プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【英日語放送】■Google is a convincing・・グーグルは各国の憲法が国民に保障する「個人の知る権利」「個人の思想・信条の自由」「個人の表現の自由」「検閲の禁止」を踏みにじる権力犯罪企業である!
Hello Everyone!

みなさん こんばんは!

Thank you very much for your kind attention to my English-Japanese broadcast from Japan.

日本からの英日語放送を視聴していただきありがとうございます。

We are now Wednesday the 02 August 2017 at 8.30 PM in locla time.

今日は2017年8月02日日本時間で午後8時30分です。

My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japansese independent journalist based on internet media.

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Wednesday at 8:30 p.m. in local time for more than 5 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と水曜日を除く毎日午後8時半から配信しすでに5年以上になります。

Approximately 500-1000 people are watching each time.

毎回約500-1000名の方が視聴されています。
                                    
I started English broadcast biweekly on Wednesday night from the 7th October 2015 in order to talk directly to 1.4billions of English
speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は隔週水曜日夜に英日語放送を2015年10月7日からを開始、日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。

【Video】59分58秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/392013357

【the principale subject of touday】

今日のメインテーマ

■Google is a convincing power criminal company who publicly treads over "the prsonal right to know", "the personal freedom of thought and creed", "the personalfreedom of expression"and "the prohibition of censorship " that the constitution of each country guarantees to the people!

グーグルは、各国の憲法が国民に保障している「個人の知る権利」「個人の思想・信条の自由」「個人の表現の自由」「検閲の禁止」を公然と踏みにじる確信的な権力犯罪企業である!

Google unilaterally suspended my Google account on June 5, 2017 without any explanation about the reasons only saying taht it "violated the
terms of service".

グーグルは2017年6月5日私のグーグルアカウントを『利用規約に違反した』と言っただけで何の理由説明もなく一方的に停止した。

For that reason, it has become impossible to watch more than 1000 [YYNewsLive] recordings already uploaded to 【YouTube】 and new recordings
can not be uploaded.

そのために、既に【YouTube】にアップした1000以上の【YYNewsLive】録画が視聴できなくなり、新規の録画がアップできなくなった。

In June of this year, the European Commission has imposed Google a huge amount of fine of 2.7 billion dollars (about 300 billion yen) against the violation thatGoogle has comitted to have unfairly manipulated the search result to induce their users to the their shopping site "Google Shopping".

今年の6月、欧州委員会はグーグルが検索結果を不当に操作して自社のショッピングサイト「グーグルショッピング」に利用者を誘導した違反行為に対して、27億ドル(約3000億円)の巨額の罰金を課した。

Now Google uses the same search system to make the contents of sites that Googledoes not allow "fake news" and "conspiracy theory" so that the users can't access the sites of "leftist", "anti-war" and "dissidents" .

グーグルは今同じ検索システムを使って、彼らが許容しないサイトの内容を「偽ニュース」と「陰謀論」にして、利用者が「左派」や「反戦派」や「反体制派」のサイトにアクセスできないようにしているのだ。

I post below an English article (with Japanese translation) dated July 27th 2017 on the website "WORLD SOCIALIST WEB SITE (WSWS)" that exposed this fact.

このことを暴露したウェッブサイト「ワールド・ソーシャリスト・ウエッブサイト(WSWS)」の7月27日付け英文記事(日本語訳付)を以下に掲載する。

If you read this article, you will understand that it is not a coincidence that Google arbitrarily stopped my account this June.

この記事を読めば、グーグルが今年の6月に私のアカウントを勝手に停止したのは偶然ではないことが分るだろう。

If you read this article, you will understand that Google is from April this year completely on other side of the power and CIA side and that the unforgivables contents of the sites of "leftwing", "anti-war","democratic" and "dissident" areclassified as "fake news" and "conspiracy theory" so that the access to the siteare blocked.

この記事を読めば、グーグルが今年の4月から完全に向こう側、権力側、CIA側について、彼らが許さない「左派」「反戦派」「民主派」「反体制派」のサイトの内容を「偽ニュース」「陰謀論」に分類してサイトへのアクセスをブロックし始めたことがわかるだろう。

If you read this article, you will understand that Google is a convincing power criminal company who publicly treads over " the personal right to know ", " the personal freedom of thought and creed ", " the personal freedom of expression " and " the prohibition of censorship " that the constitution of each country guarantees to the people.

この記事を読めば、グーグルが各国の憲法が国民に保障している「個人の知る権利」「個人の思想・信条の自由」「個人の表現の自由」「検閲の禁止」を公然と踏みにじる確信的な権力犯罪企業であることが分るだろう。

(Related article starts)

(該当記事開始)

▲New Google algorithm restricts access to left-wing, progressive web sites

進歩派や左派のウェッブサイトへのアクセスを制限するグーグルの新しい手法!

By Andre Damon and Niles Niemuth

アンドレ・ダモン、 ニル・ニミュト 

27 July 2017 「World Socialist Web Site」

2017年7月27日 「ワールド・ソーシャリスト・ウエッブサイト」

https://www.wsws.org/en/articles/2017/08/02/pers-a02.html

In the three months since Internet monopoly Google announced plans to keep users from accessing “fake news,” the global traffic rankings of a broad range of left-wing, progressive, anti-war and democratic rights organizations have fallen significantly.

インターネット検索エンジンを独占するグーグルが「偽ニュース」(フェイクニュース)に利用者がアクセスするのを防止しなければならと発表してから三ヶ月経過するが、この間左派や進歩派や反戦派や民主派の組織が提供する多くのサイトへのアクセス数が世界レベルで減少している。

On April 25, 2017, Google announced that it had implemented changes to its search service to make it harder for users to access what it called “low-quality” information such as “conspiracy theories” and “fake news.”

2017年4月25日、グーグルは「陰謀論」や「虚偽の情報」のような彼らの言う「質の悪い」情報に利用者がアクセスすることがより困難になるように、検索サービスを変更したと発表した

The company said in a blog post that the central purpose of the change to its search algorithm was to give the search giant greater control in identifying content deemed objectionable by its guidelines.

グーグルはブログ記事の中で、検索システム変更の主要目的は、好ましくないと判断したサイトの内容を新たな指針によって識別することで検索システムにより多くの管理能力を与えることだった述べている。

It declared that it had “improved our evaluation methods and made algorithmic updates” in order “to surface more authoritative content.”

グーグルは『サイトにより多くの許可された内容が掲載されるように評価方法を改善して実行した』と述べている。

Google continued, “Last month, we updated our Search Quality Rater Guidelines to provide more detailed examples of low-quality webpages for raters to appropriately flag.

グーグルは続けてこう述べている。「先月検索の質を向上させる新たな指針(品質評価ガイドライン)を導入した。それは、低品質のウェッブページのより詳細な情報を提供することで評価者に適切に警告できるようにしたのである。」

"These moderators are instructed to flag “upsetting user experiences,” including pages that present “conspiracy theories,” unless “the query clearly indicates the user is seeking an alternative viewpoint.”

「この新しい指針は「『陰謀論』を紹介するページを『利用者の怒りの経験』の旗で警告するが、利用者が他の視点を検索していることが明確に示されている場合はその限りではない、としている。」

Google does not explain precisely what it means by the term “conspiracy theory.

グーグルは「陰謀論」という用語の正確な定義を説明していない。

"Using the broad and amorphous category of fake news, the aim of the change to Google’s search system is to restrict access to alternative web sites, whose coverage and interpretation of events conflict with those of such establishment media outlets as the New York Times and the Washington Post.

グーグルの検索システム変更の目的は、「偽ニュース」という広くて曖昧な言葉を使いながら、ニューヨーク・タイムズやワシントンポストなどの既存メディアの意見と異なる様々な意見を紹介するウェブサイトへのアクセスを制限することである。

By flagging content in such a way that it does not appear in the first one or two pages of a search result, Google is able to effectively block users’ access to it.

グーグルは、「不適切な内容」の検索結果を最初のページあるいは2ページ目に表示されないようにすることで、利用者のアクセスを効果的にブロックすることができる。

Given the fact that vast amounts of web traffic are influenced by search results, Google is able to effectively conceal or bury content to which it objects through the manipulation of search rankings.

ウェッブサイトのアクセスが検索結果の影響を多く受けていることを考えると、グーグルは自分たちが内容が好ましくないと考えるサイトを検索ランキングをいじって効果的に隠したり埋没させることができるのだ。

Just last month, the European Commission fined the company $2.7 billion for manipulating search results to inappropriately direct users to its own comparison shopping service, Google Shopping.

先月6月欧州委員会は、グーグルが検索結果を不当に操作して自社のショッピングサイト「グーグルショッピング」に利用者を誘導したとの違反行為に対して27億ドルの罰金を課した。

Now, it appears that Google is using these criminal methods to block users from accessing political viewpoints the company deems objectionable.

グーグルは今、グーグルが不快と思う政治的見解に利用者がアクセスするのを妨害するために、これら犯罪的手法を利用しているように見える。

The World Socialist Web Site has been targeted by Google’s new “evaluation methods.” While in April 2017, 422,460 visits to the WSWS originated from Google searches, the figure has dropped to an estimated 120,000 this month, a fall of more than 70 percent.

『ワールド・ソーシャリスト・ウェブ・サイト』はグーグルの新しい「評価方式」の標的になっている。2017年4月にグーグル検索を通して『ワールド・ソーシャリスト・ウェブ・サイト』を訪問した人数は422,460人であったが、今月(7月)は約12万人に落ち込んだ。つまり70パーセント以上訪問者数が減少したのである。

Even when using search terms such as “socialist” and “socialism,” readers have informed us that they find it increasingly difficult to locate the World Socialist Web Site in Google searches.

グーグル検索で「社会主義者」や「社会主義」を検索用語に使って『ワールド・ソーシャリスト・ウェブ・サイト』を探す場合、利用者はそこにたどり着くのがますます難しくなっていることを思い知らされる。

Referals from Google searches to the WSWS have fallen by about 70 percent.

グーグル検索でWSWSがヒットする件数は約70%も減少している。

According to Google’s webmaster tools service, the number of searches resulting in users seeing content from the World Socialist Web Site
(that is, a WSWS article appeared in a Google search) fell from 467,890 a day to 138,275 over the past three months.

グーグルの検索サービスを通じて『ワールド・ソーシャリスト・ウェブ・サイト』の内容を閲覧できた利用者(すなわちグーグル検索でWSWSの記事を読んだ人)の数は、過去3ヵ月間で一日467,890人から138,275人に減少したのだ。

The average position of articles in searches, meanwhile, fell from 15.9 to 37.2 over the same period.

同じ期間にグーグル検索サービスを通じて読まれた記事の平均数は15.9から37.2に上昇したのにも関わらず。

David North, chairperson of the International Editorial Board of the WSWS, stated that Google is engaged in political censorship.

WSWS国際編集委員会委員長デビッド・ノース氏はグーグルが政治的な検閲をしていると言っている。

“The World Socialist Web Site has been in existence for nearly 20 years,” he said, “and it has developed a large international audience. During this past spring, the number of individual visits to the WSWS each month exceeded 900,000.

彼は言う。「ワールド・ソーシャリスト・ウェブ・サイト」は20年前から存在し多くの読者を世界規模で獲得してきた。」「この春のWSWSの月間訪問数は90万人を超えた。」

“While a significant percentage of our readers enter the WSWS directly, many web users access the site through search engines, of which Google
is the most widely used. There is no innocent explanation for the extraordinarily sharp fall in readers, virtually overnight, coming from Google searches.

彼は言う。「かなりの割合の読者は直接WSWSサイトを訪問するが、多くのインターネット利用者は最も多く使用されているグーグルのような検索エンジンを通してWSWSサイトにアクセスしてくる。グーグル検索からの訪問者数がほぼ一晩で急激に減少した理由はこれ以外では説明できまない。」

“Google’s claim that it is protecting readers from ‘fake news’ is a politically motivated lie. Google, a massive monopoly, with the closest ties to the state and intelligence agencies, is blocking access to the WSWS and other left and progressive web sites through a system of rigged searches.”

グーグルは「偽ニュース」から利用者を保護する為に検索システムを変更したと主張しているが、これは政治的な動機の嘘である。国家機関と国家情報局と最も緊密な関係を持つ巨大独占企業グーグルは、『ワールド・ソーシャリスト・ウェブサイト』や他の進歩派や左派のウェッブサイトへのアクセスを新たな検索システムでブロックしているである。

In the three months since Google implemented the changes to its search engine, fewer people have accessed left-wing and anti-war news sites.

グーグルが検索エンジンの変更を実施してから3ヶ月間、左派と反戦派のウエッブサイトへのアクセス数は減少した。

Based on information available on Alexa analytics, other sites that have experienced sharp drops in ranking include WikiLeaks, Alternet, Counterpunch, Global Research, Consortium News and Truthout.

アレクサ(Alexa)のアクセス解析情報に基づくと、アクセス順位を落とした他のサイトには、ウィキリークス、アルターネット(Alternet)、カウンターパ(Counterpunch)、グローバル・リサーチ、コンソーシアムニュース、トルースアウト(Truthout)が含まれている。

Even prominent democratic rights groups such as the American Civil Liberties Union and Amnesty International appear to have been hit.

「市民の自由のためのアメリカ人連合」や「アムネスティ・インターナショナル」のような民主的な権利を保護するグループもまた被害を受けている。

A broad range of left-wing, progressive, and anti-war sites have had their traffic rankings fall in recent months.

左派や進歩派や反戦を掲げるウェッブサイトの多くが最近数ヶ月間にアクセスチャートでランクを落としている。

According to Google Trends, the term “fake news” roughly quadrupled in popularity in early November, around the time of the US election, as Democrats, establishment media outlets and intelligence agencies sought to blame “false information” for the electoral victory of Donald Trump over Hillary Clinton.

グーグルトレンド(Google
Trends)によると、昨年11月はじめの米国大統領選挙選の時期に、民主党や既成メディアや諜報機関がドナルドトランプがヒラリークリントンに勝利した責任を「偽ニュース」のせいであると責任転嫁するために「偽ニュース」を使ったので「偽ニュース」の人気は四倍になった。

On November 14, the New York Times proclaimed that Google and Facebook “faced mounting criticism over how fake news on their sites may have influenced the presidential election’s outcome,” and they would be taking measures to combat “fake news.”

11月14日、ニューヨーク・タイムズ紙は、GoogleとFacebookが、≪ウエッブサイト上の「偽ニュース」が大統領選挙の結果に影響を与えたとの多くの批判に直面して、彼らは「偽ニュース」と戦うための対策を取る』と報道した

Ten days later, the Washington Post published an article, “Russian propaganda effort helped spread ‘fake news’ during election, experts say,” which cited an anonymous group known as PropOrNot that compiled a list of “fake news” sites spreading “Russian propaganda.”

その10日後、ワシントン・ポスト紙は「専門家の話として、大統領選挙時にロシアのプロパガンダで「偽ニュース」が広く流通した」との題名の記事を掲載し、匿名団体『プロポルノット(PropOrNot)』の名前を引用して彼らが作成した「ロシアのプロパガンダ」による「偽ニュース」リストを掲載した。

The list included several sites categorized by the group as “left-wing.” Significantly, it targeted globalresearch.ca, which often reposts articles from the World Socialist Web Site.

このリストには、匿名団体『プロポルノット(PropOrNot)』が「左派」と呼ぶいくつかのウエッブサイトが載っていた。

After widespread criticism of what was little more than a blacklist of anti-war and anti-establishment sites, the Washington Post was forced to publish a retraction, declaring, “The Post, which did not name any of the sites, does not itself vouch for the validity of PropOrNot’s findings.”

ワシントンポスト紙が反戦派や反体制派のウエッブサイトを寄せ集めただけに過ぎないブラックリストを記事で紹介したことに対して広範な批判が沸き起こった。ワシントンポスト紙は次のような言い訳を言ってこの記事を撤回する羽目になった。「ポスト紙は匿名団体『プロポルノット(PropOrNot)』の記事の結果が有効だったか否かは保障しません。」

On April 7, Bloomberg News reported that Google was working directly with the Washington Post and the New York Times to “fact-check” articles
and eliminate “fake news.” This was followed by Google’s new search methodology.

4月7日ブルームバーグ・ニュースは次のように報道した。「グーグルは記事を確認し「偽ニュース」を抹消するために、ワシントンポストとニューヨークタイムズと直接仕事をしていた。」これがグーグルの新しい検索システムに繋がったのだ。

Three months later, out of the 17 sites declared to be “fake news” by the Washington Post ’s discredited blacklist, 14 had their global ranking fall. The average decline of the global reach of all of these sites is 25 percent, and some sites saw their global reach fall by as much as 60 percent.

それから3ヵ月後、ワシントン・ポスト紙が報じた「偽ニュース」のブラックリストに掲載された17のサイト中、14のサイトの世界アクセスランキングがダウンした。14のサイトの平均アクセス数は25%減少し、いくつかは60%減少したサイトもあった。

“The actions of Google constitute political censorship and are a blatant attack on free speech,” North stated.

ノース氏は「グーグルの行動は政治的検閲であり、表現の自由に対する明確な攻撃である。」と言っている。

“At a time when public distrust of establishment media is widespread, this corporate giant is exploiting its monopolistic position to restrict public access to a broad spectrum of news and critical analysis.”

彼は言う。「既存のメディアに対する大衆の不信感が広がっている時、この巨大企業グーグルは、独占という立場を利用して人々が広範な情報収集や批判分析にアクセスすることを制限しているのである。」

(end)

(終り)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************
*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************







スポンサーサイト
[2017/08/02 22:39] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<08/02のツイートまとめ | ホーム | 【今日のブログ記事】■グーグルは欧州員会から約3000億円の罰金を課せられた同じ検索システムを使って「左派」や「反戦派」や「反体制派」のサイトにアクセスできないようにしている!>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/4057-a866ffd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |