プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会のご案内です。
いつもお世話様です。

【ネットメデアと主権在民を考える会】の山崎康彦です。

明後日日曜日午後2時より【若者討論会】6月例会を開催しますので皆様のご参加を
お願いいたします。

■6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会のご案内です。ネット主権


テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」

教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加くだ
さい。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

以上です。

【ネットメデアと主権在民を考える会】
世話人代表 山崎康彦
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   
スポンサーサイト
[2013/05/30 22:02] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
大阪府守口市の行政官僚の「不作為」が大阪の母子を死に追いやった!
■大阪府守口市の行政官僚の「不作為」が大阪の母子を死に追いやった!本日木曜日(5月30日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 79分 45秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13489920



(1)今日のトピックス:

①大阪府守口市の行政官僚の「不作為」が大阪の母子をが死に追いやった!

【関連記事】

▲大阪の餓死母子 昨年10月ごろ生活保護相談、実母には金の無心

2013.05.30 スポニチ

2遺体が見つかった大阪市北区のマンションに息子とともに住んでいた母親の井上充代さん(28)が昨年10月ごろの転居前、生活保護の相談をし、実母には金を無心していたことが29日、捜査関係者らへの取材で分かった。

一方、訪問してきた警察官の質問には、強い口調で具体的な回答を拒否。生活が次第に困窮し、追い詰められていく様子を示しており、大阪府警は経緯を調べる。

捜査関係者らによると井上さんは、北区への転居前、息子の瑠海ちゃん(3)、夫との3人で、大阪府守口市で生活。昨年7月4日、同市の生活保護担当の窓口に「仕事が見つからなければ経済的に不安定になりそうだ」と相談に訪れた。窓口の職員は仕事が見つからない場合は相談に来るよう伝えたが、訪問はなかった。

②銀行だけに与えられた「信用創造特権=通帳マネー」とは何か?

▲「通帳マネー」が生み出される銀行の仕組み!

以下に具体的な例で説明します。

1)Aさんが100万円を民間銀行に預金します。

2)Aさんの預金通帳には100万円の「お預かり」と印字されます。

3)一方銀行の帳簿にはAさんの100万円が「現金」として資産計上されます。

4)日銀への積み立金の法定準備率をわかり易くするために10%とします。

5)銀行は100万円の10%に当たる10万円を日銀に積立金として当座に預
け残りの90万円をB氏に金利年3%、5年60回分割の条件で貸し付 けします。

6)銀行はB氏へ90万円を貸付ましたが、90万円を「現金」で貸し付けたの
ではなくB氏の預金通帳に「90万円貸し付け」と印字しただけです。

7)ここで注意が必要です。銀行がB氏に貸した90万円が金利と共に「現金」
として銀行に全額返済されるのは5年後です。しかしこの「通帳マ ネー」の仕
組みでは、貸した90万円が現金として直ぐに返済されたという前提で90万円
を新たに貸し出すことができるのです。すなわち10%の9 万円を日銀に積み
立てた残りの81万円をC氏に新たに貸し出せるのです。

8)銀行は81万円をC氏に融資します。81万円がすぐに現金で全額返済され
たとの前提で81万から日銀への積立金10%=8.1万を差し引いた
71.9万円を新たにD氏に貸し出すことが出来るのです。

9)銀行は最初A氏が預けた100万円の「現金」を基に、企業や個人への貸出
を132回繰り返すと約900万円の「現金」でない「通帳マネー」を 生み出
すことになります。

10)現在の日銀の法定準備率は0.01%ですので、銀行はA氏が預けた「現
金」100万円を基に企業や個人への貸出を13、200回繰り返して 約9億円の
「現金」でない「通帳マネー」を生み出すのです。

11)これこそが銀行が独占的に持っている「信用創造特権」なのです。

(2)新企画:今日の「憲法が国民に保障している権利」① 労働関連

【日本国憲法】

▲第二七条【勤労の権利及び義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止】

1 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

3 児童は、これを酷使してはならない。

▲第二八条【勤労者の団結権】

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

【労働法】

・1日の労働時間は8時間以内が基本(労働法32条)。それ以上になれば残業代が発生する。

・残業代については労働法36条。時間外労働させた場合基本給の割り増しが必要。時間外は25%増し、休日労働は35%増し。これはキチッと請求すべき

・タイムカードは詐称する企業があるため出退社の時間はメモを自分で取る。親が残したメモも証拠になる。

・時給を15分、30分単位で計算する会社があるが実は1分ごとに計算できる(労働法24条)。

・会社を辞めた後でも過去2年分は残業代や未払い賃金を請求できる。(労働法115条)」

・上司に暴言を吐かれた場合内容と日時を記録する。パワハラで訴える際の証拠となる。
・労働法39条の有給休暇。1年目で10日以上が保証されている。1年ごとに取れる休暇日は増え最大で20日。要件を満たせばアルバイトでも取れる。

・民法627条の労働契約の解除。ブラック企業では『忙しいから辞めるな』と脅されたりすることもあるが法律上は2週間前に言えば辞めることができる。

・ブラック企業の見分け方。

1)離職率や研修内容、過労死を出しているかといった情報をネットや過去の記事で調べる。

2)アットホームを売りにしているのも怪しい。土日集合でボランティアを強制なんて例もある。

3)『年俸制』とうたいモチベーションを上げさせる企業もあるが新鮮な言葉には注意せよ!(映画監督土屋トカチ氏)

【関連記事】

▲ブラック企業から身を守る法知識

2013.05.27 日刊ゲンダイ掲載記事

http://gendai.net/articles/view/syakai/142567

長時間労働に、使い捨て……最近よく聞く「ブラック企業」の実態を描いたドキュメンタリー「ブラック企業にご用心!」が注目されている。

居酒屋チェーン入社2カ月後に過酷労働で自殺した女性、コンビニで“名ばかり管理職”としてうつになった男性――。ブラック企業をモチーフにした企業研修の寸劇を盛り込みながら、劣悪な労働実態を浮き彫りにした。

監督の土屋トカチ氏が言う。

「一部の企業は、『労働法を守っていたら企業活動できない』と平気で言います。『今の憲法ができる前から店やってるんだから、そんな法律に縛られないよ』なんて開き直るケースもある。長時間労働は日本企業なら当たり前でした。かつても同じように法律違反をしていたのです。でも、頑張った分だけ昇給できたので救われていた。今は、そうじゃない。働きに見合う報酬は得られなくなっているだけに悲惨なのです」

<退職後2年は残業代請求可>

では、どうすれば自分の身を守れるのか。土屋氏は「労働法を知っておくこと」という。
「1日の労働時間は8時間以内が基本(労働法32条)で、それ以上になれば残業代が発生する。タイムカードは詐称する企業があるため、出退社の時間はメモも取りましょう。親が残したメモも証拠になります。同居のわが子が、毎晩遅くにヘトヘトになって帰ってくるのであれば、書き留めておくといい。時給を15分、30分単位で計算する会社がありますが、実は1分ごとに計算できます(24条)。また、会社を辞めた後でも、過去2年分は残業代や未払い賃金を請求できます(115条)」

上司に暴言を吐かれた場合にも、内容と日時を記録しておけばパワハラで訴える際の証拠となるという。

弁護士の長谷川裕雅氏のアドバイスはこうだ。

「まず、残業代についての36条です。時間外労働させた場合、基本給の割り増しが必要になります。時間外は25%増し、休日労働は35%増し。これはキチッと請求すべきです。39条の有給休暇は、1年目で10日以上が保証されている。1年ごとに取れる休暇日は増え、最大で20日。要件を満たせば、アルバイトでも取れます。民法627条の労働契約の解除もよく問題になります。ブラック企業では、『忙しいから辞めるな』と脅されたりすることもある。でも、法律上は2週間前に言えば辞めることができます」

最も有効なのは、ブラック企業に入らないこと。見分け方も知っておきたい。

「離職率や研修内容、過労死を出しているかといった情報は、ネットや過去の記事で簡単に知ることができます。アットホームを売りにしているのも怪しい。土日集合でボランティアを強制なんて例もあります。『年俸制』とうたいモチベーションを上げさせる企業もありますが、新鮮な言葉には注意が必要です」(土屋トカチ氏)

信じられるのは自分だけなのだ。

(転載終わり)

(3)新企画!今日の「とんでもない自民党憲法改悪草案」:憲法第99条【憲法尊重擁護の義務】

【自民党憲法改正草案】                        

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

安倍自民党の「自民党憲法改正草案」では憲法第99条【憲法尊重擁護の義務】の第一該当者を現憲法にはない国民と【国民の尊重擁護義務】を新たに追加した。

また第二項では【憲法尊重擁護義務】から【天皇又は摂政】を外し【国会議員、国務大臣,裁判官その他の公務員の尊重擁護義務】に限定した。

要するに自分たちがもくろむ改悪憲法が成立した暁には「自民党憲法」に異を唱える国民は「憲法尊重擁護義務違反」として処罰することを想定している。

また安倍自民党の「自民党憲法改正草案」では天皇を国を代表する国家元首にすると謳われている。元首が国の最高法規である憲法を【尊重擁護】する義務がなければ何をしても許された戦前の天皇絶対の【大日本帝国憲法】とまったく同じ独裁体制を認めているのだ。

▲【日本国憲法第99条】

第九九条【憲法尊重擁護の義務】

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

▲【自民党憲法改正草案第102条】   

すべてのこくみんは、この憲法を尊重しなければならない。

2 国会議員、国務大臣,裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

3)今日の「若者に贈る言葉」:

▲米公民権指導者故キング牧師の言葉

(1)「この世で本当の無知と良心的な愚かさほど危険なものはない」

(2)「最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。沈黙は、暴力の陰に隠れた同罪者である」

(3)「問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める」

(4)「悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ」

(5)「黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではないのだ。それは臆病者の道なのだ」

(6)「どこにおける不正であっても、あらゆるところの公正への脅威となる」

(7)「命を掛けてもいいと思えることをまだ見つけていない人間は、本当に生きているとは言えない」

(8)「そのために死ねる何かを見つけていない男は、生きるのにふさわしくないのではないか」

(9)「人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります」

(10)「私には夢がある。いつの日か、私の幼い四人の子供たちが、肌の色ではなく、人柄で判断される国に住めるであろうという夢だ」

(11)「最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段を上りなさい」

4)今日の推薦本:

1)「日本国憲法」(講談社学術文庫\360)

「日本国憲法」が国民に与えた「基本的人権」「基本的自由」「生存権」「反戦平和」「国際協調」の理念を具体的な条文にあたり勉強して自らの身を守り「主権在民」の社会を実現しよう!一人1冊!1家に一冊!国民必読の書!

2)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。
国民必読の書!

3)ビル・トッテン著【アングロサクソン資本主義の正体】(東洋経済新報社¥1680)

巧妙に隠されほとんどの国民が知らない「信用創造特権」の闇を初めて解き明かしています。国民必読の書!

【内容紹介】

マネーの支配者による 富の収奪は止まらない

アングロサクソン資本主義が世界を支配する「マネー経済」は、
金融危機後も温存され、いまなお世界中から富の略奪が続けられている。
「マネー経済」のカラクリの根本で、銀行が独占している「信用創造」機能を政府が取り戻し、現金を100%準備金とする「100%マネー」制度を構築しなければならない。
本書では、グローバル経済をカジノ化させたマネー支配のカラクリを解き明かすともに、
日本がこれから甦るための新たな金融システムのありかたを提示していく。

4)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

5)【誰も書かなかった日本最大のタブー・現代日本の謀略事件】(宝島社¥980)


【内容紹介】

ライブドア事件で、なぜ野口は殺されたのか。中川昭一酩酊事件で外務省官僚は、なぜ飲酒を放置したのか。そして陸山会事件でなぜ無理ヤリ小沢を裁判に追い込んだのか等々、様々な不可思議な事件が起こっています。大手新聞やテレビなどのマスコミはほとんど報道しませんが、そこにどす黒い権力の陰謀が働いているかもしれません。このような、日本の不可思議な事件の真相を探りつつ、日本の謀略事件の真実を探ります。帝銀事件、下山事件、ロッキード事件など、戦後から現在まで、権力の陰謀に迫ります。

6)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

7)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

8)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

9)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫
力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。


10)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)


・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】


①【緊急告知】5月31日(金)午後5時30分より参議院議員会館一階で開催予定だった生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」は生田弁護士急病のため急遽中止となりました。

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.30(木) 午後12:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.30(木) 午後12:40

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.30
                                   
①EU「雇用・成長重視」 鮮明に(BBC )

EUのヨーロッパ委員会は29日、加盟各国への勧告の中でぞれぞれの財政赤字を一律にGDPの3%未満に抑える目標について、フランス、スペイン、オランダ、ポーランド、ポルトガルそれにスロベニアの6か国を対象に、達成期限の延長を認めました。またこうした国々には労働市場や年金などの改革を進めて雇用創出や成長のための政策をとるよう求めています。従来の緊縮策のペースを緩めて雇用と成長重視への転換を一段と鮮明にしたかたちです。

②フランス 初の「同性婚」(F2 )

激しい議論の末に同性どうしの結婚が法律によって認められたフランスで、新しい法律が初めて適用される男性カップルの結婚式が行われました。式には閣僚も出席して内外のメディアから注目を浴び、反対派による抗議のひと幕もありましたが、大きな混乱はありませんでした。

③パキスタンのタリバン」 幹部殺害か(アルジャジーラ )

パキスタン最大のイスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動」のナンバーツーにあたる幹部がアメリカの無人機によるミサイル攻撃で死亡したとの見方が出ています。このラフマン幹部の殺害が事実としますと、組織にとっては大きな打撃となる一方で、報復テロを警戒する見方も出ています。またパキスタン外務省は、「アメリカによる無人機の攻撃で主権を侵害された」として、重大な懸念と抗議の声明を発表しています。

④米西部農場に遺伝子組み換え小麦 農務省「深刻な事態」

2013年5月30日 12時14分

 【ワシントン共同】米農務省は29日、西部オレゴン州の農場で、除草剤への耐性を持つ遺伝子組み換え小麦が見つかったと発表した。米政府は遺伝子組み換え小麦を認可していない。同省は「事態を極めて深刻に受け止めている」として、本格調査に乗り出した。
AP通信によると、この遺伝子組み換え小麦は人体への影響はなく、流通されたことも確認されていない。しかしオレゴン州の小麦の90%は輸出されており、米国内では日本など大口輸出先への影響を懸念する声が強まっている。

同州内の農家が自分の畑で、除草剤が効かない小麦を発見した。

(10)今日の国内情報:2013.05.230

②問責可決なら橋下市長は辞職 松井氏「出直し市長選に」

2013年5月30日 東京新聞

日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は30日、共同代表の橋下徹大阪市長の問責決議案が、大阪市議会で30日午後に可決された場合、橋下氏が市長を辞職し、出直し市長選に踏み切るとの見通しを示した。

松井氏は市長選の日程について「(参院選と)合わせるだろう」と述べ、7月21日投開票が濃厚な参院選と同日選にする見通しを示した。

同時に、松井氏自身も知事を辞任してのダブル選挙に持ち込む考えはないことを明らかにした。府庁で記者団に答えた。

問責決議に法的拘束力はないが、市議会運営委員会によると、可決されれば戦後初となる。

③映像提供の弁護士懲戒請求 取り調べ録画、NHK放映

2013年5月30日 東京新聞

大阪弁護士会所属の弁護士が裁判員裁判で証拠提出された取り調べの録画映像をNHKに提供したのは、刑事訴訟法が禁じる証拠の目的外利用に当たるとして、大阪地検が弁護士会に懲戒請求したことが30日、検察関係者などへの取材で分かった。

関係者などによると、弁護士は傷害致死罪で起訴された男性の弁護を担当。大阪地裁は2011年7月、取り調べ時の様子を録画したDVDの内容を理由に、検察官が作成した調書の信用性を否定し、男性に無罪を言い渡した。

NHK大阪放送局は4月5日、関西地方で放送した番組で、弁護士から提供を受けた男性の取り調べ状況を録画した映像の一部を放映した。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,837
前日訪問者数(IP): 1,374
トータル閲覧者数(PV): 7,527,907
トータル訪問者数(IP):2,981,623
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,879
前日のコメント数: 59
TV総視聴者数: 115,986
総コメント数: 10,990
**************************************

[2013/05/30 15:53] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
検察は橋下徹大阪市長を「大阪府粉飾決算詐欺・背任容疑」で逮捕・起訴すべきだろう!
■検察は橋下徹大阪市長を「大阪府粉飾決算詐欺・背任容疑」で逮捕・起訴すべきだろう!本日水曜日(5月29日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 61分 20秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13455715



(1)今日のトピックス:

①【速報】5月24日午後11時頃自宅で倒られ救急搬送された生田暉雄弁護士は奇跡的にも回復され現在自宅で静養中とのことです。とりあえず一安心です。

②検察は橋下徹大阪市長を「大阪府粉飾決算詐欺・背任容疑」で逮捕・起訴すべきだろう!

橋下徹大阪府知事は任期を3か月残して2011年10月に辞任した際職員を前にしてこう言った。

「私が知事に就任した3年前大阪府は破産会社だった。財政非常事態宣言を出し財政赤字削減に懸命の努力を3年間した結果今や大阪府をピカピカの優良企業になった」

これは全くのウソだったのだ。

彼がやったことは臨時財政対策債という地方債を発行して年間3000億円ずつ合計1兆円の府債を発行して資産計上せずに単年度の収入に計上して赤字決算を黒字決算に粉飾しただけなのです。

彼がやったことは、ホリエモンこと堀江貴文ライブドア社長(当時)がやったこととまったく同じでありホリエモンは東京地検に逮捕され実刑判決で刑務所に送られられています。

ホリエモンは関連の投資事業組合を53億4700万円で売却した代金を資産ではなく売り上げに計上して赤字決算を黒字決算に見せかけた「有価証券報告書虚偽記載」容疑で2006年1月に東京地検特捜部に逮捕・起訴されたのです。最高裁で2年6か月の実刑判決が確定し長野刑務所に服役し今年年3月27日に仮釈放され多ばかりです。

検察は橋下徹大阪市長を「大阪府粉飾決算詐欺・背任容疑」で逮捕・起訴すべきと思います。

【関連ブログ記事】

▲大阪府民が橋下氏を勝たせたのはドイツ国民がヒットラーを勝たせたのと同じ!2011-11-29

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/e9016d952b1f6470fb1d0dd8c26b7d49

大阪府民が橋下氏を勝たせたのはドイツ国民がヒットラーを勝たせたのと同じ!

【関連記事】

▲「財政のペテン師」橋下徹は失政の責任を取らんかい

2011.11.05 アサ芸プラス

http://www.asagei.com/?p=2421

(1) 借金をして黒字に見せかけ

補助金と給与カット、カジノ誘致、伊丹空港廃止、教育改革、府庁舎移転、都構想、そして突然の辞任

――ありとあらゆることを次々と言いだして人気を保ってきた、大阪の「独裁男」橋下徹前大阪府知事。失政を繰り返し、ニセの財政再建で府民を欺く“ペテン師”の3年9カ月を、識者が厳しく糾弾した。

「破綻寸前だった大阪の財政を立て直した。その実績は評価できます。高すぎた府職員の給与を引き下げるなど、他の自治体ではなかなかできないこともやった。ただ、その他のありとあらゆる府民サービスもセットで叩き斬ったんですね」

任期を3カ月残して10月31日に府知事を辞任し、大阪市長選へ鞍替え出馬する橋下徹氏(42)をこう評するのは、経済評論家の森永卓郎氏だ。

橋下氏は08年2月に府知事に就任すると、「皆さんは破産会社の従業員だ」と府職員をどやしつけ、大赤字財政に手をつけるべく、財政非常事態宣言を出した。それが退任時には「皆さま方は優良企業の従業員であります」「僕以外の知事ではできなかった」などと、黒字決算に転化させた手腕を強調、自画自賛してみせたのだった。

ところが、その財政再建にはカラクリがあるのだという。橋下府政の暗部を知るノンフィクションライター・森功氏は言う。

「単年度で見ると黒字になっていますが、これは借金をして黒字に見せかけただけ。実際は赤字ですよ」

いったいどういうことなのか。森氏が続ける。

「要するに、財源不足により、国からの地方交付税が十分でないため、その穴埋めに臨時財政対策債という地方債を発行して借金をしただけです。年間3000億円ぐらいずつ、合計1兆円は突破しています」

 つまりは、借りた金を収入だとして、黒字転化を成し遂げたというわけなのだ。臨時財政対策債による借金は、将来の地方交付税で補てんする仕組みになっているため、橋下氏は国の責任だと主張している。

 まるでペテンのような言い分に、府政をチェックし提言を行っている大阪自治体問題研究所の木村雅英主任研究員も、次のように反駁するのだ。

「これで橋下さんが財政を立て直したと胸を張るのは、本当に財政を知っている人からすれば、とんでもない話です。橋下さんはいろんな都合のいい数字を持ってきてアピールする力にはたけている。しかし、まやかしだらけ、政治を道具に使った言葉の魔術師です。真面目に府民の暮らしをよくしたいというふうには見えませんでした」

 前出・森氏も断じる。「橋下氏がやったことは結局、コストカットであって、収入を増やしていません。企業で言えば収益を生む構造になっていないのです。税収をもたらす政策を立てるべきで、カットだけでは企業は成り立ちません。それをもって再建というのはおこがましいですよ」

(転載終わり)

③一昨日(5月27日)の外国人特派員協会記者会見で弁護士時代橋本徹大阪市長が大阪飛田新地の売春業者業界団体の顧問弁護士をしていた事実が暴曝露された!

【関連記事】

2013.05.28 日刊ゲンダイ

▲どの口で言うか!橋下が向き合わない飛田新地との過去

「各国も女性蹂躙の事実を直視せよ」

<イタリア人記者の追及はぐらかし…>

ある外国人記者は会見20分後にメモを取るのをやめ、1時間後には途中退席する記者が相次いだ。27日、日本外国特派員協会で行われた日本維新の会の橋下徹共同代表(43)の記者会見の一コマだ。

300人超の報道陣を前に、橋下は慰安婦発言の「真意」を延々しゃべり倒した。会見は実に3時間にも及んだが、中身はスカスカ。質問には正面から答えず、得意の論点すり替えの連発に外国人記者もドッチラケ。恐らく「聞く価値なし」と判断したのだろう。冒頭のように、うんざりムードが漂っていた。

「何を聞かれても、〈慰安婦問題を正当化する意図はない〉〈だが、日本以外の国々も、(戦場で)女性の人権を蹂躙(じゅうりん)した過去と向き合わなければいけない〉〈河野談話は強制連行の有無が曖昧で、きちんと明確に表現すべき〉という『3点セット』を繰り返すばかり。とにかく持論をまくし立てるだけで、まるで質疑応答が成り立たなかった」(参加した香港メディアの記者)

かみ合わない問答を象徴したのが、イタリア人ジャーナリストのピオ・デミリア氏とのやりとりである。

ピオ氏が橋下にブツけたのは、茶髪弁護士時代の過去だ。かつて大阪・飛田新地にある150軒ほどの「ちょんの間」を束ねる組合の顧問をしていたという一部報道を取り上げ、「あなたも違法な売春シンジケートに関与していたのではないか」と問いただした。

すると、橋下は「顧問弁護士だったのは事実」と認めた上で、不敵な笑みを浮かべながら、こうはぐらかした。

「ただ、あくまで飛田の『料理』組合の顧問です。日本において(組織売春のような)違法なことがあれば、捜査機関が適正に処理する。料理組合自体は違法な組織ではありません」

ジャーナリストの田中龍作氏が「飛田が売春の街であることは、大阪のマセた中学生なら誰でも知っている。なぜ詭弁(きべん)を弄するのか」と追及しても、「違法であれば捜査機関が適正に処理する。以上です」とマトモに取り合おうとしなかった。改めて田中氏は言う。

「自分の過去を直視できない政治家が、どの口で『世界各国も女性を蹂躙した過去と向き合え』などと言えるのか。あんな不実な態度では、慰安婦発言の見解も『単なる言い逃れ』と外国人記者に見透かされてしまう。世界中に『日本の政治家はこの程度か』と見下され、ひいては日本人全員への不信にもつながりかねません」

 頼むから橋下はこれ以上、世界に恥をさらすのをやめてくれ!

(転載終わり)

(2)新企画!今日の「とんでもない自民党憲法改悪草案」:憲法第21条

【自民党憲法改正草案】

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

安倍自民党の「自民党憲法改正草案」では憲法第21条【集会・結社・表現の自由、通信の秘密】の規定に「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動」の場合には一切認めない」という追加規定を第二項に使加えることによって全面否定している。まさに戦前の治安維持法の完全復活を狙っている!

▲【日本国憲法】

第二一条【集会・結社・表現の自由、通信の秘密】

1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

▲【自民党憲法改正草案】   

(表現の自由)

第二十一条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。

2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。 

3)今日の「若者に贈る言葉」:

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。

(宮沢賢二「農民芸術概論綱要」序論)

4)今日の推薦本:

1)「日本国憲法」(講談社学術文庫\360)

「日本国憲法」が国民に与えた「基本的人権」「基本的自由」「生存権」「反戦平和」「国際協調」の理念を具体的な条文にあたり勉強して自らの身を守り「主権在民」の社会を実現しよう!一人1冊!1家に一冊!国民必読の書!

2)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。
国民必読の書!

3)ビル・トッテン著【アングロサクソン資本主義の正体】(東洋経済新報社¥1680)

巧妙に隠されほとんどの国民が知らない「信用創造特権」の闇を初めて解き明かしています。国民必読の書!

【内容紹介】

マネーの支配者による 富の収奪は止まらない

アングロサクソン資本主義が世界を支配する「マネー経済」は、
金融危機後も温存され、いまなお世界中から富の略奪が続けられている。
「マネー経済」のカラクリの根本で、銀行が独占している「信用創造」機能を政府が取り戻し、現金を100%準備金とする「100%マネー」制度を構築しなければならない。
本書では、グローバル経済をカジノ化させたマネー支配のカラクリを解き明かすともに、
日本がこれから甦るための新たな金融システムのありかたを提示していく。

4)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

5)【誰も書かなかった日本最大のタブー・現代日本の謀略事件】(宝島社¥980)

【内容紹介】

ライブドア事件で、なぜ野口は殺されたのか。中川昭一酩酊事件で外務省官僚は、なぜ飲酒を放置したのか。そして陸山会事件でなぜ無理ヤリ小沢を裁判に追い込んだのか等々、様々な不可思議な事件が起こっています。大手新聞やテレビなどのマスコミはほとんど報道しませんが、そこにどす黒い権力の陰謀が働いているかもしれません。このような、日本の不可思議な事件の真相を探りつつ、日本の謀略事件の真実を探ります。帝銀事件、下山事件、ロッキード事件など、戦後から現在まで、権力の陰謀に迫ります。

6)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

7)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

8)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

9)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫
力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

10)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①【緊急告知】5月31日(金)午後5時30分より参議院議員会館一階で開催予定だった生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」は生田弁護士急病のため急遽中止となりました。

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.29(水) 午後14:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.79(水) 午後14:30

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.28
                                   
①EU シリア“武器供与”難航(BBC )

イギリスBBCの電子版は、ブリュッセルで開かれていたEU外相会議が、内戦が続くシリアの反政府勢力を支援するため、武器禁輸措置を緩和する事で合意したと速報しました。アメリカとロシアが仲介する国際会議を前に、武器供与を決めることに根強い反発もあり、協議は難航していました。

②イラク連続テロ 50人以上死亡(アルジャジーラ )

イラクの首都バクダッドで27日、イスラム教シーア派をねらったとみられる爆弾テロが10か所ほどで相次ぎ、少なくとも50人以上が死亡しました。宗派間の対立が深まる中、治安の悪化に歯止めがかからない事態となっています。

③フランスで同性婚反対デモ(F2 )

フランスで今月成立した同性同士の結婚を認める法律に抗議する大規模な集会がパリで行われました。デモの参加者は警察の発表で15万人、主催者側は100万人と発表しています。昼間のデモはおおむね平穏に行われましたが、夜に入って一部の若者たちが暴徒化し、警察と衝突しました。騒ぎは夜中まで続き、350人が一時、拘束されたということです。

(10)今日の国内情報:2013.05.28

①市民の声 原動力 八千代市長選 ハコモノ行政「ノー」

2013年5月28日 東京新聞

ハコモノ行政からの転換を求めて市民グループが推した無所属新人の元市議秋葉就一氏(44)が二十六日投開票の千葉県八千代市長選で自民、公明両党が推した元県議の新人ら二人を破り、初当選した。東京都の道路計画を問う小平市の住民投票は不成立だったが、八千代市民は争点だった開発計画にNOを突きつけた。秋葉氏は「市民の勝利」と話す。(村上一樹)

争点だったのは、三期十年務めた前市長の豊田俊郎氏(60)が進めたハコモノ開発。市内中心部を南北に流れる新川の周辺地区の都市再生整備計画で、参院選出馬に伴い辞職した豊田氏の後継の元県議、服部友則氏(55)=自民、公明推薦=が継続を明言。元市議秋葉氏と元商工会議所副会頭の飲食店経営杉山智基氏(54)が見直しを掲げ、秋葉氏が勝利した。

「私の勝利というより市民の勝利」と、組織的な選挙母体もなかった秋葉氏。草の根選挙の中心は、計画に反対し、子育てや教育の施策充実を求める市民グループ「市民が主役の市政を実現する会」=曽我正男代表(64)。

曽我代表らは二〇一〇年、計画の賛否を問う住民投票条例を直接請求したが、市議会が否決。翌年、秋葉氏も条例案を議員提案したが結論は同じだった。

市長選となったのは、住民らが前市長の失職を求める解職請求(リコール)運動の準備をする最中だった。今回の勝利に、曽我代表は「住民投票やリコール運動を通じ、市民に問題意識が浸透した結果」と感慨深げだ。

低投票率(41・84%)が組織選挙に有利といわれる中での自公の敗北。保守票が割れたことも要因とみられている。ただ、杉山氏は計画見直しを掲げており、見直し派の得票率は今回六割を超えたことになる。

選挙結果について、新川沿いを毎朝散歩するというパート男性(67)は「ハコモノを整備するお金があったら、福祉に回してほしい」。市民らはこんな思いで、足元の民主主義に関心をもつこととなり、今回の結果につながった。

<八千代市と新川周辺地区都市再生整備計画> 都心から電車で40分余りに位置し、人口19万人のベッドタウン。有権者数は15万人。整備計画は市内中心部を南北に流れる新川沿いの950ヘクタールを対象地域に、道路や公園、図書館、市民ギャラリーなどを整備する大型開発計画。総事業費は71億円。うち20億4000万円を国の交付金で賄うが、残りは市が負担する。

②東証、荒い値動き値幅400円超 午前終値は80円高

2013年5月28日 共同・東京新聞

28日午前の東京株式市場は、前週からの乱高下の流れを引き継ぎ、日経平均株価(225種)は、前日の終値を挟んだ荒い値動きとなった。取引開始直後は値下がりし、一時1万4000円を割り込んだが、その後、上昇に転じ、上げ幅が一時200円を超える場面もあった。株価は上下を繰り返し、高値と安値の値幅は400円を上回った。

午前終値は、前日終値比80円74銭高の1万4223円39銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は4・70ポイント高の1158・77。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,747
前日訪問者数(IP): 1,490
トータル閲覧者数(PV): 7,524,070
トータル訪問者数(IP):2,980,249
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,575
前日のコメント数: 75
TV総視聴者数: 115,162
総コメント数: 10,901
**************************************
[2013/05/29 16:30] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
自分の市長選の投票率が35・17%しかないのに住民投票の成立要件を投票率50%以上と強要して潰した東京都小平市・小林正則市長は「市民派」の仮面をかぶっった「利権誘導」政治家だろう!
■自分の市長選の投票率が35・17%しかないのに住民投票の成立要件を投票率50%以上と強要して潰した東京都小平市・小林正則市長は「市民派」の仮面をかぶっった「利権誘導」政治家だろう!本日火曜日(5月28日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 70分17秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13419557



(1)今日のトピックス:

①生田暉雄弁護士は5月24日午後11時頃自宅において意識不明となり救急車で病院に搬送され「一過性脳虚血の疑い」の疑いとの診断が出ました。その後意識も戻り状態も安定し昨日(5月27日)には脳外科の精密検査を受け問題ないとの結果がでています。明日(5月28日)には心臓の精密検査を受ける予定です。従いまして5月31日(金)午後5時30分より参議院議員会館一階で開催予定だった講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」は中止となりました。先生の一日も早い回復をお祈りしております。

②自分の市長選の投票率が35・17%しかないのに住民投票の成立要件に投票率50%以上強要して潰した東京都小平市小林正則市長は「市民派」の仮面をかぶっっているが自民党と同じ「利権誘導」政治家だろう!

5月26日に投票が行われた東京都小平市内の都道建設計画の見直しを問う住民投票では投票率35・17%で成立要件の50%に届かず五万一千十票の「住民の民意」は開票もされずに廃棄されてしまう。

この住民投票を潰した小林正則市長は菅直人の秘書上がり。自分が三選を果たした今年4月7日の小平市長選挙の投票率は37.28%しかないのに住民投票の成立要件を50%とした。それならば市長選の成立要件を50%以上にして再度市長選を行うべきなのだ。

▲【小林正則 by Wikipedia】

小林 正則(こばやし まさのり、1952年7月24日 - )は、日本の政治家。東京都小平市長(3期)。小平市議会議員(2期)、東京都議会議員(3期)を務めた。

概要

新潟県立三条工業高等学校、産業能率大学卒業[1]。サトーラシや生活クラブ生活協同組合職員を経て、社会民主連合の大柴滋夫、菅直人両衆議院議員の秘書を務める。

小平市議会議員を2期、東京都議会議員(小平市選挙区選出)を3期務める。社民連の解党後は新党さきがけに入党し、さきがけ東京(新党さきがけの東京都支部連合会)幹事長も務めた。その後民主党に加わり、都議会民主党政策調査会長を務める[2]。

2005年4月3日執行の小平市長選挙に、民主・共産・社民・ネット4党の支援を受けて出馬。自由民主党、公明党の推薦を受けた現職の前田雅尚市長を破り、初当選した(投票率は、40.82%)。

2009年4月5日執行の小平市長選挙では、前回同様4党の推薦・支援により前小平市教育長の坂井康宣をダブルスコアで下し、再選(投票率は、39.31%)。

2013年4月7日執行の小平市長選挙では、自民・公明・みんな・維新4党推薦の元小平市議ら3人の対立候補を破り、3選(投票率は、37.28%)。

(2)今日のテーマ:「長期不況」と「格差社会」の「真の原因」とは? 

1971年8月15日当時のニクソン大統領が突然ドルと金との兌換を停止し世界中に衝撃を与えました。この「ニクソンショック」以来、以下のような先進国に共通な現象が起こっています。

1)安定した分厚い中産階級が没落し貧困化し1%の富裕層と99%の貧困層に分離し大  格差社会が出現した

2) 個人も企業も地方自治体も政府もすべてが借金漬けになっている

3)正社員の数が減り年収200万以下の非正規労働者とワーキング・プアーが激増した

5)高学歴の若者の失業が増えまともな収入がないので結婚できない「結婚難民」が増えた

6)結婚しても所得が低いために子供を産まないカップルが増えた

なぜこのような現象がますます強くなっているのか、その根本原因は1971年の「ニクソンショック」によって金との連動を切り離し何の価値の保証もないドル紙幣をFRBが好き勝手に増刷して世界中にばらまくことが可能となったからです。

FRBのみならず日銀やECB(ヨーロッパ中央銀行)はドル、円、ユーロ紙幣を「金準備」と関係なく勝手に増刷して市場に流すことがきることになったのです。

さらに中央銀行が民間銀行のみに与えた「信用創造特権」によって、毎日膨大な額の「偽りのマネー」=「通帳マネー」が「投機マネー」として「創造」され、個人や企業や地方自治体や国を借金づけにして「実体経済」=国民経済を破壊していることこそ「長期不況」と「格差社会」の真の原因なです。

私は今私たちが生活している時代は「金融資本主義」の時代が過ぎて「通帳マネー」=「投機マネー」が実体経済に寄生して破壊する「超金融資本主義」の時代と規定しています。

全世界の「実体経済」の規模は各国のGDPを総計した約5000兆円といわれていますが世界規模での不景気で各国のGDPは毎年減少していますが、他方メガバンクや投資銀行やファンドが運用する「投機マネー」の総額は「実体経済」の数十倍の規模まで膨張しています。

2002-2007年の米国「サブプライム住宅バブル」の際に全世界中に販売された金融派生商品(デりバテイブ)は約6京円(6万兆円)と言われ依然として巨額な残高を抱えている金融機関にとっていつ不良債権化して爆発するかわからない「地雷」となっています。

民間銀行が毎日生み出す巨額な「通帳マネー」=「投機マネー」の一部は「実体経済」に流され国民経済の活性化に役立っていますが、大部分は投資銀行やファンドに流れて「実体経済」に「投機」され栄養分=利益をかすめ取った後に破壊する「悪性がん」となっているのです。

先進国のみならず全世界の国民生活に共通したこれらの現象の真の原因は、「少子高齢化」やグローバリゼーションではなく、「実体経済」を破壊して肥大化する「通帳マネー」=「投機マネー」の存在であることを理解すべきです。

これら共通した現象を解決する第一の方法は、中央銀行にのみ与えらえている「紙幣増刷特権」である「信用創造特権」を国有化によって剥奪することです。第二の方法は、商業銀行のみに許された「偽りのマネー」=「投機マネー」を創造する「信用創造特権」をはく奪しすることです。そして実体経済に「本物のマネー」のみを流通させることです。

我々がなすべきことは二つの「信用創造特権」を廃止することです。

1)各国中央銀行が民間銀行にのみ与えている「信用創造特権」を廃止すること。

2)各国の中央銀行が増刷する紙幣の総額を「金準備」またはその国のGDPに連動させ規制すること。

もしも我々がこれら二つの「信用創造特権」のはく奪に成功すれば、世界は全く別の世界に激変すると思われます。

1)景気循環がなくなり経済活動が安定する

2)バブルの発生もバブルの崩壊もなくなる

3)投機マネーがなくなり投機による買い占めと価格暴騰がなくなる

4)貸し付け専門銀行が金利1ー2%で現金を貸し付けるので借金漬けがなくなる

5)国民経済が安定し失業が減り貧困や格差がなくなる

6)社会的格差がなくなり「少子高齢化」が止まり人口が増える

(3)今日の「日本国憲法」:「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」日本国憲法第二〇条【信教の自由】第一項

公明党は自民党と10年以上連立を組み現在政権与党となっている。公明党は「国立戒壇」「総体革命」を実現するために池田大作創価学会名誉会長が1964年に創立した「創価学会が100%支配・管理する宗教政党」である。

創価学会に100%支配・管理されている公明党が政権与党の立場にいることは国家権力を行使できる立場にいるということであり日本国憲法第二〇条【信教の自由】第一項「いかなる宗教団体も政治上の権力を行使してはならない」の規定に違反している。

①創価学会が宗教法人収入に対し法人税を免除されていることは日本国憲法第二〇条【信教の自由】第一項「いかなる宗教団体も国から特権を受けてはならない」の規定に違反している。

②全国の創価学会施設が宗教活動以外のたとえば選挙運動の拠点として使用されていることは日本国憲法第二〇条【信教の自由】第一項「いかなる宗教団体も政治上の権力を行使してはならない」の規定に違反している。

▲第二〇条【信教の自由】

1 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

4)今日の推薦本:

1)「日本国憲法」(講談社学術文庫\360)

「日本国憲法」が国民に与えた「基本的人権」「基本的自由」「生存権」「反戦平和」「国際協調」の理念を具体的な条文にあたり勉強して自らの身を守り「主権在民」の社会を実現しよう!「一人1冊、1家に一冊」

2)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

3)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

4)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

5)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

6)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

7)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

8)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①【緊急告知】5月31日(金)午後5時30分より参議院議員会館一階で開催予定だった生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」は生田弁護士急病のため急遽中止となりました。

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.28(火) 午後12:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.78(火) 午後12:50

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.28
                                   
①EU シリア“武器供与”難航(BBC )

イギリスBBCの電子版は、ブリュッセルで開かれていたEU外相会議が、内戦が続くシリアの反政府勢力を支援するため、武器禁輸措置を緩和する事で合意したと速報しました。アメリカとロシアが仲介する国際会議を前に、武器供与を決めることに根強い反発もあり、協議は難航していました。

②イラク連続テロ 50人以上死亡(アルジャジーラ )

イラクの首都バクダッドで27日、イスラム教シーア派をねらったとみられる爆弾テロが10か所ほどで相次ぎ、少なくとも50人以上が死亡しました。宗派間の対立が深まる中、治安の悪化に歯止めがかからない事態となっています。

③フランスで同性婚反対デモ(F2 )

フランスで今月成立した同性同士の結婚を認める法律に抗議する大規模な集会がパリで行われました。デモの参加者は警察の発表で15万人、主催者側は100万人と発表しています。昼間のデモはおおむね平穏に行われましたが、夜に入って一部の若者たちが暴徒化し、警察と衝突しました。騒ぎは夜中まで続き、350人が一時、拘束されたということです。

(10)今日の国内情報:2013.05.28

①市民の声 原動力 八千代市長選 ハコモノ行政「ノー」

2013年5月28日 東京新聞

ハコモノ行政からの転換を求めて市民グループが推した無所属新人の元市議秋葉就一氏(44)が二十六日投開票の千葉県八千代市長選で自民、公明両党が推した元県議の新人ら二人を破り、初当選した。東京都の道路計画を問う小平市の住民投票は不成立だったが、八千代市民は争点だった開発計画にNOを突きつけた。秋葉氏は「市民の勝利」と話す。(村上一樹)

争点だったのは、三期十年務めた前市長の豊田俊郎氏(60)が進めたハコモノ開発。市内中心部を南北に流れる新川の周辺地区の都市再生整備計画で、参院選出馬に伴い辞職した豊田氏の後継の元県議、服部友則氏(55)=自民、公明推薦=が継続を明言。元市議秋葉氏と元商工会議所副会頭の飲食店経営杉山智基氏(54)が見直しを掲げ、秋葉氏が勝利した。

「私の勝利というより市民の勝利」と、組織的な選挙母体もなかった秋葉氏。草の根選挙の中心は、計画に反対し、子育てや教育の施策充実を求める市民グループ「市民が主役の市政を実現する会」=曽我正男代表(64)。

曽我代表らは二〇一〇年、計画の賛否を問う住民投票条例を直接請求したが、市議会が否決。翌年、秋葉氏も条例案を議員提案したが結論は同じだった。

市長選となったのは、住民らが前市長の失職を求める解職請求(リコール)運動の準備をする最中だった。今回の勝利に、曽我代表は「住民投票やリコール運動を通じ、市民に問題意識が浸透した結果」と感慨深げだ。

低投票率(41・84%)が組織選挙に有利といわれる中での自公の敗北。保守票が割れたことも要因とみられている。ただ、杉山氏は計画見直しを掲げており、見直し派の得票率は今回六割を超えたことになる。

選挙結果について、新川沿いを毎朝散歩するというパート男性(67)は「ハコモノを整備するお金があったら、福祉に回してほしい」。市民らはこんな思いで、足元の民主主義に関心をもつこととなり、今回の結果につながった。

<八千代市と新川周辺地区都市再生整備計画> 都心から電車で40分余りに位置し、人口19万人のベッドタウン。有権者数は15万人。整備計画は市内中心部を南北に流れる新川沿いの950ヘクタールを対象地域に、道路や公園、図書館、市民ギャラリーなどを整備する大型開発計画。総事業費は71億円。うち20億4000万円を国の交付金で賄うが、残りは市が負担する。

②東証、荒い値動き値幅400円超 午前終値は80円高


2013年5月28日 共同・東京新聞

28日午前の東京株式市場は、前週からの乱高下の流れを引き継ぎ、日経平均株価(225種)は、前日の終値を挟んだ荒い値動きとなった。取引開始直後は値下がりし、一時1万4000円を割り込んだが、その後、上昇に転じ、上げ幅が一時200円を超える場面もあった。株価は上下を繰り返し、高値と安値の値幅は400円を上回った。

午前終値は、前日終値比80円74銭高の1万4223円39銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は4・70ポイント高の1158・77。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,530
前日訪問者数(IP): 1,231
トータル閲覧者数(PV): 7,516,674
トータル訪問者数(IP):2,977,344
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,158
前日のコメント数: 28
TV総視聴者数: 113,472
総コメント数: 10,780
**************************************
[2013/05/28 15:12] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【戦後最大のタブー】昭和天皇は自らの命と天皇制存続と反共のために自分を戦争責任から救ってくれたマッカーサーを見限って冷戦思考のジョン・フォスター・ダレス(後の米国務長官)と直取引した。米軍駐留を受け入れを吉田茂首相に日米安保条約を急がせたのだ!
■【戦後最大のタブー】昭和天皇は自らの命と天皇制存続と反共のために自分を戦争責任から救ってくれたマッカーサーを見限って冷戦思考のジョン・フォスター・ダレス(後の米国務長官)と直取引した。米軍駐留を受け入れを吉田茂首相に日米安保条約を急がせたのだ!本日月曜日(5月27日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 66 25 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13383176



(1)今日のトピックス:

①【戦後最大のタブー】昭和天皇は自らの命と天皇制存続と反共のために自分を戦争責任から救ってくれたマッカーサーを見限って冷戦思考のジョン・フォスター・ダレス(後の米国務長官)と直取引した。米軍駐留を受け入れを吉田茂首相に日米安保条約を急がせたのだ!

【関連記事】

▲昭和史最大のタブーを書いた週刊朝日の真意 天木直人

2013年05月24日 天木直人のブログ

http://www.amakiblog.com/archives/2013/05/24/

発売中の週刊朝日5月31日号に驚くべき特集記事が掲載されている。

それは昭和史最大のタブーと言って過言でない昭和天皇と日米安全保障条約成立のかかわり合いである。

すなわち一言で言えばこういう事だ。

日本の占領を成功させるには、「神の子孫」である天皇を活用することが必要と判断したマッカーサーは、東條英機らA級戦犯に戦争責任をかぶせ昭和天皇を免責するとともに、戦争放棄(武装解除)と象徴天皇制を新憲法に盛り込むことによって戦後の日本を他の同盟国に認めさせた。それはのことは自分自身の生命はもとより天皇制存続という最大の危機に直面していた昭和天皇の利害と見事に一致した。

しかし昭和天皇にはもう一つ脅威があった。それは共産主義との冷戦である。日本が共産化されるという脅威はそのまま天皇と天皇制の脅威でもあった。昭和天皇は自分を戦争責任から救ってくれたマッカーサーを見限って、冷戦思考のジョン・フォスター・ダレス(後の米国務長官)と直取引し米軍駐留を受け入れを吉田茂首相に日米安保条約を急がせた。ダレスと昭和天皇の考えは一致し、吉田には選択の余地はなかった。

日米安保条約の結末に必ずしも満足していなかった吉田茂は、講和条約締結(同時に日米安保条約を締結することになる)の全権代表として渡米することを拒んだが、嫌がる吉田を最後に翻意させたのもまた昭和天皇であった。

以上の戦後史は、戦後史の中でも最大のタブーあり、知る人は知っているが一般国民からは遠ざけられてきた。

その史実を週刊朝日という一般国民向けの週刊誌が、このタイミングでここまで書いたのだ。

その真意はわからない。しかし一つだけはっきりしていることがある。

それは、いま日本は戦後70年を前にして大きな曲がり角に直面しているということである。

それに対して、右翼も左翼もどう対応していけばいいかわからない如くだ。

すなわちこの国の指導者も、有識者も、メディアも、国民も、わからないまま、意見の一致を見ないまま、対立だけが増幅されて、漂流しているということである・・・

(転載終わり)

②安倍自公売国内閣は民主党政権の日本郵政役員人事を突然大幅に変更し18人中17人を交代させた。その目的は米国が長年要望していた「郵政民営化」を早期に実現し郵貯170兆円、簡保90兆円計260兆円を米国外資に差し出すためである!

【関連記事】

▲完全に政治の道具と化した「日本郵政」

日刊ゲンダイ 2013年5月24日 掲載記事

<露骨に過ぎる人事介入>

取締役18人のうち17人の退任が決まった日本郵政。社長も、財務省出身の坂篤郎氏から、元東芝会長の西室泰三氏に交代する。

唯一の株主である政府が、民主党政権の人事を覆したのだ。
 確かに政権は自民党が奪取した。が、これほど露骨な人事介入は異常である。さすがに経団連の米倉会長も、「株主横暴との批判が出る可能性がある」と指摘した。

菅官房長官は「民営化を円滑に進めていくため」と強調したが、ちょっかいを出す理由はハッキリしている。郵貯170兆円と簡保90兆円で合計260兆円。いまだに高く積み上げられている郵政マネーを本体から引き剥がしたいのだろう。

「もともと郵政民営化は米国が強く求めてきたものです。日本への『年次改革要望書』にも記載されていました。民営化で国の保証がなくなれば、優位性は失われる。それなら、と預け先を変更する庶民も出てきます。郵貯、簡保の牙城が崩れるわけです。その他の金融機関、とくに日本市場に足場を築きたい外資にとって、これは千載一遇のチャンス。あの手この手で流れ出す郵政マネーを呼び込めば、たんまり稼げますからね。当時の小泉首相が郵政民営化に取り組んだのも、庶民から集めたカネを米国に差し出すため。“改革の第一歩”みたいなことを言っていましたが、単なる方便です。ただ、政権交代で民営化の歩みは止まり、郵貯残高も2年連続で増加に転じている。シビレを切らした自民党が強硬手段に出た格好です」(政界関係者)

参院選が間近に迫っていることも、政治介入を招いた要因だ。政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「政治家にとって郵政は巨大な利権です。かつてほどではないにしても、集票力は依然として高いし、献金の面でも期待できる。トップに息のかかった人物を置くのは、近づいている参院選を有利に進めるためにも欠かせない、と判断したのでしょう」

全国郵便局長会は郵政選挙をきっかけに自民と決別、国民新党や民主党を支持してきた。だが、夏の参院選は自民の全国比例で組織内候補を擁立することを決めている。

米国に媚(こび)を売りながら、足下はガッチリ――。このままでは安倍自民党の思い通りになってしまう。   
       
(2)今日の「日本国憲法」

警察や検察に不当逮捕されたら「完全黙秘」を貫こう!その根拠となるのは以下の日本国憲法第三八条である。

▲第三八条【自己に不利益な供述、自白の証拠能力】

1 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

(2)新企画:今日の「注目記事」①

▲狭山事件50年、東京・日比谷野音で『再審開始』を求め集会 芹沢昇雄記者

2013年 5月 24日 JanJanblog

http://www.janjanblog.com/archives/96209

埼玉県狭山市で50年前、下校途中の女子高校生が殺害された「狭山事件」(第三次再審請求中)で石川一雄さんが逮捕された同じ5月23日、東京・日比谷野外音楽堂で狭山事件の再審を求める市民集会『無実を叫び50年!いまこそ再審開始を!』の集会が開かれた(主催:「狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会」)。当日は会場前や周辺でメモ帳やカメラ、ビデオカメラなどを持ったマスク姿などの私服警察官数10人が参加者を監視(写真)していた。冤罪を主張し無実を求める集会がなぜ「監視」されなくてはならないのか!?

集会は最初に歌手の小室等さん父娘の「ミニコンサートとアピール」の後、組坂繁之さん(部落解放同盟中央本部委員長)の主催者挨拶で始まり、始めに政党から民主党の福山哲郎参議院議員と社民党の福島瑞穂党首が激励の挨拶をした。

そして、弁護団からは義務教育も終了していなかった石川さんへの教育歴や生活歴を狙った不当弾圧差別事件であり、この裁判は「水平社宣言」の原点の闘いであると訴えた。既に13回の「三者協議」が開かれ、弁護団の証拠開示要求で125点の証拠開示をさせた。検察の上申書と脅迫状の「筆跡一致」との証拠も開示させ、その弁護側の「筆跡が一致しない」5通の鑑定に検察側の反証がなく、証拠開示で次々と無実が近づいている。今後も証拠開示や証人尋問を求め、さらなる大きな闘いを貫くなどと決意を述べた。次に松岡徹さん(部落解放同盟中央本部書記長)が無知を利用した差別であり、マスコミにも大きな責任があると訴えた。社会派の講談師で「はだしのげん」が原点という神田香織さんも参加し狭山事件の経緯を講談で披露した。

そして、『冤罪50年の思い出を語る』と題して、石川一雄さんとルポライターの鎌田慧さんの対談が行われた。その中で「一番がっかりしたことは?」と聞かれ、石川さんは「再審が却下された時」と話した。石川さんは事件当時、家でみんなで食事をしており、一番心配していたであろう今は亡き母親が一番真実を知っていると話した。石川さんは未だ「見えない手錠」がかかっており、釈放後も心を鬼にし長生きして母に「無罪報告」ができるまでお墓参りは行かないと決意をのべた。

次に「連帯アピール」として、再審無罪が確定した足利事件の菅家利和さん、布川事件の杉山卓男さん、服役出所後に真犯人が判明した「富山氷見事件」の柳原浩さんの3人が駆けつけ、それぞれの体験や激励を述べた。
菅家さんは「お前しかいない」と言われ全くいい加減な捜査で、謝罪もなく「今も絶対許さない」と怒りを述べた。杉山さんも手錠をかけられたまま取り調べを受けた体験や証拠開示の重要性を指摘し、日本の裁判は裁判官の当たり外れで決まり、その「当たりは」非常に確率が低いと現状を述べた。また、現在スイスのジュネーブにいる「布川事件」の桜井昌司さんからもメッセージが寄せられた。

鎌田慧さんの「まとめ」発言の後、清水秀幸さん(部落解放同盟中央共闘会議事務局長)から「集会アピール文」が提案・採択され、山越教雄さん(同和問題に取り組む宗教教団連帯会議事務局長)の閉会挨拶の後、デモ行進に移り日比谷公園を出発し、数寄屋橋交差点-東京駅八重洲口-常盤公園のコースを、狭山事件の無実と再審開始決定を訴えデモ行進をした。

【記者私見】

「再審無罪」が確定した「足利事件、布川事件、富山氷見事件、東電社員殺人・・・・」など、何れも未開示の「証拠開示」で無実が確認された。税金で集めた証拠は検察だけのものではなく米国のように全面開示すべきである。この事件の周辺では6人もの自殺や変死者が出ており、この裏には何があるのか!検察は良心にに従い真実を述べるべきであり、裁判所は再審を開始すべきである。
日本では取り調べの可視化もされず、密室の「自白調書」が証拠採用される一方で、検察の「証拠隠し」が許され、「多数決」で有罪や死刑が決まり、何と「同じ証拠」で無罪から有罪への逆転が許される制度は到底裁判に値しない。
取り調べの可視化、証拠の全面開示、「全員一致」で有罪無罪だけを判断、無罪評決後の検察上訴権を否定している「陪審制度」に切り替えるべきである。
検察の「可視化は捜査に支障」との主張は、自ら「自白頼り重視」を自白しているに等しく、なぜ被告が警察・検察と信頼関係を保つ必要があるのか。憲法は「黙秘権」を認めており、逮捕されても取り調べに応じる義務はない。

(転載終わり)

(2)新企画:今日の「注目記事」②

▲橋下発言に沸き立つ在特界隈 新大久保ヘイトデモ  田中龍作氏

2013年5月19日  田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2013/05/0007129

新大久保や鶴橋で「朝鮮人は出てゆけ」などと連呼するヘイトデモが、政治家の発言に波立っている。

安倍晋三首相が7日、参院予算委員会で「一部の国、民族を排除する言動があるのは極めて残念なことだ」と答弁した。一方で橋下徹大阪市長が13日、「慰安婦(制度)はどこの国の軍隊にもあった」と言い、橋下発言を援護射撃する格好で西村眞悟衆院議員(日本維新)が17日、「韓国人売春婦がウヨウヨいる」と妄言を吐いた。

これまで崇め立ててきた安倍首相から突き放されたことは彼らにとって少なからずショックだったようだが、橋下市長と西村議員の発言は彼らを勢いづかせることになった。

安倍答弁以降、初めてとなった新大久保のヘイトデモがきょう行われた(主催:日本人差別をなくせデモ実行委員会)。デモに先立ち集会が開かれ、リーダーの女性が歴史認識を示した――

「我々のご先祖は日本を守るために戦争をした。侵略戦争はしていない…(中略)西村議員が言った“韓国人売春婦がウヨウヨいる” は、本当じゃないですか。なのになぜ離党届けをださなきゃいけないんですか(西村氏は17日付けで日本維新を除籍)」。女性リーダーは絶叫した。

埼玉県から足を運んだメンバー(会社員・男性=30代)も「西村議員は国士」と話す。男性は「橋下発言」のうち「“慰安婦”については正しい」と言った。

集会に参加した在特会の桜井誠会長に、筆者は橋下発言についての見解を聞いた。桜井氏は「橋下発言の半分は正しい。半分は正しくない。慰安婦(についての発言)は正しいが、“米軍に風俗を使って下さい”と言ったのは正しくない」ときっぱり。

2週間に一度、新大久保に吹き荒れるヘイトデモや街の住人や観光客は忌まわしいものを見るようにしていた。多くは関わらないように目を背けた。

大久保通りでデモが通り過ぎるのを見ていた50代のスナック経営の韓国人女性は、「うるさい、このヤロー! 冗談じゃない!」とデモ隊に向かって怒鳴り、腕を突き上げて中指を立てた。

「橋下の発言だって、政治の上の方の人があんなこと絶対言っちゃいけない。あんまりにもひどすぎる」。

隣にいた友人の韓国人男性は、「自分が逆の立場だったら、慰安婦が必要だったなんて言えると思うかい?言えないと思うよ」と声を揃えた。

「日本に来て30年、日本人男性と結婚して子どももいる。何度もヘイトデモを見てます。これがあるとストレスがたまるんですよ。ゴキブリ出て行けとか、犬野郎帰れとか言われて、石や卵を投げつけられたこともある。ここの韓国人たちは皆がまんしているの。以前、彼ら7-8人に囲まれてつばをかけられたことがある。警察も来たよ」。

「中には私達は彼らとは違うといって応援してくれる日本人もいる。カウンターの日本人達が韓国の国旗を持って「韓国がんばれ」と言ってくれたことがある。その時は涙が出ましたよ」。

「私は子どもも居て、もう帰るところもない。こっちで結婚した人、家を買った人たちもいる。日本と韓国の真ん中が故郷になった。子どもたちがかわいそうです。どうすればいいというのか?お金を払ってくれるっていうのか。こんなデモの写真がまた韓国に送られ、それを見た人がまた怒ると、感情的になることの繰り返しになる。よくない」。こう言ったきり女性は通りを見つめた。

 新大久保で働く韓国人の多くは、ヘイトデモや橋下市長などの相次ぐ問題発言を知っている。「そういう考えもある」と理解しようとしたり、あえて見ずにやり過ごそうとしたりしていた。

(転載終わり)

(3)今日の「若者に送る言葉」②

地位や名誉じゃないんだよ

お金がたくさんあることじゃないんだよ

仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ

勉強がよくできるとかじゃないんだよ

まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは

一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ

ひとの心がわかることよ

人の心と一つになれることよ

母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

(3)今日のテーマ: 歴史は隔世遺伝する!

安部晋三首相は米CIAエージェントで1960年に日米安保条約(新)を強行採決した岸信介の孫。

麻生副総理は1951年9月8日サンフランシスコ講和条約と日米安保条約(旧)に調印し日米行政協定に署名して日本を「外見は独立国。実質は米国の植民地」にした吉田茂の孫

鳩山由紀夫元首相は1956年「日ソ国交回復」を実現したが米国に疎まれ辞職した鳩山一郎の孫。

(4)今日の「大手マスコミが報道しない真実」:

▲ 「アホノミクス」が5つの悲劇を引き起こす!浜矩子がアベノミクスに反対する理由

東洋経済オンライン2013年05月24日 (日々坦々資料ブログより転載)

http://toyokeizai.net/articles/-/14072

アベノミクスによる株高・円安は勢いを増し、景気回復に対する期待が高まっている。しかし、同志社大学大学院教授の浜矩子氏は、この政策に対して、反対の態度を明確にしている。
浜氏はアベノミクスを時代に合わない「アホノミクス」とバッサリ。私たち読者が、現在の「好景気」の裏に潜む「罠」について知らぬまま、手放しでこの経済政策を祭り上げることに、強い危機感を示す。

本インタビューでは、著者の新刊『「アベノミクス」の真相』で著者が予言する「5つの悲劇」のうちひとつについて聞いた。

株高・円安は「景気回復」の結果ではない

――政府は5月の月例経済報告で景気の総合判断を2カ月ぶりに上方修正しました。これはアベノミクスが一定の「成功」を収めたということではないでしょうか?

イギリスの『エコノミスト』誌が、「アベノミクス」を特集。 「性急なアベノミクスに富国強兵の影を見るエコノミスト誌は、『飛行物体アベ』にあまりご近所の国々をお騒がせするな、と注文しています」(浜氏)
そうはいっても設備投資はまだまだ弱い。アベノミクスの「成功」は、もっぱら「株高」や「円安」に集中している。必死で市場を誘導しようとするチーム・アベの奮闘に、ひとまず市場が付き合って儲けを追求しているという姿です。

ここにきて、むしろ長期金利の上昇が目立ってきましたね。安倍政権が最も避けたかった展開です。しかしながら、これは身から出たさび。ここまで株式市場や不動産市場にカネが引き寄せられるようなあおり方をすれば、収益性の低い国債から資金が逃げ出して、株や不動産に投資されるのは当然の成り行きです。

このままいけば、「国債神話」を彼らが自分たちの手で壊していくことになりかねません。「国債神話」とは、すなわち、「日本の国債はあらかた日本の投資家が持っている。日本の投資家は日本の国債を売らない。だから日本はギリシャ化しない」というあの論法です。

円安についても、すでに少々制御が効かなくなっている感があります。魔法のかけ方は知っているが、魔法の解き方はまだ身に付いていない。そんな「魔法使いの弟子」的なところが、早くも露呈しつつあると思います。

バブルは起こるがデフレは終わらず

――具体的には、どのようなリスクが考えられるのでしょうか?

私は最悪の場合、アベノミクスによって「5つの悲劇」が起こる可能性があると考えていますが、第1の悲劇は「デフレ下のバブル経済化」です。

メディアでは「この金融緩和をきっかけに、設備投資や消費拡大が起これば、日本経済は本当の意味で、復活する」といった報道がなされていますが、これは間違いです。

安倍政権と日銀の「チーム・アベ」が目標とするのは、バブルによるデフレ退治です。つまり、彼らは企業が設備投資を拡大したり、私たち庶民の消費が拡大したりすることを、そもそも狙っていないのではないかとさえ思えてしまいます。

この金融緩和の結果、株や不動産などの資産、すなわち「カネの世界」だけがバブルに沸き、私たち庶民の毎日の生活に関係する「モノの世界」ではデフレが続くという、本来ならば起こりえないはずのことが、日本経済で起こってしまうのです。

もうおわかりでしょう。

結局のところ、この政策で恩恵を受ける個人は、差し当たり株や不動産を持っている人つまり、ごくごく一部の富裕層だけということになります。

しかも、さらに怖いのは、富裕層ではない人々も、今の調子であおられれば、投機性の強い株や不動産に手を出してしまうかもしれないということです。超低金利の中で、おとなしい投資をしていたのでは収益が上がらない。将来に備えて、この際、アベノミクス相場に乗ってみようか。そのような発想で、いわば「生活防衛型投機」へと普通の市民たち、生活に不安を抱える市民たちが誘導されてしまうのが恐ろしい。そのような流れが形成されたところで、アベ・バブルが崩壊した時が悲惨です。

痛い目をみるのが安倍政権だけならいいですが、そうは問屋が卸しませんからね。

「Xデー」へのカウントダウンが始まった!

――「アベノミクス好景気」が終わるのはいつ頃とお考えですか?

カウントダウンは、もう始まっていると思いますね。

1ドル=100円を超えてから、円安が止まらず、国債の利回りも上昇しています。これまで、自分たちの思いどおりに市場を動かそうとしてきた「チーム・アベ」の人たちも、もしかしたら焦っているかもしれません。

私は市場と「対話」することの危険性を常々訴えてきました。グローバル化、複雑化した市場をコントロールすることは、絶対に不可能です。市場をコントロールしようとすればするほど、市場に振り回され、身動きが取れなくなる。

「Xデー」のカギを握るのは、この日本バブルでひと儲けしようとしている、外国人投資家たちです。彼らは当然、このバブルがいつか終わることを知っています。要するに、彼らは「売るために買う」人々ですから。今は虎視眈々と、「いつ売るか」を考えているところでしょう。

「株は上がる」という掛け声に押され、投資に手を出した個人が損をするという悲劇が、なるべく小さくなることを祈るばかりです

浜矩子(はま・のりこ)
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。 1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所長、同研究所主任研究員を経て、2002年より現職。専門はマクロ経済分析、国際経済。専門はマクロ経済分析、国際経済。 『「通貨」を知れば世界が読める』(PHPビジネス新書)、『新・国富論』(文春新書)、『超入門・グローバル経済』(NHK生活新書)など著書多数。

(転載終わり)

4)今日の推薦本:

1)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

2)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

3)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

4)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

5)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫
力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

6)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

7)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.27(月) 午後11:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.27(月) 午後12:40

0.044μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.27
                                   
①アフリカ砂漠化、テロを生む 消える村、流れる若者

2013.05.26 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305250409.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201305250409

西アフリカ・ニジェール南東部のメイネ・ソロア県。ナイジェリア国境に接する一帯はサハラ砂漠からやってくる砂に埋もれそうになっていた。以前はゾウなどの野生動物も生息していたというが、今は想像するのさえ難しい。聞こえるのは、風と乾いた砂が流れる音だけだ。

ヤシの林が数キロごとに点在する。元々はアカシアなども生い茂り、緑地がつながっていたという。サハラ砂漠の南縁に延びる「サヘル(アラビア語で岸辺の意味)」だ。

「ここも今年中になくなるだろう」。ニジェール政府のゲロ・ママンさん(49)が、数百メートル四方に広がるヤシの林の前で、つぶやいた。木々に力強さは感じられない。根が地上にむき出しになったアカシアが目立つ。周囲にあったという池や井戸は砂に埋もれ、跡形もない。

1975年にこの県を調査した際、一帯で70ヘクタールに過ぎなかった砂漠は2003年に18万5千ヘクタールに膨らみ、32%以上を占めるようになった。今も毎年1万2千ヘクタールずつ増えている。多くの村が砂に消えた。

四方を砂の丘に囲まれた小さな村グーデラムを訪ねた。農家のスーレさん(65)は「昔は村から砂漠なんて見えなかった。ここ10年で急激に変化している」。村で唯一の井戸は水量が年々減ってきている。飼っていた牛とヤギの9割を干ばつでなくした。残るのは牛2頭とヤギ10頭。かつて売れるほど取れたモロコシは、植えても収穫がほとんどない。

「農業には適さないのは分かっている。だが何にもしないわけにもいかないから植えている。生活しているのではなく、生き残っているんだ」とスーレさん。かつて30家族が住んでいたが、住民の多くは村を去り、残った者も石油で潤うナイジェリアに出稼ぎに出ている。「井戸が枯れたら村を去るほかない」。スーレさんはそう話した。

周辺の多くも牧畜と農業で生計を立てていた。別の村に住むガンボさん(56)は5年間で20回も引っ越しをした。「耕作に適した所がほとんどなくなってきた」と嘆いた。

砂漠の拡大は、ニジェールにとどまらない。周辺各国共通の問題だ。砂漠に面していなくても緑が消えて砂に覆われ、住民の生活を奪っている場所も少なくない。

原因は気候変動による雨量の減少に加え、人口の急増に伴う木の伐採や過放牧とされる。干ばつは30年前には10年に1回だったが、5年に1回、2年に1回と頻度を増してきた。昨年はニジェールやマリなど周辺8カ国で1500万人以上が食糧難に陥った。

この一帯で、武装勢力が生活に困った若者たちをリクルートしている。そんな話を聞いた。

■「信仰じゃない、食べるために」

 サヘルの若者が武装勢力に加わっているというのは、本当なのか。取材を重ねていると、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム武装組織「MUJAO(西アフリカ統一聖戦運動)」の元メンバーら2人に会うことができた。

MUJAOは、ニジェールに隣接するマリ北部のガオに拠点を置いていた。同国北部は昨春、無政府状態となり、複数の武装組織が入り込んだ。アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス生産施設で、日本人も犠牲になった人質事件の首謀者モフタル・ベルモフタル司令官もガオを拠点にMUJAOとも共闘していた。今年1月にフランスが軍事介入し、武装勢力を主要都市からは一掃したが、一部はゲリラ攻撃を繰り返す。

「メンバーには食うのに困った農民や牧畜民がたくさんいた。近年の大干ばつで多くの人が家畜や生活の糧を失った。大半が宗教心から加わったわけではなく、家族を養うためだ」。2人はそう証言した。

サヘル地域では、一昨年のリビアのカダフィ政権の崩壊に伴う混乱で、大量の武器が周辺国の武装組織にも流出した。彼らが組織から手渡されたのは最新の機関銃だったという。

2人のうちの1人、イドリサさん(44)によると、戦闘員にはチャドやマリ、ニジェールなどサヘル地域出身が多かった。ほとんどが銃を持ったことがない者だったという。一緒に寝泊まりし、早朝から夕方まで、走り込みや射撃訓練を受けた。上官はエジプトやリビアなどのアラブ諸国の出身者で、訓練の教官も務めていた。戦闘任務に出かける前には、メンバーの多くがコカインを吸引しているのを見たという。

イドリサさんが言う。「畑に砂が積もる故郷で、何ができるのだ。政府は助けてくれない。貧困と社会不平等がなくならない限り、また新たな組織ができるだろう。食べるものがなくて、戦えばくれると言われれば、死ぬかもしれなくても参加するだろう」

マリ国境から約60キロに位置するニジェールのマンゲゼ難民キャンプには毎週、数十家族が押し寄せる。干ばつとともに紛争に苦しむ人々だ。

マリ北部メナカから来た牧畜農家アボドーさん(60)は「イスラム過激派は市民に30万セーファーフラン(約6万円)を提示して勧誘していた」と明かした。難民組織リーダーのハマドゥーさん(60)も「干ばつなどで生活の糧をすべて失い、希望がなくなった者が加入している例が複数あった」と話した。

■緑の壁、自立の芽生む

国際社会がサヘルの問題を見過ごしていたわけではない。

前回2008年の第4回アフリカ開発会議(TICAD4)でも取り上げられ、日本は国連開発計画(UNDP)を通じ、砂漠化を含めた気候変動の脅威への対応に9210万ドルの拠出を表明。さらに6月の第5回会議を控え、サヘル地域などの平和と安定のため、5・5億ドルの支援を明らかにしている。

東はジブチから西はセネガルまで、全長約8千キロにわたって植樹するという「アフリカ緑の壁プロジェクト」構想も持ち上がっている。

ニジェール南東部では10年から緑地帯の周りにヤシの樹皮を何重にも張り巡らせ、砂漠の拡大を食い止める試みが続いている。農地を失った地元住民らが作業に当たり、賃金が支払われている。

メイネ・ソロア県と周辺では計3600ヘクタール分の囲いを作り、120万本を植林したという。ニジェール政府の担当者は「小さな活動だが、住民が参加することで持続可能な土地の利用を促すことができる」と話す。

ただ、サヘル地域の治安の悪化によって活動の停止に追い込まれている場所も少なくない。マリでは国際NGOなどによる100以上のプロジェクトがあったが、昨年からの紛争によって北部ではほぼすべて活動が停止しているという。

それでもマリ政府の環境衛生省のスーマナ・タンボ局長補佐は「砂漠化によってコントロールができなくなる地域が増えることは過激派の活動を助長する。さらに生活の糧を失った人々が過激派の提示する金になびく可能性がある」と緑化事業継続の必要性を訴えた。

ブルキナファソなどで20年以上、環境活動をしている日本のNGO「緑のサヘル」(岡本敏樹代表)は、植林に加えて果樹栽培や養蜂技術の支援などで地域住民が現金収入を得られるよう、自立のための活動も展開している。

     ◇

〈サヘル地域〉 セネガル、モーリタニア、マリ、ブルキナファソ、ニジェール、ナイジェリア、チャドなどのサハラ砂漠南縁部に帯状に広がる地域。農業や牧畜が行われているところもあるが、国連環境計画(UNEP)によると、サハラ砂漠(約560万平方キロ)が、毎年数千平方キロ広がっているため、干ばつや飢餓が繰り返されている。

■「アフリカ抜きに世界は語れない」

アフリカでは今、石油やレアメタルなど資源の獲得競争が繰り広げられている。その一方、飢餓やテロといった問題に直面し、解決の糸口すら見つけられない国も少なくない。

現在の人口は約10億人。2050年には20億人を超え、世界の5人に1人はアフリカ人となる見込みだ。世界の将来はアフリカ抜きに語れなくなっている。

第5回アフリカ開発会議(TICAD5)が6月1~3日、横浜市で開催される。朝日新聞は08年の前回会議に合わせ特別紙面を出して以来、毎年一度、アフリカをテーマにした紙面作りに取り組んできた。今年は会議をはさみ、多角的な報道を通じて、この大陸とどう向き合えばよいのか考えたい。(国際報道部長・渡辺勉)

(10)今日の国内情報:2013.05.27

①元慰安婦、橋下氏批判 「妄言を言う人なぜ市長に」

2013年5月26日 東京新聞

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会をやめた韓国人元従軍慰安婦の金福童(キムボクトン)さん(87)と吉元玉(キルウォンオク)さん(84)が二十五日、大阪市の集会に出席した。金さんは橋下氏の一連の慰安婦問題発言について「あのような妄言を言う人が、どうして市長をしているのか不思議だ」と批判した。

支援団体が主催した集会で金さんは「数十人の軍人を相手にしたことを誰に言えるだろうか。胸にしまい込み暮らしてきた」と自らの体験を証言した。

慰安婦問題に詳しい中央大の吉見義明教授は、在日米軍に風俗業の活用を求めた発言を橋下氏が撤回したことに触れ、「慰安婦発言も問題は同じ。撤回すべきだ」と指摘した。

集会に参加した大阪大の学生韓光勲(ハンカンフン)さん(20)は「なぜ橋下氏はこのような証言があるのに、証拠として受け入れないのか疑問だ」と話した。

会場の近くでは右派系グループ「在日特権を許さない市民の会(在特会)」が「従軍慰安婦=ウソ」と書かれたカードを持ってマイクで演説。在日韓国人らが「差別やめろ」と反論した。

元慰安婦の二人は十八日までに来日し、沖縄県や広島県で講演。二十四日に橋下氏と面会する予定だったが、同氏が従軍慰安婦をめぐる発言を撤回しなかったため、「面会が政治利用される」などとして直前にキャンセルした。

②小平住民投票は不成立 投票率35・17%で要件届かず

2013.05.27 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305260278.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201305260278

東京都小平市内の都道建設計画の見直しを問う住民投票は26日に投票が行われ、投票率は35・17%で成立要件の50%に届かなかった。開票はされない。都は今夏の事業認可を目指しており、計画は現状のまま進む公算が大きくなった。

投票用紙は箱詰めされ、90日間の保管期間後、市の判断で廃棄される見込み。一方、住民投票を直接請求した団体側は、独自集計を目指して投票用紙を情報公開請求することを検討している。

この都道は府中市と東村山市を結ぶ「府中所沢線」(約13・6キロ)の未着手部分のうち、小平市区間の約1・4キロ、幅36メートルの幹線道路。1963年に都市計画決定されたが、整備は後回しにされてきた。雑木林約0・5ヘクタールを伐採する計画のため、環境悪化を懸念する住民らが署名を集めて条例制定を直接請求し、今年3月に条例ができた。その後、市の提案で「投票率50%未満の場合は不成立」との要件が加えられた。

直接請求をした住民団体の水口和恵共同代表はこれまで、「雑木林は人々が憩う大切な場所。貴重な植物や鳥、昆虫も確認されている」と指摘。「50年前の計画のまま、市民の意見が反映されずに進める行政主導は変えないといけない」と訴えてきた。少し離れると計画自体を知らない人が増えるとして、住民団体は駅や商店街でチラシを配ったり、ツイッターなどで情報発信したりして周知に努めた。

一方、小林正則市長は、「都の事業に支障をきたす」などとして条例案に反対意見を付けた。住民投票告示後の20日にも、投票率50%未満の場合には「市民の総意としての意見ではないので開票する必要はない」と強調。市は住民投票について説明会を開かず、小林市長も投票を呼びかけなかった。

「投票率50%」の設定には、「高すぎる」という批判があった。同市の市長選では20年前から投票率50%未満が続き、小林市長が3選された先月の市長選は37・28%だった。

住民投票に詳しいジャーナリストの今井一さんは「残念な結果だ。こういう地域に根ざしたテーマこそ住民投票にかけられるべきだと思うが、基地や原発問題ほどの緊迫感がないなかで、50%の壁は高かったのだろう」と指摘。「首都で初の住民投票が、行政側の思惑通りの結果になったことで、都民は『お任せ民主主義』に陥っていると喧伝(けんでん)されかねない」と話した。

都内での条例に基づく住民投票は初めて。当日有権者数は14万5024人。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,530
前日訪問者数(IP): 1,231
トータル閲覧者数(PV): 7,516,674
トータル訪問者数(IP):2,977,344
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,158
前日のコメント数: 28
TV総視聴者数: 113,472
総コメント数: 10,780
**************************************
[2013/05/27 16:02] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
財務省悲願の「消費税増税」を実現させた元財務事務次官勝栄二郎は慣例を破ってなぜ格下の通信ネットワーク運営会社「インターネットイニシアティブ(IIJ)」の社長に天下ったのか?
■財務省悲願の「消費税増税」を実現させた元財務事務次官勝栄二郎は慣例を破ってなぜ格下の通信ネットワーク運営会社「インターネットイニシアティブ(IIJ)」の社長に天下ったのか?本日日曜日(5月26日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 66分 27秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13333522



(1)今日のトピックス:

①財務省悲願の「消費税増税」を実現させた元財務事務次官勝栄二郎は慣例を破ってなぜ格下の通信ネットワーク運営会社「インターネットイニシアティブ(IIJ)」の社長に天下ったのか?

勝栄二郎社長就任の狙いは「共通番号制度」の法案成立を見越して初期システム構築に3000億円、年間維持費に数百億円かかると言われる「巨大利権」をIIJが獲得することにあるのだ!

【関連記事】

▲IT業界と官僚が分捕るマイナンバー制度 3000億円利権

2013/3/7 日刊ゲンダイ掲載記事

勝前次官の天下り先は「将来有望」と株価急騰

安倍政権が閣議決定し、関連法案を国会に提出した「マイナンバー(共通番号制)制度」。国民一人一人に番号を割り振り、納税状況や年金情報を一元管理するもので、「国民総背番号制だ」と批判も多い。が、もうひとつ見過ごせない事実がある。新たに生じる巨額利権だ。

この制度にはベラボーなITインフラが必要で、導入に3000億円もの初期費用がかかる。加えて、毎年のランニングコストは数百億円ともいわれる。つまり、この仕事を受注した業者は半永久的にウハウハなのだ。そんな中、株価が急騰している企業がある。前財務次官の勝栄二郎氏(62)が特別顧問として天下りし、先日、社長への起用が報じられた通信ネットワーク運営会社「インターネットイニシアティブ(IIJ)」だ。

「勝氏の社長起用が報じられたのは、マイナンバー制度が閣議決定された翌2日のことです。勝氏は財務省時代、『10年に一人』といわれた大物次官で、政財界に人脈が広く官公庁にニラミが利く。それで、マーケットでは『マイナンバー事業も勝氏なら分捕れるんじゃないか』『そのための社長起用じゃないか』との臆測が流れているのです。

ネット選挙が解禁される夏の参院選も控え、ますますIT業界の政官界分野への進出が期待されている。“勝社長のIIJなら将来有望”とみられているのです。実際、2日以降、株価は2400円台から2700円台にハネ上がっています」(証券関係者)

官公庁とIT業界の癒着や官僚の天下りは、近年、新たな問題として表面化している。今度の補正でも、財務省が独立行政法人「情報通信研究機構」につけた予算500億円は「勝予算だ。独法からいくらか流れるのでは」とウワサされている。

しかし、大マスコミはダンマリ。朝日と読売なんて、きのう(6日)、IIJから広告をもらって朝刊に掲載していた。大新聞は勝次官時代にも消費増税キャンペーンを展開して協力していたが、こうして“役人天国”は続いていくのだ。

(転載終わり)

▲【IIJ会社情報】by Wikipedia抜粋

株式会社インターネットイニシアティブ(Internet Initiative Japan Inc.、略称IIJ)は日本の電気通信事業者である。東証1部、米NASDAQにおいて株式公開を行っている。

外資を除き、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダ(ISP)である。個人向けサービスとしてIIJ4U、IIJmioを提供しているが、法人及びISP事業者に対するエンタープライズ・サービスの提供が事業の主軸である。インターネット接続回線の提供、システム・インテグレーション、アウトソーシングの他、ISP事業自体のOEM供給・技術供与も行っている。

関連会社であったクロスウェイブコミュニケーションズ及び同社の子会社の会社更生手続開始による経営の悪化に伴う第三者割当増資によって、NTTグループが合計約30%を出資する株主となっている。

代表者 代表取締役社長兼CEO 鈴木幸一

資本金 14,294百万円
(2012年3月期)

売上高 連結97,314百万円、単独65,371百万円
(2012年3月期)

総資産 連結73,493百万円、単独64,554百万円
(2012年3月期)

従業員数 連結1,923人、単独1,313人
(2012年3月現在)

決算期 3月31日

主要株主

日本電信電話 24.45%

鈴木幸一 6.31%

日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.56%

伊藤忠商事 5.05%
(2012年3月現在)

主要子会社 株式会社ハイホー 100%

関係する人物 勝 栄二郎(特別顧問 元財務事務次官 鈴木の後を襲い社長に就任予定) 

(抜粋終わり)                            

②日本の首相は国会の事前承認なくして勝手に外国への債務免除を実行できない!

ビルマ訪問中の安倍総理は本日テイン・セイン大統領と会談しビルマへの対日債務2000億円の返済免除を表明するという。昨年4月野田政権も債権約3千億円の放棄を決定したばかりだ。

二人の日本の首相によって計5000億円もの「国民の税金」が国会での事前承認も事前説明も全くなく「訪問の手土産」として勝手に「返済免除」されるのは日本国憲法第41条「国会は国権の最高機関であり唯一の立法機関である」の規定に明確に違反する憲法違反である。

【新聞記事①】

▲首相、ミャンマー債務返済免除を表明へ 

2013年5月24日  共同・東京新聞

【ヤンゴン共同】安倍晋三首相は24日夜(日本時間同)、ミャンマーのヤンゴンに政府専用機で到着した。26日にテイン・セイン大統領と会談し、対日債務約2千億円の返済免除や、1千億円規模の政府開発援助(ODA)を表明する見通しだ。

 首相は24日の羽田空港出発に先立ち「ミャンマーの改革の動きに日本は官民を挙げて協力していきたい。大統領と濃密な議論を行い、関係をさらに飛躍的に発展させる会談としたい」と官邸で記者団に答えた。

25日にヤンゴン近郊のティラワ経済特区を視察するほか、ミャンマー最大野党、国民民主連盟党首アウン・サン・スー・チー氏と会談する。

【新聞記事②】

▲ミャンマー支援、債権3000億円放棄 野田政権

2012年4月20日 朝日新聞

野田政権は、ミャンマーに対する過去の円借款による債権約3千億円を、2段階に分けて放棄することを決めた。21日に東京で開く野田佳彦首相とテインセイン大統領との首脳会談で、正式に合意する。債権を放棄したうえで、25年ぶりに同国への円借款を本格的に再開する方針だ。

欧米各国がミャンマーとの関係改善に動くなか、先進国では最初に同国の延滞債務問題を解決。企業の投資先として有望視されるミャンマーの民主化と国づくりの支援に乗り出す。

民主化運動指導者アウンサンスーチー氏が今月1日の国会補選で当選したことなどを受け、日本政府は人道支援以外は原則凍結してきた円借款の再開を内定。再開にあたって過去の供与分や金利など約5千億円の返済方法を決める必要があり、大統領来日を前に両国政府間で調整していた。

2002年に重債務国への債権放棄策として決めたものの、軍事政権との間で手続きが止まっていた1274億円をまずカット。さらに、円借款の返済が滞っていたことによる遅延損害金や金利1761億円もカットする。ただし、1年後に民主化の進み具合を見極めたうえで免除手続きに入る、との条件を付けた。

それ以外の1989億円については、ミャンマー政府が日本の金融機関からローンを組む形で借り換えていったん返済。日本政府が民主化や貧困削減を促すミャンマーの改革プログラムに同額を融資することで、返済期限を先送りする。

両国首脳は21日にこうした方針を確認し、共同声明を発表する。債務問題の解決と、経済協力の強化を打ち出す見通しだ。

ミャンマーでは昨年3月の民政移管後、テインセイン政権がスーチー氏との関係改善や政治犯の釈放に着手した。日本や欧米各国は同国との関係の見直しを進めている。豊富な天然資源や、人件費が隣国タイの6分の1程度という労働力も魅力で、多くの日本企業が投資に意欲を示している。

(転載終わり)

(2)新企画:若者へ贈る言葉 ① (再掲)

これほどひどい世の中にしてしまった我々「大人」に絶望しつつ未来を「子供たち」に託す願いの詩を3年前に書きブログで配信しました。3年前と比べて今の状況は極端に悪化しています。

▲大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある


2010-03-18 山崎康彦

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/676cbd05a0fabaf61b331e2d9b3013cc


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

大人は小さい頃から受けてきた教育で「真実」が見えなくされていることを

大人はマスコミが新聞やTVで流す一方的な情報に洗脳されていることを

大人は自分の頭と眼と口と体で世の中の「真実」を見極めようとする意思を奪われていることを

大人は洗脳されなかった少数の人が「真実」を訴えても無視し軽蔑し攻撃して抹殺してしまうことを

大人は子供たちに「自分の頭で考えること」を禁止していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中は少数の支配者が大多数の民衆を支配しているのだということを

少数の支配者が「暴力」を使って大多数の民衆を殺していることを

少数の支配者が「金融」を支配して大多数の民衆を貧乏にしていることを

少数の支配者が「政治権力」を握って大多数の民衆を不幸にしていることを

少数の支配者が「マスコミ」を支配して大多数の民衆を洗脳していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

少数の支配者が唱える「正義」や「自由」などの「崇高な理念」の嘘を見破らなければばならないことを

少数の支配者が呼びかける「正義の戦争」や「民主主義を守る戦争」に決して参加してはならないことを

少数の支配者が仕掛ける「競争」や「能力試験」に踊らされて仲間を軽蔑してはならないことを

少数の支配者が賞賛する「勝者」や「成功者」になって仲間を売ってはならないことを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中の全員が「平和で幸せに生きる権利」を持っていることを

この世の中は少数の支配者の「暴力支配」を断ち切れば「平和な世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「金融支配」を断ち切れば「豊かな世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「政治支配」を断ち切れば「幸福な世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「マスコミ支配」を断ち切れば「真実が語られる世の中」になることを

(引用終わり)

(3)今日の「大手マスコミが報道しない真実」:

▲ 損をしたのはやっぱり素人の個人投資家 鉄火相場で儲けたヤツら

日刊ゲンダイ2013/5/25 掲載記事 (転載)

バクチで勝てるのは青い目のプロだけか

個人投資家はロクに仕事も手につかなかったんじゃないか。市場は前日の大暴落に続き、24日も値幅が1000円を超える乱高下。1万4000円を割り込む場面もあったものの、結局、前日比128円高で落ち着いた。「投機筋が仕掛けた」といわれているが、これで分かったことがある。東証は素人が太刀打ちできる市場ではなくなったということだ。

◆後場の大暴落のワケ

大暴落は2日続けて後場に起こった。23日は午後に入って一気に1000円以上急落。24日も午前の上昇相場が一変、午後に500円を超える下げ幅となった。

一因と指摘されるのは“魔の昼休み”だ。11時半から12時半までの商い休みが後場の急落を誘発しているという。

「海外のヘッジファンドは、この時間帯に重なるシンガポールや香港市場の先物を動かし、後場の東京相場を仕掛ける。昼休み中に先物が落ちれば、後場は売られる展開になります」(金融ジャーナリスト・小林佳樹氏)

欧米の市場にランチ休憩はない。東証も廃止すべきだとの意見は多いが、「東証は労組が強く、難しい」(同)という。これじゃあ、個人投資家はなす術がない。

◆超高速取引のズルさ

1000円を超える乱高下の背景には、1秒間に何回も取引を繰り返せる「超高速取引」の存在もある。瞬間の値動きで利ざやを稼ぐ自動売買システムで、株価の下落局面では、売り注文が売り注文を呼ぶ“危険なシロモノ”と化す。

株式アナリストの櫻井英明氏によると、「超高速取引を使えるのは機関投資家か外国人だけ。個人投資家は使えない」という。個人は大暴落に慌てて売ろうとしても、先に売られてしまうのだ。何のためにこんなシステムを導入したのか。

「海外のヘッジファンドや機関投資家を儲けさせるためです。超高速取引は世界の主要市場では当たり前になっていますが、日本での導入は3年前。このシステムがなければ外国人投資家が離れてしまうと焦った東証が決断した。その結果、中小証券の経営は成り立たなくなり、バタバタ倒産。多くのデイトレーダーが駆逐されました」(市場関係者)

個人はどうしようもない。

◆ヘッジファンドの手口

大暴落した23日は出来高・売買代金とも過去最高を更新した。気になるのは、あの局面で買って儲けた連中がいることだ。慌てて狼(ろう)狽(ばい)売りした個人投資家の陰で、プロはシタタカだったことを知るべきだ。

「売った人の買い戻しも多いのでしょうが、国内の証券ディーラーが便乗した可能性が高い。彼らは一晩を越えて“玉”を持てない。だから信用取引で高値で売り、安値で買う。プロは1粒で2度おいしい思いをしたのです」(櫻井英明氏)

前出の小林佳樹氏はこう指摘する。
「海外のヘッジファンドもボロ儲けしたと思います。『ロングショート』などと呼ばれるやり方で、売りと買い両方のポジションを取っていたのでしょう」

割高の株は売る一方で、割安な株の買いを仕込む。割安の株が上がってくれば、すぐ売る。そういう手法だ。

数少ない銘柄だけで勝負している個人にはできない芸当だ。つまり、大損こいたのは日本の個人投資家だけ。バクチで勝てるのはプロだけであることを自覚すべき

(転載終わり)

4)今日の推薦本:

1)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

2)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

3)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

4)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

5)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

6)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

7)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

★ネット中継【YYNewsLive】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.26(日) 午後11:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.26(日) 午後12:00

0.046μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.26
                                   
①殺人ロボット凍結、国連で討議へ 検討委開催も勧告

2013年5月26日 共同・東京新聞

【ニューヨーク共同】兵士に代わって敵を自動的に殺傷する「殺人ロボット兵器」の研究開発が米国などで進んでおり、戦争の形態が一変する時代が到来しかねないとして、開発凍結や検討委員会開催を求める勧告が国連に提出されたことが25日分かった。ジュネーブで27日から始まる国連人権理事会の通常会期で討議される。

遠隔操作式の無人機攻撃が広がる中、兵士を危険にさらさない装備が重宝され、いずれ殺人ロボット兵器の導入に踏み切る国が出てくるとの危機感が背景にある。

人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチも4月、禁止キャンペーンに乗り出しており、国際社会の新たな課題となりそうだ。

②連夜の暴動 多文化主義の優等生 移民問題きしむスウェーデン

2013年5月25日 東京新聞

【ロンドン=石川保典】スウェーデンの首都ストックホルム郊外で、移民の若者たちによる放火や破壊行為などの暴動が24日までに5夜連続で起きた。移民を積極的に受け入れる「寛容政策」で知られるスウェーデンは、欧州の多文化主義のモデルとされるが、移民の高い失業率や差別への不満を背景に暴動が頻発。国民の反移民感情も高まり、ひずみが露呈している。

暴動のきっかけは、移民が多く住む地区で、男性(69)宅に押し入った警察官が刃物で抵抗した男性を射殺したことへの抗議。若者らが十九日夜、警察署に投石したり、百台以上の車に放火したりした。暴動は飛び火し、少なくとも首都の九カ所で車や警察署、学校、レストランなどが放火、破壊された。

英紙タイムズによると、最初に暴動が起きた地区は、人口約一万二千人の85%を移民が占め、イスラム教徒が大半。警察に執拗(しつよう)に職務質問を受けたり、侮辱されたりすることへの不満が移民にあるとされ、若者団体の代表は暴動を「社会に広がる人種差別と排斥への正当な反応だ」と地元メディアに語った。

労働力として半世紀以上前から移民を受け入れてきた同国は、人口約九百五十万人の15%が移民。一九八〇年代以降は難民も多く、近年はイラクやアフガニスタン、シリア、ソマリアなどから大量に押し寄せている。政府は住居提供などの手厚い福祉や語学教室、参政権付与などを通じ社会への「統合」を進めてきた。

ただ近年は暴動が相次ぐ。二〇〇八年には南部のイスラム教徒が多い町で、警察が施設にいた人を排除したことが暴動に発展。一〇年には若者らがストックホルムで学校のダンスイベント入場を拒否され、暴徒化した。差別的な扱いや、16%と高い移民の失業率(若者は39%)から来る不平が暴動に転化しているとみられる。

 国民にも不満が膨らむ。移民排斥を訴える極右の民主党が、一〇年に二十議席を獲得して初めて議会に進出。最近では支持率が一時、三位になった。

欧州の移民政策に詳しいロンドンのシンクタンク「戦略対話研究所」のラマリンガム氏は「スウェーデンは欧州の寛容政策の要とみられてきたが人種問題が水面下に隠され、政治家は議論を避けてきた。イスラムの若者たちとの関係に苦労してきた英仏の歴史に学ぶべきだ」と話している。

(10)今日の国内情報:2013.05.26

①成長戦略に原発再稼働を明記へ 安倍政権、経済界や自治体に配慮

2013年5月26日  共同・東京新聞

安倍政権が成長戦略に盛り込むエネルギー政策の原案が25日判明した。原子力規制委員会が安全と認めた原発は「再稼働を進める」と明記し、立地自治体などの理解を得るため「政府一丸となって最大限取り組む」との姿勢を強調した。早期再稼働を求める経済界や立地自治体などに配慮したとみられる。

政府は6月14日までに成長戦略をまとめ、閣議決定する方針。自民党も参院選の公約に原発再稼働方針を盛り込む見通しで、政府、与党が足並みをそろえて原発を活用する姿勢を明確にする形となる。

安倍首相はこれまで国会答弁などで、規制委が安全性を確認した原発を再稼働する考えを示してきた。

②6カ国、日朝協議は未定 首相「めど立っていない」

2013年5月25日  共同・東京新聞

【ヤンゴン共同】ミャンマー訪問中の安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、核問題をめぐる6カ国協議や、日朝協議の再開について「見通しがついているわけでもないし、めどが立っているわけでもない」と記者団に述べた。

北朝鮮の日本人拉致、核、ミサイル問題に関し「包括的な解決に向け、米国や韓国としっかり連携をとる」と強調。拉致問題については「安倍政権で必ず解決する決意で取り組む」と重ねて意欲を示した。

③元慰安婦、橋下氏批判 「妄言を言う人なぜ市長に」

2013年5月26日 東京新聞

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会をやめた韓国人元従軍慰安婦の金福童(キムボクトン)さん(87)と吉元玉(キルウォンオク)さん(84)が二十五日、大阪市の集会に出席した。金さんは橋下氏の一連の慰安婦問題発言について「あのような妄言を言う人が、どうして市長をしているのか不思議だ」と批判した。

支援団体が主催した集会で金さんは「数十人の軍人を相手にしたことを誰に言えるだろうか。胸にしまい込み暮らしてきた」と自らの体験を証言した。

慰安婦問題に詳しい中央大の吉見義明教授は、在日米軍に風俗業の活用を求めた発言を橋下氏が撤回したことに触れ、「慰安婦発言も問題は同じ。撤回すべきだ」と指摘した。

集会に参加した大阪大の学生韓光勲(ハンカンフン)さん(20)は「なぜ橋下氏はこのような証言があるのに、証拠として受け入れないのか疑問だ」と話した。

会場の近くでは右派系グループ「在日特権を許さない市民の会(在特会)」が「従軍慰安婦=ウソ」と書かれたカードを持ってマイクで演説。在日韓国人らが「差別やめろ」と反論した。

元慰安婦の二人は十八日までに来日し、沖縄県や広島県で講演。二十四日に橋下氏と面会する予定だったが、同氏が従軍慰安婦をめぐる発言を撤回しなかったため、「面会が政治利用される」などとして直前にキャンセルした。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,121
前日訪問者数(IP): 1,076
トータル閲覧者数(PV): 7,513,144
トータル訪問者数(IP):2,976,113
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,726
前日のコメント数: 184
TV総視聴者数: 112,637
総コメント数: 10,712
**************************************
[2013/05/26 16:13] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
■昨日の東証暴落(13年ぶり1143円安)は実体経済が落ち込んでいるにも関わらず株価だけが意図的に暴騰させられている「アベノミックス」の【偽装好景気】の正体が早くも暴露された!本日水曜日(5月22日)【YYNewsLive】をご覧ください!
■昨日の東証暴落(13年ぶり1143円安)は実体経済が落ち込んでいるにも関わらず株価だけが意図的に暴騰させられている「アベノミックス」の【偽装好景気】の正体が早くも暴露された!本日水曜日(5月22日)【YYNewsLive】をご覧ください!


1) No1 78分 14秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13237630



(1)今日のトピックス:
                                   
①東証暴落:昨日5月23日13年ぶりの1143円安(1万4,483円)に続いて本日午後にも下げ幅が一時500円を超えて1万4000円を割り込んだ。実体経済が落ち込んでいるにも関わらず株価だけが意図的に暴騰させられている「アベノミックス」の正体が早くも曝露された!現時点(14:29)で1万4,319.05円 前日比-164.93となっている。

【朝日新聞記事】

▲日経平均、一時1万4000円割れ 下げ幅500円超

24日の東京株式市場は、日経平均株価が午後の取引で下落に転じ、下げ幅が一時500円を超えて1万4000円を割り込んだ。取引時間中に1万4000円を下回るのは5月7日以来。

(転載終わり)

②昨日5月23日午後1時より弁護士会館2Fクレオで300名が参加して開催された「経産省前テント村明け渡し訴訟第一口頭弁論報告集会」のネット映像です。

1)No1 19分42秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13196414

No1

2)No2 73分38秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13196865

No2

  (誤ってミュートボタンを押してしまい最初の5分くらいは音声が出ません)

③昨日午後3日より中継しましたオリンパス社員浜田正晴さんの【インタビュー&トーク】の映像です。私のIphone5の電波の受信状態が悪く全体20分のうち約9分半した放送できませんでした。

1)No1 8分 04秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13202674

No1

2)No2 1分 30秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13203086

No2

④佐藤真言(まこと)さんとの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の教訓 ③:

佐藤真言さんと二人の中小企業経営者が東京地検特捜部によって「粉飾詐欺事件」をでっち上げられ逮捕・起訴され一審、二審で実刑判決を受けた事件で真に糾弾されるべきは、以下の4つの権力なのだ。

(1)金融行政権力である金融庁

金融庁はメガバンクをはじめとするすべての銀行に「信用リスク格付け制度」を導入し 「銀行の資産査査定が甘く不良債権を過小申告しているのではないか」との名目で定期的に「銀行検査」を実施している。金融庁は融資先の資産内容を厳しく検査しこれまで「優良債権」だったものが「不良債権」に変更し融資の継続をできなくしている。

(2)金融権力であるメガバンク

メガバンクは日銀に独占的にあたえられた「信用創造特権」によって毎日莫大な裏付けのないカネ=「通帳マネー」を作り出し個人、企業、地方自治体、政府を高い金利で貸し付け「借金漬け」にして。メガバンクは圧倒的に有利な立場を利用して中小零細企業に対し「貸し渋り」「貸しはがし」を平気で行い倒産や経営者の自殺を引き起こしてきた。

(3)行政権力である検察、

東京地検特捜部が「東日本大震災復興支援制度」を悪用して政府から一億円をだましとったとする「粉飾詐欺事件」をでっち上げた背景には、2009年の「郵便不正事件」で証拠のフロッピーを前田大阪地検特捜部検事が改ざんした事件や2010年の「陸山会事件」が石川知裕議員の供述内容を偽造して捜査報告書に書いた田代東京地検検事などの検察の不祥事が多発したことがあった。東京地検特捜部は巨悪を摘発し検察の信頼を一気に回復するためにこの「粉飾詐欺事件」をでっち上げたのだ。

(4)司法権力である裁判所

どうでもよい経済事件を「経済大事件」にでっち上げた東京地検特捜部の検事と一体となり検察の起訴状をコピペして判決文を書き実刑判決の重罰を科した東京地裁と東京高裁の裁判官。

▲5月19日日曜日に中継しました「粉飾・特捜に狙われた元銀行員の告白」著者で企業コンサルタントの佐藤真言(まこと)さんとの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の映像をぜひご覧ください。現時点での視聴者総数は3641名様です。

1)No1  46分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13045763

No1

2)No2  60分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13047998

No2

3)No3  45分31秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13050791

No3

2)今日の推薦本:

1)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

2)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

3)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

4)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

5)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫
力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

6)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

7)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(3)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

(4)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.24(金) 午後1時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.24(金) 午後1時30分

0.045μsv/h

(5)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(6)今日の海外情報:2013.05.24
                                   
①欧州株急落 ニューヨークは軟調

23日のヨーロッパの株式市場は東京市場の急落などを受けて売り注文が膨らみ、主な株価指数は、軒並み、2点%を超える大幅な下落を記録しました。また、ニューヨーク市場も、終日、軟調な取り引きで、終値は、12ドルあまりの値下がりでした。

②被害者はイギリス軍兵士(BBC ABC)

22日にロンドン南東部で2人組の男に殺害された男性はイギリス軍所属の25歳の兵士であった事がわかりました。キャメロン首相は、23日、「軍関係者は、軍服姿で外出しないように」としていた事件直後の緊急勧告を「取り下げた」と発表しました。

③アップル社“税逃れ”で公聴会(BBC )

アメリカのIT企業アップルに対し、国によって税の仕組みが異なることなどを利用して外国に巨額の利益を蓄え、アメリカでの課税を逃れているという批判が出ています。これについてアップルのティム・クック最高経営責任者は21日、議会上院の公聴会で、「われわれは払うべき税金はすべて払っており、ごまかしてなどはいない」と述べて理解を求めました。

(10)今日の国内情報:2013.05.24

①共通番号制度が成立 税や社会保障の個人情報を集約

2013.05.24 朝日新聞

【鯨岡仁】すべての国民に番号を割り振り、税や社会保障などの個人情報を把握しやすくする「共通番号制度」法が24日、参院で自民、公明、民主の3党などの賛成多数で可決、成立した。政府は脱税を防ぎ行政の効率化につなげる効果を期待するが、プライバシー侵害などの不安も消えていない。

計画では2015年10月をめどに、全国民に11桁以上の個人番号を記した「通知カード」を郵送。16年以降、希望者には顔写真付きの「個人番号カード」(ICチップ搭載)を配る。

番号は、税金や社会保障、災害支援の3分野で、保険料の納付や年金の受け取りといったお金のやりとりについて情報管理に使う。税務署や市町村、日本年金機構などがバラバラに管理している一人ひとりの個人情報を、共通番号で把握しやすくする。

政府はこれを事務の効率化に使う。税金事務では、世帯主以外の所得などについて申告漏れを自動でチェックできる。国民にとっては、カードを使えば一部の行政手続きで役所に出す書類を少なくできる。自分の納税額などをインターネットで確認できる「マイポータル」のサービスも予定されている。

ただ、政府が個人情報を幅広く把握できるようになるほか、会社員らは番号を勤め先にも伝えねばならない。国民に対する国の管理が強まったり、番号が漏れて悪用されたりする懸念がある。日本弁護士連合会などは共通番号制度に反対している

②驚異の80歳 三浦さんエベレスト登頂(ABC )

80歳の冒険家、三浦雄一郎さんが、世界最高齢でエベレスト登頂に成功しました。70歳と75歳の時に続いて、3度目のエベレスト登頂を果たした三浦さん。4度の心臓手術を乗り越えての記録達成です。ただこの記録、数日後には塗り替えられてしまうかもしれません。これまで世界最高齢記録を持っていた81歳のネパール人男性、ミン・シェルチャンさんが、来週中にも登頂を予定しているのです。三浦さんとシェルチャンさん。高齢で登頂する秘訣は元気で生き続けること、そして、若いうちから肺を鍛えておくことだそうです。

③公邸に幽霊いない、政府が答弁書 首相は引っ越しせず

2013年5月24日 東京新聞

政府は24日、首相公邸に幽霊が出るとのうわさについて「承知していない」とする答弁書を決定した。安倍晋三首相が就任から約5カ月を経ても公邸に引っ越していないことを踏まえ、民主党の加賀谷健参院議員が「事実か」と問う質問主意書を提出していた。

旧首相官邸だった公邸は1936年の「二・二六事件」の舞台となり、官邸関係者の間では以前から「犠牲者の幽霊が出る」とのうわさ話があった。

小泉純一郎元首相は2006年9月「幽霊に出会ったことはないね。一度会いたいと思ったんだけども」と記者団に語っている。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 2,545
前日訪問者数(IP): 1,092
トータル閲覧者数(PV):
トータル訪問者数(IP):
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 7,506,841
前日のコメント数: 2,973,919
TV総視聴者数: 110,815
総コメント数: 10,528
[2013/05/25 21:12] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
■国家権力は「共通番号法」の成立によって個人情報93項目を一元管理し丸裸にした国民への弾圧を強化するだろう!本日土曜日(5月25日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1) No1 77分 26秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13279527



(1)今日のトピックス:
                                   
①国家権力は「共通番号法」の成立によって個人情報93項目を一元管理し丸裸にした国民への弾圧を強化するだろう!

【新聞記事】

▲共通番号法成立 個人情報93項目、政府が一元管理

2013.05.25 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305240058.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201305240058

国民一人ひとりに番号をふり、所得や社会保障などの個人情報を管理する共通番号制度法が24日、参院で可決、成立した。行政機関が納税や社会保障の給付などで国民の個人情報を効率良く把握したり活用したりできるようになり、国民も一部の申請手続きが簡単になる。一方、所得や不動産など90項目以上の個人情報を行政機関が握ることになり、個人情報がまとめて漏れることへの懸念もある。

■給料も不動産も受診歴も

 制度では、政府が2015年10月からすべての国民に11桁以上の個人番号を通知する。そのうえで、税務署や市町村、日本年金機構などの行政機関がばらばらに管理している個人情報をネットワークでつなぎ、16年1月から順々に行政機関が番号を使って必要な情報を取り出せるようにする。

 政府は情報をまとめて管理することで、所得をできるだけ正確に把握して税金を納めてもらったり、年金や生活保護などの社会保障の給付が正確にできたりすると考えている。また、国民は番号が入ったICカードを使えば、年金保険料免除の申請など一部の手続きが簡単になるという。

 朝日新聞の調べでは、共通番号制度法で行政機関が管理できる個人情報は93項目もある。主な項目では、税務署に報告した給料や納税の記録▽所有不動産の広さや評価額など固定資産税の情報▽診療を受けた医療機関や医療費▽雇用保険の失業給付を受けた記録▽公営住宅を借りた記録、などがある。

 ほかに、精神障害者福祉法に基づく強制的な入院措置▽低所得者のための生活福祉資金貸し付け▽片親家庭などの子どものために支給される児童扶養手当の記録などもある。これらの個人情報はまとめて管理され、行政機関が必要に応じて使えるようになる。

 国民が自分の情報の使われ方をインターネットで確認できる「マイポータル制度」もできる。マイポータルでは、税務署が記録している年収・生命保険・住宅ローン・扶養家族などの情報▽証券取引の情報▽年金・医療・介護などの社会保険料、などを自分で確認できるようにもする。

 一方、個人情報が行政機関から漏れたり不正アクセスで流出したりすれば、個人情報がまとめて他人に知られる。また、「言葉たくみに高齢者の同意をもらってマイポータルをみて、詐欺などにつなげる者も出てくる」という指摘もある。

 共通番号制度法では、不正利用を監視するために特定個人情報保護委員会をつくり、罰則ももうける。しかし、委員会はわずか数十人で始めることにしており、全国で不正を監視するのは極めて難しい。

    ◇

■「共通番号」で管理される個人情報の例

【収入や資産】

・給料や家族の状況など

・保有する不動産やその評価額など

【医療・年金・福祉など】

・かかった医療機関や医療費の金額

・医薬品による副作用の救済

・新型インフルエンザなど感染力が強い病気での入院

・年金の保険料や年金額

・確定拠出年金(日本版401k)の記録

・介護保険の保険料やサービスの利用

・身体障害者手帳の交付

・障害者支援施設などへの入所など

・障害者に対する自立支援給付

・公営住宅を借りた記録

・生活福祉資金貸し付け

・生活保護に関する記録

・被災者生活再建支援金の支給

・石綿による健康被害救済のための遺族給付

・中国残留孤児への支援給付

・心神喪失の状態で重大な他害行為を行った人の診断や治療

【雇用】

・雇用保険の失業給付

・労災保険の給付

・未払い賃金の立て替え払い

・職業訓練を受ける人への訓練給付金

【子育て・教育】

・母子健康手帳の交付など

・受けた予防接種の時期や種類

・児童手当の支給

・高校の就学支援金

・日本学生支援機構からの奨学金

・学校でのケガなどに支給される日本スポーツ振興センターからの給付金

・里親の認定

(転載終わり)

②一昨日の金曜日午後4時37分より中継しましたオリンパス社員浜田正晴さんへの【インタビュー&トーク】の映像は電波の受信状態が悪く全体20分のうち約9分半した放送できませんでした。同時中継されていたKさんの映像を以下のURLでご覧ください。

1)No1 29分06秒   http://twitcasting.tv/rokoroko0919/movie/13202698



③「アベノミックス」の円安誘導で輸入物価が高騰し国民生活を破壊する!

【新聞記事】

▲円安で食品値上げ相次ぐ 山崎製パンは最大6%

2013.05.24 朝日新聞

「アベノミクス」がもたらした円安は、原材料を輸入に頼る食品などの値上げを招いている。家計への負担が、じわじわ広がる。

山崎製パンは23日、食パン「芳醇(ほうじゅん)」や「高級つぶあんぱん」など主力15品の出荷価格を7月から2~6%上げると発表した。円安で小麦粉や油脂類、乳製品などパンづくりの材料が高くなった。「コスト増を吸収する努力を続けたが、大変厳しい」(広報担当者)。スーパーなどが卸値の上昇分を負担しきれなければ、小売価格に跳ね返る。

影響は幅広い。キユーピーはマヨネーズを7月に値上げ。500グラム入りは25円高い382円(税抜き)になる見込みという。日本ハムはハムやソーセージ、ナゲットなど151品の量を減らす。輸入肉の価格上昇に伴う実質8%の値上げにあたる。日清フーズは家庭用小麦粉の価格を上げる。

毎日の暮らしに欠かせない電気代やガス代も上がっている。ドル建てで契約している天然ガスの輸入価格が円安で高くなっているためだ。輸入家具を扱う大塚家具は、ソファやテーブルなど約4400品目を6~7月にかけて平均5・9%値上げする。仕入れ値が上がり続けての再値上げだ。

(転載終わり)

(2)新企画:若者へ贈る言葉 ①

これほどひどい世の中にしてしまった我々「大人」に絶望しつつ未来を「子供たち」に託す願いの詩を3年前に書きブログで配信しました。3年前と比べて今の状況は極端に悪化しています。

▲大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

2010-03-18 山崎康彦

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/676cbd05a0fabaf61b331e2d9b3013cc

大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

大人は小さい頃から受けてきた教育で「真実」が見えなくされていることを

大人はマスコミが新聞やTVで流す一方的な情報に洗脳されていることを

大人は自分の頭と眼と口と体で世の中の「真実」を見極めようとする意思を奪われていることを

大人は洗脳されなかった少数の人が「真実」を訴えても無視し軽蔑し攻撃して抹殺してしまうことを

大人は子供たちに「自分の頭で考えること」を禁止していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中は少数の支配者が大多数の民衆を支配しているのだということを

少数の支配者が「暴力」を使って大多数の民衆を殺していることを

少数の支配者が「金融」を支配して大多数の民衆を貧乏にしていることを

少数の支配者が「政治権力」を握って大多数の民衆を不幸にしていることを

少数の支配者が「マスコミ」を支配して大多数の民衆を洗脳していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

少数の支配者が唱える「正義」や「自由」などの「崇高な理念」の嘘を見破らなければばならないことを

少数の支配者が呼びかける「正義の戦争」や「民主主義を守る戦争」に決して参加してはならないことを

少数の支配者が仕掛ける「競争」や「能力試験」に踊らされて仲間を軽蔑してはならないことを

少数の支配者が賞賛する「勝者」や「成功者」になって仲間を売ってはならないことを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中の全員が「平和で幸せに生きる権利」を持っていることを

この世の中は少数の支配者の「暴力支配」を断ち切れば「平和な世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「金融支配」を断ち切れば「豊かな世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「政治支配」を断ち切れば「幸福な世の中」になることを

この世の中は少数の支配者の「マスコミ支配」を断ち切れば「真実が語られる世の中」になることを

(引用終わり)

(3)今日の「大手マスコミが報道しない真実」:

▲株乱高下バブル一瞬ではじけた マトモな経済学者は今の事態をどう見ているか


2013/5/24 日刊ゲンダ 掲載記事

連日の最高値更新に沸いていた東京株式市場がきのう(23日)、パニック的大暴落に見舞われた。前日比1143円28銭安の大暴落は、ITバブルが崩壊した2000年4月17日以来13年ぶりの下げ幅、史上10位の下落率だ。あの東日本大震災やリーマン・ショックでもこんなに下げなかった。

狂乱相場はこの日もつづき、午前は一時1万5000円を回復。その後は再び下げに転じた。素人にはちょっと怖い乱高下の展開だ。

きのうの大暴落は米国のバーナンキFRB議長の発言や中国の景気指標の悪化が原因とされた。量的緩和に積極姿勢を見せなかったバーナンキ発言は、米国が金融引き締めに転じるのではないか、という連想を起こさせたし、中国の指標の悪化も日本企業に強烈な打撃になるとみられた。それをきっかけに、調整局面を見極めていた外国人投資家が一斉に利益確定売りに走ったことがパニック売りを招いたと解説されている。

つまり、ちょっとした不安の連鎖が招いた暴落で、安倍政権の閣僚たちは「基本的に株は上がったり下がったりするもの」(麻生財務相)、「うろたえる必要はない」(甘利経済再生相)と不安解消にシャカリキだったが、暴落の真相はまったく違う。黒田バズーカ砲で進んだ円安・株高こそが異常だったわけで、市場は逃げる機会をうかがっていたのである。

アベクロバブルの異常な膨張に、投資家たちの不安は頂点だった。彼らはプロだから、自分だけは逃げようと必死でタイミングを探っている。だからちょっとしたきっかけで、株価は一瞬で大暴落してしまう。もともとパンパンのバブルがはじけたのである。

◆根拠なき熱狂ほど恐ろしいものはない

実際、どう考えても、ここまで株価は上がりすぎだった。衆院解散を明言した昨年11月から、わずか半年で7割上昇。1万円を超えてもその勢いは衰えず、5月は一気に2000円もの大幅高で、あれよあれよと1万5000円を突破した。しかし、この間、実体経済が変わったわけではないのである。株価を上げてきたのは漠としたアベノミクスに対する期待感だけ。こんな相場がいつまでも続くわけがないのだ。

「金融政策で人為的に資産価格を押し上げてきた黒田バブルは、投資家たちにユーフォリア(根拠のない過度の幸福感)を生み出した。市場の期待が膨らみ、それをコントロールすることが難しくなっていたのです」(東短リサーチのチーフエコノミスト・加藤出氏)

根拠なき期待、熱狂ほど恐ろしいものはない。日銀にさらなる緩和をせっつけば、国債暴落懸念が高まる。株式市場も共倒れだが、そうした危うさと隣り合わせのバブルがどんどん膨らんでしまったのである。

「ここ数年、確かにデフレでしたが、長期金利も上がらなかった。おかげで企業は助かってきた。黒田バズーカは、こうしたゼロインフレ下の経済的均衡をブチ壊してしまったのです。マーケットの参加者は、アベノミクス相場がこれからどうなっていくのか、これで終わりなのか、それとも途中経過なのか、“落としどころ”が分からず右往左往している状況です」(東海東京証券チーフエコノミスト・斎藤満氏)

マーケットの期待と不安はコントロール不能に陥っている。それが、この2日間の乱高下を招いた。日本経済は未曽有の大混乱に突入したと言っていい。

◆マーケットは黒田政策にNOを突きつけた

株式市場はこれからどうなるのか。この暴落は閣僚らの言う通り一時的な調整局面で再び上昇するのか。それとも乱高下が続き、さらに下落していくのか。

アベノミクスの危うさを説いてきたマトモな経済学者は、それ見たことか、と冷ややかだ。「日本国債暴落のシナリオ」の著者で、ビジネス・ブレークスルー大学教授の田代秀敏氏はこう言う。

「黒田日銀が行っている異次元緩和は、国債暴落のときに最後に使うべきオペレーションです。瀕死の患者に打つべきモルヒネを平時に打っているようなもので、そんなことを続けていたら元の体に戻れなくなる。債券市場が混乱し、メガバンクや外国人投資家がさっさと日本国債を売ったのはそのためです。しかし、黒田日銀総裁は22日の会見でも積極的なメッセージを出せなかったばかりか国債市場の混乱はマーケットとの対話不足が原因という認識を示した。アベノミクスで膨らんだ株式市場ではヘッジファンドを筆頭にみんなが売り時を狙っていましたから、黒田会見がトリガーとなったのでしょう」

恐らく、日本株をつり上げていた外国投機資本はきれいにみーんな逃げ出した。ジョージ・ソロスのヘッジファンドは日本株の上場投信(ETF)30万口をすべて売却したし、大手ヘッジファンド、ムーア・キャピタルもETF400万口を売った。日銀OBの大阪商大教授の佐和良作氏もこう言う。

「売っているといえば、メガバンクも国債をあらかた売っています。黒田日銀は金融緩和をして金利を下げ、企業が設備投資に資金を回し、景気を良くするシナリオを描いてきましたが、そのそばから国債価格は下落し、金利が上がっているのだから世話はない。マーケットが完全に黒田政策にNOを突きつけていたところに、ついにきのうの暴落が起きたのです。そもそも金融緩和でデフレを脱却できるなんて学術的な根拠は皆無に等しい。黒田総裁や岩田副総裁は、金融政策を頭の中だけで考えているので、金利や株価の乱高下を予想できなかったのでしょう」
◆国債と株式のどちらを犠牲にするのか

つまりは、アベノミクスは完全破綻ということだ。イリュージョンを続けている間に実体経済を引き上げるハズが、その前にはじけた。たとえ、株価が持ち直したとしても、それは実体のないバブルである以上、大暴落リスクはこれからも続く。黒田日銀がもっとシャカリキになって異次元緩和を継続し、株価がまた上がったとしても、その分、バブルの泡は膨らんでいく。それがいつ破裂するのか。危険が増すだけなのである。

しかも、きのうの相場で分かったように、暴落のカギを握っているのは日本の株式市場の7割を牛耳る外国人投資家や米国経済の動向、FRBの思惑、中国経済といった外的要因だ。日本人にはなす術(すべ)がないところが恐ろしい。

「今後の市場は読みにくいが、悪い条件ばかりが重なっているのは確かです。これまでは国債が下落したことで投資マネーが株式市場に流れて、株高になった。国債下落で含み損を抱え込んでいた金融機関などは、株を売って、利益を確定した。いわば、国債を犠牲にして、株高を演出したのです。しかし、国債価格の下落が激しいと、今度は株式を犠牲にするしかなくなる。さあ、安倍政権はどうするのでしょうか」(田代秀敏氏=前出)

ニッチもサッチも行かなくなれば、将来的にはトリプル安で恐ろしい“日本売り”になる。慶大大学院准教授の小幡績氏は近著「ハイブリッド・バブル」でこう書いている。

〈もし(2%の)目標物価が達成されるように政策がうまくいけば、名目金利は上がって国債は暴落するし、金融緩和がうまくいかなければ、さらなる財政出動などにより財政破綻リスクが高まる。その中で、日銀がこのように大規模な国債買い入れをしていれば、いわゆる財政ファイナンスに該当するという認識が広まり、国債は暴落する。円安と債券安のダブル安が始まりかねず、それが株安にまで波及して、トリプル安になれば、日本経済は窮地に陥る〉

こんな危険なシナリオと隣り合わせにいるのが、いまの日本経済なのである。安倍首相や黒田総裁を信じて、景気回復や賃金上昇を期待したらバカを見る。トリプル安で1500兆円ともいわれる個人金融資産はパーになる。庶民は身ぐるみ剥がされることになりかねない。

(転載終わり)

(4)今日の推薦本:

1)溝口敦+荒井香織著【ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム】(宝島社¥1200)

・出版界のタブー決壊!27年にわたって欺かれた読者

・『あんぽん』『旅する巨人(大宅賞受賞』・・・etcベストセラー作家140件の盗用公開!

2)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

3)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

4)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

5)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

6)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

7)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(5)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

②6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

③6月4日から約2週間海外に移動します。ネット環境を整えて現地から【YYNewsLive】を放送する予定ですので是非ご期待ください。


(6)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.25(土) 午後12:30時(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.25(土) 午後12:10

0.044μsv/h

(7)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(8)今日の海外情報:2013.05.25
                                   
①北 対話で局面打開か(CCTV )

北京を訪れていた北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記の特使を務めている朝鮮人民軍のチェ・リョンヘ総政治局長は、きのう、中国の習近平国家主席と会談しました。習主席が、中断している6か国協議の再開を求めたのに対し、チェ総政治局長は、「さまざまな形式の対話と協議を通じて、問題を解決したい」と述べ、前向きな姿勢を示しました。

②米アップルが海外で納めている“法人税率”は1・93% 日本での納税額は?

2012.11.05 Blogos

http://blogos.com/article/49637/

【記事抜粋】

iPhoneやiPadが世界中で爆発的に売れている米アップルが今年9月29日までの1年間に海外で納める法人税は、海外での税引き前収益368億ドルに対して、7億1300万ドルにとどまり、“法人税率”は平均1・93%だったことが、同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書で明らかになった。

米国の連邦法人税は、企業収入に応じて15~39%の8段階が適用される。英国の法人税率は24%で、アップルが海外で納めている法人税の低さが浮き彫りになっている。

英国ではスターバックス、グーグル、アマゾン、フェイスブック、コカ・コーラ、インテル、KRAFT(クラフト)といった米国際企業の租税回避行為が大きな社会問題になっており、5日、下院特別委員会でスターバックス、グーグル、アマゾンの幹部が説明を求められる。

(抜粋終わり)

③シャンソン歌手ムスタキさん 死去(F2 )

世界的に有名なシャンソン歌手、ジョルジュ・ムスタキさんがフランス南部の療養先で死去しました。79歳でした。エジプトで生まれたムスタキさんは17歳の時にパリに移り住み、職を転々としながら、酒場などでシャンソンを歌うようになりました。シャンソン歌手、エディット・ピアフのために作詞した「ミロール」の大ヒットをきっかけに、バルバラやイブ・モンタンなど、名だたる歌手から作詞や作曲の依頼を受け、生涯で300以上の曲を世に送り出しました。自らも歌手として活躍し、恋の告白を情熱的に歌った「異国の人」は世界的にヒットしました。ここ数年は呼吸器系の病気を患い、2001年を最後に舞台を離れ、フランス南部のニースで療養していました。

(10)今日の国内情報:2013.05.25

①共通番号制度が成立 税や社会保障の個人情報を集約

2013.05.24 朝日新聞

【鯨岡仁】すべての国民に番号を割り振り、税や社会保障などの個人情報を把握しやすくする「共通番号制度」法が24日、参院で自民、公明、民主の3党などの賛成多数で可決、成立した。政府は脱税を防ぎ行政の効率化につなげる効果を期待するが、プライバシー侵害などの不安も消えていない。

計画では2015年10月をめどに、全国民に11桁以上の個人番号を記した「通知カード」を郵送。16年以降、希望者には顔写真付きの「個人番号カード」(ICチップ搭載)を配る。

番号は、税金や社会保障、災害支援の3分野で、保険料の納付や年金の受け取りといったお金のやりとりについて情報管理に使う。税務署や市町村、日本年金機構などがバラバラに管理している一人ひとりの個人情報を、共通番号で把握しやすくする。

政府はこれを事務の効率化に使う。税金事務では、世帯主以外の所得などについて申告漏れを自動でチェックできる。国民にとっては、カードを使えば一部の行政手続きで役所に出す書類を少なくできる。自分の納税額などをインターネットで確認できる「マイポータル」のサービスも予定されている。

ただ、政府が個人情報を幅広く把握できるようになるほか、会社員らは番号を勤め先にも伝えねばならない。国民に対する国の管理が強まったり、番号が漏れて悪用されたりする懸念がある。日本弁護士連合会などは共通番号制度に反対している

②驚異の80歳 三浦さんエベレスト登頂(ABC )

80歳の冒険家、三浦雄一郎さんが、世界最高齢でエベレスト登頂に成功しました。70歳と75歳の時に続いて、3度目のエベレスト登頂を果たした三浦さん。4度の心臓手術を乗り越えての記録達成です。ただこの記録、数日後には塗り替えられてしまうかもしれません。これまで世界最高齢記録を持っていた81歳のネパール人男性、ミン・シェルチャンさんが、来週中にも登頂を予定しているのです。三浦さんとシェルチャンさん。高齢で登頂する秘訣は元気で生き続けること、そして、若いうちから肺を鍛えておくことだそうです。

③公邸に幽霊いない、政府が答弁書 首相は引っ越しせず

2013年5月24日 東京新聞

政府は24日、首相公邸に幽霊が出るとのうわさについて「承知していない」とする答弁書を決定した。安倍晋三首相が就任から約5カ月を経ても公邸に引っ越していないことを踏まえ、民主党の加賀谷健参院議員が「事実か」と問う質問主意書を提出していた。

旧首相官邸だった公邸は1936年の「二・二六事件」の舞台となり、官邸関係者の間では以前から「犠牲者の幽霊が出る」とのうわさ話があった。

小泉純一郎元首相は2006年9月「幽霊に出会ったことはないね。一度会いたいと思ったんだけども」と記者団に語っている。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,182
前日訪問者数(IP): 1,118
トータル閲覧者数(PV): 7,510,023
トータル訪問者数(IP):2,975,037
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,009
前日のコメント数: 48
TV総視聴者数: 112,007
総コメント数: 10,690
**************************************
[2013/05/25 14:48] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
今の日本には米国から「利権・特権」の分け前をもらう「売国政治家」「売国官僚」「売国大手マスコミ」「売国経団連大企業」「御用評論家」「御用学者」「在特会ら極右排外主義者」らの「ウソ」に騙されず「恫喝」に屈しない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!
■今の日本には米国から「利権・特権」の分け前をもらう「売国政治家」「売国官僚」「売国大手マスコミ」「売国経団連大企業」「御用評論家」「御用学者」「在特会ら極右排外主義者」らの「ウソ」に騙されず「恫喝」に屈しない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!本日水曜日(5月22日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 92分  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13156511



(1)今日のトピックス:
                                   
①今朝からここ山中湖村では雷音のような轟音が遠くから響いてきている。これは雷音ではなく近くの自衛隊東富士演習所で自衛隊が単独かあるいは米軍単独かあるいは日米合同訓練かで大砲を実射している砲撃音が響いて来ているのだ。

前泊博盛沖縄国際大学大学院教授は「日米地位協定」(創元社)の中で以下のような重要な指摘をしています。

▲安保村の狙いは「全自衛隊基地の共同使用」(164p)

・ただ現時点では、この「全土基地方式」という考え方が、形を変えて浮上してきています。Q&A③にもあるように、近年すっかり予算の亡くなった米軍は、いろいろな手を使って日本に負担を押し付けようとしています。

・その代表的な例が、富士山のふもとにある東富士演習場です。ここはもともと米軍基地でしたが、1958年に日本に返還され、自衛隊基地となりました。しかし、本書では詳しく述べませんが、日米地位協定の条文(第二4項b:338ページ)を拡大解釈することで、基地の経費を日本側に負担させながら、米軍の演習は依然と変わらず大規模に実施できるという状態になっています。

・安保村の論客の中には、今後はこの日米地位協定・第2条4項b(2-4-B)を使って「全自衛隊基地の共同使用」を実現することが目標だと指摘する人たちもいます。

・「米軍基地返還」→「全自衛隊基地の共同使用」→「米軍の永久駐留と駐留経費の大幅削減」というわけです。これによって進行するのは、いわゆる「本土の沖縄化」以外の何物でもありません。

②国民よ覚醒せよ!「日米安保条約」は形だけの相互防衛条約でありNATO(北大西洋条約)のような「本当の相互条約」ではない!

もしも尖閣諸島の領有権を主張する中国の海軍・空軍と日本の自衛隊が偶発的にせよ意図的にせよ軍事衝突したら「日米安保条約があるから米軍は日本を守ってくれる」というのは全く幻想。米軍は動かない!

前泊博盛沖縄国際大学大学院教授は「日米地位協定」(創元社)の中で以下のような重要な指摘をしています。

▲形だけの相互防衛条約(176p)

・その結果、残ったのが、現在の何とも奇妙な日米助役の第三条と第五条なのです。

「日米安保条約 第三条

締約国は、個別的及び相互に協力して、継続的かつ効果的な次女及び相互援助により、武力攻撃にていs斯うするそれぞれの能力を、憲法上の規定に従うことを条件として、維持し発展させる」

「日米安保条約 第五条

各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する(略)」

・よく考えてみると、この条約がもし本当に相互防衛条約だとすれば、「日本が攻撃されたとき、アメリカは日本本土を防衛する」代わりに、在日米軍基地が攻撃されたとき、日本は在日米軍基地を防衛する」という非常にバカげた条約になってしますのです。ですからそうならないよう、「防衛する」ではなく、「自国の憲法上の規定及び手続に従って行動する」という表現になっているのです。

・ちなみに「本当の相互っ防衛条約」であるNATO(北大西洋条約)では、そのような場合、「必要な行動(編力の使用を含む)を(略)直ちにとる」となっています。

・このように「長期にわたる注意深い研究」によって表現上のトリックが仕掛けられているため、1960年に改定された新安保条約をめぐっては、多くの人たちが、「アメリカは日本を防衛する義務がある」「いやそんなものはない」ともめる大きな原因となっているのです。

・しかし現実、実際に起きたケースを見れば明らかです。たとえば尖閣諸島をめぐる中国との争いについて、アメリカの公式見解は次の3つです。

「尖閣は日米安全保障条約第五条の提要範囲である」(クリントン国務長官他)

「尖閣の領有権については、日中いずれの立場にも立たない」(クローリー国務省報道官
「日本は島しょう部(島)への侵略については、自ら防衛し、周辺事態に対応する」(日米同盟:未来のための変革と再編)

・一見矛盾しているようですが、実は矛盾していません。もし実際に日中の衝突が起こった場合、「安保条約適用」→「議会での審議」(審議の前提は「領有権については中立」「島しょう部の防衛は日本が行う」)→「実際の戦闘は日本が行うべきである」
となることは確実だからです。実はこれが国際的には常識なのです。

・「在日米軍基地を守る代わりに、日本全土を守ってもらう」「在日米軍基地を提供する代わりに、日本全土を守ってもらう」いずれも幻想です。正しくは、そのt木のアメリカの国益にしたがって、守ったり守らなかったりするということです。

・「アメリカと同盟を結んでいること自体が日本の安全保障である」「日本が血を流してアメリカを守らない以上、アメリカが血を流して日本を守ることはない。核の傘など、大きな枠組みの提供ハウスるが、最前線で日本の国土を防衛するのはもちろん日本の役割である」これはなにもアメリカがずるいのではなく、国際常識からいって、まったく当然の態度といえます。それをきちんと自国民に伝えず、危機になれば常にアメリカが日本を一方的に助けてくれるような幻想を振りまいているのは、日本の官僚、学者、マスコミを中心とした安保村のほうなのです。

(引用終わり)

③日曜日の佐藤真言(まこと)さんとの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の教訓 ②:「良い弁護士」とは?

日本の裁判は3審制だが決定的に重要なのは第一審の地裁での判決だ。そこで「悪い弁護士」に引っかかると勝てる裁判も勝てなくなる。初犯で当然執行猶予が付く判決も実刑となり弁護士に言われて用意した保釈金と実際の保釈金の差額が着手金とは別の弁護士報酬となる。佐藤真言さんが語った「良い弁護士」選定の3つの条件は以下の通りです。

(1)ヤメ検弁護士は絶対に選ばない

(2)相談や打ち合わせに時間や時間帯や曜日の制限を設けない弁護士

(3)高額な裁判報酬を求めず被告の経済状況を考慮してくれる弁護士

▲5月19日日曜日に中継しました「粉飾・特捜に狙われた元銀行員の告白」著者で企業コンサルタントの佐藤真言(まこと)さんとの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の映像です。

1)No1  46分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13045763



2)No2  60分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13047998



3)No3  45分31秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13050791

[2013/05/22 16:23] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
「在日朝鮮人、韓国人、中国人は特権をあたえられ日本人を支配・搾取している」と「在特会」は主張しているが全くのウソ!在日米軍こそが最大・最高の「特権」を与えられ日本と日本人を完全に支配している!
■「在日朝鮮人、韓国人、中国人は特権をあたえられ日本人を支配・搾取している」と「在特会」は主張しているが全くのウソ!在日米軍こそが最大・最高の「特権」を与えられ日本と日本人を完全に支配している!本日月曜日(5月20日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 79分 02秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13118638



(1)今日のトピックス:
                                   
①5月10日に経産省前「反原発テント村」で経産省職員と警視庁公安による「でっち上げ公妨」で逮捕されたBさんが本日午前釈放されました。あからさまな「やらせ挑発」による逮捕がネットで全国に知れ渡り猛烈な抗議が寄せられる中どうしようもなくなった警察と検察と裁判所がBさんを釈放せざるを得なくなったのが真相です。

以下に園良太さんのメールを転載します。

園良太です。

重複された方は失礼します

先ほど経産省テント弾圧の当事者が釈放されました!元気で、しばらく経産省テントにいますのでご本人に会いたい方はぜひ。

よって今日3時からの勾留理由開示公判は中止です。余りに不法不当な逮捕手続きやでっち上げの逮捕理由などがその場で暴露されるのを検察も裁判官も恐れたのだと思います。
まだ処分は確定していないので、完全な不起訴にしろと声を上げ続けること、次なるあらゆる運動への弾圧を防ぐ事が必要です。どうぞよろしくお願いします!

(転載終わり)

②一昨日日曜日の佐藤真言さんとの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の教訓①:

★逮捕されたら警察と検察に雑談もせず絶対しゃべらないこと=完全黙秘。証拠と供述が なければ彼らは起訴できない!

1)No1  46分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13045763



2)No2  60分    http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13047998



3)No3  45分31秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13050791



③大手マスコミの【内閣支持率世論調査】は政権擁護のためにはじめから結論が決まっている!各社「ほぼ同じ数字」が出るように事前調整している!

【朝日新聞記事】

▲橋下氏発言「問題」75% 内閣支持率65% 世論調査

朝日新聞社が18、19日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は65%で、これまで最高だった3月と並んだ。一方、日本維新の会の橋下徹・共同代表による旧日本軍の慰安婦や、風俗業をめぐる発言については、75%が「問題がある」と答えた。
世論調査―質問と回答

安倍内閣の支持率は、前回4月は60%だったので、今回は上昇した。不支持率は今回は18%(前回19%)だった。

橋下氏の一連の発言については「大いに問題がある」は32%、「ある程度問題がある」は43%。「あまり問題はない」は15%、「まったく問題はない」は5%にとどまった。橋下氏の発言で維新の印象が「悪くなった」は50%。「変わらない」は44%で、「よくなった」は2%だった。

参院選の比例区投票先については、自民が49%(同46%)。この質問を始めた1月の40%と比べてみても、かなり増えている。対照的に、維新は今回、7%(同10%)。16%だった1月以降、下落が止まらず、8%(同6%)となった民主に初めて抜かれた。

安倍首相の政策については、経済政策に対する支持が依然として高い。経済政策を「評価する」は63%で、「評価しない」19%を引き離した。経済政策が「賃金や雇用が増えることに結びつく」は44%(同45%)で、「そうは思わない」の36%(同37%)より多かった。ただし、原子力発電所の輸出政策については、賛成30%、反対50%だった。

安倍内閣の閣僚が靖国神社を参拝したことについては「よかった」は48%で、「よくなかった」の37%を上回った。しかし、中国や韓国との関係改善について、安倍首相に「期待できる」は41%で、「期待できない」の42%とほぼ同じだった。

(転載終わり)

(2)今日のテーマ:「在日朝鮮人、韓国人、中国人は特権をあたえられ日本人を支配・搾取している」と「在特会」は主張しているが全くの大ウソ!在日米軍こそが最大・最高の「特権」を与えられ日本と日本人を完全に支配している! 

【在日米軍の特権】①

前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)より

▲米軍関係者にとって「日本の国境」は存在しない(35p)

本土の政治家や官僚やジャーナリストがほとんど知らないことですが、そもそも日本政府はいま、自国の国内にどんなアメリカ人が何人いるのか、まったくわかっていないという驚くべき事実があるのです。というのも米軍には、「基地内ではすべて好き勝手にできる権利(=基地の排他的管理)と、米軍関係者の「出入語句自由特権」(=出入語句管理法の適用除外)」が認められているからです。

どんな国の外交官」も、出入語句のとき、一般とは別のでいる愚痴ではあるものの、ちゃんとパスポートを提示して出入国審査を受けますよね。当然です。ところが米軍関係者はそうした手続きをいっさい行わずに、きちに到着したり、基地からと飛びだったりしているのです。つまり基地の敷地内は実質的にアメリカの国内としてあつかわれているわけですが、そこからフェンスの外に出るとき、出入国審査はもちろんありませんので、日本政府はいま日本国内にどういうアメリカ人が何人いるかについて、まったくわかっていないのです。

よく本土では評論家たちが、日本医はスパイ防止法がなくて問題だなどと議論していますが、おそらくこうした事情について何も知らないd絵議論しているのでしょう。いくら優秀なCIAの局員だって、どんな国に行くのも身分を偽ったり、ある種の返送をしていくはずです。ところが日本だけは、軍用機で行けば服を着替える必要もないのです。フツーのスーツで軍用機に乗って、何尾チェックも受けzぅ②日本の米軍基地に到着し、そのままフェンスの外に出ればいいのですから。

世間ではよく、「他の国では失敗ばかりしているCIAが、日本だけでは大成功しているというのは陰謀論だ」などという人がいますが、②ホンダは全くチェックを受けずに、何人でも自由に入獄できるのですから、活動が成功しないほうがおかしいでしょう。

ちなみにそうした状態の根拠となっているのは、次の条項です。

「日米地位協定第九条2項 合衆国軍隊(米軍)の構成員は、旅券(パスポート)及び査証(ビザ)に関する日本国法令の適用から除外される。合衆国胃軍隊の構成員及び軍属及びそれらの家族は、外国人の登録及び管理に関する日本国の法令の適用から除外される」
・原則をつらぬくイラク(109p)

「イラク・アメリカ地位協定第十四条(出入国)2項 イラク当局は、米軍基地kら直接的にイラクに入獄し、又はイラクから出獄する米軍人と軍属の名簿を点検し、確認する権利を持つ」

36ページの条文を見てください。日本は米軍基地から自国内に出入りするアメリカ人のチェックを最初から放棄しています。そのためCIAだろうがだれだろうが、日本医入獄し放題で、国内にアメリカ人が何院いるのかさえ、政府は全くわかっていないのです。以下に現在の日本は国際的にみて異常な状態にあるかわかります。つまりひとこと言えば、「現在の日本は、米軍位占領されていたイラクよりひどい状況にある」

(引用終わり)

(3)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・津市に東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。

次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

3)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

4)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

5)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

4)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

②5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

③5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

④5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

⑤6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」


*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.21(火) 12:00(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.21(火) 12時20分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.21
                                   
①安倍首相の靖国発言、詭弁と批判 韓国紙、米国立墓地比較で

2013年5月21日 共同・東京新聞

【ソウル共同】21日付の韓国主要紙は、安倍晋三首相が米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」のインタビューで、靖国神社参拝は米大統領が米国のアーリントン国立墓地を参拝するのと同様だと述べたとして、「侵略戦争を主導した戦犯が合祀されている宗教施設」と「内戦の戦死者が眠る国立墓地」を同列視するのは「詭弁だ」(朝鮮日報)などと批判した。

東亜日報は「靖国には国際社会が判決を下したA級戦犯が合祀されている」とし、「首相の参拝は過去の侵略戦争に国家が免罪符を与えると同時に、戦後の国際秩序を否定する行為だ」と主張した。

②イラクの死者95人に 相次ぐ爆発の被害拡大

2013年5月21日 共同・東京新聞

【カイロ共同】イラク各地で20日に相次いだ爆弾テロとみられる爆発の被害について、政府当局者は同日、死者は全土で少なくとも計95人に上ると明らかにした。AP通信が報じた。

主にイスラム教シーア派地区が標的にされており、国際テロ組織アルカイダ系のスンニ派組織などが関与している可能性が高い。イラクでは宗派間の対立が激化し、被害の拡大が続いている。

20日はバグダッドのシーア派地区で自動車爆弾が爆発し、48人が死亡。中部バラド近郊では、シーア派のイラン人巡礼者らを乗せたバスの近くで爆発があり、14人が死亡するなど、全土で被害が相次いだ。

(10)今日の国内情報:2013.05.21

①橋下氏が一転、取材対応

2013年5月21日 東京新聞

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は二十日、拒否すると表明していた記者会見以外の囲み取材に、一転して応じた。在日米軍に風俗業の活用を求めた発言に関し「米軍の性暴力が米国でも問題になってきた。結果が良ければそれでいい」と指摘。旧日本軍の従軍慰安婦に関する発言についても「落としどころは考えていない」と述べ、いずれも撤回しない考えを重ねて示した。

囲み取材をめぐり「このまま受けないというわけにはいかない。いろいろ理由をつけて再開しなければいけない状況になるぐらいだったら、早く再開してしまった方がいい」と釈明した。

風俗業活用発言に関し「オバマ米大統領も米兵の性暴力が重大問題だと言っている。大統領でさえ言っていることを、日本で問題にしないのはおかしい」と主張。

従軍慰安婦発言が批判を受けていることには「着地点の問題ではない。落としどころは考えていない」と強調。「日本人が意識を持つようになったので、いい方向に行けばいい。日韓関係がより熟していけばいい」と持論を展開した。

橋下氏は十七日、慰安婦発言をめぐり「揚げ足をとるのではなく、文脈でしっかり判断しろということだ」と述べ、立ち止まって質問に答える囲み取材に応じない考えを一方的に通告していた。

②待機児童ゼロ 横浜市長「熱意結集の結果、来年以降も」


2013年5月21日 東京新聞

認可保育所に入れない待機児童数が全国ワーストだった横浜市は、目標通り三年間でゼロを達成した。林文子市長は二十日、記者会見で「行政だけでなく、民間企業や大学も、事業所内や校内に保育施設を設置するなど、子どもを育てたいという市全体の多くの熱意が結集した結果」と強調した。(中沢誠、新開浩)

市によると、四月一日入所の申込者数は、四万八千八百十八人と、前年同期と比べて三千百十一人の大幅増となった。市は、民間の認可保育所を新設するなどして、認可保育所の定員を三千七百四十人増やし、受け入れ枠を拡大した。

保育所を新設すれば申し込みが増える「いたちごっこ」は悩ましい。市外から入所を希望する人も増えている。想定を超える申込者の伸びに、林市長は、「これまでは働きたくても(育児負担で)働けない人が多かった。今日がスタート。保育所の入所希望者も増えるだろう。来年以降もゼロを維持できるよう対策を取りたい」と決意を新たにした。

今後の課題は、保育の質。保育所の急増に伴い、保育士の確保が厳しくなっている。

四月に六十九園が新たに開所したことで、新たに必要な保育士は最低でも六百人に上る。市は「必要な数は確保できた」と説明しているが、ある認可保育所の男性職員は「保育士が確保できず、受け入れ枠を減らした保育所もある」と明かす。

市はハローワークなどと協力し、就職説明会で資格を持っている「潜在保育士」の発掘に努めており、二〇一一年度は三十四人、昨年度は八十五人の採用に結び付いた。

市は、国に対して保育士の待遇改善も訴えている。

③特養ホーム、内部留保は平均3億 厚労省調査

2013年5月20日 共同・東京新聞

社会福祉法人が運営する特別養護老人ホーム(特養)の内部留保の額は2012年3月末現在、1施設平均で3億1373万円に上ることが20日、厚生労働省の調査で分かった。11年3月末現在の調査では平均3億782万円で、ほぼ横ばいだった。21日に公表する。

調査は全国の6104施設を対象に実施し、約4割が回答。このうち内部留保に関し有効回答があった1662施設で平均額を計算した。

特養の内部留保については以前から「過大にため込んでおり、職員の給与アップに充てるべきだ」との指摘があるが、特養側は「施設建て替えなどに必要な経費だ」と説明している。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,221
前日訪問者数(IP): 1,155
トータル閲覧者数(PV): 7,497,926
トータル訪問者数(IP):2,970,442
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,425
前日のコメント数: 51
TV総視聴者数: 108,266
総コメント数: 10,431
**************************************

[2013/05/21 15:16] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
若者よ!憲法を改悪して「国防軍創出・徴兵制導入・海外派兵」をもくろむ安倍自民党を打倒する闘いに決起せよ!
■若者よ!憲法を改悪して「国防軍創出・徴兵制導入・海外派兵」をもくろむ安倍自民党を打倒する闘いに決起せよ!本日月曜日(5月20日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 77分 28病   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13084439



(1)今日のトピックス:
                                   
①昨日日曜日(5月19日)午後2時から「草の根勉強会 in 杉並&中野」5月例会がテーマ「とんでもない自民党憲法改正草案④」で12名の参加で開催されました。以下のURLで映像をご覧ください。午後6時からネット中継しました企業コンサルタント佐藤真言(まこと)さんの「YYNewsLiveインタビュー&トーク」と合わせますと視聴者数は現時点で2543名様となっております。

1)No1 2時間30分  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13033129



②昨日日曜日(5月19日)午後6時ー9時「粉飾・特捜に狙われた元銀行員の告白」の著者で企業コンサルタントの佐藤真言(まこと)さんをお招きしての「YYNewsLiveインタビュー&トーク」の映像です。映像は3つに分割されています。ぜひご覧いただき情報拡散をお願いいたします

1)No1  46分  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13045763



2)No2  60分  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13047998



3)No3  45 31  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/13050791



【佐藤さんの主な発言ポイント】

・日本の裁判は三審制だが一審が決定的に重要だ。

・佐藤さんの場合一審の弁護士の選定を誤った。東京地検特捜部長だった宗像弁護士と法学者二人が弁護を担当したがその方針は「事実を認め情状酌量を求める」だった。その結果一審、二審とも執行猶予なしの2年4か月の実刑判決だった。

・佐藤さんが薦める弁護士選定の3つのカギ

(1)ヤメ検弁護士は選ばない

(2)相談や打ち合わせに時間や時間帯や曜日の制限を設けない弁護士

(3)高額な裁判報酬を求めず被告の経済状況を考慮してくれる弁護士

・拘置所に拘留され孤立無援の状況の中では、検察官が唯一自分の主張を理解してくれる人と錯覚し自分に不利なことも「自白」してしまう。

③検察と裁判所は自らの権力犯罪である「でっち上げ冤罪」を隠ぺいするために名張毒ぶどう酒事件奥西死刑囚(87歳)の病死を願っている!

【新聞記事】

▲毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚が一時危篤…手術で持ち直す

2013年05月09日 毎日新聞
 
毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚が一時危篤…手術で持ち直す

毎日新聞 2013年05月09日 22時15分(最終更新 05月09日 23時41分)

名張毒ぶどう酒事件で第7次再審請求中の奥西勝死刑囚(87)の弁護団は9日、肺炎などで八王子医療刑務所に収容されている奥西死刑囚が2日夜、一時意識がもうろうとするなど危篤状態に陥り、9日に手術を受けたことを明らかにした。容体は持ち直したという。

鈴木泉弁護団長によると、奥西死刑囚は2日夕方、たんがのどに詰まるなどして、ほとんど自発呼吸ができなくなった。集中治療室に移して自発呼吸を促す措置をとるなどし、9日、肺に酸素を直接送るための管をのどに入れる手術をした。

鈴木団長は「持ち直したのは奇跡的という医師の説明だった。私たちが心配している最高裁決定前に命を落とす危険に直面した。最高裁は速やかに再審開始決定を出してほしい」と話した。特別面会人の稲生昌三さん(74)によると、3日に見舞った際には呼びかけに反応がなかったという。

奥西死刑囚は名古屋拘置所に収容されていたが、2012年5月に高熱を出して入院。同年6月に八王子へ移送され、点滴での栄養補給が続いている。

02年に始まった第7次再審請求は、最高裁が弁護団の特別抗告を認めれば再審が開始され、棄却すれば終結する。最高検は7月までに専門家の意見書を最高裁に提出する意向を示している。【稲垣衆史】

(転載終わり)

(2)今日のテーマ:(再掲)自民党憲法改正草案「第21条」:公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは認められない」は戦前の治安維持法そのもの!

▲【日本国憲法】

第二一条【集会・結社・表現の自由、通信の秘密】

1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

▲【自民党憲法改正草案 】   

(表現の自由)

第二十一条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。

2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。    

(3)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・日本の中小企業は、なぜ”粉飾決算”に手を染めざるを得ないのか?

・ついに東京地検特捜部が一般市民に刃を向けた!

・私は刑務所に入ることなどしていない!

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

3)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

4)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

5)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

4)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

②5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

③5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

④5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

⑤6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.20(月) 13:30(屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.20(月) 15時10分

0.046μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.20

①シリア 反政府勢力に一斉攻撃(アルジャジーラ )

シリアのアサド政府軍は19日、レバノンとの国境近くの町クサイルに一斉攻撃を開始し、反政府勢力を制圧したとしています。シリアをめぐっては、政権側と反政府勢力側の双方が参加する国際会議の開催に向けてアメリカとロシアで調整が進められています。アサド政権側としては、会議の前に戦況を有利にしたい狙いがあると見られています。

②オバマ氏支持率微増 CNN調査 53%、連続不祥事響かず

2013年5月20日 東京新聞

【ワシントン=竹内洋一】米CNNテレビは十九日、オバマ大統領の支持率は53%で、四月の前回調査(51%)から微増したとする世論調査結果をまとめた。日本の国税庁にあたる内国歳入庁(IRS)による不公平な税務審査など三つの不祥事は、支持率にほとんど影響していないことが明らかになった。

調査は十七、十八両日、全米の成人九百人余を対象に電話で行われた。IRS問題では、保守系団体を標的にした免税審査を71%が「容認できない」とする一方、ホワイトハウスは関与していないなどとする大統領の説明を61%が「信用している」と回答した。

AP通信の通話記録を秘密裏に入手した司法省の捜査、昨年秋のリビア・ベンガジ公館テロへの政権の対応をめぐってはいずれも過半数が「非常に重要な問題」と高い関心を示した。ただ、大統領個人の責任を問うまでには至らず、支持率は昨年十一月の再選直後(52%)と同じ水準を維持した。

(10)今日の国内情報:2013.05.20

①橋下氏発言「問題」75% 内閣支持率65% 世論調査

朝日新聞社が18、19日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は65%で、これまで最高だった3月と並んだ。一方、日本維新の会の橋下徹・共同代表による旧日本軍の慰安婦や、風俗業をめぐる発言については、75%が「問題がある」と答えた。
世論調査―質問と回答

安倍内閣の支持率は、前回4月は60%だったので、今回は上昇した。不支持率は今回は18%(前回19%)だった。

橋下氏の一連の発言については「大いに問題がある」は32%、「ある程度問題がある」は43%。「あまり問題はない」は15%、「まったく問題はない」は5%にとどまった。橋下氏の発言で維新の印象が「悪くなった」は50%。「変わらない」は44%で、「よくなった」は2%だった。

参院選の比例区投票先については、自民が49%(同46%)。この質問を始めた1月の40%と比べてみても、かなり増えている。対照的に、維新は今回、7%(同10%)。16%だった1月以降、下落が止まらず、8%(同6%)となった民主に初めて抜かれた。

安倍首相の政策については、経済政策に対する支持が依然として高い。経済政策を「評価する」は63%で、「評価しない」19%を引き離した。経済政策が「賃金や雇用が増えることに結びつく」は44%(同45%)で、「そうは思わない」の36%(同37%)より多かった。ただし、原子力発電所の輸出政策については、賛成30%、反対50%だった。

安倍内閣の閣僚が靖国神社を参拝したことについては「よかった」は48%で、「よくなかった」の37%を上回った。しかし、中国や韓国との関係改善について、安倍首相に「期待できる」は41%で、「期待できない」の42%とほぼ同じだった。

②原電、専門家に個別抗議 規制委調査

2013年5月20日 東京新聞

日本原子力発電(原電)が、敦賀原発2号機(福井県敦賀市)の真下に活断層があると認定した原子力規制委員会の調査チームの専門家たちに、「厳重抗議」と題した異例の文書を送りつけた。専門家からは「個人として抗議されるのはおかしい」など戸惑いの声が出ている。今後、各原発での活断層調査に当たる専門家への影響も懸念される。 (大村歩)

十七日、議論のやり直しを要請するため規制委を訪れた原電の浜田康男社長は「専門家はわれわれの意見をほとんど無視した。だから抗議文を送った」と報道陣に言い放った。

 専門家たちは規制委の依頼を受け、科学的なデータを基に断層が活断層かどうかを客観的に判断。その報告を基に、原発の運転を認めるのかどうかを判断するのは規制委。抗議するなら、その相手は規制委のはずだ。

原電は、評価に加わった五人の各専門家の宛名を書いた厳重抗議を規制委事務局に手渡した。

事務局は、原電への対応は規制委がするとのただし書きをつけ、専門家に郵送したという。

一方、受け取った専門家側は驚きと不快感を隠せない。

「非常に嫌な気持ちだ。われわれの結論をどう扱うかは規制委の問題で、個人宛てに出すのはおかしい」。京都大の堤浩之准教授はこう語る。東京学芸大の藤本光一郎准教授も「一般的な諮問会議とかでは、あり得ないのでは。いい気持ちはしない」と話した。

名古屋大の鈴木康弘教授は「審査された側が、審査に協力した外部の専門家に抗議文を押しつけるのはいかがなものか」と指摘。「研究者個人の勇気や使命感に頼った審査体制ではいけない」と規制委にも注文をつけた。

記者会見で、専門家が圧力を感じながら議論する問題点を問われた規制委事務局の森本英香次長は「科学的な観点で議論してもらうために、いい環境はつくっていきたい」と語ったが、具体策には触れずじまい。

こうした抗議が専門家への圧力となる可能性については「コメントを差し控えたい」と述べるにとどまった。

③国内でも乳がん予防の乳房切除 聖路加とがん研病院

2013年5月20日 共同・東京新聞

米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が受けたことで話題になった、乳がんを予防するための乳房の切除・再建手術について、聖路加国際病院(東京都)が病院内の倫理委員会で承認していることが20日までに分かった。がん研有明病院(同)でも早ければ月内に倫理委員会に申請する。

遺伝性乳がんに関する遺伝子「BRCA1」か「BRCA2」に変異が見つかり陽性だった人が対象。これまでは検診の強化で対応しているが、選択肢の一つとして予防切除をできる体制を整えることにしたという。現時点で切除の希望者がいるわけではないという。
④嫌韓デモで初の逮捕者、暴行容疑 東京・新宿

2013年5月20日 共同・東京新聞

警視庁新宿署は20日、東京・新宿であった在日コリアンの排除を掲げるデモで、対立グループのメンバーに体当たりしたとして、暴行の疑いで自称埼玉県熊谷市拾六間、元自衛官の無職赤井洋容疑者(47)を逮捕した。

デモは右派系グループ「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などが参加し、新宿、新大久保周辺で月に数回行われている。新宿署によると、一連のデモをめぐる逮捕者は初めて。赤井容疑者は「勢い余ってぶつかっただけ」と容疑を一部否認している。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 2746
前日訪問者数(IP): 981
トータル閲覧者数(PV): 7,494,705
トータル訪問者数(IP):29692,87
ネットTV放送[YYNewsLive,]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,751
前日のコメント数: 45
TV総視聴者数: 107,374
総コメント数: 10,328
**************************************
[2013/05/20 19:28] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
自民党憲法改正草案「第21条:公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは認められない」は戦前の治安維持法そのもの!
■自民党憲法改正草案「第21条:公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは認められない」は戦前の治安維持法そのもの!本日土曜日(5月18日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 67分 28秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12975276



(1)今日のトピックス:
                                   
①安部晋三は橋本徹と同じく「売春容認派」!

安倍首相は1997年に「日本の前途と歴史教育を考える会」事務局長をやっていた時に従軍慰安婦についてこう言っている。

「韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやってる。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいる」

【日刊ゲンダイ記事】

▲日和見右翼 安倍首相のヤバイ正体 安倍首相の過去の発言を全部検証

2013/5/16 日刊ゲンダ 掲載記事

彼が尊敬する祖父岸信介は米CIAの協力者として売国的政治家であり改憲は悲願の家訓であるらしい。

世界中が呆れた橋下徹・大阪市長の妄言に対し、安倍首相はきのうの国会で「まったく違う」と答弁した。安倍内閣の閣僚もいっせいに橋下発言を批判しており、「俺たちは違う!」と

必死なのだが、さあ、世間や世界はどう見るか。

安倍だって橋下と同じ穴のムジナではないか。

「従軍慰安婦は必要」という橋下レベルではないにせよ、過去の歴史を直視せず、アジア諸国に謝罪することを「屈辱」「国辱」とみなしている点はソックリだろう。

侵略を認めず、慰安婦の強制連行も否定し、その“勇ましさ”を売り物にする政治家。それがこれまでの安倍だったし、これは再登板後もちっとも変わっちゃいないのだ。

だから、橋下発言を報じる世界のメディアはこう書いた。

〈日本の政治家たちの妄言が絶えない〉(韓国MBC)、〈日本政界の妄言がここまでひどいかという水準だ。侵略否定の妄言に続き、今回は極言が飛び出した〉(韓国KBS)、〈橋下発言は(日本の過去の戦争を美化する)一連の日本人政治家の発言に続くものだ〉(ニューヨーク・タイムズ)

橋下発言は、安倍や彼の“お友達”の言動とセットで報じられ、「一連の動き」と見られたのである。

◆世界は安倍と橋下を同一視

それも無理なくて、安倍はインタビューで「村山談話と河野談話を見直す」趣旨の発言をしているし、参院予算委員会では「(村山談話を)安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と明言した。

安倍シンパの高市政調会長は「侵略という文言を入れている村山談話はしっくりきていない」「国家観、歴史観については安倍晋三首相自身、(歴代政権と)違った点もある」とまで言い切っている。加えて、麻生副総理ら複数の閣僚が靖国参拝し、主権回復の日の式典では「天皇陛下万歳」などとやったものだから、世界中が驚いた。とりわけ、中国、韓国は怒り、米国も呆れた。

そこに橋下妄言が重なったわけで、こりゃ、いくら安倍が火の粉を振り払おうとしても無駄だ。世界は2人を一緒に見る。何ちゅう政治家、何ちゅう国だ、と驚く。「国辱モノ」というなら、

こちらの方がよっぽど「国辱モノ」である。

◆日本は奇異の目で見られ孤立の道へ 元外交官の天木直人氏はこう言う。

「安倍首相の歴史認識に対して、米議会調査局は今月1日、報告書を作成、安倍氏が〈日本の侵略の史実を直視することを拒否する歴史観を持っている〉ことを問題視、〈韓国や他の国々と日本の関係を傷つける動きだ〉と批判しました。ところが、安倍首相は『米議会の公式見解を示したものではない』として、きちんと受け止めなかった。まったく、事態の深刻さが分かっていないと思います。世界中が安倍氏の歴史観を奇異な目で見ているのです。橋下氏も同じで、そんな政治家が権力を握っている日本は危険で特殊な国だと思っている。安倍首相がいくら橋下氏と自分は違うといっても、自民党総裁選に勝つ前は橋下氏との連携を模索していたじゃないですか。総理就任後も憲法改正のパートナーとして、維新の会の協力を得ようとしている。歴史を直視できない政治家が幅を利かせている日本は世界の中で孤立化していくと思います」

〈橋下はバカ!〉で済む話じゃないのである。

◆ぶっ飛んだ安倍の歴史観を示す妄言の数々

実際、安倍のおかしな歴史観を示す過去の発言を列挙するとキリがない。安倍は若い頃、「日本の前途と歴史教育を考える会」の事務局長をやっていて、1997年に従軍慰安婦についてこう言っている。

「韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやってる。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいる」

橋下もぶっ飛ぶ売春容認発言だ。ロクに調べもせず、「慰安婦だと(賠償)要求をしている人たちの中には、明らかにウソをついている人たちがかなりいる」と決めつけたこともある。当事者はTVに出て証言しているのに、安倍は根拠も示さず、ウソだと言う。あまりにも乱暴な物言いが話題になった。

官房副長官時代は「原子爆弾だって問題ないですからね、憲法上は」「日本は非核の原則がありますからやりませんけども、戦術核を使うことは昭和35年の岸(信介)総理答弁で、違憲ではない、という答弁がされている」と言ったこともある。

これには専門家も仰天して、「いつから憲法で核武装が認められたのでしょうか。少なくとも私は聞いたことがない。きちんとした説明が欲しいものです」と九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)は目をむいていた。

◆「君が代をみんなで歌いましょう」

もちろん、こんな安倍だから、「自衛隊が海外で活動することをためらいません」と公言。これがまた東アジアから警戒されているのだが、もうひとつ、安倍の発言の特徴はアナクロというか、前時代的な美意識や思想信条を押し付けることだ。何が「美しい」か、何が「誇り」かは個人の勝手だ。しかし、安倍は自分のそれを教育改革を通じて押し付けようとする。余計なお世話だと言いたくなるが、前政権でも「美しい国」を連呼、「日本人は恥を知る国民だ」「日本人として生まれたことに誇りを持てる日本にする」とアホみたいに強調していた。

「教育現場では単に『国歌は君が代です』とだけ教えて合唱もさせずに授業を終わらせてしまう無責任な教師もいる。誇らしく君が代を合唱しようじゃありませんか」(2009年6月)と言い、「美しい人づくりを目指す」とも言った。

今度は「美しい国」を「瑞穂の国」と言い換えているだけで、ホント、危なっかしいったらありゃしない。

◆安倍に流れている米国ベッタリのDNA

しかし、それじゃあ、安倍が信念を持った保守政治家であり、バリバリの右翼なのかというと、ちょっと違う。TPPが象徴だが、「君が代を歌いましょう」と言う一方で、米国には擦り寄り、
国を売るようなことを平気でやるからだ。

安倍の祖父・岸信介はCIAのエージェントだったとされる。ニューヨーク・タイムズ記者でピュリツァー賞を受賞したティム・ウィナー氏が〈岸信介はCIAの助けを借りて日本の首相となり、与党の総裁になった〉と暴露した。

著者はアル・ウルマー元CIA極東部長ら関係者300人以上に話を聞き、資料を揃えた。つまり、これは歴史的事実なのだが、この血が安倍に引き継がれている。その岸は「もう一遍私が総理になって、憲法改正を政府としてやりたい」と言ってたらしい。安倍は、その意思を受け継いでいる気かもしれないが、引き継いだのは売国奴的な血の方じゃないか、とも言いたくなるのだ。

橋下の人権感覚、国家観、歴史観もおかしいが、安倍のそれも歪んでいる。いびつな保守、異様な保守、偏った保守、米国とアジアで使い分ける保守。そんなところだ。だからこそ、よけいに安倍の言動、

妄言はグロテスクで、世界から奇異に見られるのである。

政治評論家の野上忠興氏は「安倍首相の保守は、ちょっと調子がいいところがある。保守は彼の信念というより、売り物に見えるときがある。自民党関係者の中にも『安倍さんは口先右翼』と言う人がいますね」と言った。

信念ではなく、政治活動の道具としての保守。卑しい保守だ。だとすると、米国にはシッポを振り、東アジアには高飛車なのもよく分かる。岸の血が透けて見えるが、肝心の米国は安倍の二面性を警戒し、危険視している。恐らく、卑しい性根を見透かされているのだろう。

アベノミクスに浮かれている安倍は、株さえ上げておけば、万事、うまくいくと思っているのかもしれないが甘すぎる。国際社会は完全にドン引きだし、他の日本人も安倍や橋下と同じように見られているのだから、やりきれない。

(転載終わり)

(2)今日のテーマ;自民党憲法改正草案「第21条」:公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは認められない」は戦前の治安維持法そのもの!

▲【日本国憲法】

第二一条【集会・結社・表現の自由、通信の秘密】

1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

▲【自民党憲法改正草案 】   

(表現の自由)

第二十一条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。

2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。

(4)今日の推薦本:

1)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

2)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

・「免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には一日5000このがbb細胞が生まれている。デモ免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれる」・・・。免疫力さえ上がれば、がんを何とかできると錯覚させる、「見てきたようなウソ」が広がっています。

3)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

・「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」

・「がん検診は百害あって一利なし」

・「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」

4)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。

・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。

・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。

・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。

・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

5)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

・中小企業のために、まだできることがあるはずだ

・私は刑務所に入ることなどしていない!

6)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

・地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

②5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

③New!5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

④New!5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

⑤New!5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

⑥New!5月31日(金)午後5時30分ー8時生田暉雄弁護士講演会「改憲に抗するために、すべきことは何か」参議院議員会館一階 。日本国憲法の特徴的理念である「主権在民」と「請願権」を中心に話されます。

⑦New!6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.18(土) 12:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.18(金) 12時00分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.18

①NGOが橋下氏発言批判 国連の拷問禁止委会合

2013年5月18日  共同・東京新聞

【ジュネーブ共同】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会と非政府組織(NGO)との17日の会合で、日本のNGOが従軍慰安婦は必要だったとの日本維新の会共同代表、橋下徹大阪市長の発言を批判し、21、22の両日に行われる委員会の対日審査で取り上げるよう求めていたことが分かった。

NGO側は在日米軍に風俗業の利用を勧めた橋下市長の発言にも言及。「安倍政権は慰安婦などに関する同様の発言が繰り返されないよう対策を取るべきだ」と要望した。出席したNGOは慰安婦問題を扱う「女たちの戦争と平和資料館」(東京)やアムネスティ・インターナショナルなど。

②シリア難民150万人超 国内避難民も425万人

2013年5月17日 共同・東京新聞

【ジュネーブ共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は17日、内戦が続くシリアから周辺国などに逃れた難民が150万人を超えたと発表した。今年に入ってからの約5カ月間で100万人近く増加した。

150万人は難民登録をしたか、登録を待っているシリア市民の数で、実際の難民はこれより多いとみられる。国内で戦闘などにより住居を追われた市民の数も約425万人。

15日現在の難民の総計は151万5千人余り。シリアの南部に隣接するヨルダン、西部に隣接するレバノンへ逃れた難民はそれぞれ約47万人。北部に隣接するトルコは35万人近くを受け入れている。

③米、天然ガス対日輸出解禁 中部電、大ガス向け

2013年5月18日  共同・東京新聞

【ニューヨーク共同】米エネルギー省は17日、自由貿易協定(FTA)を結んでいない日本などへの液化天然ガス(LNG)の輸出認可を発表した。中部電力と大阪ガスが参画する米フリーポート社(テキサス州)の計画が対象で2017年にも対日輸出が始まる見通し。次世代エネルギーと期待されるシェールガスを含む安価な米国産ガスが日本に入ってくることになる。

原発停止や円安による輸入エネルギー価格の高騰に悩まされている日本は、LNG輸出解禁を再三にわたって米国に求めていた。日本のエネルギー調達や電力政策の今後に大きく影響しそうだ。

(10)今日の国内情報:2013.05.18

①みんなの党 参院選協力を凍結

2013年5月18日 東京新聞

みんなの党の渡辺喜美代表は十七日の記者会見で、日本維新の会の橋下徹共同代表の慰安婦発言に反発し、夏の参院選で進めてきた維新との選挙協力を解消することもあり得るとの考えを表明した。浅尾慶一郎政調会長に同日、政策協議を凍結するよう指示。「凍結が解除されない場合には、選挙協力もご破算になる」と述べた。

維新とみんなは選挙区で競合しないよう候補者を一本化してきたが、渡辺氏は維新に譲った選挙区で対抗馬を出す可能性に関し「あり得る」と明言した。

維新の国会議員団は、橋下氏が在日米軍に風俗業活用を促したことを「不適切だった」とした見解を示したが、渡辺氏は「党代表の発言は重い。個人的な発言は党見解ではないというのは通用しない」と批判。凍結解除の条件では「総合判断。具体的な前提は置いていない」と述べた。

一方、橋下氏は十七日、記者団に「仕方がない」と語った。維新幹事長の松井一郎大阪府知事は「政策の基本合意はしており、ふに落ちない」と再考を求める意向を示した。

②「韓国人売春婦、うようよ」 維新・西村議員が暴言 党除名へ

2013年5月18日 東京新聞

日本維新の会の西村真悟衆院議員は十七日の党代議士会で、橋下徹共同代表の従軍慰安婦発言に関連し「韓国人の売春婦が日本にうようよいる」「大阪の繁華街で『おい韓国人、慰安婦やろ』と言ったらいい」と述べた。西村氏は直後に発言を撤回し、離党届を提出。党執行部は受理せず、除名する方針だ。

西村氏は代議士会で橋下氏の発言について「(海外で)慰安婦がセックススレイブ(性的奴隷)と転換されているので、これが国際的に広がれば反日暴動、謀略が成功しかねない。反撃に転じた方がいい」と擁護した。

代議士会でも反発の声が出たため、西村氏は終了後に記者会見し「韓国の国名を挙げたのは少々不穏当だった」と発言を撤回。会派離脱届と衆院海賊対処特別委員長の辞任届も出した。

橋下氏は十七日夜、西村氏の発言について記者団に「(衆院選の候補を選ぶ)最終責任は私。候補を見る目がなかった」と陳謝。自らの発言との関係では「全く違う。僕は韓国、慰安婦を侮辱する意図は全くない」と説明した。幹事長の松井一郎大阪府知事は「党として議席を返してほしい」と議員辞職を促した。

    ◇

衆院会派「日本維新の会」は十七日中に西村氏の会派離脱を衆院事務局に届けた。衆院会派別の新勢力分野は次の通り。

 自民党二九四▽民主党・無所属クラブ五六▽日本維新の会五三▽公明党三一▽みんなの党一八▽共産党八▽生活の党七▽社民党・市民連合二▽無所属一一

③医師が宅間元死刑囚の鑑定書出版 池田小事件、心理詳述

2013年5月18日 共同・東京新聞

2001年6月に発生した大阪教育大付属池田小の校内児童殺傷事件で、宅間守元死刑囚(04年執行)を精神鑑定した医師が近く、鑑定書のほぼ全文を掲載した一般書を出版することが17日、分かった。「自分の命は何十万人の命より重たい」「(亡くなったのが)8人程度で(死刑は)割に合わない。納得できへん」などの生々しい言葉が記されている。

鑑定医が鑑定書そのものを出版するのは、01年に幼女4人連続誘拐殺人事件の宮崎勤元死刑囚の例がある。しかし03年の個人情報保護法施行後はないとみられ、波紋を広げそうだ。

著者は京都府立洛南病院長だった岡江晃氏(66)。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,079
前日訪問者数(IP): 1,153
トータル閲覧者数(PV): 7,489,153
トータル訪問者数(IP):2,967,250
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1864
前日のコメント数: 52
TV総視聴者数: 105,486
総コメント数: 10,209
**************************************
[2013/05/18 14:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
経産省前の「反原発テント村」に対して経産省と警察が一体となって露骨な弾圧を仕掛け一人が逮捕された!
strong>■経産省前の「反原発テント村」に対して経産省と警察が一体となって露骨な弾圧を仕掛け一人が逮捕された!本日金曜日(5月17日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  66分 44秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12934001



(1)今日のトピックス:
                                   
①昨日木曜日午前10時半から東京地裁409号法廷で「ツイッター名誉棄損損害賠償訴訟」第三回弁論が開かれました。弁論の後12時から日比谷公園内のレストランのテラスで被告の中川かおりさんへの「YYNewsLiveインタヴュー&トーク」をネット中継しました。現時点での視聴者数は1296名様です。ぜひご覧いただきそして情報拡散をお願いします。

1)No1 39分 44秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12895986



【訴訟のポイント】

・この裁判は、日本橋に本店のある「Kizuカイロプラクテイス」http://www.kizuchiro.com/の木津昭院長が7年間通い計140万円以上の「施療費」を払ったが一向に症状が改善せず逆に昨年10月1日に受けた「検査」で症状が悪化しその後2か月寝たきりの状態に陥った患者中川かおりさんが木津昭院長の不誠実な対応を批判しこの間の経過をつぶやいた300通のツイッターに対して「名誉棄損」にあたるとして1260万円の損害賠償を中川さんに対して請求した裁判です。

・長年通ってた患者のクレームや不満に対して誠実に対応せず、一般人には到底払いきれないほどの金額の賠償金を請求する訴訟を突然起こした「Kizuカイロプラクテイス」木津昭院長の行為は「高額恫喝訴訟=スラップ」そのものだと思われます・

・原告の訴訟代理人は元検事の落合洋司弁護士、被告側の訴訟代理人は大口昭彦弁護士と上杉崇子弁護士です。

②経産省前の「反原発テント村」に対して経産省と警察が一体となって露骨な弾圧を仕掛け一人が逮捕された!

▲「5・10弾圧に対する抗議声明」

2013年5月15日 救援連絡センター

5月10日、丸の内署は経産省前テントひろばスタッフであり、救援連絡センターの古くからの仲間であるBさんを「暴行」容疑で「現行犯」逮捕したと発表した。

しかし、Bさんにその事実はない。ことの発端は経産省側の執拗で強引な人権侵害行為にある。いやがるBさんを、経産省職員は無礼にもビデオカメラで撮り続けた。

そうした人権無視行為に対して、肖像権を保護すべく対応したBさんに、経産省職員は事前に練習した如く過剰に反応し、警察に通報した。通報に対して、警察は大挙して押し掛け威圧した。すでに、事もなく事態は納まっていたのである。

しかし、警察は、Bさんに任意での事情聴取を持ち掛け、丸の内署に呼出して、だまし討ちのごとく逮捕した。

これらは、この間の経産省前テントをめぐる攻防に係わることであり、警察と経産省で連携した弾圧策動としてなされたことは明らかである。

東京地方検察庁は、警察の付けた「暴行」容疑だけでは勾留請求するには薄弱だと考え、ビデオカメラについて「器物損壊」容疑も付け加えたと思われる。

Bさんは、「暴行」も「器物損壊」もしていない。無実である。

ことの原因は、経産省側にある。卑劣な経産省前テントへの弾圧は許されない。

任意の事情聴取と呼出して逮捕してだまし討ちした警察の汚いやり方は許されない。 

救援連絡センターは民衆の権利としてある社会運動、抗議行動への国家権力の人権侵害行為に対して、満腔の怒りをもって抗議する。

警察は弾圧を止めろ!Bさんを即時釈放せよ!

経産省?警察の連携した弾圧策動はやめろ!

経産省は、「明渡訴訟」と連動した挑発行為を止めろ!

(転載終わり)                        

(2)今日のテーマ:憲法99条「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の         公務員はこの憲法を尊重し擁護する義務を負う」の本来の意味。

自民党は昨日16日の衆院憲法審査会で憲法99条の規定「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」の文言の代わりに「すべての国民」へと変更することを主張しましたがほかの6党が現行条文を維持すべきだと反対しました。

憲法99条は「現行憲法を尊重し擁護する義務を負う」のは、憲法という最高法規を実際に権力を持ってあらゆる面で執行するすべての公務員であると規定しています。なぜならは憲法の条文を具体化するのは国民に委託された政治家と公務員だからです。

もしも自民党が主張するように「すべての国民はこの憲法を尊重し擁護する義務を負う」と変更するらば憲法を実際に執行するのが「政治家」や「公務員」ではなく「国民」となり文字通り「主権在民」そのものの社会となrことを意味します。安倍自民党が前のめりで実現しようとしている「天皇主権の大日本帝国憲法」の社会とは真逆の社会となり全く矛盾することになります。

「憲法改悪」を目指す安倍自民党内閣にとってこの憲法99条の改正は憲法96条の「議会の憲法改正発議条件」の改正以上にハードルが高くとうてい乗り越えられないでしょう!

▲【日本国憲法第九十九条】

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

【新聞記事】

▲「憲法尊重、国民の義務に」自民、99条改正を主張

2013年5月17日 朝日新聞

衆院憲法審査会は16日、天皇、国務大臣、国会議員と公務員に憲法尊重擁護義務を課した99条について議論した。自民党は尊重義務の対象を「国民」すべてに広げるよう主張した。ほかの6党は現行条文を維持すべきだとの考えを示した。

自民党は憲法改正草案で「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」と明記した。国会議員や国務大臣、公務員は「擁護義務を負う」とした。審査会で同党の保岡興治氏は「憲法制定権者である国民も憲法を尊重するのは当然だ」と主張。船田元氏は「国民の行為規範を一定限度、明記することも憲法の一つの役割だ」と語った。

だが、みんなの党の小池政就氏は「国民の尊重擁護義務は倫理的責務にとどまる。法的義務として規定することはない」と現行条文の維持を主張した。生活の党の鈴木克昌氏も「国家権力をしばり、国民の権利を保障する立憲主義の観点から、国民が対象とされないのは当然」と指摘した。

改憲に慎重な議員からは、安倍晋三首相が憲法改正を訴えること自体が99条の憲法尊重擁護義務に反するとの声が上がった。

共産党の笠井亮氏は「憲法尊重擁護義務を負う首相が『改憲するんだ』と宣言して、(6年前の)参院選で厳しい審判を受けたことを肝に銘じる必要がある」と牽制(けんせい)した。民主党の辻元清美氏も「憲法を最も守らなければいけない首相が特定の条項について改正を推進することを平気で言う。為政者が(憲法尊重擁護義務を)理解していない結果、憲法改正を提案していくことは立憲主義の危機」と批判した。

これに対し、自民党の土屋正忠氏は「職務権限を行使する際に憲法違反をしてはならないという規定であって、政治家として意見を開陳するのは当然」と反論した。

(4)今日の推薦本:

1)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

2)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

【内容紹介】転載

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

(転載終わり)

3)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

【内容紹介】転載

NHK-BS1「世界のドキュメンタリー」で放送決定!

オリバー・ストーンが本シリーズで明かすアメリカの衝撃の素顔とは……
・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。
・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。
・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。
・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。
・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

◎本書への賛辞 本書においてオリバー・ストーンとピーター・カズニックは、ここ数十年にわたるアメリカの外交政策に容赦ない批判を浴びせる。明らかにすべき点は少なくない。こうした再評価が行なわれるのは、いまや避けられない趨勢だ……問うべきは、アメリカは「アメリカの平和」を取り締まる警察の役割を選ぶ――そこからは災厄しか生まれない――のか、それとも、他国と協調してより平和で公正な、そして持続可能な未来をめざすのか、ということだ。
――ミハイル・ゴルバチョフ前ロシア大統領

「理想主義を掲げたウィルソン大統領は、革命嫌いの人種差別主義者だった」
「第1次大戦後にドイツに課された莫大な賠償金は、モルガン家の利益を増やすため」
「アメリカの大企業はこぞってナチスに資金援助していた」
「日本への原爆投下はソ連を牽制するためで、軍事的な意義や正当性などない」……

歴史上、ファシストや全体主義者を打倒したアメリカには、「自由世界の擁護者」というイメージがある。しかし、それは真の姿だろうか? 2度のアカデミー賞に輝く、過激な政治的発言でも知られるオリバー・ストーンによれば、それは嘘だ。じつはアメリカはかつてのローマ帝国や大英帝国と同じ、人民を抑圧・搾取した実績にことかかない、ドス黒い側面をもつ「帝国」なのだ。その真実の歴史は、この帝国に翳りの見えてきた今こそ暴かれねばならない。
最新資料の裏付けをもって明かすさまざまな事実によって、全米を論争の渦に巻き込んだ歴史大作。(全3巻)

(転載終わり)

4)近藤誠著「大学病院が患者を死なせるとき」(講談社α文庫¥840)

【内容紹介】転載

大学病院の医師として30年、「白い巨塔」の驚くべき真実!!

大学病院の権力構造に翻弄される患者たち、偽りに満ちた医療現場。
だから私の戦いは終わらない! 医学界を相手に孤独な戦いを続ける現職医師の告発物語!

「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」「がん検診は百害あって一利なし」「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」……。日本の医療常識に真っ向から対立する論文を次々と発表し、医学界を驚愕させてきた一人の医師。開業医の子として生まれたエリート医師が、いかにして革命・真実の道を歩み始めたのか。大学病院を舞台に、たった一人で医学界の常識や権力構造と戦いつづける医師の、壮絶なる闘争物語!
内容(「BOOK」データベースより)
「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」「がん検診は百害あって一利なし」「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」…。日本の医療常識に真っ向から対立する論文を次々と発表し、医学界を驚愕させてきた一人の医師。開業医の子として生まれたエリート医師が、いかにして革命・真実の道を歩み始めたのか。大学病院を舞台に、たった一人で医学界の常識や権力構造と戦いつづける医師の、壮絶なる闘争物語。

(転載終わり)

5)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

6)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

②5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

③New!5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

④New!5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

⑤New!5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

⑥New!6月2日(日)午後2時―5時【若者討論会】6月例会。テーマ「「保障されている権利を学ぼう!②」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

*10代、20代の「若者」が中心ですがそれ以外の「若者」も是非ご参加ください。

参加ご希望の方はお名前、ご住所、電話番号を下記宛にメールでお知らせください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp   

会場:ルノアール新宿横店2F7号室

東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル
03-3209-6175

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@\1000

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.17(金) 12:30 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.17(金) 12時00分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.17

①橋下氏発言は「言語道断で不快」 米報道官が初批判

2013年5月17日 共同・東京新聞

【ワシントン共同】米国務省のサキ報道官は16日の記者会見で、従軍慰安婦は必要だったとした、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による発言について「言語道断で不快だ」と非難した。

橋下市長の発言をめぐっては、在日米軍に風俗業者の利用を求めたことに絡んで米国防総省のリトル報道官が、米軍が買春を拒否するのは「言うまでもない」と述べていたが、米政府当局者が公式の場で正面から批判したのは初めて。

サキ報道官は従軍慰安婦について「性を目的に人身売買された女性たちの身に起きた出来事は嘆かわしく、とてつもなく重大な人権侵害であることは明白だ」とも指摘した。

②米軍で性犯罪スキャンダル急増(ABC )

アメリカ陸軍の基地で、性犯罪予防を担当していた軍曹が部下に性的暴行を加えた容疑で捜査されていることが明らかになりました。売春を強要した疑いもあるということです。アメリカ軍では先週、空軍の性犯罪対策部門の責任者が性的暴行容疑で逮捕されていたことが発覚したばかりです。軍では、何時間もかけて兵士を教育していますが、性犯罪は過去2年間で35パーセントも増加しています。ヘーゲル国防長官は、性犯罪予防を担当する数千人のスタッフを一から再訓練するよう命じましたが、議会からは、訓練だけでは効果がなく、起訴して有罪にし、追放する必要があるという声も上がっています。

③欧州マイナス成長 仏も景気後退(F2 )

ヨーロッパ17か国のことし第1四半期のGDP・域内総生産の伸び率は、前の3か月と比べてマイナス0、2%にとどまり、統計をとり始めて以来もっとも長い6期連続のマイナス成長となりました。国別では、ユーロ圏随一の経済大国ドイツが前の期のマイナスからプラス0、1%に転じたものの、経済規模が2番目のフランスはマイナス0、2%と2期連続のマイナスとなり景気の後退局面に入りました。

(10)今日の国内情報:2013.05.17

①橋下氏発言 「人権感覚ない」

2013年5月17日 東京新聞

野党の女性議員有志十一人が十六日、日本維新の会共同代表の橋下徹共同代表の従軍慰安婦発言などに抗議する記者会見を国会内で開いた。橋下氏はこの日、慰安婦を容認したわけではないなどと釈明したが、女性議員らは橋下氏に政界引退を突き付けるなど怒りは収まらなかった。

沖縄選出の糸数慶子参院議員(無所属)は、沖縄に約百四十カ所の慰安所があったとする調査結果を挙げ「生きている元慰安婦の人がいるのに許せない」と憤った。

民主党の辻元清美衆院議員は「グローバルな人権感覚がないことを世界に知らしめた」と橋下氏を批判。生活の党の森裕子代表代行は「時代錯誤も甚だしい妄言で許せない」と語り、社民党の福島瑞穂党首は「公党の党首、大阪市長として適任なのか」と訴えた。

出席議員の追及は、安倍晋三首相の歴史認識をめぐる一連の発言にも波及。みどりの風の谷岡郁子代表は「橋下氏のようなひどい発言が出ると穏健であるかのように見えてしまうが、世界からはおかしな国だと見なされる」と懸念を示した。

他の出席者は以下の通り=敬称略。(衆)は衆院、(参)は参院

【民主】菊田真紀子(衆)、郡和子(衆)、蓮舫(参)、林久美子(参)【生活】小宮山泰子(衆)【共産】田村智子(参)

②橋下氏「占領期、米は日本人女性活用」 米の非難に反論

2013.05.17 朝日新聞

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は17日午前、自らのツイッター投稿で、戦時中の旧日本軍慰安婦を「必要だった」などとした自らの発言を米政府当局者が「言語道断で侮辱的」と非難したことに対し「アメリカの日本占領期では日本人女性を活用したのではなかったのか。戦場での性の対応策として、女性を活用するのは言語道断だ」「日本の慰安婦活用を正当化することは許されない。しかし、日本だけを特別に非難するのはアンフェアだ」と反論した。

橋下氏のこれまでの発言

橋下氏は、沖縄での米兵による性犯罪問題を念頭に「米軍には日本の安全保障に貢献してくれていることに感謝している。しかし、少数の米兵の行状により沖縄県民の人権が蹂躙(じゅうりん)される事態が生じる。日米の信頼関係が一気に崩れる。アメリカは日本の沖縄県民の人権をもっと直視すべきだ」と指摘。「多くの女性の人権を蹂躙したのは、日本だけではない。米軍が日本の占領期に特に沖縄女性に何をしていたのか、直視すべきだ」と書き込んだ。

従軍慰安婦問題についても「アメリカも、世界も、日本の慰安婦だけを取り上げて、日本だけが性奴隷を活用していた特殊な人種と批判する。これは違う」と主張。「僕は女性の人権をさらに高めていくことに大いに賛成だ」とも書き込んだ。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,002
前日訪問者数(IP): 1,111
トータル閲覧者数(PV): 7,486,074
トータル訪問者数(IP):2,966,097
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,392
前日のコメント数: 10
TV総視聴者数: 104,834
総コメント数: 1,0134
**************************************
[2013/05/17 20:31] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ファシスト橋下徹をここまで増長させた最大の責任は世論誘導してきた大手マスコミだ!
■ファシスト橋下徹をここまで増長させた最大の責任は世論誘導してきた大手マスコミだ!本日水曜日(5月15日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 70分 49秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12861429



(1)今日のトピックス:
                                   
①昨日火曜日(5月14日)午後12時20分よりライブ中継しました【YYNewsLive特別編・山梨県北杜市大泉町ギャラリーCafe徒然草にて】大津久郎さん、村本美佳さん、中森友一さん、テーマ「自然農法」「化学物質過敏症」「ぶつぶつつぶやき集」など」の録画をぜひご覧ください。現時点での視聴者数は2916名様です。

1)No1 87分 11秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12825868#



②大津久郎さん「自然農法入門①」も合せてご覧ください。



大津久郎さん「自然農法入門①」

③大阪市民は「従軍慰安婦は必要だった」「在日米軍は風俗業活用を」などと暴言を繰り返す橋下徹大阪市長を即刻罷免せよ!
ファシスト橋下徹をここまで増長させた最大の責任はこれまで情報操作で世論誘導してきた大手マスコミにある!

▲【新聞記事】

橋下氏の慰安婦発言に抗議殺到 市民、中国総領事も

2013年5月15日 共同・東京新聞

日本維新の会共同代表である橋下大阪市長の「従軍慰安婦は必要だった」「在日米軍は風俗業活用を」などとの発言に対し、市役所への市民らの抗議が殺到している。在大阪中国総領事館は「驚くとともに怒りを覚える」と申し入れた。

市によると、13日夕方、領事が国際課に電話で「女性を強制的に慰安婦にしたことは罪。正当化する発言に怒りを覚える。政治家として、市長として、歴史を正しく認識していただきたい」と劉総領事の言葉を伝えた。

市広聴担当課によると、市民らの電話やメールでの意見は、15日午前9時までに計289件に上り、否定的な声が大半。その後も増え続けているという。

(転載終わり)

▲【関連ブログ記事】

1) 大阪府民が橋下氏を勝たせたのはドイツ国民がヒットラーを勝たせたのと同じ!2011-11-29

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/e9016d952b1f6470fb1d0dd8c26b7d49

大阪府民が橋下氏を勝たせたのはドイツ国民がヒットラーを勝たせたのと同じ

2)大阪府民200万は橋下徹氏の「大嘘」に騙されて投票した!2011-11-30

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/15839d581638b24e00aafa06c814440d

大阪府民200万は橋下徹氏の「大嘘」に騙されて投票した

3)橋下大阪市長の[ベーシックインカム]は北朝鮮の[食糧配給制度]と同じ国民支配の道具となる!2012-03-04

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/535385fa321d128bfa130e0096b5a823

橋下大阪市長の[ベーシックインカム]は北朝鮮の[食糧配給制度]と同じ国民支配の道具となる!

④オリバー・ストンが語る「もう一つのアメリカ史」のオリジナル英文は「The Untold History of the Unitede Staates」である。正確な日本約は「語られて来なかったアメリカ史」だ。これは独占放送権・著作権を持つNHKの情報操作・世論誘導の一環ではないのか?

(2)新企画:今日の詩

子供には
友達に勝つことを
教えてはいけない
友達に
助けてもらえる
人間になるように
育てたいものです

中森友一詩版画「ぶつぶつ つぶやき集」より

★ギャラリーCafe 徒然草

山梨県北杜市大泉町谷戸2078
tel:0551-45-7130
10時ー夕方 水、木定休

(3)今日のテーマ:リンカーンは人種差別者だった!

5月13日付け朝日新聞朝刊「文科の扉歴史編」の「リンカーンは人種差別者だった?」というタイトルの興味深い記事が掲載された。リンカーンは南北戦争に勝利して連邦の解体を防ぐために戦争の継続が必要だった。戦争継続の大義名分としてリンカーンは「奴隷制廃止」を掲げたのでありもともと「奴隷制廃止」が目的ではなかったのだ。

現在上映中のスピルバーグ監督の映画「リンカーン」では「奴隷解放」の目的のために南北戦争を闘った英雄としてリンカーンを描いているが事実は逆なのだ。

▲映画「リンカーン」オフィシャルサイト

http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie/

【記事冒頭部分】転載

▲(文化の扉 歴史編)人種差別主義者だった? リンカーン

人種差別主義者だった? リンカーン

「奴隷解放の父」と言われ、そのために南北戦争を戦い抜いたとされる第16代米大統領、エイブラハム・リンカーン。だが実際は、人種差別的な見方から抜け出すことができなかった。

リンカーン(1809~65)は、米ケンタッキー州で生まれた。郵便局長などの職を転々とし、イリノイ州議会議員に。一時、弁護士となるが、60年に共和党の大統領候補指名を受けて選挙戦を勝ち抜き、第16代の米大統領に就任した。
 だが、奴隷解放論者であるリンカーンの就任は綿花栽培で奴隷を必要とした南部の諸州を硬化させる。サウスカロライナ州などがアメリカ合衆国連邦から脱退。…

▲【1858年のリンカーンの演説】

1)私は現在もこれまでも、白人と黒人の社会的・政治的平等をもたらすことを好んだことはない。

2)私は、白人にあたえられている優等な地位を、保持することえお好んでいる。

3)だが、白人の優等な地位は「黒人たちのすべてが、否定されて良い」ということにはならない。

4)戦争の目的は連邦の保持であって、奴隷制の存続か破壊化ではない。

5)奴隷の一部を開放し、他をそのままの状態においたままで連邦が救済できるなら、そちらを撰ぶだろう。

6)私は奴隷制と黒人の多mネイ何かをするとすれば、それが連邦を救済する耐え享けとなるからだ。

(4)今日の推薦本:

1)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

2)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

【内容紹介】転載

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

(転載終わり)

3)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

【内容紹介】転載

NHK-BS1「世界のドキュメンタリー」で放送決定!

オリバー・ストーンが本シリーズで明かすアメリカの衝撃の素顔とは……
・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。
・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。
・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。
・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。
・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

◎本書への賛辞 本書においてオリバー・ストーンとピーター・カズニックは、ここ数十年にわたるアメリカの外交政策に容赦ない批判を浴びせる。明らかにすべき点は少なくない。こうした再評価が行なわれるのは、いまや避けられない趨勢だ……問うべきは、アメリカは「アメリカの平和」を取り締まる警察の役割を選ぶ――そこからは災厄しか生まれない――のか、それとも、他国と協調してより平和で公正な、そして持続可能な未来をめざすのか、ということだ。
――ミハイル・ゴルバチョフ前ロシア大統領

「理想主義を掲げたウィルソン大統領は、革命嫌いの人種差別主義者だった」
「第1次大戦後にドイツに課された莫大な賠償金は、モルガン家の利益を増やすため」
「アメリカの大企業はこぞってナチスに資金援助していた」
「日本への原爆投下はソ連を牽制するためで、軍事的な意義や正当性などない」……

歴史上、ファシストや全体主義者を打倒したアメリカには、「自由世界の擁護者」というイメージがある。しかし、それは真の姿だろうか? 2度のアカデミー賞に輝く、過激な政治的発言でも知られるオリバー・ストーンによれば、それは嘘だ。じつはアメリカはかつてのローマ帝国や大英帝国と同じ、人民を抑圧・搾取した実績にことかかない、ドス黒い側面をもつ「帝国」なのだ。その真実の歴史は、この帝国に翳りの見えてきた今こそ暴かれねばならない。
最新資料の裏付けをもって明かすさまざまな事実によって、全米を論争の渦に巻き込んだ歴史大作。(全3巻)

(転載終わり)

4)近藤誠著「大学病院が患者を死ななせるとき」(講談社α文庫¥840)

【内容紹介】転載

大学病院の医師として30年、「白い巨塔」の驚くべき真実!!

大学病院の権力構造に翻弄される患者たち、偽りに満ちた医療現場。
だから私の戦いは終わらない! 医学界を相手に孤独な戦いを続ける現職医師の告発物語!

「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」「がん検診は百害あって一利なし」「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」……。日本の医療常識に真っ向から対立する論文を次々と発表し、医学界を驚愕させてきた一人の医師。開業医の子として生まれたエリート医師が、いかにして革命・真実の道を歩み始めたのか。大学病院を舞台に、たった一人で医学界の常識や権力構造と戦いつづける医師の、壮絶なる闘争物語!
内容(「BOOK」データベースより)
「治癒率は同じなのに乳房を切り取るのは外科医の犯罪行為」「がん検診は百害あって一利なし」「切って治ったと思っているのは、がんではなく『がんもどき』」…。日本の医療常識に真っ向から対立する論文を次々と発表し、医学界を驚愕させてきた一人の医師。開業医の子として生まれたエリート医師が、いかにして革命・真実の道を歩み始めたのか。大学病院を舞台に、たった一人で医学界の常識や権力構造と戦いつづける医師の、壮絶なる闘争物語。

(転載終わり)

5)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

6)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①明日5月16日(木)午前10時半東京地裁409号法廷「ツイター名誉棄損損害賠償裁判」第三回口頭弁論。その後11時半ころから被告中川かおりさんへの「インタビュー&トーク」をネット中継します。

②5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

③5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

⑤New!5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

⑥New!5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.15(水) 12:30 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.15(水) 12時50分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.15

①A・ジョリー 乳房切除を告白(ABC ZDF )

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが14日付けのニューヨークタイムズへの投稿で乳がんのリスクを減らすためとして、両方の乳房を切除する手術を受けたことを明らかにし大きな反響を呼んでいます。みずからの母親を56歳の若さでがんで亡くしたため遺伝子検査を受けたのが決断のきっかけだったということで、ジョリーさんは「私の経験が多くの女性の役に立てば」とつづっています。

②アメリカ 内国債務庁が保守派を標的に?(ABC )

アメリカで、日本の国税庁に当たるIRS=内国歳入庁が、去年の大統領選挙期間中、オバマ大統領を批判していた保守系の市民団体を狙って厳しい税務審査をしていた事が明らかになりました。団体を立ち上げようとした人に対し、メールの内容や数、集会の出席回数など、厳しい審査があったということで、団体の設立を諦めた人もいるということです。IRSは、ティーパーティー関連の団体を狙ったのは不適切だったと謝罪していますが、現場の職員が独断で行った事で、政治的な意図はないと釈明しています。オバマ大統領は、事実関係の調査を命じるなど、対応に追われています。

③米英 アサド退陣圧力強化へ(アルジャジーラ )

アメリカのオバマ大統領は13日、イギリスのキャメロン首相との会談後の記者会見で、内戦が続くシリアのアサド大統領の退陣に向けて、両国が圧力をかけると共に、反体制派への支援を強めていくことで一致したと明らかにしました

(10)今日の国内情報:2013.05.15

①もんじゅ運転再開の禁止命令決定 規制委、厳しい対応 

2013年5月15日 東京新聞

原子力規制委員会は15日、定例会合を開き、大量の機器の点検漏れが見つかった日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、原子炉等規制法に基づき、再発防止に向けた体制の再構築ができるまで運転再開に関する活動を行わないよう命じることを決めた。事実上の運転禁止命令となる。

1万点に近い点検漏れと、原子力機構の安全に対する認識の甘さを重視した極めて厳しい対応。

規制委は、原子力機構が過去のトラブルなどで自らの組織に問題があると何度も認識していたにもかかわらず改善しなかったことを「安全文化の劣化を示す重大な問題」と指摘。

②安倍首相、侵略否定していない 対中国「痛惜の念」

2013年5月15日 東京新聞

安倍晋三首相は15日の参院予算委員会で、第2次世界大戦を含めた過去の中国との関係について「大きな被害、苦しみを与えたことに対して、われわれは痛惜の念を持っている。日本が侵略しなかったと言ったことは今まで一度もない」と明言した。

首相の歴史認識をめぐる一連の発言に中国、韓国が反発している上に、米国内にも疑問の声が上がっており、収拾を図る発言とみられる。

首相は「ここで議論すれば外交、政治問題に発展する。行政府の長として、歴史認識に踏み込むことは抑制すべきだと考える。歴史家に任せるべきだ」と強調した。

民主党の小川敏夫氏への答弁。

③首相「村山談話受け継ぐ」 飯島氏訪朝、説明拒む

2013.05.15 朝日新聞

安倍晋三首相は15日の参院予算委員会で、アジア諸国に対する「植民地支配と侵略」への反省とおわびを表明した村山談話について「政権としては全体として受け継いでいく」という考えを明らかにした。

村山談話をめぐり、首相は4月22日の参院予算委で「安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」と答弁。この日は「アジアの国々に多大な損害と苦痛をあたえたことは安倍内閣としても歴代内閣の立場を引き継ぐ考えだ」と強調し、「しかるべき時期に21世紀にふさわしい、未来志向の談話を発表したい」と述べた。

ただ、旧日本軍による侵略の有無を問われた首相は「私は今まで『日本が侵略しなかった』と言ったことは一度もない」とかわし、「権力をもつ者として歴史に対して謙虚でなければならない。歴史認識は歴史家に任せるべき問題だ」と語った。

戦時中の旧日本軍慰安婦を「必要だった」などとした日本維新の会の橋下徹共同代表の一連の発言には「私の、または安倍内閣、あるいは自民党の立場とはまったく違う発言だ」と指摘。「慰安婦の方々がされたであろう筆舌に尽くしがたいつらい思いに心から同情している」と述べた。

飯島勲内閣官房参与による北朝鮮訪問については「総理大臣として、政府としてノーコメントだ」と繰り返し、説明を拒否した。北朝鮮による拉致問題については「対話と圧力の姿勢で完全解決を目指していく。これが安倍政権における不動の姿勢だ」と強調した。

民主党の小川敏夫、川上義博、大河原雅子3氏の質問に答えた。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 2,947
前日訪問者数(IP):   998
トータル閲覧者数(PV): 7,479,832
トータル訪問者数(IP):2,963,707
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 3,056
前日のコメント数: 126
TV総視聴者数: 103,770
総コメント数: 10,043
**************************************

[2013/05/15 15:32] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
「生活の党」の「自衛隊国連軍参加」と「衆議院の解散が内閣の権限であることを明記する」は到底容認できない!
■「生活の党」の「自衛隊国連軍参加」と「衆議院の解散が内閣の権限であることを明記する」は到底容認できない!本日日曜日(5月12日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1 78分 45秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12742325



(1)今日のトピックス:
                                   
①「生活の党」の「自衛隊国連軍参加」規定は到底容認できない!

小沢代表は5月9日の記者会見で「「憲法についての考え方」を発表 し、その中で一番国連の平和維持活動に協力するために実力行使を含むあらゆる手段を行使する「国連平和維持軍(PKO)に自衛隊を参加させる規定を憲法に追加することを明言した。

昨日の放送で私は以下のように述べ真っ向から反対しました。

・現在の国連の意思決定システムをそのままにして自衛隊を国連軍に参加させるこ
とは、国連安保常任理事国5か国の「国益」のために自衛隊が海外派兵 される
こととなる。安倍首相が唱える「改憲した国防軍」が米軍の侵略戦争に加担する
ことと結果的には同じことになるのだ。

・米国は「米国の利益を毀損する国は軍事的に破壊する」という生まれつきの侵略
国家でありこれまで戦争を開始する際には必ず「国際平和を脅かす武装 勢力」
を「共通の敵」としてまず国連安保理事会で「国連軍」による武力行使を追求し
てきた。国連安保理事会での全会一致の賛成が取り付けられない 場合には米国
の同盟国を「有志連合」という形で集め米国主導で戦争をしたきたのだ。

・米国は「共通の敵」として朝鮮戦争とベトナム戦争では「共産主義国家北朝鮮と
ベトナム」を、イラク戦争では「大量破壊兵器を保有するフセイン・イ ラク」
を、アフガニスタン戦争では「9.11米国同時テロ」を口実に「テロ国家アフ
ガニスタン」に泥沼の戦争を仕掛けてきたのだ。

・米国が「世界秩序」と「世界支配」目的で作った国連が「お墨付けを与える」国連軍に自衛隊が参加することは日本国憲法第9条の「反戦平和」の理念を否定することにな る。

・日本が「国際協力」して世界の平和に貢献する方法はあくまでも「非武装」であ
り「非軍事」なのだ。

②「生活の党」の「衆議院の解散が内閣の権限であることを明記する」という憲法規定は憲法第41条「国会は国権の最高機関であり唯一の立法機関である」を否定する内容であり到底容認できない!

③小沢一郎代表は「米国の二大政党制」「英国の議会制民主主義」「国連の平和維持活動」を何の疑問もなく理想化していて「現実の矛盾」を無視している

1)小沢氏は「理念や哲学が異なる2大政党が政権交代するのが理想」と主張しているが米国には13の政党があるにも関わらず民主党と共和党以外は完全に無視され「存在しない」かのように扱われている。「米国の二大政党制」は米国支配層が考えついた「どちらに転んでも結果は同じ」という巧妙な「偽りの支配体制」なのだ。

2)小沢氏が理想とする「英国の議会制民主主義」は普通選挙で選ばれる下院と特権を享受する貴族出身者が無選挙で指名される上院で構成されている。こんな議会制度がなぜ「民意を反映する」議会民主主義のお手本なのか到底理解できない。

3)国連は第二次世界大戦で唯一無傷の戦勝国国米国が戦後の「世界秩序」と「世界支配」を管理支配する目的で設立したものである。193の国連加盟国が平等な投票権を持って問題を処理する国連総会は最高意思決定機関ではなく、第二次世界大戦の戦勝国であり核保有国である5か国が常任理事国として最終決定権をもつ「安全保障理事会」が最高意思決定権をもっている。こんな国連がお墨付きを与える「国連軍」に自衛隊を参加させれば、安部首相の「国防軍」が米国の始める侵略戦争に米軍指揮官の下で戦争に加担するのとどこが違うのか?

(2)今日のテーマ:「在特会」やネット右翼が主張する「特権を与えられている在日朝鮮人、韓国人、中国人が日本を実質支配している」というのは「最大・最高の在日特権者は在日米軍」という真実・事実を覆い隠すために意図的に仕組まれた世論誘導工作目的の真っ赤なウソ!!

ナチスドイツは「第三帝国」建設に向けた侵略戦争を開始するに当たって「ユダヤ人が特権を独占しドイツとドイツ人はユダヤ人に支配搾取されている」というデマを煽ってドイツ国民を「反ユダヤ」で統合したのと同じ。

(3)今日の推薦本:

1)前泊博盛著「日米地位協定」(創元社\1500)

米国は1951年年9月8日米サンフランシスコで一見日本にとって寛大に見える「サンフランシスコ講和条約」の調印を餌にして「日米安保条約(旧」を吉田首相を半ば拉致した形で署名させた。米国はその半年後にさらに毒性の強い「日米行政協定」を締結させ日本全土を米軍の「潜在的基地」にすることに成功し今も「植民地」状態が続いている。

2)近藤誠著「余命三か月」のウソ(KKベストセラーズ¥730)

【内容紹介】転載

・がんが恐ろしいのではない。「ガン治療」が恐ろしいのです。

・歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命三か月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまうーこのような悲劇を身の回りでも見聞きされていないだろうか。

・実は、余命宣言の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短いほど「うまみ」がますのだ。

・余命をこくちされる病気として、」圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

・余命宣告の多くは、患者を治療に追い込むための”脅し”だった。

(転載終わり)

3)オリバー・ストーン&ピ-ター・カズニック著「オリバーストーンが語るもう一つのアメリカ史1・ふたつの世界対戦と原爆投下」(早川書房¥2010)

【内容紹介】転載

NHK-BS1「世界のドキュメンタリー」で放送決定!

オリバー・ストーンが本シリーズで明かすアメリカの衝撃の素顔とは……
・軍事的には日本への原爆投下はまったく不要だった。
・何度も訪れた核戦争の危機はアメリカが引き金を引いた。
・アメリカ大統領は合衆国憲法と国際法違反の常習者。
・イスラム原理主義者に資金と武器を与え続け、9・11の原因を作った。
・冷戦を世界にもたらしたのはアメリカの責任である。

◎本書への賛辞 本書においてオリバー・ストーンとピーター・カズニックは、ここ数十年にわたるアメリカの外交政策に容赦ない批判を浴びせる。明らかにすべき点は少なくない。こうした再評価が行なわれるのは、いまや避けられない趨勢だ……問うべきは、アメリカは「アメリカの平和」を取り締まる警察の役割を選ぶ――そこからは災厄しか生まれない――のか、それとも、他国と協調してより平和で公正な、そして持続可能な未来をめざすのか、ということだ。
――ミハイル・ゴルバチョフ前ロシア大統領

「理想主義を掲げたウィルソン大統領は、革命嫌いの人種差別主義者だった」
「第1次大戦後にドイツに課された莫大な賠償金は、モルガン家の利益を増やすため」
「アメリカの大企業はこぞってナチスに資金援助していた」
「日本への原爆投下はソ連を牽制するためで、軍事的な意義や正当性などない」……

歴史上、ファシストや全体主義者を打倒したアメリカには、「自由世界の擁護者」というイメージがある。しかし、それは真の姿だろうか? 2度のアカデミー賞に輝く、過激な政治的発言でも知られるオリバー・ストーンによれば、それは嘘だ。じつはアメリカはかつてのローマ帝国や大英帝国と同じ、人民を抑圧・搾取した実績にことかかない、ドス黒い側面をもつ「帝国」なのだ。その真実の歴史は、この帝国に翳りの見えてきた今こそ暴かれねばならない。
最新資料の裏付けをもって明かすさまざまな事実によって、全米を論争の渦に巻き込んだ歴史大作。(全3巻)

(転載終わり)

4)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

5)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】転載

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

<font color="maroon">(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①New!5月16日(木)午前10時半東京地裁号法廷「ツイッター名誉棄損損害賠償裁判」第三回口頭弁論。その後11時半ころから被告中川かおりさんへの「インタビュー&トーク」をネット中継します。

②5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

③5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月23日(木)午後1時より日比谷野外音楽堂にて「狭山市民集会」が開催されます。多くの方の参加をお願いします

狭山事件は約50年もの間、警察、検察及び裁判により冤罪(実際はデッチアゲ)が確定してるにも関わらず、未だに3者協議(裁判官、弁護士及び検察)で裁判所側が(2009年12月16日開示勧告)を東京高検に命令、証拠開示を求めているが東京高検は証拠を隠蔽し続けている。        
                
【関連サイト】

http://masaru-kunimoto.com/00sayamajikentoppu.html

⑤New!5月23日(木)午後3時より東京地裁527号法廷で「オリンパス内部管理体制問題・内部通報告発洩れ制裁人事・人権侵害訴訟(第2章)/第3回口頭弁論が開催されます。皆様の傍聴をお願いします。

原告:浜田正晴氏(オリンパス社員)

被告1:TK総務人事本部長

(オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)

裁判官:古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官 (民事第19部 合議    B1係 労働部)

【関連サイト】

第1次訴訟 最高裁-社員勝訴確定 平成24年6月28日

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2012/pisa20120803t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-確定判決文 オリンパス社員逆転勝訴 H23.8.31判決

http://www006.upp.so-net.ne.jp/pisa/2011/pisa20110901t.pdf

第1次訴訟 東京高裁-社員逆転勝訴 NNN 日本テレビニュース

http://www.news24.jp/articles/2011/08/31/07189629.html

⑥New!5月23日(木)午後4時頃から浜田正晴氏(オリンパス社員)をお呼びして【市民ネットメデイアグループ】による【インタビュー&トーク】をネット中継したいと思います。テーマは「オリンパス人権侵害訴訟」です。皆様のご参加をお願いします。

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.12(日) 11:30 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.12(日) 11時00分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

★今の日本には「利権・特権」に毒された強欲な「政治家」「官僚」「大手マスコミ」「大企業」「評論家」「学者」らの「ウソ」に騙されない「賢明で自立した国民」が1000万人必要だ!

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

★New!lulu__19さんより:5月15日(水)14時以降【第2回福岡草の根勉強会】テーマ「日本国憲法」を行う予定です。前回一人だったので福岡市近郊の方是非いらして下さい    

ブログ:http://twitcasting.tv/lulu__19

会場:市立青年センター
   福岡県福岡市中央区大名2丁目6−46

地図: http://bit.ly/YNRo1Y

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(7)今日の海外情報:2013.05.12

①パキスタン選挙で元首相勝利宣言 対テロ政策見直しも

2013年5月12日 東京新聞

【イスラマバード共同】パキスタン下院(定数342、任期5年)選挙は11日、投開票が行われ、野党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派=PML(N)=を率いるナワズ・シャリフ元首相(63)が11日夜(日本時間12日未明)、地元の東部ラホールで「わが党が第1党となることは確実だ」と演説、事実上の勝利宣言をした。PML(N)は、隣国アフガニスタンを含めた米国の対テロ戦略に慎重な考えを示しており、政策を見直す可能性もある。ただ過半数には届かず、連立協議は必至。クーデターを繰り返してきた軍部とシャリフ氏の関係も微妙で、情勢が不安定化する恐れもある。

②陳光誠氏兄が暴行被害 嫌がらせ続く 中国当局圧力か

2013年5月11日 東京新聞

【上海=今村太郎】昨年五月、中国当局による自宅軟禁から逃れて渡米した盲目の人権活動家、陳光誠氏の兄、光福氏が九日、山東省臨沂市の自宅近くで男二人に暴行を受けた。最近になって光誠氏の親族への嫌がらせが頻発しており、当局による圧力が再び強まっている可能性がある。

 香港紙・明報などによると、光福氏は九日午前十時ごろ、農作業から帰宅しようとしていたところ、ナンバープレートが取り外された黒色の車から降りてきた若い男二人に頭と腹を殴られた。けがは軽傷で、男二人は無言で逃げ去った。

 光福氏は四月下旬から、自宅の敷地内にレンガやこぶし大の石、鳥の死骸を投げ込まれるなどの嫌がらせを受けている。母親が庭先で育てていた野菜が抜き取られることもあった。地元警察に通報したが、捜査は行われていない。

 光誠氏の軟禁中、自宅周辺では地元当局が雇っていたとされる男たちが一家の行動を監視。光誠氏の脱出直後には、親族に激しい暴行を加えた。その際に刃物で抵抗した光福氏の息子は当局に拘束され、服役している。

 光誠氏が来月にも台湾を訪問する予定で、光福氏の自宅周辺では最近、訪台を批判したとみられるビラがまかれた。光福氏は「当局が(光誠氏の)台湾訪問を阻止するため圧力を加えているのではないか」と話している。

(10)今日の国内情報:2013.05.12

①国の借金、991兆円 13年度末には1千兆円台へ

2013.065.10 朝日新聞

国の借金は1千兆円の大台に

【大日向寛文】財務省は10日、2012年度末の国の借金残高が前年度末より31兆6508億円多い991兆6011億円になり、年度末では過去最大を更新したと発表した。安倍政権は景気回復を優先し、今年1月に約10兆円の経済対策に踏み切ったため、借金がさらにふくらんだ。13年度末にはついに1千兆円の大台を超える見通しだ。

借金の内訳は、政府が投資家から借りるために発行している「国債」が821兆4741億円(前年度末より32・1兆円増)、金融機関からの「借入金」が54兆8593億円(同1・1兆円増)、為替介入などの資金をまかなうために発行する「政府短期証券」が115兆2677億円(同1・6兆円減)だった。

借金が大きく増えたのは、12年度当初予算で44兆円の国債を新たに発行したのに加え、安倍政権が経済対策のために12年度補正予算で7・8兆円の国債を追加発行したからだ。借金返済などと差し引きして30兆円を超える増加になった。

13年度当初予算案でも新たに43兆円の国債を発行することになっている。このため、財務省は13年度末には借金が1107兆円に達すると予想している。

政府は財政再建のため、政策に使う経費を税収でまかなえるかどうかを示す「基礎的財政収支」の赤字額を減らす目標をたてている。具体的には、国内総生産(GDP)に対する赤字額の割合を「15年度までに半減、20年度までにゼロ」にすることを目指す。

しかし、今のままでは来年4月から消費増税しても目標達成は難しい。安倍政権は財政再建の道筋を6月にも出すつもりだったが、7月の参院選後に先送りしており、借金の膨張に歯止めがかからない状態だ。

②民主、政権時代の言い訳次々 公開大反省会

2013年5月12日 東京新聞

民主党は十一日、政権を担当していた三年三カ月間を若者の質問に答える形で総括する「公開大反省会」を都内で開いた。菅直人元首相らが自らの失敗を語ることで、夏の参院選に向けて若い世代の支持を掘り起こす狙いがあったが、釈明する場面が多く、参加者から不満の声も漏れた。 (安藤美由紀、関口克己)

反省会には三十歳以下の六百人の若者を募集。民主党からは菅氏のほか枝野幸男前経済産業相、長妻昭元厚生労働相が出席し、会場やインターネット中継を見ている若者からの質問に答えた。

最初のテーマとなったのは、政権を奪取した二〇〇九年衆院選のマニフェスト。「民主党は期待値を上げすぎた」との指摘に、長妻氏は「先鋭的に政府を追及し、情報を精緻に計算せずに大風呂敷を広げた」と認めた。枝野氏も「抽象的にはできると思ったが、国会を通すプロセスが検討できていなかった」と述べた。

だが、民主党政権の大きな失敗となった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の質問が出ると、枝野氏が「マニフェストには書いてなかった」と釈明。また、菅氏は自らが首相として臨んだ一〇年参院選の最中に消費税の税率引き上げを主張し、大敗したことについて「知恵を使えばうまいやり方はあったという反省はある」と振り返った。

民主党は昨年末の衆院選で大敗し、下野したが、「政策判断で間違ったものはない」(枝野氏)と言い切るなど、「反省」の言葉は少なかった。会場からも「反省というより言い訳が多く、諦めている印象だった」「自己主張ばかり」との声が聞かれた。

菅氏は記者団から「参院選に向けた反転攻勢のきっかけになるか」と問われると、「それは皆さんの評価次第だ」と口数が少なかった。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV):3,095
前日訪問者数(IP): 1,071
トータル閲覧者数(PV): 7,471,395
トータル訪問者数(IP):2,960,666
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,580
前日のコメント数: 140
TV総視聴者数: 102,043
総コメント数: 9,773
**************************************
[2013/05/12 16:19] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
米国が作った国連が「お墨付けを与えた」国連軍に自衛隊が参加することは日本国憲法第9条の「反戦平和」の理念を否定することになる!
■ 米国が作った国連が「お墨付けを与えた」国連軍に自衛隊が参加することは日本国憲法第9条の「反戦平和」の理念を否定することになる!本日土曜日(5月11日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  69分 41秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12689428



(1)今日のトピックス:
                                   
①昨日金曜日(5月10日)午後2時15分より生田暉雄弁護士への「YYNewsLiveインタビュー&トーク」テーマ「最高裁の裏金問題」を5名の「市民ネットメデイアグループ」ネット中継しました。電波受信状況が悪く4つの録画に分かれましたが以下をぜひご覧ください。【YYNewsLIve】の現時点でのライブと録画の視聴者総数は2008名様となっています。是非情報拡散をお願いします。

1)No1 29分 09秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12648604



2)No2 10分 55秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12649100



3)No3 3分 27秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12649341



4)No4 21分 29秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12649403



【ポイント】

1)昨日1時半から東京高裁817号法廷で行われた口頭弁論は「最高裁の裏金問題」に関して平成20年度の裁判官報酬明細の情報開示請求を最高裁が拒否したのは違法であるとして生田弁護士の呼びかけで101名の市民が最高裁に損害賠償請求訴訟を起こし一審の東京地裁で敗訴したことを受けて東京高裁に控訴した第一回弁論である。

2)日本の裁判官の数は以前から約3000名と全然増えていない。なぜならば最高裁事務総局が裁判官を支配・管理しやすくするために増員しないのだ。一人の裁判官が100-200件の案件を担当させ忙しくさせることで裁判や裁判所への疑問や批判を考える暇を与えないためだ。

3)1959年の「砂川事件」一審裁判で米軍基地内に侵入し逮捕・起訴された労働者、学生に対して伊達東京地裁長は「駐留米軍は憲法9条違反で無罪」と言い渡した。この無罪判決を米国支配層の利益のためにひっくり返したのが田中耕太郎最高裁長官だった。

4)田中耕太郎最高裁長官の後に最高裁長官に就任した横田喜一郎裁判官は長官就任直前まで日米安保条約反対を唱えていたが長官就任が決定した途端「日米安保条約賛成」に主張を変えた。

5)これまで最高裁は何の法的根拠もないのにも関わらず「国家公務員の職務上の個人責任は問われない」という判決を出し続けてきた。これは「最高裁の裏金」をはじめとするすべての「官僚による国家犯罪」を不問に付すために、官僚トップと歴代自民党内閣の間で密約が取り決められてきたからだろう。

②安倍自民党は参議院選挙公約に「原発再稼働」を決めた。ここにきて安部首相は大手マスコミの世論誘導による「見せかけの高い支持率」と「参議院選自民圧勝」のデマ予測を根拠にして、「憲法改悪による基本的人権と基本的自由の制限」「天皇政復活」「国防軍創設と徴兵制導入」「未曾有のバブルの発生と崩壊を産み出す国民生活破壊のアベノミックス強行」などの排外主義、極右国粋主義、軍国主議、国民生活破壊の「反国民政党」の本性をさらけ出してきた。戦後「米国利益最優先」の政策で国民を支配・搾取してきたる自民党をここで完全に解体することは国民の義務であろう!

【新聞記事転載】

▲原発再稼働を明記、自民公約原案 農家所得10年で倍増

2013年5月11日 東京新聞

自民党が夏の参院選で掲げる公約原案の全容が10日、判明した。安全性の確認を条件に原発の再稼働方針を明記。環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐり、コメなどの「聖域確保」や10年間で農家の所得を倍増する目標を掲げたのが特徴だ。憲法改正の決意や沖縄県・尖閣諸島の実効支配強化策は、昨年の衆院選公約を踏襲した。

改憲発議要件を緩和する96条改正の先行実施については、安倍首相の意欲を踏まえ、党公約検討委員会がどう表現するか詰めの調整を急ぐ。

原案は昨年の衆院選公約をベースに復興、経済、外交・安保、改憲など8テーマ別に約300の政策を列挙した。

(転載終わり)

(2)今日のテーマ:生活の党の「憲法についての考え方」について

最大の問題は小沢一郎代表の従来の主張である自衛隊の国連軍参加(PKO)を認める以下の規定であろう。

▲ 2 国際協力

(1) 国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定を設ける。

(2) 国連の平和維持活動への参加に際しては、実力行使を含むあらゆる手段を通じて、世界平和のために積極的に貢献する旨を規定する。

【私の考え】

現在の国連の意思決定システムをそのままにして自衛隊を国連軍に参加させることは、国連安保常任理事国5か国の「国益」のために自衛隊が海外派兵されることとなる。安倍首相が唱える「改憲した国防軍」が米軍の侵略戦争に加担することと結果的には同じことになるのだ。

米国は「米国の利益を毀損する国は軍事的に破壊する」という生まれつきの侵略国家でありこれまで戦争を開始する際には必ず「国際平和を脅かす武装勢力」を「共通の敵」としてまず国連安保理事会で「国連軍」による武力行使を追求してきた。国連安保理事会での全会一致の賛成が取り付けられない場合には米国の同盟国を「有志連合」という形で集め米国主導で戦争をしたきたのだ。

米国は「共通の敵」として朝鮮戦争とベトナム戦争では「共産主義国家北朝鮮とベトナム」を、イラク戦争では「大量破壊兵器を保有するフセイン・イラク」を、アフガニスタン戦争では「9.11米国同時テロ」を口実に「テロ国家アフガニスタン」に泥沼の戦争を仕掛けてきたのだ。

米国が強い影響力を有する国連が「お墨付けを与えた」国連軍に自衛隊が参加することは日本国憲法第9条の「反戦平和」の理念を否定することになる。

日本が「国際協力」して世界の平和に貢献する方法はあくまでも「非武装」であり「非軍事」なのだ。

▲生活の党の「憲法についての考え方」(全文転載)


基本的な考え方

(1) 国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調という日本国憲法の四大原則は、現在においても守るべき普遍的価値であり、引き続き堅持する。

(2) 国民主権から発する諸原理の安易な改正を認めないという日本国憲法の趣旨から、現行の改正手続規定(96条)は、堅持する。

(3) 日本国憲法の基本理念、原理を堅持したうえで、時代の要請を踏まえ、国連の平和活動、国会、内閣、司法、国と地方、緊急事態の関係で一部見直し、加憲する

第一章(天皇)関係

1 天皇の国事行為・公的行為について

(1) 国事行為については、基本的に現行の規定を維持しつつ、内閣等による緊急事態宣言を受けた国事行為を追加する。

(2) 公的行為のうち特に重要なものについて憲法上規定した上で、これらの行為について内閣が責任を負うべき旨規定することを検討する。

第二章(戦争の放棄)関係

1 自衛権及び自衛隊

・自衛権及び自衛隊については、現行の規定を維持した上で、下記の解釈を採る。

(1) 外国からの急迫かつ不正な侵害及びそのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に限って、我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使は、個別的又は集団的な自衛権の行使を含めて、妨げられない。それ以外では武力行使しない。

(2) 上記の自衛権を行使するために必要な最小限度の「自衛力」として、自衛隊を保有することができる。

2 国際協力

(1) 国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定を設ける。

(2) 国連の平和維持活動への参加に際しては、実力行使を含むあらゆる手段を通じて、世界平和のために積極的に貢献する旨を規定する。

第三章(国民の権利及び義務)関係

1 いわゆる「新しい人権」

(1)「プライバシー権」・「知る権利」について、その内容を明確にして、憲法に規定する。

(2) 国による「環境保全の責務」を憲法に規定する。

(3) いわゆる「犯罪被害者等への配慮」について、憲法で明記する。

第四章(国会)関係

1 二院制及び両議院の役割分担

(1) 二院制を維持しつつ、両議院に求められる役割・性格を理念として明記する。

(2) 法律の制定に関する衆議院の優越規定を改め、「衆議院で可決され、参議院で否決された法律案は、衆議院で過半数で再び可決されたときは、法律となる」とする方向で、検討を加える。

2 国会議員の選出方法
・両議院の議員とも全国民を代表するという規定は維持しつつ、その選出方法の理念・原則について規定する。

3 議事手続等

(1)会期制について定める52条を改正し、いわゆる通年国会を実現する。

(2)本会議開会のための定足数(総議員の3分の1以上)を不要とする。

(3)国務大臣の国会への出席義務を緩和する。

4 行政監視機能の強化

(1) 会計検査院を国会の附属機関と位置づける(あるいは、会計検査院を改組し、国会の附属機関として、行政監視院を設置する。)。

(2) 政府に対する国会の行政監視機能(違法又は著しく不適切な個別の行政執行に対する是正の勧告を含む。)をさらに実効的なものとするため、野党主導による国政調査権の発動が容易になるよう、いわゆる少数者調査権について規定する。

5 政党条項

・政党について、憲法に位置づける。

第五章(内閣)関係

1 衆議院の解散

(1) 衆議院の解散が内閣の権限であることを明記する。

(2) 衆議院の解散の実体的要件を規定する。

2 内閣総理大臣が欠けたとき等の臨時代理
・内閣総理大臣が欠けたとき等の臨時代理について、憲法上の根拠規定を置く。

第六章(司法)関係

1 憲法裁判所
・憲法裁判所については、これを設置する方向で、その権限・構成等について検討を加える。

2 弾劾裁判所等

(1) 弾劾裁判所を適正に機能させるため、人事を含めた事務局の在り方その他その組織及び権能について、法律上の措置を含めて検討する。

(2) 検察官等に対しても、裁判官と同様の弾劾の制度を設けることも含め、何らかの措置を講ずることを検討する。

第七章(財政)関係

・89条の整理

(1) 私学助成が可能となるように、判例の表現に従って、条文を明確化する。

第八章(地方自治)関係

1 国と地方の役割分担
・地方公共団体が住民の福祉の増進を図る観点から真に必要な施策を自らの判断と責任において策定し及び執行することができるようにするとともに、これに関連し、国の役割は、外交、防衛、司法、危機管理、治安の維持、基幹的な社会資本の整備、地球環境保全その他の国家の根幹に関わる事務に限られることを明記する。

2 地方公共団体の権限

(1) 地方公共団体が住民の福利厚生及び利便性の向上を図るために地域における行政を一貫して自主的・自立的に実施することができることとなるよう、国会を唯一の立法機関と定める第41条の規定を踏まえつつ、地方公共団体の自主立法である条例で国の法律の特例を設けることができる制度(いわゆる「条例の上書き権」)について検討を加える。

(2) 地方公共団体が地域における行政に要する費用を調達することができることとなるよう、地方公共団体の課税権を明記するとともに、地方公共団体の財源確保について規定する。

第九章(改正)関係

・現行の規定を維持する。
その他関係

・緊急事態

(1) 緊急事態に際し、対応策を迅速かつ強力に推進することができるよう、内閣による緊急事態宣言の根拠規定その他の緊急事態に関する事項について規定する。その際は、法律で定めるべき事項についても、併せて検討を行う。

(2) 大規模テロなどにより、内閣総理大臣を含む全国務大臣が欠けたとき等の臨時代理について、憲法上の根拠規定を置く。

(3) 緊急事態中に国会議員の任期が満了したが物理的に選挙を行うことができず、国会議員が不在となって国家機能の継続に支障を来す場合等を想定し、緊急時における国会議員の任期延長等について検討する。

(転載終わり)

(3)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(4)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

②5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(5)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.11(土) 13:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.11(土) 14時00分

0.045μsv/h

(6)今日の「草の根市民運動」:

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.11

①陳光誠氏兄が暴行被害 嫌がらせ続く 中国当局圧力か

2013年5月11日 東京新聞

【上海=今村太郎】昨年五月、中国当局による自宅軟禁から逃れて渡米した盲目の人権活動家、陳光誠氏の兄、光福氏が九日、山東省臨沂市の自宅近くで男二人に暴行を受けた。最近になって光誠氏の親族への嫌がらせが頻発しており、当局による圧力が再び強まっている可能性がある。

香港紙・明報などによると、光福氏は九日午前十時ごろ、農作業から帰宅しようとしていたところ、ナンバープレートが取り外された黒色の車から降りてきた若い男二人に頭と腹を殴られた。けがは軽傷で、男二人は無言で逃げ去った。

光福氏は四月下旬から、自宅の敷地内にレンガやこぶし大の石、鳥の死骸を投げ込まれるなどの嫌がらせを受けている。母親が庭先で育てていた野菜が抜き取られることもあった。地元警察に通報したが、捜査は行われていない。

光誠氏の軟禁中、自宅周辺では地元当局が雇っていたとされる男たちが一家の行動を監視。光誠氏の脱出直後には、親族に激しい暴行を加えた。その際に刃物で抵抗した光福氏の息子は当局に拘束され、服役している。

光誠氏が来月にも台湾を訪問する予定で、光福氏の自宅周辺では最近、訪台を批判したとみられるビラがまかれた。光福氏は「当局が(光誠氏の)台湾訪問を阻止するため圧力を加えているのではないか」と話している。

(10)今日の国内情報:2013.05.11

①国の借金、991兆円 13年度末には1千兆円台へ

2013.065.10 朝日新聞

国の借金は1千兆円の大台に

【大日向寛文】財務省は10日、2012年度末の国の借金残高が前年度末より31兆6508億円多い991兆6011億円になり、年度末では過去最大を更新したと発表した。安倍政権は景気回復を優先し、今年1月に約10兆円の経済対策に踏み切ったため、借金がさらにふくらんだ。13年度末にはついに1千兆円の大台を超える見通しだ。

借金の内訳は、政府が投資家から借りるために発行している「国債」が821兆4741億円(前年度末より32・1兆円増)、金融機関からの「借入金」が54兆8593億円(同1・1兆円増)、為替介入などの資金をまかなうために発行する「政府短期証券」が115兆2677億円(同1・6兆円減)だった。

借金が大きく増えたのは、12年度当初予算で44兆円の国債を新たに発行したのに加え、安倍政権が経済対策のために12年度補正予算で7・8兆円の国債を追加発行したからだ。借金返済などと差し引きして30兆円を超える増加になった。

13年度当初予算案でも新たに43兆円の国債を発行することになっている。このため、財務省は13年度末には借金が1107兆円に達すると予想している。

政府は財政再建のため、政策に使う経費を税収でまかなえるかどうかを示す「基礎的財政収支」の赤字額を減らす目標をたてている。具体的には、国内総生産(GDP)に対する赤字額の割合を「15年度までに半減、20年度までにゼロ」にすることを目指す。

しかし、今のままでは来年4月から消費増税しても目標達成は難しい。安倍政権は財政再建の道筋を6月にも出すつもりだったが、7月の参院選後に先送りしており、借金の膨張に歯止めがかからない状態だ。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV):2,935 I
前日訪問者数(IP): 1,010
トータル閲覧者数(PV): 7,468,300
トータル訪問者数(IP):2,959,595
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,158
前日のコメント数: 31
TV総視聴者数: 100,657
総コメント数: 9,596
**************************************
[2013/05/11 21:43] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
「反権力」だけを叫ぶ者はいったん権力を握ると「権力者」となる!「反権力」と「非権力」を同時に叫ぶ者こそ本物だ!
■「反権力」だけを叫ぶ者はいったん権力を握ると「権力者」となる!「反権力」と「非権力」を同時に叫ぶ者こそ本物だ!!本日木曜日(5月09日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  95分02秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12616304



(1)今日のトピックス:
                                   
①山内徳信社民党参院議員は昨日の参議院予算員会で「平和憲法を改悪して日本を戦争のできる国にする安倍首相の改憲の動きは、民主的なワイマール憲法を悪用して侵略戦争とユダヤ人大虐殺を犯したナチスドイツのヒットラーを思い出す」と発現したのは至極まっとうだ

▲【新聞記事】「改憲の動き、ヒトラー思い出す」山内・社民党参院議員

2013年5月9日 朝日新聞

憲法改正に向けた今の動きは、かつてのドイツのヒトラーを思い出す。民主的な憲法と言われたワイマール憲法を悪用し、民主的な方法でナチスの独裁政治を築いていったわけだ。そのナチスの戦争の結果は、ご承知のように多くのユダヤ人をアウシュビッツで悲惨な状態に陥れてしまった。

日本の戦後60年あまりは、平和憲法体制であったと思っておる。この平和憲法を、いまの政権与党が思う方向に、天皇を元首化し、自衛隊を国防軍にし、戦争のできる方向に、どうも動きつつあるなあと思っている。そのとき安倍晋三首相は日本のヒトラーと言われかねない。日本にああいうヒトラーが生まれてはいかんのです。平和国家、平和外交に徹していく国づくりにいそしんでほしい。

(参院予算委員会の質問で)

②安倍首相の「憲法は進駐軍が作った」は大嘘!騙されてはいけない!

▲「日本国憲法」のはどのように起案されたのか?

Wikipedia 【日本国憲法】より抜粋

1)1945年(昭和20年)10月4日マッカーサーは、東久邇宮内閣の国務大臣であった近衛文麿に、憲法改正を示唆した。

2)この日、総司令部は、治安維持法の廃止、政治犯の即時釈放、天皇制批判の自由化、思想警察の全廃など、いわゆる「自由の指令」の実施を日本政府に命じた。

3)翌5日、東久邇宮内閣は、この指令を実行できないとして総辞職し、1945年10月9日に幣原喜重郎内閣が成立する。

4)1945年10月11日、幣原首相が新任の挨拶のためマッカーサーを訪ねた際にも、マッカーサーから口頭で「憲法ノ自由主義化」の必要を指摘された。

5)先にマッカーサーから憲法改正の示唆を受けた近衛(東久邇宮内閣の総辞職後は内大臣府御用掛)は、政治学者の高木八尺、憲法学者の佐々木惣一(10月13日内大臣府御用掛に任命)、ジャーナリストの松本重治らとともに、憲法改正の調査を開始した。

6)1945年10月8日近衛は高木らとともに総司令部政治顧問のジョージ・アチソンと会談して助言を請い、「個人的で非公式なコメント」として12項目に及ぶ憲法の問題点の指摘や改正の指示を受けた。

7)近衛らの作業と並行して、幣原内閣は、松本烝治・国務大臣を委員長とする憲法問題調査委員会(松本委員会)を設置して、憲法改正の調査研究を開始した。

8)内閣と内大臣府の双方で、それぞれ憲法改正の調査活動が進められることとなった。

9)このうち近衛らの調査に対しては、近衛自身の戦争責任や、閣外であり憲法外の機関である内大臣府で憲法改正作業を行うことに対する憲法上の疑義などが問題視されて、批判が高まった。

10)1945年11月1日、総司令部は「近衛は憲法改正のために選任されたのではない」として、マッカーサーが近衛に伝えた憲法改正作業の指示は、近衛個人に対してではなく、日本政府に対して行ったものであるとの声明を発表した。これにより、近衛らの調査活動は頓挫したものの、近衛らは作業をつづけ、11月22日に近衛案(「帝国憲法ノ改正ニ関シ考査シテ得タル結果ノ要綱」、11月24日に佐々木案(「帝国憲法改正ノ必要」[25])をそれぞれ天皇に奉答した(なお、総司令部の指示により、11月24日に内大臣府は廃止された)。
11)かかる経緯をたどって憲法改正作業は、内閣の下に設置された松本委員会に一本化されることになる。松本委員会は、美濃部達吉、清水澄、野村淳治を顧問とし、憲法学者の宮沢俊義・東京帝国大学教授、河村又介・九州帝国大学教授、清宮四郎・東北帝国大学教授や、法制局幹部である入江俊郎、佐藤達夫らを委員として組織された

12)松本委員会は、1945年10月27日に第1回総会を行い、同30日に第1回調査会を行った。以後、総会は1946年(昭和21年)2月2日まで7回、調査会(小委員会)は同1月26日まで15回開催された。

13)1946年(昭和21年)1月9日の第10回調査会(小委員会)に、松本委員長は「憲法改正私案」を提出した。この「私案」は、前年12月8日の衆議院予算委員会で、松本委員長が示した「憲法改正四原則」をその内容としており、委員会の立案の基礎とされた。

14)「憲法改正四原則」の概要は次の通り。

1)天皇が統治権を総攬するという大日本帝国憲法の基本原則は変更しないこと。
天皇ガ統治権ヲ総攬セラルルト云フ大原則ハ、是ハ何等変更スル必要モナイシ、又変更 スル考ヘモナイト云フコト

2)議会の権限を拡大し、その反射として天皇大権に関わる事項をある程度制限すること。 議会ノ協賛トカ、或ハ承諾ト云フヤウナ、議会ノ決議ヲ必要トスル事項ハ、之ヲ拡充ス ルコトガ必要デアラウ、即チ言葉ヲ換ヘテ申セバ、従来ノ所謂大権事項ナルモノハ、其 ノ結果トシテ或ル程度ニ於テ制限セラルルコトガ至当

3) 国務大臣の責任を国政全般に及ぼし、国務大臣は議会に対して責任を負うこと。
国務大臣ノ責任ガ国政全般ニ亙リマシテ、而シテ国務大臣ハ帝国議会ニ対シ、即チ言葉 ヲ換ヘテ申セバ、間接ニハ国民ニ対シテ責任ヲ負フト云フコト

4)人民の自由および権利の保護を拡大し、十分な救済の方法を講じること。
民権ト申シマスカ、人民ノ自由、権利ト云フヤウナモノニ対スル保護、確保ヲ強化スル コトガ必要デアラウ

15)委員会は、この「憲法改正四原則」に基づいて憲法を逐条的に検討した。宮沢委員が「私案」を要綱化して松本がこれに手を加え、「憲法改正要綱」とした。

16)1946年1月26日の第15回調査会では、この「憲法改正要綱」(甲案)と「憲法改正案」(乙案)を議論した。

17)内閣は1946年1月30日から2月4日にかけて連日臨時閣議を開催して、「私案」「甲案」「乙案」を審議。2月7日、松本は「憲法改正要綱」(松本試案)を天皇に奏上し、翌8日に説明資料とともに総司令部へ提出した。この「憲法改正要綱」は内閣の正式決定を経たものではなく、まず総司令部に提示して意見を聞いた上で、正式な憲法草案の作成に着手する予定であった。

18)他方、近衛や松本委員会による憲法改正の調査活動が進むにつれ、国民の間にも憲法問題への関心が高まった。近衛や松本委員会の動き、各界各層の人々の憲法に関する意見なども広く報道され、政党や知識人のグループなどを中心に、多種多様な民間憲法改正案が発表された。しかし、その多くは大日本帝国憲法に若干手を加えたものであって、大改正に及ぶものは少数であった。これら民間団体が作成した憲法草案のうち、憲法研究会の「憲法草案要綱」にGHQが注目していわゆる「GHQ憲法草案」が作成された。

19)総司令部は、当初、憲法改正については過度の干渉をしない方針であった。しかし、総司令部は、1946年(昭和21年)の年明け頃から、民間の憲法改正草案、特に憲法研究会の「憲法草案要綱」に注目しながら、日本の憲法に関する動きを活発化させた。もっとも、同年1月中は、憲法改正に関する準備作業を続け、日本政府による憲法改正案の提出を待つ姿勢をとり続けた。

20)1946年2月1日、毎日新聞が「松本委員会案」なるスクープ記事を掲載したが、この記事に載った「松本委員会案」とは、宮沢委員が提出した「宮澤甲案」であった。この「宮澤甲案」の内容は、松本委員会に提出された草案の中では比較的リベラルなもので、内閣の審議に供された「乙案」に近かった。政府は直ちに、このスクープ記事の「松本委員会案」は実際の松本委員会案とは全く無関係であるとの談話を発表した。

21)この記事を分析したホイットニー民政局長は、それが真の松本委員長私案であると判断し[39]、また、この案について「極めて保守的な性格のもの」と批判し、世論の支持を得ていないとも分析した。

22)そこで総司令部は、このまま日本政府に任せておいては、極東委員会の国際世論(特にソ連、オーストラリア)から天皇制の廃止を要求されるおそれがあると判断し、総司令部が草案を作成することを決定した。その際、日本政府が総司令部の「受け容れ難い案」を提出された後に、その作り直しを「強制する」より、その提出を受ける前に総司令部から「指針を与える」方が、戦略的に優れているとも分析した。

23)1946年2月3日マッカーサーは、総司令部が憲法草案を起草するに際して守るべき三原則を、憲法草案起草の責任者とされたホイットニー民政局長に示した(「マッカーサー・ノート」)。三原則の内容は以下の通り。

天皇は国家の元首の地位にある。皇位は世襲される。天皇の職務および権能は、憲法に基づき行使され、憲法に表明された国民の基本的意思に応えるものとする。

Emperor is at the head of the state.His succession is dynastic.His duties and powers will be exercised in accordance with the Constitution and responsive to the basic will of the people as provided therein.

国権の発動たる戦争は、廃止する。日本は、紛争解決のための手段としての戦争、さらに自己の安全を保持するための手段としての戦争をも、放棄する。日本はその防衛と保護を、今や世界を動かしつつある崇高な理想に委ねる。日本が陸海空軍を持つ権能は、将来も与えられることはなく、交戦権が日本軍に与えられることもない。

War as a sovereign right of the nation is abolished. Japan renounces it as an instrumentality for settling its disputes and even for preserving its own security. It relies upon the higher ideals which are now stirring the world for its defense and its protection.No Japanese Army, Navy, or Air Force will ever be authorized and no rights of belligerency will ever be conferred upon any Japanese force.

日本の封建制度は廃止される。貴族の権利は、皇族を除き、現在生存する者一代以上には及ばない。華族の地位は、今後どのような国民的または市民的な政治権力を伴うものではない。予算の型は、イギリスの制度に倣うこと。

The feudal system of Japan will cease.No rights of peerage except those of the Imperial family will extend beyond the lives of those now existent.No patent of nobility will from this time forth embody within itself any National or Civic power of government.Pattern budget after British system.

24)この三原則を受けて総司令部民政局には、憲法草案作成のため、立法権、行政権などの分野ごとに、条文の起草を担当する八つの委員会と全体の監督と調整を担当する運営委員会が設置された。

25)1946年2月4日の会議でホイットニーは、全ての仕事に優先して極秘裏に起草作業を進めるよう民政局員に指示した。起草にあたったホイットニー局長以下25人のうち、ホイットニーを含む4人には弁護士経験があった。しかし、憲法学を専攻した者は一人もいなかったため、日本の民間憲法草案(特に憲法研究会の「憲法草案要綱」)や、世界各国の憲法が参考にされた。民政局での昼夜を徹した作業により、各委員会の試案は、2月7日以降、次々と出来上がった。これらの試案をもとに、運営委員会との協議に付された上で原案が作成され、さらに修正の手が加えられた。2月10日、最終的に全92条の草案にまとめられ、マッカーサーに提出された。

26)マッカーサーは一部修正を指示した上でこの草案を了承し最終的な調整作業を経た上で1946年2月12日に草案は完成した。マッカーサーの承認を経て2月13日いわゆる「マッカーサー草案」(GHQ原案)が日本政府に提示された。

▲【新聞記事】首相、「進駐軍が作った」 改憲実現に意欲

2013年5月8日 共同・東京新聞

安倍晋三首相は8日の参院予算委員会で、1946年に公布された現行憲法が連合国軍総司令部(GHQ)の草案を基にしていることを踏まえ「制定過程で(見ると)、進駐軍が作った。時代にそぐわない内容もある」と述べ、改憲実現への意欲を重ねて示した。

同時に「私たち自身の手で憲法を作るという精神こそが、新しい時代を切り開く」と訴えた。

トルコとの原子力協定締結を含めた原発輸出政策に関し「相手国の事情や意向を踏まえ、高い安全水準技術を提供する」と推進していく考えを強調した。

みんなの党の山田太郎、社民党の山内徳信両氏に対する答弁。

③安倍首相はなぜ「安保条約」と「日米行政協定」こそが米国が日本に強制した条約であると言わないのか?

安倍首相が本来言うべきことは1951年9月8日の「サンフランシスコ講和条約」調印日式の当日午後5時に吉田首相一人を「拉致する形」でサンフランシスコ郊外の陸軍基地で署名させた「日米安保条約(旧)」とその6か月後にひそかに調印された「日米行政協定」こそが米国が「」47

④昨日3本の映画を連ちゃんで見たが一番すぐれていたのは憲法9条「戦争放棄」の重要性を国際的な広がりで取り上げた山上徹二郎氏(企画・製作)ジャン・ユンカーマン氏(監督・編集)の『映画 日本国憲法』だった。

『ベアテの贈りもの』は当時の日本には存在していなかった「男女平等」と「人権尊重」「教育を受ける権利」の概念を日本国憲法に初めて導入した当時22歳のべアテ・シロタ女史の奮闘ぶりを紹介した映画でとても勉強になった。しかし公判の部分で「ベアテの贈りもの」の継承者として、労働省婦人少年局局長、参議院議員、環境庁長官、内閣官房長官、文部大臣、法務大臣なを歴任した自民党政治家森山弓枝や取り上げているのはまったく間違っていると思う。彼女が半世紀以上にわたって日本の政治、経済、社会を独占支配し日本国憲法が掲げる「基本的人権」「基本的自由」「反戦平和」「国際協調」の理念を破壊してきた自民党の政治家であったことをなぜ言わなかったのか不思議だ。

『100年の谺(こだま)大逆事件は生きている!』は自由・平等・博愛、社会主義、無政府主義、「非戦」を掲げて登場した平民新聞とその読者を徹底的に弾圧して壊滅させる目的でらら国家権力が「明治天皇暗殺事件」をでっち上げて数百人を逮捕・拷問し幸徳秋水や管野スガら12名が処刑、12名が無期懲役(そのうち獄死名)にされた「国家犯罪」を犠牲者の主張や行動に力点を置いて丹念に記録している。しかし「国家犯罪」を実行したとされる松室致検事総長、平沼騏一郎大審院次席検事、小山松吉神戸地裁検事局検事正など大逆事件をフレームアップしたとされる「犯罪者実行者」に関して追求や言及が皆無なのはなぜなのか?我々が知りたいのはそちらの「真実」なのだ。

(3)今日のテーマ:「反権力」と「非権力」

「反権力」だけを叫ぶ者はいったん権力を握ると「権力者」となる。「反権力」と「非権力」を同時に叫ぶ者こそ本物だ!

(4今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(6)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月10日(金)午後1時半より東京高等裁判所817号にて最高裁のプール金による損害賠償訴訟の控訴審が行われます。原告は「最高裁の裏金」を告発している元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士です。皆様の傍聴をお願いいたします。

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

http://masaru-kunimoto.com/03saicousainoihoufuseishudan.html

②New!5月10日(金)午後2時半頃より生田暉雄弁護士への「YYNewsLiveインタビュー&トーク」テーマ「最高裁の裏金問題」をネット中継しますのでぜひご覧ください。

③5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(7)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.09(木) 13:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.09(木) 14時00分

0.045μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.09

①首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」

2013年5月9日 東京新聞

【ワシントン=竹内洋一】米議会調査局が日米関係の報告書をまとめ、旧日本軍慰安婦問題などをめぐる安倍晋三首相の歴史認識について「(東アジア)地域の国際関係を混乱させ、米国の国益を害する恐れがあるとの懸念を生じさせた」と指摘した。米有力紙にも首相の歴史認識を批判する社説が相次ぐなど、東アジアの不安定化要因として危惧する声が高まっている。

米議会調査局は、上下両院議員の立法活動を補佐するためその時々の国政の重要課題について専門スタッフが調査し、詳細な情報を公式報告書にまとめて議員に提供。議論に影響を及ぼしている。

今月一日付の日米関係の報告書は、首相が「強固な国粋主義者」として知られ、「帝国主義日本の侵略やアジアの犠牲を否定する歴史修正主義にくみしている」と指摘。慰安婦問題や靖国神社参拝をめぐる言動は、「米国や日本の近隣諸国から注意深く監視される」と強調した。

報告書は、植民地支配と侵略を認めた一九九五年の村山富市首相(当時)の談話について、安倍首相が今年四月の国会答弁で「そのまま継承しているわけではない」「侵略の定義は国際的にも定まっていない」と述べたことに触れ、米国が非公式に懸念を伝えたとの報道に言及した。

慰安婦問題では、報告書は旧日本軍の関与を認めた九三年の河野洋平官房長官(当時)による「河野談話」の見直しが安倍首相の持論であり、仮に見直せば日韓関係を悪化させるとしている。米国内の反応として、クリントン前国務長官が「慰安婦」でなく「(強制された)性的奴隷」という用語を使うよう国務省高官に指示したとの報道も引用した。

さらに「首相は熱心な国粋主義者を閣僚に選んだ」と指摘。複数の閣僚が靖国神社を参拝し、中韓両国が反発していると説明した。

米有力紙も、安倍首相について「歴史を直視していない」(ワシントン・ポスト)、「不必要なナショナリズム」(ニューヨーク・タイムズ)とする社説を掲載している。

◆首相 侵略の国連定義は「参考」 参院予算委

安倍首相の歴史認識に関する発言が波紋を広げている。村山談話や河野談話といった過去の政府談話をそのまま踏襲したくない首相の本音が見え隠れするからだ。中国、韓国の反発だけでなく、首相が同盟関係を重視する米国からも懸念が示され、事態の沈静化は遠い。

八日の参院予算委員会でも、過去の植民地支配と侵略を謝罪した村山談話が議論となった。首相は「侵略」を「他の国家の主権、領土保全、政治的独立に対する武力行使」などと定義した一九七四年の国連総会決議について「国連安全保障理事会が侵略行為を決定するためのいわば参考だ」と指摘。「学問的にさまざまな議論があり、絶対的な定義は決まっていないと(四月の国会で)申し上げた。政治家として立ち入ることはしない」と述べた。

村山談話をめぐっては、戦後七十年の節目となる二〇一五年に「未来志向」の新たな談話を発表する意向を表明している。その際、村山談話でアジア諸国に「多大の損害と苦痛を与えた」とした部分は、安倍内閣でも同じ立場だと言っている。

だが、村山談話の核心部分ともいえる日本の侵略を認めて謝罪した部分に関しては、内閣として引き継ぐとは明言しない。

首相は従軍慰安婦に関する河野談話についても、〇七年の第一次安倍内閣当時に、日本軍による強制連行の証拠は見当たらないとした答弁書を踏襲する考えを表明。慰安婦に対しては「お見舞いを申し上げたい気持ちは歴代内閣と変わりはない」と国会で答弁する一方で、強制性に関する認識などについては「外交問題に発展する」として、対応を菅義偉官房長官に委ねる姿勢を通している。

首相は八日の予算委で「日本は深刻な反省から戦後の歩みを始めた。安定的な平和を維持する努力もしてきた」と日本の立場に理解を求めていく考えを強調。菅氏も記者会見で「外交ルートを通じて理解をしてもらうに尽きる」と擁護するが、事態を好転させる打開策は何も示されていないのが現状だ。 (大杉はるか)

②投票率、黒人が初めて白人上回る 12年米大統領選

2013年5月9日 共同・東京新聞

【ワシントン共同】米国勢調査局は8日、オバマ大統領が再選を果たした2012年大統領選で、黒人有権者の投票率は66・2%と、白人の64・1%を上回ったと発表した。米大統領選で黒人の投票率が白人を上回ったのは人種別の投票データの公表を始めた1968年以降で初めてという。

 黒人の大多数はオバマ氏に投票したとみられ、マイノリティー(少数派)支持が再選の原動力となったことがあらためて裏付けられた。12年に票を投じた黒人有権者は08年と比べ約170万人増加し顕著な伸びを記録した一方で、白人は約200万人減り、人種別で唯一減少した。

③過去に女性目撃も「警察動かず」米メディア

2013.5.9 共同・産経新聞

米オハイオ州クリーブランドで女性3人が約10年にわたり監禁されていた事件で、警察官が容疑者宅を訪れたり住民が3人とみられる女性を目撃したりしていながら解放につながらなかったことが分かった。米メディアが伝えた。地元司法当局は8日、誘拐と強姦の容疑で元スクールバス運転手アリエル・カストロ容疑者(52)を訴追した。誘拐の経緯や監禁の実態について詳しく追及する。同時に逮捕された兄弟2人は関与した証拠がないとして訴追されなかった。

当局は女性らが同容疑者に性的関係を強要されたとみている。アマンダ・ベリーさん(27)は出産、子どもは6歳という。

米紙USAトゥデーは、近所の住民が容疑者宅の裏庭で、3人の女性が首輪を付けられ四つんばいになっているのを見かけ警察に通報したが、警官は来なかったと報じた。約2年前に女性が助けを求めるように窓をたたいているのを住民が聞いて通報したが、警官は踏み込まなかったという。(共同)

(10)今日の国内情報:2013.05.09

①憲法96条改正是非で見解二分 衆院憲法審査会

2013年5月9日 東京新聞

衆院憲法審査会は9日午前、改憲の発議要件を規定する96条について議論した。自民党、日本維新の会、みんなの党が発議要件緩和のための改正を主張、民主、公明、共産、生活の4党は慎重、反対論を展開し、各党間で見解が分かれた。安倍首相は96条の先行改正に強い意欲を示しており、夏の参院選で争点となる見通しだ。今国会で主要政党がそろって96条に関する意見を表明するのは初めて。

96条は、改正案を国民に発議するためには衆参両院の「3分の2以上」の賛成が必要だと規定している。発議を受けた国民投票で過半数の賛成を得れば改正が成立する。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,335 I
前日訪問者数(IP): 1,260
トータル閲覧者数(PV): 7,462,281
トータル訪問者数(IP):2,957,458
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 3,106
前日のコメント数: 73
TV総視聴者数: 98,841
総コメント数:9,388
**************************************
[2013/05/09 16:47] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
米ヘンリー・ウオレス副大統領と小沢一郎氏は似ている!共に米国大統領と日本の首相への道を謀略によって絶たれた政治生命を失った。彼らがそれぞれ大統領と首相に就任していたらその後の歴史は間違いなく好転していただろう!
strong>■米ヘンリー・ウオレス副大統領と小沢一郎氏は似ている!共に米国大統領と日本の首相への道を謀略によって絶たれた政治生命を失った。彼らがそれぞれ大統領と首相に就任していたらその後の歴史は間違いなく好転していただろう! 本日火曜日(5月07日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  73分 47秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12549603



(1)今日のトピックス:

①若者よ「徴兵制反対闘争」に決起せよ!自民党がついにその正体をあらわした!「自民 党憲法改正草案」に「徴兵制」追加へ!

【新聞記事】自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ

2013.05.07 共同通信

自民党憲法改正推進本部(本部長・保利耕輔前政調会長)は4日の会合で、徴兵制導入の検討を示唆するなど保守色を強く打ち出した論点を公表した。これを基に議論を進め、05年に策定した改憲草案に修正を加えて、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が施行される5月までの成案取りまとめを目指す。

参院選を視野に、離反した保守層を呼び戻す狙いとみられる。ただ05年草案も徴兵制には踏み込んでおらず、「右派」色を強めたと受け取られる可能性もある。今後党内外で論議を呼ぶのは必至だ。

大島理森幹事長は4日夜に「論点は他の民主主義国家の現状を整理したにすぎない。わが党が徴兵制を検討することはない」と火消しを図るコメントを発表した。

論点では「国民の義務」の項目で、ドイツなどで憲法に国民の兵役義務が定められていると指摘した上で「民主主義国家における兵役義務の意味や軍隊と国民との関係について、さらに詰めた検討を行う必要がある」と記述。

②朝日新聞の最新「世論調査」によると安倍首相の「憲法改正」に過半数が反対している.しかし同じ「世論調査」で安倍首相の支持率が70%と矛盾しているのはなぜ何故か?

▲朝日新聞「世論調査」の結果:

1)96条改憲(改憲要件3分の2以上から過半数への緩和):賛成38%、反対54%。

2)9条改憲:変える39%、変えない52%。

3)「変える」の理由としては、「日米同盟の強化や東アジア情勢の安定につながるから」が41%、「今の自衛隊の存在を明記すべきだから」が37%、「自衛隊を正式な軍隊にすべきだから」が17%。

4)非核3原則:維持すべき:77%、見直すべき18%。

5)武器輸出の拡大:賛成が14%、反対が71%。

6)武力行使を伴う国連軍への自衛隊の参加:賛成34%、反対58%。

7)自衛隊の国防軍化:賛成が31%、反対が62%。

8)集団的自衛権:「行使できるようにする」33%、「行使できない立場を維持する」56%

9)「1票の格差」(定数配分の格差)が是正されない状態で選ばれた議員が改憲の提案をすること:問題54%、問題ではない38%。

▲【朝日新聞世論調査記事】96条改定し改憲手続き緩和、反対54%賛成38%

2013.05.02

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305020228.html

▲TOPICS/96条改定し改憲手続き緩和、反対54%賛成38% 朝日新聞社世論調査
 憲法記念日を前に朝日新聞社は全国郵送世論調査を行い、憲法に関する有権者の意識を探った。それによると、憲法96条を変え、改憲の提案に必要な衆参各院の議員の賛成を3分の2以上から過半数に緩める自民党の主張について、反対の54%が賛成の38%を上回った。9条についても「変えない方がよい」が52%で、「変える方がよい」の39%より多かった。

■9条改定、反対52%

96条の改正要件緩和については、自民党が昨年作った憲法改正草案で主張。最近は安倍政権も唱えているが、有権者は慎重であることが浮かび上がった。

衆院と参院の一票の格差が是正されない状態で選ばれた議員が改憲の提案をすることについて尋ねると、「問題だ」が54%、「問題ではない」が38%。改憲手続き緩和の自民党の主張に賛成の層でも、44%が「問題だ」と答えた。

9条については、昨年4月下旬に実施した電話調査でも「変えない方がよい」が55%、「変える方がよい」30%だった。調査方法が違い、質問文もやや異なるため単純に比較できないが、「変えない方がよい」という人が多い傾向は続いている。

参院比例区の投票先で自民を挙げた人は49%に達したが、自民投票層でも、9条を「変える」が45%、「変えない」が46%とほぼ並んだ。自民党は9条を変えるべきだと主張しているが、変えない方がよいという人でも「景気や雇用」などを重視して自民に投票するという構図だ。

また、今の憲法を「変える必要がある」は54%、「変える必要はない」が37%だった。質問文がやや異なるが、過去の電話や面接調査では1990年代後半以降、改憲派が多い。

調査は3月中旬~4月下旬に実施。有効回答2194件、回収率73%。

     ◇

〈憲法96条〉 憲法改正を国会が発議するには、衆参両院それぞれで総議員の3分の2以上の賛成が必要だと規定した条文。発議された改正の承認には、国民投票で過半数の賛成が必要だとも定めている。自民党や日本維新の会などは、発議の要件を過半数に緩和するべきだと主張。共産、社民両党などは要件緩和に反対している。

■集団的自衛権に慎重 「行使できぬ立場維持」56%

憲法をテーマにした朝日新聞社の全国郵送世論調査で集団的自衛権について尋ねると、「行使できない立場を維持する」が56%で多数となり、「行使できるようにする」は33%にとどまった。

 集団的自衛権は、自国が攻撃されていなくても、密接な関係にある他国が攻撃を受けた時、自国への攻撃とみなして実力で阻止する権利。これまで政府は「行使できない」という解釈を取ってきたが、安倍晋三首相は今の憲法のままで政府解釈を変更して行使できないかと検討している。

 そこで「行使できるようにする」と答えた人にどうしたらよいかと聞くと、「憲法を変えなければならない」が63%に上り、「政府の解釈を変更するだけでよい」34%を上回った。

 調査方法や質問文が異なるため単純に比較できないが、2006年の面接調査でも「(集団的自衛権を)使えない立場を維持する」の53%が「使えるようにする」の36%より多かった。

 一方、自民党は9条を変え、国防軍を設けると独自に作った改正草案で掲げる。この国防軍について尋ねると、反対が62%となり、賛成31%の2倍になった。9条を「変える方がよい」という層では65%が賛成だが、反対も29%いた。

 集団的自衛権を行使できるようにすることや国防軍の設置は自民党と安倍首相が訴えてきたが、いずれについても有権者の反対が根強いようだ。

 安倍内閣の支持率は66%、不支持率は24%。郵送調査は電話調査に比べ、支持や不支持が比較的高くなる傾向がある。

 この内閣支持層でも、集団的自衛権の問題では「行使できない立場を維持する」が52%で、「行使できるようにする」の38%を上回っている。

【英文記事】

■Asahi poll: 54% against making constitutional revisions easier:

Despite strong public support for Prime Minister Shinzo Abe, his Liberal Democratic Party faces stiff voter opposition on its proposed changes to the Constitution.

安倍首相の高い支持率にもかかわらず「憲法改正」を提案している与党自民党は有権者の強い反対に直面している。

More than half of voters are opposed to the LDP's proposal to ease the requirement for initiating constitutional revisions, with a similar number opposed to amending the war-renouncing Article 9, according to an Asahi Shimbun survey.

Questionnaires were mailed to 3,000 voters nationwide, and 73 percent of them, or 2,194, provided valid responses. The survey was conducted between March and April ahead of Constitution Day on May 3.

Under Article 96, the Diet needs the support of at least two-thirds of lawmakers in each chamber to initiate a constitutional revision. The revision must then receive a majority of voter approval in a referendum.

In a draft proposal to revise the Constitution released last year, the LDP called for lowering the requirement for initiating a revision from two-thirds to more than one-half of lawmakers in each Diet chamber. The Abe administration supports the change.

The Japan Restoration Party backs easing the requirement, while the Japanese Communist Party and the Social Democratic Party are opposed.

In the survey, 54 percent of respondents said they are opposed to the LDP proposal, compared with 38 percent who support it.

The survey also asked voters about the wide differences in the weight of votes, measured by the number of eligible voters per Diet seat, that exist in both chambers. Many courts have ruled such disparities in the 2012 Lower House election unconstitutional.

In the survey, 54 percent of respondents said "there is a problem" with lawmakers elected under such conditions initiating a constitutional revision, compared with 38 percent who said "there is not a problem."

Even among those who back the looser requirement proposed by the LDP, 44 percent said there is a problem.

In its draft proposal to revise the Constitution, the LDP also called for amending Article 9.

However, 52 percent of respondents said the article "had better not be changed," compared with 39 percent who said it "had better be changed."

Voters who want to keep Article 9 intact have typically outnumbered those who want to amend it. In an Asahi Shimbun telephone survey in April 2012, 55 percent of respondents said Article 9 "had better not be changed," compared with 30 percent who said it "had better be changed." The question was worded differently from the most recent survey.

Even voters who support the LDP are split over the wisdom of amending Article 9.
In the latest survey, 49 percent of respondents said they would vote for the LDP in the proportional representation portion if the Upper House election, scheduled for this summer, were held now.

Among those voters, 46 percent said Article 9 "had better not be changed" and 45 percent said it "had better be changed."

Voters were also asked whether the Constitution as a whole needs to be changed. Fifty-four percent said it "needs to be changed," while 37 percent said it "does not need to be changed."

Asahi Shimbun surveys indicate that supporters of revisions have generally outnumbered opponents since the latter half of the 1990s.

The latest survey also asked about the right to collective self-defense, which is the right to defend an ally being attacked even when Japan itself is not under attack.

Under the government's interpretation of the Constitution, Japan possesses the right to collective self-defense but cannot exercise it.

Prime Minister Shinzo Abe plans to change the interpretation to enable Japan to exercise the right to collective self-defense, without revising the Constitution.

According to the survey, 56 percent of respondents said Japan must "maintain the stance that it cannot exercise" the right to collective self-defense, and 33 percent said the nation must "enable itself to exercise" it.

The latter group of respondents was asked how Japan should enable itself to exercise that right.

Sixty-three percent said the Constitution must be changed, while 34 percent said only the government's interpretation needs to be changed.

In an Asahi Shimbun interview survey in 2006, 53 percent of respondents said Japan must "maintain the stance that it cannot exercise" the right to collective self-defense, compared with 36 percent who said the nation must "enable itself to exercise" it. The question was worded differently from the most recent survey.

The LDP's proposal also calls for the creation of a "national defense force."

According to the survey, 62 percent of respondents are opposed to a national defense force, double the 31 percent who support it.

Of those who said Article 9 should be changed, 65 percent support the national defense force, while 29 percent are opposed to it.

The survey showed that 66 percent of voters support the Abe Cabinet and 24 percent do not. Both of those numbers are relatively higher in mail surveys than in telephone surveys.

Even among those who support the Cabinet, 52 percent said Japan must "maintain the stance that it cannot exercise" the right to collective self-defense, compared with 38 percent who said the nation must "enable itself to exercise" it.

(2)今日のテーマ:

▲米ヘンリー・ウオレス副大統領と小沢一郎氏は似ている!共に米国大統領と日本の首相への道を謀略によって政治生命を絶たれた。彼らが大統領と首相に就任していたら歴史は間違いなく好転していただろう!

1)もしもヘンリー・ウオレスが米大統領になっていたら、広島、長崎への原爆投下はなかっただろう。

2)もしもヘンリー・ウオレスが米大統領になっていたら、米ソ対立、核開発競争はなかっただろう。

3)もしも小沢一郎が民主党代表となり日本の首相になっていたら、2011年の東日本大震災と福島第一原発第事故に迅速に対応しこれほどの犠牲者を出さなかっただろう。

4)もしも小沢一郎が民主党の代表となり日本の首相になっていたら、安倍自公ファシスト政権の誕生はなかっただろう。

▲【全国民必見番組】オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第2回 フランクリン・ルーズベルト、ハリー・S・トルーマン、ヘンリー・A・ウォレス/BS世界のドキュメンタリー

http://www.dailymotion.com/video/xyygi7_iiii-iiiiiii-iiiiiiiiiii-i_news?start=5#.UYh4fkoXItU

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第2回

【番組解説】転載

スターリングラード攻防でナチス・ドイツが敗北して以来、独ソ戦の形勢はソビエトに傾く。この形勢逆転で英米が恐れたのが、スターリン単独での対ドイツ和平だった。これを防ぐためルーズベルト米大統領は、1943年11月にテヘランで、スターリン、チャーチルと会談。ルーズベルトは、チャーチルを外してスターリンと個別に数日間交渉を行った。そして、東ヨーロッパの戦後処理にソビエトが関与することを事実上認め、ナチスとの戦争終了後にソビエトが対日戦争を開始することが極秘に確認された。

また、内政面では、圧倒的な支持を得ていた副大統領候補のヘンリー・ウォレス(当時、副大統領)にスポットを当てる。

ウォレスは1942年に“the century of the common man(市民の世紀)”を訴える演説を行い、全米で最も人気のある政治家だった。しかし、彼のリベラルな姿勢(男女平等、黒人解放的思考、反植民地主義など)が民主党内で危険視され、トルーマンが一転して副大統領候補となる。「歴史の分かれ目」となる“事件”だった。

その後、ルーズベルト大統領の死によって大統領となったトルーマンは、日本への原爆投下を決断することになる。

(引用終わり)

(3)今日の「主権在民の憲法草案を作ろう!」

【公務員】

1))税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)に民間労働者と同じく労働三権を与える。

2)税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)に「同一労働同一賃金」「同一労働同一保障」の原則を適用する。

3)税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)の年間報酬は日本の労働者平均年収390万円を基本とする。

4)税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)が公務員となるには①日本国憲法の基礎知識及び②最低5年間民間企業あるいはNPO,NGOでの活動実績を必須となる。

5))税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)の人数と予算を総量規制する。

6))税金で生計を立てているすべての公務員(国会議員、地方議員、国家公務員、地方公務員、独立行政法人職員など)のうち各部門の最高責任は公選制とする。

7)政治家の特権・利権は禁止する。

8)政治家と政党への起業及び団体の献金は禁止する。

(4)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(5)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(6)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

②New!5月10日(金)午後1時半より東京高等裁判所817号にて最高裁のプール金による損害賠償訴訟の控訴審が行われます。原告は「最高裁の裏金」を告発している元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士です。皆様の傍聴をお願いいたします。

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

http://masaru-kunimoto.com/03saicousainoihoufuseishudan.html


③New!5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(7)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.07(火) 12:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.07(火) 12時00分

0.045μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①New1 【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.07

①北朝鮮 ミサイル発射台を撤去

日米の関係筋は、日本時間のけさ、北朝鮮が、東部のミサイル発射場で発射を準備していた2基の移動式のミサイル発射台が撤去されたことを明らかにしました。

②ロ首都、反プーチン集会に3万人 大統領復帰1年で

2013年5月7日  共同・東京新聞

【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワの広場で6日夕、プーチン氏の大統領復帰から7日で丸1年となるのを前に、野党主催の反プーチン政権集会が開かれた。国営ロシア通信の推計では約3万人が参加。人々は「ロシアに自由を」「プーチンは泥棒」などと繰り返し、保守的、強権的姿勢を強める大統領への反発をあらためて示した。

 反政権集会は不正疑惑で揺れた一昨年12月の下院選直後ほどの勢いはないが、政権側がこの1年、非政府組織(NGO)や野党の活動、デモなどを規制する法律を整備してもなお抑え込めない状況が続いている。

(10)今日の国内情報:2013.05.07

①ハフィントン・ポスト日本版始動 ニュース論じ合う場に

http://www.huffingtonpost.jp/

2013.05.07 朝日新聞

米国で最も読まれるニュースブログサイトの一つ、「ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン」日本版のサービスが7日、始まった。ハフィントン・ポスト・メディア・グループ(HPMG)と朝日新聞社が出資した合弁会社が運営。本国版と同様、速報ニュースやブログ、ソーシャルメディアで構成する。柱の一つ、ブログには、現役の国会議員や学者、ジャーナリストらが書き下ろし原稿を寄稿。ソーシャルメディアで盛り上がっているニュースやトピックに、サイト全体で素早く対応していくのも大きな特徴の一つだ。
ハフィントン・ポスト日本版

7日午後には本国版の創業者アリアナ・ハフィントン氏や木村伊量・朝日新聞社長らが東京・六本木でローンチ発表の記者会見を開く。続くパネルディスカッションでは、「選挙におけるインターネットメディアの役割とは」をテーマに、ハフィントン氏と松浦茂樹・日本版編集長、近藤正晃ジェームス・ツイッター日本法人代表、田端信太郎・LINE執行役員らが議論する。この様子は会場からニコニコ動画やユーストリームで生中継される。

②東証1万4000円台回復 4年11カ月ぶり、円安好感

2013年5月7日 東京新聞

 連休明け7日午前の東京株式市場は、米国の景気回復への期待が高まる中、外国為替市場での急速な円安も好感され、日経平均株価(225種)は大幅反発して始まった。取引時間中としては2008年6月20日以来約4年11カ月ぶりに、一時1万4000円台を回復した。

午前9時15分現在は前営業日の2日終値比391円52銭高の1万4085円56銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は30・58ポイント高の1183・86。

3日に発表された4月の米雇用統計で失業率が3カ月連続で改善し、米景気後退への懸念が薄まったことなどで買い注文が先行した。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,494
前日訪問者数(IP): 1,239
トータル閲覧者数(PV): 7,455,183
トータル訪問者数(IP):2,954,831
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 2,409
前日のコメント数: 53
TV総視聴者数: 97,697
総コメント数: 9,292
**************************************
[2013/05/07 15:28] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
安倍首相の「憲法改悪」に向けた大手マスコミと一体となった「世論誘導」工作は悪質で露骨だ!
■安倍首相の「憲法改悪」に向けた大手マスコミと一体となった「世論誘導」工作は悪質で露骨だ!本日月曜日(5月06日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  56分 02秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12504319



(1)今日のトピックス:

①昨日日曜日(5月5日)午後2時―5時で「若者討論会」の5月例会が「憲法が国民に保障している権利を学ぼう!」のテーマで11名の参加で開催されネット中継されました。リブと録画で現時点での視聴者数は1499名です。多くの方kらコンテイニューコインを戴きまた会場が1Fだったために電波の受信状態がよく一度も切れることなく2時間28分の長時間の討論を連続して中継するkとができました。是非ご覧いただき多くの方に情報拡散をお願いします。

1)No1 2時間28分  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12450589



②安倍首相による「憲法改悪」に向けた大手マスコミと一体となった「世論誘導」工作は悪質で露骨だ!

安倍首相は渡邊読売新聞代表と示し合わせた上で昨日の「子どもの日」に合せて「長嶋一雄元監督と松井秀喜元選手」への「国民栄誉賞」授与式を行った。「憲法96条改正」をアピールするために安倍首相自ら96番の背番号をつけてユニホーム姿で登場したのだ。この程度の子ど騙しの安いパーフォーマン二しかできない人物が日本の最高権力を握っていることは最大の不幸でしかない。安部首相ははまず「憲法96条」を改正して衆参での「憲法改正国会発議」条件を2/3から1/2に緩和しその上で「憲法改悪」するという2段戦法で国民を誘導しよとしているがこのような子供だましの工作には国民はもはや騙されないのだ。戦後最悪の「小賢しいウソつきファシスト首相」を一日も早く権力の座から引きずり降ろさなければならないのだ。

(2)今日のテーマ:

もしもルーズベルトがリベラル政治家ウオレスを副大統領候補に選んでいたらトルーマンとバーンズはそれぞれ大統領と国務長官に就任しなかった。ウオレス大統領が誕生していたら広島、長崎への原爆投下もなかっただろう。米ソの核開発競争と米ソ冷戦やベトナム戦争などもあれほどまでに拡大しなかっただろう。黒人解放運動(公民権運動)や女性解放運動などもあれほど長期間多くの犠牲者を出さなかっただろう!

本日正午から再放送されました【オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」第5回「アイゼンハワーと核兵器」を見ての感想です。

(3)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、    
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(4)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(5)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

②New!5月10日(金)午後1時半より東京高等裁判所817号にて最高裁のプール金による損害賠償訴訟の控訴審が行われます。原告は「最高裁の裏金」を告発している元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士です。皆様の傍聴をお願いいたします。

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

http://masaru-kunimoto.com/03saicousainoihoufuseishudan.html

最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

③New!5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(6)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.06(月) 13:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.06(月) 13時40分

0.045μsv/h

(7)今日の「草の根市民運動」:

①New1 【YYNewsLive】を視聴した内容を【口コミメデイア】で周りの知人、友人、家族に情報を拡散しよう!

②【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

③フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

【CNMTVチャネル】/a>

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

④全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.06

①米で5歳の兄が誤射 妹死亡(F2 )

アメリカ南部のケンタッキー州で、5歳の男の子が2歳の妹に向けて誤って銃を発砲。妹は病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。男の子が使った銃は、「私の初めてのライフル」という宣伝文句で、子ども向けに販売されているものです。地元の捜査関係者によると、この地域では銃は代々受け継がれるもので、子供の頃から銃の使い方を学ぶということです。家族は、銃に弾が込められていたことは知らなかったとしています。銃規制をめぐり意見が分かれるアメリカで、今回の事件は大きな波紋を呼んでいます。

②マレーシア総選挙、与党が過半数 政権維持が確定

2013.05.06 朝日新聞

【クアラルンプール=都留悦史】マレーシア連邦議会下院(定数222)選が5日行われ、ナジブ首相率いる与党連合・国民戦線(BN)の獲得議席数が過半数を突破し、政権を維持することが決まった。

6日午前3時(日本時間6日午前4時)現在の選挙委員会の発表では、BNは133議席を獲得し、アンワル元副首相率いる野党・人民同盟(PR)は87議席。残る2議席の開業作業が続いている。

ナジブ首相は記者会見で「民主主義が機能していることが証明された。マニフェストを果たすことを国民に約束する」と勝利宣言した。BNは改選前議席数137を下回ることが確実で、議席数を伸ばしたPRとの差はさらに縮まった。

一方、野党連合のアンワル氏も記者会見し、今回の結果について「不正な選挙で決まった不公平なもので、理由なしには到底受け入れられない」とし、選挙委員会を厳しく批判した。

前回2008年の選挙で、BNは憲法改正に必要な下院議席数の3分の2を39年ぶりに割り込んだ。今回は、汚職などで支持率を落とした与党が1957年の独立以来の政権を維持できるかが注目された。

09年に首相に就任したナジブ氏は、支持回復を図るため、1人あたりの国民総所得を20年までに倍増させる経済改革に着手。さらにナジブ氏が重視したのが、与党のイメージ回復だった。議席を大幅に失った前回選挙後、海外のコンサル会社の協力を得て「ワン・マレーシア(一つのマレーシア)」の標語を打ち出した。汚職などに向けられた国民の関心を引き戻す狙いがあったとみられる。

これに対し野党は、民族の垣根を越えた支持拡大へ向け、与党幹部の汚職や既得権益を批判した。都市部の中華系や若者らの支持を伸ばしたが及ばなかった。

(10)今日の国内情報:2013.05.06

①除染に群がる暴力団 給料ピンハネ、税金を資金源に

除染をめぐる事件の構図

福島県内の除染を暴力団が狙っている。山形県の暴力団幹部が作業員を送り込んで給料をピンハネした事件で、除染に使われる税金を資金源にする実態が初めて浮き彫りになった。

■人手不足「チェック甘いと思った」

2013.05.06 朝日新聞

「震災復興に税金が投入されていることは、わかっていますよね」

元暴力団幹部A(40)は検察官の質問に淡々と答えた。「はい、なんとなく」

3月5日、山形地裁。審理は初公判のこの日で終了し、検察は懲役8カ月を求刑した。約3週間後、地裁はAが派遣業の許可を持たずに福島県伊達市の除染現場に7人を派遣したと認定し、懲役8カ月執行猶予3年を言い渡した。賃金を中抜きした「悪質な犯行」と断じたものの、事件後に暴力団を辞めたことを考慮して実刑は避けた。

政府が復興の柱に位置づける除染に、なぜ暴力団が介在したのか。

Aが所属した指定暴力団の事務所を山形県警から聞いた。県警本部から500メートルほどの住宅街。茶色の屋根に黄土色の壁の2階建てで周りの民家に溶け込んでいる。表札はなくインターホンの脇に「ご用の方はボタンを押してください」とある。組員約40人を抱え、県内最大勢力だという。

県警によると、Aが除染に目を付けたのは昨年11月ごろ。手っ取り早く稼ぐため、伊達市発注の除染で3次下請けに入ったB社に作業員を送り込んで彼らの給料の一部を抜き取ったと取り調べに供述した。「除染は人手がいるからチェックが甘いと思った。事業を拡大していこうと思っていた」とも話したという。

Aは建設業の知人に「仕事のないヤツはいないか」「簡単な仕事で1日1万2千円出す」と触れ回り、少なくとも7人が応じた。AはB社から7人分の賃金を受け取り、少なくとも十数万円を抜き取ってから配ったという。検察側はAがその一部を暴力団に上納したと裁判で指摘した。

7人の中にはAが暴力団関係者だと気づいていた人もいた。Aと十数年前に知り合ったB社社長も、暴力団員かもしれないと思いつつ、本人には突き詰めなかったと警察に話した。

Aの罪は労働者派遣法違反(無許可派遣)。最高刑は1年以下の懲役か100万円以下の罰金で、執行猶予が付く場合も少なくない。県警幹部は「労働者派遣法は暴力団の関与を想定しておらず、刑は軽くなる」。別の幹部は「山形の事例は氷山の一角」と話す。判決後、Aの自宅を繰り返し訪れて家族に取材を依頼したが、今も応じていない。

■「偽装請負」横行、追いつかぬ対策

不正行為を口外したらどんな仕打ちを受けるかわからない――。朝日新聞が続けている「手抜き除染」や「除染手当中抜き」の取材で、作業員がよく口にするのが暴力団への恐怖だ。

飯舘村の除染に入る3次下請けは、2次下請けの幹部が「俺はスジの者だ。毎週、上納に行っている」と話すのを聞いた。逮捕歴を武勇伝のように語っていたという。いわき市の業者も別業者から「うちはそのスジだからよろしく」と作業員受け入れを迫られた。伊達市の除染で働いた男性は「暴力団員だったと名乗る責任者から指示に従うよう脅された」と証言。ある下請けは「暴力団かどうかを気にしていたら作業員は集まらない」と明かす。

環境省や自治体が発注する除染には、ゼネコンを頂点に数万もの業者が関与しているとみられる。労働コストを抑えるため、各地の零細業者を通して作業員をかき集める建設業界の仕組みが持ち込まれた結果、実態は人材派遣なのに仕事を請け負う形を装う違法な「偽装請負」が横行。下請け構造は外から見えにくい。Aの事件の取材でも元請けゼネコンは「個別の商取引」として説明を拒んだ。

行政の対策も追いついていない。伊達市の担当者は「2次下請け以下の業者は把握していなかった。B社の名前は聞いたことがなかった」。厚生労働省の担当者は「身元確認には限界があり、警察に動いてもらうしかない。逮捕直後は再発防止が叫ばれたが、最近は聞かなくなった」と自嘲気味だ。原発労働と暴力団の関係に詳しいフリーライターの鈴木智彦氏は「人集めが難しくなっても1次、2次の下請けが全作業員の直接雇用を徹底して行わない限り、暴力団排除は不可能だ」と話す。

②中坊公平さん死去 元日弁連会長「平成の鬼平」

2013年5月6日 東京新聞

森永ヒ素ミルク被害者弁護団長や巨額の消費者被害を出した豊田商事の破産管財人を務めた元日弁連会長で、整理回収機構初代社長の中坊公平(なかぼうこうへい)氏が三日午前八時五分、心不全のため京都市の病院で死去した。八十三歳。京都市出身。葬儀・告別式は五日、家族のみで執り行った。喪主は妻淳子(じゅんこ)さん。 

京大法学部卒業後の一九五七年に弁護士登録。七三年に森永ヒ素ミルク中毒被害者弁護団長、八五年には金のペーパー商法で多数の被害を出した「豊田商事」の破産管財人となり、非協力的な役員を追放するなどして資産を回収、被害者に総額約百二十一億円の配当を実現した。

九〇年四月から二年間日弁連会長。香川県・豊島(てしま)の産業廃棄物問題の住民側弁護団長として活動するなど市民派弁護士の代表格とされ「鬼の中坊」「平成の鬼平」の異名も。

破綻した旧住宅金融専門会社(住専)から債権を引き取った住宅金融債権管理機構の社長に起用され、機構を改組した整理回収機構の社長にも就任。不良債権回収の実績を上げたが、協力しない借り手らを警察に告発する手法に「在野法曹の弁護士が権力と癒着した」との批判も受けた。

強引な債権回収が詐欺容疑で告発され、東京地検特捜部の事情聴取を受けた後の二〇〇三年十月に弁護士廃業を表明。その後、起訴猶予となったが一線を退いた。

    ◇

一九九九年一月から半年間、本紙夕刊コラム「放射線」(現「紙つぶて」)を執筆した。

②首相、背番号「96」 「政治利用」の声

2013年5月6日 東京新聞

安倍晋三首相は五日、国民栄誉賞授与式後の巨人-広島戦の始球式に背番号「96」の巨人のユニホーム姿で登場した。第九十六代首相にちなんだとしているが、改憲問題では発議要件を定めた九六条の緩和先行を掲げており「改憲を意識したのでは」(自民党中堅)との臆測も呼んだ。

ユニホームは、国民栄誉賞授与式で受賞者のプロ野球元巨人軍監督の長嶋茂雄、米大リーグ元選手の松井秀喜両氏から手渡された。始球式では、ユニホームを着た首相が、投手の松井氏とバッターの長嶋氏の対決を判定する球審を務めた。

首相は始球式後、背番号と九六条の関係を記者団に問われ「ふふふ」と笑みを浮かべた上で「ユニホームは私が九十六代(首相)だから『96』なんです」と答えた。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV):3,117
前日訪問者数(IP): 1,000
トータル閲覧者数(PV): 7,451,689
トータル訪問者数(IP):2,953,592
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,589
前日のコメント数: 35
TV総視聴者数: 96,737
総コメント数: 9,207
**************************************
[2013/05/06 16:36] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
一番この世でたいせつなことは人の心により添えることよ。ひとの心がわかることよ人の心と一つになれることよ。母の希いは唯一つこれよ!
strong>■ 一番この世でたいせつなことは人の心により添えることよ。ひとの心がわかることよ人の心と一つになれることよ。母の希いは唯一つこれよ!本日土曜日(5月04日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  64分 41秒 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12397312#



(1)今日のトピックス:

①日本共産党は自民党の別動隊ではないのか?その主な根拠

1)日本共産党はなぜ野党共闘を拒否してほとんどの選挙で独自候補を立て結果的に野党を分断し自民党を利してきたのか?

2)小沢一郎氏が東京地検特捜部による「2009年西松事件」と「2010年陸山会事件」で秘書が逮捕・起訴された事件で、日本共産党は検察による謀略事件であることを一切批判・追求せず大手マスコミと一体となって「金権政治家小沢一郎」や「政治とカネ疑惑の小沢一郎」などの反小沢キャンペーンを繰り広げ結果的に小沢一郎氏の政治生命を殺し現在の安部自公ファシスト政権誕生に一翼を担いだのだ。

3)東京地検特捜部は小沢一郎氏のを「贈収賄」容疑で逮捕・起訴を狙い2009年ー2010年1年以上にわたり100人の検事を動員して税金30億円を使いすべてゼネコンを強制捜査したが容疑を裏付け証拠を得られなkった。東京地検特捜部は自ら起訴できなかった代わりに「東京第5検察審査会」の11人の素人委員を使って二度にわたり「起草相当」議決を出させ小沢一郎氏を「強制起訴」したが一審、二審で無罪となった。
日本共産党は黒いベールで包まれた「東京第5検察審査会」を「国民から選ばれた委員が小沢氏の疑惑を検証した結果起訴相当議決を出したのは民主主義のルールにのっといる」とコメントしている。

②日本国憲法第二四条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】はベアテ・シロタ・ゴードン女史の人権擁護のおかげ!

1946年2月GHQ民生局員総勢25名はフランス革命の人権宣言やソ連邦憲法を参考に日本国憲法草案を起案した。当時22歳のベアテ・シロタ・ゴードン女史ら3名の人権委員会は45の人権擁護の条文を作成したが憲法に採用されたのはべアテ女史が作成した第24条の【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】だけだった。

▲ベアテ・シロタ・ゴードン女史(Wikipediaより抜粋)

ベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon, 1923年10月25日 - 2012年12月30日)は、ウィーン生まれでウクライナ系ユダヤ人(ロシア統治時代)の父母を持ち、少女時代に日本で育った米国国籍の舞台芸術監督、フェミニスト。1946年の日本国憲法制定に関わった人物として知られており、このうち2012年まで存命した唯一の人物であった。

22歳で連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)民政局に所属し、GHQ憲法草案制定会議のメンバーとして日本国憲法の起草で人権条項作成に関与した。

日本では日本国憲法第24条(家族生活における個人の尊厳と両性の平等)草案を執筆した事実が1990年代になって知られ、著名となった。

戦後はニューヨークに居を構え、ジャパン・ソサエティ、アジア・ソサエティのプロデューサー・ディレクターとして世界の民俗芸能を米国に紹介。アジア・ソサエティを退職後、パフォーミング・アーティストを集めて世界中を公演するキャラバン(文化交流事業)の実現を目指した。

2012年12月30日、膵臓がんのためニューヨークの自宅で死去[2][3]。89歳没。

▲第二四条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】

1 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

(2)今日のテーマ: 一番この世でたいせつなことは(再掲)

石塚健司著「400万企業が哭いている 検察が会社を踏みつぶしtら日」P257-258より転載

地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

(転載終わり)

(3)今日の「大手マスコミが報道しない真実」:宗像紀夫弁護士とは?

経営コンサルタント佐藤真言氏が巻き込こまれた東京地検特捜部による「粉飾決算詐欺事件」では顧問弁護士に「特捜OB大物弁護士」が手弁当で弁護を引き受けてくれたとのことが石塚健司著「400万企業が哭いている」の中で書かれています。しかし一審、2審で2年4か月の執行猶予なしの実刑有罪判決を出させたこの顧問弁護士は元東京地検特捜部長で元名古屋高検検事長を務めて退官し弁護士登録した宗像紀夫弁護士のことだろう。現在この事件は最高裁の上告判決を待っているが、石川知裕衆議院議員の勧めで安田好弘弁護士が手弁当で上告審の弁護を担当している。

▲宗像紀夫元東京地検特捜部長・元名古屋高検検事長とは?

Wikipediaより抜粋

宗像 紀夫(むなかた のりお、1942年1月12日 - )は、日本の検察官、弁護士。元名古屋高検検事長。

来歴

福島県出身。福島県立安積高等学校、中央大学法学部卒業。1965年、司法試験合格。司法修習第20期を修了し、1968年に検事任官。

福島地方検察庁検事在職中、福島県政汚職事件では、東亜相互企業の町井久之(本名・鄭建永)ら3人からの贈賄も絡み福島県庁総務部長を逮捕・起訴し、追って当時の木村守江福島県知事を収賄の疑いで起訴する。その後法務省法務総合研究所教官等を経て、東京地検特捜部検事任官。総理府汚職事件、ダグラス・グラマン事件、ロッキード事件では公判担当検事を務めた。東京地検特捜部副部長在職中の1987年、リクルート事件の主任検事を務める。

1992年、政治家が被告人の公判を専任する東京地検特別公判部の初代部長に就任[1]し、翌1993年には東京地検特捜部長に就任する。在任中、主にゼネコン汚職事件、金丸信の脱税事件の指揮を執った。

1995年大津地検検事正、1996年最高検察庁検事、1997年前橋地検検事正、1999年最高検総務部長兼刑事部長、2000年最高検刑事部長、2001年高松高検検事長、2003年名古屋高検検事長(~2004年1月)。

2004年1月に検察庁を退官。同年2月、弁護士登録。同年4月から中央大学大学院法務研究科教授。2006年2月、宗像紀夫法律事務所を開設。同年6月株式会社フジマック監査役。同年8月株式会社エフェクター細胞研究所監査役。2012年2月、財団法人日本相撲協会外部理事。2012年3月に中央大学大学院法務研究科退職。同年12月、第2次安倍内閣で内閣官房参与に任命される。

(抜粋終わり)

【参照記事】

▲ 佐藤真言氏の著書『粉飾』で明らかになった「特捜OB大物弁護士」の正体
 
2013年4月8日 ブログ「郷原信郎が斬る」

http://nobuogohara.wordpress.com/2013/04/08/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9C%9F%E8%A8%80%E6%B0%8F%E3%81%AE%E8%91%97%E6%9B%B8%E3%80%8E%E7%B2%89%E9%A3%BE%E3%80%8F%E3%81%A7%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%8C%E7%89%B9/

(4)今日の推薦本:

1)佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

2)石塚健司著「400万企業が哭いている」(講談社\1575)

【内容説明】

「中小企業など百万社潰れても我々検察には関係ない!」

社長とコンサルタントが逮捕された粉飾詐欺事件の深層。そこには検察首脳も絶句する「はき違えた正義」があった。会社立て直しのため命を削って働く経営者たち。粉飾に追い込まれる現実を直視しようとしない検事たち。双方の闘いからこの国の矛盾をあぶり出したノンフィクションの傑作!

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して金のなる木に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。
だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。
捜査の筋書きとあまりに違う現実に直面し、特捜検事たちが使ったテクニック。蹂躙された取り調べの可視化。不祥事により廃止の危機に瀕していた特捜部に、撤退という選択肢はなかった。
中小企業の粉飾決算は現代社会の必要悪なのか? 検察の正義とは誰のためのものか?

「特捜さんが銀行の味方をして中小企業をやっつけるなんて、おかしな時代になりましたよねえ。銀行をやっつけて世間の溜飲を下げるのが特捜さんの役目だろうに」

(5)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(6)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月5日(日)午後2時―5時「若者討論会」5月例会。テーマ「保障されている権利を学ぼう!」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

会場:ルノアール新宿区役所横店1F8号室

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク約@\1,000

②【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

③New!5月10日(金)午後1時半より東京高等裁判所817号にて最高裁のプール金による損害賠償訴訟の控訴審が行われます。原告は「最高裁の裏金」を告発している元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士です。皆様の傍聴をお願いいたします。

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

http://masaru-kunimoto.com/03saicousainoihoufuseishudan.html

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段<

④New!5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(7)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.04(土) 11:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.04(土) 12時50分

0.046μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

【CNMTVチャネル】/a>

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

③全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.04

①英国 総選挙の前哨戦 与党 地方選で惨敗

2013年5月4日 東京新聞

【ロンドン=石川保典】二日に投票された英国の州議会などの地方選で、国会与党の保守党が惨敗した。欧州連合(EU)離脱を主要政策に掲げる英独立党(UKIP)が躍進し、保守票を奪ったのが要因。支持率が低迷するキャメロン政権は、二年以内に行われる総選挙を前に、一層厳しい政権運営を迫られそうだ。

地方選は、イングランドの二十七州を含む三十六自治体の議会で行われた。スコットランドやロンドンなどの大都市圏は含まれていない。多くの選挙区では三日に開票され、改選数は二千三百九十二。

英BBC放送によると、三日午後四時半(日本時間四日午前零時半)現在、三十二カ所で開票が終了し、UKIP(現十六議席)は百四十四議席を獲得。得票率は平均で25%にのぼり、二州で野党第一党になった。前回の二〇〇九年に惨敗した労働党も二百六十増やし四百三十三議席に。

保守党(現千四百五十二議席)は全体数で第一党を維持しているものの、三百二十減らし千七十六議席。十州で過半数を割った。国会の下院で同党と連立政権を組む中道左派の自民党(同四百八十一議席)も百六減らした。

保守党惨敗の背景には、経済の長期低迷に加え、前労働党政権の移民政策でEU加盟国から押し寄せた移民に、国民の税金で医療や福祉が提供されているのは不公平だと主張する保守層のいらだちがあるとみられる。

一方、EU離脱や移民受け入れの五年凍結を掲げるUKIPのナイジェル・ファラージ党首は「有権者は既成政党にノーを突きつけ、英政界地図は劇的に変わった」と述べた。

保守党のマイケル・ゴーブ教育相は、敗北による「キャメロン降ろし」を「ばかげている」とBBCに否定したが、党内右派で顕在する動きに拍車がかかる可能性がある。

また党が右傾化を強めれば、親EUで移民受け入れにも寛容な自民党との連立政権が不安定になる恐れがある。

(10)今日の国内情報:2013.05.04

①トルコに日本の原発初輸出へ 首脳会談で協定合意

2013年5月4日 共同・東京新聞

【アンカラ共同】安倍晋三首相は3日午後(日本時間同日夜)、トルコのエルドアン首相とアンカラの首相府で会談した。日本の原発輸出を可能にする原子力協定を締結することで合意し、会談後に両政府が協定に署名した。東京電力福島第1原発事故後、官民連携による日本の原発輸出が初めて具体化する。両政府は、原発建設に関し日本に優先的な交渉権を与えることや防衛当局間の協議促進を定めた共同宣言も発表した。

安倍首相は原発輸出を成長戦略に位置付ける考えだが、事故の影響が続く中、論議を呼ぶ可能性もある。

②「自民党案、読めば背筋ぞくっと」 志位・共産党委員長

2013.05.03 朝日新聞

■志位和夫・共産党委員長

 米国のロサンゼルス・タイムズ紙が自民党の憲法改正案を痛烈に批判している。自民党は軍国日本に向けた基礎を築くための提案をしているのであり、世界中の人権擁護グループは自民党による憲法に関する革命に反対する世論を喚起すべきだ、と書いてある。

 自民党はよく「日米は価値観を共有している」と言いますね。しかし、すべての人間は生まれながらにして不可侵の基本的人権を与えられているという思想の世界的な源流はどこか。1776年のアメリカの独立宣言じゃありませんか。自民党案はその条項を丸ごと削ってしまった。ぜひ、自民党の改憲案をよく読むことをお勧めしたい。とにかく読んでみてください。一読すれば、どなたも背筋が必ずぞっとします。(東京都内で開かれた護憲派の集会で)

③96条先行改正に自民など意欲的 民主は反対、公明慎重

2013年5月3日 共同・東京新聞

与野党幹部は憲法記念日の3日、夏の参院選で改憲が争点とみて、各党の立場を訴えた。自民党や日本維新の会、みんなの党、新党改革は、改憲の国会発議要件を緩和する96条改正の先行実施に意欲を示し、民主党や共産党、生活の党、社民党、みどりの風は反対、公明党は慎重論を展開した。

自民党の中谷元憲法改正推進本部事務局長はNHK番組で「国会が憲法改正を邪魔していると国民が見ている」と語った。民主党の細野豪志幹事長は宇都宮市の街頭演説で「おかしな動きにストップをかける」と述べた。公明党の山口那津男代表は東京都内で「96条だけ変えるのは国民になじまない」と街頭演説した。
*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV):3,299
前日訪問者数(IP): 1,072
トータル閲覧者数(PV): 7,445,277
トータル訪問者数(IP):2,951,546
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,407
前日のコメント数: 43
TV総視聴者数: 94,222
総コメント数: 9,108
*************************************
[2013/05/04 14:39] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
現行の「日本国憲法」をさらに進化させ「真の主権在民」社会を実現する為に我々が望む「新日本国憲法」草案を作成しよう!
■ 現行の「日本国憲法」をさらに進化させ「真の主権在民」社会を実現する為に我々が望む「新日本国憲法」草案を作成しよう!本日金曜日(5月03日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  72分 27秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12348841



(1)今日のトピックス:

①本日は1947年5月3日に「日本国憲法」が発布されてから66年目にあたる「憲法記念」の祝日。現行の「日本国憲法」をさらに進化させ「真の主権在民」社会を実現する為の我々が望む「新日本国憲法」草案を作成しようと思う。

【いくつかの改正試案】

1)現憲法の前文はそのまま継承し「改正不可条項」とする。

2)現憲法第一条から第八条までの「天皇制」条項は削除する。

3)新憲法第一条:「人間の尊厳の尊重」として「改正不可条項」とする。

3)新憲法第二条:「すべての国民及び在留外国人は国と国民に愛される権利を持つ」

4)新憲法第三条:すべての子供は国と国民に愛される権利を持つ

5)新憲法第四条:「国民の知る権利」は国と国民がこれを保障する

6)新憲法第五条:「自然及び環境の保護」は国と国民が保障する

7)新憲法第六条;「金融権力」による国民支配を禁止する

8)新憲法第七条:「マスコミ権力」による世論誘導は禁止する

9)新憲法第八条:「官僚」による国民支配は禁止する

10)新憲法第九条:「軍事力」による外国への侵略戦争と国内弾圧は禁止する

11)新憲法第九条第二項:外国軍隊や外部武装勢力による日本領土攻撃に対して「自衛権            」を行使する

12)新憲法第九条第三項:「日本国内の外国軍隊駐留禁止」条項を加える。

(2)新企画! 今日の「日本銀行」:

▲ 現在の日銀政策委員会審議委員

職名 氏名  就任年月日 任期満了日 前職等 任命した内閣 年齢

総裁 黒田東彦 2013年3月20日

(平成25年) 2018年4月8日
(平成30年) 財務官 アジア開発銀行総裁  第2次安倍内閣 68歳

副総裁 中曽宏 2013年3月20日

(平成25年) 2018年3月19日
(平成30年) 日本銀行理事         第2次安倍内閣 59歳

副総裁 岩田規久男 2013年3月20日

(平成25年) 2018年3月19日
(平成30年) 学習院大学経済学部教授 第2次安倍内閣 70歳

宮尾龍蔵   2010年3月26日

(平成22年) 2015年3月25日
(平成27年) 神戸大学経済経営研究所教授 鳩山由紀夫内閣 48歳

森本宜久   2010年7月1日

(平成22年) 2015年6月30日
(平成27年) 東京電力取締役副社長 菅内閣 68歳

白井さゆり   2011年4月1日

(平成23年) 2016年3月31日
(平成28年) 慶應義塾大学総合政策学部教授 菅内閣 (2改) 50歳

石田浩二   2011年6月30日

(平成23年) 2016年6月29日
(平成28年) 三井住友ファイナンス&リース代表取締役社長 菅内閣 (2改) 65歳
佐藤健裕   2012年7月24日

(平成24年) 2017年7月23日
(平成29年) モルガン・スタンレーMUFG証券マネージングディレクター 野田内閣 (2改) 51歳

木内登英   2012年7月24日

(平成24年) 2017年7月23日
(平成29年) 野村証券金融経済研究所経済調査部長 野田内閣 (2改) 49歳

(3)今日のテーマ: 一番この世でたいせつなことは

石塚健司著「400万企業が哭いている 検察が会社を踏みつぶしtら日」P257-258より転載

地位や名誉じゃないんだよ
お金がたくさんあることじゃないんだよ
仕事ができるとかできないこととかじゃないんだよ
勉強がよくできるとかじゃないんだよ
まして一番、二番になることじゃないんだよ

一番この世でたいせつなことは
一番この世でたいせつなことは

人の心により添えることよ
ひとの心がわかることよ
人の心と一つになれることよ
母の希いは唯一つこれよ

(平成23年10月26日朝)

真言さま

母より

H23.11.2記

母は高校の国語の教師をしていた人だ。昔から詩に思いを託すことが好きだった。十月二十6日の朝に書いた詩を、息子を待ちながら清書していたらしかった。机には息子に渡す5万円も用意されていた。

「あなたちゃんと言いなさいよ。お金がたりないのはわかっているのだから」と。
その日一日、母と過ごした。いろんな話をしたり、足をマッサージしてやったり。母は末期患者には見えないほど晴れ晴れとしていた。

「何も心配ない。逮捕ぐらいたいしたことじゃないの。あなたはしっかりやれる人なんだから。いい経験だと思って乗り越えなさい」
夜七時半のバスで佐藤は東京に戻った。

様態が急変したのはそれから十六日後だった。
「どうなるかわからない状態だから、いつでも連絡が取れる酔いにしといてくれ」父からの電話は仕事帰りのバスの中で受けた。
「そんなに」悪いの?
「もうほとんど最期だそうだ」

今度は新幹線で飛んでいった。母はむねから薬のチューブをいれられ、いしきがもうろうとしていた。それでも息子が来たことがわかったら市億、手を握り返してくれた。
次の朝、母は旅立った。享年六十九、古希の一歩手前だった。

(転載終わり)

(4)新企画!今日の「許すことのできない暴言」:

経営コンサルタント佐藤真言氏を取り調べた東京地検特捜部の検事の発言。

「中小企業など百万社がつぶれてもわれわれ検察には関係ない」

(5)今日の「大手マスコミが報道しない真実」:

(注)「特捜OB大物弁護士」とは一審、2審で2年4か月の実刑有罪判決を導きだした顧問弁護士の元東京地検特捜部長宗像紀夫弁護士のことだろう。上告審は石川議員の勧めで安田好弘弁護士が担当している。

▲ 佐藤真言氏の著書『粉飾』で明らかになった「特捜OB大物弁護士」の正体
 
2013年4月8日 ブログ「郷原信郎が斬る」より転載

http://nobuogohara.wordpress.com/2013/04/08/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9C%9F%E8%A8%80%E6%B0%8F%E3%81%AE%E8%91%97%E6%9B%B8%E3%80%8E%E7%B2%89%E9%A3%BE%E3%80%8F%E3%81%A7%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%8C%E7%89%B9/

「貸し渋り」「貸し剥がし」が横行する中小企業金融の実態に幻滅して大手銀行を退職、中小企業経営者に寄り添い、経営改善の支援に懸命の努力をしていた経営コンサルタントの佐藤真言氏が、粉飾決算の指南で多額の報酬を受け取っているとの誤った「見立て」をした東京地検特捜部に狙われ、引き返さない捜査に追い詰められていく経過を描いた迫真のノンフィクション『粉飾~特捜に狙われた元銀行員の告白』が出版された

粉飾決算による融資詐欺で一審、二審で懲役2年4月の実刑判決を受け、上告審に最後の望みを託して戦い続けている佐藤氏の悲痛な叫びが、最高裁にも届くことを祈りたい。

当ブログでは、昨年9月、「『正義を失った検察』の脅威にさらされる『400万中小企業』」で、この事件を世の中に知らしめた石塚健司氏の著書『400万企業が哭いている 検察が会社を踏み潰した日』を紹介した。懸命に中小企業の経営改善に取り組む経営者朝倉亨氏と、それを必死に支える経営コンサルタントの佐藤氏を踏み潰した捜査というのが、実は、廃止される寸前の東京地検特捜部直告2班が「起死回生の一打」を狙って手掛けたもので、まさに検察改革の生み出した悲劇であることを明らかにした。

その後、私は、控訴審第1回公判を直前に控えた朝倉氏の弁護人に就任、検察の捜査・起訴が、誤った認識に基づくもので、刑事事件として立件されるべきではないこと、この事件での実刑はあり得ないことを訴え、「朝倉亨さんを支援する会」に全国から寄せられた400万円を超える支援金で被害弁償を提供するなどして、刑の執行猶予を求めたが、昨年11月に出された判決は、実刑を維持し、被害弁償を考慮して懲役2年という、4か月分の軽減にとどまった。朝倉氏はただちに上告するとともに、法律問題に関して上告受理申立ても行ったが、今年3月に上告は棄却。朝倉氏は、間もなく収監される。

今回の佐藤氏の著書『粉飾』では、『400万企業が哭いている』には書かれていない、この事件のもう一つの断面が明らかにされている。それは、一審と二審で佐藤氏の弁護人を務めた弁護士のことだ。

この弁護士は、『粉飾』では「義家」という仮名で登場するが、『400万企業が哭いている』の中では実名で登場する。その特捜部長・検事長OBの「大物弁護士」は、特捜捜査に立ちはだかった「現役の特捜検事たちにとって『最も厄介な敵』」として描かれている。しかし、その「大物弁護士」と、佐藤氏の『粉飾』に出てくる「義家弁護士」とが、同一人物とはとても思えない。

『400万企業が哭いている』の「大物弁護士」は、「特捜部など検察で多くの華々しい成果を挙げ、高検検事長まで上り詰めた後、退官後は母校の法科大学院教授として教鞭をとる、その一方、弁護士として古巣に真っ向から立ち向かい、後輩たちにひと泡もふた泡も吹かせる判決を勝ち取っている」。本来であれば、佐藤氏が弁護を依頼できるような人物ではないが、佐藤氏が事務所への「飛び込み」で相談をしたところ、「大物弁護士」は、「中小企業を助けるコンサルタントという仕事に対する情熱」、「真剣なまなざし」、「己のやったことへの確かな信念に触れて感銘を受け」、「君、お金がないんだろ。お金のことは心配しなくていいよ。私は君から取ろうとは思っていないから」と言って、弁護を受任することにした。そして、主任検事と直接何度か話し合い、捜査拡大に苦言を呈する。特捜の手の内を知り尽くし、特捜の先輩たちも苦渋をなめさせた人物、しかも、検察首脳にも太いパイプを持った「大物弁護士」の動きによって、捜査拡大にブレーキがかかり、幕引きに向かう。

検察に大きな影響力を持つ「大物弁護士」が、まさに手弁当で、懸命の弁護活動を行ったことが、佐藤氏を最悪の事態から救ったかのように書かれている。

ところが、『粉飾』で描かれている「義家弁護士」は、それとは全く違う。

起訴され、保釈になった後の「義家」弁護士と佐藤氏との話合いの場面が出てくる。粉飾決算書による融資詐欺での起訴自体に、佐藤氏は全く納得ができず、事実関係を争い、無罪の主張をしたい意向だったが、「義家弁護士」は、「一発実刑もあり得る」と言って、事実関係を争わず、執行猶予狙いで行くことを勧める。その際、「義家」の「執行猶予が当然の事件」という言葉で、佐藤氏は、「義家弁護士」に全幅の信頼を置いて裁判に臨むことにし、反省と謝罪を行い、情状酌量を求めることに徹した。

しかし、一審判決は2年4月の実刑。執行猶予はつかなかった。判決の内容は、多くの点で事実と異なり、佐藤氏にとって全く納得のいかないものだった。

その判決に先立って、「義家弁護士」は、万が一の実刑判決の場合、再保釈のために保釈保証金を積み増す必要が生じるので500万円を用意しておくよう佐藤氏に求めていた。佐藤氏は、やむなく、末期がんで余命僅かの宣告を受けていた実母が形見として名義変更して残してくれていた保険を解約した500万円を「義家弁護士」に渡していた。

一審の実刑判決後、200万円の保釈保証金増額で再保釈が認められたが、その際、「義家弁護士」は、「控訴審をこれから戦うのに費用もいろいろかかる」「刑法の大先生にも控訴趣意書を書いてもらわないといけない」「残りの300万円は控訴審の費用として頂いておく」と言ってきた。佐藤氏は、有無を言わせない「義家弁護士」の言葉に従うしかなかった。

その際、佐藤氏は、妻から、逮捕時にも、「義家弁護士」から弁護費用として200万円を要求され、支払っていたことを聞かされた。

「義家弁護人」ら弁護人が提出した控訴趣意書が、「佐藤真言さんを応援する会」のホームページにアップされているが、それを見る限り、一審の実刑判決が破棄されることが期待できるような「控訴審での戦い」が真剣に行われたとは全く思えない。

控訴趣意書で、情状に関する事実として述べているのは、①粉飾決算は、朝倉氏など融資を受けた会社経営者の判断によって行われたもので、経営コンサルタントとして指導・助言を行った佐藤氏は、「幇助的役割」に過ぎないこと、②粉飾決算に関与した佐藤氏の動機、心情は、中小企業の経営再建に貢献したいという思いからであること、③佐藤氏は、朝倉氏などに、決算期ごとにリスケ(返済延期)を進言していたが、朝倉らが、これを拒否して、粉飾決算のままで融資を受けていたものであること、④佐藤氏が行っていたコンサルタント業務は、粉飾決算による融資に関するものだけではなく、他の経営指導も行っていたこと、⑤佐藤氏は粉飾決算の違法性、危険性を説き、粉飾決算に関与することに躊躇していたのに、朝倉氏らが、粉飾を強く依頼し、協力させたものであることなどである。要するに、責任が佐藤氏ではなく、朝倉氏などの経営者の側にあることを繰り返し、佐藤氏が自らの非を認めて反省していることを強調しているだけである。

驚くのは、「銀行関係者の処罰感情が厳しい」と一審判決が指摘していることに関しては、「処罰感情が厳しくても、行為者が既に改しゅんの情を示し、改善・更生が確実に期待できるときは、施設内処遇(実刑)を選択すべきではない」というような、一般的な刑事政策論を展開していることである。このようなことを弁護人が言わざるを得ないのは、被害者側の被害感情が峻烈で、それを尊重すれば実刑しかあり得ない場合であろう。しかし、本件は、そもそも「処罰感情が厳しい」といえるような事案ではない。

朝倉氏の控訴審で提出した「控訴趣意補充書2」(私が朝倉氏の弁護人に加わった時点で、既に控訴趣意書は提出されていたので、主張を再構成して「控訴趣意補充書」として提出した)で述べているように、一審判決で、「銀行関係者の処罰感情が厳しい」という一審判決の認定は誤っている。本件では、「被害者」の銀行及び信用保証協会の側が出した書面は、犯人の処罰を求める「告訴状」ではなく、被害事実を申告する「被害届」に過ぎず、しかも、その時期は逮捕前ではなく、起訴の直前である。そこでは「厳正な処罰」を求めているが、「厳重処罰」という言葉は使っていない。通常の窃盗・詐欺等の財産犯において、被害者の被害申告・告訴等による「厳重処罰」の要請を受けて刑事事件が立件されるのが一般的であるのに対して、本件では、被害者側から自発的に「被害届」が提出されたものではなく、検察官側から、起訴することを告げられた上、強く要請されたために提出されたものであることは明らかだ。

要するに、刑事事件として立件し、債務者側を処罰することを、銀行等の被害者側も決して望んではおらず、検察官に強く要請されて、しぶしぶ被害届の提出に応じたものであり、「処罰感情が厳しい」という一審判決の判示は誤っている。

その点は、元銀行員の佐藤氏が、今回の事件について最も強く訴えたいことのはずだ。少なくも、朝倉氏の関係に関して言えば、検察の強制捜査がなければ、会社が破産することもなく、それまで通り約定返済を続けることは可能であった。銀行側にとっても、検察の強制捜査のために、融資先が返済不能になってしまったのであり、まさに迷惑至極だったはずだ。

ところが、「義家弁護士」らの控訴趣意書では、このような被告人が最も訴えたい本質的な問題には全く触れず、「処罰感情が厳しい」という一審判決の認定を当然の前提にして、使い古されたような「刑事政策の一般論」を持ち出して「刑務所に入れるべきではない」と言っているだけなのである。

それ以上に不可解なのは、「東日本大震災復興緊急保証制度を悪用したことを真摯に反省して贖罪寄附をする予定」と書かれていることである。佐藤氏から直接確認したところでは、実際に、弁護士会を通じて300万円の「東日本大震災被災者のための贖罪寄附」を行い、それを控訴審で立証したそうである。

通常、贖罪寄附というのは、被害者がいない刑事事件などで、改悛の心情を表すために行うものである。本件では、前記のような経緯に問題があるとはいえ、被害届を提出している「被害者」たる銀行等が存在しているわけで、資金があるのであれば、まず、被害弁償を行うのが当然である。佐藤氏の贖罪寄附については、控訴審の裁判官も首を傾げ、被告人質問で「なぜ、被害弁償をしないで贖罪寄附をしたのか」と質問したそうである。

朝倉氏の控訴審では、本人には被害弁償を行う資力がなかったが、「朝倉亨さんを支援する会」に全国から寄せられた400万円の支援金を「被害者」の銀行側に提供し、供託したことが情状面で評価され、一審の2年4月の実刑が4月軽減されて2年の実刑となった。佐藤氏の300万円が被害弁償に回っていたら、量刑面でも相当な影響があったのではないかと悔やまれる。

もちろん、本件は、2つの銀行と信用保証協会が「被害者」とされており、権利関係は単純ではない。実際に、朝倉氏関係での被害弁償金の提供に対しても、当初、銀行側は受領しようとせず、弁護人側で供託の手続きをとった。弁護士会にお金を持ち込むだけで行える贖罪寄附などとはとは、かかる手間もコストも全く異なる。しかし、そのような手間を厭わず、何とかして、なけなしの被告人の資金を有利な情状評価につながるよう活用するのが弁護人の職責と言うべきであろう。「被害届」を出している銀行側が被害弁償を受領しようとしないことは、銀行側の処罰感情がもともと希薄であることを示す事実とみることもできる。朝倉氏の控訴趣意補充書2では、その点も主張している。

控訴趣意書で述べていることは、殆どが一審での主張の「焼き直し」であり、一審の実刑判決が破棄されるわけがない。佐藤氏の控訴審判決は、弁護人の量刑不当の主張を簡単な理由で退けて「控訴棄却」、一審の2年4月の実刑がそのまま維持された。

そして、控訴審判決の一ヶ月半後、佐藤氏は、「義家弁護士」から、一方的に、弁護人辞任を通告される。佐藤氏が、自分の事件のことをネットで発信したり、明治大学で開かれたシンポジウムに参加して、事件の内容・問題点について発言したりしているのが「弁護方針と合わない」ということが理由なのだという。控訴審でも実刑判決を受け、厳しい状況に追い込まれた佐藤氏が、不当な捜査や裁判によって世の中に広まった汚名を、社会への発信によって少しでも晴らそうとするのは、当然のことではないか。上告趣意書提出期限を1ヶ月後に控えた時期に、「義家弁護士」から、突然、見捨てられた佐藤氏は、途方にくれる。

特捜捜査も全くデタラメであるが、そのような不当な捜査で起訴された佐藤氏が、二審まで実刑判決という厳しい裁判になっていることの大きな原因は、この「義家弁護士」の弁護活動にあるように思える。

『400万企業が哭いている』の中(238頁)で、「大物弁護士」は、石塚氏のインタビューに答えて、東京地検特捜部が佐藤氏・朝倉氏を粉飾決算書の提出による融資詐欺を立件して捜査の対象としたことについて、次のような「本音」を語っている。

《震災復興の保証を受けた会社を調べていったら、かなりの数がそれ(粉飾)をやっているはずだよ。捜査をもっと広げたいんなら、中小企業向けの保証融資を受けている会社を全部調べてご覧よってことだよ。ほとんどマイナスの会社だよ、多分。そんな捜査をやっていったら大変なことになるでしょ。だからつまりね、こんなものは検察のやるべき領域じゃないんだよ。金を貸す銀行が相手企業の与信について検討して判断するわけなんだから、銀行の判断の誤りを検察がやる話じゃないんだよ。そんなものを検察がやっていたらおかしくなる》

そのように認識しているのであれば、なぜ、『震災復興の保証を受けた会社を調べていったら、かなりの数がそれ《粉飾》をやっている』という認識に基づいて、本件は、本来、立件されるべきではない事件が立件され、捜査の対象にされたものだということを主張しないのか。証人尋問で「被害者」の銀行側の真意を問いただせば、「融資詐欺」の実態が、検察の主張とは全く異なったものであったことも明らかにできたであろう。

証人尋問まで求めないとしても、特捜OBの「大物弁護士」が、石塚氏のインタビューで語ったような、中小企業の粉飾決算による「融資詐欺」を刑事事件として取り上げることに対する根本的な疑問を少しでも公判で主張していたら、裁判所の事件の見方にもかなりの影響を及ぼしていたはずだ。

ところが、「義家弁護士」が行ったのは、佐藤氏が著書で述べているような、特捜部の捜査・起訴に対して、最も言いたいこと、納得できないことを一切主張せず、佐藤氏の事件への関与は「従犯的」であり、粉飾決算を主導したのは朝倉氏などの経営者側だなどと経営者側の責任を強調することと、佐藤氏の反省・悔悟を強調することばかりだった。そして、前記のように、一審判決での「被害者」の銀行側の「処罰感情が厳しい」と認定には誤っているのに、それに対して何ら異論を差し挟まず、一方で、何とかして執行猶予を得るために佐藤氏が用意した300万円も、その「被害者」への弁償ではなく、贖罪寄附に提供してしまう。

このような「義家弁護士」の対応が、佐藤氏の情状立証に殆ど役立たなかったばかりか、経営者側の朝倉氏などの責任を強調したことで、朝倉氏も含めて経営者側が二人とも実刑判決を受けることの一因になり、それが、結局、佐藤氏も実刑判決を受けることにつながったと見ることもできる。

特捜部が誤ったストーリーや事件の評価に基づいて、不当な捜査が行われ、被疑者、被告人が、刑事裁判による救済を求めているのに、弁護人の特捜OB弁護士が、「争っても勝ち目はない」「身柄の拘束が長期化する」などと言って、事実を争うことを断念させるということが、過去の多くの事件で行われてきた。それが、特捜捜査の問題を表面化させないようにすることにつながってきた。

今回の事件の当事者である佐藤氏が、「義家弁護士」について、敢えて著書『粉飾』で書いていることは、事実としてほぼ正確と考えてよいであろう。

『400万企業が哭いている』が書かれた頃は、まだ、弁護人の「義家弁護士」に全幅の信頼を置き、その刑事弁護の手腕に望みを託していた佐藤氏が、石塚氏の取材に対して、「義家弁護士」のマイナス面の事実は話さなかったことが、同書で「大物弁護士」が極端に持ち上げられて描かれることにつながったものと思われる。

『400万企業が哭いている』が出版されたのをきっかけに、事件の中身について、自ら社会に対する発信を行うようになった佐藤氏を、「義家弁護士」が一方的に切り捨てたことで、「義家弁護士」、すなわち「大物弁護士」の「実像」が明らかになった。佐藤氏がそのような行動をとることがなければ、『400万企業が哭いている』に実名で書かれた「大物弁護士」が、手弁当で特捜部に立ち向かう正義の味方であることについて、誰も疑いすら抱かなかったはずだ。

この「実像」と「虚像」の違いは、「検察の正義」の象徴として絶大な信頼を得てきた東京地検特捜部のイメージが、実はマスコミに作られた「虚像」であったのと相通ずるものがある。

「普通の市民」が特捜検察に狙われ、踏み潰されそうになったとき、救いを求めるのは弁護人しかいない。特捜部の現場にも影響力がある検察OBの「大物弁護士」に依頼できたとなれば、それ以上心強いことはない。全幅の信頼を寄せるのも当然であろう。その「大物弁護士」が、実は「義家弁護士」のような存在であったとしたら、「普通の市民」はどこに救いを求めたらよいのか。

私は、『400万企業が哭いている』を読んで、特捜部が、中小企業の経営に懸命に取組む経営者と、使命感に燃えて中小企業の経営指導に当たっていた経営コンサルタントに捜査の「刃」を向け、踏み潰したことを知り、大きな衝撃を受けた。西松建設事件、陸山会事件などに関して特捜捜査を厳しく批判してきた私だったが、その力が及ばす、検察改革の動きの中で、失地回復を図った特捜部の常識はずれの捜査のために、佐藤氏・朝倉氏が犠牲になったことは痛恨の極みだった。

だからこそ、既に控訴審の第一回期日を直前に控えていた朝倉氏の弁護人を頼まれた際、迷うことなく引き受け、殆ど手弁当で、控訴審での主張や「朝倉亨さんを支援する会」の支援金による被害弁償を行い、上告審でも、上告受理申立理由書や上告趣意書で、この事件の根本的な問題を必死に訴えた。それは、検察に23年間所属し、検察に育てられた人間として、その検察の犠牲になろうとしている朝倉氏、佐藤氏のために少しでも力になることが、自らの責務だと思ったからだ。

一方、佐藤氏の弁護人を務めた特捜OBの「大物弁護士」は、一体、どのような気持ちで、弁護を引き受けたのであろうか。特捜検察に踏み潰され、全幅の信頼を置き公判対応を全面的に委ねていた弁護人にも切り捨てられ、上告審に、最後の、一縷の望みを託す佐藤氏に対して、今、彼は、どのように思っているのであろうか。

佐藤氏が著書『粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白』に込めた心からの叫びを、少しでも多くの方々に受け止めてもらいたい。そして、それが、さらに大きな支援の動きにつながることを祈りたい。

(転載終わり)

(4)今日の推薦本:佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

(5)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(6)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月5日(日)午後2時―5時「若者討論会」5月例会。テーマ「保障されている権利を学ぼう!」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

会場:ルノアール新宿区役所横店1F8号室

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク約@\1,000

②【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

③New!5月10日(金)午後1時半より東京高等裁判所817号にて最高裁のプール金による損害賠償訴訟の控訴審が行われます。原告は「最高裁の裏金」を告発している元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士です。皆様の傍聴をお願いいたします。

【参照資料】最 高 裁 の 違 法・不 正 手 段

http://masaru-kunimoto.com/03saicousainoihoufuseishudan.html

④New!5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④New!5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(7)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.03(金) 11:00 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.03(木) 10時40分

0.046μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

③全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.03

①独立記念日の自爆テロを当初計画 米連続爆破容疑の兄弟

2013年5月3日 共同・東京新聞

【ニューヨーク共同】米ボストン連続爆破テロで、訴追されたチェチェン系のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)ら兄弟が当初、7月4日の米独立記念日に自爆テロを計画していたことが2日、分かった。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が複数の捜査関係者の話として伝えた。

だが、兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)=死亡=の自宅で予想よりも早く爆弾の製造に成功したため、前倒しして4月15日のボストン・マラソン会場を狙うことに決めた。ジョハル容疑者が連邦捜査局(FBI)の事情聴取に明らかにしたという。

(10)今日の国内情報:2013.05.03

①なし崩し原発輸出 今日トルコとも署名

2013年5月3日 東京新聞

【アブダビ=金杉貴雄】アラブ首長国連邦(UAE)を訪問中の安倍晋三首相は二日午後(日本時間同日夜)、ムハンマド副大統領兼首相とドバイで会談し、二人の立ち会いで、両政府は日本の原発や原発技術を輸出できるようにする原子力協定に署名した。東京電力福島第一原発事故後、新規に協定に署名したのは初めて。原発事故の収束に見通しが立たず、原因も完全に解明されていないにもかかわらず、なし崩し的に原発輸出を推進している。

首相は会談で「原子力協定の署名を歓迎する。日本はUAEのエネルギーの安定供給に寄与し、原子力など新たなエネルギー源のための技術を提供できる」と述べた。

首相は三日にはトルコを訪問し、同国とも原発輸出を前提とした原子力協定に署名する予定。エルドアン首相との会談では、同国が計画中の原発建設について、三菱重工とアレバ(仏)による企業連合の受注を大筋で合意する。

UAEでは、原子力協定の締結で原発技術や部品を輸出することを想定。先月三十日に訪問したサウジアラビアでは、首相自ら原子力協定の締結を提案し、協議開始で合意している。

首相の中東訪問には、過去最大規模の経済使節団が同行。経団連の米倉弘昌会長、国際協力銀行(JBIC)の奥田碩総裁のほか、トルコで原発受注を目指す三菱重工の宮永俊一社長、東芝の佐々木則夫社長らが参加している。

②日本マクドナルド、売り上げ大幅減 新商品減らし失敗

2013.05.02 朝日新聞

日本マクドナルドホールディングスが2日発表した2013年1~3月期決算は、売上高が前年同期比14・6%減の659億円、純利益は54・8%減の19億円だった。ハンバーガー「ビッグマック」の安売りをやめ、新商品を減らしたところ客足が遠のいたという。

同社はここ数年、ビッグマック(290~340円)を200円で売るといったキャンペーンを連発して客を集めてきたが、客単価は増えなかった。そこで昨年末から安売りをやめ、PR費用がかかる新商品も出さずにいたところ、既存店の客数が4・4%減った。
同社は「今後も単純な値下げはしない。目新しい新商品を出して、お客さんに店に足を運んでもらえるようつとめる」としている。

③日本マクドナルドHD、会長の報酬半減 業績低迷で

2013.03.23 朝日新聞

日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長の昨年の役員報酬が、前年の3億1700万円からほぼ半減して、1億6800万円だったことが、21日公表された有価証券報告書で明らかになった。同社の2012年12月期決算は、高額なセットメニューの売れ行きが悪く、9年ぶりに減収減益となった。原田氏の報酬について、同社広報は「業績低迷が一因」と説明した。

報酬の内訳をみると、業績連動部分が前年の8400万円から2400万円に、株価連動部分が前年の1億2800万円から3400万円に、それぞれ減っている。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 3,891 前日訪問者数(IP): 1,410
トータル閲覧者数(PV): 7,441,978
トータル訪問者数(IP):2,950,474
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,299
前日のコメント数: 31
TV総視聴者数: 93,947
総コメント数: 9,065
*************************************
[2013/05/03 15:54] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
「生活の党」が憲法9条に武力行使を伴う国連平和維持活動(PKO)への参加を認める条項を新設すること完全に間違っている!
■ 「生活の党」が憲法9条に武力行使を伴う国連平和維持活動(PKO)への参加を認める条項を新設すること完全に間違っている!本日木曜日(5月02日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  49分 06秒   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12310998



(1)今日のトピックス:

①「生活の党」が憲法9条に【武力行使を伴う国連平和維持活動(PKO)への参加を認める条項】を新設すること完全に間違っている!もしも「生活の党」が憲法第9条第3項にこの条項を入れた憲法改正案を正式に決定し今夏の参議院選に臨めば今まで生活の党を支持してきた反戦派、リベラル派は離反し壊滅的な敗北を喫しするだろう!

その理由

1)自衛隊を国連軍の一員として参加させ「国際平和を乱す勢力」を壊滅させることが「日本国憲法」の理念の一つである「国際協調」であるとの小沢代表の持論は間違っている。なぜならば、今の国連安保理事会では「国際平和を乱す勢力」と決めつけ国連軍の武力介入を決定するのは国連安保理事会常任理事国5か国(米、英、仏、中、ロシア)でありその中心である米国にとって不都合な国や勢力が「国際平和を乱す勢力」と断定され武力で排除されるからである。

▲【新聞記事】生活の党が憲法改正案の原案、96条はそのまま

2013.04.24 読売新聞

生活の党は24日の総合政策会議で、党の憲法改正案の原案をまとめた。

憲法改正の発議要件を定めた96条については改正せず、衆参各院の3分の2以上の賛成を求める現行規定を維持するとした。9条を巡っては、武力行使を伴う国連平和維持活動(PKO)への参加を認める条項を新設する方向を示した。このほか、衆参両院の機能分担の見直しや、災害発生時などの緊急事態に関する条項の追加を検討するとした。

小沢代表は会議の冒頭、「憲法に不都合な部分が生じてきたのであれば、時代に合ったものに変えていくことは当然だ」と述べた。

今後、具体的な条文案も含めて議論を重ね、夏の参院選の公約にも反映させる方針だ。

②安倍首相の「改憲前のめり状態」は国内反対派と国際社会の反発の前に頓挫するだろう!

【新聞記事】改憲手続き緩和 賛成38%、反対54% 世論調査

2013年05月02日 朝日新聞

憲法記念日を前に朝日新聞社は全国郵送世論調査を行い、憲法に関する有権者の意識を探った。それによると、憲法96条を変え、改憲の提案に必要な衆参各院の議員の賛成を3分の2以上から過半数に緩める自民党の主張について、反対の54%が賛成の38%を上回った。9条についても「変えない方がよい」が52%で、「変える方がよい」の39%より多かった。

雨宮処凛さん「人間1人の思考なら矛盾」森達也さん「9条変えない意見多いのは意外」浦部法穂さん「今の議員に憲法いじる資格ない」

96条の改正要件緩和については、自民党が昨年作った憲法改正草案で主張。最近は安倍政権も唱えているが、有権者は慎重であることが浮かび上がった。

衆院と参院の一票の格差が是正されない状態で選ばれた議員が改憲の提案をすることについて尋ねると、「問題だ」が54%、「問題ではない」が38%。改憲手続き緩和の自民党の主張に賛成の層でも、44%が「問題だ」と答えた。

一方、9条については、昨年4月下旬に実施した電話調査でも「変えない方がよい」が55%、「変える方がよい」30%だった。調査方法が違い、質問文もやや異なるため単純に比較できないが、「変えない方がよい」という人が多い傾向は続いている。

参院比例区の投票先で自民を挙げた人は49%に達したが、自民投票層でも、9条を「変える」が45%、「変えない」が46%とほぼ並んだ。自民党は9条を変えるべきだと主張しているが、変えない方がよいという人でも「景気や雇用」などを重視して自民に投票するという構図だ。

また、今の憲法を「変える必要がある」は54%、「変える必要はない」が37%だった。質問文がやや異なるが、過去の電話や面接調査では1990年代後半以降、改憲派が多い。

調査は3月中旬~4月下旬に実施。有効回答2194件、回収率73%。

〈憲法96条〉 憲法改正を国会が発議するには、衆参両院それぞれで総議員の3分の2以上の賛成が必要だと規定した条文。発議された改正の承認には、国民投票で過半数の賛成が必要だとも定めている。自民党や日本維新の会などは、発議の要件を過半数に緩和するべきだと主張。共産、社民両党などは要件緩和に反対している。

(2)今日のテーマ:すべての宗教は「排他性」と「残虐性」を持っている!

「温和な仏教国」とのイメージが強いミャンマーでは今多数派の仏教徒がバングラデイシュから迫害された難民である少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」を襲って人々を殺し住宅を焼き払っている。

キリスト教やイスラム教は「一神教」であるがゆえに他宗教を排斥し攻撃する傾向が強いと言われるが、ミャンマーの惨劇を見れば本来「多神教」であり「寛容」である仏教も「一神教」化して他宗教を排斥攻撃しているのだ。

▲【報道記事】ミャンマー 宗教の違いで襲撃も(豪ABC )

ミャンマー中部で1日、多数派の仏教徒による少数派のイスラム教徒への襲撃事件があり、1人が死亡しました。いわゆる「ロヒンギャ」の問題をめぐり、ミャンマー政府は軍の兵士を派遣するなどして双方の衝突防止に乗り出そうとしていますが、依然としてロヒンギャをミャンマー国民とは認めず、不法移民だとする立場は崩していません。

ロヒンギャ(英: Rohingya、またはロヒンジャー)とは、ミャンマーのヤカイン州とバングラデシュのチッタゴン管区に跨って暮らすベンガル系ムスリム集団である。

ロヒンギャは、ミャンマーにおいては多数派である仏教徒のビルマ族から弾圧され、バングラデシュにおいても不法滞在者として冷遇されているため、周辺諸国への難民化が顕著である。なお、ロヒンギャが民族グループ、宗教団体、政治結社のいずれであるのか判明していない現在、本頁ではロヒンギャに民族グループ的意味合いを持つ「族」を付加しない。

(3)今日の「大手マスコミが報道しない真実」

▲今の日本で何が起きているか 安倍政権はこの国を米国に売った

日刊ゲンダイ2013/4/30掲載記事  (「日々坦々」資料ブログより転載)

高支持率に浮かれる安倍政権はやりたい放題をエスカレートさせているが、先日、神戸女学院大名誉教授の内田樹氏(フランス現代思想)が毎日新聞(24日夕刊)でまさに正鵠を射る指摘をしていた。
ズバリ、「安倍首相よ、国家は株式会社ではないぞ!」という趣旨の論評だ。

〈安倍政権は日本のグローバル化を進めています。要は株式会社の論理で国家を運営しようとしている〉〈株式会社の平均寿命は日本で7年、米国で5年。その寿命を基準に政策判断する〉〈一方、国民国家は少なくとも100年スパンで政策判断する〉

改めて言うまでもないが、国家の運営と株式会社の経営とは違うのである。

自然を守り、医療、教育を充実させ、社会と国民を豊かにするためにはどうしたらいいのか。それを考えるのが政治なのに内田氏はこう書いた。

〈安倍政権はそうではない〉

〈目先の利益に飛びつく。安倍自民党のこの態度こそグローバリスト的です〉

◆やることなすこと全ては保身のため

実際、日銀の出口戦略なき量的緩和なんて、目先の利益追求の最たるものだ。一時的な株高を演出するために、中央銀行の信用を丁半バクチに賭けたのだ。当然、実体経済の回復には結びつかず、1年もたたないうちにバケの皮が剥がれるだろうが、その時、円の信用は失墜し、日本経済はボロボロになってしまう。多くの専門家が指摘していることだが、安倍はヘッチャラだ。今期の決算さえ良ければいい、とこんな発想だからだ。今度の参院選まで株高が続いて、有権者を騙せりゃいいのである。

内田樹氏は「原発再稼働」や「TPP」も同じ発想だと断じた。

〈安価な電力を求める財界の要請を受けて再稼働させようとする。目先の金を将来の国民の健康より優先させる。環太平洋パートナーシップ協定も同じ。農林水産業が壊滅し、日本の山河が失われた後どうなるか。結果が出るのは30年後、50年後ですが、そんな未来はグローバル資本主義者たちは考えない〉

〈安倍自民党が最優先するのは政権保持です。それには自由貿易を国是とする米国に好感されることが必須。だから過剰なまでに親米的であろうとする〉

安倍がやろうとしていることはすべて、目先の利益、保身のためということだ。
こうやって財界に恩を売れば、政権の後ろ盾になってもらえる。TPPに参加すれば、米国に感謝される。そうなれば、政権が維持できる。そのために、国と国民を差し出すわけだ。

こんな首相に任せていたら、間違いなく国と国民生活はぶっ壊されてしまうことになる。

◆TPP事前交渉はミズーリ艦上降伏文書に等しい

中でも見過ごせないのが安倍の対米隷属ぶりだ。TPP交渉なんて、国民が知らない間にとんでもない展開になっている。安倍は3月に交渉参加を決意表明した際、「交渉参加は国家百年の計だ。日本の主権は断固として守り、国益を踏まえた最善の道を実現する」と大見えを切った。

ところが、今月12日、日米の事前協議で合意した中身はというと、「米国の自動車関税は当面維持」「撤廃時期は最大限遅らせる」「猶予期間は米韓FTA5~10年よりも長くなる」「米国車については簡易輸入許可手続きによって輸入できる台数を2倍以上にする」「日本郵政の保険業務については、がん保険および単独の医療保険を認可しない」などというもの。しかも、これらの譲歩は交渉の結果、余儀なくされたことではなく、日本側が自ら通告してきたことだという。少なくとも米国USTRの公式文書にはそう書かれている。これを読んだ山田正彦元農相は〈こんな屈辱的な、一方的な「合意」は戦後最大! ミズーリ艦上降伏文書に等しいものではないでしょうか〉とブログにつづっていたが、本当だ。東大教授の鈴木宣弘氏(農政)もこう言った。

「何が国家百年の計ですか。ウソッパチもいいところです。事前協議で米国は自動車の関税を維持すると言った。それじゃあ、日本の農業は守られるのかというと、何の約束もない。保険や食の安全はどうかというと、これからTPP交渉と並行して2国間協議を続けるのです。TPPとは、米国がこれまで日本に要求してのませられなかったことを強引にのませるためのからめ手です。交渉に参加したが最後、日本の農業だけでなく、食の安全、医療、地域社会も壊されてしまう。それなのに、安倍政権は米国に譲歩することで政権維持をもくろみ、経団連などの大企業は目先の利益のためにTPPに賛成している。そんなことをしたところで、政権がどれだけ伸びるのか。肝心の日本国民と経済がヘタっても大企業はいいのか。今だけ、カネだけ、自分のために国を売るなんてあり得ない話です」

今の日本で今、何が起きているのか。首相と大企業による“国家破壊”みたいなものなのだ。
◆米国のために改憲し国防軍をつくるのか?

それにしても、安倍はなぜ、かくも対米追随路線を加速化させているのか。小泉政権の対米ポチぶりもヒドかったが、安倍はそれ以上だ。それも悪びれるどころか、居直っている。あまりにも露骨であからさまだ。元外交官の天木直人氏はこう言った。

「米国でも格差反対のデモが起こっている。グローバル資本主義者は危機感を募らせている。そこに安倍政権が誕生したのです。野党暮らしを経験した自民党政権は二度と政権を手放したくない。そこで米国に擦り寄る。米国は待ってましたでしょう。日本をグローバル資本主義の枠組みに組み込むことは、米国の利益になるからです。しかも、安倍首相は歴史認識で危うい発言をしている。そこを脅しに使えば、ますます、言いなりにさせられる。本来の保守とは自分の国の主権を守るために軍隊を持ちたがるものですが、安倍首相の場合、米国のために憲法を改正して国防軍を持ちたいのではないか。政権維持、保身のための保守にしか見えません」

日本を戦争する国にして、米国に差し出す。安倍がやろうとしているのは、こういうことだ。違うと言うなら、TPP交渉で席を蹴って出てきてみろよ、だ。

このままでは日本市場は米国グローバル企業の草刈り場となり、自衛隊は国防軍という名の下、米軍の先兵にされてしまう。これじゃあ、植民地よりも酷いが、恐ろしいのは、この国のマスコミがまったく、こうした真相を報じないことだ。

「ここまで売国奴的な政権をなぜ、大メディアは批判せずに支持するのか。本来であれば、倒閣運動が起きていなければおかしい」と筑波大名誉教授の小林弥六氏は憤る。内田樹氏は〈米国の国益を優先すれば国民国家が解体するリスクが高い。(しかし)大きな変化があって社会不安が高まれば情報へのニーズが高まる〉として、メディアもまた、〈「商売になる」から〉、安倍政権の真相を伝えないのだと指摘した。メディアが金欲しさで破滅を待っているのだとすれば、何も知らない国民は踏んだり蹴ったりと言うしかない。

(転載終わり)

(4)今日の推薦本:佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

(5)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(6)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月5日(日)午後2時―5時「若者討論会」5月例会。テーマ「保障されている権利を学ぼう!」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

会場:ルノアール新宿区役所横店1F8号室

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク約@\1,000

②【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

③5月19日(日)午後2時―5時【草の根勉強会 in 杉並&中野】テーマ【とんでもない自民党憲法改正草案④】

会場:セシオン杉並第4集会室

  杉並区梅里1丁目22番32号

交通手段:丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分

地図:http://mappage.jp/popup/popmap.php?MAP.x=290&MAP.y=184&X=2.4374799339995&Y   =0.62297382930012&L=12

参加費:@\300

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

④5月19日(日)午後6時―9時「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」著者佐藤真言氏インタビュー&トーク、テーマ「私は刑務所に入ることなどしていない!

今回インタビューは「市民ネットメデイアグループ」の共同取材&共同配信の第三弾です。インタビューに参加したいと思われる方は事前に山崎宛にメールにてご連絡ください。
yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

参加費:場所代+ソフトドリンク代=約@¥1000

★ネット中継【YYNewsLiveインタビュー&トーク】をします。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

(7)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)

2013.05.02(木) 12:10 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.02(木) 11時30分

0.044μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう!

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

【CNMTVチャネル】/a>

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

③全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.02

①デジタル版、紙の部数追い抜く NYタイムズの話です

2013.05.01 朝日新聞

【ニューヨーク=畑中徹】米国の新聞・雑誌の発行部数を調べる機関「AAM」によると、今年3月末までの半年間の主要新聞の平均発行部数では、有力紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が昨年の同時期と比べて18%増の186万部となり、昨年の3位から2位に浮上した。AAMが4月30日に発表した。

NYTの内訳は、紙の媒体が73万部だったが、デジタル版が113万部と好調だった。主要紙の中では、ただ1社、デジタルが紙を上回った。昨年2位だった全国紙のUSAトゥデーはデジタル版が苦戦し、同約8%減の167万部。紙面デザインなどを刷新したものの、NYTに抜かれ、3位に転落した。大手経済紙ウォールストリート・ジャーナルは同約12%増の237万部で、首位を守った。

NYTは4月、さらなるデジタル版事業の強化を発表。閲覧できる記事内容に応じて、購読料金プランを変更できる仕組みを、来年までに導入する方針だ。

②オバマ大統領 ”グアンタナモ収容所の閉鎖に尽力”(BBC )

アメリカが、テロとの関係が疑われる外国人を拘束し、国際的な批判を浴びているキューバのグアンタナモ収容所について、オバマ大統領は30日、議会に再び働きかけ、閉鎖を認めるよう求めていくと述べました。オバマ大統領は就任直後、1年以内に閉鎖する方針を打ち出しましたが、議会の強い反発を受け、5年経った今も閉鎖には至っていません。現在、収容所に収用されている166人のうち100人がハンガーストライキを続けていて、このうち21人は医療スタッフによって強制的に食べ物を与えられているということです。オバマ大統領は、このままでは収容者が死亡するおそれがあるとして、新たに40人の医療スタッフを収容所に派遣しました。

(10)今日の国内情報:2013.05.02

①資金供給、過去最大の155兆円 4月末、日銀の大規模緩和で

2013年5月2日 共同・東京新聞

日銀は2日、世の中に出回っているお金の量が今年4月末時点で155兆2803億円と過去最大になったと発表した。4月4日に導入した大規模な金融緩和策で、長期国債の購入を一段と増やし、市場に大量のお金を供給したことが主な要因。大規模な緩和を2%の物価上昇目標の達成まで続けるため、月末残高は今後も増えていく見通しだ。

マネタリーベース(資金供給残高)と呼ばれる統計で明らかにした。お金の量の4月の平均残高は前年同月比23・1%増の149兆5975億円となり、過去最高を更新した。月末残高は今回から新たに公表を始めた。

②「首相の迂回作戦、裏目に出ている」共産・市田書記局長

2013.05.01 朝日新聞

■市田忠義・共産党書記局長

安倍首相の一番の狙いは9条を変えることだが、これはどの世論調査でも半数以上が反対をしている。それを正面から持ち出すと国民の抵抗が強いものだから、手続きを変えるのならよいだろうということで憲法96条改定を持ち出した。しかし、96条は単なる手続きではなく、主権者の国民が権力者を縛るという、立憲主義の立場に立つ憲法の命とも言うべき重要な条項だ。これを「3分の2から2分の1にハードルを低くしよう。これなら国民の支持を得られる」と思って提起したが、逆に改憲派の学者や日弁連など、思いもよらないところから反対の声が起こってきた。憲法改定反対の新たな戦線を広げる皮肉な結果になった。迂回(うかい)作戦というか、目くらましが裏目に出ている。(都内で記者団に)

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 4,896
前日訪問者数(IP): 1,794
トータル閲覧者数(PV): 7,438,087
トータル訪問者数(IP):2,949,064
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,926
前日のコメント数: 59
TV総視聴者数: 93,947
総コメント数: 9,065
*************************************
[2013/05/02 14:49] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
日本の「無責任体制」は昭和天皇の戦争責任を一切追求せず不問に付してきた日本国民の「決定的な誤り」に起因している!
■ 日本の「無責任体制」は昭和天皇の戦争責任を一切追求せず不問に付してきた日本国民の「決定的な誤り」に起因している!本日水曜日(5月01日)【YYNewsLive】をご覧ください!

1)No1  70分33秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/12277210



(1)今日のトピックス:

①昨年10月19日に[CNMインタビュー&トーク」で放送しました経営コンサルタント佐藤真言氏(「粉飾」著者)のインタビュー映像が見つかりましたのでぜひご覧ください。

1) No1 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/6888988

No1

2) No2 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/6889484

No2

3) No3 http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/6889748

No3

【ブログ記事】再掲

2012.10.20 【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=ebfa86a3cc60f6202fa6fe0f66609ecd

昨日金曜日(10月19日)正午後3時から中継しました[CNMインタビュー&トーク]をご覧ください!

昨日午後3時よりCNM(市民ネットメデイア)グループの企画でインタビュー&トークが開催されました。インタビューのお相手は、今年の9月に講談社から出版されたばかりの産経新聞記者石塚健司氏が書かれた本「400万企業が哭いている。ドキュメント検察が会社を潰した日」で描かれている二人の主人公の一人の企業コンサルタント佐藤まことさんです。

佐藤さんお話を聞いて私が理解した「重要ポイント」は以下の通りです。

1)中小零細企業の資金繰りを助けるために銀行を辞めて企業コンサルタントとなった
  佐藤さんが初めて知った事実はほとんどの中小零細企業が銀行からの融資を得るため  に粉飾決算をせざるを得ないほど「資金繰り」に苦しんでいることだった。

2)圧倒的に有利な立場の銀行は中小零細企業にたいして「貸し渋り」「貸しはがし」を  平気で行い倒産や経営者の自殺を引き起こしてきた。

3)佐藤さんとコンサルタント契約を結んでいたアパレル会社朝倉社長と別の会社の社長  の3人を「粉飾詐欺事件」で逮捕・起訴した背景には、2009年の「郵便不正事件  」で証拠のフロッピーを担当検事が改ざんした事件など一連の不祥事が発覚し地検特  捜部の信頼が地に落ち存亡の危機に立たされていたことがあった。東京地検特捜部は  「巨悪を摘発する特捜」としての信頼を一気に回復するために「粉飾詐欺事件」をで  っち上げた。

4)検察は「東日本大震災復興支援制度」を悪用して粉飾詐欺で銀行から一億円をだまし  とった黒幕は企業コンサルタントの佐藤まことである、とするストーリーを捜査以前  から作成し台本通りの供述を無理やり取ろうとした。

5)今回の東京地検特捜部による「でっち上げ粉飾詐欺事件」で真に糾弾されるべきは、 「粉飾決算」した会社経営者でもなく企業コンサルタントでもなく、以下の3つの権力  なのだ。すなわち金融権力の銀行であり行政権力の検察であり司法権力である裁判所  なのだ。

① 「貸し渋り」「貸しはがし」で会社をいつぶし経営者を自殺に追い込む銀行:
  国家から唯一許された「信用創造特権」を使って「無から金を作り全国民を借金漬け  にする」現在の腐敗した銀行制度は解体すべし

② 自らの延命のためにどうでもよい経済事件を膨らませて「経済大事件」にでっち上げ  た東京地検特捜部は一度完全に解体すべし!

③ 検察と一体となって重罰を科す裁判官:
  どうでもよい経済事件を「経済大事件」にでっち上げた東京地検特捜部の検事と一体  となり検察の起訴状をコピペして判決文を書き実刑判決の重罰を  科した東京地裁裁判官。

(転載終わり)

(2)今日のテーマ:(昨日の続き)4月28日安倍内閣主催「主権回復を祝う国民集会」と4月29日祝日「昭和の日」の「本当の意味」を考えよう!

(昨日の記事)

1952年4月28日発効の「サンフランシスコ講和条約」で日本は「主権を回復し独立した」と言われているが二つの意味でまったくの嘘だ。

1)講和条約による「日本独立」には沖縄、奄美、小笠原が意図的に除外され日本国憲法が適用されず米軍による直接統治にされた。

2)1951年9月8日の「「サンフランシスコ講和条約」調印式には世界48カ国の代表が集まり盛大な調印式式典が開催され、あたかも日本が独立したかのような演出がなされた。しかしその裏ではダレス国務省顧問は吉田首相を拉致する形で当日の午後5時サンフランシスコ郊外の陸軍基地に吉田首相一人を拉致する形で「日米安保条約(旧条約)」に調印させその6か月後には「日米地位協定」を日本政府に一方的に調印させたのだ。これによって「表向き独立国家日本」は実質的に「米国の植民地」となったのだ。

(本日の記事)

4月29日は「昭和の日」として祝日となっているがもともとは昭和天皇の誕生日を祝うもの。昭和天皇は太平洋戦争を企画立案実行して太平洋諸国に2000万人以上の死者、数億人に上る負傷者、何兆円にも上る物的損害を与え、2発の原爆を投下されて日本を滅亡の縁に追いやったた侵略戦争の最高責任者であった。戦後昭和天皇は自らの延命と天皇制の維持を目的にマッカーサーにすり寄り「戦争責任者」から「平和天皇」へと変身した。マッカーサーは日本占領をより容易にするために昭和天皇の戦争責任追求を中止して「平和天皇」を利用したのだ。

東電や「原子村」の責任者が福島原発大事故の責任を一切取らず、また警察・検察が強制捜査をせずに「何事もなかった」かのように彼らが依然として権力を握っている最大の原因は、昭和天皇の戦争責任を一切追求せず不問に付してきた日本国民の「決定的な誤り」に起因しているのだ。

事件が重大で規模が大きければ大きいほど責任者は責任を追及されないという日本独特の「無責任さ」がモラルハザードを生み出しているのだ。

(3)今日の推薦本:佐藤真言著「粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告発」(毎日新聞社\1575)

【内容紹介】転載

「私は刑務所に入ることなどしていない! 」
“粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、
裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に、真正面から踏み込んだ問題作。

郷原信郎弁護士推薦! !

第一章 疑われたコンサルタント
第二章 銀行員時代
第三章 中小企業の社長を支えて
第四章 逮捕
第五章 奪われた日常

「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」
経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、
明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の
姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自
宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろし
た、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾
決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の
“独善的な論理"とのズレがありありと浮かび上がる。

(4)今日の推薦映画:

1)「船を編む」

新宿ピカデリーなどで上映中

【解説】転載

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

2)『100年の谺(こだま)』
 
ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

作品データ 2012/90分/日本/カラー

タイムテーブル

18:30

【ストーリー】転載

大逆事件から100年を過ぎた今、日本という国家と私たちの関係はまた、新たな100年に向かってはじまったという人もいる。
もし、そうだとしたら、同じ事を繰り返さないように、これからの100年をじっくりと練り直す必要があるのかもしれない。

「―幸徳ノ為メニ弁ゴ士ノ御世話ヲ切ニ願フ 六月九日 彼ハ何ニモ知ラヌノデス」。
映画は100年前、大逆事件に連座した紅一点、管野須賀子が獄中から密かに託した針文字の手紙で始まる。しかし当時の刑法73条、皇室に対する大逆罪で幸徳秋水以下12名が死刑に、12名が無期懲役になった。

20世紀初頭、日露開戦へと世論が沸騰する中、幸徳秋水と堺利彦の二人によって平民社が設立され、平民新聞が創刊された。自由・平等・博愛と社会主義を掲げ、「非戦」の旗手として登場した平民新聞は、政府の弾圧によりまもなく廃刊となるが、次々と後継紙を産み、社会問題に関心を持つ人々の心をつかんでいった。その中には、新聞記者として公娼廃止や女性の地位向上を訴えた管野須賀子、和歌山で貧しい人々の医療に力を尽くした医師・大石誠之助、被差別部落の門徒への差別と向き合った僧侶・髙木顕明、岡山で農事改良に取り組んだ森近運平など多彩な人々がいた。

しかし軍事国家への道を突き進む明治政府は、自由な言論活動を厳しく取り締まり、思想統制を強化していく。これに対して信州明科の労働者宮下太吉は、天皇へのテロで人々の目を覚まそうと短絡的に考え、自ら爆弾を作り実験するに至る。やがてそれは警察の知るところとなり、宮下と接点があった平民社の仲間たちが次々と検挙され、検察による巨大な陰謀物語へとフレームアップされていく。

この映画では、彼らが何を考え、何をしようとしていたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を、当時フランスで起きたドレフュス事件との対比でみていく。

戦後になっても大逆事件は再審の厚い壁に阻まれてきたが、事件の真相が明らかになるにつれ、各地で犠牲者の名誉回復や顕彰活動が生まれ現在に至っている。国家と司法、国家と人権、国家と私たち・・・

大逆事件は、100年経った今も私たちの胸に重い問いとして谺(こだま)し続けている。

3)『映画 日本国憲法』

ポレポレ東中野で上映

公開初日~上映最終日 4/27 ~ ~ ~ 5/10

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

『ベアテの贈りもの』

ドキュメンタリー/DVD上映/92分/2004年

12:50 『映画 日本国憲法』
14:45 『ベアテの贈りもの』
16:50 『映画 日本国憲法』

【説明】転載

日本国憲法が施行されたのは1947年5月3日。 当時の吉田茂首相は「主権在民」「戦力の不保持と交戦権を放棄する平 和主義」「不可侵の基本的人権」を3大原則とする現行憲法を「世界に 比類 なき憲法である」と述べました。
それから66年、政治の舞台ではその憲法が争点として注目を集めていますが、私たちの普段の生活において、憲法が意識にのぼることはあま りないように思います。
私たちにとって憲法がどのような意味をもつのか? 憲法のことを考え、憲法について語る。
今年の憲法記念日にはそんな時間を過ごしてみませんか?

『映画 日本国憲法』

記録映画/DVD・ビデオ/78分/2005年

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論が始まりました。国内の余りに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちの語った貴重なインタビュー集です。

2005年キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位

企画・製作 : 山上徹二郎
監督・編集 : ジャン・ユンカーマン
撮影 : 大津幸四郎

(5)今日のお知らせ:【勉強討論会・講演会・取材・裁判】

①5月5日(日)午後2時―5時「若者討論会」5月例会。テーマ「保障されている権利を学ぼう!」教材:「日本国憲法」「日米地位協定入門」「戦後史の正体」「自民党の憲法改正草案」

★ネット中継します。

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive】

会場:ルノアール新宿区役所横店1F8号室

地図:http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2006

参加費:場所代+ソフトドリンク約@\1,000

②【必見】シリーズ オリバー・ストーンが語る「もうひとつのアメリカ史」 

【放送予定】

第5回 5/06 24:00?  アイゼンハワーと核兵器(仮)

第6回 5/07 24:00?  J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~(仮)

第7回 5/08 24:00?  ベトナム戦争 運命の暗転(仮)

(6)自分の居住地と全国の放射線量を毎日点検しよう!

エステー社製「家庭用放射線測定器・エアーカウンター」(\4280)は便利で正確だ!

①山梨県山中湖村実測放射線量(by エアーカウンター)
2013.05.01(水) 11:30 (屋外)

0.05マイクロシーベルト/時

②東京都新宿区の放射線量情報(文科省データー)

http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html

2013.05.01(水) 11時30分

0.045μsv/h

(8)今日の「草の根市民運動」:

①【草の根勉強会】を立ち上げ全国ネットを作ろう!

全国300選挙区に【草の根勉強会】を立ち上げたいと思います!

すでに【草の根勉強会 in 四日市】と【草の根勉強会 in 杉並&中野】が立ち上がっています。都内では中野、渋谷、練馬、世田谷、新宿、目黒、品川、三鷹、武蔵野、国立、立川、町田などで立ち上げたいと思っております。地方での立ち上げを希望する方は山崎宛にメールでご連絡ください。

★「草の根勉強会 in 山梨」を立ち上げたいと思いますのでご興味のある方は以下のメールアドレス宛にご連絡ください!

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

②フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材しネット配信しよう

従来の方法では大手メデイアが【独占取材】や【単独中継】で情報を独占していましたが、我々フツーの市民が「市民ネットメデイア」として共同取材し各自の媒体で情報発信することこそが「国民の知る権利」を保障する最善の方法だと確信しています。

全国民に「真実と事実」を届けるために全国300選挙区に【全国ネットワーク】を作ろう!地元で情報発信や情報拡散をしたいと希望される方は山崎宛にご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

▲【CNMTVチャネル】

http://cnmchannels.iinaa.net/

【CNMTVチャネル】/a>

・毎日12時~ 動画配信「YYNewsLive今日の一言」山崎康彦 
 ブログ「杉並からの情報発信です」

・随時 動画配信「日々坦々ライブ」飛鳥麻憲氏 
 ブログ「日々坦々」

・毎日17時~/随時配信 動画配信「街カフェTV」)藤島利久氏

・毎日18時半~ 動画配信「シチズンライブ」西岡正士氏
 ブログ「討論Barシチズンへの道」

・毎日21時半~ 動画配信「ツイートTV」熊木和枝氏、服部順治氏
 ブログ「和順庭の阿波だより」

・随時 動画配信「madmanjapman」マッドマン氏

③全世界に【YYNewsLiveワールドネットワーク】を作ろう!

【YYNewsLive今日の一言】を視聴されている海外在住の日本の方、日本語のできる外国の方、日本に興味のある外国の方は山崎宛にメールでご連絡ください。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

(9)今日の海外情報:2013.05.01

①領土問題「2等分方式」に言及 プーチン氏、安倍首相に

2013.05.01 朝日新聞

ロシアのプーチン大統領が4月29日の安倍晋三首相との会談で、領土問題の解決策として面積を半々に分け合う2等分方式に言及した。プーチン氏が切り出したという。首相はロシア側が北方領土交渉にも適用するのか見極める構えだ。日本政府関係者が明らかにした。

ロシアは2008年、アムール川(中国名・黒竜江)とウスリー川の合流点の中州にある大ウスリー島を二分することで中国との国境を画定した。10年にはノルウェーとの係争海域を2等分し、40年に及ぶ境界線論争に終止符を打った。

 プーチン氏は首脳会談で中国やノルウェーの事例について「面積を半分ずつにした」と説明。そのうえで「両事例は第2次大戦に起因するものではないという点で、難しい話ではなかった」とも指摘し、北方領土問題とは違いがあるとの認識を示したという。

北方四島の返還方式をめぐっては、日本国内でも2等分方式が一つの考え方として取りざたされている。国後(くなしり)、色丹(しこたん)両島と歯舞(はぼまい)群島に加え、択捉(えとろふ)島の西部を日本領とする案だ。ただ、安倍政権は四島の日本への帰属確認を求めており、首相はプーチン氏の真意を測りかねていたという。

②ギリシャ 公務員削減法案可決(ZDF )

ギリシャの議会が来年末までに公務員を1万5000人削減する法案を可決した事に対し、多くの公務員が29日、反対のデモを繰り広げました。ギリシャでは70万人の公務員が在職していて終身雇用などの厚い待遇を受けてきましたが、EUなどが、財政追加支援の条件として、公務員の削減などの緊縮財政を強く求めていました。

②イタリア新首相 ドイツ訪問(ZDF )

イタリアで大連立内閣を発足させたレッタ新首相がドイツを訪問しメルケル首相と会談しました。レッタ首相はこの初外遊に先だって議会で所信表明演説を行い、従来の緊縮路線を修正して経済成長を促す政策に重点を置く考えをあらためて示しました。会談で両首脳はユーロ信用不安の克服に向けて結束して取り組むことで一致しましたが、財政規律の強化を唱えるメルケル首相との間には意見の相違も浮き彫りになりました。

③ウクライナ前首相の「逮捕は違法」(RTR )

ウクライナでおととし、職権乱用の罪で禁錮7年の実刑判決を受けたティモシェンコ前首相について、ヨーロッパ人権裁判所は「逮捕は違法だった」との判断を示しました。ティモシェンコ前首相は2004年の「オレンジ革命」で政権交代を実現させ、欧米各国から支持を受けましたが、ロシアとの関係をめぐり当時から現在のヤヌコービッチ大統領と対立してきた経緯もあって、政治的な意図に基づく不当な拘束だと主張しています。

(10)今日の国内情報:2013.05.01

①国債保有、歯止めなくす 最悪シナリオは放漫財政→破綻

2013年4月5日  東京新聞

日銀は四日の金融政策決定会合で、新たな金融緩和の枠組みを打ち出した。中でも国債の買いすぎを防ぐために設けてきた「銀行券ルール」を一時停止することで、国の財政の穴埋めに使われる懸念が高まる。政策転換による問題点をまとめた。 (木村留美)

Q 銀行券ルールとはどういうもの。

A 銀行券ルールは日銀が保有する長期国債が、市中に出回っている紙幣(銀行券)の額を上回らないことを決めた自主的な取り決めだ。日銀は国債を買いすぎないよう自主的に規制を定めていたんだ。

Q なぜ停止するの。

A 金融緩和を容易にするためだ。日銀は国債を銀行から買うことで、市場に資金を供給しているんだ。銀行に渡すお金をさらに拡大しようとすると、大量に国債を買っていかねばならない。銀行券ルールがあると、日銀は購入を思うように拡大できない。

これまで二つに分けていた国債の買い入れ枠組みの合計は九十四兆円。既に紙幣の発行高より十兆円以上多くなっており、黒田総裁は「形骸化している」として、一時停止の判断をしたんだ。

Q 歯止めがなくなって大丈夫なの。

A そこは心配な点だ。

新しい金融緩和では日銀が国が発行する国債の毎月の発行額のうち七割を買い占めることになる。政府から直接買うわけではないが、政府から見ると銀行を通して国債の大きな引き受け手ができたことは間違いない。日銀をあてこんでどんどん借金を増やす放漫財政に陥る懸念も生まれている。

 政府の財政悪化は深刻だ。一二年度は景気対策のために大型補正予算を組んで公共事業を増額、財政の大盤振る舞いをした。この先も政府は一四年四月、一五年十月と二段階の消費税増税を予定しており、増税による景気悪化ショックを和らげるため、公共事業などの大盤振る舞いを続ける可能性がある。国債を大量に引き受け続ける日銀は政府の「御用銀行」のようになってしまう。

Q 借金が増え続けるとどうなる。

A 国の総債務残高(借金総額)は国内総生産(GDP)の二倍に達し、千兆円を超えて、先進国で最悪だ。

 さらに国の借金が歯止めなく増えるようだと、銀行や海外の投資家は「借金返済の見込みがないのに借金を増やしている」と心配し、国債を買わなくなる懸念がある。そうすると、国債の引き受け手が日銀しかいなくなり、財政破綻という最悪シナリオが現実味を帯びる。

発行済みの国債の価格も急落するため、国債をたくさん持っている多くの銀行が損失を抱え、貸し出しの抑制に走る。

Q 対策は。

A 政府側が財政再建にきちんと取り組むことだろう。米国や欧州などは日銀と同様大幅な金融緩和をしているが、緊縮財政にも取り組んでいる。日本も現実的な財政赤字削減の道筋を示さないと危険だろう。

②富士山「国家的な象徴」と高評価 世界遺産、鎌倉には厳しい指摘 

2013年5月1日 東京新聞

日本を代表する観光名所で、ともに国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産を目指した富士山と鎌倉の明暗が分かれた。登録の見通しとなった「富士山」(山梨県、静岡県)は、信仰や芸術の山として「日本の国家的な象徴」と高い評価を得た。一方、「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)は、現存する武家遺跡の少なさなどが指摘され、約20年越しの悲願達成が難しくなった。

富士山はかつて、地元関係者が世界自然遺産への登録を目指したが、ごみの不法投棄問題などから断念。文化遺産としての再挑戦

③避難者支援 省庁で差 「原発事故は人災」除外 内閣府

2013年5月1日 東京新聞

◆「災害関連」等しく認定厚労省

東京電力福島第一原発事故で被災した人たちに、自然災害を対象にした支援金を出すのかどうか、政府内で対応がばらついている。厚生労働省が被災原因が原発事故か地震・津波かを問わず、遺族に弔慰金を支払っているのに対し、内閣府は人災だからと基本的には東電の賠償任せ。国は積極的に被災者支援を進めると強調していたが、姿勢が問われている。 (大野孝志)

厚労省は、原発事故が起きた二〇一一年の五月以降、避難している間に亡くなった人を対象に、最大五百万円の災害弔慰金を出している。住民が避難を始めた理由が、東日本大震災の地震や津波だったのか、原発事故の恐怖だったのかを区別することはできないと判断。遺族を早く支援するため、等しく災害関連死とみなした。

一方、内閣府は災害で家が壊れたり、長い避難で生活基盤をなくしたりした世帯を対象に、最大三百万円が支払われる生活再建支援金制度を担当する。

福島県ではこれまでに二万八千世帯、計約四百億円が支払われたものの、対象は地震や津波で家屋を失った世帯に限られている。原発事故に生活基盤を奪われても、自然災害で家は失われていない、との理由で当初から支払われていない。

これらの内閣府の対応に、地元などから疑問の声が出ている。

町民が今も避難を強いられている福島県浪江町。「原発事故は地震や津波が引き金になったのだから、事故で避難した世帯にも、自然災害と同じ支援をするべきだ」と四月十日、国に要望書を提出した。

日本弁護士連合会も原発事故から四カ月後の一一年七月、制度を弾力的に運用することを求める意見書を、早々にまとめている。

こうした声にもかかわらず、内閣府は対応を変えようとしない。同府担当者によると、昨年三月まで、支援金の対象を広げるかどうか有識者を交えて検討は続けた。

しかし「原発事故は、自然災害との因果関係が薄い人災だから、東電が住民の損害を償うべきだ」との理由で対象拡大を見送ったという。また、対象を広げると福島県だけでさらに最大約九百億円かかるなど、財源不足も背景にある。

<災害弔慰金と被災者生活再建支援金> いずれも本来は自然災害の被災者が対象。災害弔慰金は「災害弔慰金の支給等に関する法律」に基づき、遺族に支払われる。支援金は、1995年の阪神大震災をきっかけにつくられた「被災者生活再建支援法」に基づく。

*********************************
【YYNews年間購読】のお願い!
【YYNews】は「大手マスコミ=報道カルト集団」に対抗する「独立系市民メデイア」で1000万人の「自立した賢明な国民」の登場で日本と世界に真の[主権在民社会]を実現することを目的とする市民メデイアです。
【YYNews】は「無料配信」を原則にしておりますが財政に余裕がありかつこの活動を支援したいと思われる方は是非【年間購読者】になってください。
「年間購読料」は¥5000(税込)です。詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2cb7790b558a56e2ac2d0aae815c73e9
【YYNews】年間購読のお願い!
*************************************

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yampr7
ツイッター:https://twitter.com/chateaux1000
フェースブック:http://www.facebook.com/yasuhiko.yamazaki.98
【CNMチャネル】:http://cnmchannels.iinaa.net/
前日閲覧者数(PV): 4,849
前日訪問者数(IP): 1,523
トータル閲覧者数(PV): 7,433,191
トータル訪問者数(IP):2,947,270
ネットTV放送[YYNewsLive]:http://twitcasting.tv/chateaux1000
前日総視聴者数: 1,454
前日のコメント数: 37
TV総視聴者数: 93,698
総コメント数: 9,029
*************************************
[2013/05/01 14:40] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム |