プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNewsLive】今まで発表した三つの詩を再掲します!
いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

本日月曜日(2016年6月20日)午後7時15分から【ツイキャスTV】で放送しました世直しネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本です!

【放送録画】 98分55秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/281317424



☆【YYNews】支援組織『ミル(1000)の会』(山崎康彦と愉快で情報通な仲間たち)のご案内です!のご案内です!

http://goo.gl/xcg1wE

『ミル(1000)の会』

この世から①貧困と格差社会、②テロと戦争、③核兵器と戦争兵器を『本当になくすため』に1,000名の支援者を募集します!

http://goo.gl/xcg1wE

『ミル(1000)の会』

☆ 第15回【YYNewsLiveネット世論調査】の中間発表です!

(2016.60.20午後6時半現在)

テーマ:①会社の株価は利益や売上だけで決めるべきか、②社会に貢献しているか否かで決めるべき?

①会社の目的は利益追求だから株価は利益や売上で決めるべき・・・ 5%

②会社の目的は社会貢献だから社会貢献度で決めるべき・・・・・・  95%

回答者: 20人 (Twitter 19人、e-mail 1人)

回答締め切り:今週水曜日 (2016.06.22)午後1時半分です。

▲回答方法:

① by Twitter:下記のURLにアクセスして回答してください。

https://goo.gl/60Ec79】

第15回【YYNewsLiveネット世論調査】

② by e-mail:メールを下記アドレス山崎宛にお送りください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

☆今日の画像

①沖縄女性殺害事件に抗議する県民大会に6万5000人が集まる

20160620沖縄

②安倍晋三の演説に帰れ!の大合唱”

20160620安倍吉祥寺

③アベノミックスで貯蓄ゼロ世帯増加

20160620貯蓄zero

☆今日の映像

①【YouTube】【一触即発】安倍総理 街頭演説 vs 反対派団体!2016/6/19 吉祥寺駅前 HD ノーカット

https://www.youtube.com/watch?v=_xdBWK12mcA

☆今日のキーワード

■ 『共産党宣言』

ブログ『隠された真実』より転載

https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/manifest-der-kommunistischen-partei

(転載はじめ)

1848年カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが「共産党宣言」を発表した。
執筆を依頼したバルーフ・レヴィという人物が、マルクス宛の手紙の中で、その目的を打ち明けている。

「この新しい人類の社会組織の中で、我々ユダヤ人はいかなる国家に属することもなく、また他の民族からの何の抵抗を受けることなくして指導勢力とな り、やがてその影響は全世界に及ぶことになるでしょう。そして、もし彼らの中の何人かの賢者が、これら労働大衆のうちに確固たる指導権を打ちたてることに成功するなら、プロレタリアの勝利によって次々に世界共和国の一部となっていく諸国家の支配権は、これらプロレタリアを指導する我々ユダヤ人の手に容易に収めることができます。要するに、プロレタリアの勝利は私有財産の廃止をもたらし、こうして公有財産となった他民族のあらゆる私有財産は、公有財産を管理するユダヤ人の支配下に入るのです。かくして我々ユダヤ人のメシアが到来するとき、ユダヤ人は全世界の民の財産をことごとくダビデの星の下につかさどるであろうと言い伝えられてきたタルムードの予言が実現されることでしょう。」

(転載終り)

【関連情報1】

▲ユダヤ教秘密経典『タルムード』の教え(抜粋)

すべての民を喰い尽くし、すべての民より掠奪することは、彼らすべてが吾等の権力下に置かれる時に始まるべし。

神はユダヤ人にすべての方法を用い、詐欺、強力、高利貸、窃盗によってキリスト教徒の財産を奪取することを命ずる。

ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。

拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は、ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして、ゴイに対しては然らず。

他民族の有する所有物はすべてユダヤ民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ民族の手に収むること差し支えなし。

ゴイの財産は主なき物品のごとし。

【関連情報2】

▲『ロスチャイルド世界革命行動計画』(抜粋)

12.財を活用して、我々の要求に素直に従い、ゲームの駒となって、政府を陰で操ることを我々から任じられた人物を選ばなければならない。

15.我々の力を行使すれば、失業と飢えがつくりだされ、大衆にのしかかる。そうすれば、確実な資本支配力が生じる。

21.ゴイムからその不動産、産業を奪うため、重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める労働運動の普及、競争者の助成によってそれは実現できる。

☆ 今日の座右の銘

良いことも悪いことも含めて決して忘れてはいけない言葉を【座右の銘】にまとめて文字通り座右においていつも読んでいます!

■ A-5 ドイツ連邦共和国憲法(ボン基本法) 憲法改正できない永久条項の条文

①第一条:【人間の尊厳、人権、基本権による拘束】

1.人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、かつ、保護することは、全ての国家権力の義務である。

2.ドイツ国民は、それゆえ、世界におけるあらゆる人間共同体、平和及び正義の起訴として、不可侵かつ深場の人権に対する信念を表明する。

3.以下の基本権は、直接に提供される法として、立法、執行権、裁判を拘束する。

②第二十条:ドイツ連邦共和国憲法(ボン基本法)第二十条【国家目的規定、抵抗権】

1.ドイツ連邦共和国は、民主的で社会的な連邦国家である。

2.全ての国家権力は、国民から発する。国家権力は、国民が選挙及び投票において、また、立法、執行権及び裁判の個別期間を通じて行使される。

3.立法は合憲的秩序、執行権及び裁判および法に拘束される。

4.全てのドイツ人は、この秩序を排除することを企図する何人に対しても、その他の救済処置を用いることが不可能な場合には、抵抗する権利を有する。

☆今日の推薦図書 (朗読編)

■日本人だけが知らないこの国の重大真実 闇の世界金融権力の日本占領計画
鈴木啓功著 (イーストプレス発行 1700円+税 2016年3月06日発売) 

第7章 大日本帝国は[田布施の悪魔集団]が動かした
   -大東亜戦争を作りだしたのは[誰]なのか

⑪日本支配階級の[悪魔性]はなにも変わっていない

P256-259 朗読

(1)今日のメインテーマ

■今まで発表した三つの詩を再掲します!

① 詩『二人の母親』                              

2015.06.06 山崎康彦

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/6948d97bd53cc5095c06264fb5cb1d3d

戦争犯罪人を父にもち、米国CIAのスパイを父に持つ母親。

日本を米国の植民地にする条約を強行採決して成立させた首相を父に持つ母親。

息子に、嘘をつかない、欲深くならない、など人として最低限してはいけないことを教えなかった母親。

息子に、人との温かい交流や弱者への共感を教えなかった母親。

息子に、おじいさんの無念を晴らし、おじいさんができなかったことをやるのが孫のお前の義務だと教えた母親。

息子に、目的を達成するためには、嘘をつこうが、人を騙そうが、なんでもしても良いと教えた母親。

50年後の今、祖父と父親が残した遺産で首相となった息子は、母親に褒めてもらおうと、国家権力を使って、国民の99%を不幸にする悪政を何の躊躇もなく強行する最悪な反社会人となった。

5歳の娘を残して33歳の若さで乳がんで亡くなった母親。

娘は天から送られた宝物だから、十数年後にきちんと社会にお返しできるように、心をこめて育てなければならないと決意した母親。

娘は勉強もスポーツも何もできなくてもいい、人様に迷惑をかけることなく、元気で幸せに生きていてくれたら、それでいいと思った母親。

残された娘が困らないようにと、娘が5歳になったとき、朝ごはんの支度を任せることにした母親。

娘は今中学1年生。毎朝父親のために母親から教わった味噌汁をつくり、家事全般をこなす。

娘は今、周りの人々への心遣いや、弱者への共感を敏感に感じる立派な社会人となった。

娘は今、亡き母親の教えを守り、亡き母親の生きる分も一緒に生きている。

(終り)

②詩 『何も知らない国民は訳も知らずに殺される!』

2015.06.22 山崎康彦

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/4e84685c1adeb92721cd8d299ec2d082

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

何も知らない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

何も知らされない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

何も知ろうとしない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

【支配と搾取の構造】を知らない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

【支配と搾取の構造】を知らされない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

【支配と搾取の構造】を知ろうとしない国民は貧困と弾圧と戦争で殺される!

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は学び始める!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は嘘を見破る!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は連帯する!

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は敵を特定する!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は闘いに決起する!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は敵を打倒する!

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は政治支配を解体する!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は金融支配を解体する!

【支配と搾取の構造】の真実を知った国民は軍事支配を解体する!

何も知らない国民は訳も知らずに殺される!

政治支配を解体した国民は主権在民の本当の民主主義社会を実現する!

金融支配を解体した国民は貧富の差のない平等な社会を実現する!

軍事支配を解体した国民は戦争のない平和で安全な社会を実現する!

(終わり)

③詩 『私は知らなかった!(明治維新)』(加筆訂正版)

2015.07.01 山崎康彦

http://7614yama.blog.fc2.com/page-224.html

私は知らなかった!

明治維新が日本を植民地支配するために英国政府とロスチャイルド国際金融マ
フィアが長州藩下級武士を使って江戸幕府を倒した軍事クーデターだったことを。

私は知らなかった!

明治維新の倒幕派テロリスト伊藤博文らは長州を嫌い外国人を嫌い公武合体で
平和裏に体制変革を目指していた孝明天皇を邪魔者として暗殺したことを。

私は知らなかった!

明治維新の倒幕派テロリスト伊藤博文らは、孝明天皇暗殺後に明治天皇となった
嫡子睦人(むつひと)親王を暗殺して長州田布施村出身の大室虎之助を明治天皇
に差し替え偽装させたことを。

私は知らなかった!

明治維新の倒幕派テロリスト伊藤博文は、自らが犯した天皇暗殺と明治天皇差し
替えの大罪を国民から完全に隠すため、【大日本帝国憲法】を自分で起案し施行し、
国の統治権と軍の統帥権と議会解散権とともに天皇に神権を与えて神聖可侵な生神様
にしたことを。

私は知らなかった!

【大日本帝国憲法=明治憲法】は『アジアで初めての近代的憲法』『この憲法で
日本は近代国家となった』と学校で教わったが、天皇を生き神様にして絶対的な独裁者に
仕立てあげ全国民を洗脳して【大日本帝国】の海外侵略を可能にしたとんでもな
い憲法だったことを。

私は知らなかった!

明治維新の倒幕テロリスト伊藤博文と明治天皇になりすました大室寅之祐は長州
熊毛郡田布施村出身。同じ倒幕テロリスト木戸孝允は長州荻出身。この 2つの
狭い地域から現在まで8人の首相を排出していることを。

私は知らなかった!

明治維新の倒幕テロリスト伊藤博文と明治天皇になりすました大室寅之祐の出身
地長州熊毛郡田布施村から、明治、大正、昭和、平成を通じて、天皇、首相、政
治家、外交官、特高官僚、軍人、財閥創業者、共産議長、マルクス学者らが輩出してい
ることを。

私は知らなかった!

吉田松陰が長州荻に設立した倒幕テロリスト養成学校【松下村塾】から高杉晋
作、伊藤博文、大室寅之祐、山県有朋、桂太郎など多数の塾生が【奇兵 隊】に
入隊し薩摩藩士とともに戊辰戦争の中心部隊となり、日本陸軍の人材供給源と
なったことを。

私は知らなかった!

明治、大正、昭和を通じて長州藩からは、伊藤博文、桂太郎、山県有朋、寺内正毅、
田中義一、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三と、全部で8人の首相が出ているのに、長州藩と
ともに明治維新を中心的に担った薩摩藩からは3人(黒田清隆、松方正義、山本権兵衛)
しか出ていないことを。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

①「いつまで生きるつもり」/麻生氏発言、北海道の集会で

2016年06月17日  愛媛新聞

http://www.ehime-np.co.jp/news/kyodo/20160617/ky2016061701002234.html

麻生太郎副総理兼財務相は17日、北海道小樽市で開かれた自民党の集会で「90になって老後が心配とか訳のわからないことを言っている人がテレビに出ていたけど、いつまで生きているつもりだよと思いながら見ていた」と述べた。消費拡大が経済の浮揚につながるとの文脈での発言だが、高齢者の侮蔑とも受け止められかねず、論議を呼ぶ可能性がある。

麻生氏は国内で1700兆円を超す個人金融資産があるとして「みんながじーっとしているのが、今最大の問題だ」と指摘。「あったらその金は使わなきゃ、何の意味もない。さらにためてどうするんです」などと話した後、この発言をした。

②【麻生太郎関連記事再掲】:マスコミが書かない麻生財閥の深い闇

2008年10月22日 杉並からの情報発信です

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/f8a7c348d2cc74b5e6e93ef3117484da

麻生財閥(麻生グループ)は現在、麻生ラファージュセメント(株)を中核に64社、総売上1,380億円、社員数6250名を数える九州屈指の企業グループとなっています。麻生太郎氏は、祖父麻生太吉氏、父麻生太賀吉氏の後を継ぎ、1973年にグループ中核企業の麻生セメント(株)の代表取締役社長に就任しています。

1979年の衆議院議員選挙で初当選し政界に転進して家業を実弟の麻生泰氏に譲ったからといって、麻生太郎氏が麻生財閥の三代目当主でった事実は消せません。当主として戦前の麻生炭鉱の暗い歴史の責任から逃れられないのは当然のことです。

なぜなら、安倍晋三元首相、福田康夫元首相に続いて、総選挙での国民の審判を受けることなく、自民党総裁選で勝利して2008年9月に第92代内閣総理大臣に彼が任命されたのは、麻生財閥のもつ財力であり、その大部分は、戦前の麻生炭鉱に強制連行されて来た朝鮮人労働者1万人をただ同然で酷使して搾取した巨額の未払い賃金がその源だからなのです。

戦前の麻生炭鉱で10,000人の強制連行朝鮮人を強制労働させ賃金をそっくり搾取することなくしては、現在の麻生財閥はありえず、したがって今の麻生太郎内閣総理大臣もありえなかったといっても過言ではありません。

戦前の麻生炭鉱での劣悪な労働条件の実態は、下記URLの調査報告書「麻生炭鉱の強制労働」(戦時強制労働の調査「人権平和・浜松」)に詳しく書かれています。

http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/kyosei/2asou.html

この調査報告書の中で、強制連行朝鮮人労働者がどのように働かされ支配され搾取されていたのかが詳しく書かれています。

「納屋の布団は万年床で真っ黒であり、交替制で誰かが寝た。人繰りが毎夕入坑の督促をし、二交替制だったが、五時に入坑して昇坑が一〇時ということも珍し くなかった。坑口から六〇〇メートルを人車で行き、そこから切羽まで歩いた。朝鮮人が危険なところを担当した。検炭係がボタの量を見て函引きし、賃下げをした。低賃金で遅配が多く、食事も衛生も悪かった。納屋の頭領は賃金の三割ほどをピンハネした。労働災害があっても朝鮮人には適用されなかった。納屋では 独身坑夫が死んでも朝鮮の故郷に知らせないことが多かった。遺族に弔慰金や補償金を支払うのが惜しく、アリラン集落の下の無縁墓地に埋めて知らん顔だっ た。一九三四年のガス爆発の時には生存者がいても密閉したために朝鮮人が入坑を拒否した(『林・記録』三〇五~、三二一頁)。」

また、朝鮮労働者がどのように強制連行されたのかの具体的な証言も書かれています。

「文さんは一九一六年生まれ、全南霊岩郡出身。結婚したばかりの一九四二年の末、面の巡査と書記らが土足で侵入し、「一緒に来い」と巡査に家の外に突き出 された。このとき面から三四人が連行された。順天で九州の炭鉱に行くと告げられた。麗水で一六〇人ほどとなったが、監視人が手に木刀を持ち、海岸の倉庫に 入れられ外から錠を掛けられた。軍服を着た男に本人かどうか照合を受け、身体検査され、九州の麻生炭鉱に行き、一年で帰国できると聞かされた。一九四三年 の元旦に博多につくと、憲兵が監視するなか麻生の労務や協和会の幹部が出迎え、博多駅から原田経由で赤坂炭鉱に連行された。収容された寮は兵舎のような建物であり、高さ三メートルの板塀、鉄条網があった。寮の中央にはガラス張りの監視塔があった。一棟が五部屋であり、四畳半の一部屋に五人が押し込められた。寮の入り口はひとつであり、そこに労務の詰所があった。朝五時に起こされ、広場で点呼を受けた。宮城遥拝、君が代、皇国臣民の誓詞のあと、六時に入坑した。六時から九時までの一五時間労働だった。「これから敵のトーチカを攻撃する。突撃進め!」と坑口へ追いたてられた。食事は大豆かすと麦を混ぜたものが多かった。労務は見せしめに死ぬほどに叩いた。強制貯金され、送金は最初の二〇〇円が送られたきりだった。労務にそれを糾すと、なぜ朝鮮に問い合わせたのかと逆に木刀でたたかれた。」

また、炭鉱周辺には朝鮮人女性が性の奴隷として連行されていた事実も次のように書かれています。

「アリラン集落には朝鮮人女性を置く店があり、女性たちが騙されて連れてこられた。朝鮮にブローカーがあり、娘たちを選炭婦にするなどと騙し、親に一〇〇~二〇〇円を渡して、「三等料理屋」に売り渡した(『林・記録』三三一頁)。飯塚や鴨生には鄭在鳳が経営する店もあった(『林・記録』四三一頁)。鄭清正さんも飯塚へと朝鮮の女性たちが連行され性的強制を受けていたことを記している(『怨と恨と故国と』八七頁)。」

又炭鉱事故等で多数の朝鮮人労働者が死亡したが、死者に対する麻生炭鉱の対応も次のように書かれています。

「赤坂の請願巡査だった松藤要吉さんはつぎのようにいう。死者が出ても、炭鉱は石炭がもったいないと火葬しないで無縁墓地に穴を掘って埋めた。馴れない労働でずいぶん命を落とした。朝鮮式の土饅頭がたくさんできた。労務が勝手に処分して知らせない状態だった(『林・記録』四〇三頁)。」

日本のマスコミは、このおぞましい麻生財閥の暗い過去を意図的に報道しないでいます。

「イギリス人ジャーナリスト(ガーディアン紙の元アメリカ特派員)のクリストファー・リードによると、麻生一族による強制労働の記事を掲載することを多くのメディアが拒否したという。しかも、その中には「左翼」と見なされている日本の媒体(そんなもの存在しないというのが筆者の感想だが)も複数、含まれていた。日本で掲載したのは英語紙の「ジャパン・タイムズ」だけだ。・・・・」 (調査ジャーナリスト桜井春彦氏)

日本のマスコミが報道しないのであれば、我々の「草の根webネット」でこの事実を出来るだけ広く、友人、知人に拡散させましょう。

麻生太郎氏は、麻生財閥の暗い歴史を封印したまま日本の首相として延命することはもはや許されることではありません。

(終り)

③【麻生太郎関連記事再掲】:「足利事件」と「飯塚事件」を結ぶ黒い線

2009年10月12日 杉並からの情報発信です

http://goo.gl/uOC3f7

「足利事件」を調べていたら似たような事件で「飯塚事件」を知りました。

「飯塚事件」が起こった福岡県飯塚市は麻生太郎市の「麻生財閥」の根拠地です。

二つの事件を結ぶ黒い線が見えてきました。

■ 「足利事件」と「飯塚事件」を結ぶ黒い線

東京高裁が「足利事件」の菅家利和さんが要求していた「DNA型再鑑定」を認めたのが2008年10月でした。

第二の「足利事件」と呼ばれた「飯塚事件」(注1)の久間三千年元死刑囚(当時70歳)が麻生政権下の森英介法相の死刑執行命令書で福岡拘置所で死刑を執行されたのが2008年10月28日でした。

この二つの出来事に関連性があるのでしょうか?

一貫して無実を主張し「再審請求」と「DNA再鑑定」を要求していた「飯塚事件」の久間三千年元死刑囚をわざわざこの時期に死刑執行する特別の理由があったのでしょうか?

私は二つの出来事には強い関連があり死刑執行が同じ10月に執行されたのは偶然ではないと推測します。

東京高裁は2008年10月に「足利事件」の「DNA型再鑑定」を認め2009年2月に弁護側推薦の鑑定人と検察側推薦の鑑定人双方がDNA型再鑑定を開始しました。2009年5月には双方から全く同じ鑑定結論すなわち「菅家さんのDNA型と女児の下着に付着した体液の型が一致しない」という結果がでたのです。

「足利事件」で使用された1990年代初期の旧式DNA鑑定法である「MCT118型検査法」(DNAの配列の一部だけを目で見るなどして調べる方法)は、弁護人が主張してきたように「証拠能力に欠け間違った鑑定結果を出した」ことが証明されたのです。

これで菅家さんの無実が証明されました。

東京高検はこの鑑定結果をうけて刑の執行停止手続きをとり、千葉刑務所に服役中の菅家さんを今年の6月4日17年半ぶりに釈放したのです。

森英介法相と法務官僚は東京高裁が「足利事件」の「DNA再鑑定」を認める判決を出すことを事前に知っていたと思います。

福岡高裁が旧式DNA型鑑定法「MCT118型検査法」を使った「飯塚事件」のDNA型鑑定結果に疑問を持ち再鑑定することを認めることは時間の問題であり、森英介法相と法務官僚はかなり焦ったのではないかと推測されます。

なぜならば「飯塚事件」の「DNA型再鑑定」が開始されれば、「足利事件」と全く同じ結果、すなわち「二女児の死体遺棄現場から採取した微量の体液と久間死刑囚の毛髪とは同一人物のものではありえない」という結論が出ることは分かっていたのです。

司法3権力は、「足利事件」で無実の人間を無期懲役囚にするという犯罪を犯しましたが、「飯塚事件」では無実の人間を死刑囚にするという大犯罪を犯した事実を国民にしられる寸前のところまで追い込まれていたのです。

森英介法相と法務官僚は証拠隠滅のために久間三千年元死刑囚の処刑を早めたのではないでしょか?

もしそうであったならば国家的な犯罪そのものと言えるのではないでしょうか?

もしも昨年10月に久間三千年さんが死刑を執行されていなければ、「DNA再鑑定」が認めら最新のDNA型鑑定で彼の無実は証明されたはずです。

久間三千年さんは菅家さんと同じように今頃解放されて祝杯をあげていたはずなのです。

注1:「飯塚事件」(wikipediaより引用)

1992年2月20日、福岡県飯塚市の小学校1年生だった女児2人(当時7歳)が登校中に行方不明になった。その後、同県甘木市(現在の朝倉市)の雑木林 で殺害され遺棄されているのが発見された。死因は窒息死だった。自白は得られなかったが導入されたばかりのDNA鑑定によって有罪判決が確定し、死刑が執 行された初めての事例である。事件の概要から飯塚女児二人誘拐殺害事件とも呼ばれた。

(終わり)

④沖縄女性殺害事件に抗議する県民大会に6万5000人が集まる「加害者はあなたたちです」
2016年06月19日 ハフィントンポスト日本語版

http://m.huffpost.com/jp/entry/10553050

沖縄で20歳の女性を暴行・殺害した疑いで元アメリカ海兵隊員で軍属の男が逮捕された事件を受けて、沖縄県那覇市の公園で6月19日午後2時から、被害者を追悼し、海兵隊の沖縄からの撤退を求める大規模な集会が開かれ、6万5000人の県民(主催者発表)らが参加した。主催は翁長雄志知事を支持するグループ「オール沖縄会議」。沖縄県議会与党会派の社民党、共産党、地域政党の沖縄社会大衆党、市民グループなどが参加した。

県民大会では、被害者の女性を悼み、参加者による黙祷が捧げられた。沖縄県知事の翁長雄志氏は、被害者に対して「守ってあげられなくてごめんなさいというお詫びの気持ちが浮かんできた。21年前の県民大会で二度と起こさないと誓った事件を再び起こしたこと、責任を感じている。政治の仕組みを変えられず、政治家として、知事として痛恨の極みだ」と話した。

また、オール沖縄会議共同代表で名桜大4年の玉城愛さんは「安倍晋三さん、本土にお住まいの皆さん、加害者はあなたたちです。しっかり沖縄に向き合ってください」と涙ながらに訴えた。

大会では、「1972年の本土復帰から2016年5月までの米軍関係者による犯罪は5910件、凶悪事件575件の異常事態である」として、(1)日米両政府は遺族・県民に謝罪し完全な補償を(2)海兵隊の撤退、米軍基地の整理縮小、普天間飛行場の閉鎖・撤去(3)日米地位協定の抜本的な改定の3点を決議した。安倍首相やオバマ米大統領ら宛に届けられる。

事件に抗議し、海兵隊撤退を求める集会は、米海兵隊基地キャンプ・シュワブ(名護市)のゲート前でも行われたが、19日の大会がこれまでで最大規模となった。一方で、朝日新聞デジタルによると、大会への参加を要請されていた自民、公明両党などは、参加しない意向を伝えていた。産経ニュースによると、県内11市長のうち9市長も参加を見送った。

1995年9月に起きた沖縄米兵少女暴行事件では、同年10月に宜野湾市で事件に抗議する県民総決起大会が行われ、8万5000人が参加。日米地位協定の運用改善や、日米間での普天間基地返還・移設合意につながった。

沖縄県の地元紙、沖縄タイムスなどは集会の様子をライブ中継した。

⑤安倍首相が都内遊説でSEALDsら野党共闘市民連合から逃亡! 直後に同じ場所で遊説を計画しながらキャンセル

2016.06.19 Litera

http://lite-ra.com/i/2016/06/post-2351-entry.html

参院選に向け全国遊説を進めている安倍首相が、東京ではきょう初めて、JR吉祥寺駅北口前で演説を行った。

安倍首相が姿を現し、演説をはじめたのは16時20分すぎ。もちろん、肝心の内容は相変わらず“アベノミクス”のアピール一辺倒。これまで本サイトで幾度となく追及してきたように、いずれも根拠のないウソばかりで、もはや「それはあなたの頭のなかのファンタジーでは?」と言うべき話をひたすら語り続けた。

このように、これまでの選挙と同様、またしてもアベノミクスを選挙の争点にしようと躍起の安倍首相だが、経済政策を謳うことで国民の目を誤魔化し、憲法改正という危険な争点を隠そうとしていることは明々白々。特定秘密保護法や安保法制のように選挙にさえ勝てば後は好き放題にできると、完全に国民を見くびっているのだ。

しかも、安倍首相がアベノミクスの“架空”の成果を強調する一方で、野党バッシングにも精を出した。大分市での13日の遊説でも「みなさん、「気をつけよう、甘い言葉と民進党」であります。だまされてはいけません」などと言い、十八番の共産党批判を展開し、野党共闘を罵倒したが、きょうも「野党は批判ばかり」と煽った。「あなたこそ批判ばかりでは?」という話だ。

しかし、強気な態度で野党批判を繰り返す安倍首相だが、じつは内心では、野党共闘に怯えきっているようなのだ。

というのも、きょうは10時30分から東京・有楽町のイトシア前にて、SEALDsをはじめとする野党に共闘を訴えてきた「市民連合」が、野党代表を集結させて参院選に向けたキックオフイベントを開催。民進党の岡田克也氏に共産党の志位和夫氏、社民党の吉田忠智氏が登壇し、スピーチを行った。

この市民らと野党代表による合同街頭宣伝は、先週11日にはすでに告知されていた。それに対抗するように、自民党は先週後半、直前になってこのイベントの終了2時間後である14時に、同じ有楽町イトシア前での安倍首相の遊説を決定したのだ。

野党共闘の象徴的イベントが開かれる同じ日、同じ場所に遊説先を選ぶ……。これはどう考えても、安倍自民党が“わざと”ぶつけてきたとしか思えない。当然、同日に同じ場所で野党と安倍首相が同じように演説を行えば、メディアは比較するように報道を行う。すなわち安倍首相は“野党より自分のほうが聴衆を集めた”という画をつくり出すことで、圧倒的な強さを示す魂胆だったのだろう。

(3)今日の重要情報

①今年はビルダーバーグGの会合に戦争好きのブリードラブ前NATO欧州連合軍最高司令官が出席

2016.06.19  櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201606190001/

今年6月9日から12日にかけてドイツのドレスデンで開かれたビルダーバーグ・グループの会合にフィリップ・ブリードラブ米空軍大将が出席した。言うまでもなく、この人物は今年3月までSACEUR(NATO欧州連合軍最高司令官)を務めていた人物で、ロシアとの軍事的な緊張を高めることに熱心だった。そうした目的のため嘘もついていた。退役後、6月にはフォーリン・アフェアーズ誌(CFR/外交問題評議会が発行)に論文を書き、その中でも「ロシアの脅威」を主張している。

本ブログでは繰り返し書いてきたが、ヨーロッパにおける軍事的な緊張を高めてきたのはアメリカ/NATOである。1990年に東西ドイツが統一される際、アメリカのジェームズ・ベイカー国務長官はソ連のエドゥアルド・シュワルナゼ外務大臣に対し、統一後もドイツはNATOにとどまるが、東へ拡大させることはないと約束したことが記録に残っている。「純真」なゴルバチョフはこの約束を信じたが、約束は守られなかった。

ソ連が消滅してから8年後の1999年にチェコ、ハンガリー、ポーランド、そして2004年にブルガリア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、2009年にアルバニア、クロアチアといった具合だ。当然、NATO加盟国はロシアに接近していくわけだが、それをブリードラブのような好戦派はロシアの脅威が増していると表現する。

そして2014年2月22日にアメリカはネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を主力とする勢力を利用してウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ大統領を暴力的に排除した。つまり、クーデターを成功させた。ウクライナはズビグネフ・ブレジンスキーがロシアを制圧する要石だと認識していた国だ。(クーデターについての詳細は割愛する。)

このクーデターを現場で指揮していたビクトリア・ヌランド国務次官補はヒラリー・クリントンと親しく、彼女の夫はネオコンの大物として有名なロバート・ケーガン。ヌランドはヤヌコビッチを排除する工作を展開している最中、ジェオフリー・パイアット駐ウクライナ米国大使と電話で「次期政権」の人事について話し合っているのだが、その音声が何者かによって2月4日にインターネット上へアップロードされた。その中でヌランドが高く評価していたアルセニー・ヤツェニュクは実際、クーデター政権で首相になっている。

その会話には2012年6月から国連事務次長を務めているジェフリー・フェルトマンの名前も仲間として登場した。フェルトマンは1991年から93年に かけてローレンス・イーグルバーガー国務副長官の下で東/中央ヨーロッパを担当してユーゴスラビア解体に関与、04年から08年にかけてはレバノン駐在大使、2009年からアメリカ国務省で近東担当次官補を務めた人物。レバノン駐在の大使だった当時、イラン、シリア、ヒズボラを露骨に敵視していたことでも知られている。

ネオコンとは対立関係にあったロバート・ゲーツ元国防長官の回顧録によると、ソ連が消滅した際、リチャード・チェイニーはソ連やロシア帝国だけでなく、ロシアそのものを消し去りたがっていたという。社会、文化、歴史、そしてロシア人そのものを地上からなくしたいということだろう。チェイニーを含むネオコンのロシアに対する憎悪は尋常でない。

ヒラリー・クリントンもそうした尋常でない嫌露派のひとりだ。本ブログでは何度も書いたが、この人物は世界に破壊と殺戮を広める上で重要な役割を果たしてきた。ビルダーバーグ・グループは昨年の会合にヒラリーの旧友を呼び、今年はブリードラブが出席している。欧米支配層はロシアや中国に対して戦争を仕掛けるつもりだろう。

アメリカには戦争好きの外交官だけでなく、戦争ビジネスやカルト教団と結びついた好戦的な軍人がいるが、その一方でロシアよりダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)やアル・カイダ系武装集団を危険だと考えているマーチン・デンプシー元統合参謀本部議長やマイケル・フリン元DIA局長のような軍人もいて、実際、統合参謀本部の反対でイラクに対する先制攻撃は約1年間、延期されたと言われている。ただ、ヒラリー・クリントンのような人物が大統領になった場合、どこまで抵抗できるかという問題がある。

フォーリン・アフェアーズ誌の2006年3/4月号に掲載されたキール・リーバーとダリル・プレスの論文では、ロシアと中国の長距離核兵器をアメリカの先制第1撃で破壊できると主張している。核戦争でアメリカは生き残れると考えているのだろうが、この論文をヒラリー・クリントンたちが信じているとするなら、人類にとって深刻な事態だ。

【関連情報】

▲ビルダーバーグ会議 (by wiki)

https://goo.gl/kahKzn

オランダのビルダーバーグホテル。1954年に最初の会議が開かれその名の由来となった。
ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、英語:The Bilderberg Group, Bilderberg conference, Bilderberg Club, Bilderberg Society)は、1954年から毎年1回、世界的な影響力を持つ政治家や官僚、多国籍企業・金融機関の代表やヨーロッパの王族、貴族の代表者など約130人が[1]、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について討議する完全非公開の会議である[2]。ビルダーバーグ・クラブ、ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。「陰のサミット」と呼ばれることもある。出席者リスト、議題はある程度ウェブサイトで公表され、ジャーナリストやコラムニスト等も招待されるが、会議での討議内容は非公開であり記事になることはない[3]。

非欧米諸国からの参加者は、過去、イラン、イラク、ニュージーランド、イスラエル、パキスタン等からの参加が確認されている。日本からは2009年にアテネで開かれた会議に当時国際エネルギー機関事務局長を務めていた田中伸男が参加した。2011年のスイス・サンモリッツでの会議には中国から外務次官として傅瑩が参加した。
現在の議長は、アクサのCEO、アンリ・ドゥ・キャストゥル(英語版) (2012~)

(4)今日の注目情報

①横田夫妻とウンギョンさん“面会写真”掲載にバッシング!裏側に「救う会」の横田夫妻への圧力 伊勢崎馨

2016.06.18 Litera

http://lite-ra.com/2016/06/post-2348.html

拉致問題というのはどうしてこう政治的からめとられてしまうのだろう。「週刊文春」(文藝春秋)6月16日号に、横田滋・早紀江夫妻と拉致被害者・めぐみさんの娘、キム・ウンギョンさんの写真が掲載されたことが大きな波紋を投げかけている。

これは14年3月、横田夫妻がモンゴル・ウランバードルで初めてウンギョンさんと面会し、同行した夫や生後10カ月のひ孫と過ごした際に撮られた6枚の写真だ。

また、同誌には参議院議員の有田芳生氏の執筆した特集記事も掲載されていた。記事には、横田夫妻とウンギョンさんとの会話の様子や、「(孫娘と)いまでも会いたい気持ちは強いですよ」といった横田夫妻の思いが記されていた。日朝交渉が再開する目処もなく、夫妻が拉致問題の風化を恐れていることことや、孫娘に会えた喜びを伝えた写真と特集記事。

ところが、である。「週刊文春」発売同日、「救う会」(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)のHPにこんな“声明”が掲載されたのだ。

〈皆様へ

この度の週刊文春に掲載の孫たちとの写真は、横田家から提出してお願いをしたものではありません。

有田氏が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。

私達は、孫との対面時、孫から写真を外に出さないでほしいと約束していましたので、横田家からは、何処へも、一枚も出しておりませんし、今後も出しませんので、よろしく御理解頂きます様お願い致します。

全て、掲載や、文章、等全て、私共から依頼した事でなく、有田氏から寄せられた事をご理解頂きます様お願い致します。

6月8日 横田滋 早紀江 〉

写真は横田夫妻が提供したものではなく、有田氏が勝手に持参したもの、記事も有田氏が勝手に書いた。この文面からはそう受けとれる。

実際、これが公開されるや「有田は横田夫妻を騙した裏切り者」「北朝鮮のスパイ」「写真は北朝鮮からもらったのでは?」「参院選を睨んでの売名行為」「落選させろ」「有田芳生は人間のクズ」といった有田氏に対する非難、バッシングが巻き起こった。

たんなるバッシングだけではない。官邸周辺から「有田は横田夫妻と文春の両方を騙して、記事をでっちあげた」とする詳細な情報も流れてきた。

しかし、本当にこの「週刊文春」の記事は横田夫妻の明確な合意がないまま掲載されたものなのか。

たしかに、有田氏はこの間、2回ほど北朝鮮に行っている。しかし、「北朝鮮のスパイ」どころか、議員になる前から拉致問題に取り組み、北朝鮮には一貫して批判的な姿勢をつらぬいていた。

また、記事には、横田夫妻でないと絶対にわからないような、これまで語られてこなかっためぐみさんに関する話題が幾つも出てくる。

たとえば、早紀江さんがウンギョンさんに会った際、「あなたのお母さんのことだけど」と切り出した時のことだ。ウンギョンさんは当惑した表情をしたが早紀江はこう続けたという。

「おばあちゃんは、めぐみちゃんが元気で生きていると信じていますよ。せめてみんながあなたくらいのレベルの生活をしているとわかれば、それらのご家族の みなさんは、どんなに喜ばれるでしょうね……。お母さん(めぐみさんのこと)をはじめ、たくさん連れていかれた人がいて、家族はおばあちゃんと同じ気持ちでまっています」とひとりごとのように言って、「最後まで私たちは助けてあげたいという気持ちで頑張って行くから。絶対に希望を捨てないでね。これは国どうしの問題で、あなたの問題ではないのです」

するとウンギョンさんは「日本の悪い人がウソをついているのです」と泣き出し、この話は終わりになったという。

早紀江さんの切実な思い、ウンギョンさんとの会話の詳細が記されているこの記事がでっち上げとは到底思えない。そこで今回浮上した疑問について有田氏本人を直撃すると、その経緯をこう語った。

「写真公開に関しては、横田夫妻と長い時間をかけ話し合ってきたものです。確かに『週刊文春』やマスコミに提供した写真は私が持っていたものですが、5月5日にそれを持参して夫妻と一緒に選び、原稿も6月6日の〆切の日に直接お会いしてチェックしていただいたものです。夫妻は孫やひ孫に会えた喜びを知ってもらいたい。それが実現できたと喜んでもいました。また校了の7日の朝には早紀江さんから電話があり、さらに加筆訂正もしています」

また横田夫妻は写真を公開することで取材が殺到した場合、体力的にも対応できないため事後の対応を有田氏に一任したという。

では、そんな横田夫妻が一体なぜこんな声明を出したのか。それが「家族会」(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)の背後にいる「救う会」の存在だ。拉致問題に詳しいジャーナリストがこう証言する。

「写真が『週刊文春』に掲載されることを知った『救う会』会長の西岡力氏が横田夫妻に接触、かなりの剣幕で非難したようです。もちろん“こんなことをしたら北朝鮮を利するだけ。めぐみさんの死亡認定や拉致問題の収束に繋がる”とね」

「救う会」は拉致被害者救出を謳って設立された団体だが、そのファナティックかつエキセントリックな言動で、これまでも数々の問題が指摘されてきた。特に02年の小泉訪朝で一気にその存在感を増した「救う会」は当時の激しい北朝鮮バッシングの風潮や拉致被害者家族の意向をバックに、拉致問題に対し過激な姿勢を強めていく。

たとえば、拉致問題でバッシングの矢面に立たされた外務省の田中均氏(元アジア大洋州局長)にしても「救う会」が「北朝鮮と内通して拉致問題解決を妨げる田中審議官と平松課長を即刻、北朝鮮問題担当からはずすことを強く求めます」などと激しく罵倒したことが大きな影響を及ぼした。

また“対話路線”を主張する政治家や識者やジャーナリストに対しても徹底した批判を行い、日本国内に蔓延した“対北強硬路線”“反北朝鮮”の世論を煽りに煽った。それは同時に拉致問題を自らの政治的主張に利用したものでもあったが、その矛先はメディアにも向かっていく。

14年前、横田めぐみさんの長女であるウンギョンさんの存在が判明し、その合同インタビューを行った朝日新聞、毎日新聞、フジテレビに対し「北朝鮮謀略の手先」などと大批判を展開、その後も拉致被害者やその家族に接触するメディアを片っ端から血祭りに挙げていった。当時の日本に蔓延した異様なムードは「救う会」が作り出したものでもあった。

そしてその急先鋒の一人が、今回横田夫妻に“声明“を出させた「救う会」西岡力会長だ。

もともと発足当時、政治家だけでなく世間からもあまり注目を浴びなかった「家族会」に寄り添ったのが唯一「救う会」だった。そのため「家族会」は 「救う会」に引っ張られる形で、イデオロギー色を強め、また利用されていった。いわば「救う会」は、「家族会」そして拉致被害者を人質にとって勢力を増し、影響力を強めていったのだ。

かつて「家族会」副代表をつとめた蓮池透氏も著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)のなかで「救う会」の体質をこう批判している。

〈いま振り返ってみても、「救う会」の真の狙いはいったい何だったか、それがわからない。

もちろん、被害者救出の願いや家族への同情があることは否定しないが、根底に拉致問題を利用し国民の反北朝鮮感情を煽り、ひいては北朝鮮国家の転覆・崩壊を目指す深謀があったのではないか。そう考えざるをえない。「家族会」と「救う会」は横田滋氏と会長の佐藤勝巳氏の連盟で声明文を公表していたが、その内容は、どこかの圧力団体のファナティックなアジテーションと変わりなかった。とにかく強烈に北朝鮮を批判し、政府に強硬な態度で臨むよう要求することで一貫していた。〉

そしてもともと政治的信条などなかった「家族会」のメンバーが「救う会」のオルグの連続で徐々に右翼的な色に染まっていったと回顧している。

そんな「救う会」だが、しかし拉致問題の膠着と共にその影響力も急速にしぼんでいった。そんな時に起こったのが今回の写真騒動だ。

「拉致問題は自分たちのものという考えが強い『救う会』ですから、自分たちが蚊帳の外に置かれた今回の写真掲載は許せないものだったのです。“北朝鮮に利用される”“拉致問題を終わらせていいのか”という“脅迫”は『救う会』の常套句ですからね。実際、これまで孫に会いたいと切望していた横田夫妻ですが、10年以上会えなかったのも『救う会』が強固に反対していたからという側面も強い。これまでの経緯から横田夫妻がその要求に従わざるを得なかったのでしょう」(元「救う会」関係者)

実際、2002年のときも、一時は横田夫妻が北朝鮮に行って、ウンギョンさんと会うという計画が進んでいたことがあった。ところが、このときも「救う会」の圧力で、計画が流れてしまった。今回の記事には、その経緯にかんするくだりもある。

〈「会えばお母さんは亡くなったと言わされる」と支援団体が主張したからだ。(略)
「平壌に行くわけにはいかないから難しい」それがお二人の結論だった、孫に会いたい願いを隠しながら時間だけが過ぎて行った。〉

早紀江さんはウンギョンさんにこうも語りかけている。

「これは国どうしの問題で、あなたの問題ではないのです。あなたは大切な孫だから、信じているし、嫌いだから来なかったわけではないのよ。いつも祈っていました。これからもそうですよ」

さらに有田氏が再び第三国で会うつもりはないかを問うと、早紀江さんは高齢で身体が許さない。となると、「状況が許せば(ウンギョンさんたちに)日本に来てもらうしかないですね」という有田氏の言葉に、こんな心情を吐露している。

「いまでも会いたい気持ちは強いですよ。でもわたしたちだけがいい思いをするわけにはいかないんですよ。ほかの被害者の方々もいらっしゃるでしょ」

孫娘に会いたいという切なる願いさえ、「救う会」によって抑圧されつづけた横田夫妻。にもかかわらず他の被害者を思い、そして支援団体の呪縛から未だに解放されることはないことが言葉の端々に滲んでいる。そして「救う会」によって前記のような声明を出さざるを得なかった。

「実は一連のネットの有田バッシングの中には、『救う会』と『救う会』と連動している加藤勝信拉致問題担当大臣の周辺が発信源のものがあるようです。実は、ネットだけではなく、週刊誌や保守系新聞も一時はその情報に乗って、『有田氏が横田夫妻を騙した』という線で取材していた。ところが、動いてみ たら、まったく事情が違ったんで、結局、どこも記事にはしなかった」(週刊誌関係者)

まったくうんざりするような舞台裏ではないか。

横田夫妻が政治的な思惑にふりまわされずに、「孫やひ孫に会いたい」という当たり前の願いを再び実現できる日はやってくるのだろうか。(伊勢崎馨)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト
[2016/06/20 22:05] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<06/20のツイートまとめ | ホーム | 【日本語ブログ記事】 日本の社会も不正だらけだが、米国社会の不正は規模が巨大だ!>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/2902-7d12d4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |