FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNewsLiveNo2929】■この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?
いつもお世話様です。

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日木曜日(2020年01月30日)午後9時40分から放送しました【YYNewsLiveNo2929】の放送台本です!

【放送録画】74分04秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/590890432

☆本日配信したブログ記事再掲

①【English-Japanese Blog】【英日語ブログ記事No.3336】■I have something to tell American youth! (No1)

アメリカの若者たちに伝えたいことがある!(No1)

"Gun ownership is protected by the Constitution," advertised by President Trump, Republican politicians, the National Rifle Association and other "gun defenders"is a "constitutional lie"!

『銃所有は憲法で保護されている』とトランプ大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』の宣伝は『憲法違反の大嘘』である!

[Image] "Gun ownership is guaranteed by the Constitution" sticker promoted by "Gun defenders"

【画像】『銃所有擁護派』が宣伝する『武器所有は憲法で保障されている』のステッカー
The text of the Second Amendment of the United States Constitution is as follows.
『米国憲法修正第二条』の条文は以下のとおりである。

A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.

The general interpretation of this article is as follows:

この条文の一般に流布している『解釈』は次のとおりである。

The right of people to hold and carry arms must not be violated for the well-disciplined militias, which are necessary for the swecurity of the free (federal) sate.

よく規律された民兵は自由な(連邦)国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し携帯する権利は、これを犯してはならない。

But this interpretation is "completely" wrong!

しかしこの解釈は『完全に』間違っている!

This is because the word "state" does not mean "federal state" but it means each "state" of the 13 states that have won independence.

なぜならば、『state』は『連邦国家』を意味するのではなく、独立を勝ち取った13州の一つ一つの『州』を指しているからである。

Ifthe word "state" means " federal state", the article should be "the" instead of "a".

もしも単語の『state』が『連邦国家』の意味であれば、冠詞は『a』ではなく『the』となるはずだからである。

Furthermore, if the word "state" means "federal state", it should be uppercase "State" instead of lowercase "state".

更に単語の『state』が『連邦国家』を意味するのであれば、小文字ではなく大文字の『State』となるはずだからである。

▲The “correct interpretation” of the Second Amendment of the US Constitution is as follows!

『米国憲法修正第二条』の『正しい解釈』は以下の通りである!

Well-disciplined militias are necessary for the security of each state, the right of the people to hold and carry arms must not be violateted.

よく規律された民兵は自由な各州の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し携帯する権利はこれを犯してはならない。

In other words, the right of the people to keep and bear arms is the right of the disciplined militias for the security of each free state.

すなわち、人民が武器を所有し携行する権利は、自由な各州の安全のために規律ある民兵が武装する権利である、ということである。

In other words, the Second Amendment of the US Constitution does not allow the people to arm themselves unconditionally.

すなわち、『米国憲法修正第二条』は人民が勝手に無条件に武装することは認めていないのである。

▲The United States is the world's worst “gun great power” where citizens are armed with guns and killing each other!

米国は市民が銃で武装し殺し合いをしている世界最悪の『銃大国』である!

In the United States, 300 million guns are nationwide owned by civilians.

米国には全国に3億丁の銃が民間人に所有されている。

In the United States, 20,000 people commit suicide with guns each year.

米国では毎年20,000人が銃で自殺している。

In the United States, 13,000 people are killed by guns each year.

米国では毎年13,000人が銃で殺されている。

In the United States, one million people go out with their guns every day.

米国では、毎日100万人が銃を携行して外出している。

In the United States, gun shootings that kill more than a dozen people at once are frequent.

米国では、一度に十数人が殺される銃の乱射事件が頻発している。

All of this is due to the fact that successive Republican Presidents, Republicanpoliticians and the National Rifle Association and other gun defenders have usedlarge sums of money to buy parliamentarians and the Media to crushed the oppositions.

これらのすべては、歴代共和党大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』が、大金を使って国会議員やメデイアを買収して反対運動をつぶしてきた結果である。

All of this is due to the fact that they have threatened the Democratic politicians, opinion leaders and activists to crushed the oppositions.

これらのすべては、彼らが反対運動を率先する民主党政治家やオピニオンリーダーや活動家を恫喝して反対運動をつぶしてきた結果である。

"Gun defenders," including President Trump, Republican politicians and the National Rifle Association are now "brainwashing" Americans with a big big propagandaof lie of "a completely wrong constitutional interpretation."

トランプ大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』は、今『完全に間違った憲法解釈』を大宣伝して米国民を『洗脳』している。

The aim is to completely crush the "gun prohibition movement" and "gun control movement" that have been booming around young people!

その目的は、若者を中心に盛り上がっった『銃所有禁止運動』と『銃規制運動』を完全につぶすことである!

(No1 end)

(No1おわり)

②【English BlogNo.3336】

■ I have something to tell American youth! (No1)

"Gun ownership is protected by the Constitution," advertised by President Trump, Republican politicians, the National Rifle Association and other "gun defenders"is a "constitutional lie"!

[Image] "Gun ownership is guaranteed by the Constitution" sticker promoted by "Gun defenders"

The text of the Second Amendment of the United States Constitution is as follows.
A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.

The general interpretation of this article is as follows:

The right of people to hold and carry arms must not be violated for the well-disciplined militias, which are necessary for the swecurity of the free (federal) sate.

But this interpretation is "completely" wrong!

This is because the word "state" does not mean "federal state" but it means each "state" of the 13 states that have won independence.

Ifthe word "state" means " federal state", the article should be "the" instead of "a".

Furthermore, if the word "state" means "federal state", it should be uppercase "State" instead of lowercase "state".

▲The “correct interpretation” of the Second Amendment of the US Constitution is as follows!

Well-disciplined militias are necessary for the security of each state, the right of the people to hold and carry arms must not be violateted.

In other words, the right of the people to keep and bear arms is the right of the disciplined militias for the security of each free state.

In other words, the Second Amendment of the US Constitution does not allow the people to arm themselves unconditionally.

▲The United States is the world's worst “gun great power” where citizens are armed with guns and killing each other!

In the United States, 300 million guns are nationwide owned by civilians.

In the United States, 20,000 people commit suicide with guns each year.

In the United States, 13,000 people are killed by guns each year.

In the United States, one million people go out with their guns every day.

In the United States, gun shootings that kill more than a dozen people at once are frequent.

All of this is due to the fact that successive Republican Presidents, Republicanpoliticians and the National Rifle Association and other gun defenders have usedlarge sums of money to buy parliamentarians and the Media to crushed the oppositions.。

All of this is due to the fact that they have threatened the Democratic politicians, opinion leaders and activists to crushed the oppositions.

"Gun defenders," including President Trump, Republican politicians and the National Rifle Association are now "brainwashing" Americans with a big big propagandaof lie of "a completely wrong constitutional interpretation."

The aim is to completely crush the "gun prohibition movement" and "gun control movement" that have been booming around young people!

(No1 end)

③【日本語ブログ記事No.3336】■アメリカの若者たちに伝えたいことがある!(No1)

『銃所有は憲法で保護されている』とトランプ大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』の宣伝は『憲法違反の大嘘』である!

【画像】『銃所有擁護派』が宣伝する『武器所有は憲法で保障されている』のステッカー
『米国憲法修正第二条』の条文は以下のとおりである。

この条文の一般に流布している『解釈』は次のとおりである。

よく規律された民兵は自由な(連邦)国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し携帯する権利は、これを犯してはならない。

しかしこの解釈は『完全に』間違っている!

なぜならば、『state』は『連邦国家』を意味するのではなく、独立を勝ち取った13州の一つ一つの『州』を指しているからである。

もしも単語の『state』が『連邦国家』の意味であれば、冠詞は『a』ではなく『the』となるはずだからである。

更に単語の『state』が『連邦国家』を意味するのであれば、小文字ではなく大文字の『State』となるはずだからである。

▲『米国憲法修正第二条』の『正しい解釈』は以下の通りである!

よく規律された民兵は自由な各州の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し携帯する権利はこれを犯してはならない。

すなわち、人民が武器を所有し携行する権利は、自由な各州の安全のために規律ある民兵が武装する権利である、ということである。

すなわち、『米国憲法修正第二条』は人民が勝手に無条件に武装することは認めていないのである。

▲米国は市民が銃で武装し殺し合いをしている世界最悪の『銃大国』である!

米国には全国に3億丁の銃が民間人に所有されている。

米国では毎年20,000人が銃で自殺している。

米国では毎年13,000人が銃で殺されている。

米国では、毎日100万人が銃を携行して外出している。

米国では、一度に十数人が殺される銃の乱射事件が頻発している。

これらのすべては、歴代共和党大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』が、大金を使って国会議員やメデイアを買収して反対運動をつぶしてきた結果である。
これらのすべては、彼らが反対運動を率先する民主党政治家やオピニオンリーダーや活動家を恫喝して反対運動をつぶしてきた結果である。

トランプ大統領と共和党政治家と全米ライフル協会ら『銃所有擁護派』は、今『完全に間違った憲法解釈』を大宣伝して米国民を『洗脳』している。

その目的は、若者を中心に盛り上がっった『銃所有禁止運動』と『銃規制運動』を完全につぶすことである!

(No1おわり)

☆今日の最新のお知らせ

①昨日水曜日(2020.01.29)夜の『YYNewsLive英日語放送』でとりあげましたメインテーマ『 I have something to tell American youth! (No1)アメリカの若者たちに伝えたいことがある!(No1)』の『YouTube表紙』です。

202001302nd amendment

【現時点での視聴者数】

【TwitCasting】: 109名  

【YouTube】: 95名 
_________________________
計      204名

☆今日の画像

①風刺画『象徴天皇』 (今日のメインテーマ)

20200129カルト宗教天皇制

②“音楽を通じて難民たちに希望を”ミュージシャン SUGIZO (NHK Humanより)

20200130SUGIZO.png

③京都新聞26日付に掲載された「共産党NO」広告 (Litera記事)

20200130京都共産党視聴No

④政治資金で逢瀬?進次郎環境相の怪しい高級ホテル宿泊三昧 (日刊ゲンダイ記事)

20200130小泉進次郎ホテル代

☆今日の映像

①【NHKHuman映像】“音楽を通じて難民たちに希望を”ミュージシャン SUGIZO

2020.01.17 NHK Human

https://www.facebook.com/NHKhuman/videos/1317356341806498/

LUNA SEAやX JAPANで活躍するSUGIZOさん。難民キャンプでのライブをボランティアで開いています。きっかけは、難民キャンプで苦しむ子どもたちの映像を見て衝撃を受けたこと。一人の父親としての思いが、SUGIZOさんを突き動かしています。

☆今日の注目情報

①「天地真理」が激白!「柳沢きみお」も瀬戸際! 誰でも危ない「老後破産」の共通項を検証する

週刊新潮 2015年10月1日号掲載/デイリー新潮

https://www.dailyshincho.jp/article/2015/10050815/

輝いていた真理ちゃんも……

老後とは、それをエンジョイできる余裕がある人には「第二の人生」でも、「破産」状態に陥った人にとっては、悪夢でしかないだろう。天地真理も、柳沢きみおも味わう「老後破産」の恐怖。人生の終章で辛酸をなめる人には、どうやら共通項があるようだ。

日本文化史を研究するイタリア人、パオロ・マッツァリーノ氏は、著書『「昔はよかった」病』(新潮新書)の中で、「昔はよかったね」と言って今を嘆き、過去を懐かしんでばかりいるのが日本の年長者の特徴だ、と看破する。しかし、「老後破産」に追い込まれてしまった人が生きている「今」は、誰がどう見ても、「昔はよかった」と言うほかないものである。

そして今、「昔」の「よかった」生活から「破産」に近い状態にまで転落する人が激増している。『老後破産 長寿という悪夢』(新潮社刊)がベストセラーになり、「老後破産」の実例を報告した本誌(「週刊新潮」)34号の特集記事が話題を呼んだのも、誰もが「悪夢」にうなされかねない現実があるからだろう。

事実、「昔」のほうが、老後をすごしやすい環境が整っていたようだ。貧困者の生活相談に乗り、アパートの連帯保証人を引き受けるNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長が言う。

「私たちが収入を得る要素は、労働、資産、家族の援助、社会保障の4つ。そして国民年金は、社会保障以外の3つの要素がある前提で成り立っている制度なんです。成人するまでは親に扶養され、学校を出たら働いて貯金する。結婚して子供が生まれたら、家族を養いながらマイホームを買い、資産を作る。そして定年退職を迎えたら、貯蓄と退職金、子供たちの援助に支えられて生活する――。実際、昭和にはそうした社会モデルが一般的で、現在の社会保障制度は、こうしたモデルを前提に設計されている。国民年金も、それ1本で生活を成り立たせるための制度ではないのです」

ところが、そんな社会モデルが大きく崩れているという。大西氏が続ける。

「高度成長期には正社員が当然で、終身雇用が前提で企業福祉も充実し、妻が専業主婦でも家族を養う余裕があった。しかし、現在は非正規雇用者が労働者全体の37%を占め、彼らは給料が低いので資産を形成できず、そんな状態では結婚して家族を養うこともできない。要するに、収入の4要素のうち3つがない人が増え、昭和モデルが通用しなくなっているのです」

それでもまだ、自分は正社員だから、あるいは正社員だったからと、対岸の火事の見物を決め込んでいる人が多いのではあるまいか。だが、大西氏は、

「老後破産に陥る人は、一般企業の正社員だった人も多い。それなりに恵まれた家庭環境で育ち、大学も出た人が少なくないのです」

と指摘するのだ。心身の病気、リストラ、親の介護のいずれかの理由で仕事をやめたケースが多く、リストラを機に離婚を切り出される例もあるという。彼らが追い込まれる理由を、大西氏はこう解き明かす。

「そういう人は、自分がリストラされたり、熟年離婚せざるをえなくなったりしたとき、“恥”だと感じて周囲や友人に言い出せません。20代、30代ならともかく、40代や50代で今までの不自由のない生活からグレードを下げなくてはならなくなっても、周囲に同じような境遇の人はおらず、話しづらい。それを引け目に感じ、友達づきあいも減ってしまうのです。いざ転職先を見つけても、20代や30代の若者が上司ということが多く、孤立を深め、精神的に病んでしまったり、相談できないまま、間違った選択肢を選んでしまったりするのです」

そうしたケースをつぶさに検証する前に、少々特殊な環境における事例を、2つばかり紹介したい。「特殊」とは言ったものの、実は、老後破産に陥る典型的なパターンを、いくつも含んでいるからである。

浪費癖があるから

「私、20代、30代の一番仕事が忙しいころは、今みたいな状態になるなんて、思ってもみませんでした」

こう語るのは、1970年代前半に「ひとりじゃないの」などの曲を次々とヒットさせ、スーパーアイドルとして一世を風靡した天地真理(63)。現在、川崎市の高齢者向け住宅に暮らしている。ちなみにこの住宅は、3人の入居者が次々と転落死していたことがわかった有料老人ホームと、運営会社が同じだが、それはともかく、今の彼女の暮らしぶりはこうだ。

「月に家賃が14万円、食費が4万円ほどかかりますが、ファンクラブの方が出してくれていて、感謝の言葉しかありません。65歳からは年金が月15万円ほどもらえるはずですが、今、蓄えはないです。渡辺音楽出版との契約で、私が死ぬまで3カ月に1回、5万円が振り込まれることになっていますが、全額娘に渡していて、普段の生活に使うお金は、娘が週に3回、2000円ずつ振り込んでくれて、それでなんとかやりくりしています」

かつての大スターが、週に6000円でやりくりしているとは驚きだが、

「それは私に浪費癖があるからです。20代のころから良い思いをたくさんしてきて、今でもそのときの感覚が忘れられなくて、お金があると使っちゃうんです」

そして、デビューから今日に至るまでの経緯を、このように語った。

「19歳でデビューするとすぐブレークして、月給300万円もらっていたんです。渋谷区の松濤に5LDKのマンションを6000万円で買って、ひとりで住むのが寂しくて、数年後に売っちゃいましたけど。お金は母に渡していましたが、頼めば高いお洋服も買ってくれるし、外食にもよく連れていってもらっていました。それにデビュー時のマネージャーさんが“自分への投資に衣装をいっぱい買え”と言っていたので、値段を気にする習慣もなかったんですね」

だが、そんな日々は長くは続かなかった。

「25歳のとき、甲状腺機能障害ということで入院して、2年間、芸能活動を休止しました。本当は人気がなくなってきて、寂しくなって、鬱病になっていたんです。1カ月入院したんですが、その間に、渡辺プロと病院の先生が話し合って、“嘘の病名を作ろう”ということにしたのが真相なんです。復帰してからは、また月300万円もらいましたが、仕事が増えず、他の事務所へと転々とするようになってからは、月に50万円くらいのお給料でした。でも、浪費癖は治らず、お金に困るようになりました。86年にはロマンポルノに出演しましたが、あれはすべてお金のため。でも、ギャラの200万円は毛皮のコートを買って、使い果たしてしまいました」

そのころ、喫茶店のマスターと結婚した。が、

「彼が住んでいた麹町のマンションで暮らし、娘も生まれましたが、元亭主は仕事を全然しなくて、私には暴力をふるうし娘にもつらく当たって、離婚のときに慰謝料ももらえませんでした。離婚を機に横浜市に移って、娘が専門学校に入るまで学費などで困りはしませんでしたが、浪費癖は止まらなくて、30万円するサンローランの服を買ったり。お金を貯めなくちゃ、という思いはあっても、通帳にお金が残っていると使っちゃうんです。そんなだから娘ともいつも喧嘩になって、ひとり暮らしすることにしたんです」

怖いのは病気になること

天地のケースには病気や離婚、人気低下による事実上のリストラなど、さまざまな要因が詰まっているが、こうなった最大の理由は、

「ダウンサイジングすることの難しさ」

だと大西氏は指摘する。実際、ダウンサイジングは老後破産を避けるための必須事項といわれる。

「仕事のストレスを解消するために、高価な買い物に走ってしまう。それに月に300万円ももらった経験があると、浪費に歯止めがきかなくなりがちだし、周囲にも良い暮らしをしている人が多かったでしょうから、それを意識して、なかなか生活レベルを落とせなかったはずです」(同)

一方、動かした金額はケタ違いだが、今もなお「老後破産」の瀬戸際にいるのが、漫画家の柳沢きみお氏(66)である。

「二十数年前、バブル真っ盛りで私の年収も最高で1億8000万円ほどあった。フランスの芸術家エミール・ガレにハマって、彼の骨董品を買い漁り、クラシックカーを何台も買い換えていたある日、新聞の折り込みで、千葉県の山中に敷地3000坪のログハウスを見て、そこなら車を何台も置けると思い、買ってしまったんです。値段は4億円。当時、2億4000万円で買った原宿のマンションに住み、月に80万円を返していましたが、新たなローンを加えて月額350万円の返済になった。でも、払えなくなれば、高騰していた原宿のマンションを売ればいいと思っていました」

ところが、である。

「それが大欠陥住宅で、水道がなく、井戸を掘ったら濁り水で粘土の臭いがする。また、家の裏が山で陽が全然当たらず、梅雨時は湿度が90%近くになる。そこに2本の週刊漫画誌の連載が終了して、ローンが支払えなくなり、原宿のマンションもクラシックカーも、全部売ることになったのですが、バブルのころは10億円と言われたマンションは、1億4000万円にしかならず、4億円のログハウスは競売にかけられ、3000万円で売ることに。借金の残金1億8000万円は利息なしで8年で返すことに落ち着きました」

幸いにも、『特命係長 只野仁』がテレビドラマ化されて大ヒットし、予定より1年早く完済したというが、それでも、生活は危ういままだという。

「こんな経験をしただけに、“貯金をしなきゃ”と思うのですが、できていません。お金が貯まると、ガレの骨董品やクラシックギターを買ってしまう。自宅は家賃30万、事務所は20万円の賃貸マンションで、不動産も持っていません。アシスタント3人に給料を払い、食費、光熱費など諸々の出費を合わせると、今の収入と支出って、ちょうどトントンくらいなんです」

羨むべき生活水準に見えて、その実、非常にもろい状態にあるというのだ。

「今、日刊ゲンダイでやっている『特命係長 只野仁ファイナル』の連載も、いつか必ず終わります。今のところ、新作の依頼も一切ないし、今後は仕事が先細りする一方だと思うんです。今、一番怖いのは、僕も含めて家族が病気になること。そうなったら漫画も描けなくなってしまうから、本当に怖いですよ」

柳沢氏からは、やりくりがなんとも不器用な印象を受けるが、先の大西氏は、

「個々の性格として不器用な人、要領の悪い人、昔からの習慣や美徳に縛られている人ほど、自らの首を絞めてしまっている」

と指摘。過去の習慣から抜けられない点は、天地真理にも共通している。

(以下略)

☆今日のひとこと

■「老後破産」

(週刊新潮 2015年10月1日号記事「天地真理」が激白!「柳沢きみお」も瀬戸際! 誰でも危ない「老後破産」の共通項を検証する」より抜粋)

①日本文化史を研究するイタリア人、パオロ・マッツァリーノ氏は、著書『「昔はよかった」病』(新潮新書)の中で、「昔はよかったね」と言って今を嘆き、過去を懐かしんでばかりいるのが日本の年長者の特徴だ、と看破する。しかし、「老後破産」に追い込まれてしまった人が生きている「今」は、誰がどう見ても、「昔はよかった」と言うほかないものである。

②そして今、「昔」の「よかった」生活から「破産」に近い状態にまで転落する人が激増している。『老後破産 長寿という悪夢』(新潮社刊)がベストセラーになり、「老後破産」の実例を報告した本誌(「週刊新潮」)34号の特集記事が話題を呼んだのも、誰もが「悪夢」にうなされかねない現実があるからだろう。

③事実、「昔」のほうが、老後をすごしやすい環境が整っていたようだ。貧困者の生活相談に乗り、アパートの連帯保証人を引き受けるNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長が言う。

「私たちが収入を得る要素は、労働、資産、家族の援助、社会保障の4つ。そして国民年金は、社会保障以外の3つの要素がある前提で成り立っている制度なんです。成人するまでは親に扶養され、学校を出たら働いて貯金する。結婚して子供が生まれたら、家族を養いながらマイホームを買い、資産を作る。そして定年退職を迎えたら、貯蓄と退職金、子供たちの援助に支えられて生活する――。実際、昭和にはそうした社会モデルが一般的で、現在の社会保障制度は、こうしたモデルを前提に設計されている。国民年金も、それ1本で生活を成り立たせるための制度ではないのです」

④ところが、そんな社会モデルが大きく崩れているという。大西氏が続ける。

「高度成長期には正社員が当然で、終身雇用が前提で企業福祉も充実し、妻が専業主婦でも家族を養う余裕があった。しかし、現在は非正規雇用者が労働者全体の37%を占め、彼らは給料が低いので資産を形成できず、そんな状態では結婚して家族を養うこともできない。要するに、収入の4要素(労働、資産、家族の援助、社会保障)のうち3つがない人が増え、昭和モデルが通用しなくなっているのです」

☆今日の推奨本(朗読)

■【推奨本】エレーナ&ベアタ・エルマン、グレタ&スバンテ・トゥーンべり著『グレタ たった一人のストライキ』(海と月社刊2019年10月7日)

第二十一回朗読 (2020.01.30)

●トランプ大統領は象徴である (P61)

(1)今日のメインテーマ

■この風刺画『象徴天皇制』が意味するところは何か?

【画像】風刺画『象徴天皇制』

私は『象徴天皇制』を批判する風刺画をはじめて見た。

日本では戦前の天皇制も戦後の天皇制も批判することは『タブー』であり風刺画を目にすることはなかったからである。

この風刺画は『象徴天皇制』の本質を見事に表現している。

そのポイントを詳しく見てみよう!

1.皇居の橋の上に立つ背広を着た『温和そうな天皇』とは誰か?

それは、アジア・太平洋侵略戦争を主導した父親・昭和天皇裕仁の『戦争犯罪』と『国民弾圧』を『慰霊の旅』と『憲法擁護』で『隠ぺい』してきた今の上皇・明仁(前天皇)である。

2.天皇の前にひれ伏している複数の人物は誰か?

それは、85%が『象徴天皇制』を支持している今の日本国民である。

今の日本国民は、戦前と同じく、教祖の前にひれ伏する『カルト宗教信者』そのものである。

今の日本国民は、『象徴天皇制』が日本の『民主主義』と『主権在民』を破壊していることを理解していない。

3.天皇の横で万歳している『安倍晋三風の男』は誰か?

それは、戦後日本を半永久的に『米国の植民地』にするために『天皇制』を最大限に利用している米国支配階級とその傀儡政党・自民党の政治家である。

彼らは戦前の『軍事独裁天皇制』を『象徴天皇制』に名前を変え『民主的・平和的天皇制』に『化粧直し』して戦後の日本国民を再度『洗脳』したのである。

4.国民が乗った粗末な筏『日本丸』の下の荒海に打ち捨てられた無数の白骨は誰か?

それは、昭和天皇・裕仁が主導したアジア・太平洋侵略戦争で殺された日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人の白骨である。

(おわり)

(2)今日のトッピックス

①れいわ新選組・山本太郎の全国ツアー 23日から中・四国地方へ 下関は2月6日

2020年1月21日 長周新聞

https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/15436

参加者との意見交換をおこなう山本太郎のおしゃべり会

れいわ新選組は、今年の山本太郎全国ツアー第一弾の日程を発表した【表参照】。初開催の中国・四国地方に加え、昨年のツアーで意見交換の場を持てなかった滋賀と岐阜の各地で、屋内でのおしゃべり会(意見交換会)や市街地でポスター貼り活動をおこなう。2月6日(木)には、首相お膝元の下関での対話集会(午後6時、下関市民会館)も予定しており、ツアー開始にあたり多くの市民の参加を呼びかけている。

参院選後の昨年9月から始まった山本代表の全国ツアーは、北海道、九州、沖縄、東北、北信越、東海、近畿、関東の各地を巡り、不特定多数の人々と意見を交換する街頭記者会見や屋内でのおしゃべり会をくり広げてきた。れいわ新選組や山本太郎の支持者であるか否かにかかわらず、幅広い人々から疑問や意見、提言を受け付け、地方が抱える生活問題、雇用や労働環境、地方自治から国政をめぐる問題に至るまで多岐にわたる問題意識を交換する場として、各地で熱を帯びた論議となっている。今回は気温を考慮してすべての地域が屋内での開催となる。

ポスター貼り活動は、市街地を回りながられいわ新選組のポスター掲示を依頼していくもので、集合場所でスタッフのレクチャーを受けてから数人のグループで周辺地域を回る。ボランティア登録も現地でできる。いずれも参加費無料で、事前申し込みも不要。意見交換会の所要時間は2~2時間半を予定している。下関会場の告知用ポスターは、長周新聞本社でもとり扱っている。

一軒ずつ回りながらポスターを掲示

ツアー日程は以下の通り。

1/23(木)島根
13:00 ポスター貼り
松江・松江市総合文化センター プラバホール前 集合
島根県松江市西津田6丁目5?44

18:00 おしゃべり会
松江・松江市労働会館 大会議室401
島根県松江市御手船場町557ー7
http://www.shimane-roukan.org/access/index.html

1/24(金)鳥取
18:00 おしゃべり会
鳥取・童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム わらべ館 2F いべんとほーる
鳥取県鳥取市西町3丁目202
https://warabe.or.jp/user-guide/

1/25(土)鳥取
13:00 ポスター貼り
鳥取・鳥取瓦町郵便局前 集合
鳥取県鳥取市瓦町652?1

1/27(月)高知
13:00 ポスター貼り
高知・高知瓢箪公園公衆トイレ前 集合
高知県高知市新本町1丁目9?1

18:30 おしゃべり会
高知・高知県教育会館 高知城ホール 4F 多目的ホール
高知県高知市丸ノ内2丁目1?10
http://www.kochijyohall.jp/wdoc/?q=grp09

1/28(火)香川
13:00 ポスター貼り
高松・高松扇町公園 公衆トイレ前 集合
香川県高松市扇町1丁目2?31

1/29(水)香川
18:00 おしゃべり会
高松・高松市生涯学習センターまなびCAN 3F 多目的ホール
香川県高松市片原町11?1
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/shougai_gakushu/manabican/access.html

1/31(金)愛媛
13:00 ポスター貼り
松山・愛媛県総合社会福祉会館前 集合
愛媛県松山市持田町3丁目8?15

18:00 おしゃべり会
松山・愛媛県総合社会福祉会館 2F 多目的ホール
愛媛県松山市持田町3丁目8?15
https://www.ehime-shakyo.or.jp/access/

2/2(日)徳島
13:00 ポスター貼り
徳島・ローソン 徳島中前川町店前 集合
徳島県徳島市中前川町2丁目1?1

18:00 おしゃべり会
徳島・アスティとくしま 3F 第2特別会議室
徳島県徳島市山城町東浜傍示1番地1
http://www.asty-tokushima.jp/

2/3(月)岡山
18:00 おしゃべり会
岡山・岡山コンベンションセンター イベントホール1F東側
岡山県岡山市北区駅元町14番1号
http://www.mamakari.net/

2/4(火)広島
18:00 おしゃべり会
広島・ホテル広島サンプラザ2F 中宴会場 「天王」
広島県広島市西区商工センター3丁目1番1号
https://www.hiroshima-sunplaza.com/access.html

2/6(木)山口
13:00 ポスター貼り
下関・サンマルクカフェ リピエ下関店前 集合
山口県下関市竹崎町4丁目3?3 2F

18:00 おしゃべり会
下関・下関市民会館 2F 中ホール
山口県下関市竹崎町4丁目5?1
http://www.scpf.jp/access/

2/8(土)滋賀
13:30 おしゃべり会
草津・草津市立サンサンホール 4F 大ホール
滋賀県草津市大路2丁目11?51
https://www.city.kusatsu.shiga.jp/shisei/sisetsuannai/community/sunsunhall.html

2/9(日)岐阜
13:00 おしゃべり会
大垣・ソフトピアジャパンセンター センタービル 1F セミナーホール
岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
https://www.softopia.info/

②新型コロナウイルス猛威どこまで 医事ジャーナリスト警鐘

2020/01/30 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268394

中国・武漢の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の患者の対応にあたる医療従事者(C)新華社=共同

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染が世界に拡大している。中国では感染者が7700人を超え、中国本土以外では19カ国・地域で100人以上の感染を確認(1月29日時点)。日本でも武漢市からのツアー客計60人が乗ったバスの運転手とガイドの感染が判明。厚労省は国内で「ヒトからヒト」への感染が確認されたと発表した。また、政府のチャーター機で帰国した邦人のうち3人の感染を確認。うち2人は症状がなく、日本国内で初めて症状が出ていない状態での感染ケースとなった。

東京五輪開催の影響も懸念される声が出始める中、新型コロナウイルスの猛威はどこまで広がるのか。元東京都衛生局職員で、医事ジャーナリストの志村岳氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

――武漢市で新型コロナウイルスとみられる原因不明の肺炎患者が発生したのは2019年12月初旬でした。今になって世界的に拡大している理由をどう見ていますか。

まずはWHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出さなかったことが最大のミスでしょう。2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の時は、WHOや厚労省、米国のCDC(疾病対策センター)など、世界中の医療機関が連携し、中国政府に対して感染抑制を働き掛けたが、今回は全てが後手後手の対応に回っている。

――なぜ、対応が遅れたのでしょう。

 新型コロナウイルスに対する認識の甘さではないでか。私は単なるウイルスという見方は不十分で、新型コロナウイルスと新型インフルエンザの“集合体”という分析が必要ではないかと思います。

――そう思う理由は。

コロナウイルスには判明しているだけでも、アルファ型やベータ型など数十種類あり、それらが突然変異を起こして毒性が増し、SARSやMARS(中東呼吸器症候群)のような重度の肺炎を引き起こします。現在、世界中の微生物学者などが危険なウイルスが誕生するメカニズムを研究していますが、例えば、ヒト型コロナウイルスとブタ型のコロナウイルスが細胞内で、“遺伝子再集合”という現象を起こし、毒性が強く、感染力が強いウイルスが誕生することが分かっています。今回のウイルスもそういった変異の可能性があるのではないでしょうか。

――今後、どうなっていくと思いますか。

感染者、発症者の中で、重篤化した患者の推移に注目しています。4000人の患者が発生した時点で、重症者は600人を超えていましたが、これらの患者が次々と亡くなる状況になれば最悪です。1918年に世界的に大流行した「スペインかぜ」のような事態になるかもしれない。WHOをはじめ、世界の医療機関の連携が不可欠です。

▽志村岳(しむら・たけし)1953年群馬県生まれ。中央大学卒業後、東京都職員となり、衛生局勤務。米アイオワ大やミネソタ大などで健康と医療、環境問題について研究。HIV感染症や耐性結核菌、エボラ出血熱、新型インフルエンザなど主に感染症対策を取材。主な著書に「環境ホルモンハンドブック」(講談社)、「止まらない時計」(小学館)など。

③「東京オリンピック中止」という情報が拡散。組織委員会は「事実ではない」と回答

2020/01/30 ハフポスト日本版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00010002-huffpost-soci

「東京オリンピック中止か」と報じるBUZZAP!の記事

1月30日午前11時半現在、日本のTwitterトレンド上で「東京オリンピック中止」というワードがトップ10入りしている。

しかし、ハフポスト日本版が東京2020組織委員会に確認したところ「組織委員会として公表したという事実はありません」という回答だった。「東京オリンピック中止」は、情報サイトが憶測で付けた思われる見出しが拡散しているだけなので注意をして欲しい。(ハフポスト日本版・安藤健二)
■ドイツの通信社は「東京オリンピック中止」とは報じていない

情報が拡散したのは、日本の情報サイト「BUZZAP!(バザップ)」が1月29日に「東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議」とする記事を掲載したことがきっかけだ。

「国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取り合っている」とドイツのDPA通信の報道を引用し、『東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性がある』と結論づける内容で、憶測をそのままタイトルに付けたと思われる。

この記事が「ニコニコニュース」や「エキサイト」に配信されたことで、注目が集まったようだ。

しかし、BUZZAP!が参考にしたというDPA通信の記事を実際に確認したところ、以下のような内容だった。
――――――
中国での(新型)コロナウイルスの感染拡大は、国際オリンピック委員会(IOC)にも関係している。「世界保健機関(WHO)とその専門家と連絡を取り合っている」と、IOCは東京大会が始まる約半年前(の1月)にDPA通信の質問に答えた。「感染症対策は、安全な大会を提供する東京2020の重要な要素となる」とした。組織委員会は感染事例を監視し、必要な対策を講じるすべての関連組織と引き続き協力していく。
――――――
すなわち、DPA通信は東京オリンピックが中止される可能性については一切報じていない。実際に報じられたのは、飽くまでIOCがWHOと連絡を取り合って新型コロナウイルスへの対策を検討しているところまでだ。

■東京2020組織委員会のコメントは…

ハフポスト日本版では1月30日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)の広報担当者に取材した。東京オリンピック中止という情報の事実関係について確認したところ「組織委員会として公表したという事実はありません」という回答だった。

ハフポスト日本版・安藤健二

④政治資金で逢瀬?進次郎環境相の怪しい高級ホテル宿泊三昧

2020/01/29 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268298

28日は、ちょっと不機嫌そうだった小泉進次郎環境相(C)日刊ゲンダイ

28日の衆院予算委員会で、小泉進次郎環境相の政治資金「私的利用」疑惑を野党が追及。「政界のプリンス」は徐々に窮地に追い込まれつつある。

進次郎氏が代表を務める資金管理団体「泉進会」は2015年7月30日に宿泊代として、軽井沢プリンスに10万円超を計上。この支出は、同年6月27~28日に進次郎氏が既婚女性A氏と同ホテルで逢瀬を楽しんだものと週刊文春は報じた。また、泉進会と進次郎氏の政党支部は、同時期に復興庁勤務の女性と一夜を過ごした東京プリンスをはじめ、都内の高級ホテルへの支払いも目立つ。これらの支出が「公私混同」との批判を招いているのだ。

28日質問した立憲民主の本多平直議員は、泉進会と支部の10~18年分の収支報告書の中から、都内ホテルへの支出をリストアップ。9年間で計74回、総額約165万円に上る(別表)。1回の支払いが5万~6万円というケースもある。

⑤永田町の裏を読む 都合のいい数字だけ列挙し現実を見ない「アベノチャット」

高野孟 ジャーナリスト

2020/01/30 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268305

前に進まずひたすら横に横に流れる安倍首相の施政方針演説(C)日刊ゲンダイ

自民党の経済通のベテラン議員に先の安倍晋三首相の施政方針演説の感想を聞くと、「アベノチャット、絶好調だね」と笑う。それ、何ですか?

「安倍話法というか、安倍流おしゃべり技法だ。第1に、アベノチャットでは常に、何を言うかよりも何を言わないかが大事だ。国民の皆さんがいちばん聞きたいことは、言わない。第2に、じゃあ何を言うかといえば、自分の理解可能な分野だけ取り上げて、都合のいいエピソードや数字の断片だけを並べていくので、文脈の流れとか論理の組み立てというものがない。前に進まずに、ひたすら横に流れて行ってしまうしゃべり方なので、いくら聞いても何の印象も残らない」とのこと。

確かに、数字もいろいろ挙げて、説得力がありそうに見せてはいる。

「先日の演説で一例を挙げれば」と、同議員が説明する。安倍が「日本経済はこの7年間で13%成長し」と言ったので、え、そうなのかなと思って資料に当たった。円建ての名目GDPで見れば、円安効果もあってだいたいそのくらいだが、ドル建てで見れば12年の6兆2018億ドルから18年の4兆9564億ドルに縮んでいる。世界の名目GDP総計の中でのシェアを見ても、12年に8・3%だったのが18年には戦後最低の5・7%にまで落ちた。さらに1人当たり名目GDPでは、12年には世界第11位だったのに18年には20位にまで下がった。

中国との対比では、10年に中国にGDPで肩を並べられ、わずかに追い越されて世界第3位に下がったのだが、それから8年後の18年には中国のGDPは13兆8949億ドルで、日本の2・8倍の経済規模である。

前出ベテラン議員は手帳を開いていくつかの数字を示しつつ、こう言う。

「成長について語るのなら、このようにいろいろな側面から見て、全体としては日本は衰弱に向かいつつあるのではないかという危機感を共有し、それへの対応戦略を語るのでなければならない。日経新聞が1997年元日に『2020年からの警鐘』という連載を始め、その中で、20年には日本のGDPシェアが9・6%にまで落ちるとの予測を紹介し、『日本(の世界の中での存在感)が消える』と表現した。実際に20年を迎えたら、そのリアルな数字は5・7%だから、もう“消えている”わけだ。なのに、見栄えのいい数字だけ拾って、うまくいっているフリをするだけ。世も末ですよ」と。

⑥望月衣塑子 (@ISOKO_MOCHIZUKI)

2020/01/29 Twitter

先週 #菅官房長官 に抗議して以降、3回連続で指されず。なんと番記者たちが「望月が手を挙げても指させない」と内々で決めたとの情報が届いた。 長官が他の記者を指名し続け時間切れとなり、 #上村報道室長 の発言を受けた幹事社が会見を打ち切れば、特定の記者を排除できる。今後のやりとり注視したい

⑦また望月記者イジメ?菅長官ベッタリの首相官邸記者クラブ

2020/01/30 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268355

指名するのは菅官房長官(C)共同通信社

菅官房長官の記者会見で厳しい質問を続ける東京新聞の望月衣塑子記者が、また菅官房長官と記者クラブのイジメに遭っているらしい。

今月22日の会見で望月記者が、挙手をして指名してもらえないことが続いているとして、「不当な扱いを受けている。見直していただきたい」と抗議。菅氏は「ここはあなたのご要望についてお答えする場所ではない」と答え、バトルになった。

これにヘソを曲げたのか、以降、菅氏が番記者らとの「オフレコ懇談」をやらなくなったため、困った番記者らが、ますます望月記者に質問が当たらないようにしているのだという。

記者クラブの一部は「望月記者にはおとなしくしていて欲しい」と思っているようだ。

質問者を指名するのは菅氏だが、会見は記者クラブの主催なので、望月記者が挙手していれば、クラブ側が「まだ質問者がいる」と菅氏に促すことは可能。しかし、29日も望月記者が「(質問)あります」と呼びかけたのに、会見は打ち切られた。

これじゃあ、安倍政権がますますつけ上がるわけだ。

(3)今日の重要情報

①京都市長選・現職市長側の「共産党NO」広告はネトウヨ的発想丸出しの言論弾圧! 安倍首相も「共産党か!」のヤジ

2020.01.30 https://lite-ra.com/2020/01/post-5231.html

京都新聞26日付に掲載された「共産党NO」広告

2月2日投開票の京都市長選。現職の門川大作氏(自民、公明、立憲、国民、社民、いずれも各府連が推薦)に、新人の福山和人氏(共産、れいわ新選組推薦)と村山祥栄氏(地域政党京都党)2名が挑む構図だが、そんななか、地元紙・京都新聞が26日に掲載した広告が波紋を広げている。

〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉

こう大きく書かれた広告は、門川氏の選挙母体「未来の京都をつくる会」(市長選期間中に一定の政治活動ができる確認団体)が出稿したもの。

上述のコピーの下にも、〈わたしたちの京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはなりません〉などの記載があり、広告の下部に賛同者のような形で9名の顔写真と名前が並んでいる。さらに、いちおう別枠扱いらしいが、門川氏の顔写真と名前も、同広告の一部に見えるような形で掲載されている。

ところが、そのなかで顔写真が掲載されていた画家で京都造形芸術大学教授の千住博氏が、自身の公式サイトで27日、〈許可なく無断で掲載された〉との声明を出したのだ。

〈1月27日(日曜日)付の京都新聞の選挙広告について。

千住博は京都造形芸術大学学長当時に候補者を応援してきた経緯から、今回も推薦者として名前を連ねてきておりました。ですが、千住はアーティストとして、意見の多様性や、議論の必要性を大切にしています。今回のような、ある特定の党を排他するようなネガティブキャンペーンには反対です。

まるで千住博がこの様な活動に同意しているような意見広告に、千住の許可なく無断で掲載されたことを大変遺憾に思います。〉(千住氏の公式サイトより)

門川氏の推薦者ではあることは事実だが、広告の内容については「未来の京都をつくる会」側から知らされていなかったということらしい。千住氏だけでなく、ほかに推薦人に名を連ねていた放送作家の小山薫堂氏、有馬頼底・臨済宗相国寺派管長、堀場製作所会長の堀場厚氏らも、広告内容について事前に知らされていなかったと明かしている。また、やはり推薦人に名を連ねている女優・夏木マリ氏の肩書きが「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問」となっていることについても、組織委が了承していなかったとして問題になっている。

しかし、最大の問題は、千住氏も強く反対を表明しているように、この広告の中身だ。

具体的に政策的な指摘や批判をせず、候補者の推薦が「共産党」だと言うだけで、〈共産党の市長は「NO」〉と中傷ビラめいたシロモノを大々的に打つ……。共産党の小池晃書記局長は27日の会見で「本当に卑劣な古典的な反共攻撃だ」と批判していたが、まさにその通りだろう。まるでレッドパージ、いや、社会主義者や共産党主義者とみなした者を次々取り締った戦前の言論弾圧さながらではないか。

「共産党」だけを押し出して、特定の候補を人格否定する。こうした劣悪な広告を放置しておけば、思想弾圧を肯定し、思想信条の自由が否定される社会につながりかねない。明らかにネガティブキャンペーンの限度を超えているだろう。

それにしても、こうも躊躇なく「共産党」と言う言葉を人格否定に使うとは、どうかしているとしか思えない。というか、そのセンスは完全にネット右翼と同レベルだ。

周知のように、ネトウヨたちはリベラル的な言論人やメディアに対して、しょっちゅう「さすが共産党」「共産党www」「アカ」などと言って悦に入っている。ようは、ネトウヨがリベラル派や政権批判にレッテル貼りをするときに使うお決まりの文句なのだ。

現職市長の選挙母体団体が、こんな広告を当たり前のように新聞に載せるとは、まったく“政治の劣化”としか言いようがないだろう。

京都市長だけじゃない、立憲議員の追及質問に安倍首相が「共産党か」のヤジ!

だが、この“政治の劣化”は何も京都市長選に限った話でもあるまい。むしろ、この日本の立法の府である国会ですら、ネトウヨレベルの発言が飛んでいるのだから。その第一人者が、安倍首相だ。

昨年11月8日の参院予算委員会でのこと。立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が、2016年の高市早苗総務相による「電波停止」発言について質問したのだが、その際、安倍首相は大臣席に座ったまま杉尾議員を指差し、こんなヤジを飛ばしたのだ。

「共産党か!」

つまり、閣僚による圧力問題を追及されるなかで、安倍首相はいきなり「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。当然、杉尾議員は「野次らないでください、なに野次ってるんですか、何が共産党なんだ」と反発。速記が止まるなか、安倍首相は腕を組んだまま椅子にふんぞり返り、野党側に指をさして何か口を動かしていたが、ようするに、ネトウヨ的な不規則発言をかますことで、追及に対する説明から逃げたのである。

議論を放棄し、一方的にレッテル貼りをして勝ち誇る。まさにネトウヨそのものだが、他にも安倍首相は国会で追い詰められると、例の「日教組!」(2015年2月)など、言葉を失うような低レベルヤジを連発してきた。

その意味で、今回の門川陣営による〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉の新聞広告も、まさしく安倍首相の醸し出す“ネトウヨ政治”にまる乗っかりした文脈で出てきたものとも言えるだろう。

というか、府連が門川氏を推薦している立憲民主などのリベラル野党も、こんな下劣広告には党としてしっかり抗議するべきではないか。思想信条に対する弾圧の呼び水にもなりかねない、卑劣な政治の劣化・ネトウヨ化を放置してはならない。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト



[2020/01/30 23:40] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<01/30のツイートまとめ | ホーム | 【日本語ブログ記事No.3336】■アメリカの若者たちに伝えたいことがある!(No1)>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/6309-51dcb17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |