各国の『政府の財政出動』と『中央銀行の貨幣創造』を『無制限』に実行させてその資金のほとんどを『金融経済』に投下させるために『ロスチャイルド国際金融マフィア』が仕組んだ『謀略経済学』である!

(おわり)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************











スポンサーサイト



[2020/10/21 22:32] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<10/21のツイートまとめ | ホーム | 【今日のブログ記事No.3509】■(つづき)ケルトン教授が提唱するMMT(現代貨幣理論)は『現状を隠したインチキ理論』『ロスチャイルド国際金融マフィアが仕組んだ謀略経済理論』だ!(No2)>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/7042-5a38d86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |