プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

[日曜勉強・討論会]を全国に拡大したいと思います!
「ネットメデイアと主権在民を考える会」の山崎康彦です。

いつもお世話様です。

■ [日曜勉強・討論会]を全国に拡大したいと思います!

私は昨年1月に仲間とともに「ネットメデイアと主権在民を考える会」を結成し、[タブーなき徹底討論]をモットーに毎月[日曜討論会]と[日曜勉 強会]を開催してきました。

私が会を結成した動機には、日本に本当の意味の[主権在民の社会]を実現するためには、政治家や官僚や財界や大手マスコミや学者や評論家に騙され ない[自立した賢明な国民]が最低1000万人必要だとの強い思いがありました。

私は[大本営発表報道]を繰り返す[オールドメデイア]の洗脳報道に対抗する[ネットメデイア]の力を信じておりますが、やはり顔と顔を付きあわ せて勉強や議論をする[リアルな関係]が絶対に必要だと思っております。

会の結成以来1年5ヶ月が経過した今、[1000万人の自立した賢明な国民]を創出する為には新たな飛躍が必要になってきたと思っております。す なわちこれまで東京でやってきました[日曜討論会]や[日曜勉強会]の活動をこれからは全国に広める必要があると思っております。

私は昨年11月17日に植草一秀氏をゲストに開催しました[第3回市民シンポジューム]の後に主に植草氏の著書[日本再生]勉強するための[草の 根勉強会]を各地で立ち上げようと提案しました。京都と岡崎の方からご賛同のご連絡をいただきましたが具体化せずそのままになっておりました。

従いまして6月からの東京での活動は、毎週第二日曜日の[日曜勉討論会]と第四日曜日の[日曜勉強会]を一つに統合して[日曜勉強・討論会]とし毎月第四日曜日に開催するように変更したいと思います。

[日曜勉強・討論会]を地元で開催したいと思っておられる方は是非私の方にご連絡をお願い致します。予算が許す限り直接お会いして実現に向けた具体的なお話をさせていただきたいと思います。

(終わり)

--







スポンサーサイト
[2012/05/29 17:39] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
6月17日(日)午後1時[ワインと料理を楽しむ会]第一回イベン[ボルドー1級4大シャトー古酒ワインとフレンチ料理]を開催します!
2012.06.17[第一回ワインと料理]4本

いつもお世話様です。

今回は【政治経済社会情報】ではなく【ワイン関連情報】です。

よろしければお読みください。


[日本カーヴィスト・クラブ]事務局の山崎康彦です。

この度[ワインと料理を楽しむ会]を友人と共に設立しました。

一生のうちに80年、90年の複数のグランヴァンを楽しめる機会に恵まれた方はめったにおられないと思われます。

[ワインと料理を楽しむ会]はボルドーとブルゴーニュの複数のオールドビンテージのグランヴァンを美味しい料理と共に[お手頃な価格]で楽しめる会員制の組織です。

私は10年以上にわたって酒販店様のワイン産直仕入れ組織である[日本カーヴィスト・クラブ]の事務局を担当してきましたが、今回の[ワインと料理を楽しむ会]は[日本カーヴィスト・クラブ]とは直接関係のない別組織ですが、
[楽しむ会]のイベントはワイン愛好家との接点が出来ますので[日本カーヴィスト・クラブ]の会員の皆様にも是非参加していただきたいと思います。

最初のイベントを6月17日(日)午後1時ー3時に東京・池袋で開催したいと思いますので以下にご案内をお送りせていただきます。

皆様のご参加をお願いいたします。

● 6月17日(日)午後1時[ワインと料理を楽しむ会]第一回イベント[ボルドー1級4大シャトー古酒ワインとフレンチ料理]を開催します!

1)日時:2012年6月17日(日)13時ー15時

2)場所:フレンチレストラン[ABIENTO ア・ビアント]
    〒170-0013
    東京都豊島区東池袋1-17-5
    TEL&FAX 03-5950-5458
    *池袋駅東口豊島公会堂を正面に見て左の路地を入る。
    地図 http://www.ikebukuro-abientot.com/top.htm

3)ワイン:[ボルドー1級4大シャトーワイン]
    シャトー・ラ・トウール1990年 1本
    シャトー・マルゴー 1986年  1本
    シャトー・ラフィット 1985年 1本
    シャトー・ムートン 1988年  1本

    *ワインは地方の蔵に保管されていましたので状態は完璧です。
    **各ワインのお一人様あたりの分量は50mlを基本とします。
    ***最初シャンパンで乾杯いたします。

4)料理(案):前菜盛り合わせ
      ビーフシチュー
      サラダ
      コーヒー

5)参加人数:10名ー15名様
    *最少催行人数8名様。8名様に達しない場合は中止させて頂く場合がありますので予めご了承ください。

6)ご予約:下記の項目を明記の上メールまたはファックスにてご予約をお願い致します。この情報は[ワインと料理を楽しむ会]会員情報として登録させて頂きます。

    メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp

    ファックス:03-3331-0940

[会員情報]

お名前:

お歳:

ご住所:

ご職業

メール番号:

電話番号:

ファックス番号:

その他:ご要望などお聞かせください。

7)参加費:特別価格/お一人様 ¥15,000(通常価格¥30,000)

8)入会のお願い:[ワインと料理を楽しむ会]への入会をお願い致します。

        入会金:¥5、000
年会費:¥5、000
_________
計   ¥10,000
*二年度以降は年会費のみとなります。

9)お支払い:金額¥25,000を銀行口座にご送金ください。

     イベント参加費:¥15,000
入会金・年会費:¥10,000
_______________
計       ¥25,000
   *イベント中止の場合参加費は返金させて頂きます。

【送金先銀行口座情報】

銀行名:三菱東京UFJ銀行久我山支店
口座名:有限会社 プロスパー 代表取締役 山崎康彦
口座番号:普通口座 3755225

10)ワイングラス:今回の[楽しむ会]は4個のワイングラスが必要です。グラスにこだわりを
お持ちの方もおられると思いますがその場合はぜひマイグラスをおもちください。

11)お問い合わせ:ご遠慮なく下記にお問い合わせください。
 
       tel:03-3331-0970 fax:03-3331-0940
       e-mail:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp

以上宜しくお願い致します。

[ワインと料理を楽しむ会]
事務局 山崎康彦
c/o (有限会社)プロスパー
東京都杉並区久我山4-12-8
tel:03-3331-0970 fax:03-3331-0940
e-mail:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp





--


























[2012/05/29 14:33] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
今の日本には霞が関特権官僚、独占企業経営者の[国家犯罪]を摘発する[日本版特別検察官制度]が必要!
笠間、田代、佐久間

(笠間治雄検事総長、田代政弘元検事、佐久間達哉元特捜部長(小窓))

私は今年2月2日のブログに【国会は[特別検察官制度]を創設して[東電][検察官][官僚][裁判官]の犯罪を立件すべし!】という記事を書き【YYNews】で配信しました。

米国の[特別検察官制度]はニクソン大統領が民主党本部の盗聴を命じたウオーターゲート事件で追求するコックス特別検察官をニクソン大統領が解任 した事件以来独立性が強化され、1978 年に連邦議会による[政治倫理法]の制定で現在の[特別検察官制度]となりました。

米国の特別検察官は正副大統領を含む政府高官やその周辺の人々の犯罪を捜査・追訴する権限が与えられ、大統領や司法長官から独立して活動できるよ うに経費と任期に制限はなく、任命や罷免はワシントン連邦高等裁判所ないしは議会司
法委員会の権限となっています。

今の日本には米国の[特別検察官制度]をモデルとしつつ、摘発対象を正副大統領を含む政府高官やその周辺の人々の政治家とその周辺の犯罪に限定せ ず、検察官、裁判官、警察官、霞が関特権官僚、国営・独占企業経営者による[国家犯
罪]を対象にすべきでしょう。国会が[国家犯罪]と認定した案 件に対して[特別検察官]を任命し強力な権限と予算と人員を与えるべきでしょう。

何故ならば今の日本の統治システムでは、権力を独占する検察官や警官や裁判官や財務官僚や外務官僚、経産省官僚などの霞が関特権官僚やNHKや電 力会社などの独占企業電力会社経営者が犯す[国家的犯罪]に対してそれを摘発し責任を追求し責任を取らせる機関が存在していないからです。

国民は[権力の暴走]に常に[泣き寝入り]させられてきたのです。

日本国憲法第41条に規定されているように[国権の最高機関]である国会は、場する内閣や司法の上部に位置しており、内閣や司法が誤った決定で国 民に多大な損害を与えた場合には、国民に代わって内閣や司法や独占企業の責任を追求し責任者を罰する権利と義務があるのです。

その意味で[日本版特別検察官制度]が絶対に必要なのです。

【該当記事】【国会は[特別検察官制度]を創設して[東電][検察官][官
        僚][裁判官]の犯罪を立件すべし!】 2012.02.02
      

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/616c9ed78b8e8bd8af001387f89b0910

【国会は[特別検察官制度]を創設して[東電][検察官][官僚][裁判官]の犯罪を立件すべし!

▲ 自立した賢明な国民が[権力の暴走阻止]についに立ち上がった!

私達は今年の3月に「Stop!権力の暴走・国民大行動」実行委員会を立ち上げ、4月20日に東京・文京シビックセンターで[Stop!権力の暴 走・国民大集会]を開催しました。会場には全国から約1300名の市民が参加され、Ust中継と録画には10000人以上のアクセスを得ることが でき大成功でした。

4月20日の国民大集会の成功は、あらゆる権力が暴走して歯止めが効かなくなっている今の日本の現状に深刻な危機感を持った[自立した賢明な国 民]がついに立ち上がったことを示しました。

今の日本は本来権力の暴走を止める役割の担う機関が全く機能しないか、もしくは権力の暴走に加担して自らが暴走しているというひどい状況に陥っています。

本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、メデイアです。

本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、国会であり国会議員です。

本来であれば「権力の暴走」を止めるのは、裁判所です。

メデイアは[記者クラブ制度]で情報を独占し[大本営発表]報道で国民を洗脳しています。全国紙は日本独特の[クロスオーナーシップ制度]でTV 局の資本と報道内容を支配しています。TV局は総事業収入の0.14%、42億円の[電波利用料]しか国に払わずに膨大な利益を手にしています。

日本の国会議員は1億円以上の税金を享受する世界一の「特権・利権」政治家となっており、ほんの少数の国会議員以外は「権力の暴走」に対して[沈 黙]し再就職運動である[選挙活動]に奔走して国民の苦難や困窮に無頓着なのです。

4月20日の国民大集会で分かった事は、結局のところ[権力の暴走]を止めることのできる人は、自立した賢明な市民、良心的なメデアイ、国会議 員、地方議員、裁判官、公務員、労働者しかいないということでした。

▲[虚偽公文書作成及び行使罪]で告発された田代政弘検事を不起訴とする[検察の暴走]に抗議しよう!

東京地検特捜部の田代政弘検事が[陸山会事件]被告の石川議員を任意で取り調べた際、事実と異なる捜査報告書を作成していたことが、石川議員が任 意の取り調べの際にICレコーダーで事情聴取の内容を全て録音していたことで暴露されました。

そしてその虚偽報告書が検察審査会に捜査資料として提出されたために、審査員は二度にわたって小沢一郎氏に[起訴相当]議決を決定し小沢氏を[強 制起訴]に誘導したのです。

[健全な法治国家を実現するために声を上げる市民の会](八木啓代代表)は、2012年1月12日田代検事を虚偽公文書作成及び行使罪で、さらに その報告書を作らせ検察審査会に提出した人物を、被疑者不詳で偽計業務妨害で、最高検察庁に刑事告発し1月17日付けで東京地検刑事部に回送され 同日受理されました。

しかし告発を受けた検察はこれほどの[国家犯罪]を犯した田代検事を「嫌疑不十分」不起訴にする方針という報道がながされました。

(転載)

● 捜査報告書に虚偽記載の特捜検事、不起訴へ

2012年5月20日09時00分 読売新聞

陸山会事件の捜査報告書に虚偽記載があった問題で、検察当局は、報告書の作成者で虚偽有印公文書作成などの容疑で告発された元東京地検特捜部の田 代政弘検事(45)について、「嫌疑不十分」で不起訴とする方針を決めた。

偽計業務妨害容疑で告発された当時の特捜部長ら上司も不起訴とし、今週にも法務省と人事上の処分について協議に入る。

検察当局は田代検事や上司らの聴取を進めてきたが、「記憶が混同した」と故意の虚偽記載を否定する田代検事の説明を覆すことは難しく、刑事責任は 問えないと判断した。

(以下略して転載終わり)

米国支配層は[小沢一郎は米国の国益に反する]と断定して直轄部隊である東京地検特捜部と当時の麻生自公政権と大手マスコミに司令を出し、小沢一 郎氏の政治生命抹殺目的の[戦後最大の政治謀略事件]である[小沢事件]を実行させ
たのです。検察、大手マスコミ、裁判所、検察審査会、指定弁護 士、弁護士会、民主党Bグループ政治家(野田氏、仙石氏、前原氏など)が一体となって、小沢氏を刑事被告にするための[出来レース]を展開してき たのです。

[小沢事件]という[国家犯罪]をに加担し[虚偽公文書作成及び行使罪]という大罪を犯した田代政弘検事を不起訴とする[検察の暴走]に対し て[自立した賢明な国民]は検察に抗議すべきです。東京地方検察庁に電話して[田代検事を起訴すべし][田代検事 の不起訴は認められない]と強く主張すべきなのです。

東京地方検察庁:03-3592-5611


(終わり)



[2012/05/25 14:48] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
本日(5月24日)午後8時よりレイバーネットTVで生田暉雄弁護士が出演されます!
すでにご案内をさし上げておりますが、[ネットメデイアと主権在民を考える会]は6月10日(日)正午から[第6回市民シンポジューム]を開催し[最高裁の裏ガネと日本の裁判所]をテーマに生田暉雄弁護士に講演して頂きます。

生田弁護士は弁護を担当されている大高正ニ氏(東京地裁前で裁判官弾劾行動をされていて転び公妨で公務執行妨害容疑で逮捕・起訴され現在公判中)と共に本日(5月24日)午後8時からのレイバーネットTVに生出演されます。

【おかしすぎるぞ!裁判所~法衣の犯罪を問う】のテーマでお話されますので是非下記のURLで御覧ください。

http://www.labornetjp.org/tv

レイバーネットTV

以下にビデオプレスの松原明氏のメールを転載いたします。

(以下転載)

松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転載歓迎。

いよいよ本日午後8時から、「レイバーネットTV」裁判所特集をやります。裁判所批判の最強コンビ・大高正二さん・生田暉雄(てるお)弁護士が「法衣の犯罪」を問います。生田弁護士(元裁判官)は愛媛から本日上京。なぜ「ヒラメ裁判官」が生まれるのか、そして裁判所自身が手を染めている「裏金犯罪」についてズバリ話します。またジョニーHがつくった「東京地裁429号警備法廷・詳細イラスト」はちょっと「怖い」です。ぜひお見逃しなく。放送は新宿三丁目「バンブー」から。スタジオ参加・見学も歓迎です。

---------------------------

  ● 労働者の 労働者による 労働者のための 
    レイバーネットTV 第33号放送 

  特集:おかしすぎるぞ!裁判所~法衣の犯罪を問う

           記

・日時 2012年5月24日(木)20:00~21:30

・視聴アドレス http://www.labornetjp.org/tv

・配信場所 バンブースタジオ(地下鉄「新宿三丁目駅」E1出口近く)
   http://vpress.la.coocan.jp/bamboo.html

★キャスター  土屋トカチ・松元ちえ

番組構成
1.【ニュースダイジェスト】

2.【木下昌明の今月の一本】
 映画評論家の木下さんが、安田好弘弁護士の人間像に迫った映画「死刑弁護人」を解説。裁判所の実態も描いている作品です。

3.【特集:おかしすぎるぞ!裁判所~法衣の犯罪を問う】(8時15分位から50分間)

ゲスト=大高正二(裁判所前の男・「公務執行妨害、傷害罪」で係争中)生田暉雄(大高民事裁判担当弁護士・元裁判官。最高裁の裏金問題を追及している)

公正・中立な立場で裁くはずの裁判所がどこかおかしい。裁判所・国家権力・大企業にタテつくものは許さないとも言わんばかりのでっち上げ事件の核心に迫ります。誰も語りたがらない裏のカラクリ、恐怖の「警備法廷」など、裁判所の実態もお見せします。裁判所の裏金犯罪に執念を燃やす男・生田暉雄弁護士が愛媛から上京し、特別出演します。関連映像あり。

4.【山口正紀のピリ辛コラム】

大高裁判傍聴を続けている山口さんが、報道記者席の謎やマスコミと裁判所の癒着などについて辛口批判。

5.【不満★自慢】

ジョニーHの新作「裁判官さん2」(サザエさんの替え歌)と乱鬼龍のキツーイ一句をご紹介。

その他、視聴者プレゼント発表など何が飛び出すかわからない生放送です。

★レイバーネットTVは公開放送です。中継スタジオで一緒に盛り上がりましょう。
★ツイッターでの質問・コメント大歓迎。ハッシュタグ #labornettv
★視聴に関する電話サポートは TEL03-3530-8588 labor-staff@labornetjp.org
へ。

連絡先 レイバーネットTV 090-9975-0848(松元)

*************************
 松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
  http://vpress.la.coocan.jp/ ビデオプレス
  http://www.labornetjp.org/ レイバーネット
*************************

(終わり)


[2012/05/24 11:03] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
[何人でも犯罪があると思料するときは告発をすることができる] (刑事訴訟法第239条第一項)
検察庁

昨日火曜日(5月23日)午後1時半より[市民ネットメデイアグループ]の仲間である街カフェTVの藤島利久氏と同じくメンバーであるブログ[日々坦々]の飛鳥麻憲氏と私の3人で霞が関の東京高検に行ってきました。

当日の詳しい経緯は飛鳥麻憲氏が記事を書かれていますので以下のURLでお読みください。

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1523.html

日々坦々

藤島氏は水谷建設川村元社長を「業務上横領又は特別背任」と東京第5検察審査会(小沢一郎氏の起訴議決機関)の審議に係る偽計業務妨害罪で東京地 検特捜部に告発しましたが、門前払いされたため東京高検に再度告発し直したのです。
当日は東京高検刑事部の竹内寛志検事から事情聴取したいとの要 請があったため藤島氏はわざわざ高知から上京し我々2名が付き添って出向いたわけです。

40代半ばの大柄な竹内寛志検事は、藤島氏の口撃に終始冷静さを保つようにしてましたが、彼の目的は検察が藤島氏の告発を正式に受理する為にはWhen,Where,Who,What,Why,Howの[6何(か)の原則]にのっとって告発条が書か
れているか否かを直接本人から確認すること、そして国家賠償裁判(国賠)で裁判所が認めた検察が告発を受理しない以下の4つの理由に該当しないか否かを直接確認することだったのです。

① 告発した事実が不明確な場合

② 明らかに罪とならない場合

③ すでに公訴時効が完了している場合(時効が成立している)

④ 処罰を求める意思表示が不明確な場合

竹内寛志検事との面談は一時間半にも及びました。最後は事情聴取の内容を踏まえて竹内検事の方で藤島氏の告発状を加筆・訂正・補充してくれることになりましたので、おそらく告発状は受理されると思われます。

最初に告発状を送った東京地検特捜部は何の連絡もせず問い合わせに高知からわざわざ上京してきたきた藤島氏と付添の飛鳥麻憲氏を検察庁ビルの正門 前で雨の中長時間待たせた挙句[告発状は送り返した]と言い放って文字通り門前払いを食わせたのです。

それに比べると、昨日の竹内寛志検事は国民からの告発に対して検察として真摯に対応しようとする姿勢をかいま見ることができました。

私は面談の最後に竹内検事にこう言いました。

[竹内さんはおそらく東大法学部卒の赤レンガ組のエリートではないでしょう。検察の中の[改革派]だと思いますので頑張ってください]

● 昨日の事情聴取の模様は以下のURLで聞けます!

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/4808759



▲ 国民は誰でも[社会的不正義]に対して告発する権利がある!

国民一人ひとりが[告発の権利]を持っていることを私は昨日の事情聴取まで知りませんでした。藤島氏の勇気ある告発と昨日の高検での事情聴取のお陰で[刑事訴訟法第239条]に以下の事が規定されていることを初めて知りました。

①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

②官吏または公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

国民は一人一人に[告発の権利]を持っていることを知らされていません。そしてどのように告発をすれば良いのか、どのように告発状を書けば良いのかは誰も教えてくれません。竹内検事は同意していましたが、検察こそ国民の[告発の権利]の定義と[告発のやり方]を周知徹底すべきなのです。

藤島氏が国民の一人として水谷建設川村元社長を告発したように、国民一人一人が[社会的不正義]である犯罪を[告発]したり、[職権乱用]や[不 作為]の公務員を[罷免]したり、[特権・利権]あさりに奔走する政治家を[落選]させたりすれば、日本は少しは希望が持てる社会になると思いま す。

(終わり)




--







[2012/05/23 22:09] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
6月10日(日)12:00-14:00[第6回市民シンポジューム]のご案内です!  テーマ[最高裁の裏ガネ問題と日本の裁判所]ゲスト生田暉雄弁護士(元大阪高裁判事)
生田弁護士
「ネットメデイアと主権在民を考える会]は6月10日(日)正午12時より[第6回市民シンポジューム]を開催いたします。元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士をゲストに日本最大のタブーの一つである[最高裁の裏ガネ問題]を語っていただきます。

官僚による大掛かりな[税金横領事件]はすでに当事者の内部告発がなされていますが、「ネットメデイアと主権在民を考える会]はすでに[検察の裏ガネ] と[警察の裏ガネ]に関しては当事者をお招きしてお話をしていただいております。

2011年9月26日開催の[第2回市民シンポジューム]では、大阪高検元公安部長三井環氏をゲストに[検察の裏ガネ]を語っていただきました。

http://www.ustream.tv/recorded/17517907

検察の裏ガネ

2012年4月21日開催の[第5回市民シンポジューム]では、愛媛県警元警察官仙波敏郎氏をゲストに[警察の裏ガネ]を語っていただきました。

① 仙波敏郎ライブ1

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/4439917

仙波敏郎ライブ1

② 仙波敏郎ライブ2

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/4440568

仙波敏郎ライブ2

③ 仙波敏郎ライブ3

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/4440924

仙波敏郎ライブ3

今回[第6回市民シンポジューム]では、元大阪高裁判事を努められた生田暉雄弁護士をゲストに、数百億円と言われる[最高裁の裏ガネ]問題を語っていただきます。また国民の人権擁護や社会正義の実現に逆行する現在の日本の裁判所の問題も語っていただく予定です。

【該当記事】最高裁判所は数百億円の[裏金]を隠している!(生田暉雄弁護士・元大阪高裁裁判官の話)2012-05-02

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/d05da378ec5e4a1b9dd7f7f648a42fbd

最高裁判所は数百億円の[裏金]を隠している!(

参加希望の方は、事務局山崎宛にお名前、お歳、ご住所、電話番号を明記の上事前予約をお願い致します。

yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

セキュリテーの関係上、事前予約がない場合は入場をお断りする場合もありますので予めご了承ください。

皆様の御参加をお願い致します。

  

● 6月10日(日)12:00-14:00[第6回市民シンポジューム]のご案内です!
  [最高裁の裏ガネ問題と日本の裁判制度]生田暉雄弁護士(元大阪高裁判事)


日時:2012年6月10日(日)12:00-14:00

会場:ルノアール新宿区役所横店2F5号室

   東京都新宿区歌舞伎町1-3-5相模ビル2階
   tel:03-3209-6175

  (地図) http://g.co/maps/6rxys

地図

テーマ:[最高裁の裏ガネ問題と日本の裁判所] ゲスト生田暉雄弁護士(元大阪高裁判事)

主催:ネットメデイアと主権座民を考える会

ネット中継:チャンネルNo4[市民シンポジューム]
      http://p.tl/iXOZ

事前予約:参加希望の方は、以下のメール宛にお名前、お歳、ご住所、電話番号を 明記の上事前予約をお願い致します。

     yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

*事前予約がない場合入場をお断りする場合もありますので予めご了承ください。

参加費:ドリンクと会場費込でお一人様¥1500

「ネットメデイアと主権在民を考える会」
世話人代表 山崎康彦
e-mail:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
[2012/05/23 10:14] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
[第5回YYNewsビデオ・レター]を御覧ください!
本日(5月21日)午後3時21分より約11分間[第5回YYNewsビデオ・レター]を放送させていただきました。通信の状態が悪く11分42秒のところ(オランド氏の政権公約⑤脱原発と再生エネグギー開発)のところで中断されてしまいました。続きは次回6回目のビデオレターでお話させて頂きます。

http://www.ustream.tv/recorded/22751057


Live stream by Ustream




(終わり)
[2012/05/21 23:17] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
5月27日(日)午後2時-5時[日曜勉強会]テーマ【[小沢事件]とオランド政権の誕生】のご案内です!
「ネットメデイアと主権在民を考える会」は5月27日(日)午後2時ー5時に[日曜勉強会]を開催いたしますので皆様のご参加をお願いいたします。

今回のテーマは【[小沢事件]とオランド政権の誕生】です。サブテーマは[なぜ小沢一郎氏は日本の首相になれずオランド氏はフランスの大統領にな れたのか?]です。

以下の個別テーマを掘り下げながら、メインテーマである【[小沢事件]とオランド政権の誕生】を徹底討論していきたいと思います。

(1)[小沢事件]とは一体何だったのか?

(2)日本とメキシコとフランスの[対米関係]の決定的な違い:植民地と独立国

(3)オランド大統領の目指すもの

参加ご希望の方はメールにて事務局山崎宛 yampr7@mx3.alpha-web.ne.jpにご連絡ください。



● 5月27日(日)午後2時-4時[日曜討論会]]テーマ【[小沢事件]とオランド政権の誕生】のご案内です!


日時:2012年5月27日(日)午後2時ー5時

会場:ルノアール新宿区役所横店2F7号室

   東京都新宿区歌舞伎町1-3-5相模ビル2階
   tel:03-3209-6175

(地図) http://g.co/maps/6rxys

地図

テーマ:【[小沢事件]とオランド政権の誕生】

問題提起:山崎康彦

主催:ネットメデイアと主権座民を考える会

ネット中継:チャンネルNo1[日曜討論会]

      http://p.tl/QoZR

チャンネルNo1[日曜討論会]

参加費:ドリンクと会場費込お一人様約¥1000

(終わり)



[2012/05/21 14:31] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
昨夜(5月18日)[第三回YYNewsビデオレター]を放送させて頂きましたのでよろしければ御覧ください。
昨夜(5月18日)[第三回YYNewsビデオレター]を放送させて頂きましたのでよろしければ御覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/22667377

第三回YYNewsビデオレター

テーマ:[全国紙の購読をやめよう!][TV局は事業収入の0・14%の[電波利用料]しか払っていない!]

時間:09.31

[第一回YYNewsビデオレター]は5月13日に放送しました。

テーマ:[自立した賢明な国民は登場したのか?]

現時点のアクセス数:482  時間:13.08

http://www.ustream.tv/recorded/22580215

第一回YYNewsビデオレター

[第二回YYNewsビデオレター]は5月15日に放映しました[山崎淑子講演会]です。

現時点のアクセス数:1082 時間:53.42

http://www.ustream.tv/recorded/22601166

第二回YYNewsビデオレター

(終わり)

[2012/05/19 10:44] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
オランド新政権は[新自由主義]とネオコンを否定する[革命政権]!
gouvernement.jpg

私は2月3日付けのブログでオランド社会党候補がサルコジ大統領を破りフランス新大統領になり[新自由主義]を否定する政権になるだろうと予測しました。

【該当記事】4月のフランス大統領選挙で社会党オランド候補がサルコジ大統領を破り社会党大統領が誕生するだろう!    2012-02-03

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/7b2e5fde5bd37489eb5ea87b1a9aa170

4月のフランス大統領選挙で社会党オランド候補がサルコジ大統領を破り社会党大統領が誕生するだろう!   


そしてオランド候補が2月に発表した60の政権公約を日本語に訳して2月15日付けのブログにアップしました。

【該当記事】フランス社会党オランド大統領候補の[60の政権公約]を一つにまとめてみました!2012-02-15

      http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/955386999d70bddf99fbcd1d8b9f1bd1

フランス社会党オランド大統領候補の[60の政権公約]を一つにまとめてみました!

▲ オランド新大統領が早速実行した二つの公約!

オランドフランス新大統領は昨日(5月17日)正式に内閣を発足させたましたが早速二つの公約を実行しています。

一つは34人の閣僚の半分を女性としたこと。

2つ目は、大統領、首相以下全閣僚の報酬を30%削減したことです。

以下はサルコジ政権下の閣僚月額報酬額と30%削減したオランド政権閣僚の月額報酬額です。(1euro=100\で計算)

大統領 2,1300 euros (213万円/月) → 14,850 euros(148.5万円/月)

首相 2,1300 euros(213万円/月) → 14,850 euros (148.5万円/月)

閣僚 14,200 euros(142万円/月) → 9,900 euros(99万円/月)

オランド政権の閣僚の月額報酬額は30%削減されて99万円ですので12ヶ月の年間報酬額は1188万です。それにしても日本の国会議員の年間報酬額は4400万円で、フランスの閣僚の4倍にもなるというのは余りにも非常識で高すぎます。野田首相は消費税増税を主張する前に、自分を含めた全閣僚と全国会議員の年収を欧米先進国並に700-800万円に引き下げるべきなのです。

【該当記事】社会格差の是正はまず国会議員と公務員のバカ高い年収を日本人労働者平均年収390万まで下げること!

      http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/f17bc7da013afc47acf449c504dc3e15

社会格差の是正はまず国会議員と公務員のバカ高い年収を日本人労働者平均年収390万まで下げること!

▲ オランド新政権は[新自由主義]とネオコンを否定する革命政権!

オランド大統領はIMFやEUが策定した財政緊縮路線に異議を唱え財政出動による経済成長で雇用を確保しようとしています。しかし彼が本当に目指 しているのは、過去40年間にわたって世界各国に導入され貧富の差を極限まで拡大させた
[新自由主義]の経済・政治・社会政策と[金儲けのためな ら全てが許される]というイデオロギーと[ネオコン]の戦争至上主義を真っ向から否定し[自立と共生]社会を実現することなのです。

以下はオランド新政権が公約した10の[革命的な基本政策]です。

【該当記事】フランス社会党オランド大統領候補の[10の画期的な政策] 2012-02-08

    http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0466b0bf30d04b1d5d5e20062574ee39

フランス社会党オランド大統領候補の[10の画期的な政策] 

① 財政危機を消費税増ではなく富裕層や大企業への課税強化で突破する

② 失業者や若者や身障者などの社会的弱者を対し就職や教育や職業訓練や住宅や社会保障などで優遇する

③ 大企業よりも中小零細企業の発展を優先する

  法人税を税率を大企業35%、中小企業30%、零細企業15%に分ける

③ 銀行やヘッジファンドの[投機行為]を規制し[実体経済]を[投機マネー]から守る

  ・銀行の[投機行為]を規制し[実体経済]に役立たせる

  ・投機取引に課税する

  ・銀行の利益に15%課税する

  ・銀行のタックスヘイブンでの営業禁止

  ・消費者金融を規制する

  ・米英の3大民間格付け会社に代えて公正中立な公的格付け機関を新たに設
   ける

⑤ 脱原発と再生エネルギーの開発

  電気の原子力発電依存度を2025年までに現在の75%から50%に低下させる

⑥ アフガニスタンからフランス軍を即時に撤退させる

⑦ 同性愛者の結婚と養子縁組を許可する

⑧ 外国人居住者に地方参政権を与える

⑨ 住宅建設を促進させるために国有地を地方自治体に無償で譲渡する


  5年間で一般大衆や学生向けの住宅を250万戸建設する

⑩ 厳格な条件を満たした場合尊厳死を認める

(終わり)

--







[2012/05/18 12:26] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
全国紙の新聞を取るのを止めませんか?
全国紙不買のススメ50

先週の日曜日(5月13日)に開催されました[日曜討論会]に[全国紙不買の会]を主宰されているK氏が参加され[全国紙不買のすすめ]の運動を全国に広げたいと話されました。

以下に[全国紙不買の会]のアッピール文を転載しますので情報拡散をお願い致します。またビラのPDF画像を添付しますのでダウンロードしてプリントアウトしてお配りください。

(以下転載)

● 全国紙の、読売、朝日、毎日、日経、産経の新聞を取るのは止めません
           か?[全国紙不買の会]のアピール!


いま、全国紙は政府の広報紙となって、原発事故、消費税増税、小沢裁判、など真実を伝えず、ウソの情報を垂れ流しています。そもそも、みなさま読 者が購読料を毎月払って読んでいるのは、真実を手に入れたい為でしょう。あるいは、しつこい新聞勧誘に仕方なくでしょうか? 特売などの折込チラシが目的でしょうか?  

原発事故では、当初からメルトダウンが公然の秘密だったのに、全国紙が掲載したのは、2ヶ月後の政府発表後です。枝野官房長官(当時)の記者会見 の『直ちに健康に害はない』に追求もなく、追認に終始しました。  

消費税増税では、6~8割の国民が増税反対、と言われている中で、増税まっしぐらの社説で、政府に忠誠を競っています。  

小沢裁判では、西松建設の合法的な政治献金を、東京地検が裏献金と勝手に思い込み、マスコミにリークし、世間が騒ぎ出した手前、引込みが付かなく なり、陸山会の土地購入を探し出し、水谷建設の社長に1億円の裏金を偽証させ、この1億円を土地購入の一部に充当した、と妄想ストーリを創り、結 果として、売買契約の時期と登記の時期のズレ(裁判では小沢側の記載が正しいと会計学権威の大学教授が証言)しか発見出来なかった。不正を何ひと つ発見出来なかった東京地検は起訴を断念した。  断念した東京地検は、捏造(発言してない内容を勝手に創作)した石川議員取調報告書を検察審査 会に提出して、(強制)起訴に成功した。 

今回の裁判で、悪事を働いたのは、小沢氏側でなくて、東京地検側です。無罪判決が出た小沢氏に、ケジメとか説明責任とか、全国紙は主張していますが、ケジメは法を犯した東京地検側が身内の犯罪の捜査起訴であり、説明責任はウソを読者に伝え続けた全国紙側にあります。  

全国紙の、読売、朝日、毎日、日経、産経、の新聞を取るのは止めませんか?もし、新聞を取りたいなら、真実を報道する東京新聞や日刊ゲンダイを。

全国紙が、読者に謝罪し、ウソを書くのを止めたら、再購読を。

☆上記の内容に関してのご意見は下記にメールください。

全国紙不買の会
zenkokusifubai@gmail.com>

(転載終わり)

▲ なぜ全国紙の部数が激減しているか?

東京新聞と日刊ゲンダイを除く全国紙は所軒並み部数を激減させ赤字経営に陥っています。

その最大の理由はご存知のように、東京新聞と日刊ゲンダイを除く全国紙はもはや信用されなくなったからです。政府や官僚や財界などの世論誘導目的で特権・利権組織の[記者クラブ]に流す[大本営発表情報]を、何の検証も何の批判もなくそのまま垂れ流してきたからです。

真実や事実を知りたい国民は彼らの報道を信用しなくなっており購読の解約が続発するのです。

大手マスコミに関する3件の以下のブログ記事をお読みください。

【該当記事】国民は大手マスコミの「ねつ造」による世論操作に騙されるな!
2011-08-15


     http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/584c254d3d870721044709c3ecedd392

国民は大手マスコミの「ねつ造」による世論操作に騙されるな!

【該当記事】大手新聞を定期購読している皆さん。真実を伝える「日刊ゲンダイ」に乗り換えましょう! 2011-02-09

      http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/7f9aafebb33f889b1760938bf1d090c6

大手新聞を定期購読している皆さん。真実を伝える「日刊ゲンダイ」に乗り換えましょう!

該当記事】それでもあなたは毎月3925円払って朝日新聞を購読しますか?
2010-04-02


     http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/06b6b5e1e6d1292855d391eac4b2a57c

それでもあなたは毎月3925円払って朝日新聞を購読しますか?

▲ 部数を激減させ赤字経営に陥っている全国紙はなぜ経営破綻しないのか?

東京新聞と日刊ゲンダイを除く全国紙は軒並み赤字経営に転落していますが、平均給与1200万の給料を払いながらなぜ全国紙は経営破綻しないか?

何故ならば、悪名高い日本独自の[クロスオーナシップ制度]によって全国紙は高収益のTV局を支配下に置いており、TV局はただ同然の[電波利用 料]で莫大な利益を計上しているからです。大株主である全国紙はTV局からの[利益配当]で経営破綻しないですんでいるのです。

【該当記事】TV局の高収益と正社員の高給は不当に安い「電波使用料」のおかげ!
       2010-11-29


      http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/6d0f4562486c82d4d0cc1755e222fe6e

TV局の高収益と正社員の高給は不当に安い「電波使用料」のおかげ!

以下にNHKと民間TV局の[電波利用料]と[事業収入]と[社員の平均給与]のリストを記します。全国128局のTV局の[総事業収入]は2兆 9676億円、支払った[総電波利用料]は42億4641万円、[事業収入]に対して0.14%の[電波利用料]しかTV局は支払っていないので す。

①【NHK】

電波利用料(A):14億8700万円

事業収入(B):6644億円

Bに占めるAの割合:0.22%

40歳平均給与:1163万円

②【日本テレビ】

電波利用料(A):3億7600万円

事業収入(B):2777億円

Bに占めるAの割合:0.14%

35歳平均給与:1052万円

45歳平均給与:1804万円

③【テレビ朝日】

電波利用料(A):3億7000万円

事業収入(B):2209億円

Bに占めるAの割合:0.17%

35歳平均給与:1033万円

45歳平均給与:1563万円

④【TBS】

電波利用料(A):3億8500万円

事業収入(B):2727億円

Bに占めるAの割合:0.14%

35歳平均給与:1009万円

45歳平均給与:1519万円

⑤【テレビ東京】

電波利用料(A):3億6000万円

事業収入(B):1075億円

Bに占めるAの割合:0.33%

35歳平均給与:982万円

45歳平均給与:1473万円

⑥【フジテレビ】

電波利用料(A):3億5400万円

事業収入(B):1717億円

Bに占めるAの割合:0.21%

35歳平均給与:1237万円

45歳平均給与:1923万円

⑦【その他、地方局計】

電波利用料(A):9億1251万円

事業収入(B):1兆2525億円

Bに占めるAの割合:0.07%

⑧【全国128局計】

電波利用料(A):42億4641万円

事業収入(B):2兆9676億円

Bに占めるAの割合:0.14%

(終わり)



--







[2012/05/17 19:16] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
山崎淑子さんの講演ビデオを是非御覧ください!
山崎淑子

昨日(5月15日)夜フリージャーナリストの山崎淑子さんをお招きしての【石橋サロン】講演会が20名の参加者で開催されました。

現在すべての講演依頼を断っている中で今回の講演を快く引き受けていただきまして深く感謝しております。

講演会が約一時間、その後食事をしながら参加者との質疑応答 で2時間、計3時間の長丁場を明快かつ冷静な語り口で大変元気に話をしてくれました。

米国政府と日本政府は、米国滞在を切り上げて日本で生活していた山崎淑子さんを[日米逃亡犯引渡し条約]によって[拉致]し、2年以上にわたって 米国の留置所と刑務所に勾留した[山崎淑子事件]は、米国支配層が[米国の国益に反する]とみなした人物を日米連携による[謀略]で逮捕・起訴し 刑務所に送り込んだ事件なのです。

この事件は、米国支配層が[米国の国益に反する]と認定した政治家を[戦後最大の政治謀略]で刑事被告人にした[小沢事件]と全く同じ構図なので す。

[日米地位協定]や[日米逃亡犯引渡し条約]は、日本国憲法第97条[憲法の最高法規性]の既定に明白に違反する憲法違反の超法規なのです。

米国の植民地である日本は、米国との条約や協定が日本国憲法の上位に位置し超法規的に運用されている現実、そのことをほとんどの日本人が知らない ままで生活している恐ろしさを改めて認識しました。

● Ust映像を是非御覧ください!

昨日の講演会は貴重な証言です。以下のURLで是非御覧ください。

撮影時間は53.42分です。現時点でアクセスは111です。

http://www.ustream.tv/recorded/22601166

山崎淑子さんの講演ビデオ



●【基礎資料】逮捕から解放に至るまで

  山崎淑子の[生き抜く]ジャーナル より転載

  http://enzai.9-11.jp/?page_id=44

 山崎淑子さんの「逮捕から解放に至るまで」の経緯

2005年7月28日の朝 全く突然に拘束され、わけもわからぬままに東京拘置所へ拘禁される。拘禁状には「米連邦に対する詐欺罪、詐欺未遂罪、 虚偽陳述罪、共謀罪」と記載。

2005年7月8日から10日頃 国選弁護人が選任される。

拘禁から19日目が経過し始めて起訴状を見せられる。

2005年9月7日 東京高等裁判所にて約40分間ほどの審問と決定。

2005年10月25日 満足な抗弁や審理の機会もないままに、米連邦政府へと引き渡される。そのまま、ニューヨーク拘置所に移送。

2005年10月25日~2006年9月13日

実際に受けた「NY911テロによる被災」を偽った、「被災者支援融資」詐欺未遂・共謀罪という、被害者の存在しない冤罪により、ニューヨーク拘置所へ拘禁。11ヶ月間に渡る過酷な長期勾留。

注) NY911テロの現地報告講演のための帰日(来日)直前に、「被災者支援融資」担当窓口からの電話にて、融資手続きを委任していた弁護士が「勝手に融資額 を1万ドルから100万ドルに変えていた」ことを知り、電話にて申込みを取り下げていた。

2006年5月19日 米弁護士の、『有罪答弁』=司法取引なしで陪審員裁判に進んだ場合に『911に関連して詐欺を働いた外国人』というだけで 必ず有罪になるという判断(弁護過誤?)により、追い込まれ、詐欺未遂の微罪の故、1年程度の刑期が短縮されてすぐ釈放になるという説得もあり、 『有罪答弁』に至る。

2006年7月19日 司法取引による判決:実刑2年(!?)を受ける。

2006年9月13日~2007年3月26日 コネチカットのダンベリーにあるマキシマム・セキュリティーの連邦刑務所に収監。(模範囚として刑 期3ヶ月短縮、1年9カ月目に釈放)

2007年3月26日 上告申請をするものの手続きの最中に刑期満了し出所。しかし、以後も移民局により、永住権(グリーンカード)を放棄するま で、移民収容所への無期限の未決勾留となる。

2007年3月26日~2007年5月10日 ヨーク移民収容所(コネチカット州の女子刑務所)。

2007年5月10日 米国永住権(グリーンカード)放棄に同意し解放。

2007年5月11日 日本帰国

以上です。






--







[2012/05/16 13:01] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
本日(5月15日)午後6時より山崎淑子さんの「講演」&[対談]をUst中継します(訂正版)
山崎淑子

先程ご案内を差し上げましたが、山崎淑子様から直接ご連絡をいただき本日のUst中継を次の条件で実施することでご承認をいただきましたのでお知らせいたします。

● 撮影・中継するにあたっての条件

当該映像の肖像権は山崎淑子本人に帰属するが、映像の「使用権」と「版権」は山崎淑子と山崎康彦の共同権利とする。それぞれがそれぞれの媒体を使って番組を発信することする。

●「講演」&[対談]の内容

① 午後6時ー7時 山崎淑子さんの「講演」

講演タイトル:「原発乙女が投獄された!カッサンドラのジレンマとは?」=33年ぶりの真言宗・明通寺(若狭・小浜市)訪問と中嶌哲演ご住職との再会・取材、山崎淑子~反原発・環境ジャーナリストとしての覚悟とNY移住物語

(その後の食事会の間はUst中継を一旦停止します)

② 午後8時ー9時:山崎淑子さん、石橋上人、建築家川崎泰彦氏の鼎談

● Ust中継は以下のURLで視聴できます

① 山崎淑子の[生き抜く]ジャーナル

http://enzai.9-11.jp/

山崎淑子の[生き抜く]ジャーナル

② 【YYNewsビデオレター】

http://www.ustream.tv/channel/yynewstv

【YYNewsビデオレター】

(終わり)

[2012/05/15 14:38] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
本日(5月15日)午後6時よりフリージャーナリスト山崎淑子さんの座談会をUst中継します
山崎淑子


昨日【YYビデオレター】を立ち上げましたが、現時点で197のアクセスがありました。視聴していただきまして誠にありがとうございます。

【YYビデオレター】では、本日午後6時より米国[共謀罪]違反容疑で日本で拘束され米国に身柄送還され有罪判決を受けて2年近く米国の刑務所に収監され[殺されかけた]経験のあるフリージャーナリスト山崎淑子さんをお招きしての座談会があります。

山崎淑子の[生き抜く]ジャーナル

http://enzai.9-11.jp/?page_id=58

山崎淑子の[生き抜く]ジャーナル

山崎さんのOKがとれれば【YYビデオレター】でUst中継する予定ですのでよろしければ
御覧ください。

http://www.ustream.tv/channel/yynewstv

YYビデオレター】

(終わり)

[2012/05/15 12:05] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
昨日(5月13日)開催されました[日曜討論会]のUst映像です!
2012.05.13[日曜討論会]50

昨日(5月13日)午後2時より「ネットメデイアと主権在民を考える会]は[日曜討論会]開催し10名様の参加がありました。

テーマ[自立した賢明な国民は登場したのか?!]を中心に3時間に渡り幅広い討論を繰りひろげました。討論内容のレジュメは後ほどお送りしますが、4つのUst映像と1つのYoutube映像のURLを以下に記しますのでよろしければ御覧ください。

①Ustream[日曜討論会]開始14:37 撮影時間:1h23.56

http://www.ustream.tv/recorded/22551845

①Ustream[日曜討論会]

②Ustream[日曜討論会]開始16:03 撮影時間:17.14

http://www.ustream.tv/recorded/22553035

②Ustream[日曜討論会]

③Ustream[日曜討論会]開始16:20 撮影時間:09.27

http://www.ustream.tv/recorded/22553302

③Ustream[日曜討論会]

④Ustream[日曜討論会]開始16:30 撮影時間:22.46

http://www.ustream.tv/recorded/22553477

④Ustream[日曜討論会]

⑤Youtube[日曜討論会]開始:16:45 撮影時間:10.55

http://www.youtube.com/watch?v=xjBC4_t5Sxo&feature=youtube_gdata


⑤Youtube[日曜討論会]


「ネットメデイアと主権在民を考える会]
世話人代表 山崎康彦




--







[2012/05/14 14:00] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
そもそも[小沢事件]と[小沢裁判]とは一体何だったのか?
ネット番組「小沢一郎VSフツ―の市民・第二回座談会」


2009年に開始された[小沢事件]と現在も続く[小沢裁判]を理解するには、2001年から2006年まで首相として小泉自公政権を主導した自 民党小泉純一郎氏の政権運営と経済・金融政策まで遡る必要があります。

[小沢事件]と[小沢裁判]は、自民党小泉純一郎氏が2001年から2006年までの5年半の間に自公政権の首相として米国発の[新自由主義政 策]を[小泉・竹中構造改革]の名のもとに強行し失敗したたことにその原因があるのです。

小泉純一郎氏が強行した[新自由主義経済政策]は失敗であり日本社会は破壊されたとの認識を持った小沢一郎氏は、[対等な日米関係]で[日本の独 立を]を回復し[国民生活が第一]の政策で国民経済を再生する道を提案したのです。

[新自由主義経済政策]とは、シカゴ大学のフリードマン教授が提唱した[政府はできるだけ市場に介入せず市場に任せておけば市場原理で経済・金 融・社会活動はうまく調和される]という[市場原理主義]の経済理論です。

政策としては[市場解放][規制緩和][小さな政府][民営化][自己責任]が強調され1970年代にチリー、アルゼンチン、ボリビア、メキシコ などの中南米諸国に軍事クーデターとともに導入され、1980年ー1990年代にはサッチャー首相の英国、レーガン大統領の米国、中曽根首相の日 本などその後世界規模で各国に導入されたのです。

中曽根首相の[土光臨調の行政改革]や[国鉄民営化]に続き、2001年に首相となった自民党の小泉純一郎氏は財政赤字の削減のために毎年 2500億円の社会保障費削減を強行する一方、[小泉・竹中構造改革]の名のもとに[市場解放][規制緩和][民営化]政策を5年半の間に強力に 推し進めたのです。

その結果、それまでは相対的に安定した分厚い中間層が特徴だった日本社会は、大企業企業や豊かな個人がますます富み、多くの中小零細企業と大部分 の個人がますます貧しくなるという、毎年3万人以上の自殺者を出す米国に次ぐ世界第
2位の[大格差社会]に分解したのです。

小泉内閣の後を襲った安倍内閣、福田内閣がそれぞれ1年の短期政権で終わり2008年9月に成立した麻生内閣もまた政権発足直後の2008年秋か ら2009年冬には急速に求心力を失い、2009年9月までに行われる総選挙では小沢一郎代表率いる民主党に敗北し政権交代が確実と見られていた のです。

予想通り2009年8月30日に行われた総選挙では、小泉自公政権が強行した[新自由主義政策]によって日本社会が[大格差社会]に変質したと批判し[新自由主義政策]に変わる[国民生活が第一][自立と共生]の政策をマニフェストで公約し政権交代の必要性を訴えた小沢・鳩山民主党が3300万票を獲得して勝利したのです。

もしも総選挙の5ヶ月半前に東京地検特捜部が行った[西松建設事件]の国策捜査とその後の大手マスコミによる[小沢バッシング][鳩山バッシング][民主党バッシング]の洪水報道がなければ、小沢・鳩山民主党は3300万票どころか4000万ー4500万票を獲得して衆議院の2/3以上の議席を占め小沢一郎氏が首相となっていたはずです。

小沢内閣は翌年7月の参議院選挙でも大勝して参議院の2/3以上の議席を占め、衆参両院で絶対多数の議席を占める強力政権が誕生していたはずなのです。

日本の最大の不幸は、2011年3月3日の東日本大震災と福島第一原発事故による[国家非常事態]に直面して、国のリーダーが小沢首相ではなく無能な菅首相であったことです。

【目的は小沢政権阻止その1】

小沢一郎民主党代表が主張し政権交代で実現を目指した[国民生活が第一][官僚支配打破][コンクリートから人へ][対等な日米関係][東アジア 共同体設立][マスコミの情報独占打破]などの政策は、戦後64年以上にわたって日本人の富と生命と人権と独立を奪い自分たちの[特権・利権]を 享受してきた既存勢力にっては絶対許すことのできない[革命的な内容]だったのです。

かれらは、当初民主党政権による政権交代を阻止しようとしましたが、国民の圧倒的な政権交代の要求に圧倒され、政権交代を許しても[小沢政権]の誕生だけは阻止する方針に転換したのです。

既存の[特権・利権]勢力は小沢氏を民主党代表の座から引きずり下ろし[小沢政権]誕生を阻止することに成功しました。小沢氏の代わりに鳩山由紀 夫氏が代表に就任し2009年9月には鳩山民主党政権が誕生したのです。

しかしここで鳩山首相は致命的な失敗を犯したのです。民主党は小沢氏、鳩山氏、菅氏のトロイカ体制で政権交代を実現しましたが、首相になった鳩山 氏は菅氏や仙石氏や枝野氏などの市民運動・左翼勢力と反小沢勢力の前原氏や野田氏を代表とする[新自由主義]の[凌雲会]勢力と野合して小沢氏を 封じ込めたのです。小沢氏を民主党幹事長に任命して党内問題のみを担当させ内閣の政策決定から完全に排除した結果鳩山首相は[普天間基地移設]問 題で米国と外務省の圧力に屈し、最後には自民党政権が米国と合意していた[辺野古移転]で決着するという大迷走を繰り返したのです。鳩山首相はそ の責任をとって小沢幹事長を道連れにして2010年6月2日に突然[ダブル辞任]したのです。

二人の辞任を受けて2010年6月に民主党代表に就任し首相となった菅直人氏は就任直後から勝栄二郎次官をトップとする財務官僚の手に落ち、突然 [消費税増税]を7月の参議院選挙の争点に取り上げたのです。その結果参議院選挙で大敗し民主党は参議院で与野党逆転し衆議院で与党が法案を再可 決できない完全なねじれ国会となったのです。

【目的は小沢政権阻止その2】

2010年9月14日の民主党代表選では菅首相と小沢氏の対決となりましたが、党員・サポーター票の開票をめぐっては[菅代表]選出のために行われたと思われる3つの疑惑が浮上しています。

第一の疑惑は、党員・サポーター登録者数つまり代表選有権者数は342,493人に対して投票総数は229,030票、投票率は66%だったことです。わざわざ6000円と2000円を払って投票権を得た党員・サポーターのうち11万人以上が棄権したことになるのです。重要な代表選で11万人が棄権するとは考えられないのです。

唯一考えられるとしたら、投票用紙にプライバシー・シールが使用されず誰でも支持者の名前を見ることができるような状態でしたから、茨城県の筑波 学園支店留で郵送された投票用紙が東京港区のザ・プリンスパークタワー東京での開票作業会場に持ち込まれるまでの間に、反小沢陣営の誰かが党員・ サポーター票を事前に操作して[小沢支持票]を意図的に抜き取って焼却してしったことです。

第二に疑惑は、9月14日未明から実施されたサポーター票の集計結果が午前9時ころから外部に漏えいし多数の国会議員がこの情報をもとに菅陣営 への寝返りを求められた疑いがあることです。
 
第三の疑惑は、投票用紙を会場の最寄りの郵便局留めとし届いた投票用紙をそのままの形で開票会場に搬入せず、わざわざ人目の付かない遠くの運送会 社の筑波学園支店留めとしたことです。倉庫に保管している間に秘密裏に投票用紙を操作する事を前提に選挙管理員会が指定した疑いが濃いのです。

【西松建設事件】

米国支配層は麻生首相に司令を出して森英介法相をして米CIA直轄部隊である東京地検特捜部に指揮権を発動させ[西松建設事件]の国策捜査を開始 させたのです。

米国支配層にとって[対等な日米関係][東アジア共同体設立][駐留米軍は必要ない。第七艦隊だけで日本の防衛はできる]と主張する小沢一郎民主 党代表は[米国の国益]を損ねる[排除すべき政治家]だったのです。

東京地検特捜部は中堅ゼネコンの西松建設から岩手県のダム建設に関して多額の裏金が小沢一郎民主党代表(当時)に流れているとの[見立て]を勝手 に立てて[西松建設事件]をでっち上げ2009年3月3日に強制捜査を行い小沢一郎事務所の大久保隆規公設第一秘書を[政治資金規正法・虚偽記 載]容疑で逮捕・起訴したのです。

[小沢政権]が誕生したら[クロスオーナーシップ禁止][記者クラブ解体][電波のオークション制導入]などで[特権・利権]の喪失を強いられる 大手マスコミは、米国支配層、麻生政権、検察と一体となって[西松事件]の強制捜査直後から[カネに汚い小沢一郎][金権政治家小沢一郎]と猛烈 な[小沢バッシング]報道を繰り返しついに2009円5月11日小沢氏を民主党代表を辞任させたのです。

【西松事件】の裁判は、第二回公判で検事側証人の元西松建設総務部が[西松建設の二つの政治資金管理団体は事務所も職員も別で独立しておりダミー 組織ではなかった]と起訴理由の反対の事実を証言したため検察敗訴の可能性が高まっ
たのです。

検察は敗訴を回避するために後半途中での[訴因変更]を持ち出しましたが、通常裁判官は公判途中での[訴因変更]を認めないところ、後に[陸山会 事件]の一審判決で確実な証拠もなく[石川被告は水谷建設から1億円の裏金を受領した]との[推認]で小沢事務所の元秘書3名に有罪判決を出した 東京地裁登石裁判官が[訴因変更]を認め結局[西松事件裁判]は途中で打ち切られ[陸山会事件裁判]に併合されたのです。

日本では検察に都合の悪い裁判を裁判官が協力して隠し別の裁判に併合して被告を有罪にするという[法治国家]として信じられないことが、検察と裁 判所の談合で行われているのです。繁 寛

【陸山会事件】

2010年1月15日東京地検特捜部は謎の市民団体[真実を求める会]の告発を受けて[陸山会事件]で強制捜査を行い[政治資金規正法・虚偽記 載]容疑で石川知裕衆議院議員、池田元私設秘書を逮捕し大久保隆規公設第一秘書を再逮捕し3名とも起訴しました。

小沢一郎氏に関しては、謎の市民団体[真実を求める会]の代表をつとめる元産経新聞記者山際澄夫氏が検察が小沢氏を不起訴にした翌日に[東京検察 審査会]に[不服申立て]を行い受理されたのが真相のようです。

[東京第五検察審査会]は2010年4月に一回目の[起訴相当]議決し2010年9月14日には二回目の[起訴相当]議決を出した結果、小沢氏は[[政治資金規正法・虚偽記載共謀]容疑で[強制起訴]され[小沢裁判]が始まったのです。

[小沢裁判]では[東京第五検察審査会]の2回の[起訴相当]議決を受けて裁判所が弁護士会の推薦を受けて決定した3名の弁護士(大室俊三弁護 士、村本道夫弁護士、山本健一弁護士)が検察官役として指名されたのです。

【謎だらけの検察審査会】

[検察審査会]は法律上は検察庁と同じ行政組織ですが、実際は最高裁事務総局が全てを支配する司法組織であり憲法違反の謎の秘密組織です。

最高裁事務総局は6000万円の税金を使って(株)富士ソフトに作成させた[検査審査会審査員選定ソフト]には不正なカラクリがあることが森ゆう こ参議院議員の調査で暴露されました。最高裁は恣意的に選んだ審査員候補者を自由に選定できる仕組みをソフトに導入していたのです。従って二度の [小沢氏起訴相当]議決を可決した[東京第5検察審査会]の審査員選定においても違法行為があり議決自体が無効なのです。

また[東京第五検察審査会]の不服審査の過程で、審査員に提出された検察作成の捜査報告者には検事が石川知裕議員を2010年5月に任意で事情聴 取した際のやり取りが小沢氏が不利になるように捏造されて記載されていることが、隠しマイクで取り調べを全て録音した石川議員の告発で暴露された のです。

また検察はすべてのゼネコンを強制捜査して小沢氏への裏金が払われたか否かを捜査した結果、裏金の存在はなかったとの小沢氏有利の捜査資料70件 を[東京第五検察審査会]の審査員に提出せず隠蔽していたことも暴露されたのです。

また[東京検察審査会]事務局は、検察による[小沢氏不起訴]への[不服審査]を担当した[東京第五検察審査会]の一回目と2回目の審査員の平均 年齢を3回訂正した後にそれぞれ35.55歳と発表しました。確率的には決してありえない平均年齢が全く同じと言うことは、1回目と2回目の審査 委員は実は同じだったのではないかとの疑いが出ています。

また[東京第五検察審査会]の補助審査員である弁護士の選定に関して、弁護士会は候補者リストの一番上に山下幸夫弁護士を推薦していましたが、実 際に選任されたのは米澤敏雄弁護士だった経緯に疑惑があるのです。

山下弁護士は「一番最初は山下先生」と言われていたにもかかわらず、なぜか知らない間に、米沢さんという人が審査補助員になり、その人のもとで (一回目の)起訴相当議決が出たことを知って、非常にびっくりしたのです。]と語っています。

また[東京第五検察審査会]が二回目の[起訴相当]議決を出した日は2010年9月14日と言われており、その日は民主党代表選の投票日で小沢一 郎氏と菅直人氏が民主党代表の座をめぐって最終決着する当日だったのです。[起訴相当]議決が出されたとの情報が当日午前中に民主党国会議員に流 され、その結果国会議員票で250対200で小沢氏有利だったのが逆転されたと言われてい
ます。

また[東京第五検察審査会]が二回目の[起訴相当]議決を出した際の補助弁護士の吉田繁寛弁護士は2009年9月7日に選任されたばかりで9月 14日の二回目の[起訴相当]議決は実際には審査が一回もされないで吉田弁護士が一人で決めて出したのではないかとの疑いがあります。

以上のように[東京第五検察審査会]の[不服審査]に関しては謎だらけですが、[検察審査会]事務局は一切の説明を拒否しています。近いうちにこ の謎が解明され[小沢事件]と[小沢裁判]の全容が明らかになることは確実でしょう。

【陸山会裁判と有罪判決】

2010月9月26日東京地裁登石裁判長は「陸山会裁判」の判決で、「水谷建設から1億円が石川被告に渡されたのは明白」「小沢氏が立て替えた4億円の中に水谷建設の1億円が入っており原資を隠すために虚偽記載した」と何の証拠もなく3人の証言だけで「推認し」し、石川知裕議員、大久保元 公設第一秘書、池田元私設秘書全員を有罪にしたのです。

もしも[水谷建設から1億円の裏金が小沢事務所に流れていた]ことが事実であったならば、東京地検特捜部はとっくに「西松事件」で小沢一郎氏を逮 捕し「収賄罪」「受託収賄罪」で起訴していたはずなのです。

東京地裁登石裁判長は検察が全力を挙げた強制捜査でも立件できなかった案件を公判の証言だけで「有罪」にしたわけで、この判決は、裁判官が持って いる「法の支配」や「社会正義」や「中立性」をかなぐり捨てて「恣意的な判決」を下して、危機に瀕した「支配階層」を最後の段階で救済したので す。国民はもはや日本の裁判官も裁判所も信用しなくなるでしょう。

【小沢裁判無罪判決】

2012年4月26日東京地裁大善文雄裁判長は[小沢裁判]で小沢氏の虚偽記載の共謀は証拠不十分で無罪としましたが、石川知裕議員以下3人の元 秘書が政治資金報告書に虚偽記載 したことを認定し、昨年9月26日の東京地裁登石裁判長の「全員有罪判決」を追認しています。

大善裁判長の「無罪判決」は、検察の捜査報告書の捏造や違法な取り調べを批判はしていますが、基本的な内容は昨年9月26日に「陸山会事件」の一 審判決で東京地裁登石裁判長が3人の元秘書の「虚偽記載」を認め有罪にした内容を引き継いでいるのです。大善裁判長が「法の支配」の原則を尊重するであれば、検察による捜査報告書の捏造や違法な取り調べを認定して裁判自体を否定 して「公訴棄却」すべきだったのです。

大善裁判長は「控訴棄却」せずに「無罪判決」を出したことは、この「小沢裁判」がそもそも引き起こされた背景を一切不問にして国民の目から隠すためなのです。

【指定弁護士の控訴】

2012年5月9日[小沢裁判]の検察官役の3名の指定弁護士(大室俊三弁護士、村本道夫弁護士、山本健一弁護士))は東京地裁大善裁判長が出し た[無罪判決]を不服として東京高裁に控訴しました。

多くの国民、法曹関係者、検察幹部さえも[2審の有罪判決は無理]と言っている中で彼らは一審の無罪判決を覆すほどの新証拠もないまま、小沢一郎 氏を刑事被告のまま縛り付けるために控訴しました。

私はが5月7日のブログに書いた【検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら9月の民主党代表選に出馬するのを妨害するため!】記事 の通り、3名の指定弁護士が控訴したのは、高裁、最高裁と裁判をできるだけ長引かせて小沢氏の手足を縛り最高裁の最終判決が出るまで引っ張って高 齢の小沢氏の政治生命を終わらせる目的なのです。

弁護士法第一条に規定されている[人権の擁護]と[社会正義の実現]という弁護士の使命を忘れ権力の一員として[人権抑圧]と[社会の不正義]を まき散らす3名の指定弁護士はもはや弁護士ではないでしょう。我々国民は懲戒請求して彼らの[弁護士資格]を剥奪し二度と登場させないことが必要 なのです。

(終わり)

[2012/05/11 11:23] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
控訴した3名の指定弁護士はもはや弁護士ではない。懲戒請求して弁護士資格を剥奪しよう!
道夫氏、大室俊三氏、山本健一氏

(左から村本道夫弁護士、大室俊三弁護、山本健一弁護士)

昨日(5月9日)[小沢裁判]の検察官役の3名の指定弁護士(大室俊三弁護士、村本道夫弁護士、山本健一弁護士))は4月26日に東京地裁大善裁 判長が出した[無罪判決]を不服として東京高裁に控訴しました。

多くの国民、法曹関係者、検察幹部さえも[2審の有罪判決は無理]と言っている中で彼らは一審の無罪判決を覆すほどの新証拠もないまま、小沢一郎 氏を刑事被告のまま縛り付けるために控訴しました。

私は5月7日のブログに【検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら9月の民主党代表選に出馬するのを妨害するため!】という記事を 書きましたが、3名の指定弁護士が控訴したのは、高裁、最高裁と裁判をできるだけ長引かせて小沢氏の手足を縛り最高裁の最終判決が出るまで引っ 張って高齢の小沢氏の政治生命を終わらせるためなのです。

該当記事】検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら9月の民主党代表選に出馬するのを妨害するため! 2012-05-07

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0631ecef816e93416cbf43f10785c607

これはもはや裁判や法律の問題ではなく[政治]の問題なのです。

▲ 控訴した3名の指定弁護士はもはや弁護士ではない!


検察官役の指定弁護士3名はあくまでも弁護士ですので、彼らの活動の基本は弁護士法第一条の[弁護士の使命]に既定されます。

● 弁護士法第一条[弁護士の使命]
弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。


当然ながら弁護士が[基本的使命]である[基本的人権を擁護し社会正義を実現すること]を放棄すればもはや弁護士ではないでしょう。

3名の指定弁護士は検察と自公政権と裁判所と大手マスコミによる[政治謀略]で小沢一郎氏と石川知裕氏と大久保と池田氏が冤罪で[基本的人権]を 剥奪されてきた事実を一切認めす、逆に[小沢裁判]の検察官役として冤罪に加担してきたのです。

3名の指定弁護士は検察と自公政権と裁判所と大手マスコミによる[政治謀略]によって、2009年の総選挙で合法的に政権交代を実現した野党党首 の首相就任を妨害し彼の政治生命を抹殺する策動に加担してきたのです。

彼らは[社会正義]の実現どころでなく権力の一員として[社会正義]の実現を潰してきたのです。

我々国民は懲戒請求して彼らの[弁護士資格]を剥奪して二度と法廷の場に立たせないようにすべきです。

▲ 3名の指定弁護士は毒まんじゅうを食らった可能性が高い!?

3名の指定弁護士は一人あたり上限120万円の公的報酬で検察官役の引受けておりこれまでの裁判で費やした総労働時間830時間で割ると1時間あたり1400円しかならないと[日刊ゲンダイ]は報じています。

しかし[証拠]もなく[正当性]も何もなく国民から総スカンを食らっている[小沢裁判]の検察官役をこなし、しかも[控訴]して最後まで突き進む3人の指定弁護士にとって120万円の報酬だけでは全く割に合わないのです。

常識的に考えれば、[官房機密費]などから億単位の裏報酬の支払いと大企業の[法律顧問就任]の約束がすでになされていると考えるのが普通ではないでしょうか?

年間13億円と言われる[官邸機密費]は領収書も報告の義務もない首相と官房長官が自由に使える[私的な財布]となっています。

[官邸機密費]の使徒に関してはこれまで厳重な情報統制がしかれていましたが、政権交代で情報の遺漏が出てきました。小渕内閣で官房長官を務めた 野中広務氏と野中氏から1000万円の機密費の申し出を拒否したジャーナリストの田原総一郎氏の証言記事を以下に転載しますのでお読みください。

●「官房長官」が渡そうとした機密費は1000万円 田原総一朗氏が驚きの実態を 明かす

2012/1/27  J-Cast News

http://www.j-cast.com/2012/01/27120338.html?p=all

かつて官房長官を務めた元自民党衆院議員の野中広務氏(86)が当時、ジャーナリストの田原総一朗氏(77)に渡そうとした官房機密費の額につい て、田原氏本人が「1000万円」だったと明かした。そんな大きな額だったのか、と驚きが広がっている。

野中氏が2010年、自身が官房長官(1998年7月~99年10月)だったときなどの政治評論家らへの機密費配りについて証言した際、受け取り を拒否した人物として田原氏の名前だけを挙げたことは、比較的広く知られている。その後田原氏は、野中氏との機密費をめぐるやりとりを対談で明か しているが、金額には触れていなかった。会見会場から「うぉ!

田原氏が「1000万円」と金額を明かしたのは、2012年1月26日にあった自由報道協会主催の会見だ。

原総一朗氏 記者会見 主催:自由報道協会[2012.1.26]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16799029

原総一朗氏 記者会見 主催:自由報道協会[2012.1.26

「フリー編集者」の男性が、「田原さんに機密費を渡そうとしたが断られた、と野中さんが証言した」ことに触れ、「上杉(隆・現自由報道協会代表) さんとの対談でも50万円ぐらい(略)」云々と質問していたところ、田原氏は質問の途中で、「50万円じゃないですよ」と指摘し、「野中さんはい くらボクに渡そうとしたか。こういう場だからはっきり言うと、1000万円ですよ」と続けた。

金額に驚いたのか、会場から「うぉ!」という小さなうめき声が上がった。

質問者が触れた対談は、断定はできないが、2010年6月にサイト「現代ビジネス」で配信されたものと見られる。

この対談の中で、田原氏は、野中氏との機密費をめぐるやりとりの状況を説明している。時期は、2000年4月に当時の小渕恵三首相が緊急入院した 「すぐあと」だ。野中氏は当時、自民党幹事長で、約半年前まで官房長官を務めていた。「いいお茶」と言われた紙袋、実は現ナマだった「いいお茶を 渡したい」と野中氏から連絡があり、「部屋を取ってくれ」と言われたが、「ちょっとおかしい」と思い、「喫茶店で結構です」と答えた。

着物を着た女性が約束の場所に現れ、紙袋を田原氏に渡した。田原氏は、「重さ」から判断して「お金なら返さなきゃならない」と押し問答したが、女 性が「絶対違います」というので受け取った。しかし、すぐにトイレで確認すると「おカネ」が入っていた。人を介して返す方法を探したが見つから ず、直接返すことにした。

田原氏は、野中氏に電話を入れつつ地元の京都まで行き、選挙関連で忙しい本人は不在だったが、「申し訳ないけども」などと「丁寧な手紙」を書いて (事務所に「おカネ」を)置いてきた。

田原氏は、この対談の野中氏にかかわる箇所では金額に触れていない。

ほかに、故田中角栄氏(1970年代前半に首相)から「(渡された封筒の)厚さからみて100万円、いや50万円かな」を渡されたが、すぐに事務 所へ行き、秘書に返した話や、中曽根康弘政権(1980年代)下での「たぶん100万円」(受け取らず)、時期には触れていないが故安倍晋太郎氏 (外相など歴任)の例(返却。金額には触れず)も説明した。

(転載終わり)

● 野中氏の証言その1

「機密費、評論家にも 野中元長官、講演で証言」
琉球新報 2010年4月23日 

野中広務元官房長官は、23日に那覇市内で開かれたフォーラムの基調講演の中で、自身が長官在任中(1998年月~99年10月)、先例に従 い、複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。

野中氏は講演で「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。秘書に持って行かせるが『ああ、ご 苦労』と言って受け取られる」と述べ、機密費からの提供が定期的にあったことを明かした。

野中氏は自民党政権時代に、歴代の官房長官に慣例として引き継がれる帳簿があったことにも触れ「引き継いでいただいた帳簿によって配った」と明 言。その上で「テレビで立派なことをおっしゃりながら盆と暮れに官邸からのあいさつを受けている評論家には亡くなった方もいる」と指摘した。一方 で機密費の提供を拒否した評論家として田原総一朗氏を挙げた。

官房長官の政治的判断で国庫から支出される機密費は、鳩山内閣が昨年11月に内閣として初めて2004年4月以降の小泉内閣から現在までの月別支 出額を公表したが、使途については明かしていない。

<用語>内閣官房報償費(機密費)

「国の事業を円滑に遂行するために状況に応じて機動的に使う経費」とされる。
国庫からの支出は年間約12億円で、使途の不透明さが問題視されてお り、民
主党は2001年に一定期間後の使途公表を義務付ける法案を国会に提出した。

● 野中氏の証言その2

「野中広務氏が講演で暴露」

朝日新聞 2010年5月1日

「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ」

野中広務元官房長官は、23日に那覇市内で開かれたフォーラムの基調講演の中で、自身が長官在任中(1998年7月~99年10月)、先例に従 い、複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。野中氏は講演で「言論活動で立派な評論をしている人た ちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。秘書に持って行かせるが『ああ、ご苦労』と言って受け取られる」と述べ、機密費からの提供が定期的にあったことを明かした。

野中氏は自民党政権時代に、歴代の官房長官に慣例として引き継がれる帳簿があったことにも触れ、「引き継いでいただいた帳簿によって配った」と明言。

その上で「テレビで立派なことをおっしゃりながら盆と暮れに官邸からのあいさつを受けている評論家には亡くなった方もいる」と指摘した。

野中「(政治)評論をしておられる方々に、盆暮れにお届けするというのは額までみんな書いてありました。まあ、あいさつ程度のことですけども、盆 暮れやってるのを見て、ああ、こんなことをせなならんのかなと。あんだけテレビで正義の先頭を切るようなことを言っている人が、こんな金を平気で 受け取るのかなと思いましたね。」

一方で機密費の提供を拒否した評論家として田原総一朗氏を挙げた。

(転載終わり)

(終わり)

--







[2012/05/10 17:06] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
5月13日(日)午後2次ー5時「日曜討論会]を開催します!
ご案内が遅くなりましたが[ネットメデイアと主権在民を考える会]は「日曜討論会]を5月13日(日)午後2時ー5時に開催いたします。

4月は4月20日の[Stop!権力の暴走・国民大集会]や4月26日の[小沢裁判判決]があり[日曜討論会]と[日曜勉強会]はお休みしました。

[Stop!権力の暴走・国民大集会]には全国から1200名以上の方々が参加され今までで最大規模の集会となりました。また集会 の模様は4つの市民ネットメデイアによってネット中継され録画視聴を含めて10000人以上のアクセスがありました。

4月26日には[小沢裁判]で[限りなく有罪に近い無罪判決]が出され判決内容には多くの問題がありますが、とにかく[無罪判決]が出されたこと は画期的であります。これで小沢一郎氏の復権が可能となりました。

今回の[日曜討論会]のテーマは、会の設立目標でもあります[自立した賢明な国民は登場したのか?!]にしたいと思います。

● 参考資料

4月20日の[Stop!権力の暴走・国民大集会]では、冒頭の開会あいさつに当会世話人である長谷部英子さんが素晴らしいを発言をされました。

ブログ[日々坦々]の主宰者飛鳥麻憲さんは、長谷部さんの発言を高く評価して以下のようなコメントを書かれています。そして発言を書き起こしてく れていますので転載させて頂きます。

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1488.html

(飛鳥麻憲さんのコメント)

多くの方々が演壇で発言したが、その内容が重なり合うことなく、独自の視点で、それぞれ特徴、個性があるものとなった。ただ、この大会の趣旨、今 の現状、小沢氏についての見解、立場、今後の展望などを全て網羅した、素晴らしい発言をされた方がいた。それは一番最初に「開会あいさつ」をされ た、大会実行委員の一人である長谷部英子氏(ネットメディアと主権在民を考える会世話人)である。とりあえず、その発言の全てを書き起こしてみた のでご堪能いただきたいと思う。

(以下発言書き起こし)

西松事件、原発事故とこの三年間、この国に隠されてきた多くのことがあぶり出されました。これはひとえに、小沢一郎氏が怒涛のような攻撃に挫けず耐え忍んでくれたこと、また、私たちがネットという道具を得、多くのブロガーさんたち、フ リージャーナリスト、ユーストリーム、ユーチューブで、別の事実を知らせてくれた、多くの方々によって、私たちは学びました。

本のタイトルではございませんが、国家は必ず嘘をつく、政府は事実を隠蔽し間違った情報を垂れ流し、それをチェックすべきメディアが煽っている事 実も知りました。

国民には官僚も司法も、まして外交などアンタッチャブルです。

でも、ただ一つ関われる世界、それは政治家に対してです。

私たちは唯一の権利、選挙権を持っています。

現在の政治家の姿はどうでしょう。

選挙に通ること、ポスト、カネ、票割りに右往左往、官僚の手のひらで踊っている、情けない姿ばかりが目に付きます。

多くの国民はその様子をじっと見つめているのです。

私は不思議なのです。

その姿を何千万人という国民がじっと見つめている目を彼等は怖くないのかと。

きっと、彼らには国民の姿など見えないのでしょう。

なぜなのか。

利権もない、カネもない、組織もない国民がバラバラに孤立しているからです。

だから国民をバカにしているんです。ナメているんです。

でも、今日からは違います。

違いを乗り越え認め合い、この国の行く末に危機感を持つという一点で、今日ここにこれほどのたくさんの方々が集まってくださいました。

この市民大集会も、組織があるわけではなく、支援する会の伊東弁護士の呼びかけで、数人の手伝いの人間がそれに応え、わずかな日数で今日を迎えました。

どこからも一円の資金も出ていません。

全て手弁当、手作りです。

ここにおいでくださった先生方も、快く賛同してくださり、これほど多くのグループが参加し、また、常日頃、学ばせていただいているたくさんのブロ ガーさん達が協賛してくださいました。

この大会を撮影していただいているAPFニュースさん、岩上さん、ツイートTVもみなボランティアです。

今まで顔を見たこともなかった多くの方々が、わずかな期間、ほとんどネットでの呼びかけで集まれた、これは凄いことです。

ある意味今日は実験でもありました。

そして成功したのです。

ここに緩やかな連帯を作ることができたのです。

一人二人と孤立していた市民が、わずかな情報で一同に顔をあわせ集うことができた。

これからも、すわ一大事という時には、いつでも集まれることをここに証明しま
した。

小沢氏はこの国の統治機構を変え、政治を国民に取り戻し、国民生活を第一とする政治を、政権交代で約束してくださいました。

あの時、初めて国民が主権だと高らかに宣言してくれたのです。

しっかりその約束を守っていただきましょう。

国民の生命を守り、国民の生活を支える政治家を、今度は私たちが守り支え、選挙で協力しましょう。

そして、国民の政治を守らない政治家は、次の選挙で落選させましょう。

この大会のホームページは継続していただけるそうです。

今度、このような会を北海道で、九州でやる。

こんな提案をしたいって言ったことがあれば、提示してもらいたいと思っています。

この大集会は今日がスタートです。

ありがとうございました。

(転載終わり)

皆様のご参加をお願い致します。

ご参加希望の方はメールにて事務局山崎宛にご連絡ください。

           記

■ 5月13日(日)午後2時-5時「日曜討論会」


日時:2012年5月13日(日)午後2時ー5時

場所:ルノアール新宿区役所横店2F2号室

   東京都新宿区歌舞伎町1-3-5相模ビル2階
   tel:03-3209-6175

テーマ:[自立した賢明な国民は登場したのか?!]

主催:ネットメデイアと主権座民を考える会

ネット中継:中継する予定です。URLは判明次第お知らせします。
               
参加費:場所代+お飲み物お一人約¥1000

(終わり)



--

--



--







[2012/05/08 11:48] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
5月11日ー14日[希望の牧場]写真展が原宿で開催されます!
子牛は生まれてまだ一ヵ月くらい、母子の温かいふれあい

吉沢正巳さんが代表をされている「希望の牧場・M牧場浪江牧場」は、福島第一原発から14kmの避難地域にあります。吉沢正巳さんらは「希望の牧場・命を全うさせるプロジェクト」を立ち上げ国や県や町の「殺処分」命令に抗して300頭の牛と豚などの「命」を永らえ全うさせる活動を全国の支 援者の協力で行なっています。

[希望の牧場]では4月21日から5月14日までを「警戒区域の家畜のいのちをつなぐ強化週間」として現地での街頭活動やシンポジウム、慰霊祭を行ったり都内では写真展や農水省前でのデモ行動等を企画しています。

5月11日(金)から14日(月)まで[希望の牧場]写真展が原宿の[アート・イン・ギャラリー]で開催されます。以下ご案内を差し上げますので皆様のご来場をお願いいたします。

              記

『警戒区域からのSOS 「希望の牧場・ふくしま」写真展 ~小さなふくちゃんが 教えてくれたこと~』


福島第一原発の放射能漏れ事故により同原発から半径20キロというコンパスで区切るように引かれた"いのち"の境界線。この線に従って政府は家畜 について殺処分という最悪の結論を出した。動物も人と同じ命。殺すのではなく生かしておくことは本当にできないのか。どんな命も何一つむだな命は 無い。静まり返った警戒区域内では取り残されたさまざまな動物たちの助けを求めるSOSの声が今日も鳴き響く。

○開催日:2012年5月11日(金)~2012年5月14日(月)

○時間:11:00~19:00予定 (最終日は15:00まで)

○会場:ART・IN・GALLERY(アート・イン・ギャラリー) 

○住所:東京都渋谷区神宮前4-25-3

○入場料:無料


○アクセス

地下鉄/千代田線・副都心線「明治神宮前」徒歩5分(5番出口)
JR/山手線「原宿駅」徒歩6分 (表参道口・竹下口)
地下鉄/銀座線・半蔵門線「表参道」徒歩6分(A2出口) 
※地図はこちら >>  http://homepage3.nifty.com/art-in-gallery/map-3.htm

(終わり)


--





[2012/05/07 23:45] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
私も先ほど3名の指定弁護士に電話しました!
私は本日(5月7日)のブログに【検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら9月の民主党代表選に出馬するのを妨害するため!】という記事を書き【YYNews】で配信させて頂きました。

【該当記事】検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら9月の民
主党代表選に出馬するのを妨害するため!2012-05-07

     http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0631ecef816e93416cbf43f10785c607

記事の最後に3名の指定弁護士の事務所の電話番号を掲載しましたので、早速電話をかけて[控訴しないよう]に要請された方がいらっしゃいました。

私も先ほど実名を名乗って3名の指定弁護士に電話をしました!

(1)大室俊三弁護士

大室俊三法律事務所
東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル8階
TEL:03-3581-5758

(2)村本道夫弁護士

マトリックス法律事務所
東京都港区虎ノ門1-16-8 虎ノ門石井ビル6階
TEL:03-5532-1156
FAX:03-5532-1157

(3)山本健一弁護士

六番町総合法律事務所
東京都千代田区六番町5-18 六番町ステートビル101
TEL:03-3515-8640
FAX :03-3515-8643 

大室俊三弁護士と山本健一弁護士は電話口に出られましたので[控訴しないよう]に直接要請しました。

村本道夫弁護士は電話口に出られませんでしたので秘書の方からメッセージを伝えてもらいました。

本日の[日刊ゲンダイ]には「控訴断念」に傾いているという記事が載っていますので以下に転載させて頂きます。

お読みいただき広く情報拡散をお願いします。

● 税金ムダ遣いはもうウンザリ 小沢裁判指定弁護士は控訴断念すべきだ

2012年5月7日 日刊ゲンダイ

http://gendai.net/articles/view/syakai/136425

証拠もない、カネもない、正義もない

控訴するか、否か――。小沢裁判は、検察官役の指定弁護士が10日の控訴期限までにどう“判断”するかが焦点になっているが、「控訴断念」は確実 な情勢だ。

9日の最終協議が迫ってもなお、指定弁護士3人の意見は三者三様で割れているが、2人は「ひっくり返す自信もないまま控訴して無罪になった被告の 長引かせることになる」「弁護士として、有罪を求めて控訴することにためらいがある」と「控訴断念」に傾いているという。

そりゃそうだ。万に一つでも勝ち目があるならともかく、控訴したって結果は見えている。

「無罪判決に納得のいかない大マスコミは、コメンテーターの検察OBに『有罪同然の判決だ』『限りなく黒に近いグレーだ』と言わせて、小沢叩きを していたが、カン違いもいいところです。判決文をじっくり読むと、無罪に向けて論理的に結論が導かれている。重要なのは、小沢氏が政治資金収支報 告書について『報告・了承した』といっても、不記載の認識はなく、違法行為を了解したわけでもないこと。

指定弁護士にとって、争点以前の大前提が成り立たなくなったわけで、最初から、無罪ありきの判決とみていい。判決文が小沢氏に対して厳しい口調に 感じるのは、東京地裁が検察審査会制度や指定弁護士に精いっぱい配慮して、花を持たせた結果です」(法曹関係者)

だいたい、指定弁護士には新たな証拠もなければ、限られた“持ち札”は暴走検察が捏造したデタラメ調書ばかり。控訴なんてやるだけ時間のムダというものだ。

元特捜検事で弁護士の郷原信郎氏(関西大特任教授)も、メルマガでこう切り捨てている。

〈判決内容からすると、無罪の結論は裁判所にとって当然の判断であり、有罪とは相当な距離があると見るべきであろう〉〈控訴審で、その判断が覆る 可能性はほとんどないのであり、今回の事件による政治の混乱をさらに長引かせることになる控訴をすべきではないことは明らかである〉

指定弁護士も分かっているはずだ。最終判断を控訴期限ギリギリの9日まで先送りしたのも、小沢の党員資格停止処分がどうなるかや、世論の動向を見 定めたいという意図があったからではないか。

「しかし、小沢氏の処分は解除されるし、世論も極めて冷静です。『控訴すべき』という声は思ったほど多くない。もはやリスクを冒してまで控訴するメリットはない。

メリットどころか、マイナスが大きい。指定弁護士の報酬の上限は120万円です。強制起訴から判決までに要した830時間を時給換算すると、 1400円程度にしかならない。指定弁護士は準公務員扱いなので、カンパを受け取ることもできない。彼らにとっては商売あがったりです。

当然、裁判が長引けば税金のムダ遣いにもなる。控訴しても、誰ひとり得をしないのです」(司法ジャーナリスト)

指定弁護士の“最後の仕事”は、控訴をあきらめ、この不毛な裁判にピリオドを打つことだ。

(転載終わり)

(終わり)

--







[2012/05/07 17:10] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
万一検事役の指定弁護士3人が無罪の小沢氏を[控訴]したら目的は小沢一郎氏が9月の民主党代表選に出馬するのを妨害するため!
写真は検察役の3人の指定弁護士。手前から村本道夫氏、大室俊三氏、、山本健一

(村本道夫弁護士、大室俊三弁護士、山本健一弁護士)

4月26日の[無罪判決]を受けて、検事役の3人の指定弁護士(大室俊三弁護士、村本道夫弁護士、山本健一弁護士)は5月2日に控訴するか否の協 議をしたが結論が出ず5月9日に再度協議して最終判断することを決めたとのことです。

時事通信/ウオールストリート・ジャーナル日本版の下記の記事は、3人の指定弁護士の中で意見対立があり最終決定できなかったと報じています。

(時事通信記事)

● 小沢元代表の控訴、9日に判断=指定弁護士、協議で結論出ず

2012年 5月2日 時事通信社/ウオールストリート・ジャーナル日本版
http://jp.wsj.com/Japan/node_436695

資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反(収支報告書の虚偽記載)罪に問われた民主党元代表小沢一郎被告(69)に対する 東京地裁の無罪判決を受け、検察官役の指定弁護士は2日、控訴するかどうかを協議した。結論は出ず、控訴期限前日の9日に改めて協議して最終判断 することが決まった。大室俊三弁護士によると、指定弁護士3人は2日午後、東京都内で約1時間にわたり協議。「判決の論理はおかしいとの指摘はで きる」「心証として有罪と思っているので控訴したい」との意見が出る一方、「(結果を)ひっくり返せる確実な見通しがないのに、被告の立場に置い ていいのか」との考えもあるという。また、負担の大きさを理由に、指定弁護士を続けることに消極的な意見も出された。ただ、仮に控訴した場合に は、引き続き同じ3人で担当する考えという。3人は次回協議までに、証拠の見直しなどについて検討する。 

(転載終わり)

▲ そもそも[控訴]などで絶対にできない5つの理由!

理由1:2009年3月3日の東京地検特捜部による[西松建設事件]は、検察が総力を上げて強制捜査を繰り返したが結局証拠不十分で小沢 一郎氏の[収賄罪]を立件できなかった案件です。[小沢事件]とは検察が初めから小沢一郎氏の逮捕・起訴を狙ってでっち上げた [戦後最大の政治謀略事件]であり小沢一郎氏は元々[無実]であり[国策捜査]の被害者なのです。

(1)【該当記事】:検察と大手マスコミが行ってきた「小沢バッシング」は革命家小沢一郎議員を抹殺する戦後最大の「政治謀略」2010-10-11

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/abd436c418fd89e41860152a9eb0ec60

検察と大手マスコミが行ってきた「小沢バッシング」は革命家小沢一郎議員を抹殺する戦後最大の「政治謀略

(2)【該当記事】:「小沢一郎事件」とは「日本の米国からの独立」を目指す政治家への戦後最大の政治弾圧!2011-08-03  

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/224dc49a8015d784028de7d502be0096

「小沢一郎事件」とは「日本の米国からの独立」を目指す政治家への戦後最大の政治弾圧!

理由2:検察は自ら起訴できなかった案件を最高裁事務総局が実質支配する[検察審査会]に2度の[起訴相当]議決を出させて[強制起訴]させたこと。従って[小沢裁判]には元々何の違反行為があったわけでなく控訴棄却すべきもの。検察の強制捜査と大手マスコミの バッシングがなければいまでも小沢一郎氏は日本の首相であった。

(1)【該当記事】[政治弾圧]がなければ首相は今でも小沢一郎氏!2012-04-05

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/e07afde2ed849de424750ed445371230

[政治弾圧]がなければ首相は今でも小沢一郎氏!

理由3:検察は石川知裕議員の供述を捜査報告書で捏造し[検察審査会]に提出して審査員を[起訴相当]議決に誘導したこと。従って[検察 審査会]の審査員は検察が作成した違法な捜査報告書で誘導された可能性が大きく2度の[起訴相当議決]は無効であること。従って[強制起訴]自体が無効であること。

理由4:最高裁事務総局が6000万円で富士ソフトに作成させた[検査審査会審査員選定ソフト]には不正があり、最高裁が恣意的に選んだ 審査員候補者を自由に選定できる仕組みになっていたこと。従って二度の[起訴相当]議決を可決した[東京第5検察審査会]の審査 員選定に違法行為があり無効であること。

理由5:万一[控訴]しても新たな証拠も無く高裁に[控訴棄却]されるのは100%確実。それでも[控訴]するとしたら小沢氏の復権を妨害する目的しかないだろう。

▲ 万一3人の指定弁護士が[控訴]したらその目的は小沢氏が9月の民主党代表選に立候補するのを妨害するため!

万一彼等が控訴するとしたら野田首相や仙石氏や江田五月氏などの意向を受けて、小沢氏が9月の民主党代表選に出れないように復権の邪魔する以外は 考えられません。

3人の指定弁護士が絶対にできない[控訴]を絶対にやらせないために大きな声をあげましょう!

(1)大室俊三弁護士

大室俊三法律事務所
東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル8階
TEL:03-3581-5758

(2)村本道夫弁護士

マトリックス法律事務所
東京都港区虎ノ門1-16-8 虎ノ門石井ビル6階
TEL:03-5532-1156
FAX:03-5532-1157

(3)山本健一弁護士

六番町総合法律事務所
東京都千代田区六番町5-18 六番町ステートビル101
TEL:03-3515-8640
FAX :03-3515-8643 

(終わり)


--







--





[2012/05/07 15:09] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
安住財務相がIMFに約束した分担金600億ドル(4.8兆 円)は福島第一原発大事故被災者100万人の[避難生活資金]に使うべし!
安住財務相勝事務次官
(安住淳財務相と勝栄二郎財務事務官)

野田総理と安住財務相と財務省官僚は大手マスコミを使って[日本の政府債務は1000兆円を超えこのまま行けばギリシアのように財政破綻する]と嘘の情報で国民を騙して[消費税増税]実現に向け世論操作を繰り返しています。

しかし野田政権の[日本の赤字は膨大でこのままでは国家綻する]との主張は全く根拠のない大嘘で[本当の財政赤字は 391兆円で中央政府所有の資産は647兆円あり財政危機とは全く程遠い](植草一秀氏)のです。

私は植草一秀氏の主張をベースに今年1月18日のブログに【日本の借金1000兆円財政危機]は財務省と野田政権と大手マスコミが国民についた消費税増税への大嘘!】という記事を書き【YYNews】で配信しました。

【該当記事】日本の借金1000兆円財政危機]は財務省と野田政権と大手マスコミが国民についた消費税増税への大嘘!】2012-01-18

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0291ba73ec95f421b6e3c7ed1f514b4c

日本の借金1000兆円財政危機]は財務省と野田政権と大手マスコミが国民についた消費税増税への大嘘!】

この記事の中で主張したポイントを以下に箇条書きにします。

(1)日本の国家債務(借金)の総額は財務省が最近言い出した1000兆円ではなく894兆円である。財務省は国民に危機感を与えるために債務総額に新たに短期債務106兆円を加えた。短期債務は資金繰りであり政府の借金に計上するは不正行為である。

(2)日本の国家債務(借金)894兆円のうち201兆円は地方債務。地方債は日本の場合非常に厳格な規制がかかっているので償還できないような地方債は発行されない。心配無用である。

(3)日本の国家債務(借金)894兆円のうち251兆円は建設国債。建設国債は財政法で認められている借金でそれに見合う資産があるので心配はいらない。

(4)問題なのは391兆円という赤字国債。しかしGDP比は80%程度であり主要国、諸国と比べても大差ない。財務省は日本の借金は 1000兆円で対GDP200%を超えておりギリシャやイタリアよりも深刻だと大嘘をついて国民に消費税増税を飲ませようとしている。

(5)日本の中央政府だけで647兆円の資産がある。赤字国債391兆円が問題だとしても中央政府の資産があるので財政危機とは全く程遠い。日本は財政危機ではないのです。

▲ 安住財務相と大蔵官僚の[暴挙]を決して許していけない!

ウソで国民を脅かし消費税増税を強行する安住財務相と大蔵官僚は、国民への事前説明もせず国会での審議も承認も受けずに自分たちだけで買ってきに 決めて、600億ドル(約4.8超円)もの税金をIMFに支払うことを勝手に決定したのです。

以下は4月17日付けの毎日新聞の記事ですが、この記事は財務省から[記者クラブ]に流された[大本営発表]情報をそのまま垂れ流している典型的 な[世論誘導記事]です。

【毎日新聞記事】

● 安住財務相、IMFへ4.8兆円拠出を表明


2012年4月17日 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000035-mai-bus_all

安住淳財務相は17日の閣議後記者会見で、国際通貨基金(IMF)の資金増強要請に応じ、日本として600億ドル(約4兆8000億円)の拠出を 決めたと表明した。ユーロ圏以外の主要国で拠出を正式発表したのは日本が初。IMFは最大5000億ドル規模の資金確保を想定しており、その1割 を超える拠出額は「加盟国では飛び抜けて最大になる」(安住財務相)とみられる。

IMFは19日から米ワシントンで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議までに基盤強化に対する関係国の同意を取り付け たい考えだったが、米国が拠出見送りの意向を固めているほか、IMFでの発言権拡大など見返りを求める新興国も態度を明らかにせず、G20での合 意は絶望的な見通しとなっている。

安住財務相は「早期の合意形成に向けた流れを作るには、我が国の態度表明が重要であると判断した」と述べ、IMFへの出資規模で米国に次ぐ2位 となっている日本が率先して拠出額を明らかにすることで、関係国の拠出の「呼び水」になる効果を期待したとG20前の拠出表明の狙いを説明。「欧 州はまだ完全には安定感を取り戻していない」と述べ、欧州の債務危機問題が完全な収束に達しない中、IMFの資金増強に早期に道筋を付ける必要が あると強調した。

【赤間清広】

この記事には以下の2つの論点が完全に抜け落ちています。


①[巨額の財政赤字を抱えこのまま行くと国家破綻する]と主張する安住蔵相と財務相官僚はがなぜ約4.8兆円もの資金を国民生活に全く寄与し ないIMFに資金供与するのか?この資金は国民生活に直接役立つ例えば福島第一原発大事故被災者100万人の[住民避難]に使うべきであ る。

② IMFからの資金増強要求に対して,安住蔵相と財務省は国民への説明も国会での審議も事前承認もないままに600億ドルの供出を勝手に決めて発表した。これは[主権在民]と[議会制民主主義]を全く無視した暴挙であり許され
  ない。

▲IMFはロスチャイルド金融資本Gの世界支配機関であり日本の財務省の出先機関!

IMFはBISと世界銀行と並んでロスチャイルド金融グループを司令塔とするユダヤ金融資本の世界支配機関です。

日本の財務省からは、2009年2月にローマでのG7財務相・中央銀行総裁会議に出席した中川昭一財務相兼金融担当相が記者会見で酩酊状態となり 醜態を全世界に晒した[謀略事件]で、加担したと疑われる篠原尚之財務官が出世して今ではIMFの副専務理事をしています。

IMFは出向している財務官僚が中心となり[日本の国家債務は1000兆円でギリシャより悪い]とのウソをIMFの名で海外から発信し日本人を [消費税増税]へ誘導する役割を担っています。

【該当記事】IMF(国際通貨基金)は海外から国内向けに世論誘導する財務省の出先機関! 2012-01-25

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/fc64c40213ebcb23023898bed9ed9ac5

IMF(国際通貨基金)は海外から国内向けに世論誘導する財務省の出先機関!

上記の記事で書きましたが、IMFから意図的に発信された2つの[世論誘導]情報を以下に再掲しますのでお読み下さい。

① 日本の債務「持続不能な水準」=世界経済のリスク―IMFが警告2011年11月24日 時事通信

http://alfalfalfa.com/archives/4887824.html

国際通貨基金(IMF)は24日までに発表したリポートで、日本の公的債務残高は「持続不能な水準」に膨らんでおり、「日本や世界経済安定のリス ク」になっていると警鐘を鳴らした。

IMFは「財政の持続性をめぐる市場の警戒心から、日本国債の利回りが突然跳ね上がる恐れがある」と警告。また、「財政改革の遅れや民間貯蓄額の 減少」が引き金となり、日本国債が売られる可能性を指摘した。対処法として「成長を促進する構造改革と財政健全化が不可欠だ」と主張。

財政健全化の具体案では、消費税増税など歳入増加策と年金改革といった歳出抑制策の組み合わせが必要だとした。

日本の公的債務残高は2011年度末に1000兆円を突破する見通し。IMFの11年予想によると、日本の債務残高の国内総生産(GDP)比率は 233.1%に達し、欧州債務危機に揺れるギリシャ(165.6%)やイタリア(121.1%)を大きく上回る。

(記事終わり)

②15%への引き上げを=消費税でIMF幹部2012.01.25 時事通信

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012012500029

【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)のガーソン財政局次長は24日、世界経済見通しに関する記者会見で、「日本は消費税を15%まで引き上 げる必要がある」との認識を示した。

ガーソン氏は会見終了後、消費税引き上げ時期については「経済情勢を見ながら段階的に上げるべきだ」と述べるにとどめる一方、15%という水準は 「国際的には高率ではない」と話した。

IMFは同日発表した財政報告で、日本の公的債務残高を安定的に減らしていくためには、政府が目指す2015年までの消費税の10%への引き上 げだけでは不十分だと指摘した。

(記事終わり)

▲IMF分担金600億ドル(4.8兆円)はIMFに使わずに福島第一原発大事故被災者
100万人の[避難生活資金]に使うべし!


今回IMFが[世界の通貨危機に対処するため]との名目で拠出金の増額を加盟各国
に要請した際トップの米国が拒否しているにも関わらず日本がまっさきに600
億ドル(4.8兆円)もの巨額資金を決めたのは、[国民の利益]のた めでは
なく、IMFに擦り寄り[消費税増税]を支援してもらうための野田首相の[私
益]であり、省益拡大を狙う財務省の[省益]のためです。

[国民の利益]を考えれば、IMFに資金供出せず4.8兆円を福島や宮城や岩手
の住民100万人にたいして一人あたり480万円(1世帯4人とす ると一家
族に1920万円)の[避難生活資金]を支給すべきなのです。

この資金で原発事故の影響を受ける3県の住民100万人が集団避難して放射能
被曝から身を守り新しい生活を始められるのです。

財務官僚はこの巨額の税金を国会で審議することも国会の承認も全く無視して勝
手に支出を決めたました。ここでも憲法41条の[国会は国権の最高機関]の規定は
霞が関特権官僚に完全に無視されています。

▲ 日本のメデイアと国会議員は財務官僚の[暴挙]にを黙認している!

今回の安住財務相と勝栄二郎財務事務次官をトップとする財務官僚による[税金の
不正支出暴挙]に対して、メデイアや学者や評論家はいつもの様に一切批判して
いません。

その理由は、一つには彼等が[官邸機密費]の現金で買収されているかあるいは
様々な便宜を受けていること、2つ目には財務省批判をすれば財務省から[敵対者]として
睨まれ便宜が受けられなくなり下部組織の[国税庁]に[財務調査]名目で[国策捜査]の
対象にされて逮捕・起訴される危険があるからです。

今回の安住財務相と財務官僚による[暴挙]に対して、国会議員も抗議の一言も言
わないまま沈黙しています。

今国会議員がなすべきことは、衆参の予算委員会で安住財務相と勝栄二郎財務省
事務次官を証人喚問してこの件の経緯を徹底的に追求して支払いを直ちに止めさ
せることです。

そしてこのIMF分担金600億ドル(4.8兆円)をIMFに使わずに福島第一原発大事故被災者
100万人の[避難生活資金]に使うように法的処置をすべきなのです。

そして二度とこのような大臣と霞ヶ関官僚による[暴挙]を阻止するために、以下の二つの
法律を自ら起案して成立させて大臣と霞が関特権官僚に厳格に守らせることです。
違反した場合の罰則規定を設けて彼らの責任を厳しく追求し罰金刑と刑事罰で訴追し責任を
取らせることです。

①外国機関への税金の支出は事前に国民に告知し国民の意見を集約し国会での審
議と承認を得ること。各省大臣と各省幹部官僚が勝手に外国機関への 税金の
支出を約束したり実行した場合の罰則規定を設ける。

②外国との条約は事前に国民に告知して国民の意見を集約し国会で審議と承認を
得ること。各省大臣と各省の幹部官僚が勝手に外国との条約を締結した事前
交渉を開始した場合の罰則規定を設ける。

(終わり)

--







[2012/05/06 20:54] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
石原伸晃自民党幹事長は2009年8月30日の総選挙で [期日前投票の不正操作]で当選した可能がある!
石原伸晃bis

私は4月23日のブログに【元愛媛県警警察官仙波敏郎氏が語る衝撃的な「真実」を全国民は知るべし!】の記事を書き[ネットメデイアと主権在民を 考える会]が4月21日に開催した[第五回市民シンポジューム]の報告記事を書きました。

元愛媛県警警察官仙波敏郎氏が語る衝撃的な「真実」を全国民は知るべし!2012-04-23

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/076bf611e082f841e67334523aaf0f55

元愛媛県警警察官仙波敏郎氏が語る衝撃的な「真実」を全国民は知るべし

2時間半にわたる講演は[街カフェ]の藤島さんと[日々坦々]の飛鳥麻憲さんがTwitCastingで生中継してくれました。

この講演で仙波さんが話された竹原市長リコール投票の際に阿久根選挙管理委員会が[期日前投票の不正操作]をして竹原市長を落選させた疑惑の話が 気になっていました。

仙波氏は[期日前投票の不正操作]を実際に行った人からの匿名電話を受けて実態を調査された話をされたのです。

何故ならば、民主党が政権交代をなしとげた2009年8月30日の総選挙で私が居住する東京都杉並区(東京8区)では、自民党の石原伸晃氏(現自 民党幹事長)と社民党の保坂展人氏(現世田谷区長)がデッドヒートを繰りひろげており、メディアの出口調査では石原候補がわずか0・6~1ポイン トでリードしていたにも拘わらず3万票もの大差で石原氏が勝利する開票結果となったためです。開票直後から[期日前投票の不正操作]の疑惑が取り ざたされましたが結局はウヤムヤで終わったからです。

以下に仙波氏が語った阿久根市選管による[期日前投票の不正操作]疑惑の部分約4分間の文字起こしを記しますすので是非お読みください。

映像は以下のURLで視聴できます。

仙波敏夫ライブ2

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/4440568



(文字起こし開始18.03)

800票位の差で9000台と8000台で竹原氏が市長を落選したが残念な気持ちはない。市民が選んだのだから。

ただびっくりしたのは阿久根の選挙管理委員会は阿久根市役所(職員労組)OBが必ず任命され、実権を握っています。

言い換えれば、職員労組の支配下にありますから、公平な選管とは言えません。

なぜなら期日前投票でだいたい3割くらい投票がある。それで合格、不合格がほぼ決まる。

その期日前投票箱を開票日前に開けるんです。

選挙管理委員会は、毎日、期日前投票が終わる度に投票箱を選管事務所に保管します。規定では鍵を3つかけなければならないのに、2つしかかけな い。一つは、投票口、一つは投票用紙の保管箱です。

保管箱に2つかけて、封印しなければならないのに、一つしかかけず、しかも、封印に使用した印鑑も合鍵も投票箱と同じ事務所に置いている。

更に、選管の市役所職員は全員、職員労組員です。 彼らは、職員労組の支配下にあるのです。

執行部(市長・副市長)には直通電話があります。

ある日、副市長の私宛に

【仙波さん、阿久根の選管は何をしているか知っていますか? と匿名の電話があった。 [何ですか?]と聞いたら[期日前投票箱を開けて投票用紙を入れ替えています]と答えたのです】

こんなことが日本であるのかと疑いましたよ。本当に。

私は確認に行きましたが本当でしたね。鍵は一個しかない、印鑑もある。 これはひどいなと思いましたが、選挙管理委員会とか教育委員会に、執行部が直接指示命令することは越権行為ですから、改善要求しか出来ず、勿論、選管は拒否しました。

現在(大阪の)橋本市長がどんどん入っていますが、それはある意味で必要だと思います。

私は、阿久根では総務課長だけ入れ替えて監視できる人に入ってもらった。

しかし、既に期日前投票は半分終了しており、前半分はもう入れ替えられた状態でした。

後半は鍵を3つかけたから、入れ替えられなくなりました。

どのように投票用紙を入れ替えられるのか?。 みなさん、投票用紙は有権者全員分を印刷するのです。

阿久根みたいに投票率が高い85%のところだと、たとえば1万人の有権者いれば 1500枚の未使用の白紙が残る。 未使用の用紙に竹原さんのリコール賛成に丸を書いてバンバン入れて竹原さんのリコール反対の票と差し替えるのです。差し替えた用紙は後日全部焼却する。

問題は、書いた(差し替え)ということを証明するのは難しい。上にカメラがあったなら別だが。

なぜ投票用紙に鉛筆で書かせるのか知っていますか?

なぜボールペンで書かせないのですか?

なぜならば、鉛筆なら後で消せるからです。

ロシアの不正選挙が言われていますが体制派は維持しようとしています。

(文字起こし終了22.12)

(終わり) -



--







[2012/05/05 00:42] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
4月28日(土)午前8時日テレ系「ウェークアップ!ぷらす」辛坊治郎キャスターの[暴走]はひどかった!
亡国電波戦犯

上記に添付したのはブロガーのヘンリー・オーッ氏が作成された[亡国電波戦犯]リストです。

http://henrryd6.blog24.fc2.com/ [ブログ版ヘンリー・オーツの独り言]

ブログ版ヘンリー・オーツの独り言>

このリストはこの間[小沢バッシング]報道を繰り返してきた20名の新聞記者、キャスター、評論家、タレント、学者の[指名手配書]です。リストに入っていますが読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」の辛坊治郎キャスターの最近の[暴走]ぶりは常軌を逸しています。

4月26日の[小沢氏無罪判決]を受けて、4月28日(土)午前8時から日テレ系で放送されたの読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」の中で、辛 坊治郎キャスターが見せた[暴走]ぶりは特にひどく、逆に言うとそれだけ[亡国電波戦犯者]たちは追い詰められているのでしょう。

無罪判決を受けた小沢氏がこの3年間彼等が繰り広げてきた根拠のない誹謗中傷報道に対して各人を[名誉毀損]で提訴すれば、全員が敗訴することが解っているからです。

辛坊治郎キャスターは、ゲストの森ゆうこ参議院議員の発言を途中で大声でかき消したり、都合の悪い発言だと途中で割り込んで[小沢バッシング]の 最先鋒である橋下五郎読売新聞特別編集委員や岩田公雄読売テレビ特別解説委員や生方
幸夫民主党衆議院議員に振って話題を無理やり捻じ曲げたりしたのです。

以下にYoutubeに投稿された映像がありますので御覧ください。

●【日本テレビ】辛坊治郎 断末魔の叫び【又、削除するの?】

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=rs_Fd1IVu2Q#!



読売新聞、日本TV,読売TVの首脳にとって予想外の[無罪判決]が出たのでかなりうろたえたえたのでしょう。急遽[反小沢]派優勢のヤラセ番組 を企画し[判決は無罪だったが小沢氏は限りなく有罪に近い]と宣伝して[反小沢]へ世論誘導する偏向番組を放送したのです。

読売新聞と日本TVと読売TVは、放送法で規定されている[放送内容の中立]などの原則をかなぐり捨てて、公然と[偏向報道]を繰り返しているわけです。

【番組出席者】

(反小沢)辛坊治郎:日本のジャーナリスト、ニュースキャスター、アナウン
     サー 、シンクタンク経営者。読売テレビ(YTV)アナウンサー、理      
     事,報道局解説委員長(局長待遇)。株式会社大阪綜合研究所代表。
     芦屋大学客員教授。

(反小沢)高橋五郎:読売新聞特別編集委員

(反小沢)岩田公雄:読売テレビ特別解説委員

(反小沢)生方幸夫:民主党衆議院議員(4期)

(反小沢)河野太郎:自由民主党衆議院議員(5期)

(小沢支持)森ゆうこ:民主党参議院議員(2期)。前文部科学副大臣等

(小沢支持)松木 けんこう:新党大地・真民主衆議院議員(3期)新党大地・真
             民主代表代行兼幹事長

(中立)中江有里:女優・脚本家

(終わり)



--

--







[2012/05/04 13:17] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
麻生内閣の森英介法務大臣が[自分が指示して大久保秘書を逮捕させた] と財界人に告白!(元参議院議員平野貞夫氏の話)
森英介法相

[小沢事件]は2009年3月3日に東京地検特捜部が[西松建設事件]強制捜査で小沢事務所の大久保公設第一秘書を[政治資金規正法・虚偽記載] 容疑で逮捕したたことから開始されました。

私は[小沢事件]の真相を以下のように繰り返し主張してきました。

戦後60年間以上にわたって日本人の富と生命と人権と独立を奪ってきた[特権・利権]勢力が、2009 年8月30日の総選挙で[国民生活が第一][対等な日米関係][官僚支配打破]を掲げる小沢民主党政権の誕生によって長年にわたって築いてきた彼らの[特権・利権]を一挙に失う危機に立たされたことに原因であり既存の[特権・利権]勢力が小沢政権誕生を阻止し代表の小沢一郎氏の政治生命を抹殺する為に仕掛けた[戦後最大の政治謀略事件]であり[謀略部隊]の司令塔は米国支配層、実行犯は東京地検特捜部 と最高裁、麻生自公政権と民主党反小沢派と大手マスコミである。

当時の麻生自公内閣で法務大臣だった森英介自民党議員は[西松建設事件]強制捜査後に親しい財界人に[自分が指示して大久保秘書を逮捕させた]と自慢話をしたのですが、一年後の2010年5月にその財界人は会合で一緒だった元参議院議員平野貞夫氏にその件を伝えたのです。

平野貞夫氏は5月10日の上杉隆氏がキャスターを務める[朝日ニュースター]生放送にゲスト出演しこのことを初めて爆弾告発したのです。

そして平野貞夫氏自身も強制捜査の対象となり逮捕される予定であたっと暴露したのです。

[小沢事件]の実行に当時の麻生首相と森法務大臣が直接関わっていたことを証明する具体的な爆弾発言です。

以下にYoutube映像をアップしますので是非御覧ください。そして広く情報拡散をお願いします。

● 官房機密費 指揮権発動 小沢氏の秘書逮捕 平野貞夫氏爆弾告発

2010.05.10 朝日ニュースター

[小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発]

http://www.youtube.com/watch?v=XC2XXNBgGT8

小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発

▲ 国権の最高機関である国会は[小沢事件]の徹底解明のために[小沢事件真相究明特別委員会]を設置して関係者を証人喚問すべき!

現在平野貞夫氏は自分とこの財界人を国会法務委員会に証人喚問して[小沢事
件]の真相を明らかにせよと国会に要求しています。

国権の最高機関である国会は[小沢事件]の徹底解明のために以下の関係者を証
人喚問すべきなのです。

① 米国支配層:ルース駐米大使、在日CIA責任者、ジャパンハンドラーのアミ
テージ、マイケル・グリーン、ジェラール・カーチス

② 麻生内閣:麻生首相、森英介法務大臣、河村官房長官、元官房長官

③ 東京特捜部と検察首脳:樋渡検事総長(当時)、佐久間特捜部長、大鶴最高
検検事、吉田特捜副部長、木村主任検事、田代検事など

④ 最高裁事首脳:歴代最高裁長官と歴代最高裁事務総局

⑤[東京検察審査会]責任者:歴代事務局長

⑥ 審査補助弁護士:米澤弁護士、吉田弁護士

⑦ 検事役の指定弁護士:大室俊三弁護士弁護士、村本道夫弁護士、山本健一弁護士

⑧[陸山会裁判]裁判長:東京地裁登石裁判長

⑨[小沢裁判]裁判長:東京地裁大善裁判長

⑩ 大手マスコミ首脳:全国紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)とTV局(NHK,
テレビ朝日、日本TV、TBS,フジTV,テレビ東京)

⑪[小沢バッシング]を煽ったキャスターとコメンテーター:立花隆、田原総一朗、
  みのもんた、辛坊、岸井、橋本、星,大越健介、山際澄夫など

⑫ 民主党幹部:野田、菅、仙石、岡田、枝野、前原など

(終わり)









[2012/05/03 13:14] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
[小沢事件]をスルーする社民党や共産党や[護憲勢力]市民運動家たちは 所詮は現状維持を望む[特権・利権]既存勢力!
2012.04.26小沢無罪判決

何度でも繰り返しますが[小沢事件]とは、戦後60年間以上にわたって日本人の富と生命と人権と独立を奪ってきた[特権・利権]勢力が、2009 年8月30日の総選挙で[国民生活が第一][対等な日米関係][官僚支配打破]を掲げる小沢民主党政権の誕生によって長年にわたって築いてきた彼らの[特権・利権]を一挙に失う危機に立たされたことに原因があるのです。

[小沢事件]の[真相]とは、既存の[特権・利権]勢力が小沢政権誕生を阻止し代表の小沢一郎氏の政治生命を抹殺する為に仕掛けた[戦後最大の政治謀略事件]であり[謀略部隊]の司令塔は米国支配層、実行犯は東京地検特捜部と最高裁、麻生自公政権と民主党反小沢派と大手マスコミなのです。

このことを一切問題にせず、もっぱら土地登記の期ずれなどの枝葉末節的などうでも良いことを取り上げたり[政治とカネ]や[説明責任]のみを執拗に追求する人たちは、政敵の民主党反小沢派や自民党や公明党やみんなの党の政治家のみならず、日頃政権や権力の横暴を批判している社民党や共産党や[護憲勢力]の市民運動家たちに多く見受けられます。

なぜ彼らはこれほどの[政治謀略]に沈黙して権力批判をしないのか、あるいは共産党のように[検察審査会]制度は民意を反映する民主的な制度だと擁護して執拗に小沢批判を繰り返すのか、その理由はよくわかりません。

唯一わかるのは、彼らは表向きは政権批判や権力批判をしていますが現状維持が一番心地良いのです。小沢流の[革命]は望んでいないということなのです。

所詮は[特権・利権]既存勢力の一味でしかなくもう幻想は持たないほうが良いでしょう。

(終わり)

--







[2012/05/02 20:52] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
最高裁判所は数百億円の[裏金]を隠している!(生田暉雄弁護士・元大阪高裁裁判官の話)
生田弁護士

(生田暉雄弁護士)

私は一昨日(4月30日)のブログに記事[元裁判官が語る最高裁事務総局に支配されている日本の裁判官の実態!]を書き【YYNews】で配信させて頂きました。

元裁判官が語る最高裁事務総局に支配されている日本の裁判官の実
態!2012-04-30
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/3219f30b96ee12c2eebcb4e910c73fcf

上記の記事は元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士が2年前のJJR総連主催の講演会で発言された内容の中で重要部分を12箇条に書いて紹介した記事でした。生田弁護士は今年の3月28日に[なにわ市民セミナー団]が大阪で開催しました「検察・司法・マスコミを改革せよ!in 大阪NANIWA」 のシンポジュームでも講演されています。

シンポジュームでは[最高裁判所の裏金]問題だけでなく、最高裁事務総局が3000名の全裁判官を昇給と転勤で支配し大量の[ヒラメ裁判官]を養 成していることや数百億円の[裏金]をプールして政治家や官僚やマスコミや学者や評論家を買収して[裏金]と[最高裁批判]を封じ込めている現状 を話されました。

愚民党さんが講演を撮影され編集されてYoutubeに5つに分けて投稿されましたので以下にアップさせて頂きます。是非ご覧いただき広く情報発 信してください。

日本で[主権在民]の社会を実現し[官僚支配]と[米国支配]を打ち破り[権力の暴走]を阻止するためには、まずもって[最高裁を一度解体して民 主化すること]から始めるなければならないことを痛感させられます。

① 生田暉雄さん講演  3・28「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 1/5

http://www.youtube.com/watch?v=wYfbIlxnOt8&feature=relmfu



② 生田暉雄さん講演  3・28「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 2/5

http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=9VQXIixjI5Y



③ 生田暉雄さん講演  3・28「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 3/5

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=v_fjyeuCD1A



④ 生田暉雄さん講演  3・28「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 4/5


http://www.youtube.com/watch?v=ki-z8nCKtBc&feature=relmfu



⑤ 生田暉雄さん講演  3・28「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 5/5

http://www.youtube.com/watch?v=rOtwJreEg3s&feature=relmfu


(終わり)
[2012/05/02 14:14] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】「年間購読」のお願い(2012.05.01)
山崎康彦マンガ


先程【YYNews】で最新記事【5月6日は3つの歴史的な転換点となる!】を配信させていただきました。

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/5c1c1539b00c28b8241768d284b14952

5月6日は3つの歴史的な転換点となる!】

私は5年前からブログ「杉並からの情報発信」を始めましたが、お陰様でブログへのアクセスIP総数は現在時点で約226万となりました。

私がブログを書き始めた主な理由は、大手マスコミが流す情報は政府や政党や官僚や財界や米国など、いわゆるこの国を実質的に支配している「特権・ 利権」勢力の利益を守るための国民世論誘導と国民洗脳の「道具」でしかないことがわかったからです。

それ以来ブログ記事(アクセス約3000)を【YYNews】として、メールマガジン(約200)、4つのメーリングリスト(約1000)、 Twitter(約5500)、Facebook(約5000)を主な媒体に多くの人々に届くように配信してきました。

この国を一部の特権・利権階層の支配から解き放ち、真の「主権在民」の社会にするためには、政府や政党や官僚や財界や米国の利益 のために「大本営発表」報道を垂れ流す大手マスコミに騙されない「自立した賢明な国民」が最低1000万人
必要だと確信しています。

【YYNews】は1000万人の「自立した賢明な国民」に届くように「無料配信」を原則にしておりますが、財政に余裕があり、かつこの活動を支援したいと思われる方には【YYNews】の「年料購読」をお願いしております。

「年間購読」は¥10,000(税込)です。

(1)「年間購読」の申し込みの明細

【年間購読】のお申込みの詳細Ⅰ.購読ご希望の方は下記の情報を「返信」にてお
送りください。


送信先メールアドレス:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp

1. お名前 (必須)
2. お年
3. 性別
4. ご住所 (必須)
5. メールアドレス (必須)
6. Twitterアカウント
7. Fcebookアカウント
8. Tel&Fax番号 (必須)

(2)「年間購読料金」のお支払い

年間購読料金\10,000(税込)を下記の銀行口座あてにご送金ください。

(なお送金手数料は送金人様払いにてお願いいたします)

1. 銀行名:三菱東京UFJ銀行 久我山支店

2. 口座番号:普通口座 3751695
3. 口座名義:山崎康彦

(3)「年間購読」の内容

【YYNews】: ほぼ毎日メールにて配信いたします。希望者にはファックス配信も可能です。

【交流会】:購読会員の皆様との交流会を年に数回実施しお互いの親睦を図ります。

以上よろしくお願いいたします。

【YYNews】発行人 山崎康彦
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
blog:「杉並からの情報発信です」http://blog.goo.ne.jp/yampr7
Twitter:http://twitter.com/#!/chateaux1000
facebook:http://www.facebook.com/profile.php?id=100001744974567:

(終わり)
[2012/05/01 17:33] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
5月6日は3つの歴史的な転換点となる!
2012.05.015月6日は歴史的な点暗転となる

(1)5月6日のフランス大統領選決選投票で社会党オランド候補がサルコジ現大統領を破り[新自由主義経済政策]に真正面から反対する政権を打ち立てる!

4月22日に行われたフランス大統領選挙でフランス社会党のオランド候補が28・63%(約千十八万票)を獲得し、現職のサルコジ大統領 27・08%(約九百六十三万票)を僅差で破りました。しかし両者が当選に必要な50%以上に達せず、5月6日の決戦投票で雌雄を分かつことになりまし た。

4月22日の大統領選挙直後の世論調査によりますと、5月6日に行われるフランス大統領選決選投票では社会党オランド候補が10ポイント差でサル コジ大統領を破り大統領に選出されるであろうと予測しています。世界で初めて[新自由主義経済政策]に真正面から反対する本格的な政権が登場する ことになります。

オランド大統領の誕生はフランスやEUのみならず、日本や米国に対しても大きな影響を与えるでしょう。40年以上に渡り全世界を席巻したきた[金 もうけのためにはすべてが許される]というイデオロギーと政治・経済・金融政策は根本から見直されるでしょう。[新自由主義]に代わり[自立と共 生]の考えと政治・経済・金融政策が各国で導入されるでしょう。

その意味で5月6日のオランド・フランス大統領の登場は歴史的な転換点となるのです。

【該当記事】日本の小沢一郎氏、フランスのフランソワ・オランド氏、米国のロン・ポール氏が世界を変えるだろう! 2012-02-13

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/d92b61026b8a1670408b4fd26e1a364b

日本の小沢一郎氏、フランスのフランソワ・オランド氏、米国のロン・ポール氏が世界を変えるだろう! 

【該当記事】フランス社会党オランド大統領候補の[60の政権公約]を一つにまとめてみました! 2012-02-15

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/955386999d70bddf99fbcd1d8b9f1bd1

フランス社会党オランド大統領候補の[60の政権公約]を一つにまとめてみました!

(2)5月7日には[無罪判決]を受けた小沢一郎元民主党代表の[党員資格停止処分]が解除され9月の民主党代表選に立候補し代表に選出され首相となる道が開かれる!

東京地裁大善文雄裁判官が4月26日に下した[小沢裁判]の[無罪判決]は、内容的には[限りなく黒い無罪判決]でしたが[無罪判決]にかわりは なく、野田民主党執行部は5月7日にも小沢氏の[党員資格停止処分]を解除せざるを得なくなりました。これで小沢氏は9月に予定されている民主党 代表選に自ら候補して対抗馬の野田首相と民主党代表を争う展開となり3年前に[戦後最大の政治謀略]で阻止された[小沢内閣]が誕生し[国民生活 が第一]の政治が実現される可能性が大きくなったのです。

9月の民主党代表選で小沢氏が[国民生活が第一]で掲げるの主な政策は以下のものでしょう。

(1)消費税増税反対

(2)TPP参加反対

(3)脱原発及び福島第一原発4つの原子炉の[完全封じ込め]

(4)官僚支配の打破

(5)[2009年民主党マニフェスト]の忠実な実行

(6)[小沢事件真相解明特別委員会]を国会に設置し関係者を証人喚問して真相を究明し全責任者を処罰すること


その意味で、5月7日の[小沢氏の復権]は[国民生活が第一]と[主権在民]の社会を実現するための大きな歴史的な転換点になるのです。

【該当記事】[小沢事件]でっち上げの司令塔は米国支配層。実行犯は麻生自公政権と東京地検特捜部と大手マスコミだろう!2012-04-29

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/66a954a4351a686d1151c97a6c87e2b9

[小沢事件]でっち上げの司令塔は米国支配層。実行犯は麻生自公政権と東京地検特捜部と大手マスコミだろう!

【該当記事】検察と大手マスコミが行ってきた「小沢バッシング」は革命家小沢一郎議員を抹殺する戦後最大の「政治謀略」 2010-10-11

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/abd436c418fd89e41860152a9eb0ec60

検察と大手マスコミが行ってきた「小沢バッシング」は革命家小沢一郎議員を抹殺する戦後最大の「政治謀略」 

(3)5月6日には日本のすべての原発(50基)が停止して[原発稼働ゼロ]となる!

5月5日に北海道電力の泊原発が定期点検のために停止し5月6日には日本の原発は稼働ゼロとなります。

野田政権と経産省と安全保安院は関西電力大飯原発が再稼働できなければ今夏の電力不足に備えて計画停電を行うと国民に脅しをかけています。

野田政権は大飯原発3号機、4号機の再稼働に向けて地元説明会をおおい町の住民向けに一度開催しただけでおおい町長と西川福井県知事から再稼働 の同意を引き出そうと躍起になっていますが再稼働反対の運動が全国に広がり再稼働の策動を阻止しています。

その意味で5月6日は、東海村に建設された動力試験炉で1963年に最初の原子力発電が行われた1963年以来49年間初めて[原発稼働ゼロ]となり[脱原発]の歴史的な日となるのです。

【該当記事】「大飯原発再稼働阻止ハンスト」 に連帯してハンストを実践しよう!2012-04-18

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/260498723fe621ae616758e329b1754c

「大飯原発再稼働阻止ハンスト」 に連帯してハンストを実践しよう!

【該当記事】東京新聞が[日刊ゲンダイ]化して一面で大スクープ!2012-04-11

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/fa9fc261d992dc7bb5688ca1be93129d

東京新聞が[日刊ゲンダイ]化して一面で大スクープ!

(終わり)

--








--





[2012/05/01 16:19] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
ぼうごなつこさんが描く[司会者特権]で小沢氏を差し置いて[暴走]する司会者の姿!
【山崎さんマンガ[司会者特権]】
2012.04.30山崎康彦[司会者特権]

まんがイラストのぼうごなつこさんが昨日(4月30日)のHPに[小沢一郎VSフツーの市民・座談会]で私が[司会者特権]で小沢氏を差し置いて[暴走]する姿を以下の解説コメント付きで面白く描いてくれました。

●まんがイラストぼうごなつこのページ

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1065.html

まんがイラストぼうごなつこのページ

(解説コメント)

<山崎康彦さんは、 『小沢一郎vsフツーの市民』 を企画されている「ネットメディアと主権在民を考える会」の代表者さんです。ブログ「杉並からの情報発信です」でもお馴染みかもしれません。「ネットメ ディアと主権在民を考える会」では、小沢さんの他にも、植草一秀さんや三井環さんなどの著名人を招いた番組や、また、市民同士の討論会番組なども 配信されています。興味のある方はぜひ。>

ぼうごなつこさんは4月26日の[小沢裁判]の前日に大善文雄裁判長が[有罪判決]でも[真っ白の無罪判決]でもなく、[限りなく黒い無罪判決]を出すだろうとの予想をまんがイラストで書かれ見事に的中させました。鋭い観察力と豊かな想像力
をお持ちのまんがイラストレーターです。

●判決前日にアップされたぼうごなつこさんのまんがイラスト


http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1062.html

判決前日にアップされたぼうごなつこさんのまんがイラスト

いいわけであありませんが、私が考える司会者とは座談会や討論会で討論の交通整理をする無味乾燥した存在ではなく、討論を通り一遍ではなくより深くより核心に迫るための[物言う司会者]であるべきだと思っています。もちろん限度はありますが。

(終わり)
[2012/05/01 10:44] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム |