FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNewsLive】■【今日の詩】(No3)もしも日本と世界の支配層が歴史を捻じ曲げていなければ世界は全く別のものになっていただろう!
☆今日の画像

5月30日シンガポールでハン・ミング国防部長官、アシュトン・カーター米国防長官、 中谷元・日本防衛相と韓米日防衛相会談に先立ち握手している
20150924米日韓国防省


いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】 【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情 報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日木曜日(9月24日)午後7時から【ツイキャスTV】で放送しました世直しネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本です!

1)No1 82分28秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/203444744



☆世直しネットTV【山崎康彦のYYNewsLive】は、放送回数1700回、視聴者総数170 万人(3年間)、毎日1,000人が視聴する真 実・事実を追求するタブーなき報道番組。土曜以外毎日約1時間放送されます!

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive by Twitcasting】

☆放送のテキスト台本は、閲覧総数(ページヴュー)1,100万件、訪問者総数400万人(8年間)、毎日1,500人が閲覧する真実・事実を追 求するタブーなきブログ【杉並からの情報発信です】で読めます!

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

②【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

☆ 今日の【特別のお願い】

■安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い

2015年9月20日(最終更新 2015年9月24日、11時00分)
醍醐聰のブログ

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-bd74.html

【速報】賛同署名数、25,000筆を超える
 
署名数は10時15分現在で25,288筆となりなした。

賛同署名の送り方がわからないという問い合わせがありますので、改めて説明しておきます。次の「署名入力 フォーム」を開き、必要事項を入力の上、「確認」、「送信」ボタンを押すと送信が終わります。

http://form1.fc2.com/form/?id=009b762e6f4b570b 

引き続き、多くの方から署名に添えてメッセージが寄せられ た。その中の3つを紹介したい。

埼玉県にお住いの主婦の方

「今年三月に息子を出産しました。我が子の未来を危険に晒さないために安保関
連法案には絶対反対です!しかも、国民のほとんどが必要 を感じていないのに
こ んな風に決めるなんてひどい!!これでは戦前の日本と同じになるのではな
いか、民主主義とはなんなのかと日本の未来が心配になりま す。
 今、声を上げずに十数年後に後悔するのは嫌です!!
 夫、息子の名前もぜひ一緒に署名したいです!」

石川県にお住まいの方

「参院特別委員会の様子、『採決らしきもの』の様子もすべてインターネット中
継で見ていました。

誤報しているマスコミもあるようですが、委員でない与党議員が委員会室に入り
込み、いわゆる『人間かまくら』を作って鴻池委員長を取り囲み、鴻池 委員長
が進行できるよう懐中電灯をその『かまくら』の中に突っ込んでいたとのこと。
そしてざわめいて何も聴き取れない中、ヒゲの隊長こと佐藤正久 参議院議員が
腕で 『立て』という合図をしていたのだと、後になってあの佐藤正久議員の腕
振りの意味がわかりました。全部見ていましたよ。

こういう『作戦』を発案したのが佐藤正久参議院議員であり、朝から練習をして
いた旨読売新聞に恥ずかしげもなく書いてありました。 このような恥ずべきこ
とが我が国の立法府で、しかも与党議員により行われたということ、日本の将来
について深く憂慮せざるを得ません。

こんなルール違反、取るべき体裁・手続きも取られないようなことが立法府で許
されるならば、どんな法律でも作ることができるでしょう。

立法府、特に参議院が国民の信頼を回復しようとするならば、今回の特別委員会
の採決は無効とし、審議を特別委員会に差し戻し、審議 を続けるべきです。
 今回の参議院特別委員会での与党議員によるこのような蛮行とそれを許した鴻
池委員長に強く抗議すると共に、特別委員会の採決無効、 審議を特別委員会に
差し戻し審議続行することを求めます。」

奈良県にお住まいの方

「私の母は2回見合い相手を戦争で亡くしております。最後に年の離れた父の後
妻になりました。私に孫が三人おります。不出来でありま すが、日々成長致し
て おります。この子達に人殺しをさせたくない、勿論殺されたくもありませ
ん。今度の法案は国民皆兵の前々段階なのでしょうが、いざ有事 には賛成され
た自民党 の方々はたとえ70を超えていても、先頭にたって戦地にむかわれるの
でしょう か。信じられません。

国と国民を守るの ではなく、他国のおもうがままの傭兵状態での戦闘に自衛隊
の若者を、出したくはありません。」

-----------------------------------------------------------------------

賛同の呼びかけ

政府・与党は9月17日の参議院安保特別委員会で、2つ の安保関連法案ほか計5件
の案件を「採決」し、「可決」したとみ なし、マスコミもそのように報道して
います。
しかし、「採決」の場面をテレビで視た多くの市民の間で、「あのよ うに委員
長席周辺が騒然とし、委員長の議事進行の声を自席で委員が聴き取れない状況
で、5件もの採決がされたとは信じられない」という声が飛び交っていま す。至
極もっともな感想ではないでしょうか?
ということは、「強行採決」に抗議する以前に、「採決」はそもそも なかった
というのが真相ではないでしょうか?

このような余りに理不尽な状況を見過ごすことはできないと 考え、緊急に山崎
参議院議長、鴻池安保特別委員会宛てに次のような申し入れをすることに しま
した。
 そこで、以下のとおり、皆様に賛同の呼びかけをさせていただきま す。

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛
同のお願 い
http://netsy.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-6f5b.html

賛同いただける方は次の署名フォームにご記入の上、至急、 送信下さるようお
願いいたします。

http://form1.fc2.com/form/?id=009b762e6f4b570b

1. 申し入れに賛同くださる方は次のサイトに載せた「賛同署名の入力 フォー
ム」にご記入のうえ、至急、お送りくださるようお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=009b762e6f4b570b
(今の国会会期末までということで、9月25日に提出する予定です。)

2. ご記入いただいた氏名、所属/お住まいの都道府県名はそのまま名簿に 記載
して提出します。また、記入いただいたメッセージとともに、専用のサイトに掲
載させていただきます。匿名をご希望の 方はその旨を必ず付記ください。

3. 賛同署名は9月25日 (金)午前10時締切りとします。

呼びかけ人
 池住義憲(元立教大学大学院特任教授)
 浦田賢治(早稲田大学名誉教授)
 小野塚知二(東京大学・経済学研究科・ 教授)
 小中陽太郎(作家・ジャーナリスト)
 澤藤統一郎(弁護士)
 高 麻敏子・高麻亘男(自営業)
藤田高景(村山首相談話を継承し発展させる会・理事長)
 森 英樹(名古屋大学名誉教授)
 醍醐 聰(東京大学 名誉教授)

連絡先
shichosha_kangeki@yahoo.co.jp
 電話:080-7814-9650  

(終り)

☆今日の推薦映像

■【YouTube】【参・安保法案】特別委員会での強行採決の瞬間。委員会のメンバーではない自民党議員が乱入して、鴻池委員長を取り囲む。

https://www.youtube.com/watch?v=eR6xYuoonpg

*この映像で参議院安保特別委員会室に入り込み『人間かまくら』を作って鴻池委員長を取り囲んだ委員会委員でない与党議員と議員秘書を特定せよ!

☆今日のひとこと

■【軍産複合体】は正確には【軍産議会複合体】なのだ!

[軍産複合体の概念を広く知らしめたアイゼンハワーの退任演説は1961年1月17日に行われた。演説の最終から2番目の草案では、アイゼンハ ワーは最初に「Military-industrial-congressional complex(MICC)、軍産議会複合体」という概念を用いて、アメリカ合衆国議会が軍事産業の普及に演ずる重要な役割を指摘していたが、アイゼンハ ワーは議会という語を連邦政府の立法府のメンバーを宥めるために打消した、と言われている。議会を含めた概念の実際の作者は、アイゼンハワーの演 説作家のラルフ・ウィリアムズとマルコム・ムースだった。]

(Wikipediaの【軍産複合体】説明より抜粋)

☆今日の推薦本

■ビル・トッテン著『アングロサクソン資本主義の正体』(東洋経済新報社2010年8月5日 刊\1600+税) 

[無]から[有]を生み出す銀行の錬金術

P58-60

・例えば、私が銀行から1000ドル借りたとする。すると、銀行の私の普通預金口座に1000ドルの預金が加わる。借りた1000ドルが口座に振 り込まれたわけだ。

・すると、通帳に1000ドルという数字が記されることによって、銀行に1000ドルという新しいお金が増えたことになる。銀行がペンとインクで (現在はコンピューターの端末に入力することによって)、わたしの通帳と銀行の帳簿に新たなお金を作り出すのだ。

・このお金は、ペンとインク(あるいはコンピューター)による記帳以外、まったく実体がない。何もなかったところから、突然存在すると記録された のだ。そして後に私が1000ドルを銀行に返済すれば、その通貨は帳簿から消える。これが通貨の消滅である。そう考えると、国に通貨の供給量と 言うものは、銀行のローン取引という情け深い行為に依存していると言える。そして同時に、何千もの銀行はたくさんの無責任な民間造幣局ということになるのだ。

・問題は、銀行が貸し出すのは実際のお金ではなく、自分が持っていないお金を要求されたら用意するという単なる約束をしているに過ぎない。銀行は わずかな預金準備金(キャッシュリザーブ)の上に巨額の信用と言う逆ピラミッドを積み上げる。それが通帳マネーであり、その総額は簡単に膨張する も縮小もする。そのようなトップヘビーのシステムが危険なことは明らかである。預金者にとっても、銀行にとっても、何百万人の一般国民にとっても それはいつ崩れるかわからない砂上の楼閣なのである。

・今私が述べたことは、経済学の許可書では[信用創造]という言葉で説明されている。経済学の教科書で語られるのは、次のような例示だ。

ある人が銀行に100万円を預金した。銀行は預かったお金を貸し出すわけだが、預金者が預金を引き出すときのためにある程度のお金をプールしてお かねばならない。その割合を決められているのが法定準備率というものでこの法廷準備率が仮に10%だとすると、10万円を取っておいて残りの90 万円を貸し出せる。

そこで銀行は90万円をA社に貸出、A社の功罪に90万円を振り込む(ここで振り込むというのは、前述したようにコンピューターの丹まsつをたた いて90万円と記入するだけだ)。銀行は90万円の預金のうち10%の9万円を残し、81万円をB社に貸出、B社の口座に81万円を振り込む。さ らに、81万円の預金の90%に当たる72万9000円を貸出し・・・ということを繰り返しテイクと、およそ1000万円の通帳マネーを生み出す ことになるのである。

・経済学の信用創造では、銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことによりマネーサプライが増加し、経済の発展的循環につながると説明される。 この仕組みにそうした効果があることは否定するつもりはないが、世界恐慌のメカニズムでお話したように、マネーサプライを拡大させることもできる と同時に、縮小させて大きなダメージを与える危険性もあるということを教科書は教えていないし、ほとんどのエコノミストも指摘しない。

・さらに言うならば、信用創造と言えば聞こえがいいが、銀行に入ってきた預金は最初の100万円のみで、増えていった預金残高は銀行が通帳と帳簿 に記載しただけだ。銀行は100万円の現金から1000万円を生み出したことになる。つまり、銀行は民間企業でありながら、お金を作りだしている ということになる。そして、無から生み出したお金に利子をつけて貸し出していうのである。

・預金は近代の銀行券()に等しい。しかし銀行券は実際に印刷して作り出し、消去するには償却しなければならないが、預金は目に見えることなく 作ったり壊したりできる。もし80億ドルの紙幣が1929年から33年の間に焼却されたら、アメリカの人々はその事実を見逃さなかっただろう。だ が、実際のマネーの消失は預金の帳簿上で、ひっそりと行われ、一般の人々が気づくことはなかった。

(終り)

☆ 【座右の銘A】:

■『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』

(ドイツルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーの詩)

ナチ党が共産主義者を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎ

☆今日の【日本国憲法】と【米国憲法】

■米国憲法 修正第二条 【武器の保有権】(1791年成立)

よく規律された民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し携帯する権利は、これを侵してはならない。

☆(1)今日のメインテーマ

■【今日の詩】(No3)もしも日本と世界の支配層が歴史を捻じ曲げていなければ、我々の住む世界は全く別の世界になっていただろう!

もしも、国会が政府と中央銀行が民間銀行に与えた『無からお金を生み出すしくみ』=【準備預金制度】という【信用創造特権】を認めていなかった ら、実体経済の数十倍の規模に膨れ上がりすべての人、企業、地方自治体、政府を高利で借金漬けにする【通帳マネー】は存在しなかっただろう。すなわち、世界は現金中心の、実体経済中心の景気循環のない、バブルもバブル破たんも金融恐慌もな い、安定した着実な経済が実現し豊かな国民生活が実現していただろう!

もしも、国会が政府に赤字国債や建設国債などの国債発行を認めていなければ、今年2015年3月末時点で1,053兆円、来年2016年3月末時 点で1,167兆円もの巨額な国の借金は無かったであろう!国の借金返済のために国と地方の税収の26.9%を毎年メガバンクに利子つきで返済す ることはなかったであろう。

もしも、国会が日銀に【紙幣増刷権】を認めていなければ、ロスチャイルド国際金融マフィアが送り込んだ金融テロ工作員・黒田日銀総裁の『アベノ ミックス』の名のもとに3年間で300兆円の紙幣を増刷して仲間のメガバンクに供給する『異次元の金融緩和』は強行できなかっただろう!すなわ ち、民間銀行と大企業と特権階層がますます肥え太り、一般庶民がますます貧困化することはなかったであろう。

もしも、国会が民間銀行から【信用創造特権】を剥奪して民間銀行を廃止し、日銀に統合してすべての貸し出し業務と融資業務などの金融業務を日銀に 一元化していれば、個人や企業や地方自治体や政府は安い手数料のみで利子なしで日銀から融資を受けら、国民経済は活況を呈していたであろう!

もしも、国会が日銀が毎年増刷する紙幣の総額をその年に予想される実体経済の総額=GDP総額を基準にする法律を成立させていれば、実体経済の数 十倍規模の【通帳マネー】は生まれず、バブルの発生もバブルの破たんも、金融恐慌も無かったであろう!

(続く)

☆(2)今日のトッピックス

① 反原発・反基地も合体…燃え広がる安倍政権「倒閣運動」第2幕

2015年9月24日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164366

安倍政権が国民の声を無視して強行成立させた安保法は、連休に突入しても「反
対」の声は冷めやらず。それどころか、「反原発」や「反 米軍基地」の運動と
“合体”し、さらにヒートアップ。19~23日は少なくとも、全国33の会場で
「反安倍政権」の集会が開かれ、24日も18時半か ら、国会前で「安倍退
陣」の抗議活動が行われる。もはや倒閣運動は中東の「アラブの春」に匹敵する
勢いで広がり続けている。

23日、東京・代々木公園で行われた「さようなら原発 さようなら戦争全国集
会」には約2万5000人が集まった。

福島原発告訴団の代表である河合弘之弁護士や、沖縄米軍基地問題に取り組む木
村辰彦氏、安保法に反対する社会学者の上野千鶴子氏ら がそれぞれ登壇し、そ
ろって安倍政権に「NO」を突きつけた。

集会に参加した「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー奥田愛基氏
(23)は日刊ゲンダイ本紙にこう言った。

「安保法や反原発、米 軍基地問題と、立場を超えて『打倒安倍』で協力すべき
です。来年の参院選では、しっかりと僕たちの意思を示したいと思います」

安倍政権は、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げた。来年の参院選で新たに
生まれる約240万人の有権者の票が自公などの与 党に流れる――と見込んで い
たのだろうが、大間違い。神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏は、毎日新聞のイ
ンタビューで「240万人に今一番影響力を持つの は『SEALDs』」と答
えていた。つまり、新たな若者票はそのまま「反自公政権票」となる可能性が高
いのだ。

さらに、ここにきて17日の参院特別委の「安保法案」の採決が「無効」という
指摘も広がっている。「委員長席周辺が騒然とし、 委員会再開の宣言がなされ
なかった。いつ採決されたのかも分からない」(野党議員)といい、速記録(未
定稿)にも「議事騒然、聴取不能」と記されているだ けで、委員長の発言も質
疑 打ち切り動議の提案も記されていないためだ。

この問題で、東大名誉教授の醍醐聰氏は「採決不存在」と断じ、25日に2万人
以 上の署名を鴻池祥肇委員長に提出するという。

「17日の委員会では、参院規則が定める『表決』の条件を満たしていません。
第136条に規定される『委員長の宣言』を聞き 取れた委員はいたのか。ま
た、 委員長は『問題を可とする者を起立させ、その多少を認定』(第137
条)しなければいけませんが、与党議員に取り囲まれる 中、確認できたとは思
えない。こ んな乱暴なやり方で国民が納得するワケがありません。採決は無効
です」(醍醐聰氏)

違憲の上、国会審議も「不存在」の法律がマトモなはずがない。そんな国民の
まっとうな指摘に頬かむりし、別荘に泊まって趣 味のゴルフに興じている安倍
首相は狂っているとしかいいようがない。国民をなめ切った安倍政権が世論の鉄
槌を思い知る日は近 い。

②大規模海外派兵が可能になった日本…軍事負担減らしたい米国と利害一致

2015.09.19 ハンギョレ新聞日本語版

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/21987.html

安倍晋三首相が18日、衆議院で野党が安保法案通過を遅延させるためこ の日提
出した首相不信任案が否決され礼をしている=東京/AFP聯合ニュース

自衛隊法など10法を改正し
「国際平和支援法」を新たに制定
自国攻撃を受けずとも武力行使
米軍後方支援など名目をつけ
紛争地域への自衛隊派兵可視化

安倍晋三首相が政治的命運をかけて18日参議院本会議で可決させた安保法制の
制・改定案は、自衛隊法など10の法律の改定案と、新たに制定 される国際平和
支援法で構成されている。

安倍首相が掲げる法律の制・改定の理由は、変化したアジア太平洋地域の安全保
障環境の中で、「いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮 らしを守り抜
いていくためには、現行憲法の下で何をなすべきかという議論が必要だ」(昨年
7月、集団的自衛権の閣議決定直後)ということだ。「日本が積極 的平和主義
を 通じて、国際平和に貢献する」という主張がその後に続く。この主張には日
本の軍事的能力と役割を強化しようとする安倍首相の野心が表れてい る。

今回の法案通過の強行で、日本は自国が直接攻撃されなくても密接な他国が攻撃
され、日本の存立が危うくなる際(存立危機事態)に、武力を行使でき るよう
になった。いわゆる集団的自衛権の行使だ。しかし、現行の日本国憲法は、「国
際紛争の解決手段としての武力の使用」を禁じているため、韓国軍 が1960~ 70
年代にベトナム戦争に参戦したように、大規模な自衛隊の戦闘部隊を国外に派兵
することは不可能だ。そのため、安倍首相は、自衛隊が集団的 自衛権を行使 で
きる具体的な事例として「ホルムズ海峡の機雷の除去」や「日本人が乗った米国
艦船の防御」などを提示するのにとどまった。しかし、イランの 核交渉妥結な
ど国際情勢の変化で、この2つの事例は、日本の国会内審議でも正当性を失って
しまった。小泉内閣で安全保障政策を総括した柳澤協二・元官房副 長官や第1
野 党である民主党では「日本の安全保障のためのものなら、集団的自衛権では
なく、個別的自衛権を整備しなければならない」と主張している。日本の安全保
障の ためなら、集団的自衛権は事実上必要ないということだ。

そのため、日本の軍事専門家たちは、今回の法案の核心は、集団的自衛権の行使
ではなく、「自衛隊の後方支援と平和支援活動(PKO)の制限 の緩和」だと分析
する。法案に盛り込まれた重要影響事態法や国際平和支援法などに基づき、自衛
隊は米軍や多国籍軍を後方支援するという名目で、世界のほぼ すべての武力紛
争に広く関与できるようになった。この2つの法律により、日本政府は「非戦闘
地域」という概念を大きく拡大して自衛隊の作戦範囲を 「実際戦闘が行われて
いる地域」の目前まで拡張し、これまで禁止していた弾薬の補給、発進準備中の
戦闘機の給油も可能にした。今回の法案通過で、 米国が中東などへの大規模な
物流部隊を派遣するように要請すれば、自衛隊が派遣される可能性が高まった。
日本の市民たちが「日本が米国の戦争に巻 き込まれて、犠牲者を出るかもしれ
な い」と懸念している理由がそこにある。

今回の法案は“米国との対等な同盟”を実現しようとする安倍首相の意図と、自衛
隊を活用して軍事的負担を軽減しようとする米国の意図が複雑 に絡まった結 果
だ。今回の法案が日本と米国の同床異夢が重なったものと分析されているのも、
そのためだ。安倍首相は首相就任直後の2013年2月、米国の 対日政策に大 きな
影響を与える「ジャパン・ハンドラー」が集まった米国の戦略国際問題研究所
(CSIS)で演説し、「日本は戻ってきた」と宣言し、米国政 府はこれに応
えるように、2013年10月、日米安全保障協議委員会(2 +2会議)で日本の集団
的自衛権の行使を公開的に支持した。安倍首相は今年4月末、米国議会演説で、
「法案をこの夏まで通過させる」とまで約束した。その 結果、日本人たちは自
国の安全保障とあまり関係がない海外の戦争に動員され、死亡する危険性が大き
くなり、韓国人などは、東アジアの軍備競争 激化などで、 以前よりも不安定な
安全保障環境の下に置かれるようになった。

東京/キル・ユンヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

③韓米日、朝鮮半島における自衛隊の活動範囲を議論することに

2015.09.22

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22009.html

シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席してい
るハン・ミング国防部長官(右)が5月30日、アシュトン・カーター 米国防長官
(左)と中谷元・日本防衛相(中 央)と韓米日防衛相会談に先立ち握手してい
る=国防部提供//ハンギョレ新聞社

韓国と米国、日本が来月、3カ国間の実務協議体を開いて、日本の安全保障法制
の通過に伴う後続措置を議論する。国防部当局者は 21日、「先週末、日本の安
保関連11法案が参議院を通過し、自衛隊の集団的自衛権行使が法的に可能となっ
た」とし「これにより、韓米日3カ国が 来月中旬 に実務協議体を開いて朝鮮半
島有事の際、自衛隊の活動範囲などについて議論する予定だ」と述べた。

今回の3カ国間の実務協議は、昨年6月初めに開かれた韓米日3カ国の国防長官
会談で、自衛隊の集団的自衛権の行使が韓国の主権を毀損した り、朝鮮半島の
安保環境に影響を与えるおそれがある事案などについて、従来の「3カ国間安保
討議」(DTT)の枠組みで協議することにした合意によるもの だ。 3カ国間者
安保討議は韓米日3カ国の国防次官補が首席代表として参加し、3カ国間の防
衛・安全保障協力を議論する年次会議体で、今回の3カ国間の 実務協議 の結果
は、来年上半期に開かれる3カ国安保討議で報告される予定であることが分かった。

日本の自衛隊は、19日に行われた11の安保関連法案の制・改定により、日本が直
接攻撃されなくても、集団的自衛権の行使として戦闘に参加できる ようになっ
た。これにより、自衛隊が朝鮮半島有事の際、米軍艦艇の保護と後方支援をはじ
め、国連司令部の後方基地の保護と支援、韓国在住の日本人 の 疎開、北朝鮮
ミサイルによる在日米軍への攻撃に対する反撃などを推進する過程で、韓国の主
権を毀損したり、朝鮮半島の安全保障環境に悪影響を与える可能性 が懸念され
て いる。

今回の韓米日3カ国間の実務協議では、朝鮮半島有事の際、日本の自衛隊の活動
範囲をどこまで容認するかや、日本がいつ、どのような手続きと チャンネルな
どを通じて韓国と協議し、事前に同意を受けるのかなどが議論されるものと見ら
れる。

日本は、韓国政府の事前の同意なしに自衛隊が韓国の領内に進入できないことに
ついては、特別な異議がないことが分かった。国防部当局者は 「自衛隊が他国
の領域に入る場合には、国際法に基づいて、その国の同意を得るという立場を日
本が何度も確認している」と述べた。

しかし、自衛隊の北朝鮮領内への進入や北朝鮮のミサイルに対する反撃などにつ
いては、韓国と日本の間で微妙な見解の違いがあり、議論が予想 される。韓国
は「憲法上、北朝鮮地域も韓国の領土」であるため、韓国政府の事前の同意の対
象になるという立場を示しているが、日本はこれに対して明言を避 けている。

パク・ビョンス選任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

④米国務長官、難民10万人の受け入れ表明 欧州に配慮

2015年9月22日 共同通信

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015092202000118.html

【ベルリン=共同】ケリー米国務長官は二十日、内戦が続くシリアなどから難民
や移民が欧州に押し寄せていることを受け、世界から受け 入れる難民の 人数を
段階的に増やし、二〇一七会計年度(一六年十月~一七年九月)に十万人の受け
入れを目指すと表明した。ドイツ・ベルリンでシュタイ ンマイヤー外相と 会談
後の記者会見で述べた。

ケリー氏は「米国は戦争で追われた者や自由を求める者の安息の地だ。もっとや
らなければならない」と強調。難民問題に取り組む強い決 意を示し、大量流入
への対応に苦慮する欧州を支援する姿勢を見せた。

一六年度の難民受け入れを、一五年度の約七万人から一万五千人増やして八万五
千人にすると語り「このうちシリア難民は最低でも一万 人」と明らかにした。
一七年度にはさらに一万五千人を増やして十万人を目標にすると付け加えた。

シュタインマイヤー氏は「米国の責任ある姿勢に感謝している。米国の受け入れ
人数が増えることを歓迎する」と述べた。

⑤係長収賄容疑:警視庁が霞が関の国土交通省を家宅捜索

毎日新聞 2015年09月24日 

http://mainichi.jp/m/?7l77RB

家宅捜索のため国交省に入る警視庁の捜査員=東京・霞が関で2015年9月
24日、長谷川直亮撮影

羽田空港(東京都大田区)の航空機格納庫用地の使用許可を巡る汚職事件で、警
視庁は24日午前、東京・霞が関の国土交通省を家宅捜索し た。事件を 巡って
は、航空機整備業者から約50万円を受け取ったとして、国交省航空局運航安全
課係長、川村竜也(りゅうや)容疑者(39)が収賄容疑で 逮捕されてい る。

☆(3)今日の重要情報

①2015/9/22 放送 デモクラシーナウ日本語版

http://democracynow.jp/

①ノームチョムスキーが語るジョージ・オーウェル、意見の抑制、アメリカ例外
主義と いう神話

http://democracynow.jp/

デモクラシー・ナウ!の特別番組として、世界的に有名な 体制批判家、言語学
者、作家で、マサチューセッツ工科大学の名誉教授であるノーム・チョムスキー
を時間いっぱい特集 します。彼は半世紀以上にわたって同大 学で教鞭をとって
います。チョムスキーは、彼の毎月のコラムをまとめた新刊Because We Say So
(『我々がそう言うから』)を含む、100冊以上の本を執筆してきました。チョ
ムスキーは9月19日、ニューヨーク市にあるニュー・スクール大学のジョ ン・
L・ティシュマン講堂で、1000人近くの聴衆を前に講演しました。チケットは完
売でした。On Power and Ideology(『権力とイデオロギー』)というタイトル
の演説の中で、彼はアメリカ例外主義への固執、イランの核交渉破綻させようと
する共和党の取り 組み、米国とキューバの国交正常化について論じました。

②ノーム・チョムスキー:世界平和に最大の脅威をもたらしているのはイランで
はなく米 国

2015/9/22 放送

http://democracynow.jp/

ノームチョムスキーは9月19日、ニューヨークの ニュー・スクール大学での講演
で、米国が世界平和に最大の脅威をもたらしていると彼が信じる理由を説明しま
した。 「[米国]は、国際法や国際協定に無関心 で、意のままに暴力に訴えるこ
とをよしとする、ならず者国家です。例えば、クリントン・ドクトリンがありま
す。それ は、安全保障上や人道的な懸念はさてお き、重要市場、エネルギー供
給、重要資源といったものへの無制限のアクセスを確保するといった目的のため
にさえ、米 国は独断で軍事力を行使することが自由 にできるというものです。
そして、このドクトリンを守ることは、現在の歴史的事実を検証しようという
人々の間でその 必要性を論じられることがほとんどない ままに、定着、実行さ
れているのです。」

チョムスキーはさらに、米国と、その最も近い同盟国であるサウジアラビアとイ
スラエルが、中東平和への展望を損なっ ていると彼が信じる理由を説明しまし
た。「我々が、国際社会はイランの政策に反対しているとか、国際社会はこれこ
れだというとき、それは、米国と米国に たまたま賛成している他の国のことを
意 味しているのです」。

☆(4)今日の注目情報


大麻逮捕の竹田恒泰の従兄弟より悪質? 旧宮家の”権威”を利用したトンデモ事
件簿! 竹田恒泰もマルチ商法関与  井川健二

2015.09.24 Litera



先日、明治天皇の玄孫に当たる竹田恒昭被告が、大麻所持の疑いで現行犯逮捕さ
れていたとのニュースが報道された。この竹田という苗字でピンとくる 人も多
いと思うが、竹田恒昭被告は日本オリンピック委員会(JOC)竹田恆和会長の甥
で、ネトウヨのアイドル・竹田恒泰の従兄弟にあたる。

旧皇族・竹田宮家をルーツにもつ男が、まさかの大麻取締法違反容疑で逮捕され
世間に衝撃が流れた。

しかし、旧皇族・旧宮家の人間にスキャンダルが流れるのは決して珍しいことで
はない。むしろ、考えようによっては、今回のような個人的な犯罪より もっと
悪質な、“旧宮家の権威”を悪用するような事件を頻繁に起こしている。

竹田恒昭被告の従兄弟、竹田恒泰氏もそのひとり。ネトウヨ発言の数々や、華原
朋美と元AKB48畑山亜梨紗との間で二股をかけていた醜聞でもおな じみの彼だ
が、過去にはのっぴきならないスキャンダルを二つも起こしている。

一つ目は、マルチ商法への関与。「FLASH」(光文社)2002年7月30日号によれ
ば、彼はインターネットマルチ商法・スカイビズ2000に 関わっていた。スカイ
ビズ2000は、加入金110ドルを払えば自由に使えるホームページのスペースと、
簡単にサイトが作れるソフトの利用権が得 られるというサービスだが、新会員
を勧誘すると、その数に応じて多額のボーナスを得られるとも喧伝しており、
“ねずみ講”と指摘されていた。

竹田恒泰は旧皇族の出自を出すことで信用を得て、新規会員を次々と勧誘して
いった。そのためのミーティングを東京のみならず全国各地で行なってい た事
実も報道されていた。

ちなみに、スカイビズ2000を展開していたスカイビズ社は、01年に米国連邦取引
委員会からねずみ講にあたるとして提訴され実質破綻している。

 二つ目はもっと事件性の高いもの。彼の祖母・松見イクが経営していた精神病
院・松見病院の多額借金をめぐるトラブルである。松見病院の経営陣の ひとり
でもあった竹田恒泰氏は、この件をめぐる借金の保証人となっており、東京地裁
で1200万円および13年6月24日から年5分の利息の支払 い命令を受けた。その経
緯について、「週刊文春」14年10月16日(文藝春秋)で、原告の男がこのように
語っている。

「知人から金を貸してくれという話があったのは去年2月のことでした。聞け
ば、“病院の売却話が進んでいる。ついては、つなぎ資金が必要で、融通 しても
らえないか”という話でした。それが1200万円だったのです。大金なので躊躇し
ていると、今度は竹田さんを“保証人”につけると言う。本 人にも会いました
が、なにせ明治天皇の玄孫というから信用するでしょう。大丈夫だろうと考えて
知人に1200万円を貸すことにしたんですよ」

 歴史を紐解いていけば、こうした“旧皇族”“旧宮家”としての名を使った詐欺ま
がいの行為が、枚挙に暇がないほど大量に存在するのだ。

 その前に、“旧皇族”“旧宮家”とは何かを、簡潔に解説しておこう。

“旧皇族”“旧宮家”とは、戦後GHQにより特権を享受している宮家の縮小を求めら
れ皇籍離脱した11宮家のこと。これにより1947年、秩父 宮、高松宮、三笠宮の
みを宮家に残し、山階宮、賀陽宮、久邇宮、梨本宮、朝香宮、東久邇宮、竹田
宮、北白川宮、伏見宮、閑院宮、東伏見宮の11宮 家51人が一般人となっている。

 彼らは皇籍離脱し、自分の食い扶持を自分で稼がなければならなくなったわけ
だが、多くの旧宮家はこれまで同様の華美な生活を維持するために、大 量の資
産を元手に商売を始める。その過程で怪しげな人物に騙される人が後を絶たな
かった。

 牧場経営や菊の紋章を入れた“久邇香水”の製造販売、ダンスホール経営などに
手を出し失敗した久邇宮家。そして、禅宗の僧を名乗る人物にカモに され食料
品店、喫茶店、骨董屋を開きすべて潰した東久邇宮家。東久邇稔彦にいたって
は、最終的に、“ひがしくに教”なる新興宗教の教祖に祭り上げ られるも、元皇
族が宗教を興すのには問題があるとして宗教法人として認められず解散する騒動
まで起こしている。

そんな戦後と皇籍離脱のゴタゴタのなか起きたのが、東伏見宮家の150万円詐欺
事件だ。「真相」(人民社)1949年8月号には、観光事業に手を 出すも放漫経営
により資産を食い潰し、明治時代にジョージ5世の戴冠式で使用した王冠を売り
に出すことになった経緯や、不渡手形を濫発し告訴され た事実が記されている。

こうして凋落していった家の多い旧宮家だが、高度経済成長期には皇族としての
名を商売道具に使う者も登場する。その例が、賀陽宮家の賀陽邦寿であ る。
「産経新聞」76年12月20日夕刊には、以下のような記事が載っている。

〈「名誉売る“民間勲位”」「ああ、ありがたやと五千人」
 賀陽邦寿が会長を務める「日本経営功労顕彰委員会」という団体が、二万八千
円から六万八千円を支払った中小企業経営者に「功五等位」から「功一 等位」
まで与えていた。厳密に言えば詐欺事件ではないが、総理府賞勲局がこれを問題
視し、調査に乗り出した〉

また、賀陽邦寿はこの後、彼が会長を務める「時事新聞社社会事業団」という団
体が全国の中小企業の社長や商店主に菊の紋章入り「経営褒華賞受賞資 格推薦
書」というものを送っていたことも公になっている。こちらも、受賞するために
は一律5万円が必要であったという。

 このように、旧宮家の人物がトップにいる団体が“賞”を送り、その代わり金銭
が必要になるという商売を行なったのは賀陽邦寿だけではない。
 
日本文化振興会なる団体の名誉総裁であった、梨本宮の梨本徳彦も同じようなビ
ジネスに手を染めていた。こちらも、表彰にあたって、対象者から多額 の礼金
を募るシステムは同じ。「週刊新潮」(新潮社)85年8月15日・22日合併号で
は、受賞にあたり50万円ものお礼金を出すよう仕向けられ たとの証言が臨済宗
妙心寺派興禅寺の住職からなされている。

この詐欺まがいの商法は長く続けられているようで、「週刊新潮」2012年3月15
日号に掲載されている、作曲家・青島広志による連載コラム「ブ ルー・アイラ
ンド氏のクラシック漂流記」にはこんな記述が出てくる。ちなみに、01年から、
この団体の名誉総裁は、伏見宮家の伏見博明になってい る。

〈日本文化振興会というところから連絡があって、あなたに賞を差し上げること
になりましたと言われたら、喜ぶべきなのだろうか。(中略)箔押しの 封筒が
届いた。授賞式の知らせかと思って開けると、これが驚いたことに寄付金の要請
なのである。曰く「民間の国際文化交流団体であり、会員や受賞 された各先生
方のご協賛を頂き運営」しているのだそうで(中略)しかも念の入ったことに
「平均的な協賛金は50万円となっておりますが、ご事情も あるかと思いますの
で、一括でなくとも可能でございます」と書かれており、封筒の中を見ると、何
と大手有名銀行銀座中央支店の口座を記した用紙ま でが入っていた〉

また、話は梨本徳彦に戻るが、彼は日本文化振興会の名誉総裁を退いた後も詐欺
まがいの報道にたびたび登場する。

「FRIDAY」(講談社)04年3月5日号では、元本保証と高配当を約束して焼却炉販
売事業への出資を募り約1000人から10数億円を集めた ものの、配当未払いを理
由に詐欺や出資法違反容疑で警視庁に告訴されたNPO法人・やまびこ会の名誉総
裁に梨本宮家・梨本徳彦の名前があったと報 じられた。このNPO法人をめぐる一
件では、法人の代表理事ら4名が詐欺容疑で逮捕されるという事態にまで発展し
ている。

また、その2年後、「週刊新潮」06年2月23日号では、伊勢神宮の灯籠を建て替え
るとウソの話を出し寄付を募っている団体の名誉総裁に、またし ても梨本徳彦
の名前があったとの報道がなされた。

 03年、すでに断絶している有栖川宮家を騙る、自称・有栖川識仁が結婚式の祝
儀を騙し取った事件を覚えている読者も多いと思う。この事件は、皇 室の権威
を利用して金品を騙し取るべく、何の関係もない人間が皇族を騙った事件だが、
すべての旧宮家がそうだとは言わないまでも、ここまでご紹介 してきて分かる
通り、実際の旧宮家もやっていることはさほど変わらない。“皇室の権威”を利用
して悪辣な商売をしている点では同様である。

 本稿前半でご紹介した作家の竹田恒泰は、皇室典範をどのように変えていくか
の議論のなかで、女系天皇を認めるのではなく、皇籍から離脱した旧宮 家を復
活させたらどうかと主張している。彼自身、竹田宮家の名を掲げているなかでの
発言だが、それに関して、小林よしのりは「SAPIO」(小学 館)10年3月31日号
掲載「ゴーマニズム宣言スペシャル 天皇論 追撃篇 旧宮家復活なんてありえる
か?」のなかでこのように批判を加えている。

〈現在、「旧皇族」はもういない。旧皇族で「俗界」に降りた人々を「俗界一
世」とすれば、今生きているその子孫は「俗界二世・三世」だ。それを今 に
なって、これら旧宮家の末裔を再び皇族になどという妄想を本気で信じているの
が現在の男系絶対主義者だ。そもそも、旧皇室典範で伏見宮系皇族は 邦家親王
の4世子孫を最後に消滅することになっていた! その4世子孫とは、現在60~70
代の当主にあたる。「男系絶対主義者」たちが期待をか ける竹田恒泰らの世代
は5世である。要するに彼らの言う「GHQの陰謀」がなくても、旧皇室典範の下で
も彼らの世代は皇族ではなく、臣籍降下させ られる身分だったのだ! さらに
竹田恒泰についていえば、彼の父・恒和氏は竹田家の三男なので、父の代で臣籍
降下していたはずである。仮に時代が どう違っていても、彼が皇族だった可能
性は全くないのだ!〉

「正論」(産経新聞出版社)06年2月号で、「DIME」(小学館)デスクの今井康
裕は「民間の経験をされた旧皇族の方が皇室に入ることこそ、新 しい風ではな
いかな」というコメントを寄せているが、こういった意見が「男系絶対主義者」
たちの主張だ。

 しかし、小林よしのりの語るような旧皇室典範と照らし合わせても彼らに皇族
を名乗る資格がないという問題に加え、彼らの主張の拠り所である「民 間の経
験」というのも、本当に価値のあるものなのかは疑問だ。皇室の権威を悪用する
術を一般社会で学んできたような人が宮家に戻ることが、本当に 皇室を良い方
向に導く策なのだろうか? 紹介してきたようなスキャンダルを見る限り、正
直、それが正しいとは全く思えないのである。
(井川健二)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

スポンサーサイト



[2015/09/24 21:24] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<09/24のツイートまとめ | ホーム | 【ブログ記事】 【今日の詩】(No2)もしも日本と世界の支配層が歴史を捻じ曲げていなければ我々の住む世界 は 全く別の世界になっていただろう!>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/1995-379e54c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |