FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNews】■【週間ブログ記事まとめ】2018年09月25日(火)-09月29日(土)
いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/
9
*今回は2018年09月25日(火)-09月29日(土)に掲載した4本のブログ記事を以下にまとめました。

■【週間ブログ記事まとめ】2018年09月25日(火)-09月29日(土)
①2018.09.25(火) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3032】

■誰が『週刊金曜日』を定期購読者激減による『経営危機』に追い込んのか?

私は今まで『週刊金曜日』を本屋で不定期に購入していましたが、財政支援のために昨年10月より定期購読に切り替えました。

私は、先週木曜日に郵送されてきた最新号(2018年9月21日号)のコラム『風速計』「『週刊金曜日』の理想 北村肇」の文章を読んで驚きました。

【画像】

20180925週刊金曜日

筆者の北村肇発行人が「今月いっぱいで退社する」と書いてあったのです。

*下記の【関連記事1】に全文を書き起こしましたのでお読みください。

しかもこの文章には『週刊金曜日』の最高経営責任者である北村肇発行人がなぜ退社するのかその本当の理由は語られておらず、ただ「理想の雑誌を実現するには至らなかった」「経営的には厳しさを増していますが挫けません」と『きれいごと』しか書かれていなかったのです。

▲この文章は全くおかしい!

何故ならばこの文章は、2004年に編集長となりその後発行人となって現在まで14年間の長きにわたって『週刊金曜日』の編集と経営のトップを務めてきた最高責任者・北村肇氏こそが今回の『経営危機』を生み出した張本人であるにもかかわらず、その責任を全く自覚していない文章だからです。

北村肇発行人は、創刊時には53000部あった『週刊金曜日』を24年間で13000部強にまで激減させて今の『経営危機』を作り出した最高責任者なのです。

北村肇発行人は、自分の編集方針と経営方針が『読者の期待』に答えていないことを自覚せず他人のせいにして『週刊金曜日』をここまで『悲惨な状況』に陥らせたのです。

が私はこの問題を昨年(2017年)11月7日放送の【YYNewsLive】のメインテーマで取り上げ、翌日11月8日の【今日のブログ記事】で『東京新聞や日刊ゲンダイが部数を大幅に伸ばしている中でなぜ「週刊金曜日」の定期購読者が激減しているのか?』のタイトルで配信しました。

*以下の【関連記事2】にブログ記事を再掲しましたのでお読みください。

▲私はその中で『週刊金曜日』の部数激減の原因について次のように書きました。

・それでは、創刊時とそれ以降の定期購読者が「週刊金曜日」に期待したのものは何だったのか?

その答えも簡単で、既存の大手マスコミが決して取り上げない数々の「タブー」に鋭く切り込み、権力者によってこれまで「隠されてきた真実・事実」を白日の元に暴いて読者に知らせてほしい、ということだったのだ。

・東京新聞(公称50万部)や日刊ゲンダイ(公称170万部)が部数を大幅に伸ばしている理由はは、「読者の期待」にそれなりに答えてきたからであり、「週刊金曜日」が定期購読者を大幅に減らしてきたのは「週刊金曜日」が答えて来なかったからだ。

・さらに悪いことは、「週刊金曜日」の発行人や編集委員や編集長以下編集スタッフには「読者の期待」に答えて「タブー」に挑戦し「隠されてきた真実・事実」を暴露する本来の「ジャーナリスト魂」が決定的に欠けていることだと、私は考えます。

・このままいけば、2-3年後には定期購読者が10000人を割り、店売り含めても15000部まで落ち込むことは確実だと、私は思います。

・「週刊金曜日」が読者が期待する「オピニオンリーダー誌」になるには、ここで「抜本的な改革」が必要でしょう!

・それに失敗すれば、存続は難しいでしょう!

【関連記事1】

▲『週刊金曜日』の理想 北村肇

『週刊金曜日』2018年9月21日号『風速計』

かくれんぼうが嫌いだった。物陰に潜んでいると、いつも同じ妄想に襲われた。「もういいかい「「まーだだよ「「もういいかい「「もういいよ「沿いやったはずなのに、浸透したままで、誰の気配も感じられない。恐る恐るあたりを伺ってみると、そこには人っ子1人いない。みんなから見捨てられたのだ。

もちろん現実的ではないとわかっていても、鬼に見つからないように隠れるたびに、いい知れぬ不安感に包まれた。3歳か4歳の頃両親が離婚し、再婚した母親が家を出てからは祖父母に育てられた。その体験が影響している事は容易に想像がつく。5歳からは母親、養父と一緒に暮らしたのだが、それまでの1、2年の記憶がすっぽりと抜け落ちている。学生時代に心理学をかじり、(「愛する者、信じる者に捨てられた悲しみを意識下に押さえ込んだ」と自分勝手に分析したものだ。

だが、これだけ長く生きてくると、神経はずぶとくなる。と言うより摩耗したと言う方が正しいのかもしれない。裏切られたり、見捨てられたり、今でもいろいろなことに遭遇するが、適当にやり過ごす術だけはたけてきた。もはや不安感に押しつぶされる事は無い。そしてまた、心から信頼できる数多くの存在にも出会った。あえて「存在」と表現したのは、必ずしも人間には限らないからだ。

「週刊金曜日」の編集長に就任したのは2004年2月、6年後に発行人となり14年間を過ごしてきた。その間(私がいつも考えていたのは、小誌を「心から信頼できる存在」にしたいと言うことだった。あなたは1人ではない、共に悩み、共に考え、共に手を取り合う仲間がここにいる、一緒に少しでも良い社会を作ろう、そんなメッセージを発することのできる雑誌にしたかった。さらに、読者の皆様から同様の言葉を投げかけてもらえる媒体が理想だった。

今月をもって「金曜日」を去ることになりました。理想の雑誌を実現するには至らなかった非力を素直にお詫びします。しかし「週刊金曜日」は日々、愚直に前を向いて進んいます。社員は熱い心を持って仕事に取り組んでいます。経営的には厳しさを増していますが、挫けません。ありがとうございました。そして、これからもご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

【関連記事2】

【今日のブログ記事】■東京新聞や日刊ゲンダイが部数を大幅に伸ばしている中でなぜ「週刊金曜日」の定期購読者が激減しているのか?

2018.11.08 ブログ『杉並からの情報は発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/858a39ba642d624854447830aadb4b8d

私は2000年から2006年頃まで月一回「杉並・世田谷読者会」を主宰し2009年頃まで定期購読していました。

しかし2009年に政権交代を実現した当時の小沢一郎民主党代表に対して東京地検特捜部による「でっちあげ強制捜査」とマスコミによる「バッシング報道」の猛攻撃が開始されると、当時の北村肇編集長以下の編集部は「東京地検もやりすぎだが小沢一郎も悪い」という「喧嘩両成敗」の主張に終始したため、私は北村肇編集長に抗議の手紙を書いて定期購読をやめた経緯がありました。

その時からつい最近まで私は「週刊金曜日」を本屋で不定期に買っていましたが「財政支援」するために先月から定期購読に切りかえました。

先週金曜日に郵送されてきた最新号(11月3日号)には北村肇発行人の「読者のみなさまへ」という手紙が同封されていてその中に書かれていたことに驚きました。

「週刊金曜日」の定期購読者部数が1993年の創刊時には53000部あったのが今では13000部強まで激減している、と書かれていたのでした。

創刊から現在まで24年間で定期購読者部数が40000部(月平均140部弱)減っているということは、一体どういうことなのか?

その答えは簡単で、創刊時やその後定期購読を申し込んだ「読者の期待」に「週刊金曜日」の誌面が答えてこなかったから、ということだ。

それでは、創刊時とそれ以降の定期購読者が「週刊金曜日」に期待したのものは何だったのか?

その答えも簡単で、既存の大手マスコミが決して取り上げない数々の「タブー」に鋭く切り込み、権力者によってこれまで「隠されてきた真実・事実」を白日の元に暴いて読者に知らせてほしい、ということだったのだ。

東京新聞(公称50万部)や日刊ゲンダイ(公称170万部)が部数を大幅に伸ばしている理由はは、「読者の期待」にそれなりに答えてきたからであり、「週刊金曜日」が定期購読者を大幅に減らしてきたのは「週刊金曜日」が答えて来なかったからだ。

さらに悪いことは、「週刊金曜日」の発行人や編集委員や編集長以下編集スタッフには「読者の期待」に答えて「タブー」に挑戦し「隠されてきた真実・事実」を暴露する本来の「ジャーナリスト魂」が決定的に欠けていることだと、私は考えます。

このままいけば、2-3年後には定期購読者が10000人を割り、店売り含めても15000部まで落ち込むことは確実だと、私は思います。

「週刊金曜日」が読者が期待する「オピニオンリーダー誌」になるには、ここで「抜本的な改革」が必要でしょう!

それに失敗すれば、存続は難しいでしょう!

(終り)

②2018.09.26(水) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3033】

■日本国憲法の決定的な欠陥は第一条に『天皇条項』があり『人間の尊厳の尊重』という絶対的な最高価値の規定がないことだ!

憲法はその国の最高法規であり、その第一条はその憲法の『本質』が表われている。

そのことは、大日本帝国憲法第一条と日本国憲法第一条とドイツ連邦共和国基本法第一条を比較すればよくわかる!
___________________________________________________________________
▲大日本帝国憲法第一条

大日本帝国は、万世一系の天皇が、これを統治する。
__________________________________________________________________
__________________________________________________________________________________________________________
▲日本国憲法第一条「天皇の地位、国民主権」

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
__________________________________________________________________________________________________________

日本国憲法第一条と大日本帝国憲法第一条にはともに『天皇条項』が規定され、『天皇』という国民とは異なる『特別な身分』が国民の上に存在することを認めている点で、その『本質』は全く同じである。

すなわち、日本国憲法がいくら民主主義や主権在民や個人の自由の尊重や個人の基本的人権の尊重を謳っていても、天皇という『特別な身分』が国民の上にある限りにおいてこれらの自由を認めるという『条件付き自由』ということなのだ。
___________________________________________________________________________________________________________

▲ドイツ連邦共和国基本法第1条「人間の尊厳、基本権による国家権力の拘束」

(1)人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、および保護することは、すべての国家権力の義務である。

(2) ドイツ国民は、それゆえに、侵すことのできない、かつ譲り渡すことのできない人権を、世界のあらゆる人間社会、平和および正義の基礎として認める。

(3) 以下の基本権は、直接に妥当する法として、立法、執行権および司法を拘束する。
____________________________________________________________________

ドイツ連邦共和国基本法第1条は、『人間の尊厳』は「不可侵でありこれを尊重しおよび保護することはすべての国家権力の義務である」と規定している。

すなわち『人間の尊厳の尊重』は絶対的な最高価値であり、個人の行動の自由、思想の自由、言論の自由、信教の自由などの『自由』はこの『人間の尊厳の尊重』が守られている前提で初めて成り立つと言うことなのだ。

日本ではヘイトスピーチやヘイトデモやヘイト本出版が激しい批判にもかかわらず公然と認められ行われているが、そのことを可能にしているのは日本国憲法第一条に絶対的な最高価値としての『人間の尊厳の尊重』規定がなく『言論の自由』や『表現の自由』の規定しか無いからである。

我々『フツー市民』が今なすべきことは、米国支配階級の代理人GHQマッカーサー総司令官が『戦後日本の植民地支配』のために起案し制定した『日本国憲法』を全面的に見直し、第一条に絶対的な最高価値としての『人間の尊厳の尊重』を規定する『日本国市民憲法』をゼロから起案して制定することである。

(終り)

③2018.09.28(金) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3034】

■一昨日水曜日(2018.09.26)に配信しましたブログ記事No.3033『日本国憲法の決定的な欠点は第一条に『天皇条項』があり『人間の尊厳の尊重』という絶対的な最高価値の規定がないことだ!』に対する読者のコメントと私の答えをそのまま再掲します!

私は毎日のブログ記事を複数のFB会議室に投稿していますので、いろいろな方からのコメントをいただきます。

以下に紹介しますAさん,Bさん,Cさんからのコメントと私の答えは、FB会議室でのやり取りを編集せずにそのまま再掲したものです。

①Aさんからのコメント

あらまあ

大日本帝国憲法はその一条で、天皇に「統治」の権限をあたえ、続いて統帥権なども与えていますが、現行憲法は、天皇の地位が「主権の存する国民の総意に基づく」と規定し、つまり、国民の総意で廃止することが可能と読める上、大日本帝国憲法のような天皇統治を一切認めず、「国政に関する権能を有しない」としている点で、大日本帝国憲法が規定する天皇とは全く違うのだがなあ。

そもそも現行憲法の下敷きになったのは、広く寄せられた日本の市民の憲法案や、日本の在野の学者らがまとめた憲法案であり、それらを踏まえたGHQの原案に対して、日本の国会で審議し、GHQの原案なかった条文も付加した上で採決したものです。現行憲法を《米国支配階級の代理人GHQマッカーサー総司令官が『戦後日本の植民地支配』のために起案し制定した》などというのは、この憲法制定に関わった我が国の国会議員や国務大臣の努力を蔑ろにするものであるばかりか、事実経過すら歪めるものです。

(私の答え)

あなたは日本国憲法の表の顔しか見ていないですね。裏の顔は天皇の名において、傀儡政党自民党の内閣総理大臣に国会と内閣と司法(最高裁長官任命権)を独占支配する権力を巧妙に与える仕掛けが埋め込まれていることです。なぜ自民党が戦後2度の例外を除いて政権を独占しているのですか?なぜ安倍晋三が憲法違反、憲法無視、憲法破壊ができるのですか?

②Aさんからのコメント

あの?、憲法制定時に自由民主党という政党自体が存在していないので、「天皇の名において、傀儡政党自民党の内閣総理大臣に国会と内閣と司法(最高裁長官任命権)を独占支配する権力を巧妙に与える仕掛けが埋め込まれていることです。」などという主張は、時間軸を無視した妄想でしかありません。

現行日本国憲法の交付…1946年11月3日、施行1947年5月3日

自由民主党の結党…1955年11月15日

憲法のほうが先に制定されているのに、8年後にできる政党の三権支配を云々なんて、ありえへん。w w

だって、憲法制定時には、後に保守合同で自民党が誕生するなんて、決まってたわけじゃないからねえ……

ま、妄想厨さんには、何も言っても無駄だけど、妄想は、ご自分のウォールだけにしといてくださいな。

(私の答え)

米国支配階級にとって憲法施行時の傀儡政党は保守の自由党であり民主党であった。彼らは本格的な傀儡政党を自由党と民主党を1955年に保守合同させてCIAスパイ岸信介をトップにした自民党を作った。

③Bさんからのコメント

全文に国民主権が唱われている。これこそ、国民の尊厳第一の定めですね。

前 文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

(私の答え)

憲法前文にいくら良いことが書かれていようと法的強制力はありません。強制力があるのは各条文です。

④Bさんからのコメント

尊厳に強制力は馴染みませんです。愛国も同じ。

(私の答え)

憲法はその国の基本理念を条文化して政府や政治家や官僚や企業経営者ら権力を持つものに守らせる強制力を持ったものです。強制力のない憲法など絵空事でしかない

⑤Cさんからのコメント

山崎先生は「個人の尊厳」と「人間の尊厳」を同一のものと見做しているんでしょうか?山口二郎同様、同一のものと見做している気がします。

(私の答え)

私にとって尊厳とは人間の尊厳しか考えられない。個人が持つさまざまな違いを超えた人間としての尊厳を護る事です。個人に関しては、個人の尊厳ではなく、個人の基本的人権、行動の自由、表現の自由、思想の自由、結社の自由などを護ることです。

(終り)

④2018.09.29(土) 日本語ブログ

今日のブログ記事No.3035】

■我々『フツーの市民』が地球支配階級と自国支配階級に騙されない、支配されない、搾取されない、殺されないためには何をすべきか?

それは、我々が賢くなることである。

それは、地球支配階級と自国の支配階級の正体を知ることである。

それは、地球支配階級と自国の支配階級による『支配と搾取の基本構造』を知ることである。

それは、我々が草の根レベルで世界規模で連帯しつながることである。

それは、地球支配階級と自国の支配階級を打倒する闘いに決起することである。

そのための手がかりとして役立ちそうな三つのブログ記事を以下に再掲します。

①詩 「市民革命への道」2018.09.18

②なぜ日本の大学には【歴史学部】がないのか?(完結編) 2015年05月12日

③なぜ『経済学』に『信用創造』というキーワードがないのか?なぜ『犯罪学』に『権力犯罪』というキーワードがないのか? 2018年02月20日

◆(再掲1) 詩 「市民革命への道」

山崎康彦 2018.09.18

何も知らない市民は訳も分からず殺される!

何も知らされない市民は訳も分からず殺される!

何も知ろうとしない市民は訳も分からず殺される!


「支配と搾取の基本構造」を知ろうとする市民は殺されない!

「支配と搾取の基本構造」を知ろうとする市民は騙されない!

「支配と搾取の基本構造」を知ろうとする市民は真実を学び始める。


「支配と搾取の基本構造」を知った市民は表層ではなく根幹を見透せる。

「支配と搾取の基本嘘」を知った市民は政府やマスコミや学者の嘘を見破る。

「支配と搾取の基本構造」を知った市民は世界規模で連帯する。


「支配と搾取の基本構造」を知った市民は隠れた敵を特定する。

「支配と搾取の基本構造」を知った市民は市民革命運動に決起する。

「支配と搾取の基本構造」を知った市民は敵を打倒して市民革命政権を樹立する。


市民革命政権を樹立した市民は政治支配を解体する。

市民革命政権を樹立した市民は金融支配を解体する。

市民革命政権を樹立した市民は軍事支配を解体する。


市民革命政権を樹立した市民は主権在民の民主主義社会を実現する。

市民革命政権を樹立した市民は貧富の差のない平等な社会を実現する。

市民革命政権を樹立した市民は戦争のない平和で安全な社会を実現する。

(終り)

◆(再掲2)なぜ日本の大学には【歴史学部】がないのか?(完結編)

2015年05月12日 ブログ『杉並からの情報発信です』 

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/a1f5e948cfe27defb22195e3cc07f480

元外務省国際情報局長孫崎亨氏の最新本『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃とい
う道を歩んだのか』(祥伝社)にはこう記されている。

「英国
オックスフォード大学で最も権威のある学部が歴史学部です。今日、歴史学に100名の教授陣を揃えています。学部生1500名、大学院生500名、凄い規模です。」

「米国でも名門イェール大学の歴史学部は最も権威ある学部で、学生の15~20%が歴史を専攻します。」

なぜ日本の大学には【歴史学部】がなく、文学部や文理学部の一部門でしかない歴史学科しかないのか?

なぜ大学受験の必須試験科目の中から、【日本史】がなくなったのか?

何故ならば、日本支配層が日本の近現代史の隠されてきた【最大・最高の秘密】
が歴史研究で暴露されるのを
封印するためなのだ。

日本支配層が必死に隠してきた【日本の近現代史最大・最高の秘密】とは何か?(完)

1)明治維新の真相

一般的に言われて明治維新は、薩長土肥の諸藩が江戸幕府を倒して日本を近代国
家に建設するために行った
一種のブルジョワ革命だったとの説であるが真相はそんなキレイ事ではなかった。

明治維新とは、アヘン戦争を仕掛けて中国支配を成功させた英国政府とロスチャ
イルド国際金融マフィアが次に日本支配するために行った謀略だったの だ。伝
統的に反江戸幕府であった薩長土肥、とりわけ薩摩と長州の下級武士に、資金、
武器、軍事訓練を提供し、倒幕の戦略・戦術指導を行った下級武 士による軍事
クーデターだったのだ。

江戸幕府と朝廷を公武合体して平和裏に政権交代する手筈であったのを、武力で
幕府を倒す暴力革命に転換させたのは、英国政府とロスチャイルド国際 金融マ
フィアと彼らが支援した薩長倒幕派下級武士たち【武力倒幕派】であったのだ。

2)孝明天皇の暗殺と嫡子睦人親王=明治天皇暗殺とすり替えの真相

【武力倒幕派】の下級武士伊藤博文は、平和路線の【公武合体派】の司令塔で
あった孝明天皇を暗殺し、明治天皇となった嫡子睦日親王をも暗殺し て、長州
藩田布施村出身の大室寅之祐に差し替えて明治天皇になりすませたこと。

3)将軍家茂と孝明天皇の妹で家茂の正室和宮と坂本龍馬の暗殺の真相

【武力倒幕派】は【公武合体派】で徳川家茂に降嫁した孝明天皇の妹和宮や坂本
龍馬を暗殺したこと。

4)【大日本帝国憲法】(明治憲法)の真相

大室寅之祐=明治天皇を裏で操り明治政府の最高責任者となった伊藤博文が起草
し、1890年に実施した【大日本帝国憲法】は、学校の教科書に は「アジアで最
初の近代憲法」と書かれているが、これは大嘘だ。

伊藤博文は自らが犯した孝明天皇の暗殺と嫡子睦人親王=明治天皇の暗殺とすり
替えという大謀略を徹底的に隠ぺいするために、自らが起草した【大日 本帝国
憲法】の中で、天皇に①国の統治権②軍の統帥③国会の解散権のみならず、④第1条
「大日本帝国は万世一系の天皇が統治する」、第四条「天皇 は神聖にして犯す
べからず」の条文を設けて神権を与えた。

これは天皇を【絶対的神的権力者】に仕立てあげて、国民が賛美しようが批判し
ようが天皇に関しては国民の口の端に決して登らないようにして自 らの大罪を
隠蔽したのだ。

5)伊藤博文と田布施システムの真相

明治天皇を操った伊藤博文と西園寺公望と吉田茂の流れ

戦国時代長州国を支配していた朝鮮百済王朝出身の大内家が毛利家に滅ぼされ
落ち武者となって山口県熊毛郡田布施村に部落民化した中で、明治以降現在まで
に8人もの首相を輩出しているのはなぜなのか?

伊藤博文(田布施町出身、首相4回)

山県有朋(軍人、萩市出身、首相2回)

桂太郎(軍人、萩市出身、首相3回)

寺内正毅(軍人、山口市出身)

田中義一(軍人、萩市出身)

岸信介(経済官僚、田布施町出身)

佐藤栄作(運輸官僚、田布施町出身)

安倍晋三(首相3回、長門市出身)

6)明治天皇の真相

明治天皇は伊藤博文に暗殺された孝明天皇の嫡子睦人親王を殺して田布施村出身
の大室寅之助がすり替わった

明治天皇は明治憲法で統治権、統帥権、神権が同時に与えられた世界最強の独裁者

7)大正天皇の真相

大正天皇は病弱で子種がなく4人の男子( 昭和天皇、 三笠宮、 秩父宮、 高松
宮)の母親は貞明皇后だが父親はそれぞれ別だった。

大正天皇の長男昭和天皇の父親は、西園寺公一(西園寺公望の嫡男)の嫡子西園寺
八郎だ。

8)日本の海外侵略戦争と国民弾圧の真相

沖縄支配

台湾支配

西南戦争

自由民権運動

大逆事件

関東大震災と朝鮮人虐殺

日清戦争

ロシア出兵

日露戦争

韓国併合

第一次世界大戦

日英同盟

満州事変と満州国

中国侵略

国際連盟脱退

9)昭和天皇(戦前)の真相

昭和天皇は大東亜戦争に負けることを知っていた

昭和天皇は米国の原爆投下を知っていた

昭和天皇は320万人の日本人を含む5000万人を殺したアジア・太平洋侵略戦争の最大・最高の戦争犯罪人である。

昭和天皇はなぜ戦争犯罪人として逮捕も訴追もされず免罪されたのか?

10)広島、長崎原爆投下の真相

11)敗戦とGHQ支配の真相

12)日本国憲法の真相

13)昭和天皇(戦後)と象徴天皇制の真相

戦争犯罪人の負のイメージから平和天皇へとイメージチェンジに成功した戦後の
昭和天皇広島と長崎への原爆投下について宮内省記者から質問された昭和天皇の答え
『広島の人々には気の毒であったが戦争中であったので広島への原爆投下はやむ
おえなかった』

米タイム記者から戦争責任について質問された昭和天皇の答え
『戦争責任という言葉のあやは研究していないので答えられない』

なぜ昭和天皇はマッカーサー連合国総司令官と11回も会談したのか?

昭和天皇はマッカーサー連合国総司令官の頭越しにダレス国務省顧問と接触し、
自らの命と天皇制の存続と共産主義排斥を条件に、米軍が日本領土を自由に使用
できることを約束した。それが1951年吉田首相単独で証明した50年日米安保条約と日米行政協約の内容となった。

14)吉田茂とサフランシスコ講和条約と50年日米安保条約の真相

15)岸信介と1960年日米安保条約の真相

16)佐藤栄作と1970年日米安保条約の真相

17)自民党とCIAの真相

18)統一教会と創価学会の真相

19)自民党清和会と経世会の真相

20)中曽康弘と原発建設と総評解体の真相
                                      
21)小泉・竹中構造改革と新自由主義の真相

22)民主党反自民政権の誕生と崩壊の真相

19)大地震と福島第一原発大事故の真相

20)2012年12月総選挙と自公圧勝の真相

21))安倍晋三とアベノミックスの真相

23)安倍晋三と憲法破壊と日本会議の真相

(終り)

◆(再掲3)なぜ『経済学』に『信用創造』というキーワードがないのか?なぜ『犯罪学』に『権力犯罪』というキーワードがないのか?

2018年02月20日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/4d029d542cea8575f4ffe0217b31f131

▲なぜ『経済学』に『信用創造』というキーワードがないのか?

なぜ『信用創造学』という学問がないのか?

なぜ『信用創造特権独占者』の正体は隠されているのか?

経済と金融における『信用』とは、希少性を持つ金や銀やプラチナなどの『希少価値』や各国の経済規模を示す国民総生産(GDP)などの『実体価値』とは直接的な関係がなく、人間が人為的につくった『人工価値』である。

「『人工価値』はどのようにつくられるのか?」「『人工価値』は誰がどのように創造するのか?」という根本問題は、経済と金融の最も重要な研究テーマであるが、既存の近代経済学やマルクス経済学はともに『信用創造』というキーワードを設定しないことでこの問題を意図的にスルーしているのだ。

したがって『信用創造特権独占者』の正体は巧妙に隠されているのだ。

なぜならば、『信用創造』や『信用創造特権』というキーワードを設定して「『人工価値=信用』はどのようにつくられるのか?」「『人工価値=信用』は誰がどのように創造するのか?」のテーマで世界中で研究者たちが調査を開始すれば、すぐに、『信用創造』と『信用創造特権』を独占して世界中の人々を支配し世界中の富を略奪してきた『世界支配階級=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』の正体がすぐに暴露されるからである。

我々『市民革命派』の『フツーの市民』は、既存の経済学者や金融学者の中の『良心的な専門家』と協力して『信用創造学』を我々自身で創設して、『信用創造特権独占者』の正体を暴露し、彼らによる『支配と搾取の基本構造』を完全に解体する闘いを開始しなければならないのだ!

▲なぜ『犯罪学』に『権力犯罪』というキーワードがないのか?

なぜ『権力犯罪学』という学問が存在しないのか?

なぜ『権力犯罪者』による『権力犯罪』は全て免罪・免責されるのか?

既存の『犯罪学』の研究対象は、一般民間人が侵す犯罪であり、権力を独占する人間や組織が侵す『権力犯罪』は『権力犯罪』というキーワードを設定しないことで意図的に研究対象から外してきたのだ。

なぜならば、もしも『権力犯罪』というキーワードを設定して『権力犯罪学』を『犯罪学』から独立した学問にすれば、世界中で研究者たちが調査・研究を開始しすぐに『世界支配階級=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』こそが『権力犯罪者』であることがすぐに暴露されるからである。

我々『市民革命派』の『フツーの市民』は、既存の経済学者や金融学者が決して取り組まない『信用創造学』を我々自身で創設して、『信用創造特権独占者』の正体を暴露し、彼らによる『支配と搾取の基本構造』を完全に解体する闘いを開始しなければならないのだ!
我々『市民革命派』の『フツーの市民』は、既存の犯罪学者や法学者の中の『良心的な専門家』と協力して『権力犯罪学』を我々自身で創設して、『権力犯罪者』の正体を暴露し、彼らによる『支配と搾取の基本構造』を完全に解体する闘いを開始しなければならないのだ!

▲【関連情報】

①『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうと
そんなことはどうでも良い』(世界支配階級=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの1790年の言葉)

②『私の息子たちが望まな
ければ戦争が起きることはありません。』(マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり5人の息子の母親でもあったグートレ・ロスチャイルドの言葉)

③『天皇裕仁は「戦争犯罪人」であり、「ファシスト」であり、「5000万人のアジア人」を殺した最大最高の元凶である』
(井上清著「天皇の戦争責任」現代評論社1975年初版より抜粋)

④昭和天皇『この原子爆弾が投下されたことに対して遺憾には思っておりますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対
しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思っております』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見で中村康二(こうじ)記者(ザ・タイムズ)の質問『陛下は(中略)都合三度広島にお越しに
なり、広島市民に親しくお見舞いの言葉をかけておられましたが、原子爆弾投下の事実を陛下はどうお受け止めになりましたでしょうか。おうかがいし
たいと思います。』への回答。

⑤昭和天皇『そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、そういう問題につ
いてはお答えが出来かねます』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見での秋伸利彦記者(中国放送)の質問『天皇陛下はホワイトハウスで「私が深く
悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がありましたが、このことは戦争に対しての責任を感じておられるという意味に解してよろしゅうございま
すか。また、陛下はいわゆる戦争責任についてどのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします』への回答。

⑥安倍晋三首相『徴兵制の復活は私の歴史的使命』(2013年8月13日地元後援会主催の会合での発言)

⑦『ロスチャイルドの世界革命行動計画25項目』

No1.人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。権力は力の中に存在している。

*【解説山崎】:テロは権力中枢ではなく常に無防備の一般市民を対象に実行される。なぜならばその目的が一般市民にテロ(暴力)の恐怖を植え付け思考停止させるためだからだ。
No2.政治権力を奪取するには
「リベラリズム」を説くだけで十分である。そうすれば有権者は一つの思想のために自らの力、権力を手放すことになり、その放棄された力、特権をかき集めて
手中に収めればいい。

*【解説山崎】:1789年の『フランス革命』は、万人が賛同する崇高な理念である「自由」「平等」「博愛」を掲げたために一般民衆が参加して成功したのである。

No3.大衆はどのようにして自由を享受すればいいのかわからない。「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさ
せる事も可能だ。

*【解説山崎】:マルクスの「共産主義革命」は資本家階級による「労働者の搾取」から「自由」になるために「私有財産の廃止」を掲げたが、もしも「共産主義革命」指導部がユダヤ人に独占されていたら廃止された私有財産のすべてユダヤ人の手に握られることになる。

No4.最終目標に到達するためには、ありとあらゆる手段を正当化出来る。率直さや正直さといった国民としての立派な資質は政治に支障をきたすから、支配者となろうとする者は狡賢さ、欺瞞に訴えなければならない。

*【解説山崎】:世界支配階級『イルミナティ』の傀儡である日本支配階級代理人安倍晋三と傀儡政党・自民党の政治家たちの悪辣さの源流はまさにここにある。

No5.我々の権利は力の中にある。我々が見出している新たな権利とは、強者の権利によって攻撃する権利であり、既存の秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する権利である。

*【解説山崎】:世界支配階級『イルミナティ』が主導した「フランス革命」や「ロシア革命」や「日本の明治維新」の暴力性を見れば、「既存の秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する」ためであったのがよくわかる

No6.我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、表面化しないよう保たれなければならない。戦略計画の基本路線から逸れることは何世紀にも及ぶ営為を無にする危険がある。

*【解説山崎】世界各国で『世界支配階級』=『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』=秘密結社『イルミナティ』による『支配と搾取の基本構造】が巧妙に隠されて各国の国民民に『意識化されない』のはまさにこの『表面化しない』行動規範によるのだ。
その結果以下の質問に正確に答えられる人は殆どいないのだ!

『世界支配階級』とは誰なのか?

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』とは誰なのか?

秘密結社『イルミナティ』とは誰なのか?

No7.群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。

*【解説山崎】

現代世界に於いて『群集心理を利用して大衆を支配する』最大の武器は、①テロと戦争による恐怖、②宗教による洗脳、③教育による洗脳、③マスコミによる洗脳だろう。

その意味で、我々の闘いは『反戦平和』であり、『宗教と教育とマスコミによる洗脳禁止』の運動だろう。

No8.酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。賄賂もペテン
も裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

*【解説山崎】

『酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を利用して諸国家の若者の道徳心を低下させる』というこの行動規範の目的は、若者が政治や社会や平和や差別や不平等や貧困に関心が向かないようにして彼らの最終目的『世界統一政府樹立』実現の邪魔をさせないためである。

No9.そうすることで服従と主権を確保出来るなら、何
がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分たちにはある。

*【解説山崎】

この行動規範は『神に選ばれた選民であるユダヤ人は非ユダヤ人のゴイム(家畜)の生命や財産を奪う当然の権利がある』というユダヤ教秘密経典『タルムード』の教えからきている。

No10.我々は「自由・平等・博愛」という言葉を民衆に教え込んだ最初の民族である。ゴイムは難解さゆえにこの言葉の意味とその相互関係の対立に気付くことさえない。ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。それは我々の拠り所、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

*【解説山崎】

秘密結社『イルミナティ』が主導した『フランス革命』が成功したのは、万人が賛同する「自由・平等・博愛」という崇高な理念を掲げて一般民衆を動員したからである。

『米国の独立戦争』で秘密結社『イルミナティ』が支援した北軍が勝利できたのは、万人が賛同する「奴隷解放」という崇高な離縁を掲げたからである。

『日本の明治維新』で秘密結社『イルミナティ』が支援した薩長土肥の反幕連合軍が江戸幕府を武力で打倒できたのは、「封建身分制度の廃止」という崇高な理念を掲げて下級武士や被差別部落民の決死の力を結集したからである。

No.11.自ら戦争を誘発しながら、敵対するどちらの側にも領土の獲得が生じない平和会議を
主導しなければならない。戦争は対立する双方の国家がさらに負債を抱え込み、我々の代理人の手中に落ちるよう主導されなければならない。

No.12.財を活用して、我々の要求に素直に従い、ゲームの駒となって、政府を陰で操ることを我々から任じられた人物を選ばなければならない。

No.13.誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、自ずからは姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。大衆への情報の出口すべてを支配すべきである。

No.14.貧困と恐怖によって大衆が支配された時には、常に代理人を表舞台に立たせ、秩序を回復すべき時が来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲になったと解釈されるよう、事を進めなければならない。計算済みの恐怖支配が
実現した時点で、犯罪者や精神
異常者を処刑すれば、我々自身を抑圧された人々の救世主として見せかけることが出来る。実際のところ、我々の関心は正反対
で、減らすこと、すなわちゴイム を殺害することにある。

No.15.我々の力を行使すれば、失業と飢えがつくりだされ、大衆にのしかかる。そうすれば、確実な資本支配力が生じる。

No.16.フリーメーソンのブルー・ロッジ内部に大東社を組織して破壊活動を実行しながら、博愛主義の名のもとで、自らの活動の真の意味を隠すことは可能である。大東社に参入するメンバーは、ゴイムの間に無神論的唯物主義を広めるために利用されなければならない。(※フリーメーソンには33階級あって、下から三つが徒弟・職人・親方という階級になっている。この3階層のことをブルー・ロッジと言い、つまり一般的なフリーメーソン会員の集会場という意味である。大東社と
いうのは英語で Grand Orient Lodge
であり、Grandには統括するという意味がありますので、東洋を統括する支部ということだと思われる。現在はフランスのフリーメーソン本部がGrandOrient
Lodgeと名乗っている。)

No.17.代理人は大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。約束された事と反対の事は、後になれば常におこなえる。

No.18.恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

No.19.すべての戦争のあとには、秘密外交が主張されなければならない。秘密外交によって、我々の代理人が関わらないかぎり、諸国家は些細な個人的取り決めさえも結ぶ事ができないような支配権が確保されなければならない。

No.20.最終目標である世界政府に到達するためには、大規模の独占、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう。

No.21.ゴイムからその不動産、産業を奪うため、重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める労働運動の普及、競争者の助成によってそれは実現できる。

No.22.最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、プロレタリアートの大衆が残ればい
い。ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武器増強が開始されなければならない。
No.23.世界統一政府のメンバーは独裁者によって任命され、科学者、経済学者、財政専門家、企業家、大金持ちの中から選出され
る。

No.24.代理人はその誤りを我々が承知している理論、原則を教え込むことで、社会の若年層の精神を惑わせて腐敗させる目的で、あらゆる階級、あらゆるレベルの社会、政府に潜入しなければならない。

No.25.国家法および国際法を利用しつつ、ゴイムの文明を破壊しなければならない。我々に対してゴイムが武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************
















スポンサーサイト
[2018/09/30 09:00] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<09/30のツイートまとめ | ホーム | 09/29のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/5160-7884c759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |