FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 【日本語ブログ記事】 ■世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は、世界中のマスコミが隠す『全世界総資産317兆ドル』の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日水曜日(2018.08.22)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2608】の『英日語放送』のメインテーマを加筆訂正して【日本語ブログ記事】にまとめました。

【放送録画】39分54秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522397769

 【日本語ブログ記事】

■世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は、世界中のマスコミが隠す『全世界総資産317兆ドル』の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である!

反貧困国際NGO『オックスファム』は毎年1月『ダボス会議』開催と連動して『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

今年の1月23日に発表した『2018年次報告書』の結論は、『世界のトップ裕福層26人が下位38億人分と同じ資産を所有している』と言う『ショッキングな』ものだった。

しかし『オックスファム』は総資産50兆ドル(約5400兆円)を持つ『断トツ世界一の金持ち・ロスチチャイルド』には一切言及していない!

『オックスファム』が『ロスチチャイルド』の代わりに『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げているのは、下記の『世界のトップ裕福層26人』である!
________________________________

▲経済紙『フォッブス』が伝える『2018年世界の金持ちトップ26』

1 ジェフ・ベゾス    1120億ドル Amazon.com 共同創設者兼CEO USA
2 ビル・ゲイツ     900億ドル マイクロソフトの共同創業者兼顧問 USA
3 ウォーレン・バフェット 840億ドル バークシャー・ハサウェイCEO USA
4 ベルナール・アルノー  720億ドル クリスチャンディオール取締役会長フランス 5 マーク・ザッカーバーグ 710億ドル Facebook共同創業者兼CEO    USA
6 アマンシオ・オルテガ 700億ドル インディテックス社(ZARA)創業者 スペイン
7 カルロス・スリム・ヘル 671億ドル メキシコの実業家 メキシコ
8 チャールズ・コーク 600億ドル アメリカの実業家  USA
9 デイビット・コック 600億ドル アメリカの実業家 USA
10 ラリー・エリソン 585億ドル オラクル共同創業者兼会長兼CTO USA

(以下略)

出典:ファーブス(https://www.forbes.com/billionaires/list/)
___________________________________

▲しかし『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の資産合計1.398兆ドル(約151兆円)は、『ロスチチャイルド』の総資産50兆ドル(約5400兆円)の2.79%でしかないのだ!

【クレディ・スイス】が発表する「グローバル・ウェルス・レポート」によれば、2017年半ばから2018年半ばまでの一年間の『世界全体の総資産』は『317兆ドル』と試算している。


『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の総資産1.398兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『0.435%』でしかないのだ!

他方『ロスチチャイルド』が所有する総資産50兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『15.77%』も占めているのだ!

これこそが、『オックスファム』や『フォッブス』はじめとする世界中のマスコミが必死で『ロスチチャイルド』を隠そうとする『最大の理由』である。

▲もしもこのことが世界中に知れ渡れば、『ロスチチャイルドこそが格差の元凶』と認識され、『ロスチャイルド打倒!』『ロスチャイルドの中央銀行支配をやめさせろ!』『ロスチャイルドから通貨発行権を取り戻せ!』という『反ロスチャイルド運動』が世界中で開始されることだろう!

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************






スポンサーサイト



[2019/01/31 11:07] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【English Blog】■The root cause of the "disparity between rich and poor" is "Rostchild" !
Hello Everyone!
                                
My name is Yasuhiko Yamazaki.

I am a japansese independent journalist based on internet media.

I am also a political and social activist.

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sundayat 8:30 p.m. in local time for more than 6 years.

Approximately 500  people are watching every time.
                                    
I started English-Japanese broadcast biweekly on Wednesday night from the 7th 2015 in order to talk directly to 1.4billions of English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

Please find here-after the English blog based on the scenario of English-Japansese broadcast made yesterday on the 30 January 2019.

【Video】39m54s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522397769

【English Blog】

■The root cause of the "disparity between rich and poor" which is growing year by year on a worldwide basis is "Rostchild" with a total asset of 50 trillion dollars that monopolizes 15.77% of the "worldwide total assets of 317 trillion dollars" concealed by the world's mass media!

Anti-Poor International NGO "Oxfam" announces every January the "annual report on inequality concerns" in conjunction with holding "Davos Conference" .

The conclusion of the "2018 Annual Report" announced on January 23 this year by "Oxfam" was a "shocking" saying that 26 top global richest people own the same asset as the lower 3.8 billion people of the world.

However,"Oxfam" has not mentioned at all "Rothschild,the richest world's top" with a total asset of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

Instead of "Rothschild","Oxfam" mentioned as the primary cause of the "disparityof rich and poor" is "the top 26 richest people in the world" listed below!
______________________________

▲The World's Top 26 Billionaires (2018) by Fobes

https://www.forbes.com/billionaires/list/#version:static

Rank Name Net Worth Age Source Country of Citizenship

#1 Jeff Bezos    $112 B 55 Amazon United States
#2 Bill Gates    $90 B 63 Microsoft United States
#3 Warren Buffett $84 B 88 Berkshire Hathaway United States
#4 Bernard Arnault $72 B 69 LVMH France
#5 Mark Zuckerberg $71 B 34 Facebook United States
#6 Amancio Ortega $70 B 82 Zara Spain
#7 Carlos Slim Helu $67.1 B 79 telecom Mexico
#8 Charles Koch $60 B 83 Koch Industries United States
#8 David Koch $60 B 78 Koch Industries United States
#10 Larry Ellison $58.5 B 74 software United States
#11 Michael Bloomberg $50 B 76 Bloomberg LP United States
#12 Larry Page $48.8 B 45 Google United States
#13 Sergey Brin $47.5 B 45 Google United States
#14 Jim Walton $46.4 B 70 Walmart United States
#15 S. Robson Walton $46.2 B 74 Walmart United States
#16 Alice Walton $46 B 69 Walmart United States
#17 Ma Huateng $45.3 B 47 internet media China
#18 Francoise Bettencourt Meyers $42.2 B 65 L'Oreal France
#19 Mukesh Ambani $40.1 B 61 petrochemicals, oil & gas India
#20 Jack Ma $39 B 54 e-commerce China
#21 Sheldon Adelson $38.5 B 85 casinos United States
#22 Steve Ballmer $38.4 B 62 Microsoft United States
#23 Li Ka-shing $34.9 B 90 diversified Hong Kong
#24 Hui Ka Yan $30.3 B 60 real estate China
#24 Lee Shau Kee $30.3 B 91 real estate Hong Kong
#26 Wang Jianlin $30 B 64 real estate China

https://www.forbes.com/billionaires/list/
___________________________________

▲However, the total assets of "1.398 trillion dollars (about 151 trillion yen)" of "the top 26 richest people" that Oxfam mentioned as the primary cause of the"disparity of rich and poor" represents only 2.79% of the total assets of"Rothschild " of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

According to the "Global Wealth Report" released by the Bank "Credit Suisse", itis said that the "total worldwide assets" of one year from the middle of 2017 to the middle of 2018" is estimated to be "317 trillion dollars".

The "total assets of 1.398 trillion dollars" of "the top 26 richest people" thatOxfam mentioned as the primary cause of the "disparity of rich and poor" represent only "0.435%" of "317 trillion"dollars of total assets of the world".

On the other hand, the "total assets of 50 trillion dollars owned by "Rothschild" reprfesent "15.77% "of the"total assets of the world totaling 317 trillion dollars"!

This is the "biggest reason" why "Oxfam","Fobes" and all mass media all over theworld try to desperately hide "Rothschild".

▲If this is known around the world and people recognize that "Rothchild is the root cause of the disparityof rich and poor", the "anti-Rothchld movements" willbe launched all over the world like as "Rothchild must be overthrown! "Let's stop Rothschild's Central Bank control! "Get back currency issue right from Rothschild!

(the end)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************








[2019/01/31 10:56] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【English-Japanese Blog英日語ブログ記事】■The root cause of the "disparity between rich and・・『貧富の格差』の元凶は全世界総資産の15.77%を独占する『ロスチチャイルド』である!
Hello Everyone!

みなさん こんにちは!
                             
My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japanese independent journalist based on internet media.

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sundayat 8:30 p.m. in local time for more than 6 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と日曜日を除く毎日午後8時半から配信しすでに6年以上になります。

Approximately 500 people are watching every time.

毎回約500名の方が視聴されています。
                                    
I started English-Japanese broadcast from the 7th 2016 in order to talk directly to 1.4billions of English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は英日語放送を2016年2月7日からを開始し日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。

Please find here-after the English blog revised on the scenario of English-Japansese broadcast made yesterday on the 30 January 2019.

以下に昨日(2019.01.30)夜放送しました英日語放送の台本を加筆訂正しました英日語ブログを記しますのお読みください。

【Video】39m54s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522397769

【English-Japanese Blog】【英日語ブログ記事】

■The root cause of the "disparity between rich and poor" which is growing year by year on a worldwide basis is "Rostchild" with a total asset of 50 trillion dollars that monopolizes 15.77% of the "worldwide total assets of 317 trillion dollars" concealed by the world's mass media!

世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は、世界中のマスコミが隠す『全世界総資産317兆ドル』の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である!

Anti-Poor International NGO "Oxfam" announces every January the "annual report on inequality concerns" in conjunction with holding "Davos Conference" .

反貧困国際NGO『オックスファム』は毎年1月『ダボス会議』開催と連動して『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

The conclusion of the "2018 Annual Report" announced on January 23 this year by "Oxfam" was a "shocking" saying that 26 top global richest people own the same asset as the lower 3.8 billion people of the world.

今年の1月23日に発表した『2018年次報告書』の結論は、『世界のトップ裕福層26人が下位38億人分と同じ資産を所有している』と言う『ショッキングな』ものだった。

However,"Oxfam" has not mentioned at all "Rothschild,the richest world's top" with a total asset of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

しかし『オックスファム』は総資産50兆ドル(約5400兆円)を持つ『断トツ世界一の金持ち・ロスチチャイルド』には一切言及していない!

Instead of "Rothschild","Oxfam" mentioned as the primary cause of the "disparityof rich and poor" is "the top 26 richest people in the world" listed below!

『オックスファム』が『ロスチチャイルド』の代わりに『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げているのは、下記の『世界のトップ裕福層26人』である!
________________________________

▲The World's Top 26 Billionaires (2018) by Fobes

https://www.forbes.com/billionaires/list/#version:static

Rank Name Net Worth Age Source Country of Citizenship

#1 Jeff Bezos    $112 B 55 Amazon United States
#2 Bill Gates    $90 B 63 Microsoft United States
#3 Warren Buffett $84 B 88 Berkshire Hathaway United States
#4 Bernard Arnault $72 B 69 LVMH France
#5 Mark Zuckerberg $71 B 34 Facebook United States
#6 Amancio Ortega $70 B 82 Zara Spain
#7 Carlos Slim Helu $67.1 B 79 telecom Mexico
#8 Charles Koch $60 B 83 Koch Industries United States
#8 David Koch $60 B 78 Koch Industries United States
#10 Larry Ellison $58.5 B 74 software United States
#11 Michael Bloomberg $50 B 76 Bloomberg LP United States
#12 Larry Page $48.8 B 45 Google United States
#13 Sergey Brin $47.5 B 45 Google United States
#14 Jim Walton $46.4 B 70 Walmart United States
#15 S. Robson Walton $46.2 B 74 Walmart United States
#16 Alice Walton $46 B 69 Walmart United States
#17 Ma Huateng $45.3 B 47 internet media China
#18 Francoise Bettencourt Meyers $42.2 B 65 L'Oreal France
#19 Mukesh Ambani $40.1 B 61 petrochemicals, oil & gas India
#20 Jack Ma $39 B 54 e-commerce China
#21 Sheldon Adelson $38.5 B 85 casinos United States
#22 Steve Ballmer $38.4 B 62 Microsoft United States
#23 Li Ka-shing $34.9 B 90 diversified Hong Kong
#24 Hui Ka Yan $30.3 B 60 real estate China
#24 Lee Shau Kee $30.3 B 91 real estate Hong Kong
#26 Wang Jianlin $30 B 64 real estate China

https://www.forbes.com/billionaires/list/

▲経済紙『フォッブス』が伝える『2018年世界の金持ちトップ26』

1 ジェフ・ベゾス    1120億ドル Amazon.com 共同創設者兼CEO USA
2 ビル・ゲイツ     900億ドル マイクロソフトの共同創業者兼顧問 USA
3 ウォーレン・バフェット 840億ドル バークシャー・ハサウェイCEO USA
4 ベルナール・アルノー  720億ドル クリスチャンディオール取締役会長フランス 5 マーク・ザッカーバーグ 710億ドル Facebook共同創業者兼CEO    USA
6 アマンシオ・オルテガ 700億ドル インディテックス社(ZARA)創業者 スペイン
7 カルロス・スリム・ヘル 671億ドル メキシコの実業家 メキシコ
8 チャールズ・コーク 600億ドル アメリカの実業家  USA
9 デイビット・コック 600億ドル アメリカの実業家 USA
10 ラリー・エリソン 585億ドル オラクル共同創業者兼会長兼CTO USA

(以下略)

出典:ファーブス(https://www.forbes.com/billionaires/list/)
___________________________________

▲However, the total assets of "1.398 trillion dollars (about 151 trillion yen)" of "the top 26 richest people" that Oxfam mentioned as the primary cause of the"disparity of rich and poor" represents only 2.79% of the total assets of"Rothschild " of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

しかし『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の資産合計1.398兆ドル(約151兆円)は、『ロスチチャイルド』の総資産50兆ドル(約5400兆円)の2.79%でしかないのだ!

According to the "Global Wealth Report" released by the Bank "Credit Suisse", itis said that the "total worldwide assets" of one year from the middle of 2017 to the middle of 2018" is estimated to be "317 trillion dollars".

【クレディ・スイス】が発表する「グローバル・ウェルス・レポート」によれば、2017年半ばから2018年半ばまでの一年間の『世界全体の総資産』は『317兆ドル』と試算している。

The "total assets of 1.398 trillion dollars" of "the top 26 richest people" thatOxfam mentioned as the primary cause of the "disparity of rich and poor" represent only "0.435%" of "317 trillion"dollars of total assets of the world".

『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の総資産1.398兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『0.435%』でしかないのだ!

On the other hand, the "total assets of 50 trillion dollars owned by "Rothschild" reprfesent "15.77% "of the"total assets of the world totaling 317 trillion dollars"!

他方『ロスチチャイルド』が所有する総資産50兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『15.77%』も占めているのだ!

This is the "biggest reason" why "Oxfam","Fobes" and all mass media all over theworld try to desperately hide "Rothschild".

これこそが、『オックスファム』や『フォッブス』はじめとする世界中のマスコミが必死で『ロスチチャイルド』を隠そうとする『最大の理由』である。

▲If this is known around the world and people recognize that "Rothchild is the root cause of the disparityof rich and poor", the "anti-Rothchld movements" willbe launched all over the world like as "Rothchild must be overthrown! "Let's stop Rothschild's Central Bank control! "Get back currency issue right from Rothschild!

(the end)

もしもこのことが世界中に知れ渡れば、『ロスチチャイルドこそが格差の元凶』と認識され、『ロスチャイルド打倒!』『ロスチャイルドの中央銀行支配をやめさせろ!』『ロスチャイルドから通貨発行権を取り戻せ!』という『反ロスチャイルド運動』が世界中で開始されることだろう!

(終わり)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************






[2019/01/31 09:29] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/30のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive英日語放送】The root cause of the "disparity ・・!『貧富の格差』の元凶は世界総資産の15.77%を独占する『ロスチチャイルド』である!https://t.co/pBKwWeRToi https://t.co/d7GWfE8SkM
01-30 22:08

【YYNewsLive英日語放送】■The root cause of the "disparity betwe!『貧富の格差』の元凶は世界総資産の15.77%を独占する『ロスチチャイルド』である! https://t.co/kcpvUE3jGf
01-30 22:07

「YYNewsLive」!PCからキャス配信中 - The root cause of the "disparity be ・・!世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は全世界総資産の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である! https://t.co/d7GWfE8SkM
01-30 20:58

「YYNewsLive」!PCからキャス配信中 - The root cause of the "disparity between ric・・!世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は全世界総資産の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である! https://t.co/Pjsi9r6jQS
01-30 20:56

【今日のブログ記事No.3109】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか? - 杉並からの情報発信です https://t.co/p3j0BjDjxD
01-30 16:45

杉並からの情報発信です2 【YYNewsLiveNo2709】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか? https://t.co/VTbYXcXxBq
01-30 16:45

【今日のブログ記事No.3109】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?https://t.co/cmJ0yajjFF https://t.co/7WMQr4VSeP
01-30 08:42

【今日のブログ記事No.3109】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか? https://t.co/pujzcsskUw
01-30 08:41

[2019/01/31 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive英日語放送】■The root cause of the "disparity betwe!『貧富の格差』の元凶は世界総資産の15.77%を独占する『ロスチチャイルド』である!
Hello Everyone! 
                           
みなさん こんばんは!

Thank you very much for your kind attention to my English-Japanese broadcast from Japan.

日本からの英日語放送を視聴していただきありがとうございます。      

Today si Wednesday the 30th January 2019 at 8.45 PM in local time.

今日は2019年1月30日本時間で午後8時45分です。

My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japanese independent journalist based on internet media.

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sunday at 8:30 p.m. in local time for more than 5 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と水曜日を除く毎日午後8時半から配信しすでに5年以上になります。

Approximately 500-1000 people are watching each time.

毎回約500-1000名の方が視聴されています。
                                    
I started English-Japanese broadcast by-weekly on Wednesday night from the 7th February 2016 in order to talk directly to 1.4billions of
English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は隔週水曜日夜に英日語放送を2016年2月7日からを開始、日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。

【Video】39m54s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522397769

【the principal subject of today】 今日のメインテーマ

■The root cause of the "disparity between rich and poor" which is growing year by year on a worldwide basis is "Rostchild" with a total asset of 50 trillion dollars that monopolizes 15.77% of the "worldwide total assets of 317 trillion dollars" concealed by the world's mass media!

世界規模で年々深刻化する『貧富の格差』の元凶は、世界中のマスコミが隠す『全世界総資産317兆ドル』の15.77%を独占する総資産50兆ドルの『ロスチチャイルド』である!

Anti-Poor International NGO "Oxfam" announces every January the "annual report on inequality concerns" in conjunction with holding "Davos Conference" .

反貧困国際NGO『オックスファム』は毎年1月『ダボス会議』開催と連動して『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

The conclusion of the "2018 Annual Report" announced on January 23 this year by "Oxfam" was a "shocking" saying that 26 top global richest people own the same asset as the lower 3.8 billion people of the world.

今年の1月23日に発表した『2018年次報告書』の結論は、『世界のトップ裕福層26人が下位38億人分と同じ資産を所有している』と言う『ショッキングな』ものだった。

However,"Oxfam" has not mentioned at all "Rothschild,the richest world's top" with a total asset of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

しかし『オックスファム』は総資産50兆ドル(約5400兆円)を持つ『断トツ世界一の金持ち・ロスチチャイルド』には一切言及していない!

Instead of "Rothschild","Oxfam" mentioned as the primary cause of the "disparityof rich and poor" is "the top 26 richest people in the world" listed below!

『オックスファム』が『ロスチチャイルド』の代わりに『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げているのは、下記の『世界のトップ裕福層26人』である!
________________________________

▲The World's Top 26 Billionaires (2018) by Fobes

https://www.forbes.com/billionaires/list/#version:static

Rank Name Net Worth Age Source Country of Citizenship

#1 Jeff Bezos    $112 B 55 Amazon United States
#2 Bill Gates    $90 B 63 Microsoft United States
#3 Warren Buffett $84 B 88 Berkshire Hathaway United States
#4 Bernard Arnault $72 B 69 LVMH France
#5 Mark Zuckerberg $71 B 34 Facebook United States
#6 Amancio Ortega $70 B 82 Zara Spain
#7 Carlos Slim Helu $67.1 B 79 telecom Mexico
#8 Charles Koch $60 B 83 Koch Industries United States
#8 David Koch $60 B 78 Koch Industries United States
#10 Larry Ellison $58.5 B 74 software United States
#11 Michael Bloomberg $50 B 76 Bloomberg LP United States
#12 Larry Page $48.8 B 45 Google United States
#13 Sergey Brin $47.5 B 45 Google United States
#14 Jim Walton $46.4 B 70 Walmart United States
#15 S. Robson Walton $46.2 B 74 Walmart United States
#16 Alice Walton $46 B 69 Walmart United States
#17 Ma Huateng $45.3 B 47 internet media China
#18 Francoise Bettencourt Meyers $42.2 B 65 L'Oreal France
#19 Mukesh Ambani $40.1 B 61 petrochemicals, oil & gas India
#20 Jack Ma $39 B 54 e-commerce China
#21 Sheldon Adelson $38.5 B 85 casinos United States
#22 Steve Ballmer $38.4 B 62 Microsoft United States
#23 Li Ka-shing $34.9 B 90 diversified Hong Kong
#24 Hui Ka Yan $30.3 B 60 real estate China
#24 Lee Shau Kee $30.3 B 91 real estate Hong Kong
#26 Wang Jianlin $30 B 64 real estate China

https://www.forbes.com/billionaires/list/

▲経済紙『フォッブス』が伝える『2018年世界の金持ちトップ26』

1 ジェフ・ベゾス    1120億ドル Amazon.com 共同創設者兼CEO USA
2 ビル・ゲイツ     900億ドル マイクロソフトの共同創業者兼顧問 USA
3 ウォーレン・バフェット 840億ドル バークシャー・ハサウェイCEO USA
4 ベルナール・アルノー  720億ドル クリスチャンディオール取締役会長フランス 5 マーク・ザッカーバーグ 710億ドル Facebook共同創業者兼CEO    USA
6 アマンシオ・オルテガ 700億ドル インディテックス社(ZARA)創業者 スペイン
7 カルロス・スリム・ヘル 671億ドル メキシコの実業家 メキシコ
8 チャールズ・コーク 600億ドル アメリカの実業家  USA
9 デイビット・コック 600億ドル アメリカの実業家 USA
10 ラリー・エリソン 585億ドル オラクル共同創業者兼会長兼CTO USA

(以下略)

出典:ファーブス(https://www.forbes.com/billionaires/list/)
___________________________________

▲However, the total assets of "1.398 trillion dollars (about 151 trillion yen)" of "the top 26 richest people" that Oxfam mentioned as the primary cause of the"disparity of rich and poor" represents only 2.79% of the total assets of"Rothschild " of 50 trillion dollars (about 5,400 trillion yen)!

しかし『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の資産合計1.398兆ドル(約151兆円)は、『ロスチチャイルド』の総資産50兆ドル(約5400兆円)の2.79%でしかないのだ!

According to the "Global Wealth Report" released by the Bank "Credit Suisse", itis said that the "total worldwide assets" of one year from the middle of 2017 to the middle of 2018" is estimated to be "317 trillion dollars".

【クレディ・スイス】が発表する「グローバル・ウェルス・レポート」によれば、2017年半ばから2018年半ばまでの一年間の『世界全体の総資産』は『317兆ドル』と試算している。

The "total assets of 1.398 trillion dollars" of "the top 26 richest people" thatOxfam mentioned as the primary cause of the "disparity of rich and poor" represent only "0.435%" of "317 trillion"dollars of total assets of the world".

『オックスファム』が『貧富の格差』の元凶としてやり玉に挙げた『世界のトップ裕福層26人』の総資産1.398兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『0.435%』でしかないのだ!

On the other hand, the "total assets of 50 trillion dollars owned by "Rothschild" reprfesent "15.77% "of the"total assets of the world totaling 317 trillion dollars"!

他方『ロスチチャイルド』が所有する総資産50兆ドルは、『世界全体の総資産額317兆ドル』の『15.77%』も占めているのだ!

This is the "biggest reason" why "Oxfam","Fobes" and all mass media all over theworld try to desperately hide "Rothschild".

これこそが、『オックスファム』や『フォッブス』はじめとする世界中のマスコミが必死で『ロスチチャイルド』を隠そうとする『最大の理由』である。

▲If this is known around the world and people recognize that "Rothchild is the root cause of the disparityof rich and poor", the "anti-Rothchld movements" willbe launched all over the world like as "Rothchild must be overthrown! "Let's stop Rothschild's Central Bank control! "Get back currency issue right from Rothschild!

(the end)

もしもこのことが世界中に知れ渡れば、『ロスチチャイルドこそが格差の元凶』と認識され、『ロスチャイルド打倒!』『ロスチャイルドの中央銀行支配をやめさせろ!』『ロスチャイルドから通貨発行権を取り戻せ!』という『反ロスチャイルド運動』が世界中で開始されることだろう!

(終わり)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************
*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************















[2019/01/30 22:05] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3109】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日火曜日(2019.01.30)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2709】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 101分10秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522207148

【今日のブログ記事No.3109】

■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?

その答えは、昨年8カ月にわたって朗読した中国の経済学者宋鴻兵(ソン・ホンビン)氏の著書『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)の中に詳細に述べられているので、その要点を書き起こしたものを以下に再掲する!
_________________________________________________________________

【画像】宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

20190130ソンホンビンロスチャイルド通貨強奪の歴史

この本は中国で150万部、韓国で7万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

【著者】宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。
_______________________________________________________________

(再掲はじめ)

▲第1章 ロスチャイルド家ー世界一の大富豪

本題の主題

アメリカの雑誌『フォーブス』の世界長者番付で「2008年度には現役を引退したために世界ランキングの2となったMicrosoftの創業者ビル・ゲイツが、2009年3月の発表ではまた1位に返り咲き、新には株価の下落で前年の位置から落ちた著名投資家ウォーレン・バフェットが入った」とメディアは騒いだ。

だが、あなたがこれらの話を真に受けているなら、メディアにいっぱい食わされていることになる。なぜなら、大富豪の真のトップは、世界長者番付などには出てこないように、西側のメディアをコントロールしているからだ。

ロスチャイルド家は今も銀行業を営んでいる。しかし、北京や上海の街角で100名の中国人にロスチャイルド銀行のことを聞いても誰1人知らないだろう。たとえ99人の中国人がシティーバンクを知っているとしても、だ。

中国人にとって聞き慣れないロスチャイルドとは、一体どんな人物なのか。もし金融業者がロスチャイルドを知らないならば、それはナポレオンを知らない軍人や、アインシュタインを知らない物理学者のように、極めて不可思議なことだ。しかし、大多数の中国人が知らなくてもそれは別に奇怪な事でも意外な事でもない。ただロスチャイルド家が実は中国や世界の人々の過去、現在、未来に大きな影響を与えてきたにも関わらず、これほど知名度が低く、鳴りをひそめる能力に長けていることには驚きを禁じえない。

ロスチャイルド家は一体どれだけの財産を持っているのだろうか。それは世界の謎の1つだ。少なく見積もっても50兆ドル(約5,000兆円はあると言われている。

ロスチャイルド家がいかにしてこの50兆ドルを手に入れたかを、これから紹介していくことにしよう。ロスチャイド家が金融、政治、戦争と言う残忍な戦場を勝ち抜き、この200年間で最も強大な金融帝国を築き上げた背景には、堅牢な家族制度、精密で外部からは見えない暗闇の中での操作、精密な調整力、市場より迅速な情報収集、一貫した冷徹な理性、お金への際限なき執着と欲望、お金と富に対する洞察力と天才的な読み、などがあったのである。

▲第2章 国際銀行家とアメリカ大統領の100年戦争

本書の主題

「中国の歴史が政治と権力闘争の歴史であり、皇帝の心を理解しなければ中国の歴史の本質に迫り得ない」と言うなら、「西洋の歴史は金銭闘争の歴史でありその金融政策を知らなければその歴史わからない」と言える。

アメリカ史は国際勢力からの干渉と陰謀に満ち溢れている。国際金融勢力がアメリカの中枢に入り込み、アメリカ経済を転覆させようとしていることを人々が知っていたら、鳥肌が立つように不安を感じたであろう。しかし、彼らは人々に知られないように侵入し続けてきたのだ。

民主制度は、そう封建的専制に対抗するために生まれた集中的な防御の仕組みであり、その設計と構築、そして実践は大きな成果を上げた。しかし、民主制度は、金銭が生み出した新種の権力であるウィルスに対しては、信頼できるほどの抵抗力を持っていなかったのだ。

この新しい体制である民主制度は、『通貨発行権を牛耳ることによって国を支配する戦略』をとってきた国際銀行家の戦略に対して、対応策と防御の面で大きな欠陥があった。アメリカ政府は、南北戦争後も100年間にわたり、民営の中央銀行の設立と言う金融分野の最重要課題をめぐって、金銭にかかわる『超特殊利益集団』とも言うべきグループと命を賭けて戦い続けてきた。その過程では7人の大統領が暗殺され、数多くの議員が命を落とした。

アメリカの歴史学者によれば、アメリカ大統領の死傷率は第二次世界世界大戦時のノルマンディー上陸作戦第一陣の平均死傷率を上回るという。

中国が金融分野を全面的に開放するに伴い、国際銀行家が相次いで中国金融産業の心臓部に入り込んでくるだろう。

アメリカで起きたことが、今の中国でも繰り返されるのか。まず、アメリカの近代史から見ていこう。

▲第3章 連邦準備銀行 私有中央銀行

本書の主題

正直に言って、アメリカ連邦準備銀行が国有でなく、私有の中央銀行、すなわち、民間の中央銀行であることを知っている中国の経済学者は今でも少ないと思われる。いわゆる「『連邦準備銀行』は、その実、『連邦』でも、『準備』でもなく、また『銀行』とも言えない存在なのである。

多くの中国人は、当然ながらアメリカ政府がドルを発行していると思っているだろうが、アメリカ政府は実は通貨の発行権を持ってはいない。1963年、ケネディ大統領が暗殺された後に、アメリカ政府は最後に残っていた銀貨の発行権も失ってしまったのだ。アメリカ政府がドルを欲しければ、国民から未来の徴税を私有中央銀行である連邦準備銀行に担保として差し入れ、連邦準備銀行に『連邦銀行券』すなわち、ドル貨幣を発行してもらうのだ。

連邦準備銀行の性質と来歴は、アメリカの学界とメディアにとってはタブーである。メディアは毎日『同性愛者の結婚問題』のような、痛くも痒くもない話題を延々と議論しているが、一人ひとりの国民の日々の利害に関わる通貨発行の支配者は誰かといった最重要問題には、ひと言も触れないのである。本書では、この重要問題について触れ、アメリカの主流メディアが『ろ過』してしまった、連邦準備銀行の成立の秘密についてお話しすることにしたい。虫眼鏡を手に取り、世界史の中の重大事件の結末に向けてレンズをゆっくりと動かすと、次の歴史的事件の全容が見えてくる。

1913年12月23日アメリカの人民が選んだ政府が金銭権力によって転覆した。

▲第4章 第一次世界大戦と大不況ー国際銀行家の"豊穣なる季節"

本書の主題

戦争するには資金が必要だ。大きな戦争ほど戦費もかさむ。それはあたり前のことである。だが問題は、誰が戦費を出すかと言うことだ。ヨーロッパやアメリカの政府には通貨の発行権がないため、銀行家から借りるしかない。戦争はあらゆる物質をまたたく間に消耗する。鍋をつぶして武器に変え、すべてのものを失っても、それでも最後まで戦うことを強いる。交戦国の政府はどんな代償払っても戦争を続け、条件など考慮もせず銀行家から融資を受けることになる。それゆえ、銀行家は戦争を好む。また、銀行家は自ら戦争を仕組み、きっかけを提供し、そして支援する。国際銀行家が所有する立派な建物は、すべて犠牲者の亡霊がさまよう廃墟の上に建てられているのだ。

金儲けのもう一つの重要な手段は、経済危機を演出することである。国際銀行家は、まず、銀行信用取引を拡大する。するとバブルが起こり、国民は莫大な資金を投棄市場に注ぎ込むことになる。投資ブームが最も高まったり時点で、金融引き締めに転じ、景気低迷と資産価値の暴落を引き起こす。優良資産の価格は通常の10分の1、あるいは100分の1に下落する。そしてさらに安い値段になったときに、その優良資産を買収するのだ。これは、は国際金融家の間では『羊毛刈り』と呼ばれている。私有中央銀行が設立されてからの『羊毛刈り』はそれまで歴史上誰も経験したことのないほどに、程度も規模も大きなものになっていった。

最近では、1997年にアジアの『小龍(香港、韓国、台湾、シンガポール)』と、『小虎(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン)』で『羊毛刈り』が起きた。中国と言う肥えた羊が次に毛を刈り取られるかどうかは、中国次第である。過去に起きた目にあまるほど残酷な『羊毛刈り』の惨劇を中国が真剣に研究し、対策を立てるかどうかにかかっているのだ。

中国の国有銀行も、インフレを誘発して利益を刈り取る誘惑にかられなかったわけではない。しかし、結局、中国は人民が血を吐く思いで手にした財産を、インフレを利用して奪う事はせず、また、その能力もなかった。そういう悪意を持った人間が国内にはいなかったため、中国は建国以来1度も重大な経済危機が起きなかったのだ。しかし、海外の銀行が中国市場に進出し、国際金融資本家が来てからは、状況が一変した。

▲第5章 インフレにおける「新政」

本章の主題

ケインズは金を(野蛮な異物「と称した。では、なぜケインズは金を魔物に例えたのだろうか。断固としてインフレに反対していたケインズが、なぜ金の敵になったのか。

アラン・グリーンスパンは40歳の時には金本位制の擁護者だったが、連邦準備制度理事会の議長に就任してからは、態度を一変させた。2002年に彼は「金は依然として世界の究極の支払い手段なのである」と主張してはいるものの、1990年代に発生した西側諸国の中央銀行家による、金価格の抑圧と言う「陰謀」を傍観していたのだろうか。

国際銀行家たちと彼らの御用達の学者はどうしてここまで金を憎むのか。なぜケインズの「貨幣論」はこれほど彼らに歓迎されるのか。

人類社会5000年の長い歴史の中で、いかなる時代、国家、宗教、民族においても、金は富の"最終形だと認められてきた。この根強い考え方は、決してケインズが軽々しく「金は野蛮な遺物「と言うだけで、抹消されるものではない。金と富の必然的な繋がりは、古くから人々の生活の中に自然に存在している。国民が政府の政策や経済の先行きに心配ならば、手持ちの紙幣を金に変えて、状況の回復を待つことができるのだ。紙幣を自由に金に変えられることは、人々にとって最も基本的な経済上の基盤なのである。この基盤に立ってこそ、民主主義やさまざまな形の自由が、実際の意味を持ってくる。国民が紙幣を金に交換すると言うもともと存在している権利を政府が強制的にはく奪したときは、国民の最も基本的な自由を根本から奪い取ったと言うことになる。

国際銀行家たちは、金が普通の貴金属でないことをよく知っている。金は唯一、デリケートな歴史を背負っている「政治金属」であり、金問題にうまく対応できなければ、世界規模の金融危機を誘発してしまう。正常な社会において、金本位制を廃除すれば、深刻な社会不安やひいては暴力革命を引き起こすことになるだろう。だが、"極めて異例な社会"に於いてのみ国民は仕方なく一時的にこの権利を放棄するのだ。そして銀行家たちが深刻な経済の危機と衰退と言う"極めて異例な社会"を必要とする理由である。経済の危機と衰退の脅威の中で、国民は容易に妥協し団結は壊れやすく、社会の注意力は分散し、銀行家たちの策略が最も実現しやすくなる。このため、銀行家たちは、経済の危機と衰退を、政府と国民に対する最も有効な武器として繰り返して利用してきたのだ。

…、国際銀行家たちは、1929年以降の深刻な経済危機を巧みに利用して、正常な状態では極めて実現しがたい「金本位制廃止」と言う大業を成し遂げ、第二次大戦に至る金融の道を敷設した。

第8章 不意打ちの通貨戦争

我々は高い尾根に立つ狼のように、鹿の群れを見下ろしている。タイの経済はアジアの虎に例えられてきたが、今は傷を負った獲物のようだ。我々が手負いの獲物を猟の標的にしたのは、鹿の1群を健康にするためであった。

ーユージン・リンデン (『タイム誌』アジア版1997年)

【本章の主題】

「商品」の供給を独占すれば巨利が得られる。通貨が不可欠な「商品」であり、一国の通貨発行独占できれば、莫大な利益を獲得する魔法の杖を手に入れたも同然となる。数百年来、国際銀行家たちが知恵を絞り、手段を選ばず、国家の通貨発行権を独占しようとした理由がここにある。彼らの最終目的は世界の通貨発行権を独占することなのだ。

世界の通貨発行を支配するために、国際銀行家たちは1970年代から一連の通貨戦争を勃発させた。ドル高の維持、発展途上国の解体、競合相手の撲滅などがそれだ。狙いは、世界経済を「コントロールしながら解体し」、ロンドンのシティーとウォール街が支配する「世界政府」「世界通貨「と「世界税収の礎を作り上げることである。

ここで注意しなければならないのは、国際銀行家は「超特殊利益集団」であると言うことだ。彼らは、いかなる国家、政府にも属さず、逆に国家と政府を支配する。彼らはあるときはドルとアメリカの力を発揮利用するが、時期到来ともなると、ドルを攻撃する側に回る。1929年の大恐慌に匹敵する経済危機を世界規模で引き起こし、各国政府に多くの主権を放棄させ、地域内の通貨統合を進めたり、個別政府制度の維持を諦めさせる。

中国の金融システムを攻撃することが彼らの最重要課題となっていることは疑う余地がない。問題は、いつ攻撃するか、どんな方法で攻撃するか、なのだ。◯◯を願っているだけでは、悲惨な結果を招くことになろう。

彼らが用いる方法は、日本を攻撃した手法と似ているかもしれない。まず、中国でスーパーバブルを引き起こす。中国も彼らの援助でー1985年から1990年の日本のようにー数年間の繁栄が続く。そして彼らは実行に移すのだ。「遠距離日接触型」の金融"核"攻撃を仕掛け、世界中の中国経済の信頼をしなわせ、海外と国内の資金を中国から追い出してしまう。その後で、極めて安い価格で中国の社会資本などのコア資産を買収し、中国経済を徹底的に解体し、世界を統一するもっとも重要な一歩を踏み出すと言うシナリオだ。

第10章 万世を謀る者 

金も、自由と同じように、その価値を低く見積もってったところに我慢している必要はない。-ロト・アイリック・モリル(米財務長官、1813-1883) 1878年

●【本書の主題】P354 (書き起こし)

1850年のロンドンは、世界の金融システムの太陽だった。その100年後の1950年には、ニューヨークに世界の富が集中した。では2005年、国際金融の王座には誰が座っていたのだろうか。

有史以来各時代に台頭した国家や地域は大勢の生産力を基盤に巨万の富を創出した。それらの時代では、取引の中で自分が蓄積した富が、他の価値の低い通貨に駆逐されぬよう、厳重に工夫がなされていた。19世紀の間に裏付けられた本度や20世紀の
19世紀の金に裏付けられたポンドや 20世紀の金銀のドルがそうであったように、その時代に君臨した高価値の通貨を維持するためのメカニズムが作動していた。世界の富は価値を保ってくれる場所に集中する。そして、強く安定した通貨は社会の分業と資源の合理的な配置を促す。その結果、より合理的な経済構造が形成され、より多くの富が創出される。

しかし、巨大な国家が下り坂を転げ始めると、生産力は次第に萎縮し、莫大な政府財政支出と戦費によって、これまでの蓄えを使い果たすことになる。政府はインフレを作り出し、負債の山から逃れ、国民の蓄えを略奪しようとする。その結果、富を守る場所を探して海外に流れていく。

通貨の弱体、は国家の衰退を示す最初の兆候と言える。1914年にイングランド銀行がポンドと金の兌換を中止すると発表した時から、大英帝国の権威が戻ってくる事はなかった。ニクソンが1971年に金取引の窓口を閉鎖した時から、アメリカの輝きは色褪せ始めた。イギリスは第1次大戦の硝煙とともにその国力を霧散させ、アメリカは、幸運にもこれまで大戦の戦場にならなかったため、束の間の繁栄を保っている。しかし、花に囲まれ、宴を楽しんでいるように見える豪邸の内部は、巨額の債務によって既に空っぽになっているのだ。

インフレを操作して国民の富を騙し取ろうとする国は、最終的に富に見捨てられる。

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2019/01/30 08:38] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/29のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLiveNo2709】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?https://t.co/c0k1YGWkwv https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:59

①安倍首相が施政方針演説でも嘘だらけ“アベノミクスの成果”を強弁! 戦意高揚の短歌まで読み上げるカルト全開2019.01.28 Literahttps://t.co/M0r1YKzjVD https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:32

日ロ交渉ご破算で…プーチンの“安倍パッシング”が始まる2019/01/28 日刊ゲンダイhttps://t.co/JYHeO27jhC https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:31

⑤社説]最悪の韓日関係を「意図的放置」する無責任な安倍2019/01/29 ハンギョレ新聞https://t.co/x1oBU4jjqU https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:31

④厚労省不正統計 「納得できない」85%2019/01/27 日テレNEWS24https://t.co/1mtQPkewwa https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:30

パリで「赤いスカーフ」隊がデモ 「黄色いベスト」の暴力に1万人超が抗議2019年1月28日 AFP日本語版https://t.co/fixXP3coh0 https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:29

「兵士5000人をコロンビアへ」 米大統領補佐官がメモ撮られる2019年1月29日 AFP日本語版https://t.co/GKGml9oS9Z https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:28

①あなたのPCに勝手に侵入 政府が“違法ハッカー”になる日2019/01/29 日刊ゲンダイhttps://t.co/UCPF9rrVQQ https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:28

第10章 万世を謀る者 https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:27

第8章 不意打ちの通貨戦争 https://t.co/7WMQr4VSeP
01-29 22:27

続きを読む
[2019/01/30 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLiveNo2709】■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?
いつもお世話様です。  
                        
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日火曜日(2019年01月29日)午後9時から放送しました【YYNewsLiveNo2709】の放送台本です!

【放送録画】101分10秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522207148

☆今日の最新のお知らせ

①明日水曜日(2019.01.30)の放送は英日語放送です!

②明後日木曜日(2019.01.31)と金曜日(2019.02.01)の放送は東京での講演会に参加する予定がありますのでお休みさせていただきます。

☆今日の画像

①『黄色いベスト運動』の暴力に反対する『赤いマフラー運動』のデモ (AFP記事)

20190129赤いマフラーデモ

(私のコメント)

『赤いマフラー運動』は『黄色いベスト運動』の暴力ではなく、機動隊員の暴力に反対するのが筋だろう!

②『黄色いベスト運動』参加者に対するフランス機動隊員の暴力1:

20190129フランス機動隊の暴力1

ゴム弾が直撃して意識不明で倒れた男性

③『黄色いベスト運動』参加者に対するフランス機動隊の暴力2:

20190129フランス機動隊の暴力

  無抵抗のデモ参加者を足でけっている機動隊員

④トランプ政権内随一の戦争派・ボルトン大統領特別補佐官(安全保障問題担当)

20190129ボルトン補佐官

☆今日の推薦図書

①『官邸ポリス 総理を支配する闇の集団』

幕 蓮 (著) 講談社刊

Amazon.CO.JP

http://u0u1.net/PN9c

内容紹介

元警察キャリアが書いたリアル告発ノベル!!

文科省局長の収賄や事務次官のスキャンダル、

近畿財務局による国有地の不当売却、財務省の公文書改竄とセクハラ地獄、野党幹事長候補のセックス・スキャンダル……こうした事件の裏に蠢いた「最強権力」が、日本の政官界には存在した!?

東日本大震災の原発事故の際に目撃した政治の機能不全――このとき「日本国にとって必要なのは、40年間ひたむきに国家のため奉職する官僚である」と確信した警察官僚のグループが存在する。

そして、政権交代が起きても常に日本国を領導し続ける組織、すなわち「官邸ポリス」が組織されていったのだ!

現在の長期政権のあと、「官邸ポリス」が牛耳る日本は、一体どのような国になるのか!?
▲情報誌【FACTA】の記事『元警察キャリアの暴露本「官邸ポリス」の毒針』より抜粋

2019年2月号 FACTA

https://facta.co.jp/article/201902006.html

(抜粋はじめ)

とにかくプロローグが鮮烈だ。3・11の翌日、福島第一原発が水素爆発。内閣官房長官の戸田裕紀は〈「国民を安心させる」という美名のもと、偽情報を流し続けた。「放射能は直ちに健康被害が生じるレベルではありません」などと記者会見で述べ、実態を隠そうとした〉。

その直後に、戸田は〈「日本はヤバイぞ。すぐに日本を脱出するんだ。いますぐ子どもたちを連れて羽田に向かえ」と妻に命じた〉と暴露する。この録音データを入手した元内閣危機管理官の瀬戸弘和は〈この政権に日本は任せられない。日本にとって必要なのは、真に我が国のことを考えている内務官僚たる我々だ」〉と断じ、〈少しはましな民自党政権になったら、現役に復帰して、政権を強固にする特別警察(官邸ポリス)を作る構想を抱き〉、それを現実に移していく。

戸田=枝野幸男・立憲民主党代表、瀬戸=杉田和博・内閣官房副長官がモデルであることは明白だ。枝野氏の妻子が、3・11直後に日本を離れ、しばらく帰国しなかったことは、当時の政権中枢の「秘中の秘」と、陰口をよく聞いた。インテリジェンス界の頂点に立つ杉田氏に、件の録音データを握られているとしたら、枕を高くして眠れまい。

(抜粋終わり)

☆今日のひとこと

①反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差の元凶』としてやり玉に挙げた『世界トップ富裕層26人』の資産合計(1.38兆ドル)は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の『0.435%』しかない!(山崎康彦)

②反貧困国際NGO『オックスファム』が必死で隠す『欧州ロスチチャイルド家』の総資産(50兆ドル)は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の『15.77%』を占める!これこそが『格差の元凶』だろう!(山崎康彦)

③反貧困国際NGO『オックスファム』が『欧州ロスチチャイルド家』の存在を必死で隠す理由は、もしもこのことが世界中に知れ渡れば『欧州ロスチチャイルド家こそが格差の元凶』と認識され、『欧州ロスチャイルド家を打倒せよ!』『彼らによる中央銀行支配をやめさせろ!』『彼らから通貨発行権を取り戻せ!』の運動がたちまち開始されることになるからだ!(山崎康彦)

☆今日の注目情報

①世界的経済学者・宇沢弘文氏が蛇蝎の如く嫌った「新自由主義」

2014/09/28  日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/153687

竹中平蔵パソナ会長/(C)日刊ゲンダイ

「日本を代表する経済学者」といわれた宇沢弘文東大名誉教授が今月18日、肺炎のために死去した。大手新聞は一斉に訃報と、その業績、生きざまを書いていたが、そこにすっぽり抜け落ちていた部分がある。宇沢氏こそ、アベノミクスが推し進め、竹中平蔵慶大教授が旗を振っている「新自由主義」に真っ向から反対し、猛烈な批判を浴びせていたことだ。晩年の宇沢氏は「TPPは社会的共通資本を破壊させる」と唱え、「TPPを考える国民会議」も立ち上げた。宇沢氏の功績=アベノミクスの全否定になるのである。

宇沢氏は1951年に東大理学部数学科を卒業した。経済学に転じたのは「世の中を救うのは経済学である」と考えたからだ。米スタンフォード大准教授、カリフォルニア大助教授、シカゴ大教授を経て、東大教授に。70年代以降は市場原理を優先する経済理論や、それを推進する学者の浅ましさを徹底批判したことで知られている。

最晩年にインタビューし、宇沢氏が2011年、脳梗塞で倒れた後も親交を結んでいたジャーナリストの佐々木実氏はこんな思い出を語ってくれた。

「宇沢氏は新自由主義者のノーベル経済学者、フリードマンとシカゴ大で一緒でした。ある日、みんなでランチを一緒にしていると、フリードマンが怒っている。ポンド切り下げを見越して、空売りをしようとしたら、銀行から断られたというのです。それで怒っているフリードマンの言動に宇沢氏は心底あきれて、このエピソードを話されていた。稼ぐが勝ちという新自由主義もおかしければ、それを唱える学者の人間性にも怒っていた。

ノーベル賞クラスの学者でしたから、竹中平蔵氏を名指しで非難はしていませんが、その政策や生きざまには批判的でした。実は宇沢氏と竹中氏は日本開発銀(現・日本政策投資銀)の研究所で一緒だった時期があるのです。その時に竹中氏が共著にすべき論文を単著で出して大問題になった。それを収めたのが宇沢氏なのですが、その竹中氏が新自由主義の旗振り役となって、日本をおかしくしているのですから、皮肉なことだと思います」

宇沢氏は40年以上前、ベトナム戦争を批判された米国防長官が経済効率性を理由に胸を張ったことに愕然とし、「言葉に言い尽くせない衝撃を受けた」と語っている。以後、平等・公正・正義ではなく、「稼ぐ」ことだけを目的とした経済学に批判を投げかけてきた。人材派遣大手・パソナの会長として、巨額の報酬を得ながら、産業競争力会議のメンバーにもなって、パソナが得をする雇用改革を推し進めている竹中氏などは、宇沢氏にしてみれば論外で、蛇蝎のごとく嫌う存在だったのである。

「宇沢氏は学者が政府の会議に入ることにも批判的でした。宇沢氏の存在があったからこそ、教え子の学者たちは政府の会議で緊張していた。その重しがなくなると、どうなるのか、心配です」(佐々木実氏)

竹中氏のようなエセ学者が跋扈しないようにメディアは宇沢氏の功績と懸念をもっと伝えなければならないが、大マスコミ自体が新自由主義に毒されているのだから、どうにもならない。

☆今日の推薦図書(朗読+テキスト)

■推奨本朗読】衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第三十五回目朗読 (2019.01.25)

第二章 経済むしばむ“官企業”―特殊法人と公益法人など (P112-186)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/1067.html

第一節 日本は官制経済の国だ (P112-121)

●資本主義の仮面を着けた社会主義  (P115-116)

市場経済にとってもう一つ恐ろしいことは、わが国ではGDPに近い額の郵
貯・簡保・年金の積立金が政府資金として運用されており、しかも、この内二
〇〇兆円を超える巨額の資金が債券や株式など有価証券市場に投入されている
ことである。

そもそも資本主義経済の動脈ともいうべき内外の金融市場に対して大量の政
府資金を動員することは、自由・自然な生きた市場を撹乱する。血管に血液型
の異なる血液を輸血注入するに等しい行為である。否、危険な非加熱製剤の輸
血といってもよいであろう。

政府により金融市場に出される資金のうち、国際金融市場に当てられる資金
量はざっと五〇兆円である。内訳は外為特会二八兆円、財政融資資金四〇〇〇
億円、郵貯特会四兆六五〇〇億円、簡保特会四兆一五〇〇億円、年金資金運用
基金一兆二六〇〇億円、簡保事業団(金額非公開だが、郵貯特会から一五兆
円、簡保特会から一〇・五兆円受け入れる預託金の約三分の一と推測)八兆
円、農林中金七兆円(農林中金は現在は特殊法人でないとされているが、法律
により特別に設置された官企業)、その他である。

各国とも一定の外貨準備等により、国際金融市場への調整介入政策をとるこ
とはある。しかし、それは国家的な緊急かつ不測の事態への調整手段ないしは
外交的必要性によるものである。それにしても自由競争と市場経済を前提とし
たルールは守られなければならない。最大の金融大国たるアメリカの場合で
も、政府の外貨準備高はせいぜい七兆円程度(六六二億ドル)に過ぎない。こ
れを見てもわが国は世界に特異な資本主義の仮面を着けた社会主義国(国家資
本主義) であることがわかる。

こうした政府の巨額の(借金)資金による国際証券市場への進出という財
政・金融構造こそ、国内はもとより世界の金融市場を歪め、日本が世界経済の
破壊者となる可能性を高めている。今後、郵貯、年金等の自主運用が進めばま
すます危供される。

(続く)

(1)今日のメインテーマ

■なぜ『欧州ロスチャイルド家』は50兆ドル(約5400兆円)もの『とてつもない資産』を秘密裏に蓄積できたのか?

その答えは、昨年8カ月にわたって朗読した中国の経済学者宋鴻兵(ソン・ホンビン)氏の著書『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)の中に詳細に述べられているので、その要点を書き起こしたものを以下に再掲する!

(再掲はじめ)

▲第1章 ロスチャイルド家ー世界一の大富豪

本題の主題

アメリカの雑誌『フォーブス』の世界長者番付で「2008年度には現役を引退したために世界ランキングの2となったMicrosoftの創業者ビル・ゲイツが、2009年3月の発表ではまた1位に返り咲き、新には株価の下落で前年の位置から落ちた著名投資家ウォーレン・バフェットが入った」とメディアは騒いだ。

だが、あなたがこれらの話を真に受けているなら、メディアにいっぱい食わされていることになる。なぜなら、大富豪の真のトップは、世界長者番付などには出てこないように、西側のメディアをコントロールしているからだ。

ロスチャイルド家は今も銀行業を営んでいる。しかし、北京や上海の街角で100名の中国人にロスチャイルド銀行のことを聞いても誰1人知らないだろう。たとえ99人の中国人がシティーバンクを知っているとしても、だ。

中国人にとって聞き慣れないロスチャイルドとは、一体どんな人物なのか。もし金融業者がロスチャイルドを知らないならば、それはナポレオンを知らない軍人や、アインシュタインを知らない物理学者のように、極めて不可思議なことだ。しかし、大多数の中国人が知らなくてもそれは別に奇怪な事でも意外な事でもない。ただロスチャイルド家が実は中国や世界の人々の過去、現在、未来に大きな影響を与えてきたにも関わらず、これほど知名度が低く、鳴りをひそめる能力に長けていることには驚きを禁じえない。

ロスチャイルド家は一体どれだけの財産を持っているのだろうか。それは世界の謎の1つだ。少なく見積もっても50兆ドル(約5,000兆円はあると言われている。

ロスチャイルド家がいかにしてこの50兆ドルを手に入れたかを、これから紹介していくことにしよう。ロスチャイド家が金融、政治、戦争と言う残忍な戦場を勝ち抜き、この200年間で最も強大な金融帝国を築き上げた背景には、堅牢な家族制度、精密で外部からは見えない暗闇の中での操作、精密な調整力、市場より迅速な情報収集、一貫した冷徹な理性、お金への際限なき執着と欲望、お金と富に対する洞察力と天才的な読み、などがあったのである。

▲第2章 国際銀行家とアメリカ大統領の100年戦争

本書の主題

「中国の歴史が政治と権力闘争の歴史であり、皇帝の心を理解しなければ中国の歴史の本質に迫り得ない」と言うなら、「西洋の歴史は金銭闘争の歴史でありその金融政策を知らなければその歴史わからない」と言える。

アメリカ史は国際勢力からの干渉と陰謀に満ち溢れている。国際金融勢力がアメリカの中枢に入り込み、アメリカ経済を転覆させようとしていることを人々が知っていたら、鳥肌が立つように不安を感じたであろう。しかし、彼らは人々に知られないように侵入し続けてきたのだ。

民主制度は、そう封建的専制に対抗するために生まれた集中的な防御の仕組みであり、その設計と構築、そして実践は大きな成果を上げた。しかし、民主制度は、金銭が生み出した新種の権力であるウィルスに対しては、信頼できるほどの抵抗力を持っていなかったのだ。

この新しい体制である民主制度は、『通貨発行権を牛耳ることによって国を支配する戦略』をとってきた国際銀行家の戦略に対して、対応策と防御の面で大きな欠陥があった。アメリカ政府は、南北戦争後も100年間にわたり、民営の中央銀行の設立と言う金融分野の最重要課題をめぐって、金銭にかかわる『超特殊利益集団』とも言うべきグループと命を賭けて戦い続けてきた。その過程では7人の大統領が暗殺され、数多くの議員が命を落とした。

アメリカの歴史学者によれば、アメリカ大統領の死傷率は第二次世界世界大戦時のノルマンディー上陸作戦第一陣の平均死傷率を上回るという。

中国が金融分野を全面的に開放するに伴い、国際銀行家が相次いで中国金融産業の心臓部に入り込んでくるだろう。

アメリカで起きたことが、今の中国でも繰り返されるのか。まず、アメリカの近代史から見ていこう。

▲第3章 連邦準備銀行 私有中央銀行

本書の主題

正直に言って、アメリカ連邦準備銀行が国有でなく、私有の中央銀行、すなわち、民間の中央銀行であることを知っている中国の経済学者は今でも少ないと思われる。いわゆる「『連邦準備銀行』は、その実、『連邦』でも、『準備』でもなく、また『銀行』とも言えない存在なのである。

多くの中国人は、当然ながらアメリカ政府がドルを発行していると思っているだろうが、アメリカ政府は実は通貨の発行権を持ってはいない。1963年、ケネディ大統領が暗殺された後に、アメリカ政府は最後に残っていた銀貨の発行権も失ってしまったのだ。アメリカ政府がドルを欲しければ、国民から未来の徴税を私有中央銀行である連邦準備銀行に担保として差し入れ、連邦準備銀行に『連邦銀行券』すなわち、ドル貨幣を発行してもらうのだ。

連邦準備銀行の性質と来歴は、アメリカの学界とメディアにとってはタブーである。メディアは毎日『同性愛者の結婚問題』のような、痛くも痒くもない話題を延々と議論しているが、一人ひとりの国民の日々の利害に関わる通貨発行の支配者は誰かといった最重要問題には、ひと言も触れないのである。本書では、この重要問題について触れ、アメリカの主流メディアが『ろ過』してしまった、連邦準備銀行の成立の秘密についてお話しすることにしたい。虫眼鏡を手に取り、世界史の中の重大事件の結末に向けてレンズをゆっくりと動かすと、次の歴史的事件の全容が見えてくる。

1913年12月23日アメリカの人民が選んだ政府が金銭権力によって転覆した。

▲第4章 第一次世界大戦と大不況ー国際銀行家の"豊穣なる季節"

本書の主題

戦争するには資金が必要だ。大きな戦争ほど戦費もかさむ。それはあたり前のことである。だが問題は、誰が戦費を出すかと言うことだ。ヨーロッパやアメリカの政府には通貨の発行権がないため、銀行家から借りるしかない。戦争はあらゆる物質をまたたく間に消耗する。鍋をつぶして武器に変え、すべてのものを失っても、それでも最後まで戦うことを強いる。交戦国の政府はどんな代償払っても戦争を続け、条件など考慮もせず銀行家から融資を受けることになる。それゆえ、銀行家は戦争を好む。また、銀行家は自ら戦争を仕組み、きっかけを提供し、そして支援する。国際銀行家が所有する立派な建物は、すべて犠牲者の亡霊がさまよう廃墟の上に建てられているのだ。

金儲けのもう一つの重要な手段は、経済危機を演出することである。国際銀行家は、まず、銀行信用取引を拡大する。するとバブルが起こり、国民は莫大な資金を投棄市場に注ぎ込むことになる。投資ブームが最も高まったり時点で、金融引き締めに転じ、景気低迷と資産価値の暴落を引き起こす。優良資産の価格は通常の10分の1、あるいは100分の1に下落する。そしてさらに安い値段になったときに、その優良資産を買収するのだ。これは、は国際金融家の間では『羊毛刈り』と呼ばれている。私有中央銀行が設立されてからの『羊毛刈り』はそれまで歴史上誰も経験したことのないほどに、程度も規模も大きなものになっていった。

最近では、1997年にアジアの『小龍(香港、韓国、台湾、シンガポール)』と、『小虎(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン)』で『羊毛刈り』が起きた。中国と言う肥えた羊が次に毛を刈り取られるかどうかは、中国次第である。過去に起きた目にあまるほど残酷な『羊毛刈り』の惨劇を中国が真剣に研究し、対策を立てるかどうかにかかっているのだ。

中国の国有銀行も、インフレを誘発して利益を刈り取る誘惑にかられなかったわけではない。しかし、結局、中国は人民が血を吐く思いで手にした財産を、インフレを利用して奪う事はせず、また、その能力もなかった。そういう悪意を持った人間が国内にはいなかったため、中国は建国以来1度も重大な経済危機が起きなかったのだ。しかし、海外の銀行が中国市場に進出し、国際金融資本家が来てからは、状況が一変した。

▲第5章 インフレにおける「新政」

本章の主題

ケインズは金を(野蛮な異物「と称した。では、なぜケインズは金を魔物に例えたのだろうか。断固としてインフレに反対していたケインズが、なぜ金の敵になったのか。

アラン・グリーンスパンは40歳の時には金本位制の擁護者だったが、連邦準備制度理事会の議長に就任してからは、態度を一変させた。2002年に彼は「金は依然として世界の究極の支払い手段なのである」と主張してはいるものの、1990年代に発生した西側諸国の中央銀行家による、金価格の抑圧と言う「陰謀」を傍観していたのだろうか。

国際銀行家たちと彼らの御用達の学者はどうしてここまで金を憎むのか。なぜケインズの「貨幣論」はこれほど彼らに歓迎されるのか。

人類社会5000年の長い歴史の中で、いかなる時代、国家、宗教、民族においても、金は富の"最終形だと認められてきた。この根強い考え方は、決してケインズが軽々しく「金は野蛮な遺物「と言うだけで、抹消されるものではない。金と富の必然的な繋がりは、古くから人々の生活の中に自然に存在している。国民が政府の政策や経済の先行きに心配ならば、手持ちの紙幣を金に変えて、状況の回復を待つことができるのだ。紙幣を自由に金に変えられることは、人々にとって最も基本的な経済上の基盤なのである。この基盤に立ってこそ、民主主義やさまざまな形の自由が、実際の意味を持ってくる。国民が紙幣を金に交換すると言うもともと存在している権利を政府が強制的にはく奪したときは、国民の最も基本的な自由を根本から奪い取ったと言うことになる。

国際銀行家たちは、金が普通の貴金属でないことをよく知っている。金は唯一、デリケートな歴史を背負っている「政治金属」であり、金問題にうまく対応できなければ、世界規模の金融危機を誘発してしまう。正常な社会において、金本位制を廃除すれば、深刻な社会不安やひいては暴力革命を引き起こすことになるだろう。だが、"極めて異例な社会"に於いてのみ国民は仕方なく一時的にこの権利を放棄するのだ。そして銀行家たちが深刻な経済の危機と衰退と言う"極めて異例な社会"を必要とする理由である。経済の危機と衰退の脅威の中で、国民は容易に妥協し団結は壊れやすく、社会の注意力は分散し、銀行家たちの策略が最も実現しやすくなる。このため、銀行家たちは、経済の危機と衰退を、政府と国民に対する最も有効な武器として繰り返して利用してきたのだ。

…、国際銀行家たちは、1929年以降の深刻な経済危機を巧みに利用して、正常な状態では極めて実現しがたい「金本位制廃止」と言う大業を成し遂げ、第二次大戦に至る金融の道を敷設した。

第8章 不意打ちの通貨戦争

我々は高い尾根に立つ狼のように、鹿の群れを見下ろしている。タイの経済はアジアの虎に例えられてきたが、今は傷を負った獲物のようだ。我々が手負いの獲物を猟の標的にしたのは、鹿の1群を健康にするためであった。

ーユージン・リンデン (『タイム誌』アジア版1997年)

【本章の主題】

「商品」の供給を独占すれば巨利が得られる。通貨が不可欠な「商品」であり、一国の通貨発行独占できれば、莫大な利益を獲得する魔法の杖を手に入れたも同然となる。数百年来、国際銀行家たちが知恵を絞り、手段を選ばず、国家の通貨発行権を独占しようとした理由がここにある。彼らの最終目的は世界の通貨発行権を独占することなのだ。

世界の通貨発行を支配するために、国際銀行家たちは1970年代から一連の通貨戦争を勃発させた。ドル高の維持、発展途上国の解体、競合相手の撲滅などがそれだ。狙いは、世界経済を「コントロールしながら解体し」、ロンドンのシティーとウォール街が支配する「世界政府」「世界通貨「と「世界税収の礎を作り上げることである。

ここで注意しなければならないのは、国際銀行家は「超特殊利益集団」であると言うことだ。彼らは、いかなる国家、政府にも属さず、逆に国家と政府を支配する。彼らはあるときはドルとアメリカの力を発揮利用するが、時期到来ともなると、ドルを攻撃する側に回る。1929年の大恐慌に匹敵する経済危機を世界規模で引き起こし、各国政府に多くの主権を放棄させ、地域内の通貨統合を進めたり、個別政府制度の維持を諦めさせる。

中国の金融システムを攻撃することが彼らの最重要課題となっていることは疑う余地がない。問題は、いつ攻撃するか、どんな方法で攻撃するか、なのだ。◯◯を願っているだけでは、悲惨な結果を招くことになろう。

彼らが用いる方法は、日本を攻撃した手法と似ているかもしれない。まず、中国でスーパーバブルを引き起こす。中国も彼らの援助でー1985年から1990年の日本のようにー数年間の繁栄が続く。そして彼らは実行に移すのだ。「遠距離日接触型」の金融"核"攻撃を仕掛け、世界中の中国経済の信頼をしなわせ、海外と国内の資金を中国から追い出してしまう。その後で、極めて安い価格で中国の社会資本などのコア資産を買収し、中国経済を徹底的に解体し、世界を統一するもっとも重要な一歩を踏み出すと言うシナリオだ。

第10章 万世を謀る者 

金も、自由と同じように、その価値を低く見積もってったところに我慢している必要はない。-ロト・アイリック・モリル(米財務長官、1813-1883) 1878年

●【本書の主題】P354 (書き起こし)

1850年のロンドンは、世界の金融システムの太陽だった。その100年後の1950年には、ニューヨークに世界の富が集中した。では2005年、国際金融の王座には誰が座っていたのだろうか。

有史以来各時代に台頭した国家や地域は大勢の生産力を基盤に巨万の富を創出した。それらの時代では、取引の中で自分が蓄積した富が、他の価値の低い通貨に駆逐されぬよう、厳重に工夫がなされていた。19世紀の間に裏付けられた本度や20世紀の
19世紀の金に裏付けられたポンドや 20世紀の金銀のドルがそうであったように、その時代に君臨した高価値の通貨を維持するためのメカニズムが作動していた。世界の富は価値を保ってくれる場所に集中する。そして、強く安定した通貨は社会の分業と資源の合理的な配置を促す。その結果、より合理的な経済構造が形成され、より多くの富が創出される。

しかし、巨大な国家が下り坂を転げ始めると、生産力は次第に萎縮し、莫大な政府財政支出と戦費によって、これまでの蓄えを使い果たすことになる。政府はインフレを作り出し、負債の山から逃れ、国民の蓄えを略奪しようとする。その結果、富を守る場所を探して海外に流れていく。

通貨の弱体、は国家の衰退を示す最初の兆候と言える。1914年にイングランド銀行がポンドと金の兌換を中止すると発表した時から、大英帝国の権威が戻ってくる事はなかった。ニクソンが1971年に金取引の窓口を閉鎖した時から、アメリカの輝きは色褪せ始めた。イギリスは第1次大戦の硝煙とともにその国力を霧散させ、アメリカは、幸運にもこれまで大戦の戦場にならなかったため、束の間の繁栄を保っている。しかし、花に囲まれ、宴を楽しんでいるように見える豪邸の内部は、巨額の債務によって既に空っぽになっているのだ。

インフレを操作して国民の富を騙し取ろうとする国は、最終的に富に見捨てられる。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

①あなたのPCに勝手に侵入 政府が“違法ハッカー”になる日

2019/01/29 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246373

国が不正アクセス!(右・国内最大のハッカー大会「SECCON」)/(C)共同通信社

東京五輪を“言い訳”にすれば何でもやりたい放題だと勘違いしているのではないか。政府が近く、サイバー攻撃対策として、企業や家庭のパソコンやスマホといった「IoT機器」に対し、無差別に侵入する調査に乗り出すと報じられ、ネット上で「安倍政権による違法ハッカー行為」と大騒ぎになっている。

調査は、企業や家庭などにあるルーターやウェブカメラなどの「IoT機器」を無作為に選んで侵入。セキュリティー対策に問題がある機器を見つけた場合、ユーザーに注意を促す――という。政府は昨年5月に電気通信事業法を改正。2024年3月末までの5年間、総務省所管の「情報通信研究機構」が調査業務を行うことを決めた。

改正法で、機構は「認定送信型対電気通信設備サイバー攻撃対処協会」に業務委託できるとされ、今月8日に「一般社団法人ICT―ISAC」(東京)が協会認定を受けたばかり。同法人には大手携帯電話会社をはじめ、NHKや民放などがズラリと名を連ねているから、恐らく国内にある「IoT機器」はほとんどが調査対象に含まれるということだ。
■セキュリティー対策を口実に不正アクセス

総務省や機構の担当者は、東京五輪対策を理由に挙げて「国民の皆さまにはご理解いただきたい」なんて言っているらしいが、どのように説明しようが、セキュリティー対策を口実にした政府の「不正アクセス行為」だろう。

アクセスの際に得られるウェブカメラの映像や保存データを政府機関がどう扱うのか、国民が不安を抱くのも当然だ。まして調査するのが、不正統計や公文書偽造を繰り返している霞が関の官庁であり、バックにいるのが、やりたい放題の安倍政権だ。盗聴や盗撮など恣意的な運用の可能性も十分あり得るのだ。昨年の国会審議で、侵入調査を「国民に対する政府機関によるハッキング」と断じていた立憲民主の小川淳也議員は、こう指摘していた。

「国民の政府や政府系機関の情報管理に対する信頼度は高くありませんよ。それがどういう形で流出するのか、どういう形で悪用される恐れがあるのか。国民の政府や政府機関に対する情報管理の信頼度は極めて低い」

その通りだ。国民に平気でウソをつき、バレたら開き直って言い訳し、グウの音も出なくなっても論点をすり替える。そんなアベ政治と言いなりの行政機関を誰が信用するのか。自由に国民の懐に手を突っ込める状況を許せば、憲法で保障された「通信の秘密」もプライバシー保護もあったもんじゃない。

ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。 

「現実の世界でいえば、玄関の扉をコンコンと叩いて『戸締まりに気を付けて』というのではなく、いきなり扉を開けて家の中に入り込み、家人に注意を促すのに等しい。調査するのであれば、どういう手順で、いつから実施し、何らかの個人情報が漏れた場合は厳罰に処す、などの罰則規定を公表するべきです。そうでなければ、国民も信用できないでしょう」

こんな重大な調査を改正法でやろうなんて、政権がコトの重要性を考えていないか、国民をなめ切っているということ。怒らない方が異常だ。

②「兵士5000人をコロンビアへ」 米大統領補佐官がメモ撮られる

2019年1月29日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3208551?act=all

米ホワイトハウスで記者会見したジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当、手前)とスティーブン・ムニューシン財務長官

【1月29日 AFP】ジョン・ボルトン(John Bolton)米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が手にしたノートに「兵士5000人をコロンビアへ」との走り書きがあるのが目撃され、写真が撮影された。

同補佐官は28日、ホワイトハウス(White House)で記者会見し、コロンビアの隣国ベネズエラでの危機について説明。この会見中、黄色いノートに黒い文字で上記の走り書きがあるのが目撃された。

ベネズエラでは野党指導者のフアン・グアイド(Juan Guaido)国会議長が暫定大統領就任を宣言。米国はすでにグアイド氏を暫定大統領として承認している。

匿名の米当局者は、コロンビア派兵の可能性の「裏付けとなるものは目にしていない」と述べている。

 ボルトン補佐官は記者会見で、ベネズエラに米兵を動員する可能性を排除せず、「大統領はこの問題に関し、あらゆる選択肢があることを明確にしている」と述べた。

③パリで「赤いスカーフ」隊がデモ 「黄色いベスト」の暴力に1万人超が抗議

2019年1月28日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3208376?act=all

仏パリで行われた「赤いスカーフ」デモの様子(2019年1月27日撮影

【1月28日 AFP】仏パリで27日、反政権運動「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」の暴力行為に抗議するデモが行われ、1万人以上が参加した。参加者が赤いスカーフなどを身に着けてデモ行進するこの対抗運動は「フラール・ルージュ(赤いスカーフ、foulards rouges)」と呼ばれている。

黄色いベストによるデモは昨年11月以来、11週間にわたって毎週土曜日に行われており、警察との激しい衝突に発展することも多い。エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は収束に向けて譲歩策を示したり、対話の機会を設けたりしている。

赤いスカーフのデモ隊はこの日、雨が降りしきる中、パリ市内のナシオン(Nation)広場からバスチーユ(Bastille)記念碑まで行進。フランス国旗と欧州旗を振りながら、「民主主義にウィを、革命にノンを」と連呼する人もいた。

中道派によるこの運動は、黄色いベストの一部の過激グループによる暴力行為に恐怖を覚えたという南西部トゥールーズ(Toulouse)の技師が発案した。参加者の多くは、貧困層への支援拡充という黄色いベストの要求自体は反対しているのではなく、衝突や破壊行為に嫌気が差していると説明している。

デモ行進を呼び掛けたローラン・スーリエ(Laurent Soulie)さんは、参加者は「10週間自宅でじっとしていたサイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)」の代表だと述べている。

④厚労省不正統計 「納得できない」85%

2019/01/27 日テレNEWS24

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190127-00000045-nnn-pol

NNNと読売新聞が週末に行った世論調査で、不正統計問題をめぐる厚生労働省の「組織的な隠ぺいはなかった」とする説明に85%の人が「納得できない」と答えた。

厚生労働省の「勤労統計」の不正問題をめぐり、特別監察委員会は検証の結果、「組織的な隠ぺいはなかった」と説明している。世論調査では、この説明について「納得できない」と答えた人が85%にのぼった。

さらに国の統計が不適切に処理されていた問題は、省庁の信頼性に「影響する」と答えた人も80%にのぼっている。

一方、いわゆる元徴用工訴訟やレーダー照射の問題をめぐり、対立が深まる日韓関係については、「韓国に歩み寄ることも考えるべき」が22%だったのに対して、韓国が受け入れがたい主張をしている限り、「関係が改善しなくてもやむを得ない」は71%だった。
また、北方領土の返還に向けたロシアとの交渉については、「2島の返還を先に実現し、返還交渉を続ける」が53%で、去年11月の調査から5ポイント下がったが、依然半数を超えている。

ただ、領土問題が解決に向かうと「思わない」は、去年11月から7ポイント増え、69%だった。

なお、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月から2ポイント増え49%、「支持しない」は5ポイント減り、38%だった。

【NNN・読売新聞世論調査】
1/25~27 全国有権者に電話調査
固定電話 547人(回答率62%)
携帯電話 556人(回答率44%)
 合計 1103人が回答
http://ntv.co.jp/yoron

⑤社説]最悪の韓日関係を「意図的放置」する無責任な安倍

2019/01/29 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00032683-hankyoreh-kr

日本の安倍晋三首相は28日、施政演説で韓日関係についてまったく言及しなかった。韓日の軋轢が日帝強制占領期の慰安婦や強制徴用などの過去の問題で、そして最近では日本哨戒機の低空威嚇飛行などの軍事分野にまで拡大している厳重な現実を意図的に無視したのだ。両国の関係を改善するよりも、現在の不和と対立をそのまま放置するという意図に見える。安倍首相の無責任な態度に深い遺憾を表わさざるをえない。

安倍首相が施政演説で韓国に言及したのは、北朝鮮問題について説明して「米国や韓国をはじめとする国際社会とも緊密に連携していく」というくだりだけだ。これは他の周辺国について積極的な政策意思を明らかにしたこととは対照的だ。安倍首相は北朝鮮に対して「相互不信の殻を破り、金正恩委員長と直接向き合い、あらゆるチャンスを逃すことなく」として国交正常化の意思を明らかにしたうえ、中国についても「日中関係を新たな段階へと押し上げる」と覚悟を固めた。

安倍首相が2012年の2度目の政権以降、韓日関係を毎年格下げしてきているのは事実だが、今回のように儀礼的な関係改善の意思表明すらしないのは過度に意図的であり政治的だ。相手を無視する形で腹いせをするという幼稚なことこの上ない発想と見られる。最近、韓日の衝突が激化して安倍内閣の支持率が上がったという世論調査に励まされた面があるという日本のマスコミの報道もある。しかし、これまでの韓日関係の経験に照らしてみると、両国の不和が長期化するのは両国ともに損なことは明らかだ。にもかかわらず、安倍首相が問題解決に乗りだすよりも国内の政治的メリットのために、むしろ楽しんでいるかのような態度を見せていることは、責任ある国家の指導者の姿勢とは言いがたい。

古びた韓日の軋轢の火種が軍事分野まで広がった責任は日本にある。日本は昨年突然「東海上で韓国海軍の駆逐艦が射撃統制レーダーで自国の海上哨戒機を照準する威嚇的な行動をした」と公けに主張し、混乱を引き起こした。その後も日本海上の哨戒機が低空近接飛行を続けて軍事的緊張を高めている。それなのに新年の施政演説でこれに関する何の言及もなしに、知らぬふりをして無視するばかりとは、韓日関係を今後どのようにしていこうというのか、安倍首相に厳重に尋ねたい。

(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

⑥日ロ交渉ご破算で…プーチンの“安倍パッシング”が始まる

2019/01/28 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246370

“外交の安倍”演出も限界(C)ロイター

安倍首相の外遊詰め込みで先延ばしにされた通常国会は28日、ようやく召集された。「戦後外交の総決算」を掲げる安倍首相は、日ロ平和条約締結交渉を前進させると意気込み、25回目の首脳会談に臨んだものの、手ぶらで帰国。「外交交渉」を口実に詳細な説明から逃げているが、日ロ交渉は終わったも同然だ。

共同通信が26日に報じたパノフ元駐日ロシア大使のインタビューは、合点がいく内容だった。それによると、北方領土問題を巡り、安倍首相は昨年11月の首脳会談でプーチン大統領に1956年の日ソ共同宣言に基づく交渉受け入れを表明。歯舞群島、色丹島の引き渡しだけで解決する方針を伝えたという。国会にも国民にも一度も説明することなく、従来の政府方針である4島返還を後退させ、2島返還で手を打とうとしているのである。
ロシア側には好都合な展開にもかかわらず、先週の首脳会談はシラケきっていた。プーチンの遅刻はお決まりだが、民間企業トップらの同行を拒否。共同記者発表で安倍首相がプーチンとの親密さをアピールするとラブロフ外相は露骨に顔をしかめ、両首脳の握手シーンでは日本側が拍手で盛り上げたにもかかわらず、ロシア側は棒立ちだった。

「プーチン大統領は昨年まとめた年金受給開始年齢の引き上げで世論の猛反発を招き、急激に求心力を失っています。14年のクリミア併合で支持率を上げたように、ロシアは領土拡大には大賛成し、喪失には大反対する国民性です。このタイミングで領土交渉を進めようとする安倍首相は“招かれざる客”でしかありません」(筑波大教授の中村逸郎氏)
■支持率さらに低下 過去最低32・8%

ロシア政府系世論調査機関「全ロシア世論調査センター」の政治家信頼度調査(20日時点)によると、プーチンは1位だったものの、「信頼する」との回答は32・8%まで低下。06年以降に公表している中で最低の数字だという。

「ジリ貧の支持率に苦しむプーチン大統領にとって、領土交渉は鬼門です。安倍首相を相手にするだけ、世論の反発を増幅しかねない状況のため、“安倍パッシング”に拍車がかかるのではないか」(対ロ外交関係者)

ラブロフがしかめっ面を見せたのは、安倍首相が「6月にウラジーミルをG20サミットにお招きします」と言及した瞬間だった。慣例を破ってG7前にG20を開催する汚い手まで使い、7月の参院選対策の成果に躍起の安倍首相だが、「プーチン欠席」で大恥をかく展開もありそうだ。

(3)今日の重要情報

①安倍首相が施政方針演説でも嘘だらけ“アベノミクスの成果”を強弁! 戦意高揚の短歌まで読み上げるカルト全開

2019.01.28 Litera

https://lite-ra.com/2019/01/post-4514.html

安倍首相が施政方針演説でも嘘だらけアベノミクスの成果を強弁! 戦意高揚の短歌まで読み上げるカルト全開の画像1

「息するように嘘をつく」1月28日 施政方針演説をする安部総理(首相官邸HPより)

本日召集された通常国会。その施政方針演説で、安倍首相が昨年につづいてまたも“明治礼賛”を繰り出した。しかも今度は、明治天皇が詠んだ短歌を引用したのだ。

「しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける」

この明治天皇の短歌は日露戦争時に戦意高揚のために詠まれたもの。安倍首相は東日本大震災の話題のなかでこれを引用し、「明治、大正、昭和、平成。日本人は幾度となく大きな困難に直面した。しかし、そのたびに、大きな底力を発揮し、人々が助け合い、力を合わせることで乗り越えてきました」と述べたが、これは軍国主義の肯定以外、何物でもない。

政府の基本方針を示す施政方針演説で、戦前回帰の欲望を悪びれもせず開陳する──。まったく背筋が寒くなるが、きょうの施政方針演説で、安倍首相はもうひとつ、信じがたい言動に出た。

それは、いま国民から不信の目が向けられている政府調査のデータを都合良く並べ立てたことだ。

言わずもがな、厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査が発覚し、さらに56の基幹統計で約4割の22統計で間違いが判明するなど、国が出す数字・データへの不信感が高まる一方。しかし、安倍首相は、政府調査の数字やデータを根拠に、虚構の“アベノミクスによる経済成長”“充実した社会福祉”を強調したのだ。

「早期にデフレではないという状況をつくり、企業の設備投資は14兆円増加しました。20年間で最高となっています」
「人手不足が深刻となって、人材への投資も息を吹き返し、5年連続で今世紀最高水準の賃上げがおこなわれました。経団連の調査では、この冬のボーナスは過去最高です」

一体いつ「デフレではないという状況」がどこにつくり出されたのか詳しく教えてほしいものだが、言っておくがここで安倍首相があげたのはすべて「大企業」の例だ。実際、上場企業は過去最高収益を達成(2018年3月期純利益)し、大企業の内部留保額は過去最高額となる約446兆4844億円(2017年度)を叩き出した一方、安倍政権下で労働者ひとり当たりの実質賃金は減少してきた。

だが、そんななかで昨年1月から「勤労統計」の調査手法が変更されると、賃金伸び率が上昇。昨年6月に大幅に伸びた結果、メディアは「21年5カ月ぶりの高水準」「アベノミクスの成果」などと大々的に報じた。しかし、これは実質賃金を高くはじき出すための“アベノミクス偽装”だった可能性が指摘されており、野党の独自試算によると昨年1?11月の実質賃金伸び率はマイナスになるという。つまり、「アベノミクスの成果」というのは、とんだ大嘘だったのである。

実質賃金が上がらないのだから庶民の生活が楽にならないのは当然の話だが、しかし、安倍首相はそうしたことは無視して、大企業の賃上げやボーナスを例に出して「過去最高」などと架空の好景気をアピール。そればかりか、こんなことまで言い出したのだ。

「悪化をつづけてきた子どもの相対的貧困率もはじめて減少に転じ、大幅に改善しました」
「平成5年以来、一貫して増加していた現役世代の生活保護世帯も、政権交代後、8万世帯減少しました」
「5年間で53万人分の保育の受け皿を整備した結果、昨年、待機児童は6000人減少し、10年振りに2万人を下回りました」

たしかに、厚労省の「国民生活基礎調査」では、子どもの貧困率は16.3%から13.9%(2015年分)と減少したが、経済協力開発機構(OECD)に加盟する36カ国の平均は13.3%であり、それを上回る状況であることに変わりはない。しかも、ひとり親世帯の貧困率は50.8%と半数を超え、主要国のなかでも最悪のレベルにある。

嘘だらけ“アベノミクスの成果”を施政方針演説でも強弁し続けた安倍首相

 また、生活保護世帯数も、昨年4月の厚労省の発表(2016年分)では前年度比0.4%増で163万7045世帯という24年連続で過去最多を更新。なかでも高齢者世帯は約84万世帯にのぼっている。そもそも安倍政権は、2013年8月から段階的に受給基準の引き下げを断行し申請を厳格化させるなど、水際作戦を強化し困窮世帯を切り捨ててきた。しかも、生活保護の受給にかんしては、片山さつきを筆頭に安倍自民党が煽動してきた「生活保護バッシング」によって社会に強烈な偏見を植え付け、本来、受給すべき人が受給できていない状況に陥っているのだ。「現役世代の受給者が減った」と喜ぶようなデータではけっしてない。

さらに、待機児童問題にしても、安倍首相は2014年の総選挙で「2017年度末までに待機児童解消を目指す」と公約に掲げていたもの。「2万人を下回った」とはいえ、待機児童の集計から除外された「潜在的な待機児童」は約6万8000人(2018年4月時点)もいるのが現状だ。

つまり、安倍首相が成果を誇るためにもっともらしくもち出す数字やデータは、「側面」しか示しておらず、まったく実態を反映していないものばかりなのだ。だいたい、こうした国の調査結果が信用できない状況を考えれば、あまりにも厚顔無恥と言わざるを得ないが、しかし、驚いたのは、安倍首相がこう言い切ったことだ。

「成長と分配の好循環によって、アベノミクスはいまなお進化をつづけています」
「この6年間、三本の矢を放ち、経済は10%以上成長しました」
「戦後最大の国内総生産(GDP)600兆円に向けて、着実に歩みを進めてまいります」

基幹統計における“アベノミクス偽装”の疑いが浮上しているのに、いまだ「アベノミクスは進化している」と胸を張る──。しかも、この期に及んで、堂々と「GDP600兆円」と口にしたのだ。

だが、周知のとおり「勤労統計」と同じように、GDPもまた“偽装”の可能性が指摘されている。日本銀行までもが疑いの目を向けているのだ。

ダボス会議でも吹聴したGDPにも偽装の疑い!日銀から不信の目が

昨年11月13日、日本経済新聞に衝撃的な記事が掲載された。そのタイトルは「政府統計、信頼に揺らぎ GDPなど日銀が不信感」というもので、GDPなど基幹統計の信頼性に不信を募らせる日銀の関根敏隆調査統計局長が、昨年10月11日におこなわれた統計委員会の下部会合において、内閣府の統計担当者に「基礎データの提供」を求めたというのだ。

GDPといえば、安倍首相は先日おこなわれたダボス会議での基調講演でも「私が総理在任中の6年間に、日本のGDPは10.9%伸びた」と強調し、昨年の自民党総裁選でも名目GDPが過去最高の551兆円となったことを喧伝したように、アベノミクスの最大のアピールポイントとしているものだ。

しかし、安倍政権下で発表される名目GDPをめぐっては、日銀だけにかぎらず、以前より専門家のあいだでは“偽装”が囁かれてきた。

事実、安倍政権は2016年にGDPの推計方法を変更し、「研究開発投資」なる項目を追加して加算するなどの見直しをおこなった。その結果、2015年度の名目GDPは、旧基準では500.6兆円にしかならないところが532.2兆円に跳ね上がったのである。

この問題について、『アベノミクスによろしく』(集英社インターナショナル)の著書である弁護士の明石順平氏は、「(建設投資の推計手法の変更など)国際基準とは関係ない部分の上げ幅が、安倍政権の時期だけ突出して大きく、都合よくデータを選んでいることが疑われる」と答えている(東京新聞2018年9月12日付)。

データや数字を都合良くもち出し、「成長と分配」という実態とまったく異なる成果をアピールするだけではなく、安倍首相の手柄のためにGDPや実質賃金までもが操作されている──。もしこれが事実であれば、国としてあるまじき“虚偽政府”だ。きょうからはじまったこの通常国会では、安倍首相がさんざん振りまいてきた“数字の嘘”が徹底的に暴かれる場にしなければならないだろう。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2019/01/29 22:55] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3108】■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこととは何か!(No2)
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2019.01.29)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2708】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 86分11秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522028945

【今日のブログ記事No.3108】

■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこととは何か!(No2)

▲『オックスファム』が決して言わない最初のことは、前回のブログ記事No1で指摘したように【世界の本当の金持ち】はアマゾンのジェフ・べゾスやマイクロソフトのビル・ゲーツや投資家のウォーレン・バフェットなど資産合計150兆円の『世界トップ富裕層26人』ではなく、総資産約5400兆円(50兆ドル)の『欧州ロスチチャイルド家』であるということだ。
_________________________________

【参照ブログ記事】

【今日のブログ記事No.3105】■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!(No1)

2019年01月25日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2102c596f17b86bd12509c650c0f81bb
___________________________________

▲それでは『オックスファム』が決して言わない二つ目のことは何か?

それは、『世界全体の総資産』の額である。

『オックスファム』がスイス・ダボスで開催される『ダボス会議』に合わせて先週水曜日(2019.01.23)に発表した『格差問題に関する2018年・年次報告書』は、『世界のトップ裕福26人が下位38億人分の資産を所有している』といものだった。

また『オックスファム』が発表した『格差問題に関する2017年・年次報告書』は『世界で新たに生み出された富の82%を世界の最も豊かな1%が手にした』、『世界の貧しい半分の37億人が手にした富の割合は1%未満』というものだった。

また『オックスファム』が発表した『格差問題に関する2016年・年次報告書』は、『世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人の資産と同じ』というものだった。

以上三つの『オックスファム』の『調査結果』でわかることは、彼らが主張する『貧困問題』は常に『世界の下から半分の貧困層の総資産』と『世界トップの富裕層の総資産』を対比して『世界トップの富裕層が世界の富を独占する格差の元凶である』というものである。

ここで不思議なことは、『オックスファム』は決して『世界全体の総資産』がいくらであり、これに対して『世界の下から半分の貧困層の総資産』が占める割合と『世界トップの富裕層の総資産』が占める割合を決して言わないことだ。

▲それでは『世界全体の総資産』は一体いくらなのか?

それは【クレディ・スイス】が昨年2018年10月29日に発表した『2018年グローバル・ウェルス・レポート』の中にはっきり書いている。

すなわち、2017年半ばから2018年半ばまでの一年間の『世界全体の総資産』は317兆ドルだということだ。

▲それでは『オックスファム』が『格差問題に関する2018年・年次報告書』の中で『格差の元凶』としてやり玉に挙げた『資産合計150兆円(1.38兆ドル)』の『世界トップ富裕層26人』は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の中でどの程度の割合を占めているのか?

それは,1.38兆ドル÷317兆円=0.00435、すなわち『0.435%』でしかないのだ。

すなわち【世界トップ富裕層26人』の総資産が『世界全体の総資産』のたった0.435%しか占めていないということは、彼らが【格差の元凶】と『オックスファム』が主張することは『間違っている』のだ!

▲それでは『オックスファム』が必死で隠す『欧州ロスチチャイルド家』の総資産約5400兆円(50兆ドル)は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の中でどの程度の割合を占めているのか?

それは、50兆ドル÷317兆円=0.1577、すなわち『15.77%』となるのだ。

すなわち『欧州ロスチチャイルド家は全世界の富の15.77%を一人で所有している』ということになる。

『オックスファム』が『欧州ロスチチャイルド家』の存在を必死で隠す理由はここにあるのだ!

もしもこのことが世界中に知れ渡れば『欧州ロスチチャイルド家こそが格差の元凶』と認識され、『欧州ロスチャイルド家を打倒せよ!』『彼らによる中央銀行支配をやめさせろ!』『彼らから通貨発行権を取り戻せ!』の運動がたちまち開始されることになるのだ!____________________________________

【関連情報1】

▲プレスリリース 米国と中国がリードし、世界の富は引き続き増加

クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートが「2018年グローバル・ウェルス・レポート」第9版を発行

東京 2018年10月29日 クレディ・スイス証券株式会社

http://ur0.link/PKKz

クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートの2018年グローバル・ウェルス・レポートによると、2018年半ばまでの12ヵ月間で世界の資産総額は14兆ドル(4.6%)増加し317兆ドルに達し、伸び率は人口の伸びを上回りました。

成人1人当たりの資産額は3.2%増加し世界の平均資産額は63, 100ドルとなり、過去最高を記録しました。

世界の富に最も貢献したのは米国で、6.3兆米ドル増加して米国の資産総額は98兆米ドルとなり、資産総額と成人1人当たりの資産は2008年以降途切れることなく毎年増加しています。

【表】『世界の総資産』(2017年半ばー2018年半ば)(クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートが「2018年グローバル・ウェルス・レポート」)
20190128家計資産総額の地域別推移2017年半ば-2018年半ば

中国は家計の資産が世界第2位に躍進し、2.3兆米ドル増加し52兆米ドルに達しました。過去12ヵ月間で非金融資産の伸びが加速し、北米を除くすべての地域の伸びに拍車がかかり、中国と欧州では富の増加の75%、インドでは資産の増加のほとんどを非金融資産が占めています。

(以下略)
_____________________________

New!【関連情報2】

▲経済紙『フォッブス』が伝える『2018年世界の金持ちトップ10』

1 ジェフ・ベゾス     1120億ドル Amazon.com 共同創設者兼CEO USA
2 ビル・ゲイツ     900億ドル マイクロソフトの共同創業者兼顧問 USA
3 ウォーレン・バフェット 840億ドル バークシャー・ハサウェイCEO USA
4 ベルナール・アルノー 720億ドル クリスチャンディオール取締役会長 フランス

5 マーク・ザッカーバーグ 710億ドル Facebook共同創業者兼CEO USA
6 アマンシオ・オルテガ 700億ドル インディテックス社(ZARA)創業者 スペイン
7 カルロス・スリム・ヘル 671億ドル メキシコの実業家 メキシコ
8 チャールズ・コーク 600億ドル アメリカの実業家 USA
9 デイビット・コック 600億ドル アメリカの実業家 USA
10 ラリー・エリソン 585億ドル オラクル共同創業者兼会長兼CTO USA
出典:ファーブス(https://www.forbes.com/billionaires/list/)
______________________________________________________________________________

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2019/01/29 09:09] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/28のツイートまとめ
chateaux1000

YYNewsLiveNo2708】■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこと!(No2)https://t.co/6B1crWhx2k https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:48

【YYNewsLiveNo2708】■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこと!(No2) https://t.co/8Wgoj23wrb
01-28 23:46

ハンスト、窮地を打開 若者の決意が政治動かす2019/01/27 琉球新報https://t.co/g9d7kyq1NY https://t.co/uqRK6UBvmZ
01-28 23:12

⑤今国会での改憲発議は“困難” 自民党・下村氏2019/01/28 テレ朝 newshttps://t.co/lma075WVdV https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:11

大統領の支持率は43%と昨年12月と同水準。不支持率は54%で、その多くが強い不支持だと答えた https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:10

https://t.co/7yzwI67qwQ https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:10

④米国はトランプ氏の下で間違った方向に向かうと6割超が回答-調査Ros Krasny2019年1月28日 Bloomberg https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:10

仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)の委託でIfopが実施した世論調査によると、マクロン大統領の支持率は前月から2ポイント下がり23%だった。 https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:07

https://t.co/BYHpNXGZiI https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:07

③マクロン大統領の支持率下げ止まらず-黄色いベスト運動に譲歩でもAlan Katz2018年12月17日 Bloomberg https://t.co/uqRK6UT6ex
01-28 23:06

続きを読む
[2019/01/29 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLiveNo2708】■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこと!(No2)
いつもお世話様です。 
                         
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日月曜日(2019年01月28日)午後9時50分から放送しました【YYNewsLiveNo2708】の放送台本です!

【放送録画】86分11秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/522028945

☆今日の画像

①安倍内閣支持率53% 日経世論調査 (日経記事)

20190128内閣支持率53日経

②『世界の総資産』(2017年半ばー2018年半ば)(クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートが「2018年グローバル・ウェルス・レポート」)

20190128家計資産総額の地域別推移2017年半ば-2018年半ば

③3択を容認する声明を発表した「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(中)=21日、那覇市 (琉球新報)

20190128辺野古基地県民投票ハンスト

☆今日の注目情報

①元警察キャリアの暴露本『官邸ポリス』の毒針

2019年2月号 Facta

https://facta.co.jp/article/201902006.html

八面六臂の「官邸のアイヒマン」

元警察庁キャリア官僚が書いたリアル告発ノベル!!〉と銘打った『官邸ポリス』(講談社)が物議を醸している。本の帯に「本書の92%は現実である」と大書してあり、筆者の幕蓮はもちろん仮名だが、末尾に記された略歴「東大法卒。警察庁入庁。後に退職」は間違いないようだ。

とにかくプロローグが鮮烈だ。3・11の翌日、福島第一原発が水素爆発。内閣官房長官の戸田裕紀は〈「国民を安心させる」という美名のもと、偽情報を流し続けた。「放射能は直ちに健康被害が生じるレベルではありません」などと記者会見で述べ、実態を隠そうとした〉。

その直後に、戸田は〈「日本はヤバイぞ。すぐに日本を脱出するんだ。いますぐ子どもたちを連れて羽田に向かえ」と妻に命じた〉と暴露する。この録音データを入手した元内閣危機管理官の瀬戸弘和は〈この政権に日本は任せられない。日本にとって必要なのは、真に我が国のことを考えている内務官僚たる我々だ」〉と断じ、〈少しはましな民自党政権になったら、現役に復帰して、政権を強固にする特別警察(官邸ポリス)を作る構想を抱き〉、それを現実に移していく。

戸田=枝野幸男・立憲民主党代表、瀬戸=杉田和博・内閣官房副長官がモデルであることは明白だ。枝野氏の妻子が、3・11直後に日本を離れ、しばらく帰国しなかったことは、当時の政権中枢の「秘中の秘」と、陰口をよく聞いた。インテリジェンス界の頂点に立つ杉田氏に、件の録音データを握られているとしたら、枕を高くして眠れまい。

告発ノベルに〈瀬戸が日本政府を守る裏の司令塔だとすれば、工藤(茂雄)は、そのための情報収集と工作を仕切るナンバー2〉として登場する男のモデルは北村滋・内閣情報官だ。内閣府6階に陣取る総勢200人強の内閣情報調査室(内調)を率いる北村氏は「官邸のアイヒマン」の異名を取る仕事師だ。

同書は、官邸ポリスの長官・瀬戸の指令を受けた工藤が、多部敬三(=安倍晋三)政権が遭遇する幾多の難題をクリアしていく筋立て。〈御用記者の逮捕状〉〈夜の街を彷徨う事務次官〉〈奔放な総理夫人の後始末〉〈霞が関セクハラ地獄〉という章立てを見ただけで、リアル告発の中身が想像つくだろう。

圧巻は、瀬戸から文科省の前田裕平事務次官の「行確」(行動確認)を命じられた工藤が、警察OBが設立した探偵会社に尾行させ、新宿の「婚活バーL.O.B」に通う前田の姿をビデオに収め、Y新聞に「前事務次官出会い系通い」と書かせた?末。官邸ポリスの毒針に倒れた元文科事務次官のモデルは、前川喜平氏に他ならない。

杉田副長官は、霞が関の幹部人事を仕切る内閣人事局長を兼務しており、その懐刀の北村情報官が探偵を雇って、幹部官僚の素行を調べさせているとしたら、霞が関が震え上がるはずだ。

年明け、警察庁で玉突き人事が発表された。昭和59年入庁の村田隆警備局長がフィンランド大使に回り、後任に大石吉彦首相秘書官(昭和61年)、その後釜に原和也人事課長(平成2年)。異例の8年目を迎えた北村情報官の後任と目された村田氏が転出したことにより、杉田―北村体制は盤石。政官界に睨みを利かす「官邸ポリス」の支配力は一層強まるだろう。筆者の幕蓮は杉田氏に心酔するうろんな人物と囁かれている。

(終わり)

☆今日の推薦図書(朗読+テキスト)

■推奨本朗読】衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第三十六回目朗読 (2019.01.28)

第二章 経済むしばむ“官企業”―特殊法人と公益法人など (P112-186)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/1067.html

第一節 日本は官制経済の国だ (P112-121)

●GDPに占める公的需要は極端に大きい (P113-115)

わが国を“官制経済” の国とみなす第二の根拠は、経済に占める公的需要
の大きさである。

わが国経済の規模を国内総生産(GDP) で見れば五一〇兆円(平成一二年
度名目)だが、このうち、一二一兆円は「政府消費支出」および「公的資本形
成」といった、政府による直接の買い物、すなわち「公的需要」 である。こ
れには特殊法人の建設・設備投資以外の支出や公益法人、第三セクターなどの
事業に係る支出は含まれていない。このため、GDPに占める公的需要の全体は
もっと大きいと推定される。

また、国による歳出は一般会計と特別会計を合わせた純計で約二六〇兆円、
地方公共団体の支出は(国とのやりとりを除いた)純計で九〇兆円である。し
たがって、国と地方を合わせた一般政府の支出は三五〇兆円となる (平成一
二年度)。

GDPは本来、付加価値の規模を示すものと考えられていて、この中には、政
府による消費(支出)も含まれている。一般にGDP統計の中では、政府支出も
付加価値を生み出すとされている。しかし、経済活動における付加価値は、本
質的には市場における資本の運動の中で形成されるものであり、政府自らが資
本の運動に参加することはできない。

むしろ、政府による市場への関わりが強過ぎると(政府の消費=支出が多過
ぎると)、政府が配分したお金で作られたものを、そのコストで政府が買うと
いう性格が増し、市場における付加価値創出能力が減退する。つまり、市場経
済の本来の機能が失われていく。したがって、わが国でGDP数値に対する政府
歳出の割合が異常に高いということは、わが国市場経済の能力を判定するうえ
で重要なメルクマールとなる。

わが国の一般政府歳出の中には、年金のように実際の消費(支出)ではな
く、お金の移転として計上されているものもあり、そうした部分を除いたとし
てもざっと三〇〇兆円規模の政府支出がある。GDP統計においても一二〇兆円
超の政府支出がある。GDP統計の中身をお金の流れで捉えれば、政府消費に計
上された支出の中には、再び民間最終消費支出の数値に現れて出てくるものも
ある。

こうした事情を考慮したとき、いずれにしても、わが国においては、GDPの
中に市場の成果といえる部分は微々たるものでしかないことがわかるのであ
る。つまり、わが国は政府のマネーが大きすぎ、市場が著しく縮められ、資本
の拡大再生産機能が働かなくなっているのだ。

ちなみに国家予算とGDPの関係を国際的に対比してみると、フランスの場
合、国家予算三一兆円に対してGDPが一六三兆円、イギリスは国家予算四五・
六兆円に対してGDPが一六四兆円、ドイツは連邦政府予算四〇兆円に対してGDP
が二四〇兆円(以上、一九九九年)と、いずれも中央政府の予算規模は、GDP
の三〇%以内である。付加価値の規模を示すGDPと政府歳出との関係を国際比
較してみればGDPに対する政府歳出比率の異常な大きさは浮き彫りになる。

つまりわが国の経済では、政府に関連したおカネにかかわる部分が異常に大
きく、市場経済活動の成果は極めて小さい。

(続く)

(1)今日のメインテーマ

■(続きNo2)スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『格差問題に関する年次報告書』で決して言わない二つのこと!(No2)

▲『オックスファム』が決して言わない最初のことは、前回のブログ記事No1で指摘したように【世界の本当の金持ち】はアマゾンのべゾスやマイクロソフトのビルゲーツなど資産合計150兆円の『世界トップ富裕層26人』ではなく、総資産約5400兆円(50兆ドル)の『欧州ロスチチャイルド家』であるということだ。
____________________________________

【参照ブログ記事】

【今日のブログ記事No.3105】■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!(No1)

2019年01月25日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2102c596f17b86bd12509c650c0f81bb
_______________________________________

▲それでは『オックスファム』が決して言わない二つ目のことは何か?

それは、『世界全体の総資産』の額である。

『オックスファム』がスイス・ダボスで開催される『ダボス会議』に合わせて先週水曜日(2019.01.23)に発表した『格差問題に関する2018年・年次報告書』は、『世界のトップ裕福26人が下位38億人分の資産を所有している』といものだった。

また『オックスファム』が発表した『格差問題に関する2017年・年次報告書』は『世界で新たに生み出された富の82%を世界の最も豊かな1%が手にした』、『世界の貧しい半分の37億人が手にした富の割合は1%未満』というものだった。

また『オックスファム』が発表した『格差問題に関する2016年・年次報告書』は、『世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人の資産と同じ』というものだった。

以上三つの『オックスファム』の『調査結果』でわかることは、彼らが主張する『貧困問題』は常に『世界の下から半分の貧困層の総資産』と『世界トップの富裕層の総資産』を対比して『世界トップの富裕層が世界の富を独占する【格差の元凶】である』というものである。

ここで不思議なことは、『オックスファム』は決して『世界全体の総資産』に対して『世界の下から半分の貧困層の総資産』が占める割合と『世界トップの富裕層の総資産』が占める割合のことを決して言わないことだ。

▲それでは『世界全体の総資産』は一体いくらなのか?

それは【クレディ・スイス】が昨年2018年10月29日に発表した『2018年グローバル・ウェルス・レポート』の中にはっきり書いてるのだ。

すなわち、2017年半ばから2018年半ばまでの一年間の『世界全体の総資産』は317兆ドルだということがわかる。

それでは『オックスファム』が『格差問題に関する2018年・年次報告書』の中で『格差の元凶』としてやり玉に挙げた『資産合計150兆円(1.38兆ドル)』の『世界トップ富裕層26人』は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の中でどの程度の割合を占めているのか?

それは,1.38兆ドル/317兆円=0.435%でしかないのだ。

これでは『オックスファム』が主張する【世界トップ富裕層26人が格差の元凶】には到底ならなくなるのだ!

▲それでは『オックスファム』が必死で隠す『欧州ロスチチャイルド家』の総資産約5400兆円(50兆ドル)は『世界全体の総資産(317兆ドル)』の中でどの程度の割合を占めているのか?

それは、50兆ドル/317兆円=15.77%となるのだ。

すなわち『欧州ロスチチャイルド家は世界の富の15.77%を一人で所有している』ことが世界中に知れ渡れば『欧州ロスチチャイルド家こそが格差の元凶』となり『欧州ロスチャイルド家打倒』の運動が世界中で開始されることは必然なのだ!
_____________________________________

【関連情報】

▲プレスリリース 米国と中国がリードし、世界の富は引き続き増加

クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートが「2018年グローバル・ウェルス・レポート」第9版を発行

東京 2018年10月29日 クレディ・スイス証券株式会社

http://ur0.link/PKKz

クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートの2018年グローバル・ウェルス・レポートによると、2018年半ばまでの12ヵ月間で世界の資産総額は14兆ドル(4.6%)増加し317兆ドルに達し、伸び率は人口の伸びを上回りました。

成人1人当たりの資産額は3.2%増加し世界の平均資産額は63, 100ドルとなり、過去最高を記録しました。

世界の富に最も貢献したのは米国で、6.3兆米ドル増加して米国の資産総額は98兆米ドルとなり、資産総額と成人1人当たりの資産は2008年以降途切れることなく毎年増加しています。

中国は家計の資産が世界第2位に躍進し、2.3兆米ドル増加し52兆米ドルに達しました。過去12ヵ月間で非金融資産の伸びが加速し、北米を除くすべての地域の伸びに拍車がかかり、中国と欧州では富の増加の75%、インドでは資産の増加のほとんどを非金融資産が占めています。

(以下略)
_______________________________________

(終わり)

(2)今日のトッピックス

① 政府統計「信用できない」79% 本社世論調査 内閣支持率は53%

2019/1/27 日本経済新聞 電子版

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40537280X20C19A1MM8000/

日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、安倍内閣の支持率は53%と昨年12月の前回調査から6ポイント上昇した。不支持率は7ポイント低下し37%だった。厚生労働省による毎月勤労統計の不適切調査問題を受け、政府統計の信頼性を聞いたところ「信用できない」が79%で「信用できる」は14%だった。

政府統計を「信用できない」と答えたのは男女別、各世代でみても8割前後がほとんどだった。支持政党でみると自民党支持層では「信用できない」は73%、特定の支持政党を持たない無党派層では83%だった。

安倍晋三首相が5月1日の新天皇即位に伴い改める新元号を1カ月前の4月1日に閣議決定して公表する方針を表明したことについて「評価する」は69%、「評価しない」は21%だった。「評価する」は内閣支持層では79%、自民党支持層では77%だった。

内閣支持率を男女別にみると男性が前回より6ポイント増の57%、女性は7ポイント増の48%だった。自民党支持層では86%、無党派層では29%だった。

安倍内閣を支持する理由(複数回答)では最多は「安定感がある」の46%、「国際感覚がある」の32%が続いた。

首相に期待する政策(複数回答)のうち最多は「社会保障の充実」の48%、「景気回復」の42%が続いた。「外交・安全保障」が34%となり、前回調査から8ポイント上昇した。首相がロシアのプーチン大統領と平和条約交渉の加速で合意したことや、韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などが影響したとみられる。

【関連記事】日ロ平和条約交渉「評価する」67% 本社世論調査

政党支持率は自民党が43%で前回調査から5ポイント上昇した。無党派層は4ポイント低下し33%だった。立憲民主党は9%。公明、共産両党はいずれも4%、国民民主党は1%だった。

調査は日経リサーチが25~27日に全国の18歳以上の男女に携帯電話も含めて乱数番号(RDD方式)による電話で実施。990件の回答を得た。回答率は44.4%。

②どこまで落ちる、プーチン氏支持率 政府系調査でも最低に

太田清 47NEWS編集長

2019/1/26 共同通信

2018年12月20日、モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)

ロシア政府系の世論調査機関「全ロシア世論調査センター」は26日までに、ロシアの政治家の信頼度世論調査結果を発表。1月20日時点でプーチン大統領が1位となり、信頼すると答えた人の割合は32・8%となった。ロシア紙ベドモスチ(電子版)などによると、同センターが2006年以降公表している中で最低の割合。

信頼度は18年12月9日には37・3%だったが16日には36・7%、23日36・2%、29日36・5%、19年1月13日33・4%とじり貧の状態が続いている。

支持率低下は外交においても、プーチン氏からフリーハンドをますます奪うことになる。北方領土返還反対が大勢を占める国内で、プーチン氏が世論に反して日本に譲歩する可能性はさらに遠のいたと筆者は考えている。

調査は「あなたは誰に重要な国家の問題をゆだねますか」を電話で尋ねるもので、1月14日から20日の調査期間中、毎日約1600人を対象に行われ平均値をまとめた。プーチン氏の信頼度は昨年3月には6割近くあったがその後、低落傾向が続いている。

14年のウクライナ領クリミア併合に続く欧米の経済制裁、主要輸出品の原油価格下落、通貨ルーブル急落などによる経済の低迷に加え、年金改革への反発が「プーチン人気急落」の大きな要因とみられている。 年金改革は年金受給開始を2023年までに段階的に引き上げるもので、議会可決後にプーチン大統領が改革法案に署名し施行された。

ロシアの独立系世論調査機関「レバダ・センター」が昨年10月に行った調査でも、国が直面している問題に対しプーチン氏に「全面的に」責任があると答えた人は回答者の61%に上り、12年に同様の調査を始めて以来最高となっている。 (共同通信=太田清)

③マクロン大統領の支持率下げ止まらず-黄色いベスト運動に譲歩でも
Alan Katz

2018年12月17日 Bloomberg

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-17/PJV09R6TTDS001

Ifop実施の世論調査によると、支持率は前月から2ポイント低下

支持率は2018年に入ってから27ポイント落ち込む

フランスのマクロン大統領は数週間前から続いている「黄色いベスト運動」と呼ばれる抗議デモに譲歩する措置を発表したが、大統領の支持率は12月も低下した。

仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)の委託でIfopが実施した世論調査によると、マクロン大統領の支持率は前月から2ポイント下がり23%だった。JDDによると、支持率は2018年に入ってから27ポイント落ち込んでいる。
EU Leaders Summit With Danger Of No-Deal Brexit Increasing

世論調査の最終日と重なった15日には、黄色いベスト運動への国内全体の参加者が先週の半数前後にとどまった。マクロン大統領は10日、最低賃金の引き上げや残業代の非課税、それに年金生活者向けで賛否両論がある税金の廃止を打ち出した。

カスタネール内相は15日遅くのツイートで、「フランスに変化を求める全ての人々は対話で結束しなければならない」とし、この日は「順調に終わった」と付け加えた。

Ifopは7-15日に有権者1943人を対象に電話やインターネットを通じて調査を実施した。

④米国はトランプ氏の下で間違った方向に向かうと6割超が回答-調査
Ros Krasny

2019年1月28日 Bloomberg

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-28/PM0T9Q6KLVR401

間違った方向との回答はトランプ大統領の就任以来で最も高い割合
トランプ大統領の支持率は43%を維持-NBCとWSJの調査

米国民の63%が、トランプ米大統領の下で米国が間違った方向に向かっていると回答したことが、NBCニュースと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が行った調査で示された。35日間に及ぶ政府機関の一部閉鎖が終了する前の段階で調査は実施された。
NBCが27日伝えたところでは、米国の現状についての感想を総括する言葉として、「間違った方向」「無秩序」「混乱」「両極化」「懸念」「修羅場」「衰退」といった単語が回答者から示された。

米国が正しい方向に向かっていると答えたのは全体のわずか28%で、トランプ氏就任以来で最も低い割合となった。間違った方向にあると思うという回答は63%と、これまで最も高かった2017年12月と並んだ。

調査を担当したピーター・ハート氏は「厳しい時期だ」と述べ、ビル・マッキンターフ氏は「政府閉鎖が焦点だ」と指摘した。調査は900人の成人を対象に今月20-23日に行われ、誤差率はプラスマイナス3.3ポイント。

大統領の支持率は43%と昨年12月と同水準。不支持率は54%で、その多くが強い不支持だと答えた。ただ、政府機関閉鎖を含む新たな局面にもかかわらず、トランプ氏の支持率は就任後2年間にわたり基本的にほとんど変化がないことが示された。

最近行われた他の全国的な世論調査では、政府閉鎖の間にトランプ大統領の支持率がわずかに低下したことが示された。リアルクリアポリティクス(RCP)の集計結果では、支持率は平均41.2%とNBCとWSJの最新調査結果に近い。 

⑤今国会での改憲発議は“困難” 自民党・下村氏

2019/01/28 テレ朝 news

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190128-00000010-ann-pol

自民党の下村憲法改正推進本部長は27日、28日に召集される通常国会で、憲法に自衛隊を明記する改正を発議するのは難しいという認識を示しました。

自民党・下村憲法改正推進本部長:「自衛隊の9条の問題だけを今国会で全部、3分の2で発議するというのは確かにハードルありますよね。時間的にも、中身的にも」
 そのうえで、下村氏は「まずは憲法審査会で広く議論することにより、深掘りできるような環境作りをどう作るかが問われる」と述べ、各党が国会に憲法改正案を出し合って議論を進めることに期待を示しました。さらに、「春の統一地方選で有権者に憲法改正を訴えることがプラスになるような流れを党本部としても作っていきたい」と述べ、国民世論を盛り上げる環境作りに努める考えを示しました。

(3)今日の重要情報

①ハンスト、窮地を打開 若者の決意が政治動かす

2019/01/27 琉球新報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000002-ryu-oki

3択を容認する声明を発表した「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(中)=21日、那覇市

「条例の改正はさまざまな課題があり、難しい」。玉城デニー知事は11日の記者会見で県民投票条例の改正を見送ることを一度は発表していた。

 条例を改正しなければ選択肢を増やしたり、県が5市の事務を代行したりすることはできない。投開票事務を拒否する5市長と県の協議は平行線をたどっており、このままでは全県の有権者の3割が投票できない。記者から「参加しない自治体が出ても2月24日で実施するのか」と問われると、玉城知事は「それを与党と確認したところだ」とこわばった表情で答えた。

「われわれを置き去りにしないでほしい」「全県で実施しなければ県の責任になる」。市長が事務を実施しないことに抗議するハンガーストライキを始めた「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表の行動に呼応するように、謝花喜一郎副知事の下にも全県実施を求める声が寄せられていた。17日、謝花副知事は面談した市民らに「若者にここまでさせてしまった」と感極まった様子で語り、ハンストの影響で前週までと状況が異なってきたとの認識を示した。そして「このまま条例改正せずにいいのかという思いもある」と打ち明けた。

実はこの時、謝花副知事の下には公明党県本の金城勉代表から、選択肢の3択への修正で全会一致に協力するとの要請がもたらされていた。16日には県民投票参加に難色を示すうるま市の島袋俊夫市長が、県市長会の会長として「可能な限り幅広く柔軟な対応を求める」と県知事と県議会議長に宛てた声明を発表。投票実施に向けた出口を探ろうとするメッセージには首長側の変化を感じさせた。

公明の金城代表は「辺野古」県民投票の会の幹部にも条例改正を打診していた。謝花副知事に相談した県民投票の会幹部に(1)公明が了承する(2)公明が自民に働き掛ける(3)5市長の投票実施の確約がとれる―が担保できれば検討するとの玉城知事の回答が伝えられるなど、事態は水面下で急速な動きを見せていた。

公明から同様に要請を受けた県議会の新里米吉議長は18日、行政視察で県庁を離れていた玉城知事に「与野党の調整に動く」と電話で伝えた。だが、社民・社大・結、会派おきなわの与党2会派は「5市長の責任があいまいになる」と議長が提案する3択案に猛反発、調整は冒頭で立ち止まった。

与党で激しい議論が交わされる中で玉城知事は、県としても条例改正に進むかどうか、二つの条件を確認する必要があると指示を出す。賛否2択で条例制定を請求した「辺野古」県民投票の会の意思と、5市長の投票実施の意向だった。

これを受け、県民投票の会は21日夜に緊急会合を開いた。会合後、元山代表は「全市町村で実施するために柔軟な対応が必要となっている」と、3択を容認する姿勢を打ち出した。

県では謝花副知事が5市長と電話で連絡を取り合い、期待にも近い前向きな感触を得ていた。

3択案に対する与党会派の反発で手詰まり感が強まっていた22日夜、ある与党県議の携帯に玉城知事からメッセージが届いた。「県民投票は必ず全県実施します。元山君の動きが市民を動かしました」―。

翌23日午前、選択肢の見直しにより全県実施を目指す立場へとかじを切った玉城知事は、自ら与党代表者らに連絡を取り「私の責任でやらせてほしい」と3択への支持を取り付ける。与党3会派が急転直下、一致したことで、新里議長は各派代表者会議の24日招集に瀬戸際でこぎつけた。(中村万里子、与那嶺松一郎)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2019/01/28 23:44] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】2019月01月22日(火)-01月26日(土)
【YYNews】2019月01月22日(火)-01月26日(土)

いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

*今回は2019月01月22日(火)-01月26日(土)に掲載した4本のブログ記事を以下にまとめました。

■【週間ブログ記事まとめ】2019月01月22日(火)-01月26日(土)
①2019月01月22日(火) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3103】

■FB(フェースブック)が『あなたの投稿はヘイトスピーチに関するコミュ二ィ規定に違反しています』と何の説明もなく一方的に『サービス利用禁止』処分にした私のブログ記事を順次再掲します。(No1)

No1『 かつてこれほどの悪党が日本にいただろうか?』

【画像】FBの通知

20190114FB禁止投稿二件が

■(再掲)かつてこれほどの悪党が日本にいただろうか?

2018年06月27日  山崎康彦 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/be50c11c150d57209f0535ae4794ac19

(記事はじめ)

稀代の悪党・安倍晋三の正体をわかっている国民は何人いるのか?

稀代の悪党・安倍晋三を排除するために行動する国民は何人いるのか?

稀代の悪党・安倍晋三をどうにかしないと、日本国憲法は破壊され、民主主義と平和は死に絶え、日本国民は殺され、日本国は消滅してしまうだろう!
________________________________________________________

【画像】安倍晋三首相『徴兵制を復活は私の歴史的使命』

20190122安倍晋三徴兵制復活png

(2013年8月13日地元後援会主催の会合での発言)

20180607フライディ日本会議3徴兵制png
_________________________________________________________

▲(再掲)世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉 (週刊東洋経済のインタビュー)

・安倍首相は『日本を破滅させた男』として、歴史に名を残すでしょう。 

・おカネを大量に刷っている間は、それを享受している人たちの暮らし向きは 良くなり ます。しかし、いずれ破たんに向かい、すべての人が苦しみ ます。
金融緩和でいい思い をした人たちも一緒です。

・政府債務の大きさゆえ、いったん破たんが起きると、通常よりも大規模になります。

・安倍首相も、日銀も(世界経済にとっては)非常に危険な存在です。

・安倍首相がやったことはほぼすべて間違っており、これからもあやまちを犯 し続ける でしょう。
                                   
・(円安誘導は)最悪です。自国通貨を破壊することで地位が上がった国はあり ません。

▲(再掲)『田布施マフィア』司令塔・安倍晋三とその一味ら『権力犯罪者』を逮捕し刑務所にぶち込め!

2018.03.28 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/3c16e4acd05a54cb65bdbe9d4061ef13

▲『安倍晋三』の特徴とは何か?

1.目的のためには手段を選ばない。

2.冷酷で非情。

3.平気でうそをつく。

4.反省も謝罪も決してしない。

5.平和を憎み常に混乱と軋轢と暴力を好み戦争に誘導する。

6.憲法を破壊し法律を破る。

7.外国に主権を売り渡す売国奴。

8.税金を財布代わりに使う寄生虫。

9.決してリーダーにしてはいけない愚鈍な人間。

10.決して一国の首相にしてはいけない危険な人間。

▲『安倍晋三』の特徴は『田布施マフィア』の特徴である!

『田布施マフィア』という言葉を知っている日本人はほとんどいない。

何故ならば『田布施マフィア』という言葉は、日本の学者もメディアも野党政治家もオピニオンリーダーも決して使わない『日本最高のタブー』であり国民に完全に隠されて来たからである。

何故ならば、もしも『日本最高のタブー』である『田布施マフィア』の真実が明るみに出れば、『明治維新』以降現在まで続く『田布施マフィア』による『日本の支配と搾取の基本構造=田布施システム』が暴露されるからである。

もしも日本国民が『田布施マフィア』と『田布施システム』の真実を知り、戦後の日本を支配してきた『世界支配階級』と『日本支配階級』による『支配と搾取の基本構造』を知れば、彼らを打倒する国民・市民の闘いが開始されるからである。

支配階級にとって『支配と搾取の最善の方法』は、学者やメディアや政治家や官僚を使って国民を『無知の状態』にしておくことだからである。

▲『田布施マフィア』とは何か?

1.『田布施マフィア』とは、英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアの支援で江戸幕府を武力で打倒し『明治維新』を決行した長州藩の下級武士と被差別部落民主体の『テロリスト』である。
.
2.『明治維新』を実行した『田布施マフィア』の司令塔とは、下級貴族・岩倉具視、長州藩下級武士・木戸孝允、長州被差別朝鮮部落『田布施村』出身の足軽・伊藤博文であった。

3.『田布施マフィア』司令塔三人は、公武合体派の将軍家茂を毒殺し、孝明天皇と明治天皇をも殺して、明治天皇を『マフィアの一員』に差し替えて偽装させた『暗殺・謀略部隊』である。

4.『田布施マフィア』司令塔・伊藤博文は、『二人の天皇暗殺の隠蔽』と『天皇による絶対支配貫徹』の為に『明治憲法』をでっち上げて天皇を『生き神』にしてカルト宗教『天皇教』を『家神道』に格上げして全国民を洗脳した。

5.『田布施マフィア』司令塔・昭和天皇・裕仁は、カルト宗教『天皇教』の教祖として全国民を洗脳してアジア太平洋侵略戦争に動員し日本国民320万人を含むアジア太平洋諸国民5000万人を殺した元凶である。

6.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、戦後日本を100%植民地支配するために、『戦争犯罪』と『国民弾圧』の最高責任者・昭和天皇裕仁を100%免罪・免責してイメージチェンジさせて『名前を変えた天皇制=象徴天皇制』のトップに据えた。

7.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、『五つの立派な基本理念』(①主権在民②民主主義③反戦平和④個人の自由と基本的人権の尊重⑤隣国との平和共存)を掲げ日本国憲法を起案し1947年5月3日に施行した。しかしその中に戦後日本を100%植民地支配するために『五つの立派な基本理念』を破壊する巧妙な仕掛け『自爆装置』(①天皇制②議院内閣制による首相独裁③首相に会解散権④内閣に立法権④首相に最高裁判事任命権⑤憲法尊重義違反の罰則なし)を埋め込んだ。

8.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、戦後日本を100%植民地支配するために、1955年に保守合同で傀儡政党・自民党を作り『戦争犯罪』を免罪・免責した『田布施マフィア』司令塔岸信介をトップに据え、今でも続く米国による日本支配の法的根拠『日米安保条約』を1960年5月に強行成立させた。

9.現在の傀儡政党・自民党は、『安倍晋三』とトップとする『戦争犯罪人』と『国民弾圧犯罪人』人脈の『田布施マフィア』と、カルト宗教『天皇教』の分派である『日本会議』『神社本庁』『統一教会』の集合体である。そして20年以上にわたってカルト宗教『創価学会=公明党』と『自公連立政権』を組んでいる。

(終わり)

▲(再掲)【詩】安倍晋三とは? 
 
2015.5.28 山崎康彦

安倍晋三は、バカである。

安倍晋三は、きちがいである。

安倍晋三は、反社会的人格破壊者(サイコパス)である。

安倍晋三は、嘘つき常習者である。                  

安倍晋三は、無知の帝王である。

安倍晋三は、歴史の真実・事実を捻じ曲げる歴史修正主義者である。

安倍晋三は、民主主義を否定する極右ファシストである。

安倍晋三は、勝手に解釈変更して憲法を骨抜きにする憲法破壊者である。

安倍晋三は、【憲法改正】の美名のもと日本国憲法を亡きものにして戦前の【大日本帝国憲法】に差し替えて【天皇制軍事独裁体制】復活を夢想する愚 か者で
ある。

安倍晋三は、法律無視の無法者である。

安倍晋三は、国民資産横領の大犯罪者である。

安倍晋三は、米国のジャパン・ハンドラーズの操り人形。日本国民を米国支配層に売り渡す売国奴である。

安倍晋三は、【第三次世界大戦】を誘導するネオコン・シオニストの工作員であり世界平和破壊の軍国主義者である。

安倍晋三は、【世界金融恐慌】を誘導するロスチャイルド国際金融マフィアの工作員であり国民生活破壊者である。

安倍晋三は、【大日本帝国】の復活を夢見る妄想偏執狂(パラノイア)である。

安倍晋三は、差別・排外主義者である。

安倍晋三は、100%税金で生活する寄生虫である。

安倍晋三は、弱者をいじめて喜ぶ無慈悲で残酷なサデイストである。

安倍晋三は、復讐の鬼である。

安倍晋三は、祖父岸信介の背後霊とりつかれた呪縛男である。

安倍晋三は、マザコンである。

安倍晋三は、苦労知らず・世間知らずのお坊ちゃんである。

安倍晋三は、コンプレックスの塊である。

安倍晋三は、自分は偉いのだと勘違している裸の王様である。

(記事終り)

②2019月01月23日(水) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3104】

■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)

朝日新聞の1月21日付け記事『中国の経済成長率18年は6.6%、28年ぶり低水準』を読み、記事に添付された『中国経済成長推移グラフ』を見た人は『中国経済が極度に悪化し危機的な状況に突入した』かのような印象を持っただろうが、これは日本のマスコミが垂れ流す『意図的な印象操作報道』である!
_____________________________

【該当記事】

▲中国の経済成長率、18年は6.6% 28年ぶり低水準 (有料記事)

北京=福田直之

2019年1月21日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1N7QD0M1NUHBI01J.html

グラフ:中国の実質経済成長率の推移

20190122中国の実質経済成長率の推移朝日新聞

中国国家統計局が21日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP)は、物価の上昇分を除いた実質成長率(速報値)が6・4%と、リーマン・ショック後の09年1~3月期と並ぶ低水準となった。同時に発表した18年の年間成長率は6・6%だった。年間目標の6・5%前後は達成したものの、天安門事件直後の1990年に記録した3・9%成長以来、28年ぶりの低水準となった。

銀行を通さないお金の融通の規制を強めるなど金融引き締め策をとった影響や、米中通商紛争を背景とした市場低迷などで投資や消費が鈍化。19年1月に予定されていた米国による対中追加関税の税率引き上げに向けた駆け込み生産が一段落し、終盤には生産や輸出に負の影響が出た。

主要な経済統計によると、GDPへの貢献が大きい消費では、小売総額が年間で前年比9・0%増だった。10~12月の伸びはいずれも9%を割っており、鈍化傾向にある。インターネットを通じた年間の小売総額は前年比23・9%増でネット通販の利用が進んだ。

建物や工場など固定資産投資は…
___________________________

▲別のグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞の記事が『意図的な印象操作報道』だと私が言うのがすぐわかる!

下記のグラフは、中国と日本のGDP実質経済成長を長いスパン(1980年-2018年)で表にしたグラフである。

グラフ:中国と日本のGDP実質経済成長の推移(1980年-2018年) (世界経済のネタ帳)

20190122中国と日本のGDP成長率推移

https://ecodb.net/exec/trans_country.php?d=NGDP_RPCH&c1=CN&c2=JP

このグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞記事のグラフが2011年-2018年だけの『短期間の経済成長率』を切り取り『あたかも中国の経済成長率が右肩下がりになった』ことを強調しする『意図的な印象操作報道』だということが一目でわかるのだ!

▲朝日新聞よ!1月21日付け記事が『意図的な印象操作報道』ではないと主張するのであれば、以下の『三つの疑問』に答えてみよ!

①朝日新聞が『中国の2018年経済成長率が6.6%で28年ぶりの低水準』と書くのなら『日本の2018年経済成長率は1.14%で中国の経済成長率の1/6しかなった』ことをなぜ書かないのか?その理由を答えよ!

②世界第二の経済大国・中国の2018年GDP実質成長率が6.6%なのに対して、世界第一の経済大国・米国の2018年GDP実質成長率が2.7%、世界大三位の経済大国・日本の2018年GDP実質成長率が1.14%、EUの2018年GDP実質成長率が2.3%と、中国以外の世界の経済大国すべてのGDP実質成長率が格段に低いのはなぜなのか?その理由を答えよ!

③世界第二位の経済大国の中国が依然として6%以上の高度経済成長をなぜ堅持できているのか?理由を答えよ!

(No1終わり)

▲(No2)にて朝日新聞が到底答えられない上記の『三つの疑問』に対する私の答えを書きます!

③2019月01月24日(木) 仏日語ブログ

【Blog Franco-Japonais】 【仏日語ブログ記事】(No.3105)

■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas et se developpe a l'echelle nationale parce que beaucoup des "Citoyens Ordinaires" qui refusent le droit de privilege ont decouvert dans un an et demi la "veritable identite" du President Macron.

フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは、利権特権を拒否する多くの『フツーの市民』がこの一年半の間にマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!

ls n'arreteront pas de se battre jusqu'a ce qu'ils bannissent le President Macron!

彼らはマクロン大統領を『追放』するまで闘いをやめないだろう!

【photo】" Ne pas laissez des personnes aquises prendre le pouvoir"「買収された連中に政権を取らせないことよ!」

20190123Jilet Jaune12png

Quelle est l'identite du President Macron cachee derriere une "apparence apparemment liberale! ?

"ベラルな外見"の奥に隠されたマクロンの正体とは何か?

Il ets un "Agent Fidel" de la mafia financiere Internationale de Rothschild unqui dispose d'un actif total de 43 000 milliards d'euros (environ 540 000 milliards de yens) et qui "vise a etablir un gouvernement mondial unifie".

それは『世界統一政府樹立』を目指す総資産50兆ユーロ(約5400兆円)のユダヤロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ。

L'article suivant est un article franco-japonais publie le 27 avril 2017 dans mon blog lorsque le gain du candidat Macron a ete securise au vote final a la presidentielle du 07 Mai 2007.

以下の仏日語ブログ記事は、マクロン候補が5月7日の決選投票で大統領当選が確実になった2017年4月27日にブログで発表したブログ記事です。

Cet article est un article qui a ete interdit de publication sur le motif "diffamation" par le journal francais de l'Internet du Reportage etl'Enquete "Mediapart" que j'ai soumis.

この記事は、投稿したフランス調査報道ネット新聞"メディアパール"に"名誉棄損”を理由に掲載禁止された記事です。

Dans cet article, j'ai predit ce qui suit.

この記事の中で私は以下のことを予測しました。

1.le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le c hoix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnai re pour le President.

フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロ   ン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう。

2.Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限を  ますます縮小させるだろう。

3.Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'inte ret de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用  創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

4.Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales( ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compression s bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les gr andes entreprises et les riches.

 彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制    緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

5.En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

6.Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Ro thschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』  の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

■(Article de blog republie 再掲ブログ記事)

Le candidat Macron est susceptible d'etre nomme au President par la grande victoire contre la candidate Le Pen au second tour de l'election presidentielle du 7 mai , mais・・・?

5月7日の大統領決選投票ではマクロン候補がルペン候補に圧勝して大統領に就任すると思われるが、しかし・・・?

Mais le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le choix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnaire pour le President.

しかしフランス国民は早晩、市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!
________________________________

Le 27 Avril 2007 Blog【Les informations de Suginami】

2017年04月27日 ブログ【杉並からの情報発信です】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
________________________________

(Debut de l'article 記事はじめ)

Le President Macron executera vivement dans le mandat de cinq ans du mandat les politiques comme suivants.

マクロン大統領が任期5年間で強力に実行することは以下の事だろう。

①Il exercera fortement l'autorite presidentielle.

大統領権限を強力に行使するだろう。

D'Apres la Constitution Francaise, le premier ministre nomme par le Presidentet et son cabinet ont le droits de la redaction de lois et le droit de soumettre le projet de lois a l'Assemblee Nationale.

フランス憲法では、大統領が指名する首相と内閣が法案の起案権と国会への提出権を持っている。

En France, l'independance des trois branches de pouvoirs n'estpas garantie.

フランスでは以下の三権の独立は保障されていない。

1.le pouvoir legislatif : l'Assemble nationale:

立法権:国民議会

2.le pouvoir administratif: Le President et son cabinet

行政権:大統領と内閣

3.le pouvoir judiciaire: La Cour Supreme

司法権力:最高裁判所

Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限をますます縮小させるだろう。

②Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'interet de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

En consequence, la France deviendra un pays ou ≪l'argent domine toute ≫ et l'economie financiere domine l'economie reelle comme aux Etas-Unis.

その結果、フランスは金融経済が実体経済を支配する『マネーがすべてを支配する』米国と同じ国となるだろう。

③Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales(ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compressions bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les grandes entreprises et les riches.

彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために、新自由主義経済政策(規制緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

④Il favorisera grandement le reglement des cartes de credit et le numerisation.
カード決済とデジタル化を強力に推進するだろう。

En consequence, la France deviendra une societe que les banques dominent,une societe ou les transactions en especes sont remplaces par
la carte de credit.

その結果、フランスは現金と現物取引が減少しクレデイットカード決済が中心の銀行支配社会となるだろう。

⑤Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Rothschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

⑥Il procedera a pousser l'integration des forces de l'OTAN et l'armee americaine pour le renforcement militaire de l'UE.

彼はEUの軍事力強化のためにNATO軍と米軍の一体化を更に押しす進めるだろう。

(fin)

(終り)

④2019月01月25日(金) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3105】

■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!

反貧困国際NGO『オックスファム』は毎年『ダボス会議』が開催されるこの時期に合わせて『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

彼らの『格差問題に関する年次報告書』は『世界の極少数の富裕層の総資産が全世界の下位半分の総資産と同じである』と言う『衝撃的な』ものである。

そして彼らは『格差是正のために富裕層への課税強化が必須であると各国政府に訴える』
一昨年(2017年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人の資産と同じ』であった。

昨年(2018年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で新たに生み出された富の82%を世界の最も豊かな1%が手にした』『世界の貧しい半分の37億人が手にした富の割合は1%未満』であった。

そして昨日(2019.01.23)発表された『格差問題に関する年次報告書』は、下記の引用記事のように『裕福26人が下位38億人分の資産を所有している』というものである。
_________________________________________________________

【該当記事】

▲「裕福26人の資産」=「38億人分」 なお広がる格差

ダボス=寺西和男

2019年1月22日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1Q3PGGM1QUHBI00G.html

写真・図版

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」のウィニー・ビヤニマ事務局長=21日、ダボス、寺西和男撮影

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」は21日、2018年に世界で最も裕福な26人の資産の合計が、経済的に恵まれない世界人口の下位半分(約38億人)の資産合計とほぼ同じだとする報告書を発表した。格差拡大に歯止めをかけるには富裕層への課税強化が必須とし、スイス・ダボスで22日に開幕した世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で対策を呼びかける。

同団体がスイス金融大手クレディ・スイスのデータなどをもとに推計したところ、経済的に恵まれない世界人口の下位半分の資産合計は1兆3700億ドル(約150兆円、18年4~6月期)。米経済誌フォーブスの長者番付と比べた結果、上位26人の資産合計とほぼ同じだった。また、下位半分の資産合計は対前年比で11%減ったのに対し、超富裕層約1900人の資産合計は18年3月までの1年間で12%増えていた。

オックスファム・インターナショナルのウィニー・ビヤニマ事務局長は朝日新聞の取材に対し、「富裕層の税負担が軽すぎることが富の集中を生んでいる」と指摘。世界人口のうち最も裕福な上位1%の資産に0・5%課税すれば、年4千億ドル(約44兆円)余りが集まり、学校に行けない2億6200万人の子どもの教育に加え、医療サービス提供で330万人の命を救うことができると強調した。(ダボス=寺西和男)
_________________________________________________________________

▲私がこの間何回も言っているように【世界の本当の金持ち】は総資産50兆ドル(約5400兆円)の『欧州ロスチチャイルド家』である。

今回【オックスファム】が言っている世界の富裕層26人の資産を合わせても150兆円で『欧州ロスチチャイルド家』の2.77%でしかないのだ。

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』のことを一言もわないのか?

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』がこれほどの資産を蓄積できたその『源泉』について何も言わないのか?

▲『欧州ロスチチャイルド家』の正体は『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』である!

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』は、中国を除く世界各国の中央銀行を実質的に支配している。

彼らの『富の源泉』は、彼らが支配する米国FRB、日本銀行、欧州ECB、英国イングランド銀行がドル、円、ユーロ、ポンドを【貨幣発行】して生み出す【莫大な信用創造】である。

彼らは、彼らが支配する米国政府、日本政府、欧州各国政府、英国政府に『国債』を発行させて『国の借金』を作り、すべての『国債』を民間銀行に引き受けさせて政府が民間銀行に『高い金利』を支払って『儲けさせる』のである。

民間銀行は中央銀行が生み出した【莫大な信用創造】を国民生活そのものである【実体経済】には使わずに、彼らが独占する投機市場である【金融経済】に使って莫大な利益を独占するのである。

▲『貧富の格差』は【オックスファム】が主張する『富裕層への課税強化』では決して解決されない。

なぜならば『貧富の格差』は『問題の結果』であって『問題の原因』ではないからである。

『貧富の格差』の原因は、各国の中央銀行が『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』によって実質的に支配され、『通貨発行権』が彼らに独占され、『莫大な信用創造』が彼らに『略奪』され、国民のために使われないことである。

世界各国の国民・市民がなすべきことは、自国の中央銀行を国有化=国民化する戦いに立ち上がり、『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』による『中央銀行独占支配』を解体して【貨幣発行権】を国民に取り戻し、【莫大な信用創造】を国民生活=【実体経済】に使うようにすることである。
_________________________

New【関連情報1】

【オックスファムとは?】(Wikipedia抜粋)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A0

▲オックスファム・インターナショナル(Oxfam International)は20の組織から編成される、貧困と不正を根絶するための持続的な支援・活動を90カ国以上で展開している団体である。

歴史

オックスファムの設立は第二次世界大戦下の1942年、英国のクエーカー教徒、社会活動家、オックスフォード大学の教育関係者が中心となり、「オックスフォード飢餓救済委員会(Oxford Committee for Famine Relief)」を立ち上げたことから始まる。大戦中、英国全土で産声を上げた「全国飢餓救済委員会」の支部として地元市民が組織され、当時、ナチス支配下にあったギリシャの餓えに苦しむ国民を英国政府は助けるべきと説得をしたことで知られている。

1963年のカナダをきっかけに海外にも事務局が立ち上がり、各大陸で活動が活発になっていった。 1965年に組織名称を「オックスフォード飢饉救済委員会(Oxford Committee for Famine Relief)」から、電報で使用していた省略形「オックスファム(Oxfam)」へと変更。 1990年代以降、オックスファム・インターナショナルの活動に賛同するパートナー(各NGO,民間企業など)は3000組を超える。

New!【関連情報2】

【画像】『欧州ロスチチャイルド家=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』創業者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

20190125マイアーアムシェルロスチャイルド

『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』(1790年の言葉)

(終わり)

⑤2019月01月26日(土) 日本語ブログ

【今日のブログ記事No.3107】

■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?

【画像】

20190125竹中平蔵

それは彼が、米国支配階級と日本支配階級に莫大な『日本国民の富』を売り渡した売国奴の工作員であり、米国と日本の両支配階級から『手厚く守られている』からだ!

以下に竹中平蔵の『権力犯罪』を論じた私の二つのブログ記事と、竹中平蔵が共同研究の成果を独り占めにして経済学者としてデビューした『論文剽窃事件』を暴露した文春の記事を再掲します!

*再掲記事 ①

■日本の大手マスコミは『権力犯罪者』竹中平蔵の「権力犯罪」を一切批判しないで野放しにしている!

2018年06月23日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/bdc08bb2426a6c0e08a6d8a517c9c774

昨日取り上げた中曽根康弘元首相の場合と全く同じである!

なぜならば竹中平蔵は、小泉純一郎元首相とともに米国支配階級が指名して彼らの利益のために働かせた「利益代理人」であり、今でも彼らに守られているからだ!

【画像】“高プロの旗振り役”竹中平蔵の言葉:

『正規雇用というひとたちがですね。恵まれすぎているんです』

『正規雇用という人たちが非正規雇用を搾取しているわけです』

▲竹中平蔵が犯した主な『権力犯罪』

1.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「米国債」を20兆円買って米国に貢いだ!

2.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「りそな銀行倒産」をわざと示唆して日本株を大暴落させゴールドマンサックスなどの米国金融機関に日本株を底値で買い占めさせ、その直後「りそな銀行の国営化による救済」を示唆して株価を急騰させた。

3.竹中平蔵は米金融機関に莫大な利益を提供した上、日本の代表的大企業の株を米国金融機関と投資家に「独占」させた!

4.竹中平蔵は小泉政権下の総務大臣の時「郵政民営化」を担当し「郵便貯金」と「郵便保険」の国民資産250兆円を米国金融機関に「解放」した!

5.竹中平蔵は以前は慶応大学の経済学部教授であり、現在は東洋大学経済学部の教授であるが、その正体は年収1億円の人材派遣会社「パソナ」会長であり、またオリックスの社外取締役である。竹中平蔵は「学者」を装って「世論誘導」するデマゴーグ(大衆扇動者)であり、比類のない「金の亡者」である!

6.竹中平蔵は「経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議」の民間議員として高プロ制度を企画・提案し、安倍政権が推し進める「弱者いじめ」「労働者いじめ」「非正規労働者拡大」路線の司令塔であり大企業と経団連へ利益誘導する「工作員」である!

7.慶応大学と東洋大学は、竹中平蔵に「教授」の肩書を与えて「学者」「民間人」を偽装させ「権力犯罪」をより犯しやすくした「犯罪加担者」である!

【関連記事】

“高プロの旗振り役”竹中平蔵がグロテスクな本音全開!「残業代は補助金」「高プロ対象はもっと拡大しないと」

2018.06.22 Litera

http://lite-ra.com/2018/06/post-4082.html

(以下略)

*再掲記事 ②

■「日本の貧困化」の主犯・小泉純一郎氏と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはならない!

2011-03-24 【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2438579e8831a671ecfd84b5a37c5f0d

竹中平蔵慶大教授は小泉純一郎自公政権(2001年ー2006年)で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣を歴任し、米国ブッシュ元大統領と連携し強行した「小泉竹中構造改革」の実質的な指令塔を務めた学者です。

その竹中平蔵氏が3月17日のTwitterで以下のような「つぶやき」をしました。
_________________________

@HeizoTakenaka 竹中平蔵

為替相場が動いた。日本経済が弱体化するなかでの円高。これに対しある閣僚が、「不見識な投機」と評した。市場がこうした動きをすることはありうること。

総合的な災害・復興対策のまずさが背景にある。自らの無策を放置して、「不見識」と他人のせいにする・・・これこそが「不見識」だ。
_________________________

竹中平蔵氏はこのTwitterで3月11日の未曾有の大震災に見舞われた日本人の不幸につけ込んで、株の空売りと円買いでぼろもうけをたくらむハゲタカ外資を擁護したのです。
私は3月19日のTwitterで以下のように返信しました。
________________________

@chateaux1000 山崎康彦

@HeizoTakenaka 人の不幸で金儲けするハゲタカ外資の代理人らしい言い訳。日本にフリードマン流の新自由主義政策を導入し規制緩和と民営化とりそな銀行国有化のインサイダー取引で外資に莫大な利益をもたらしたのは小泉純一郎元首相と貴方だろう。
_________________________

私はこんな輩が大手を振って偉そうに嘘をまき散らしていることをそのままにしていれば、米国支配層のために2人が強行した「小泉竹中構造改革」の 犯罪性が一度も検証もされずにそのまま闇の中に消されてしまうと思ったのです。

▼「日本の貧困化」の主犯・小泉元首相と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはいけない!
「規制緩和」「市場開放」「民営化」「小さな政府」「自己責任」という美名のもとに、小泉元首相と竹中平蔵氏が強行した「小泉竹中構造改革」 は、それまで培ってきた日本の経済・金融・生活・労働・社会保障・価値観の「基本構造」を根こそぎ破壊しました。

米国ユダヤ金融資本、米国軍産複合体、米国多国籍企業からなる「米国支配層」の利益のために、日本を「構造的に再編成」する目的があったのです。

当時の日本国民の80%が小泉元首相と竹中平蔵氏と大手マスコミが唱える「構造改革すれば日本は復活する」という大嘘に騙されたのです。

5年半にわたる「小泉竹中構造改革」こそが現在の「日本の貧困化」と悲惨な状況をもたらしたのです。

優良企業の株や資産・土地と日本人の資産がユダヤ金融資本に買占められ、正社員が給料1/3の非正規社員にとって代わられ、1999年には一人当 たりの

GDPが世界2位であったのが2010年には世界27位となり、年間3万人以上が自殺する国となり、「財政の健全化」の名のもとに医療や介護や年 金などのセーフティ―ネットが破壊されたのです。

「小泉竹中構造改革」によってそれまで日本が誇っていた安定した中間層が貧困化しごく一部の金持ちと大多数の貧乏人とに分離した「大格差社会」に 変貌してしまったのです。

小泉元首相と竹中平蔵氏はブッシュ大統領、ポールソン財務長官(後にゴールドマンサックスCEO)、西川善文三井銀行頭取らと共謀して、ゼロ金利 政策、外資への市場開放、米国債の大量購入、りそな銀行倒産→国有化の国家的インサイダーによる外資の株と土地の買占め、郵政民営化による郵貯資産の米国への売却などを次々に実行したのです。

小泉純一郎氏と竹中平蔵氏の二人は日本人の資産と日本企業を米国に売り渡し「日本の貧困化」を実行した主犯なのですが、彼らの法的責任と道義的責任は一切問われることなく今でものうのうと暮らしています。

竹中平蔵氏は慶應義塾大学の教授(グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授・総合政策学部(SFC)教授)を務め、 同時に株式会社パソナグループ取締役会長とシンクタンク「アカデミーヒルズ」の理事長を務めています。

政界を引退した小泉純一郎氏は表舞台には出てきませんが米国支配層の日本人エージェントとして裏で様々な陰謀や策略に加担しているのでしょう。

こんなことが許されて良いわけは無いのです。

(終わり)

*再掲記事 ③

■オボちゃんもびっくり!?竹中平蔵はデビュー作が剽窃論文だった

『週刊文春』5月8日・15日ゴールデンウィーク特大号 P.51~52

「構造改革」の立役者、竹中平蔵・慶応大学教授(63)にはSTAP細胞も真っ青の論文剽窃騒動があった。

『市場と権力』(講談社)で大宅壮一ノンフィクション賞をを受賞した佐々木実氏が、知られざる秘話を明かす。

かくも長きにわたり日本の経済政策に影響を与えた経済学者がかつていただろうか。竹中氏は十六年前に小渕政権の経済戦略会議のメンバーになって以降、ほぼ途切れること無く政府の経済ブレーンをつとめている。

そんな竹中氏が、今度は安倍政権で規制緩和の司令塔役を果たそうとしている。産業競争力会議で「国家戦略特区」構想を打ち出し、提言どおり安倍総理直属の「国家戦略特区諮問会議」が新設されると、こちらでも民間議員に就任。労働、医療、農業などの分野に大胆な規制緩和で切り込もうとしている。

もはや日本を代表する経済学者となったわけだが、そんな彼にも触れられたくない過去がある。デビュー作をめぐる“剽窃疑惑”だ。

竹中氏が『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社)を上梓したのは一九八四年七月。当時は日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に勤務する三十三歳の駆け出しエコノミストで、大蔵省のシンクタンクに出向していた。

ところが、満を持してのデビュー作が出版されると、日本開発銀行に波紋が広がった。共同研究者だった鈴木和志氏(現明治大教授)が、竹中氏の本を見てショックのあまり同僚たちの前で泣き出してしまったからだ。アメリカ留学時のふたりの研究が、「竹中氏個人の研究成果」として発表されていたためである。

竹中氏は確信犯だった。というのも、出版前に鈴木氏を訪れ、共同研究の成果を竹中氏個人の著作として発表させてほしいと頼み込んでいた。「ふたりで研究したのだから、発表するならふたりの名前で発表してほしい」。鈴木氏はそういって拒絶した。鈴木氏にとっても、アメリカでの研究の集大成なのだから無理もない。しかしその後、竹中氏は鈴木氏にいっさい何も知らせず、出版を強行した。

涙を流して悔しがった鈴木氏は結局、竹中氏と絶交した。一方、竹中氏はこの著作でサントリー学芸賞を受賞、新進気鋭のエコノミストとして評価された。「裏切り」の対価として「褒賞」を得たわけだが、そもそも研究を主導したのが鈴木氏だったことから、研究仲間からも「剽窃に近い行為だ」との声があがった。

剽窃騒動はそれだけではない。開銀の後輩研究者だった高橋伸彰氏は、自分が作成して論文で発表したはずのグラフが竹中氏の本に無断掲載されているのを発見して驚愕した。しかもこのグラフは高橋氏の論文の核をなすものだった。だが竹中氏は高橋氏のクレジットを入れることもせず、勝手に拝借していたのだ。

竹中氏は批判など意に介さず、大胆にも本作を博士論文として母校の一橋大学経済学部に提出している。経済学博士号の取得がかねてからの狙いだったのだ。
 だが、事査の結果は「不合格」。真偽は定かでないが、剽窃疑惑が響いたとみる向きもあるようだ。いずれにせよ、「経済学者竹中平蔵」がトラブルを伴って誕生したことは事実である。

「処女作に作家のすべてがあらわれる」。学者にもあてはまる格言だろう。現在、竹中氏は「慶応大学教授」として労働規制の緩和に熱心に取り組む。一方で、彼は人材派遣大手パソナグループの取締役会長をつとめる。「利益相反」をものともしない経済学者には、“剽窃疑惑”騒動でかいまみせた“グリード(強欲)”の精神がいまも宿っている。

(終わり)

____________________________________________________________

New!【追加情報】

▲竹中平蔵の『とんでも発言』まとめ 

2016年05月05日 Naverまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2140871414922267401

①"トリクルダウンなんてあり得ない"

(注山崎)「トリクルダウンとは富裕層や大企業を豊かにすると富が国民全体にしたたり落ち(=トリクルダウン)経済が成長する」という「仮説」。

②"そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。(中略)今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。"

③"ある方との対談で、「いちばんいい税制は何だと思いますか?」と聞かれて、「人頭税でしょう」と答えたことがあります。これほど公平な税制はありません。"

④"正社員をなくしましょう"

出典竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」で非正規雇用について熱弁 - ライブドアニュース

⑤"私は就職の相談に来るゼミの学生に、「就職出来ないのか。そんなの簡単だ、社長になれ」と言っています。"

出典【骨太対談】竹中平蔵 VS スクウェア・エニックス・ホールディングス名誉会長 福嶋康博 | 企業家ネットワーク

⑥"「正規雇用という人たちが非正規雇用者を搾取しているわけです」"

⑦"正規(社員)は守られすぎている"

⑧"「アーティストは残業代ゼロなんですよ」"

⑨"「私の学生、とくに女子学生なんかに「いちばん欲しいものは何か」と聞くと、ほとんどの人がメイドさんだって言いますね。」"

⑩"「若い人には貧しくなる自由がある、貧しさをエンジョイしたらいい」"

出典竹中平蔵(下)「リーダーは若者から生まれる」 | 新世代リーダーの条件 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

⑪"「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」(サブプライムローン危機の最中での発言)"

⑫"「グローバルは止められません。グローバルを止めるのは、豊かになりつつある中国やインドネシアの人に、『お前たちは豊かになるな』と言ってることに等しいんですよ。そんな権利は日本にもアメリカにもないんですよ。」"

⑬"「あらゆる分野を規制緩和しないといけない」"

⑭"「よく日本経済は『全治3年』などという人がいますが、私は『余命3年』と考えたほうがいいと思います。」(2010年の発言)"
____________________________

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************


[2019/01/27 10:52] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/26のツイートまとめ
chateaux1000

【今日のブログ記事No.3106】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?https://t.co/iSONY5kxEl https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-26 08:01

【今日のブログ記事No.3106】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか? https://t.co/3WXoa0bmfe
01-26 07:59

[2019/01/27 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3107】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2019.01.25)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2707】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 89分36秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/521350205

【今日のブログ記事No.3107】

■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?

【画像】

20190125竹中平蔵

それは彼が、米国支配階級と日本支配階級に莫大な『日本国民の富』を売り渡した売国奴の工作員であり、米国と日本の両支配階級から『手厚く守られている』からだ!

以下に竹中平蔵の『権力犯罪』を論じた私の二つのブログ記事と、竹中平蔵が共同研究の成果を独り占めにして経済学者としてデビューした『論文剽窃事件』を暴露した文春の記事を再掲します!

*再掲記事 ①

■日本の大手マスコミは『権力犯罪者』竹中平蔵の「権力犯罪」を一切批判しないで野放しにしている!

2018年06月23日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/bdc08bb2426a6c0e08a6d8a517c9c774

昨日取り上げた中曽根康弘元首相の場合と全く同じである!

なぜならば竹中平蔵は、小泉純一郎元首相とともに米国支配階級が指名して彼らの利益のために働かせた「利益代理人」であり、今でも彼らに守られているからだ!

【画像】“高プロの旗振り役”竹中平蔵の言葉:

『正規雇用というひとたちがですね。恵まれすぎているんです』

『正規雇用という人たちが非正規雇用を搾取しているわけです』

▲竹中平蔵が犯した主な『権力犯罪』

1.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「米国債」を20兆円買って米国に貢いだ!

2.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「りそな銀行倒産」をわざと示唆して日本株を大暴落させゴールドマンサックスなどの米国金融機関に日本株を底値で買い占めさせ、その直後「りそな銀行の国営化による救済」を示唆して株価を急騰させた。

3.竹中平蔵は米金融機関に莫大な利益を提供した上、日本の代表的大企業の株を米国金融機関と投資家に「独占」させた!

4.竹中平蔵は小泉政権下の総務大臣の時「郵政民営化」を担当し「郵便貯金」と「郵便保険」の国民資産250兆円を米国金融機関に「解放」した!

5.竹中平蔵は以前は慶応大学の経済学部教授であり、現在は東洋大学経済学部の教授であるが、その正体は年収1億円の人材派遣会社「パソナ」会長であり、またオリックスの社外取締役である。竹中平蔵は「学者」を装って「世論誘導」するデマゴーグ(大衆扇動者)であり、比類のない「金の亡者」である!

6.竹中平蔵は「経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議」の民間議員として高プロ制度を企画・提案し、安倍政権が推し進める「弱者いじめ」「労働者いじめ」「非正規労働者拡大」路線の司令塔であり大企業と経団連へ利益誘導する「工作員」である!

7.慶応大学と東洋大学は、竹中平蔵に「教授」の肩書を与えて「学者」「民間人」を偽装させ「権力犯罪」をより犯しやすくした「犯罪加担者」である!

【関連記事】

“高プロの旗振り役”竹中平蔵がグロテスクな本音全開!「残業代は補助金」「高プロ対象はもっと拡大しないと」

2018.06.22 Litera

http://lite-ra.com/2018/06/post-4082.html

(以下略)

*再掲記事 ②

■「日本の貧困化」の主犯・小泉純一郎氏と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはならない!

2011-03-24 【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2438579e8831a671ecfd84b5a37c5f0d

竹中平蔵慶大教授は小泉純一郎自公政権(2001年ー2006年)で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣を歴任し、米国ブッシュ元大統領と連携し強行した「小泉竹中構造改革」の実質的な指令塔を務めた学者です。

その竹中平蔵氏が3月17日のTwitterで以下のような「つぶやき」をしました。
_________________________

@HeizoTakenaka 竹中平蔵

為替相場が動いた。日本経済が弱体化するなかでの円高。これに対しある閣僚が、「不見識な投機」と評した。市場がこうした動きをすることはありうること。

総合的な災害・復興対策のまずさが背景にある。自らの無策を放置して、「不見識」と他人のせいにする・・・これこそが「不見識」だ。
_________________________

竹中平蔵氏はこのTwitterで3月11日の未曾有の大震災に見舞われた日本人の不幸につけ込んで、株の空売りと円買いでぼろもうけをたくらむハゲタカ外資を擁護したのです。
私は3月19日のTwitterで以下のように返信しました。
________________________

@chateaux1000 山崎康彦

@HeizoTakenaka 人の不幸で金儲けするハゲタカ外資の代理人らしい言い訳。日本にフリードマン流の新自由主義政策を導入し規制緩和と民営化とりそな銀行国有化のインサイダー取引で外資に莫大な利益をもたらしたのは小泉純一郎元首相と貴方だろう。
_________________________

私はこんな輩が大手を振って偉そうに嘘をまき散らしていることをそのままにしていれば、米国支配層のために2人が強行した「小泉竹中構造改革」の 犯罪性が一度も検証もされずにそのまま闇の中に消されてしまうと思ったのです。

▼「日本の貧困化」の主犯・小泉元首相と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはいけない!
「規制緩和」「市場開放」「民営化」「小さな政府」「自己責任」という美名のもとに、小泉元首相と竹中平蔵氏が強行した「小泉竹中構造改革」 は、それまで培ってきた日本の経済・金融・生活・労働・社会保障・価値観の「基本構造」を根こそぎ破壊しました。

米国ユダヤ金融資本、米国軍産複合体、米国多国籍企業からなる「米国支配層」の利益のために、日本を「構造的に再編成」する目的があったのです。

当時の日本国民の80%が小泉元首相と竹中平蔵氏と大手マスコミが唱える「構造改革すれば日本は復活する」という大嘘に騙されたのです。

5年半にわたる「小泉竹中構造改革」こそが現在の「日本の貧困化」と悲惨な状況をもたらしたのです。

優良企業の株や資産・土地と日本人の資産がユダヤ金融資本に買占められ、正社員が給料1/3の非正規社員にとって代わられ、1999年には一人当 たりの

GDPが世界2位であったのが2010年には世界27位となり、年間3万人以上が自殺する国となり、「財政の健全化」の名のもとに医療や介護や年 金などのセーフティ―ネットが破壊されたのです。

「小泉竹中構造改革」によってそれまで日本が誇っていた安定した中間層が貧困化しごく一部の金持ちと大多数の貧乏人とに分離した「大格差社会」に 変貌してしまったのです。

小泉元首相と竹中平蔵氏はブッシュ大統領、ポールソン財務長官(後にゴールドマンサックスCEO)、西川善文三井銀行頭取らと共謀して、ゼロ金利 政策、外資への市場開放、米国債の大量購入、りそな銀行倒産→国有化の国家的インサイダーによる外資の株と土地の買占め、郵政民営化による郵貯資産の米国への売却などを次々に実行したのです。

小泉純一郎氏と竹中平蔵氏の二人は日本人の資産と日本企業を米国に売り渡し「日本の貧困化」を実行した主犯なのですが、彼らの法的責任と道義的責任は一切問われることなく今でものうのうと暮らしています。

竹中平蔵氏は慶應義塾大学の教授(グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授・総合政策学部(SFC)教授)を務め、 同時に株式会社パソナグループ取締役会長とシンクタンク「アカデミーヒルズ」の理事長を務めています。

政界を引退した小泉純一郎氏は表舞台には出てきませんが米国支配層の日本人エージェントとして裏で様々な陰謀や策略に加担しているのでしょう。

こんなことが許されて良いわけは無いのです。

(終わり)

*再掲記事 ③

■オボちゃんもびっくり!?竹中平蔵はデビュー作が剽窃論文だった

『週刊文春』5月8日・15日ゴールデンウィーク特大号 P.51~52

「構造改革」の立役者、竹中平蔵・慶応大学教授(63)にはSTAP細胞も真っ青の論文剽窃騒動があった。

『市場と権力』(講談社)で大宅壮一ノンフィクション賞をを受賞した佐々木実氏が、知られざる秘話を明かす。

かくも長きにわたり日本の経済政策に影響を与えた経済学者がかつていただろうか。竹中氏は十六年前に小渕政権の経済戦略会議のメンバーになって以降、ほぼ途切れること無く政府の経済ブレーンをつとめている。

そんな竹中氏が、今度は安倍政権で規制緩和の司令塔役を果たそうとしている。産業競争力会議で「国家戦略特区」構想を打ち出し、提言どおり安倍総理直属の「国家戦略特区諮問会議」が新設されると、こちらでも民間議員に就任。労働、医療、農業などの分野に大胆な規制緩和で切り込もうとしている。

もはや日本を代表する経済学者となったわけだが、そんな彼にも触れられたくない過去がある。デビュー作をめぐる“剽窃疑惑”だ。

竹中氏が『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社)を上梓したのは一九八四年七月。当時は日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に勤務する三十三歳の駆け出しエコノミストで、大蔵省のシンクタンクに出向していた。

ところが、満を持してのデビュー作が出版されると、日本開発銀行に波紋が広がった。共同研究者だった鈴木和志氏(現明治大教授)が、竹中氏の本を見てショックのあまり同僚たちの前で泣き出してしまったからだ。アメリカ留学時のふたりの研究が、「竹中氏個人の研究成果」として発表されていたためである。

竹中氏は確信犯だった。というのも、出版前に鈴木氏を訪れ、共同研究の成果を竹中氏個人の著作として発表させてほしいと頼み込んでいた。「ふたりで研究したのだから、発表するならふたりの名前で発表してほしい」。鈴木氏はそういって拒絶した。鈴木氏にとっても、アメリカでの研究の集大成なのだから無理もない。しかしその後、竹中氏は鈴木氏にいっさい何も知らせず、出版を強行した。

涙を流して悔しがった鈴木氏は結局、竹中氏と絶交した。一方、竹中氏はこの著作でサントリー学芸賞を受賞、新進気鋭のエコノミストとして評価された。「裏切り」の対価として「褒賞」を得たわけだが、そもそも研究を主導したのが鈴木氏だったことから、研究仲間からも「剽窃に近い行為だ」との声があがった。

剽窃騒動はそれだけではない。開銀の後輩研究者だった高橋伸彰氏は、自分が作成して論文で発表したはずのグラフが竹中氏の本に無断掲載されているのを発見して驚愕した。しかもこのグラフは高橋氏の論文の核をなすものだった。だが竹中氏は高橋氏のクレジットを入れることもせず、勝手に拝借していたのだ。

竹中氏は批判など意に介さず、大胆にも本作を博士論文として母校の一橋大学経済学部に提出している。経済学博士号の取得がかねてからの狙いだったのだ。
 だが、事査の結果は「不合格」。真偽は定かでないが、剽窃疑惑が響いたとみる向きもあるようだ。いずれにせよ、「経済学者竹中平蔵」がトラブルを伴って誕生したことは事実である。

「処女作に作家のすべてがあらわれる」。学者にもあてはまる格言だろう。現在、竹中氏は「慶応大学教授」として労働規制の緩和に熱心に取り組む。一方で、彼は人材派遣大手パソナグループの取締役会長をつとめる。「利益相反」をものともしない経済学者には、“剽窃疑惑”騒動でかいまみせた“グリード(強欲)”の精神がいまも宿っている。

(終わり)

___________________________________________________________________________

New!【追加情報】

▲竹中平蔵の『とんでも発言』まとめ 

2016年05月05日 Naverまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2140871414922267401

①"トリクルダウンなんてあり得ない"

(注山崎)「トリクルダウンとは富裕層や大企業を豊かにすると富が国民全体にしたたり落ち(=トリクルダウン)経済が成長する」という「仮説」。

②"そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。(中略)今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。"

③"ある方との対談で、「いちばんいい税制は何だと思いますか?」と聞かれて、「人頭税でしょう」と答えたことがあります。これほど公平な税制はありません。"

④"正社員をなくしましょう"

出典竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」で非正規雇用について熱弁 - ライブドアニュース

⑤"私は就職の相談に来るゼミの学生に、「就職出来ないのか。そんなの簡単だ、社長になれ」と言っています。"

出典【骨太対談】竹中平蔵 VS スクウェア・エニックス・ホールディングス名誉会長 福嶋康博 | 企業家ネットワーク

⑥"「正規雇用という人たちが非正規雇用者を搾取しているわけです」"

⑦"正規(社員)は守られすぎている"

⑧"「アーティストは残業代ゼロなんですよ」"

⑨"「私の学生、とくに女子学生なんかに「いちばん欲しいものは何か」と聞くと、ほとんどの人がメイドさんだって言いますね。」"

⑩"「若い人には貧しくなる自由がある、貧しさをエンジョイしたらいい」"

出典竹中平蔵(下)「リーダーは若者から生まれる」 | 新世代リーダーの条件 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

⑪"「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」(サブプライムローン危機の最中での発言)"

⑫"「グローバルは止められません。グローバルを止めるのは、豊かになりつつある中国やインドネシアの人に、『お前たちは豊かになるな』と言ってることに等しいんですよ。そんな権利は日本にもアメリカにもないんですよ。」"

⑬"「あらゆる分野を規制緩和しないといけない」"

⑭"「よく日本経済は『全治3年』などという人がいますが、私は『余命3年』と考えたほうがいいと思います。」(2010年の発言)"
_____________________________________

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2019/01/26 07:57] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/25のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLiveNo2706】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?https://t.co/Mxya6yFmGc https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:56

【YYNewsLiveNo2706】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか? https://t.co/5zYHxJXM0H
01-25 22:55

①「勤労統計不正」でアベノミクスの嘘が! 「21年ぶりの高水準」喧伝も実はマイナス…安倍と麻生の関与説も2019.01.24 Literahttps://t.co/DZpKd8ea4d https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:11

無給職員の苦境「理解できない」 富豪の米商務長官、ローン推奨し批判殺到2019年1月25日 AFP日本語版https://t.co/Ltb6yHYAcb https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:11

⑤トランプ氏が元弁護士に「脅迫」 議会証言延期に2019年1月24日 AFP日本語版https://t.co/2dtV3uWvrR https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:10

自民に焦りが 国民民主&小沢一郎氏の合流で強まる“解散風”2019/01/25 Literahttps://t.co/XJvPrTeO1t https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:09

③県民投票全県実施へ 与野党、3択合意 5市長参加の意向 29日に条例改正2019年1月25日 琉球新報https://t.co/XOSfJXZfc5 https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:09

②竹中氏批判の東洋大学生語る「組織の問題を指摘」2019/01/24 日刊スポーツhttps://t.co/lpbhZJdMXd https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:08

日本哨戒機60~70メートル高度鮮明…「威嚇飛行」の首根っこをつかまれたハンギョレ新聞https://t.co/zk7J0Ntf9q https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:08

アメリカ留学時のふたりの研究が、「竹中氏個人の研究成果」として発表されていたためである。 https://t.co/WUNOIdZo6Z
01-25 22:06

続きを読む
[2019/01/26 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLiveNo2706】■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?
いつもお世話様です。
                          
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日金曜日(2019年01月25日)午後8時30分から放送しました【YYNewsLiveNo2706】の放送台本です!

【放送録画】 89分36秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/521350205

☆今日の画像

①日本哨戒機60~70メートル高度鮮明…「威嚇飛行」の首根っこをつかまれた (ハンギョレ新聞記事)

20190125威嚇低空飛行1

②竹中平蔵教授を批判 東洋大4年生 (日刊ゲンダイ記事)

20190125竹中平蔵1

③竹中氏批判の東洋大学生語る「組織の問題を指摘」(日刊スポーツ記事)

20190125竹中批判の東洋大生

④竹中平蔵のとんでも発言 (TV画面)

20190125竹中平蔵2

『正規雇用というひとたちがですね。恵まれすぎているんです』

『正規雇用という人たちが非正規雇用を搾取しているわけです』

⑤富豪ウィルバー・ロス米商務長官『なぜなのか全く理解できない。金融機関のローンを利用すればいい』

20190125富豪ロバーツ米財務長官

☆今日のひとこと

①『厚労省官僚に「嘘の勤労統計」を集計させ『アベノミックス成功の嘘』を演出させたのは安倍晋三だ。安倍晋三は目的のためには手段を選ばない【社会的人格破壊者(サイコパス)】である』(山崎康彦)

②『10-15%しかないのに40-45%と日本のマスコミに「嘘の内閣支持率」を毎回発表させて来たのは安倍晋三だ。安倍晋三は目的のためには手段を選ばない【社会的人格破壊者(サイコパス)】である』(山崎康彦)

③『なぜなのか全く理解できない。金融機関のローンを利用すればいい』(米連邦政府機関の一部閉鎖が1か月以上に及ぶ中無給の生活が続く連邦職員がボランティアの食料配給に頼っていることに対して富豪ウィルバー・ロス米商務長官の言葉)

④『パンがなければブリオッシュを食べれば良い』(ルイ16世の治世下のフランスで起こった飢饉の最中に妻マリー・アントワネットが発したといわれる言葉)

⑤『私は所得に応じて所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような経済の原則に副つたほうへ持つて行きたいというのが私の念願であります』(池田隼人首相の「貧乏人は麦を食え」発言)

New!☆今日の備忘録 ー 決して忘れてはいけない【権力犯罪者】の言葉

■竹中平蔵のひどい発言集 (Naverまとめ)

2016年05月05日 Naverまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2140871414922267401

この記事は私がまとめました
zef1226さん

①"トリクルダウンなんてあり得ない"

(注山崎)「トリクルダウンとは富裕層や大企業を豊かにすると富が国民全体にしたたり落ち(=トリクルダウン)経済が成長する」という「仮説」。

出典【竹中平蔵】トリクルダウンなんてあるわけないじゃん(笑 - YouTube)

クルーグマンやスティグリッツなどアメリカの著名な経済学者に完全否定されたので、そっちに便乗した形ですね。

"そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。(中略)今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。"

出典【魚拓】「賢人論。」第13回竹中平蔵氏(前編)|みんなの介護ニュース

日本の年金制度を崩壊させたいのだろうか?

出典tk.ismcdn.jp

②"ある方との対談で、「いちばんいい税制は何だと思いますか?」と聞かれて、「人頭税でしょう」と答えたことがあります。これほど公平な税制はありません。"

出典「 内閣法制局こそ違憲である 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

公平というか、あなたにとって得な税制ってだけでしょう。

③"正社員をなくしましょう"

出典竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」で非正規雇用について熱弁 - ライブドアニュース

正規がなくなり、非正規のみになると、当然、人材派遣会社が儲かります。竹中平蔵センセは、人材派遣会社パソナの会長です。つまり、ただのポジショントークなのです。

出典blog.goo.ne.jp

④"私は就職の相談に来るゼミの学生に、「就職出来ないのか。そんなの簡単だ、社長になれ」と言っています。"

出典【骨太対談】竹中平蔵 VS スクウェア・エニックス・ホールディングス名誉会長 福嶋康博 | 企業家ネットワーク

基本的に、新たに事業を展開する場合、それ以前に就いていた職業の経験やノウハウ、人脈などを駆使して何とかやっていくというのが普通でしょう。何のキャリアも人脈もない学生が、起業して成功するなんて極稀なこと。他人の人生を一体何だと思ってるのか。大学の教職員としてあるまじき発言。

⑤"「正規雇用という人たちが非正規雇用者を搾取しているわけです」"

出典http://murasamemaru.up.n.seesaa.net/murasamemaru/panflash00073975.jpg?d=a0

別に正規雇用者が非正規雇用者から搾取してるわけではないでしょう。労働の条件を決めるのは企業側なわけだから、搾取しているのは企業側では?

"正規(社員)は守られすぎている"

出典竹中平蔵「正社員は既得権益」売国奴発言に三橋貴明ガチ激怒【「残業代ゼロ」と産業競争力会議が提言】 - YouTube

現在の雇用制度は、民主的なプロセスを経て決定されたもの。また、労働者と企業では企業側のほうが強く、労働規制を無くせば、低賃金労働、長時間労働による過労死、悪環境による病気など様々な事態が予想され、それらの規制を取っ払ってしまうのはまずいでしょう。

出典diamond.jp

⑥"「アーティストは残業代ゼロなんですよ」"

出典「ヒラ社員も残業代ゼロ」構想の全内幕 | 週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

「アーティストの残業代はゼロなので、一般の労働者も残業代をなくすべきだ」。こんな下らない詭弁が通るほど世の中、甘くありません。

"「私の学生、とくに女子学生なんかに「いちばん欲しいものは何か」と聞くと、ほとんどの人がメイドさんだって言いますね。」"

出典田原総一朗×竹中平蔵対談【下】「移民の受け入れなどタブーなき議論をすれば人口減少下でも経済成長は達成できる」  | 田原総一朗のニッポン大改革 | 現代ビジネス [講談社]

簡単に女子大生のブログなどを検索したところ、今欲しいものはブランド物のバッグ、香水、彼氏などで「メイド」と書いてた人は見つかりませんでした。竹中センセのとこの学生は変わり者が多いようです。

出典toyokeizai.net

⑦"「若い人には貧しくなる自由がある、貧しさをエンジョイしたらいい」"

出典竹中平蔵(下)「リーダーは若者から生まれる」 | 新世代リーダーの条件 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

若者が貧しくなる制度を作っといてよくこんなことが言えますな。

⑧"「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」(サブプライムローン危機の最中での発言)"

出典サブプライム危機の真実 民営化した郵政はアメリカに出資せよ|竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方|ダイヤモンド・オンライン

アメポチなのか、それともサブプライムローン危機に対する認識不足なのか。また、上村シーラ千賀子氏によると竹中氏はアメリカのグリーンカードを取得しているとか。

出典rapt.sub.jp

⑨"「グローバルは止められません。グローバルを止めるのは、豊かになりつつある中国やインドネシアの人に、『お前たちは豊かになるな』と言ってることに等しいんですよ。そんな権利は日本にもアメリカにもないんですよ。」"

出典竹中平蔵という男とは? ‐ ニコニコ動画:GINZA

グローバル化しないと国は豊かになれないというお考えのようですが、その肝心の日本やアメリカはグローバル化したから豊かになったわけではありません。

⑩"「あらゆる分野を規制緩和しないといけない」"

出典竹中氏「あらゆる分野に規制緩和を」 - Dailymotion動画

安全規制も環境規制も労働規制もいらないんですか?新自由主義者は、とかく規制が市場を阻害していると考えがちですが、むき出しの市場原理では問題があるため、各種の規制が導入されたわけで。

⑪"「よく日本経済は『全治3年』などという人がいますが、私は『余命3年』と考えたほうがいいと思います。」(2010年の発言)"

出典Amazon.co.jp: 日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか: 竹中 平蔵, 池田 信夫, 土居 丈朗, 鈴木 亘: 本

竹中平蔵の大予言。結果は見事にハズレ。

Amazon 日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか

(終わり)

☆今日の注目情報

①[ニュース分析]安倍首相、韓日の軋轢を“ニューノーマル”にして新たな構図作り?

2019/01/25 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00032648-hankyoreh-kr

国防部が今月24日午後、日本海上自衛隊所属のP3哨戒機が韓国海軍駆逐艦「大祚栄」の付近に超低高度威嚇飛行をした写真を公開した。日本の哨戒機が高度約60メートルで飛行し、大祚栄艦の右舷を通過している=国防部提供

両国の軋轢深める日本の狙いとは  1965年以来類を見ない軍事対立 日本、第2次世界大戦以降最大の防衛費編成 韓国との対立深めることで“再武装”を加速化  トランプ大統領が朝米交渉に力入れる間 日本は中露と和解…韓国とは対立

日本の海上哨戒機が、韓国の艦艇に向かってこの1週間で3回も威嚇飛行をしたのは、韓日関係において異例の事態だ。米国の東アジア同盟構造に縛られていた韓日間に、“軍事的対立”がこのように公開的に高まったのは、韓日基本条約が締結された1965年以来、類を見ない事態だ。レーダー照射をめぐる対立から哨戒機の威嚇飛行まで、安倍晋三首相率いる日本政府の意図に注目が集まるのも、そのためだ。

まずは、最高裁判所の強制徴用賠償判決後、韓国に対する日本内部の不満を結集させ、韓国政府に対策の提示を強く圧迫するためと見られる。韓国の強制徴用被害者らが新日鉄住金の国内資産の差し押さえに着手したことを受け、日本政府は9日、韓日請求権協定の紛争解決手続きに定められた政府間協議を要求し、韓国政府に「30日以内の返答」を要請した。

さらに視野を広げて、安倍政権の長期的な戦略の再調整という大きな変化が背景にあると指摘する専門家も多い。安倍政府をはじめとする日本の保守勢力は、中国の浮上と北朝鮮の脅威を口実に、日本の再武装化と日米同盟の強化を進めてきた。しかし、ドナルド・トランプ政権が朝米交渉に集中し、韓日米軍事協力に対する関心が低くなったことで、安倍政府は昨年から中露との和解に努める一方、韓国との対立を利用しようとする方向に動いているという分析だ。最近の韓日の軋轢が短期間に解決することが難しいことから、韓日の軋轢が“ニューノーマル”になる懸念が高まっているのも、そのためだ。

聖公会大学のヤン・ギホ教授は「日本の右派は、中国の牽制と北朝鮮という敵を利用し、冷戦的状況を維持するのが有利だと思っていたが、構造が変わっている」とし、「韓国と日本が戦略的利益を共有するのが容易ではない転換期を迎えており、韓日の軋轢がニューノーマル状態になる兆しを見せている」と話した。

日本政府の今年の防衛費予算案は5兆2574億円で、第2次世界大戦以来、過去最高となる。第5世代ステルス戦闘機であるF35やイージス・アショア(弾道ミサイル迎撃システム)のような高価な米国産装備の購入に巨額の予算を使うことに対し、日本国内でも批判が高まっており、防衛予算の持続的な増加のためには“周辺国の脅威”を強調する必要がある。

こうした状況で韓国政府は過去の歴史をめぐる対立と経済・文化などを分離し、“ツートラック”で対応するという原則を強調しているが、日本がこれに応じず、明確な解決策を見出せずにいる。ヤン・ギホ教授は「政府は韓日関係を放置せず、日本政府と引き続き協議していくべきだが、哨戒機の威嚇飛行問題については断固として対応すべきだ」とし、守勢的な対応がむしろ日本の継続的な挑発につながりかねないと指摘した。

朝鮮半島平和プロセスにおける韓日協力の空間を拡大し、解決策を見出さなければならないという提案もある。ソウル大学のナム・ギジョン教授は「朝鮮半島平和プロセスから日本を排除するのは現実性がない」としたうえで、「北東アジアの新たな安保秩序と非核地帯化問題において、日本との接点を見出さなければならない」と指摘した。安倍政府の政策を憂慮する日本市民と協力の空間を作り、朝鮮半島平和プロセスを揺さぶろうとする日米同盟派を弱めるため、長期的な戦略が必要だということだ。

パク・ミンヒ記者、東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

☆今日の推薦図書(朗読+テキスト)

■推奨本朗読】衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第三十五回目朗読 (2019.01.25)

第二章 経済むしばむ“官企業”―特殊法人と公益法人など (P112-186)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/1067.html

第一節 日本は官制経済の国だ (P112-121)

●事業、開発のための法律が三〇〇

わが国は“官制経済”の国だ。いや、社会主義経済の国といってもいい。金
を上から下へと流しこみ、途中で政官権力が掬(すく)い上げる“流しそう麺
”式の社会主義的計画経済の性格がきわめて強いのである。

その第一の根拠は、法的な側面である。今日、わが国には「事業」「開発」
「整備」等のための法律が約三〇〇を数えるに至っている。このほとんどは一
九六〇年代以降制定されたかまたは改訂されたものである。わが国の全ての法
律の数が一六〇〇に満たないことを思うと、いかに政治・行政が経済行為に介
入し、実質的に市場を支配しているかがわかる。

しかも、政令、省令、通達などによる事業展開はさらに膨大な量にのぼるば
かりか、それぞれの法令や規則の中に無数の事業が盛り込まれている。今日、
省庁が直接指揮をとる経済プロジェクト、経済関係事業の数がどれほどの量に
なるのかは、ほとんど想像を絶する。個々の事業を紙に書き出しただけでも、
一省庁あたりダンボール何箱という単位の話である。

横浜国立大学の花田頼明名誉教授は、わが国の権力による経済支配の手法に
ついて「日本の場合には許可制や免許制を取り、これらを通じて行政が関連企
業を自分の世界に抱き込んで、一方では命令や行政指導を通じて規制しなが
ら、他方では抱き込んでいる企業や業界を育成し保護していくというやり方を
取っている」と指摘している。彼はこれをアメリカと対比して「アメリカでは
もともと規制はなく自由放任主義的に競争させることから出発しています」、
自由競争の弊害に対しては「独立行政委員会をつくって、そこで審判という方
法で行き過ぎを是正し……抑えていくというやり方をとっている」と説明して
いる (『ジュリスト』一九九四年五月一日号)。

つまり、アメリカでは、まず、市場があって、その上でルールが作られる
が、日本では逆だというのだ。

(続く)

(1)今日のメインテーマ

■御用学者・竹中平蔵がこれほど『悪質で重大な権力犯罪』を数多く犯しても決して逮捕も起訴も終身刑にもならず今でも『公然』と活動できるのはなぜなのか?

それは彼が、米国支配階級と日本支配階級に莫大な『日本国民の富』を売り渡した売国奴の工作員であり、米国と日本の両支配階級から『手厚く守られている』からだ!

以下に竹中平蔵の『権力犯罪』を論じた私の二つのブログ記事と、竹中平蔵が共同研究の成果を独り占めにして経済学者としてデビューした『論文剽窃事件』を暴露した文春の記事を再掲します!

*再掲記事 ①

■日本の大手マスコミは『権力犯罪者』竹中平蔵の「権力犯罪」を一切批判しないで野放しにしている!

2018年06月23日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/bdc08bb2426a6c0e08a6d8a517c9c774

昨日取り上げた中曽根康弘元首相の場合と全く同じである!

なぜならば竹中平蔵は、小泉純一郎元首相とともに米国支配階級が指名して彼らの利益のために働かせた「利益代理人」であり、今でも彼らに守られているからだ!

【画像】“高プロの旗振り役”竹中平蔵の言葉:

『正規雇用というひとたちがですね。恵まれすぎているんです』

『正規雇用という人たちが非正規雇用を搾取しているわけです』

▲竹中平蔵が犯した主な『権力犯罪』

1.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「米国債」を20兆円買って米国に貢いだ!

2.竹中平蔵は小泉政権下の経済担当大臣の時「りそな銀行倒産」をわざと示唆して日本株を大暴落させゴールドマンサックスなどの米国金融機関に日本株を底値で買い占めさせ、その直後「りそな銀行の国営化による救済」を示唆して株価を急騰させた。

3.竹中平蔵は米金融機関に莫大な利益を提供した上、日本の代表的大企業の株を米国金融機関と投資家に「独占」させた!

4.竹中平蔵は小泉政権下の総務大臣の時「郵政民営化」を担当し「郵便貯金」と「郵便保険」の国民資産250兆円を米国金融機関に「解放」した!

5.竹中平蔵は以前は慶応大学の経済学部教授であり、現在は東洋大学経済学部の教授であるが、その正体は年収1億円の人材派遣会社「パソナ」会長であり、またオリックスの社外取締役である。竹中平蔵は「学者」を装って「世論誘導」するデマゴーグ(大衆扇動者)であり、比類のない「金の亡者」である!

6.竹中平蔵は「経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議」の民間議員として高プロ制度を企画・提案し、安倍政権が推し進める「弱者いじめ」「労働者いじめ」「非正規労働者拡大」路線の司令塔であり大企業と経団連へ利益誘導する「工作員」である!

7.慶応大学と東洋大学は、竹中平蔵に「教授」の肩書を与えて「学者」「民間人」を偽装させ「権力犯罪」をより犯しやすくした「犯罪加担者」である!

【関連記事】

“高プロの旗振り役”竹中平蔵がグロテスクな本音全開!「残業代は補助金」「高プロ対象はもっと拡大しないと」

2018.06.22 Litera

http://lite-ra.com/2018/06/post-4082.html

(以下略)

*再掲記事 ②

■「日本の貧困化」の主犯・小泉純一郎氏と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはならない!

2011-03-24 【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2438579e8831a671ecfd84b5a37c5f0d

竹中平蔵慶大教授は小泉純一郎自公政権(2001年ー2006年)で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣を歴任し、米国ブッシュ元大統領と連携し強行した「小泉竹中構造改革」の実質的な指令塔を務めた学者です。

その竹中平蔵氏が3月17日のTwitterで以下のような「つぶやき」をしました。
_________________________

@HeizoTakenaka 竹中平蔵

為替相場が動いた。日本経済が弱体化するなかでの円高。これに対しある閣僚が、「不見識な投機」と評した。市場がこうした動きをすることはありうること。

総合的な災害・復興対策のまずさが背景にある。自らの無策を放置して、「不見識」と他人のせいにする・・・これこそが「不見識」だ。
_________________________

竹中平蔵氏はこのTwitterで3月11日の未曾有の大震災に見舞われた日本人の不幸につけ込んで、株の空売りと円買いでぼろもうけをたくらむハゲタカ外資を擁護したのです。
私は3月19日のTwitterで以下のように返信しました。
________________________

@chateaux1000 山崎康彦

@HeizoTakenaka 人の不幸で金儲けするハゲタカ外資の代理人らしい言い訳。日本にフリードマン流の新自由主義政策を導入し規制緩和と民営化とりそな銀行国有化のインサイダー取引で外資に莫大な利益をもたらしたのは小泉純一郎元首相と貴方だろう。
_________________________

私はこんな輩が大手を振って偉そうに嘘をまき散らしていることをそのままにしていれば、米国支配層のために2人が強行した「小泉竹中構造改革」の 犯罪性が一度も検証もされずにそのまま闇の中に消されてしまうと思ったのです。

▼「日本の貧困化」の主犯・小泉元首相と竹中平蔵氏をこのまま延命させてはいけない!
「規制緩和」「市場開放」「民営化」「小さな政府」「自己責任」という美名のもとに、小泉元首相と竹中平蔵氏が強行した「小泉竹中構造改革」 は、それまで培ってきた日本の経済・金融・生活・労働・社会保障・価値観の「基本構造」を根こそぎ破壊しました。

米国ユダヤ金融資本、米国軍産複合体、米国多国籍企業からなる「米国支配層」の利益のために、日本を「構造的に再編成」する目的があったのです。

当時の日本国民の80%が小泉元首相と竹中平蔵氏と大手マスコミが唱える「構造改革すれば日本は復活する」という大嘘に騙されたのです。

5年半にわたる「小泉竹中構造改革」こそが現在の「日本の貧困化」と悲惨な状況をもたらしたのです。

優良企業の株や資産・土地と日本人の資産がユダヤ金融資本に買占められ、正社員が給料1/3の非正規社員にとって代わられ、1999年には一人当 たりの

GDPが世界2位であったのが2010年には世界27位となり、年間3万人以上が自殺する国となり、「財政の健全化」の名のもとに医療や介護や年 金などのセーフティ―ネットが破壊されたのです。

「小泉竹中構造改革」によってそれまで日本が誇っていた安定した中間層が貧困化しごく一部の金持ちと大多数の貧乏人とに分離した「大格差社会」に 変貌してしまったのです。

小泉元首相と竹中平蔵氏はブッシュ大統領、ポールソン財務長官(後にゴールドマンサックスCEO)、西川善文三井銀行頭取らと共謀して、ゼロ金利 政策、外資への市場開放、米国債の大量購入、りそな銀行倒産→国有化の国家的インサイダーによる外資の株と土地の買占め、郵政民営化による郵貯資産の米国への売却などを次々に実行したのです。

小泉純一郎氏と竹中平蔵氏の二人は日本人の資産と日本企業を米国に売り渡し「日本の貧困化」を実行した主犯なのですが、彼らの法的責任と道義的責任は一切問われることなく今でものうのうと暮らしています。

竹中平蔵氏は慶應義塾大学の教授(グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授・総合政策学部(SFC)教授)を務め、 同時に株式会社パソナグループ取締役会長とシンクタンク「アカデミーヒルズ」の理事長を務めています。

政界を引退した小泉純一郎氏は表舞台には出てきませんが米国支配層の日本人エージェントとして裏で様々な陰謀や策略に加担しているのでしょう。

こんなことが許されて良いわけは無いのです。

(終わり)

*再掲記事 ③

■オボちゃんもびっくり!?竹中平蔵はデビュー作が剽窃論文だった

『週刊文春』5月8日・15日ゴールデンウィーク特大号 P.51~52

「構造改革」の立役者、竹中平蔵・慶応大学教授(63)にはSTAP細胞も真っ青の論文剽窃騒動があった。

『市場と権力』(講談社)で大宅壮一ノンフィクション賞をを受賞した佐々木実氏が、知られざる秘話を明かす。

かくも長きにわたり日本の経済政策に影響を与えた経済学者がかつていただろうか。竹中氏は十六年前に小渕政権の経済戦略会議のメンバーになって以降、ほぼ途切れること無く政府の経済ブレーンをつとめている。

そんな竹中氏が、今度は安倍政権で規制緩和の司令塔役を果たそうとしている。産業競争力会議で「国家戦略特区」構想を打ち出し、提言どおり安倍総理直属の「国家戦略特区諮問会議」が新設されると、こちらでも民間議員に就任。労働、医療、農業などの分野に大胆な規制緩和で切り込もうとしている。

もはや日本を代表する経済学者となったわけだが、そんな彼にも触れられたくない過去がある。デビュー作をめぐる“剽窃疑惑”だ。

竹中氏が『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社)を上梓したのは一九八四年七月。当時は日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に勤務する三十三歳の駆け出しエコノミストで、大蔵省のシンクタンクに出向していた。

ところが、満を持してのデビュー作が出版されると、日本開発銀行に波紋が広がった。共同研究者だった鈴木和志氏(現明治大教授)が、竹中氏の本を見てショックのあまり同僚たちの前で泣き出してしまったからだ。アメリカ留学時のふたりの研究が、「竹中氏個人の研究成果」として発表されていたためである。

竹中氏は確信犯だった。というのも、出版前に鈴木氏を訪れ、共同研究の成果を竹中氏個人の著作として発表させてほしいと頼み込んでいた。「ふたりで研究したのだから、発表するならふたりの名前で発表してほしい」。鈴木氏はそういって拒絶した。鈴木氏にとっても、アメリカでの研究の集大成なのだから無理もない。しかしその後、竹中氏は鈴木氏にいっさい何も知らせず、出版を強行した。

涙を流して悔しがった鈴木氏は結局、竹中氏と絶交した。一方、竹中氏はこの著作でサントリー学芸賞を受賞、新進気鋭のエコノミストとして評価された。「裏切り」の対価として「褒賞」を得たわけだが、そもそも研究を主導したのが鈴木氏だったことから、研究仲間からも「剽窃に近い行為だ」との声があがった。

剽窃騒動はそれだけではない。開銀の後輩研究者だった高橋伸彰氏は、自分が作成して論文で発表したはずのグラフが竹中氏の本に無断掲載されているのを発見して驚愕した。しかもこのグラフは高橋氏の論文の核をなすものだった。だが竹中氏は高橋氏のクレジットを入れることもせず、勝手に拝借していたのだ。

竹中氏は批判など意に介さず、大胆にも本作を博士論文として母校の一橋大学経済学部に提出している。経済学博士号の取得がかねてからの狙いだったのだ。
 だが、事査の結果は「不合格」。真偽は定かでないが、剽窃疑惑が響いたとみる向きもあるようだ。いずれにせよ、「経済学者竹中平蔵」がトラブルを伴って誕生したことは事実である。

「処女作に作家のすべてがあらわれる」。学者にもあてはまる格言だろう。現在、竹中氏は「慶応大学教授」として労働規制の緩和に熱心に取り組む。一方で、彼は人材派遣大手パソナグループの取締役会長をつとめる。「利益相反」をものともしない経済学者には、“剽窃疑惑”騒動でかいまみせた“グリード(強欲)”の精神がいまも宿っている。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

①日本哨戒機60~70メートル高度鮮明…「威嚇飛行」の首根っこをつかまれた

2019/01/25 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00032644-hankyoreh-kr

日本哨戒機60~70メートル高度鮮明…「威嚇飛行」の首根っこをつかまれた

国防部が24日午後、日本海上自衛隊所属のP-3哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦「大祚栄艦の近隣で超低高度威嚇飛行をした映像を公開した。日本の哨戒機が高度約60メートルで飛行し、大祚栄艦の右舷を通過している=国防部提供

国防部、大祚栄艦のレーダー画面を公開 軍「機械は嘘をつかない」 言い逃れる日本に証拠として提示 哨戒機540メートル接近場面も撮影 動画は日本の対応を見て公開キーで 日本政府「適切な飛行」ごり押し繰り返す

国防部が、日本哨戒機の23日の威嚇飛行当時の高度と大祚栄艦との距離が表示されたレーダー画面写真を24日公開した。日本防衛省が哨戒機の威嚇飛行を否定すると直ちに証拠を提示したのだ。日本の主張に反論し、圧迫を解かないとの信号と見える。日本は韓国側の写真公開に再反論したが、具体的な証拠は出さなかった。

国防部がこの日公開したレーダー画面の写真は計2枚だ。日本の哨戒機が高度60~70メートルで飛んできて、大祚栄艦に540メートルまで接近したことを示す数値が表示されている。合同参謀関係者は「レーダー情報は大祚栄艦の多機能コンソール(MFC)画面に表示されたもの」とし「日本哨戒機の超低高度威嚇飛行を立証する証拠」と話した。彼は「機械は嘘をつかない」と強調した。

日本の哨戒機が午後2時3分頃、大祚栄艦の艦尾に接近する当時を捕捉したレーダー画面には、哨戒機の高度が「200フィート」(60~70メートル)と示されている。さらに哨戒機が大祚栄艦の右舷に接近した時のレーダー画面には、距離が「0.33マイル」(540メートル)と示されている。レーダー画面からは一部の情報が消されている。合同参謀関係者は「大祚栄艦のレーダーシステムが露出しかねないため一部を削除した」と説明した。

国防部は、大祚栄艦の赤外線カメラで撮った映像を撮った2枚の写真と、ビデオカメラで録画した映像を撮った1枚の写真もあわせて公開した。ビデオカメラ側の写真を見れば、日本の哨戒機が大祚栄艦の通信アンテナの右側を飛行する姿が見える。通信アンテナと哨戒機の距離は1キロメートル程度だ。2時3分頃に撮った赤外線カメラの写真には、哨戒機が540メートルまで接近した姿が見える。これより前の2時1分頃に撮った写真には、7.5キロメートルの距離から接近する哨戒機が見える。

国防部は、赤外線カメラとビデオカメラで撮影された動画を公開する方案については、「決定されていない」として、慎重な態度を示している。ひとまず写真形態で証拠を提示しただけに、日本の対応を見てから公開の方式と範囲を決めるという意と見られる。日本の態度に応じて段階的に強度を高めていく戦略と見える。大統領府はこの日、チョン・ウィヨン国家安保室長の主宰で開いた国家安全保障会議(NSC)常任委員会会議の後「常任委員たちは最近韓国艦艇に対する日本哨戒機の近接低高度威嚇飛行が繰り返されていることに対して、深刻な憂慮を表明し、こうした行為が再発しないよう厳重に対応していくことにした」と明らかにした。

韓国の高強度圧迫に比べれば、日本の対応は低強度だ。菅義偉官房長官はこの日、定例ブリーフィングで「海上自衛隊の哨戒機は適切に飛行したという報告を防衛省から受けた」として「軍事当局間でしっかりと意思疎通を図っていくものと承知している」と述べた。防衛省が21日に出した「最終見解」で韓国との協議中断を宣言したことに照らしてみれば、ニュアンスが違う。正面対抗を自制して状況を管理しようとする意志が読まれるという見方がある。

韓国側の写真公開後にも、岩屋毅防衛相は24日夕方「(日本の哨戒機は)国際法規と国内法に基づいて常に適切に監視活動をしている。(韓国が)日本側の見解を受け入れ誠意ある対応をすることを願う」として、反論はしたが多少原則的な水準に止まった。

韓日の対立が長引けば、軍事協力にも支障が避けられない。韓国海軍と日本海上自衛隊の合同捜索救助訓練(SAREX)が下半期に予定されているが、今の雰囲気では実行を楽観しがたい。船舶遭難事故が発生した際の共同作戦能力を育てるために2年毎に実施するこの連合訓練は、1999年から継続してきた。

ユ・ガンムン先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

②竹中氏批判の東洋大学生語る「組織の問題を指摘」

2019/01/24 日刊スポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00457947-nksports-soci

竹中氏批判の東洋大学生語る「組織の問題を指摘」

竹中平蔵氏を批判する立て看板を校内に立てたことなどで、東洋大から退学の勧告を受けたと訴える船橋秀人さん(撮影・村上幸将)

東洋大学が、元総務大臣でグローバル・イノベーション学科教授の竹中平蔵氏(67)を批判する立て看板を21日に校内に立て、ビラを配った文学部哲学科4年の船橋秀人さん(23)に「退学」を示唆するような発言をしていたことが24日、分かった。

【写真】船橋秀人さんが校内に立てた、竹中平蔵氏を批判する立て看板

船橋さんは授業前の21日午前9時に「竹中平蔵による授業反対!」と書いた立て看板を校内に立て、ビラを配るなどしたが、10分後に大学の関係者に撤去され、学生課の男性職員4、5人に2時間半にわたって事情聴取された。その中で、男性職員から「性行不良で改善の見込みがないと認められる者」「本学の秩序を乱し、その他学生に反した者」など、退学に関して規定された学則第57条を示しながら「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」などと追及されたという。

船橋さんは今回の行動を起こした要因として、国際化を進め14年に文部科学省からスーパーグローバル大学に認定され、竹中氏が教授に就任した16年以降、さらに国際化を加速した大学側が、1887年(明20)に「哲学館」として開学した際から専門分野にしてきた、哲学科を統合再編するなど縮小に向かったことへの疑問があったと語った。

文学部にはインド哲学科と中国哲学文学科があったが、13年度からインド哲学科と中国哲学文学科が統合され、東洋思想文化学科に再編されたという。統廃合で1つの科になったため、教授の数と学生の数がつり合わなくなっており、特にゼミにおいて問題が顕著になっているという。

船橋さんは「ゼミ生は、せいぜい20人が上限で読書会などをするものですが、今、ゼミには40~50人くらいの学生がいる。ゼミなのに、やっていることは講義。哲学を勉強したくて東洋大に入ったのに、これでいいのかと思った」と首をかしげた。その上で「竹中教授を批判していますが、恨みつらみではなく大学の組織の問題を指摘したかった。大学は最も自由で、議論が進む先導役になるべきだと思う」などと持論を語った。

また、日本大学のアメフト部の悪質タックル問題で、学生の側から意見を言わない、言えない状況をニュースで目の当たりにして「こんなので良いのかと思ったし、自分も批判されているような気持ちになった」と感じたことも、行動を起こした理由だという。

大学側は23日に「一部ネット等で散見されるような当該学生に対する退学処分の事実はありません。本件に関して、所属学部では退学としないことを確認しております」と退学処分はないことを発表した。それを受け、船橋さんは今後について「(在籍した)4年間で、校内に立て看板が立つことはなかった。僕は卒業間際まで動くことが出来なかったけれど、単身で声を上げたことで組織の問題などを考えて欲しいし、根本的な議論につなげて欲しい。後輩にも受け継いで欲しい」などと語った。

東洋大は、日刊スポーツの取材に、国際化の加速化について「2016年の竹中就任以前から本学は国際化に注力する指針は打ち立てています。以前より『哲学教育』『国際化』『キャリア教育』を教学改革の3つの柱として掲げていました」と、竹中氏が教授に就任する以前からの流れだったと指摘した。

一方で、哲学科については「2013年に定員を50人から100人に倍増させる、インド哲学科と中国哲学文学科を再編し東洋思想文化学科にするなどをしています。『哲学する心を持て』というスローガンをはじめ、全学での哲学教育などを拡充しています」と、再編が縮小にはなっていないことを強調した

③県民投票全県実施へ 与野党、3択合意 5市長参加の意向 29日に条例改正

2019年1月25日 琉球新報

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-866055.html

県民投票の2択から3択への変更について協議する県議会各派代表者=24日午前、那覇市の県議会棟4階

辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う沖縄県民投票の実施を5市長が拒否している問題を巡り、県議会は24日、全会派による「各派代表者会」を開き、現行の賛成、反対の二者択一に「どちらでもない」を加えた3択に条例改正することで合意した。29日に臨時議会が開かれ、全会一致で3択への条例改正案を可決する。県議会の全会一致を受けた5市長の対応について、自民党県連の照屋守之会長は「私どもが決断すれば彼らも県民投票に応じると確約がとれた」と実施に転じることを説明。条例改正を受け全市町村での県民投票実施が確実となった。

午前10時に始まった県議会各派代表者会で、新里米吉県議会議長が「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択への条例修正を与野党に提案し、5市が事務実施を受け入れるよう全会一致で可決する対応を求めた。

議長提案に県政与党3会派と中立の2会派、無所属議員は賛同したが、野党の自民会派は難色を示した。議長提案に対して、自民が「普天間飛行場移設のための辺野古埋め立ては、やむを得ない」などを選択肢とする独自の3択案を主張。与野党協議は紛糾し、調整は夜間に及んだ。

結局、午後9時45分に再開したこの日3回目の各派代表者会で、自民の照屋会長が「私どもの提案を取り下げ、議長提案を認めたい」と述べ、全会一致の運びとなった。照屋会長は記者団に「会派内には異論はあるが、私の強い思いで政治状況を鑑みて決断した」と説明した。

県議会で全会一致の方向となったことを受け、桑江朝千夫沖縄市長は24日夜、本紙の取材に「選管に(投票事務)の準備を指示する」と明言した。また、松川正則宜野湾市長も記者団に「これでノーと言えば仁義に反する」と実施の意向を示した。

県民投票の実施を求める署名を集め、条例制定を請求した「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表は「私たちの思いを酌んでくれる政治家がいてくれた」と述べ、県議会の全会一致により全市町村で実施されることを歓迎した。

県は36市町村については1カ月後に迫った2月24日の投票日は変更せず、事務準備が遅れている沖縄、宜野湾、うるま、宮古島、石垣の5市については、投票日を1~2週間延期することも検討する。

④ 自民に焦りが 国民民主&小沢一郎氏の合流で強まる“解散風”

2019/01/25 Litera

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246105

自由の小沢一郎代表が再び「剛腕」を発揮する(右は国民民主の玉木雄一郎代表)/(C)日刊ゲンダイ

国民民主党と自由党の合流に向けた動きが、永田町をザワつかせている。国民民主の玉木雄一郎代表は23日、総務会で合流構想について、正式に交渉入りを提案。同党内では合流に対する慎重論がくすぶっているものの、具体的な対応は玉木に一任された。巨額の“闘争資金”を得た自由の小沢一郎代表が再び「剛腕」を発揮する――。自民党は、現実味を帯びてきた野党大再編の動きに慌てている。

自民がビビッている理由は国民民主と自由の合流によって、小沢氏が国民民主のカネや組織を手中に収めるからだ。合流が実現すれば、小沢氏が幹事長に就任するとの見方が根強いことも自民の警戒感を強めている。

「カネを持った小沢氏は手ごわい。国民民主の資金を手にすれば、選挙に向けて何を仕掛けてくるか分からない。統一地方選と参院選が控えている今、野党再編が進むのは痛い」(自民党関係者)

実際、国民民主の資金は潤沢だ。金庫には、旧民進党時代から蓄えたカネが少なくとも50億~100億円は眠っているといわれる。

加えて、国民民主に今年支払われる予定の政党交付金は報道各社の試算によると、54億600万円にも上る。自由が受け取る2億7500万円の約20倍だ。両党の間には憲法改正や原発政策を巡って深い溝があるものの、国民民主の眠れる資金は小沢氏にとっても魅力的だろう。

■自民に残された可能性は衆参W選挙

両党の合流によって、小沢氏が手にするのは、闘争資金だけじゃない。国民民主が抱える約7万5000人に上る党員・サポーターや約750人の地方議員(いずれも昨年9月時点)といった地方組織もセットで付いてくる。

両党議員が全員合流すれば、国民民主は参院で野党第1会派に躍り出る。野党間での発言力が高まれば、折り合いの悪い立憲民主党にも野党再編を呼びかけやすくなるのだ。

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「自民が国民民主と自由の合流を嫌がる理由は、他にもあります。自民と国民民主は、憲法改正に前向きであるという点で一致しているので、安倍首相周辺には、憲法改正発議に必要な両院の総議員の3分の2以上の賛成に国民民主が入ってくれるのではという期待感すらある。ところが、小沢氏が合流したら、自民は絶対に国民民主を取り込めなくなります。つまり、憲法改正の協力を得られなくなると同時に、野党を切り崩せなくなるのです」

玉木は、23日の総務会終了後、「自由党と交渉に入りたい。できるだけ早く小沢氏に会って具体的な中身を詰めたい」と語り、前のめりの姿勢を見せた。

きょう開催予定の両院議員総会で了承を目指し、28日召集の通常国会までに構想をまとめる方針である。

両党の合流に対し、「官邸が焦って国会冒頭に解散する可能性もある」(自民党議員)というから驚きだ。

「先日行われた日ロ首脳会談の結果次第で、冒頭解散もあり得たでしょうが、日ロ首脳会談では何の成果も上げられなかった。国民の信を問うものがないので、冒頭解散の可能性は低いのではないか。ただ、国民民主と自由の合流によって野党再編に弾みがつくと、自民は参院選に危機感を抱くでしょう。となると、残された可能性は、衆参ダブル選挙です」(鈴木哲夫氏)

政権運営がピンチになるたび、解散総選挙を打ってきた安倍首相のことだ。急に解散しても不思議じゃない。

⑤トランプ氏が元弁護士に「脅迫」 議会証言延期に

2019年1月24日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3207802?act=all

ドナルド・トランプ米大統領(右)と同大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン氏(左、2018年4月11日作成、資料写真)

【1月24日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)氏の弁護士は23日、コーエン氏がトランプ氏とその現顧問弁護士のルドルフ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)氏から脅迫を受けたことを理由に、来月に予定されていた議会での証言を延期すると発表した。脅迫の内容は明らかにされていない。

コーエン氏は2月7日に下院監視・改革委員会(House Committee on Oversight and Reform)で、2016年の米大統領選でのトランプ陣営とロシアとの接触や、トランプ氏が元不倫相手2人への口止め料支払いを指示したとされる疑惑などについて証言する予定だった。

だが、ラニー・デービス(Lanny Davis)弁護士の発表によると、「コーエン氏の家族に対し、トランプ大統領とジュリアーニ氏からの脅迫が続いており、直近では今週末にもあったことから」証言の延期が決まったという。デービス氏は「コーエン氏は自身の家族とその安全を優先しなければならなかった」と述べている。

トランプ氏とジュリアーニ氏はこれまで、コーエン氏の義理の父親で、ニューヨークとシカゴでタクシー事業を営むフィマ・シャスターマン(Fima Shusterman)氏を標的としたコメントを発してきた。

コーエン氏が昨年11月、トランプ氏の顧問弁護士としての仕事をめぐり議会で虚偽の証言をした罪を認めると、トランプ氏は数日後のツイッター(Twitter)投稿でコーエン氏の妻と義理の父親を引き合いに出して批判を展開。さらに今月18日のツイートでも、コーエン氏が「うそをついて刑期を減らそうとしている」と主張した上で、「義父に注意!」と書き込んでいた。

またジュリアーニ氏は20日、米CNNテレビに対し、トランプ氏にはコーエン氏を脅すつもりはなく、自身を擁護しているだけだとした上で、「もちろんそれは、もし義父がニューヨーク南部の犯罪者であればの話だが。彼は組織犯罪と呼ばれるものとつながりがあるかもしれない」と述べていた。

⑥無給職員の苦境「理解できない」 富豪の米商務長官、ローン推奨し批判殺到

2019年1月25日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3208029?act=all

ウィルバー・ロス米商務長官。米首都ワシントンの議会議事堂で開かれた公聴会にて(2018年3月22日撮影)

【1月25日 AFP】米連邦政府機関の一部閉鎖が1か月以上に及ぶ中、富豪のウィルバー・ロス(Wilbur Ross)米商務長官が24日、無給の生活が続く連邦職員がボランティアの食料配給に頼っているのは「なぜなのか全く理解できない」と発言し、金融機関のローンを利用すればいいと主張して批判を浴びている。

対メキシコ国境壁の建設費を連邦予算に盛り込むかどうかをめぐるドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と民主党の攻防に端を発する連邦政府機関の一部閉鎖は、34日目に突入した。給与支払いが滞っている連邦職員80万人の中には、ホームレス支援施設の食料配給で日々の食事をやりくりする人も出ている。

米ニュース専門放送局CNBCのインタビューで、こうした状況を把握しているか問われたロス長官は「もちろん知っているが、なぜなのか全く理解できない」と答えた。

ロス氏は、無給で働いている職員もいつかは未払い給与を受け取ると指摘。「職員らがそれ(未払い給料)を担保に借金してはいけないという理由は全くない」「給料か、何もなしかというのは、あまり妥当な発想ではない」と述べた。

ロス氏は「困難な状況にある人たちについては、気の毒に思う」とも付け加えたが、一連の発言に、トランプ政権は政府閉鎖の及ぼしている影響を黙殺していると反発の声が上がっている。

民主党のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長は、「そんなことをすればその日暮らしになることを、彼らはまるで理解していない」と批判。「『(パンがなければ)ケーキを食べればいいじゃない』ということか」と記者団の前でロス氏の発言をやゆした。

チャック・シューマー(Chuck Schumer)民主党上院院内総務も、「連邦職員を駒として扱うトランプ政権の冷淡な無関心さの表れ」だと非難。「ロス長官、株のブローカーにちょっと電話して持ち株を幾らか売るなどということは、彼ら(連邦職員)にはできないんだ。給与が必要なんだ」と述べた。

批判は共和党内からも上がっている。ミット・ロムニー(Mitt Romney)上院議員は、「あのような発言が役に立つとは思わない」と一蹴。トランプ大統領も「たぶん違う言い方をするべきだった」と記者の質問に答え、無給のまま勤務する職員たちについて「私は彼らが大好きだ。尊敬している。素晴らしい仕事ぶりに本当に感謝している」と語った。

トランプ政権高官が政府機関閉鎖に伴う連邦職員の待遇をめぐる発言で反感を買うのは、これが初めてではない。

大統領経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット(Kevin Hassett)委員長は今月、公共放送PBSのニュース番組「ニュースアワー(NewsHour)」で、政府閉鎖で一時帰休を強いられている連邦職員について「仕事に行かなくてもよい」「つまり、休暇を得たわけだ」と発言。「そして復職すれば、彼らは未払い給与を手にする。いっそう暮らし向きが良くなるようなものだ」と述べ、非難を浴びていた。(c)AFP/Chris Lefkow

(3)今日の重要情報

①「勤労統計不正」でアベノミクスの嘘が! 「21年ぶりの高水準」喧伝も実はマイナス…安倍と麻生の関与説も

2019.01.24 Litera

https://lite-ra.com/2019/01/post-4508.html

首相官邸HPより

これは賃金偽装、アベノミクス偽装だ──。厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正データ問題について、本日おこなわれた衆参厚生労働委員会の閉会中審査では次々に問題点があきらかになった。

まず、23日に厚労省は特別監査委員会の調査報告書を公表したが、調査期間はわずか1週間、たった2回の非公式会合しかおこなわれていないにもかかわらず組織的隠蔽を否定するという「お手盛り」報告だった。しかも、監察委員会の樋口美雄委員長は厚労省が所管する「独立行政法人労働政策研究・研修機構」(JILPT)の理事長であり、「とても第三者委員会とは呼べない」という批判も上がっていた。

だが、きょうの閉会中審査では、監察委員会と監査チームからヒアリングを受けた職員・元職員は「延べ69名」と公表されていたが、実人数を問いただすと37名にすぎなかったことが判明。その上、聞き取りの一部は厚労省の職員がおこなっていたこともわかったのだ。

組織的関与・隠蔽の有無や原因究明をおこなうはずが、調査人数をごまかしていた上に“内輪”で調査していた……。まさに安倍政権の“隠蔽・改ざん体質”がここでもあきらかになったかたちだが、しかし、不正データ問題でもっとも注目すべきは、「アベノミクス偽装」の疑いが濃厚である点だ。

昨日、発表された「毎月勤労統計」の再集計の結果、2018年1月?11月の名目賃金を示す「現金給与総額(名目賃金)」は下方修正され、「賃金伸び 21年5カ月ぶりの高水準」「アベノミクスの成果」などと大々的に報じられた昨年6月の「3.3%増」も、「2.8%増」と修正された。

だが、この2.8%というのも、実態を反映した数字とはほど遠く、実際はその半分、1.4%だというのだ。

実際、きょうの閉会中審査で、総務省大臣官房審議官は、こう答弁した。

「統計委員会の見解としては、伸び率については(再集計値の2.8%ではなく)1.4%で見るべきだと、そういう見解であります」

この数字は極めて重大だ。というのも、国民民主党の山井和則議員の指摘によると、この統計委員会の見解に従って適切に算出すれば、昨年の賃金伸び率はプラスではなくマイナスになるというからだ。

実態は多くの国民の生活は苦しいのに、なぜ「賃金は21年5カ月ぶりの高水準」などという虚偽の数字がはじき出されたのか──。

そもそも、今回の問題は、「毎月勤労統計」の調査では従業員500人以上の事業所は全数調査することになっているにもかかわらず、2004年1月から東京都分は約3分の1しか調査しないという不正をつづけてきたというもの。東京都は賃金が高い大企業が集中しているため、平均給与額は実際より低く算出されてきた。

しかし、なぜか昨年1月からは、東京都分を約3倍にして全数調査に近づけるデータ補正を開始した。しかも、調査対象事業所のうち30人以上の事業所については2~3年ごとに無作為抽出した事業所に総入れ替えしていたが、半数弱を入れ替える方式に変え、従来は総入れ替え時におこなっていた指数や増減率の遡及改訂を取りやめるなど、統計の作成手法自体を変更。これは〈大企業の比率を増やし中小企業を減らす形のデータ補正をしたにもかかわらず、その影響を考慮せずに伸び率を算出〉するものだった(東京新聞2018年9月29日付)。

その結果、当然、賃金上昇率は一気に伸び、昨年6月には前年同月比で3.6%増を記録(確報は3.3%増)。このため、全国紙はこぞって「賃金伸び 21年5カ月ぶりの高水準」「アベノミクスの成果」などと報じたのである。

つまり、この統計の作成手法の変更による影響を考慮していないため、「毎月勤労統計」再集計の結果による2.8%という賃金の伸び率は正確とは言えず、この変更による影響を除いて算出される「参考値」は1.4%にすぎない、というわけだ。

あきらかに賃金が伸びたかのように見せるためとしか思えない統計の作成手法変更──。しかも、この変更を指示したのは、なんと麻生太郎財務相であり、その場には安倍首相も同席していたのである。

安倍首相と麻生財務相は「アベノミクス偽装」に関与していないのか?

それは、2015年10月16日におこなわれた、安倍首相が議長を務める「経済財政諮問会議」でのこと。議事要旨を見ると、その席上で麻生財務相は、2%のインフレ目標のために「意識を変えていかなければならない」と述べ、そこで「私どもは気になっているのだが、統計についてである」と切り出し、問題の「毎月勤労統計」について、こう語ったのだ。

「毎月勤労統計については、企業サンプルの入替え時には変動があるということもよく指摘をされている」
「ぜひ具体的な改善方策を早急に検討していただきたいとお願いを申し上げる」

じつは、統計のサンプル企業の入れ替えによって〈安倍政権が発足した12年12月以降の数字が下振れしてしまった〉(西日本新聞2018年9月29日付)という背景があった。つまり、麻生財務相は“下振れする変動をどうにかしろ”と言及したのである。

 そして、この麻生財務相の指示により、2018年1月から統計の作成手法は変更され、「アベノミクス偽装」は始まったのだ。

果たして、安倍首相と麻生財務相はどこまでこの「偽装」に関与していたのか──。安倍首相は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の基調講演でも「私が総理在任中の6年間に、日本のGDPは10.9%伸びた」「子どもの相対貧困率が初めて大きく下がった」などと成果を誇ったが、いまやそれらの数字にも疑いの目は向けられている。事実、国内では総務省が56種類の基幹統計のうち22統計に手続き上の誤りがあったと発表したばかりだ。

通常国会では、こうした安倍政権がつくり出した“嘘の数字”を、徹底的に暴いていくしかないだろう。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



[2019/01/25 22:52] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3105】■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日木曜日(2019.01.24)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2705】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】76分19秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/521166251

【今日のブログ記事No.3105】

■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!

反貧困国際NGO『オックスファム』は毎年『ダボス会議』が開催されるこの時期に合わせて『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

彼らの『格差問題に関する年次報告書』は『世界の極少数の富裕層の総資産が全世界の下位半分の総資産と同じである』と言う『衝撃的な』ものである。

そして彼らは『格差是正のために富裕層への課税強化が必須であると各国政府に訴える』
一昨年(2017年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人の資産と同じ』であった。

昨年(2018年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で新たに生み出された富の82%を世界の最も豊かな1%が手にした』『世界の貧しい半分の37億人が手にした富の割合は1%未満』であった。

そして昨日(2019.01.23)発表された『格差問題に関する年次報告書』は、下記の引用記事のように『裕福26人が下位38億人分の資産を所有している』というものである。
________________________________________________________________________

【該当記事】

▲「裕福26人の資産」=「38億人分」 なお広がる格差

ダボス=寺西和男

2019年1月22日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1Q3PGGM1QUHBI00G.html

写真・図版

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」のウィニー・ビヤニマ事務局長=21日、ダボス、寺西和男撮影

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」は21日、2018年に世界で最も裕福な26人の資産の合計が、経済的に恵まれない世界人口の下位半分(約38億人)の資産合計とほぼ同じだとする報告書を発表した。格差拡大に歯止めをかけるには富裕層への課税強化が必須とし、スイス・ダボスで22日に開幕した世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で対策を呼びかける。

同団体がスイス金融大手クレディ・スイスのデータなどをもとに推計したところ、経済的に恵まれない世界人口の下位半分の資産合計は1兆3700億ドル(約150兆円、18年4~6月期)。米経済誌フォーブスの長者番付と比べた結果、上位26人の資産合計とほぼ同じだった。また、下位半分の資産合計は対前年比で11%減ったのに対し、超富裕層約1900人の資産合計は18年3月までの1年間で12%増えていた。

オックスファム・インターナショナルのウィニー・ビヤニマ事務局長は朝日新聞の取材に対し、「富裕層の税負担が軽すぎることが富の集中を生んでいる」と指摘。世界人口のうち最も裕福な上位1%の資産に0・5%課税すれば、年4千億ドル(約44兆円)余りが集まり、学校に行けない2億6200万人の子どもの教育に加え、医療サービス提供で330万人の命を救うことができると強調した。(ダボス=寺西和男)
__________________________________________________________________________

▲私がこの間何回も言っているように【世界の本当の金持ち】は総資産50兆ドル(約5400兆円)の『欧州ロスチチャイルド家』である。

今回【オックスファム】が言っている世界の富裕層26人の資産を合わせても150兆円で『欧州ロスチチャイルド家』の2.77%でしかないのだ。

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』のことを一言もわないのか?

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』がこれほどの資産を蓄積できたその『源泉』について何も言わないのか?

▲『欧州ロスチチャイルド家』の正体は『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』である!

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』は、中国を除く世界各国の中央銀行を実質的に支配している。

彼らの『富の源泉』は、彼らが支配する米国FRB、日本銀行、欧州ECB、英国イングランド銀行がドル、円、ユーロ、ポンドを【貨幣発行】して生み出す【莫大な信用創造】である。

彼らは、彼らが支配する米国政府、日本政府、欧州各国政府、英国政府に『国債』を発行させて『国の借金』を作り、すべての『国債』を民間銀行に引き受けさせて政府が民間銀行に『高い金利』を支払って『儲けさせる』のである。

民間銀行は中央銀行が生み出した【莫大な信用創造】を国民生活そのものである【実体経済】には使わずに、彼らが独占する投機市場である【金融経済】に使って莫大な利益を独占するのである。

▲『貧富の格差』は【オックスファム】が主張する『富裕層への課税強化』では決して解決されない。

なぜならば『貧富の格差』は『問題の結果』であって『問題の原因』ではないからである。

『貧富の格差』の原因は、各国の中央銀行が『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』によって実質的に支配され、『通貨発行権』が彼らに独占され、『莫大な信用創造』が彼らに『略奪』され、国民のために使われないことである。

世界各国の国民・市民がなすべきことは、自国の中央銀行を国有化=国民化する戦いに立ち上がり、『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』による『中央銀行独占支配』を解体して【貨幣発行権】を国民に取り戻し、【莫大な信用創造】を国民生活=【実体経済】に使うようにすることである。
_____________________________________

New【関連情報1】

【オックスファムとは?】(Wikipedia抜粋)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A0

▲オックスファム・インターナショナル(Oxfam International)は20の組織から編成される、貧困と不正を根絶するための持続的な支援・活動を90カ国以上で展開している団体である。

歴史

オックスファムの設立は第二次世界大戦下の1942年、英国のクエーカー教徒、社会活動家、オックスフォード大学の教育関係者が中心となり、「オックスフォード飢餓救済委員会(Oxford Committee for Famine Relief)」を立ち上げたことから始まる。大戦中、英国全土で産声を上げた「全国飢餓救済委員会」の支部として地元市民が組織され、当時、ナチス支配下にあったギリシャの餓えに苦しむ国民を英国政府は助けるべきと説得をしたことで知られている。

1963年のカナダをきっかけに海外にも事務局が立ち上がり、各大陸で活動が活発になっていった。 1965年に組織名称を「オックスフォード飢饉救済委員会(Oxford Committee for Famine Relief)」から、電報で使用していた省略形「オックスファム(Oxfam)」へと変更。 1990年代以降、オックスファム・インターナショナルの活動に賛同するパートナー(各NGO,民間企業など)は3000組を超える。

New!【関連情報2】

【画像】『欧州ロスチチャイルド家=改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』創業者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

20190125マイアーアムシェルロスチャイルド

『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』(1790年の言葉)

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2019/01/25 15:12] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/24のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLiveNo2706】スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関する『調査結果』に騙されてはいけない!https://t.co/6kQqBouhPM https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 23:39

2019.01.23 Litera                                   https://t.co/ynvCcK3rs0 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:35

日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー! でも田崎史郎は「進展あったように見せる」と安倍官邸の作戦をポロリ2019.01.23 Litera https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:35

2019/1/21 共同通信https://t.co/eZoO7BPgI3 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:34

④在日米軍撤退要求、大統領引き渡し同意「ありえない」ロシア国営テレビ、さらに強硬姿勢 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:33

③大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙2019年1月23日 毎日新聞 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:32

①“司法壟断の頂点”ヤン・スンテ前最高裁長官を逮捕…憲政史上初めてハンギョレ新聞https://t.co/BoZoK4P4SP https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:31

①“司法壟断の頂点”ヤン・スンテ前最高裁長官を逮捕…憲政史上初めて ハンギョレ新聞https://t.co/BoZoK4P4SP https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:29

【莫大な信用創造】を国民生活=【実体経済】に使うようにすることである。 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:27

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』による『中央銀行独占支配』を解体して【貨幣発行権】を国民に取り戻し、 https://t.co/OX8rdzRXGD
01-24 22:27

続きを読む
[2019/01/25 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLiveNo2706】■スイスに拠点を置く反貧困国際NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!
いつもお世話様です。 
                         
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日木曜日(2019年01月24日)午後9時20分から放送しました【YYNewsLiveNo2706】の放送台本です!

【放送録画】 76分19秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/521166251

☆今日の画像

①フランス『黄色いベスト運動』に参加した女性「買収された連中に政権を取らせないことよ!」

20190123Jilet Jaune12png

②フランス『黄色いベスト運動』に参加した男性が機動隊の盾を素手で殴っている。

20190123Jilet Jaune1

③本日(2019.01.24)仏調査報道ネット新聞【メデイアパール】に仏語ブログ記事『フランスの『黄色いベスト』運動が全国に拡大しているのはマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!』を投稿した!私が2017年4月27日に投稿し【名誉棄損】を理由に掲載不許可になった記事『フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!』も再掲した。【メデイアパール】がこの記事にどのように反応するか楽しみだ!

20190124Mediapart投稿記事

④1月23日午後ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を終えた後裁判所から出てきたヤン・スンテ前最高裁長官は本日(2019.01.24)逮捕された。(ハンギョレ新聞記事)

20190118ヤンスンテ韓国最高裁前長官

⑤ソ・ジヒョン検事に人事的不利益を与えた疑いで懲役2年の実刑を言い渡され法廷拘束されたアン・テグン元法務部検察局長が23日午後ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で護送車に向かっている。(ハンギョレ新聞記事)

20190124韓国前検事長に懲役2年実刑判決

⑥日清食品の広告動画で肌を白く表現された大坂なおみ選手(右)。左は錦織圭選手(日清食品グループ公式チャンネルのユーチューブより)(毎日新聞記事)

20190124日清食品

☆今日のひとこと

①『買収された連中に政権を取らせないことよ!』(フランスの【黄色いベスト運動】に参加した女性の言葉)

②『フランスの【黄色いベスト運動】が収束せず全国に拡大しているのは、多くの【フツーの市民】がマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ。』(山崎康彦)

③『マクロン大統領の『本当の正体』とは、【世界統一政府樹立】を目指す総資産40兆ユーロ(約5400兆円)の改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ!』(山崎康彦)

④『マクロン大統領が大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制  緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進した結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなったのだ!』(山崎康彦)

☆今日の推薦図書(朗読+テキスト)

■推奨本朗読】衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第三十五回目朗読 (2019.01.24)

第一章 利権財政の御三家ー特別会計、財投、補助金 (P33-110)

第四節 五〇兆円をバラ撒く補助金制度 (P86-110)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/1065.html

●農地拡大のご褒美としてもらった夢の橋 (P108-110)

補助金を受けるために求められるのは、基本的には官僚への忠誠心である。
ここで、官僚への忠義だてによって生まれた想像もできないようなケースを一
つ紹介しょう。とは言っても無数にある類似のケースの中のひとつで、これだ
けを採りあげるのははばかられるのだが……。それは鹿児島県最北端の東町に
かかった伊唐大橋である。

東町は、八代海(不知火海)に浮かぶ一八の島々で構成される島の町で、町
役場は長島にある。伊唐島は、長島の北東に浮かぶ面積約三七〇ヘクタール、
周囲一八キロの小島で、約一二〇戸、三〇〇人が住んでいる。じゃがいもの産
地として知られ、東京や大阪にも出荷している。

伊唐大橋は全長六七五メートルで、平成八年八月に開通した。着工以来、六
年かけ、総工費は一二三億円にのぼった。つまり、伊唐島の住民一世帯につき
一億円以上のカネが注ぎ込まれた計算になる。東町も鹿児島県も財政が豊かな
わけではない。それなのにどうして、この橋が架かったのだろうか。

建造費の内訳は、国が五〇%、県が約四九%、町は約一%となっている。県
はその拠出額の九五%について地方債を発行した。つまり、大半を借金で賄っ
たのである。その借金の元利返済額の八割は、地方交付税があてられる。地方
交付税は本来、一定の配分方式で地方自治体に配分する金だから、すべての都
道府県・市町村が少額ずつ損をしていることになる。その分、鹿児島県は得を
したことになる。

橋の紹介看板には「農林漁業用揮発油税財源振替農道整備事業」とある。揮
発油税(ガソリン税)は本来、旧建設省所管の特定財源として道路特会に入れ
られる。しかし、農水省はその一部は農機具用ガソリンからの税収だとして、
農家に還元すると主張。その分の使途は農水省が決めることになったという経
緯がある。

地方交付税、特会など、財政のからくりをフルに利用して、この「夢の橋」
ができた。通行量は、計画段階では一日五〇〇~一五〇〇台とされていたが、
開通後の実測では、平均三〇〇台程度しかない。一時間に一二台強、五分に一
台が通るだけということになる。

東町が伊唐大橋をかけたいと陳情し始めたのは一九七〇年代だった。一九八
〇年代に入ると、橋を架けるには「農道橋」しかないと、陳情の対象を農水省
に絞った。すると、農水省の側から、島の農地を増やせば「農産物を運ぶ橋」
として説得材料になるという示唆があった。 東町は伊唐島の農家に、橋を架
けるための農地拡大を呼びかけた。当初は三割が反対だった。「橋はありがた
いが、労力と金銭の負担が増える」「農地を増やされても、年寄りばかりで担
い手がいない」という理由だった。

最終的には町職員が説得に回り、全世帯に協力させた。島の農地面積は、九
〇ヘクタールから一七一ヘクタールへと、倍近くに拡大した。伊唐島の住民
は、農業を見捨てず、逆に農地を拡大した。農水省という「お上」に忠実だっ
たのである。そのご褒美として、農道橋というプレゼントをもらったのだ。

旧国土庁は平成一〇年、全国の離島架橋の投資効果を分厚いリポートにまと
めたが、その中に伊唐大橋の利点も強調されている。「島の農地面積は、造成
前の九〇ヘクタールと合わせて一七一ヘクタールとなりほぼ一〇〇%作付けさ
れている」という記述だ。橋をかけさせるための戦術が、逆に橋によるメリッ
トとされているのである。

平成七年には、東町の女子高生が、橋の建造が進んでいることに感謝する作
文を書き、国税庁の「税を知る週間」作文コンクールに応募した。そして、
「一本の橋が欲しい。国民の方々が納めてくださった税金のおかげで、伊唐島
の人の生活は必ず変わります」という文章で国税庁長官賞を射止めた。

こうして「夢の橋」伊唐大橋を肯定する神話がどんどん作られていくのであ
る。

(続く)

(1)今日のメインテーマ

■スイスに拠点を置く国際貧困NGO『オックスファム』が『ダボス会議』と連動して毎年発表する『世界の貧困問題』に関するショッキングな『調査結果』に騙されてはいけない!

国際貧困NGO『オックスファム』は毎年『ダボス会議』が開催されるこの時期に合わせて『格差問題に関する年次報告書』を発表している。

彼らの『格差問題に関する年次報告書』は『世界の極少数の富裕層の総資産が全世界の下位半分の総資産と同じである』と言う『衝撃的な』ものである。

そして彼らは『格差是正のために富裕層への課税強化が必須であると各国政府に訴える』

一昨年(2017年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人の資産と同じ』であった。

昨年(2018年)発表された『格差問題に関する年次報告書』は『世界で新たに生み出された富の82%を世界の最も豊かな1%が手にした』『世界の貧しい半分の37億人が手にした富の割合は1%未満』であった。

そして昨日(2019.01.23)発表された『格差問題に関する年次報告書』は、下記の引用記事のように『裕福26人が下位38億人分の資産を所有している』というものである。
_________________________________________________________________________

【該当記事】

▲「裕福26人の資産」=「38億人分」 なお広がる格差

ダボス=寺西和男

2019年1月22日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1Q3PGGM1QUHBI00G.html

写真・図版

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」のウィニー・ビヤニマ事務局長=21日、ダボス、寺西和男撮影

国際NGO「オックスファム・インターナショナル」は21日、2018年に世界で最も裕福な26人の資産の合計が、経済的に恵まれない世界人口の下位半分(約38億人)の資産合計とほぼ同じだとする報告書を発表した。格差拡大に歯止めをかけるには富裕層への課税強化が必須とし、スイス・ダボスで22日に開幕した世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で対策を呼びかける。

同団体がスイス金融大手クレディ・スイスのデータなどをもとに推計したところ、経済的に恵まれない世界人口の下位半分の資産合計は1兆3700億ドル(約150兆円、18年4~6月期)。米経済誌フォーブスの長者番付と比べた結果、上位26人の資産合計とほぼ同じだった。また、下位半分の資産合計は対前年比で11%減ったのに対し、超富裕層約1900人の資産合計は18年3月までの1年間で12%増えていた。

オックスファム・インターナショナルのウィニー・ビヤニマ事務局長は朝日新聞の取材に対し、「富裕層の税負担が軽すぎることが富の集中を生んでいる」と指摘。世界人口のうち最も裕福な上位1%の資産に0・5%課税すれば、年4千億ドル(約44兆円)余りが集まり、学校に行けない2億6200万人の子どもの教育に加え、医療サービス提供で330万人の命を救うことができると強調した。(ダボス=寺西和男)
____________________________________________________________________________

▲私がこの間何回も言っているように【世界の本当の金持ち】は総資産50兆ドル(約5400兆円)の『欧州ロスチチャイルド家』である。

今回【オックスファム】が言っている世界の富裕層26人の資産を合わせても150兆円で『欧州ロスチチャイルド家』の2.77%でしかないのだ。

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』のことを一言もわないのか?

なぜ【オックスファム】は、『欧州ロスチチャイルド家』がこれほどの資産を蓄積できたその『源泉』について何も言わないのか?

▲『欧州ロスチチャイルド家』の正体は『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』である!

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』は、中国を除く世界各国の中央銀行を実質的に支配している。

彼らの『富の源泉』は、彼らが支配する米国FRB、日本銀行、欧州ECB、英国イングランド銀行がドル、円、ユーロ、ポンドを【貨幣発行】して生み出す【莫大な信用創造】である。

彼らは、彼らが支配する米国政府、日本政府、欧州各国政府、英国政府に『国債』を発行させて『国の借金』を作り、すべての『国債』を民間銀行に引き受けさせて政府が民間銀行に『高い金利』を支払って『儲けさせる』のである。

民間銀行は中央銀行が生み出した【莫大な信用創造】を国民生活そのものである【実体経済】には使わずに、彼らが独占する投機市場である【金融経済】に使って莫大な利益を独占するのである。

▲『貧富の格差』は【オックスファム】が主張する『富裕層への課税強化』では決して解決されない。

なぜならば『貧富の格差』は『問題の結果』であって『問題の原因』ではないからである。

『貧富の格差』の原因は、各国の中央銀行が『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』によって実質的に支配され、『通貨発行権』が彼らに独占され、『莫大な信用創造』が彼らに『略奪』され、国民のために使われないことである。

世界各国の国民・市民がなすべきことは、自国の中央銀行を国有化=国民化する戦いに立ち上がり、『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』による『中央銀行独占支配』を解体して【貨幣発行権】を国民に取り戻し、【莫大な信用創造】を国民生活=【実体経済】に使うようにすることである。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

①“司法壟断の頂点”ヤン・スンテ前最高裁長官を逮捕…憲政史上初めて

2019/01/24 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00032643-hankyoreh-kr

ヤン・スンテ前最高裁長官が23日午後、ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を終えた後、裁判所から出てきている=パク・ジョンシク記者
「犯罪事実の相当部分が疎明され…証拠隠滅の恐れも」 ヤン前最高裁判事、ソウル拘置所に収監 パク・ビョンデ元最高裁判官の逮捕状請求は棄却

ヤン・スンテ前最高裁長官(71)が24日未明、逮捕された。裁判所が司法壟断と名づけられた司法の信頼毀損の最終責任を前職の司法府トップに厳重に問うたのだ。前・現職の裁判官約100人を取り調べ7カ月以上続いた検察捜査は、ヤン前最高裁長官らを裁判にかけ、最終手続きに入る。司法の信頼回復のカギは、再び裁判所が握ることになった。

前日、前最高裁長官に対する憲政史上初の拘束前被疑者尋問(令状実質審査)という負担を抱え、午後4時ごろ尋問を終えたソウル中央地裁のミョン・ジェグォン令状担当部長判事は、10時間の熟慮の末「犯罪事実のうち相当部分について容疑が疎明された。また、事案が重大であり、現在までの捜査進行経過と被疑者の地位および重要関連者との関係などに照らして証拠隠滅の恐れがある」とし、検察が請求した逮捕状を発給した。42年間他人を審判した法壇から降り、後輩裁判官の判断を待っていたヤン前最高裁長官は、京畿道儀旺市(ウィワンシ)のソウル拘置所に囚人服を着て収監された。

これまで「防弾裁判所」との非難を受けてきた裁判所が、前最高裁長官の逮捕状を出すかは検察も予断できなかったようだ。裁判所の判断は、「最高上級者」として司法行政事務に対する包括的な指揮・監督権を持つ最高裁長官の責任を他人に押し付けることは不可能だという「大前提」が敷かれている。地に落ちた司法の信頼を回復するためには、前最高法官の処罰も避けられないという裁判所内外の気流が反映された結果と見られる。

特に「ヤン・スンテ‐パク・ビョンデ-イム・ジョンホン」につながる指示・報告関係から、パク元最高裁判事という中間ルートがなくても、ヤン前最高裁長官の犯罪容疑は相当部分で疎明されると判断したものとみられる。これに先立ち検察は、補強捜査を通じてヤン前最高裁長官が単なる指示者ではなく、実質的な実行者だったことを示す物証と供述の確保に力を入れた。ヤン前最高裁長官の指示をこまかく記録した「イ・ギュジン業務手帳」、日本企業の代理人に直接会って日帝強制労働損害賠償請求訴訟裁判の遅延を話しあった情況が書かれた「キム&チャン文書」、特定性向の判事らに人事上の不利益を与えるようにした「物議を起こした裁判官文書」などだ。特に検察はこの日午後、同じ裁判所で特定の検事1人に人事的不利益を与えたアン・テグン元検察局長に懲役2年を言い渡し、法廷拘束した事実を取り上げ、「裁判官数十人に人事的不利益を与えたヤン前最高裁長官の容疑はさらに重い」と主張したという。

ヤン前最高裁長官側はこの日、「司法府のトップとして、最高裁(大法院)の判決による波紋に対する考えや悩みを伝える水準だった」「最高裁長官の正当な人事権の行使だった」という従来の立場を繰り返したという。「最高裁長官から指示を受けた」という後輩裁判官たちの供述が提示されると「嘘の供述」だという趣旨で反ばくしたという。「イ・ギュジン業務手帳」が後からねつ造された可能性もあるという主張もあったという。ミョン・ジェグォン部長判事は、前最高裁長官側の主張よりも、検察が提示した物証と供述の信ぴょう性をより高く買ったわけだ。

一方、同じ時間すぐ隣りの法廷で、パク・ビョンデ元最高裁判事の拘束前被疑者尋問を行ったホ・ギョンホ令状担当部長判事は、「主要な犯罪容疑に対する疎明が十分でない。一部は犯罪が成立するかどうかに疑問がある」とし、先月の1次棄却時と類似の理由で逮捕状請求を棄却した。

イム・ジェウ、コ・ハンソル、チャン・イェジ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

②検事の性暴力被害告発から1年、元検察局長を「断罪」…セクハラ・人事報復全て認定
2019/01/24 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00032642-hankyoreh-kr

ソ・ジヒョン検事に人事的不利益を与えた疑いで懲役2年の実刑を言い渡され法廷拘束されたアン・テグン元法務部検察局長が23日午後、ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で護送車に向かっている=パク・ジョンシク記者

裁判所、懲役2年の判決で法廷拘束 「不正隠しで不当な人事の不利益与え  被害者は癒しがたい傷を負った」 1審「厳罰が必要」と強調   裁判所、チェ・ギョイル自由韓国党議員に言及 「検察局長時代、セクハラの調査を阻止」

ソ・ジヒョン検事に対しセクハラ(わいせつ行為)を行い、その事実が知られるのを防ぐため、ソ検事を地方へ左遷した容疑で裁判に引き渡されたアン・テグン元法務部検察局長(検事長)が、1審で実刑を言い渡され法廷拘束された。

ソウル中央地裁刑事1単独のイ・サンジュ部長判事は23日、職権乱用・権利行使妨害の容疑で起訴されたアン元検事長に懲役2年の実刑を言い渡した。イ部長判事は「被告は自身の不正を隠すため検察の人事権を行使する検察局長の地位を利用し、被害者に不当な人事的不利益まで与えた。そのために被害者は癒しがたい傷を負った」と、量刑理由を述べた。また「人事権を私物化し濫用することで、公正な検察権の土台である検察人事が正しく行われるだろうという国民と検察構成員の期待を裏切った。厳しい処罰が必要だ」と説明した。懲役2年は検察の求刑をそのまま受け入れたものだ。

イ部長判事は、容疑事実には特に該当しないが、この事件の直接的発端となったセクハラが実際にあり、「泥酔して記憶がない」という主張とは違い、アン元検事長も自分がソ検事にセクハラを働いた事実をすでに知っていたと判断した。イ部長判事は「セクハラがあったという葬儀場に出席した別の検事らの供述を総合すると、強制わいせつ行為の事実を認めることができる」とし、「被告は自分のセクハラ問題が浮き彫りになると、役職管理に支障が出ることを懸念した。ソ検事に人事的不利益を与える動機は十分だった」と明らかにした。さらに「被告は統営(トンヨン)支庁への発令理由として、ソ検事に対する否定的な世評を挙げているが、当時の人事に関する公式の世評資料は存在しなかった。逆に長官表彰など肯定的な人事要因は酌量しなかった」と判断した。

これに先立ち、ソ検事は昨年1月、アン元検事長が法務部政策企画団長を務めていた2010年、ある葬儀場で自分にセクハラを行ったと暴露した。捜査に着手した検察は、2015年に検察の人事を担う要職である法務部検察局長に就任したアン元検事長が、ソ検事を昌原(チャンウォン)地検統営支庁に転任させる人事案を作成させた容疑で起訴した。セクハラの事実が明るみになるのを防ぐために地方に飛ばしたということだ。

イ部長判事はこの日の判決で、2010年当時法務部検察局長だったチェ・ギョイル現自由韓国党議員が、セクハラの真相調査を阻止しようとしたという趣旨の判断も下した。イ部長判事は「当時、真相調査を阻止しようとした点が認められるが、(チェ・ギョイル議員は)証人出廷に応じず、(セクハラの事実を知らなかったとして)ソ検事の供述に反論するだけだった」と明らかにした。

懲役2年の判決後、アン元検事長は「昨年1月、検察の内部ネットワークを通じて暴露されるまでソ検事の名前も聞いたことがない。自分としてはこのような判決が言い渡されるとは思わなかった。控訴審で再び争う」と明らかにした。ソ検事を代理したソ・ギホ弁護士は判決後、「最近、職権乱用関連の無罪判決が多く出ていたが、(裁判所が)有罪判決を下し、法廷拘束までしたことには大きな意味がある。この判決をきっかけに、被害者がMeTooの告発を悩んだり、ためらったりしないようになれば」と話した。

コ・ハンソル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

③大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙

2019年1月23日 毎日新聞


日清食品の広告動画で肌を白く表現された大坂なおみ選手(右)。左は錦織圭選手(日清食品グループ公式チャンネルのユーチューブより)

女子テニスの大坂なおみ選手(21)と所属契約を結ぶ日清食品が、アニメーションによる広告動画で同選手の肌を白く表現したことを謝罪したと米紙ニューヨーク・タイムズ、英紙ガーディアンが23日までに報じた。

大坂選手は北海道出身の母、環さんとハイチ出身の父レオナルドさんの間に生まれた。ニューヨーク・タイムズによると、広報担当が電子メールで「ホワイトウオッシュ(白人化)する意図はなかった。不注意によるものであり、今後は多様性の問題により配慮していく」と述べたという。

大坂選手はメルボルンで開催されている全豪オープンのシングルスで4強入りしている。(共同)

④在日米軍撤退要求、大統領引き渡し同意「ありえない」

ロシア国営テレビ、さらに強硬姿勢

47NEWS編集長 太田清

2019/1/21 共同通信

https://this.kiji.is/459883006455612513

2018年12月20日、モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)

毎週日曜夜のロシア国営テレビの人気ニュース番組「べスチ・ニェジェーリ」は20日、2週連続で日ロの平和条約締結交渉を特集、看板キャスターのドミトリー・キセリョフ氏が日ロ間にはロシアと中国との間にあるような友好関係はないとして、真の友好関係構築のためには日本からの在日米軍撤退のような行動が必要だと強調した。 (共同通信=太田清)

キセリョフ氏はまたロシアでは「90%の国民が(北方領土を含む)クリール諸島引き渡しに反対している」という「クリール諸島・コンセンサス(複数の人の意見の一致、ロシア語でもこの言葉を使う)」があり、「仮説としても、プーチン大統領がこれを無視することはありえない」と、プーチン大統領が引き渡しに同意する可能性はないとした。

22日の日ロ首脳会談を前にロシア・メディアでは日本の領土要求に対する強硬姿勢が一段と強まっている。「べスチ・ニェジェーリ」は前週の主なトピックを取り上げるニュース番組で、キセリョフ氏はロシア政府が対外宣伝の強化を目的に新設した国際通信社「今日のロシア」社長に任命されるなど、政権との関係が深く「クレムリンの代弁者」とも称されている。

キセリョフ氏は冒頭で、14日の日ロ外相会談後の記者会見でラブロフ外相が日本について「イェポンスキエ・ドゥルジヤ(日本の友人たち)」と呼び掛けたことに言及。

ラブロフ氏が16日行った年頭記者会見で「日本は先進7カ国(G7)の反ロシア声明に加担し、国連決議でもロシアと反対の投票行動を取っている」と批判したことを引き合いにし、日本が「ロシアと中国の脅威となる」地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備も計画しているとして、日ロ間に真の友好関係はないと指摘。ラブロフ氏の「日本の友人たち」との発言は「将来的に」日本が友人になってほしいとの意味が含まれていると解説した。

キセリョフ氏はさらに、ここ最近、日本で領土問題に関する発言が相次ぎ、日本がロシアに「降伏せよ」と迫るように振る舞ったことで、日ロ関係を10年前の水準に戻らせたと批判。これに対抗するように、ロシアでも「クリール諸島・コンセンサス」が形成されたと指摘した。

中ロ間では国境問題が解決されたとしながらも、中国は「ロシアに制裁を科しておらず、反ロシア声明に加担せず、第2次大戦の結果に異議を唱えず、米国の迎撃ミサイル配備を計画しておらず、国内に米軍を駐留させておらず、ロシアに友好的立場をとっている」と日本との違いを強調。その上で、「米国の占領軍の最後の一兵卒まで日本から撤退し、日本が主権を取り戻した」時に、日本は「ロシアの確固たるパートナーとして、その信頼を勝ち取ることができる」と主張した。

キセリョフ氏は前回の番組でも、安倍晋三首相があたかも北方領土問題は解決済みのように振る舞い、ロシアを「急かし追い込んでいる」として、首相の対応について「無神経」と批判していた。

(3)今日の重要情報

①日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー! でも田崎史郎は「進展あったように見せる」と安倍官邸の作戦をポロリ

2019.01.23 Litera
                                   
https://lite-ra.com/2019/01/post-4507.html

首相官邸HPより

25回も会談して、やっぱりこの結果──。「北方領土問題を解決して、平和条約を締結する」と息巻いてきた安倍首相だが、昨晩おこなわれた日露首脳会談では、やはり領土問題の進展はまったくなかった。

いや、こうなることは最初からわかっていた。安倍首相は昨年11月の日露首脳会談後「日ソ共同宣言が基礎」と強調し、政府関係者もマスコミに対して「2島は確実に取り戻す、ということだ」と話すなど、あたかも歯舞、色丹の2島返還に向けて前進しているかのように印象付けてきたが、今月14日におこなわれた日露外相会談後のラブロフ外相の会見では、2島返還以前に“主権は我々にある”と念押しされた挙げ句、“北方領土と呼ぶな”とまで言われてしまった。

そこで安倍官邸は、話題を「領土問題」から「平和条約」にシフト、ハードルを下げ、平和条約の話題をしきりにリーク。実際、NHKの岩田明子解説委員は「(今回の)会談では条文作成作業の開始を確認したい考え」「具体的には条文に盛り込むための要素が日露双方から提案される見通し」とまで述べていた。

ところがどうだ。蓋を開けてみれば、首脳会談後の共同記者発表ではプーチン大統領はもちろん安倍首相の口からも領土問題にかんする言及が一切なかったばかりか、平和条約にかんしてもプーチン大統領は「双方の国民が受け入れ可能で、支持されるものでなければならない」「双方が受け入れ可能な解決策を見いだすための条件をつくり出すには、長く忍耐を要する作業がこの先にあることを強調したい」と主張。一方で会談では新たに日露間の貿易額を今後数年で1.5倍の300億ドル(約3兆2900億円)に増やすことで合意した。

ようするに、安倍首相はさらなる経済協力という“アメ”を差し出しただけで、領土返還どころか、平和条約の締結も“時間がかかる”“国民に受け入れられるものでなければいけない”と釘を刺されただけ。とんだ「ゼロ回答」だったのである。

しかし、驚いたのはこの結果を受けたメディアの反応だ。誰がどう見てもプーチン大統領の手のひらの上で転がされているだけだった共同記者発表を終えても、こんな見出しが躍ったからだ。

「ロシア大統領、2島返還を示唆」(共同通信)
「日露首脳会談 平和条約前進を確認 領土「解決は可能」」(産経新聞)

共同通信のほうはその後、記事タイトルを「ロ大統領、平和条約締結に意欲 2島決着示唆か」に変更されているようだが、いったい共同記者発表のどこでプーチン大統領が「2島返還を示唆」「2島決着示唆」したというのか。そもそも、プーチン大統領は昨年11月の日露首脳会談の翌日には、さっそく2島について「宣言で、主権がどちらになるかは記されていない」と発言するなど、厳しい姿勢を一貫して崩していない。

また、本日放送の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)では、安倍応援団のひとりである政治ジャーナリストの末延吉正氏が、共同記者発表について「「2島」をベースに国境確定へ向け話を進めるという意味」(原文ママ)とコメントを寄せていたが、言うまでもなく共同記者発表で「2島をベースに国境線画定」などという話は出ていない。

だが、こうした領土問題をめぐる“虚報”レベルの見出しや解説だけではなく、読売新聞は「平和条約交渉、本格化を確認…日露首脳会談」と報道。あたかも進展がみられたかのような見出しも躍った。

いや、さらに失笑したのは、末延氏と同様、安倍応援団である田崎史郎氏の解説だ。本日の『ひるおび!』(TBS)で田崎氏は、今回の首脳会談の結果について、〈安倍首相関係者によれば日ロ首脳会談後 安倍首相はプーチン大統領との理解が深まったと話している〉(フリップより)と、お得意の“安倍さんのお言葉”を紹介したのだ。

田崎スシローは「進展があったように見せる」と安倍官邸の作戦をポロリ

「理解が深まった」のではなく「溝が深まった」の間違いじゃないかとしか思えないが、番組内で「理解が深まったというのはどういう意味?」と尋ねられると、田崎氏はこう述べたのである。

「理解が深まったって意味は……進展がなかったという意味ですよ」

 スタジオに乾いた笑いが漏れたことは言うまでもない。田崎氏は「お互いが主張し合って『ああ、そういう考え方なんですね』という意味」「お互いの本音はわかったと」と必死にフォローしていたが、墓穴を掘るとはまさにこのことだろう。

そんな田崎氏、じつは首脳会談を控えた前日の放送では、こんな“内幕”を明かしていた。

昨日の放送で田崎氏は「ふたりのあいだで何かを相当に詰めている」と期待感を煽り、さらには安倍首相の「2島返還プラスアルファ」論を「リアリストなんですよ」と称賛。しかし、その「2島返還」については、「会談で言うかどうかわかりませんよ」と言い出し、こんなことを口走ったのだ。

「進展があったように見せるんですけども、中身で『2島プラスアルファでいいですよ』とは(言うかはわからない)」

領土返還についての踏み込んだ話をするかどうかはわからないが、それでも進展があったように見せる──。ようするに、田崎氏はうっかり安倍官邸の作戦をこぼしてしまったのだ。

だが、この話がけっして笑えないのは、前述したように御用メディアは実際にそうやって「進展があったように見せる」ための手足になっているからだ。

なかでも露骨だったのは、NHKだ。NHKは共同記者発表後すぐに「日ロ首脳 平和条約交渉の加速確認も 具体的進展は見られず」という記事を配信したのだが、「NHKニュース」の公式Twitterアカウントはこの記事へのリンクをはったツイートでは「安倍首相「平和条約交渉 さらに前進するよう指示」」と見出しを“改変”したのである。

そもそも、安倍首相が「北方領土の4島一括返還」を断念して新たに振りかざしはじめた「2島返還プラスアルファ」論は、実態は「0島返還」になる可能性が濃厚なシロモノであり、その上、首脳会談でも何の進展もなかったというのに、必死に「前進」をアピールしつづける安倍官邸とメディア。今後、ロシア側が厳しい姿勢を打ち出し安倍首相がそれに屈服しつづけても、国内メディアがこの体たらくでは、外交の大失敗が正しく国民に伝わることはないだろう。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2019/01/24 23:33] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【日本語ブログ記事No.3105bis】■フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは多くの『フツーの市民』がマクロン大統領の『正体』を見破ったからだ!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日水曜日(2019.01.23)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2705】の『仏日語放送』のメインテーマを加筆訂正して【日語ブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 49分18秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520965001

【日本語ブログ記事】(No.3105bis)

■フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは、利権特権を拒否する多くの『フツーの市民』がこの一年半の間にマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!

彼らはマクロン大統領を『追放』するまで闘いをやめないだろう!

【画像】「買収された連中に政権を取らせないことよ!」

20190123Jilet Jaune12png

▲"ベラルな外見"の奥に隠されたマクロンの正体とは何か?

それは『世界統一政府樹立』を目指す総資産50兆ユーロ(約5400兆円)のユダヤロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ。

以下の仏日語ブログ記事は、マクロン候補が5月7日の決選投票で大統領当選が確実になった2017年4月27日にブログで発表したブログ記事です。

この記事は、投稿したフランス調査報道ネット新聞"メディアパール"に"名誉棄損”を理由に掲載禁止された記事です。


この記事の中で私は以下のことを予測しました。

1.フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロ   ン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう。

2.行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限を  ますます縮小させるだろう。

3.彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用  創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

4.彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制    緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

5.その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

6.彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』  の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

■再掲ブログ記事

5月7日の大統領決選投票ではマクロン候補がルペン候補に圧勝して大統領に就任すると思われるが、しかし・・・?

しかしフランス国民は早晩、市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!
_________________________________

2017年04月27日 ブログ【杉並からの情報発信です】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
_________________________________

(記事はじめ)

マクロン大統領が任期5年間で強力に実行することは以下の事だろう。

①大統領権限を強力に行使するだろう。

フランス憲法では、大統領が指名する首相と内閣が法案の起案権と国会への提出権を持っている。

フランスでは以下の三権の独立は保障されていない。

1.立法権:国民議会

2.行政権:大統領と内閣

3.司法権力:最高裁判所

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限をますます縮小させるだろう。

②彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

その結果、フランスは金融経済が実体経済を支配する『マネーがすべてを支配する』米国と同じ国となるだろう。

③彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために、新自由主義経済政策(規制緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

④.カード決済とデジタル化を強力に推進するだろう。

その結果、フランスは現金と現物取引が減少しクレデイットカード決済が中心の銀行支配社会となるだろう。

⑤I彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

⑥彼はEUの軍事力強化のためにNATO軍と米軍の一体化を更に押しす進めるだろう。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2019/01/24 16:43] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【日本語ブログ記事No.3105bis】■フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは多くの『フツーの市民』がマクロン大統領の『正体』を見破ったからだ!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日水曜日(2019.01.23)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2705】の『仏日語放送』のメインテーマを加筆訂正して【日語ブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 49分18秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520965001

【日本語ブログ記事】(No.3105bis)

■フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは、利権特権を拒否する多くの『フツーの市民』がこの一年半の間にマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!

彼らはマクロン大統領を『追放』するまで闘いをやめないだろう!

【画像】「買収された連中に政権を取らせないことよ!」

20190123Jilet Jaune12png


▲"ベラルな外見"の奥に隠されたマクロンの正体とは何か?

それは『世界統一政府樹立』を目指す総資産50兆ユーロ(約5400兆円)のユダヤロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ。

以下の仏日語ブログ記事は、マクロン候補が5月7日の決選投票で大統領当選が確実になった2017年4月27日にブログで発表したブログ記事です。

この記事は、投稿したフランス調査報道ネット新聞"メディアパール"に"名誉棄損”を理由に掲載禁止された記事です。


この記事の中で私は以下のことを予測しました。

1.フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロ   ン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう。

2.行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限を  ますます縮小させるだろう。

3.彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用  創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

4.彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制    緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

5.その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

6.彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』  の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

■再掲ブログ記事

5月7日の大統領決選投票ではマクロン候補がルペン候補に圧勝して大統領に就任すると思われるが、しかし・・・?

しかしフランス国民は早晩、市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!
_________________________________

2017年04月27日 ブログ【杉並からの情報発信です】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
_________________________________

(記事はじめ)

マクロン大統領が任期5年間で強力に実行することは以下の事だろう。

①大統領権限を強力に行使するだろう。

フランス憲法では、大統領が指名する首相と内閣が法案の起案権と国会への提出権を持っている。

フランスでは以下の三権の独立は保障されていない。

1.立法権:国民議会

2.行政権:大統領と内閣

3.司法権力:最高裁判所

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限をますます縮小させるだろう。

②彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

その結果、フランスは金融経済が実体経済を支配する『マネーがすべてを支配する』米国と同じ国となるだろう。

③彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために、新自由主義経済政策(規制緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

④.カード決済とデジタル化を強力に推進するだろう。

その結果、フランスは現金と現物取引が減少しクレデイットカード決済が中心の銀行支配社会となるだろう。

⑤I彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

⑥彼はEUの軍事力強化のためにNATO軍と米軍の一体化を更に押しす進めるだろう。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2019/01/24 16:38] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【Blog Francais】■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas et se developpe a l'echelle nationale parce que ・・・
Bonjour! Tous!                            

Je m'apelle Ysuhiko Yamazaki.

Je suis un journaliste independant de media-internet.

Je suis egallement un activiste politico-social.

Je fais tous les jours sauf samedi et dimanche l'emmission en japonais 【YYNewsLIve】par TwitCasing a 20:30 a l'heure localle depuis plus de 6 ans.

A chaque emmission j'ai environ 500-1000 spectateurs.
                                 
J'ai commence l'emission franco-japonaise le 07 Octobre 2015 pour le but de m'adresser directement aux 220 millions de peuple franco-phone dans le monde entier pour faire les savoir la verite cachee et inconnue surle Japon et sur le monde.

Veuillez donc trouver ci-dessous le blog en francais partnt du scenario de l'emmission d'hier du 23.01.2019.

【Video】 49m18s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520965001

【Blog Francais】

■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas et se developpe a l'echelle nationale parce que beaucoup des "Citoyens Ordinaires" qui refusent le droit de privilege ont decouvert dans un an et demi la "veritable identite" du President Macron.

ls n'arreteront pas de se battre jusqu'a ce qu'ils bannissent le President Macron!

【photo】" Ne pas laissez des personnes aquises prendre le pouvoir"「

20190123Jilet Jaune12png

Quelle est l'identite du President Macron cachee derriere une "apparence apparemment liberale! ?

Il ets un "Agent Fidel" de la mafia financiere Internationale de Rothschild unqui dispose d'un actif total de 43 000 milliards d'euros (environ 540 000 milliards de yens) et qui "vise a etablir un gouvernement mondial unifie".

L'article suivant est un article franco-japonais publie le 27 avril 2017 dans mon blog lorsque le gain du candidat Macron a ete securise au vote final a la presidentielle du 07 Mai 2007.

Cet article est un article qui a ete interdit de publication sur le motif "diffamation" par le journal francais de l'Internet du Reportage etl'Enquete "Mediapart" que j'ai soumis.

Dans cet article, j'ai predit ce qui suit.

1.le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le c hoix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnai re pour le President.

2.Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

3.Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'inte ret de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

4.Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales( ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compression s bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les gr andes entreprises et les riches.

5.En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

6.Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Ro thschild.

■(Article de blog republie )

Le candidat Macron est susceptible d'etre nomme au President par la grande victoire contre la candidate Le Pen au second tour de l'election presidentielle du 7 mai , mais・・・?

Mais le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le choix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnaire pour le President.
_____________________________________

Le 27 Avril 2007 Blog【Les informations de Suginami】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
_____________________________________

(Debut de l'article)

Le President Macron executera vivement dans le mandat de cinq ans du mandat les politiques comme suivants.

①Il exercera fortement l'autorite presidentielle.

D'Apres la Constitution Francaise, le premier ministre nomme par le Presidentet et son cabinet ont le droits de la redaction de lois et le droit de soumettre le projet de lois a l'Assemblee Nationale.

En France, l'independance des trois branches de pouvoirs n'estpas garantie.

1.le pouvoir legislatif : l'Assemble nationale:

2.le pouvoir administratif: Le President et son cabinet

3.le pouvoir judiciaire: La Cour Supreme

Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

②Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'interet de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

En consequence, la France deviendra un pays ou ≪l'argent domine toute ≫ et l'economie financiere domine l'economie reelle comme aux Etas-Unis.

③Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales(ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compressions bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les grandes entreprises et les riches.

En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

④Il favorisera grandement le reglement des cartes de credit et le numerisation.
En consequence, la France deviendra une societe que les banques dominent,une societe ou les transactions en especes sont remplaces par
la carte de credit.

⑤Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Rothschild.

⑥Il procedera a pousser l'integration des forces de l'OTAN et l'armee americaine pour le renforcement militaire de l'UE.

(fin)

***********************************
【Les informations de Suginami】【YYNews】【YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***********************************
[2019/01/24 16:11] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【Blog Franco-Japonais】■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge・・フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのはマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日水曜日(2019.01.23)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2705】の『仏日語放送』のメインテーマを加筆訂正して【仏日語ブログ記事】にまとめました。

【Video】 49m18s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520965001

【Blog Franco-Japonais】 【仏日語ブログ記事】(No.3105)

■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas et se developpe a l'echelle nationale parce que beaucoup des "Citoyens Ordinaires" qui refusent le droit de privilege ont decouvert dans un an et demi la "veritable identite" du President Macron.

フランスの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは、利権特権を拒否する多くの『フツーの市民』がこの一年半の間にマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからだ!

ls n'arreteront pas de se battre jusqu'a ce qu'ils bannissent le President Macron!

彼らはマクロン大統領を『追放』するまで闘いをやめないだろう!

【photo】" Ne pas laissez des personnes aquises prendre le pouvoir"「買収された連中に政権を取らせないことよ!」

20190123Jilet Jaune12png

Quelle est l'identite du President Macron cachee derriere une "apparence apparemment liberale! ?

"ベラルな外見"の奥に隠されたマクロンの正体とは何か?

Il ets un "Agent Fidel" de la mafia financiere Internationale de Rothschild unqui dispose d'un actif total de 43 000 milliards d'euros (environ 540 000 milliards de yens) et qui "vise a etablir un gouvernement mondial unifie".

それは『世界統一政府樹立』を目指す総資産50兆ユーロ(約5400兆円)のユダヤロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ。

L'article suivant est un article franco-japonais publie le 27 avril 2017 dans mon blog lorsque le gain du candidat Macron a ete securise au vote final a la presidentielle du 07 Mai 2007.

以下の仏日語ブログ記事は、マクロン候補が5月7日の決選投票で大統領当選が確実になった2017年4月27日にブログで発表したブログ記事です。

Cet article est un article qui a ete interdit de publication sur le motif "diffamation" par le journal francais de l'Internet du Reportage etl'Enquete "Mediapart" que j'ai soumis.

この記事は、投稿したフランス調査報道ネット新聞"メディアパール"に"名誉棄損”を理由に掲載禁止された記事です。

Dans cet article, j'ai predit ce qui suit.

この記事の中で私は以下のことを予測しました。

1.le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le c hoix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnai re pour le President.

フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロ   ン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう。

2.Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限を  ますます縮小させるだろう。

3.Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'inte ret de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用  創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

4.Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales( ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compression s bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les gr andes entreprises et les riches.

 彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制    緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

5.En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

6.Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Ro thschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』  の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

■(Article de blog republie 再掲ブログ記事)

Le candidat Macron est susceptible d'etre nomme au President par la grande victoire contre la candidate Le Pen au second tour de l'election presidentielle du 7 mai , mais・・・?

5月7日の大統領決選投票ではマクロン候補がルペン候補に圧勝して大統領に就任すると思われるが、しかし・・・?

Mais le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le choix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnaire pour le President.

しかしフランス国民は早晩、市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!
_____________________________________

Le 27 Avril 2007 Blog【Les informations de Suginami】

2017年04月27日 ブログ【杉並からの情報発信です】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
_____________________________________

(Debut de l'article 記事はじめ)

Le President Macron executera vivement dans le mandat de cinq ans du mandat les politiques comme suivants.

マクロン大統領が任期5年間で強力に実行することは以下の事だろう。

①Il exercera fortement l'autorite presidentielle.

大統領権限を強力に行使するだろう。

D'Apres la Constitution Francaise, le premier ministre nomme par le Presidentet et son cabinet ont le droits de la redaction de lois et le droit de soumettre le projet de lois a l'Assemblee Nationale.

フランス憲法では、大統領が指名する首相と内閣が法案の起案権と国会への提出権を持っている。

En France, l'independance des trois branches de pouvoirs n'estpas garantie.

フランスでは以下の三権の独立は保障されていない。

1.le pouvoir legislatif : l'Assemble nationale:

立法権:国民議会

2.le pouvoir administratif: Le President et son cabinet

行政権:大統領と内閣

3.le pouvoir judiciaire: La Cour Supreme

司法権力:最高裁判所

Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限をますます縮小させるだろう。

②Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'interet de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

En consequence, la France deviendra un pays ou ≪l'argent domine toute ≫ et l'economie financiere domine l'economie reelle comme aux Etas-Unis.

その結果、フランスは金融経済が実体経済を支配する『マネーがすべてを支配する』米国と同じ国となるだろう。

③Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales(ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compressions bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les grandes entreprises et les riches.

彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために、新自由主義経済政策(規制緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

④Il favorisera grandement le reglement des cartes de credit et le numerisation.
カード決済とデジタル化を強力に推進するだろう。

En consequence, la France deviendra une societe que les banques dominent,une societe ou les transactions en especes sont remplaces par
la carte de credit.

その結果、フランスは現金と現物取引が減少しクレデイットカード決済が中心の銀行支配社会となるだろう。

⑤Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Rothschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

⑥Il procedera a pousser l'integration des forces de l'OTAN et l'armee americaine pour le renforcement militaire de l'UE.

彼はEUの軍事力強化のためにNATO軍と米軍の一体化を更に押しす進めるだろう。

(fin)

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
***********************************
【Les informations de Suginami】【YYNews】【YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***********************************
[2019/01/24 08:53] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/23のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive仏日語放送】Le mouvement du "Gilet Jaune" ・・フランスの『黄色いベスト』運動が全国に拡大しているのはマクロン大統領の『正体』を見破ったからだhttps://t.co/ZU6FCUs4o5 https://t.co/7d3ASNGv4e
01-23 22:19

【YYNewsLive仏日語放送】■Le mouvement du "Gilet Jaune" ・・フランスの『黄色いベスト』運動が全国に拡大しているのはマクロン大統領の『正体』を見破ったからだ! https://t.co/vSEsAmnr1e
01-23 22:17

「YYNewsLive」!PCからキャス配信中 - Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas・・フランスでの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのはマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからである https://t.co/7d3ASNGv4e
01-23 20:39

【今日のブログ記事No.3104】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)https://t.co/zVIF9rWzYv https://t.co/8AyAi45J67
01-23 13:14

【今日のブログ記事No.3104】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1) https://t.co/mkc3Ac6NMT
01-23 13:12

【YYNewsLiveNo2704】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1) - 杉並からの情報発信です https://t.co/r7PAvkOMna
01-23 13:00

[2019/01/24 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive仏日語放送】■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas・・フランスでの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのはマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからである。
Bonsoir Tous!

みなさん こんばんは!

Je vous remercie pour votre attention a mon emmission televisee en Franco-Japonaise du Japon.

日本からの仏日語放送を視聴していただきありがとうございます。

Nous sommes aujourd'hui le Mercredi le 23 Janvier 2019 a 20:45 a l'heure locale.

今日は2019年01月23日水曜日午後8時45分です。

Je m'apelle Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

Je suis un journaliste independant de media-internet.
                            
私は独立系のネットジャーナリストです。
                                   
Je suis egallement un activiste politico-social.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

Je fais tous les jours sauf samedi et dimanche l'emmission en japonais 【YYNewsIve】a 20:30 a l'heure localle depuis plus de 5 ans.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と日曜日を除く毎日午後8時半から配信しすでに5年以上になります。

A chaque emmission j'ai environ 500-1000 spectateurs.         

毎回約500-1000名の方が視聴されています。
                                    
J'ai commence l'emission franco-japonaise tous les deux Mercredis soir depuis le07 Octobre 2015 pour le but de m'adresser directement aux 220 millions depeuple franco-phone dans le monde entier pour faire les savoir laverite cachee et inconnue sur le Japon et sur le monde.

私は隔週水曜日夜に仏日語放送を2015年10月7日からを開始し日本と世界の隠され知らざる真実を世界2億2千万人のフランス語圏の人々に直接伝える放送をしています。

【Video】49m18s

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520965001

【le sujet principal d'aujourd'hui】

今日のメインテーマ

■Le mouvement du "Gilet Jaune" en France ne converge pas et se developpe a l'echelle nationale parce que beaucoup des "Citoyens Ordinaires" qui refusent le droit de privilege ont decouvert dans un an et demi la "veritable identite" du President Macron.

フランスでの『黄色いベスト』運動が収束せず全国に拡大しているのは、利権特権を拒否する多くの『フツーの市民』がこの一年半の間にマクロン大統領の『本当の正体』を見破ったからである。

ls n'arreteront pas de se battre jusqu'a ce qu'ils bannissent le President Macron!

彼らはマクロン大統領を『追放』するまで闘いをやめないだろう!

【photo】

20190123Jilet Jaune12png

Quelle est l'identite du President Macron cachee derriere une "apparence apparemment liberale! ?

"ベラルな外見"の奥に隠されたマクロンの正体とは何か?

Il ets un "Agent Fidele" de la mafia financiere Internationale de Rothschild unqui dispose d'un actif total de 43 000 milliards d'euros (environ 540 000 milliards de yens) et qui "vise a etablir un gouvernement mondial unifie".

それは『世界統一政府樹立』を目指す総資産50兆ユーロ(約5400兆円)のユダヤロスチャイルド国際マフィアの『忠実な代理人』であるということだ。

L'article suivant est un article franco-japonais publie le 27 avril 2017 dans mon blog lorsque le gain du candidat Macron a ete securise au vote final a la presidentielle du 07 Mai 2007.

以下の仏日語ブログ記事は、マクロン候補が5月7日の決選投票で大統領当選が確実になった2017年4月27日にブログで発表したブログ記事です。

Cet article est un article qui a ete interdit de publication sur le motif "diffamation" par le journal francais de l'Internet du Reportage etl'Enquete "Mediapart" que j'ai soumis.

この記事は、投稿したフランス調査報道ネット新聞"メディアパール"に"名誉棄損”を理由に掲載禁止された記事です。

Dans cet article, j'ai predit ce qui suit.

この記事の中で私は以下のことを予測しました。

1.le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le c hoix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnai re pour le President.

フランス国民は早晩市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロ   ン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう。

2.Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限を  ますます縮小させるだろう。

3.Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'inte ret de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用  創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

4.Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales( ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compression s bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les gr andes entreprises et les riches.

 彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために新自由主義経済政策(規制    緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

5.En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

6.Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Ro thschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』  の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

■(Article de blog republie 再掲ブログ記事)

Le candidat Macron est susceptible d'etre nomme au President par la grande victoire contre la candidate Le Pen au second tour de l'election presidentielle du 7 mai , mais・・・?

5月7日の大統領決選投票ではマクロン候補がルペン候補に圧勝して大統領に就任すると思われるが、しかし・・・?

Mais le peuple francais remarquera tot ou tard une grave erreur commise dans le choix de Macron,neo-liberaliste a la place de Melanchon,citoyen revolutionnaire pour le President.

しかしフランス国民は早晩、市民革命派のメランション候補ではなく新自由主義派のマクロン候補を大統領に選んだ重大な誤りに気が付くだろう!
_____________________________________

Le 27 Avril 2007 Blog【Les informations de Suginami】

2017年04月27日 ブログ【杉並からの情報発信です】

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/83c60794ef422372c28d6b4853383bc4
_____________________________________

(Debut de l'article 記事はじめ)

Le President Macron executera vivement dans le mandat de cinq ans du mandat les politiques comme suivants.

マクロン大統領が任期5年間で強力に実行することは以下の事だろう。

①Il exercera fortement l'autorite presidentielle.

大統領権限を強力に行使するだろう。

D'Apres la Constitution Francaise, le premier ministre nomme par le Presidentet et son cabinet ont le droits de la redaction de lois et le droit de soumettre le projet de lois a l'Assemblee Nationale.

フランス憲法では、大統領が指名する首相と内閣が法案の起案権と国会への提出権を持っている。

En France, l'independance des trois branches de pouvoirs n'estpas garantie.

フランスでは以下の三権の独立は保障されていない。

1.le pouvoir legislatif : l'Assemble nationale:

立法権:国民議会

2.le pouvoir administratif: Le President et son cabinet

行政権:大統領と内閣

3.le pouvoir judiciaire: La Cour Supreme

司法権力:最高裁判所

Le President Macron qui a donc le pouvoir administratif ainsi que le pouvoir legislatif pourra utiliser l'autorite presidentielle pour reduir
l'autorite de l'Assemblee Nationalle.

行政権とともに立法権をも持つマクロン大統領は大統領権限を使用して国会の権限をますます縮小させるだろう。

②Il favorisera l'expansion du ≪privilege de creation de credit≫ pour l'interet de la mafia financiere Internationale de Rothschild qui
l'avait selectionne,qui l'avait eleve et pousse vers le haut duPresident.

彼は自分を見出し育て大統領に押し上げたロスチャイルド金融マフィアの為に『信用創造特権』の更なる拡大を図るだろう。

En consequence, la France deviendra un pays ou ≪l'argent domine toute ≫ et l'economie financiere domine l'economie reelle comme aux Etas-Unis.

その結果、フランスは金融経済が実体経済を支配する『マネーがすべてを支配する』米国と同じ国となるだろう。

③Il appuiera fortement la promotion de la politique economique neo-liberales(ladereglementation, la mondialisation,l'auto-responsabilite, les compressions bugetaires de la securite sociale) au profit des grandes banques et les grandes entreprises et les riches.

彼は支持母体の大銀行と大企業と富裕層の利益のために、新自由主義経済政策(規制緩和、グローバリズム、自己責任、社会保障予算削減)を強力に推進するだろう。

En consequence, les riches deviendront de plus en plus riches et les pauvres deviendront de plus en plus pauvres.

その結果、富裕層はますます豊かになり貧困層はますます貧しくなるだろう。

④Il favorisera grandement le reglement des cartes de credit et le numerisation.
カード決済とデジタル化を強力に推進するだろう。

En consequence, la France deviendra une societe que les banques dominent,une societe ou les transactions en especes sont remplaces par
la carte de credit.

その結果、フランスは現金と現物取引が減少しクレデイットカード決済が中心の銀行支配社会となるだろう。

⑤Il permettra de promouvoir davantage la centralisation de l'UE pour que l'UE soit une mere de ≪l'etablissement du gouvernement d'unite mondiale≫
dont l'0bjectif des juifs converti de la mafia bancaire internationale de Rothschild.

彼はEUを改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際銀行マフィアの目的『世界統一政府樹立』の母体にするためにEUの中央集権化をさらに推し進めるだろう。

⑥Il procedera a pousser l'integration des forces de l'OTAN et l'armee americaine pour le renforcement militaire de l'UE.

彼はEUの軍事力強化のためにNATO軍と米軍の一体化を更に押しす進めるだろう。

(fin)

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

***********************************
【Les informations de Suginami】【YYNews】【YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***********************************


[2019/01/23 22:13] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3104】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日火曜日(2019.01.22)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2704】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 93分20秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520774715

【今日のブログ記事No.3104】

■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)

朝日新聞の1月21日付け記事『中国の経済成長率18年は6.6%、28年ぶり低水準』を読み、記事に添付された『中国経済成長推移グラフ』を見た人は『中国経済が極度に悪化し危機的な状況に突入した』かのような印象を持っただろうが、これは日本のマスコミが垂れ流す『意図的な印象操作報道』である!
______________________________________

【該当記事】

▲中国の経済成長率、18年は6.6% 28年ぶり低水準 (有料記事)

北京=福田直之

2019年1月21日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1N7QD0M1NUHBI01J.html

グラフ:中国の実質経済成長率の推移

20190122中国の実質経済成長率の推移朝日新聞

中国国家統計局が21日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP)は、物価の上昇分を除いた実質成長率(速報値)が6・4%と、リーマン・ショック後の09年1~3月期と並ぶ低水準となった。同時に発表した18年の年間成長率は6・6%だった。年間目標の6・5%前後は達成したものの、天安門事件直後の1990年に記録した3・9%成長以来、28年ぶりの低水準となった。

銀行を通さないお金の融通の規制を強めるなど金融引き締め策をとった影響や、米中通商紛争を背景とした市場低迷などで投資や消費が鈍化。19年1月に予定されていた米国による対中追加関税の税率引き上げに向けた駆け込み生産が一段落し、終盤には生産や輸出に負の影響が出た。

主要な経済統計によると、GDPへの貢献が大きい消費では、小売総額が年間で前年比9・0%増だった。10~12月の伸びはいずれも9%を割っており、鈍化傾向にある。インターネットを通じた年間の小売総額は前年比23・9%増でネット通販の利用が進んだ。

建物や工場など固定資産投資は…
_____________________________________

▲別のグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞の記事が『意図的な印象操作報道』だと私が言うのがすぐわかる!

下記のグラフは、中国と日本のGDP実質経済成長を長いスパン(1980年-2018年)で表にしたグラフである。

グラフ:中国と日本のGDP実質経済成長の推移(1980年-2018年) (世界経済のネタ帳)

20190122中国と日本のGDP成長率推移

https://ecodb.net/exec/trans_country.php?d=NGDP_RPCH&c1=CN&c2=JP

このグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞記事のグラフが2011年-2018年だけの『短期間の経済成長率』を切り取り『あたかも中国の経済成長率が右肩下がりになった』ことを強調しする『意図的な印象操作報道』だということが一目でわかるのだ!

▲朝日新聞よ!1月21日付け記事が『意図的な印象操作報道』ではないと主張するのであれば、以下の『三つの疑問』に答えてみよ!

①朝日新聞が『中国の2018年経済成長率が6.6%で28年ぶりの低水準』と書くのなら『日本の2018年経済成長率は1.14%で中国の経済成長率の1/6しかなった』ことをなぜ書かないのか?その理由を答えよ!

②世界第二の経済大国・中国の2018年GDP実質成長率が6.6%なのに対して、世界第一の経済大国・米国の2018年GDP実質成長率が2.7%、世界大三位の経済大国・日本の2018年GDP実質成長率が1.14%、EUの2018年GDP実質成長率が2.3%と、中国以外の世界の経済大国すべてのGDP実質成長率が格段に低いのはなぜなのか?その理由を答えよ!

③世界第二位の経済大国の中国が依然として6%以上の高度経済成長をなぜ堅持できているのか?理由を答えよ!

(No1終わり)

▲(No2)にて朝日新聞が到底答えられない上記の『三つの疑問』に対する私の答えを書きます!

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2019/01/23 13:09] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/22のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLiveNo2704】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)https://t.co/1NXGtit7m1 https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:56

【YYNewsLiveNo2704】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1) https://t.co/FL0D9vhCuF
01-22 22:55

①安倍首相お墨付き、自民党大物職員の改憲PRソングが酷い!「憲法なんてただの道具さ」と憲法軽視丸出し2019.01.22 Literahttps://t.co/bnCHLxx6nC https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:14

仏、グーグルに制裁金62億円 個人情報取得で規則違反2019年1月22日 AFP日本語版https://t.co/7oOuKnGJYB https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:13

https://t.co/eYwBkRQJLj https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:11

④Tカード情報、令状なく提供 レンタルやポイント履歴 会員規約に明記せず2019年1月21日 東京新聞 https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:11

2019年01月21日  ハフポストhttps://t.co/TXITTJJOwP https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:09

③同性婚訴訟、2月14日に全国一斉提訴へまずは議論をスタートさせよう。「結婚の自由」をすべての人へ届けるために。松岡宗嗣 一般社団法人fair代表理事 https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:09

(再掲)官房機密費 闇の温床 自民、下野直前2.5億円消滅 (有料記事) 2018年3月21日 毎日新聞https://t.co/xkgSklfi6I https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:07

は逮捕もされず起訴もされず刑務所にも収監されずに今も自民党政治家として https://t.co/8AyAi3O7Hx
01-22 22:07

続きを読む
[2019/01/23 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLiveNo2704】■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)
いつもお世話様です。
                          
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日火曜日(2019年01月22日)午後8時45分から放送しました【YYNewsLiveNo2704】の放送台本です!

【放送録画】  93分20秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520774715

☆今日の最新のお知らせ

①明日水曜日(2019.01.23)は久しぶりにフランス語放送をお送りします!

☆今日の画像

①映画『バハールの涙』のエヴァ・ウッソン監督

20190122ウッソン監督

②中国の実質経済成長率の推移(2011年-2018年) (朝日新聞記事)

20190122中国の実質経済成長率の推移朝日新聞

③中国と日本のGDP実質経済成長の推移(1980年-2018年) (世界経済のネタ帳)

20190122中国と日本のGDP成長率推移

https://ecodb.net/exec/trans_country.php?d=NGDP_RPCH&c1=CN&c2=JP

④2009年8月30日の総選挙で民主党が圧勝して麻生自公政権から民主党政権に政権交代した際、麻生内閣の【官房機密費】2億5000万円を横領して逃げた河村建夫官房長官。

20190122河村健夫元官房長官

⑤開示された官房機密費関連の文書を手に記者会見する阪口徳雄弁護団長(左)と徳井義幸弁護士=大阪市北区で2018年3月20日午後1時51分

20190122官房機密費横領証拠

⑥改憲PRソングを作った自民党大物職員・自民党政務調査会調査役田村重信氏 (Litera記事「憲法なんてただの道具さ」と憲法軽視丸出し)
                                     
20190122田村重信

☆今日のひとこと

■現在公開中の映画『バハールの涙』は2014年8月3日にIS(イスラム国)がイラク北西部のシンジャル山岳地帯に侵攻し住民の少数民族ヤズディ教徒を襲撃した事件をモチーフにした映画です。

この事件では成人男性は全員殺され7000人もの女性と子供たちは捕らわれました。クルド人自治区や前線へ自ら取材に赴き、数々の実話からこの映画を作り上げたのはフランスで活躍する女性監督エヴァ・ウッソン。

【画像】映画『バハールの涙』のエヴァ・ウッソン監督

以下は昨日取り上げたウッソン監督のインタビュー記事から抜粋した『ウッソン監督のひとこと』です。

①この作品は、女性戦闘員のバハールと戦場ジャーナリストのマチルドの2人の女性の視点を通して語られています。

ウッソン監督:マチルドは観客に代わり世界を客観的に見る目となります。「欧米の植民地政策が世界各地で起きている紛争の原因だから、欧米は中東の問題について口を出す権利がない」という意見をよく聞きますが、私はそう思いません。

もちろん植民地政策には反対ですが、世界の人々の声に耳を傾け、彼らを理解し、自分のなりのビジョンをもつことが大切なのでは? 2019年の現在、世界を100%正しく理解している人なんていません。間違っていても自分なりのビジョンをもとうとする努力が重要だと思います。

②マチルドは劇中、「人々は悲惨なニュースを聞きたくない。真実を伝える意味があるのかさえもわからない」と吐露しますが、映画監督として同じような迷いを感じたことはありますか?

ウッソン監督:もちろん! 実はこの映画を観た後も「女性戦闘員なんているはずがない」と主張する人たちが、少数ながらもいたんですよ。人は真実をつきつけられても、自分が見たくないことは見えないのでしょう。

③それでも、戦場ジャーナリストが命をかけてまで取材するのはなぜなのでしょう?

ウッソン監督:1年ほど戦場ジャーナリストを取材しましたが、彼らには「真実を伝えたい」という情熱がモチベーションの核にあって、そこに、危険な現場で感じる「生きている」という高揚感が加わり、戦場にいることが中毒になってしまうんです。いつも死を意識しているから、すべてが強烈なんですね。だから戦場ジャーナリストにとって、家族のいる平和な現実に戻るのは、とても難しい。

実際に私も前線に行ってものすごく怖い思いをしたんですが、2歳の子供がいる私でさえも、「前線で戦っている女性のことを世界に伝えたい」と心から感じました。戦場ジャーナリストがいなければ、私たちは世界で何が起こっているのか皆目分からず、よりよい未来を作ることができませんよね。彼らがいなければ、私たちは暗黒時代に逆戻りするでしょう。

④クルド人女性に限らず、社会に抑圧されていると感じる女性は多いと思います。そんな女性に伝えたいことは?

ウッソン監督:女性は“抑圧される性”に生まれついていると言っても過言ではないぐらい、現在も男女不平等の社会です。私は世界各地へと旅しましたが、程度の差こそあれ、どの国へ行っても女性が直面する暴力と抑圧を目撃しました。ですから、「女性は立ち上がり、今、この社会を揺さぶらなければいけない」と女性に伝えたい。

女性の地位は常に向上しているわけではありません。例えば、古代エジプト女性のほうが現代のエジプトの女性よりもずっと自由でした。また、それまでベールを被らなくてもよかったイランの女性も、イラン革命以降被らなくてはいけなくなりました。女性の地位が一進一退を繰り返しているからこそ、「男性による女性蔑視や不適切な言動は、どんなに小さなものであっても絶対に許してはいけない」――そう信じています。

(終わり)

☆今日の座右の銘

■ ドイツ連邦共和国憲法(ボン基本法)

▲憲法改正できない永久条項の条文: 第一条と第二十条          

①第一条【人間の尊厳、人権、基本権による拘束】

1.人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、かつ、保護することは、全ての国家権力の義務である。

2.ドイツ国民は、それゆえ、世界におけるあらゆる人間共同体、平和及び正義の基礎として、不可侵かつ不可譲の人権に対する信念を表明する。

3.以下の基本権は、直接に提供される法として、立法、執行権、裁判を拘束する。

②第二十条【国家目的規定、抵抗権】

1.ドイツ連邦共和国は、民主的で社会的な連邦国家である。

2.全ての国家権力は、国民から発する。国家権力は、国民が選挙及び投票において、また、立法、執行権及び裁判の個別機関を通じて行使される。

3.立法は合憲的秩序、執行権及び裁判および法に拘束される。

4.全てのドイツ人は、この秩序を排除することを企図する何人に対しても、その他の救済処置を用いることが不可能な場合には、抵抗する権利を有する。

▲永久条項でない条文

③ 第二十一条【政党】

1.政党は、国民の政治的思想形成に協力する。政党の結成は、自由である。政党の内部秩序は、民主制の諸原則に合致しなくていなくてはならない。政党はその資金の出所及び用途並びにその財産について、公に報告しなければならない。

2.政党のうち、その目的またはその支持者の行動により、自由で民主的な基本秩序を侵害もしくは除去し、又はドイツ連邦共和国の存立を危うくすることをめざしてものは、違憲である。その違憲性の疑いについては、連邦憲法裁判所がこれを決定する。

☆今日の注目情報

①「市民とともにする基盤」探すニュース打破、市民ファンディングを開始

2019/01/20 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00032605-hankyoreh-kr

「ニュース打破が市民とともに世界を変える空間をつくります」とのキャッチフレーズが書かれている
探査報道の協業・連帯のための拠点づくりを目指す

探査報道専門の非営利独立メディア「ニュース打破(タパ)」が、新たな空間を確保するため市民から後援を受けるファンディングに乗り出した。彼らの新しい基盤づくりには、単なる物理的空間ではなく、独立メディアや1人メディアとの協業・連帯強化のための陣地構築の意味も込められている。

ニュース打破は18日、今年の8・15光復節に合わせて独立探査センターのオープンを目標に、独立探査報道の空間的土台を構築するため、「世界を変える空間作りプロジェクト」(space.newstapa.org)を発表した。

2012年1月27日に発足し、今年7周年を迎えたニュース打破は、後援会員の会費をもとに運営され、既成のメディアと比べ人材や装備は劣るが政治・資本権力から自由な点を武器に、国情院の大統領選介入やスパイ操作、全斗煥(チョン・ドゥファン)など国内の有力人物の脱税や海外隠匿財産を追跡した租税回避場所プロジェクト、セウォル号沈没の原因究明、税金泥棒の国会議員の追跡報道など、厚みのある探査報道で注目を集めてきた。

ニュース打破はこれまで3回引越しをした。1回目はプレスセンター、2回目は麻浦区(マポグ)倉前洞(チャンジョンドン)、3番目は現在の光化門聖公会ビルにある事務室だ。朴槿恵(パク・クネ)政府の時は、政権の顔色を伺って彼らに事務所を貸すオーナーがなく、行く所がないという切羽詰った経験をした。

今後、可能であればずっと居られる空間になることを望む4番目の基盤は、独立探査メディアの協業と市民とのコミュニケーション拡大のための空間ということに重きを置いている。

現在の空間もニュース打破のスタッフたちの仕事場であるだけでなく、ジャーナリストを夢見る若者たちのための実習空間、ニュース打破の会員のための試写会、1人メディアや独立メディアと協業をしているが、場所が狭いので安定した基盤の確保が切実だ。1人メディアや独立メディアは特別な作業空間がない劣悪な環境の中、ほとんどがカフェやスタディールームを利用している状況だ。

新しい空間はまだ物色中だ。一次的に市民参加を誘導する「十匙一飯」(皆で力を合わせて一人を助ける)ファンディング作業を2カ月ほど進め、予定地が確保されたら2次キャンペーンに突入する計画だ。

新しい空間が特定のメディア会社のものではなく、参加する市民たちのものだという点を強調するため、後援者にインタビュー室、アーカイブ室、研修生講義室など具体的に活用空間が決まれば、希望する空間に名前を刻む予定だ。

ニュース打破のキム・ヨンジン代表は、「大半の独立メディアが遊牧民のようにさまよっている。1人メディアなどとプロジェクトがあれば、資料も共有して一緒に作業し、私たちが収集した資料を研究者や現業メディア関係者が来て検索、閲覧できるように探査報道のハブの役割をする空間にしたい」とし、「物理的な空間確保だけでなく、外部環境に影響されず探査報道を広めるための陣地を構築するという意味もある」と強調した。

ムン・ヒョンスク先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

☆今日の推薦図書(朗読+テキスト)

■推奨本朗読】衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第三十四回目朗読 (2019.01.22)

第一章 利権財政の御三家ー特別会計、財投、補助金 (P33-110)

第四節 五〇兆円をバラ撒く補助金制度 (P86-110)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/1065.html

●新橋の天下御免の政官業伏魔殿 (P105-108)

東京都港区新橋五ノ三四ノ四に、農業土木会館という五階建てのビルがあ
る。表札が出ている部屋は一部で、表札のない部屋も多い。

表札が出ているのは、土地改良建設協会(社団法人)、全国土地改良政治連
盟(政治団体)、土地改良人自由国民会議(政治団体)、土地改良測量設計技
術協会(社団法人)、農業土木事業協会(社団法人)、農業土木機械化協会
(社団法人)、日本農業土木コンサルタンツ(株式会社)、農業農村整備情報
総合センター(社団法人)、海外農業開発コンサルタンツ(社団法人)など
だ。ほとんど農業利権にからんだ団体で、この薄汚いビルは天下御免の「政官
業伏魔殿」といえる。

私はこれらの団体間の金の流れを調べてみた。以下に書くのは旧自治省に届
けられた分だけだから、実際に裏で還流している使途不明金は計り知れない。

全国土地改良政治連盟の平成七年度の収支報告書によれば、収入は一億一六
八二万円(うち七年度に受け入れた収入は五五八四万円)。その内訳は、全国
五四の土地改良政治連盟から各三〇万円ずつなどで一六五〇万円。個人会員か
らの会費が二六〇八万円などとなっている。支出の部では、全国一五三の土地
改良政治連盟に、それぞれ一〇万円から五〇万円ずつ配られている。

次に、土地改良人自由国民会議の政治資金収支報告書を調べてみる。平成七
年度収入は六四二四万円(前年度繰り越しを含め七〇〇〇万円)。妙なこと
に、この収入の大部分に当たる六四二〇万八〇〇〇円が、自由民主党の政治資
金団体である自由国民会議から入っている。そのうち約二二〇〇万円が、全国
土地改良政治連盟(一二一四万円)、宮崎県農業農村建設政治連盟(三八〇万
円)、自由民主党福岡県土地改良支部(一七四万円)、自由民主党岩手県土地
改良支部(一三九万二〇〇〇円)などに配られている。

カネの流れは、きわめて複雑だ。土地改良人自由国民会議という団体は事務
経費ゼロ。どうやら自民党の政治資金団体から金を受け取って、地方の自民党
「土地連」一家に配っているトンネル団体のようだ。

さらに妙なことが出てきた。全国土地改良政治連盟の前述以外の支出である
四五一三万六〇〇〇円は、自由国民会議への立替金とされている。ところが、
自由国民会議の収支報告書にはこれについて影も形も出てこない。

自由国民会議からの収入として記載されている六四二〇万八〇〇〇円のう
ち、四五一三万六〇〇〇円が未収であるということが考えられる。かりに、そ
の未収分を立て替えという形で計上したとしても、自由国民会議の収支報告に
は、実際に支払った金額と立て替えてもらった金額が計上されなければならな
いはずだ。しかし、その計上もなされていない。今日に至るも修正もされてい
ない。四五一三万六〇〇〇円がどこかに消えてしまっているのである。旧自治
省も、私の国会での追及に違法の疑いを認めた。

冒頭に述べたように、農水省は参院選の比例区で事務官と技官の二人を当選
させてきた。ところが、平成一〇年の参院選で「異変」が起きた。恒例となっ
ていた事務官のトップ、次官経験者の立候補が実現しなかったのである。原因
は、その六年前の平成四年選挙のさいの名簿順位が、岡部氏五位、大河原氏一
〇位と、それまでとは逆転したことにあるといわれている。

このことが事務官のプライドを傷つけた。大河原氏は平成六年に成立した村
山富市内閣の農相に起用されたほどの大物だ。その大河原氏が、構造改善局次
長にすぎなかった岡部氏の後塵を拝することに、事務官たちは我慢ができなか
ったに違いない。このため後継者選びは難航した。

大河原氏が引退を表明し、何人かの候補者が浮上したが、いつの間にか消え
た。迷走を続けた揚げ句、元農水省農蚕園芸局長の日出英輔氏に落ち着いた
が、次官を出す伝統は絶たれてしまった。こうした事務官の自民党に対する抵
抗をよそ目に、技官の方は早々と後継者を決めていた。技官トップの構造改善
局次長だった佐藤昭郎氏である。自民党候補者名簿の順位は、佐藤氏八位で、
日出氏は九位。この選挙でも技官は事務官に勝った。この技官の勝利こそ、農
業土木をめぐる政官業癒着が健在であることを示している。

(続く)

(1)今日のメインテーマ

■日本国民よ!日本のマスコミが垂れ流す『中国経済は危機的な状況に突入した』との『意図的な印象操作報道』に騙されるな!(No1)

朝日新聞の1月21日付け記事『中国の経済成長率18年は6.6%、28年ぶり低水準』を読み、記事に添付された『中国経済成長推移グラフ』を見た人は『中国経済が極度に悪化し危機的な状況に突入した』かのような印象を持っただろうが、これは日本のマスコミが垂れ流す『意図的な印象操作報道』である!
______________________________________

【該当記事】

▲中国の経済成長率、18年は6.6% 28年ぶり低水準 (有料記事)

北京=福田直之

2019年1月21日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASM1N7QD0M1NUHBI01J.html

グラフ:中国の実質経済成長率の推移

中国国家統計局が21日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP)は、物価の上昇分を除いた実質成長率(速報値)が6・4%と、リーマン・ショック後の09年1~3月期と並ぶ低水準となった。同時に発表した18年の年間成長率は6・6%だった。年間目標の6・5%前後は達成したものの、天安門事件直後の1990年に記録した3・9%成長以来、28年ぶりの低水準となった。

銀行を通さないお金の融通の規制を強めるなど金融引き締め策をとった影響や、米中通商紛争を背景とした市場低迷などで投資や消費が鈍化。19年1月に予定されていた米国による対中追加関税の税率引き上げに向けた駆け込み生産が一段落し、終盤には生産や輸出に負の影響が出た。

主要な経済統計によると、GDPへの貢献が大きい消費では、小売総額が年間で前年比9・0%増だった。10~12月の伸びはいずれも9%を割っており、鈍化傾向にある。インターネットを通じた年間の小売総額は前年比23・9%増でネット通販の利用が進んだ。

建物や工場など固定資産投資は…
_____________________________________

▲別のグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞の記事が『意図的な印象操作報道』だと私が言うのがすぐわかる!

下記のグラフは、中国と日本のGDP実質経済成長を長いスパン(1980年-2018年)で表にしたグラフである。

グラフ:中国と日本のGDP実質経済成長の推移(1980年-2018年) (世界経済のネタ帳)

https://ecodb.net/exec/trans_country.php?d=NGDP_RPCH&c1=CN&c2=JP

このグラフと朝日新聞のグラフを比較すれば、朝日新聞記事のグラフが2011年-2018年だけの『短期間の経済成長率』を切り取り『あたかも中国の経済成長率が右肩下がりになった』ことを強調しする『意図的な印象操作報道』だということが一目でわかるのだ!

▲朝日新聞よ!1月21日付け記事が『意図的な印象操作報道』ではないと主張するのであれば、以下の『三つの疑問』に答えてみよ!

①朝日新聞が『中国の2018年経済成長率が6.6%で28年ぶりの低水準』と書くのなら『日本の2018年経済成長率は1.14%で中国の経済成長率の1/6しかなった』ことをなぜ書かないのか?その理由を答えよ!

②世界第二の経済大国・中国の2018年GDP実質成長率が6.6%なのに対して、世界第一の経済大国・米国の2018年GDP実質成長率が2.7%、世界大三位の経済大国・日本の2018年GDP実質成長率が1.14%、EUの2018年GDP実質成長率が2.3%と、中国以外の世界の経済大国すべてのGDP実質成長率が格段に低いのはなぜなのか?その理由を答えよ!

③世界第二位の経済大国の中国が依然として6%以上の高度経済成長をなぜ堅持できているのか?理由を答えよ!

(No1終わり)

▲(No2)にて朝日新聞が到底答えられない上記の『三つの疑問』に対する私の答えを書きます!

(2)今日のトッピックス

①150円ラテ、100円のカップに…店員が確認

2019年01月22日 読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190121-OYT1T50106.html

コンビニのセルフ式コーヒーマシンで、100円で購入したコーヒーのカップに150円のカフェラテを注いだとして、福岡県警春日署は21日、同県那珂川市の会社員の男(62)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。男は「わざとカフェラテのボタンを押した」と容疑を認めているという。

発表では、男は同日朝、同市のセブン―イレブンの店舗で、レギュラーサイズのコーヒー代金100円を支払い、店員から受け取ったカップにコーヒーマシンから150円のカフェラテを注ぎ、カフェラテを盗んだ疑い。店の経営者が以前、男に似た人物が同様の行為をする様子を目撃していたことから、カフェラテを注いだ男を取り押さえた。

セブン&アイ・ホールディングス(東京)によると、コーヒーの種類やサイズは客がボタンを押して決めるが、何が注がれているかは従業員がカウンター内から確認できるという。

(私のコメント)

日本の一般庶民はたった50円のコーヒー詐欺容疑で警察に逮捕される!日本の自民党政治家は巨額の公金を横領しても警察は決して逮捕しない!

2009年8月30日の総選挙で民主党が圧勝して麻生自公政権から民主党政権に政権交代した際、麻生内閣の【官房機密費】2億5000万円を横領して逃げたのが当時の河村建夫官房長官だ。彼は逮捕もされず起訴もされず刑務所にも収監されずに今も自民党政治家として

②(再掲)官房機密費 闇の温床 自民、下野直前2.5億円消滅 (有料記事) 

2018年3月21日 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180321/k00/00m/040/193000c

開示された官房機密費関連の文書を手に記者会見する阪口徳雄弁護団長(左)と徳井義幸弁護士=大阪市北区で2018年3月20日午後1時51分、山崎一輝撮影

「毎年10億円以上が闇に消えるのは異常だ」。政府が初めて開示した内閣官房報償費(官房機密費)の支出に関する文書。20日に大阪市内で記者会見した市民団体の弁護団は、機密費の大半が領収書が要らない「政策推進費」として使われている実態を指摘し、運用改善を求めた。

「請求から11年かけてようやく文書が開示されたが、領収書もなく使途を検証できない」。市民団体「政治資金オンブズマン」の阪口徳雄弁護団長は声を荒らげた。1月の最高裁判決を受け、国は一部の書類を開示したものの、支出の9割は領収書が不要な政策推進費だった。弁護団が特に問題視したのは、2009年9月、麻生太郎内閣の河村建夫官房長官(当時)が機密費2億5000万円を引き出したことだ。8月30日の衆院選で民主党が圧勝し、自民党の下野が決まっていた。

開示文書によると、9月8日、国庫から2億5000万円が官房機密費に入金。同10日には、官房長官が管…

(終わり)

③同性婚訴訟、2月14日に全国一斉提訴へ

まずは議論をスタートさせよう。「結婚の自由」をすべての人へ届けるために。

松岡宗嗣 一般社団法人fair代表理事

2019年01月21日  ハフポスト

http://ur2.link/Pyk6

日本でも同性婚をーー。

同性婚を認めないのは、憲法が保障する「婚姻の自由」や「法の下の平等」に反するとして、全国各地の同性カップル13組が2月14日、国を相手取り、損賠賠償を求めて一斉提訴する。提訴後は、支援者に向けた報告会も開催される。

さらに、提訴に向けてchange.orgで署名キャンペーンがスタート。訴訟を支援する団体「Marriage For All Japan- 結婚の自由をすべての人に」のWEBサイトも開設された。

Soshi Matsuoka
(左から)原告の相場謙治さんと古積健さん、クリスティナ・バウマンさんと中島愛さん。

訴訟の弁護団を中心とした団体「Marriage For All Japan - 結婚の自由をすべての人に」が21日、東京都渋谷区のTRUNK HOTELでイベントを開催。冒頭、同団体代表で弁護士の寺原真希子さんより、一斉提訴の期日が発表された。

「愛を誓い合う日、2月14日のバレンタインデーに、全国で一斉に提訴します。 好きな人と一緒に生きたいと思うすべての人たちが、お互いの愛を誓い合って、幸せに暮らして欲しい。そんな願いをこめて、このバレンタインデーという日に決めました」

「誰もが偏見を気にすることなく愛を交わし、望む場合には結婚という形で法的保護と社会的承認を得ることができる、そんな当たり前の社会を実現させます。 同性愛などの方々がその尊厳を取り戻す闘いが、今、始まります。ぜひ多くの方々と一緒に考えて、盛り上げていけたらと思っています」

2月14日、同性婚を求める同性カップル13組が、東京、大阪、札幌、名古屋の4地裁で国を相手取り、一斉に提訴する。

イベントに登壇したみなさん。(左から)「Marriage For All Japan - 結婚の自由をすべての人に」代表の同団体代表で弁護士の寺原真希子さん、原告のみなさん、ドラァグクイーンのエスメラルダさん

原告のカップルが婚姻届を提出し、不受理に

原告となる同性カップルのうち、少なくとも3組以上がすでに婚姻届を役所に提出。いずれも不受理の見通しで受け付けられた。

25年間、パートナーとして共に暮らしている東京都中野区の大江千束さんと小川葉子さん。「私たちの横では、男女のカップルが嬉しそうに婚姻届を出されていました。当たり前ですが受理されて、家族として新しい戸籍ができるわけです。そこに平等はないんだなと、わかっていながらも、現場で突きつけられた感じはありました」

埼玉県川越市で婚姻届を提出した古積健さんと相場謙治さんは、NHKの取材に対して「声をあげたいけどあげられない人がたくさんいるなら、自分たちができることをしたい。バッシングもあるかもしれませんが、誰かがこういうことをしないと動いていかないと思うので、自分たちが盾となって進んでいきたいと考えました」

訴訟の争点:「立法不作為」による「国家賠償請求」

訴訟では、以下の点を理由に国を訴え、その中で「憲法が同性婚をどのように位置付けているか」が争われることになる。

(1)同性婚が認められていない現状は憲法が保障する「婚姻の自由」を侵害し、「法の下の平等」に反しているにも関わらず、国は、同性カップルが結婚できるように法律を整備することを怠っている状態だ(立法不作為)。

(2)それにより、同性カップルは不利益を被っている。これは憲法上の人権を侵害しており違法だ。そのため国は賠償すべき(国家賠償請求)という請求だ。

上記の点を判断するために、憲法24条「婚姻の自由」や、憲法13条の「個人の尊厳」と「幸福追求権」、さらに憲法14条の「法の下の平等」との関係で、同性婚がどのように位置付けられるかが争点となる。

change.orgの署名キャンペーンがスタート

提訴日に向けて、change.orgの署名キャンペーンもスタートした。裁判所へ提出するという。

④Tカード情報、令状なく提供 レンタルやポイント履歴 会員規約に明記せず

2019年1月21日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019012102000110.html

コンビニやレンタルショップなど、さまざまな店で買い物をするとポイントがたまるポイントカード最大手の一つ「Tカード」=写真=を展開する会社が、氏名や電話番号といった会員情報のほか、商品購入によって得たポイント履歴やレンタルビデオのタイトルなどを、裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していることが二十日、内部資料や捜査関係者への取材で分かった。「T会員規約」に当局への情報提供を明記せず、当局も情報を得たことを本人に知られないよう、保秘を徹底していた。

Tカードの会員数は日本の人口の半数を超える約六千七百万人で、提携先は多業種に広がる。当局は、内部手続きの「捜査関係事項照会」を使い、どの店をどのような頻度で利用するかなど、私生活に関する膨大な情報を外部のチェックを経ずに入手している。プライバシー保護の観点から問題がある。

この会社はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(東京、CCC)。取材に「長年にわたる捜査機関からの要請や協議の結果、法令やガイドラインにのっとり、開示が適切と判断された場合にのみ、必要な情報を提供すると決定した」とした。
写真

警察や検察の内部資料によると、Tカードの(1)会員情報(氏名、生年月日、住所など)(2)ポイント履歴(付与日時、ポイント数、企業名)(3)レンタル日、店舗、レンタル商品名-のほか店舗の防犯カメラ画像などを入手できるとしている。ポイント履歴やレンタル履歴は、過去十三カ月間保存と記載されていた。

問い合わせ先はCCC本社の一部に絞り、郵送で回答。照会方法は二種類あり、対象人物のカード番号か、住所、氏名、生年月日があれば調べられる。捜査当局は内部で、CCCから得た情報を本人に告げてはならず、察知されるような言動も慎むよう通達。特にレンタル履歴は厳重に取り扱うよう定めている。

CCCは二〇〇三年、DVDレンタルや書籍販売の「TSUTAYA(ツタヤ)」を中心に、Tカードを使った共通ポイントサービスを開始した。

◆日常的に情報照会 コンビニで身柄拘束も

捜査当局はTカードの履歴を対象者の「足跡」として、積極的に活用している。捜査関係者によると、ポイントサービスを展開するCCCへの情報照会は日常的で、一度に数十件の照会をした部署も。数の多さにCCCの回答が遅れがちとなり、利用ルールを守るよう当局内で周知されたこともあった。

捜査関係者によると、捜査関係事項照会はカード番号か、氏名、生年月日などで問い合わせる。一方、特定のレンタルビデオの利用者一覧という尋ね方では回答を得られないという。

ある事件では、捜査担当者が対象者のTカードを照会したところ、ほぼ毎日、同じ時間帯に特定のコンビニに来店し買い物をしていると判明。店の防犯カメラの映像から本人と特定し、待ち伏せして身柄を拘束した。捜査関係者は「ポイントが付くのに、カードを提示しない理由はない」と話す。Tカードを貴重な情報源と位置付けている。

対象者がTカードの会員かどうか分からなくても、氏名などで「取りあえず問い合わせる」ことも可能。そのせいか、各地の捜査当局から大量の照会が寄せられ、CCCが回答するまでに一カ月超かかった例も。この後、当局内では各部署に照会の必要性を吟味し、レンタル履歴の取り扱いには特に注意するよう求める通達が出たという。

⑤仏、グーグルに制裁金62億円 個人情報取得で規則違反

2019年1月22日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3207434?act=all

米グーグルのロゴ(2015年9月2日撮影)

【1月22日 AFP】フランスのデータ保護機関「情報処理・自由全国委員会(CNIL)」は21日、米グーグル(Google)の個人情報取得手続きが適切でなかったとして、欧州連合(EU)の新規則に基づいて同社に制裁金5000万ユーロ(約62億円)の支払いを命じた。

EUは昨年5月、個人情報保護を厳格化する「一般データ保護規則(GDPR)」を施行した。GDPR違反での制裁は今回が初めて。

CNILは、グーグルがユーザーに提示していたターゲティング広告用途などの個人情報利用への同意に関する規定は分かりにくく、ユーザーが自分の個人情報提供に関する設定をするのが難しくなっていたと判断した。CNILが科した制裁金の額としては過去最高という。
グーグルは「ユーザーはグーグルに高いレベルの透明性と(自分による)管理を望んでいる。当社はこうした期待に応えるとともに、ユーザーの同意に関するGDPRの要件も満たすよう、しっかり取り組んでいる」と説明。今回の判断について検討した上で対応を決めるとしている。

CNILの判断はGDPR施行直後の昨年5月にフランスのネットプライバシー擁護団体「クアドラチュール・デュ・ネット(Quadrature du Net)」と、オーストリアの個人情報保護活動家マックス・シュレム(Max Schrems)氏が立ち上げた団体「ナン・オブ・ユア・ビジネスNone Of Your Business」の2団体が行った申し立てに基づくもの。

シュレム氏はグーグルの携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」について、ポップアップ画面で利用者に新しい利用規約への同意を要求しているのは事実上ユーザーに「同意を強制」するシステムになっていると問題視していた。



(3)今日の重要情報

①安倍首相お墨付き、自民党大物職員の改憲PRソングが酷い!「憲法なんてただの道具さ」と憲法軽視丸出し

2019.01.22 Litera

https://lite-ra.com/2019/01/post-4504.html

安倍首相お墨付き、自民党大物職員の改憲PRソングが酷い!「憲法なんてただの道具さ」と憲法軽視丸出しの画像1

「憲法改正ソング」が公開されている「たむたむ歌のチャンネル」

今月6日に放送されたNHK『日曜討論』で、2020年の新憲法施行について「(考えに)まったく変わりはない」と明言した安倍首相。今年、改憲案の国会発議に向けて大きく動き出すことは必至な情勢だが、そんななか、ひそかに話題を集めている“歌”がある。

それは、自由民主党政務調査会の嘱託職員であり、「自民党安保政策の名物職員」「安保政策・憲法に精通」と言われてきた重鎮である田村重信氏が発表した、「憲法改正ソング」だ。

歌のタイトルは、「憲法よりも大事なもの」。1月25日に田村氏が発売するアルバム『Songs of Life』に収録される一曲で、現在、YouTubeの「田村重信・たむたむ歌のチャンネル」で先行して同曲が公開。クレジットによれば〈原案:田村重信 作詞・作曲・編曲:坂本裕介〉とある。

「憲法よりも大事なもの」というタイトルからしても憲法軽視が甚だしい自民党の姿勢が滲み出ているが、もっとすごいのは、その歌詞だ。
 
〈いつまでも 同じ服は着られない 大人になったら もう着替えよう〉
〈辛い現実から 目をそらしたままで 生きてゆくのは 臆病だから〉

憲法を服に喩える感覚も、〈辛い現実〉が誰目線の話なのかもさっぱりわからないが、サビで、田村氏はこう熱唱するのだ。

〈憲法なんて ただの道具さ 変わること 恐れないで 明日のために〉

憲法は〈ただの道具〉……!? 言うまでもなく憲法は国のあり方を定めた最高法規であり、国民の権利や自由が制限されないよう国家権力を縛る、国民にとって、もっとも重要なものだ。それを〈憲法なんて ただの道具さ〉と切り捨てた挙げ句、J-POPの応援ソングのノリで〈変わること 恐れないで〉と言われても……。

その上、わかりやすいのは、Cメロでは〈誰かの助けを待つんじゃない 自分の力で立ち上がろう〉と歌っていること。もはや憲法改正が「戦争できる国づくり」であることを隠そうともしていないのである。

嘱託とはいえ自民党の重鎮職員が、こんなトンデモソングを歌手としてリリースする……。しかも、田村氏のアルバム発売に合わせ、今月11日に産経新聞が〈「歌の力」で改憲機運高め 自民党名物職員、オリジナル改憲ソングをリリース〉と宣伝。つまり、これは“自民党公認ソング”と言っていいものなのだ。

定年後、安倍首相の「よろしく頼む」で自民党職員に再雇用された田村氏

そもそも、田村氏は2015年にも、SEALDsについて〈民青 過激派 在日 チンピラの連合軍〉とツイートし、「ネトウヨ脳の自民党職員」として話題になった。じつは、その際も田村氏の歌手活動にスポットが当たり、「俺の前では女になれよ」というタイトルだけでも悪寒が走る歌を発表していたことに批判があがっていた。

だが、自民党は田村氏を重用し、集団的自衛権の行使容認をめぐっては田村氏を全国の勉強会に派遣、その正当性を広める重責を担わせてきた。そして、田村氏が昨年1月に65歳の誕生日を迎えて定年退職した際も、その直前に安倍首相はわざわざ官邸で田村氏と面会し、「またよろしく頼む」と挨拶(産経新聞2018年1月12日付)。実際、田村氏は同年8月に再雇用されたのだ。

市民を貶めるデマを平気で垂れ流す人物を重用し、〈憲法なんて ただの道具さ〉などと吐き捨てる「憲法改正ソング」を発表させる──。安倍自民党の反知性ぶり、アホさ加減の底の抜けっぷりが、これでよくわかるというものであろう。

しかし、警戒しなければならないのは、今後、こういった改憲に向けた動きが加速することだ。田村氏の場合、歌を聴けばトンデモ感が滲み出すぎて呆気にとられるだけで終わりだが、昨年、ゆずやRADWIMPSが発表した“愛国心扇動ソング”(詳しくは既報参照→https://lite-ra.com/2018/04/post-3944.html、https://lite-ra.com/2018/06/post-4073.html)のように、人気アーティストによる自覚的、あるいは無自覚な改憲への援護射撃が起こることも十分に考えられる。「たかが歌」とはけっして看過できない問題であることを、ゆめゆめ忘れてはいけない。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2019/01/22 22:50] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事No.3103】■FB(フェースブック)が『あなたの投稿はヘイトスピーチに関するコミュ二ィ規定に違反しています』と何の説明もなく一方的に『サービス利用禁止』処分にした私のブログ記事を順次再掲します。(No1)
いつもお世話様です!                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2019.01.21)夜に放送しました【YYNewsLiveNo.2703】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】88分32秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/520585662

【今日のブログ記事No.3103】

■FB(フェースブック)が『あなたの投稿はヘイトスピーチに関するコミュ二ィ規定に違反しています』と何の説明もなく一方的に『サービス利用禁止』処分にした私のブログ記事を順次再掲します。(No1)

No1『 かつてこれほどの悪党が日本にいただろうか?』

【画像】FBの通知

20190114FB禁止投稿二件が

■(再掲)かつてこれほどの悪党が日本にいただろうか?

2018年06月27日  山崎康彦 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/be50c11c150d57209f0535ae4794ac19

(記事はじめ)

稀代の悪党・安倍晋三の正体をわかっている国民は何人いるのか?

稀代の悪党・安倍晋三を排除するために行動する国民は何人いるのか?

稀代の悪党・安倍晋三をどうにかしないと、日本国憲法は破壊され、民主主義と平和は死に絶え、日本国民は殺され、日本国は消滅してしまうだろう!

_________________________________________________________________

【画像】安倍晋三首相『徴兵制を復活は私の歴史的使命』

20190122安倍晋三徴兵制復活png

(2013年8月13日地元後援会主催の会合での発言)

20180607フライディ日本会議3徴兵制png
_____________________________________________________________________

▲(再掲)世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉 (週刊東洋経済のインタビュー)

・安倍首相は『日本を破滅させた男』として、歴史に名を残すでしょう。 

・おカネを大量に刷っている間は、それを享受している人たちの暮らし向きは 良くなり ます。しかし、いずれ破たんに向かい、すべての人が苦しみ ます。
金融緩和でいい思い をした人たちも一緒です。

・政府債務の大きさゆえ、いったん破たんが起きると、通常よりも大規模になります。

・安倍首相も、日銀も(世界経済にとっては)非常に危険な存在です。

・安倍首相がやったことはほぼすべて間違っており、これからもあやまちを犯 し続ける でしょう。
                                   
・(円安誘導は)最悪です。自国通貨を破壊することで地位が上がった国はあり ません。

▲(再掲)『田布施マフィア』司令塔・安倍晋三とその一味ら『権力犯罪者』を逮捕し刑務所にぶち込め!

2018.03.28 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/3c16e4acd05a54cb65bdbe9d4061ef13

▲『安倍晋三』の特徴とは何か?

1.目的のためには手段を選ばない。

2.冷酷で非情。

3.平気でうそをつく。

4.反省も謝罪も決してしない。

5.平和を憎み常に混乱と軋轢と暴力を好み戦争に誘導する。

6.憲法を破壊し法律を破る。

7.外国に主権を売り渡す売国奴。

8.税金を財布代わりに使う寄生虫。

9.決してリーダーにしてはいけない愚鈍な人間。

10.決して一国の首相にしてはいけない危険な人間。

▲『安倍晋三』の特徴は『田布施マフィア』の特徴である!

『田布施マフィア』という言葉を知っている日本人はほとんどいない。

何故ならば『田布施マフィア』という言葉は、日本の学者もメディアも野党政治家もオピニオンリーダーも決して使わない『日本最高のタブー』であり国民に完全に隠されて来たからである。

何故ならば、もしも『日本最高のタブー』である『田布施マフィア』の真実が明るみに出れば、『明治維新』以降現在まで続く『田布施マフィア』による『日本の支配と搾取の基本構造=田布施システム』が暴露されるからである。

もしも日本国民が『田布施マフィア』と『田布施システム』の真実を知り、戦後の日本を支配してきた『世界支配階級』と『日本支配階級』による『支配と搾取の基本構造』を知れば、彼らを打倒する国民・市民の闘いが開始されるからである。

支配階級にとって『支配と搾取の最善の方法』は、学者やメディアや政治家や官僚を使って国民を『無知の状態』にしておくことだからである。

▲『田布施マフィア』とは何か?

1.『田布施マフィア』とは、英国政府とロスチャイルド国際銀行マフィアの支援で江戸幕府を武力で打倒し『明治維新』を決行した長州藩の下級武士と被差別部落民主体の『テロリスト』である。
.
2.『明治維新』を実行した『田布施マフィア』の司令塔とは、下級貴族・岩倉具視、長州藩下級武士・木戸孝允、長州被差別朝鮮部落『田布施村』出身の足軽・伊藤博文であった。

3.『田布施マフィア』司令塔三人は、公武合体派の将軍家茂を毒殺し、孝明天皇と明治天皇をも殺して、明治天皇を『マフィアの一員』に差し替えて偽装させた『暗殺・謀略部隊』である。

4.『田布施マフィア』司令塔・伊藤博文は、『二人の天皇暗殺の隠蔽』と『天皇による絶対支配貫徹』の為に『明治憲法』をでっち上げて天皇を『生き神』にしてカルト宗教『天皇教』を『家神道』に格上げして全国民を洗脳した。

5.『田布施マフィア』司令塔・昭和天皇・裕仁は、カルト宗教『天皇教』の教祖として全国民を洗脳してアジア太平洋侵略戦争に動員し日本国民320万人を含むアジア太平洋諸国民5000万人を殺した元凶である。

6.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、戦後日本を100%植民地支配するために、『戦争犯罪』と『国民弾圧』の最高責任者・昭和天皇裕仁を100%免罪・免責してイメージチェンジさせて『名前を変えた天皇制=象徴天皇制』のトップに据えた。

7.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、『五つの立派な基本理念』(①主権在民②民主主義③反戦平和④個人の自由と基本的人権の尊重⑤隣国との平和共存)を掲げ日本国憲法を起案し1947年5月3日に施行した。しかしその中に戦後日本を100%植民地支配するために『五つの立派な基本理念』を破壊する巧妙な仕掛け『自爆装置』(①天皇制②議院内閣制による首相独裁③首相に会解散権④内閣に立法権④首相に最高裁判事任命権⑤憲法尊重義違反の罰則なし)を埋め込んだ。

8.敗戦後の日本を占領したGHQ(米国支配階級)は、戦後日本を100%植民地支配するために、1955年に保守合同で傀儡政党・自民党を作り『戦争犯罪』を免罪・免責した『田布施マフィア』司令塔岸信介をトップに据え、今でも続く米国による日本支配の法的根拠『日米安保条約』を1960年5月に強行成立させた。

9.現在の傀儡政党・自民党は、『安倍晋三』とトップとする『戦争犯罪人』と『国民弾圧犯罪人』人脈の『田布施マフィア』と、カルト宗教『天皇教』の分派である『日本会議』『神社本庁』『統一教会』の集合体である。そして20年以上にわたってカルト宗教『創価学会=公明党』と『自公連立政権』を組んでいる。

(終わり)

▲(再掲)【詩】安倍晋三とは? 
 
2015.5.28 山崎康彦

安倍晋三は、バカである。

安倍晋三は、きちがいである。

安倍晋三は、反社会的人格破壊者(サイコパス)である。

安倍晋三は、嘘つき常習者である。                  

安倍晋三は、無知の帝王である。

安倍晋三は、歴史の真実・事実を捻じ曲げる歴史修正主義者である。

安倍晋三は、民主主義を否定する極右ファシストである。

安倍晋三は、勝手に解釈変更して憲法を骨抜きにする憲法破壊者である。

安倍晋三は、【憲法改正】の美名のもと日本国憲法を亡きものにして戦前の【大日本帝国憲法】に差し替えて【天皇制軍事独裁体制】復活を夢想する愚 か者で
ある。

安倍晋三は、法律無視の無法者である。

安倍晋三は、国民資産横領の大犯罪者である。

安倍晋三は、米国のジャパン・ハンドラーズの操り人形。日本国民を米国支配層に売り渡す売国奴である。

安倍晋三は、【第三次世界大戦】を誘導するネオコン・シオニストの工作員であり世界平和破壊の軍国主義者である。

安倍晋三は、【世界金融恐慌】を誘導するロスチャイルド国際金融マフィアの工作員であり国民生活破壊者である。

安倍晋三は、【大日本帝国】の復活を夢見る妄想偏執狂(パラノイア)である。

安倍晋三は、差別・排外主義者である。

安倍晋三は、100%税金で生活する寄生虫である。

安倍晋三は、弱者をいじめて喜ぶ無慈悲で残酷なサデイストである。

安倍晋三は、復讐の鬼である。

安倍晋三は、祖父岸信介の背後霊とりつかれた呪縛男である。

安倍晋三は、マザコンである。

安倍晋三は、苦労知らず・世間知らずのお坊ちゃんである。

安倍晋三は、コンプレックスの塊である。

安倍晋三は、自分は偉いのだと勘違している裸の王様である。

(記事終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2019/01/22 07:29] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
01/21のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLiveNo2703】FBが『あなたの投稿はヘイトスピーチに関するコミュ二ィ規定に違反しています』と『サービス禁止』処分にした私のブログ記事を順次再掲します。No1 https://t.co/fvgLiuDoJB https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 23:12

【YYNewsLiveNo2703】■FB(フェースブック)が『あなたの投稿はヘイトスピーチに関するコミュ二ィ規定に違反しています』と『サービス禁止』処分にした私のブログ記事を再掲します(No1) https://t.co/G4SbFgTDS2
01-21 23:08

①直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質! 沖縄問題から逃げ続けるマスコミ、『zero』は直木賞報じず Literahttps://t.co/Nwtczw0QGa https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:20

早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が2019/01/21 日刊ゲンダイhttps://t.co/e5DuVmo1tS https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:20

https://t.co/QHvurWr62P https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:19

2回目の朝米首脳会談の場所、ベトナムが最有力候補に…ハノイとダナンが競合2019/01/21 ハンギョレ新聞 https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:19

87歳で突然の退去通知、「長生き」を後悔 絶望の先に山本恭介 有料記事2019年1月19日 朝日新聞https://t.co/rAKyjvceAn https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:18

③安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作2019/01/18 日刊ゲンダイhttps://t.co/GpAx9mPhfL https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:17

安倍政権、2島決着案を検討 北方4島返還「非現実的」2019/01/21 共同通信ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000004-kyodonews-pol https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:16

https://t.co/5f6snjJ3J8 https://t.co/qGcsY3aBE9
01-21 22:15

続きを読む
[2019/01/22 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>