プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【週間レポート】①英日語(べーシックインカム)②東京新聞③仏日語(べーシックインカム)④自民党とは?No1/4⑤自民党とは?No2/4
いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する【市民革命派】ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日日曜日(2017年5月14日)午後2時10分より放送しました【YYNewsLive週間レポート】の放送台本です!

【放送映像】95分08秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/372266767

☆イベントのご案内!

☆【討論イベント】テーマ【全ての人に、無条件で生活基本金を配当する「ベーシックインカム」は日本で可能?】

【Favebookイベント】

https://www.facebook.com/events/208156993032977/?ti=icl

【日時】2017年5月20日(土)14:30受付開始-16:45

【場所】日野駅前カフェコロラド 
    東京都日野市日野本町3-11-10
    042-584-1958

【出演】山崎康彦(ネットジャーナリスト)
    増山れな(映画監督)

【入場料】900円(前売り)+ドリンク代

2016年は韓国の城南市で18歳-24歳までの若者世代に年10万円の支給、2017年フィンランドで失業者2000人に7万円の支給、カナダでも実証実験がスタート。2018年には台湾で300人の村二つ住民に対して月5万円の支給がスタートするなど、ものすごい勢いで世界で”生活に必要な最低限どの金額を支給する”制度が進んでいます。

日本では、実現は可能なのでしょうか?

ネットジャーナリストの山崎康彦氏と、日本初のベーシックインカム映画を製作中の映画監督の増山れなが世界での状況、日本での可能性について、議論します。

【主催】ベーシックインカム映画実行委員会
    080-6687-4118
renaart1225@yahoo.co.jp

☆(1)今日のメインテーマ (一週間のまとめ)

①2017.05.07(日) 英日語放送

■Think about "Basic income (minimum basic income) benefit system"!

『ベーシックインカム(最低基本収入)給付制度』について考える!

Last Saturday (2017.04.29), I had an opportunity to hear directly from Mr.Schmidt who was one of the leaders of the movement of the "basic
income benefit system" for Swiss referendum.

先週の土曜日(2017.04.29)『無条件ベーシックインカム』をスイス国民投票にかける運動の指導者の一人シュミットさんに直接話を聞く機会があった。

Last year (2016)) on June 5th, the "unconditional basic income" was rejected by the Swiss referendum against 73.6%, but it won 23.1% of votes.

昨年(2016年))6月5日『無条件ベーシックインカム』がスイス国民投票にかけられ、73.6%の反対で否決されたが、23.1%の賛成票を獲得して成果を上げた。

The "unconditional basic income benefit system" that Mr.Schmidt and all have made a referendum is a system in which the government gives the
minimum basic revenue to all 8 million Swiss citizens without literally taking conditions.

シュミットさんらが国民投票にかけた『無条件ベーシックインカム』とは、文字通り条件をつけずに政府が800万人のスイス国民全員に最低基本収入を給付する制度である。

Regarding the amount of the minimum basic income, all major mass-medias gave concrete figures like as "2500 Swiss francs (about 270,000 yen)
monthly for adults and 625 Swiss francs (about 68,000 yen) for minors".

最低基本収入の額に関して『成人に毎月2500スイスフラン(約27万円)、未成年に625スイスフラン(約6万8千円)』と大手マスコミは具体的な数字をあげた。

But Mr.Schmidt denied that such a specific amount of income was raised in the referendum.

しかしシュミット氏は国民投票にこのような具体的な金額を掲げてはいないと否定した。

If the amount of the minimum basic income is correct, it is certain that the annual budget for Switzerland is over 20 billion of SFr. (About 22.7
trillion yen),as the Swiss government says.

もしもこの給付金額が正しければ、スイス政府が言うように「スイスが2080億スイスフラン(約22兆7000億円)超」の予算が必要となるのは確かである。

For Switzerland with a total gross national product of $ 646.2 billion of dollars (about 70 trillion yen) (2013), the basic income budget of 22.7 trillion of yen won't possible to be created by the "change of social welfare system etc." as Mr.Schmidt and all claim.

国民総生産額6462億ドル(約70兆円)(2013年)のスイスにとって、毎年22兆7000億円のベーシックインカム予算は、彼らが主張する『社会福祉制度の切り替えなど』では不可能だろう。

Mr.Schmidt also emphasized that the introduction of the "unconditional basic income" is not for the "poverty eradication".

またシュミットさんは、『無条件ベーシックインカム』の導入は「貧困撲滅」のためではないと強調していた。

His idea is very philosophical as follows.

彼の考えは、以下のように非常に哲学的である。

"Humans usually earn income by helping others, not working for money."

『本来人間は他人の役に立つことで収入を得るのであってカネのために働くのではない。』

If the "unconditional basic income" is introduced, people can regain the
original appearance of working to help others without having to work for money."

『「無条件ベーシックインカム」が導入されれば、人がカネのために働く必要がなくなり、他人の役に立つために働くという本来の姿を取り戻せる』

What I said to Schmidt is the following.

私がシュミットさんに言ったことは以下の事だ。

"The unconditional basic income will be possible only in Switzerland where the average annual income of one Swiss citizen is so hight as 7
million of yen and there is not so much difference between rich and poor. "

『「無条件ベーシックインカム」の導入が可能なのは、国民の一人当たりの平均年収が700万円で貧富の差がそれほどないスイスだからこそ可能である。』

"It will be impossible to intoroduce the unconditional basic income in Japan,in the United States, in EU countries and in the other countries where the gap between rich and poor is rapidly expanding. "

『貧富の差が急速に拡大している日本や米国やEU諸国やその他の国では「無条件ベーシックインカム」の導入は不可能である』

"What we should do in Japan for example will be that for the purpose of "eradicating poverty", the government pay the difference between the
annual income of 2.4 million of yen and the annual income less than 2.4million of yen for housewives and unemployed people with zero annual
income and for irregular workers and senior citizens."

『例えば日本ですべきことは『貧困撲滅』のために、年収ゼロの専業主婦や失業者や年収240万円に満たない非正規労働者や高齢者に対して、政府が年収240万円との差額をベーシックインカムとして給付することだ』

My opinion!

私の意見

"Introduction of "basic income benefit system" should be introduced in all countries around the world with the condition for eradicating poverty."

『ベーシックインカム(最低基本収入)給付制度』の導入は『貧困撲滅』のために条件を付けて導入することが世界各国で導入すべきだろう!

【Related article】

【関連記事】

▲▽ Swiss referendum rejects "basic income"

スイス国民投票、「ベーシックインカム」を否決

Asahi Shimbun June 6, 2016

2016年6月6日 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ664GFBJ66UBQU009.htm

On the 5th in Switzerland, a national referendum was held asking whether to introduce a "basic income" system to unconditionally provide citizens
with a certain amount of cash, and voting was rejected by 23.1% in favor and 76.9% against. The voter turnout was 46.3%

スイスで5日、国民に一定額の現金を無条件に給付する「ベーシックインカム」制度の導入の是非を問う国民投票が行われ、賛成23・1%、反対76・9%で否決された。投票率は46・3%だった。

Introductory promoters gathered the required minimum signature of more than 100,000 signatures and made a national referendum. The promoters
appealed "eradication of poverty" etc, and as for the amount to maintain a minimum life, 2,500 Swiss francs (about 270 thousand yen) against adults, 625 Swiss francs (about 68 thousand yen ) To be paid monthly.

導入推進派は最低限必要な10万筆を超える署名を集め国民投票にこぎつけた。推進派は「貧困撲滅」などを訴え、最低限の生活を維持するための金額として、成人に対して2500スイスフラン(約27万円)、未成年に625スイスフラン(約6万8千円)を毎月支給することを提案した。

Meanwhile, the Federal Government announced its opposing position concerned about the huge cost of "more than 208 billion Swiss francs (about 22.7 trillion yen)annually" and concern about the decline in Switzerland's economic competitiveness. Promoters insisted that it is possible to change the current social welfare system for financial resources, but the support did not spread.

一方、連邦政府は「年間2080億スイスフラン(約22兆7千億円)超」の巨額の費用と、スイスの経済競争力の低下を懸念し、反対の立場を表明。推進派は、財源について、現行の社会福祉制度の切り替えなどで可能だと主張したが、支持は広がらなかった。

(end)

(終り)

②2017.05.09 (火) 日本語放送

■東京新聞の『権力批判』『弱者擁護』『脱原発』『改憲反対』『共謀罪反対』の基本姿勢は編集局長菅沼堅吾氏の報道姿勢によるところが大だ!

昨日月曜日(2017.05.08)の夜、東京新聞長菅沼編集局長の講演会『本物の新聞を22世紀に残したい!3.11世代の記者の使命』に参加して東京新聞の報道姿勢や基本的な考えを直接聞く機会があった。

この講演会は、財団法人『22世紀に残すもの』(渡邊智恵子理事長)が毎月開催している『22世紀に残すものセミナー』として昨夜開催され約25名の参加で開催されたものです。

東京新聞菅沼編集局長は、昭和30年生まれで現在62歳。編集局長をすでに6年勤めておられます。

東京新聞は東京新聞社という新聞社が発行しているものではなく、名古屋を本拠地とする中日新聞社の東京本社が発行するブロック日刊紙です。

発行部数は50万部で中日新聞の発行部数250万部と合わせると300万部となり、読売新聞公称1000万部、朝日新聞公称600万部、毎日新聞公称400万部に次いで第4位の発行部数を誇っています。

菅沼編集局長は大学卒業後中日新聞に入社して3つの地方局勤務を経たのち、東京新聞の社会部ついで政治部の記者を長年やり、2011年6月編集局次長から編集局長に就任したとのこと。

菅沼編集局長の紙面づくりの原点は、編集局長就任の3か月前の2011年3月11日に起きた東日本大震災とそれが原因で全電源が喪失して核燃料が溶解して格納容器が爆発し大量の放射能を外部に放出して住民と土壌と河川と地下水を汚染した福島第一原発の大事故だったといいます。

菅沼氏は、編集局次長として本社で泊りがけで取材陣を指揮していた時、政府や東電などから入ってくる生情報から一時は『首都圏壊滅』を覚悟したといいます。

その際に経験したのが政府や東電がつく『権力者の嘘』だったという。

特に東電が『核燃料溶解』を決して認めず嘘をつき続けたため、福島第一原発大事故の真の原因が隠されわからなかったことが、決定的だったという。

『新聞は読者に代わって権力を監視し批判することで、読者に「幸せにする力」と「世直しの力」を読者に提供する』という菅沼編集局長の『紙面作りの原点』は、『3.11福島第一原発大事故』の悲劇から生み出されたのである。

5人の編集局次長が毎日の紙面づくりに責任を持っているので菅沼編集局は紙面づくりには直接関与していないが、彼の主な仕事は500名の編集局員に東京新聞の『紙面作りの原点』を理解させて方向を間違わないようにすること、そして読者の具体的な声を編集局に直接届けることの二つである。

読売新聞や産経新聞や日経新聞が安倍自公政権擁護の戦前並みの『大本営発表』報道を繰り返して世論誘導している中、また朝日新聞と毎日新聞が『権力批判』『権力監視』『脱原発』『改憲反対』『共謀罪反対』の姿勢を大幅に後退させている中で、東京新聞があくまでも報道の原点である『権力批判』『弱者擁護』『脱原発』『改憲反対』『共謀罪反対』を貫いている姿勢は大変貴重である!

(終り)

③2017.05.10(水) 仏日語放送

■Penser au "systeme de prestations de revenu de base"!

『ベーシックインカム(最低基本収入)給付制度』について考える!

Samedi dernier (2017.04.29), j'ai eu l'occasion d'entendre directement de Mr.Schmidt qui etait l'un des leaders du mouvement du ≪systeme de prestations de revenu de base inconditionelle" pour le referendum suisse.

先週の土曜日(2017.04.29)『無条件ベーシックインカム』をスイス国民投票にかける運動の指導者の一人シュミットさんに直接話を聞く機会があった。

L'annee derniere (2016) le 5 juin, "le systeme de prestations de revenu de baseinconditionnel" a ete rejete par le referendum suisse avec 73,6 %
de voix d'oppositon et 23,1% de voix favoris.

昨年(2016年))6月5日『無条件ベーシックインカム』がスイス国民投票にかけられ、73.6%の反対で否決されたが、23.1%の賛成票を獲得して成果を上げた。

"Le systeme de prestations de revenu de base inconditionnel" que Mr.Schmidt et kes promoteurs ont reussi a faire un referendum en Suisse
est un systeme dans lequel le gouvernement donne les revenus de base minimum a tous les 8.24 millions decitoyens suisses sans conditions.

シュミットさんらが国民投票にかけた『無条件ベーシックインカム』とは、文字通り条件をつけずに政府が824万人のスイス国民全員に最低基本収入を給付する制度である。

En ce qui concerne le montant du revenu minimum de base, tous les grands medias de masse ont donne les chiffres concrets comme "2500 francs
suisses (environ 270 000 yens) par mois pour les adultes et 625 francs suisses (environ 68 000 yens) pour les mineurs".

最低基本収入の額に関して『成人に毎月2500スイスフラン(約27万円)、未成年に625スイスフラン(約6万8千円)』と大手マスコミは具体的な数字をあげた。

Mais Mr. Schmidt a nie qu'un montant de revenu aussi specifique a ete souleve lors du referendum.

しかしシュミット氏は国民投票にこのような具体的な金額を掲げてはいないと否定した

Si le montant du revenu minimum de base est correct, il est certain que le budget annuel pour le gouvernement suisse depassera 20 milliards de
SFr. (Environ 22,7 trillions de yens), comme le dit le gouvernement suisse.

もしもこの給付金額が正しければ、スイス政府が言うように「スイスが2080億スイスフラン(約22兆7000億円)超」の予算が必要となるのは確かである。

Pour le pays suisse avec un produit national brut total de 646,2 milliards de dollars (environ 70 trillions de yens) (2013) et avec son
budget annual du gouvernement de 4.71 milliards de francs suisse (environ 536,9 milliards de francs suisse), le budget annuel de
prestation de base du revenu de 22,7 billions de yens ne pourra pas etre cree par "le changementdu systeme de protection sociale" comme Mr.
Schmidt et les promoteurs ont revendique.

国民総生産額6359億フラン(約72.5兆円)(2013年),連邦政府予算47.1億フラン(約5369億円)(2013年)のスイスにとって、毎年2080億フラン(約22兆7000億円)のベーシックインカム予算は、彼らが主張する『社会福祉制度の切り替えなど』では不可能だろう。

Mr. Schmidt a egalement souligne que l'introduction du "revenu de base inconditionnel" ne concerne pas l'eradication de la pauvrete.

またシュミットさんは、『無条件ベーシックインカム』の導入は「貧困撲滅」のためではないと強調していた。

Son idee est tres philosophique comme suit.

彼の考えは、以下のように非常に哲学的である。

"Les humains gagnent generalement des revenus en aidant les autres.Ils ne travaillent pas pour de l'argent."

『本来人間は他人の役に立つことで収入を得るのであってカネのために働くのではない。』

Si "le systeme de prestation de revenu de base inconditionnel" est introduit, les gens peuvent retrouver l'apparence originale de travailler pour aider les autres sans avoir a travailler pour de largent."

『「無条件ベーシックインカム」が導入されれば、人がカネのために働く必要がなくなり、他人の役に立つために働くという本来の姿を取り戻せる』

Ceux que j'ai dit a Mr.Schmidt sont comme suit.

私がシュミットさんに言ったことは以下の事だ。

"Le systme de prestation de revenu de base inconditionnel ne sera possible qu'enSuisse ou le revenu annuel moyen d'un citoyen suisse est
tellement eleve que 7 millions de yens (environ 58,300 euro) et il n'y a pas tant de difference entre les riches et les pauvres. "

『「無条件ベーシックインカム」の導入が可能なのは、国民の一人当たりの平均年収が700万円で貧富の差がそれほどないスイスだからこそ可能である。』

"Il sera impossible d'introduire le systme de prestation de revenu de base inconditionnel au Japon, ni aux Etats-Unis, ni dans les pays de
l'UE,ni dans les autres pays du monde ou l'ecart entre riches et pauvres se developpe tres rapidement.

『貧富の差が急速に拡大している日本や米国やEU諸国やその他の国では「無条件ベーシックインカム」の導入は不可能である』

"Ce que nous deverons faire au Japon par exemple sera comme suit.Pour le but "d'eradiquer la pauvrete" le gouvernement japonais paie la
difference entre le revenu annuel de 2,4 millions de yens (20,000 euro) et le revenu annuel e de zero des femmes au foyer et des chomeurs et les
revenus inferieur a 2,4 millions de yens des travailleurs irreguliers et des personnes agees."

『例えば日本ですべきことは『貧困撲滅』のために、年収ゼロの専業主婦や失業者や年収240万円に満たない非正規労働者や高齢者に対して、政府が年収240万円との差額をベーシックインカムとして給付することだ』

Mon avis!

私の意見

1.La premiere etape du "systeme de prestations de revenu de base" devrait etre introduit dans tous les pays du monde pour le but d'eradiquer la pauvrete.

『ベーシックインカム給付制度』の導入の第一段階は、『貧困撲滅』のために世界各国で導入すべきである!

2.Les fonds du "systeme de prestations de revenu de base" seront suffisamment couverts par les quatre politiques suivantes a se faire.

『ベーシックインカム給付制度』の財源は以下の4つの政策で十分賄える。

①Supprimer les quatre "privileges de creation de credit" dans chaque pays du monde.

各国で以下の4つの『信用創造特権】を廃止する。

1)Supprimer "le droit d'emission de la monnaie" monopolise par la Banque Centrale.

中央銀行が独占する『通貨発行権』を廃止する。

2)Supprimer "le systeme de fraude pour faire de l'argent de rien = "le systeme dedepot de reserve" monopolise par les banques privees.

民間銀行が独占する『無からお金を造る詐欺システム=準備預金制度』を廃止する。

3)Supprimer "le droit d'emission des obligations d'Etat" monopolise par le gouvernement.

政府が独占する『国債発行権』を廃止する。

4)Supprimer "l'interet" qui fait les banque et les riches rentables pour toujours.

銀行と金持が永遠に儲かる『金利』を廃止する。

②Transferer tous les droits de decision et de gestion de la Banque Centrale au Congres en la nationalisant a 100%.

中央銀行のすべての決定・運営権を議会に移管し100%国有化する。

③La Banque Centrale nationalisee utilise exclusivement"la creation de credit" pour les citoyens, non pour les banques privees.

国有化された中央銀行は民間銀行のためではなく国民のために『信用創造』を使う。

3. Lorsque l'ecart entre riches et pauvres est reduit, "le revenu de base" seront fournis a tous les citoyens sans conditions au pays.

貧富の差が縮小した段階で、すべての国民に無条件で『ベーシックインカム』を給付す

【Article connexe】

【関連記事】

▲ Le referendum suisse rejette le "revenu de base"

スイス国民投票、「ベーシックインカム」を否決

Asahi Shimbun le 6 juin 2016

2016年6月6日 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ664GFBJ66UBQU009.htm

Le 5 Juin 2016 en Suisse, un referendum national a eu lieu en demandant s'il fallait introduire un systeme du "revenus de base" pour fournir
sans condition aux citoyens.

スイスで5日、国民に一定額の現金を無条件に給付する「ベーシックインカム」制度の導入の是非を問う国民投票が行われた。

Le vote a ete rejete de 23,1% en faveur et 76,9% contre. La participation electorale etait de 46,3%.

賛成23・1%、反対76・9%で否決された。投票率は46・3%だった。

Les promoteurs initiaux ont recueilli la signature minimale requise de plus de 100 000 signatures et ils ont fait un referendum national. Les
promoteurs ont fait un appele pour"l'eradication de la pauvrete".

導入推進派は最低限必要な10万筆を超える署名を集め国民投票にこぎつけた。推進派は「貧困撲滅」などを訴えた・

Qaunt au montant de la prestation de revenu de base a payer mensuellement,2500 francs suisses (environ 270 000 yens) est pour les
adultes et 625francs suisses (environ 68 000 yens) ets pourles mineurs.

最低限の生活を維持するための金額として、成人に対して2500スイスフラン(約27万円)、未成年に625スイスフラン(約6万8千円)を毎月支給することを提案した

Au referendum, le gouvernement federal a annonce sa position d'opposition preoccupee par le cout enorme de "plus de 208 milliards de
francs suisses (environ 22,7 trillions de yens) par an" et par l'inquietude de la baisse de la competitivite economique de la Suisse.

国民投票で連邦政府は「年間2080億スイスフラン(約22兆7千億円)超」の巨額の費用と、スイスの経済競争力の低下を懸念し、反対の立場を表明。

Pour les ressources financieres,les promoteurs ont insiste sur le fait qu'il sera possible de modifier le systeme de protection sociale actuel.
Mais le soutien ne s'est pas propage.

推進派は、財源について、現行の社会福祉制度の切り替えなどで可能だと主張したが、支持は広がらなかった。

(fin)

(終り)

④2017.05.11(木) 日本語放送

■戦後70年間以上日本国民を支配し搾取し続けてきた『自民党』とは一体何なのか?
(No1/4)

それは以下の四つである!

①自民党は『戦前の国家犯罪者』の集まりである! ・・・・・・・No1/4

②自民党は『売国奴』の集まりである!・・・・・・・・・・・・・No2/4

③自民党は『非合法政党』である!・・・・・・・・・・・・・・・No3/4

④自民党は『国民をいじめて喜ぶサディスト』の集まりである!・・No4/4

①自民党は『戦前の国家犯罪者』の集まりである!

自民党は米国支配階級の命令で免罪・免責された戦前の戦争犯罪者と国民弾圧犯罪者が1955年に保守合同で結成した反共・極右政党である。

『戦前の国家犯罪者』の集まりである自民党には、もともと憲法尊重・順守の義務感も順法精神も立憲主義も存在せず、ただあるのは目的のために手段を択ばない無法者の論理である!

歴代自民党の総裁以下の主要幹部は皆『戦前の国家犯罪者』の血縁者である。

▲このことは自民党役員会の写真を見れば良くわかる!

20170509自民党役員会田布施マフィア

【写真】自民党役員会に臨む(左から)茂木政調会長、二階幹事長、安倍首相、高村副総裁、細田総務会長、橋本参院議員会長 (2017年5月8日撮影)

・安倍晋三自民党総裁

写真の中央にいる安倍晋三自民党総裁は、山口県田布施(たぶせ)村出身の戦争犯罪人・岸信介の孫である。

祖父岸信介は、山口県田布施町生まれの経済官僚で満州国の実質的な首相()総務庁次長)であり東条英機内閣の開戦時の商工大臣。戦後GHQによりA級戦犯容疑者として逮捕・拘留されたが米CIAのスパイになることで助命、釈放された。

岸信介は釈放7年後には保守合同で誕生した自民党の初代幹事長に就任しその2年後には内閣総理大臣となり、今でも続く米国による日本の植民地支配の法的根拠『日米安保条約』を全国動員した機動隊と暴力団の暴力で反対する市民、学生、労働者を弾圧して1960年6月に強行成立させた。

・高村正彦自民党副総裁

安倍晋三の隣にいる高村正彦自民党副総裁は、山口県田布施村の隣の三井村生まれの特高官僚・高村坂彦の息子である。

高村正彦の祖父高村宇佐吉は山口県三井村(田布施村の隣)生まれの大工の棟梁で後村会議員となった。父親高村坂彦は戦前は島根県特高課長で戦後は他の53人の特高官僚と共に岸信介の自民党から出馬して衆議院議員となった。

高村坂彦の4男高村正彦は父親の選挙地盤(山口2区)を受け継いだ典型的な二世議員であり、韓国CIAが作った反共カルト教団【統一教会】の元顧問弁護士の反共右翼政治家である。

▲自民党が『戦前の国家犯罪者』の集まりであることは、戦前暴虐の限りを尽くして多くの国民を不敬罪、治安維持法違反容疑で逮捕し拷問して虐殺し刑務所に送り込んだ特高警察官54名が、戦後米国支配階級(GHQ)に免罪・免責され同じ戦争犯罪人の岸信介の自民党に再結集して国会議員となっている事実を見れば良くわかる!

■戦後国会議員になった特高官僚54名の実名リスト!

2014.05.12 ブログ『杉並からの情報発信です』

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/b4b5089fa40c1ee767db9cafdb85214b

2005年3月17日付「しんぶん赤旗」より転載

戦前、特高警察の拷問などで命を奪われた人だけでも1697人以上にのぼります(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の調べ)。こうした人道に反する犯罪をおかした特高たちは、戦後、約5000人が公職追放となり、特高課配属の下級警察官は職を失いますが、特高官僚は「休職」扱いで多くが復権、要職につきました。柳河瀬精氏の調べによると、国会議員には次の54人がなりました。

(『告発―戦後の特高官僚―反動潮流の源泉』参照、当選順、主な特高歴)

1)大久保留次郎・警視庁特高課長、

2)増田甲子七・警保局図書課、

3)松浦栄・秋田県特高課長、

4)大村清一・警保局長、

5)鈴木直人・広島県特高課長、

6)岡田喜久治・警視庁外事課長兼特高課長

7)青柳一郎・熊本県特高課長

8)鈴木幹雄・警視庁特高部外事課長

9)中村清・京都府特高課長

10)西村直己・静岡県特高課警部

11)館哲二・内務次官

12)町村金五・警保局長  
*自民党衆議院議員故町村信孝の実父。

13)池田清・警視庁外事課長・警視総監

14)今松治郎・警保局長

15)大麻唯男・警保局外事課長、

16)岡田忠彦・警保局長、

17)岡本茂・新潟県特高課長、

18)河原田稼吉・保安課長・内相、

19)菅太郎・福井県外事課長兼特高課長、

20)薄田美朝・大阪府特高課警部・警視総監、

21)田子一民・警保局保安課長兼図書課長、

22)館林三喜男・警保局事務官活動写真フィルム検閲係主任、

23)富田健治・警保局長

24)灘尾弘吉・内務次官

25)丹羽喬四郎・京都府特高課長

26)古井喜実・警保局長

27)山崎巌・警保局長 
*自民党国会議員として【憲法改正】【靖国神社法案】で暗躍

28)吉江勝保・滋賀県特高課長、

29)相川勝六・警保局保安課長、

30)雪沢千代治・兵庫県外事課長、

31)橋本清吉・警保局長、

32)保岡武久・大阪府特高課長、

33)伊能芳雄・警視庁特高課長、

34)大達茂雄・内務相、

35)後藤文夫・警保局長、

36)寺本広作・青森県特高課長、

37)広瀬久忠・内務次官、

38)大坪保雄・警保局図書課長、

39)岡崎英城・警視庁特高部長、

40)唐沢俊樹・警保局長、

41)纐纈弥三・警視庁特高課長、

42)亀山孝一・山口県特高課長、

43)川崎末五郎・警保局図書課長、

44)高村坂彦・鳥取県特高課長
*自民党副総裁高村正彦の実父。
祖父高村宇佐吉は山口県熊毛郡三井村(現光市三井)に生まれ大工の棟梁で村会議員。

45)重成格・警保局検閲課長、

46)増原恵吉・和歌山県特高課長、

47)桜井三郎・警保局事務官ローマ駐在官、

48)湯沢三千男・内相、

49)安井誠一郎・神奈川県外事課長、

50)奥野誠亮・鹿児島県特高課長、

51)古屋亨・岩手県特高課長、

52)金井元彦・警保局検閲課長、

53)原文兵衛・鹿児島県特高課長、

54)川合武・長野県特高課長

(No1終り)

⑤2017.05.12(金) 日本語放送

■『自民党』とは一体何なのか?②自民党は『世界支配階級の売国代理人』である!
 (N02/4)   

自民党が『世界支配階級の売国代理人』であることを理解するには、1867年-1868年の『明治維新』にまで歴史を遡る必要がある!

なぜならば、今の日本国民が抱えている『支配と搾取』の基本構造は全て『明治維新』によって作られたからである。

▲『明治維新』とは一体何なのか?

それは、歴史の教科書に書かれ我々が学校で習ったような、あるいは作家の司馬遼太郎が小説で書いているような、『脱藩した若き浪士たちが命がけで戦い江戸幕府を倒して封建支配を終わらせ、アジアで唯一欧米列強に対抗できる近代国家・日本の基礎を作った市民革命だった』ではないのだ。

『明治維新』とは、1840年-1842年に阿片戦争を仕掛けて中国(清国)を植民地化した英国政府と英国を実質支配していたロスチャイルド国際銀行マフィアが、次に日本を植民地化するために世界支配階級(英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィア)が仕組んだ『軍事クーデター』だったのだ。

英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアが江戸幕府打倒の勢力に選んだのが江戸幕府に敵対していた薩長土肥の雄藩であり彼らに財政援助、軍事援助、戦略指南を授けて江戸幕府を武力で打倒するように『明治維新』を仕組んだのだ。

英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアは、討幕部隊の中心勢力として目をつけたのが、薩長土肥の上級武士ではなく下級武士と被差別部落民であった。

なぜならば、江戸幕府支配の封建身分制度の中で一番差別され抑圧され貧困を強いられてきたのが、各藩の武士の中では下級武士であり、一般庶民の中では被差別部落民であった。彼らの封建身分制への憎悪と敵意は根深く江戸幕府打倒クーデターの『命知らずの戦士』として十分利用できたからである。

英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアが他国を侵略して征服する常套手段は、その国で一番差別され抑圧されている少数部族や少数勢力を見つけて、彼らに財政援助、軍事援助、戦略指南を与えて中央政府を武力で打倒するように誘導することであった。

『明治維新』を実行した薩長土肥の下級武士と被差別部落民の中心人物は、下級貴族の岩倉具視と長州藩下級武士の木戸孝允と朝鮮系被差別部落の長州藩田布施村出身の足軽伊藤博文の三人であった。

岩倉具視、木戸孝允、伊藤博文らは『明治維新』の混乱の中で、公武合体の平和路線で体制変革を目指した孝明天皇が邪魔となり暗殺し、明治天皇に即位した嫡子の睦人をも殺して、同じ田布施村出身の15歳の若者大室寅之祐を明治天皇に差し替えて明治天皇を偽装させたのである。

アジア・太平洋侵略戦争と国民弾圧を主導した昭和天皇裕仁は、病弱の大正天皇の摂政として21歳から『天皇制軍事独裁』の大日本帝国の天皇を務め

▲『明治維新』以降の日本は常に世界支配階級によって支配されてきた!

①『偽装明治天皇時代』:

『偽装明治天皇時代』は『新興国家日本』が英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアによって『侵略国家=大日本帝国』に仕立てられた時代である。

1894年-1895年の『日清戦争』は清国を弱体化させるために、英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアが『新興国家日本』に財政援助、軍事援助、戦略指南して『日清戦争』を闘わせたのである。

1904年-1905年の『日露戦争』はロシアのロマノフ王朝を弱体化させるために、英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィア新興国家日本に財政援助、軍事援助、戦略指南して『日露戦争』を闘わせたのである。

②『昭和天皇時代』:

『昭和天皇時代』とは、『侵略国家=大日本帝国』が英国とロスチャイルド国際銀行マフィアによる支配と管理を脱して独自に植民地支配を目指して、昭和天皇が主導してアジア・太平洋侵略戦争を仕掛けた時代である。

その結果、日本は世界支配階級(米国と英国)と正面衝突して『太平洋戦争』に突入し国家破綻の全面敗北したのである。

③『戦後の米GHQ支配と象徴天皇制と自民党支配の時代』:

戦後の現在まで70年間以上、米国支配階級とロスチャイルド国際銀行マフィアが日本の政治、財政、金融、軍事、経済、行政、司法、社会全体を支配し続いているのだ。

(No2終り)

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト
[2017/05/14 17:20] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<【英日語放送】■Japan and the United States are ・・日本と米国は憲法が守られていない『世界最悪の無法国家』である! | ホーム | 05/13のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/3830-7ce103ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |