FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の一面記事に驚いた!安倍晋三ファシスト政権の広報紙となった【日刊ゲンダイ】の購入はやめると決定!
☆【今日の画像】:

①フリージャーナリスト後藤健二さんの実母石堂順子さんは目を潤ませ声を詰まらせなが ら息子の救出を訴えた。=23日、日本外 国特派員協会 田中龍作氏撮影

20150124母の順子さん

②沖縄の国会議員や市町村議員ら計約50人が辺野古基地前で座り込み抗議!

20150124県議員団座り込み

いつもお世話様です。

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【草の根勉強会】【山崎塾】主宰の山崎康彦です。

本日土曜日(1月24日)午後5時から放送しました【YYNewsLive】の放送台本です!

1)No1 65分29秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/136026445



■日曜を除く毎日午後3時半からネットTV放送【真実・事実を追及する情報番組】【YYNewsLive】:

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

■毎日更新【真実・事実を追及する情報ブログ】【杉並からの情報発信です】:

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です】

☆【今日の画像】:

①フリージャーナリスト後藤健二さんの実母石堂順子さんは目を潤ませ声を詰まらせなが ら息子の救出を訴えた。=23日、日本外 国特派員協会 田中龍作氏撮影

②沖縄の国会議員や市町村議員ら計約50人が辺野古基地前で座り込み抗議!

③日本のネトウヨがふざけ半分でネットでばらまいている日本人人質殺害脅迫画像の変造 コラージュ

☆【今日の映像】:

①【YouTube】「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演ビデオ

 https://www.youtube.com/watch?v=dCIVgxCc6IY&spfreload=10

☆(4)【今日のひとこと】:

①ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)で
「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) を指摘した。

道義なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

自覚なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)

道徳なき商業 (Commerce without Morality)               
                                    
人間性なき科学 (Science without Humanity)

犠牲なき信仰 (Worship without Sacrifice)

☆ (1)【座右の銘A】:

①世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。(宮沢賢治の言葉)

②命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この
始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られ
ぬなり。(西郷隆盛の言葉)

③【天下の正道に立ち、天下の大道を行う人】とは (孟子の言葉)

どんなにカネをつまれようとも、カネの誘惑に負けて正道を踏み外すことは絶
対ない。

どんなに貧しくなろうとも、志を曲げてカネのために悪を働くことは絶対にない。

どんなに強力な権力が脅しにかかろうとも、恐れ命を惜しんで屈服することは
絶対にない。

☆(2)最新の【お知らせ】:

①大阪・討論バーシチズン主催【政治討論会・2】にスカイプで参加します!

日時1月25日 (日) 15:00 ~18:00

http://u.to/toA7Cg

場所:大阪市浪速区日本橋5-14-20 (地図)

説明大好評だった「新春・政治討論会」を受け、早くも第2弾! 出演:増山麗
奈・西岡正士・古村剛/スカイプ出演:天野統康・山崎康彦、他、今回も多彩な
方々が参加予定
参加費500円(1ドリンク付)
18時~自由参加交流会/2,000円(フリードリンク)

☆(3)特別なお願い:

独立系ネットジャーナリスト&社会運動家山崎康彦への財政支援をよろしくお願いいたします。

敗戦後70年を迎えた今年2015年から2017年までの3年間は,戦後日本を支えてきた基本原則①日本国憲法②主権在民③反戦平和④個人の自由と基本的人権尊重⑤近隣諸国との平和共存がことごとく破壊され、明治維新から敗戦までの148年間明治天皇、大正天皇、昭和天皇を頂点とする【天皇制軍事独裁体制】を生み出し【アジア・太平洋戦争】をはじめとする海外侵略戦争と国民生活破壊と特高による国民弾圧が強行された元凶【大日本帝国憲法】支配下の暗黒社会が復活する戦後最大の危機の年となるでしょう!

私は、日本の戦後最大の政治的社会的経済的金融的危機の年を迎えて安倍晋三ファシス・サイコパス首相とその一味ファシストたちの暴走を絶対に阻止し来るべき我々が望む社会へと切り替えていく闘いを続行したいと考えております。

つきましては、広く皆様に財政支援をお願いする次第です。

支援していただく金額は皆様にお任せします。

また【年間購読料】として\5,000(消費税込み)を支援していただくことも可能です。

支援していただける方は以下のゆうちょ銀行口座あてに支援金をお送りください。

その際実名でもハンドルネームでも結構ですので,お名前とメールアドレスを以下のアドレスあてにご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

【支援金送付銀行口座】

1)ゆうちょ銀行からの振込みの場合

口座名:ヤマザキ ヤスヒコ

記号:10820

番号:7679021

2)他の金融機関からの振込みの場合

口座名:ヤマザキ ヤスヒコ

店名:〇八八

店番:088

種目:ふつう預金

口座番号:0767902

以上よろしくお願いいたします。

☆(4)【今日の呼びかけ】:

①全国津々浦々に【家族勉強会】と【草の根勉強会】を立ち上げ①【日本国憲法】②【日本の支配と搾取の構造】③【世界の支配と搾取の構造】を徹底的に学ぼう!

今まで政治の表舞台に登場してこなかった【利権・特権を拒否するフツーの市民】1000万人が本格的に政治の表舞台に登場するためには、まず日本 全国津々浦々に【家族勉強会】と【草の根勉強会】を立ち上げ、①【日本国憲法】②【日本の支配と搾取の構造】③【世界の支配と搾取の構造】を徹底的に学ぶ必要がある!

我々は【家族勉強会】と【草の根勉強会】の中で、日本の最高法規であり国民の価値基準・動基準となる【日本国憲法】を学び、そして日本と世界の【支配と搾取の構造】を勉強して多くの人と共有する必要がある。

そして社共の【左翼リベラル】勢力や小沢一郎氏に代表される【保守リベラル】勢力や山本太郎氏に代表される【無党派リベラル】勢力と共に、安倍自公ファシスト政権打倒の【反ファシスト 統一戦線】を形成し、来るべき我々の望む【市民革命政権】樹立に向けて活動しなければならない!
                                   
我々は、今の【支配と搾取】社会を解体し【反ファシスト統一戦線】による【市民革命】と【市民革命政権】樹立を通して、【1%利権・特権支配勢 力】による【支配と搾取の構造】を解体し【世界がぜんたい幸福になる】社会に大転換させる必要があるのだ!

(2)【家族勉強会】と【草の根勉強会】の基本原則

①タブーは一切なし!

②参加者は全員平等であり発言時間の制限や年齢制限など差別は一切無い!

③哲学と日本と世界の近現代史および日本語を重点的に学びます。

(3)【家族勉強会】や【草の根勉強会】を立ち上げたいと考えておられる皆さん!立ち上  げのお手伝いをしますので是非ご連絡ください!

  yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

☆(5)【今日のお知らせ】:

CDのご購入は下記の3通りの方法でお求めいただけます。 1)サイト http://haruan37shop.cart.fc2.com/ 2)メール amakane@mac.com 3)ファックス 045-345-4469

①自主制作CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』(制作:音楽工房Amakane、\1,000)が発売されました!

私が4年前に書いた詩【大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある】に作曲家高橋喜治さんが曲を、7名の音楽家が歌と 演奏を、CDブックレットの3枚の絵をパロディ作家マッド・アマノさんが担当してCD化が実現しました。

★ CDのご購入は下記の3通りの方法でお求めいただけます。

総合案内:http://goo.gl/TU7em2

1)サイト
http://haruan37shop.cart.fc2.com/

2)メール
amakane@mac.com

3)ファックス
045-345-4469

【歌詞】

2014年『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』

作詞 山崎 康彦
作曲 高橋 喜治
唄  鶴岡 恵(ソプラノ)
唄  望月 裕央(テノール)
演奏 アンサンブル・レトワール

大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

大人は小さい頃から受けてきた教育で「真実」が見えなくされていることを
大人はマスコミが新聞やTVで流す一方的な情報に洗脳されていることを
大人は自分の頭と眼と口と体で世の中の「真実」を見極めようとする意思を奪わ
れていることを
大人は洗脳されなかった少数の人が「真実」を訴えても無視し軽蔑し攻撃して抹
殺してしまうことを
大人は子供たちに「自分の頭で考えること」を禁止していることを

大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中は少数の支配者が大多数の民衆を支配しているのだということを
少数の支配者が「暴力」を使って大多数の民衆を殺していることを
少数の支配者が「金融」を支配して大多数の民衆を貧乏にしていることを
少数の支配者が「政治権力」を握って大多数の民衆を不幸にしていることを
少数の支配者が「マスコミ」を支配して大多数の民衆を洗脳していることを

大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

少数の支配者が唱える「正義」や「自由」などの「崇高な理念」の嘘を見破らな
ければばならないことを
少数の支配者が呼びかける「正義の戦争」や「民主主義を守る戦争」に決して参
加してはならないことを
少数の支配者が仕掛ける「競争」や「能力試験」に踊らされて仲間を軽蔑しては
ならないことを
少数の支配者が賞賛する「勝者」や「成功者」になって仲間を売ってはならない
ことを

大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中の全員が「平和で幸せに生きる権利」を持っていることを
この世の中は少数の支配者の「暴力支配」を断ち切れば「平和な世の中」になる
ことを
この世の中は少数の支配者の「金融支配」を断ち切れば「豊かな世の中」になる
ことを
この世の中は少数の支配者の「政治支配」を断ち切れば「幸福な世の中」になる
ことを
この世の中は少数の支配者の「マスコミ支配」を断ち切れば「真実が語られる世
の中」になることを

(終り)

☆(6)今日のメインテーマ:

ついに【日刊ゲンダイ】も安倍晋三自公ファシスト政権の広報紙に成り下がった!
私は10年間以上毎日【日刊ゲンダイ】を購入しネット放送やブログで情報拡散をしてきたが、今日をもって【日刊ゲンダイ】の購入と情報拡散をやめることにした!

今日1月24日付け【日刊ゲンダイ】一面トップ記事を読んで驚いた!

『イスラム国日本人人質を英雄視は歪んでいる』『彼ら2人は幼稚で思考力なき単なる戦争好きに過ぎず今では国の迷惑者ではないのか』『身代金支払いはテロへの敗北だ』『テロリストとの交渉には一切応じるな』

この見出しを読めば、安倍自公政権批判や権力批判や体制批判を繰り広げてきた【日刊ゲンダイ】の記事ではなく、安倍晋三自公ファシスト政権の広報紙である【読売新聞】や【産経新聞】や【日経新聞】の記事だと見間違うだろう!

この一面記事は、国民の命など虫けらとしか考えてない安倍晋三の本音を代弁している記事であり、到底許すことができない内容だ!

テロリスト=ギャングから一人の国民の命も救わない政府は、福島県民200万人を毎日放射能被ばくにさらしたまま【棄民】しているように、国民の命は決して救わないのだ!

私は10年間以上も毎日【日刊ゲンダイ】を購入しネット放送やブログで情報拡散をしてきたが、今日をもって購入を止め情報拡散もやめることを決めここに宣言する!

☆(7)今日のサブテーマ:【家族勉強会】【草の根勉強会】のテーマ

来るべき我々が望む【市民革命政権】は【日本国憲法】をベースに新たな【日本国市民憲法】を策定することが必要となるだろう!

①現行【日本国憲法】から削除すべき条文:象徴天皇制に関する第1条~第8条

②現行【日本国憲法】にない条文:

1.権力支配の規定と権力支配を防ぐ仕組み

①金融支配

②軍事支配

③暴力支配

④政治支配

⑤行政支配

⑥宗教支配

⑦企業支配

⑧教育支配

⑨不正選挙と選挙制度

⑩司法支配

2.衆議院の解散権は首相にはなく衆議院自体にあること

3.環境権の規定

4.憲法第15条公務員の選定罷免権を保証する仕組み

5.憲法第16条請願権を保証する仕組み

6.憲法第21条国民の知る権利を保証する仕組み

7.憲法第76条裁判官の独立を保証する仕組み

8.憲法81条最高裁判所による憲法訴訟を保証する仕組み

③現行【日本国憲法】のあいまいな規定のために勝手に解釈される危険のある条文を明確すること:

④現行【日本国憲法】にない罰則規定と具体的な仕組みを設ける条文:

☆(8)今日のトッピックス

①イスラム国人質 後藤さんの母「日本政府からの接触は 全くない」

2015年1月23日 田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/

イスラム国に拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さんの実母・順子さん(78歳)が、きょう、日本外国特派員協会で記者会見 した。

イスラム国が日本政府に突き付けた期限が迫るなか、母の順子さんは「健二の命を救って下さい」と訴えた。

「私はこの3日間、近辺に何が起きているのか分かりませんでした」。順子さんは降って湧いたような事件に戸惑っている心境を率直に 語った。

 後藤さんはシリアに行く前に順子さんに連絡しなかった、という。「反対されたくなかったから。母親に心配されたくなかったからでしょ う」。順子さんは息子の気持ちを察した。

 昨夜、嫁(後藤さんの妻)と電話で話した。2週間前に子どもが生まれたことを知らされた、という。

「健二は生まれて2週間にも満たない子供を置いて友人の救出に行ったんです。イスラムの方々、日本人は好意的に接しています」。

中東のアルジャジーラはじめ多くの海外メディアのカメラを前に、順子さんは切々と語った。

ロシアの記者が「日本政府から接触はあるか?」と聞くと、順子さんは「日本政府からは全くない」と答えた。

母親が息子の救出を訴えるとあって、テレビカメラだけでも22~23台、記者 200人余りが詰めかけた。=23日、有楽町 写真:筆者=

1977年、ダッカで起きた日航機ハイジャック事件で福田赳夫首相は「人命は地球より重い」と言って身代金を払った。国際社会からは 非難されたが、乗員乗客の命は救われた。

外国人記者が上記の例をあげて「安倍首相にもこの言葉を思い出してもらいたいか?」と質問した。

「そう願っております」。順子さんはキッパリと答えた。

「日本は戦争をしないと憲法9条で誓った国です。70年間戦争をしていません。日本はイスラム諸国の敵ではなく友好関係を保ってきま した」。

安倍首相はイスラム国を名指しして「テロとの戦い」などと不用意な発言をした。愚かな首相のおかげで身を危険にさらすジャーナリスト の母親が懸命に軌道修正した。

「あと残された時間はわずかです。日本政府の皆さん、健二の命を救って下さい」。順子さんは涙ながらに訴えた。

②<凄い>沖縄の国会議員や市町村議員ら計約50人が辺野古基地前で座り込み 抗議!一方で、警察は抗議者たちを連日排除!

2015年1月22日 掲示板【阿修羅】より転載

http://www.asyura2.com/15/senkyo178/msg/456.html

【凄い】沖縄の国会議員や市町村議員ら計約50人が辺野古基地前で座り込み抗議!一方で、警察は抗議者たちを連日排除!建設作業も進む!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5262.html
2015/01/22 Thu. 22:00:50 真実を探すブログ

反対運動が盛り上がっている沖縄県の辺野古基地ですが、22日は沖縄の国会議員や市町村議員らが計50人も参加して座り込みを行いまし た。先週頃から警察 による反対派住民の強制排除が強まっていることから、地元の議員らが「議員総行動」と題して各集会に参加することを表明し、このような大 人数が集まる事態 になっています。
県議会与党や国政野党の県出身国会議員、県内各地の市町村議員らがここまで揃うのは異例で、それほど沖縄の反対意識が強い事を示している と言えるでしょう。

反対運動は強まっていますが、基地建設の方を止めるほどの状態にはなっていません。21日は臨時制限区域のライン上にオイルフェンスが設 置され、本格的な工事の下準備が着々と進んでいます。

このまま政府が方針を変えずに建設作業を強行し続ければ、沖縄と本土の心の壁はドンドン厚くなり、最終的には沖縄独立という話が出てくる ことになるでしょ う。そうなると、本当に日本という国の行方を大きく左右する事態になる可能性が高く、今からでも政府は沖縄側に譲歩しないと危険です。正 にこれからの数年 間が沖縄と日本の正念場だと私は見ています。

③続く空爆、求心力低下 「イスラム国」勢い陰りも

2015年1月24日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015012402000134.html

【カイロ=中村禎一郎】イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」の勢いに陰りが見え始めている。支配地域を抱えるシリアの反体 制派活動家に よると、「イスラム国」はシリア北部アインアルアラブ(クルド名コバニ)では、米軍を中心とする有志国連合やクルド人部隊の攻撃を受けて 劣勢で、求心力や 資金力の低下を指摘する声が専門家の間で上がっている。

活動家によると、アインアルアラブでは有志国連合による対「イスラム国」空爆が連日続いている。一時は陥落寸前とされた街は現在、郊 外を「イスラム国」が、中心部の大半をクルド人部隊が掌握している。

一方、「イスラム国」が拠点とするシリア北部ラッカでは先月、脱走を試みた外国人百人が処刑されたとの情報もある。劣勢の中、団結に 亀裂が生じ始めている可能性がある。

「イスラム国」はこれまで原油の密輸を収入の大きな柱としてきたが、最近の原油価格急落は一時の勢いをそいでいるとみられる。

シリア問題に詳しいレバノンのジャーナリスト、ファイズ・アグール氏は本紙の取材に「原油の密輸収入が減っているうえ、空爆で精製や 運送も困難になっているはずだ」と分析する。

こうした中、「イスラム国」が資金確保のために今後、誘拐を活発化させるとの見方も出ている。安全保障問題に詳しい評論家ガマル・ア ブゼクリ氏 (カイロ)は、「イスラム国」は国際テロ組織アルカイダと違い、自らが主張する「領土」を維持するため多額の資金を必要とすると話す。

日本人二人の人質事件をめぐり、「テログループにとって最大の問題は資金の確保。『イスラム国』は今回ビデオで初めて身代金を要求し たが、今後はこういうことが続くかもしれない」と述べている。

☆(9)今日の重要情報

① 身代金 揺れる米世論 一貫拒否の代償、家族に

2015年1月23日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015012302000128.html

【ワシントン=斉場保伸】イスラム過激派による人質事件が続発する中で、国際的な議論を呼んでいるのは身代金支払いの是非。米政府は 徹底した支払い拒否の方針を貫くが、米国民の心情は揺れている。

米国はこれまでに、「イスラム国」に三人の人質を取られ、いずれも「処刑」された。ホワイトハウスは一貫して身代金の支払いを拒否し ている。「テ ロ組織の資金源となって将来に向けてテロリストを助けることになるうえ、米国人の新たな人質を取られる危険も高まる」(米シンクタンク) との考えからだ。

しかし、米世論は一枚岩とは言えない。キニピアック大学(米コネティカット州)の昨年十一月の世論調査によると、「新たな人質事件を 引き起こすの で身代金を支払うべきではない」との考えに83%が賛成(反対13%)したが、「米政府が国際テロ組織に身代金を支払うべき場合がある か」との問いには 21%が「ある」と回答している。

米ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、ダナ・ミルバンク氏は昨年十一月、シリアなどで人道支援活動に携わり「イスラム国」に拘束さ れた米国人男 性ピーター・カッシグ氏が殺害された後に「米政府の拒否姿勢は総論としては理にかなっている。だが、そのツケを家族が払っている」と指摘 した。

殺害警告後、カッシグ氏の家族会の担当者は本紙の取材に「ただ安全を祈ってほしいとしか言えない」と漏らした。身代金は支払えず、か といって「イスラム国」を刺激するのを避けるため非難の声も上げられなかったのが実情だ。

殺害後、米インディアナ州に住む両親は「人道支援に人生をささげた息子を誇りに思う。そんな息子のシリアの人々への思いがこのような 結果を招き、胸が張り裂けるようだ」とコメントした。

米誌ニューズウィークによると、昨年夏「イスラム国」に殺害されたジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏の場合は、息子の解放を 求めるため基 金をつくり身代金を集めようとした母親が「政府からテロ組織ほう助の罪で処罰されると脅された」とテレビの取材などに明かし、社会的議論 となっている。

☆(10)今日の注目情報

①米大統領「北朝鮮は崩壊する」 ユーチューブで酷評

2015年1月24日 共同通信

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015012401001191.html

【ワシントン共同】オバマ米大統領は23日までに、ユーチューブを通じたインタビューで、北朝鮮の統治体制について「残忍で抑圧的」 「他国にはまねができない独裁体制」などと酷評し「このような体制はやがて崩壊する」と語った。

米政府は今月初め、ソニーの米映画子会社に対するサイバー攻撃への報復として、北朝鮮への制裁を強化。大統領は「残された制裁手段は 多くない」としながらも「今後も圧力をかけ続ける」と訴えた。

大統領は北朝鮮を「地球上で最も孤立し、隔絶されている」と形容。国費の大半を軍備に費やし「国民を食べさせることもできない」と金 正恩第1書記の体制を非難した。

☆(11)今日の【大手マスコミが報道しない真実】

① 米拷問室の内側:12年間の虐待と恐 怖を綴った 囚人の「グアンタナモ日記」

2015年1月22日 デモクラシーナウ日本語版

http://democracynow.jp/dailynews/2015-01-22

7年に渡る法的闘争を経て出版された、グアンタナモ湾の 米収容所に収容されていた元囚人の日記が、予想外のベストセラーとなっています。ムハンマド・ウルド・スラヒの日記 には、特例拘置引き渡し、拷問、そして 罪状なしで拘束された自身の経験が詳細に記されています。スラヒは12年以上同収容所で拘束されました。

2010年 にスラヒの釈放が命じられましたが、現 在も拘束は続いています。「独房――箱と言った方が正しいだろう――は、冷え込んだままにされ、私はほぼずっと震え ていた」と彼は書きます。「日光を目に することは許されなかった。

他の囚人と会あったり会話を交わすこともができないよう、ときどき与えられる運動時間も 夜だった。文字通り恐怖の生活だった。 一晩も静かに眠れた記憶がない。それから70日間に渡り、私は甘美なる眠りを貪ることは叶わなかった。24時間に渡 る拷問は、1日3シフトないし、ときに 4シフトで行われた。それはほとんど休む日もなく続いた。」

俳優コリン・ファースとドミニク・ウエストが同日記を朗読する、スラヒの事例についてのガー ディアン紙の動画クリップを紹介します。3人のゲストに話を聞きます。スラヒの弁護を務めたナンシー・ホランダー、 同書の編集をしたラリー・シームス、そ してグアンタナモ軍刑務所の主任軍検察官で、サラヒを「テロリストと呼ぶのは、フォレスト・ガンプをそう呼ぶのと同 じくらいナンセンス」と言うモーリス・ デイヴィス大佐です。

②「太平洋版グアンタナモ収容所」: オーストラリアへの亡命者たちが 孤島の勾留施設でハンスト

2015年1月22日 デモクラシーナウ日本語版

http://democracynow.jp/dailynews/2015-01-22

「太平洋版グアンタナモ収容所」と呼ばれる施設で、大規模なハンガーストライキが行われています。マヌス島勾留施設は、オーストラリア政府が出資してオーストラリアの請負 業者トランスフィールド・サービス (Transfield Services)社が運営していますが、パプアニューギニアの領内に位置します。収容者は犯罪で告発されているのではなく、彼らは戦火に飲まれた国々か ら来た難民として認定されるまで、無期限に待たされている亡命者たちです。

オーストラリア連邦政府による亡命者のパ プアニューギニア殖民の計画に対し、亡 命者たちは迫害される恐れがあるとして国連に介入を求めています。亡命者の一部は、勾留施設の背の高い鉄条網内に立 てこもったり、なかには拘束への抗議と して、洗剤を飲む、剃刀の刃を飲み込む、自分たちの口を縫って閉じるなど、より強烈な手段を取る者も出てきていま す。オーストラリアの人権弁護士ジェニ ファー・ロビンソンと、社会正義を題材とした映画監督で、ニューヨーク市でマヌス島収容者への団結を示す徹夜の集会 を組織したアレックス・ケリーです。

☆(12)今日のいい話:

①シリアから逃れ日本で再会 2年5カ月ぶりに妻子と

機動特派員・柴田直治

2015年1月24日 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASH1R56JNH1RUHBI02B.html?iref=comtop_6_05

内戦が続くシリアを逃れ、さいたま市で暮らすジョディ・ユセフさ ん(31)が23日、成田空港で2年5カ月ぶりに家族と再会し た。初対面の長男バイアールちゃん(2)を抱き上げ「家族と会えれば死んでもいいと思ってきた。夢のよう」と喜びをかみしめた。

シリア難民支援に巨額を拠出する日本政府だ が、シリア出身者の難民申請はこれまで、すべて不認定として きた。ユセフさんのように人道配慮で滞在が認められても、家族の呼び寄せは難しかったが、支援団体や国会議員らの働きかけもあり、初めて実現 した。

来日したのは、バイアールちゃんと妻のファルハさん(29)、長女ナリンちゃん(4)。イラク国境の難民キャンプから、トルコ経由で到着 した。ユセフさんは「日本のみなさんのおかげで家族と再会できた。人質にされた日本人もぜひ家族に会えるよう祈りたい」と話した。

ユセフさんは、トルコとの国境の町カミシリで農場を経営していたが、反政府運動にかかわったとして逮捕されそうになり、妊娠中のファルハ さんらを残して2012年8月に来日。日本政府に難民申請して却下されたが、滞在は認めら れた。(機動特派員・柴田直治)

②"18時以降、残業禁止"って本当? ドイツ企業がはじめた「休息」のルールとは

2015年01月24日 ハフィントンポスト日本語版

http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/23/new-work-rule-in-germany_n_6529752.html?utm_hp_ref=japan

いつ、どこにいてもスマートフォンで連絡が取れ、メールをチェックできる時代。便利である一方、もしあなたが就業時間後、オフィス を離れてからも仕事のメールをやり取りしているのなら、それは勤務中と変わらない。プライベートに仕事が入り込んでくる現象は、ドイツでも問 題になってい る。

ドイツでは、終業後の働きすぎを防ぎワークライフバランスを保つために、どんな取り組みをしているのか。今回は、ドイツ人の働きかたの工夫 や、ドイツ企業が独自に設けた制度について紹介する。

■18時以降は残業禁止に?

2014年秋、あるニュースが日本で話題になった。「ドイツでは2016年までに、18時以降の労働を禁止する方向で法改正を進める」とい う内容である。驚いて調べてみると、どうやらドイツのアンドレア・ナーレス労働大臣が、地元紙「ライニッシェン・ポスト」新聞の取材に対して話したことが、そのように報じられたようだっ た。

取材でナーレス労働大臣は、「目標は、ストレスから守る通達を出すこ と」と語り、その中で「社員が、会社と連絡が取れる状態にずっと置かれていることと、精神的な疾患の間には関連性があることは明らか」とし、 一例として企 業が休暇中に社員にメールで連絡を取るなどの行為を禁止したい、との意向を示している。

ナーレス労働大臣の発言には、ドイツで就業時間外に送られる仕事メールが問題視されている背景がある。

2013年12月、フランクフルトの新聞「フランクフルター・アルゲマイネ」に掲載された記事によれば、ドイツ情報通信業界団体 Bitkomの調べで、会社員の約3人に1人が、会社からの連絡を終日受けられる状態にあることが明らかになったという。

4 人に3人は、就業時間外でもパソコンやスマホで会社と連絡を取っているそうだ。モバイル機器の普及で、管理職ではない一般社員が24時間スタ ンバイ状態に 置かれているといえる。連邦労働省によれば、精神的疾患を抱えた労働者は1980年に2%だったのに、現在では11%に上るという。

ドイツ人は、仕事とプライベートをはっきりと区別する人が多い印象があった。しかし、就業時間外に部下にメールを送る上司はいるという。ま た、強制されていなくとも、絶えずメールチェックをしてしまう社員もいる。

■病気をきっかけに、退社後は一切仕事をしない生活に

「この1~2年は、就業時間以外にメールチェックはしません」と話すのは、現在医学技術関係のメーカーで、医学技術開発データベース管理者 として勤務するゲラルド・ハッケさん。

最 初の職場では、1日14時間は働く社員だった。当時はコンピュータシステムのコンサルタント兼ホテル関係のソフトウェアのデータベース管理者 としてヨー ロッパ中を飛び回り、メールチェックを昼夜欠かさず、自宅でも仕事をしていたという。顧客からの要請や緊急事態が多く、それに応じようと長時 間労働が日常 化していた。

ある日、心筋梗塞で倒れた。そこから「仕事とプライベートをきちんと分けよう」と決心し、転職。専門性の高いIT関係の知識を 活かせる職場に移り、現在の会社は4社目に当たる。転職の際には、一定の時間で終えられる職種を選ぶようにし、少しずつ仕事を減らしていっ た。会社とは、 就業時間や業務領域などを明確にした契約を結んでいる。

現在の職場はフレックスタイム制で、午前7~10時までの間に始業し、合計45分の休憩を含めて1日8時間45分をオフィスで過ごす。ハッ ケさんは通常9時に出社し、18時頃で仕事を切り上げている。1日8時間で仕事を終えられるように、効率的に働くようになったと話す。

今の仕事では、以前のように緊急の案件で顧客から連絡が入ることはないし、上司には退社後のメールチェックは不要だと言われている。ハッケ さんは、22時~翌朝7時までの間は、プライベートの分も含め、携帯電話にはメールが届かない設定にしているそうだ。

「もし夜にメールを読んだら、それで頭の中がいっぱいになってしまいます。以前はLINEもよく見ていましたし、Facebookもオンラ インにしていました。でも今は、どちらもほとんど使いません」

ハッケさんは、自身の経験から「メールの数は減らせます」と言う。重要なのは、メールの重要度を自分で判断すること。重要度に合わせて返信 すれば、メールは減らせるという。無駄なメールが減れば、仕事時間の短縮にもつながる。

「オフィスを出たらメールチェックも含めて、仕事から離れます。おかげで家族との時間もたくさん取れるようになりましたし、夜はぐっすり眠 れます」とハッケさんは微笑む。仕事とプライベートをきちんと分けることで、どちらの時間も充実したといえる。

■社員の不安を取り除く、ドイツの大手自動車メーカーの取り組み

「就業時間外でも会社からのメールに対応しないと、昇進に響くのではないか」という不安は、日本だけでなくドイツにもあるが、そんな不安を 取り除き休息を促す取り組みをしている企業もある。

冒 頭で紹介した2013年12月の「フランクフルター・アルゲマイネ」紙によると、フォルクスワーゲン社では3500人以上の一般社員に、社用 のスマート フォンを渡しているが、午後6時15分から翌朝7時までの間は、サーバーを停止してメールチェックをできない仕組みにしている。

また、ダイムラー社では、社員が休暇中の間に受けたメールは、自動的に消している。送信者には、その旨を説明したメッセージが返信される。 企業がそこまで対応して初めて、社員は何のプレッシャーもなく仕事から解放されるのかもしれない。

これはドイツの自動車メーカーの事例だが、このように一定の職種や職階、業界などで、退社後はメールをチェックしないことが当然になれば、 誰もが安心して休めるのではないか。

仕事とプライベートをどう区切るかは、それぞれの仕事内容や考え方によって異なるだろう。ドイツでも重要なポジションでは、一般社員とは異 なる契約で、時間に関わらず働く人もいる。

筆者はフリーランスなので、時間の区切りが付きにくいし、敢えて明確に区別しないようにしている。

仕事で得た経験がプライベートを充実させたり、その逆もあるからだ。仕事になるかどうかわからない事柄でも、興味があれば話を聞いたりして 時間を割く。それが人生を豊かにすると思っている。

しかし、いわゆるデスクワークをする時間は、目安を設けたほうがいいのかもしれないと思えた。そうでないと時間があるだけダラダラと続けて しまい、その結果仕事の質が下がる恐れもある。

職種に関わらず、メリハリのある生活は、仕事とプライベートの両方を充実させる秘訣なのではないか。退社後にメールの返事をしたところで、 ストレスがたまり、仕事の質が下がれば意味がない。

社員が終業後に心身共に仕事から解放されることは、結局のところ企業にとってメリットがある。ドイツの企業はそう考え始めているように見え る。

(久保田由希・ベルリン在住 ライター)

☆ (13)【座右の銘B】:

①貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。 (古代ギリシャ哲学者エピクロスの言葉)

②お金をたくさん持っている人は、政治の世界から追放されるべきだ。
 (ウルグアイ・ホセ・ムヒカ大統領の言葉)

③『国民は自然権として抵抗権・革命権を持っている』
  (イギリスの哲学者ジョン・ロックの言葉) 
                          
政府が権力を行使するのは国民の信託によるものであり、もし政府が国民の意向に反して生命、財産や自由を奪うことがあれば、抵抗権(革命権、反抗権)をもって政府を変更することができる。

④『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』

(ドイツルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーの詩)

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた

⑤『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』

(ドイツ・ロスチャイルド商会創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉1790年)

⑥ジョン・レノン【イマジン】1971年

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

⑦ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)で
「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) を指摘した。

道義なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

自覚なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)

道徳なき商業 (Commerce without Morality)               
                                    
人間性なき科学 (Science without Humanity)

犠牲なき信仰 (Worship without Sacrifice)

⑧イラク反戦兵士マイケル・プリス ナーの2009年記者会見での発言。

『眼を覚ませ!我々の本当の敵は遠いところにいるんじゃない!眼と鼻の先にいる!
皆で賢く手を組めばこんな戦争は阻止できる!この政府は阻止できる!
そして、もっと良い世界を作ることは可能だ!』

⑨世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉 (週刊東洋経済のインタビュー)

・[近いうちに世界規模の破たんが起こる]

・[安倍首相は『日本を破滅させた男』として、歴史に名を残すでしょう]

・[おカネを大量に刷っている間は、それを享受している人たちの暮らし向きは良くなり ます。しかし、いずれ破たんに向かい、すべての人が苦しみます。金融緩和でいい思い をした人たちも一緒です]

・[政府債務の大きさゆえ、いったん破たんが起きると、通常よりも大規模になります]

・[安倍首相も、日銀も(政界経済にとっては)非常に危険な存在です]

・[安倍首相がやったことはほぼすべて間違っており、これからもあやまちを犯し続ける でしょう]

・[(円安誘導は)最悪です。自国通貨を破壊することで地位が上がった国はありません]

⑩マイケル・ジャクソン「money」1995年

https://www.youtube.com/watch?v=_a2azUwKBpo

カネ、カネ、

皆、カネのためなら、ウソもへっちゃら
カネのためなら、スパイもへっちゃら
カネのためなら、殺しだってOK
カネのためなら、命さえ捧げるのさ

あんたはあれ(カネ)を「信用」って呼ぶのかい?
僕に言わせれば
あんなのはただの悪魔のゲームだよ
「貪欲」と「煩悩」という名のゲームだよ
連中は僕のことなんて何とも思っちゃいない
カネのためなら僕を殺すだろう
憐れみなどかけらもない
カネのためならとことん僕を利用するのさ

教会へ出かけて行って
聖書をしおらしく読む
人生の計画を練りながら
こんなのばかげているよ
連中は僕のことなんて何とも思っちゃいない
カネのためなら僕を殺すだろう
いちかばちか
マネーゲームのスリルのためなら

国旗に敬礼して
君は国からの信頼を肩に背負う
胸には信頼の証のバッジ
「選ばれし者」としての責任を担う
そして闘いに赴くのだ
それは兵士の務め
「決して同胞を裏切ったりしない」
でも実際は、、、

現ナマをちらつかせたら
ためらいもなく受け取るのさ
泣けと言われたら
いつわりの涙も流せるのさ
手を差し伸べられたら
いつわりの握手だってできるのさ

カネのためなら人はどこまででもやるのさ

どんなことでも
どこまでも
何でもカネのためならいとわないのさ
カネのためなら、ウソだってつくさ
命だって捧げるよ
悪魔に魂を売り渡してもいいさ

(繰り返し)

保険だって?
きみ、「誠実さ」っていう言葉はどこへ行っちゃったのかな?
言い逃れのつもりかい?
そんなものには騙されないよ
ただただ僕のことなんかどうでもいいだけだろう
あんたは、カネのためなら彼女をズタズタにするだろう
平然と正しいことだといいながら
カネのためなら彼女を訴えたりもするんだろう

お前は黄金のツボがほしいのさ
ミダス王のような、何でもカネにする力が欲しいんだろう
わかってるんだ、お前は魂でも売り払うって
お前の信じる神様なんて所詮そういうたぐいなんだから
人のことなんか思っちゃいない
カネのためなら殺しもOK
いちかばちか
カネを得るスリルのために

君も同じ病気に伝染してしまっているのかな?
「貪欲」「煩悩」「暴食」という悪魔の病気に?
そうだとしたら、気をつけるんだな
満面の笑みを浮かべて近づいてくる奴らに
そして気をつけるんだな、そういうおしゃべりな怠け者に
どうしてかって、奴らこそが(カネのために)人を後ろから刺す卑怯者なんだから

奴らはカネのためなら、ウソだと知りながら
本当だと誓ったりするんだ
罪の意識があっても
カネのために耐えてしまう
リスクだとわかっていても
カネのためなら敢えて仕掛けてくるんだ

皆、カネのためなら、何でもするのさ

本当に何でも
何でも
どんなことでもカネのためなら厭わないのさ
カネのためならウソなんて平気
カネのためなら命も差し出す
カネのためなら悪魔に魂も売り払う

(繰り返し)

You say you wouldn't do it
僕だけはそんなことしないっていうのかい、
どんなにカネを積まれたとしても?
あやしいものだね
どの男か分かれば
すぐ売り飛ばしてしまうさ
ウソをつけと言われたら
平然とつくだろう
神への信念だって
平気で売り渡すのさ

カネのためなら、何でもするのさ

(繰り返し)

⑪2015年1月19日パリ郊外でイスラム過激派にユダヤ系食料品店が襲撃された事件で人質 救ったマリ人で敬虔なイスラム教信徒ラサナ・バシリーさん(24) 

「私たちは兄弟だ。ユダヤ教か、キリスト教か、イスラム教かの問題じゃない。私たちはみんなで同じ船に乗っている。危機の時は互いに助け合わなければならない」

⑫フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』1792年

日本語歌詞

1番

行こう 祖国の子らよ
栄光の日が来た!
我らに向かって 暴君の
血まみれの旗が 掲げられた
血まみれの旗が 掲げられた
聞こえるか 戦場の
残忍な敵兵の咆哮を?
奴らは我らの元に来て
我らの子と妻の 喉を掻き切る!

*ルフラン

武器を取れ 市民らよ
隊列を組め
進もう 進もう!
汚れた血が
我らの畑の畝を満たすまで!

2番

何を望んでいるのか この隷属者の群れは
裏切者は 陰謀を企てる王どもは?
誰のために この卑劣な足枷は
久しく準備されていたこの鉄枷は?
久しく準備されていたこの鉄枷は?
フランス人よ 我らのためだ ああ!なんという侮辱
どれほどか憤怒せざるを得ない!
奴らは我らに対して企んでいる
昔のような奴隷に戻そうと!
*ルフラン
(繰り返し)

(繰り返し)

3番

何と! 外国の軍勢が
我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ! 両手は鎖で縛られ
頚木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが
我らの運命の支配者になるなどありえない!
*ルフラン
(繰り返し)

(繰り返し)

4番

戦慄せよ 暴君ども そして国賊どもよ
あらゆる徒党の名折れよ
戦慄せよ! 貴様らの親殺しの企ては
ついにその報いを受けるのだ!
ついにその報いを受けるのだ!
すべての者が貴様らと戦う兵士
たとえ我らの若き英雄が倒れようとも
大地が再び英雄を生み出す
貴様らとの戦いの準備は 整っているぞ!
*ルフラン
(繰り返し)

(繰り返し)

5番

フランス人よ 寛大な戦士として
攻撃を与えるか控えるか判断せよ!
あの哀れなる犠牲者を撃つ事なかれ
心ならずも我らに武器をとった者たち
心ならずも我らに武器をとった者たち
しかしあの血に飢えた暴君どもには
ブイエ将軍の共謀者らには
あの虎狼どもには 慈悲は無用だ
その母の胸を引き裂け!
*ルフラン
(繰り返し)

(繰り返し)

6番

神聖なる祖国への愛よ
我らの復讐の手を導き支えたまえ
自由よ 愛しき自由の女神よ
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
我らの旗の下に 勝利の女神よ
汝の勇士の声の下に 駆けつけたまえ!
汝の瀕死の敵が
汝の勝利と我らの栄光とを見んことを!
*ルフラン
(繰り返し)

(繰り返し)

7番(子供の詩)

僕らは自ら進み行く
先人の絶える時には
僕らは見つけるだろう 先人の亡骸と
彼らの美徳の跡を!
彼らの美徳の跡を!
生き長らえるよりは
先人と棺を共にすること欲する
僕らは気高い誇りを胸に
先人の仇を討つか 後を追って死ぬのみ!

★(14)昨日の情報発信結果
              
①ネットTV放送前日総視聴者数:1,162
②ネットTV放送前日のコメント数:28
③ネットTV放送TV総視聴者数:256,387
④ネットTV放送総コメント数:29,629
⑤ネット放送サポーター数:711
⑥ネット放送ライブ回数:1,913
⑦ネット放送通知登録数:1,546
⑧ブログ前日閲覧者数(PV):4,086
⑨ブログ前日訪問者数(IP):1,305
⑩ブログトータル閲覧者数(PV):10,121,189
⑪ブログトータル訪問者数(IP):,3,806,187

★(15)今日の情報発受信媒体

①メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000

③フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98

④ブログ1:http://blog.goo.ne.jp/yampr7

⑤ブログ2:http://7614yama.blog.fc2.com/

⑥ネットTV放送【YYNewsLive】:http://twitcasting.tv/chateaux1000

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
スポンサーサイト



[2015/01/24 19:35] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<01/24のツイートまとめ | ホーム | 01/23のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/1461-7f402652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |