FC2ブログ

プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【今日のブログ記事】 ■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2018.07.17)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2591】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 83分58秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

【今日のブログ記事】

■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます!

日本語だけでなく仏語と英語の【ブログ記事】を世界に向け発信します!

日本語圏の人々は世界で1億2700万人です。

仏語語圏の人々は世界で2億2000万人です。

英語語圏の人々は世界で14億人です。

▲【日本語ブログ】

いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。  

昨日月曜日(2018.07.16)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2590】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 83分58秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

■なぜ日本の安倍晋三首相は西日本豪雨災害で甚大な被害が広がっているにもかかわらず『非常災害対策本部』の設置を三日間も遅らせたのか?

【画像1】安倍晋三首相

20180718安倍晋三

その理由は、この写真を見ればわかる!

【画像2】7月14日の『フランス革命記念日』に仏軍パレードに参加した日本の自衛隊員7名。

20180716自衛隊行進

この写真は、7月14日の『フランス革命記念日』にパリ・シャンゼリゼ通りの仏軍軍事パレードに日本の自衛隊員7名が日章旗と旭日旗を掲げて行進している写真である。

安倍首相はマクロン大統領に『フランス革命記念日』に主賓として招待され、パリ・シャンゼリゼ通りを7名の自衛隊員が仏軍兵士とともに行進するのを『閲兵』する予定だった。

しかし7月5日に西日本豪雨が起こり『非常災害対策本部』を早期に設置すれば、対策本部長の安倍首相は当然ながら『フランス革命記念日』には出席できなくなり『自衛隊行進の閲兵』ができなくなるので
最後のぎりぎりまで『非常災害対策本部の設置』を遅らせたのだ。

安倍晋三首相にとって重要なことは、7月14日の『フランス革命記念日』に参加して自衛隊員が行進するのを閲兵することだったのだ。

安倍晋三首相にとって、西日本豪雨災害の被害者の救済・救援は二番目の優先事項なのだ。

今回の西日本豪雨災害による被害規模が、現時点で死者222人、行方不明者20人、避難生活者約4700人という『最悪の事態』になったのは、安倍政権の救援が遅れたことが最大の原因である!

安倍晋三首相にとって、個人的な『政治的野望の実現』が第一であり、『国民の生命や財産を守ること』は二の次なのだ!

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

▲【Blog Francais】

Bonsoir Tous!

Je vous remercie pour votre attention a mon blog francais du 17 Juillet 2018.

Je m'apelle Yasuhiko Yamazaki.

Je suis un journaliste independant de media-internet.
                       
Je suis egallement un activiste politico-social.

Je fais tous les jours sauf samedi et dimanche l'emmission en japonais 【YYNewsIve】a 20:30 a l'heure localle depuis plus de 6 ans.

【Video】 83m58s

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

A chaque emmission j'ai environ 500-2000 spectateurs.         
                            
■Pourquoi le Premier Ministre japonais Shinzo Abe a retarde l'installation a trois jours du ≪siege d'intervention en cas de
catastrophe d'urgence≫ malgre lesgraves degats generalisees par la forte pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon?

【Image1】le Premier Ministre jJaponais Shinzo Abe

20180718安倍晋三

La raison de ceci peut etre comprise en regardant cette image!

【Image2】7 membres de la Force d'auto-defense japonais qui ont participe au defile francais du 14 Juillet.

20180716自衛隊行進

Cette image est une photo de 7 membres du personnel d'auto-defense japonais elevant le drapeau japonais et le drapeau naval marchant sur le defile militaire de l'armee francaise aux Champs Elysees a Paris le 14 juillet "le Jour de la Revolution Francaise".

La raison de ceci peut etre comprise en regardant cette image!

Le Premier Ministre Shinzo Abe a ete invite d'honneur a la fete de la ≪Revolution francaise≫ par le Presiden Francais Macron et il y
recruterait 7 soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

Lorsque les pluies torrentielles se sont produites le 5 juillet dans l'ouest duJapon, si le ≪siege d'intervention en cas de catastrophe d'urgence≫ serait mis en place immediatement, le Premier Ministre Abe ne pourrait pas assister a la ≪Journee de la Revolution Francaise≫.

Il ne pourrait par recruter les soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

C'est pour cela qu'il a retarde la mise en place du ≪Siege d'intervention en cas de catastrophe d'urgence≫ jusqu'au dernier moment.

Ce qui est plus important pour Le Premier Ministre Shinzo Abe est a participe a la ≪Journee de la Revolution Francaise≫ et a recruter les soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

Pour Le Premier Ministre Shinzo Abe,le soulagement et le sauvetage des victimes de la catastrophe de pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon ont le deuxieme ordre de priorite.

La grande cause de la ≪pire situation sans precedent≫ des degats actuelles parla catastrophe de pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon (222 morts ,20 disparus et environ 4700 evacues) serait du au retardement de l'aide gouvernemental duregime Shinzo Abe.

Pour le Premier Ministre Shinzo Abe, la ≪realisation de l'ambition politique≫ est la premiere et la ≪protection de la vie et des biens du peuple≫ est la deconde!

(la fin)

***********************************
【Les informations de Suginami】【YYNews】【YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***********************************

▲【English Blog】

Hello Everyone!

Thank you very much for your kind attention to my English blog of July 17th 2018.
My name is Yasuhiko Yamazaki.

I am a japanese independent journalist based on internet media.

I am also a political and social activist.

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Sunday at 8:30 p.m. in local time for more than 6 years.

【Video】 83m58s

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

Approximately 500-2000 people are watching each time.

■Why did the Japanese Prime Minister Shinzo Abe postpone for three-days the settlement fo the "Emergency Disaster Response Headquarter" despite the severe damage caused by heavy rain in western Japan?

【Image1】the Japanese Prime Minister Shinzo Abe

20180718安倍晋三

The reason for this can be understood by looking at this picture!

【Image2】 7 members of the Japanese Self-Defense Force who participated in the 14th of July French parade.

20180716自衛隊行進

This image is a photo of 7 Japanese self-defense personnel raising the Japanese flag and the naval flag marching on the military parade of the French army at the Champs Elysees in Paris on July 14th "The Day of the French Revolution" .

Prime Minister Shinzo Abe was invited to the honor of the "the Day of French Revolution" by Presiden Macron and he would recruit 7 soldiers
of Japanese self-defense forces marching with the French soldiers at Champs Elysees.

When the torrential rains occurred on 5 July in western Japan, if the "EmergencyDisaster Response Headquarter " was set up immediately, Prime
Minister Abe wouldnot be able to attend the "Day of French Revolution".

He could not recruit the soldiers of the Japanese self-defense forces marching with the French soldiers at Champs Elysees.

This is the reason why he delayed the setting up of the "Emergency Disaster Response Headquarter" until the last moment.

What is more important for the Prime Minister Shinzo Abe is to participate at the "Day of French Revolution" and to recruit the
soldiers of the japanese Forcesof self-defense maraching with the French soldiers in Champs Elysees.

For Prime Minister Shinzo Abe, the relief and rescue of the victims of the torrential rain disaster in Western Japan have the second order of
priority.

The great cause of the "worst-ever situation" of the rain disaster in western Japan (222 deads, 20 missings and about 4700 evacuees) is due to
the delay in government aid to Shinzo Abe.

For Prime Minister Shinzo Abe, the "realization of political ambition" is the first and the "protection of life and property of the people"is
the deconde!

(the end)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************

[2018/07/18 07:48] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/17のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます!https://t.co/Yi61GFXLJL https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:56

【YYNewsLive】■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます! https://t.co/Yi61GFXLJL
07-17 22:54

https://t.co/KG5X8Wz5NU https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:13

アベ友と極右教科書をめぐる利権の構造(前編)安倍首相のブレーン・八木秀次率いる極右教育団体に1200万もの公費が横流し!教科書採択運動の裏にアベ友利権2018.07.17 Litera https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:13

スペイン前国王にマネーロンダリング疑惑、元愛人が証言2018年7月17日  AFP日本語版 https://t.co/D1PIES7Dt1 https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:10

小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか2018年7月17日 日刊ゲンダイhttps://t.co/YI6ebrmG4Y https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:02

トランプ氏、選挙介入でプーチン氏追及せず 米ロ首脳会談2018.07.17 AFP日本語版https://t.co/G6MCfZqDed https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:01

ソウル市長、江北区の屋上部屋に「ソウル市長室」作る2018/07/16 ハンギョレ新聞日本語版https://t.co/PFvWn3j0w4 https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:00

新宿区、高齢者6万7千人分の個人情報を警察へ提供 区議会・住民知らされず2018年7月17日 田中龍作ジャーナル https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 22:00

generalisees par la forte pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon? https://t.co/LMU8ChQpjF
07-17 21:44

続きを読む
[2018/07/18 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日火曜日(2018年07月17日)午後9時から放送しました【YYNewsLiveNo2591】の放送台本です!

【放送録画】76分08秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478990413

☆今日の画像

①7月14日の『フランス革命記念日』にパリ・シャンゼリゼ通りの仏軍軍事パレードに日本の自衛隊員7名が行進している写真。

20180716自衛隊行進

une photo de 7 membres du personnel d'auto-defense japonais marchant sur le defile militaire de l'armee francaise aux Champs Elysees a Partis
le 14 juillet "Jour de la Revolution francaise".

a photo of 7 members of the Japanese self-defense personnel marching on the military parade with the French army at Champs Elysees in Paris on
July 14th "French Revolutionary Day".

②吉住健一新宿区長

20180628新宿区長住吉

新宿区、高齢者6万7千人分の個人情報を警察へ提供 区議会・住民知らされず(田中龍作ジャーナル記事)

③朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長

20180717ソウル市長

ソウル市長、江北区の屋上部屋に「ソウル市長室」作る (ハンギョレ新聞記事)

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / SonHongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第75回 (2018.07.17) 朗読 & 書き起こし

第8章 不意打ちの通貨戦争 P265-309

我々は高い尾根に立つ狼のように、鹿の群れを見下ろしている。タイの経済はアジアの虎に例えられてきたが、今は傷を負った獲物のようだ。我々が手負いの獲物を猟の標的にしたのは、鹿の1群を健康にするためであった。

ーユージン・リンデン (『タイム誌』アジア版1997年)

【本章の主題】

「商品」の供給を独占すれば巨利が得られる。通貨が不可欠な「商品」であり、一国の通貨発行独占できれば、莫大な利益を獲得する魔法の杖を手に入れたも同然となる。数百年来、国際銀行家たちが知恵を絞り、手段を選ばず、国家の通貨発行権を独占しようとした理由がここにある。彼らの最終目的は世界の通貨発行権を独占することなのだ。

世界の通貨発行を支配するために、国際銀行家たちは1970年代から一連の通貨戦争を勃発させた。ドル高の維持、発展途上国の解体、競合相手の撲滅などがそれだ。狙いは、世界経済を「コントロールしながら解体し」、ロンドンのシティーとウォール街が支配する「世界政府」「世界通貨「と「世界税収の礎を作り上げることである。

ここで注意しなければならないのは、国際銀行家は「超特殊利益集団」であると言うことだ。彼らは、いかなる国家、政府にも属さず、逆に国家と政府を支配する。彼らはあるときはドルとアメリカの力を発揮利用するが、時期到来ともなると、ドルを攻撃する側に回る。1929年の大恐慌に匹敵する経済危機を世界規模で引き起こし、各国政府に多くの主権を放棄させ、地域内の通貨統合を進めたり、個別政府制度の維持を諦めさせる。

中国の金融システムを攻撃することが彼らの最重要課題となっていることは疑う余地がない。問題は、いつ攻撃するか、どんな方法で攻撃するか、なのだ。◯◯を願っているだけでは、悲惨な結果を招くことになろう。

彼らが用いる方法は、日本を攻撃した手法と似ているかもしれない。まず、中国でスーパーバブルを引き起こす。中国も彼らの援助でー1985年から1990年の日本のようにー数年間の繁栄が続く。そして彼らは実行に移すのだ。「遠距離日接触型」の金融"核"攻撃を仕掛け、世界中の中国経済の信頼をしなわせ、海外と国内の資金を中国から追い出してしまう。その後で、極めて安い価格で中国の社会資本などのコア資産を買収し、中国経済を徹底的に解体し、世界を統一するもっとも重要な一歩を踏み出すと言うシナリオだ。

(終わり)

(1)今日のメインテーマ

■今日から新コラム『今日の世界配信記事(日本語・仏語・英語)』を始めます!

【日本語ブログ】

◆なぜ日本の安倍晋三首相は西日本豪雨災害で甚大な被害が広がっているにもかかわらず『非常災害対策本部』の設置を三日間も遅らせたのか?

その理由は、この写真を見ればわかる!

この写真は、7月14日の『フランス革命記念日』にパリ・シャンゼリゼ通りの仏軍軍事パレードに日本の自衛隊員7名が行進している写真である。

安倍首相はマクロン大統領に『フランス革命記念日』に主賓として招待され、パリ・シャンゼリゼ通りを7名の自衛隊員が仏軍兵士とともに行進するのを『閲兵』する予定だった。

しかし7月5日に西日本豪雨が起こり『非常災害対策本部』を早期に設置すれば、対策本部長の安倍首相は当然ながら『フランス革命記念日』には出席できなくなり『自衛隊行進の閲兵』ができなくなるので
最後のぎりぎりまで『非常災害対策本部の設置』を遅らせたのだ。

安倍晋三首相にとって重要なことは、7月14日の『フランス革命記念日』に参加して自衛隊員が行進するのを閲兵することだったのだ。

安倍晋三首相にとって、西日本豪雨災害の被害者の救済・救援は二番目の優先事項なのだ。

今回の西日本豪雨災害による被害規模が、現時点で死者222人、行方不明者20人、避難生活者約4700人という『最悪の事態』になったのは、安倍政権の救援が遅れたことが最大の原因である!

安倍晋三首相にとって、個人的な『政治的野望の実現』が第一であり、『国民の生命や財産を守ること』は二の次なのだ!

【仏語ブログ】【Blog Francais】
                                  
■Pourquoi le Premier Ministre japonais Shinzo Abe a retarde l'installation a trois jours du ≪siege d'intervention en cas de
catastrophe d'urgence≫ malgre lesgraves degats generalisees par la forte pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon?

La raison de ceci peut etre comprise en regardant cette image!

Cette image est une photo de 7 membres du personnel d'auto-defense japonais marchant sur le defile militaire de l'armee francaise aux
Champs Elysees a Paris le 14 juillet "le Jour de la Revolution Francaise".

Le Premier Ministre Shinzo Abe a ete invite d'honneur a la fete de la ≪Revolution francaise≫ par le Presiden Francais Macron et il y
recruterait 7 soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

Lorsque les pluies torrentielles se sont produites le 5 juillet dans l'ouest duJapon, si le ≪siege d'intervention en cas de catastrophe
d'urgence≫ serait mis en place immediatement, le Premier Ministre Abe ne pourrait pas assister a la ≪Journee de la Revolution Francaise≫.

Il ne pourrait par recruter les soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

C'est pour cela qu'il a retarde la mise en place du ≪Siege d'intervention en cas de catastrophe d'urgence≫ jusqu'au dernier moment.

Ce qui est plus important pour Le Premier Ministre Shinzo Abe est a participe a la ≪Journee de la Revolution Francaise≫ et a recruter les
soldats des Forces d'autodefense japonais marahcnat avec les soldats francais aux Champs Elysees.

Pour Le Premier Ministre Shinzo Abe,le soulagement et le sauvetage des victimes de la catastrophe de pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon
ont le deuxieme ordre de priorite.

La grande cause de la ≪pire situation sans precedent≫ des degats actuelles parla catastrophe de pluie torrentielle dans l'Ouest du Japon
(222 morts ,20 disparus et environ 4700 evacues) serait du au retardement de l'aide gouvernemental duregime Shinzo Abe.

Pour le Premier Ministre Shinzo Abe, la ≪realisation de l'ambition politique≫ est la premiere et la ≪protection de la vie et des biens du
peuple≫ est la deconde!

(la fin)

【英語ブログ】【english Blog】

■Why did the Japanese Prime Minister Shinzo Abe postpone for three-days the settlement fo the "Emergency Disaster Response Headquarter" despite
the severe damage caused by heavy rain in western Japan?

The reason for this can be understood by looking at this picture!

This image is a photo of 7 members of the Japanese self-defense personnel marching on the military parade with the French army at the
Champs Elysees in Paris onJuly 14th "the Day of French Revolution".

Prime Minister Shinzo Abe was invited to the honor of the "the Day of French Revolution" by Presiden Macron and he would recruit 7 soldiers
of Japanese self-defense forces marching with the French soldiers at Champs Elysees.

When the torrential rains occurred on 5 July in western Japan, if the "EmergencyDisaster Response Headquarter " was set up immediately, Prime
Minister Abe wouldnot be able to attend the "Day of French Revolution".

He could not recruit the soldiers of the Japanese self-defense forces marching with the French soldiers at Champs Elysees.

This is the reason why he delayed the setting up of the "Emergency Disaster Response Headquarter" until the last moment.

What is more important for the Prime Minister Shinzo Abe is to participate at the "Day of French Revolution" and to recruit the
soldiers of the japanese Forcesof self-defense maraching with the French soldiers in Champs Elysees.

For Prime Minister Shinzo Abe, the relief and rescue of the victims of the torrential rain disaster in Western Japan have the second order of
priority.

The great cause of the "worst-ever situation" of the rain disaster in western Japan (222 deads, 20 missings and about 4700 evacuees) is due to
the delay in government aid to Shinzo Abe.

For Prime Minister Shinzo Abe, the "realization of political ambition" is the first and the "protection of life and property of the people"is
the deconde!

(the end)

(2)今日のトッピックス

①新宿区、高齢者6万7千人分の個人情報を警察へ提供 区議会・住民知らされず

2018年7月17日 田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/

防災等安全対策特別委員会に「高齢者の個人情報提供」を報告する岡健介副参事(後ろ姿=警視庁からの出向)。議会に諮れなかった理由を延々と述べた。=17日、新宿区議会 撮影:筆者=

区内在住の65歳以上の高齢者の個人情報を警察に提供する・・・新宿区はきょう開かれた区議会の防災等安全対策特別委員会に報告した。区議会に諮ったわけではない。住民にも広報していない。「理事者側(新宿区役所)はこうしますよ」と言い渡しただけである。
新宿区によると、事業の名目はお年寄りを狙った振り込め詐欺などを防止するためという。

提供される個人情報は「氏名」「住所」「生まれ年」の3件。提供された名簿をもとに警察官が戸別訪問する。この訪問で3件以外の個人情報を警察が
ふんだんに
得ることは想像に難くない。たとえば職歴や出身地であったり、近隣に関する情報であったりだ。

個人情報提供の可否を回答する用紙は、対象の6万7千人(5万1千世帯)に郵送される。拒否すれば個人情報の提供を断ることができる。ただ郵送されてきた封書に気付かなかったりすると同意したと見なされ、当人の個人情報が区役所から警察(新宿署、四谷署、戸塚署、牛込署)に渡る。そして警察官が戸別訪問してくる。

さらに希望者には自動通話録音機が新宿区から貸し出される。自動録音機は「オレオレ詐欺防止のために通話内容を録音します」と告げる。詐欺防止に一定の効果があるとされる。

ところが自動録音機の貸し出しはわずか1000台。5万1千世帯が対象であるにもかかわらず、新宿区はわずか50分の1しか録音機を購入しなかった。ここがミソだ。

対象世帯全戸に配布すれば、録音機の購入費用は膨大となり、補正予算として計上しなければならない。予算化すれば議会に諮らなければならない。議会に諮れば表沙汰になる。
警視庁新宿警察署。日本一の所轄規模を誇る。最近では署員から暴力団への捜査情報漏洩があった。=17日、撮影:筆者=

防災等安全対策特別委員会に報告したのは総務部・安全安心対策担当の岡健介副参事だ。警視庁からの出向である。岡副参事によれば、警察への個人情報提供は吉住健一区長から3月に言われたという。

委員の雨宮武彦区議(共産)は「私たち議会人が議論する時間がない。公園(のデモ使用制限)と同じで、区長があまりにも突然こういう事を提案する。大変拙速だ」と、区の進め方に疑問を呈した。

「警察への個人情報提供は犯罪捜査など限定的、慎重に運用してきた。非常に乱暴だと思う」。佐藤佳一区議(共産)が付け加えた。

新宿区は8月1日から実施される「デモの公園使用制限」についても議会に諮ることなく「報告」だけで済ませた。警察国家を先取りしているようだ。

きょうの防災等対策特別委員会で傍聴席の高齢者からは「やめて下さい。(個人情報を)出さないで下さい」と悲鳴があがった。

高齢者宅への戸別訪問だけでは大した成果はないと言われている。効果があるという録音機に割く予算は少ない。不思議だ。=17日、歌舞伎町 撮影:筆者=

~終わり~

②ソウル市長、江北区の屋上部屋に「ソウル市長室」作る

2018/07/16 ハンギョレ新聞日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00031120-hankyoreh-kr

ソウル市長、江北区の屋上部屋に「ソウル市長室」作る
「ソウル市長の力が最も必要な場所に行く」 三陽洞の「現場市長室」で1カ月間執務・寝食 近隣の住民会に参加し、江南-江北のバランス発展構想

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が、ソウル江北区三陽洞(サンヤムドン)の屋上部屋に「現場市長室」を設置して1カ月間暮らしながら住民の意見を聞き、江南-江北のバランス発展対策を構想する。今月2日の3選就任式で「ソウル市長の力が最も必要な地域に市長室を移したい」と明らかにしたことを実践したものだ。

15日、ソウル市の話を総合すると、ソウル市自治行政課は最近、朴市長が1カ月間現場市長室を運営する場所としてソウル江北区三陽洞にある9坪の広さの屋上部屋を契約し、朴市長に報告する計画だ。朴市長の決裁が終われば、入居の日取りを決めて市長室を1カ月間移す予定だ。朴市長はここを執務室と宿舎として使用し、近隣住民の集まりを訪問して対話するなど、市民の現場の意見を聞く計画だ。朴市長は週末にもここで滞在する予定だ。必要な場合だけソウル市庁を訪問する。入居時期はソウル市議会臨時会が終わる19日直後の週末か、その次の週の初めになる見通しだ。

ソウル市が現場市長室に江北区三陽洞を選択した理由は、ここの住居環境が良くなく福祉の需要が大きいため、朴市長が直接住民の意見を聞きながら江南-江北のバランス発展を構想しやすいと考えたためだ。三陽洞は丘陵地域に一戸建てや多世帯住宅、連立住宅(アパート)が多く建てられており、基盤施設が不足している場所として知られている。

朴市長の現場市長室運営は今回が初めてではない。朴市長は2012年11月、恩平区ニュータウンマンションに600軒以上の売れ残り住宅問題が発生すると、直接このマンションに入居して9日間現場市長室を運営した。すると2カ月後の2013年1月にはすべての売れ残りマンションが分譲された。

これに先立ち、朴市長は2日、3選就任式で現場市長室の運営を再び続けていく計画を明らかにした。朴市長は「机上でいくら良い政策を作っても切迫した市民生活の問題を解決するには力不足だ。まず江北から市民たちと住みながら、苦楽を共にする。現場の通勤はもちろん、地域住民と寝食を共にし、市民の生活をうかがう」と述べた。

キム・ミヒャン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

③トランプ氏、選挙介入でプーチン氏追及せず 米ロ首脳会談

2018.07.17 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3182638?act=all

【7月17日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで歴史的な首脳会談を行った。トランプ氏は、米選挙への介入を否定するロシア側の説明を受け入れるかのような見解を表明。両大統領は、二大核保有国である両国の関係の新たなスタートを約束した。

両大統領は会談で、シリアやウクライナ、中国、貿易関税、両国の核兵器保有量まで、さまざまな問題を話し合った後、世界の諸課題で協力していく意向を表明。共同記者会見でトランプ大統領は、選挙介入問題についてプーチン大統領と「多くの時間を割いて話した」と述べつつも詳細には触れず、介入については明確に非難しなかった。

米国の各情報機関は、2016年の米大統領選でロシアがトランプ氏の当選支援を狙い、対立候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が所属する民主党の電子メールを不正に取得し漏えいしたとの結論に達している。先週には、この問題をめぐりロシア軍情報機関の職員12人が米当局により起訴された。

だがトランプ大統領は、自国の情報機関トップが出した結論を認めつつも、自身は公正な選挙戦の結果当選したと主張し、プーチン大統領がロシアの関与を「力強く」否定したと強調。ロバート・モラー(Robert
Mueller)特別検察官による捜査は米国にとって「大惨事」だと述べ、自身の選挙対策チームとロシア政府の共謀についても改めて否定した。

一方プーチン大統領は「ロシアがこれまで米国の内政問題に干渉したことはないし、今後も干渉するつもりはない」と明言した。

④小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

2018年7月17日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233452

「政界は敵味方がしょっちゅう入れ替わる」「敵を倒すために協力することもある」――。これは、“変人”による“剛腕”との共闘宣言なのか。

15日、自由党の小沢一郎代表が主宰する政治塾に講師として招かれた小泉純一郎元首相の発言が、政界に波紋を広げている。

「挑発的な発言は、明らかに安倍総理に対する当てつけです。小泉さんが主張する脱原発を無視して、再稼働に邁進する安倍総理のことを快く思っていない。『誰のおかげで総理大臣になれたと思っているんだ』と苦々しい思いでいるんじゃないですか。事実上の倒閣宣言ですよ」(自民党ベテラン議員)

講演後、小沢氏と並んでぶら下がり取材に応じた小泉氏は、「総理が原発ゼロに舵を切れば与野党一緒に実現できる」「野党が一本化して、原発ゼロを争点にすることに気づけるかだ」などと持論を披露。まるで野党が政権を取ることを期待しているような口ぶりだった。

それにしても、かつての宿敵同士が肩を並べて脱原発を訴える光景には、隔世の感がある。夜は2人で冷やの日本酒を酌み交わしながら意見交換をしたという。30年ぶりの会食は3時間に及んだ。

■進次郎議員も同調の可能性

野党がバラバラで無力な現状では、安倍1強体制は変わらない。小沢氏が命を懸ける政権交代も、小泉氏が訴える原発ゼロも、実現できないのだ。立場は違っても、2人の利害は安倍政権打倒で一致している。

「世論の多くが賛成している脱原発は再編の軸になり得るし、野党結集が進まない中で、小泉元首相の存在は刺激材料になる。野党共闘と距離を置いて独自路線を行こうとしている国民民主党などの保守系も、小泉元首相と組むことになれば、乗ってくる可能性があります。

小泉氏は『選挙には関わらない』と明言しているので、野党の大会には出席しないにしても、脱原発の集まりには来るでしょう。息子の進次郎議員も東日本大震災の被災地に通う中で、脱原発の思いを強くしているという話もあるし、小泉親子が見ている方向は基本的に同じです。

自民党内にも“反安倍”的な動きがあり、小泉・小沢のタッグが野党結集にとどまらず、与野党を巻き込んだ政界再編の起爆剤になることも考えられます」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

多くの国民は安倍政権に飽き飽きしている。まずは来年の参院選に向けて、野党が小異を捨てて、原発ゼロでまとまれるかどうかがカギだ。

⑤スペイン前国王にマネーロンダリング疑惑、元愛人が証言

2018年7月17日  AFP日本語版 

http://www.afpbb.com/articles/-/3182693?cx_part=latest

スペインの前国王フアン・カルロス1世(2018年4月1日撮影)

コリーナ・ツー・ザインビトゲンシュタインさん、米ニューヨークにて(2015年9月29日撮影)

【7月17日 AFP】スペインの前国王フアン・カルロス1世(Juan Carlos I、80)がマネーロンダリング(資金洗浄)に関与していたと元愛人が証言している録音データがウェブサイト上に先週公開され、急進左派政党ポデモス(Podemos)などから捜査を求める声が上がっている。

問題の録音データの声はドイツ上流階級出身のコリーナ・ツー・ザインビトゲンシュタイン(Corinna zu Sayn-Wittgenstein)さんのものとみられ、そこでザインビトゲンシュタインさんはフアン・カルロス1世が送金の事実を隠そうとし、自身の名義を用いてモナコとモロッコに不動産を購入したと語っている。

また録音によると、ザインビトゲンシュタインさんはフアン・カルロス1世がスイスに住む親類の銀行口座に金を移したと語ったと主張しているほか、前国王が妻のソフィア王妃(Queen Sofia)と離婚して自身と結婚するため、高速鉄道に関するサウジアラビアとの契約から金を着服していたとも述べている。

AFPの取材に応じた複数の王室専門家たちは、録音された声は確かにザインビトゲンシュタインさんのものだと指摘。一方、ザインビトゲンシュタインさん自身は声が自分のものであることを否定はしていないが、組織的な中傷であると非難する声明を出した。

フアン・カルロス1世はスペインが不況の真っただ中にあった時期にザインビトゲンシュタインさんとボツワナにゾウ狩りに出掛けたことが発覚して非難を受け、その2年後の2014年に退位した。

(3)今日の重要情報

① アベ友と極右教科書をめぐる利権の構造(前編)安倍首相のブレーン・八木秀次率いる極右教育団体に1200万もの公費が横流し!教科書採択運動の裏にアベ友利権

2018.07.17 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4130.html

日本教育再生機構のフェイスブックに掲載された「教育再生実行会議提言フォローアップ会合」の様子

安倍政権が推し進めている極右教育をめぐり、沖縄タイムスが15日付1面で報じたスクープが話題になっている。安倍首相の“極右教育政策のブレーン”が率いる民間団体に、各自治体から少なくとも1220万円もの公費が投じられていたことをすっぱ抜いたのだ。

この首相の“極右教育政策のブレーン”とは、八木秀次・麗澤大学教授だ。周知の通り、八木氏といえば日本会議とも近い“極右御用学者”で、「日本教育再生機構」(以下、再生機構)という歴史修正教科書の制作・採択運動などを行う極右団体の理事長を務めている。

沖縄タイムスのスクープは、その八木氏率いる再生機構に、保守系の自治体首長ら131名でつくる「教育再生首長会議」(以下、首長会議)を通じ、事務局委託金の名目で、2017年度までに計約1220万円が支払われていたというもの。また、同紙が首長会議に加盟する九州地域の自治体に情報公開請求などで照会したところ、いずれも公費から年会費などが支出されていたという。

前述の通り、八木氏の再生機構は「新しい歴史教科書をつくる会」から分派した団体であり、歴史修正主義が顕著な育鵬社の歴史教科書などを支援してきた。つまり、これは極右教育を推進する“アベ友”の団体に市民の血税が人知れず流されていたということであり、言うまでもなくそれは、教科書採択に大きな影響力をもつ自治体首長とズブズブの関係にあるという事実を意味している。

もともと、首長会議は2014年6月の結成翌年から毎年、安倍首相を表敬訪問するなど、安倍政権の極右教育政策を支持・支援する団体だ。結成時の会長は安倍首相の地元である山口県の松浦正人・防府市市長で、現在は後任の野田義和・東大阪市市長が務めている。私立学校や国立学校などの一部をのぞき、公立学校の教科書を採択するのは各自治体の教育委員会だが、教育委員の任命権は首長にある。防府市と東大阪市は、2015年の中学校の教科書採択で育鵬社教科書を選んでいる。

教科書問題と右派運動に詳しい俵義文氏(「子ども教科書全国ネット21」事務局長)によれば、首長会議は再生機構や同じくつくる会から派生した「教科書改善の会」が全面的に関わってつくった組織であり、事実、最初の相談会から八木氏が参加、第一回準備会でも講演を行っている(「週刊金曜日」2015年1月23日号)。

沖縄タイムスによれば、再生機構へ支払われた事務局委託金の額は首長会議の年間収入の約7割にあたり、再生機構スタッフの人件費などに充てられていたという。

ようするに、今回、沖縄タイムスがスクープした首長会議への公金支出および再生機構への横流しは、安倍首相を中心とした一連の極右教育推進運動に人々の血税が勝手に投入されているという問題のみならず、明らかな癒着の構造がある。ここには、安倍首相のお友達に異例の国有地値引きや規制緩和が行われた森友・加計学園と同様の問題が横たわっているのだ。

しかも、首長会議と八木氏の再生機構をめぐっては、もうひとつ、とんでもない疑惑が浮上している。

それは、2019年度から始まる中学校での道徳の教科化に関連し、八木氏らが首長会議に対して、自分たちがつくった教科書を売り込んでいたというものだ。

安倍首相のブレーン・八木秀次と道徳教科書をめぐるもうひとつの疑惑

検定申請中の教科書をめぐっては、文科省は採択の公正を確保するため〈検定申請本及びその内容を、教科書採択を勧誘するための宣伝活動(実質的にこれと同視され得るものを含む。)には一切用いないこと〉(「教科書採択の公正確保について(通知)」)などの制限を設けている。八木氏らの売り込みは、禁じられている不正な宣伝にあたる可能性がある。

疑惑の詳細については後編でお伝えするが、いずれにせよ、安倍首相が血眼になっている極右教育運動のなかで“アベ友”を優遇し、事実上の“支援金”が血税から流されている実態がある。マスコミは徹底追及するべきだ。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************























[2018/07/17 22:51] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。  

昨日月曜日(2018.07.16)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2590】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 83分58秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

【今日のブログ記事】

■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!

日本や世界のマスコミが論誘導目的』の『ねつ造記事』を垂れ流している現状に警鐘を発するために、私は新たにコラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!

今日取り上げる記事は、今日付け(2018.07.16)の『中国経済が減速した』という日経記事ですが、これは典型的な『世論誘導目的記事』でしょう!
_____________________________________

▲【今日の世論誘導記事】

◆中国6.7%成長に減速 4~6月、3期ぶり 投資・消費振るわず 貿易戦争、先行きも不透明

2018/7/16 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33031870W8A710C1000000/

【北京=原田逸策】中国国家統計局が16日発表した2018年4~6月の国内総生産(GDP)は物価の変動を除く実質で前年同期より6.7%増えた。成長率は1~3月を0.1ポイント下回り、17年7~9月から3期ぶりに減速した。インフラ投資が振るわず、消費も伸び悩んだ。堅調だった輸出も米国との貿易戦争で落ち込む恐れがあり、先行きは不透明感が強い。

成長率は18年の政府目標「6.5%前後」を上回った。日本経済新聞社と日経QUICKニュースが共同で実施した市場調査の平均(6.7%)と同じだった。

前期比でみた成長率は1.8%で1~3月(1.4%)から加速した。先進国のように前期比の伸び率を年率換算した成長率は7%台半ば。景気の実感に近い名目成長率は前年同期比9.8%程度となり、1~3月(10.2%)から減速した。

GDPとは別に16日に発表した経済統計をみると、マンションや工場の建設など固定資産投資は1~6月に前年同期比6.0%増えた。伸び率は1~3月(7.5%増)から鈍化した。道路や空港などインフラ投資の伸びが1~3月の13%から1~6月は7.3%に失速したことが原因だ。

個人消費は振るわなかった。百貨店、スーパー、インターネット通販などを合計した社会消費品小売総額は1~6月に前年同期比9.4%増えた。伸び率は1~3月(9.8%増)から減速した。

1~6月の工業生産は前年同期比6.7%増と底堅かった。伸び率は1~3月から0.1ポイント縮小した。半導体が好調だったほか、生産全体の動向を映す発電量も高めの伸びだった。

輸出は好調だった。1~6月の輸出額はドルベースで前年同期比12.8%増えた。輸入は同19.9%も拡大したため、輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は縮小した。

下期は米国との貿易摩擦の影響が顕在化しそうだ。米トランプ政権は7月6日から中国製品340億ドル相当を対象に25%の追加関税をかけたほか、早ければ月内にも課税対象をさらに160億ドル相当も上積みする。さらに2千億ドル相当の中国製品に10%の追加関税をかける構えもみせる。

投資と消費に力強さがない中、外需も落ち込めば中国経済の減速傾向が鮮明になりそう。思わぬ景気失速を招く恐れもあり、中国の金融市場は神経質になっている。
________________________________________
▲なぜこの記事は典型的な『世論誘導目的記事』なのか?

なぜならば、この記事は1949年の建国以来一貫して高度成長をし続けている中国経済が『減速し』『投資・消費振るわず』『貿易戦争、先行きも不透明』と記事全体を『悲観的な論調』に意図的に誘導しているからです。

なぜならば、この記事は①なぜ中国の2018年予想GDP成長率が減速しても6.7%もあるのか、②なぜ日本(0.9%)や米国(2.7%)やEU(2.3%)などの主要先進国の2018年予想GDP成長率(IMF予測)がこれほど低いのか、③なぜ主要先進国中トップの米国の2018年予想GDP成長率(2.7%)が中国(6.7%)の半分にも届かないのか、これらの根本的な疑問に一切答えていないからである。

これらの根本的な疑問に答えているのは下記の私の【ブログ記事】ですので、ぜひお読みください!

【関連ブログ記事】

▲『中国経済』に関する疑問!

2018.07.08 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/88b99664ffe2f704839df6a8a0a9cb7d

①なぜ中国は1949年の建国以来一度も経済危機が起きなかったのか?

②なぜ中国の経済は2016年6.72%、2017年6.86%、2018年6.56%(予測)と高度成長を依然として維持しているのか?

③なぜ日本、米国、EU諸国の経済成長は、日本0.94%、米国1.49%,EU1.80%(2016年)、日本1.71%,、米国2.27%、EU2.1%(2017年)、日本1.21%、米国2.93%、EU1.90%(2018年予測)と中国の1/3以下で軒並み低迷しているか?

【関連画像1】世界の経済成長率の変遷 (2005年-2016年) 中国、アメリカ、EU、日本

20180507世界の経済成長率の変遷

▲上記の疑問①に対する明快な答えを出しているのは、中国の経済学者ソン・ホンビン氏だけである!

彼の著書『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』の第4章
『第一次世界大戦と大不況- 国際銀行家の"豊穣なる季節"
【本章の主題】P132』で、以下のように答えを明快に言っている。

「中国の国有銀行もインフレを誘発して利益を刈り取る誘惑にかられなかったわけではない。しかし、結局、中国は人民が血を吐くおもいで手にした財産をインフレを利用して奪うことはせず、また、能力もなかった。そういう悪意を持った人間が国内にはいなかったため、中国は建国以来一度も経済危機が起きなかったのだ」

▲上記の疑問②③に対して唯一『答えているかのような説明』をしているのは、IMF(世界通貨基金)であり各国の経済学者とマスコミそれを無批判に垂れ流している!

【IMFの説明】

「中国はインフラ整備ができていない『後進国』だから高度成長しており、米国や日本やEU諸国はすでにインフラ整備が完了した『先進国』だから低成長なのだ」

【関連画像2】IMFの世界経済見通し(2014年、2015年、2016年予測)

*『先進国=低成長』、『後進国=高度成長』に分類している!

20180507世界経済見通し

【私の反論】

1.中国は米国(2017年名目GDP19兆3900億ドル)に次ぐ世界第二位のGDP(2017年名目GDP12014兆ドルを持つ経済大国であり、IMFが分類する『後進国』ではなく立派な『先進国』である。

ちなみに日本の2017年名目GDPは4872兆ドルで米国の1/4、中国の2/5である。

2.IMFの分類(『先進国=低成長』『後進国=高度成長』)が間違っていることは『先進国』中国が高度成長をずっと維持していることでわかる。

3.さらに【関連画像2】を見ると、『後進国』の中で2017年予測で5%以上の『高度成長』を実現する国は、中国、インド、ASEAN5カ国の7カ国だけである。

IMFが盛んに持ち上げた『高度成長国=BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)5カ国の中でロシアは1.1%、ブラジル0.5%、南アフリカ0.8%ですでに3カ国が脱落している。

すなわち、IMFが『後進国』に分類し本来は『高度成長』すべきロシア、ブラジル、南アフリカが低成長なのは『国の金融が国際金融家に支配されている』からなのである。

4.IMFの分類(『先進国=低成長』『後進国=高度成長』)は『各国の経済成長を阻害しているのはその国の金融を支配する国際金融家である』という『真実』を隠ぺいするためにIMF
がでっち上げた『巧妙な嘘』である。

4.それでは『正しい分類』は何か?

『高度成長国=その国の金融が国際金融家に支配されていない国』

『低成長国=その国の金融が国際金融家に支配されている状態』

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2018/07/17 08:59] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/16のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!https://t.co/a7meibgJLq https://t.co/riLouJXIMl
07-16 23:43

【YYNewsLive】■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します! https://t.co/a7meibgJLq
07-16 23:42

安倍首相の地元は無法地帯か? 安倍宅放火事件に続き、山口県警が安倍直系県議の建設会社の捜査を握り潰し 横田一2018.07.15 Literahttps://t.co/taKf7hDUcX https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:51

長年の政敵同士、「脱原発」で意気投合2018年7月15日 毎日新聞https://t.co/l90PAoBEgQ https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:50

仏軍事パレード 陸上自衛隊参加 友好160年を記念東京新聞https://t.co/QGZZCTDvMX https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:49

③日本「プルトニウム抽出権限」30年延長へ72018/07/16 ハンギョレ新聞https://t.co/oIk1Re28Sm https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:47

予算にもクッキリ 安倍政権の露骨すぎる「防災より武器」2018年7月11日https://t.co/DsT6avpOI1 https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:42

①イタリアで世界初の直接民主制担当相が誕生2018-07-09 スイスインフォhttps://t.co/eoOEAlouk1 https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:38

がこれほど低いのか、③なぜ主要先進国中トップの米国の2018年予想GDP成長率(2.7%)が中国(6.7%)の半分にも届かないのか、これらの根本的な疑問に一切答えていないからである。 https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:32

なぜならば、この記事は①なぜ中国の2018年予想GDP成長率が減速しても6.7%もあるのか、②なぜ日本(0.9%)や米国(2.7%)やEU(2.3%)などの主要先進国の2018年予想GDP成長率(IMF予測 https://t.co/riLouJXIMl
07-16 22:32

続きを読む
[2018/07/17 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日月曜日(2018年07月16日)午後9時20分から放送しました【YYNewsLiveNo2590】の放送台本です!

【放送録画】83分58秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478786670

☆今日の画像

①昨年11月に来日し講演したイタリア『五つ星運動』リカルド・フラカーロ氏が世界初の直接民主制担当相に就任した!

20180716リカルド

【関連記事】

■「イタリア五つ星運動」リカルド・フラカーロ下院議員(36歳)の講演会に参加して分かったこと!

▲【関連記事】

2017年11月28日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/1ef143dbe1a5cb1b281d8031aeceb64c

②軍事パレードに参加、行進する陸上自衛隊員ら (東京新聞記事)

20180716自衛隊行進

7月14日の『フランス革命記念日』にパリ・シャンゼリゼ通りをフランス軍とともに日本の自衛隊員7名が行進した!

安倍首相が西日本豪雨大災害で甚大な被害が広がっているにもかかわらず『非常災害対策本部』の設置をぎりぎりまでせずに二日間も遅らせた本当の理由はこれだなのだ!

マクロン大統領に主賓として招待された安倍首相は、7月14日の『フランス革命記念日』にパリ・シャンゼリゼ通りを自衛隊員が行進するのを閲兵したかったのだ。

もしも『非常災害対策本部』を設置すれば、対策本部長の安倍首相は当然『フランス革命記念日』に出席できず自衛隊員行進の閲兵という格好の『国内向けのパーオーマン』ができなくなることを知っていたのだ。

③『安倍政権の露骨すぎる「防災より武器」』:災害時の切り札全地形対応車「レッドサラマンダー」(1億円)は全国に1台だけ(日刊ゲンダイ記事)

20180716レッド

(日刊ゲンダイ記事抜粋)

レッドサラマンダーは2両編成で、全長8.72メートル、高さ2.66メートル、重量12トン。10人乗りで、最高時速は50キロ。足回りにキャタピラーが付いていて、急傾斜とされる26.6度の坂まで対応でき、災害現場で見られる、がれき、ぬかるみ、段差、水たまりなども走行できる。

「最大60センチの段差や幅2メートルの溝はクリアでき、水深1.2メートルなら走れます。また、やったことはないのですが、水に浮くため、キャタピラーが水かきをして、時速3キロ程度で、水の中を進むこともできるのです」(岡崎市消防本部消防課)

災害時に活躍しそうなレッドサラマンダーの価格は約1億円。民主党・野田政権の2011年度3次補正で予算がついた。安倍政権では、17年度補正で2機分(2億円未満)を計上し、これから入札予定。青天井の防衛費に比べればあまりにもケチな対応である

④『安倍政権の露骨すぎる「防災より武器」』:一台14.7億円(単価@9.5億円+開発費@5.2億円)の国産最新鋭戦車『10式戦車』は93両もある!

20180716十式戦車

開発費:約484億円

単価:約9.5億円(平成22年度)

配備数:93輌

☆今日の映像

①(必見!)【DVD】陰謀のセオリー

ジョン・レノン暗殺犯人マーク・チャップマンやロナルド・レーガン暗殺未遂犯人ジョン・ヒンクリーは、公式発表ではいずれも精神異常の熱狂的なファンでありどちらも政治的背景はないとされている。

1997年に公開されたこの映画は、暗殺の真の目的を隠すために民間人を拉致して拷問や薬物で洗脳して精神異常者に仕立てあげ邪魔な人間を殺すCIAの洗脳・暗殺システム『MKウルトラ計画】が実在していることをリアルに描いたものである。

CIAの洗脳・暗殺システムをこれほどリアルに描いた映画は他にはないだろう!

【解説】by Wikipedia

https://goo.gl/Y8zTfj

監督 リチャード・ドナー
脚本 ブライアン・ヘルゲランド
製作 ジョエル・シルバー
リチャード・ドナー
製作総指揮 ジム・ヴァン・ウィック
出演者 メル・ギブソン
ジュリア・ロバーツ
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 フランク・J・ユリオステ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 135分
製作費 $75,000,000
興行収入 $136,982,834[1]

『陰謀のセオリー』(原題:Conspiracy
Theory、そのまま「陰謀論」)は1997年に公開

ニューヨークでタクシー運転手をするジェリー・フレッチャー(メル・ギブソン)。陽気だが変人の彼は、夜な夜な乗客たちに様々な都市伝説的な陰謀論を語り聞かせていた。だが彼は、タクシー運転手になる以前の記憶が無い。ただ一つの記憶は、司法省ニューヨーク局の連邦検事であるアリス・サットン(ジュリア・ロバーツ)をストーキングし、その安全を毎日確認しなければならないと言うこと。そして彼のもう一つの顔は、陰謀論に基づいた時事解説を載せる月刊ニュースレター「陰謀のセオリー」を個人で編集・発行しているということ。

ある日、いつもようにアリスに会いに行き、彼女に陰謀論の話をするが、毎度の如く、体よく追い返されてしまう。その帰りに公用ナンバーの車を偶然見かけたジェリーは、その車を追尾する。だが、それが中央情報局(CIA)のものであることを突き止めた直後に拉致され、拷問を受ける。しかしそこで注射された自白剤により、彼の奥底に眠っていた暗殺術が目覚め、重傷を負いながらも脱出に成功する。

しかし記憶は戻らない。彼はその足でアリスに会うため再び司法省ニューヨーク局に行くが、そこで錯乱してしまったため、逮捕され、病院に収容される。アリスはCIAの医師ジョナス(パトリック・スチュワート)に同行させられ、ジェリーを聴取するため病室に向かう。しかしアリスは、ジェリーが逮捕される前に言った拷問の加害者の特徴(ジェリーが抵抗して噛み付いた鼻の傷)がジョナスにあるのに気づき、ジョナスを警戒する。翌日、ジェリーの同室の患者(強盗殺人犯)がジェリーの代わりに毒殺されてしまう。ジェリーは機転を利かして病院から脱出。アリスの車に忍び込み、二人でジェリーのアパートに向かう。

そこで秘めた想いを告白しようとするジェリーだが、そこもジョナス配下の工作員の襲撃を受ける。しかし襲撃に備えて部屋に仕掛けた発火装置と脱出口やトラップにより、二人は脱出する。そしてアリスは、ジェリーがただの変人ではないことを知る。だがその直後、アリスは彼のストーキング行為を知って激昂し、二人は別れてしまう。

アリスはジェリーのニュースレターの読者を調べ始めるが、一人を除いて全員が不審な死を遂げていた。そして残る一人の住所に行ってみると、そこはジョナスのオフィスだった。そこで彼女はジョナスから驚くべき事実を聞かされる。「MKウルトラ計画」(CIAによる洗脳の研究)が実在し、ジェリーはその被験者として暗殺術の訓練を受けたこと、そして彼女が検事に任官して以来追い続けている、判事だった父の死の原因が彼であること。
オフィスに戻ったアリスの元に、ジェリーからの誘い出しの手紙が来る。ジョナスはジェリーを確保するため、誘いに乗るよう要求する。アリスを連れ出したジェリーの車は、ジョナス配下の工作員の車とヘリコプターから執拗な追尾を受ける。しかしジェリーは、クイーンズボロ橋で巧みに車を乗り換えて追尾を切る。その目的は、失われた記憶を取り戻すため、最も古い記憶が残る場所、サットン判事が死んだ現場へ行くことだった。

そこで彼の死の顛末を思い出そうとするジェリー。激昂するアリス。しかしジェリーは、サットン判事を守るためにここに来たこと、ジョナス配下の工作員が暗殺者であることを思い出す。そしてそこでサットン判事から刷り込まれた命令が、アリスを守ることであったのも。

だが二人はジョナス配下の工作員に見つかり、ジェリーは拉致され、アリスは逃げる。生まれ育った土地で持ち前の俊足を生かし、土地勘のない工作員たちを撒いてアリスは逃亡する。

アリスはジェリーを救うことを決意し、同じくジョナスに協力させられていたFBI捜査官・ロウリー(キルク・カザート)の協力を仰ぐ。そしてジェリーが病院に監禁されていることを突き止める。病棟に突入するロウリー率いるFBI捜査官たち。ジョナス配下の工作員と銃撃戦になり、その場でジェリーはジョナスの凶弾に倒れる。アリスは父のみならずジェリーまでも自分から奪ったジョナスを、怒りを込めて拳銃の全弾を撃ち込み射殺する。

しかしジェリーは生きていた。ジョナス配下の工作員グループが壊滅されアリスの安全が確保されるまで、FBIの計らいにより証人保護プログラムを使って死を偽装し隠れることになる。彼の願望「彼女を遠くから見守る守護天使になりたい」は、一連の事件前よりももっと完全な形で実現することになるのだった。

(終わり)

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son
Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第74回 (2018.07.126) 朗読

●レーガン暗殺未遂事件 金本位セリ最後の希望を失う P261-263

(1)今日のメインテーマ

■今日から新コラム【今日の世論誘導目的記事】を開始します!

日本や世界のマスコミが論誘導目的』の『ねつ造記事』を垂れ流している現状に警鐘を発するために、私は新たに【今日の世論誘導目的記事】を開始します!

今日取り上げる記事は今日付け(2018.07.16)の『中国経済が減速した』という日経記事ですが、これは典型的な『世論誘導目的記事』です!
_____________________________________

▲【今日の世論誘導記事】

□中国6.7%成長に減速 4~6月、3期ぶり 投資・消費振るわず 貿易戦争、先行きも不透明

2018/7/16 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33031870W8A710C1000000/

【北京=原田逸策】中国国家統計局が16日発表した2018年4~6月の国内総生産(GDP)は物価の変動を除く実質で前年同期より6.7%増えた。成長率は1~3月を0.1ポイント下回り、17年7~9月から3期ぶりに減速した。インフラ投資が振るわず、消費も伸び悩んだ。堅調だった輸出も米国との貿易戦争で落ち込む恐れがあり、先行きは不透明感が強い。

成長率は18年の政府目標「6.5%前後」を上回った。日本経済新聞社と日経QUICKニュースが共同で実施した市場調査の平均(6.7%)と同じだった。

前期比でみた成長率は1.8%で1~3月(1.4%)から加速した。先進国のように前期比の伸び率を年率換算した成長率は7%台半ば。景気の実感に近い名目成長率は前年同期比9.8%程度となり、1~3月(10.2%)から減速した。

GDPとは別に16日に発表した経済統計をみると、マンションや工場の建設など固定資産投資は1~6月に前年同期比6.0%増えた。伸び率は1~3月(7.5%増)から鈍化した。道路や空港などインフラ投資の伸びが1~3月の13%から1~6月は7.3%に失速したことが原因だ。

個人消費は振るわなかった。百貨店、スーパー、インターネット通販などを合計した社会消費品小売総額は1~6月に前年同期比9.4%増えた。伸び率は1~3月(9.8%増)から減速した。

1~6月の工業生産は前年同期比6.7%増と底堅かった。伸び率は1~3月から0.1ポイント縮小した。半導体が好調だったほか、生産全体の動向を映す発電量も高めの伸びだった。

輸出は好調だった。1~6月の輸出額はドルベースで前年同期比12.8%増えた。輸入は同19.9%も拡大したため、輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は縮小した。

下期は米国との貿易摩擦の影響が顕在化しそうだ。米トランプ政権は7月6日から中国製品340億ドル相当を対象に25%の追加関税をかけたほか、早ければ月内にも課税対象をさらに160億ドル相当も上積みする。さらに2千億ドル相当の中国製品に10%の追加関税をかける構えもみせる。

投資と消費に力強さがない中、外需も落ち込めば中国経済の減速傾向が鮮明になりそう。思わぬ景気失速を招く恐れもあり、中国の金融市場は神経質になっている。
________________________________________
▲なぜこの記事は典型的な『世論誘導目的記事』なのか?

なぜならば、この記事は1949年の建国以来一貫して高度成長をし続けている中国経済が『減速し』『投資・消費振るわず』『貿易戦争、先行きも不透明』と記事全体を『悲観的な論調』に意図的に誘導しているからです。

なぜならば、この記事は①なぜ中国の2018年予想GDP成長率が減速しても6.7%もあるのか、②なぜ日本(0.9%)や米国(2.7%)やEU(2.3%)などの主要先進国の2018年予想GDP成長率(IMF予測)がこれほど低いのか、③なぜ主要先進国中トップの米国の2018年予想GDP成長率(2.7%)が中国(6.7%)の半分にも届かないのか、これらの根本的な疑問に一切答えていないからである。

これらの根本的な疑問に答えているのは下記の私の【ブログ記事】ですので、ぜひお読みください!

【関連ブログ記事】

▲『中国経済』に関する疑問!

2018.07.08 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/88b99664ffe2f704839df6a8a0a9cb7d

①なぜ中国は1949年の建国以来一度も経済危機が起きなかったのか?

②なぜ中国の経済は2016年6.72%、2017年6.86%、2018年6.56%(予測)と高度成長を依然として維持しているのか?

③なぜ日本、米国、EU諸国の経済成長は、日本0.94%、米国1.49%,EU1.80%(2016年)、日本1.71%,、米国2.27%、EU2.1%(2017年)、日本1.21%、米国2.93%、EU1.90%(2018年予測)と中国の1/3以下で軒並み低迷しているか?

【関連画像1】世界の経済成長率の変遷 (2005年-2016年) 中国、アメリカ、EU、日本

20180507世界の経済成長率の変遷

▲上記の疑問①に対する明快な答えを出しているのは、中国の経済学者ソン・ホンビン氏だけである!

彼の著書『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』の第4章
『第一次世界大戦と大不況- 国際銀行家の"豊穣なる季節"
【本章の主題】P132』で、以下のように答えを明快に言っている。

「中国の国有銀行もインフレを誘発して利益を刈り取る誘惑にかられなかったわけではない。しかし、結局、中国は人民が血を吐くおもいで手にした財産をインフレを利用して奪うことはせず、また、能力もなかった。そういう悪意を持った人間が国内にはいなかったため、中国は建国以来一度も経済危機が起きなかったのだ」

▲上記の疑問②③に対して唯一『答えているかのような説明』をしているのは、IMF(世界通貨基金)であり各国の経済学者とマスコミそれを無批判に垂れ流している!

【IMFの説明】

「中国はインフラ整備ができていない『後進国』だから高度成長しており、米国や日本やEU諸国はすでにインフラ整備が完了した『先進国』だから低成長なのだ」

【関連画像2】IMFの世界経済見通し(2014年、2015年、2016年予測)

*『先進国=低成長』、『後進国=高度成長』に分類している!

20180507世界経済見通し

【私の反論】

1.中国は米国(2017年名目GDP19兆3900億ドル)に次ぐ世界第二位のGDP(2017年名目GDP12014兆ドルを持つ経済大国であり、IMFが分類する『後進国』ではなく立派な『先進国』である。

ちなみに日本の2017年名目GDPは4872兆ドルで米国の1/4、中国の2/5である。

2.IMFの分類(『先進国=低成長』『後進国=高度成長』)が間違っていることは『先進国』中国が高度成長をずっと維持していることでわかる。

3.さらに【関連画像2】を見ると、『後進国』の中で2017年予測で5%以上の『高度成長』を実現する国は、中国、インド、ASEAN5カ国の7カ国だけである。

IMFが盛んに持ち上げた『高度成長国=BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)5カ国の中でロシアは1.1%、ブラジル0.5%、南アフリカ0.8%ですでに3カ国が脱落している。

すなわち、IMFが『後進国』に分類し本来は『高度成長』すべきロシア、ブラジル、南アフリカが低成長なのは『国の金融が国際金融家に支配されている』からなのである。

4.IMFの分類(『先進国=低成長』『後進国=高度成長』)は『各国の経済成長を阻害しているのはその国の金融を支配する国際金融家である』という『真実』を隠ぺいするためにIMF
がでっち上げた『巧妙な嘘』である。

4.それでは『正しい分類』は何か?

『高度成長国=その国の金融が国際金融家に支配されていない国』

『低成長国=その国の金融が国際金融家に支配されている状態』

(終り)

(2)今日のトッピックス

①イタリアで世界初の直接民主制担当相が誕生

2018-07-09 スイスインフォ

https://goo.gl/co5oZP

リカルド・フラカーロ氏はイタリア北部の環境保護活動家としてキャリアをスタート。五つ星運動のメンバーを務める37歳のフラカーロ氏は、イタリア新政権の直接民主制担当相になった

イタリアのセルジオ・マッタレッラ大統領は18人の新内閣を構成するに当たり、第一党「五つ星運動」の幹部議員リカルド・フラカーロ氏(37)を初代の直接民主制担当相に任命した。

イタリアの首都ローマは今年始め、新たな形のイニシアチブ(国民発議)とレファレンダムを設立する市憲章を可決した。フラカーロ氏の担当相就任はそれにちなんだものだ。

この記事は、スイスインフォの直接民主制に関する特設ページ#DearDemocracy他のサイトへの一部です。ここでは著者が独自の見解を述べますが、スイスインフォの見解を表しているわけではありません。


イタリアは何をするにも時間がかかる国だ。先月1日に発足した新政権は1946年以来、66代目の政府となる。君主制を廃止し、現代のイタリア共和国を樹立した歴史的なレファレンダムからほぼ72年が経過している。

今年3月4日の選挙後、政党と大統領が連立合意と閣僚選出名簿に同意するまで実に3カ月の期間を要した。

無党派のジュゼッペ・コンテ首相には多くの試練が待つ。インターネットによって統治された五つ星運動と、極右政党「同盟」の連立政権による閣僚たちと対峙しなければならないからだ。第67代政府誕生、つまり政権交代がいつ訪れるのかは、誰にも分からない。
興味深いことに、勝利を収めた二つの党(五つ星運動は32%、同盟は17%の得票数を獲得)は、イタリアの直接民主制を見直すことで合意した。非常に高いハードルを取り除き、本質的な問題についての国民投票を実現するため、それを阻む非常に高いハードルを取り除こうというものだ。

過去20年以上にわたり、イタリア国民は国レベルの法律31本について、直接賛否を示すことが出来た。しかし、最近の海底油田掘削を巡るレファレンダムなど27件については、非民主主義的な条項により無効化された。

定数

イタリア憲法第75条によると、法律に関する国民投票が有効とされるには有権者の少なくとも半数が投票に参加していなければならない。

一定の投票率を確保するこのような条件が憲法に盛り込まれているのは妥当に見えるが、実は違う。イタリアだけでなく、同様の条件を課すあらゆる国々の民主主義を脅かしている。

過去のイタリア政府はこの定数規則の変更に挑んできたが、いずれも失敗した。マッテオ・レンツィ前首相の提唱した憲法改正案が2016年、国民投票で否決されたこともその一つだ。

翻って第66代目の政府には、イタリアの民主制を批判してはばからない五つ星運動のフラカーロ氏がいる。

フラカーロ氏は故郷トレントで廃棄物問題に取り組む活動家になり、積極的な市民権や参加型民主主義を強く推進してきた。1994年は、欧州各地の市民運動家や有力政治家が、このイタリア北部の都市に集結した。欧州市民イニシアチブの原型が作られたのはこのときだ。

市民のイニシアチブと対案

フラカーロ氏は2013年以来、イタリアの国会議員として、あらゆる政治レベルで現代直接民主制を促進する試みを先導してきた。

そして今年、政府の直接民主制担当相に任命された。世界の民主化運動において、同氏の存在は注目に値するし、世界初の役職を与えたイタリアは、確かに歴史を作ったといえる。

同氏は日刊紙「Il Fatto
Quotiadiano他のサイトへ」のインタビューで、この国の現代直接民主制に関する法整備の可能性、またその限界について。「新しい法律に関する市民のイニシアチブは、議会のイニシアチブと同一のルールにしなければならない。改革の財源、憲法との適合性もしかりだ」と語った。

また、市民のイニシアチブに対し、政府と議会が対案を提起できる制度の導入についても触れた。これはスイスの制度に倣ったものだ。同氏は「大規模な審議の結果、市民が最終的に賢明な決断を下せる」と利点を語る。
地元ローマのバックアップ

イタリアにおける直接民主制の推進を支えるのは、フラカーロ氏の所属政党の仲間が同時平行で行っている活動だ。その中には2年前にローマ市長に当選したビルジニア・ラッジ氏もいる。

フラカーロ氏と同様、40歳に満たないラッジ市長は、ローマに秩序を取り戻すのに難儀してきた。人口300万人のこの都市は、その複雑な構造と政治文化の腐敗により、政治的に制御不能に陥っていたからだ。

しかし、それら全ての悪評を乗り越え、ラッジ市長と彼女のチームメンバーら、とりわけ地方レベルで直接民主制を推進していたアンゲロ・ストゥルニ氏が、市憲章の見直しに成功した。ローマ議会は今春、地方レベルの参加型および直接民主制に関する一連の新制度を可決した。

また、世界の都市にある市民の権利を保証する憲章について、国際的な対話を始めることも決めた。これは今年9月26~29日にローマで開催される「現代直接民主制のグローバルフォーラム」で議論する。

イタリアで萌芽した直接民主制の運動が成功する保証はどこにもない。しかし、地方と国の両方が改革に乗り出したことは励みになる。

直接民主制を支える拠点が政府内に出来た。これはグローバルな直接民主制が長年夢見たゴール、つまり市民の政治参加を真にサポートするインフラを実現するための試金石になるだろう。

ブルーノ・カウフマン(Bruno Kaufmann)

スイスとスウェーデンの国籍を持つ作家、ジャーナリスト。世界の民主主義のプラットフォームPeople2Power他のサイトへの編集長。自身が主催する国際会議「現代直接民主制のグローバルフォーラム他のサイトへ」は今年9月、イタリア・ローマで開かれる。スイスインフォでは直接民主制の特別顧問を務める。この記事はPeople2Power他のサイトへで配信された。

②予算にもクッキリ 安倍政権の露骨すぎる「防災より武器」

2018年7月11日

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233025

災害時の切り札「レッドサラマンダー」は全国に1台だけ

 死者が100人を超えた西日本を中心とした豪雨被害。安倍首相は、さすがに11日からの欧州・中東訪問を取りやめ、激甚災害指定方針を固めるなど、やっと災害に目を向け始めた。こんなに腰が重いのは、安倍首相が災害を軽視しているからだ。昨年、安倍首相は北のミサイル発射前夜に官邸泊を繰り返したが、今回の災害では、私邸にこもって危機感ゼロ。そんな「防災より武器」という安倍政権のスタンスは、予算配分にもクッキリ表れている。

■災害無策でも防衛費概算要求は過去最高へ

 7月7日未明、愛知県岡崎市から出動し、午後から岡山県倉敷市真備町で救助活動に加わった全地形対応車「レッドサラマンダー」。全国でたった1台しかない。

「1台なので、どこにでも出動できるように、2013年3月、愛知県の岡崎市消防本部に配備しました。日本列島のだいたい真ん中であることや高速道路が東西南北に整備されているためです」(消防庁広域応援室)

岡崎市消防本部によると、レッドサラマンダーは2両編成で、全長8.72メートル、高さ2.66メートル、重量12トン。10人乗りで、最高時速は50キロ。足回りにキャタピラーが付いていて、急傾斜とされる26.6度の坂まで対応でき、災害現場で見られる、がれき、ぬかるみ、段差、水たまりなども走行できる。

「最大60センチの段差や幅2メートルの溝はクリアでき、水深1.2メートルなら走れます。また、やったことはないのですが、水に浮くため、キャタピラーが水かきをして、時速3キロ程度で、水の中を進むこともできるのです」(岡崎市消防本部消防課)

災害時に活躍しそうなレッドサラマンダーの価格は約1億円。民主党・野田政権の2011年度3次補正で予算がついた。安倍政権では、17年度補正で2機分(2億円未満)を計上し、これから入札予定。青天井の防衛費に比べればあまりにもケチな対応である。
北朝鮮の脅威が薄まる中、安倍政権は、6月に閣議決定した「骨太の方針2018」で「防衛力を大幅に強化する」と明記。8月の概算要求では、過去最高の5兆円超の防衛関係費を要求するという。

中身も必要性、品質、価格すべての面で疑問だらけだ。北がミサイル発射中止表明をしているのに、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口と秋田への配備は見直すことなく進められている。本体とレーダーで1基1000億円もするが、1発30億円超の迎撃用ミサイル「SM3ブロック2A」も必要になる。加えて、ポンコツ機「オスプレイ」17機3400億円、米国防総省が数百件もの欠陥を認めている「F35ステルス戦闘機」42機5400億円など、不良品に大盤振る舞いなのだ。

武器のムダ遣いを少しでも災害対策に回せないのか――。イージス・アショア1基分を防災に向ければ、47都道府県に各20機のレッドサラマンダーを配備でき、お釣りがくる。

「少なくとも、北の差し迫った脅威がなくなる中、これだけ大きな災害を目の当たりにしたわけです。一方で財政は厳しく優先順位は必要です。人命第一というなら、防衛費を削って、災害予算を充実させることです。防衛費増で凝り固まっている安倍政権は、そんな簡単な政策転換もできないのでしょう。『災害か武器か』は、次の選挙の最大の争点にすべきです」(政治評論家・山口朝雄氏)

政権交代でフツーの政治を取り戻すしかない。

③日本「プルトニウム抽出権限」30年延長へ

72018/07/16 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00031121-hankyoreh-kr

日米原子力協定、16日に自動延長され
 トランプ政権、あまり悩まず「自動延長」の方針を定め 日本の持つ莫大なプルトニウム「悩みの種」として残る

日本が今後30年間さらに「使用済み核燃料」から核兵器の原料であるプルトニウムを自由に抽出できるようになる。

朝日新聞など日本のメディアは15日、日本が自国の原子力発電所から出た使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを抽出する権限を認める日米原子力協定が16日に30年満期を迎え、自動延長されると報道した。従来の協定が自動延長されたため、日本は特別な状況変化がない限り向こう30年間再び再処理の権限を維持することになった。

日本内閣府が昨年8月に発表した資料によると、日本は同協定に基づき、2016年末現在まで46.9トン(国内9.8トン、海外37.1トン)にのぼるプルトニウムを抽出して保管中だ。核弾頭一つを作るのに8キロのプルトニウムが使われていると単純計算する際、約6000発分の核爆弾を作ることができる膨大な量だ。

日本に使用済み核燃料処理の権限を認めている現行の協定は、1988年7月に発効された。米国はこの協定で日本が国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れる条件で「ウラン濃縮」と「プルトニウム抽出」の権限を「包括的」に認めた。日本はこの権限を活用して、その気になればいつでも核武装することができる能力を備えた状態だ。日本のように完璧な核潜在力(Nuclear
Latency)を持っているものの、核兵器を保有しない選択をすることを「ジャパン・オプション」(Japan
Option)と呼ぶ。

しかし、米国は東アジアのまた別の同盟国である韓国にはこの権限を付与していない。韓国政府は2013年2月末、北朝鮮の3回目の核実験以降、プルトニウム抽出が容易ではない「パイロプロセシング」方式の再処理権限でも認めてほしいと要求したが、米国は2年間の熾烈な交渉の末、2015年4月にこれを断った。朝日新聞は協定の自動延長と関連して、「『核のない世界』を目標にしたオバマ政権とは異なり、トランプ政権は満期が迫った協定にあまり関心がなかった。昨年9月、早くも『協定の終了や再交渉の意思がない』と自動延長方針を固めた」と伝えた。

しかし、日本の“怪しい”プルトニウム保有に対する国際社会の視線はますます厳しくなっている。オバマ政権時代、米国務省で国際安保・非拡散担当次官補を務めたトーマス・カントリーマンは今月初め、東京新聞とのインタビューで、日本のプルトニウムが「国際安保の懸念事項となっている。特に、核不拡散を目標とする北朝鮮に核兵器を保有する理由を提供しかねないという懸念がある」と皮肉った。

キル・ユンヒョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

④仏軍事パレード 陸上自衛隊参加 友好160年を記念

2018年7月15日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201807/CK2018071502000118.html

軍事パレードに参加、行進する陸上自衛隊員ら

【パリ=竹田佳彦】フランス革命記念日の十四日、恒例の軍事パレードがパリのシャンゼリゼ通りであった。今年は日仏友好百六十周年を記念して陸上自衛隊の七人も参加した。観覧には安倍晋三首相が招待されたが、西日本豪雨による災害対応で欧州歴訪を中止したため、前日に自衛隊とフランス軍間の物品役務相互提供協定に署名した河野太郎外相が代理で参列した。

 パレードにあわせて、上空を航空機九機が三色旗と同じ赤、白、青色の煙をたなびかせて飛行。制服に身を包んだ兵士ら計四千三百人と装甲車、戦車が約二・五キロを行進した。

陸自からは第三二普通科連隊(さいたま市)の連隊長、横山裕之・一等陸佐ら七人が国旗と陸上自衛隊旗を掲げ、行進に参加。自衛隊は国連平和維持活動(PKO)部隊の一員として二〇〇八年と、第一次世界大戦開戦から百年を迎えた一四年にもパレードに参加している。

マクロン仏大統領は昨年、国際的に孤立していたトランプ米大統領をパレードに国賓として招待し、親密な関係を築いた。

⑤長年の政敵同士、「脱原発」で意気投合

2018年7月15日 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180716/k00/00m/010/041000c

「小沢一郎政治塾」後、取材に応じる小泉純一郎元首相(左)と自由党の小沢一郎共同代表=東京都新宿区で

自民党の小泉純一郎元首相は15日、自由党の小沢一郎共同代表が東京都内で開いた政治塾で講演し、「原発はもう日本でやっちゃいけない産業だ。自然エネルギーで電気をおこす『資源大国』になったほうがはるかにいい」と述べ、脱原発の必要性を改めて訴えた。講演後、記者団に「野党は(候補者を)一本化し、原発ゼロを争点にできるかがカギだ」と語り、野党が次期参院選で争点化すべきだとの認識も示した。

小泉政権時代に小沢氏が当時の民主党代表に就くなど、両氏は長く政敵として対立してきた間柄。講演で小泉氏は、自民党全国組織委員長として幹事長だった小沢氏とともに各地を回った思い出も披露し、「今はわだかまりは全くない」と語った。小沢氏も「原発ゼロを国民に話してもらっているのは大変心強い」と小泉氏にエールを送った。【立野将弘】

(3)今日の重要情報

①横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」41

安倍首相の地元は無法地帯か?
安倍宅放火事件に続き、山口県警が安倍直系県議の建設会社の捜査を握り潰し
横田一

2018.07.15 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4126.html

先日、リテラにジャーナリスト・山岡俊介氏による「安倍首相宅放火未遂事件『18年目の真実』」が掲載されたが、あのレポートが指摘していたのは、安倍事務所が暴力団につながる人物に選挙妨害を依頼していたという話だけではなかった。前後編を通じて浮かび上がっていたもうひとつの疑惑は、安倍首相と山口県警の癒着だ。安倍事務所が放火されるという事件が起きたにもかかわらず、山口県警は捜査に動かなかった。事件の3年後、主犯で元建設会社社長のブローカーの小山佐市氏が逮捕されたが、捜査を主導したのは、暴力団・工藤会の一斉摘発をした福岡県警で「一応、メンツを立てるために、山口県警との合同捜査ということにしていただけ」(山岡氏記事の前編)だったという。

山岡氏は、「山口県警、下関署は父親(安倍晋太郎・元外務大臣)の代から影響力が非常に強い」「当時の安倍事務所の筆頭秘書・竹田力氏が山口県警警視出身」という関係から、山口県警が「立件したら安倍事務所の選挙妨害が明るみに出る」と忖度して、この事件を闇に葬り去ろうとしていた可能性を指摘していた。

たしかに、両者の関係を考えれば、その可能性はありうるだろう。

実は、筆者も安倍首相と山口県警の癒着構造をうかがわせる事件を取材したことがある。それは、安倍首相と密接な関係を持っていた山口県の建設会社「ナルキ(旧・畑原建設)」をめぐる談合疑惑だ。

第二次安倍政権が誕生した翌2013年、山口県岩国市の錦川上流にある「平瀬ダム」の建設が始まった。民主党政権時代に凍結されていた総事業費750億円のダムが安倍政権誕生と共に息を吹き返したのだ。そして、その本体工事を受注したのが「清水建設・五洋建設・井森工業・ナルキ共同企業体(JV)」だった。

ところが、このJVに参加している「ナルキ」は当時、安倍首相直系の県議会議員だった畑原基成氏(2017年に死去)の一族が創業者の建設会社で、同社の平瀬ダム工事受注をめぐって、不正・談合を告発する文書が出回ったのだ。

告発の内容は、この平瀬ダム工事では、ナルキを受注させるために、入札参加資格要件が以前よりも緩和されたというもの。過去の3件のダムの入札では「総合評定値」が1000点以上でないと参加できなかったが、平瀬ダムの入札の場合は900点に引き下げられて、「総合評価値」920点の「ナルキ」でも落札できたという。県議会でも、共産党の藤本一規県議(当時)がこの告発文書を入手し、追及した。

しかし、こうした追及があったにもかかわらず、マスコミも大きく報道することはなく、捜査機関によって事件化されることもなかった。地元でも、事件の存在すら誰も知らないまま、疑惑はたんなる疑惑のまま闇に葬り去られてしまっていた。

ところがその3年後の2016年、この事件をめぐる山口県警の捜査資料が流出する。捜査資料によって、実際には捜査機関は「ナルキ」の談合の捜査に着手しており、官製談合容疑で、畑原県議や県職員を取り調べていたことがわかったのだ。

筆者も捜査資料を入手したのだが、その資料は捜査当局による2013年12月から翌年の5月までの約半年間にわたる動きが克明に綴られていた。

中でも注目すべきは談合疑惑の核心部分が記載されていた「平瀬ダム建設工事にかかる贈収賄容疑事件の提報について」(2014年5月26日)との文書だ。そのなかには情報提供者から県警が聴取した内容が克明に記されていたからだ。

安倍直系の県議がからむ談合事件をめぐる山口県警の捜査資料が

yokota_01_20180715.jpg

談合疑惑の「平瀬ダム」工事現場(撮影・横田一)

2014年5月26日の日付のある捜査資料にはこんな文言が並んでいた。

〈平瀬ダム建設工事の入札は4社JVで、清水建設が落札しているが、当初は、熊谷組が落札するはずだったと聞いた。これは、熊谷組の関係者から聞いた話である〉
〈熊谷組は、本社のトップ営業をしていたが、途中から、清水が営業をかけはじめ、これによって、JVの頭がすげ替わった。熊谷から清水へと頭が替わったのは、余程のことがあったと思われる〉
〈熊谷の関係者も『今回は、今までにないようなことがあった』、『うちは、清水の真似はできなかった』と話していたので、相当多額の金が動いたのは間違いない〉
〈ナルキは、民主党政権時代は、仕事が無く、重機を売ったりして、傾きかけていたが、自民党政権になって息を吹き返し、平瀬ダム工事では、どこが落札してもチャンピオンに引っ付くことになっていたようで、最初はJVにも入らないはずだった〉
〈清水から、畑原、畑原から担当部署、県トップクラス等に働き掛けが行われ、多額の金が動いた〉

こうした情報提供者の情報を列挙した後、「今後の方針」がこう記載されていた。

〈提報者の言動等から、同人は、上記提報内容以上の情報を持っていることが予想され、引き続き提報者との接触を継続の必要性が認められる〉

また、この捜査資料には、故・畑原県議が県土木部職員らを温泉宿や高級クラブで接待していた内容も記されていた。捜査対象となった県職員の経歴や携帯電話も調べ上げていたのだ。

この捜査資料の信ぴょう性は高かった。住所の書かれていた業界事情通の提報者(捜査協力者)の自宅を筆者が訪ねると、本人が出てきた。また、県職員への接待について情報提供をした別の捜査協力者を訪ねると、複数の県警担当者の名刺を出してきて、その名前が捜査資料にある報告者と一致した。さらに県議(当時)の話を報告していた県警職員も、実在の人物であることが確認できた。

第二次安倍政権以後、「官邸の直轄地」といわれるようになった岩国市

少なくとも、山口県警が「接待を受けた県の担当職員が入札参加要件を変更した結果、ナルキが受注した」という線で、立件しようと動いていたのは間違いなかった。しかし、いつ捜査着手のゴーサインが出ても不思議ではないほどの捜査内容だったにもかかわらず、結局、この事件は先述したように、立件されることはなかった。捜査は明らかに途中で潰されたのだ。

ちなみに流出した捜査資料は、2012年12月の第二次安倍政権誕生から1年半後の2014年5月26日が最後だった。「捜査は打ち切られたが、この談合疑惑が闇に葬られないようにして欲しい」という捜査関係者の叫びが聞こえてくるようだった。

この不可解な捜査幕引きはやはり、ナルキの創業者一族である畑原県議(当時)とそのバックにいる安倍首相の威光抜きには考えられないだろう。

いまは息子が二代目後継県議となっているが、畑原氏は現職県議時代、「安倍首相や菅義偉官房長官と携帯電話で話す間柄」と議長就任のインタビューで話すなど、中央とのパイプの太さを自慢していた。

畑原氏が存在感を高めた一因は、井原勝介・岩国市長の革新市政(1999年~2008年)に終止符を打つのに貢献したこととされる。岩国基地への空母艦載機部隊移転に反対する井原市長(当時)は、住民投票を実施して「85%反対」という結果を引出し、徹底抗戦の構えを見せていた。これに対し防衛省は基地関連の補助金を一部撤回、その結果、市庁舎建設をめぐって市議会との対立が激化、市長は辞職して出直し市長選に臨んだが、2008年2月、元自民党衆院議員の福田良彦氏(現市長)に僅差で敗れた。

「この時、畑原氏は地元財界と共に、市議から衆議院議員になって間もない福田氏に対し、『仮に落選しても、その後の生活費は保障するから出馬して欲しい』と説得、基地拡大容認の保守市政誕生に貢献した。これで党県連や県議会での存在感が高まった」(県政ウォッチャー)

福田市政誕生の効果は、基地バブル到来という形で現れた。米空母艦載機部隊の移転に向けて岩国基地の沖合に基地を拡大する事業費は約2500億円にも及んだ。周辺でも基地受入の見返りのような関連事業が進み、軍民共用の岩国錦帯橋空港への民間機就航も2012年12月に開始。いまや岩国市は「第二の沖縄」「官邸の直轄地」(市議会関係者)で、基地関連事業の建設ラッシュで活況を呈している。

そして、第二次安倍政権誕生後、平瀬ダムの予算も急増した。2012年度には5億5500万円だった予算額は、翌13年度は9億5000万円になり、その翌々年の14年度も15億5000万円、3年目の15年度も39億6700万円、そして4年目の15年度は43億8675万円へと増え続けた。その過程で、安倍首相直系の畑原県議一族の会社「ナルキ」に工事が発注されたのだ。

山口県警は安倍首相を忖度して捜査を握り潰したのか

yokota_02_20180715.jpg

もうひとつ浮上した談合疑惑「ごみ焼却施設」(撮影・横田一)

ようするに、平瀬ダムはもともと政治案件であり、山口県警と安倍首相の関係を考えれば、県警が手を出せる事件ではなかったのかもしれない。捜査現場が十分な証拠があると事件化に向けて捜査に動いたが、途中で、県警上層部が畑原県議と安倍首相の関係を忖度して、潰してしまった可能性は少なくないだろう。

安倍首相の地元・山口県は、権力者の違法行為が見逃される無法地帯なのかと疑いたくなるが、実際、岩国をめぐる疑惑は、平瀬ダムだけではない。安倍直系の畑原県議が推した岩国市の福田市長のもと、市が発注した「ごみ焼却施設整備運営事業」(事業費約300億円)でも談合疑惑が浮上した。地元事情通はこう話す。

「ごみ焼却施設の整備は防衛省の補助金が投入され、事業費のうち75%が補助金という事業だったんですが、この工事で他社より30億円も高いJFEエンジニアリングが落札したのです。調査をした広島・市民オンブズマンは『“官民談合”が濃厚な事例』と結論づけました」

入札は「プロポーザル方式」で、価格だけで決めるのではなく、業者の提案内容をいくつかの項目で点数をつける総合評価方式だった。「点数をつけるのが、専門家三名と市職員四名で構成される『プロポーザル審査委員会』でしたが、専門家が価格の安い『タクマ』に軍配を上げたのに、市職員全員が『JFE』の総合点が高く、30億円も高い業者が選ばれた。しかも評価が高かったのがデザインなどの項目で、焼却施設自体の機能とはあまり関係ないもの。『元自民党衆院議員の福田良彦市長が口利きをしたのか』と囁かれました」(地元事情通)

プロポーザル審査委員会のメンバーであった山口大学の准教授は「デザインなどの項目が盛り込まれたのは市の方針」と市主導であったことを認め、同じくメンバーだった山口大学名誉教授も「入札結果に違和感を感じた」と話した。しかし岩国市は「適正な手続きに則って入札を行い、不正はない」と談合疑惑を否定した。

山口県警の体質を考えると、これもまた事件化される可能性はきわめて低い。地元・山口でやりたい放題の安倍一派を抑止するためには、メディアが徹底的な真相解明に乗り出す必要がある。 

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************




[2018/07/16 23:40] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/15のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月10日(火)-07月14日(土)https://t.co/lnXfnu5lLD https://t.co/guWWqxUyUZ
07-15 07:35

【YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月10日(火)-07月14日(土) https://t.co/lnXfnu5lLD
07-15 07:34

[07月14日]のつぶやきをまとめました https://t.co/ypfBmleXLv
07-15 07:19

[2018/07/16 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月10日(火)-07月14日(土)
いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

*今回は2018年07月10日(火)-07月14日(土)に掲載した4本のブログ記事を以下にまとめました。

■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月10日(火)-07月14日(土)

①2018.0.10(火) 日本語ブログ

■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】であることを知っていますか?
___________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
___________________________

◇あなたは、世界194カ国の中で死刑を実施していない国(152カ国、78.35%)のほうが死刑を実施している国(42カ国、21.65%)よりも圧倒的に多いことを知っていますか?

◇あなたは安倍晋三内閣が現在までの6年間で29人も死刑にしたことを知っていますか?

◇あなたは安倍晋三内閣の法相上川陽子が一人で10人の死刑執行を命じたこと知っていますか?

【画像1】オウム真理教幹部7人の死刑執行の前夜(2018.07.05)、死刑執行の最高責任者安倍晋三首相と上川陽子法相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709宴会の二人

【画像2】死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨のさなか(2018.07.05)、安倍晋三首相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709安倍宴会1

▲2012年12月に成立した安倍晋三自公内閣が現在まで施行した死刑執行人数

内閣総理大臣  法相 死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三  上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

▲世界の死刑制度の現状 (Wikipediaより)

https://goo.gl/rKJvyV

【画像3】

20180709世界の死刑制度

1.あらゆる犯罪に対する死刑を廃止(97カ国)

2.戦時の逃走、反逆罪などの犯罪は死刑であり、それ以外は死刑を廃止(7カ国)

3.法律上は死刑制度を維持、ただし、死刑を過去10年以上実施していない。もしくは、死刑を執行しないと公約をしてる(48カ国)

4.過去10稔夫間に死刑の執行を行ったことのある国(42各国)

◇なぜ日本のメディアは『死刑』は憲法違反の『権力犯罪』であり歴代自民党政権の死刑執行を正面から批判しないのか?

◇あなたは、安倍晋三首相が死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨の非常災害対策本部の設置を2日間も遅らせようやく昨日(2018.07.08)設置した理由を知っていますか?

それは、非常災害対策本部を設置すれば7月11日から予定していたベルギー、フランス、エジプト訪問の外遊ができなくなるからである。

【関連記事1】

▲戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も

2018年7月7日 朝日新聞

https://digital.asahi.com/articles/ASL766R87L76UTIL055.html?rm=1386

オウム真理教元代表の松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行について、会見する上川陽子法相=2018年7月6日午後1時28分、東京・霞が関、北村玲奈撮影

オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑執行を、海外の主要メディアも速報で伝えた。

地下鉄サリン事件について、英BBCは「治安の良さを誇りにしていた日本にショックを与えた」と伝えた。またAFP通信は「日本の首都機能を麻痺(まひ)させた。人々が空気を求めて地上に出てくる姿はまるで戦場だった」と振り返った。

一方で、死刑という手法には厳しいまなざしも向けられた。

独シュピーゲル電子版は「日本は死刑を堅持する数少ない先進国だ」としたうえで、「アサハラの死は、支持者には殉教と映り、新たな指導者を生みかねない」とする専門家の声を紹介した。

欧州連合(EU)加盟28カ国とアイスランド、ノルウェー、スイスは6日、今回の死刑執行を受けて「被害者やその家族には心から同情し、テロは厳しく非難するが、いかなる状況でも死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」などとする共同声明を発表した。そのうえで「同じ価値観を持つ日本には、引き続き死刑制度の廃止を求めていく」とした。

EUは死刑を「基本的人権の侵害」と位置づける。EUによると、欧州で死刑を執行しているのは、ベラルーシだけだ。死刑廃止はEU加盟の条件になっている。加盟交渉中のトルコのエルドアン大統領が2017年、死刑制度復活の可能性に言及したことで、関係が急激に悪化したこともある。

法制度上は死刑があっても、死刑判決を出すのをやめたり、執行を中止していたりしている国もある。

ロシアでは、1996年に当時のエリツィン大統領が、人権擁護機関の欧州評議会に加盟するため、大統領令で死刑執行の猶予を宣言した。プーチン大統領もこれを引き継いだ。2009年には憲法裁判所が各裁判所に死刑判決を出すことを禁じた。

韓国では97年12月、23人に執行したのを最後に死刑は執行されていない。05年には国家人権委員会が死刑制度廃止を勧告した。

今回の死刑執行を伝えた米CNNは、日本の死刑執行室の写真をウェブに掲載。「日本では弁護士や死刑囚の家族に知らせないまま、秘密裏に死刑が執行される」と指摘した。またロイター通信は、「主要7カ国(G7)で死刑制度があるのは日本と米国の2カ国だけだ」と指摘。日本政府の15年の調査で、国民の80・3%が死刑を容認していると示す一方で、日弁連が20年までの死刑廃止を提言していることも報じた。

98年以降は4人が最多

「午後、面会に行く予定だったのに……」。中川智正死刑囚(55)の一審の弁護人を務めた河原昭文弁護士(岡山弁護士会)は、執行に驚きを隠せなかった。朝、広島拘置所に行った支援者から「面会の受け付けをしたが、会えなかった」と聞かされた。「国会が閉会したら執行されるかもしれない」と思い、17日にも面会を約束していた。「あまりに早かった。残念だ」

戦後最大規模の執行だった。戦前には、社会主義者が弾圧された「大逆(たいぎゃく)事件」で1911年に12人が執行された例はある。48年にはA級戦犯7人が絞首刑になったが、連合国の裁判による死刑だった。現行刑法のもと、法務省が執行を公表するようになった98年以降は4人が最多。刑場が一つという東京拘置所では、午前中だけで松本死刑囚ら3人が立て続けに執行されたことになる。

ログイン前の続き 同じ組織の一連の事件という事情もあり、当初から大量執行は想定されていた。法務省は今年3月、東京にいた死刑囚13人のうち7人を刑場のある仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の拘置所に分散して移送。複数箇所での同時執行ができる状態になっていた。

70年代に刑務官を務めた野口善国弁護士(兵庫県弁護士会)は、「当時もこれほどの人数を同時執行した例は聞かない」という。

1度だけ執行に立ち会った。別の刑務官が死刑囚に手錠と目隠しをして首に縄をかけ、3人が絞首台の足場を開く3本のレバーをそれぞれ引いた。誰が直接に命を奪ったか分からないようにする仕組みだった。野口弁護士は、落ちた勢いで揺れる縄を押さえていた。

この間、数十分。絞首刑という方法は当時から変わっておらず、午前中だけで3人の執行をすることは可能とみる。「ただ心理的負担は重く、刑務官には人を殺しているという実感がある。1人の執行で耐えるのがやっとだろう」

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本は6日、声明を発表。「1日に7人の大量処刑は近年類を見ない。罪を償うのは当然だが、真相究明の機会を奪う死刑は、正義とは程遠い」と批判した。

この日に会見したNPO法人監獄人権センター代表の海渡雄一弁護士は、日弁連が今年6月に上川陽子法相に対し、松本死刑囚らには心神喪失やその疑いがあり、執行をやめるよう勧告していたと指摘。「精神状態をきちんと判定もせず7人の執行をしたのはきわめて重大な人権侵害」と述べた。

【関連記事2】

▲安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

2018年7月7日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232909

死刑前夜に酒宴(片山さつき議員のツイッターから)

正気なのか――。オウム真理教の教祖・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前日の5日夜、安倍首相が、執行を命令した上川陽子法相らと共に赤ら顔で乾杯していたことが発覚した。ネット上で批判が噴出している。

安倍首相は同日夜、東京・赤坂の議員宿舎で開かれた自民党議員との懇親会に出席。上川法相や岸田文雄政調会長ら40人超と親睦を深めた。

この時の様子を、同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿。〈総理とのお写真撮ったり忙しく楽しい!〉と呟いている。

写真では、上川法相の隣で破顔一笑の安倍首相。とても、死刑執行前夜とは思えない。

さすがに、片山議員のツイッターには、〈どういう神経でどんちゃん騒ぎができるのか〉〈普通は気が沈んで口が重くなる〉〈ゾッとする〉と批判の声が寄せられている。

安倍首相と上川法相は一体、どんな気分だったのか。翌日、7人を処刑するのに酒を片手に笑顔、笑顔とは……この2人、人としておかしい。

(終り)

②2018.07.11(水) 日本語ブログ

■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパス(社会的人格者)の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』『ファシスト性』を如実に示している!
_____________________________________

▲【関連記事】 日本における死刑執行について (ドイツ人権政策委員談話)

https://japan.diplo.de/ja-ja/themen/politik/-/2116044

2018年7月6日 ドイツ人権政策委員談話

元オウム真理教教祖および元教団メンバーに対する死刑執行について

7月6日、日本において元オウム真理教教祖および6名の元教団メンバーの死刑が執行された。オウム真理教は1995年、東京で地下鉄サリン事件を起こし、同事件では多数の死者と何千人もの負傷者が出た。このテロ事件から20年以上が過ぎたが、事件の影響・後遺症に今なお多数の人々が苦しんでいる。

私たちは、この忌まわしい犯罪の被害に遭われた方々や犠牲者のご家族の方々の気持ちに寄り添いたい。その途轍もない苦しみが忘れ去られることは決してない。

他方、この犯罪がいかに重いものであろうとも、死刑を非人道的かつ残酷な刑罰として否定するというドイツ政府の原則的立場は変わらない。従って、ドイツは今後もEU各国とともに、世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。

ドイツと日本は、長きにわたり強い友情で結ばれてきた。その深い結びつきは、法の支配、民主主義、人権の尊重等の共通の価値に支えられている。だからこそ、意見の違いを率直に指摘するこもきわめて重要だと私は考える。東アジアにおいて価値を共有する最も重要なパートナーである日本と、死刑制度廃止の是非について一層活発な対話を進められるよう願っている。
_______________________________________

①安倍晋三は2012年12月の首相就任いらい現在まで29人の『死刑囚』を『処刑』した!

▲【画像1】安倍晋三首相『徴兵制の復活は私の歴史的使命』

20180711フライディ日本会議3徴兵制png

これはサイコパス=社会的人格者・安倍晋三の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』を示している!

②安倍晋三が任命した法相二人(谷垣貞一と上川陽子)はそれぞれ11人の死刑執行を命じた!

▲【画像2】谷垣貞一(さだかず)元法相

20180711谷垣さだかず

▲【画像3】上川陽子現法相

20180711川上陽子法相

▲安倍晋三内閣による死刑執行の数

 内閣総理大臣 法相  死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三 上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

▲【画像4】日本に関する死刑執行の統計

20180710死刑日本の統計

③『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
_________________________________

④『死刑』はアメリカ合衆国憲法修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】にも明白に違反した【権力犯罪】である。
___________________________________________________________________________

▲アメリカ合衆国憲法 修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】

Excessive bail shall not be required, nor excessive fines imposed, nor cruel and unusual punishments inflicted.

過度の保釈金が請求されることはなく、過度の罰金が科せられたり、残酷で異常な刑罰を課されることはない。
_____________________________________

その証拠に米国では、1972年6月の「ファーマン対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『死刑制度は米合衆国憲法修正第8条「残酷で異常な刑罰の禁止」の規定に違反する』として違憲判決を出したため、『死刑』は1976年まで全面禁止となった。(by Wikipedia)
しかし、1976年7月の「グレッグ対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『犯した罪の重大性と比較して過剰でない条件付で合憲』との判断を出したため、死刑制度が復活し翌1977年から死刑の執行も再開されたのだ。(by
Wikipedia)

米国では2018年1月時点で死刑制度を法律で規定している立法行政司法単位は、連邦+軍隊+30州の合計32であり、法律で死刑を定めていない立法行政司法単位は、20州+ワシントンD.C.+5自治領の合計26である。(by
Wikipedia)

⑤安倍晋三政権は2017年に20年近く実施されてこなかった『再審請求中』の死刑囚と『犯行時未成年』の死刑囚の死刑執行を始めて行った!

▲【該当記事】2017年の死刑判決と死刑執行

アムネスティインターナショナル日本

2017年 日本の概況 (抜粋)

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

日本では4人の死刑執行があった。執行は秘密裏に行われ、本人、家族、弁護人に前もって告知されることはなかった。殺人で死刑判決を受けた西川正勝と住田紘一は7月13日に大阪と広島の拘置所でそれぞれ絞首刑に処された。殺人や強盗で死刑判決を受けた関光彦と松井喜代司は12月19日、東京拘置所で処刑された。

2017年は、執行数が2013年以降で初めてわずかながら増加に転じた。

処刑された4人のうち3人は、再審請求中だった。再審請求中の執行は、1999年を最後に行われていなかった。

関光彦は、犯行当時19才で、日本の民法では未成年にあたる。犯行時19才の死刑は、1997年以来のことである。

再審中の、あるいは犯行当時未成年の者に対する執行は、国内外の法律が定める保護規定違反であり、20年間遵守されてきた法手続きからの逸脱を意味する。

死刑判決は、新たに3件あった。

134人が年末時点で死刑判決を受けていた。このうち、死刑確定者は、外国籍者6人を含め123人だった。

⑥安倍晋三政権は『死刑廃止』の世界的潮流に逆行している!

世界194カ国中、日本や米国(死刑制度があるのは32立法行政司法単位のみ)や中国など死刑を実施している国(42カ国、21.6%)は、死刑を実施していない国(152カ国、78.4%)と比較すると圧倒的に少ない。

▲【画像5】 死刑の潮流 1998-2017 (アムネスティインターナショナル日本)

20180710死刑の潮流1998-2017

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

(終り)

③2018.07.13(金) 日本語ブログ


■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行されたがそのうち44人は安倍晋三内閣の手によって殺された!

実に3人に1人の死刑囚がたった一人のサイコパス首相・安倍晋三と彼が任命した4人の法務大臣によって殺されたのだ!

これほどの憲法違反の『権力犯罪』が公然と行われている国は他にはない!

▲『死刑』は『人間の尊厳』を踏みにじり日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
__________________________________

▲【リスト1】安倍晋三首相と4人の法務大臣は44人の死刑囚を殺した!

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

20180712安倍晋三と法務大臣が失効した死刑の件数

▲【リスト2】5人以上の死刑囚を殺した法務大臣と内閣総理大臣 (1980-2018)

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

201807125人以上

▲【該当記事】オウム死刑執行】上川陽子法相のもとでの執行は計10人に 最多は鳩山邦夫氏の13人

2018.7.6 産経新聞

https://www.sankei.com/politics/news/180706/plt1807060025-n1.html

松本智津夫死刑囚らの刑執行を受け、記者会見する上川法相=6日午後、法務省

一連のオウム真理教事件をめぐり教祖だった麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら7人の死刑が6日に執行されたことで、上川陽子法相のもとでの死刑執行は計10人となった。

一時中断した執行が再開された平成5年以降では、鳩山邦夫法相在任時の13人が最も多く、谷垣禎一法相時の11人が続く。上川氏は長勢甚遠(ながせ・じんえん)法相時の10人と並んだ。

上川氏は26年10月に法相に就任し、27年6月に1人の死刑を執行。その後退任したが、昨年8月に再び法相に就き、同年12月に2人の死刑を執行した。

▲【画像】9名以上の死刑囚を殺した5人の法務大臣と内閣総理大臣

①第1次安倍内閣+福田改造内閣 で13名の死刑囚を殺した鳩山邦夫元法相(故人)

20180712鳩山邦夫

②第2次安倍内閣 で11名の死刑囚を殺した谷垣貞一元法相

20180711谷垣さだかず

③第1次安倍内閣 10名の死刑囚を殺した長勢甚遠(ながせじんえん)

20180712長勢じんえん

④第3次+改造安倍内閣 で10名の死刑囚を殺した上川陽子現法相

20180711川上陽子法相

⑤麻生内閣 で9名の死刑囚を殺した森英輔元法相

20180712森英輔

(終り)

⑤2018.07.14(土) 日本語ブログ

なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?

その最大の理由は、支配階級の『怖さ』を一般国民に身をもって体験させて支配階級による『支配と搾取の基本構造』を永続的に存続させるためである。
______________________________________________________________________

【ロスチャイルド世界革命行動計画綱領25項目】

第1項目:人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。権力は力の中に存在している。

第18項目:恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

第25項目:国家法および国際法を利用しつつ、ゴイム(非ユダヤ人=家畜)の文明を破壊しなければならない。我々に対してゴイムが武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。
_____________________________________________________________________________

第二の理由は、一般国民が犯す『小さな犯罪』を『凶悪犯罪』に仕立て上げ犯人を『死刑』にして『懲罰』を与えることで国民の体制不満の『はけ口』にすることである。

第三の理由は、一般国民の『死刑』を定期的に行うことで、支配階級が犯す凶悪で大規模な『権力犯罪』を隠すためである。
_____________________________________________________________________________

・アジア・太平洋侵略戦争を企画・主導し日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人を殺した昭和天皇・裕仁をはじめとする戦前の『支配階級の『戦争犯罪』は、GHQ(米国支配階級)によって100%免罪・免責された。

・アジア・太平洋侵略戦争の『戦争犯罪』は、GHQが処刑した東条英機以下7名のA級戦犯と約1000名のBC級戦犯の『責任』に転嫁された。

・アジア・太平洋侵略戦争を主導し加担した天皇、皇族、軍人、政治家、国家官僚、銀行家、大企業幹部、宗教指導者、報道機関幹部、御用学者、右翼・暴力団のほとんどは、『戦争犯罪』を追及されることなく戦後日本の『権力中枢』に復帰したのである。
______________________________________

▲戦後日本の『支配と搾取の基本構造』は、①『信用創造特権』②『象徴天皇制』③『米国傀儡政党・自民党』④『日米安保条約』⑤『死刑制度』⑥カルト宗教組織、⑦電通・大手マスコミ、⑨インチキな選挙制度に支えられている!

①『信用創造』『信用創造特権』という言葉は『存在』せず、日本ではタブーである。

New!日本は以下の四つの『信用創造特権』が①日銀、②政府・財務省、③民間銀行、④銀行と金持ちに独占され『金融支配』されている。

1.日銀が独占する『貨幣発行権』

2.政府・財務省が独占する『国債発行権』

3.民間銀行が独占する『無からカネを生む壮大な詐欺システム「準備預金制度」』

4.銀行と金持ちが永遠に肥え太る『カネがカネを生む「金利」』

②「戦後日本の『象徴天皇制』は戦前の『軍事独裁天皇制』の名前を『民主的』に変えただけと言う私の主張は、日本ではタブーである。

昭和天皇・裕仁と皇族の『戦争犯罪』を追及することは、日本ではタブーである。

『天皇制反対』『天皇制廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

③『自民党』は、米国支配階級が戦後日本を100%植民地支配支配するためにCIAスパイ岸信介をトップに据えて作った『米国傀儡政党』である、という私の主張は日本ではタブーである。

④『日米安保条約』はCIAスパイ岸信介が米国による日本軍事支配のために暴力で強行成立させた『憲法違反』の売国条約である、という私の主張は日本ではタブーである。

⑤『死刑』は『人間の尊厳』を踏みにじり日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である、という私の主張は日本ではタブーである

『死刑反対』『死刑廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

New!⑥カルト宗教組織とは、①自民党補完勢力=公明党=創価学会、統一教会、立正佼成会、天理教、幸福の科学など、②『天皇教』分派=日本会議、神社本庁、靖国神社、護国神社、など。

New!⑧電通・大手マスコミとは、①源流『満州帝国通信社』=電通、共同通信、時事通信、②源流『CIA』=NHK、読売・日本TVグループ、産経・フジグループ、③『偽装リベラル』=朝日新聞グループ、毎日新聞グループ、④『経団連広報』=日経新聞グループ。

.全国紙は戦前は『大本営発表報道』で、戦後は『記者クラブ制度』による『世論誘導装置』である。

.TVとスポーツ紙は『国民洗脳装置』であり『国民総ハクチ化装置』である。

.電通・NHKが主導する『世論調査』は世論誘導が目的であり『内閣支持率調査結果』は常にねつ造されている。

New!⑨インチキな選挙制度とは、①小沢一郎が導入した民意を反映しない自民独裁を生んだ『小選挙区制』『政党助成金制度』『比例代表並立制奴』、②投票用紙すり替えが可能な『期日前投票』、③プログラム改ざんで自民党得票数を水増しする正体不明の電子投票システム独占企業『ムサシ』『グローリー』を利用した電子投票システム。

▲【関連記事】「フランスが死刑を廃止するまで」

(アムネスティー・インターナショナル フランス支部)

2000年3月 アムネスティー・インターナショナル フランス支部提供の文書から

翻訳:大沢信子

http://franc-parler.jp/spip.php?article51

18世紀末以前のフランスには、死刑の正当性に疑問を抱く者はほとんどいなかった。しかし1764年に26歳の青年チェザーレ・べッカリーア(イタリアの法律家、経済学者、侯爵)が『犯罪と刑罰』を出版。それ以降少しずつ流れが変わり、新しい時代が開け始めた。死刑をめぐる議論が交わされ始め、やがて最初の死刑廃止論へと発展していった。

18世紀末、フランスでは司法制度の機能が問い直されていた。ヴォルテールは死刑廃止こそ訴えなかったが、処刑の残虐性に異を唱え、司法制度の改正を求めた。二件の凶悪事件(カラス事件とシュヴァリエ・ド・ラ・バール事件)の有罪判決は、啓蒙思想家や知識人、さらには今で言う「世論」の抗議の声を引き起こした。

憲法制定議会の討論の場で死刑反対を唱えた意外な政治化がいる。それはロベスピエールだった。彼は「死刑は第一に本質的不正義である。第二に最も有効な刑罰ではない。死刑はそれが予防するよりもずっと多くの凶悪犯罪を作り出す」と訴えた。

1791年の春、憲法制定議会が採択した新しい刑法の第3条には「すべての死刑囚は断首される」とある。そこである発明家が、特別強力な刃を使ってなるべく苦痛を与えずに殺す方法を提案し、死の前の「平等の原則」を強調した。ギヨタン博士はこの案を実行に移し「一瞬で首をはねてさしあげますから、苦しまずに済みますよ」と語る。この機械は1792年4月25日に稼動し始めた。

しかし死刑廃止思想が歩みを止めたわけではなかった。数年後の革命暦4年ブリュメール4日、国民公会は極刑の廃止を決定する。ただそれには「全面的な和平が公布された日以降」という致命的な但し書きが付いていた。この限定条件付死刑廃止法は、1810年のナポレオン法典によって消滅した。

執政政府と帝政が倒れ、王制が復古した後も死刑執行は続いていた。だが19世紀にヴィクトル・ユゴーが『死刑囚最後の日』を出版したのをきっかけに、死刑の是非についての論争に再び火がついた。著名な学者や法律家、文学者などが、野蛮かつ無益な死刑に反対して立ち上がった。だが彼らは社会秩序の名の下に死刑を擁護する人々の抵抗にぶつかる。
「もし国家が死刑を廃止すれば、近隣諸国から犯罪者が流入してくるのではないか。」
1838年3月17日、ラマルティーヌは閣議で死刑廃止を訴え、「進化した社会においては死刑はもはや無益であり有害である」と宣言する。第二共和国の臨時政府は1848年の政令で政治犯の死刑を廃止した。

1853年6月15日には第二帝政もこれを確認する。だが何が政治犯罪だという定義があったわけではない。現在に到るまでフランスで「政治犯罪」の定義づけがなされたことはない。

長年にわたり数多くの議員たちが国会で死刑廃止を訴えた。だが彼らの訴えが功を奏するには、アルマン・ファリエール大統領の就任を待たねばならなかった。信念の死刑廃止論者ファリエールは、1906年1月、共和国大統領に選ばれると同時に死刑廃止論争を議会討論の日程に載せた。下院の予算委員会は、ギロチンの維持費と死刑執行人の給与を撤廃する議案を可決した。

クレマンソー内閣のアリスティッド・ブリアン法相は、閣議に死刑廃止法案を提出した。この法案が出されたのは1906年だが、国会での討議に付されるには1908年12月8日を待たねばならなかった。法相の熱烈な訴えを指示した政治家にはジャン・ジョレス、デシャネルら、逆に存置論を展開した知識人にはモーリス・バレスがいる。投票の結果、死刑存置に賛成したのは333票、反対は201票だった。

否決された理由は単純である。審議中に幼い少女が殺されていたのだ。容疑者の裁判は1907年7月23日に始まっていた。判決が下される前に、日刊『ル・プティ・パリジャン』はすでに容疑者に有罪を宣告していた。マスコミはこの残酷な事件を最大限に利用した。

こうして死刑存置の法案が採択された。その後3年間の執行停止期間を挟んで処刑が再開され、1906年から1929年の間に223人が、1934年から1938年の間に89人が処刑された。

1939年に執行された一件の死刑は、世論を覆してもおかしくないものだったが実際にはそうはならなかった。6月16日、ヴェルサイユ。ギロチンの組み立て方が悪く、首かせも刃も不良品だったので、刑の執行はとりわけ残酷な形で展開した。

見物人はあたかも祭りのように詰め掛け、「群集が臆することはなかった」と『パリ・マッチ』誌は報じている。数多くの写真が誌面を飾った。だが死刑執行に伴う一連の「事故」の後、政府は臨時閣議を開き、6月25日付けの政令で執行の公開を停止することにした。そこで、それ以降は処刑は非公開となった。

ドイツによる占領時代には特例法の元でギロチンが使用された。ペタン元帥は、ほぼ50年間続いた慣例を破って5人の女性をギロチンに送った。オリオル大統領はこれを踏襲し、1947年と1949年、夫殺しで有罪となった2人の女性への恩赦を拒んでいる。

死刑執行は年間1件から4件の割合で続いていた。アルベール・カミュとアルフレッド・ケスラーは『ギロチンに関する考察』という見事な死刑反対論を出版した。

ジョルジュ・ポンピドゥーの大統領就任は廃止論者たちに一抹の希望を抱かせた。1969年6月15日、ポンピドゥー大統領は彼の就任以降に死刑を宣告された6人の囚人に恩赦を与えた。だが廃止論に傾いていた世論調査は新たな事件によって覆される。

1971年9月21日、ある刑務所で二人の受刑者が看護士一人と看守一人を人質に取った。この二人は警察の突撃の後、喉を切り裂かれた遺体で発見された。裁判の判決が公表されたとき、1972年6月30日付けの『ル・パリジャン・リベレ』は、「喉切り魔のビュッフェとボンタン極刑に」との見出しでこれを報道した。

ポンピドゥーは恩赦を拒み、ビュッフェとボンタンは1972年11月29日に処刑された。「またしても刑事行政が正義に優先した」と著名な社会学者ミッシェル・フーコーは記している。「刑事行政は、訴訟以前、恩赦以前に自らの「正義」を要求し、それを押し付けたのだ。」

3年後の1974年6月3日、新たな悲劇が起こる。一人の少女が誘拐され、二日後に遺体で発見された。20歳になったばかりのクリスチャン・ラヌッチが逮捕され、整合性のない捜査の後に裁判に付され、死刑を宣告された。彼は弁護士に言い残す。「僕の名誉を回復してください。」ジスカール・デスタンは大統領恩赦を拒絶する。

1977年1月18日にはパトリック・アンリの忘れ得ぬ裁判が始まる。ある週刊誌は『首無し男の裁判』と見出しをつけてこれを報じた。弁護の余地がなかったからだ。彼は身代金目的で一人の子供を誘拐、監禁し、殺害していた。逮捕される前に、彼はこうも語っていた。「子供に害を加える人間は死刑にしたほうがいいと思う。」3日間の弁論と2時間の審議の後、彼は終身刑に処せられた。

クリスチャン・ラヌッチが死んでから、ジスカール・デスタンはさらに2度、死刑囚の恩赦を拒んでいる。フランスでギロチン刑を執行された最後の囚人はハミダ・ジャドゥイ、1977年9月10日だった。

ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領の任期が切れる頃始まった運動は、ようやく幅広い死刑論議を呼び起こした。死刑が選挙運動の争点の一つになったのだ。ジスカール・デスタン候補は「私は死刑に深い嫌悪を感じる」としながらも「こうした変化は平穏な社会にしか起こり得ないと思う。」と言葉を濁した。フランソワ・ミッテラン候補は明快だった。「私は良心の奥底から死刑に反対する。」

共和国大統領になってからミッテランは最初の死刑判決に減刑を適用する。1981年8月26日の閣議では、死刑廃止法案が承認された。この法案はロベール・バダンテール法相によって国会に提出され、国民議会では363票対117票、上院では160票対126票で可決された。そこでフランスでは、1981年10月9日の法律81-908号によってあらゆる普通犯と軍事犯に対する死刑が廃止された。この法律は翌日から施行された。法律の第一条には「死刑は廃止された」とある。フランス各地の刑務所にいた6人の死刑囚は恩赦を受けた。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************

[2018/07/15 07:32] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/14のツイートまとめ
chateaux1000

【今日のブログ記事】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?https://t.co/YOJREzLRj1 https://t.co/guWWqxUyUZ
07-14 08:27

【今日のブログ記事】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか? https://t.co/YOJREzLRj1
07-14 08:26

[07月13日]のつぶやきをまとめました ▶1番RTされたつぶやきは「【今日のブログ記事】■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行さ...」 https://t.co/T5CCKeDETh #gbrt
07-14 07:17

[2018/07/15 04:13] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2018.07.13)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2589】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 70分21秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478029300

【今日のブログ記事】

■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?

その最大の理由は、支配階級の『怖さ』を一般国民に身をもって体験させて支配階級による『支配と搾取の基本構造』を永続的に存続させるためである。
______________________________________________________________________

【ロスチャイルド世界革命行動計画綱領25項目】

第1項目:人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。権力は力の中に存在している。

第18項目:恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

第25項目:国家法および国際法を利用しつつ、ゴイム(非ユダヤ人=家畜)の文明を破壊しなければならない。我々に対してゴイムが武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。
_____________________________________________________________________________

第二の理由は、一般国民が犯す『小さな犯罪』を『凶悪犯罪』に仕立て上げ犯人を『死刑』にして『懲罰』を与えることで国民の体制不満の『はけ口』にすることである。

第三の理由は、一般国民の『死刑』を定期的に行うことで、支配階級が犯す凶悪で大規模な『権力犯罪』を隠すためである。
_____________________________________________________________________________

・アジア・太平洋侵略戦争を企画・主導し日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人を殺した昭和天皇・裕仁をはじめとする戦前の『支配階級の『戦争犯罪』は、GHQ(米国支配階級)によって100%免罪・免責された。

・アジア・太平洋侵略戦争の『戦争犯罪』は、GHQが処刑した東条英機以下7名のA級戦犯と約1000名のBC級戦犯の『責任』に転嫁された。

・アジア・太平洋侵略戦争を主導し加担した天皇、皇族、軍人、政治家、国家官僚、銀行家、大企業幹部、宗教指導者、報道機関幹部、御用学者、右翼・暴力団のほとんどは、『戦争犯罪』を追及されることなく戦後日本の『権力中枢』に復帰したのである。
______________________________________

▲戦後日本の『支配と搾取の基本構造』は、①『信用創造特権』②『象徴天皇制』③『米国傀儡政党・自民党』④『日米安保条約』⑤『死刑制度』⑥カルト宗教組織、⑦電通・大手マスコミ、⑨インチキな選挙制度に支えられている!

①『信用創造』『信用創造特権』という言葉は『存在』せず、日本ではタブーである。

New!日本は以下の四つの『信用創造特権』が①日銀、②政府・財務省、③民間銀行、④銀行と金持ちに独占され『金融支配』されている。

1.日銀が独占する『貨幣発行権』

2.政府・財務省が独占する『国債発行権』

3.民間銀行が独占する『無からカネを生む壮大な詐欺システム「準備預金制度」』

4.銀行と金持ちが永遠に肥え太る『カネがカネを生む「金利」』

②「戦後日本の『象徴天皇制』は戦前の『軍事独裁天皇制』の名前を『民主的』に変えただけと言う私の主張は、日本ではタブーである。

昭和天皇・裕仁と皇族の『戦争犯罪』を追及することは、日本ではタブーである。

『天皇制反対』『天皇制廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

③『自民党』は、米国支配階級が戦後日本を100%植民地支配支配するためにCIAスパイ岸信介をトップに据えて作った『米国傀儡政党』である、という私の主張は日本ではタブーである。

④『日米安保条約』はCIAスパイ岸信介が米国による日本軍事支配のために暴力で強行成立させた『憲法違反』の売国条約である、という私の主張は日本ではタブーである。

⑤『死刑』は『人間の尊厳』を踏みにじり日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である、という私の主張は日本ではタブーである

『死刑反対』『死刑廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

New!⑥カルト宗教組織とは、①自民党補完勢力=公明党=創価学会、統一教会、立正佼成会、天理教、幸福の科学など、②『天皇教』分派=日本会議、神社本庁、靖国神社、護国神社、など。

New!⑧電通・大手マスコミとは、①源流『満州帝国通信社』=電通、共同通信、時事通信、②源流『CIA』=NHK、読売・日本TVグループ、産経・フジグループ、③『偽装リベラル』=朝日新聞グループ、毎日新聞グループ、④『経団連広報』=日経新聞グループ。

.全国紙は戦前は『大本営発表報道』で、戦後は『記者クラブ制度』による『世論誘導装置』である。

.TVとスポーツ紙は『国民洗脳装置』であり『国民総ハクチ化装置』である。

.電通・NHKが主導する『世論調査』は世論誘導が目的であり『内閣支持率調査結果』は常にねつ造されている。

New!⑨インチキな選挙制度とは、①小沢一郎が導入した民意を反映しない自民独裁を生んだ『小選挙区制』『政党助成金制度』『比例代表並立制奴』、②投票用紙すり替えが可能な『期日前投票』、③プログラム改ざんで自民党得票数を水増しする正体不明の電子投票システム独占企業『ムサシ』『グローリー』を利用した電子投票システム。

▲【関連記事】「フランスが死刑を廃止するまで」

(アムネスティー・インターナショナル フランス支部)

2000年3月 アムネスティー・インターナショナル フランス支部提供の文書から

翻訳:大沢信子

http://franc-parler.jp/spip.php?article51

18世紀末以前のフランスには、死刑の正当性に疑問を抱く者はほとんどいなかった。しかし1764年に26歳の青年チェザーレ・べッカリーア(イタリアの法律家、経済学者、侯爵)が『犯罪と刑罰』を出版。それ以降少しずつ流れが変わり、新しい時代が開け始めた。死刑をめぐる議論が交わされ始め、やがて最初の死刑廃止論へと発展していった。

18世紀末、フランスでは司法制度の機能が問い直されていた。ヴォルテールは死刑廃止こそ訴えなかったが、処刑の残虐性に異を唱え、司法制度の改正を求めた。二件の凶悪事件(カラス事件とシュヴァリエ・ド・ラ・バール事件)の有罪判決は、啓蒙思想家や知識人、さらには今で言う「世論」の抗議の声を引き起こした。

憲法制定議会の討論の場で死刑反対を唱えた意外な政治化がいる。それはロベスピエールだった。彼は「死刑は第一に本質的不正義である。第二に最も有効な刑罰ではない。死刑はそれが予防するよりもずっと多くの凶悪犯罪を作り出す」と訴えた。

1791年の春、憲法制定議会が採択した新しい刑法の第3条には「すべての死刑囚は断首される」とある。そこである発明家が、特別強力な刃を使ってなるべく苦痛を与えずに殺す方法を提案し、死の前の「平等の原則」を強調した。ギヨタン博士はこの案を実行に移し「一瞬で首をはねてさしあげますから、苦しまずに済みますよ」と語る。この機械は1792年4月25日に稼動し始めた。

しかし死刑廃止思想が歩みを止めたわけではなかった。数年後の革命暦4年ブリュメール4日、国民公会は極刑の廃止を決定する。ただそれには「全面的な和平が公布された日以降」という致命的な但し書きが付いていた。この限定条件付死刑廃止法は、1810年のナポレオン法典によって消滅した。

執政政府と帝政が倒れ、王制が復古した後も死刑執行は続いていた。だが19世紀にヴィクトル・ユゴーが『死刑囚最後の日』を出版したのをきっかけに、死刑の是非についての論争に再び火がついた。著名な学者や法律家、文学者などが、野蛮かつ無益な死刑に反対して立ち上がった。だが彼らは社会秩序の名の下に死刑を擁護する人々の抵抗にぶつかる。
「もし国家が死刑を廃止すれば、近隣諸国から犯罪者が流入してくるのではないか。」
1838年3月17日、ラマルティーヌは閣議で死刑廃止を訴え、「進化した社会においては死刑はもはや無益であり有害である」と宣言する。第二共和国の臨時政府は1848年の政令で政治犯の死刑を廃止した。

1853年6月15日には第二帝政もこれを確認する。だが何が政治犯罪だという定義があったわけではない。現在に到るまでフランスで「政治犯罪」の定義づけがなされたことはない。

長年にわたり数多くの議員たちが国会で死刑廃止を訴えた。だが彼らの訴えが功を奏するには、アルマン・ファリエール大統領の就任を待たねばならなかった。信念の死刑廃止論者ファリエールは、1906年1月、共和国大統領に選ばれると同時に死刑廃止論争を議会討論の日程に載せた。下院の予算委員会は、ギロチンの維持費と死刑執行人の給与を撤廃する議案を可決した。

クレマンソー内閣のアリスティッド・ブリアン法相は、閣議に死刑廃止法案を提出した。この法案が出されたのは1906年だが、国会での討議に付されるには1908年12月8日を待たねばならなかった。法相の熱烈な訴えを指示した政治家にはジャン・ジョレス、デシャネルら、逆に存置論を展開した知識人にはモーリス・バレスがいる。投票の結果、死刑存置に賛成したのは333票、反対は201票だった。

否決された理由は単純である。審議中に幼い少女が殺されていたのだ。容疑者の裁判は1907年7月23日に始まっていた。判決が下される前に、日刊『ル・プティ・パリジャン』はすでに容疑者に有罪を宣告していた。マスコミはこの残酷な事件を最大限に利用した。

こうして死刑存置の法案が採択された。その後3年間の執行停止期間を挟んで処刑が再開され、1906年から1929年の間に223人が、1934年から1938年の間に89人が処刑された。

1939年に執行された一件の死刑は、世論を覆してもおかしくないものだったが実際にはそうはならなかった。6月16日、ヴェルサイユ。ギロチンの組み立て方が悪く、首かせも刃も不良品だったので、刑の執行はとりわけ残酷な形で展開した。

見物人はあたかも祭りのように詰め掛け、「群集が臆することはなかった」と『パリ・マッチ』誌は報じている。数多くの写真が誌面を飾った。だが死刑執行に伴う一連の「事故」の後、政府は臨時閣議を開き、6月25日付けの政令で執行の公開を停止することにした。そこで、それ以降は処刑は非公開となった。

ドイツによる占領時代には特例法の元でギロチンが使用された。ペタン元帥は、ほぼ50年間続いた慣例を破って5人の女性をギロチンに送った。オリオル大統領はこれを踏襲し、1947年と1949年、夫殺しで有罪となった2人の女性への恩赦を拒んでいる。

死刑執行は年間1件から4件の割合で続いていた。アルベール・カミュとアルフレッド・ケスラーは『ギロチンに関する考察』という見事な死刑反対論を出版した。

ジョルジュ・ポンピドゥーの大統領就任は廃止論者たちに一抹の希望を抱かせた。1969年6月15日、ポンピドゥー大統領は彼の就任以降に死刑を宣告された6人の囚人に恩赦を与えた。だが廃止論に傾いていた世論調査は新たな事件によって覆される。

1971年9月21日、ある刑務所で二人の受刑者が看護士一人と看守一人を人質に取った。この二人は警察の突撃の後、喉を切り裂かれた遺体で発見された。裁判の判決が公表されたとき、1972年6月30日付けの『ル・パリジャン・リベレ』は、「喉切り魔のビュッフェとボンタン極刑に」との見出しでこれを報道した。

ポンピドゥーは恩赦を拒み、ビュッフェとボンタンは1972年11月29日に処刑された。「またしても刑事行政が正義に優先した」と著名な社会学者ミッシェル・フーコーは記している。「刑事行政は、訴訟以前、恩赦以前に自らの「正義」を要求し、それを押し付けたのだ。」

3年後の1974年6月3日、新たな悲劇が起こる。一人の少女が誘拐され、二日後に遺体で発見された。20歳になったばかりのクリスチャン・ラヌッチが逮捕され、整合性のない捜査の後に裁判に付され、死刑を宣告された。彼は弁護士に言い残す。「僕の名誉を回復してください。」ジスカール・デスタンは大統領恩赦を拒絶する。

1977年1月18日にはパトリック・アンリの忘れ得ぬ裁判が始まる。ある週刊誌は『首無し男の裁判』と見出しをつけてこれを報じた。弁護の余地がなかったからだ。彼は身代金目的で一人の子供を誘拐、監禁し、殺害していた。逮捕される前に、彼はこうも語っていた。「子供に害を加える人間は死刑にしたほうがいいと思う。」3日間の弁論と2時間の審議の後、彼は終身刑に処せられた。

クリスチャン・ラヌッチが死んでから、ジスカール・デスタンはさらに2度、死刑囚の恩赦を拒んでいる。フランスでギロチン刑を執行された最後の囚人はハミダ・ジャドゥイ、1977年9月10日だった。

ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領の任期が切れる頃始まった運動は、ようやく幅広い死刑論議を呼び起こした。死刑が選挙運動の争点の一つになったのだ。ジスカール・デスタン候補は「私は死刑に深い嫌悪を感じる」としながらも「こうした変化は平穏な社会にしか起こり得ないと思う。」と言葉を濁した。フランソワ・ミッテラン候補は明快だった。「私は良心の奥底から死刑に反対する。」

共和国大統領になってからミッテランは最初の死刑判決に減刑を適用する。1981年8月26日の閣議では、死刑廃止法案が承認された。この法案はロベール・バダンテール法相によって国会に提出され、国民議会では363票対117票、上院では160票対126票で可決された。そこでフランスでは、1981年10月9日の法律81-908号によってあらゆる普通犯と軍事犯に対する死刑が廃止された。この法律は翌日から施行された。法律の第一条には「死刑は廃止された」とある。フランス各地の刑務所にいた6人の死刑囚は恩赦を受けた。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2018/07/14 08:23] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/13のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?https://t.co/iK2vIHf5an https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 22:59

【YYNewsLive】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか? https://t.co/iK2vIHf5an
07-13 22:58

安倍首相が豪雨災害66時間放置をなかったことに!和田政宗は朝日のただの被災地支援検証を「政権攻撃」と封殺2018.07.12 Literahttps://t.co/Vn8l1jbCgY https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 22:00

https://t.co/DgGWSaoWnb https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:59

人体のカラーX線写真、撮影に初めて成功 NZチーム2018.07.13 AFP日本語版 https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:59

⑤科学論文にご用心、大半は誤り 専門家が警鐘2018年7月13日 AFP日本語版https://t.co/CSIJjfBbjn https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:57

https://t.co/dF4rHpF9Nf https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:56

タイの洞窟から救出されたコーチと少年3人は無国籍だった。「山岳民族の4分の1が無国籍」アムネスティは報告安藤健二2018年07月12日 ハフポスト https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:56

安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期2018年7月13日https://t.co/r4gbAtNyLY https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:55

西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上2018年7月13日 日刊ゲンダイhttps://t.co/gMA6ab936T https://t.co/guWWqxUyUZ
07-13 21:54

続きを読む
[2018/07/14 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日金曜日(2018年07月13日)午後8時45分から放送しました【YYNewsLiveNo2589】の放送台本です!

【放送録画】70分21秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/478029300

☆今日の画像

①岡山の被災地を視察した安倍首相 (日刊ゲンダイ記事)

20180713安倍訪問

②西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上(日刊ゲンダイ記事)

西村康稔官房副長官『週末の大雨による災害発生時に会合を開いているかのような誤解を与え、不愉快な思いを抱かせたことをお詫び申し上げます』

20180713西村と小野寺

③人体のカラーX線写真、撮影に初めて成功 NZチーム (AFP記事)

腕時計の巻かれた手首を捉えた3DカラーX線写真。軟部組織と指の骨が見て取れる。

20180713カラーX線写真

New!☆今日のイラスト・まんが (ぼうごなつこさん)

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/

①実録・空白の66時間 (2018.07.10)

20180713空白の66時間

②「お前が国難」といわれる理由 (2018.07.11)

20180713ぼうごなつこ災害対策の遅れパリ行き

③そもそもあなたが当選することがおかしい (2018.07.11)

20180713ぼうごなつこ西田

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son
Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

第7章 "誠実な通貨"の最後の抗争 P231-264

金貸しは、権力濫用、詭計、詐欺、暴力と、あらゆる手段を用い、通貨と通貨発行を支配し、最後には政府を支配する目的を達成する。歴史はこれを証明している。

ージェームズ・マディソン アメリカ第4代大統領

▲第73回 (2018.07.12) 朗読

●エコノミック・ヒットマン(経済刺客)とオイルダラーの還流 P258-261

(1)今日のメインテーマ

■なぜ日本の支配階級は『死刑制度』を存続させ『死刑』を定期的に行うのか?

その最大の理由は、支配階級の『怖さ』を一般国民に身をもって体験させて支配階級による『支配と搾取の基本構造』を永続的に存続させるためである。
______________________________________________________________________

【ロスチャイルド世界革命行動計画綱領25項目】

第1項目:人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。権力は力の中に存在している。

第18項目:恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

第25項目:国家法および国際法を利用しつつ、ゴイム(非ユダヤ人=家畜)の文明を破壊しなければならない。我々に対してゴイムが武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。
_____________________________________________________________________________

第二の理由は、一般国民が犯す『小さな犯罪』を『凶悪犯罪』に仕立て上げ犯人を『死刑』にして『懲罰』を与えることで国民の体制不満の『はけ口』にすることである。

第三の理由は、一般国民の『死刑』を定期的に行うことで、支配階級が犯す凶悪で大規模な『権力犯罪』を隠すためである。
_____________________________________________________________________________

・アジア・太平洋侵略戦争を企画・主導し日本人320万人を含むアジア・太平洋諸国民5000万人を殺した昭和天皇・裕仁をはじめとする戦前の『支配階級の『戦争犯罪』は、GHQ(米国支配階級)によって100%免罪・免責された。

・アジア・太平洋侵略戦争の『戦争犯罪』は、GHQが処刑した東条英機以下7名のA級戦犯と約1000名のBC級戦犯の『責任』に転嫁された。

・アジア・太平洋侵略戦争を主導し加担した天皇、皇族、軍人、政治家、国家官僚、銀行家、大企業幹部、宗教指導者、報道機関幹部、御用学者、右翼・暴力団のほとんどは、『戦争犯罪』を追及されることなく戦後日本の『権力中枢』に復帰したのである。
______________________________________

▲戦後日本の『支配と搾取の基本構造』は①『信用創造特権』②『象徴天皇制』③『米国傀儡政党・自民党』④『日米安保条約』⑤『死刑制度』に支えられている!

①『信用創造』『信用創造特権』という言葉は『存在』せず、日本ではタブーである。

②「戦後日本の『象徴天皇制』は戦前の『軍事独裁天皇制』の名前を『民主的』に変えただけと言う私の主張は、日本ではタブーである。

昭和天皇・裕仁と皇族の『戦争犯罪』を追及することは、日本ではタブーである。

『天皇制反対』『天皇制廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

③『自民党』は、米国支配階級が戦後日本を100%植民地支配支配するためにCIAスパイ岸信介をトップに据えて作った『米国傀儡政党』である、という私の主張は日本ではタブーである。

④『日米安保条約』はCIAスパイ岸信介が米国による日本軍事支配のために暴力で強行成立させた『憲法違反』の売国条約である、という私の主張は日本ではタブーである。

⑤『死刑』は『人間の尊厳』を踏みにじり日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である、という私の主張は日本ではタブーである

『死刑反対』『死刑廃止』を語ることは、日本ではタブーである。

▲【関連記事】「フランスが死刑を廃止するまで」

(アムネスティー・インターナショナル フランス支部)

2000年3月 アムネスティー・インターナショナル フランス支部提供の文書から

翻訳:大沢信子

http://franc-parler.jp/spip.php?article51

18世紀末以前のフランスには、死刑の正当性に疑問を抱く者はほとんどいなかった。しかし1764年に26歳の青年チェザーレ・べッカリーア(イタリアの法律家、経済学者、侯爵)が『犯罪と刑罰』を出版。それ以降少しずつ流れが変わり、新しい時代が開け始めた。死刑をめぐる議論が交わされ始め、やがて最初の死刑廃止論へと発展していった。

18世紀末、フランスでは司法制度の機能が問い直されていた。ヴォルテールは死刑廃止こそ訴えなかったが、処刑の残虐性に異を唱え、司法制度の改正を求めた。二件の凶悪事件(カラス事件とシュヴァリエ・ド・ラ・バール事件)の有罪判決は、啓蒙思想家や知識人、さらには今で言う「世論」の抗議の声を引き起こした。

憲法制定議会の討論の場で死刑反対を唱えた意外な政治化がいる。それはロベスピエールだった。彼は「死刑は第一に本質的不正義である。第二に最も有効な刑罰ではない。死刑はそれが予防するよりもずっと多くの凶悪犯罪を作り出す」と訴えた。

1791年の春、憲法制定議会が採択した新しい刑法の第3条には「すべての死刑囚は断首される」とある。そこである発明家が、特別強力な刃を使ってなるべく苦痛を与えずに殺す方法を提案し、死の前の「平等の原則」を強調した。ギヨタン博士はこの案を実行に移し「一瞬で首をはねてさしあげますから、苦しまずに済みますよ」と語る。この機械は1792年4月25日に稼動し始めた。

しかし死刑廃止思想が歩みを止めたわけではなかった。数年後の革命暦4年ブリュメール4日、国民公会は極刑の廃止を決定する。ただそれには「全面的な和平が公布された日以降」という致命的な但し書きが付いていた。この限定条件付死刑廃止法は、1810年のナポレオン法典によって消滅した。

執政政府と帝政が倒れ、王制が復古した後も死刑執行は続いていた。だが19世紀にヴィクトル・ユゴーが『死刑囚最後の日』を出版したのをきっかけに、死刑の是非についての論争に再び火がついた。著名な学者や法律家、文学者などが、野蛮かつ無益な死刑に反対して立ち上がった。だが彼らは社会秩序の名の下に死刑を擁護する人々の抵抗にぶつかる。
「もし国家が死刑を廃止すれば、近隣諸国から犯罪者が流入してくるのではないか。」
1838年3月17日、ラマルティーヌは閣議で死刑廃止を訴え、「進化した社会においては死刑はもはや無益であり有害である」と宣言する。第二共和国の臨時政府は1848年の政令で政治犯の死刑を廃止した。

1853年6月15日には第二帝政もこれを確認する。だが何が政治犯罪だという定義があったわけではない。現在に到るまでフランスで「政治犯罪」の定義づけがなされたことはない。

長年にわたり数多くの議員たちが国会で死刑廃止を訴えた。だが彼らの訴えが功を奏するには、アルマン・ファリエール大統領の就任を待たねばならなかった。信念の死刑廃止論者ファリエールは、1906年1月、共和国大統領に選ばれると同時に死刑廃止論争を議会討論の日程に載せた。下院の予算委員会は、ギロチンの維持費と死刑執行人の給与を撤廃する議案を可決した。

クレマンソー内閣のアリスティッド・ブリアン法相は、閣議に死刑廃止法案を提出した。この法案が出されたのは1906年だが、国会での討議に付されるには1908年12月8日を待たねばならなかった。法相の熱烈な訴えを指示した政治家にはジャン・ジョレス、デシャネルら、逆に存置論を展開した知識人にはモーリス・バレスがいる。投票の結果、死刑存置に賛成したのは333票、反対は201票だった。

否決された理由は単純である。審議中に幼い少女が殺されていたのだ。容疑者の裁判は1907年7月23日に始まっていた。判決が下される前に、日刊『ル・プティ・パリジャン』はすでに容疑者に有罪を宣告していた。マスコミはこの残酷な事件を最大限に利用した。

こうして死刑存置の法案が採択された。その後3年間の執行停止期間を挟んで処刑が再開され、1906年から1929年の間に223人が、1934年から1938年の間に89人が処刑された。

1939年に執行された一件の死刑は、世論を覆してもおかしくないものだったが実際にはそうはならなかった。6月16日、ヴェルサイユ。ギロチンの組み立て方が悪く、首かせも刃も不良品だったので、刑の執行はとりわけ残酷な形で展開した。

見物人はあたかも祭りのように詰め掛け、「群集が臆することはなかった」と『パリ・マッチ』誌は報じている。数多くの写真が誌面を飾った。だが死刑執行に伴う一連の「事故」の後、政府は臨時閣議を開き、6月25日付けの政令で執行の公開を停止することにした。そこで、それ以降は処刑は非公開となった。

ドイツによる占領時代には特例法の元でギロチンが使用された。ペタン元帥は、ほぼ50年間続いた慣例を破って5人の女性をギロチンに送った。オリオル大統領はこれを踏襲し、1947年と1949年、夫殺しで有罪となった2人の女性への恩赦を拒んでいる。

死刑執行は年間1件から4件の割合で続いていた。アルベール・カミュとアルフレッド・ケスラーは『ギロチンに関する考察』という見事な死刑反対論を出版した。

ジョルジュ・ポンピドゥーの大統領就任は廃止論者たちに一抹の希望を抱かせた。1969年6月15日、ポンピドゥー大統領は彼の就任以降に死刑を宣告された6人の囚人に恩赦を与えた。だが廃止論に傾いていた世論調査は新たな事件によって覆される。

1971年9月21日、ある刑務所で二人の受刑者が看護士一人と看守一人を人質に取った。この二人は警察の突撃の後、喉を切り裂かれた遺体で発見された。裁判の判決が公表されたとき、1972年6月30日付けの『ル・パリジャン・リベレ』は、「喉切り魔のビュッフェとボンタン極刑に」との見出しでこれを報道した。

ポンピドゥーは恩赦を拒み、ビュッフェとボンタンは1972年11月29日に処刑された。「またしても刑事行政が正義に優先した」と著名な社会学者ミッシェル・フーコーは記している。「刑事行政は、訴訟以前、恩赦以前に自らの「正義」を要求し、それを押し付けたのだ。」

3年後の1974年6月3日、新たな悲劇が起こる。一人の少女が誘拐され、二日後に遺体で発見された。20歳になったばかりのクリスチャン・ラヌッチが逮捕され、整合性のない捜査の後に裁判に付され、死刑を宣告された。彼は弁護士に言い残す。「僕の名誉を回復してください。」ジスカール・デスタンは大統領恩赦を拒絶する。

1977年1月18日にはパトリック・アンリの忘れ得ぬ裁判が始まる。ある週刊誌は『首無し男の裁判』と見出しをつけてこれを報じた。弁護の余地がなかったからだ。彼は身代金目的で一人の子供を誘拐、監禁し、殺害していた。逮捕される前に、彼はこうも語っていた。「子供に害を加える人間は死刑にしたほうがいいと思う。」3日間の弁論と2時間の審議の後、彼は終身刑に処せられた。

クリスチャン・ラヌッチが死んでから、ジスカール・デスタンはさらに2度、死刑囚の恩赦を拒んでいる。フランスでギロチン刑を執行された最後の囚人はハミダ・ジャドゥイ、1977年9月10日だった。

ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領の任期が切れる頃始まった運動は、ようやく幅広い死刑論議を呼び起こした。死刑が選挙運動の争点の一つになったのだ。ジスカール・デスタン候補は「私は死刑に深い嫌悪を感じる」としながらも「こうした変化は平穏な社会にしか起こり得ないと思う。」と言葉を濁した。フランソワ・ミッテラン候補は明快だった。「私は良心の奥底から死刑に反対する。」

共和国大統領になってからミッテランは最初の死刑判決に減刑を適用する。1981年8月26日の閣議では、死刑廃止法案が承認された。この法案はロベール・バダンテール法相によって国会に提出され、国民議会では363票対117票、上院では160票対126票で可決された。そこでフランスでは、1981年10月9日の法律81-908号によってあらゆる普通犯と軍事犯に対する死刑が廃止された。この法律は翌日から施行された。法律の第一条には「死刑は廃止された」とある。フランス各地の刑務所にいた6人の死刑囚は恩赦を受けた。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

① コラム狙撃兵 安倍事務所への過剰な忖度

2018年6月1日 長周新聞

https://www.chosyu-journal.jp/column/8170

もう随分前のこと、文科省事務次官だった前川喜平が下関市民会館に講演に来るというので、とりくみに協力した者は多かった。首相お膝元に乗り込んで来る度胸を買い、ならば援護射撃しようじゃないかと世論が広がり、主催者の意に反してあれよあれよとチケットは売れた。リベラルとか左を標榜する勢力のみならず、自民党林派の面面や中尾市長派のブレーンだった市幹部職員や後援会幹部たち、保守系市議、安倍派の支持者ではあるがモリカケ疑惑にほとほと呆れている人など、多種多様な顔ぶれが会場に足を運んでいた。1400人以上が詰めかけた大ホールは満席となった。加計学園の認可をめぐって「行政が歪められた」と暴露した当人から、直接話を聞きたいという思いがあったからだ。

ところがいざ蓋を開けてみると肩すかしもいいところで、安倍晋三を持ち上げ、実はこんな面やあんな面を評価しているとかの話に終始し、聴衆の最大の関心事を見事にスルーしたのだった。場の空気はしらけ、「500円(入場料)返してくれよ!」とぶつくさいいながら途中退席する人もいた。帰路につく聴衆の顔つきはどことなく不満げで、翌日以後に出会うと「なんだあの講演は」でもちきりになるほど評判を落とした。

友人知人の呼びかけや思いを汲みとって協力した人も多かった。そのような人人の努力を水の泡にするだけでなく、肩すかしをして聴衆から反感をくらう。チケットを捌いた協力者たちも、みずからが薦めた人に対して立場を失った。結果として、期待を裏切ったことで前川喜平に対するマイナスイメージと主催者への不信感だけが募る不思議なとりくみであった。安倍政治を批判する側が勢揃いしながら、なぜ聴衆を怒らせて帰らせたのか? その言動はあまりにも意味不明なものだったのである。

なぜこのような事態になったのか関係者に真相を迫ってみると、実は実行委員会が「安倍首相については批判をしないでほしい」「モリカケには一切触れないでほしい」と本人に申し入れ、そんな実行委員会の懇願を受け入れたのがあの講演だったのだという。会場で集めた質問箱にもモリカケに関するものが多数寄せられたが、それらは意識的に排除された。そして、前川自身が別の講演場所で「実は下関では…」と実行委員会とのやりとりの内幕を関係者に漏らしているのである。同日に北九州でおこなわれた講演会でモリカケに触れたのは、そんな下関ルールの制約から解放されていたからだった。

反安倍などと標榜しながら首相お膝元での批判を封じたのは誰なのか? 1400人も集めながら安倍事務所に忖度したのは誰なのか? 主催者として責任ある立場にあった社民党市議の山下隆夫、同じく無所属市民派を標榜している田辺よし子(市議)、「日共」市議団や支援団体、黒川敦彦あたりに真相を確かめ、経緯を質問してみるのがよいかもしれない。反安倍を装った詐欺(500円×1400人)ではないかという世論すら広がっているなかで、その辺の対応を曖昧にしたのでは“この汚れ左翼が!”という批判は免れない。同時に前川喜平も前川喜平で、現役首相の選挙区においてあれだけ問題意識を持った人人が集い、熱気を帯びたとりくみだったにもかかわらず、みずから評判を落としたことについて自覚するべきだろう。安倍事務所を忖度する者を忖度したのでは台無しである。
吉田充春

②西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

2018年7月13日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233296

慌てて釈明し批判を招いた西村官房長官(右上)と小野寺防衛相(西村官房副長官のツイッターから)

とうとう、犠牲者が200人を超えてしまった「西日本豪雨」。豪雨の当日(5日)、自民党議員40人と酒宴を楽しんでいたことが発覚し、批判を浴びている安倍首相。宴会に参加していた西村康稔官房副長官と、小野寺五典防衛相が、あわてて釈明しているが、その釈明があまりにも国民をバカにしていると、さらに批判を招いている。もう、この政党は処置なしだ。

酒宴が批判されるのは当然だ。気象庁が昼2時、わざわざ「記録的な大雨となる恐れ」と警告を発したのに、「関係ねーよ」とドンチャン騒ぎをしていたのだから言い訳は通じない。すでにその頃、河川は増水し、土砂崩れが起きていた。

飲み会の様子を5日夜、ツイッターに写真付きで投稿し、批判を浴びている西村氏は12日の参院内閣委員会で、「大雨による災害発生時に会合をしていたかのような『誤解』を与え、多くの方が不愉快な思いをされた。反省している」と謝罪。10日にも同趣旨の反省の弁をツイッターに投稿したが、これが猛批判を招いている。西村氏のツイッターには、「なんだ、その開き直り」「誤解じゃなくて事実だったでしょ? 何を今更」「誤解って日本語の意味知ってますか」と批判が殺到している。

批判を招くのは当たり前だ。当日、西村氏が酒宴を楽しんでいたのは、「誤解」でも何でもなく、まぎれもない事実だからだ。西村氏が安倍首相らと一杯やり、赤ら顔で「いいなあ自民党」と投稿した5日夜、すでに西日本を中心に避難勧告や避難指示が出ていた。西村氏の地元・兵庫でも当時、各所で土砂崩れが起き、ケガ人も出ていたのだ。

■「なんでもありの『自由飲酒党』

被災者の救助活動を行う自衛隊を統括する立場にある小野寺防衛相もヒドイものだ。10日の会見で報道陣に突っ込まれ、「防衛省からは随時連絡が来ておりましたし、その都度指示を出しておりましたので、特に支障はない」と発言。こちらもネット上では「酔っぱらいの指示で自衛隊が動くなど、想像を絶する」「飲酒しながら指示出す防衛大臣。もうなんでもありの自由飲酒党」と大炎上している。

実際、指示を出していたというのは、どう考えても大ウソだろう。逆に、酔っぱらって指示していたとしたら恐ろしい話だ。小野寺氏は一体どんな指示を出していたのか。防衛省に問い合わせたが、「準備に時間がかかり12日中に回答できない」とのことだった。高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)はこう言う。

「2人とも政府の一員でありながら、『ゴマカせる』と考えているのでしょう。国民をなめているとしか思えません。ただでさえ対策が後手に回っていると指摘されているのですから、幼稚な言い訳などせず、黙って災害対策に取り組むべきです」

対策が後手後手になっていることについては、仏紙「ル・モンド」にまで、「政府が『非常災害対策本部』を設置したのは、公式記録で死者が30人以上に達していた8日午前中だった」と問題視されている。安倍政権に未曽有の災害対策はとても任せられない。

③安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

2018年7月13日

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233294

岡山の被災地を視察

この政権は完全にヤキが回っているのではないか。世耕弘成経産相のツイッターに批判が噴出している。国民が書き込んだツイートに逆ギレしているからだ。

 世耕大臣が怒りをぶつけたツイートは10日、女性名で書かれたもの。
<倉敷の友達が言ってた。「急に避難所に自衛隊が来てお風呂が設置された。クーラーがついた(略)何があるのかと思ったら安倍総理が来るんだって。あれアピールのために慌てて準備したんだよ。」と>

ツイッターの書き込み通り、11日に避難所を訪れた安倍首相は「早めにと思って」と、クーラーの設置を自慢している。

ところが、世耕大臣は<安倍総理視察とエアコン設置は全く無関係><無責任な情報を流さないでいただきたい>と、ムキになって反論しているのだから、どうしようもない。
国民の目に「安倍首相は被災地で“点数稼ぎ”をしようとしている」――と映るのは自然のことだ。なにしろ、豪雨発生から「66時間」も空白があったと批判されたために慌てて被災地に入っている。

■「加計問題」も終わる

実際、安倍首相が豪雨被害を政権浮揚、政権維持に利用しようとしていることはミエミエだ。13日には、被害が大きかった愛媛県に入った。これまで愛媛県の中村時広知事は、「加計問題」で安倍政権を批判してきたが、被災地復旧の支援をお願いする立場になり、もう「加計問題」で安倍批判はやれなくなるとみられている。政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「もし、安倍首相が本当に被災地のことを考えているなら、この時期に現地に入りませんよ。知事や市長の手を煩わせることになりますからね。愛媛の中村知事と会うのは『復興支援するから、これ以上、加計問題を口にするな』という脅しと取られても仕方ないでしょう。そもそも、被災地のことを最優先に考えているなら、国交大臣に“カジノ法案”の審議などやらせませんよ。『カジノ法案はどうでもいいから、被災地対策に専念してくれ』と指示しているはず。なのに、安倍首相はカジノ法案を優先している。よくも『被災者のために全力でやる』などと口にできたものです」

いつまでも国民がだまされると思ったら、大間違いだ。

④タイの洞窟から救出されたコーチと少年3人は無国籍だった。

「山岳民族の4分の1が無国籍」アムネスティは報告

安藤健二

2018年07月12日 ハフポスト

https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/11/stateless-cave_a_23480099/

タムルアン洞窟からの救出後、タイ北部チェンライの病院で手当てを受けている少年ら(タイ政府が7月11日に公開した動画より。この3人が無国籍なのかは不明)

少年サッカーチームの13人全員が、7月10日までにタイ北部のタムルアン洞窟から救出された。世界中の人々が見守る中、タイ海軍の特殊部隊員や国外のダイバーらが計90人体制で進めた快挙だったが、意外な事実が分かった。

救出された13人のうち、コーチの男性と少年3人の計4人がタイ国籍を持っていなかったのだ。このサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」の創設者であるノパラット・カンタウォンさんがAFP通信に明かした。

ノパラットさんは「少年たちにとって最大の希望は、国籍を取得することだ。彼らはチェンライ県外に遠征するのにも苦労していた」と説明した。身分証明ができないことで、移動が制限されるためだという。

■「彼らはプロのサッカー選手になれない」

アムネスティ日本によると、タイの山岳民族は全人口の約1.5%(約93万人)を占めており、彼らは200年以上前から中国から南下し、タイ北部にたどりついたと見られている。

1974年、タイ政府は山岳民族に国籍を与えることを決議したが、現在も4分の1が無国籍と言われている。国籍取得の条件が満たせないことや、満たしていても、政府の認定作業が遅れていることなどが原因だ。

前出のノパラットさんは「少年達は身分証明できないため、プロのサッカー選手になることもできない」とした上で、彼らにタイ国籍を付与する動きが始まったことも明かした。
世界的な注目を浴びた今回の救出劇。国籍問題でも少年たちに朗報が届くことを祈りたい。

⑤科学論文にご用心、大半は誤り 専門家が警鐘

2018年7月13日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3182351?act=all

【7月13日
AFP】数年前、2人の研究者が、あるクッキングブックの中で最も使用されている50種類の材料を取り上げ、がんのリスクや予防に関連付けられているものがいくつあるかを科学雑誌に掲載されたさまざまな論文を基に研究した。その結果は、塩や小麦粉、パセリ、砂糖など、50種類中40種類に及んだ。

「私たちが食べるものはすべて、がんに関係しているのではないか?」。研究者たちは2013年、自分たちの発見に基づく論文を発表し、そう疑問を呈した。

彼らの調査は、科学界において認識されてはいるものの依然、起こり続けている問題に触れていた。それは、一般化された結論を支持するのに十分な量の試料を収集して行われた研究があまりに少ないということだ。

だが研究者らへのプレッシャーや学術誌間の競争、革新的な発見を告げる新たな論文をメディアが常に渇望していることなどが原因で、こうした記事は掲載され続けている。

科学研究に関する専門家で米スタンフォード大学(Stanford
University)医学部のジョン・イオアニディス(John
Ioannidis)教授は「発表される論文の大半は、たとえ真面目な雑誌に掲載されたものであっても、かなりずさんだ」と語った。

質の悪い論文に手厳しい同氏は、2005年に書籍「Why Most Published Research
Findings Are
False(なぜ発表された研究結果の大半は誤りなのか)」を出版し、大きな話題となった。だが以降、改善は限定的にしか見られていないと同氏は話す。

■再現研究で同じ結果はまれ

一部の雑誌は現在、論文の執筆者らに対し研究計画書(プロトコル)の事前登録と未加工データの提供を求めており、これによってある結論に到達するために研究者らが結果を不正操作することがより困難になったと主張している。こうした方法を取ることで、論文を著者以外の人々が検証したり再現したりすることも可能になる。

というのも、研究を再現した場合に同じ結果が得られることはまれだからだ。2015年に実施された大規模な試験では、心理学の3大専門誌に掲載された100件の論文のうち再現に成功したのはわずか3分の1だった。

イオアニディス氏は、「生物医科学全体やその他の分野でも、統計学や方法学に関する十分な訓練を科学者らは受けていない」と指摘。中でも、「ダイエットは生物医学研究の中で最もひどい分野の一つだ」と述べ、さまざまな食品産業との利害衝突だけが原因ではないと説明した。この分野では、研究者らが出発点となる仮説すら立てずに、巨大なデータベースの中で相関性をやみくもに探していることもあるという。

最も権威ある医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of
Medicine)」は6月、2013年に話題となった心疾患に対する地中海式ダイエットの有効性に関する論文の撤回を余儀なくされた。理由は、すべての被験者が無作為に選択されたわけではなく、結果が下方修正されたためだ。

では、日々掲載される多数の論文の中から、われわれは何を選択すればいいのだろうか?
イオアニディス氏は、次のような問いかけを推奨している。結果が得られたのは1回のみの研究か、あるいは複数回か?研究規模は小さいか大きいか?無作為実験か?出資者は?研究者らに透明性はあるか?

こうした警戒心は、質の悪い研究論文が、まったく効果がなかったり有害であったりさえする治療法の採用につながってきた医療分野では必須だ。

科学論文の撤回を監視するブログ「リトラクション・ウオッチ(Retraction
Watch)」の共同創設者イバン・オランスキー(Ivan
Oransky)氏によると、こうした問題はメディア側からも生じている。メディアには、科学研究に内在する不確かさをより詳しく説明し、扇情主義にくみしない姿勢が求められるという。

AFPの取材に応じたオランスキー氏は「私たちが特に話題にしているのは、コーヒーやチョコレート、赤ワインに関する途絶えることのないずさんな論文の数々だ」「なぜわれわれは、今もああいう論文を書き続けているのか?もう終わりにしなければならない」と語った。

⑥人体のカラーX線写真、撮影に初めて成功 NZチーム

2018.07.13 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3182306?act=all&cx_part=carousel&cx_position=1&pid=20346447

足首を捉えた3DカラーX線写真。軟部組織と骨とが見て取れる。マーズ・バイオイメージング提供(2018年7月12日提供)

【7月13日
AFP】ニュージーランドの科学者チームがこのほど、人体の3DカラーX線撮影を世界で初めて実施した。撮像技術の開発に寄与した欧州合同原子核研究所(CERN)が発表した。医療診断分野の今後の向上にも期待が寄せられている。

従来の白黒のX線撮像技術に基づくこの最新装置には、CERNの粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」のために開発された粒子追跡技術が組み込まれている。LHCは2012年、質量の謎を説明する見えない粒子「ヒッグス粒子(Higgs
Boson)」を発見した。

今回のX線撮影についてCERNは、「カラーX線撮像技術は、従来のものと比べ、明瞭で正確な画像を生成し、より正確な診断を患者に提供する上で有用となると考えられる」としている。

CERNが開発した「メディピクス(Medipix)」と呼ばれる技術は、カメラのように機能し、シャッターを開放している間に画素に当たる個々の粒子を検出・計数する。この技術により、高解像度でコントラストの高い画像が生成できる。

開発者でニュージーランド・カンタベリー大学(University of
Canterbury)のフィル・バトラー(Phil
Butler)氏は、「今回開発された装置の画素の細かさとエネルギー分解能の精度の高さが意味するものは、他の撮像装置では実現することのできない画像も入手できるということだ」と述べる。

 CERNによると、カラー画像では、骨、筋肉、軟骨などの違いが非常にはっきりと分かるだけでなく、がん性の腫瘍などの位置と大きさを極めて明確に示されているという。

今回の技術はニュージーランド企業のマーズ・バイオイメージング(MARS
Bioimaging)が商品化を進めている。同社は装置の開発に協力したニュージーランド・オタゴ大学(University
of Otago)とカンタベリー大の関連企業だ。

(3)今日の重要情報

①安倍首相が豪雨災害66時間放置をなかったことに!和田政宗は朝日のただの被災地支援検証を「政権攻撃」と封殺

2018.07.12 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4122.html

西村康稔官房副長官がツイートした「酒飲んで、ワァーっというだけです」宴会

ここまで醜態は晒せるものなのか──。西日本豪雨の初動対応の遅れに批判が集まっている安倍首相だが、昨日、甚大な被害を受けた岡山県を訪問。そこで初動対応が遅れたという指摘が出ていることについて記者から質問された安倍首相は、こう言い放ったのだ。

「政府として一丸となって、発災以来、全力で取り組んでまいりました」

「発災以来、政府一丸」とは、一体どこの国の話だろう。「全力で取り組んだ」と言えるのは、迅速に災害に対応するための非常災害対策本部を設置してこそのこと。だが、安倍首相が同本部を立ち上げたのは8日の8時の話であって「発災以来、政府一丸」というのは完全な嘘だ。

しかも、何度でも繰り返すが、気象庁が「厳重な警戒が必要」と異例の緊急会見を開いたのは5日14時のこと。同日、避難勧告が数十万人に及ぶなかで、安倍首相は総裁選対策で「赤坂自民亭」なる内輪の宴会に参加した。しかも、この宴会後、エプロン姿の自民党・石田真敏議員と左藤章議員はテレビの取材に対し、「みんなと写真撮ったりね、いろいろ人も変わってワイワイ声も聞こえないくらい」と赤ら顔で答え、こうダメ押ししている。
「酒飲んで、ワァーっというだけです」

安倍首相と仲良く写真を撮って「酒飲んでワァー」というだけの宴会……。「一丸となって全力で取り組んで」いたのは、実際のところ、自民党の子飼い議員たちとの酒盛りではないか。

だが、酷かったのは安倍首相だけじゃない。この宴会の写真を嬉々としてSNSにアップし、〈笑笑
いいなあ自民党〉などと大はしゃぎで投稿していた安倍首相の側近である西村康稔・内閣官房副長官の釈明だ。西村官房副長官は昨日午後、こうツイートした。

〈週末の大雨による災害発生時に会合を開いているかのような誤解を与え、不愉快な思いを抱かせたことをお詫び申し上げます〉

「会合をやっているような誤解」……? いやいや、会合とさりげなく言い換えているがやっていたのは宴会だし、西村官房副長官が写真を投稿した証拠があるように、会合というか宴会はたしかに開催されていたし、誰も誤解なんてしていない。さっぱり意味がわからないのだが、つまり、5日は「大雨の被害が出ている最中」とは認めず、週末の6?7日にかけての豪雨のときに会合を開いていたわけじゃない、と主張しているのだろう。

これは到底看過できない発言だ。安倍首相や西村官房副長官がどんちゃん騒ぎをしていた5日は、大阪北部地震の震源地に近い茨木市や神戸市など多くの場所で土砂災害の恐れから避難指示が出たり、土砂崩れや河川の氾濫に怯え、一睡もできないような不安な夜を過ごす人びとが大勢いたのだ。

だいたい、問題になっているのは「不快な思いをさせた」とか、そういうことではない。なぜ、気象庁が警告を発するなかで、安倍首相を筆頭に政府は取るべき対応も取らず、酒盛りをはじめたのか、という危機意識の問題だ。だが、西村官房副長官は、この日「大雨の被害が出てい」たことを無視している。ようするに、責任逃れのために被害をなかったことにし、その上、「誤解を与えた」などと国民の受け取り方が誤っていると濡れ衣を着せるのだ。

和田政宗は、朝日のプッシュ型支援検証記事を「政権攻撃」と批判封じ

西村官房副長官といえば、第二次安倍政権の発足とともに内閣府副大臣に任命されて防災対策を担当し、2014年には『命を守る防災・危機管理』(プレジデント社)なる著書を上梓。その本の帯では、安倍首相が「数々の災害に、彼が最前線で指揮を執ってくれた」と推薦文を寄せているほどだ。そのような安倍政権の“災害対応のエキスパート”を気取ってきた総理側近が、政権の保身のために被害をなかったことにしようするとは、はっきり言って即刻辞職レベルの暴言だ。

しかも、耳を疑うような言い訳はこの人からも飛び出した。やはり豪雨被害が出ているなかで「赤坂自民亭」に参加していた、小野寺五典防衛相だ。言わずもがな、防衛大臣は自衛隊派遣の要請を受け指示をおこなう立場にあるが、9日の会見で小野寺防衛相はこのように開き直った。

「防衛省からは随時連絡が来ておりましたし、その都度、指示を出していたので、とくに支障はないと思います」

この国の防衛相は、酒を飲みながら自衛隊に対して指示を出していた、と堂々と発言したのだ。これは危険に晒されている国民と救助に向かう自衛隊員たちを同時に馬鹿にしているとしか思えない。

しかし、ネトウヨはこのような安倍政権が連発している「国賊」発言をまったく批判しない。いや、それどころか、自民党を代表するネトウヨのひとりである和田政宗議員は、世間からの批判をかわそうと、矛先を報道に向けはじめたのだ。

和田議員がもち出したのは、今朝の朝日新聞。それは「国のプッシュ型支援、被災直後は歓迎でも
ミスマッチも」と題されたもので、安倍首相が力を入れている「プッシュ型支援」の問題点を指摘した記事だ。

「プッシュ型支援」は、〈国が被災府県からの具体的な要請を待たないで、避難所避難者への支援を中心に必要不可欠と見込まれる物資を調達し、被災地に物資を緊急輸送〉(内閣府HPより)するものだが、記事では〈プッシュ型は被災直後の混乱期を乗り切るための措置〉であり、〈過剰に届いたりミスマッチが生じたりし、早い段階で被災地の求めに応じて物資を届ける「プル型支援」に切り替える必要がある〉と指摘。実際、愛媛県大洲市では、プッシュ型支援で届けられた仮設トイレが「管理方法が決まらず使っていない」状態にあるという。

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





















[2018/07/13 22:55] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行されたがそのうち44人は安倍晋三内閣の手によって殺された!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日木曜日(2018.07.12)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2588】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 65分29秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477839045

【今日のブログ記事】

■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行されたがそのうち44人は安倍晋三内閣の手によって殺された!

実に3人に1人の死刑囚がたった一人のサイコパス首相・安倍晋三と彼が任命した4人の法務大臣によって殺されたのだ!

これほどの憲法違反の『権力犯罪』が公然と行われている国は他にはない!

▲『死刑』は『人間の尊厳』を踏みにじり日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
__________________________________

▲【リスト1】安倍晋三首相と4人の法務大臣は44人の死刑囚を殺した!

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

20180712安倍晋三と法務大臣が失効した死刑の件数

▲【リスト2】5人以上の死刑囚を殺した法務大臣と内閣総理大臣 (1980-2018)

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

201807125人以上

▲【該当記事】オウム死刑執行】上川陽子法相のもとでの執行は計10人に 最多は鳩山邦夫氏の13人

2018.7.6 産経新聞

https://www.sankei.com/politics/news/180706/plt1807060025-n1.html

松本智津夫死刑囚らの刑執行を受け、記者会見する上川法相=6日午後、法務省

一連のオウム真理教事件をめぐり教祖だった麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら7人の死刑が6日に執行されたことで、上川陽子法相のもとでの死刑執行は計10人となった。

一時中断した執行が再開された平成5年以降では、鳩山邦夫法相在任時の13人が最も多く、谷垣禎一法相時の11人が続く。上川氏は長勢甚遠(ながせ・じんえん)法相時の10人と並んだ。

上川氏は26年10月に法相に就任し、27年6月に1人の死刑を執行。その後退任したが、昨年8月に再び法相に就き、同年12月に2人の死刑を執行した。

▲【画像】9名以上の死刑囚を殺した5人の法務大臣と内閣総理大臣

①第1次安倍内閣+福田改造内閣 で13名の死刑囚を殺した鳩山邦夫元法相(故人)

20180712鳩山邦夫

②第2次安倍内閣 で11名の死刑囚を殺した谷垣貞一元法相

20180711谷垣さだかず

③第1次安倍内閣 10名の死刑囚を殺した長勢甚遠(ながせじんえん)

20180712長勢じんえん

④第3次+改造安倍内閣 で10名の死刑囚を殺した上川陽子現法相

20180711川上陽子法相

⑤麻生内閣 で9名の死刑囚を殺した森英輔元法相

20180712森英輔

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2018/07/13 11:49] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/12のツイートまとめ
chateaux1000

加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」亡くなった俳優の加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」!生前繰り返し語った戦争への危機感と憲法への思いLiterahttps://t.co/pyzhLY7IQE https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:15

ソン・ヨンム国防長官「機務司令部の戒厳令文書」知りながら握りつぶしたハンギョレ新聞https://t.co/zwevOrGF5i https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:14

国防支出、目標倍増を=米大統領が要請-同盟国間に亀裂・NATO首脳会議2018年7月12日 時事通信https://t.co/6qJMcIlDfQ https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:13

賄賂の立証困難…文科省局長逮捕は“前川憎し”の忖度捜査か2018年7月12日 日刊ゲンダイhttps://t.co/BkelRaTD39 https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:11

三選の狙いは国家改造 この政権では「防災」は二の次だ2018年7月12日 日刊ゲンダイhttps://t.co/v7FxQSqNP6 https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:10

安倍首相の豪雨被災地ないがしろは続いている! 災害対応よりカジノ優先、宴会参加の官房副長官は自治体に責任転嫁 Literahttps://t.co/jrZId6nXmI https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 23:04

【該当記事】オウム死刑執行上川陽子法相のもとでの執行は計10人に 最多は鳩山邦夫氏の13人産経新聞https://t.co/c6I3DrhAI3 https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 22:52

総計 (1980-2018) 133 https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 22:48

* 1次(2006.09-2007.08)?2次以降(2012.12-)安倍内閣  総計 44 https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 22:48

4 安倍3改3 上川陽子 2017年8月3日 自民党 10__ https://t.co/06xrOp0W6L
07-12 22:48

続きを読む
[2018/07/13 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行されたがそのうち44人は安倍晋三内閣の手によって殺された!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日火曜日(2018年07月19日)午後10時から放送しました【YYNewsLiveNo2588】の放送台本です!

【放送録画】65分29秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477839045

☆今日の画像

■9名以上の死刑囚を死刑にした5人の法務大臣と内閣総理大臣

①13名の死刑囚を死刑にした鳩山邦夫元法相(故人)、第一次改造安倍内閣

20180712鳩山邦夫

②11名の死刑囚を死刑にした谷垣貞一元法相、第2次安倍内閣

20180711谷垣さだかず

③10名の死刑囚を死刑にした長勢甚遠(ながせじんえん)、第1次安倍内閣

20180712長勢じんえん

④10名の死刑囚を死刑にした上川陽子現法相、第3次+改造安倍内閣

20180711川上陽子法相

⑤9名の死刑囚を死刑にした森英輔元法相、麻生内閣

20180712森英輔

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第72回 (2018.07.12) 朗読

第7章 "誠実な通貨"の最後の抗争 P231-264

金貸しは、権力濫用、詭計、詐欺、暴力と、あらゆる手段を用い、通貨と通貨発行を支配し、最後には政府を支配する目的を達成する。歴史はこれを証明している。

ージェームズ・マディソン アメリカ第4代大統領

●金通貨の総攻撃を排除 P255-257

(1)今日のメインテーマ

■戦後の内閣(1980-2018)で計133人の死刑囚の死刑が執行されたがそのうち44人は安倍晋三内閣の手によって殺された!

実に3人に1人の死刑囚がサイコパス首相と安倍晋三が任命した法務大臣によって殺されたのだ!

これほどの憲法違反の『権力犯罪』が公然と行われている国は他にはない!

▲『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
_________________________________

▲【リスト1】安倍晋三首相と法務大臣が執行した死刑の数

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

20180712安倍晋三と法務大臣が失効した死刑の件数

▲【リスト2】5人以上の死刑執行を命じた法務大臣と内閣総理大臣 (1980-2018)

ソース:戦後内閣の死刑執行命令数 (Wikipedia)

https://goo.gl/1ffDaN

201807125人以上

▲【該当記事】オウム死刑執行】上川陽子法相のもとでの執行は計10人に 最多は鳩山邦夫氏の13人

2018.7.6 産経新聞

https://www.sankei.com/politics/news/180706/plt1807060025-n1.html

松本智津夫死刑囚らの刑執行を受け、記者会見する上川法相=6日午後、法務省

一連のオウム真理教事件をめぐり教祖だった麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら7人の死刑が6日に執行されたことで、上川陽子法相のもとでの死刑執行は計10人となった。

一時中断した執行が再開された平成5年以降では、鳩山邦夫法相在任時の13人が最も多く、谷垣禎一法相時の11人が続く。上川氏は長勢甚遠(ながせ・じんえん)法相時の10人と並んだ。

上川氏は26年10月に法相に就任し、27年6月に1人の死刑を執行。その後退任したが、昨年8月に再び法相に就き、同年12月に2人の死刑を執行した。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

① 安倍首相の豪雨被災地ないがしろは続いている! 災害対応よりカジノ優先、宴会参加の官房副長官は自治体に責任転嫁

2018.07.10 Litera

http://lite-ra.com/i/2018/07/post-4117-entry.html

平成で最悪となった西日本豪雨だが、安倍首相の初動対応への批判が止まらない。ついにはフランスの高級紙「ル・モンド」も、安倍首相の姿勢を疑問視し、2日間も放置しておいて「時間との戦い」と言い出したことを批判した本サイトの記事を紹介。同記事をリツイートした映画監督・想田和弘氏の〈首相はもはや自分が何をやっても主権者から罰せられないと感じているのだと思う〉というツイートを掲載した。

だが、国内に目を向けると、安倍首相の初動対応に批判をおこなっているのはほとんどがネットメディア。なかでも、十数万人に避難勧告が出されるなど警戒が高まっていた最中に安倍首相が総裁選を睨んで「赤坂自民亭」なる内輪の飲み会に参加していた問題を批判的に取り上げたのは、西日本新聞や静岡新聞、毎日新聞くらい。昔ならワイドショーがすぐに食いつきそうなネタだが、いまのところキー局で紹介したのはTBSの『Nスタ』『はやドキ!』『あさチャン!』くらいだ。

しかも、安倍首相が昨日になってようやく決めた外遊取りやめについても、多くのメディアは「豪雨対応を優先」「速やかに被災地域を訪れることも検討」などと報道。まるで安倍首相が英断したかのような伝え方だが、実際はネット上で初動対応に批判が高まっていたことから仕方なく決定しただけで、朝日新聞によれば〈首相官邸は最後まで実現を模索〉していたというのだから呆れ果てる。そもそも、与党の勝手で国会を延長しておいて緊急性のない長期外遊に出るという行動事態が異常で、実際に衆院議院運営委員会は安倍首相のこの出張を了承していなかったのだ。

こうしたメディアの弱腰に高を括ったのか、安倍政権はきょうも災害対応を疎かにし、被災地をないがしろにする行動に出た。被災地への対応に全力をあげるべき局面にも関わらず、安倍政権は内閣委員会の開催を強行、災害対応の先頭に立つべき石井啓一国土交通相を、なんと6時間も委員会に張り付かせるという信じがたい暴挙に出たのだ。

土砂崩れや浸水といった被害が相次いだのは6日午後?7日未明のことで、きょうは生存率が急激に下がる「発生後72時間」を迎えた。しかも、今回の豪雨では交通インフラが直撃を受け、避難所に救援物資が届きにくいという問題も起きている。さらに、被災地では暑さが襲っており、避難所生活への不安も増している。人命救助、被害状況の把握、インフラの復旧、被災者支援、仮設住宅や公営住宅の確保──こうした指示を出すのは、石井国交相の重要な責務だ。

だからこそ、野党6党派は昨日、菅義偉官房長官に政府は豪雨災害対応に最優先で取り組むよう申し入れをおこない、安倍首相や石井国交相といった担当大臣が最優先で災害対応に当たることを求めた。だが、自民党は「6時間の質疑をおこないたい」とし、反発する野党を尻目に自民党の柘植芳文委員長の職権で委員会開催を強行したのである。

すぐさま対応するべき問題が山積し、その上、きょうも11時過ぎに広島県府中町の榎川が氾濫するなど、いまだに被害は拡大しつづけているというのに、安倍政権は会期末までにカジノ法案を成立したいがために、こんなタイミングでさえ審議を続行するとは……。

ようするに、安倍政権はこの非常事態に「災害対応よりもカジノ審議」を優先させたのだ。

赤坂自民亭で大はしゃぎの西村官房副長官は「自治体がどう反応したか」と責任転嫁

安倍首相は「救命救助に全力を尽くします」「『できることはすべてやる』との考え方のもと、被災者の皆さんの生活支援に全力であたってまいります」などと言うが、実際は災害対応の指揮に立つ石井国交相を出席させてカジノ法案の審議を強行する。一体、この態度のどこが「全力」だと言うのだろう。

 しかも、安倍政権からは、びっくりするような言い訳も飛び出しはじめている。本サイトは昨日、「赤坂自民亭」に安倍首相と一緒に参加した西村康稔・内閣官房副長官が、宴会の模様を嬉々として投稿し、批判が高まると、被害状況や自衛隊の態勢にかんするデマを垂れ流したことを伝えたが(参照http://lite-ra.com/2018/07/post-4115.html)、この西村官房副長官が昨晩、『深層NEWS』(BS日テレ)に生出演。大雨特別警報が出ていながら犠牲者が多く出たことについて、西村官房副長官はこう主張したというのだ。

「それぞれの自治体が政府の呼びかけに対し、どう反応したか検証していくことが大事だ」

……政府の呼びかけ、だと? 気象庁が大雨では異例の緊急会見を開いて「記録的な大雨となる恐れ」「厳重な警戒が必要」と警告したのは、5日の14時だ。なのに、その夜に何事も起きてないかのように宴会を開き、いまにも氾濫しそうな河川の状況に不安で怯える人びとがいることも無視したのは、安倍首相や西村官房副長官をはじめ、自民党の面々ではないか。

いや、そればかりか、西村官房副長官は宴会後、言い訳するかのように〈地元明石淡路の雨は、山を越えた〉などと、現実とはかけ離れたデマまがいのツイートまでしていた。政府高官が公式アカウントで、警戒感を削ぐようなアナウンスをおこなっていたのである。
6日、気象庁が異常事態を警告したあと、安倍と菅は何をしたのか?

だいたい、西村官房副長官は「大雨特別警報」の発令を「政府の呼びかけ」にすり替えているが、本来、政府が災害時におこなうべき「呼びかけ」とは、第一に、安倍首相がカメラの前で強い警戒を求め、勧告が出ている地域の住民に対してただちに避難を促すこと、そして菅官房長官が随時、把握している状況を伝えることだ。

しかし、今回の安倍首相の対応はどうだったか。6日午後には福岡県、佐賀県、長崎県、広島県、岡山県、鳥取県、京都府、兵庫県に大雨特別警報が出され、気象庁も「重大な危険が差し迫った異常事態」と警戒を呼びかけたが、安倍首相は会見を開くこともなかった。その上、菅官房長官の午後の定例記者会見では、注意喚起をすることもなかったばかりか、被害が出ているなかで宴会を開いて複数の参加議員がSNSに写真を投稿していた問題を問われると、「大雨は官邸でも対応している」「大きなやるべきことをしっかりやっていれば問題ない」などと答えた。

さらに、翌日7日朝には岡山県倉敷市真備町の冠水をはじめ、多くの地域で大勢の人びとが救助を待っている現状が伝えられ、事態の深刻さは誰の目にもあきらかなものとなった。だが、安倍首相はそれでも非常災害対策本部の設置をおこなわず、15分間だけの関係閣僚会議を開くと、やはり記者会見をおこなうこともなく、さっさと官邸をあとにして渋谷の私邸に戻っていったのだ。

ようするに、大雨特別警報が出ても、安倍首相は何一つ国民に「呼びかけ」をすることはなく、政府としての態度を示す非常災害対策本部の設置さえしなかった。気象庁の緊急会見から約66時間、大雨特別警報の発令から約38時間ものあいだ、安倍首相は「緊急事態」であることを示さなかったのである。

このように、初動が遅れに遅れたというのに、西村官房副長官は「自治体が政府の呼びかけに対し、どう反応したか」などと言い、自治体に責任を押し付けようとする──。「災害対応よりカジノ」を優先させたことをあわせれば、安倍政権の非情さ、下劣さが、これでよくおわかりいただけるだろう。

 だが、こうした安倍政権の国民の命を軽んじつづけている実態も、海外では報じられても国内ではネット止まり。本日の参院内閣委員会で質疑に立った自由党・山本太郎議員は「7月8日午前、安倍総理が非常災害対策本部の初会合の際、『先手先手で被災地の支援に当たってほしい』と発言されているんですけど、この時点で完全に後手なんですよ。後手後手。完全に出遅れている状態」と指摘し、こう訴えた。

「多くの方々が命の危険に晒されたんですよ? 官邸のボケ具合で。実際に命を落とされたということにもつながっている可能性が高い。当たり前ですよね? 5日の時点で数十万人単位で避難勧告さえ出ていた状態なのに、政府として注意喚起がおこなわれていないじゃないですか」
「(カジノ法案の審議を)やってる場合かよ! カジノじゃないだろって。災害対応だろって、当たり前の話ですよ!」

この至極当然すぎる指摘が、果たして電波や紙面で伝えられることはあるのだろうか。

(編集部)

②三選の狙いは国家改造 この政権では「防災」は二の次だ

2018年7月12日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233187

市民生活への影響が長期化するのは避けられない見通しだ。広島や岡山など西日本を中心に175人もの死者を出した「平成30年7月豪雨」。自衛隊や警察、消防などは、11日も、気温30度を超える酷暑の中、80人近くに上る行方不明者の捜索活動を行った

被災した多くの自治体では、河川近くにあった水道施設が被害を受けたために断水が続き、いまだに復旧のメドが立たない状況。記録的な豪雨によって地盤が緩んでいる場所も少なくなく、引き続き土砂災害や河川の氾濫といった二次災害に対する警戒が欠かせないという。厳しい避難生活を余儀なくされる被災者の負担を思うと、やり切れないが、それにしても酷いのが未曽有の豪雨災害に対して明らかに後手後手に回っている政府のデタラメ対応だろう。

「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがある」。経緯を振り返ると、気象庁が異例の緊急会見を開いて豪雨への警戒を呼びかけたのは5日の午後2時。これを受け、2週間余り前に最大震度6弱を観測した「大阪北部地震」の直撃を受けた大阪や京都、兵庫では、大雨による土砂災害を懸念して計約16万人に避難勧告が出された。

さらに気象庁は翌6~7日に「数十年に一度レベルの非常事態」として、大雨特別警報を発令したのだが、安倍首相が関係閣僚会議を開いたのは、メディアで〈中国地方で多数の行方不明者が出ている〉などと報じられ始めた7日午前。政府が「非常災害対策本部」を設置したのは、気象庁の緊急会見から60時間以上も経った8日だ。

■初動対応に批判が出た韓国「セウォル号沈没事故」より酷い

官邸で開かれた対策本部の初会合で、安倍は「救命救助、避難は時間との戦い」なんてもっともらしく言っていたが、それならなぜ、もっと早く対策本部を立ち上げなかったのか。政府が主導し、各自治体が住民避難やライフラインの確保を強く呼び掛けていれば、少なくとも今より被害は抑えられていたはずだ。

 中四国地方を豪雨が襲った5~8日の首相動静を確認すると、安倍が公邸に宿泊したのは1日だけで、あとは都内の自宅でノホホンと過ごしていたから、危機意識ゼロ。2014年4月に韓国南西部の珍島沖で起きた「旅客船セウォル号沈没事故」では、救助活動の初動対応の遅れが問題視され、当時の朴槿恵大統領の「空白の7時間」に批判が殺到したが、今回の豪雨災害に対する安倍の鈍くささはそれ以上と言っていい。多数の死者、行方不明者が明らかになり、ようやく「平成最悪の豪雨災害」に気付いた安倍は、慌てて欧州や中東など4カ国の外遊中止を決定。11日は岡山・倉敷市の避難所を訪問して被災者の手を握り、「体に気を付けて」なんて声を掛けていたが、初動対応の遅れに対する世論批判をかわすためのパフォーマンスだったのは明々白々だ。

政治評論家の本澤二郎氏がこう言う。

「現地視察で初動対応の遅れを謝罪するどころか、開き直りの態度を見せてふんぞり返っている。全く理解に苦しみます。被災者に寄り添う姿勢を見せながら、一方ではカジノ法や参院定数増などの国会審議を強引に継続し、好き勝手やっている。これほど悪辣な政府、与党はありません」

被災者もはらわたが煮えくり返っているに違いない。

麻原死刑囚を信じたオウム信者と安倍政権の支持者の思想は共通する

〈災害から国民の生命と財産を守るため、これまでの災害から得た貴重な経験、教訓をしっかりと踏まえて、防災対策を不断に見直していくことが重要〉〈災害に際し、一人でも多くの人が被害から免れ生命が救われるよう、私が先頭に立って、ソフトとハードの対策を適切に組み合わせた総合的な防災対策に政府一丸となって取り組んでまいりたい〉

昨年1月の衆院予算委。近年、日本各地で多発している大地震や豪雨災害に対する政府の姿勢を問われた安倍はこう答弁していたが、今回の対応を見る限り、この言葉が詭弁、大ウソだったことがハッキリした。

仮に政府一丸となって防災対策に取り組んでいたのであれば、気象庁が異例の豪雨警報を出した当日夜に、首相出席の宴席が開かれることはなかっただろうし、国交相が「(河川氾濫は)ニュースで知った」なんて仰天発言するハズはない。今の国会審議もいったんストップさせて復旧、支援に取り組むのがスジだが、そんな話は一切ない。要するに安倍政権の「防災・減災」なんて口先だけで、本気で取り組む気はサラサラないのだ。

そもそもこの5年半、安倍が「先頭に立って」やってきたことといえば、特定秘密保護法の強行成立から始まり、武器輸出を認める「防衛装備移転3原則」の閣議決定や、集団的自衛権の行使容認など、米国と一緒に戦争するための国家改造だ。そのための手段として北朝鮮の脅威を煽り、防衛予算の拡大に血道を上げてきた。

6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針2018」では、「防衛力を大幅に強化する」と明記され、慢性的な赤字財政でも防衛費だけは特別扱いする方針が示された。防衛費(当初予算)は第2次安倍政権発足後の13年度から6年連続で増加。今年度は約4兆9388億円で、来年度は概算要求で過去最大の5兆円超になる見通しだ。

これに対し、急場の措置とはいうものの、安倍政権が「平成30年7月豪雨」の被災地支援のために支出を決めた金額はたった20億円。「武器」と「防災」のどちらを重視しているのかは一目瞭然ではないか。

■国民の生命、財産よりも軍拡優先の安倍政権はナチスと同じ

〈権力の座に就こうとする、あるいは一部就いた右翼やポピュリストたちは、民衆の不安や憎悪を煽り立てます。かつてのナチスで言えば、ユダヤ人がドイツ民族の脅威だと喧伝した〉〈ワイマール共和国からナチスへと移行した事実が示すように、民主主義から独裁への流れは皆知っているはずですが、今はその危険な流れへの過渡期にある気がします。小さな手順が踏まれていき、その先に何があるかを考える必要がある。私たちが権力をコントロールするという、民主主義本来の姿を取り返さないといけない〉〈あれよあれよという間に独裁体制が築かれ、気付いた時には誰も反対の声をあげられなかった。だからこそ立ち上がる時が大切なのです〉

月刊誌「世界」(岩波書店)の8月号。映画「ゲッベルスと私」の監督らが、ナチスと共通する現代の右傾化の要素について答えていたが、これは今の安倍政権の姿にも当てはまる。何せ国民の生命や財産よりも軍拡最優先なのだ。

戦前の日本も「国難だ」「非常時だ」という大義名分で陸海軍予算を肥大化させた揚げ句、軍事力の過信から自滅的な戦争を始めた。安倍が9月の党総裁選で3選したら、今以上に日本のナチ化が進むだろう。

戦前思想を復活させるために教育現場に不当介入し、原発もどんどん再稼働させる。それこそ、やりたい放題になるのだ。政治評論家の森田実氏がこう言う。

「頭の中にあるのは国民の生命、財産ではなく自分が3選することだけ。安倍首相という男は一体、何のために政治家になったのでしょうか。中国に『利して利する勿れ』(政治家は人民の利益だけを考え、自分の利益を図ってはいけない)ということわざがありますが、安倍首相は権力=利益の維持に汲々としている。国民はこんな政治を許してはなりません」

「なぜ、麻原のような男を(他の死刑囚は)信じたのか」。オウム真理教元代表の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑執行を報じた民放テレビのキャスターはこう嘆いていたが、恐らく良識ある国民は安倍の支持者にも同じ疑問を抱いているに違いない。最悪の事態を招く前に権力の座から早く引きずり降ろすべきだ。

③賄賂の立証困難…文科省局長逮捕は“前川憎し”の忖度捜査か

2018年7月12日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233199

本人は容疑を否認

「息子への加点は知らなかった」――将来の次官候補はそう供述しているという。

受託収賄容疑で逮捕された文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)は官房長時代の昨年5月、東京医科大側に私大支援事業の申請書の書き方をアドバイス。見返りに同大入試で息子を不正合格させた疑いだが、東京地検特捜部の調べに“裏口入学”との認識を否定しているというのだ。

受託収賄罪は、公務員が特定のお願いをされ、賄賂を受け取った場合に成立する。本件で特捜部が賄賂とみなすのが息子の裏口入学。佐野容疑者の供述は賄賂の認識を否定、容疑を否認するものだ。

「金品を渡したなら、目に見える証拠が残りやすいが、裏口入学のやりとりの立証は、ただでさえ困難。ましてや容疑者が否認すれば、状況証拠を積み重ねるしかない。次官候補と目された高級官僚が“どんな手を使ってでも合格させて”などと、あからさまに息子の裏口入学を依頼したとは考えにくく、あとは仲介役などを通じ、医科大側が息子の点数にゲタをはかせたことを、佐野容疑者が認識していたと立証できるかにかかっています」(元東京地検検事の落合洋司弁護士)

仲介役で特捜部の頼みの綱の医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司容疑者(47=受託収賄幇助容疑で逮捕)も容疑を否認。佐野容疑者の息子とみられるツイッターには昨年5月に〈浪人してよかった〉と意味深な書き込みがあり、昨年12月に〈センター(試験)16日前なのに俺セブ島で何してんだ〉とのんきに投稿していた。

昨年5月は、佐野容疑者が医科大側にアドバイスした時期と重なる。そのため、SNS上には「息子は裏口入学を知っていた」との見立てはあるが、佐野容疑者が息子に不正を伝えていない限り、決定的証拠にはならない。

「贈賄側の医科大の臼井正彦前理事長は在宅捜査中。77歳と高齢で身柄を取られるのを恐れ、特捜部に好都合な供述を重ねている可能性がある。収賄の証拠が医科大側の供述だけだと、公判維持は苦しくなるのではないか」(東京地検事情通)

最新号の週刊新潮によると、官邸は事実に反し、「佐野は前川喜平一派だ」と意図的に流していたという。折も折、国会では財務省職員ら計38人が不起訴となった森友文書改ざん問題を巡り、官邸の検察介入疑惑が浮上。次官候補の逮捕は省内の“前川残党”にニラミを利かせ、将来の検事総長といわれる森本宏特捜部長の箔をつける忖度捜査なのか

④国防支出、目標倍増を=米大統領が要請-同盟国間に亀裂・NATO首脳会議

2018年7月12日 時事通信

http://www.afpbb.com/articles/-/3182131?cx_part=latest

【7月12日 時事通信社】北大西洋条約機構(NATO)は11日の首脳会議で共同宣言を採択し、加盟国の国防支出を2024年までに国内総生産(GDP)比で2%以上とする目標実現に、揺るぎない意思で取り組むことを再確認した。しかし、国防支出負担が軽い加盟国への不満を強めるトランプ米大統領は各国首脳に目標の4%への引き上げを一方的に要請。同盟国間の亀裂の深さを印象付けた。

国防支出をめぐっては、18年は加盟29カ国中8カ国が目標をほぼ達成する見込み。ただ、ドイツを含め多くの国は2%への道筋を描けておらず、トランプ氏は「不公平だ」として同盟国批判をエスカレートさせていた。

共同宣言では「支出分担と同盟国としての責任のバランス改善に尽力する」との文言を盛り込み、トランプ氏に一定の配慮を見せた。一方、4%提案についてNATOのストルテンベルグ事務総長は記者会見で、「まずは2%に到達すべきだ」と述べるにとどめた。(c)時事通信社

⑤ソン・ヨンム国防長官「機務司令部の戒厳令文書」知りながら握りつぶした

2018/07/11ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00031079-hankyoreh-kr

ソン・ヨンム国防部長官が今月10日午後、ソウル龍山区国防部で国軍機務司令部の戒厳令宣布の検討や文書作成などの捜査を求める文在寅大統領の特別指示に対する立場を発表する前にあいさつしている=シン・ソヨン記者
3月、機務司令官が報告したが 「制度改善が優先」と後続措置講じず 捜査を促した大統領府の要求も無視
 文大統領「独立捜査団発足せよ」  インド歴訪中報告を受けて緊急指示

ソン・ヨンム国防部長官が今年3月に国軍機務司令部の「戒厳令文書作成」を報告されたにもかかわらず、捜査指示など後続措置を全く講じなかったことが明らかになった。また、大統領府が軍検察を通じて捜査を要求したが、制度改善が優先されるべきとして、それを無視したという。これに対し、インドを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、国防部長官の指揮を受けない軍独立捜査団が機務司の戒厳令関連文書やセウォル号遺族の査察を捜査するよう指示した。

キム・ウィギョム大統領府報道官は10日の記者会見で、「文大統領は、ろうそく集会当時、国軍機務司令部が戒厳令を検討する資料を作成したことと関連し、独立捜査団を構成して迅速かつ公正に捜査することをソン・ヨンム国防部長官に指示した」と発表した。ただし、独立捜査団は「国防部長官の捜査指揮を受けず、独立的かつ独自に捜査を進める」と述べた。

これと関連し、大統領府関係者はハンギョレとの電話インタビューで、「ソン長官は今年3月、イ・ソック機務司令官から関連内容の報告を受けており、文書の存在を含めて詳細な内容を把握していた」としたうえで、「事案の深刻性を考慮し、軍検察を通じた迅速な捜査を指示すべきだったにもかかわらず、これを行わなかった」と明らかにした。また、大統領府はソン長官に軍検察による捜査を要請したが、ソン長官が受け入れなかったという。大統領府関係者は「ソン長官が機務司の衛戍令・戒厳令の宣布を検討した文書と関連し、前・現職の軍関係者たちの処罰につながりかねないと判断したからか、捜査の実施を躊躇したと聞いている」と説明した。

実際にキム報道官は独立捜査団構成を指示した背景に「今回の事件に前・現職の国防部関係者たちが広範囲に関連している可能性」と共に、「現機務司令官が戒厳令検討資料を報告した後も、捜査が進まない点などを考慮した」と明らかにした。ソン長官の“なまぬるい態度”を独立捜査団の構成の主な理由に挙げたのだ。

大統領府は、文大統領が歴訪中に緊急指示を下したことについて、「(大統領府参謀陣が)事案の深刻性と波及力などに関する意見をインド現地にいる大統領に報告した」とし、「(大統領が)歴訪を終えてからの指示では遅くなると判断したようだ」と説明した。

国防部も同日、ソン長官が機務司文書を知った時点が3月末という事実を確認した。イ・ジンウ国防部副報道官は記者会見で、「国防部が機務司の戒厳検討文書をいつ知ったか」という質問に対し、「今年3月末頃に報告されたと聞いている」と答えた。しかし、当時戒厳令の書面報告などが公開されなかった理由については「その部分については把握していることがない」として、言及を避けた。

当時、国防部は機務司の戒厳令検討文書に対し、法理検討を行い、機務司令部が職務の範囲を超える「越権行為」をしたという結論を下したという。国防部関係者は「これを直ちに公開するよりは、機務司令部の改革に向けた判断根拠にした方が良いと判断したようだ」とし、「また、当時6・13地方選挙を控えており、この文書を公開した場合、政治的に誤解を招きかねないという内部的判断もあったという」と伝えた。

ソン長官は発表文を出して「独立捜査団の捜査過程で国軍機務司令部の違法事項が発見されれば、法に則って厳重に措置する」と明らかにした。

パク・ビョンス先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

(3)今日の重要情報

① 加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」

亡くなった俳優の加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」!生前繰り返し語った戦争への危機感と憲法への思い

2018.07.11 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4118.html

加藤の出演した『この子を残して』(DVD版)

今月9日、俳優の加藤剛氏が亡くなっていたことがわかった。80歳だった。

加藤剛氏といえば、30年近くにわたって続いた『大岡越前』(TBS)での大岡忠相役が印象的だが、もうひとつ知られている側面が、戦争を知る世代として、「俳優」の仕事を通して、平和への思いを伝え続けてきた姿だ。

 加藤氏は1962年にテレビドラマ版『人間の條件』(TBS)で本格的なデビューをしている。『人間の條件』では、第二次世界大戦中の満州を舞台に、激化する戦争のなかにおいても、自らの正義を貫き通す役を演じた。デビュー作が『人間の條件』であったということは、加藤氏の俳優としてのキャリアの方向性を決定づけたようだ。2015年4月12日付しんぶん赤旗日曜版で彼はこのように語っている。

「「人間の條件」で、平和な世の中をつくり、戦争に反対することが、僕の俳優という仕事の基本になりました。以来、どの作品に出ても、平和のために自分は何ができるかと考えてきました」

その後、加藤氏は『大岡越前』や、映画『砂の器』といった作品をヒットに導く一方で、「戦争」を題材にした作品にも多く出演している。木下恵介監督作品『この子を残して』では長崎で原爆により被爆した放射線医学の永井隆博士を演じ、また、舞台『コルチャック先生』ではユダヤ人孤児院の院長でナチスの弾圧のもとガス室におくられたヤヌシュ・コルチャックを演じた。

2014年の読売新聞のインタビューでも、「僕は戦争反対の一心で俳優を続けてきましたから、観客の心に平和への思い、弱い人への思いやりをこれからも与え続けられるよう、仕事を続けたい」(読売新聞2014年6月9日夕刊)と語り、その俳優人生をかけて戦争反対の思いを貫いてきたことを明かしている。

加藤氏のこうした反戦への強い思いは、加藤氏自身の生い立ちと無縁ではないだろう。
加藤氏は1938年に静岡で生まれた。東京方面に向かうB29から焼夷弾が落とされることも珍しくない環境で育つ。加藤氏はこの戦争で身内を二人も亡くしている。

ひとりは、実の兄のように慕っていた義兄。軍医だった義兄は北マリアナ諸島のテニアン島で頭部を撃たれて即死した。また、二番目の姉は結核を患っており、戦後の厳しい食糧難と物資不足のなかでまともな医療を受けられなかったことが災いして亡くなってしまった。まだ28歳の若さだった。

そんな加藤氏にとって、近年の日本の状況は看過できるものではなかった。特に、第二次安倍晋三政権以降の動きには、直接的な表現を用いて痛罵している。

「今の政権は、憲法違反の政権です。アメリカの戦争に協力するため、勝手に憲法の解釈を変えて、戦争法を通してしまった。
 安倍首相は、「国民に理解されていないから反対されている」などと言いますが、私たちは戦争への道を開くことになる法律だとよく理解しているから反対しているんです」(2015年11月29日付しんぶん赤旗日曜版)

戦争が終わったことで、「もう枕元に防空頭巾を置いて寝なくていいんだ」(15年4月12日付しんぶん赤旗日曜版)と心からの安堵を抱いた経験をもつ世代として、日本国憲法、特に9条は何ものにも代え難い希望だった。加藤氏は日本国憲法を「戦争で命を奪われた人たちの夢の形見」とまで呼んでいる。

「私は、憲法は、戦争で命を奪われた人たちの夢の形見だと思っています。多くの犠牲の上に、今の平和な世の中がある。だから私たちには、子どもたちのために憲法を守る使命があると思います」(15年11月29日付しんぶん赤旗日曜版)

しかし、その憲法がいま危うい立場に追いやられようとしている。この国は過去の教訓を忘れ、再び「戦争ができる国」へ戻る方向へ舵を切りつつある。その先にあるのは、70年以上前に体験し、二度と繰り返さないと誓ったはずの悲劇の再来だ。

加藤剛、桂歌丸が生前語った戦争への危機感「戦争を知らない人が、国を動かしている」
今月2日に亡くなった落語家の桂歌丸は、17年8月5日放送『報道特集』(TBS)で、戦争を知らない世代の政治家たちがまともな勉強もせず、安易な気持ちで戦争に関わる法整備へ踏み出すことを、「戦争を知らない政治家が戦争に触れるなと言いたくなるんです。戦争を知らなかったら、戦争をもっと研究しろって言うんです。戦争っていうのは良い物なのか悪い物なのか、この判断をきっちりとしろって言いたくなるんです。それをただ上辺だけで話しているからおかしくなっちゃうんです」と痛罵していた。同じことを加藤氏も語っている。

「国を動かしている人たちが、なぜそんな世の中にしたいのか、戦争を体験した僕にはまったく理解できません。本当の戦争というものを知らないからでしょうか」(15年4月12日付しんぶん赤旗日曜版)

戦争を知る世代が最期に残した「平和」への思いを、私たちはしっかりと受け止めなければいけない。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





















[2018/07/13 00:03] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/11のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公ファシスト政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』を如実に示している! - 杉並からの情報発信です https://t.co/41n1m01JYj
07-11 11:09

オウム死刑囚大量執行は口封じか…検察に全面協力していた井上嘉浩死刑囚の変心、再審請求に怯えていた法務省 - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ https://t.co/c2UGRor2JU
07-11 11:09

【今日のブログ記事】安倍政権のオウム真理教死刑囚7人『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』『ファシスト性』を如実に示している!https://t.co/fXyJ1HYXlh https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-11 10:14

【今日のブログ記事】■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』『ファシスト性』を如実に示している https://t.co/fXyJ1HYXlh
07-11 10:11

[07月10日]のつぶやきをまとめました ▶1番RTされたつぶやきは「【今日のブログ記事】■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定...」 https://t.co/W7jTUSIfOk #gbrt
07-11 07:23

[2018/07/12 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】,,■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパス(社会的人格者)の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』『ファシスト性』を如実に示している!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日木曜日(2018.04.26)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2539】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】73分09秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477393506

【今日のブログ記事】

■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパス(社会的人格者)の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』『ファシスト性』を如実に示している!
_____________________________________

▲【関連記事】 日本における死刑執行について (ドイツ人権政策委員談話)

https://japan.diplo.de/ja-ja/themen/politik/-/2116044

2018年7月6日 ドイツ人権政策委員談話

元オウム真理教教祖および元教団メンバーに対する死刑執行について

7月6日、日本において元オウム真理教教祖および6名の元教団メンバーの死刑が執行された。オウム真理教は1995年、東京で地下鉄サリン事件を起こし、同事件では多数の死者と何千人もの負傷者が出た。このテロ事件から20年以上が過ぎたが、事件の影響・後遺症に今なお多数の人々が苦しんでいる。

私たちは、この忌まわしい犯罪の被害に遭われた方々や犠牲者のご家族の方々の気持ちに寄り添いたい。その途轍もない苦しみが忘れ去られることは決してない。

他方、この犯罪がいかに重いものであろうとも、死刑を非人道的かつ残酷な刑罰として否定するというドイツ政府の原則的立場は変わらない。従って、ドイツは今後もEU各国とともに、世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。

ドイツと日本は、長きにわたり強い友情で結ばれてきた。その深い結びつきは、法の支配、民主主義、人権の尊重等の共通の価値に支えられている。だからこそ、意見の違いを率直に指摘するこもきわめて重要だと私は考える。東アジアにおいて価値を共有する最も重要なパートナーである日本と、死刑制度廃止の是非について一層活発な対話を進められるよう願っている。
_______________________________________

①安倍晋三は2012年12月の首相就任いらい現在まで29人の『死刑囚』を『処刑』した!

▲【画像1】安倍晋三首相『徴兵制の復活は私の歴史的使命』

20180711フライディ日本会議3徴兵制png

これはサイコパス=社会的人格者・安倍晋三の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』を示している!

②安倍晋三が任命した法相二人(谷垣貞一と上川陽子)はそれぞれ11人の死刑執行を命じた!

▲【画像2】谷垣貞一(さだかず)元法相

20180711谷垣さだかず

▲【画像3】上川陽子現法相

20180711川上陽子法相

▲安倍晋三内閣による死刑執行の数

 内閣総理大臣 法相  死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三 上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

▲【画像4】日本に関する死刑執行の統計

20180710死刑日本の統計

③『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
_________________________________

④『死刑』はアメリカ合衆国憲法修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】にも明白に違反した【権力犯罪】である。
___________________________________________________________________________

▲アメリカ合衆国憲法 修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】

Excessive bail shall not be required, nor excessive fines imposed, nor cruel and unusual punishments inflicted.

過度の保釈金が請求されることはなく、過度の罰金が科せられたり、残酷で異常な刑罰を課されることはない。
_____________________________________

その証拠に米国では、1972年6月の「ファーマン対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『死刑制度は米合衆国憲法修正第8条「残酷で異常な刑罰の禁止」の規定に違反する』として違憲判決を出したため、『死刑』は1976年まで全面禁止となった。(by Wikipedia)

しかし、1976年7月の「グレッグ対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『犯した罪の重大性と比較して過剰でない条件付で合憲』との判断を出したため、死刑制度が復活し翌1977年から死刑の執行も再開されたのだ。(by
Wikipedia)

米国では2018年1月時点で死刑制度を法律で規定している立法行政司法単位は、連邦+軍隊+30州の合計32であり、法律で死刑を定めていない立法行政司法単位は、20州+ワシントンD.C.+5自治領の合計26である。(by
Wikipedia)

⑤安倍晋三政権は2017年に20年近く実施されてこなかった『再審請求中』の死刑囚と『犯行時未成年』の死刑囚の死刑執行を始めて行った!

▲【該当記事】2017年の死刑判決と死刑執行

アムネスティインターナショナル日本

2017年 日本の概況 (抜粋)

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

日本では4人の死刑執行があった。執行は秘密裏に行われ、本人、家族、弁護人に前もって告知されることはなかった。殺人で死刑判決を受けた西川正勝と住田紘一は7月13日に大阪と広島の拘置所でそれぞれ絞首刑に処された。殺人や強盗で死刑判決を受けた関光彦と松井喜代司は12月19日、東京拘置所で処刑された。

2017年は、執行数が2013年以降で初めてわずかながら増加に転じた。

処刑された4人のうち3人は、再審請求中だった。再審請求中の執行は、1999年を最後に行われていなかった。

関光彦は、犯行当時19才で、日本の民法では未成年にあたる。犯行時19才の死刑は、1997年以来のことである。

再審中の、あるいは犯行当時未成年の者に対する執行は、国内外の法律が定める保護規定違反であり、20年間遵守されてきた法手続きからの逸脱を意味する。

死刑判決は、新たに3件あった。

134人が年末時点で死刑判決を受けていた。このうち、死刑確定者は、外国籍者6人を含め123人だった。

⑥安倍晋三政権は『死刑廃止』の世界的潮流に逆行している!

世界194カ国中、日本や米国(死刑制度があるのは32立法行政司法単位のみ)や中国など死刑を実施している国(42カ国、21.6%)は、死刑を実施していない国(152カ国、78.4%)と比較すると圧倒的に少ない。

▲【画像5】 死刑の潮流 1998-2017 (アムネスティインターナショナル日本)

20180710死刑の潮流1998-2017

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

                           
[2018/07/11 10:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/10のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■安倍政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』を如実に示している!https://t.co/3XHR6sSSxR https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 23:11

【YYNewsLive】■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公ファシスト政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』を如実に示している! https://t.co/3XHR6sSSxR
07-10 23:10

道民営化のためPFI法改定 世界各地の失敗を後追いするな2018年1月9日 長周新聞https://t.co/xLQTf8BTy2 https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:26

https://t.co/fqj3yCNVxK https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:25

オウム死刑囚大量執行は井上の口封じかオウム死刑囚大量執行は口封じか…検察に全面協力していた井上嘉浩死刑囚の変心、再審請求に怯えていた法務省2018.07.06 Litera https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:25

エジプトでの弾圧、フランスが武器やシステム供与で支援 NGO報告2018.07.03 AFP日本語版https://t.co/VN8u8qEfkH https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:24

トランプ大統領、最高裁判事に保守派のカバノー氏指名 右傾化一段と2018年7月10日 AFP日本語版https://t.co/tllb4YWKkW https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:23

【画像】死刑の潮流 1998-2017 (アムネスティインターナショナル日本)https://t.co/Lufx7pk6sw https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:05

世界194カ国中、日本や米国(死刑制度があるのは32立法行政司法単位のみ)や中国など死刑を実施している国(42カ国、21.6%)は、死刑を実施していない国(152カ国、78.4%)と比較すると圧倒的に少ない。 https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:05

⑤安倍晋三政権は『死刑廃止』の世界的潮流に逆行している! https://t.co/ofmvNrZ9ab
07-10 22:04

続きを読む
[2018/07/11 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパスの『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』と自公ファシスト政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』を如実に示している!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日火曜日(2018年07月10日)午後9時10分から放送しました【YYNewsLiveNo2587】の放送台本です!

【放送録画】73分09秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477393506

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第71回 (2018.07.10) 朗読

第7章 "誠実な通貨"の最後の抗争 P231-264

金貸しは、権力濫用、詭計、詐欺、暴力と、あらゆる手段を用い、通貨と通貨発行を支配し、最後には政府を支配する目的を達成する。歴史はこれを証明している。

ージェームズ・マディソン アメリカ第4代大統領

●ゴールド・プール その設置と破綻 (続き) P251-252

●特別引き出し権(SDR) P251-255

(1)今日のメインテーマ

■安倍晋三政権によるオウム真理教死刑囚7人の『一挙処刑』はサイコパス=社会的人格者の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』及び自公ファシスト政権の『憲法破壊』『恐怖政治』『暴力性』を如実に示している!
_____________________________________

【関連記事】▲日本における死刑執行について

https://japan.diplo.de/ja-ja/themen/politik/-/2116044

2018年7月6日 ドイツ人権政策委員談話

元オウム真理教教祖および元教団メンバーに対する死刑執行について

7月6日、日本において元オウム真理教教祖および6名の元教団メンバーの死刑が執行された。オウム真理教は1995年、東京で地下鉄サリン事件を起こし、同事件では多数の死者と何千人もの負傷者が出た。このテロ事件から20年以上が過ぎたが、事件の影響・後遺症に今なお多数の人々が苦しんでいる。

私たちは、この忌まわしい犯罪の被害に遭われた方々や犠牲者のご家族の方々の気持ちに寄り添いたい。その途轍もない苦しみが忘れ去られることは決してない。

他方、この犯罪がいかに重いものであろうとも、死刑を非人道的かつ残酷な刑罰として否定するというドイツ政府の原則的立場は変わらない。従って、ドイツは今後もEU各国とともに、世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。

ドイツと日本は、長きにわたり強い友情で結ばれてきた。その深い結びつきは、法の支配、民主主義、人権の尊重等の共通の価値に支えられている。だからこそ、意見の違いを率直に指摘するこもきわめて重要だと私は考える。東アジアにおいて価値を共有する最も重要なパートナーである日本と、死刑制度廃止の是非について一層活発な対話を進められるよう願っている。
_______________________________________

①安倍晋三は2012年12月の首相就任いらい現在まで29人の『死刑囚』を『処刑』した!

これはサイコパス=社会的人格者・安倍晋三の『冷酷さ』『残虐さ』『異常さ』を示している!

安倍晋三が任命した法相二人(谷垣貞一と上川陽子)はそれぞれ11人の死刑執行を命じた!

▲ 安倍晋三内閣による死刑執行

  内閣総理大臣  法相 死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三 上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

▲【画像】日本に関する死刑執行の統計

20180710死刑日本の統計

②『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】である。、
________________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
_________________________________

③『死刑』はアメリカ合衆国憲法修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】にも明白に違反した【権力犯罪】である。
___________________________________________________________________________

▲アメリカ合衆国憲法 修正第8条【残酷で異常な刑罰の禁止】

Excessive bail shall not be required, nor excessive fines imposed, nor cruel and unusual punishments inflicted.

過度の保釈金が請求されることはなく、過度の罰金が科せられたり、残酷で異常な刑罰を課されることはない。
_____________________________________

その証拠に米国では、1972年6月の「ファーマン対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『死刑制度は米合衆国憲法修正第8条「残酷で異常な刑罰の禁止」の規定に違反する』として違憲判決を出したため、『死刑』は1976年まで全面禁止となった。(by Wikipedia)

しかし、1976年7月の「グレッグ対ジョージア州事件」の連邦最高裁判決で『犯した罪の重大性と比較して過剰でない条件付で合憲』との判断を出したため、死刑制度が復活し翌1977年から死刑の執行も再開されたのだ。(by
Wikipedia)

米国では2018年1月時点で死刑制度を法律で規定している立法行政司法単位は、連邦+軍隊+30州の合計32であり、法律で死刑を定めていない立法行政司法単位は、20州+ワシントンD.C.+5自治領の合計26である。(by
Wikipedia)

④安倍晋三政権は2017年に20年近く実施されてこなかった『再審請求中』の死刑囚と『犯行時未成年』の死刑囚の死刑執行を始めて行った!

【該当記事】▲2017年の死刑判決と死刑執行

アムネスティインターナショナル日本

2017年 日本の概況 (抜粋)

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

日本では4人の死刑執行があった。執行は秘密裏に行われ、本人、家族、弁護人に前もって告知されることはなかった。殺人で死刑判決を受けた西川正勝と住田紘一は7月13日に大阪と広島の拘置所でそれぞれ絞首刑に処された。殺人や強盗で死刑判決を受けた関光彦と松井喜代司は12月19日、東京拘置所で処刑された。

2017年は、執行数が2013年以降で初めてわずかながら増加に転じた。

処刑された4人のうち3人は、再審請求中だった。再審請求中の執行は、1999年を最後に行われていなかった。

関光彦は、犯行当時19才で、日本の民法では未成年にあたる。犯行時19才の死刑は、1997年以来のことである。

再審中の、あるいは犯行当時未成年の者に対する執行は、国内外の法律が定める保護規定違反であり、20年間遵守されてきた法手続きからの逸脱を意味する。

死刑判決は、新たに3件あった。

134人が年末時点で死刑判決を受けていた。このうち、死刑確定者は、外国籍者6人を含め123人だった。

⑤安倍晋三政権は『死刑廃止』の世界的潮流に逆行している!

世界194カ国中、日本や米国(死刑制度があるのは32立法行政司法単位のみ)や中国など死刑を実施している国(42カ国、21.6%)は、死刑を実施していない国(152カ国、78.4%)と比較すると圧倒的に少ない。

▲【画像】死刑の潮流 1998-2017 (By アムネスティインターナショナル日本)

20180710死刑の潮流1998-2017

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/statistics_death_penalty_2018.pdf

(終わり)

(2)今日のトッピックス

① トランプ大統領、最高裁判事に保守派のカバノー氏指名 右傾化一段と

2018年7月10日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3181825?act=all

【7月10日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald
Trump)米大統領は9日、米連邦最高裁判所の判事に保守派のブレット・カバノー(Brett
Kavanaugh)連邦控訴裁判事(53)を指名した。上院で承認されれば最高裁は一段と右傾化することになる。

トランプ大統領はホワイトハウスで「カバノー判事は非の打ち所のない経歴と卓越した能力を持ち、法の下で公平に裁くことを証明してきた」とたたえた。

連邦最高裁のアンソニー・ケネディ(Anthony
Kennedy)判事は先月末、7月に退任する意向を表明していた。

②武装組織に拘束“安田純平さん”新映像入手

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180706-00000009-nnn-int

2018/07/06 日テレNews

3年前から行方が分からなくなり、シリアで武装組織に拘束されているフリージャーナリストの安田純平さんとみられる新たな映像を入手した。

安田純平さんとみられる男性「私はジュンペイだ。私は元気だ。家族の無事を願っている。ただ家族に会いたい。すぐ会えることを願っている」

NNNが入手した映像では、安田さんとみられる男性がカメラに向かって落ち着いた口調で話す様子が映っている。撮影された日付については、「2017年の10月17日だ」と語っている。

さらに映像では、「忘れないでほしい」「あきらめないでほしい」とも話している。

安田さんは2015年6月下旬にシリアに入ったとみられる。安田さんを拘束しているのは国際テロ組織アルカイダからの離脱を発表した「シリア解放機構」という武装組織とされている。

今週、シリアでこの組織に接触したという人物は、「安田さんの現在の健康状態は非常に悪い」と話している。

武装組織側としては、映像を公開することで、日本政府などに対して解放交渉を促したい狙いがあるとみられる。

③エジプトでの弾圧、フランスが武器やシステム供与で支援 NGO報告

2018.07.03 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3181056?act=all

【7月3日
AFP】フランスが2013年から5年間にわたり、エジプトのアブデルファタハ・シシ(Abdel
Fattah
al-Sisi)大統領率いる政権に対して武器や監視システムを供与し、同国で繰り広げられる弾圧に手を貸したと非難する調査報告書が2日、公表された。

この報告書はフランスとエジプトの人権団体4組織の委託を受けてまとめられたもの。これによるとフランスの対エジプト武器輸出額は2010~16年の間に、3960万ユーロ(約51億円)から13億ユーロ(約1670億円)に急増している。

さらに報告書は、フランス政府がエジプトの治安機関や法執行機関に強力なデジタル機器類を供給することで、あらゆる形態の異議申し立てや市民運動を根絶やしにする全体主義的な監視・管理システムの構築に手を貸したと非難した。

2013年にシシ氏がイスラム主義組織「ムスリム同胞団(Muslim
Brotherhood)」出身のムハンマド・モルシ(Mohamed
Morsi)氏を大統領の座から追い落して以来、同国で行われる「容赦ない弾圧」にもフランス企業が関与していたという。

報告書は大量のデータ傍受や、反対派や活動家ら数万人の逮捕につながった監視システムに利用される群衆整理に必要な技術をエジプトに輸出した仏企業の具体名も挙げている。
報告書に携わる組織の1つ、カイロ人権研究所(CIHRS)の所長は「2011年のエジプト革命は『フェイスブック(Facebook)世代』の人々が密接につながることで引き起こされた。彼らはどうすれば群衆を動員できるか知っていた」と述べたうえで、「現在はフランスが、抗議の意思表示を全て未然に阻止する全体主義的な監視・管理システム構築を通じて、この世代の弾圧に手を貸している」と付け加えた。

欧州連合(EU)はエジプトの政変を受けて2013年、市民らの弾圧に用いられる可能性がある機器類の対エジプト輸出の許可付与を加盟国が凍結したと宣言したが、報告書によれば少なくとも仏企業8社が「一連の弾圧から利益を得ている」という。(c)AFP


④オウム死刑囚大量執行は井上の口封じか

オウム死刑囚大量執行は口封じか…検察に全面協力していた井上嘉浩死刑囚の変心、再審請求に怯えていた法務省

2018.07.06 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4109.html

死刑を執行された麻原彰晃が87年に刊行した『超能力「秘密のカリキュラム」』
(健康編)

衝撃のニュースが飛び込んできた。一連のオウム事件で首謀者として死刑が確定していたオウム真理教教祖・麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚に死刑が執行され、さらに新実智光、早川紀代秀、井上嘉浩、中川智正、遠藤誠一、土谷正実という計7人の死刑囚にも次々と刑が執行されたのだ。1日に7人もの死刑執行は戦後前例がない。

死刑の是非についてはあらためて別稿で論じたいが、それ以前に問題なのは、一連のオウム真理教事件にはいまだ数々の謎が残っており、それが解明されないまま麻原死刑囚らの刑が執行されてしまったことだ。

これについては、被害者遺族からも「疑問や謎をもっと解明してほしかった」という声が上がっているほどだ。

たしかに、政権にとって今年の死刑の執行は最良のタイミングだった。来年には天皇の退位、新天皇の即位と祝賀行事が続く。再来年は東京オリンピックがあり、国際社会の注目も高まるなか死刑を執行すれば国際的に強く批判されることになる。だから“今年中に”ということは既定路線だったはずだ。

しかし、それでも、こんなにすぐに、オウム事件の死刑囚13人中7人を一気に執行するというのは異常としか言いようがない。

しかも、13人の死刑囚のうちなぜこの7人が選ばれたのかもまったく不明だ。たとえば初期の坂本弁護士一家殺害事件の死刑確定囚からはじめたというわけでもなければ、全員が日本最悪のテロ事件である地下鉄サリン事件の確定死刑囚ということでもない。また死刑の確定順かといえば、そうではない。これについて本日午後行われた上川陽子法務大臣の会見でも説明さえなかった。

オウム事件に詳しい複数のジャーナリストや司法記者に訊いても、何が基準かについては、首をひねるばかりだ。「なんとなく知名度の高い受刑者を選んだだけではないのか。国民栄誉賞の人選じゃあるまいし」と語る記者もいたほどだ。

しかし、もしかしたらこうした疑問を解く鍵になるかもしれない事実がひとつだけある。それは、7人のなかに井上死刑囚が含まれていたことだ。

井上死刑囚といえばこれまでの一連のオウム裁判で、検察のシナリオに沿って、検察の都合のいい証言を続けてきた“最重要人物”だ。

たとえば、17年間の逃亡の末逮捕された高橋克也受刑者は地下鉄サリン事件や目黒公証役場事務長拉致監禁致死事件の関与に関して、「サリンとは知らなかった」「被害者の仮谷清志さんに注射を打つことも知らなかった」と主張したのに対し、井上死刑囚は「サリンを撒くから運転手をするように」「仮谷さんが暴れないようにクスリを打って眠らせることを高橋被告に確認した」と有罪の根拠になる重要な証言をしている。だが一方で井上死刑囚は逮捕当時「(仮谷さんの注射について)高橋は知らなかった」とまったく逆の供述をしていたのだ。

さらにこの際、麻酔薬を投与した中川死刑囚から「ポア(殺害)できる薬物を試したら死んだと聞いた」とも証言しているが、中川死刑囚はこれを否定。さらにその場にいた元医師の林郁夫受刑者も「井上証言はあり得ない」と証言している。それだけでなく殺害された仮谷さんの長男でさえ、中川死刑囚の殺害示唆を「信じがたい」と井上証言に疑問を呈したほどだ。

また井上死刑囚は、宗教学者のマンション爆破などが問われた平田信受刑者の裁判においても、事件前に平田受刑者に「これから『やらせ』で爆弾をしかけると言った記憶がある」と事前共謀、計画があったことを証言し、「何も知らなかった」と主張する平田受刑者と対立している。

平田受刑者はともかく、すでに死刑が確定していた中川死刑囚が、殺意を否定するという嘘をつく理由はない。一方の井上死刑囚は、数々のオウム裁判において「これまで誰も知らなかった」新証言を不自然なまでに繰り出し、多くのオウム被告たちを“より重罪”へと導いていったのだ。

検察のストーリーに乗った証言でオウム信者を重罪に導いてきた井上嘉浩

井上証言のなかでもとくに大きかったのが、地下鉄サリン事件における麻原死刑囚の関与の証拠とされた、いわゆる「リムジン謀議」についての証言だった。

地下鉄サリン事件の2日前の1995年3月18日、麻原死刑囚は都内の飲食店で会食後、井上死刑囚、村井秀夫、遠藤死刑囚ら幹部を乗せたリムジン内で、公証役場事務長拉致をめぐるオウムへの警察の強制捜査を阻止するために地下鉄にサリンを撒くことが提案され、麻原死刑囚もそれに同意したとされる。これが麻原死刑囚の地下鉄サリン事件関与の証拠となったが、しかし、それを証言したのは井上死刑囚だけだった。

逆に、この井上証言がなければ、麻原死刑囚を有罪とする法的根拠はなかったとの見方もある。

数々のオウム裁判で「これまで誰も知らなかった」新証言を不自然なまでに繰り出し、多くのオウム事件の被告たちを“より重罪”へと導いてきた、井上死刑囚。だが、他のオウム被告たちの証言はことごとく食い違っており、検察が公判を維持するために描いたストーリーに無理やり沿っているとしか思えないものだった。

 そのため、井上死刑囚と検察との関係をめぐっては、さまざまな疑惑がささやかれてきた。長年オウムの取材を続けてきた公安担当記者の多くもこんな見方を述べていた。

「井上死刑囚の取り調べの過程で、検察はオウムへの帰依や洗脳を捨てさせる一方で、逆に検察への逆洗脳を誘導したとみられています。その後、井上死刑囚は、まるで“検察真理教”となったがごとく、検察にとって有利な証言を繰り返し、“有罪請負人”の役割を果たしてきた。オウム事件は多くの信者が関わり、その役割は物証ではなく彼らの証言に依存せざるを得なかった。そしてその見返りとして、ある種の司法取引があった可能性が高い」

実際、井上死刑囚は、一審ではオウム事件で死刑を求刑された者のなかで唯一、無期懲役の判決を受けている。結局、二審では死刑判決に変わるが、それでも、執行を遅らせる、すぐには執行しないなどというような暗黙の取引があったのではといわれていた。

だが、今回、井上死刑囚もまた死刑を執行されてしまった。すべてのオウム裁判が終結したことで、もう用無しになったということなのか。

もしそうならとんでもない話だが、実はもっとグロテスクな裏があるという指摘もある。それは、今回の死刑執行が法務・検察による口封じだったというものだ。

井上が再審請求をした日に7人の死刑囚を執行準備のため移送

前述したように、検察のストーリーに沿って、多くのオウム被告たちを“より重罪”へと導いてきた井上証言だが、その証言内容については、根本から再検証すべきではないかという声があがっていた。

とくに大きかったのは、3年前、当の司法からも井上証言に疑問符がつけられたことだ。2015年11月、17年間の逃亡の後逮捕された菊地直子氏は、一審では実刑判決だったものが一転、高裁で無罪となる。その際、一審有罪の根拠となった井上死刑囚の証言の信用性についても、高裁は「(井上証言は)不自然に詳細かつ具体的で、信用できない」として認めなかったのだ。

数々のオウム裁判の方向性を決定づけてきた井上証言の信用性に疑問符がついたことで、司法界やジャーナリストのあいだでも、その他のオウム事件についても再検証が必要ではないか、という声が高まっていた。

そして、井上自身にも大きな姿勢の変化が現れていた。今年3月14日、まるでそういった動きに呼応するように、自らの事件について再審請求をしていたのだ。弁護人によると「死刑を免れたいわけではなく、事実は違うことを明らかにしたい」と語っていたという。

そのため、一部では井上死刑囚が再審で、検察のストーリーに沿って虚偽の証言をしていたことを自ら認め、真実を語るのではないかという声があがっていた。

もちろん、井上死刑囚が再審でこれまでの証言を翻しても判決は変わらない。しかし、もし本当にそんなことになったら、それこそ、麻原死刑囚はじめ、他の死刑判決の信用性が根底からひっくり返り、検察と裁判所はメディアから大きな批判を浴びることになる。また、再審は阻止しても、もし井上死刑囚が本当にそう考えているなら、メディアにそのことを語る可能性もあった。

法務省はこうした井上死刑囚の変化を察知して、井上死刑囚が真実を語る前に、刑の執行を急いだのではないか。そんな疑いが頭をもたげてきたのだ。そして、井上死刑囚だけがクローズアップされないように、複数のオウム死刑囚を一気に執行した。

麻原死刑囚以外の6人の死刑囚が執行準備のために一斉に東京拘置所から各地の拘置所に移送されたのは、井上が再審請求をした3月14日のことだった。これはたんなる偶然だろうか。

もちろん、これらの見方は推測の域を出ない。しかし、タイミングは偶然だったとしても、今回の死刑執行によって、一連のオウム裁判の鍵を握っていた井上が真実を語る機会がつぶされ、井上死刑囚と検察の取引疑惑や、地下鉄サリン事件での「リムジン謀議」をはじめとする数々の“真相”が永遠に封印されてしまったことには変わりはない。

さまざまな謎を残したカルト事件は、事件首謀者たちの“異様な”死刑執行によって歴史の闇へと消え去ろうとしている。いや、国家権力が葬り去ろうとしているのだ。

(編集部)

(3)今日の重要情報

①水道民営化のためPFI法改定 世界各地の失敗を後追いするな

2018年1月9日 長周新聞

https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/6452

だれもが人間生活に欠かせないライフラインと認める水道。安全な水が届かなければたちまち料理も洗濯も困難になり、農漁業や製造業もできなくなる。水道が止まった時の厳しさは、震災や豪雨災害を受けた被災地の現実を見てもはっきりしている。

だがこの「水」の安定供給を脅かす法整備が急ピッチで動き出した。安倍政府が成立を急ぐ「PFI(民間資金を活用した社会資本整備)法改定」は、水道事業の売却を促進する内容である。すでに水道事業民営化は欧米でも中南米でも、極端な料金値上げや水質悪化を招き、世界で約180自治体が公営に戻している。水道民営化がなにをひき起こしたか、現実を直視することが不可欠になっている。

安倍政府は、地方自治体が運営する公共インフラの民間売却を促進するため、PFI法改定案を今月22日招集の通常国会に提出する。これまで上下水道や公共施設の運営権売却には「地方議会の議決」が必要だった。それを改定案で「地方議会の議決は不要」とし、自治体が条例を定めただけで売却可能にすることが眼目だ。地方自治体の承認が必要だった料金改定も、運営企業が料金を決めその額を通告するだけで手続完了にする。それは住民の批判意見を無視して上下水道事業の民間売却を強行し、営利企業による自由な料金値上げを認める内容である。首相をトップとする相談窓口をもうけてインフラの民間売却に携わる自治体や民間企業を国をあげて全面バックアップするほか、運営権売却にかかる自治体の財政負担の一部減免も盛り込んだ。

全国の水道事業は水道管などの老朽化が進み、設備の更新・保守点検が不可欠な時期に来ており、国土交通省は上下水道などインフラの年間維持費が2013年度の3・6兆円から大幅に増え、2030年度に5・1兆円に達すると見込んでいる。ところが安倍政府は、設備更新に必要な予算を配分するのではなく、「民間のより自由な運営を促し、サービスの効率化や質の向上につなげる」と主張し、運営権を売却する「公共施設等運営権制度(コンセッション)」方式を推進した。それは民間企業主導で人減らしやコスト削減を実行させることが目的である。

そうした動きに対し、一昨年3月には奈良市で上下水道のコンセッション方式導入に向けた条例改正案を市議会が否決した。大阪市でも昨年3月、橋下徹前市長が提案した水道事業民営化関連議案を大阪市議会が否決した。

昨年3月には民間企業による自由な料金改定を認め、災害時には地方自治体が運営企業に復旧費を援助する内容を盛り込んだ水道法改定案を閣議決定したが、これも水道民営化を危惧する地方自治体や地方議会の批判世論を反映し、昨年9月に廃案となった。そのなかで今回は市議会における論議すら認めず、首長の一声で水道民営化を実行できるPFI法改定に着手している。

参入する民間企業は海外の水メジャーである。昨年10月末、水メジャーのヴェオリア(仏)やオリックスなど6社の企業連合が浜松市と下水道施設の運営権売却について正式契約を結んだ。企業連合は今年4月から20年間事業をおこなう予定で、従来の事業費と比べ14%(87億円)のコストダウン実現を目標に掲げた。企業連合が浜松市に払う運営権対価は25億円で、コスト削減をするほどもうけ部分が大きくなる仕組みだ。ヴェオリアにとどまらず、スエズ(仏)、シーメンス(独)、GE(米)、IBM(米)など欧米の水メジャーが日本の水市場を虎視眈眈と狙っている。安倍政府が推し進める水道事業民営化は、日本の水市場を国主導で外資大手の餌食にする道へ通じている。

水質悪化も改善されず 先行した欧米諸国の実例

内閣府はフランスが上水道の6割、下水道の5割を民間が運営している例などをあげ「海外では水道の民営化が時代の流れ」と吹聴している。だが世界の主要都市では民営化した上下水道事業の「再公営化」が潮流になっている。

フランス・パリでは1985年から25年間、スエズとヴェオリアの子会社が給水事業をおこない、浄化・送水・水質管理業務は、SAGEP社(パリ市が70%を出資)がコンセッション契約で担当した。すると2009年までで水道料金が2・5倍以上にはね上がった。水道管が破損しても送水管や給水管の境界が不明確であるため、2つの水道会社が工事を押し付けあい、トラブルが続出した。

高い水道料金と漏水工事が遅遅としてすすまない現実に住民の怒りが高まるなか、2001年に当選した新市長が2010年1月から再公営化した。これ以後、民営化契約の解除や更新を拒否する自治体が増加し、グルノーブル(仏)、ベルリン(独)やアレニス・デ・ムント(スペイン)も民営化を公営へ戻している。

米アトランタ市は1998年に市営水道事業をUWS社(スエズの子会社)に委託する契約を締結した。全米最大の水道事業民営化で、国際的に注目を集めたが、わずか4年間で契約解除となった。配水管が壊れてまともに給水できなかったり、泥水の噴出があいついだからだ。住民の通報を受けても修繕工事は遅遅として進まず、水道の蛇口から泥水が出る生活を強いられるなか、再び市営に戻す動きとなった。アメリカではインディアナポリス市(10年)、オークランド郡(14年)も再公営化している。

民営化の先進例と宣伝されてきたイギリスも、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4地域のうち、北アイルランドは直営で最初から民営化しておらず、スコットランドは公社が運営している。民営化の道を歩んだウェールズも12年後に、地元投資家が設立した非営利事業団体が水道会社(米国資本)を買収し非営利の経営に変えている。

ロンドンを含むイングランドだけ1989年から外資に依存した水道民営化を継続しているが、その後10年間で水道料金は値上がりし、水質検査の合格率は85%に低下し、漏水件数は増加した。イングランドでは質の悪い水に高額な水道料を支払ったうえ、いつ外資の都合で水の安定供給を止められてもおかしくない状態に置かれている。

貧困世帯への給水停止 中南米やアフリカの実例

ボリビアで水メジャーに抗議する人々

水道事業民営化は欧米資本が世界各国の市場をこじ開けるテコにしてきた。インフラの根幹を支配すれば、国全体を容易に支配できるからだ。新自由主義施策の具体化で欧米資本が殴り込みをかけた中南米でも、住民のたたかいで水道事業民営化を公営へ戻す都市が多数出ている。

「水戦争」で知られるボリビア・コチャバンバは世界銀行監視下で1999年9月、市営上下水道を民営化した。不透明な入札を経て、ボリビア政府は水道事業を米企業ベクテルに売却した。ベクテルはすぐ水道料金を3倍に引き上げ、住民が貯水槽に貯めていた雨水の料金まで請求した。一方、料金を払えない世帯への給水は即停止した。こうした横暴なやり方に批判が高まり、抗議行動が始まった。警察や軍が武力弾圧に乗り出しても市民は行動を継続した。政府にベクテルとの契約破棄を求める住民投票では賛成が過半数を得て圧勝した。この結果を政府は無視したが、住民の1週間をこすゼネストでボリビア政府に敗北を認めさせた。ベクテルは2004年4月に撤退をよぎなくされ、コチャバンバの水道事業は7カ月で公営に戻った。

ボリビアの首都ラパスも1997年に同市と近隣のエルアルト地区の水道サービスをスエズ子会社に任せ大矛盾となった。スエズ子会社は全住民に給水するという約束を守らず、貧困層の20万人には給水しなかった。さらに水道の接続料として450米ドル(貧困世帯の2年分の生活費に匹敵)を請求した。下水施設の整備も同市の貧民街に溝を掘って汚水を流すものだった。

貧困層が暮らす地域の学校や病院が水がないため運営できなくなるなか、住民は大規模なストでスエズ撤退を要求した。10年間のたたかいを経て2007年に大統領を退陣に追い込みスエズを撤退させた。水道事業を公営に戻した新大統領は「水を民間ビジネスに委ねることはできない。水道は基礎的なサービスとして、国家が担い続けなければならない」と表明した。

スエズとアグアス・デ・ビルバオ(スペイン)の2社が参入したウルグアイでは、高い料金で水を得られない住民が続出した上、いい加減な水源管理でラグーナ・ブランカ湖の水を干上がらせた。さらに民営化に伴う契約料すら支払わない事態となった。ウルグアイではこの営利企業を住民運動で撤退させ、2004年の憲法改正で「水へのアクセスは人権で、上下水道サービスは中央政府が管轄するべき」という規定を追加している。

そのほか、汚水垂れ流しで肝炎を大流行させたベクテル子会社を撤退させたエクアドル、水道民営化を拒絶し続けているコロンビアのボゴダ、下院が水道民営化を否決したパラグアイ、裁判所が下水インフラの民営化に否定的な判決を下したニカラグア、一端民営化したが公営に戻したアルゼンチンのブエノスアイレスやトゥクマンなど、中南米では水道事業の公営堅持が時代の流れになっている。水メジャーが乗り込んだ反面の実体験からライフラインを破壊する欧米の水メジャーを排除し、水道事業を公営で堅持する世論と行動が強まっている。

アフリカ地域では水道事業民営化がコレラの流行を引き起こした。

南アフリカは1955年の自由憲章で水資源を公的に管理する方向を明確にしていたが、1994年にIMF主導で水道事業民営化を押しつけた。スエズやバイウォーター(英)が参入した結果、水道料金は6倍にはね上がり、料金未納で1000万人以上の水道が給水停止となった。多くの住民が汚染された小川や遠くの井戸、池、湖から水を得るしかなくなりコレラが大流行した。クワズールーナタル州だけで12万人もコレラに感染し、300人をこす死者が出た。それでも民間水道会社はなにも対策をとらず、政府が給水車を出して救済にあたった。こうした経験を経て住民は水メジャーが設置したプリペイド式メーターを壊して民営化反対の運動を展開し、2002年末に一定量の水道水を無料化した。アフリカではマリやガイアナ、モザンビーク、ダルエスサラーム(タンザニア)なども民営化した水道事業を国営に戻している。

ナイジェリアで水道民営化に反対する住民

投機の具にして生活破壊 アジアでの実例

アジアでも水道事業民営化が深刻な生活破壊をもたらした実例がある。

フィリピン・マニラでは1997年に民営化し、スエズを含む複数の民間企業でつくるマニラッド・ウォーター・サービシズ(西地区)とマニラウォーターカンパニー(東地区)と契約した。当時約束したのは①水道料金の引き下げ、②2006年までにエリア内の市民すべてに水道を行き渡らせ水道管の漏水を大幅に減らす、③2000年までに世界保健機関(WHO)が定める水道水と下水排水の水質基準を満たす、というものだった。

だがマニラッドもマニラウォーターも料金を大幅に引き上げた。しかもマニラ西地区は2003年10月にはコレラが大流行し、7人が死亡し600人以上が感染した。フィリピン大学は事後調査で水道水が大腸菌で汚染されていたことを明らかにした。水質向上が実現していないことは明白である。さらにマニラッドは貧困層が住む地域への水道管敷設を拒み、水道が届かない人に水を分けたり売ることまで禁じている。

アジア地域でも97年にベトナムがスエズとの下水道契約を打ち切り、2005年にはマレーシアで水道事業民営化法を撤回させている。カトマンズ(ネパール)やクアラルンプール(マレーシア)、ジャカルタ(インドネシア)などが民営を公営に戻した。イギリスの公共サービス国際研究所の調査によれば、2000年以後15年間で上下水道の再公営化に踏みきった都市は世界で約180都市(35カ国)にのぼっている。

こうした反面の先行事例の教訓から、再公営化の世界的な流れに逆行し、いまだに水道事業民営化を推し進めるのが安倍政府である。もともと水道民営化の動きは2001年の小泉改革から始まった。物流部門の規制緩和や郵政民営化に続いて水道法を改定し、これまで市町村運営だった水道事業に民間企業の本格参入を可能にした。

そして2013年4月には、米ワシントンDCにある超党派シンクタンクCSIS(米戦略国際問題研究所)で麻生太郎が講演し「日本の水道をすべて民営化します」と公言した。それは欧米企業が日本の水事業に自由に参入できるようにするという宣言だった。水道施設、水源地がみな欧米企業に乗っとられた場合、水は自由に飲めなくなり、水質汚染で病気感染が拡大するのは世界各国の豊富な事例が証明している。それは農漁業、製造業など全産業にかかわる問題であり、国の存亡にかかわる問題である。

歴代政府は電信電話公社を民営化して電話や通信部門を欧米企業に明け渡し、アメリカの要求にそって国鉄を民営化した。その結果がJR宝塚線の大事故であり、昨年は新幹線のぞみを台車に亀裂が入ったまま走行させ、あわや大惨事という事態を招くことにつながった。郵便事業の民営化も、国民の資産である郵貯資金を外資が食い物にすることを認め、全国の僻地の郵便局を「不採算」と称して閉局に追い込んでいくものだった。その延長線上で国民生活に不可欠な水道事業まで民営化し、外資の参入を野放しにした場合、良質な水の安定供給が危機に陥るのは必至である。とりわけ僻地や貧困世帯が暮らす地域では「不採算」や「料金未納」を理由にした給水業務うち切りも現実味を帯びている。

水という人間生活に欠かせない社会インフラが私企業の利潤追求の道具として握られ、カネがなければアクセスできないという本末転倒が真顔でやられている。それは郵便物を届けるという郵便局本来の役割を否定した郵政民営化や、安全に運行して人や荷物を運ぶという列車の役割を否定して、もっぱら利潤追求にのめり込んでいるJRの状態が象徴するように、その職種や産業が本来果たさなければならない社会的役割や使命を否定して、なによりもカネ儲けが優先されるという転倒と共通している。社会があって私企業が存在するのではなく、私企業の利潤のためには社会や人人の暮らしがどうなろうが構わないという性質のものだ。

世界的に公営化が潮流になっているなかで、いまになって民営化に舵を切る安倍政府の異常さはいうまでもないが、社会的悲劇を招いてから対処するのではなく、公営化を堅持させる世論と運動を強めることが求められている。

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





















[2018/07/10 23:07] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】であることを知っていますか?
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日月曜日(2018.07.09)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2586】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】68分11秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477186490

【今日のブログ記事】

■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】であることを知っていますか?
___________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
___________________________

◇あなたは、世界194カ国の中で死刑を実施していない国(152カ国、78.35%)のほうが死刑を実施している国(42カ国、21.65%)よりも圧倒的に多いことを知っていますか?

◇あなたは安倍晋三内閣が現在までの6年間で29人も死刑にしたことを知っていますか?

◇あなたは安倍晋三内閣の法相上川陽子が一人で11人の死刑執行を命じたこと知っていますか?

【画像1】オウム真理教幹部7人の死刑執行の前夜(2018.07.05)、死刑執行の最高責任者安倍晋三首相と上川陽子法相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709宴会の二人

【画像2】死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨のさなか(2018.07.05)、安倍晋三首相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709安倍宴会1

▲2012年12月に成立した安倍晋三自公内閣が現在まで施行した死刑執行人数

内閣総理大臣  法相 死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三  上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

▲世界の死刑制度の現状 (Wikipediaより)

https://goo.gl/rKJvyV

【画像3】

20180709世界の死刑制度

1.あらゆる犯罪に対する死刑を廃止(97カ国)

2.戦時の逃走、反逆罪などの犯罪は死刑であり、それ以外は死刑を廃止(7カ国)

3.法律上は死刑制度を維持、ただし、死刑を過去10年以上実施していない。もしくは、死刑を執行しないと公約をしてる(48カ国)

4.過去10稔夫間に死刑の執行を行ったことのある国(42各国)

◇なぜ日本のメディアは『死刑』は憲法違反の『権力犯罪』であり歴代自民党政権の死刑執行を正面から批判しないのか?

◇あなたは、安倍晋三首相が死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨の非常災害対策本部の設置を2日間も遅らせようやく昨日(2018.07.08)設置した理由を知っていますか?

それは、非常災害対策本部を設置すれば7月11日から予定していたベルギー、フランス、エジプト訪問の外遊ができなくなるからである。

【関連記事1】

▲戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も

2018年7月7日 朝日新聞

https://digital.asahi.com/articles/ASL766R87L76UTIL055.html?rm=1386

オウム真理教元代表の松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行について、会見する上川陽子法相=2018年7月6日午後1時28分、東京・霞が関、北村玲奈撮影

オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑執行を、海外の主要メディアも速報で伝えた。

地下鉄サリン事件について、英BBCは「治安の良さを誇りにしていた日本にショックを与えた」と伝えた。またAFP通信は「日本の首都機能を麻痺(まひ)させた。人々が空気を求めて地上に出てくる姿はまるで戦場だった」と振り返った。

一方で、死刑という手法には厳しいまなざしも向けられた。

独シュピーゲル電子版は「日本は死刑を堅持する数少ない先進国だ」としたうえで、「アサハラの死は、支持者には殉教と映り、新たな指導者を生みかねない」とする専門家の声を紹介した。

欧州連合(EU)加盟28カ国とアイスランド、ノルウェー、スイスは6日、今回の死刑執行を受けて「被害者やその家族には心から同情し、テロは厳しく非難するが、いかなる状況でも死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」などとする共同声明を発表した。そのうえで「同じ価値観を持つ日本には、引き続き死刑制度の廃止を求めていく」とした。

EUは死刑を「基本的人権の侵害」と位置づける。EUによると、欧州で死刑を執行しているのは、ベラルーシだけだ。死刑廃止はEU加盟の条件になっている。加盟交渉中のトルコのエルドアン大統領が2017年、死刑制度復活の可能性に言及したことで、関係が急激に悪化したこともある。

法制度上は死刑があっても、死刑判決を出すのをやめたり、執行を中止していたりしている国もある。

ロシアでは、1996年に当時のエリツィン大統領が、人権擁護機関の欧州評議会に加盟するため、大統領令で死刑執行の猶予を宣言した。プーチン大統領もこれを引き継いだ。2009年には憲法裁判所が各裁判所に死刑判決を出すことを禁じた。

韓国では97年12月、23人に執行したのを最後に死刑は執行されていない。05年には国家人権委員会が死刑制度廃止を勧告した。

今回の死刑執行を伝えた米CNNは、日本の死刑執行室の写真をウェブに掲載。「日本では弁護士や死刑囚の家族に知らせないまま、秘密裏に死刑が執行される」と指摘した。またロイター通信は、「主要7カ国(G7)で死刑制度があるのは日本と米国の2カ国だけだ」と指摘。日本政府の15年の調査で、国民の80・3%が死刑を容認していると示す一方で、日弁連が20年までの死刑廃止を提言していることも報じた。

98年以降は4人が最多

「午後、面会に行く予定だったのに……」。中川智正死刑囚(55)の一審の弁護人を務めた河原昭文弁護士(岡山弁護士会)は、執行に驚きを隠せなかった。朝、広島拘置所に行った支援者から「面会の受け付けをしたが、会えなかった」と聞かされた。「国会が閉会したら執行されるかもしれない」と思い、17日にも面会を約束していた。「あまりに早かった。残念だ」

戦後最大規模の執行だった。戦前には、社会主義者が弾圧された「大逆(たいぎゃく)事件」で1911年に12人が執行された例はある。48年にはA級戦犯7人が絞首刑になったが、連合国の裁判による死刑だった。現行刑法のもと、法務省が執行を公表するようになった98年以降は4人が最多。刑場が一つという東京拘置所では、午前中だけで松本死刑囚ら3人が立て続けに執行されたことになる。

ログイン前の続き 同じ組織の一連の事件という事情もあり、当初から大量執行は想定されていた。法務省は今年3月、東京にいた死刑囚13人のうち7人を刑場のある仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の拘置所に分散して移送。複数箇所での同時執行ができる状態になっていた。

70年代に刑務官を務めた野口善国弁護士(兵庫県弁護士会)は、「当時もこれほどの人数を同時執行した例は聞かない」という。

1度だけ執行に立ち会った。別の刑務官が死刑囚に手錠と目隠しをして首に縄をかけ、3人が絞首台の足場を開く3本のレバーをそれぞれ引いた。誰が直接に命を奪ったか分からないようにする仕組みだった。野口弁護士は、落ちた勢いで揺れる縄を押さえていた。

この間、数十分。絞首刑という方法は当時から変わっておらず、午前中だけで3人の執行をすることは可能とみる。「ただ心理的負担は重く、刑務官には人を殺しているという実感がある。1人の執行で耐えるのがやっとだろう」

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本は6日、声明を発表。「1日に7人の大量処刑は近年類を見ない。罪を償うのは当然だが、真相究明の機会を奪う死刑は、正義とは程遠い」と批判した。

この日に会見したNPO法人監獄人権センター代表の海渡雄一弁護士は、日弁連が今年6月に上川陽子法相に対し、松本死刑囚らには心神喪失やその疑いがあり、執行をやめるよう勧告していたと指摘。「精神状態をきちんと判定もせず7人の執行をしたのはきわめて重大な人権侵害」と述べた。

【関連記事2】

▲安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

2018年7月7日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232909

死刑前夜に酒宴(片山さつき議員のツイッターから)

正気なのか――。オウム真理教の教祖・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前日の5日夜、安倍首相が、執行を命令した上川陽子法相らと共に赤ら顔で乾杯していたことが発覚した。ネット上で批判が噴出している。

安倍首相は同日夜、東京・赤坂の議員宿舎で開かれた自民党議員との懇親会に出席。上川法相や岸田文雄政調会長ら40人超と親睦を深めた。

この時の様子を、同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿。〈総理とのお写真撮ったり忙しく楽しい!〉と呟いている。

写真では、上川法相の隣で破顔一笑の安倍首相。とても、死刑執行前夜とは思えない。

さすがに、片山議員のツイッターには、〈どういう神経でどんちゃん騒ぎができるのか〉〈普通は気が沈んで口が重くなる〉〈ゾッとする〉と批判の声が寄せられている。

安倍首相と上川法相は一体、どんな気分だったのか。翌日、7人を処刑するのに酒を片手に笑顔、笑顔とは……この2人、人としておかしい。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2018/07/10 08:32] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/09のツイートまとめ
chateaux1000

①豪雨災害で安倍首相の対応がヒドい! 自民飲み会優先、対策本部立ち上げず2日間放置しながら「時間との戦い」と大見得2018.07.08Literahttps://t.co/vtMO1UqB1f https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:47

「懲役24年」朴槿恵前大統領の控訴審裁判が20日に終結2018/07/08 ハンギョレ新聞日本語版https://t.co/ZEJO8MC0Gf https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:46

④“ろうそく鎮圧”戒厳令に発砲企画まで…「機務司は解体すべき」ハンギョレ新聞日本語版https://t.co/zk5joyDCeu https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:45

③北朝鮮、米国の一方的非核化要求を拒否 協議後に態度硬化2018.07.08 AFP日本語版https://t.co/e702XbcfLV https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:43

新たな安倍案件 文科省受託収賄事件に加計学園が2校2018年7月5日 田中龍作ジャーナルhttps://t.co/Bdy38sMKXg https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:42

米中貿易戦争、世界の企業に打撃 報復でコスト増2018/7/7 2:02 日本経済新聞 電子版https://t.co/QlFNqByqAB https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:40

安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出2018年7月7日 日刊ゲンダイhttps://t.co/wnrcPc6Uqv https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:19

▲戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も2018年7月7日 朝日新聞https://t.co/3BUsoNrTRt https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:18

それは、非常災害対策本部を設置すれば7月11日から予定していたベルギー、フランス、エジプト訪問の外遊ができなくなるからである。 https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:15

◇あなたは、安倍晋三首相が死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨の非常災害対策本部の設置を2日間も遅らせようやく昨日(2018.07.08)設置した理由を知っていますか? https://t.co/jtByRjBZUe
07-09 22:15

続きを読む
[2018/07/10 04:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】であることを知っていますか?
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日月曜日(2018年067月09日)午後9時40分から放送しました【YYNewsLiveNo2586】の放送台本です!

【放送録画】68分11秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/477186490

☆今日の画像

①オウム真理教幹部7人の死刑執行の前夜(2018.07.05)に死刑執行の最高責任者安倍晋三首相と上川陽子法相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709宴会の二人

②死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨のさなか(2018.07.05),、安倍晋三首相は40人の自民党国会議員と宴会をしていた!

20180709安倍宴会1

③2018年7月6日同時に死刑執行された麻原彰晃以下オウム真理教幹部7人

20180709オウム処刑7人

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son
Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第70回 (2018.07.09) 朗読

第7章 "誠実な通貨"の最後の抗争 P231-264

金貸しは、権力濫用、詭計、詐欺、暴力と、あらゆる手段を用い、通貨と通貨発行を支配し、最後には政府を支配する目的を達成する。歴史はこれを証明している。

ージェームズ・マディソン アメリカ第4代大統領

●ゴールド・プール その設置と破綻 P245-245

(1)今日のメインテーマ

■あなたは『死刑』は日本国憲法第36条【拷問及び残虐刑の禁止】の規定に明白に違反した【権力犯罪】であることを知っていますか?
___________________________

▲日本国憲法第36条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
___________________________

◇あなたは安倍晋三内閣が現在までの6年間で29人も死刑にしたことを知っていますか?

◇あなたは安倍晋三内閣の法相上川陽子が一人で11人の死刑執行を命じたこと知っていますか?

▲2012年12月に成立した安倍晋三自公内閣が現在まで施行した死刑執行人数

内閣総理大臣  法相 死刑執行人数

1 安倍晋三 谷垣貞一 11
2 安倍晋三 上川陽子 1
3 安倍晋三 岩城光英 4
4 安倍晋三 金田勝年 3
5 安倍晋三  上川陽子 10
---------------------------------------
計 29

◇あなたは、世界194カ国の中で死刑を実施していない国(152カ国)のほうが死刑を実施している国(42カ国)よりも圧倒的に多いことを知っていますか?

【該当画像】

▲世界の死刑制度の現状 (Wikipediaより)

https://goo.gl/rKJvyV

20180709世界の死刑制度

1.あらゆる犯罪に対する死刑を廃止(97カ国)

2.戦時の逃走、反逆罪などの犯罪は死刑であり、それ以外は死刑を廃止(7カ国)

3.法律上は死刑制度を維持、ただし、死刑を過去10年以上実施していない。もしくは、死刑を執行しないと公約をしてる(48カ国)

4.過去10稔夫間に死刑の執行を行ったことのある国(42各国)

◇なぜ日本のメディアは『死刑』は憲法違反の『権力犯罪』であり歴代自民党政権の死刑執行を正面から批判しないのか?

◇あなたは、安倍晋三首相が死者・行方不明者併せて200人近い犠牲者を出した西日本豪雨の非常災害対策本部の設置を2日間も遅らせようやく昨日(2018.07.08)設置した理由を知っていますか?

それは、非常災害対策本部を設置すれば7月11日から予定していたベルギー、フランス、エジプト訪問の外遊ができなくなるからである。

【関連記事1】

▲戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も

2018年7月7日 朝日新聞

https://digital.asahi.com/articles/ASL766R87L76UTIL055.html?rm=1386

オウム真理教元代表の松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行について、会見する上川陽子法相=2018年7月6日午後1時28分、東京・霞が関、北村玲奈撮影

オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑執行を、海外の主要メディアも速報で伝えた。

地下鉄サリン事件について、英BBCは「治安の良さを誇りにしていた日本にショックを与えた」と伝えた。またAFP通信は「日本の首都機能を麻痺(まひ)させた。人々が空気を求めて地上に出てくる姿はまるで戦場だった」と振り返った。

一方で、死刑という手法には厳しいまなざしも向けられた。

独シュピーゲル電子版は「日本は死刑を堅持する数少ない先進国だ」としたうえで、「アサハラの死は、支持者には殉教と映り、新たな指導者を生みかねない」とする専門家の声を紹介した。

欧州連合(EU)加盟28カ国とアイスランド、ノルウェー、スイスは6日、今回の死刑執行を受けて「被害者やその家族には心から同情し、テロは厳しく非難するが、いかなる状況でも死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」などとする共同声明を発表した。そのうえで「同じ価値観を持つ日本には、引き続き死刑制度の廃止を求めていく」とした。

EUは死刑を「基本的人権の侵害」と位置づける。EUによると、欧州で死刑を執行しているのは、ベラルーシだけだ。死刑廃止はEU加盟の条件になっている。加盟交渉中のトルコのエルドアン大統領が2017年、死刑制度復活の可能性に言及したことで、関係が急激に悪化したこともある。

法制度上は死刑があっても、死刑判決を出すのをやめたり、執行を中止していたりしている国もある。

ロシアでは、1996年に当時のエリツィン大統領が、人権擁護機関の欧州評議会に加盟するため、大統領令で死刑執行の猶予を宣言した。プーチン大統領もこれを引き継いだ。2009年には憲法裁判所が各裁判所に死刑判決を出すことを禁じた。

韓国では97年12月、23人に執行したのを最後に死刑は執行されていない。05年には国家人権委員会が死刑制度廃止を勧告した。

今回の死刑執行を伝えた米CNNは、日本の死刑執行室の写真をウェブに掲載。「日本では弁護士や死刑囚の家族に知らせないまま、秘密裏に死刑が執行される」と指摘した。またロイター通信は、「主要7カ国(G7)で死刑制度があるのは日本と米国の2カ国だけだ」と指摘。日本政府の15年の調査で、国民の80・3%が死刑を容認していると示す一方で、日弁連が20年までの死刑廃止を提言していることも報じた。

98年以降は4人が最多

「午後、面会に行く予定だったのに……」。中川智正死刑囚(55)の一審の弁護人を務めた河原昭文弁護士(岡山弁護士会)は、執行に驚きを隠せなかった。朝、広島拘置所に行った支援者から「面会の受け付けをしたが、会えなかった」と聞かされた。「国会が閉会したら執行されるかもしれない」と思い、17日にも面会を約束していた。「あまりに早かった。残念だ」

戦後最大規模の執行だった。戦前には、社会主義者が弾圧された「大逆(たいぎゃく)事件」で1911年に12人が執行された例はある。48年にはA級戦犯7人が絞首刑になったが、連合国の裁判による死刑だった。現行刑法のもと、法務省が執行を公表するようになった98年以降は4人が最多。刑場が一つという東京拘置所では、午前中だけで松本死刑囚ら3人が立て続けに執行されたことになる。

ログイン前の続き 同じ組織の一連の事件という事情もあり、当初から大量執行は想定されていた。法務省は今年3月、東京にいた死刑囚13人のうち7人を刑場のある仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の拘置所に分散して移送。複数箇所での同時執行ができる状態になっていた。

70年代に刑務官を務めた野口善国弁護士(兵庫県弁護士会)は、「当時もこれほどの人数を同時執行した例は聞かない」という。

1度だけ執行に立ち会った。別の刑務官が死刑囚に手錠と目隠しをして首に縄をかけ、3人が絞首台の足場を開く3本のレバーをそれぞれ引いた。誰が直接に命を奪ったか分からないようにする仕組みだった。野口弁護士は、落ちた勢いで揺れる縄を押さえていた。

この間、数十分。絞首刑という方法は当時から変わっておらず、午前中だけで3人の執行をすることは可能とみる。「ただ心理的負担は重く、刑務官には人を殺しているという実感がある。1人の執行で耐えるのがやっとだろう」

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本は6日、声明を発表。「1日に7人の大量処刑は近年類を見ない。罪を償うのは当然だが、真相究明の機会を奪う死刑は、正義とは程遠い」と批判した。

この日に会見したNPO法人監獄人権センター代表の海渡雄一弁護士は、日弁連が今年6月に上川陽子法相に対し、松本死刑囚らには心神喪失やその疑いがあり、執行をやめるよう勧告していたと指摘。「精神状態をきちんと判定もせず7人の執行をしたのはきわめて重大な人権侵害」と述べた。

【関連記事2】

▲安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

2018年7月7日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232909

死刑前夜に酒宴(片山さつき議員のツイッターから)

正気なのか――。オウム真理教の教祖・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前日の5日夜、安倍首相が、執行を命令した上川陽子法相らと共に赤ら顔で乾杯していたことが発覚した。ネット上で批判が噴出している。

安倍首相は同日夜、東京・赤坂の議員宿舎で開かれた自民党議員との懇親会に出席。上川法相や岸田文雄政調会長ら40人超と親睦を深めた。

この時の様子を、同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿。〈総理とのお写真撮ったり忙しく楽しい!〉と呟いている。

写真では、上川法相の隣で破顔一笑の安倍首相。とても、死刑執行前夜とは思えない。

さすがに、片山議員のツイッターには、〈どういう神経でどんちゃん騒ぎができるのか〉〈普通は気が沈んで口が重くなる〉〈ゾッとする〉と批判の声が寄せられている。

安倍首相と上川法相は一体、どんな気分だったのか。翌日、7人を処刑するのに酒を片手に笑顔、笑顔とは……この2人、人としておかしい。

(2)今日のトッピックス

① 米中貿易戦争、世界の企業に打撃 報復でコスト増

2018/7/7 2:02 日本経済新聞 電子版

https://goo.gl/HTpe3y

【ニューヨーク=中山修志、広州=中村裕】米中による貿易戦争は世界の企業活動に打撃を与える。米中企業への影響だけではない。制裁対象の自動車などは世界各地にサプライチェーンがあり、日本企業の中には部品供給の見直しや製品価格引き上げを検討する動きも出てきた。巨大な米中市場が停滞すれば、両国で投資を控える企業が増える可能性があり世界経済にも影響を及ぼす。

制裁関税を先に中国に発動した米国だが、お膝元の米企業は貿易戦争のダメージを受け始めた。

米ゼネラル・モーターズ(GM)は「ビュイック」ブランドで中国から輸入する多目的スポーツ車(SUV)が1台あたり8000ドル(約88万円)程度のコスト高になる。GMは「販売価格の変更は予定していない」といい、増税分は自社負担する。

米国の輸入品では自動車部品など818品目が追加関税の対象となり、米製造業の調達コストを押し上げる。米自動車メーカーは半導体や抵抗器など電子部品の3割程度を中国から輸入しているとされる。部品のコスト増をそのまま車両価格に転嫁することは難しく、車メーカーや部品メーカーの収益を圧迫する。

身近な商品にも及ぶ。科学などの知育玩具を販売するチビトロニクスは6月半ば、自社のブログに「値上げの可能性があるので、早めの購入を勧めます」と書き込んだ。モーターや電気回路など工作用の部品が課税対象となったためだ。

貿易戦争が長引き、中国からの輸入原材料などの価格がさらに上昇すれば、米企業はコスト負担に耐えられず価格に転嫁する可能性がある。物価高になれば米景気に悪影響が出る。

米カリフォルニア州の港に積まれた貿易用コンテナ=ロイター

大豆などの農家や輸出業者も苦しむ。中国が対米関税措置で標的にしたためで、同国向け輸出が減れば、生産者の収入も減りトランプ米大統領の票田である農業州の経済に影響が出る。

一方、中国向け輸出では電気自動車の米テスラなどが影響を受ける。同社は米国にしか工場を持たず、2017年は販売全体の14%にあたる約1万5000台が中国向けだった。1台あたり1万ドル以上のコスト増になるとみられる。

米国が制裁で狙い撃ちした中国のハイテク産業が低迷すれば、世界のサプライチェーンに支障をきたす恐れがある。

米国による制裁関税の発動は今後、同国のハイテク分野への中国からの悪影響を見越してのことだった。対象となった自動車、半導体、産業機械、ロボットはいずれも産業の裾野が広い。

米側の制裁課税のリストに自動車が半導体とあわせて載ったのは、次世代高速通信「5G」の商用化で自動運転が一気に進み車がハイテク製品として重みを増すという背景がある。中国製のハイテク関連の製品に対する危機感は、中興通訊(ZTE)や華為技術(ファーウェイ)の通信機器やスマートフォン同様に非常に高い。

中国のハイテク産業が低迷すれば、景気悪化に備えて中国当局が一段の人民元安を容認する可能性がある。元安が進めば中国製品の輸出競争力が増し、近隣の東南アジア市場などで「デフレ圧力」を高める要因にもなる。アジア市場に製品を輸出している鉄鋼メーカーなどに影響が及ぶ恐れがあり、「アジアの鉄鋼市況の値崩れが心配だ」(JFEスチール幹部)といった声が出ている。

貿易戦争の影響を最小限に抑えるために、部品供給網の変更を検討する日本企業も出てきた。

ホンダ系でエンジン制御機器を製造するケーヒンの横田千年社長は5日、米中関係の悪化を受けて「今後新製品については中国から米国に輸出する計画は組まない」と明らかにした。ハイブリッド車や電気自動車などに搭載する電力制御機器など、新製品の中国からの輸出を取りやめるという。代替手段は「米国で生産するか、日本から輸出するかになる」(横田社長)見通しだ。

ブリヂストンは米市場で自動車用タイヤの値上げを迫られている。同社はタイヤに使う鉄線を日本、韓国、欧州の鉄鋼メーカーから購入しており、日本、欧州などからの購入品が関税引き上げの対象となった。米商務省に現地法人から関税引き上げの適用除外申請をしている。

米側の審査が長引けばタイヤ価格への転嫁を試みる。中長期的には米国の現地調達を増やすなど、調達先見直しも選択肢に入れる。

貿易戦争の終結が見えなければ米中で投資を控える動きも広がり、世界経済への悪影響は避けられない。

②新たな安倍案件 文科省受託収賄事件に加計学園が2校

2018年7月5日 田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2018/07/00018458

山井和則議員。「加計学園が2つも。忖度、口利きがあったと思わざるを得ない」と文科省を追及した。=5日、衆院第16控室 撮影:筆者=

受託収賄で特捜部に逮捕された文科省の局長ばかりに焦点が当てられる「私立大学研究ブランディング事業」。

競争率5倍で79億円(平成29年度)もの国費を投入して行われる援助事業なのだが、加計学園が2校(千葉科学大学、岡山理科大学)も選ばれていることが、きょうあった野党合同ヒアリングで明らかになった。1学校法人で2大学選ばれたのは加計学園のみ。

援助金額は2校合わせて約8千万円(7,973万円/初年度=平成28年度)。文科省の説明によると1校あたり2?3千万円程度が目安。加計学園に対する優遇は明らかだ。ちなみに東京医科大学は3,500万円(平成29年度)。

きょうのヒアリングで文科省が加計学園への援助金について明らかにしたのは、初年度(平成28年度)のみだった。平成29年度と30年度はいくら注ぎ込まれたのか。援助期間は5年だ。加計学園への援助は来年度も再来年度も続く。 
文科省の児玉大輔・高等教育視学官は、返答に窮し目をつぶる場面が目立った。悪党になりきれない人物だ。=5日、衆院第16控室 撮影:筆者=

文科省の児玉大輔・高等教育視学官は、返答に窮し目をつぶる場面が目立った。悪党になりきれない人物だ。=5日、衆院第16控室 撮影:筆者=

選考過程も不透明である。山井和則議員の追及に文科省の児玉大輔・高等教育局視学官は「選考過程の話なのでどこまでお答えできるか・・・」とウヤムヤにした。議事録についても「残していない」と答えた。

選考は申請書を点数化して決めるのだが、文科省は点数の決め方についても明らかにしなかった。点数順ばかりでなく、委員会の合議による部分もあるという。裁量が入る余地を残したため、問題が起きた。

国費を投入する案件で議事録を残していないはずがない。安倍案件になるとすべてが闇の中となる。

田中の近くにいたクラブ詰めの記者は「山井さんの気持ちは分かるけど、ここは加計(加計問題・野党合同ヒアリング)じゃない。加計でやってくれないと・・・」と愚痴った。
本質は加計と同じ、安倍友への税金垂れ流しだ。だが、記者クラブメディアは官邸の目論見通り、東京医科大学と佐野官房長(当時)の贈収賄で行きたいのだろう。

加計学園・千葉科学大学。ブランディング事業として文科省から3,752万円(平成28年度)の援助を受けた。29年度と30年度分は明らかにされていない。援助はさらに向こう2年間続く。=銚子市 撮影:筆者=

(終わり)

③北朝鮮、米国の一方的非核化要求を拒否 協議後に態度硬化

2018.07.08 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3181614?act=all

【7月8日
AFP】北朝鮮は7日、米国との2日間にわたる協議を終えた後に出した声明で、迅速な非核化という米政府からの要求は「強盗的」であるとして、怒りをあらわに拒絶した。北朝鮮が再び強硬姿勢へと転じたことで、米朝間の和平プロセスは危機に陥っている。
マイク・ポンぺオ(Mike
Pompeo)米国務長官は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim-Jong
Un)朝鮮労働党委員長の右腕である金英哲(Kim Yong
Chol)党副委員長との協議を終えて平壌を後にする際、協議では進展がみられたと強調し、前向きな姿勢を示していた。
しかし、ポンペオ長官が日韓政府への結果報告のため東京に到着する中、北朝鮮側は同長官による交渉努力を拒絶するとともに、ドナルド・トランプ(Donald
Trump)米大統領に対して和平プロセスを再開するよう求める怒りの声明を発表した。

北朝鮮は国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて出した声明で、「北朝鮮の忍耐力が尽きて、米国の強盗的思考を反映した要求を受け入れると米国が思っているならば、それは致命的な間違いだ」と主張。北朝鮮はすでに核実験場を破壊しており、その見返りとして譲歩に応じる米国側の意志がポンペオ長官から示されなかったことに遺憾を表明した。

北朝鮮はまた、米韓合同軍事演習を一方的に中止したトランプ大統領の決定についても、表面的で「極めて可逆的」譲歩だと指摘。1953年に休戦協定が結ばれた朝鮮戦争(Korean
War)を平和協定により正式に終結させる件について、米代表団が「一度も言及しなかった」と批判した。

米当局者らは非公式の見解として、北朝鮮政府による今回の声明は交渉での駆け引きであると述べている。しかし平壌で2日間にわたり友好ムードが演出された後に出たこの声明により、北朝鮮は再び従来の強硬姿勢に戻った格好となった。

④“ろうそく鎮圧”戒厳令に発砲企画まで…「機務司は解体すべき」

2018/07/08 ハンギョレ新聞日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00031043-hankyoreh-kr

朴槿恵弾劾棄却に備え文書作成 ろうそく参加者に発砲内容も含む 政府部署・捜査機関掌握も提示  コメント世論操作・セウォル号遺族査察など 政権保衛の違法・逸脱行為は日常的 「政治介入を遮断する高強度の改革を」

国軍機務司令部が李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)政府時期の「政治工作」はもちろん、朴槿恵前大統領に対する弾劾審判中に戒厳令の宣布まで企画していたことが明らかになった。本来の任務を逸脱し「政権保衛機構」に転落した機務司令部に対する徹底した捜査とともに解体に近い改革が至急必要だという主張が力を増している。

6日、イ・チョルヒ共に民主党議員と軍人権センターは、昨年3月機務司令部が作成した「戦時戒厳および合同捜査業務遂行案」文書を暴露した。この文書によれば、機務司令部は、朴前大統領の弾劾が棄却される場合、衛戍令発令→戒厳令宣言を計画し、衛戍令下で軍が暴行にあったり鎮圧する手段がない時は、デモ隊に向けて発砲できるようにした。また、戒厳令発動の後、軍が政府部署・捜査機関を掌握し、報道機関とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を統制する方案まで具体的に用意した。

機務司令部は、軍事に関する情報収集および軍事セキュリティー、防諜、犯罪捜査を目的とする国防部直轄の捜査情報機関だ。だが、過去の軍事独裁時期から政権保衛機構として悪名を駆せてきた。機務司令部の前身である国軍保安司令部は、1980年5・18民主化運動以後に遺族間の分裂を助長して民心を歪曲するために緻密な工作を行っていたことが昨年の調査であらわれた。李明博政府時期には「狂牛病牛肉波紋」で困難に陥った大統領府に「コメント世論工作」を初めて企画・提案し、コメント部隊も別途に運営した。予備役・保守団体などいわゆる軍辺団体を動員して「政府側デモ」を主導し、2014年4月のセウォル号惨事の後には機務部隊員60人で構成されたTF(タスクフォース)を組織して、遺族を査察した事実もあらわれた。

これに対し、これまでまともな監視と牽制を受けなかった機務司令部に対する強力な捜査がなされなければならないという声が高まっている。5月に国防部傘下の機務司令部改革TFがスタートしたが、民間委員には押収捜索などの強制捜査権限がなく、実質的な調査につながりにくい状況だ。機務司令部は5日、資料を出し「『国軍機務司令部改革委員会』を構成し、政治介入および民間査察の根絶、特権放棄を中心に、機務司令部の名称と組織、規模に対して総合的に検討している」と明らかにした。

政界も機務司令部の違法行為に対する真相究明と全面改革を要求している。チェ・ソク正義党代弁人は「国民に向けて軍が発砲計画まで立てていた」として「(これは)軍事独裁の残影が依然として機務司令部を覆っている証拠だ。機務司令部は直ちに解体されてこそ当然」と批判した。これまで内部文書の発掘を通じて機務司令部の政治介入形態を暴露してきたイ・チョルヒ議員も「機務司令部の慢性的な政治介入を源泉遮断する高強度の改革が推進されなければならない」と強調した。

キム・テギュ記者、ユ・ガンムン先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

⑤「懲役24年」朴槿恵前大統領の控訴審裁判が20日に終結

2018/07/08 ハンギョレ新聞日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00031051-hankyoreh-kr

早ければ8月、チェ・スンシル氏とともに宣告の見通し 同じ日「特殊活動費賄賂」事件の1審判決予定

賄賂授受などの容疑で1審で懲役24年を言い渡された朴槿恵(パク・クネ)前大統領の控訴審裁判が、今月20日に終了する予定だ。朴前大統領の2審は、同じ裁判部で裁判を受けた“40年来の友人”であるチェ・スンシル氏、アン・ジョンボム元大統領府政策調整首席とともに宣告される可能性が高い。

ソウル高裁刑事4部(裁判長キム・ムンソク)は6日、朴前大統領の裁判を開き、「20日午前10時、最終弁論を行う」と明らかにした。予定通りこの日に検察の求刑と国選弁護人の最終弁論が終われば、早ければ8月にも朴前大統領の2審判決が下される見通しだ。検察は1審で朴前大統領に懲役30年を宣告してほしいと裁判部に要請している。

朴前大統領は4月6日、懲役24年に罰金180億ウォン(約18億円)を言い渡された。朴前大統領の弟であるパク・グンリョン元育英財団理事が控訴状を提出したが、本人が直接出て控訴を放棄した。これに検察だけが控訴した状態で2審裁判がこれまで3回開かれた。昨年10月から法廷出席を拒否している朴前大統領は、2審の裁判に一度も出席しなかった。

朴前大統領とともに裁判を受けたが、1審が先に宣告されたチェ氏は6月、控訴審裁判が終わった。1審で懲役20年を言い渡されたチェ氏に、検察は懲役25年を改めて求刑した。アン元首席も1審で懲役6年を言い渡されたが、検察は2審で同様の刑を宣告してほしい(控訴棄却)という意見を明らかにした。二人の事件を審理したソウル高裁刑事4部は、判決の日取りをまだ決めておらず、重なる容疑が多い朴前大統領とともに宣告するものとみられる。

一方、ソウル中央地裁刑事32部(裁判長ソン・チャンホ)は、国情院長の特殊活動費を賄賂で受け取った疑いなどで追加起訴された朴前大統領の1審を20日に宣告する予定だ。宣告が延期されなければ、朴前大統領は同じ日に判決と求刑が同時に進行される可能性もある。

キム・ミンギョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

(3)今日の重要情報

①豪雨災害で安倍首相の対応がヒドい!
自民飲み会優先、対策本部立ち上げず2日間放置しながら「時間との戦い」と大見得

2018.07.08 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4113.html

西日本を襲った記録的豪雨は、いまなお大きな被害をもたらしている。本日20時現在、全国で78人が死亡、少なくとも60人の安否が不明で、今後、さらに被害は拡大するとみられている。

こうした緊迫した状況がつづくなか、批判が高まっているのが、あまりに遅すぎる安倍首相の対応だ。なんと、安倍首相はきょうの午前8時になってようやく非常災害対策本部を立ち上げ、こう宣言したのだ。

「救命救助、避難は時間との戦い。引き続き全力で救命救助、避難誘導にあたってもらいたい」

ご存じの通り、すでに昨日未明の段階で、今回の記録的豪雨は各地に甚大な被害をもたらしていた。非常災害対策本部を設置する権限を有するのは総理大臣であり、非常災害対策本部は最悪でも昨日朝の段階で設置されるべきだった。

だが、安倍首相は昨日午前10時1分に豪雨にかんする関係閣僚会議を開いただけ。しかも、それも15分で終了し、そのあとは東京・富ヶ谷の私邸に帰り、来客もなく、のんびりと自宅で過ごしていたのだ。

安倍首相が自宅で過ごしていた、まさにそのとき、さまざまな場所で河川が氾濫し、安否不明情報が流れ、孤立して救助を待つ大勢の人びとが確認されていた。それを、きょうになって「救命救助、避難は時間との戦い」と言い出すとは──。

いや、今回の豪雨に対して、安倍首相は初動から、災害を舐め国民の命を軽視しているとしか思えない対応をとってきた。

気象庁は、7月5日14時の段階で「西日本と東日本で記録的な大雨となるおそれ」「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となるおそれ」「この状況は、8日頃にかけて続く見込み」と発表していた。実際、5日夕方に京都では河川の増水などで、14万人に避難指示が出された。

だが、安倍首相は、この日の夜、自民党の中堅・若手議員らが開いている「赤坂自民亭」に参加。この会は、竹下亘総務会長が「亭主」を、“ドリル破壊大臣”こと小渕優子・元経済産業相が「若女将」、吉野正芳復興担当相をはじめとする7期生が「店員」を務めるという“ごっこ遊び”のような内輪の飲み会で、安倍首相が参加したのは9月の総裁選に向けた票固めのための行動であることは疑いようがない。

しかも、この会には、翌日、オウム真理教の死刑囚7人を同時に処刑するという異常な“ショー”の命令を下した上川陽子法相が「女将」として参加しただけでなく、自衛隊派遣の要請を受け指示をおこなう立場にある小野寺五典防衛相まで参加していたのだ。

 災害の危機が差し迫るなかで総裁選の選挙運動に勤しむ総理と、課せられた重大な責務に対する真摯な態度もない小野寺防衛相に上川法相……。そして、安倍首相は公邸ではなく、私邸へと戻っていったのである。

この段階から安倍政権の災害に対する危機管理意識はゼロだと言わざるを得ないが、さらに酷かったのが、前述したオウム死刑囚の死刑執行だ。

この6日朝の時点で、九州や四国、中国・関西地方で川の氾濫や土砂崩れなどの被害が伝えられていた。だが、テレビは麻原彰晃死刑囚らの死刑執行が伝えられるや否や、各局ともオウムの話題一色に。報道されるべき災害情報が阻害されてしまったのだ。

死刑を執行すれば報道がこうなることは誰でも予想がつく。安倍首相は3日前にはこの日の死刑大量執行を把握していたとみられているが、災害対応や情報の混乱を考慮して、この日の執行を止めることをしなかったのだ。
十数人もの死者が出ているのに、安倍首相は災害対応せず私邸でのんびり

報道の大半がオウムに時間を割かれるなか、事態はどんどんと深刻化。この6日には、18時10分に福岡県と佐賀県、長崎県に大雨特別警報が出され、気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨」「重大な危険が差し迫った異常事態」「土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況」と呼びかけた。その後も、同日中に広島県、岡山県、鳥取県、京都府、兵庫県に大雨特別警報が出ている。

そして、気象庁の呼びかけのとおり、6日夜から7日にかけて西日本のさまざまな地域で甚大な被害が報告され、7日14時時点で14人死亡、4人が意識不明、少なくとも50人の安否が不明という状況だった。だが、繰り返すが、このとき安倍首相は、非常災害対策本部を立ち上げることもなく、私邸で過ごしているのだ。

6日の時点で今回の豪雨が「異常事態」なのは明白だったにもかかわらず、きょう8日になるまで「非常災害」であることを認めず、対策本部を設置しなかった安倍首相。ミサイルの危険から身を守るのにも役立たずでしかないJアラートをさんざん発動させて国民の危機感を煽ることにはあれだけ熱心だったのに、実際に死者を含む被害者が広範囲にわたってでていても対策本部さえ設置しないとは、国民の命を軽視しているとしか考えられないだろう。

だいたい、近年の災害の多さを考えても、迅速な対応のための準備が不可欠であることはわかりきった話だ。事実、ちょうど1年前には九州北部豪雨が起こり、2015年には関東・東北豪雨が、さらに2014年には広島市で土砂災害を起こした豪雨が発生している。もはや「数十年に一度の重大な災害」は、いつ起こってもおかしくない状況にある。

なのに、安倍首相にはそうした危機感がまったくない。それは今回の遅すぎる非常災害対策本部の立ち上げだけにかぎらず、災害時の救助活動に対する整備でも言える。
被害拡大のなか、自衛隊を引き連れてのフランス外遊を止めようとしない安倍首相

たとえば、昨日、愛知県岡崎市消防本部に配備されている「レッドサラマンダー」が、人命救助のために岡山県に出動したことが報じられた。このレッドサラマンダーは全地形に対応できる特殊車両で、九州北部豪雨でも活躍。しかし、配備されているのは全国でただ一カ所のみ。ちなみに昨年、弾道ミサイル迎撃のために購入を決めた「イージス・アショア」2基の値段は約2000億円。かたやレッドサラマンダーは1台約1億円だというから、イージス・アショア2基分の予算で全国の市町村にレッドサラマンダーを1台ずつ配備してもお釣りが出るほどだ。

頻発する災害への対応が求められていながら、災害や人命救助のための設備を整えることはせず、攻撃にも使えるイージス・アショアや安全性に問題のあるオスプレイなどの軍備にばかり血税を注ぐ……。安倍首相は「国民の生命と財産を守る」などと威勢のいいことばかり口にするが、一体、何をしているというのだろう。

しかも、現在も安否不明や孤立状態にある人が大勢いるにもかかわらず、安倍首相は11日からのベルギーやフランスへの外遊の予定を変更する様子もない。言っておくが、外遊は国会から逃げるためにセッティングしただけの、急を要するようなものではない。

その上、フランス革命記念日である14日にパリでおこなわれる軍事パレードには、自衛隊の儀仗隊員も参加させる予定だ。「非常災害が発生した」と認めれば、軍事パレードへの参加で自衛隊をアピールしたいのに外遊に行きづらくなる。そのために非常災害対策本部を設置するのを渋ったのではないか、という気さえしてくる。

軍事力の拡大という自分の欲望を満たすことを優先し、国民の危険は二の次、三の次で気にもかけない。今回はあらためて、安倍首相の身勝手さと冷酷さが浮き彫りになったと言えるだろう。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





















[2018/07/09 23:58] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
chateaux1000

RT @GermanyinJapan: 日本において死刑が執行されたことを受け、ドイツ連邦政府の人権政策・人道支援担当委員を務めるベアベル・コフラードイツ連邦議会議員は7月6日、談話を発表しました。https://t.co/Kty7IEjfKv
07-08 12:20

RT @kiriyaikuo: 自民党は国民の安全など何も考えていない。記録的な大雨で人々が眠れない夜に大量死刑を決めた法相上川が女将をつとめる赤坂自民亭という飲み会に安倍は初参加。大災害になるかもしれないのに安倍は総裁選のために顔を売る方が国民より大切。愚…
07-08 12:18

RT @info_9: 福島みずほ議員『シングルマザーのお母さんの平均年間就労所得186万円です。当たり前に働いて、当たり前に子供を食べさせるだけの賃金を得る事が困難な社会おかしいと思います。大学生が借金まみれで大学に行かないといけないのはおかしいと思います』#東松山市長選挙…
07-08 12:17

RT @iwakamiyasumi: TBSは、オウム側に坂本弁護士のインタビュービデオを見せ、坂本弁護士一家殺害事件の引き金を引き、元ワシントン支局長の山口敬之氏の準強姦を報じず、今度は警察による殺害事件を目撃、撮影までしながら、今後、警察プロパガンダエンタメの警察24時シリ…
07-08 12:16

RT @_yanocchi0519: オウム事件の真相隠滅とモリカケ&安倍晋三宅火炎瓶投擲事件のスピン目的で麻原彰晃を処刑。誰にでも分かるあからさまなタイミング。ただ、いくら逃げようとも、次から次へと安倍が関与した不祥事が明るみになる。安倍包囲網はエンドレスで続く。安倍の運は、…
07-08 12:15

RT @chicago_b: ◆【米国牛肉】は、日本・EU禁止の遺伝子組み換え成長<女性>ホルモン600倍、発ガン率5倍、EUで26年前から禁輸!https://t.co/MEGwrdanXi♥米国牛肉・輸入禁止26年で欧州は乳癌・大腸癌、前立腺ガン等が減少https:/…
07-08 12:14

RT @pixiir: 【拡散希望】テレビでは九州や広島ばかり報道がされていますが岡山県倉敷市真備町は川の氾濫により甚大な被害をうけています。現在も屋根の上に取り残されている方が多数います。停電しており雨も降り続けています。一刻も早く救助が必要です。助けてください。 http…
07-08 12:12

YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月03日(火)-07月07日(土)https://t.co/gpGCdxiJZs https://t.co/aPYvryr6Rm
07-08 10:19

【YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月03日(火)-07月07日(土) https://t.co/gpGCdxiJZs
07-08 10:17

「オウム事件」死刑囚たちの大量執行を弾劾する!! https://t.co/LR64y7o1B0 @kyuenjpさんから
07-08 09:54

続きを読む
[2018/07/09 04:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月03日(火)-07月07日(土)
いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

*今回は2018年07月03日(火)-07月07日(土)に掲載した4本のブログ記事を以下にまとめました。

■【ブログ記事週間まとめ】2018年07月03日(火)-07月07日(土)

①2018.07.03(火) 日本語ブログ

■(再掲) 今日の座右の銘

良いことも悪いことも含めて決して忘れてはいけない言葉を【座右の銘】にまとめて文字通り座右においていつも読んでいます!

1.世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。

(宮沢賢治『農民芸術概論綱要・序論より』

2.世界に対する大なる希願をまづ起せ 強く正しく生活せよ 苦難を避けず直進せよ

(宮沢賢治『農民芸術概論綱要・農民芸術の製作より』

3.『国民は自然権として抵抗権・革命権を持っている』
  (イギリスの哲学者ジョン・ロックの言葉) 
                          
政府が権力を行使するのは国民の信託によるものであり、もし政府が国民の意向に反して生命、財産や自由を奪うこと があれば、抵抗権(革命権、反抗
権)をもって政府を変更することができる。

4.命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。(西郷隆盛の言葉)

5.【天下の正道に立ち、天下の大道を行う人】とは (孟子の言葉)

どんなにカネをつまれようとも、カネの誘惑に負けて正道を踏み外すことは絶対ない。

どんなに貧しくなろうとも、志を曲げてカネのために悪を働くことは絶対にない。

どんなに強力な権力が脅しにかかろうとも、恐れ命を惜しんで屈服することは絶対にない。

6.ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)で「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) を指摘した。

道義なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

自覚なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)              

道徳なき商業 (Commerce without Morality)               
                                    
人間性なき科学 (Science without Humanity)

犠牲なき信仰 (Worship without Sacrifice)

7.『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』

(ドイツ・ロスチャイルド商会創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉1790年)

8.『私の息子たちが望まな ければ戦争が起きることはありません。』

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり5人の息子と5人の娘の母親でもあったグートレ・ロスチャイルドの言葉!

9.『天皇裕仁は「戦争犯罪人」であり、「ファシスト」であり、「5000万人のアジア人」を殺した最大最高の元凶である』

(井上清著「天皇の戦争責任」現代評論社1975年初版より抜粋)

10.昭和天皇『この原子爆弾が投下されたことに対して遺憾には思っておりますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対
しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思っております』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見で中村康二(こうじ)記者(ザ・タイムズ) の質問『陛下は(中略)都合三度広島にお越しに
なり、広島市民に親しくお見舞いの言葉をかけておられましたが、原子爆弾投下の事実を陛下はどうお受け止めになりましたでしょうか。おうかがいし
たいと思います。』への回答。

11.昭和天皇『そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、そういう問題につ
いてはお答えが出来かねます』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見での秋伸利彦記者(中国放送)の質問『天皇陛下はホワイトハウスで「私が深く
悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がありましたが、このことは戦争に対しての責任を感じておられるという意味 に解してよろしゅうございま
すか。また、陛下はいわゆる戦争責任についてどのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします』への回答。

12.『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』

(ドイツルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーの詩)

ナチ党が共産主義者を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、 それは遅すぎ

13.世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉 (週刊東洋経済のインタビュー)

・[近いうちに世界規模の破たんが起こる]

・[安倍首相は『日本を破滅させた男』として、歴史に名を残すでしょう]  

・[おカネを大量に刷っている間は、それを享受している人たちの暮らし向きは 良くなり ます。しかし、いずれ破たんに向かい、すべての人が苦しみ ます。 金融緩和でいい思い をした人たちも一緒です]

・[政府債務の大きさゆえ、いったん破たんが起きると、通常よりも大規模にな ります]

・[安倍首相も、日銀も(政界経済にとっては)非常に危険な存在です]

・[安倍首相がやったことはほぼすべて間違っており、これからもあやまちを犯 し続ける でしょう]
                                   
・[(円安誘導は)最悪です。自国通貨を破壊することで地位が上がった国はあり ません]

14.ジョン・レノン『世界は狂人によって支配されている』

「社会は全て、狂人によって動かされている。きちがいじみた目的を実現するために。
僕は、このことに、16才とか12才とか、ずっと幼い頃に気づいたんだ。

でも、自分の人生を通じて、この事を違った方法で表現してきた。僕が表現しているものは、いつも同じ事だった。でも今は、この事を言葉にして示そう。

僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者たちの目的を成就するために支配されている、とね。

イギリス政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際にやろうとしている事、その方法や目的を紙の上に書く事ができるならば、彼らが何をやっているのか、僕はぜひ知りたい。

彼らは、み んなきちがいなんだ。でも、それを表現すると、僕はきっと、きちがい扱いされて、きっと消されてしまうだろう。これこそが、きちがいじみた現実なのだ」

(終り)

②2018.07.04(水) 日本語ブログ

■【今日の画像】日銀発行『1000円札』と米私有中央銀行FRB発行『1ドル札』の謎!

①ケネディ大統領が1963年6月4日に「大統領令11110号」に署名して財務省に発行させたアメリカ政府通貨『5ドル紙幣』。42億ドル分が発行・流通したが1963年11月22日にケネディ大統領が暗殺された直後に回収された。

②米私有中央銀行FRB(連邦準備銀行)発行の現在流通している連邦準備銀行券『5ドル紙幣』

③日本銀行券『1000円札』の謎

1.なぜ『1000円札』の表に印刷されている『野口英世の左目』が異様に拡大されているのか?

New!異様に拡大された『野口英世』の左目は、秘密結社『イルミナテ』のシンボルマークの中央に位置する、『エジプト太陽神ホルス』の眼=すべてを見通す全視眼を 表しているのだ!

2.『1000円札』の裏に印刷されている『逆さ富士』は富士山が本栖湖の湖面に映った『逆さ富士』のように見えるがよく見ると『逆さ富士』ではない!これは、旧約聖書の伝説でノアの箱舟が漂着したといわれるトルコの『アララト山(標高5137m)の逆さ』である。なぜアララト山が『逆さ富士』に偽装されているのか?

(『1000円札』の裏の『富士山』と『逆さ富士』)

New!(『1000円札』の裏の『逆さ富士』は『富士山』ではない)

New!(トルコのアララト山)

3.『1000円札』を二つ折って明りで透かして見ると、表の『野口英世の左目』が裏の『富士山の上部』に重なるようになっている。この構図は『野口英世の左目』がすべてを見通すエジプトの太陽神『ホルス』の眼=全視眼に、 『富士山』がピラミッドに相当するように意図的に印刷されているのだ。

④この構図は、初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドがユダヤ教秘密経典『タルムード』の教え『ユダヤ人による世界一元世界=世界統一政府樹立』を実現するために1764年に結成した秘密結社『イルミナティ』のシンボルマークを表わしている。

『イルミナティ』のシンボルマーク:①三角形=エジプト『ピラミッド』、②中央の眼=すべてを見通す『ホルスの眼=全視眼』、③『光(イルミネーション)』=四方八方に拡散して闇を照らす。

⑤この『イルミナティ』のシンボルマークは、なぜか米私有国立銀行FRB(連邦準備銀行)発行の『1ドル札』の裏に印刷されている。

New!シンボルマークの上部左右には、ラテン語『Annui t』『Coeptis』の文字、ピラミッドの下には『Nuvos Ordo Seclohum』の文字が書かれている。

その意味は、『神よ!我々の試み【新世紀秩序】を認めた給へ!』である。

New!すなわち秘密結社『イルミナティ』は、彼らが支配する米私有中央銀行FRBが発行する『世界基軸通貨ドル紙幣』の中で最も流通している『1ドル札』の裏に、密かに『イルミナティ』のシンボルマークと最終目標である『世界統一政府樹立』のメッセージを刷り込んだのだ!

⑥この『イルミナティ』のシンボルマークは、なぜか1789年のフランス革命で宣言された『フランス人権宣言』の最上部に印刷されている。

New!これは『フランス革命』を企画・実行し『人権宣言』を起案・採択したのは『イルミナティ』であることを暗に示している!

(終り)

③2018.07.06(金) 日本語ブログ

■新コラム【今日の『騙されてはいけない』】を開始します!

①サッカーや野球やラグビーやアメフトなどの『集団競技』はスポーツの体裁をとっているが、その『表の顔』に騙されてはいけない!

New!【画像】監督の指示で日大アメフト部員が相手チームのフォワードに『殺人タックル』を仕掛けたの時の写真!

New!『集団競技』の『表の顔=表層』は、『競技ルール』を守り『公明正大なスポーツマン精神』に乗っ取り、技を競いあって相手チームに『勝利』することである。

しかし『集団競技』の『裏の顔=本質』は、『競技ルール』に違反してでも相手チームを『せん滅する』ことである。

すなわち『集団競技』は『スポーツ』の体裁をとっているが、実際は『疑似 戦争』なのだ。

日本でこの『疑似戦争』を煽る中心勢力は、全国紙と同じ数の6紙もある『スポーツ紙』である。

日本では、全国紙を読まず『スポーツ紙』しか読まない政治や社会に無関心な膨大な数の『B層』が毎日再生産され『安倍自公ファシスト政権』を支えているのだ。

②サッカー・ワールドカップやオリンピックなどの『国別対抗世界大会』は『スポーツの祭典』『平和の祭典』の体裁をとっているが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

『国別対抗世界大会』の本質は、各国の『民族感情』と『愛国心』を煽っていつでも『本物の戦争』を開始できる『狂気』を醸成するために、『世界支配階級』が定期的に莫大な金をかけて仕掛ける『謀略』である!

New!【画像1】『 愛国心』を煽って『熱狂』を政治利用する安倍晋三のTwitter投稿

New!【画像2】帰国したサッカー日本チームを成田空港で熱狂的に出迎える1000人のファン!

各国支配階級は、マスコミを使って『愛国心』と『狂気』を煽り『謀略』を仕掛けるが、これに乗らない冷静な国民は『非国民』と非難され弾圧され排除されるのだ。

③東京地検特捜部は文科省局長を『受託収賄容疑』で逮捕したが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

この事件の『裏の顔=本質』は、文科省の小役人の『ささやかな権力犯罪』をあたかも『巨悪な権力犯罪』のように演出して国民をだます『安倍晋三と自公政権』による『目くらまし』だということだ。

New!【画像】安倍晋三と自公政権の『巨悪な権力犯罪』を 隠ぺいするために東京地検特捜部に『ささやかな権力犯罪』で逮捕された佐野太文科省局長

すなわち東京地検特捜部が自分の子供の入学試験の点数に下駄をはかせて東京歯科大学に入学させるるために大学側に便宜を図った文科省の小役人・佐野太文科省局長の『ささやかな権力犯罪』を摘発したのは、『安倍晋三と自公政権』が犯してきた数々の『巨悪な権力犯罪』に対する『国民の不満と批判』をスピンさせるためである。

その第一の目的は、『安倍晋三と自公政権』がこの6年間に犯してきた数々の『巨悪権力犯罪』を隠ぺいし文科省の小役人が犯した『ささやかな権力犯罪』の摘発で国民の不満と批判を『ガス抜き』することである。

第二の目的は、文科省小役人の『ささやかな権力犯罪』を 摘発することで、『権力犯罪は一切摘発せずに見逃す』という日本の検察の世界に知れ渡った『悪評』を払拭して「日本の検察は権力犯罪を摘発するまっとうな機関」であるという『嘘』を刷り込むことである。

(終り)

⑤2018.07.07(土) 日本語ブログ

■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!

***【朗報 勝利!】日本人夫婦の国外追放は撤回されました。4日間で5万以上の著名が集まりました。by Milky@i_bonnier

【画像1】フランス移民局から『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出されている日本人ワイン生産者庄司博文・リエ夫妻!

20180706日本人ワイン生産者夫妻

【画像2】この「恥ずべき決定」に対する抗議署名が現時点で52.787筆集まっている!

20180706日本人ワイン生産者夫妻抗議署名png

【画像3】高い評価を受けている庄司博文・リエ夫妻の自然派ワイン『Le Pedres Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は生産量1万本。小売価格は25ユーロ(約3250円)

20180706ワインbis

▲抗議署名のサイト(フランス語)

現時点で52.787筆集まっている!

Non a l'expulsion des vignerons japonais de Banyuls !

南仏バニュルスの日本人ワイン生産夫妻の国外追放にNO!

https://goo.gl/V7BkWy

▲抗議署名に書き込んだ私のコメント!

Le President Maron devrait intervenir immediatement pour retirer cet ordre honteux du bureau francais de l'immigration. S'il garde le silence, cela montre que son identite est un ≪raciste≫ et un ≪defenseur
notoire dela bureaucratie francaise≫.

マクロン大統領はすぐに介入してフランス移民局のこの恥ずべき命令を撤回させるべきである。もしも彼が沈黙し続けるのなら、彼の正体が"人種差別者"であり、悪名高い"フランス官僚主義の擁護者"だということを示すことになる。

【関連記事1】

▲在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到

2018年7月5日 AFP日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00031011-hankyoreh-kr

仏バニュルスシュルメールで収穫されたブドウ(2015年9月7日撮影、資料写真)

【7月5日AFP】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。

退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。

昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(ElCeller de CanRoca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。

また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。

ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。

ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。

2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置す る。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。

しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。

代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を 収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。

「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。

【関連記事2】

▲Ce couple japonais produit un vin francais tres a la mode, mais risque l'expulsion

この日本人夫妻は非常にファッショナブルなフランスワインを生産しているが、国外退去の危機に見舞われている

Le sort de Rie et Hirofumi Shoji et de leur travail ne tient qu'a un fil.

庄司博文・リエ夫妻の運命と仕事は、糸でかろうじて支えられている。

Par Matthieu Balu マチュー・バリュ

02/07/2018  ハフポストフランス版

https://goo.gl/8DRjDc

AGRICULTURE - Plusieurs annees de travail acharne et des milliers
d'euros d'investissement peut-etre reduits a neant. Rie et Hirofumi
Shoji, viticulteurs a Banyuls-sur-Mer (Pyrenees-orientales) sont sous le
coup d'un arrete d'expulsion delivre par la prefecture, malgre
l'indeniable reussite de leur vin, cree en 2011.

農業 - 数年間の年月と厳しい労働と数千ユーロの投資が無に帰すかもしれない。
Banyuls-sur-Mer(バニュルス・シュール・メール)のワイン生産者である庄司博文・リエ夫妻は、2011年に最初に作ったワインの成功にも拘わらず、ピレネー・オリエンタル県が発行した国外退去命令の攻撃を受けている。

Comme vous pouvez le decouvrir dans notre video en tete d'article, les
autoritesestiment que le couple ne dispose pas d'un revenu suffisant
pour garder le droitde rester sur le territoire. Interroge par le
journal L'Independant, leur avocats'insurge contre cette decision,
mettant en avant le succes mondial de leur vin nature, le Pedres
Blanques. Bien decides a rester, les viticulteurs ont donc decide de
contester cet arrete devant le tribunal administratif de Montpellier.

この記事の最初のビデオ映像でわかるように、県当局は夫婦がフランス領土内に滞在する権利を維持するのに十分な収入を得ていないとみなしている。
『L'Independant(独立新聞)』によると、彼らの弁護士は、自然派ワイン『Le Pedres
Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は世界的な成功を収めている事実を強調し、この決定に抗議している。フランス滞在を決意した日本人ワイン生産者夫妻は、モンペリエ行政裁判所に対してこの決定の異議申し立てを行うことを決めた。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************















■(再掲) 今日の座右の銘

良いことも悪いことも含めて決して忘れてはいけない言葉を【座右の銘】にまとめて文字通り座右においていつも読んでいます!

1.世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。

(宮沢賢治『農民芸術概論綱要・序論より』

2.世界に対する大なる希願をまづ起せ 強く正しく生活せよ 苦難を避けず直進せよ

(宮沢賢治『農民芸術概論綱要・農民芸術の製作より』

3.『国民は自然権として抵抗権・革命権を持っている』
  (イギリスの哲学者ジョン・ロックの言葉) 
                          
政府が権力を行使するのは国民の信託によるものであり、もし政府が国民の意向に反して生命、財産や自由を奪うこと があれば、抵抗権(革命権、反抗
権)をもって政府を変更することができる。

4.命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。(西郷隆盛の言葉)

5.【天下の正道に立ち、天下の大道を行う人】とは (孟子の言葉)

どんなにカネをつまれようとも、カネの誘惑に負けて正道を踏み外すことは絶対ない。

どんなに貧しくなろうとも、志を曲げてカネのために悪を働くことは絶対にない。

どんなに強力な権力が脅しにかかろうとも、恐れ命を惜しんで屈服することは絶対にない。

6.ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)で「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) を指摘した。

道義なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

自覚なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)              

道徳なき商業 (Commerce without Morality)               
                                    
人間性なき科学 (Science without Humanity)

犠牲なき信仰 (Worship without Sacrifice)

7.『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』

(ドイツ・ロスチャイルド商会創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉1790年)

8.『私の息子たちが望まな ければ戦争が起きることはありません。』

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり5人の息子と5人の娘の母親でもあったグートレ・ロスチャイルドの言葉!

9.『天皇裕仁は「戦争犯罪人」であり、「ファシスト」であり、「5000万人のアジア人」を殺した最大最高の元凶である』

(井上清著「天皇の戦争責任」現代評論社1975年初版より抜粋)

10.昭和天皇『この原子爆弾が投下されたことに対して遺憾には思っておりますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対
しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思っております』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見で中村康二(こうじ)記者(ザ・タイムズ) の質問『陛下は(中略)都合三度広島にお越しに
なり、広島市民に親しくお見舞いの言葉をかけておられましたが、原子爆弾投下の事実を陛下はどうお受け止めになりましたでしょうか。おうかがいし
たいと思います。』への回答。

11.昭和天皇『そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、そういう問題につ
いてはお答えが出来かねます』

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見での秋伸利彦記者(中国放送)の質問『天皇陛下はホワイトハウスで「私が深く
悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がありましたが、このことは戦争に対しての責任を感じておられるという意味 に解してよろしゅうございま
すか。また、陛下はいわゆる戦争責任についてどのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします』への回答。

12.『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』

(ドイツルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーの詩)

ナチ党が共産主義者を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、 それは遅すぎ

13.世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉 (週刊東洋経済のインタビュー)

・[近いうちに世界規模の破たんが起こる]

・[安倍首相は『日本を破滅させた男』として、歴史に名を残すでしょう]  

・[おカネを大量に刷っている間は、それを享受している人たちの暮らし向きは 良くなり ます。しかし、いずれ破たんに向かい、すべての人が苦しみ ます。 金融緩和でいい思い をした人たちも一緒です]

・[政府債務の大きさゆえ、いったん破たんが起きると、通常よりも大規模にな ります]

・[安倍首相も、日銀も(政界経済にとっては)非常に危険な存在です]

・[安倍首相がやったことはほぼすべて間違っており、これからもあやまちを犯 し続ける でしょう]
                                   
・[(円安誘導は)最悪です。自国通貨を破壊することで地位が上がった国はあり ません]

14.ジョン・レノン『世界は狂人によって支配されている』

「社会は全て、狂人によって動かされている。きちがいじみた目的を実現するために。
僕は、このことに、16才とか12才とか、ずっと幼い頃に気づいたんだ。

でも、自分の人生を通じて、この事を違った方法で表現してきた。僕が表現しているものは、いつも同じ事だった。でも今は、この事を言葉にして示そう。

僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者たちの目的を成就するために支配されている、とね。

イギリス政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際にやろうとしている事、その方法や目的を紙の上に書く事ができるならば、彼らが何をやっているのか、僕はぜひ知りたい。

彼らは、み んなきちがいなんだ。でも、それを表現すると、僕はきっと、きちがい扱いされて、きっと消されてしまうだろう。これこそが、きちがいじみた現実なのだ」

(終り)
[2018/07/08 10:15] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
chateaux1000

【今日のブログ記事】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!https://t.co/iXWkceV52Z https://t.co/aPYvryr6Rm
07-07 08:04

【今日のブログ記事】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう! https://t.co/iXWkceV52Z
07-07 08:02

[07月06日]のつぶやきをまとめました ▶1番RTされたつぶやきは「日本でこの『疑似戦争』を煽る中心勢力は、全国紙と同じ数の6紙もある『スポーツ紙』である<...」 https://t.co/7Hxee7B1qh #gbrt
07-07 07:29

[2018/07/08 04:09] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2018.07.06)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2585】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 84分14秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/476394450

【今日のブログ記事】

■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!

***【朗報 勝利!】日本人夫婦の国外追放は撤回されました。4日間で5万以上の著名が集まりました。by Milky@i_bonnier

【画像1】フランス移民局から『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出されている日本人ワイン生産者庄司博文・リエ夫妻!

20180706日本人ワイン生産者夫妻

【画像2】この「恥ずべき決定」に対する抗議署名が現時点で52.787筆集まっている!

20180706日本人ワイン生産者夫妻抗議署名png

【画像3】高い評価を受けている庄司博文・リエ夫妻の自然派ワイン『Le Pedres Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は生産量1万本。小売価格は25ユーロ(約3250円)

20180706ワインbis

▲抗議署名のサイト(フランス語)

現時点で52.787筆集まっている!

Non a l'expulsion des vignerons japonais de Banyuls !

南仏バニュルスの日本人ワイン生産夫妻の国外追放にNO!

https://goo.gl/V7BkWy

▲抗議署名に書き込んだ私のコメント!

Le President Maron devrait intervenir immediatement pour retirer cet ordre honteux du bureau francais de l'immigration. S'il garde le silence, cela montre que son identite est un ≪raciste≫ et un ≪defenseur
notoire dela bureaucratie francaise≫.

マクロン大統領はすぐに介入してフランス移民局のこの恥ずべき命令を撤回させるべきである。もしも彼が沈黙し続けるのなら、彼の正体が"人種差別者"であり、悪名高い"フランス官僚主義の擁護者"だということを示すことになる。

【関連記事1】

▲在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到

2018年7月5日 AFP日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00031011-hankyoreh-kr

仏バニュルスシュルメールで収穫されたブドウ(2015年9月7日撮影、資料写真)

【7月5日AFP】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。

退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。

昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(ElCeller de CanRoca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。

また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。

ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。

ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。

2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。

しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。

代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。

「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。

【関連記事2】

▲Ce couple japonais produit un vin francais tres a la mode, mais risque l'expulsion

この日本人夫妻は非常にファッショナブルなフランスワインを生産しているが、国外退去の危機に見舞われている

Le sort de Rie et Hirofumi Shoji et de leur travail ne tient qu'a un fil.

庄司博文・リエ夫妻の運命と仕事は、糸でかろうじて支えられている。

Par Matthieu Balu マチュー・バリュ

02/07/2018  ハフポストフランス版

https://goo.gl/8DRjDc

AGRICULTURE - Plusieurs annees de travail acharne et des milliers
d'euros d'investissement peut-etre reduits a neant. Rie et Hirofumi
Shoji, viticulteurs a Banyuls-sur-Mer (Pyrenees-orientales) sont sous le
coup d'un arrete d'expulsion delivre par la prefecture, malgre
l'indeniable reussite de leur vin, cree en 2011.

農業 - 数年間の年月と厳しい労働と数千ユーロの投資が無に帰すかもしれない。
Banyuls-sur-Mer(バニュルス・シュール・メール)のワイン生産者である庄司博文・リエ夫妻は、2011年に最初に作ったワインの成功にも拘わらず、ピレネー・オリエンタル県が発行した国外退去命令の攻撃を受けている。

Comme vous pouvez le decouvrir dans notre video en tete d'article, les
autoritesestiment que le couple ne dispose pas d'un revenu suffisant
pour garder le droitde rester sur le territoire. Interroge par le
journal L'Independant, leur avocats'insurge contre cette decision,
mettant en avant le succes mondial de leur vin nature, le Pedres
Blanques. Bien decides a rester, les viticulteurs ont donc decide de
contester cet arrete devant le tribunal administratif de Montpellier.

この記事の最初のビデオ映像でわかるように、県当局は夫婦がフランス領土内に滞在する権利を維持するのに十分な収入を得ていないとみなしている。
『L'Independant(独立新聞)』によると、彼らの弁護士は、自然派ワイン『Le Pedres
Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は世界的な成功を収めている事実を強調し、この決定に抗議している。フランス滞在を決意した日本人ワイン生産者夫妻は、モンペリエ行政裁判所に対してこの決定の異議申し立てを行うことを決めた。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


[2018/07/07 08:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/06のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!https://t.co/pNzSVLhnPG https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 23:19

【YYNewsLive】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう! https://t.co/pNzSVLhnPG
07-06 23:17

2018.07.06 Literahttps://t.co/5aywdoYm57 https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:25

①安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠 安倍首相宅放火未遂事件「18年目の真実」●山岡俊介(前編)安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼していた決定的証拠! 「安倍代議士に選挙妨害を報告」の記述も https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:24

動画:警官が若者射殺、仏ナントで抗議の暴動 3夜連続2018年7月6日 AFP日本語版https://t.co/4CJ2A5Cqwu https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:22

医科大と同じ補助金を受給 文科省「加計優遇」疑惑が浮上2018年7月6日 日刊ゲンダイhttps://t.co/wgLcm9fgSF https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:21

米の対中関税は「経済史上最大の貿易戦争」、中国が報復関税発動2018年7月6日 AFP日本語版https://t.co/cCejcZtXzg https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:20

機務司令部、「光化門に3個旅団配置」ろうそく集会への戒厳令を具体的に計画したハンギョレ新聞日本語版https://t.co/p7OKWev5ai https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:17

②ロシアでも大きく報道=松本死刑囚の刑執行2018年7月6日 時事通信https://t.co/AM6wJEVCzr https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:16

オウム真理教・松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行2018/7/6 日経新聞https://t.co/IHGnEuEfcb https://t.co/aPYvryr6Rm
07-06 22:09

続きを読む
[2018/07/07 04:09] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日金曜日(2018年07月06日)午後9時から放送しました【YYNewsLiveNo2585】の放送台本です!

【放送録画】84分14秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/476394450

★放送後記

昨日木曜日(2018.07.05)夜放送のメインテーマに画像を加えた加筆訂正版を以下に再掲します!

■(加筆訂正版)新コラム【今日の『騙されてはいけない』】を開始します!

①サッカーや野球やラグビーやアメフトなどの『集団競技』はスポーツの体裁をとっているが、その『表の顔』に騙されてはいけない!

New!【画像】監督の指示で相手チームのフォワードに『殺人タックル』を仕掛けた日大アメフト部員の現場写真

20180521日大アメフト

New!『集団競技』の『表の顔=表層』は、『競技ルール』を守り『公明正大なスポーツマン精神』に乗っ取り、技を競いあって相手チームに『勝利』することである。

しかし『集団競技』の『裏の顔=本質』は、『競技ルール』に違反してでも相手チームを『せん滅する』ことである。

すなわち『集団競技』は『スポーツ』の体裁をとっているが、実際は『疑似戦争』なのだ。

日本でこの『疑似戦争』を煽る中心勢力は、全国紙と同じ数の6紙もある『スポーツ紙』である。

日本では、全国紙を読まず『スポーツ紙』しか読まない政治や社会に無関心な膨大な数の『B層』が毎日再生産され『安倍自公ファシスト政権』を支えているのだ。

②サッカー・ワールドカップやオリンピックなどの『国別対抗世界大会』は『スポーツの祭典』『平和の祭典』の体裁をとっているが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

『国別対抗世界大会』の本質は、各国の『民族感情』と『愛国心』を煽っていつでも『本物の戦争』を開始できる『狂気』を醸成するために、『世界支配階級』が定期的に莫大な金をかけて仕掛ける『謀略』である!

New!【画像1】『愛国心』を煽って政治利用する安倍晋三のTwitter投稿

20180706政治利用する安倍晋三

New!【画像2】帰国したサッカー日本チームを成田空港で熱狂的に出迎える1000人のファン!

20180706日本チームを出迎える1000人

各国支配階級は、マスコミを使って『愛国心』と『狂気』を煽り『謀略』を仕掛けるが、これに乗らない冷静な国民は『非国民』と非難され弾圧され排除されるのだ。

③東京地検特捜部は文科省局長を『受託収賄容疑』で逮捕したが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

この事件の『裏の顔=本質』は、文科省の小役人の『ささやかな権力犯罪』をあたかも『巨悪な権力犯罪』のように演出して国民をだます『安倍晋三と自公政権』による『目くらまし』だということだ。

New!【画像】安倍晋三と自公政権の『巨悪な権力犯罪』を隠ぺいするために東京地検特捜部に『ささやかな権力犯罪』で逮捕された佐野太文科省局長

20180706佐野局長

すなわち東京地検特捜部が自分の子供の入学試験の点数に下駄をはかせて東京医科大学に入学させるるために大学側に便宜を図った文科省の小役人・佐野太文科省局長の『ささやかな権力犯罪』を摘発したのは、『安倍晋三と自公政権』が犯してきた数々の『巨悪な権力犯罪』に対する『国民の不満と批判』をスピンさせるためである。

その第一の目的は、『安倍晋三と自公政権』がこの6年間に犯してきた数々の『巨悪権力犯罪』を隠ぺいし文科省の小役人が犯した『ささやかな権力犯罪』の摘発で国民の不満と批判を『ガス抜き』することである。

第二の目的は、文科省小役人の『ささやかな権力犯罪』を摘発することで、『権力犯罪は一切摘発せずに見逃す』という日本の検察の世界に知れ渡った『悪評』を払拭して「日本の検察は権力犯罪を摘発するまっとうな機関」であるという『嘘』を刷り込むことである。

(終り)

★今日の画像

①フランス移民局から『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出されている日本人ワイン生産者庄司博文・リエ夫夫妻!

20180706日本人ワイン生産者夫妻

②この「恥ずべき決定」に対する抗議署名が現時点で52.787筆集まっている!

20180706日本人ワイン生産者夫妻抗議署名png

③高い評価を受けている庄司博文・リエ夫妻の自然派ワイン『Le Pedres Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は生産量1万本。小売価格は25ユーロ(約3250円)

20180706ワインbis

★今日の映像

①【ハフポスト映像】 Ce couple japonais produit un vin francais tres a la mode, mais risque l'expulsion

この日本人夫妻は非常にファッショナブルなフランスワインを生産しているが、国外退去の危機に見舞われている

02/07/2018 ハフポスト・フランス

https://goo.gl/8DRjDc

★今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

宋鴻兵(ソン・ホンビン / Son
Hongbing,1968年-)中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学を卒業。1994年米国留学、ワシントンのアメリカン大学で修士号取得。専門は情報工学と教育学。修了後、アメリカで就職、様々な経験を積む。2002-07年、ファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務める。2007年11月、中国へ帰国。その後、中国宏源証券股?有限公司に勤務。2008年、環球財経研究所院長に就任。

この本は中国で150万部、韓国で12万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第69回 (2018.07.06) 朗読

第7章 "誠実な通貨"の最後の抗争 P231-264

金貸しは、権力濫用、詭計、詐欺、暴力と、あらゆる手段を用い、通貨と通貨発行を支配し、最後には政府を支配する目的を達成する。歴史はこれを証明している。

ージェームズ・マディソン アメリカ第4代大統領

●銀本位制の終焉 P240-245

(1)今日のメインテーマ

■南フランスで自然派ワンで大成功を収めている日本人夫妻に『収入が少ない』との理由で国外退去命令を出したピレネー・オリエンタル県知事と移民局に抗議しよう!

▲抗議署名のサイト(フランス語)

現時点で52.787筆集まっている!

Non a l'expulsion des vignerons japonais de Banyuls !

南仏バニュルスの日本人ワイン生産夫妻の国外追放にNO!

https://goo.gl/V7BkWy

▲抗議署名に書き込んだ私のコメント!

Le President Maron devrait intervenir immediatement pour retirer cet ordre honteux du bureau francais de l'immigration. S'il garde le silence, cela montre que son identite est un ≪raciste≫ et un ≪defenseur
notoire dela bureaucratie francaise≫.

マクロン大統領はすぐに介入してフランス移民局のこの恥ずべき命令を撤回させるべきである。もしも彼が沈黙し続けるのなら、彼の正体が"人種差別者"であり、悪名高い"フランス官僚主義の擁護者"だということを示すことになる。

【関連記事1】

▲在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到

2018年7月5日 AFP日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00031011-hankyoreh-kr

仏バニュルスシュルメールで収穫されたブドウ(2015年9月7日撮影、資料写真)

【7月5日AFP】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。

退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。

昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(ElCeller de CanRoca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。

また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。

ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。

ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。

2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。

しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。

代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。

「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。

【関連記事2】

▲Ce couple japonais produit un vin francais tres a la mode, mais risque l'expulsion

この日本人夫妻は非常にファッショナブルなフランスワインを生産しているが、国外退去の危機に見舞われている

Le sort de Rie et Hirofumi Shoji et de leur travail ne tient qu'a un fil.

庄司博文・リエ夫妻の運命と仕事は、糸でかろうじて支えられている。

Par Matthieu Balu マチュー・バリュ

02/07/2018  ハフポストフランス版

https://goo.gl/8DRjDc

AGRICULTURE - Plusieurs annees de travail acharne et des milliers
d'euros d'investissement peut-etre reduits a neant. Rie et Hirofumi
Shoji, viticulteurs a Banyuls-sur-Mer (Pyrenees-orientales) sont sous le
coup d'un arrete d'expulsion delivre par la prefecture, malgre
l'indeniable reussite de leur vin, cree en 2011.

農業 - 数年間の年月と厳しい労働と数千ユーロの投資が無に帰すかもしれない。
Banyuls-sur-Mer(バニュルス・シュール・メール)のワイン生産者である庄司博文・リエ夫妻は、2011年に最初に作ったワインの成功にも拘わらず、ピレネー・オリエンタル県が発行した国外退去命令の攻撃を受けている。

Comme vous pouvez le decouvrir dans notre video en tete d'article, les
autoritesestiment que le couple ne dispose pas d'un revenu suffisant
pour garder le droitde rester sur le territoire. Interroge par le
journal L'Independant, leur avocats'insurge contre cette decision,
mettant en avant le succes mondial de leur vin nature, le Pedres
Blanques. Bien decides a rester, les viticulteurs ont donc decide de
contester cet arrete devant le tribunal administratif de Montpellier.

この記事の最初のビデオ映像でわかるように、県当局は夫婦がフランス領土内に滞在する権利を維持するのに十分な収入を得ていないとみなしている。
『L'Independant(独立新聞)』によると、彼らの弁護士は、自然派ワイン『Le Pedres
Blanques(ル・ぺドレス・ブランク)』は世界的な成功を収めている事実を強調し、この決定に抗議している。フランス滞在を決意した日本人ワイン生産者夫妻は、モンペリエ行政裁判所に対してこの決定の異議申し立てを行うことを決めた。

(終わり)

(2)今日のトッピックス

① オウム真理教・松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行

2018/7/6 日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32688690W8A700C1MM0000/?n_cid=NMAIL007

法務省は6日、1995年の地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の元代表、松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、63)=東京拘置所=と元幹部の計7人の刑を執行した。

法務省は6日、1995年の地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の元代表、松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、63)と元幹部の計7人の刑を執行した。

1995年9月、移送される松本智津夫死刑囚(警視庁)=共同

一連のオウム事件では松本死刑囚のほか、元幹部12人の死刑が確定しているが執行は初めて。

法務省によると、ほかに死刑執行したのはいずれも元幹部の早川紀代秀(68)、中川智正(55)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、遠藤誠一(58)、土谷正実(53)の各死刑囚。7人同時の死刑執行は異例。

確定判決によると、松本死刑囚は、89年の坂本堤弁護士一家殺害事件や脱会信者殺害事件で、被害者らが自分に敵対したり離反したりしたとの理由で、「ポア」という言葉を使い殺害を指示。94年の松本サリン事件では、サリンの殺傷力や噴霧装置の性能を確かめるため「実際に効くかどうかやってみろ」とサリンの噴霧を命じた。

95年3月の地下鉄サリン事件では、同年1月に発生した阪神大震災に匹敵する大惨事を起こせば、間近に迫った警視庁の強制捜査を阻止できると考え、東京の地下鉄車内にサリンをまくよう指示し、13人が死亡、6000人以上が負傷した。

一審・東京地裁判決は松本死刑囚を「救済の名の下に日本を支配し、その王になろうと各犯行を敢行した首謀者」と位置付け、殺人や死体損壊、武器等製造法違反などの罪で、13事件すべてを有罪と認定。死刑を言い渡した。

控訴審で弁護側は「松本死刑囚は心神喪失状態で訴訟能力がない」と主張、期限までに控訴趣意書を提出しなかった。これに対し、東京高裁は「訴訟能力に疑いはない」として控訴棄却を決定。最高裁は2006年、弁護側の特別抗告を棄却し、死刑が確定した。

松本死刑囚は08年11月、東京地裁に再審請求。10年9月に最高裁が特別抗告を棄却し、再審を認めない決定が確定した。その後も複数回請求し、現在も請求中だった。

かつて再審請求中の死刑囚への執行は避けられる傾向があったが、法務省は昨年相次ぎ執行。再審請求が執行時期に与える影響は小さいとみられていた。

松本死刑囚は東京拘置所に収監されていた。関係者によると、17年5月の同拘置所の報告では松本死刑囚は「明らかな精神障害は生じておらず、面会はかたくなに拒否するが運動や入浴の際に促すと居室から出てきている」という状況だった。

事件から23年。日本の犯罪史上最悪のテロ事件の首謀者は、事件の真相を語ることのないまま極刑に処された。松本死刑囚の神格化や教団関係者による報復も懸念されることから、警察庁は6日、後継団体などに対する情報収集と警戒警備を強化するよう各都道府県警に通達を出した。

②ロシアでも大きく報道=松本死刑囚の刑執行

2018年7月6日 時事通信

http://www.afpbb.com/articles/-/3181505?cx_part=latest

【7月6日 時事通信社】オウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の刑執行については、かつて教団の海外における最大拠点だったロシアでも6日、国営メディアが速報するなど大きく伝えられた。ロシアでオウム真理教はテロ組織に認定されているが、5月に教団幹部が逮捕されるなど活動が続いている。

タス通信は6日、「オウム真理教は世界の終末と最終戦争を予言し、信者らが毒ガスなどさまざまな武器で敵対勢力を滅ぼそうとした」と報道。松本死刑囚については「キリストや仏陀(ぶっだ)などの生まれ変わりを自称していた」と伝えた。

オウム真理教は1992年にモスクワ支部を開設し、一時は3万人以上の信者がいたとされる。教団はロシアで、武器密造のための情報を収集していたほか、サリン散布のためのヘリコプターを購入していた。2000年にはロシア人信者のグループが松本死刑囚の奪還を目的に日本国内での連続爆破テロを計画し、ロシア連邦保安局(FSB)に逮捕される事件が起きている。

③機務司令部、「光化門に3個旅団配置」ろうそく集会への戒厳令を具体的に計画した

2018/07/06 ハンギョレ新聞日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00031035-hankyoreh-kr

「戒厳宣布」に関する文書

国軍機務司令部が昨年3月、憲法裁判所の朴槿恵(パク・クネ)前大統領弾劾審判が下される直前、弾劾棄却の決定を不服とした国民が大統領府と憲法裁への進入を試みることに備え、戒厳令の宣布を検討していたことが確認された。

共に民主党のイ・チョルヒ議員が5日に公開した機務司令部の「戦時戒厳および合同捜査業務の遂行案」によると、機務司令部は「首都防衛指令官を衛戍司令官に任命」し、「大規模なデモ隊が大統領府への進入を試みる際は、衛戍令発令を検討」する計画を提示した。また、状況が悪化すれば、「警備戒厳」から「非常戒厳」へと次第に拡大し、「光化門(クァンファムン)には3個旅団、汝矣島(ヨイド)には1個旅団が担当」するという具体的計画も立てた。同文書は、当時ジョ・ヒョンチョン機務司令官がハン・ミング国防部長官に報告した。

同文書は、憲法裁が朴前大統領弾劾訴追案を棄却するという見通しをもとに作成された。機務司令部は、文書で「弾劾審判の結果に従わなかった大規模なデモ隊がソウルを中心に集結し、大統領府や憲法裁判所への進入・占拠を図り、政府(警察)が大規模なデモを遮断すると、国民感情が爆発して同調勢力が急激に集まり、火炎瓶の投下など過激行動が深刻化」するだろうと見通した。

機務司は軍令権のない陸軍参謀総長が衛戍令による兵力の出動を命令するのが違法という点まで認知し、これを迂回する方法まで提示した。国軍組織法では、独立戦闘旅団級以上の部隊移動は国防部長官の承認事項であるからだ。にもかかわらず、機務司令部は「陸軍参謀総長の承認後、合同参謀議長や(国防)長官の承認を受けて論議の素地(を)解消」すればいいと書いた。1979年の新軍部の12・12クーデターの際、全斗煥(チョン・ドゥファン)保安司令官が軍を動かした後、チョン・スンファ当時陸軍参謀総長とチェ・ギュハ元大統領に事後承認を受けようとした事例と似たような手続きを検討したものである。

イ・チョルヒ議員は「不法政治介入や民間人査察に加え、軍政画策計画まで、とんでもないことを進めてきた機務司令部には解体に準ずる改革が急がれる」と話した。

キム・テギュ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

④米の対中関税は「経済史上最大の貿易戦争」、中国が報復関税発動

2018年7月6日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3181470?cx_part=latest

中国上海の洋山深水港(2018年4月9日撮影)。(c)AFP PHOTO / JOHANNES EISELE

【7月6日 AFP】(更新)中国政府は6日、米政府が中国からの輸入品340億ドル(3兆8000億円)相当を対象とする追加関税を同日発動したことを受け、報復関税を発動した。中国商務省はこれに先立ち、「経済史上最大の貿易戦争」に対し「必要な対抗措置を取らざるを得ない」として米国を批判していた。

中国外務省は、報復措置は「直ちに発動された」と発表。国営新華社(Xinhua)通信も、同じ規模の米国製品に25%の追加関税が課されたと報じている。

これに先立ち中国商務省は声明で「中国は先に引き金を引かないと約束したが、国家の核心的利益と人民の利益を守るために必要な対抗措置を取らざるを得ない」と述べていた。同省は、新たな関税が課されればそれと同等の関税を米国からの輸入品に課すとしていたが、今回の声明では対抗手段として世界貿易機関(WTO)への提訴を越えた措置を取るかどうかは明らかにしていない。

中国は、米国の動きは「世界市場の混乱」を引き起こしかねない「典型的な貿易いじめ」だと非難。また、米ドナルド・トランプ(Donald Trump)政権が世界各地の貿易相手国と角を突き合わせている中、中国は自由貿易を促進するため各国と協力していくと表明した。

トランプ大統領は中国からの輸入の大半に相当する4500億ドル(約50兆円)相当の中国製品に追加関税を課す可能性も示唆しており、6日に米中が発動した関税を契機として本格的な貿易戦争に発展する恐れもある。(c)AFP

⑤医科大と同じ補助金を受給 文科省「加計優遇」疑惑が浮上

2018年7月6日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232803

受託収賄容疑で逮捕された文科省前局長の息子を入学させる見返りに、東京医科大学は私立大支援事業の対象校に選定されるよう依頼していたが、“アベ友”疑惑が消えない「加計学園」も、医科大が依頼したのと同じ支援事業の対象に選ばれ、過去に補助金を受けていた。5日の野党合同ヒアリングで、議員らはこの問題を徹底追及。文科省が加計学園を優遇し、補助金を出していた疑惑が浮上した。

問題の支援事業は、独自の取り組みをする大学に補助金を支給する「私立大学研究ブランディング事業」。医科大が受給する前年の2016年11月、加計系列の千葉科学大学と岡山理科大学が事業者として選定されていた。

■系列大学が2校も「倍率5倍」をクリア

千葉科学大の事業は「『フィッシュ・ファクトリー』システムの開発及び『大学発ブランド水産種』の生産」で、岡山理科大は「恐竜研究の国際的な拠点形成」。申請した全198校のうち、選定されたのは40校。加計系列の大学が2校も、「倍率5倍」をクリアした格好だ。

選定過程は、まず教育の専門家からなる委員会が各事業を審査。点数付きでの評価を経た後、文科省の高等教育局私学助成課が再審査する。最終決定者は高等教育局長だ。ヒアリングで議員が「委員会の審査時や文科省内の再審査時に、第三者が介入する余地があるのではないか」と追及すると、文科省担当者は「恣意が入るものではないと思うが、捜査中でありコメントを控える」と逃げの一手だった。

さらに、補助金額は年額2000万~3000万円が相場とされるが、千葉科学大は1年目に3750万円、岡山理科大は4200万円だったことが発覚。医科大が受けた3500万円を上回る金額に、議員からは「やっぱり加計優遇じゃないのか」と疑問の声が上がっていた。

「文科省は昨年、選定に際し第三者が介入する余地はないと説明していましたが、今回の事件で疑惑は深まった。選定過程に文科官僚が介入する余地があったことが証明された格好です。政官界関係者の間では、安倍首相と加計理事長の関係の深さは周知の事実。文科省が忖度して加計系列の大学を選んだのではないか。そう疑われてもしかたありません」(ヒアリングに参加した国民民主党・山井和則衆院議員)

加計学園は4日、愛媛県庁記者クラブに「今後、記者会見は行わない」との文書を送ったばかりだが、説明しなければ疑惑は深まる一方だ。

⑥動画:警官が若者射殺、仏ナントで抗議の暴動 3夜連続

2018年7月6日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3181497?cx_part=latest

【7月6日 AFP】フランス西部ナント(Nantes)で、若い男性が警官に射殺される事件が大規模な暴動に発展している。3夜目を迎えた6日未明も、建物や車両への放火が相次いだ。フランスでは移民の多い都市近郊の貧困地区で警察の暴力に対する住民の不満がたまっており、各地で緊張が高まる恐れがある。

現地メディアは射殺された男性の名前を「アブバカル・F(Aboubakar F)」さん(22)と報じている。麻薬取引に関する捜査で監視対象となっていて、3日にナント市ブルイユ(Breil)地区を運転中、警察に停止を命じられた。パリ近郊クレテイユ(Creteil)の強盗事件など複数の事件でも捜査対象となっていたという。

ナント市警と検察当局によると、男性は身分証明書を携帯しておらず、偽名を告げた。このため警察が逮捕しようとしたところ、男性は急に車を反転し逃走を試みたという。警察関係者は、男性が現場にいた警官の一人に向かって車で突っ込もうとしたので別の警官が発砲したと説明した。

しかし、目撃者の一人によれば男性の首に銃弾1発が当たった際、車は停止していたという。

ナントでは市内の複数の貧困地区で、怒った若者たちが警官隊と衝突。放火された車両や割られた建物の窓ガラスが路上に散乱している。5日未明には、図書館や保育所、薬局など複数の建物や車40台以上が放火されたほか、約1000人が「アブ(男性の名)のために正義を」と叫びながら抗議デモを行い、男性が死亡した状況について真実が解明されるよう要求した。

また、当局によると6日未明にはナント市長の自家用車を含む車両52台が燃やされ、バーやショッピングセンターなど建物8棟が放火や略奪の被害を受けた。高校やガソリンスタンドへの放火未遂もあったが、けが人は出ていない。

一連の暴動による逮捕者は十数人に上っている。死亡した男性が育ったパリ郊外ガルジュレゴネス(Garges-les-Gonesse)でも、若者らが警官隊に火炎瓶を投げたりごみ収集所に放火したりし、1人が逮捕された。

男性を射殺した警官は身柄を拘束され、事情聴取を受けている。エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相はナントを訪れ、暴動を非難するとともに、男性の死について「最大限の透明性」を確保すると約束した。映像は6、4日撮影

(3)今日の重要情報

①安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠 安倍首相宅放火未遂事件「18年目の真実」

●山岡俊介(前編)安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼していた決定的証拠! 「安倍代議士に選挙妨害を報告」の記述も

2018.07.06 Litera

http://lite-ra.com/2018/07/post-4108.html

嘘と開き直りでモリカケ問題に蓋をして、厚顔にも3選を狙っている安倍首相。しかし、そのダーティな本質はいくら隠しても隠しおおせるものではない。ここにきて、とんでもないスキャンダルが新たに浮上した。それは、リテラでも何度か記事にしてきた安倍首相の地元・下関の自宅が18年前、工藤会系暴力団組長らに放火された事件に関するものだ。
実はこの放火事件には、安倍首相の事務所がこの暴力団組長らと通じ、一緒に逮捕された前科8犯のブローカーに対立候補の選挙妨害を依頼。ところが、安倍サイドが見返りの約束を破ったため怒ったブローカーが暴力団を使って、犯行に及んだという裏があった。

これだけでも大問題のはずだが、根拠が証言にとどまっていたためか、この一件は、休刊した月刊「噂の真相」などごく一部のメディアしか報じていなかった。

ところが、今回、その決定的な物証が出てきたのだ。

決定的な物証とは、当時、安倍事務所とこのブローカーが交わしていた3通の文書。そこには、安倍事務所が選挙妨害工作を依頼していた事実はもちろん、安倍首相自身がこのブローカーと会い、選挙妨害工作の見返りについて密談していたことを示す記述もあった。

つまり、選挙妨害という犯罪をめぐる裏交渉に安倍首相自身が直接、関与していたというわけだ。しかも、相手は暴力団と深いつながりのある人物である。

この文書の存在をスクープしたのは、ジャーナリスト・山岡俊介氏。安倍事務所による選挙妨害事件は、前述したように、休刊した月刊誌「噂の真相」が最初に報じたのだが、そのとき、現地で取材を担当したのが山岡氏だった。山岡氏は「噂の真相」休刊後も、この問題を追い続け、最近になって、出所してきたこのブローカーに直接取材。自らが主宰するウェブメディア
「アクセスジャーナル」で報じたのだ。

リテラでは今回、安倍首相の犯罪関与の決定的証拠であるこの文書を公開するとともに(右写真)、改めて山岡氏に疑惑の全貌をレポートしてもらった。
(編集部)

●安倍首相宅を放火した工藤会系暴力団と「安倍先生の支援者」を名乗る男

筆者は、この問題を15年にわたり、取材してきた。そして、この6月、安倍事務所から選挙妨害の依頼を受け実行に及ぶも、裏切られて放火未遂事件を引き起こした主犯、小山佐市に2回にわたりインタビューすることに成功。安倍首相自身が選挙妨害という犯罪に直接関与している物証をつかんだ。

その具体的な内容を紹介する前に、まず事件の背景を説明しておこう。問題の発端は2003年、当時、自民党幹事長だった安倍晋三の地元・下関で、6人の男が福岡県警・山口県警の合同捜査本部に逮捕されたことだった。容疑は、下関にある安倍の自宅に火炎瓶を投げ込み、車庫の車3台を全半焼させたという「放火未遂」容疑。逮捕されたのは、特定危険指定暴力団「工藤会」系暴力団組長と組員、そして、前述の元建設会社社長でブローカーの小山佐市だった。

しかし、この逮捕劇は不可解なことだらけだった。事件が起きたのは3年も前。発生当初から地元では事件が噂になっており、安倍の北朝鮮に対する強行姿勢から北朝鮮関係者の犯行ではないかというデマも流れたが、なぜか当の安倍事務所や山口県警は一切沈黙。新聞やテレビもまったく報じていなかった。

ところが、それから3年経って、いきなり容疑者として暴力団関係者が逮捕されたのだ。しかも、主犯と目される元建設会社社長・小山は前科8犯、地元では公共工事や土地買い占めに暗躍して手数料を稼ぐブローカーとして有名で、「わしは安倍先生の熱心な支援者」と公言している人物だった。

筆者は、事件発覚後、すぐに「噂の真相」編集部の依頼で、下関に入ったのだが、ほどなくとんでもない裏があることがわかった。逮捕前に小山と接触していた地元関係者に取材することができたのだが、この地元関係者が、小山から直接、「あれ(安倍宅への放火事件のこと)はわしが工藤会にやらせた」「選挙妨害を頼んでおきながら、安倍事務所が約束を守らんかったからや」と聞かされていたことを証言したのだ。

安倍事務所が子飼い市長を当選させるため依頼した選挙妨害と見返りの約束

小山の言っていた「選挙妨害」とは、1999年の下関市長選でのことだった。この市長選では現職市長の江島潔(現・参院議員)と元市長の亀田博(現・下関市市議会副議長)、元国会議員で野党系の古賀敬章(のちに衆院議員、引退)が立候補していた。

このうち、現職市長の江島は父親の代から清和会や安倍家との関係が深く、その後、安倍のバックアップで参院議員になった典型的な子飼い市長。この市長選でも、安倍の秘書が選対本部長をつとめるなど、安倍事務所あげて支援していた。しかし、今回の市長選は野党系の古賀が追い上げており、結果はどう転ぶかわからないといわれていた。

そこで、安倍事務所は工藤会系組長らとともに逮捕された小山に、市長選の対抗馬である古賀を攻撃する怪文書工作を依頼したというのだ。

小山は前述したように、ブローカー的な仕事をしていたうえ、前科8犯で暴力団にも通じている。こんな人物に大物国会議員の事務所が選挙妨害を依頼していたとは信じがたいが、この地元関係者によると、小山は自分にの古賀の選挙妨害を依頼してきた「佐伯」という安倍事務所の秘書の名前も口にしていた。実際、筆者が調べたところ、当時安倍の事務所に佐伯伸之という秘書は実在しており(後に下関市議に、昨年死去)、小山と頻繁に会っていたことが確認された。

そして、市長選では、選挙の半年前、と選挙期間中の2回、古賀を攻撃する怪文書が大量にまかれていたこともわかった。ひとつは、週刊誌に掲載された古賀の女性スキャンダルのコピー、もうひとつは、古賀が市長になったら、下関は朝鮮支配の街になる、など、在日差別、いまでいうヘイトスピーチそのものの内容だった(しかも、古賀は在日でもないし、新井と親戚でもなく、完全なデマだった)。

さらに、別の建設業者への取材で、小山の語っていた「小山と安倍事務所の約束」の中身も明らかになった。下関市では当時、川中地区というところで土地計画整理事業計画が進んでいたのだが、小山は市に大型ショッピングセンターのジャスコを誘致しようとしていた。安倍事務所はこの小山の利権参入計画に協力する約束をしていたのだ。

ところが、小山が逮捕前、地元関係者に語っていたように、市長選で江島市長が当選したというのに、安倍事務所は一向に約束を果たそうとしなかった。小山は依頼してきた佐伯秘書の上司である安倍事務所・筆頭秘書の竹田力にまで直接掛け合い、念書まで取っていたというが、それでも安倍事務所はのらりくらりと小山の要求をかわし続け、挙句は裏切りの姿勢まで見せたという。

そこで、怒った小山は知己の工藤会系暴力団組長に依頼し、安倍の自宅に放火させたのだった。安倍首相の自宅以外も、事務所を含め計5度、関連施設に火炎瓶を投げ込ませた。これが筆者がつかんだ、放火事件の全貌だった。

「これがあるかぎり絶対に捕まらん」とブローカーが口にしていた念書の存在

放火事件の裏には、安倍事務所のとんでもないスキャンダルが隠されていたわけだが、さらに警察関係者に取材を進めると、この事件は、当初、闇に葬り去られるはずだったことも明らかになった。実際、放火された時点で、安倍サイドは小山が犯人であることは察しがついていたはずだが、警察に捜査を依頼せず、山口県警も地元の名士である安倍を忖度して動こうとしなかった。その結果、小山は3年もつかまらなかった。

それは、おそらく、小山が前述の竹田筆頭秘書がサインしたとする念書をもっていたためだろう。もし事件化して小山が取り調べや法廷で念書を持ち出したら、安倍事務所の選挙妨害が明るみに出かねない、そう考えたのではないか。

実際、小山は前出の地元関係者にこの念書をちらっと見せ、こううそぶいていたという。

「これがあるかぎり絶対に捕まらん」

事件から3年経って、小山や実行犯の工藤会系組長らがいきなり逮捕されることになったのも、安倍の地元の山口県警でなく、福岡県警が暴力団・工藤会の一斉摘発をしている過程で、この事実をつかんだためだった。政治家とは関係のうすい暴力団担当の部署が捜査していたため、しぶる山口県警を押し切って、事件化に踏み切ることができたのだ。一応、メンツを立てるために山口県警と合同捜査ということにしていたが、実質は福岡県警が捜査を仕切っていたという。

だが、経緯はどうあれ、福岡県警が捜査に動いたことで、闇に葬り去られるはずだった安倍宅放火事件は明るみに出た。そして、筆者の取材をもとに、「噂の真相」がトップ特集で、この事件の裏に安倍事務所の選挙妨害依頼があったことを記事化し、大きな話題を呼んだ。

おそらくこれで一気に火がついて、週刊誌はもちろん、新聞やテレビも安倍のことを徹底的に追及するだろう。筆者も「噂の真相」編集部もそう考えていた。

しかし、現実は逆だった。どこのメディアもこの記事を後追いしなかったのである。筆者や編集部には、新聞や週刊誌の問い合わせが何件もきたが、結局、報道したマスコミは皆無だった。

当時、「なぜ記事にしなかったのか」とメディア関係者を問い詰めると、必ず返ってきたのが、「当事者の小山が収監されていて、証言が取れないから」「物証である念書があれば」という答えだった。しかし、他の政治家のケースでは、当事者証言のないまま、記事にしているケースはいくらでもある。実際は、飛ぶ鳥落とす勢いだった安倍晋三に腰が引けたというのが真相だろう。

実際、2006年10月、安倍第1次政権が誕生したタイミングで、「共同通信」がこの件を記事にしようとしたことがあった。共同通信は拘留中の小山氏に面会し証言を取っていたというが、上層部の判断で結局、記事は潰されてしまった。記事がつぶされたいきさつは月刊『現代』(06年12月号)で元共同記者の魚住昭、青木理のふたりが「共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル」と題してレポートしている。

しかし、そうはいっても、もっと決定的な証拠を提示しなければ、マスコミが動かないのも事実だった。鍵になるのは、小山自身が「これがあるからワシはつかまらん」といっていた念書の存在だった。念書の現物があれば、マスコミも動くだろう、そう考えた筆者はその後もしつこく取材を続けた。

3年前には、念書にサインしたとされる筆頭秘書の竹田の自宅を2日続けて直撃したこともある。竹田は念書の存在は認めたが、内容は読まなかったとシラを切った。さらに取材を繰り返すつもりだったが、竹田は一昨年に死去し、取材は叶わなくなった。

拘留中の小山にもアプローチしたが、反応はなかった。小山は裁判でも一切、念書のことは持ち出さなかった。そして、懲役13年の実刑判決を受け、刑務所に収監されたため、その後、小山とは連絡を取れなくなってしまった。

安倍宅放火未遂事件の”主犯”小山佐市への6時間の取材、提示された3通の文書

【画像】念書の重要部分

20180706安倍文書

もはや万策尽きたか、と絶望に打ちひしがれていたが、今年5月、奇跡としか思えないことが起きた。小山から突然、連絡がきたのである。小山は今年2月、13年の刑期を終えて満期出所。以前からアプローチしていた筆者に「真相を話したい」と連絡があったのだ。
さっそく小山に会って2回にわたり計6時間以上に及ぶ取材を行った。小山はすでに80歳だが、かくしゃくとして、記憶にはよどみがなかった。取材してみて改めて認識したのは、筆者のこれまでの取材内容、「噂の真相」の記事が間違っていなかったことだ。当時、安倍事務所の佐伯秘書から古賀の選挙妨害工作の依頼を受けていたこと、安倍事務所が見返りの約束を反故にしたこと、その約束を書いた念書が存在していることなど、主要な疑惑をすべて認めたのである。

また、怪文書については、「ゴム手袋して何万部もコピーして、自分も部下と車で回って各家に投函した。佐伯秘書も手伝ったことがあった」と語るなど、当事者しか知りえないディテールも語っていた。

ただし、小山がまいたのは、女性スキャンダルのほうだけで、「北朝鮮出身」と差別デマ攻撃を行った怪文書については、「あれはワシやない」と否定した。だが、一方で小山はこうも言っていた。

「とにかく、安倍事務所の佐伯秘書が『古賀は朝鮮人で、当選させたら下関は朝鮮に支配される』としきりにいっていた。だからワシも協力したんや」

ようするに、安倍事務所の秘書が怪文書と同じ差別デマ、ヘイトを口にしていたというのだ。

しかも、この悪質な選挙妨害は最初から、佐伯秘書の個人的な裁量によるものでなく、安倍事務所や安倍首相も納得ずくのことだったと、小山は言う。

「佐伯に選挙妨害の依頼を受けた時、佐伯では信用できないから(上司で筆頭秘書の)竹田に電話して確認した。その時、竹田は“この件は安倍さんも含め安倍事務所全員の総意”と言うたんよ」

もちろん、小山の言うことをすべてうのみにすることはできないし、その証言だけでは、これまでの繰り返しで、マスコミは絶対に記事しないだろう。しかし、今回、小山は、筆者がどうしても現物を入手したかった安倍事務所と小山の間でかわした、小山が「これがあるからわしはつかまらん」と言っていたという「念書」を出してきた。

小山が出してきた文書は計3通。正確には、「念書」ではなく、1通目が「確認書」、2通目は「願書」、3通目はもう一度「確認書」と銘打たれているが、そのすべてに、安倍事務所の筆頭秘書だった竹田力の署名と捺印があった。

小山は筆者が取材していた通り、下関市長選で安倍事務所の推す江島市長が当選したにもかかわらず、一向に「見返りの約束」を果たそうとしないことに業を煮やし、筆頭秘書の竹田にねじ込み、安倍と直接面会して、見返り条件について秘密会談を行っていた。

3通の文書はその過程で決まったことを書面にし、署名捺印したもので、市長選挙から4カ月後の平成11年6月17日、6月22日、7月13日の日付が入っている。

そして、特筆すべきなのは、3通すべてに、安倍首相がこの問題に直接、関与していることを示す記述があったことだ。

たとえば、冒頭に掲載した画像は1通目の文書だが、そこには〈古賀潰しの件(佐伯氏よりの依頼)も安倍代議士に報告し、代議士含め小山会長とお話をさせて頂きたいと思っておりますと言われた事〉との記述があった。これは、古賀潰し=選挙妨害を安倍首相が知っていたというと明らかな証拠だろう。

この文書は他にも様々な疑惑をが裏付ける事実が書かれていた。さらに、2通目、3通目の文書にも、衝撃的な記述がある。その具体的な内容については、後編でお届けしたい。また、興味にある向きは、筆者が主宰している「アクセスジャーナル」も読んでいただければ、幸いだ。

(後編に続く/文中敬称略)

(山岡俊介)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************






















[2018/07/06 23:15] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■新コラム【今日の『騙されてはいけない』】を開始します!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日木曜日(2018.07.05)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2584】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 90分01秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/476167240

【今日のブログ記事】

■新コラム【今日の『騙されてはいけない』】を開始します!

①サッカーや野球やラグビーやアメフトなどの『集団競技』はスポーツの体裁をとっているが、その『表の顔』に騙されてはいけない!

New!【画像】監督の指示で日大アメフト部員が相手チームのフォワードに『殺人タックル』を仕掛けたの時の写真!

20180521日大アメフト

New!『集団競技』の『表の顔=表層』は、『競技ルール』を守り『公明正大なスポーツマン精神』に乗っ取り、技を競いあって相手チームに『勝利』することである。

しかし『集団競技』の『裏の顔=本質』は、『競技ルール』に違反してでも相手チームを『せん滅する』ことである。

すなわち『集団競技』は『スポーツ』の体裁をとっているが、実際は『疑似戦争』なのだ。

日本でこの『疑似戦争』を煽る中心勢力は、全国紙と同じ数の6紙もある『スポーツ紙』である。

日本では、全国紙を読まず『スポーツ紙』しか読まない政治や社会に無関心な膨大な数の『B層』が毎日再生産され『安倍自公ファシスト政権』を支えているのだ。

②サッカー・ワールドカップやオリンピックなどの『国別対抗世界大会』は『スポーツの祭典』『平和の祭典』の体裁をとっているが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

『国別対抗世界大会』の本質は、各国の『民族感情』と『愛国心』を煽っていつでも『本物の戦争』を開始できる『狂気』を醸成するために、『世界支配階級』が定期的に莫大な金をかけて仕掛ける『謀略』である!

New!【画像1】『愛国心』を煽って『熱狂』を政治利用する安倍晋三のTwitter投稿

20180706政治利用する安倍晋三

New!【画像2】帰国したサッカー日本チームを成田空港で熱狂的に出迎える1000人のファン!

20180706日本チームを出迎える1000人

各国支配階級は、マスコミを使って『愛国心』と『狂気』を煽り『謀略』を仕掛けるが、これに乗らない冷静な国民は『非国民』と非難され弾圧され排除されるのだ。

③東京地検特捜部は文科省局長を『受託収賄容疑』で逮捕したが、その『表の顔=表層』に騙されてはいけない!

この事件の『裏の顔=本質』は、文科省の小役人の『ささやかな権力犯罪』をあたかも『巨悪な権力犯罪』のように演出して国民をだます『安倍晋三と自公政権』による『目くらまし』だということだ。

New!【画像】安倍晋三と自公政権の『巨悪な権力犯罪』を隠ぺいするために東京地検特捜部に『ささやかな権力犯罪』で逮捕された佐野太文科省局長

20180706佐野局長

すなわち東京地検特捜部が自分の子供の入学試験の点数に下駄をはかせて東京歯科大学に入学させるるために大学側に便宜を図った文科省の小役人・佐野太文科省局長の『ささやかな権力犯罪』を摘発したのは、『安倍晋三と自公政権』が犯してきた数々の『巨悪な権力犯罪』に対する『国民の不満と批判』をスピンさせるためである。

その第一の目的は、『安倍晋三と自公政権』がこの6年間に犯してきた数々の『巨悪権力犯罪』を隠ぺいし文科省の小役人が犯した『ささやかな権力犯罪』の摘発で国民の不満と批判を『ガス抜き』することである。

第二の目的は、文科省小役人の『ささやかな権力犯罪』を摘発することで、『権力犯罪は一切摘発せずに見逃す』という日本の検察の世界に知れ渡った『悪評』を払拭して「日本の検察は権力犯罪を摘発するまっとうな機関」であるという『嘘』を刷り込むことである。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

[2018/07/06 11:22] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
07/05のツイートまとめ
chateaux1000

①9条Tシャツを着ているだけで国会傍聴から締め出し!改憲に動き出した安倍政権の「憲法9条」弾圧が深刻化2018.07.04 Literahttps://t.co/rIxxI6sf1V https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:14

在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到AFP日本語版https://t.co/MEXzgYMHJx https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:09

米国マスコミ「金正恩に非核化の意志はない」連日報道…トランプ牽制用?支援用? ハンギョレ新聞日本語版https://t.co/MEXzgYMHJx https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:08

安倍首相に北が“退陣勧告” 空費された拉致対策費130億円2018年7月4日 日刊ゲンダイhttps://t.co/1y5UJ05nc5 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:06

核弾頭を一つ作るのに8キロのプルトニウムが使われるとすれば約6000発分の核爆弾を製造できる膨大な量だ。 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:05

日本内閣府が昨年8月に発表した資料によると、日本は2016年末現在、46.9トン(国内9.8トン、海外37.1トン)もの莫大な量のプルトニウムを保有している。 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:05

① 「日本が保有した莫大なプルトニウム、北朝鮮の非核化交渉の障害に」ハンギョレ新聞日本語版https://t.co/Z5JOce0eDg https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:02

第二の目的は、文科省小役人の『ささやかな権力犯罪』を摘発することで、『権力犯罪は一切摘発せずに見逃す』という日本の検察の『悪評』を払拭して「権力犯罪を常に摘発するまっとうな機関」であるという『嘘』にすり替えることである。 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:01

すなわち、安倍晋三と自公政権に対する国民の不満と批判を、文科省の小役人の『ささやかな権力犯罪』にスピンさせて隠されている『巨大権力犯罪』を隠ぺいし、国民を『ガス抜き』することである。 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 23:00

その最大の目的は、安倍晋三と自公政権がこの6年間に犯してきた数々の『巨大権力犯罪』を隠ぺいすることである。 https://t.co/BLJ4W8waEA
07-05 22:55

続きを読む
[2018/07/06 04:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>