FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

シリア反政府武装勢力【イスラム国】に処刑された湯川遥菜氏を煽った極右ファシスト田母神は責任をとれ!
湯川田母神

☆【今日の画像】:極右ファシスト田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)と握手するシリアで反政府イスラム原理主義武装勢力【イスラム国】に拘束され処刑された自称民間軍事会社「ピーエムシー(PMC)」最高経営責任者湯川遥菜(42)

いつもお世話様です。

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【草の根勉強会】【山崎塾】主宰の山崎康彦です。

本日月曜日(8月18日)午後4時から放送しました【YYNewsLive】の放送台本です!

1)No1 58分10秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/91511849



☆【今日のひとこと】:ドイツ連邦共和国憲法(ボン基本法)

第一条【人間の尊厳、人権、基本権による拘束】

①人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、かつ、保護することは、全ての国家権力の義務である。

②ドイツ国民は、それゆえ、世界におけるあらゆる人間共同体、平和及び正義の起訴として、不可侵かつ深場の人権に対する信念を表明する。

③以下の基本権は、直接に提供される法として、立法、執行権、裁判を拘束する。

☆(1)今日のメインテーマ:

内戦状態のシリアで反政府イスラム原理主義武装勢力【イスラム国】に激戦地アレッポで拘束された自称民間軍事会社「ピーエムシー(PMC)」最高経営責任者の湯川遥菜氏(42)は米国支援の反政府イスラム武装勢力【自由シリア軍(FSA)】の雇い兵と見なされて処刑された!軍事オタクの若者を煽った極右ファシスト田母神俊雄はその責任をとれ!

【ツイッター情報】:@OmarJerbi

A Japanese spy Haruna Yukawa was captured by ISIS army and executed by God's Judgment

【Youtube映像】:ISISに尋問される日本人

https://www.youtube.com/watch?v=UF_oETzZJ6A

拘束された湯川遥菜氏は自分のfacebookで武器射撃の実写映像を自慢げに公開している武器オタク・軍事オタクで同じ極右ファシスト田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)らから多大な影響を受けてシリア内戦に【義勇兵として参戦した】のであろう!

【facebook】:Haruna Yukawa

https://www.facebook.com/haruna.pmc

極右ファシスト田母神俊雄を団長に9月10日ー17日に企画されていた「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団」ツアーは22人の最少催行人数に達せず中止になった可能性が高いが、民族浄化目的で【ガザ市民無差別殺戮】を行っているイスラエル・ネタ二エフ政権を応援するとんでもないツアーが企画されそれなりの参加希望者を集めているというのが今の日本でありまさに戦争前の【戦時準備】の雰囲気なのだ!

安倍晋三や石破茂や麻生太郎や高村正彦や石原慎太郎や平沼赳夫や田母神俊雄や極右【日本会議】の会員などの極右ファシスト・戦争至上主義者たちは、米国軍産複合体=ネオコンと一体となって日中の軍事的緊張を意図的に高め【自国を守る正義の戦争】を大手マスコミを使って世論誘導する中で、歴史を学ばず戦争の悲惨さ残虐さを理解しない湯川遥菜氏のような【バカモノ】がこれからも数多く輩出するだろう!

その意味で、我々は安倍晋三ファシスと&サイコパス首相とその一味と【でっちあげ天皇制=田布施システム】の実働部隊である極右ファシスト団体【日本会議】を一日も早く打倒・解体しなければならないのだ!

【参考記事】

▲9月10日ー17日に企画されている「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団」ツアーをぶっ潰せ!

民族浄化目的で【ガザ市民無差別殺戮】を行っているイスラエル・ネタ二エフ政権を応援する目的の「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団(旅行会社テマサトラベル)」というとんでもないツアーが9月10日ー17日に企画されている!

国内でも国外でも四面楚歌状態の安倍晋三ファシスト&サイコパス首相とその一味は同じように四面楚歌状態のイスラエルと北朝鮮に急接近しているのだ!

このツアーを企画し参加者募集しているのがイスラエル専門旅行会社【テマサトラベル】だが同時に『誇りある日本の再生を目指す』という旧軍人と極右ファシストが主体の民間団体【福岡県郷友連盟】が強力にバックアップしているのだ!

【福岡県郷友連盟】は、明治維新から現在まで続く【国民支配と搾取と売国のシステム】である【ちあげ天皇制=田布施システム】の実働部隊である【国民会議】の構成員だろう!

「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団」ツアーはイスラエルによる【パレスチナ人抹殺攻撃】を支持する安倍晋三ファシスト&サイコパス首相とその一味の【シオニスト・イスラエル応援ツアー】であり断固として粉砕しなければならないのだ!
国内でも国外でも四面楚歌状態の安倍晋三ファシスト&サイコパス首相とその一味は同じように四面楚歌状態のイスラエルと北朝鮮に急接近しているのだ!

このツアーを企画し参加者募集しているのがイスラエル専門旅行会社【テマサトラベル】だが同時に『誇りある日本の再生を目指す』という旧軍人と極右ファシストが主体の民間団体【福岡県郷友連盟】が強力にバックアップしているのだ!

【福岡県郷友連盟】は、明治維新から現在まで続く【国民支配と搾取と売国のシステム】である【ちあげ天皇制=田布施システム】の実働部隊である【国民会議】の構成員だろう!

「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団」ツアーはイスラエルによる【パレスチナ人抹殺攻撃】を支持する安倍晋三ファシスト&サイコパス首相とその一味の【シオニスト・イスラエル応援ツアー】であり断固として粉砕しなければならないのだ!

【関連情報1】

▼ガザ攻撃 避難の中「田母神(元)航空幕僚長と行くイスラエル国防視察団」

2014.08.07 東京新聞【こちら特報部】

こんなこわもてのツアーが企画されている。

田母神俊雄氏を「団長」に来月中旬、イスラエル軍人の要人に面会したり、基地を見学したりするという。イスラエル軍のパレスチナ自治区ガザへの攻撃が国際的な避難を浴びる中、物議を醸しそうだ。(林 啓太)

「元自衛官や経済評論家、中小企業の経営者らが申し込んでいる」。この視察団を主催する旅行会社「テマサトラベル」(東京都大田区)の担当者が話す。

九月十~十七日の七泊八日で巡るツアーは「親イスラエル」の企画がてんこ盛りだ。旅行表によると、視察団はイスラエル国防省で空軍司令官と会見。空軍基地や国家安全保障研究所(INSS)を訪問。情報機関「モサド」のエフレイム・ハラヴィ元長官との会食も予定されている。

イスラエルの「愛国心」にも理解を深める。古代のイスラエルひがローマ帝国に抵抗した古戦場「マサダ要塞」も訪れる。パレスチナ自治区エリコ(アラビア語でアリーハー)も訪れるが、旅行表に「パレスチナ自治区」の表記はない。

参加費用は四十二万泊千円で、十五人が応募しているという。ガザ情勢が不安定なこともあり、「ツアーの申し込みは取り消されたり、新たに入ったりと変動している」(担当者」。

同社によると、この企画を持ち込んだのは、公益社団長法人「日本イスラエル親善協会」(東京都千代田区)の理事が代表を務める団体だ。「こちら特報部」が企画の経緯を聞こうとすると、理事は「今は仕事で忙しい」とだけ答えた。

先月八日から本格化したガザの戦闘では、二日までにパレスチナ側で市民を中心に千六百人以上、イスラエル側も兵士ら六十余人が犠牲になっている。イスラエル軍は国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が運営する学校も空爆。国連の藩基文事務総長は「眠っている子供を攻撃することほど恥ずべきことはない」と非難した。

田母神氏といえば、二月の都知事選では独自に立候補したが、かねて安倍晋三首相の応援団の一人として知られる。その安部政権は中東政策でイスラエル寄りに大きくかじを切った。

五月に同国のネタニヤフ首相が来日した際には、安全保障分野での協力加速で合意。日本が武器輸出三原則を撤廃したことで、F35戦闘機を媒介に日本のミサイル技術がイスラエル軍に使われる可能性もある。

さらに今回のガザでの戦闘で、国連の人権理事会(四十七カ国)は先月二十三日、イスラエルの軍事作戦を「強く非難」する決議を賛成多数で採択したが、日本は棄権に回った。この視察団も、こうした政府の姿勢が背景にありそうだ。

東洋英和女学院大の池田朋史学長(中東現代政治)は「一九六0~七0」年代にはアラブの石油確保という課題もあり、パレスチナ人の立場に一定の理解を示す保守派が主流だった。しかし、二0000年代以降、そうした発言を控える人びとが増えた。日中の対立で東アジア情勢が緊張する中、『(パレスチナ人から)国土を守る権利がある』というイスラエルの主張に耳を傾けやすい環境にもなっている」と指摘する。

一方、京都大学院の岡真理教授(現代アラブ文学)は「元航空幕僚長が引率する国防視察団は民間ツアーとはいえ、国際社会からは日本がイスラエルのジェノサイド(民族大量虐殺)を肯定している事例の一つと捉えられるだろう。イスラエル寄りだった米国が団体でさえ、イスラエル側との関係を断つ動きがあるのに」と懸念している。

【関連情報2】

▼イスラエル国防視察団に参加しませんか! - 郷友福岡―福岡県郷友連盟のホームページ

http://fukuoka.goyu.jp/archives/2014/07031155.html

『 日本において、いよいよ集団的自衛権行使について閣議決定がなされました。
中東では不安定な国々が争っていますが、その中でも三千年以上の流浪の民族が近年建国したイスラエルの国防に学ぶところが多々あると思います。

つきましては田母神俊雄団長(元航空幕僚長)のもと、自衛隊のOB並びに民間の防衛問題にご興味のある方を誘ってイスラエル国防視察団を下記の通り計画しております。

まだ最小催行人数に達しておりませんので、皆様の積極的なご参加をお願いいたします。
1.旅行日程:2014.9.10(水)~9.17(水)7泊8日(出発地:東京、福岡)

2.主要視察場所:主要軍事産業、空軍の主要基地、軍事博物館等他、国防関係者交流(  細部は添付資料をご参照ください。)

3.参加人員:団長:田母神元航空幕僚長、参加人員22名~25名

4.締切日:2014.7.31(木)但し、25名となった時点で締切ります。

5.申し込み要領:参加申込書提出、申込金5万円振込み、パスポートコピー提出

【関連情報3】

▼テマサトラベルとは?(HPより抜粋)

商号:株式会社テマサトラベル

所在地:

本社営業所 〒145-0071 東京都大田区田園調布2-50-9 第2開発ビル3F

電話:03-3722-2184

FAX:03-3722-4421

資本金:6,600万円

☆(2)今日のトッピックス

①シリアで拘束の邦人「ハルナ・ユカワ」「兵士ではない」

カイロ=川上泰徳

2014年8月18日 朝日新聞

内戦が続くシリア北部で日本人がイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されたとみら れることが17日、わかった。インターネット上では日本人とみられる人物が尋問を受けている様子とされる写真や動画が公開されており、在シリア大使館が現地対策本部を設置して確認 を急いでいる。

シリアで日本人男性拘束か 「イスラム国」関与の可能性

シリアから退避し、隣国ヨルダンで業務中の 同大使館によると、16日にインターネットなどを通じて日本人が拘束されたとの情報を入手した。身元や事実関係は調査中だという。

インターネットの動画サイト「ユーチューブ」 で公開された「日本人への尋問」とされる2分弱の動画では、地上に仰向けに倒され、頭から流血した日本人らしき人に対して、「どこからきた」 「どうしてこ こにいるのか」と英語で尋問する様子が撮影されている。この人は「仕事で来た。日本から来たカメラマンだ」などと答え、名前を聞かれて「ハル ナ・ユカワ」 と語った。尋問者は「なぜ銃を持っているのか」と繰り返し詰問し、この人は「私は兵士ではない」と答えている。

同じ動画は、「イスラム国」の関連のツイッターサイト「青年イスラム国」に も掲載され、「アレッポ郊外で拘束された日本人の雇い兵をイスラム国が尋問」との説明がついている。

イスラム国はアルカイダの流れをくむ過激派組織で、 6月にシリアからイラクにまたがる「イスラム国」の樹立を宣言した。 イスラム国はアレッポの郊外で反体制武装勢力の自由シリア軍(FSA)と交戦している。

政権系サイトの「シリア・ナウ」は「イスラム国がFSAと共 に戦う日本からきたテロリストを拘束」と報じており、日本人とみられる人はFSAと一緒にいるところで拘束され、雇い兵と見なされている可能性もある。

拘束された人以外にもFSAと行動を共にする日本人がいたとの情報もある。(カイロ=川上泰徳)

■外務省が対策室、情報収集中

シリア北部で日本人と見られる人物が拉致さ れたとの情報を受け、外務省は18日、同省領事局長をトップとし た対策室を設置し、隣国ヨルダンで業務中の在シリア日本大使館と連携して情報収集にあたっ ている。斎木昭隆外務事務次官は同日朝、「色々な 情報に接しているが、まだ事実関係は確認中という状況だ」と語った。同省は、シリア全土を対象に、最も危険度の高い「退 避勧告」と「渡航自粛」を呼びかけていた。

②黒人少年射殺の米都市で再び衝突 1人撃たれ重体、7人逮捕

2014年08月18日 AFP日本語版

【8月18日 AFP】白人警官が武器を持っていなかった黒人少年を射殺した事件をめぐる抗議デモや暴動が1週間にわたり続く米中西部ミズーリ(Missouri)州ファーガソン(Ferguson)で17日未明、抗議デモを行った住民らと警官隊が衝突し、7人が逮捕 された。また女性1人が何者かに撃たれ、重体となっている。

ジェイ・ニクソン(Jay Nixon)州知事は同市に非常事態を宣言し、同日午前0時から同5時までの 外出禁止令を発令していたが、約200人の住民がこれに逆らい抗議デモを強行。警官隊はデモを解散させるため、発煙弾と催涙ガスを使用し た。

州知事から同市の治安回復責任者に任命されたアフリカ系米国人のロン・ジョンソン(Ron Johnson)警部は、発砲事件1件と武装した人々がレストランに侵入 したとの通報があったため警官隊を出動させたと述べている。

地元メディアは外出禁止令が翌日夜も継続される見込みと伝えており、再び衝突に発展する恐れもある。

■強盗映像公開で高まる怒り

9日に射殺された黒人少年、マイケル・ブラウン(Michael Brown)さん(18)の両親は、事件後に警察が息子をコ ンビニストアの強盗容疑者と名指しし、強盗事件を捉えた防犯カメラ映像を公開したことについて、ブラウンさんの人格をおとしめようとする 試みだと非難している。

ブラウンさんを射殺した白人警官は、強盗事件については知らず、道路の真ん中を歩いていたというだけの理由でブラウンさんを制止した とされる。

映像公開は広い批判を呼び、ニクソン知事も事前報告なしの公開に「不満」を感じたと苦言を呈している。また米紙ニューヨーク・タイム ズ(New York Times)が連邦司法当局者の話として伝えたところで は、射殺事件についての独自捜査を行っている米司法省はファーガソン警察に対し映像公開を控えるよう要請していたという。

また司法省は、エリック・ホルダー(Eric Holder)司法長官が、事件の「特異な状況」に鑑み、連邦当局によ るブラウンさんの遺体の再検視を命じたと発表した。(c)AFP/by Michael Thomas

☆(3)今日の【シオニスト・イスラエルのガザ虐殺と反イスラエル闘争】

①ガザの死者2千人超に 主張に溝、停戦予断許さず

2014年8月18日 共同通信

【エルサレム共同】イスラエルが軍事作戦で大規模攻撃を加えたパレスチナ自治区ガザの当局者は17日、ガザの死者が2千人を超えたこ とを明らかに した。負傷者は1万人超。イスラエルと、ガザを支配するイスラム原理主義組織ハマスは現在一時停戦中で、本格停戦の合意を目指している が、双方の主張の間 には依然溝があり、予断を許さない状況が続いている。

イスラエルは7月8日、ガザからの攻撃阻止を目的に空爆を中心とした軍事作戦を開始。その後、地上作戦に踏み切りガザで死傷者が急 増、国際社会から本格停戦を求める声が強まっている。

② 【ガザ発】~下~ ハマス政治部門・高官インタビュー

2014年8月18日 田中龍作ジャーナル

ハマス政治部門・高官 ムスタファ・サワーフ氏(59歳)。=ガザ市内 写真:筆者=

「5日間の停戦」はきょう(現地時間18日24時)で幕切れとなる。カイロでの交渉は膠着したままの状態が続く。ハマスが容易に譲歩できない理由を政治部門高官が語った―

記者:戦前ハマスの人気は落ちていたが、戦争が始まると人々はハマスを支持するようになった。もしカイロ交渉で何も獲得できなかったら、ハマスの人気はまた落ちるのではないか? 7年間の封鎖で人々は疲れているから。

高官: そのような支持率調査は誰が言っているのか? 証拠がない。 もしカイロ交渉でハマスが何も獲得することができなかったら、(武装)抵抗を続ける。今回のイスラエル軍侵攻でパレスチナ人は多大な犠牲を払っているからだ。

前に進むしかない。戦い続ける。家を破壊され、家族を失った。我々は抵抗を続けるしかない。

記者:もしハマスがロケット弾発射を止めれば、イスラエルは軍事侵攻を止めるのではないか? さもなければ国際社会がイスラエルを批判するだろう。

高官:それは間違ったイメージだ。かりにハマスがロケット攻撃を止めたとしても、イスラエルは軍事侵攻をしてくる。2012年の侵攻がそうだった(※)。

西岸の人々はロケット弾を撃ったりしてはいない。それでも土地を奪われ、入植地がどんどんできてゆく。

西岸のパレスチナ人は入植者や軍に攻撃されている。

もしハマスが抵抗を止めれば、イスラエルはすべてのパレスチナ人を殺すだろう。

ネタニヤフ(イスラエル首相)は、第2次世界大戦でユダヤ人をゲットーに押し込んだヒトラーと同じことをしている。

国会議員も虐殺に手を貸している。イスラエル国民の87%が軍事侵攻を支持していることも問題だ。

パレスチナ人とユダヤ人は(イスラエル建国の)1948年まで平和裡に共存していた。

記者:戦争が長引くとハマスの力は衰えたりはしないか?

高官:それはない。長い間、備えてきたから。
壁画はハマス創始者のアフマド・ヤシン師。2004年、イスラエルにより暗殺された。=ガザ市 写真:筆者=

壁画はハマス創始者のアフマド・ヤシン師。2004年、イスラエルにより暗殺された。=ガザ市 写真:筆者=

2008~2009年の大規模侵攻ではイスラエル軍が一方的に撤退して収束した。

8日間の空爆となった2012年の戦争は、最後の2日間で停戦合意した。合意条件は「ハマスがロケット攻撃を止める」「イスラエルは軍事侵攻をやめる」というものだった。

今回はロングランの交渉となっている。ハマスが求める「ガザの封鎖解除」。イスラエルが要求する「ハマスの非武装化」。根源的であるがゆえに双方が簡単に飲めない。

ハマスは深刻な財政難に陥っているとされる。公務員の給与を7ヵ月も払っていないというのだ。

7年間に及ぶイスラエルの封鎖に加えて、シーシ政権の登場でエジプトとの地下トンネルが潰された打撃が大きい。

ネタニヤフ首相はそこを見逃さなかった。ハマスに財政援助を持ちかけているようだ。西岸を握るファタハとの統一政権を阻止するためである。

 ハマスが統一政権を組みたがっていることを見透かしているのだ。パレスチナが国際社会の支持を得るには「統一政権」でなければならない。それを阻むイスラエル。 
 
パレスチナの独立は至上命題だが、ハマスにとっては目先のカネも必要だ。イスラエルの掌で転がされるパレスチナのジレンマがそこにある。

~おわり~  



※2008~2009年の大規模侵攻も突然始まった。

③イスラエルでパレスチナとの対話呼びかける平和集会

2014年08月17日 AFP日本語版

【8月17日 AFP】イスラエルのテルアビブ(Tel Aviv)で16日、イスラエル政府に対し、パレスチナ自治政府との対話を呼びかける平和集会が行われ、数千人のイスラエル人が参加した。一時停戦は、19日午前0時(日本時間同日午前6時)に期限を迎える。 (c)AFP

写真:平和集会に数千人のイスラエル人が参加

④ルフォルニアのパレスチナ支援組織【剥奪と処罰運動(BDS)】がイスラエル船のドック係船を阻止!

(重信メイ命のfbより転載)

https://www.facebook.com/may.shigenobu?fref=ts

In another sign of the increasing support for the international Boycott, Divestment and Sanctions (BDS) movement, activists in the state of California, on the Western coast of the US, successfully prevented an Israeli cargo ship from docking on Saturday.

写真:イスラエル船ボイコットのデモ隊

④マレーシア政府の現役農工業大臣であるIsmail Sabri Yaakub(イスメイル・サブリ・ヤクブ)氏がイギリスの世界最大級の銀行HSBC銀行(元は1865年に香港に創設された香港上海銀行)発行のクレデイット・カードをHSBC銀行がパレスチナ支援団体の口座を閉鎖したことに抗議して破棄した!

(重信メイ命さんのfbより転載)

https://www.facebook.com/may.shigenobu?fref=ts

the Malaysian minister of agriculture and industry cancels his HSBC credit card to protest the bank's move to close accounts of charity organizations that support Palestine.

The Malaysian agriculture and Industry Minister Ismail Sabri Yaakub yesterday cancelled his usage of a credit card issued by HSBC bank as a mark of protest against the bank for closing the account of charitable organisations that support the Palestinian struggle recently.

Wow! What a precedent he had set for others. A good move but will others follow suit and how much will it effect? ― Ibrahim Appiahさんと一緒です。

写真:ハサミでカードを切るイスメイル・サブリ・ヤクブ)氏

☆(4)今日の【安倍自公ファシスト政権の暴走と政権打倒闘争】

①辺野古で海底の掘削開始 沖縄防衛局、普天間移設

2014年8月18日 共同通信

沖縄防衛局は18日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事に向け、海底ボーリング調査を始めた。防衛省幹部が明らかにした。普天間代替施設の建設に向けた本格的な作業で、17日に設置した台船を足場にして海底掘削を開始、埋め立て地盤の強度や地質を調べる。

11月30日までに、米軍や工事用船舶以外の航行を禁止する臨時制限区域内の海底16カ所を掘削調査する。調査結果を基に埋め立て工事を設計する。

辺野古移設反対派はこの日も船で抗議活動を展開した。反対派が制限区域に船で立ち入れば日米地位協定に伴う刑事特別法の処罰対象となる。

②配偶者控除見直しに意欲 加藤官房副長官

2014年8月17日 共同通信

加藤勝信官房副長官は17日のNHK番組で、女性が労働を抑制する要因とされる所得税の配偶者控除見直しに意欲を示した。「税や社会保障の面で(女性が)働くか、家で育児などをするかの選択をする上で、中立的ではない制度があるとの指摘を受けている。しっかり見直しをしていきたい」と述べた。

配偶者控除を受けられるよう、年末の労働時間を抑制して年収を103万円以下にする人がいる現状を踏まえ「実際に企業活動にもいろいろな制約が出ている。しっかり議論したい」と強調した。

☆(5)今日の重要情報

①AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を

伊藤 和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

2014年8月16日 Yahoo Japan News

http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20140816-00038321/

■好奇心で安易に誘いにのらないで。

夏休みや春休みなどの時期、駅前などで若い女性をターゲットに、タレントにならない? グラビアモデルにならない?AV(アダルト・ビデオ)女優にならないか? という勧誘が盛んになるようです。

好奇心で話を聞きに行き、タレント事務所に所属することになり、契約にあたってその条項にAVもOK等と言う項目がついてくることがあります。しかし、有名になるために少しだけならAVも大丈夫、などとサインすると、後々とんでもないことになります。

やめたくてもやめられず、意に反してAVに出演し続け、ほとんどお金ももらえない被害が相次いでいます。

私は20歳になったばかりの女子大生などがひどい被害にあっている事案の相談にのってきました。しかし、弁護士まで辿り着くのはごく一握り、かなり多くの若い女性が被害にあっているのではないかと思っています。

AV出演自体を恥じ入り、誰にも相談できないで泣き寝入りする人が多いことは想像に難くありません。

自分で積極的にそういうことがしたい、という方は止めませんが、思わぬ被害にあっている方が多いことを考えると、まず、好奇心から軽い気持ちで勧誘に応じたりしないでほしいと是非言いたいです。

■ AVタレント契約の実態

もちろん、自由意思でAV女優になっている人たちもいるかとは思います。

しかし、以下に紹介するのは、私が被害者の女性たちの話からみた、AVタレント契約の実態です。

女の子たちのスカウトは未成年の頃から行われ、親に内緒でタレント事務所と契約を締結することになります。

「タレント契約」「営業委託契約」などと書かれたその契約書をみると、内容はとてもアバウトでアンフェアです。

タレント事務所に所属したタレントは、事務所の指示に従って活動しなければならない、と規定され、無制限にどんな活動でもOKして事務所の指示に従わなければならない内容となっています。タレントに支払われるギャラなどは書かれていません。事務所の指示に従わない場合は違約金を払え、という条項が必ずあり、金額は書かれていません。

ひとたびAVやポルノもOKというところにチェックを入れたら最後、拒絶する権利だとか、取り消す権利を留保する条項は全くありません。

だいたい、契約書はサインさせられるけれど、コピーはもらえないままという被害者も少なくありません。

タレント事務所と契約させられた女の子たちに圧倒的に不利な内容ですが、親に内緒で、未成年の子たちはサインしてしまいます。その後は契約書をたてに事務所から脅かされ、どんなにいやでもAVに出演しないといけないことになるのです。

タレント事務所やプロダクションは、以前はAV女優と雇用契約や、労働者派遣契約を締結していたこともあるようですが、AV出演は、「職業安定法」や「労働者派遣法」上の「公衆道徳上有害な業務」に該当するとされ、募集や派遣行為は処罰の対象となっています。

(裁判例もあります。詳細はこちらの中里見教授の論文に詳しいhttp://ir.lib.fukushima-u.ac.jp/dspace/bitstream/10270/3621/1/2-419.pdf)

だから、今では法の網の目をかいくぐって「タレント契約」「営業委託契約」のようなかたちで、さらに女性達が報酬も得られず、無権利状態で圧倒的に不利な立場で搾取される状況となっているのです。

そして、タレント契約については、雇用契約でないため、タレント事務所・プロダクションに対しては監督官庁もなく、届け出義務もありません。

これまでの経験から言えば、法人登記すらされず、事実上違法営業をし責任を問われると逃げる、というような業者も少なくない、そのようなところに、無知に乗じて若い女性が罠にはまり込み、食い物にされてしまっているわけです。
■「違約金」「親にばらすぞ」と言われ、出演を強要される

こうして契約した女の子たちは、通常20歳になると本格的にAVデビューさせられることになります。

うっかり契約してしまい、「もうやめたい」と思っていても、「違約金払え」「親に言うぞ」等と言われ、そんな大金は支払えないし、親にばれるのだけは嫌なので、泣く泣くAVに出演するしかなくなります。

先日私のところに来た相談について、御本人の承諾を得ましたので、概略をご紹介しましょう(事案を単純化しています)。

2011年、未だ高校生であったKさんはX社にスカウトされ、「営業委託契約」なるものをすぐに締結させられてしまいます。

3か月後にはわいせつなビデオの撮影が行われ、とても嫌で屈辱的だったので、Kさんは「仕事をやめさせてほしい」とX社に懇願しました。

しかし、X社は「違約金がかかるぞ」と脅し、同様の撮影を強要します。撮影されたビデオは販売されたのに対価は全く支払われません。

Kさんが20歳になると、X社はいよいよ、AVの撮影を強要してきました。

Kさんが「嫌だ」というと今度は「ここでやめれば違約金は100万円」と脅され、泣く泣く1本だけAV出演させられました(AVの撮影・製造は他社であり、X社から派遣されました)。
そこで行われた撮影は本当にひどいもので数人の男性との性行為を強要されて、Kさんは心身共に傷つき体調も大変悪くなりました。

いよいよKさんは、「もうこれで終わりにしてほしい」と勇気を出して申し出ましたが、X社は、もう「違約金は1000万円にのぼる」と脅して拒絶(撮影前から撮影後、わずかの間に、100万円の違約金が1000万円にはねあがったわけです)。

「あと9本AVの撮影をしたら、違約金は発生しない」等と脅し続け、あと9本出演するよう執拗に要求しました。

困ったKさんは民間団体の支援を得て、「もう出演しない」と宣言するも、メールで脅したり、最寄り駅周辺や自宅まで多人数の男たちが押しかけ、出演を事実上強要しようとしました。Kさんはこうした強要に負けないことを決意。書面で「契約を解除します」と連絡をしました。すると、今度はX社は弁護士をたてて、違約金なんと2400万円以上を請求してきました。

その間Kさんは性行為の強要やわいせつ行為を伴う撮影という大変苦痛を伴う行為をさせられてきたというのに、違約金を請求される一方で何ら報酬を得ていません。

これは典型的な事例といえますが、2400万円の請求はあまりにひどい。こんな請求を20歳そこそこの女子学生が受け、唯一回避する方策はAV出演だと言われたら、、、まさに債務奴隷ではないでしょうか。

しかも、プロダクション側には「人権派弁護士」を標榜する弁護士がついて法外な請求をしているので、唖然としました。
■ 深刻な被害をなくすために。

違約金の恐怖におびえ、親に相談できずに、法的な知識もない若い女性の無知と困窮に乗じて、性行為とその撮影を強要する、これは、現在日本で進行しているまさに「現代的性奴隷」「債務奴隷」とでもいうべき問題です。そして、すべての性被害と同様、恥ずかしさから誰にも相談できず、泣き寝入りをして声をあげられない被害者が多いことも深刻です。

被害者は、出演を強要され続け、なんとかやめられた後も、ビデオが出回って知られてしまうのではないかという恐怖に怯えながら生きていかないといけません。

いま、リベンジポルノが問題となっていますが、AVは商業ベースに乗せられるわけですので、拡散のリスクはリベンジポルノをはるかに上回ります。

●私は、まず多くの人にこうした問題があることを知ってほしいと思っています。何らかの規制が必要です。

●そしてターゲットとなる若い女性達には、被害が深刻なことを知って、好奇心から安易に契約しないよう是非注意してほしいです。

●若い女性の無知と困窮に乗じてAV出演を強要するような契約は、公序良俗(民法90条)に違反して無効であり、また違約金を支払う正当な根拠もありません。特に未成年の時に親の同意なく取り交わした契約は、法律上取り消すことが出来ます(民法5条)。法律家のサポートを得れば、AV出演から簡単にのがれられるケースはたくさんあります。また場合によってはビデオの回収が出来る場合もあります。

●困っている方は、泣く泣く出演させられてしまう前に、嫌なものは嫌とはっきり断ること、家族などに相談する、家族に相談しにくくても支援団体や公的機関、この問題を取り扱う弁護士に是非相談してほしいと思います。

相談を受け付けている支援団体の例はたとえばこちらです。

http://paps-jp.org/aboutus/coerce/
■ 業界や政府に対して

●AV産業全体に問われる企業倫理

個人的には率直に言って、なぜ日本ではAVのようなものが表現の自由として許容されているのかそもそも不思議でなりません。。

しかし、それはここではさておくとします。

少なくとも、対価ももらえず、嫌なのになくなく出演を強要されている、性的搾取・強要の被害は根絶されなければなりません。

AVは今や巨大産業となっており、AV制作や販売・PRは大手企業によって行われていますが、この産業の少なくとも一端が若い女性に対する意に反する性行為とその撮影の強要という人権侵害・性的搾取によって成り立っているとすれば、企業倫理が問われることになります。

制作会社自体はAV女優が任意・自発的であるかチェックするプロセスを踏んでいると主張することが少なくありませんが、タレント事務所で「違約金支払え」「親にばらす」などと脅されて面接に送り出された若い女性達が本心を言えない状況に置かれていることについて十分に配慮し、対策を打つべきです(これは警察の取り調べで怖い目にあって自白させられた無実の人が、検察の取調でも自白を貫いてしまうのと似ています。まして、被害者は20歳そこそこの女性達です)。

プロモーションを担って巨額の利益を得ている大企業も、サプライチェーンの一番最初に性的搾取がないか、十分に調査し、確認し、性的搾取をなくすための措置を具体的にとるべきです。

●そして、政府にも、児童ポルノ、リベンジ・ポルノや女性に対する様々な暴力と併せて、この隠された深刻な問題について、調査の上実効的な対策をしてほしいと望みます。

法外な違約金を要求して出演を強要させているような悪質業者に関する情報を集め、取り締まりをすることが必要です。
■ 裁判所のきっちりとした判断を

私がこれまで被害女性の代理人となったAVの事案の多くは、業者が契約解除を認め、もちろん違約金などなし、画像等を返却する等の和解で解決する事案・つまり円満解決してきました。

しかし、一度はどこかで法的な紛争とし、裁判所から明確に「公序良俗に反し無効」という判決をもらう必要があると考えています。

そうでないと、どこかで泣き寝入りをしてしまう人を助けることはできません。

今年、東京地方裁判所で私が担当した事件で、芸能関係の契約(分野は異なりますが)について、違約金の定め等の条項が公序良俗無効と判断される判決が出され、確定しました。
AVに関する不当な契約や契約慣行についても司法の光りを当て、法外な違約金の脅しで女性たちがこれ以上食い物にされないよう、明確な判例を勝ち取ることが必要ではないかと思っています。

この問題の世論を喚起するため、今後も折に触れてお伝えしていきたいと思います。

伊藤 和子

弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。

☆(6)今日の注目情報

①傷ついた韓国社会を目ざめさせた教皇

2014.08.17

宗教・世代を超越した‘フランシスコ熱風’

忠北(チュンブク)陰城(ウムソン)コットンネ(花の村)を訪ねたフランシスコ教皇が16日午後、「希望の家」でベッドに寝たきりで過ごしているオ・ミヒョンさん(23)の額に接吻をしている。 この日、教皇は病気で疎外された人約2000人が暮らしているコットンネで、子供たち一人一人と目を合わせ、頭を撫で、障害と捨てられた二重の苦痛を抱えている人たちと共に時間を過ごした。 陰城/写真共同取材団

フランシスコ教皇が投げかけたメッセージが韓国社会を穏やかに包んでいる。宗教を持たない人までが言葉と行動を最大限に一致させようとする教皇の姿を通じて自身を省察する機会にしようと思ったと話す。 私たちの社会が見のがしていた価値を見つけたという人々もいる。 ‘社会的治癒’を語る人も多い。 ‘フランシスコ病’はしばらく続くものと見られる。

「教皇が私たちの問題を直接解決することはできませんよね。それでも耳を傾けて聴き入れることができる人なのでしょう。 教皇は実際に最も低いところまで行って話を聴きます。 気持ちがなければ絶対にそうは出来ないと思います」

宗教はないというキム・タナさん(27)は17日、「あんな教皇がいる宗教ならば信じてもいいと思った」と話した。 それと共に「教皇に熱狂する最も大きな理由は、私たちにはあんな指導者がいないためだと思う」と話した。 ハン・ナムヒ氏(57)も「弱くて貧しい人々に向けられた教皇のリーダーシップを他の指導者も見習って欲しい」と話した。

‘物質より人間’聖職者の真の姿
「セウォル号遺族‘ユミンのお父さん’
手を握る姿にびっくり」
「物質中心の韓国社会に人間の重要性を呼び覚ます」

ソウル九老区(クログ)に住むチャン・ジェファン氏(49)は「私たちの社会に吹いた‘ヒーリング熱風’は個人的次元の問題だった。 ところが教皇の言動で、個別的治癒を越えて‘社会的ヒーリング’が可能だということを感じた」と話した。 チャン氏は「一人で熱心に生きなければならないということから抜け出して、多くの人が共に痛みを治癒していく社会的ヒーリングを見せてくれた。 セウォル号事件のように葛藤が癒えない状況で教皇の行動が一種の反省の契機になったようだ」と話した。 今年1月に洗礼を受けたというパク・ミンジン氏(26)も、教皇がセウォル号家族に会って慰める場面を見て「自分が慰められている感じがした」と話した。

チョン・ホジュン氏(45)は「円仏教」信者だが、16日ソウル光化門(クァンファムン)広場の列福ミサを見るために全北(チョンブク)益山(イクサン)から上京してきた。 チョン氏は「宗教までが物質と成長だけを重視する韓国社会の雰囲気に嵌っているが、教皇は自分の声を上げられない貧しく弱い人々の立場を代弁して痛みを治癒できる話をしている」と話した。

「どんなに大変で、くやしくて、苦しくても、誰一人として信じて寄り添える人がいないじゃないですか。 それで教皇に熱狂するのではないでしょうか」

カトリック信者であるイ・ギルウォン氏(54)は、教皇の胸に付けられた‘黄色いリボン’を見て、セウォル号犠牲者を慰める真心を感じたと話した。

妻と二人の子供とともに列福式場を訪れたイ・ウォンヨン(氏42)は「物質中心の韓国社会で地位の上下を問わず、すべての人間は大切だという教皇のお言葉は大切なテーマではないかと思う」と話した。

腰を低くした‘暖かいリーダーシップ’

“高級車・豪華な宿舎を避け
低いところに向けられた気さくさに感動”
“コットンネ(花の村)で立ったまま50分
真心なしではできないこと”

仏教徒のチェ・ヤンファ氏(45)も「生命を大切にして物質万能の社会に抵抗しなければならないというメッセージは、仏教信徒の間でも話題」と話した。 チェ氏は「教皇訪問前はニュースを見たくないと思うほど、恐ろしくて悲しい内容がいっぱいだった。 私たちの社会が、お金以外には構成員を互いにまとめられる価値がなくなった感じがするほどだった。 教皇が投げかけたメッセージは、私たちが見失っていた価値、お金以上の価値を考え直させる契機になった」と話した。 キム・ヨンボ氏(62)は「何よりも教皇が青年たちにこのような希望のメッセージをたくさん残したことが、最も貴重なことだと考える」と話した。

謙虚で暖かいリーダーシップも感動を与えている。 京畿道(キョンギド)山本(サンボン)高校1年のイ・ジェユン君(16)は「高い地位の教皇だが、人々に寄り添う気さくな姿が印象的だったし感動を受けた」と話した。 パク・チウン氏(28)は「陰城コットンネに行った時、椅子に座りもせずに50分くらい立ったまま話し合う姿を見た。 真心がなければできないと思う」と話した。

フランシスコ教皇から韓国社会が得ることが、集団的治癒の経験だけに留まってはならないと話す人々もいる。 ソン・ソンイク氏(41)は「教皇は聖堂に通いなさいとか、イエスを信じなさいと言う代わりに‘低い者に仕えなさい’という話をしている。 韓国社会がこのお言葉に応える番」と話した。 キム・ギョンミ氏(32)は「教皇から慰労を受けなければならない私たちの状況が残念だ。 教皇が(実際に)私たちにできることはあまりないでしょう。 私たちの中で根本的変化を作る契機を見つけなければならない」と話した。

ソン・ホギュン、チェ・ウリ、イ・ジェウク記者、全国総合 uknow@hani.co.kr

韓国語原文入力:2014/08/17 20:57
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/651555.html 訳J.S(2432字)

☆(7)今日の正論

① 戦没者式辞から「自由」と「民主主義」を削った安倍首相の独善

2014年8月16日

広島と長崎の平和式典の挨拶で「コピペ」批判を浴びた安倍首相。15日の終戦記念日の戦没者追悼式はどうするのか注目されたが、さすがに今回は昨年と文面を変えていた。しかし、その変更点には首相の“意思”が透けて見える。昨年あった〈戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道を邁進してまいりました〉という文章が今年はスッポリ消えていたのだ。

安倍首相は、解釈改憲という“禁じ手”で集団的自衛権の行使を容認するような人物だ。「国民の前に国家」という思想だから、自由や民主主義を軽視する傲慢な本心が表れたのだろう。歴代首相が繰り返してきた「不戦の誓い」に断固として触れないことといい、安倍首相の言う「平和」のなんと空虚なことか。

民主主義の軽視は沖縄でも行われている。安倍首相はいま長期の夏休み途中。今年は内閣改造を前に「心静かに」過ごしているのだというが、辺野古の現状を分かったうえで「心静かに」と言っているのなら、その神経を疑う。

米軍普天間基地の移設先、名護市の辺野古沖合では、沖縄防衛局が14日、突如、埋め立て地域への立ち入り禁止を示すブイを設置。反対住民がカヌーやボートで海上へ出て抗議活動をし、緊張状態が続いている。11月の知事選で現職の仲井真知事が劣勢のため、少しでも埋め立ての既成事実化を図ろうということだが、「ブイの設置を急げ」と防衛省幹部に強く指示したのは首相本人だという。「地元に丁寧に説明」なんてウソっぱち。混乱を招いた張本人が、一方で他人事のように「心静かに」とは開いた口が塞がらない。

 沖縄の事情にも詳しい元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう呆れる。

「防衛当局はブイの設置を躊躇していましたが、安倍首相が『急いでやれ』と声を荒らげて叱責したと報道されています。世論調査では沖縄県民の7割以上が普天間基地の辺野古移設に反対です。そんな状況で、強硬に埋め立て作業を進めれば、緊張状態が生まれるのは当然。沖縄県民はますますかたくなになる。ゴリ押しで短期的には成功しても、長期的には安倍首相にとってマイナスでしかない。工事はうまくいかないでしょう。どうして短絡的な考え方しかできないのか」

国民は安倍首相の本性をもっとよく見た方がいい。

☆(8)今日の【大手マスコミが報道しない真実】

① 4-6月GDP激減でピンチ 黒田日銀「追加緩和」秒読みか

2014年8月17日 日刊ゲンダイ

「日銀の黒田東彦総裁はかなり悩んでいると思いますよ。追加の金融緩和に踏み切るべきか、それとも今までと同じようにジッとしていた方がいいのかと……」(市場関係者)

先日公表された4─6月期GDPは年率換算で前期比6・8%減と大幅に落ち込んだ。東日本大震災のあった11年1─3月期(6・9%減)に匹敵する激減だっただけに、一時、市場は騒然となった。

「株価の暴落も懸念されましたが、何とか踏みとどまった。その理由の一つは、日銀が動くのではないかというものでした。黒田総裁が経済の窮状を打開するため、追加緩和を打ち出す可能性がある。そうなれば、株価は上昇に向かいます。その思惑で、市場は落ち着きを取り戻したのです」(市場関係者)

黒田総裁は、今月8日の金融政策決定会合後の会見でも強気スタンスを貫いた。ウクライナやイラクなどの地政学リスクは意識しているものの、「金融政策が毎月の物価上昇率だけに左右されることはない」と発言。追加金融緩和はにおわせなかった。

一方で、日銀は14年度の実質成長率を3度も下方修正している。1月は1・5%から1・4%に修正、4月には1・1%に下げ、7月に1・0%まで下方修正した。4-6月期GDPの激減を受け、「4度目の下方修正もあり得る」(経済アナリスト)と囁かれだした。

「これだけ実質成長率が下がると、物価上昇に影響が出てきます。黒田日銀が目標とする2%上昇はおぼつかなくなる。打開策は、追加金融緩和で株高をつくりだし、景気を刺激することです。緩和策を打ち出した途端に日経平均は1万6000円を突破し、1万7000円に迫るかもしれません」(株式アナリストの黒岩泰氏)

市場は追加緩和の催促を始めたのだ。問題はその時期となる。

「政府や日銀は、消費税率10%への引き上げを決める直前をもくろんでいると思います。10月下旬に開催される金融政策決定会合が有力ですが、もはや市場はシビレを切らしています。もっと早期に決断したほうがいい」(株式評論家の倉多慎之助氏)

次回の決定会合は、9月3日と4日。ここで黒田総裁が腹をくくる可能性が高い。

☆(9)【海外情報】

①産経支局長がソウル地検に出頭 韓国大統領の名誉毀損で

2014年8月18日 共同通信

【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして告発された産経新聞の加藤達也ソウル支局長(48)が18日、ソウル中央地 検の要請に応 じて同地検に出頭した。加藤氏は産経新聞がウェブサイトに掲載した朴氏の動静に関する記事を執筆、名誉毀損として市民団体に告発された。

韓国で日本の記者が取材・報道活動に関し検察の事情聴取を受けるのは、1993年に韓国軍将校から軍事機密を受け取ったとされたフジ テレビの当時の支局長=後に執行猶予付きの有罪判決が確定し国外退去=以来。

②タイ代理出産:男性がバンコク到着 警察に事情説明か

毎日新聞 2014年08月18日

タイで日本人男性(24)が代理出産で産ませたとみられる乳幼児が保護された問題で、タイ警察当局者は18日、この男性が日本からタイの 首都バン コクに17日に到着したと述べた。18日にもタイ警察に事情を説明するとみられる。タイ警察は男性が乳幼児の父親かどうかを確認し、代理出産 の経緯などを 詳しく聞く方針だ。

タイ警察は代理出産に関与していたクリニックが一部無許可で営業していた疑いで捜査。男性について現段階では「犯罪性は確認されていな い」としているが、慎重に捜査を進めている。(共同)

③イラクのクルド部隊、過激派からダムを奪還

2014年08月18日 AFP日本語版

【8月18日 AFP】イラクのクルド人治安部隊は17日、米軍による空爆の支援を受け、イラク北部モスル(Mosul)郊外にある同国最大のダムを、イスラム教スンニ(Sunni)派過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」から奪還した。ISが6月初めに大規模な攻撃を開始して以降、治安部隊側が収めた最大の勝利 となった。

ISは8月初めにモスル市の東方や西方、北方で攻勢を再開し、同月7日にダムを制圧していた。イラク北部クルド人自治政府の治安部隊 ペシュメルガ(Peshmerga)は、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が先週命じた米軍による空爆の支援を受け、 同地域で失地回復のための戦闘を続けている。

イラクの主要クルド人政党に所属するアリ・アウニ(Ali Awni) 氏はAFPの取材に「モスルダムは完全に解放された」と語った。ダム奪還は別の政党の関係者と、クルド人治安部隊関係者も確認。イラク軍 高官はAFPに対 し、ダムでの戦闘は収束したが、周辺地域の一部はISの戦闘員らが設置した爆弾によって立ち入れない状態となっていると語った。

米中央軍(US Central Command)の報告によると、米軍は 17日、ダム付近で14回の空爆を実施し、ISの武装車両10台と軍用車ハンビー(Humvee)7台、装甲兵員輸送車2台とISの検問所1か所を破壊した。(c)AFP/ Serene ASSIR

④ウクライナ軍、ルガンスク東方の警察署を制圧

2014年 8月18日 ウォールストリート・ジャーナル日本語版

ウクライナ国防省の報道官は17日、ウクライナ政府軍が親ロシア派武装勢力の2つの主 要拠点の1つであるルガンスク東方の町の警察署を制圧したと明らかにした。

ウクライナ、ロシア、フランス、ドイツの4カ国は同日、ウクライナ危機解決に向けて 外交努力を再開するため、ベルリンで外相会談を開いた。ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜のほか、西側とロシアの制裁の応酬を受けて、 外交努力はここ数週間凍結状態となっていた。

ウクライナのクリムキン外相は自身のツイッターで、4カ国外相会談が難航すると予想 するとともに、「最も重要なことはロシアからの武器や戦闘員の流入を食い止めることである」と述べていた。ロシア側は、ウクライナに武器や戦 闘員を送り込んではいないと否定している。

ドイツのシュタインマイヤー外相は、外相会談について、停戦協議のたたき台になるとの認識を示した。

一方ロシアがウクライナ東部向けの人道支援物資を積載していると主張して いる300台弱のトラックの第1便が、検問のためウクライナとの国境に向かった。ウクライナ政府は、これらトラックはロシアによ るウクライナ侵攻の前触れの可能性があると警戒し、両国はその取り扱いをめぐって揉めている。17日午後の時点では検問は開始されていない。

ウクライナ国防省の報道官によれば、政府軍は16日にルガンスク北東方数キロのZhovtneviyの警察署を激しい戦闘の末に制圧した、ま た、親ロシア 派のもう一つの主要拠点ドネツク北東30数キロにあるZhdanivkaも掌握した。その一方で、17日早朝にルガンスク地域でウクライナ軍 の戦闘機1機 が撃墜されたという。

親ロシア派は、ドネツク北東数キロのYasynuvataで政府軍を撃退したと明ら かにした。ただその後、ウクライナのポロシェンコ大統領はツイッターで、Yasynuvataは政府軍が奪還したと述べた。

ウクライナ軍はここ数週間攻勢を強めており、いくつかの都市や町で親ロ派を敗走させている。同国政府は、親ロ派が支配しているドネツクとルガ ンスクをほぼ 包囲したとしている。だが、武装勢力は両市で潜行するとともに、ロシアから新規の戦闘員や武器を受け入れていると述べている。親ロ派の指導者 のは15日 に、ロシアで訓練を受けた1200人の戦闘員を受け入れたと表明した。

ロシア側の説明では支援物資を積んでいるトラックの第1便は、ウクライナとの国境に向かって移動し、ドネツクと呼ばれるロシア側の町近くの検問所に到着 した。欧州安 保協力機構(OSCE)監視団のピカード団長代行は、「私法海では、物資は赤十字が引き取り、トラックの積荷はウクライナ領内のどこかで降ろ され、トラッ クは空荷で戻ることになっている」と話した。

☆(10)【国内情報】

①札幌市議が「アイヌ民族いない」 ツイッターで

2014.08.18 共同通信

札幌市議で自民党会派に所属する金子快之議員(43)が短文投稿サイト「ツイッター」に「アイヌ民族なんて、いまはもういない」と書 き込んでいたことが18日、分かった。書き込みは11日付。

アイヌ民族をめぐっては、政府は6月の閣議決定で「独自の言語、宗教や文化の独自性を有する先住民族」と明記した上で「民族としての 名誉と尊厳を保持し、次世代へ継承していくことは、多様な価値観が共生し、活力ある社会を実現することに資する」とした。
金子議員は自身のブログでも「『アイヌ』を法的に証明する根拠が現行法にない」と記述。

★(11)昨日の情報発信結果
              
①ネットTV放送前日総視聴者数:1,492
②ネットTV放送前日のコメント数:27
③ネットTV放送TV総視聴者数:239,872
④ネットTV放送総コメント数: 26,886
⑤ネット放送サポーター数:666
⑥ネット放送ライブ回数:1,697
⑦ネット放送通知登録数:1,433
⑧ブログ前日閲覧者数(PV):4,581
⑨ブログ前日訪問者数(IP):1,266
⑩ブログトータル閲覧者数(PV):9,194,640
⑪ブログトータル訪問者数(IP):3,498,565

★(12)今日の情報発受信媒体

①メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000

③フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98

④ブログ1:http://blog.goo.ne.jp/yampr7

⑤ブログ2:http://7614yama.blog.fc2.com/

⑥ネットTV放送【YYNewsLive】:http://twitcasting.tv/chateaux1000

⑦ネットTV放送【YYNewsLive】の録画が【YouTube】で見れるようになりました!

north365v(North)さんがアップしてくれていますので以下のURLでご覧いただけます!

https://www.youtube.com/user/North365v

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
*************************

スポンサーサイト



[2014/08/18 18:13] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<08/18のツイートまとめ | ホーム | 08/16のツイートまとめ>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://7614yama.blog.fc2.com/tb.php/1189-3ea9b026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |