FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNewsLiveNo2930】■2020年7月開催予定の東京オリンピック・パラリンピックは『新型コロナウイルス』の『パンデミック(世界流行)』を予防するために即刻『中止』すべきである!
いつもお世話様です。

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日金曜日(2020年01月31日)午後10時から放送しました【YYNewsLiveNo2930】の放送台本です!

【放送録画】77分03秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/591061052

☆本日配信したブログ記事再掲

①【今日のブログ記事No.3337】

■この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?

【画像】風刺画『象徴天皇制』

20200129カルト宗教天皇制

私は『象徴天皇制』を批判する風刺画をはじめて見た。

日本では戦前の天皇制も戦後の天皇制も批判することは『タブー』であり風刺画を目にすることはなかったからである。

この風刺画は『象徴天皇制』の本質を見事に表現している。

そのポイントを詳しく見てみよう!

1.皇居の橋の上に立つ背広を着た『温和そうな天皇』とは誰か?

それは、アジア・太平洋侵略戦争を主導した父親・昭和天皇裕仁の『戦争犯罪』と『国民弾圧』を『慰霊の旅』と『憲法擁護』で『隠ぺい』してきた今の上皇・明仁(前天皇)である。

New!明仁前天皇と美智子前皇后が行った『慰霊の旅』と『憲法擁護』は、それだけを取り出せば『肯定的な意味』を持っているかもしれない。

New!しかし彼らは、父親・昭和天皇が犯した『侵略戦争犯罪』と『国民弾圧』という『未曾有の大罪』を一切批判せず、犠牲者への謝罪もしなかったことを考えれば、彼らの行為は結局は『天皇制』を存続させるための『欺瞞的行為』だったと思われれも仕方ないだろう。

2.天皇の前にひれ伏している複数の人物は誰か?

それは、85%が『象徴天皇制』を支持している今の日本国民である。

今の日本国民は、戦前と同じく、教祖の前にひれ伏する『カルト宗教信者』そのものである。

今の日本国民は、『象徴天皇制』が日本の『民主主義』と『主権在民』の原則を破壊していることを理解していない。

3.天皇の横で万歳している『安倍晋三似の男』は誰か?

それは、戦後日本を半永久的に『米国の植民地』にするために『天皇制』を最大限に利用している『米国支配階級』とその代理人=傀儡政党・自民党である。

彼らは戦前の『軍事独裁天皇制』を『象徴天皇制』に名前を変え『民主的・平和的天皇制』に『化粧直し』して戦後の日本国民を再度『洗脳』したのである。

4.国民が乗った粗末な筏『日本丸』の下の荒海に打ち捨てられた無数の白骨は誰か?

それは、昭和天皇・裕仁が主導したアジア・太平洋侵略戦争で殺された日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人の白骨である。

(おわり)

☆今日の最新のお知らせ

①昨日木曜日(2020.01.30)夜の『YYNewsLive』で放送しましたメインテーマ『この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?』の『YouTube表紙』です。

20200131象徴天皇制

【現時点での視聴者数】

【TwitCasting】: 178名  

【YouTube】: 123名 
_________________________
計      301名

☆今日の画像

①日本時間31日午後3時30分現在で確認されている新型コロナウイルス感染者の場所と人数を示した図。(AFP記事)

20200131新コロナビールス

②「立憲民主党の福山哲郎は門川大作市長をしっかりと応援していきたいと思っています」=19日、出陣式 (田中龍作ジャーナル記事)

20200131福山

③米アイオワ州ウェイバリーで、エリザベス・ウォーレン上院議員の代理で選挙運動を展開する息子のアレックスさんと愛犬ベイリー(2020年1月29日撮影9 (AFP記事)

20200131愛犬

☆今日の深読み情報

①『スペインかぜ』:1918年から1919年にかけ全世界的に流行したインフルエンザの通称。感染者は全世界で約5億人以上、死者は5,000万人から1億人。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://bit.ly/2tfE5xz

▲スペインかぜ(英: 1918 flu pandemic, Spanish Flu、スペイン語:La pandemia de gripe de 1918、gran pandemia de gripe、gripe espanola)は、1918年から1919年にかけ全世界的に流行したインフルエンザの通称。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によるインフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては最上位のカテゴリー5に分類される。感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行した。

流行源はアメリカであるが、感染情報の初出がスペインであったため、この名で呼ばれる。当時は第一次世界大戦中で、世界で情報が検閲されていた中でスペインは中立国であり、大戦とは無関係だった[1]。一説によると、この大流行により多くの死者が出、徴兵できる成人男性が減ったため、大戦終結が早まったといわれている[2]。

経緯

発生源は1918年3月、米国のデトロイトやサウスカロライナ州付近である[1]。その後同年6月頃、ブレスト、ボストン、シエラレオネなどでより毒性の強い感染爆発が始まった[1]。アメリカ疾病予防管理センター (CDC) によれば、既に1915年にインフルエンザと肺炎による死亡率が米国で増加しているが、発生源は依然不明としている[3]。新型インフルエンザ対策に関する検討小委員会ではカナダの鴨のウイルスがイリノイ州の豚に感染したとの推定が委員から説明されている[4][注 1][注 2]。近年のコンピューター解析によって、1918年型インフルエンザウイルスの前駆体が、1907年頃に発生したことが判明している。

被害状況

スペインかぜの患者でごった返すアメリカ軍の野戦病院

マスクをつける日本の女性たち

スペインかぜは、記録にある限り、人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)である[注 3]。

感染者は約5億人以上、死者は5,000万人から1億人に及び、当時の世界人口は18~20億人であると推定されているため、全人類の3割近くがスペインかぜに感染したことになる。感染者が最も多かった高齢者では、基本的にほとんどが生き残った一方で、青年層では、大量の死者が出ている。

日本では、当時の人口5,500万人に対し39万人[注 4]が死亡、米国でも50万人が死亡した。これらの数値は感染症のみならず戦争や災害などすべてのヒトの死因の中でも、最も多くのヒトを短期間で死に至らしめた記録的なものである[注 5]。

流行の経緯としては、第1波は1918年3月に米国デトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり[1]、米軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5-6月にヨーロッパで流行した。第2波は、1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり、重篤な合併症を起こし死者が急増した。第3波は、1919年春から秋にかけて第2波と同じく世界的に流行した[注 6]。また、最初に医療従事者の感染が多く、医療体制が崩壊してしまったため被害が拡大した。この経緯を教訓とし、2009年の新型インフルエンザによるパンデミックの際にはワクチンを医療従事者に優先接種することとなった。

☆今日の注目情報

①コラム狙撃兵 米国の水は汚染されている

2020年1月29日 長周新聞

https://www.chosyu-journal.jp/column/15599

ロイターが「米国の水は汚染されている--。問題はそれが従来の想定よりもはるかに悪いことだ」として、以下のように報じていた。環境保護団体であるEWGが22日に公開した報告書によると、マイアミ、フィラデルフィア、ニューオーリンズでパーフルオロアルキル化合物(PFAS)を最高レベルで検出した。PFASはほぼ分解されないことから「永遠の化学物質」と呼ばれ、がんや肝機能障害、低体重児の誕生といった健康被害をもたらす。また、この化学物質はテフロンやスコッチガード、消火剤の泡など多数の製品に含まれ、米国の1億1000万人が汚染されている可能性があると報告書で指摘している--というものだ。研究チームが全米44カ所の水道水を検査したうち、PFASを検出しなかったのは深い井戸を使っているミシシッピ州の一州だけだったのだと--。

このニュースを見て真っ先に思い浮かんだのは、マイケル・ムーアが『華氏119』で告発していたミシガン州フリント市で起こっていた水道水の鉛汚染の問題だ。ジェネラル・モータース(GM)創業の地であるフリントはデトロイトとともに自治体が破綻し、破産管財人の管理下に置かれた。その結果、コスト削減のために水道水をそれまでの水源であったヒューロン湖からフリント川に切り替えたところ、その水質汚染が原因で水道管の鉛が腐食し、身体に有毒な鉛汚染の水が各家庭の蛇口から供給されるようになった。気付かずに口に含んでいた市民のなかには死者も出て、とりわけ子どもたちに深刻な健康被害が出たことから大きな社会問題になったが、市は無害だと言い張り、それだけでなく健康診断書も改ざんしていた。しかも、貧困層の多いフリントの市民には死と隣り合わせの鉛汚染の水を供給しながら、カネのあるGMの工場には以前と変わらずヒューロン湖の水が供給されていたのである。このフリント市で水道供給を担っていた企業が世界最大の民間水道供給会社であるヴェオリアだった。ピッツバーグでもヴェオリアのもとでの鉛汚染が問題になっていた。

水道民営化とそのもとで引き起こされる水質汚染・料金高騰は世界各国で問題になってきた。生命にとって欠かせない水が企業の営利に委ねられ、カネがない者は汚染水でも飲んでおけという論理のもとで危険な生活環境にさらされ、しまいには鉛汚染、あるいはPFAS汚染の水を供給されるというのである。一歩先を行くアメリカの社会インフラの荒廃した状況は戦慄するものがあるが、それは2018年末に改正水道法が国会を通過し、コンセッション方式の導入に道を開いた日本国内とて他人事ではない。それこそヴェオリアが日本国内への参入に色めき立っているわけで、今後、水道水の供給を誰に委ねるのかは、各自治体やそこで暮らす住民たちにとって命に関わる切実な問題となる。

日本社会のように全国どこでも蛇口をひねれば安心安全な水を口にすることができる国はほかにないといわれてきた。その安心安全が脅かされるのは、明らかに社会インフラの後退であり、企業の利潤のために公共管理の水が握られるというのは、首根っこを抑え込まれるのに等しい愚行といえる。    

武蔵坊五郎

☆今日のひとこと

■『象徴天皇制』とは何か?(山崎康彦)

(ブログ記事『この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?』より)

①『象徴天皇制』とは、敗戦日本を軍事占領した『米国支配階級』がその代理人=『傀儡政党・自民党』を使って戦後日本を半永久的に『米国の植民地』にするために最大限利用した『洗脳支配装置』である。

②『象徴天皇制』の象徴だった明仁前天皇と美智子前皇后が行った『慰霊の旅』と『憲法擁護』の行いは、それだけを取り出せば『肯定的な意味』を持っているかもしれないが、戦前アジア・太平洋侵略戦争を主導した父親・昭和天皇裕仁の『戦争犯罪』と『国民弾圧』を一切批判せず犠牲者への謝罪もしなかったことを考えれば、彼らの行為は結局は『天皇制』を存続させるための『欺瞞的行為』だったと思われれも仕方ない。

③『象徴天皇制』を何も考えずに支持する今の日本国民は、戦前と同じく、教祖の前にひれ伏す『カルト宗教信者』であり、『象徴天皇制』が日本の『民主主義』と『主権在民』の原則を破壊していることを理解していない。

④『象徴天皇制』は、昭和天皇・裕仁が主導したアジア・太平洋侵略戦争で殺された日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人の『墓場の上』に『米日支配階級』が建てた『虚構』である。

☆今日の推奨本(朗読)

■【推奨本】エレーナ&ベアタ・エルマン、グレタ&スバンテ・トゥーンべり著『グレタ たった一人のストライキ』(海と月社刊2019年10月7日)

第二十二回朗読 (2020.01.31)

●グレタからあなたへの手紙 (P62-63)

(1)今日のメインテーマ

■2020年7月開催予定の東京オリンピック・パラリンピックは『新型コロナウイルス』の『パンデミック(世界流行)』を予防するために即刻『中止』すべきである!

日本の旅行会社JTBは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の訪日外国人旅行者数を推計3,430万人、対前年比7.9%増と予測していた;

しかし昨年12月に中国武漢市で『新型コロナウイルス』が発生したちまち中国全土及び世界各国に拡大している現在、この予測数値は大幅な減少となるだろう。

下記の【関連記事1:AFP記事】によると、本日2020年1月31日午後3時30分時点での『新型コロナウイルス』の感染者数は、世界21カ国で約1万人、死者は213人(中国)である。

今『新型コロナウイルス』は【ヒトからヒト』に感染する『新段階』に突入して中国では患者数が激増している。

下記の【関連記事2:女性自身記事】によると、『新型コロナウイルス』のワクチンは「世界の医療機関が取り組んでも完成は早くて1~2年後になってしまう」(医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さん)とのことである。

要するに1-2年後に『有効なワクチン』ができるまでの間、我々ができることは、①人混みを避ける、②マスクをする、③手洗い、うがい、アルコール消毒を丁寧にする、ことしかないのだ。

このような状況下で、もしも安倍晋三政権とJOC(日本オリンピック協会)が「予定通り2020年7月に東京オリンピック・パラリンピックを開催する」と強弁するとすれば、これはまさに『狂気の沙汰』でしかないだろう!

【関連記事1】

▲新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(31日午後3時30分現在)

2020年1月31日 AFP日本語版

https://www.afpbb.com/articles/-/3266112

【画像】日本時間31日午後3時30分現在で確認されている新型コロナウイルス感染者の場所と人数を示した図。(AFP記事)


日本時間31日午後3時30分現在で確認されている新型コロナウイルス感染者の場所と人数を示した図。

【1月31日 AFP】中国中部・武漢(Wuhan)の市場で発生し、世界中に拡散している新型コロナウイルスについて、これまでに感染者が確認された国と地域を以下にまとめた。

■中国

31日時点で213人が死亡、約1万人の感染を確認。感染者の大部分が武漢市内とその周辺に集中している。死者のほとんどは武漢地域で確認されたが、北京など同地域以外でも複数の死者が確認されている。

中国本土以外では、100人以上の感染が報告されている。

<アジア太平洋地域>

■日本

厚生労働省は30日、14人の感染を確認したと発表。うち2人については、人から人への感染が確認されている。

武漢からの観光客を乗せたバスの運転手とツアーガイドが、最近の中国への渡航歴がなかったにもかかわらず感染した。

■香港

これまでに12人の感染を確認。

■マカオ

28日の時点で7人の感染を確認。

■オーストラリア

これまでに9人の感染を確認。

■カンボジア

27日に国内初の感染者を確認。

■マレーシア

30日に新たな感染者1人が確認され、感染者数は計8人に。当局によると、全員中国人。

■ネパール

武漢から入国した32歳の男性の感染を確認。男性は隔離されていたが、その後回復し、退院した。

■フィリピン

30日に初の感染者を確認。武漢から到着した38歳の女性で、既に症状は出ていない。女性がフィリピンに到着したのは21日で、その4日後に診察を求め、検査のため入院した。

■シンガポール

これまでに13人の感染を確認。いずれも武漢から到着した人々。

■韓国

30日に新たな感染者4人が確認され、感染者数は計11人に。

■スリランカ

27日に国内初の感染者を確認。

■台湾

これまでに8人の感染を確認。

■タイ

28日時点で、中国以外では最多の14人の感染を確認。

■ベトナム

これまでに5人の感染を確認。

■インド

30日に1人の感染を確認。

<北米>

■カナダ

これまでに2人の感染を確認し、さらに1人が「感染疑い」とされている。

■米国

これまでに6人の感染を確認。全員が最近、武漢から米国に入国した。感染確認場所の内訳はカリフォルニア州が2人、イリノイ州が2人、アリゾナ州とワシントン州が各1人。うち、シカゴでは女性から夫への米国内初のヒト間感染が確認されている。

<欧州>

■フィンランド

29日、武漢からの観光客1人が新型ウイルスへの検査で陽性を示した。当局によると、病院内の隔離された場所で治療を受けているという。

■フランス

これまでに6人の感染を確認。欧州で新型コロナウイルスの感染が確認されたのはフランスが初めて。

■ドイツ

これまでに5人の感染を確認。ドイツを訪れていた中国人の同僚が主催する研修に出席した後に体調を崩し、後に欧州内初のヒト間感染と確認された患者を含め、5人全員がミュンヘン(Munich)の病院内で隔離されている。

■イタリア

ジュセッペ・コンテ(Giuseppe Conte)首相は30日、最近イタリアに到着した中国人観光客2人の感染を確認したと発表した。

<中東>

■アラブ首長国連邦(UAE)

29日、数日前に武漢から到着した中国人一家4人が感染していることが発表された。

【関連記事2】

▲空港での対策困難…「新型コロナウイルス」ワクチン完成時期は

2020/01/30 女性自身

https://bit.ly/2GJYfTe

春節に突入し、多くの中国人観光客の来日が予想される(写真:アフロ)

中国国内での感染者・死者が増え続けている新型ウイルス。どのようにすれば感染を防げるのか? 感染症医たちが疑問に答える!

「武漢市内の駅構内では、マスクをしたスタッフが消毒する姿を見かけるし、街中では薬局やコンビニなど、いたるところでマスクが売り切れ状態。異様な雰囲気です」(中国に詳しいジャーナリスト)

中国・武漢市から感染が拡大している新型コロナウイルス。日本でも16日、武漢に滞在していた30代男性の感染が認められた。その後、タイ、韓国、台湾、そしてアメリカでも感染者が出たことが報じられている。

20日に北京市と上海市で感染例が確認されてから、日を重ねるごとに数百人単位で感染症の数は増加し続けている。この現状について、国立国際医療研究センターの忽那賢志が解説する。

「感染者の多くは武漢で発症しており、ほかの地域で発症した人でも、武漢に渡航歴がある人に限られていたのですが――。21日に北京市で発症した患者の1人は、武漢に滞在していませんでした。つまり、別人からの“二次感染”が強く疑われており、“人から人へ移るウイルス”であることがわかったため、さらなる警戒態勢に入っています」

アメリカに住む内科医の大西睦子さんが、現地の対応を語る。

「CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、武漢からの飛行機の受け入れをロサンゼルスやニューヨーク、シカゴなど5カ所に絞り込みました。空港内では、症状や発熱のチェック、多くの感染者を出した生鮮市場への訪問の有無を問うアンケート調査も行われています」

日本でも24日、外務省が武漢市含む湖北省全体への「渡航禁止」を勧告。各国が厳戒態勢を敷いているが、25日から中国圏は「春節」と呼ばれる大型連休に突入している。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんは、こう警告する。

「春節では、中国国民の富裕層の大多数が旅行へと繰り出します。人気旅行先である日本にも、多くの中国人が来るでしょう。日本で新たな感染者が出ることも想定しておくべきです」

危惧される日本国内での流行の被害に遭わないために、私たちはどのように対策すべきなのか。前出の識者たちに、新型コロナウイルスについての疑問をぶつけてみた。

【疑問1】ワクチンは完成するの?

「SARSが流行したとき、中国政府が情報公開を控えたことで、世界で約800人の死者を出してしまいました。その過去があってか、今回中国政府は早々にウイルスのゲノム情報を公開。しかし、世界の医療機関が取り組んでも、完成は早くて1~2年後になってしまうでしょう」(上さん)

【疑問2】空港の検疫で感染者は止められる?

「日本の空港では、発熱チェックなどで検疫体制をとっています。しかし、先日国内で発見された感染者は、解熱剤を飲んだことで、検疫をパスしてしまっている。空港ですべての感染者を止めるということは、非常に難しいのです。医療機関や高齢者施設は“日本国内にも感染者がいる”ということを前提に、重症患者は隔離するなど、院内感染を防ぐことが最重要課題となります」(上さん)

【疑問3】では、予防に有効なのは?

「現段階で、“これが新型ウイルス対策になる”という特別な対策はありません。ただ、飛沫感染ということもあり、インフルエンザが流行している季節でもあるので、人混みを避け、マスクをすることが大事です。また手洗い、うがい、アルコール消毒を丁寧にすることが、ウイルス対策になります」(忽那さん)

感染者は日増しに増えているものの、感染ルートはたどれている状況だ。

「広範囲で一気に流行する、という過度の心配は不要だと感じています。ですが、感染対策は入念に行うようにしてください」(忽那さん)

「女性自身」2020年2月11日号 掲載

(おわり)

(2)今日のトッピックス

①「まるでアジア系全員が保菌者扱い」新型肺炎で人種差別相次ぐ、欧州

2020年1月31日 AFP日本語版

https://www.afpbb.com/articles/-/3266066?cx_part=latest

中国から仏パリのシャルル・ドゴール空港に到着したマスク姿の人たち(2020年1月26日撮影)

【1月31日 AFP】中国で新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以来、フランスの中国系社会では、街中やソーシャルメディア上で人種差別(レイシズム)的な言葉を浴びせられたと訴える声が相次いでいる。イタリアの中国系社会の著名人らも、同胞に向けられた「潜在的人種差別」について警告している。

新型ウイルスの感染者が複数確認された仏パリでは、今週末にアジア人街で予定されていた春節(旧正月、Lunar New Year)のパレードが延期された。30日の主催者発表によると「衛生上の理由」から2~3か月延期されるという。

しかし、パレードを主催する在仏中国人協会(Association of Chinese People Living in France)のサシャ・リンロン(Sacha Lin-Jung)氏によると、延期は衛生上の理由からだけではなく「侮辱によってぶち壊しにされないため」でもあったという。

「外国人嫌悪が入り混じった集団ヒステリーがあり、フランスのアジア系住民に対する人種差別発言に歯止めがきかなくなっている。まるでアジア系住民全員が保菌者のような言われ方で、近寄るなと言わんばかりだ」(リンロン氏)

現地紙クーリエ・ピカール(Courrier Picard)は26日、日曜版の一面の見出しに「黄色人種警報」と付け、謝罪に追い込まれた。

ソーシャルメディア上でもたくさんの証言が、リンロン氏の言葉を裏付けている。「エロディー(Elodie)」とだけ名乗る女性はAFPに対し、25日の街角で見た光景を語った。「買い物をしていたら何メートルか先で、高齢カップルがアジア系レジ係の接客を拒否し、母国に帰れと言い放った。レジ係の女性はショックで泣きだした」

アジア系の人々に対するこうした言動を非難するため、フランス国内のツイッター(Twiter)上にはハッシュタグ「#JeNeSuisPasUnVirus(私はウイルスじゃない)」が登場し、トレンド入りした。

在仏中国人の若者たちの団体、法国中国青年協会のラエティティア・チ(Laetitia Chhiv)氏は「中国人でなくともアジア人というだけで、非礼な扱いまたは人種差別的な行為を受けたという証言がたくさん舞い込んでいる。彼らは中国人と一緒くたに扱われ、しかもそのままウイルスと同一視されている」と訴えた。

新型ウイルスの感染拡大以降、イタリアでも中国人に対するいじめや嫌がらせ、差別が相次いで報じられている。

日刊紙スタンパ(La Stampa)によると、ミラノ(Milan)の中国系住民約3万人を代弁することが多いイタリア商業連盟(Confcommercio)の会員フランチェスコ・ウー(Francesco Wu)氏は「極めて不愉快でばかばかしく、腹立たしいことだ」と憤っている。

イタリアでは、ベネチア(Venice)で中国人旅行者らがつばを吐きかけられたり、トリノ(Turin)に住むある一家がウイルス感染者だと責め立てられたり、ミラノで母親らがイタリア人の子どもを中国系の同級生らに近づけないようソーシャルメディアで呼び掛けたり、といった人種差別が報じられている。

ウー氏は、「全く不当だし、子どもが巻き込まれているだけにいっそうひどい。無知と潜在的人種差別とが入り交じっている」と非難した。

②【京都市長選挙】福山幹事長、記者団の集中砲火はぐらかし

2020年1月28日 田中龍作ジャーナル

https://tanakaryusaku.jp/2020/01/00022283

福山幹事長。人間性が表情に現れていた。記者団の質問には答えずに門川市長の政策を誉めそやした。=28日、衆院16控室 撮影:取材班=

福山哲郎・立憲民主党幹事長の定例記者会見がきょう、国会内であった。

自公との相乗りが批判される京都市長選挙への質問が相次いだ。

福山幹事長は4年前、3期目を狙う門川大作氏の出陣式で「徹底的に共産党と戦う」とぶち上げた御仁だ。

「共産党の市長にNO」。自公と立憲などが推す門川陣営が26日、京都新聞に出した意見広告は世論を騒然とさせた。

大阪・毎日放送の記者が「(この)意見広告をどう見ているか?」と質問すると、福山幹事長は市長の実績を誉めそやし始めた。

「地下鉄の黒字化」「待機児童ゼロの実現」「老朽化した市場の再構築」・・・「私どもは門川大作市長の市政に対して評価をして、府連として推薦を出させて頂いております」。

そして最後につけ足しのようにして問題の意見広告に触れた。「あのような広告が出されていることについては、違和感を覚えているというのが率直な感想です」と。

「立憲民主党の福山哲郎は門川大作市長をしっかりと応援していきたいと思っています」。=19日、出陣式 撮影:取材班=

地元の京都新聞記者が「違和感を覚えたとは具体的にどういうところに?」と突っ込んだ。

答えは福山幹事長の人間性をよく表していた―「それ以上でもそれ以下でもない。逆に京都新聞があれを審査に通したことが不思議でならない」。

問題の意見広告をめぐっては「ヘイト」「戦前のアカ狩り」などの指摘がある。立憲は自公と共に門川陣営の一角を占めるのだ。

福山幹事長の言い草は、殴った側が「その場を作ったオマエが悪い」と言っているのに等しい。

政治の現場を知り抜いた古強者のジャーナリストは、共産党との野党共闘を「どう説明するのか?」「地方と中央は違うということだけで」済ますのか?と質した。

福山幹事長は「首長というのは市民の生活を守ることが第一」と答えた。

「であるならば、門川市長はなぜ市民の要望が強い中学校の学校給食を12年間ほったらかしにしてきたのか?」「門川市長は世界遺産の仁和寺前に大型ホテルを建てようとするのか?」-田中はこう質問した。

福山幹事長はまたしても、首を傾げたくなるような門川市長の実績を並べ立てた。そして「トータルでやってきたことを評価せずに(給食とホテル建設を)議論するのは乱暴な質問」と切り返してきた。

記者会見後、京都新聞の記者は「不誠実ですね」と顔をしかめた。

いくらでも数字をいじれる『待機児童ゼロ』を門川市長の実績として評価し「政策はトータルなんですよね」とうそぶいた。=28日、衆院16控室 撮影:取材班=

~終わり~

     ◇

立憲民主が自民の補完勢力であることは、京都市長選挙ひとつ見ても明らかです。

田中は権力監視の一環として立憲を取材しています。

      ◇
『田中龍作ジャーナル』を友人、知人、親戚、職場の同僚に広めて下さい。

「読者が支えるメディアだから、徹底して庶民目線なんだよ」と一声かけて下さい。

支援者が増えれば、もっと深い取材ができます。運営も安定します。

何とぞ宜しくお願い申し上げます。↓

③グレタさん、ノーベル平和賞にノミネート 母国の左派議員が推薦

2020年1月31日 AFP日本語版

https://www.afpbb.com/articles/-/3265983

スイスのローザンヌで、プラカードを持って地球温暖化対策を求めるグレタ・トゥンベリさん(2020年1月17日撮影)。(c)STEFAN WERMUTH / AFP

【1月31日 AFP】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さん(17)とその地球温暖化対策を求める運動「フライデーズ・フォー・フューチャー(Fridays For Future、未来のための金曜日)」が30日、2020年のノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)候補者に推薦された。

トゥンベリさんを推薦したのは、スウェーデン左翼党のイェンス・ホルム(Jens Holm)議員とホーカン・スフェネリン(Hakan Svenneling)議員。

両議員はノルウェーのノーベル賞委員会(Norwegian Nobel Committee)に宛てた書簡の中で、「グレタ・トゥンベリさんは環境活動家だ。彼女をノーベル平和賞にふさわしいとする主な理由は、その若さにもかかわらず、政治家たちの目を気候危機に向けようと懸命に努力してきたことだ」と述べた。

さらに、「気候危機は新たな紛争、最終的には戦争を引き起こす。よって温室効果ガスの排出量を削減し、パリ協定(Paris Agreement)に従うための取り組みも、平和をつくる活動と言える」と述べた。

両議員は、フライデーズ・フォー・フューチャーとトゥンベリさんの存在がなければ、「気候問題は今ほど議題として取り上げられていなかったはずだ」とも主張した。

③自身の名前を商標登録 グレタさん、無断利用防ぐ

2020年01月30日 時事ドットコム

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020013001430&g=int

若者のデモに参加するスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん=24日、ダボス(AFP時事)

【ロンドン時事】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが、自身の名前と運動の名称「未来のための金曜日」の商標登録を申請した。本人が29日インスタグラムで明らかにした。世界的に有名になったグレタさんの名前を使った商業行為が各地で横行しており、これを防ぐ目的。

グレタさんは「私の名前や運動が、商品を売ったり、お金を集めたりなど、商業目的のために無断で利用されている」と指摘。「私や仲間は全く商標登録に興味がないけれど、(活動を守るため)残念ながらそうしなくてはならない」と説明した。登録により、活動趣旨に沿わないことで名前や名称を使用した個人や団体に対し、法的措置を取ることが可能になる。

グレタさんはまた、書籍の印税や寄付金など、運動の財政面を管理する非営利財団を設立すると発表。財団を通じて温暖化やメンタルヘルス問題への取り組みをさらに推進するという。

④トランプ氏、中東和平案を公表 イスラエルの希望多く反映

2020年1月29日 AFP日本語版

https://www.afpbb.com/articles/-/3265610

米首都ワシントンのホワイトハウスで、中東和平案を発表する記者会見の会場に到着したイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相(右)とドナルド・トランプ米大統領(2020年1月28日撮影)

【1月29日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は28日、長きにわたり先延ばししてきたイスラエル・パレスチナ間の和平案を公表し、中東地域の「新たな夜明け」を約束した。ただパレスチナ側は、極端に偏った内容だとして和平案を拒絶している。

トランプ氏は、ホワイトハウス(White House)でイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相と共に開いた記者会見で、中東和平案の概要を発表。「きょうイスラエルは和平に向けた大きな一歩を踏み出す」と言明し、「私のビジョンは双方にとってウィンウィンの好機となる。現実的な2国家解決で、パレスチナ国家がイスラエルの国家安全保障にもたらすリスクを解決するものだ」と説明した。

和平案では、パレスチナ側の国家樹立の条件として、国家の「非軍事化」などの一連の厳しい要求を提示。約500億ドル(約5兆5000億円)の投資により現在のパレスチナが直面している窮状を解決できると同時に、イスラエル側の「安全保障が損なわれる」こともない未来像を描いた。

トランプ氏は、前米政権による外交努力は漠然とし過ぎていたと批判。自身の和平案は80ページに上り、将来の2国家の領土案を示した地図も含まれていると指摘した。

だがパレスチナ側は、和平案はイスラエルによるパレスチナ地域占領を正式に承認するものだと主張し、トランプ氏の発表を待たずに同案を全面的に拒絶していた。

トランプ氏は、将来のパレスチナ国家は「地続きの」領土を持つことになり、ガザ地区(Gaza Strip)とヨルダン川西岸(West Bank)という2大人口密集地が広範なイスラエル支配地域を挟んで分離されている現状が解決されると約束。和平案ではさらに、イスラエルが将来のパレスチナ国家領土となる地域の開発を4年間凍結することを提案していると説明した。

だが、公開された地図では、ヨルダン川西岸内には引き続きイスラエルに関連するユダヤ人入植地が散在し、ガザ地区とは道路トンネル1本のみでつながる状態になっている。和平案では、国際社会の大部分から違法な占領行為とみなされている入植地が今後も存続し、イスラエルは入植地をいつでも併合可能であることが明記されている。

またトランプ氏は、イスラエルが今後もエルサレムを「分割されない首都」として保持し続けると表明。同時に、イスラエルの占領下にある東エルサレム内にパレスチナの首都を宣言することも認めると説明した。

ガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は、和平案を直ちに拒否。ハマス幹部はAFPに対し、「エルサレムをパレスチナ国家の首都として認める以外の案は受け入れない」と述べた。

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長も、「この陰謀協定は認められないだろう。われわれの人民は、これを歴史のごみ箱に投げ入れることになる」と述べ、和平案は成立しないとの見方を示した。(c)AFP

⑤米大統領選指名争い、初戦アイオワ州でウォーレン氏に代わり愛犬が奮戦中

2020年1月31日 AFP日本語版

https://www.afpbb.com/articles/-/3266038

米アイオワ州ウォータールーで、エリザベス・ウォーレン上院議員の代理で夫のブルース・マンさんと選挙運動を展開する愛犬ベイリー(2020年1月29日撮影

【1月31日 AFP】米大統領選の民主党候補指名争いの初戦となる党員集会を週明けの2月3日に控えたアイオワ州で、主要候補の一人、エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員の愛犬「ベイリー(Bailey)」が、不在のご主人様に代わって選挙運動を展開中だ。

アイオワ州での勝敗は今後の指名争いの行方を占う。だが、地元主要紙の支持を獲得しているウォーレン氏をはじめ、バーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員やエーミー・クロブシャー(Amy Klobuchar)上院議員ら複数の民主党候補が、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の弾劾裁判に出席するため首都ワシントンにとどまらざるを得ず、重要な一戦に向けた選挙運動に支障が出ている。

ウォーレン氏の陣営では今週、ゴールデンレトリバーのベイリーら「代理チーム」がアイオワ州入り。まだ投票先を決めていない有権者たちへの支持拡大を目指し、ご主人様の代わりにアピールしている。

⑥チャーター機運賃に批判で一転…公費負担を検討のドタバタ

2020/01/31 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268421

羽田空港に到着したチャーター機(C)共同通信社

新型コロナウイルスの肺炎患者が拡大している中国・武漢からチャーター機で邦人を退避させるのはいいが、その際に8万円(税別)の搭乗費を徴収する政府の対応が物議を醸している。

航空会社のサイトを見ると、予約可能な3月平日の武漢→東京の片道運賃は2万円台からある。8万円は高いし、緊急時なのだから政府が負担してもいいのではないか。

運賃徴収には、与党内からも異論が出ている。自民党の二階幹事長は29日、「突然の災難だから、本人だけに負担させるのではなく、国を挙げて対応するのは当然」と政府負担を求めた。公明党の山口代表も30日、中央幹事会で「緊急事態でやむを得ず帰国を余儀なくされた。政府が負担すべきだ」と主張した。

「過去の例でも、政府要請の民間機による邦人退避の際は、エコノミークラス正規料金相当の負担をお願いしています。あくまで本人の希望で帰国するわけですし、今回が特別な事案とは考えておりません」(外務省の海外邦人安全課)

菅官房長官は30日の会見では「機体のチャーターに要するもろもろの経費は公費負担としている。(運賃の)費用負担についてはお願いしたい」と言っていたが、与党からの批判がこたえたのか、31日午前の衆院予算委員会で、安倍首相が一転、政府負担の方向で検討すると表明した。

武漢からの帰国希望者700人分の運賃総額は、税抜きで5600万円程度。5700万円の予算を見込んでいた今年の「桜を見る会」は中止になったが、さんざん税金を私物化し、海外にもバラまいてきた安倍首相がこのくらい自腹を切っても罰は当たらないだろう。

「地元有権者を接待する会には惜しげもなく税金を使うのに、選挙区外の人のチャーター運賃を払っても票にならないと考えているとしか思えません。河井案里議員の選挙に1億5000万円もの政党交付金を投入するよりも、邦人退避に税金を使うべきなのは明らかです。帰国後も、宿泊ホテルの部屋数が足らなくて、見ず知らずの人と相部屋になったケースがあるという。政府の施設や、ガラ空きのかんぽの宿を利用することは考えなかったのでしょうか。結局、チャーター機を飛ばしたのも、桜疑惑から目をそらすためのパフォーマンスに過ぎず、国民のことなんて考えていないのです」(政治評論家・本澤二郎氏)
集団的自衛権の行使容認時は、子供を抱いた母親のイラストを使って、邦人退避を情緒的に訴えていたが、緊急時のこの対応を見れば、「国民の命と安全を守る」は口先だけということがよく分かる。

(3)今日の重要情報

①安倍政権の新型肺炎対応が杜撰すぎる! 帰国者を隔離用ホテルでまさかの「相部屋」強要、経過観察のための体温計も用意せず…

2020.01.31 Litera

https://lite-ra.com/2020/01/post-5234.html

1月26日緊急会見を開いた安倍首相(安倍晋三Twitterより)

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念されるなか、唖然とするような政府の杜撰な対応が問題になっている。今月29日に第一便のチャーター機で中国・武漢から帰国した人のうち3人が新型コロナウイルスに感染していたことが昨日30日わかったが、そのうち2人は国が用意したホテルで「相部屋」を強要され、それぞれがほかの帰国した人と同じ部屋に宿泊していたというのだ。

第一便のチャーター機で帰国した人は206人いたが、そのうち経過観察のためホテルへの一時滞在を選んだ人は191人いた。だが、政府はそもそも帰国者のための部屋を140部屋しか用意していなかったのである。

帰国者の証言によると、政府は千葉県の「勝浦ホテル三日月」を用意したが、厚労省の担当者が部屋数が不足しているとして「相部屋で泊まってくれる人がいないか」と要請。帰国者のあいだからは「“隔離”という名目で来ているのに同じ部屋になるのは意味ないんじゃないか」「それはおかしいんじゃないか」と批判が起こったが、厚労省の担当者は「ご協力お願いします」と言うだけ。この政府の対応に帰国者の怒号が飛び交ったという。
帰国者たちが怒るのは当たり前だ。帰国者が206人いるのだから、念のためその人数と同じかそれ以上の部屋を確保しておくのが普通の対応だ。しかも、経過観察のためにホテルへの一時滞在を選んだのに、あろうことか相部屋で過ごさせるとは、いらぬ感染拡大を招く可能性がある行為だ。

そして、実際に相部屋を強要された人のなかに感染が確認されるという、誰もが懸念していたことが起こってしまった。政府は感染した人と同部屋だった人を「濃厚接触者」として経過観察をつづけるというが、普通の対応をおこなっていたならば起こらなかった無用な不安や心配を帰国者に与えてしまったことの責任を、政府はどうやってとるというのか。

しかも、政府はびっくりするようなことまで言ってのけた。感染が確認されたホテル滞在者の2人は症状がなかったというが、厚労省の担当者は30日におこなわれた会見で「症状がない人にもウイルスが含まれていることは想定していなかった」と述べたのだ。中国では症状が見られない患者が確認されたとして、すでに注意が呼びかけられていたのに、である。

その上、会見に同席していた地域医療機能推進機構の尾身茂理事長は「(無症状でも)ほかの人に感染する可能性は否定できないし、可能性はあり得る」と指摘したのに対し、厚労省結核感染症課の日下英司課長は「現段階で無症状の人から感染が拡大することを決定づけるのは時期尚早」などと発言。無症状でも感染の可能性があるのに相部屋で帰国者を過ごさせたことの責任から逃れようとしているのではないかとみられても不思議はないだろう。

しかし、政府の準備や対応策は十分なのかという懸念は、最初からあったものだ。

そもそも、安倍首相が26日、日曜にわざわざ緊急会見を開き、武漢に在留する日本人を帰国させるチャーター機を手配する方針だと打ち出したが、これは他国の動きに遅れないよう急遽決定したもの。「あらゆる手段を追求して希望者全員を帰国させる」などと勇ましく宣言したが、結果はこの有様で、感染可能性がある人を「相部屋で経過観察する」という信じがたい暴挙にまで出たのだ。

この「相部屋」問題はまったくの論外だが、政府対応の杜撰さはこれだけではない。

相部屋」だけじゃない!経過観察用の体温計不足、チャーター機内の質素すぎる食事…

たとえば、昨日30日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日)では、ホテル滞在者用の体温計が不足していたと伝え、電話取材に応じたホテルに滞在中の帰国者のひとりは「朝夕の1日2回体温を測るよう言われているのに、病院で測っただけ」と証言。体温計は昨日15時すぎに届いたという。

ホテルに滞在する帰国者は部屋の鍵も渡されずに閉じ込められ、不自由な生活を余儀なくされている。それは体調に変化がないか経過を観察するためだというのに、重要なデータとなる体温を測定するための体温計が行き届いていなかったとは……。唖然とするしかない。

いや、帰国時も酷かった。最初のチャーター便の機内で軽食として用意されたのは、レトルトパウチに入ったコーンピラフと野菜ジュース、水とパンと菓子といった、いかにも簡素かつ質素なもの。封鎖状態の武漢市で駐留していた日本人のある会社員はインスタントラーメンやお菓子で食いつないでいるとメディアでも紹介されていたが、そういう環境に追い込まれていた帰国者に少しは配慮することはできなかったのだろうか。

帰国対応を勇ましく宣言してリーダーシップをアピールした安倍首相だが、実際の対応は配慮のかけらもない上、危機管理意識がまったく欠如していると言わざるを得ない。

だいたい、安倍首相が今回の新型コロナウイルス感染症対策本部を設置したのは、なんと昨日のこと。昨日おこなわれた初会合で安倍首相は「これまで実施してきた水際対策などのフェーズをもう一段引き上げる必要がある」などと述べたが、あまりに遅すぎるだろう。

先日本サイトでお伝えしたように、安倍応援団は必死になって「野党はこんなときに予算委員会で『桜を見る会』のことを言っている」などと喧伝し批判の矛先を野党に向けているが、国の危機管理を担っているのは安倍政権であり、その肝心の危機管理が後手後手であるばかりか、「相部屋」問題が物語るように感染の広がりを助長するような逆対応をとる始末なのだ。批判すべきは、国民の命を本気で守る気が感じられない、安倍政権のやる気のなさのほうであることは言うまでもない。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト



[2020/01/31 23:57] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<01/31のツイートまとめ | ホーム | 【今日のブログ記事No.3337】■この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/6312-7dc4204f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |