FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【YYNews】■最高裁事務総局は米国支配層と野党自民党の命令に従い検察審査会に架空議決を二度させて小沢氏を強制起訴させ[小沢首相の目]を完全につぶしたのだ!
20150921志木武彦


いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情 報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日月曜日(9月21日)午後7時15分から【ツイキャスTV】で放送しました世直しネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本で す!

1)No1 74分40秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/202566172



☆世直しネットTV【山崎康彦のYYNewsLive】は、放送回数1700回、視聴者総数170万人(3年間)、毎日1,000人が視聴する真 実・事実を追求するタブーなき報道番組。土曜以外毎日約1時間放送されます!

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive byTwitcasting】

☆放送のテキスト台本は、閲覧総数(ページヴュー)1,100万件、訪問者総数400万人(8年間)、毎日1,500人が閲覧する真実・事実を追 求するタブーなきブログ【杉並からの情報発信です】で読めます!

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

②【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

☆今日の【最新のお知らせ!】

①昨日日曜日()午2時半-5時に【YYNewsLive by iPhone】で中継しました【インタビュー&トーク・最高裁の闇!小沢一郎検察審査会の架空議決を暴く!ゲスト志岐武彦氏】の配信URLは三つに分割さ れましたが下記のとおりです。

現時点での視聴者総数は1,071名さまです。

1,000万人国民に届くように情報拡散をお願いします!

1)No1 112分59秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/202215175



2)No2  20分25秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/202237833



3)No3  14分15秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/202242162



②昨日参加されました【ひろこツイキャスTV by iPad】の配信URLは下記のとおりです。

1)No1 147分56秒  http://twitcasting.tv/rokoroko0919/movie/202215189



現時点での視聴者総数は127名さまとのことです。

☆視聴者のコメント紹介

①ugiraito(すぎらいと)

最高裁を含めた、政治家、官僚、行政らの「総がかりだまし」 だまし続けられる国民
2015/9/20

【私のコメント】

「総がかりだまし」は良い名称ですね。そうなんです。国民を「総がかりだまし」で支配し搾取し庶民を一層貧しくしてその分自分たちだけは肥え太る のです。[最高裁を含めた、政治家、官僚、行政ら]以外の「総がかりだまし」の加担者は、①偽装野党、②経団連大企業、③御用大手マスコミ、④電 通・博報堂などの広告代理店、⑤創価学会などのカルト宗教⑥御用学者、⑦御用評論家、⑧御用シンクタンク、9)御用労働組合幹部、⑩偽装市民運動 組織、⑪小、中、高校の御用教員等でしょう。

☆今日の拡散情報

以下の真実を1,000万人の国民へ届くように拡散してください!

■最高裁事務総局は米国支配層と野党自民党の要求に応じて、小沢一郎氏が日本の首相に選出されるのを絶対に阻止するために、起訴できなかった東京 地検特捜部に代わって、検察審査会に架空議決を二度させて小沢氏を強制起訴させ[小沢次期首相の目]を完全につぶしたのだ!

☆今日の【日本国憲法】と刑事訴訟法

■憲法第15条

1.公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

2.すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

3.公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

4.すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

■刑事訴訟法第239条

①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

②官吏または公使は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

☆(1)今日のメインテーマ

最高裁事務総局は米国支配層と野党自民党の要求に応じて、小沢一郎氏が日本の首相に選出されるのを絶対に阻止するために、起訴できなかった東京地 検特捜部に代わって、検察審査会に架空議決を二度させて小沢氏を強制起訴させ[小沢首相の目]を完全につぶしたのだ!

昨日日曜日午後市民活動家志木武彦氏をゲストに『最高裁の闇!小沢一郎検察審査会の架空議決を暴く!』のテーマで【インタビュー&トーク】を開催 しその模様をネット中継した。

志木武彦氏の5年間にわたる実証的な調査によって最高裁事務総局による権力犯罪が白日の下に暴露されたのだ。

最高裁事務総局は、日本の裁判官3,000名を【出世】と【転勤】で支配・管理しているばかりでなく、検察が証拠不十分で起訴できなかった小沢一 郎衆議院議員を東京第5検察審査会を使って2度の架空の【起訴相当議決】をでっち上げて、2010年9月14日に小沢氏を強制起訴したのだ!

しかもこの2度目の【起訴相当議決】は、2010年9月14日朝から行われた民主党の代表選当日朝に設定されたのだ!

なぜならば、民主党代表選で小沢一郎氏が菅直人氏に勝利して日本の次期首相に絶対に選ばれように謀略工作をしたからなのだ。

すなわち、対立候補の菅直人氏に対して議員票で有利に展開していた小沢氏を逆転不利にするために、2010年9月14日の民主党代表選当日朝に東 京第5検察審査会による【強制起訴決定】の情報をメールと携帯電話で選挙会場のホテルにいた民主党衆参議員に流したのだ。

その結果、議員票で有利だった小沢一郎氏は一挙に逆転されたのだ!

党員票に関しては、党員とサポーターに事前に配られた投票用紙に候補者名を記入する部分に目隠しシールをわざとつけ無かったため、郵送で埼玉県つ くば市内の貸営業倉庫に集められた投票用紙は、民主党代表選挙管理員会の関係者であれば誰でも候補者名を見れるように細工がなされていたのだ。

民主党代表戦選挙管理員会は後日、代表選挙では党員とサポーターの総数34万名の内、11万名が棄権して投票しなかった、と発表したがこんなバカ なことはありえないのだ。

なぜならば、代表選挙に一票を投じるために党員になったりサポーターになったりした34万人の民主党支持者にとって、一番重要な[次の日本の首 相]を選出する民主党代表選に11万人も棄権するはずがないのだ。

すなわち、民主党代表選挙管理委員会は、事前に小沢一郎に投票した投票用紙を無効票にカウントし、あるいは小沢票を破棄して菅直人と書いた投票用 紙にすり替えた可能性が大きいのだ。

この件に関して、なぜか小沢一郎氏は真相の徹底究明を求めた周りの者たちを止めたと言われているが不可解な事だ。

▼最高裁事務総局の権力犯罪の証拠はこれだけ揃っているのだ!

志木武彦氏が特に重要だと指摘する点は以下の『小沢一郎検診基礎議決を"架空議決"と結論推定した"7つの根拠"』だろう。

①新聞報道に見る不自然な記述

②検察官による議決前の意見表明が起きなわれなかった疑惑

③[偽の審査員旅費請求書]が多量に作成された形跡

④会計検査院が小沢検審の[審査員実在確認]を外した事実

⑤不可解な審査員平均年齢3土の言い直し

⑥最高裁が審査員候補者名簿にない人を審査員に[抜擢]できるくじ引きソフトを作製した事実

⑦最高裁事務総局が設置した新設の検察審査会の一部に審査員を配置しなった可能性

今まで日本の大手マスコミや学者や野党政治家にとって、最高裁を批判することは最高のタブーであり、誰も二の足を踏んだ沈黙してきたが今回勇気あ る[フツーの市民]である志木武彦氏が立ち上がり最高裁の黒い闇を徹底追及して暴露したことの意味はとてつもなく大きい!

【最高裁解体運動】を巻き起こす為にも、この情報を1,000万の国民に届くよう
拡散しましょう!

☆(2)今日のトッピックス

① 共産、反安保で選挙協力 候補調整、他党に呼び掛け 独自擁立こだわらず

2015/09/20 共同通信

共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、来年夏の参院選で独自候補の擁
立にこだわらず、民主党などとの候補者調整に乗り出す意向を示した。 安倍政
権を退陣に追い込むためで、安全保障関連法廃止などの政治的合意を前提とした
上で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力 で合意できれ
ば調整する」と述べた。衆院選での選挙協力も呼び掛け、委員長名の声明を同
日、発表した。

民主、維新、共産、社民、生活各党は今国会で安保法成立阻止を目指し、党首会
談を重ねるなど連携してきた。志位氏は安保法を廃止するためには野党 間の協
力が不可避と判断し、選挙協力に踏み切る考えを打ち出した。だが革新色の強い
共産党への警戒感は根強く、実現性は不透明だ。

志位氏は選挙協力について「まず戦争法の廃止や、政権を一緒につくるという合
意が必要だ。合意できれば、いろいろな形態の協力が可能になる」と指 摘。声
明では「全ての野党が、来るべき国政選挙で協力を行うことを心から呼び掛け
る」と訴えた。

共産党は今月10日現在、参院選比例代表の第1次公認候補として8人、選挙区
では24人を発表している。志位氏は発表済みの選挙区での擁立見送り も検討
するとした。

会見に先立ち、共産党は第4回中央委員会総会を東京都内の党本部で開き、志位
氏はこうした選挙戦略を説明した。

中央委総会は党大会に次ぐ意思決定機関で、今年1月以来の開催。安保法成立を
受け、緊急に開いた。

<共産党 声明のポイント> 

共産党声明のポイントは次の通り。


一、憲法違反の戦争法を強行した安倍政権に対し、怒りを込めて抗議。


一、「戦争法廃止、立憲主義を取り戻す」の一点で一致する政党が共同して、
「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を樹立。


一、連合政府の性格は暫定的。国政での政策的な違いは留保し、戦争法廃止とい
う緊急、重大な任務で大同団結する。

一、全ての野党が、来るべき国政選挙で協力を行うことを心から呼び掛ける。

②民主、共産両党首が協議へ 反安保で選挙協力

2015年9月20日 共同通信

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015092001001531.html

民主党の岡田克也代表は20日、共産党が呼び掛けた安全保障関連法廃止に向け
た野党の選挙協力について「かなり思い切った提案で、注 目している」と述
べ、共産党から説明を受けたいとの意向を示した。近く両党党首が協議する見通
しだ。秋田市で記者団に語った。

岡田氏は「選挙区で競合を避けるのは重要だが、政策をどうするかなど、さまざ
まな議論をしないといけない」と指摘。「(共産党から提 案の)中身につい
て、よく話を聞きたい」と述べた。

③共産党・志位委員長の野党共闘 「反安保国民連合構想」が実現した場合の参院
選獲得議席を予測してみたら…驚きの結果が!

2015.09.20 Litera

http://lite-ra.com/2015/09/post-1508.html

ついに、立憲主義と民主主義を大否定した悪しき安保法案を、与党は数の論理と
いう“暴力”をもちいて参院本会議で可決、成立させた。これは 到底許されるこ
とのない権力の暴走だ。

そんななか、志位和夫・共産党委員長が昨日、緊急の中央委員会総会を開いた。
そこで飛び出したのは、安保法廃案に向け て来年夏に行われる参議院選挙や、
つづく衆議院選挙で野党と選挙協力を行う、という方針だった。

共産党は各選挙区で独自候補を擁立し、野党とは選挙協力は行ってこなかった。
その結果、他の野党と批判票の取り合いとなり、結果的に自民党を利す るかた
ちになってきた。

だが、今回の安倍晋三首相の歴史を揺るがす暴挙を前に、方針を転換。しかも、
志位委員長は会見で、「戦争法 廃止の国民連合政府の実現」を謳い、さらに“入
閣は条件にしない。戦争法廃止一点での共闘”だと明言した。つまり、沖縄県知
事選の再現をしようとしている ということだ。

この宣言にいま震えているのは、当然、自民党と公明党の与党だろう。来年夏の
参院選で、もし共産・民主などの野党が統一候補を出せば、自民・ 公明の候補
者と一騎打ちとなる。民主党と、強い基礎票をもった共産党が手を組めば、与党
からは落選議員が続出。自公が過半数を割り、ねじれ状 態に陥る可能性もある。

具体的に、来年夏に改選となる議員たちの党派別議席数を見てみよう。現在、与
党は自民党50議席、公明党9議席、これに、安保法制に賛成 した次世代の 党2議
席、日本を元気にする会2議席、新党改革1議席、無所属などをプラスすると、安
保法制賛成勢力は計65議席。一方、安保法制反対派は、 民主党42議 席、維新の
党5議席、共産党3議席。社民党2議席、生活の党と山本太郎となかまたち2議席、
無所属などを含めても、56議席にとどまる。

だが、志位委員長が提唱するような野党連合が生まれた場合、この議席数はガラ
リと変わる。

今回の改選議員は主に2010年の参院選で当選した議員だが、そのときに安保法制
反対派の野党議員が獲得した得票数を各選挙区ごとに合算してみる と、当選し
た与党議員の得票数を上回るケースがかなりある。つまり、 反対派統一候補が
当選し、自民党や公明党の議員が落選する選挙区が続出するのだ。

自民党から次回参院選の公認候補として地方区では27人の候補者が発表されてい
るが、落選の可能性は、そのうちの10人近くに及ぶ。

たとえば、参院本会議の採決前の演説で、「野党はルールを守らなくてはいけな
い」と言い放ち、「憲法を 守らないヤツが言うな!」と特大ブーメランが返っ
てきてしまった上野通子議員(選挙区/栃木県)も、前回選挙で32万4790票を獲
得し当選 したが、対立 候補の合計得票数を合計すると57万3044票にものぼり、
議席を失うことが確実視される。金子原二郎議員(長崎県)、若林健太議員(長
野 県)、岩井茂樹 議員(静岡県)、二之湯智議員(京都府)、末松信介議員
(兵庫県)、松村祥史議員(熊本県)、島尻安伊子議員(沖縄県)も同様だ。ま
た、埼玉県では、元外 務政務官の関口昌一議員か公明党の西田実仁議員、ど ち
らかが落選する計算だ。

また、まだ公認候補が確定していない神奈川県、大阪府、徳島県の3都道府県で
も自民党や公明党の議員が議席を失いそうだ。

ようするに、2010年とまったく同じ得票数だったとしても、安保法制反対派が統
一候補を立てるだけで、自民・公明などの安保法制賛成派 は地方区で11議席を
失うことになるのだ。

しかも、この数字のベースになっている10年の参院選は、消費税増税をぶちあげ
た影響で民主党が劣勢だった。昨年末の衆院選では民主が議 席数 を+11、共産
が+13も増やしているうえ、今回の安保法制強行採決への国民の反発はかなり高
まっている。この10年の数字より、自民、公明 が得票数をさ らに減らし、逆に
民主、共産が躍進する可能性が非常に高いのだ。

前述のシミューレーションでは、野党連合をつくるだけで拮抗する選挙区が宮城
県、香川県など5?6選挙区あるが、自民党がこれからさらに得票数を 落とすと、
これらの選挙区はすべて議席を失うことになる。ま た、比例区も、このままい
けば、与党と安保法制賛成派が5?8議席は減らすだろう。

単純に計算すると、自民、公明など安保法制反対派は最大25議席減。もちろん、
非改選議員の数では与党・安保法制賛成派が野党・安保法制 反対派を50議席以
上上回っているうえ、維新が今後どうなっていくかなど、不確定要素もある。

しかし、そうしたことを前提にしても、野党が共闘すれば、反対派が賛成派と拮
抗の状態にもち込めるのは確実であり、状況によっては、与野 党逆転も十分あ
りうる。

それは当然の話だろう。繰り返すが、なにせ過半数以上の人が反対していた今国
会での安保法制成立を、「ていねいな説明」とやらもなく、お まけに“国民の支
持なんてなくてOK”とバカにしたまま、安倍首相は独断で行ったのだから。

現に、19日深夜、安保法案が参院本会議で強行採決された後の国会前反対デモで
は、「(安保)賛成議員を落選させよう!」というコールが 上がっ た。SEALDs
の中心メンバーである奥田愛基氏も、先日開かれた日本外国特派員協会での会見
で「野党がうまく協力していただければ次の選挙 で応援をしや すくなる」と言
い、反対デモの動きが安保法案に賛成した議員の落選運動というかたちに移りつ
つあると口にしている。

あとは野党がほんとうに小異を捨てて大同につけるか、だ。少なくとも共産党は
単独でも十分議席を伸ばせる状況にありながら、安保法制を廃案に追い 込むた
めに決断し た。民主党や維新はぜひ、この共産党の呼びかけに乗って、「戦争
法廃止の国民連合政府」を実現させてもらいたい。

憲法違反を犯した上、国民の声も聞かずに勝手に戦争法案を押し通した安倍首相
を止めるには、こ れがいちばん手っ取り早い方法なのだから。
(編集部)

④山本太郎は「バカ」じゃな い! 確信犯のパフォーマンスに安倍の急所を突く
質問…ここまでの覚悟をもった政治家がいたか!

2015.09.20 Litera

http://lite-ra.com/2015/09/post-1510.html

案の定、山本太郎が盛大にバカにされている。

山本は19日の参議院本会議で牛歩戦術を行い、採決の引き伸ばしを狙ったのだ
が、そのときの格好といえば喪服姿で左手には数珠。さらに壇 上に登ると、焼
香をあげるしぐさを行い、合掌さえして見せた。

山本によると、それは「自民党は死んだ」というメッセージであり、強行採決が
行われた特別委員会がその「通夜」で、翌日の本会議は「告別 式」だったという。

しかし、メディアの反応は冷ややかだった。各テレビ局こぞって山本議員の牛歩
を取り上げ、TBSは「謎のパフォーマンス」、フジテレビは 「葬儀パ フォーマ
ンス」などとして「こいつピエロだ」と言わんばかりに映像を繰り返し流してい
る。当然、ネットの反応はよりストレートな誹謗中傷に溢 れた。

〈キチガイ乙、こいつはもう早く死ねばいいのに〉〈山本テロ太郎は一人牛歩し
て何の意味があるのだろうか…〉〈完全に頭狂ってるとしか思え ん〉〈国会はあ
んたのつまらない寸劇を披露する場じゃない〉

……もういいだろう。とにかく、山本議員はマスコミからは冷笑され、ネットでも
血祭りにあげられているわけである。

だが、山本はほんとうにただの「ピエロ」「目立ちたがりのバカ」なのだろう
か。実を言うと筆者も、少し前まで山本太郎のことをそういうふ うにとらえて
いる部分があった。だが、この間の安保法制論議での言動を見ているうちに、考
えは180度変わった。

いまの野党にここまでの覚悟と訴求力をもった政治家がいるか、と。

たとえば、くだんの牛歩。採決直前のメディアの論調を見ていると、牛歩や擬似
妨害パフォーマンスをやれば、批判を受けるというのは明らか で、山本自身も
絶対にそれはわかっていたはずだ。だからこそ、他の野党議員は批判を恐れて日
和って、牛歩戦術を放棄した。

だが、そんななかで山本太郎ただ一人、それを敢行した。しかも、山崎正昭参議
院議長が投票の時間制限を求めたことで未遂となったが、それ がなければ日付
を越えて牛歩を続行するつもりだったという。

これは相当の覚悟がなければできないことだし、ただの目立ちたがり屋と決定的
にちがうのは、そこに明らかに「審議を遅らせてやろう」という 意思があるこ
とだ。

考えてみれば、例の天皇に手紙をわたそうとした事件をはじめ、山本太郎のパ
フォーマンスにはいつも目的があった。目的のために、ひんしゅ くや批判をお
それず、もっとも訴求力のある方法を選ぶ。そういう意味では、明らかな確信犯
なのだ。

そうした確信犯ぶりは国会での質問にもよく表れている。持ち時間が短いにもか
かわらず、他の議員とは切り口の異なる質問で、安倍首相や中 谷元防衛相の
もっとも嫌がりそうなところを突いていく。それはまさに独壇場と言っていいも
のだった。

たとえば、7月30日には、安倍首相に対して、これまで誰も言及してこなかった
“原発にミサイル攻撃を受けた場合の想定”を質問。田中俊 一・原子 力規制委員
長の「弾道ミサイルによって放射能が放出されるという事態は想定していな
い」、安倍首相の「一概にお答えすることは難しい」という 答弁を引き出 し、
政府がなんの対策も講じていないことを暴露させた。

8月19日では、「永田町ではみんな知ってるけれど、わざわざ言わないことを質
問していきたいと思います」と前置きをして、政府に「第3 次アーミ テージ・
ナイリポート」を突きつけた。これはアメリカのジャパンハンドラーによる日米
安保の報告書だが、安倍政権の政策のことごとくがこれを なぞった「完 コピ」
であると指摘。さらに、アメリカの防衛予算はすでに日本の自衛策を当てにして
おり、そのための安保法制ではないかと迫った。

また、8月25日には、自衛隊は国際法上違反となる行為には支援しないと言い切
る安倍首相に対して、山本太郎は、イラク戦争時に無抵抗の イラク市 民が手足
を縛られた状態で虐殺されたことなどの事例を列挙。「総理、これ戦争犯罪です
よね? 国際法違反ですよね?」と問い、またその翌日の委員会では、防衛省が2
年前に作成した「企業から自衛隊へのインターンシッププログラム」を取り上
げ、政府 による経済的徴兵制の一端を明かしている。

そして、9月14日には沖縄の基地問題について追及。前述の「アーミテージ・ナ
イレポート」の両責任者が、「対案があれば米国は間違いなく 耳を傾け る」
(アーミテージ氏)、「辺野古を再検討するべき」(ナイ氏)と発言しているこ
とに関して、「これ言うこと聞かなくて大丈夫ですか? 利権 がまた違うの か
な?」と首相を問いただした。安倍首相は「『利権』という言葉については取り
消していただきたい。根拠もなくですね、極めて名誉を傷つける ような発言は
控えていただきたいと思います!」と、説明責任を放棄して“名誉毀損だ!”と攻
撃。だが山本議員は動じず“日米地位協定は「売国条約」だ”と はっきりと言 い
放ったのだ。一方、「売国」という言葉を鴻池委員長にとがめられると、あっさ
り撤回するという柔軟性も見せた。

こうした国会での答弁を見れば、山本太郎が、近年の政治状況や資料をよく研究
したうえで、戦略的に政権の“急所”を突く質問を連発してい たことがわかるだ
ろう。

そこには、少数政党に所属し世間からは“色物”としか見られていない山本が、政
権を打倒できないまでも、“引っ掻き傷”くらいは残してや ろうという強い意志
がうかがえる。
 
実際、こうした質問は政府側からはごまかし答弁でかわされ、テレビでも報じら
れることは皆無だったが、少なくともネット上では話題になり、 かなり広い層
に拡散していった。

山本太郎は我々が想像している以上に、戦略的に物事を考え、行動している。い
ま、何を訴えるべきか、何のためにどんな情報を集め、どうい う方法で 表現す
べきか。おそらくネットやメディアの非難も山本にとっては織り込み済みで、む
しろ拡散の道具として考えているのではないだろうか。

そう考えると、「バカ」「キチガイ」と口汚く罵って自己満足にふけるネトウヨ
のほうがむしろ、山本の手のひらの上で踊らされているのかも しれない。

山本太郎、もしかして将来はけっこうすごい政治家になるんじゃ……。って、
ちょっと、ホメすぎ?

(宮島みつや)

⑤民主党“暴力”批判に騙され るな! 最初に暴力をふるったのは自民党、ヒゲの
隊長と安倍首相が指示していた 伊勢崎馨

2015.09.21Lietra

http://lite-ra.com/2015/09/post-1513.html

18日未明の参議院特別委員会、そして本会議での安保法案の可決は、戦後の国会
史上最悪の暴挙であり、議会制民主主義の“死”をも意味するもの だった。し か
しそれ以上に唖然とさせられたのが、これを伝えるマスコミ報道だ。

そのほとんどが“野党民主党の暴力”を強調するものだったからだ。

例えば、安倍政権の親衛隊メディア「産経新聞」(9月18日付)では、特別委員
会のドサクサ紛れの採決について民主党をこ う批判した。

「民主党など野党は、法案の採決を阻もうとあらゆる手段を繰り出した。その最
終段階で国民が目にしたのは、他の議員の背後から飛び乗ったり、議事 進行に
必 要な書類を無理やり奪おうとするといった、およそ立法府にあるまじき光景
だ。暴力まがいの行動に訴える国会議員に、日本の平和と安全 保障政策を論じ
る資格はない」 

さらに9月19日放送の『ウェークアップ!ぷらす』(読売テレビ)では、冒頭か
ら司会の辛坊治郎が野党の暴力をことさら強調して みせた。

「それに至る大混乱は、成熟した民主主義国ではあまり見ないというか、まず見
ない!」
「途上国の議会でもこの手の大混乱はニュースになることありますが、ちょっと
これはあまりに恥ずかしすぎると正直思います」

産経や読売テレビといった保守メディアだけでなく、『情報ライブミヤネ屋』
(読売テレビ)、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)など、ほぼ すべ
ての情報番組で「国際的に恥ずかしい」「もっと冷静に なってほしかった」な
どとその混乱の責任は野党の側にあり、「暴力」で採決を阻止した野党といった
コメントが氾濫したのだ。

だが、すでに明らかなように、特別委員会の混乱の原因と責任は与党自民党の側
にある。鴻池祥肇委員長を最初に自民議員のスクラムで囲って不当採決 を行お
うとしたのは自民党だ。それを突破しようとした民主党の小西洋之議員の顔を、
ヒゲの隊長こと佐藤正久自民党筆頭理事がパンチした映像 も出回っている。

暴力により“強行採決”を仕組んだのは自民党側だということは、誰の目からみて
も明らかだろう。

それどころか、特別委員会でのバリケート採決、暴力沙汰による委員会採決は自
民党が事前に綿密に計画し、さらに安倍首相自身から の指示さえ存在したもの
だった。

9月20日付の安倍首相親衛メディア「読売新聞」には、18日の委員会について
「採決 スクラム戦術」と自民党の作戦勝ちを 誇るような記事が掲載されてい
るが、その中にこんな記述がある。

「この日早朝与党の特別委メンバーらは委員会室に集まり、綿密な打ち合わせを
行っていた。自衛隊出身の佐藤氏(正久・与党筆頭理事)が、防衛大学 校の開
校祭のメインイベント「棒倒し」から着想した隊形で委員長を守ることを指示し
た。安倍首相は参議院議員の世耕弘成官房副長官に、「委員長を孤立させたらダ
メだ。野党の暴力にひるんではだめだ」と指示していた」

舞台裏や、佐藤議員の武勇伝を紹介しようとした記事なのだが、何のことはな
い、自民そして安倍首相自身が暴力を率先して誘発さ せ、先制攻撃を指示して
いたことを明らかにしてしまったのだ。

しかも、である。今回の安倍政権による集団的自衛権、安保法制はある意味クー
デターとも言える事態だ。安倍首相は総理に就任して 以降、公共放送NHKの会長
に子飼いの籾井勝人をすえ大本営化し、他大手マスコミに恫喝とお友達懐柔でプ
ロパガンダ機関とすることに成功させた。さらに内 閣法 制局トップや日銀総裁
までも“お友達”を送り込み、首をすげ替えた。もちろん官邸、閣僚も自分の意の
ままになる親衛隊たちだ。

こうして周りを固め、独裁態勢を構築した末に、一方的な解釈改憲によって集団
的自衛権を閣議決定し、安保法案を成立させたのだ。 これはまさしく独裁的手
法でありクーデターといえる事態だ。

にもかかわらず、すっかり統制されコントロールされた大手マスコミは、自民
党、安倍政権の暴挙を野党の責任にすり替え矮小化する のに必至だ。

9月19日は「自民党が死んだ日」であるとともに「マスコミが死んだ日」になっ
たのかもしれない。
(伊勢崎馨)

⑥安保法、反対51%・賛成30% 朝日新聞世論調査

2015年9月20日 朝日新聞

http://news.asahi.com/c/akvMdrcw5RkS75ae

安全保障関連法が19日未明に成立したことを受け、朝日新聞社は19、20両
日に全国緊急世論調査(電話)を実施した。安保関連法 に「賛成」は30%、
「反対」は51%で、法律が成立してもなお反対が半数を占めた。国会での議論
が「尽くされていない」は75%、安倍政権が国民の理解 を得ようとする努力
を「十分にしてこなかった」は74%に上った。

内閣支持率は35%(9月12、13両 日の前回調査は36%)で、第2次安
倍内閣の発足以降、最も低かった。不支 持率は45%(同42%)だった。

参院特別委員会で採決が強行され、本会議で可決、成立した国会での進め方は
「よくなかった」が67%で、「よかった」の16%を大きく上 回った。自民
支持層でも「よくなかった」が48%で、「よかった」の34%を上回った。

5月に安保関連法案が国会に提出された後、法案への賛否を同じ質問文で5回に
わたり尋ねてきたが、いずれも「反対」が5割を超えていた。 法律成立後の今
回も、その傾向に変わりはなかった。

安保関連法をめぐる国会審議も、議論が十分だったとは受け止められていないよ
うだ。国会での議論が「尽くされた」12%に対し、「尽くさ れていない」は
75%と大きく差が開いた。

安保関連法について、安倍政権が広く国民の理解を得ようとする 努力を十分に
してきたと思うかは、「十分にしてきた」16%に対し、「十分にしてこなかっ
た」は74%だった。内閣支持層でも、「十分にして きた」は35%で、「十
分にしてこなかった」の52%を下回った。

安保関連法が憲法に違反していると思うか聞くと、「違反している」は51%
で、「違反していない」の22%を上回った。

安保関連法成立に反対した民主党や維新の党など野党の対応については、「評価
する」34%、「評価しない」は49%。民主支持層では「評価する」 は
73%だったが、無党派層では「評価する」32%、「評価しない」43%だった。

☆(3)今日の重要情報

①寄稿]清算されていない過去は必ず帰ってくる

キム・ヌリ中央大学教授

ハンギョレ新聞 9月21日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00021991-hankyoreh-kr

「日本は戻って来た」。2年前、安倍晋三首相が確言したように、日本はついに
「戦争できる国」となって帰って来た。先週土曜日の未明、安倍政権は 参議院
の会議で集団的自衛権の行使を骨子とした「安全保障法案」を電撃的に通過させ
た。 2015年9月19日、未来の歴史はこの日を日本の軍国主義が復活した日と記
録するかもしれない。

米国のメディアが日本の安全保障法案の通過について全体的に友好的な反応を見
せる中、ドイツのメディアは「日本、平和と決別した」(シュピーゲ ル)、
「平和主義からの逸脱なのか」(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥ
ング)、「日本の議会、軍部の役割強化する」(ディ・ツァイ ト)などのタイ
トルが示すように概ね懸念する雰囲気だ。
ドイツのメディアのこのような論調は、同じ過去を持ったが、異なる道を歩んで
きたドイツと日本の現代史に起因する。ドイツと日本は第2次世界大戦 当時の
同盟国だったが、終戦後、ドイツが徹底した過去の清算を通じてナチズムの過去
を克服したのに対し、日本は過去との真剣な対面を回避すること で、軍国主義
の過去から抜け出せずにいる。

今回の安保法案の通過は軍国主義の亡霊の復活を知らせる前兆だ。清算されてい
ない過去は必ず帰ってくるということに改めて気づかされる。

日本と違って、ドイツの場合は、成功した過去の清算が国家発展の土台であり、
原動力だったことを示す歴史的な事例だ。 7年間のドイツ留学中、ドイツの徹
底した過去の清算に深い感銘を受けた。私には、彼らの過去の清算が「過剰な清
算」のように見えて、彼らの歴史観が「自虐 史観」のように感じられるほど
だった。ドイツの数千年の歴史の中でヒトラーの執権期間は12年に過ぎないが、
ドイツの学校ではこの期間を最も重要 に取り上げており、教育目標も「第三帝
国の歴史は繰り返されてはならない」ことに焦点が当てられている。半権威主義
の教育、抵抗権の教育、扇動家 の判別教育など、一連の「政治教育」を重視す
るのもナチス清算の一環だ。「ドイツ人であるというのは、ナチスの過去と対決
することを意味する」 (クレメンス・アルブレヒト)という言葉が学校で実践
されている。ドイツの学校はまるでナチスの過去と戦う戦場のようだ。

ナチスの最大の被害者であるユダヤ人に対する態度からも、ドイツの過去の清算
に込められた誠意が窺える。ベルリンのフンボルト大学前の広場の真ん 中に
は、「本を燃やした者は、いつか人間を燃やす」という“ユダヤ人詩人”であるハ
インリッヒ・ハイネの警告が刻まれており、フンボルト大学本館 の中央には、
“ユダヤ人哲学者”であるカール・マルクスのフォイエルバッハに関するテーゼが
書かれている。ドイツ文化の象徴であるゲーテの銅像が 市民公園の片隅に立っ
ているのに対し、ベルリンの中心であるブランデンブルク門の最も近くに位置し
ているのは、大規模なユダヤ人追悼公園だ。ベル リンは象徴物の空間的な構造
からして、“ユダヤ人の都市”を彷彿とさせており、都市全体がナチスの過去に対
する“巨大な反省文”だ。

 日本はドイツとは正反対の道を歩んできた。これまで植民地支配の過去につい
ての真の反省も謝罪もなく、歴史を歪曲しており、戦犯を追悼する常識 以下の
行動を続けている。清算されていない過去が日本の現在と未来に暗雲を落として
いる。

これは他人事ではない。私たちにも清算されていない過去が毎日帰って来てい
る。映画『暗殺』の驚くべき興行からも、逆説的に、私たちの過去がまだ 清算
されていないことを確認させられる。A級戦犯の岸信介の孫である安倍晋三首相
の過去が「安保法案」として帰って来たように、先代が日本に協力 した前歴か
ら自由ではない朴槿恵(パク・クネ)大統領と金武星(キム・ムソン)代表の過
去は「歴史教育の縮小と歪曲」として帰って来ている。

キム・ヌリ中央大学教授、独文学(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

☆(4)今日の注目情報



*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





スポンサーサイト



[2015/09/21 21:22] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<09/21のツイートまとめ | ホーム | 【インタビュー&トーク】■最高裁の闇!小沢一郎検察審査会の架空議決を暴く!ゲスト志岐武彦氏>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/1987-3b9db862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |