FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【今日のブログ記事No.3275】■(続き)長さや重さや面積や時間には世界共通の『絶対基準』があるのになぜ各国の『貨幣』には『絶対基準』がなく『変動相場』で『投機の対象』になっているのか?(No2)
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2019.12.09)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2897】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】70分37秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/582089920

【今日のブログ記事No.3275】

■(続き)長さや重さや面積や時間には世界共通の『絶対基準』があるのになぜ各国の『貨幣』には『絶対基準』がなく『変動相場』で『投機の対象』になっているのか?(No2)

▲かつて各国の『貨幣』には『絶対基準』が存在しそれは『金』であった!

『貨幣』が『金』と兌換でる『金本位制』を実施したヨーロッパの主要国家は、農業国家から工業国家に転換し空前の発展を遂げた時代でさえ『通貨』は安定していた。

フランス・フラン:1810余年から1910余年の『100年間』安定を保った。

オランダ・ギルダー:1816年から1910余年の『98年間』安定を保った。

スイス・フラン:1850年から1936年の『86年間』安定を保った。

ベルギー・フラン:1832年から1,910余年の『82年間』安定を保った。

スウェーデン・クローネ:1873年から1931年の『58年間』安定を保った。

イタリア・リラ:1883年から1910余年の『31年間』安定を保った。

▲世界支配階級(ロスチャイルド国先金融マフィア)の米国代理人ニクソン大統領は1971年突然『ドルと金の兌換停止』を宣言して『ドルの絶対基準』を撤廃した!

マスコミや学者はニクソン大統領による『ドルと金の兌換停止』を『ニクソンショック』と呼んでその真の意味を隠したが、その目的は以下のとおりであった。
_______________________

『ロスチャイルド国際金融マフィア』が100%の株を持ち世界基軸通貨ドルの発行権を独占する米中央銀行FRB(連邦準備制度理事会)が、保有する金の量(総額)に制限されることなくドル紙幣を自由に発行して『金融経済』に供給できるようにすること。
_______________________

1971年以降各国の『金融経済』は『実体経済』の数十倍規模に膨張して『実体経済』を破壊し始めたのである。

▲1971年に『金』から切り離された各国の『通貨』の価値は『81.5%-98.2%下落』した!

1971年に世界通貨システムが金から切り離されて以降、各国通貨の購買力は歴然と輝く金の光芒に照らされた氷のように溶け、元に戻る事はなかった。

1971年に金1オンス=35ドルったが、2006年11月23日には630ドルになった。

すなわち1971年の『ドルと金の兌換停止』以前と比較して2、006年の『ドルの購買力』は実に『94.4%下落』してその『価値』は『5.6%』になったのである。

▲各国の貨幣の『価値』は、35年の間(1971年-2006年)に『金』に対して次のように目減りしていったのである。

ドル:『価値』は『94.4%下落』し『5.6%』になった。

日本円:『価値』は『83.3%下落』し『16.7%』になった。

英国ポンド:『価値』は『95.7%下落』し『4.3%』になった。

ドイツ・マルク:『価値』は『89.7%下落』し『10.3%』になった。(1999年以降はユーロ建て)

フランスフラン:『価値』は『95.2%下落』し『4.8%』になった。(1999年以降はユーロ建て)

イタリア・リラ:『価値』は『98.2%下落』し『1.8%』になった。(1999年以降はユーロ建て)

スウェーデン・クローネ:『価値』は『96%下落』し『4%』になった。
の購買力は96%下落。

カナダドル:『価値』は『95.1%下落』し『4.9%』になった。

スイス・フラン:『価値』は『81.5%下落』し『18.5%』になった。。

(参考・引用文献)

中国経済学者宋鴻兵(ソン・ホンビン)氏著作『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(2009年5月20日ランダムハウス講談社発行) P359-370

▲結局1971年の『ドルと金の兌換停止』によって莫大な利益を手にしたのは、世界中の『金』を独占していた『ロスチャイルド国際金融マフィア』であった。

▲『ロスチャイルド国際金融マフィア』の総本山『欧州ロスチャイルド家』の総資産が、50兆ドル(約5500兆円)に『急膨張』したのはこのためである!

(No2おわり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
スポンサーサイト



[2019/12/10 10:22] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<【YYNewsLiveNo2898】■なぜ今日本に『市民革命政権樹立』と『金融経済課税』が直ちに必要なのか?,その10の理由! | ホーム | 12/09のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/6175-90aca705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |