FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNewsブログ記事週間まとめ】■2020年09月08日(火)-09月12日(土)
いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。
&
過去一週間の間に【TwitCasting】と【YouTube】でライブ放送しまた【YYNewsLive】のメインテーマのブログ記事を【YYNewsブログ記事週間まとめ】にまとめました。

*2020年09月08日(火)-09月12日(土)5本の【YYNewsブログ記事】を以下にまとめました。

■【YYNewブログ記事週間まとめ】2020年09月08日(火)-09月12日(土)

①2020年09月08日(火) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3479】

■日本には香港と同じ『一国二制度』があることを指摘し批判する人は誰もいない!(No1)

▲日本の『一国二制度』とは何か?

それは、日本の中央政府のトップである内閣総理大臣を選ぶ制度と、日本の地方自治体のトップを選ぶ制度が『全く異なっている』ことである。

日本の中央政府のトップである『内閣総理大臣』は、『議院内閣制』によって衆議院選挙の結果衆議院の議席の過半数を獲得した政党の代表者が選ばれることになっている。

他方、日本の1971ある地方自治体のトップ(県知事、市長、区長、町長、村長)のすべては、任期が終了した時点で有権者による『直接選挙』すなわち『大統領制』によって選ばれることになっている。

すなわち日本には、中央政府トップは『議院内閣制』による『間接選挙』で選ばれ、地方自治対のトップは『大統領制』による『直接選挙』で選ばれるという『一国二制度』が存在し『矛盾』しているのだ。

このことを指摘し批判する人は誰もいない!

▲この『一国二制度』の目的は何か?

それは、『日本国憲法』を起案し制定したGHQ総司令官・マッカーサー元帥が日本を半永久的に『米国の植民地』にするために、米国の傀儡政党(自由党、民主党、自民党)の代表者が常に日本政府のトップに就任するためである。

GHQ総司令官・マッカーサー元帥は、『日本国憲法』第67条第1項と第6条第1項において『議院内閣制』の規定を『巧妙に埋め込んだ』のである。
_____________________

日本国憲法第67条第1項

内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。
_____________________

日本国憲法第6条第1項

天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
_____________________

▲なぜこの『一国二制度』は誰にも指摘されず何の批判もされずに存在するのか?

それは、GHQ総司令官・マッカーサー元帥が『日本国憲法』の中に『巧妙に埋め込んだ謀略』を真正面から指摘し批判する人が、日本の政治家、官僚、企業経営者、学者、ジャーナリスト、評論家、市民運動家の中に『誰もいなかった』からである。

New!▲なぜ誰もこの『一国二制度』を指摘もせず批判もしないのか?

それは、戦後の日本において『日本国憲法批判』と『GHQGHQ総司令官・マッカーサー元帥批判』は、『最高・最大の戦争犯罪人・昭和天皇裕仁批判』『象徴天皇制批判』『米国傀儡政党・自民党批判』『最高裁批判』『米国植民地日本批判』とともに『絶対的なタブー』だからである。

もしも誰かがこれらの『絶対的タブー』を指摘し批判すれば、その人の存在は『様々な妨害』によって破壊される危険性が高くなるのだ。

▲『議院内閣制』は『内閣総理大臣による独裁制度』である!

総選挙の結果衆議院の議席の過半数を獲得した政党の代表者が『内閣総理大臣』に就任する『議院内閣制』は、一見『民主的』に見えるが実は一人の人間が立法府と行政府を支配管理する『内閣総理大臣による独裁制度』である。

更に『日本国憲法』第6条第2項の規定により、日本の内閣総理大臣は天皇の名において『最高裁長官を指名できる』のである。
_________________________

日本国憲』第6条第2項

天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
______________________

すなわち日本の内閣総理大臣は、国会、内閣、最高裁の三つの国権を一人で支配・管理できる『最強の独裁者』なのだ。

(No1おわり)

②2020年09月09日(水) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3480】

■なぜ安倍首相辞任後の次期首相を国民が直接選挙で選べないのか?(No1)

なぜ次期首相は米国の傀儡政党・自民党内の談合で一方的に決められてしまうのか?

例えば小池東京都知事が突然『体調不良』で辞任したとすると、次の東京都知事は東京都民が選挙で直接選ぶことになる。

日本全国1971の地方自治体のトップが突然『体調不良』で辞任したとしても、次期トップは住民による直接選挙で選ぶことになる。

唯一日本の中央政府のトップである首相だけは、なぜか衆議院の議席の過半数を占めている自民党の代表者である総裁が自動的に就任することになっているのだ。

これこそが私が昨日の放送のメインテーマで取り上げ下記のブログ記事で主張した『一国二制度のまやかし』である。
___________________

【今日のブログ記事No.3479】 ■日本には香港と同じ『一国二制度』があることを指摘し批判する人は誰もいない!(No1)

2020年09月08日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/103e0ae2c7106f367dd4e137491b9483
___________________

▲この『一国二制度のまやかし』こそは『米国植民地・日本の在り方』そのものであり今こそ『根本的・全面的』に変えねばならない!

米国支配階級は、戦後の日本を半永久的に米国の植民地にするために彼らの利益代理人であるGHQ総司令官マッカーサー元帥を使って、傀儡政党(後の自民党)が日本の政権を常に独占できる『巧妙な仕掛け』を『日本国憲法』の中に埋め込んだ。

自民党とは、1955年に米CIAが資金を出して吉田自由党と鳩山民主党を保守合同させてA級戦犯でCIA工作員となった初代幹事長・岸信介の元に作った米国の傀政党である。

岸信介は3年後に首相となり、1960年5月に米国による日本の軍事占領の法的根拠である『日米安保条約』を全国動員の機動隊とヤクザを使って国民の大反対運動を暴力的に粉砕して強行成立させたのである。

▲GHQ総司令官マッカーサー元帥が傀儡政党(後の自民党)が日本の政権を常に独占できるよう『日本国憲法』に埋め込んだ『巧妙な仕掛け』とは何か?

1.傀儡政党・自民党が常に総選挙に勝利し衆議院の議席の過半数を独占する仕掛け。

●日本国憲法第41条『国会は国権の最高機関である』との規定に違反して、内閣を国会の上位に位置づけた。
_________________

●内閣総理大臣に衆議院の解散権を与えた。(日本国憲法第7条第3項)
____________________

日本国憲法第7条第3項)

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

衆議院を解散すること。
__________________

●内閣総理大臣に国会の召集権を与えた。(日本国憲法第7条第2項)
___________________

日本国憲法第7条第2項

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

国会を召集すること。
_________________

2.傀儡政党・自民党の代表者が常に内閣総理大臣に就任する仕掛け。

●内閣総理大臣の選出を、国民が直接選挙で選ぶ『大統領制』ではなく、衆議院の過半数の議席を獲得した政党の代表者が就任する『議院内閣制』を採用した。(日本国憲法第67条)(日本国憲法第6条第1項)
_______________________

日本国憲法第67条

内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。
_______________________

日本国憲法第6条第1項

天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
_______________________

3.傀儡政党・自民党の内閣に『司法への支配・管理権』を与える仕掛け。

●内閣総理大臣に最高裁長官の任命権を与えた。(日本国憲法第6条第2項)
________________________

日本国憲法第6条第2項

天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する
_____________________

4.傀儡政党・自民党の内閣に『法案の起案』と『国会への提出』の職務を与える仕掛け。
●日本国憲法第41条『国会は国の唯一の立法機関である』と第73条『内閣の職務』の規定に違反して、内閣に『法案の起案』と『国会への提出』の職務を与えた。

5.傀儡政党・自民党の内閣に日本国の予算に関する『すべての権限』を与えた。

●日本国憲法第第73条『内閣の職務』第5項『予算を作成して国会に提出すること』との規定に違反して、内閣に予算に関する『すべての職務』を与えた。

(No1おわり)

③2020年09月10日(木) 英日語ブログ

【English-Japanese Blog】【英日語ブログ記事No.3481】

■ why is there no "human absolute standard"? (No1)

なぜ『人間の絶対基準』は存在しないのか?(No1)

There are "the absolute standards" that everyone must follow in terms of length, weight, time etc.

長さや重さや時間などには全員が守らなければならない『絶対基準』が存在する。

"The length of distance" of 1mm.1cm.1m.1km has a strictly determined "the absolute standard" and all humans on the earth live according to this "absolute standard".

1mm.1cm.1m.1kmの『距離の長さ』は、それぞれ厳格に決められた『絶対基準』が存在し地球上のすべての人間はこの『絶対基準』を守って生活している。

If "the length of distance" of "the absolute standard" is not observed, the world would be in a mess and human life would not be possible even for a moment.

もしもこの『絶対基準』の『距離の長さ』を守らなければ、世界中が大混乱に陥り人間生活は一瞬たりとも成り立たなくなる。

1g of "weight" has a strictly determined "absolute standard" and all humans on the earth live according to this "absolute standard".

1gの『重さ』は、厳格に決められた『絶対基準』が存在し地球上のすべての人間はこの『絶対基準』を守って生活している。

If we don't follow "the weight" of this "absolute standard", the world would fall into a mess and human life would not be possible even for a moment.

もしもこの『絶対基準』の『重さ』を守らなければ、世界中が大混乱に陥り人間生活は一瞬たりとも成り立たなくなる。

"The length of time" of 1 second, 1 minute and 1 hour has a strictly determined "absolute standard" and all humans on the earth live according to this "absolutestandard".

1秒、1分、1時間の『時間の長さ』は、それぞれ厳格に決められた『絶対基準』が存在し地球上のすべての人間はこの『絶対基準』を守ってい生活している。

If we don't follow "the absolute standard" of "the length of time", the world would fall into chaos and human life would not be possible even for a moment.

もしもこの『絶対基準』である『時間の長さ』を守らなければ、世界中が大混乱に陥り人間生活は一瞬たりとも成り立たなくなる。

However, there is no "human absolute standard" that all humans on earth should follow, such as "do not take life of others", "do not take property of others", "do not invade other countries","do not destroy peace"!

しかし『他人の命を奪わない』『他人の所有物を奪わない』『他国を侵略しない』『平和を破壊しない』など、地球上のすべての人間が守るべき『人間の絶対基準』は存在しないのだ!

▲Why is there no "human absolute standard"?

なぜ『人間の絶対基準』は存在しないのか?

This is because there are "absolutely inconvenient" powers on the earth if "the absolute standards of human beings" exist and all people follow them, such as the length, the weight and the time.

それは、長さや重さや時間などと同じように『人間の絶対基準』が存在し全員が守るようになったら『絶対に困る勢力』が地球上に存在するからである。

To prevent this "human absolute standard" from becoming an effective "absolute standard" in the real world, they confine it in "the religion" and make it an object of "prayer" so that it cannot be realized forever.

彼らは、この『人間の絶対基準』が現実世界で実効性のある『絶対基準』にさせないために、これを『宗教』の中に閉じ込め『祈り』の対象にして永遠に実現できないにようにしたのである。

▲ Who is the power that has denied and rejected the "absolute human standard"?

『人間の絶対基準』を否定し拒否してきた勢力とは誰なのか?

It is "the world ruling class= the International Financial Mafia of Rothschild" that controls "the Central Banks" and "the private banks" of every country in the world and has controlled and exploited the people of each country by using their minions of "the national ruling class".

それは、世界各国の『中央銀行』と『民間銀行』を支配し彼らの手先である『各国支配階級』を使って各国国民を支配し搾取してきた『世界支配階級=ロスチャイルド国際金融マフィア』である。

If there is "the absolute standard of human beings" that all humans on the earthshould follow such as "do not take life of others", "do not take property of others", "do not invade other countries", "do not destroy peace" etc, their "dominance and exploitation" would be "absolutely" impossible.

もしも『他人の命を奪わない』『他人の所有物を奪わない』『他国を侵略しない』『平和を破壊しない』など、地球上のすべての人間が守るべき『人間の絶対基準』が存在したらば、彼らの『支配と搾取』は『絶対的に不可能』になるのである。

Because "the dominance and exploitation" by the "world ruling class" and by their minions of "the national ruling class" consist of "murder," "predation," and "war".

(No1 end)

なぜならば、『世界支配階級』による『支配と搾取』と彼らの手先である『各国支配階級』による『支配と搾取』は、『殺人』と『略奪』と『戦争』によって成り立っているからである。

(No1おわり)

④2020年09月11日(金) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3481】                          
■(まとめ)なぜ戦後の日本では米国傀儡政党・自民党が3回の例外を除いて常に総選挙に勝利し内閣総理大臣を送り出して政権を独占できたのか?

それは、米国支配階級の代理人である『日本国憲法』を起案し制定したGHQマッカーサー総司令官が、米国の傀儡政党(吉田自由党、鳩山民主党、岸自民党)が常に総選挙で勝ち、内閣総理大臣を送り出して政権を独占できる『巧妙な五つの仕掛け』を『日本国憲法』の中埋め込んだからである。

そしてその仕掛けが現在まで70年以上にわたって『バレもせず見事に機能している』からである。

第一の仕掛け

『日本国憲法』を『大日本帝国憲法』を廃止して『ゼロ』から作ることをせず、『大日本帝国憲法』を『改正』して『昭和天皇裕仁』に『上諭(じょうゆ)して認可』させ『日本国憲法』を制定した。

第二の仕掛け

『大日本帝国憲法』下の『天皇制』を廃止せず、『アジア・太平洋侵略戦争』の『最大・最高の戦争犯罪人・昭和天皇・裕仁』の『戦争犯罪』を『100%免罪・免責』して、100%イメージチェンジした同じ天皇を、名前を変えた『象徴天皇制』のトップに再び据えた。

第三の仕掛け

日本のすべての『地方自治体の首長』の選出には、選挙民が選挙で直接選ぶ『大統領制』を採用したが、中央政府のトップである『内閣総理大臣』の選出には、衆議院の議席の過半数を獲得した政党の代表者が国会で選ばれて『内閣総理大臣』に就任するという『議院内閣制』を採用した。

→『一国二制度』のインチキである!

第四の仕掛け

自民党出身の内閣総理大臣に『国会の召集権』と『衆議院の解散権』を与えるために『日本国憲法』第7条『天皇の国事行為』の第2項と第3項の文言を『天皇の国政行為』の文言にすりかえた。
_______________________

『日本国憲法』第7条『天皇の国事行為』

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

1.憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

2.国会を召集すること。

→この文言は『天皇の国政行為』の文言である。

→本来の『天皇の国事行為』の文言は『天皇は国会の召集を宣言する』である。

3.衆議院を解散すること。

→この文言は『天皇の国政行為』の文言である。

→本来の『天皇の国事行為』の文言は『天皇は衆議院の解散を宣言する』である。

4.国会議員の総選挙の施行を公示すること。

5.国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。

6.大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。

7.栄典を授与すること。

8.批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。

9.外国の大使及び公使を接受すること。

10.儀式を行ふこと。
_______________________

第五の仕掛け

自民党出身の内閣総理大臣に『司法の支配・管理権』を与えるために『日本国憲法』第6条において『天皇』を使って内閣総理大臣に『最高裁長官の任命権』を与えた。
_____________________

『日本国憲法』第6条

2.天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
____________________

(おわり)

⑤2020年09月12日(土) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3482】

■(まとめ)『政府』と『民間銀行』と『中央銀行』が『三位一体』で『国民資産』を合法的に横領しそのツケのすべて国民に廻す『巧妙なカラクリ』とは何か?

この『巧妙なカラクリ』は、世界各国の『中央銀行』と『民間銀行』を支配する『世界支配階級=ロスチャイルド国際金融マフィア』とその手先である『各国政府』によって国民が知らないまま以下の行為によって実行されている。

①『政府』が『国債』を発行する。

②『民間銀行』が『国債』を全額引き受ける。

③『中央銀行』が民間銀行の『国債』を買いとる。

▲その結果どうなったか?

①政府は潤沢な資金を確保できる。

②民間銀行は莫大な利子収入を得る。

③中央銀行は民間銀行が抱える国債を買い取り『資産』を増やす。

④国民はすべてのツケを『国の借金』として負担する。

▲この『巧妙なカラクリ』の『前提条件』

1.政府が『国債発行権』を独占する。

2.民間銀行が政府発行の『国債』をすべて引き受ける。

3.民間銀行は『預金総額の1%』を中央銀行に預託することで『100倍の与信』が与えられる。→『無からカネを生む準備預金制度』

4.中央銀行が『通貨発行権』を独占する。

▲その仕組み

1.政府は税収不足を理由に『赤字(特例)国債』を発行する。

→日本政府は2019年度に25.4兆円の『赤字国債』を発行した。

2.景気回復を理由に『建設国債』と『財投国債』を発行する。

→日本政府は2019年度に7.1兆の『建設国債』と12.0兆円の『財投国債』を発行した。

3.政府は償還期限の来た国債の元本を支払うために『借換債』を発行して民間銀行に引き受けさせる。

→日本政府は2019年度に107.9兆の『借換債』を発行した。

4.政府は発行した『国債』のすべてを民間銀行に引き受けさせる。

→政府は民間銀行から利子付きで借金する。

5.民間銀行は政府が発行した国債を引き受けさせることで政府に『融資』して『利子収入』を得る。

→日本政府が2019年度に支払った国債の利払い費は9.5兆円である。

6.中央銀行は通貨を増刷して民間銀行が引き受けた国債を買い取る。

→民間銀行が抱える『国債の元本』を『中央銀行』が買い取って『チャラ』にする。

7.上記の『政府』と『民間銀行』と『中央銀行』による『三位一体』の『国民資産横領作戦』によって毎年『国の借金』が積み重ねられる。

→日本の『国債』と『地方債』の発行残高=『国の借金』は2020年3月末時点で『1114.5兆円』となった。

▲この『巧妙なカラクリ』を『破壊する方法』とは何か?

①政府が独占する『国債発行権』を廃止すること。

②中央銀行を『100%国有化』しすべての決定権を国会の常設委員会『中央銀行最高運営員会』に移管し『国民化』すること。

③中央銀行の『貨幣発行権』を『実体経済』『国民福祉』のためのみに使い『金融経済』への使用を禁止すること。

④政府の財源不足や景気回復のための資金は中央銀行が直接『無利子・低手数料』で融資する。

⑤民間銀行の『無からカネを生む「準備預金制度」』を廃止する。

⑥すべての金融サービスを『中央銀行』が直接『無利子・低手数料』で行う

⑦銀行と金持ちが永遠に肥え太る『金利』を廃止する。

(おわり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************


スポンサーサイト



[2020/09/13 07:31] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<New!■【YYNewLive放送週間まとめ】2020年09月07日(火)-09月11日(金) | ホーム | 09/12のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/6919-711a0127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |