プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

02/18のツイートまとめ
chateaux1000

[02月17日]のつぶやきをまとめました ▶1番RTされたつぶやきは「【今日のブログ記事】■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定し...」 https://t.co/UF9vLdySob #gbrt
02-18 07:54

【YYNews】■【今日のひとこと】まとめhttps://t.co/OmcveEkMKP https://t.co/wK5aFBWF06
02-18 03:39

【YYNews】■【今日のひとこと】まとめ https://t.co/OmcveEkMKP
02-18 03:38

【YYNews】■【週間ブログ記事まとめ】2018年02月13日(火)-12月17日(土) https://t.co/9lyTncXabu https://t.co/wK5aFBWF06
02-18 02:26

【YYNews】■【週間ブログ記事まとめ】2018年02月13日(火)-12月17日(土) https://t.co/9lyTncXabu
02-18 02:23

スポンサーサイト
[2018/02/19 04:12] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
02/17のツイートまとめ
chateaux1000

こちらで視聴してください。【音声完全版・動画】根っこ勉強会 第8回 「金融バブルと相場操縦の歴史」 山崎康彦 天野統康 大津けい 須澤秀人2018年2月17日生放送https://t.co/saRnTvElbA https://t.co/wK5aFBWF06
02-17 19:50

申し訳ありませんが最初の1時間は音声がミュートになっていたために聞こえません。 https://t.co/wK5aFBWF06
02-17 19:48

【今日のブログ記事】■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢や歴史の本質を理解する鍵となる!https://t.co/zJyhMbng9k https://t.co/3fYcyun7J1
02-17 09:11

【今日のブログ記事】■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢や歴史の本質を理解する鍵となる! https://t.co/zJyhMbng9k
02-17 09:10

[02月16日]のつぶやきをまとめました ▶1番RTされたつぶやきは「なぜ『支持率46%』なのか?こんな数字はねつ造以外はあり得ない!(山崎康彦)」 https://t.co/ZcJxRi6AE3 #gbrt
02-17 07:44

[2018/02/18 04:11] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】■【今日のひとこと】まとめ
いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

先週一週間(2018.02.12-02.16)に【YYNewsLive】放送で取り上げました「今日のひとこと」を訂正加筆して以下にまとめました!

■【今日のひとこと】まとめ

①「最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、プロレタリアートの大衆が残ればいい。ゴイム(非ユダヤ人=家畜)に殺し合いをさせるため、大々規模の武器増強が開始されなければならない。』(『ロスチャイルド世界革命行動計画25項目』第22項目)

②『武器の個人所有』を認めた2008年7月の米国連邦最高裁判決は『国民同士を殺させる』ためにブッシュ大統領(当時)が『イルミナテイ』の上記行動計画に従って実行した謀略だ!(山崎康彦)

ネオコン戦争派のブッシュ大統領が8年の任期の最後の年2008年の7月に、任命権を持つ9名の米国連邦最高裁判事に命じて、『銃の個人所有』を認める『個人的権利説』の判決を出させたのは、行動指針『ゴイムに殺し合いをさせるため大々規模の武器増強が開始されなければならない』を実行したのだ!

③もし日本が『法治国家』であったなら安部晋三ら『権力犯罪者』はとっくの昔に刑務所に送られ全財産を没収されていただろう!(山崎康彦)

韓国のような『まともな法治国家』は最高権力者とその共犯者たちが犯した『権力犯罪』を決して容赦しない。日本が『まともな法治国家』であったならば、安倍晋三や妻の安倍昭恵や麻生副総理や菅官房長官などの安倍自公内閣の幹部たちや高村副総裁や二階幹事長などの自民党幹部たちや黒田日銀総裁などの日銀幹部たちは、憲法破壊、職権乱用、国民資産横領、収賄、主権売渡、国政介入などの罪でとっくの昔に逮捕・起訴され、裁判で有罪判決を受けて刑務所に送られ全財産を没収されていただろう!

③日本の大手マスコミが行う『内閣支持率世論調査』は世論誘導の為に完全にねつ造されている!(山崎康彦)

NHKと共同通信など日本の大手マスコミが行う『内閣支持世論調査』は世論誘導の為に完全にねつ造されている。5年間にわたってこれほどの悪政と憲法破壊と民主主義破壊と国民資産横領を繰り返してきた安倍晋三内閣がなぜ『支持率46%』なのか?こんな数字はねつ造以外はあり得ない!(山崎康彦)

④日本の大手マスコミは『権力犯罪の共犯者ではなく主犯者』だ!(山崎康彦)

日本の大手マスコミは歴代自民党政権が犯してきた『権力犯罪』に加担した『共犯者』ではなく『権力犯罪の主犯者』そのものだ!

⑤この国では政治家や公務員や大企業経営者の『権力犯罪』は決して罰せられない!(山崎康彦)

北九州市若松区の小学校で一年生の男子生徒の顔をけって一時的に意識を失しなわせたほどの暴力をふるった教師が罷免もされず、逮捕もされず、書類送検で免罪された。この国は政治家や公務員や大企業経営者の『権力犯罪』は決して罰せられない『無法国家』なのだ!(山崎康彦)

⑤なぜ日本ではこの暴力教師の『権力犯罪』が免責・免罪されるのか?(山崎康彦)

なぜ警察はこの暴力教師を傷害・暴行容疑で逮捕しないのか?なぜ検察はこの教師を起訴して刑務所の送らないのか?なぜ教育委員会はこの教師を首にしないのか?なぜマスコミはこの教師の名前と顔写真を報道しないのか?なぜ生徒の保護者はこの暴力教師を警察・検察に告訴して徹底的に責任追及をしないのか?

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************

[2018/02/18 03:36] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNews】■【週間ブログ記事まとめ】2018年02月13日(火)-12月17日(土)
いつもお世話様です。  

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派ジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆一週間の「ブログ記事」をコラム【週間ブログ記事まとめ】にまとめてブログサイト【杉並からの情報発信です】と【杉並からの情報発信です2】にアップして配信します。

【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

*今回は2018年02月13日(火)-12月17日(土)に掲載した6本のブログ記事を以下にまとめました。

■【週間ブログ記事まとめ】2018年02月13日(火)-12月17日(土)

①2018.02.13(火) 日本語ブログ

■日本のマスコミが垂れ流す『大本営発表記事』と【YYNews】が配信する『真実記事』の違いはこれだ!

日本のマスコミは、戦前のマスコミの『大本営発表報道』と全く同じく、歴代自民党政権が『記者クラブ』で発表する情報を無批判にそのままたれ流して国民世論を自民党政権に有利な方向に誘導している。

戦前の日本のマスコミは、陸海軍統合最高司令部『大本営』が『記者クラブ』で発表した情報を無批判にそのまま垂れ流して国民を洗脳して、昭和天皇・裕仁と大日本帝国陸海軍が企画・実行したアジア・太平洋侵略戦争に国民を総動員して日本国民320万、アジア・太平洋諸国民5000万人を殺戮したのである。

戦後のマスコミは戦前のマスコミの過ちを再びくり返しているのだ!

すなわち戦後の日本のマスコミは今でも、米国支配階級が作った傀儡政党・自民党が独占する歴代自民党政権が『記者クラブ』で発表する情報をそのまま垂れ流して国民を洗脳して、米国支配階級が目論む侵略戦争と世界金融恐慌に日本国民を総動員させようとしているのだ。

以下に、『国の借金』に関して2018年2月9日に共同通信が配信し毎日新聞が報道した記事と、私が1月30日の放送【YYNewsLive】のメインテーマで取り上げ翌日1月31日にブログで配信した記事を転載します。

この二つの記事を読み比べれば、同じテーマで日本のマスコミが垂れ流す『大本営発表記事』と【YYNews】が配信する『真実記事』の本質的な違いがすぐにわかるだろう!

①日本のマスコミが垂れ流す『大本営発表記事』

■国の借金17年末1085兆円 1人当たり858万円

2018年2月9日 共同通信・毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00m/020/074000c

財務省は9日、国債と借入金、政府短期証券を合計した国の借金が2017年12月末時点で1085兆7537億円となり、過去最大を更新したと発表した。18年1月1日時点の総人口1億2659万人(総務省推計)で割ると、国民1人当たり約858万円の借金を抱えている計算になる。

17年9月末の1080兆4405億円から5兆3132億円増えた。社会保障費などを賄うため国債発行が膨らんだことや、超低金利の環境下で償還までの期間が長い国債を発行していることが影響した。政府は6月ごろに新たな財政健全化目標を策定する予定だが、財政再建への道のりは長い。(共同)

②【YYNews】が配信する『真実記事】

■なぜ日本の『国の借金(債務総額)』は増え続けるのか?日本の2016年『国の借金残高』 1053兆円は対GDP比230%で世界最悪である!

2018.01.31 ブログ『杉並からの情報発信です』

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/6c11aa66ddca794641ae781825d62bf2

【画像】各国の国内総生産(GDP)に対する債務総額の割合(%) (2015年,日本は2016年)

20180130債務対GDP縦棒線Spng

日本の2016年『国の借金残高(債務総額)』1053兆円は対GDP比230%で世界最悪である!

▲その最大の原因とは?

それは、米国支配階級が戦後日本に巧妙に埋め込んだ日本を100%植民地支配するための『支配と搾取の基本構造』があるからである。

すなわち、『支配と搾取の基本構造』とは米国支配階級は自ら作った傀儡政党・自民党に戦後日本の政治を独占させて『国の借金』を意図的に作り出すことで『その利益』を略奪し『そのツケ』を日本国民に負わせという『巧妙な仕組み』なのである。

その結果2016年度の日本の『国の借金』残高は、swissinfo.chの記事『財政規律 国の借金残高 スイスは経費削減で欧州の優等生』にあるように、国内総生産(GDP)の2.3倍に上る1053兆円となり世界一の『借金大国』となったのである。

歴代自民党政権は毎年約100兆円の各種国債(赤字国債、建設国債、財投債、政府保証短期証券、政府借入金)を発行し、すべてを内外の金融機関に引き受けさて年間約24兆円の『国債費』(そのうち約9兆円は利息)を金融機関に支払ってきた。

▲『国の借金』残高1053兆円の内訳は以下の通りである!

①赤字国債残高  524兆円 (毎年の赤字国債発行額30兆円-40兆円) 

→利益享受者:

国と地方の収入の55.5%を使って雇用される公務員と年間9兆円の利息を得るメガバンク
(金融機関)

②建設国債残高 250兆円 (毎年の建設国債発行額25兆円) 

→利益享受者:ゼネコン、電通などの広告代理店と大手マスコミ

③財投債(金融機関への融資財源用国債) 99.0兆円

→利益享受者:メガバンク(金融機関)

④政府保証短期証券(資金繰り) 116.8兆円

⑤政府借入金(銀行借入) 55.0兆円

→利益享受者:世界一高額な報酬を享受している国家公務員とメガバンク(金融機関)

⑥その他(原子力損害賠償。廃炉等支援機構国債4.2兆円など) 8.4兆円

→利益享受者:原発マフィア(東電などの発電・配電事業会社、ゼネコン、メガバンク、電通などの電通などの広告代理店と大手マスコミ

▲なぜ日本の『国の借金』は増え続けるのか?その第二の原因とは?

それは、本来『厳しい財政規律』を実施すべき機関が予算権を独占して毎年100兆円の国債を発行する同じ財務省であることだ。

財務省が常に言っている『財政再建』や『2022年度プライマリーバランス実現』などは国民をだます『全くの大嘘』だ。

▲なぜ日本の『国の借金』は増え続けるのか?その第三の原因とは?

それは、世界最悪の対GDP比の『国の借金』を抱える日本の根本問題について、日本の野党と野党政治家、経済学者や政治学者、マスコミや言論人、労働組合幹部や市民運動家が問題視しないために『歯止め』をかける国民運動が全く起こらなかったためである。

▲この問題の解決方法とは?

それは、予算権を財務省からはく奪して衆議院の予算委員会と新たに創設する議会予算局に全面的に移して『厳しい財政規律』を実行させることである。

そして『四つの信用創造』の一つである『国債発行権』を政府からはく奪して完全に廃止することである。

そうすれば『国の借金』はこれ以上増えることはなくなる。

そしてこれまでの『国の借金』の返済は国民がかぶるのではなく、衆議院に『特別調査委員会』を作り『特別検察官』を任命して1053兆円の『国の借金』を意図的に積み上げてきた歴代自民党政権の政治家と官僚と甘い汁を吸ってきた内外金融機関や内外の大企業の経営幹部をつき止めて彼らに『権力犯罪』の代償を払わせることである。

これらを実行するためには、従来の『偽装野党による政権交代』ではなく、米国支配階級が戦後日本に巧妙に埋め込んだ日本を100%植民地支配するための『支配と搾取の基本構造』を完全に解体する『市民革命運動』が必要であり『市民革命政権樹立』が不可欠である!

(終り)

②2018.02.14(水) 日本語ブログ

■なぜ名護市長選挙(2018年2月4日投開票)で稲嶺市長と辺野古米海兵隊基地建設反対派市民は3458票差で負けたのか?

結論から先に言うと、、稲嶺市長と辺野古米海兵隊建設反対派市民は安倍晋三自公ファシスト政権によるむき出しの『四つの国家権力犯罪』に負けたのが原因である。

一つ目の『国家権力犯罪』とは、中央政府=自公ファシスト政権が政府の政策に反対する自治体への交付金を勝手に停止したり減額できる現行制度である。

この制度こそが、日本の地方自治体を中央政府の支配下に置く最大の武器となっているのだ。

地方自治体の中央政府からの独立=地方分権を目指すならば、稲嶺市長と基地建設反対派市民はこの制度の完全廃止を求めて全国の自治体と連携して闘うべきであったのだが、このことを問題にすらした形跡がないのには驚いた。

二つ目の『国家権力犯罪』とは、『利権と特権』を独占する政権与党の自民党が企業や業界団体や宗教団体や労働組合や行政組織を対象に『利権と特権とカネ』を与えて見返りに自民推薦候補者に投票させる『組織選挙=買収選挙』である。

今回の市長選挙で『期日前投票者』が過去最大の2万1660人、前回2014年と比べて5825人も増えているのは、大規模な『組織選挙=買収選挙』が行われたことを示している。

三つ目の『国家権力犯罪』とは、自民党と連立を20年以上組んでいる憲法違反のカルト宗教組織・公明党=創価学会が公職選挙法に違反した『投票目的の名護移住』を実施したことだ。

以下の画像は私が作成した1986年から2018年までの名護市長選挙データーである。

20180214名護市長選データーSSSSSS

(注1) 名護市の新成人は毎年約700-800人また年間死亡者数は400-500人なので 年間300人、4年間で1200人の人口(有権者)が増加する。

このデーターを見ると、前回2014年の市長選と今回2018年の市長選の間4年間に名護市の有権者は2199人増えているが1200人の人口増を除くと外部からの流入有権者は999名となる。

この999人の『外部から流入有権者』のうち何人が創価学会関係者かどうかは今のところ不明だが、999人の居住実績と投票の有無を丹念に調べればわかるだろう。

居住実績がなく投票目的の移住は公職選挙法違反である。

第四の『国家権力犯罪』とは、戦後の日本の政治を独占してきた米国支配階級の傀儡政党・自民党は、選挙管理員会、各行政機関、警察、検察、裁判所、税務署など国家権力のすべてを支配下に置いており、国政選挙と地方選挙に於いてこれらの国家権力を総動員して野党政治家や反対派知事や反対派市長を粉砕してきたことである。

(終り)

③2018.02.15(木) 英日語ブログ

■(Revised Edition) "The 25 codes of conduct" of "The World Revolution Action Plan" formulated in 1774 by Meyer Amsher Rothschild ,founder of "Rothschild International Financial Mafia" are the keys to understanding the essence of the current world situation! (No 1)

■(加筆訂正版)『ロスチャイルド国際金融マフィア』の初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢の本質を理解する鍵となる!(No1)

【Image1】Meyer Amsher Rothschild ,founder of "Rothschild International Financial Mafia"

【画像1】『ロスチャイルド国際金融マフィア』初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

Meyer Amsher Rothschild gathered 12 influential Jewish people in the ghetto of Frankfurt Germany in 1774 at the age of 30 yeras old.

20161223マイヤーアムシェルロスチャイルドbis

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは30裁の1774年にドイツ・フランクフルトのゲットーに12名のユダヤ人の有力者を集めた.

The purpose of the secret meeting was twofold.

秘密会議の目的は二つあった。

The first aim was to create a secret society "Illuminati" in order to realize the teachings in the real world of the Jedaism Secret Scripture "Talmud" that they believed that "Jewish people elected by the God have to establishe the unified government in the worl to dominate the non-Jews people (Goim = livestock)".

一つ目の目的は、彼らが信奉するユダヤ教秘密経典『タルムード』の教え『神に選ばれた選民のユダヤ人が非ユダヤ人(ゴイム=家畜)を一元支配する世界統一政府を樹立する』を現実世界に実現するために秘密結社『イルミナティ』を創設することであった。

The second objective was to formulate the Code of Conduct for the secret society "Illuminati".

【Image2】 Symbol mark of "Illuminati"

【画像2】『イルミナティ』のシンボルマーク

20180215イルミナティシンボルマーク

二つ目の目的は、秘密結社『イルミナティ』の行動綱領を策定することであった。

Meyer Amsherl Rothschild and 12 Jewish influential figures founded a secret society "Illuminati" in 1774 and they formulated 25 Codes of Action of "The Wworld Revolution Action Plan."

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドと12人のユダヤ人有力者計は、1774年に秘密結社『イルミナティ』を創設し『世界革命行動計画』の行動規範25項目を策定したのである。』

The secret society "Illuminati" was officially launched on May 1 1776 two yearslater headed by Adam Weishaupt, professor of practical philosophyat Ingolstadt University.

秘密結社『イルミナティ』はインゴルシュタット大学の実践哲学教授アダム・ヴァイスハオプト教授を代表にして2年後の1776年5月1日に正式に発足させたのである。

It is said that the secret society "Illuminati" has gathered 2000 highest intelligence of the time including aristocrats, millionaires, politicians, intelligent class and so on.

【Image3】 Adam Weishaupt of "Illuminati"

【画像3】『イルミナティ』代表アダム・ヴァイスハオプト

20180215ヴァイスハウプト

秘密結社『イルミナティ』には、貴族、大富豪、政治家、インテリなど2000名にも上る当時最高の知性を集まったといわれている。

But Bavarian Emperor Bavariael banned and dissolved In 1784 the "Illuminati" because of their extreme thought.

しかしバイエルン選帝侯は1784年あまりにも過激な思想を持つ『イルミナティ』を禁止して解散させたのである。

To survive "Illuminati",Adam Weiss Haopt ordered all members of "Illuminati" to join the same secret society "Freemasonry" to take its real power.

ヴァイスハオプト代表は『イルミナティ』を存続するために『イルミナティ』の全会員に対して同じ秘密結社である『フリーメイソン』に入会してその実権を奪取するように命令したのである。

【Image4】Symbol mark of "Freemasonry"

【画像4】『フリーメイソン』のシンボルマーク

20180215フリーメーソンのシンボSSS

▲Why are the Illuminati's 25 Codes of Action of "The World Revolution Action Plan" the keys to understanding the essence of the current world situation?

なぜ秘密結社『イルミナティ』の『世界革命行動計画』行動規範25項目』が今の世界情勢の本質を理解する鍵となるのか?

Becaus when we carefully read each of 25 Codes of Action of "The World Revolutionary Action Plan", we will be able to understand well how the secret society "Illuminati" has acted during nearly 250 years in order to realize in the real world the teachings of the Judaism secret scripture "Talmud" by establishing the world unified government.

それはこの『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』の一つ一つを精読すると、秘密結社『イルミナティ』が現在まで250年近くかけてユダヤ教秘密経典『タルムード』の教えを現実世界に実現するために『世界統一政府樹立』に向けてどのように行動してきたかがよくわかるからだ!

▲the 25 Codes of Action of "Illuminati World Revolutionary Action Plan』of "

『イルミナティ世界革命行動計画』行動規範25項目』

1.The best result is obtained by appealing to violence and terrorism to rule humans. Power exists in power.

人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。権力は力の中に存在している。

【Explanation by Yamazaki】: Terrorism is executed not for power center but always for unprotected ordinary citizens. Because its purpose is to plant ordinary citizens with fear of terrorism (violence) and to stop thinking.

【解説山崎】:テロは権力中枢ではなく常に無防備の一般市民を対象に実行される。なぜならばその目的が一般市民にテロ(暴力)の恐怖を植え付け思考停止させるためだからだ。
2.It is enough to preach "liberalism" to take over political power. Then the voters will give up their power for one thought and we gather the abandoned powers and privileges and put them in our hand.

政治権力を奪取するには 「リベラリズム」を説くだけで十分である。そうすれば有権者は一つの思想のために自らの力、権力を手放すことになり、その放棄された力、特権をかき集めて
 手中に収めればいい。

【Explanation by Yamazaki】: The "French Revolution" in 1789 was succeeded by the general participation of ordinary public because it raised "noble ideas, suchas "freedom", "equality" and "Benevolence" that all people agree.

【解説山崎】:1789年の『フランス革命』は万人が賛同する崇高な理念である「自由」「平等」「博愛」を掲げたために一般民衆が参加して成功したのである。

【Image5】The symbol of "Illuminati" is printed on center top of the "French Human Rights Declaration" which describes the basic principles of the French Revolution consisting of 17 Article such as human freedom and equality, democratic rights of the people, freedom of speech, division of three powers, sacredness of ownership etc.

【画像e5】人間の自由と平等、人民主権、言論の自由、三権分立、所有権の神聖など17条からなるフランス革命の基本原則を記した『フランス人権宣言』には『イルミナティ』のシンボルマークが印刷されている。

20180215フランス人権宣言のマークSS

3.The public does not know how to enjoy freedom. If you use the idea of "freedom" it is also possible to create "class struggle".

大衆はどのようにして自由を享受すればいいのかわからない。「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさ せる事も可能だ。

[Explanation by Yamazaki]: Karl Marx's "Communist Revolution" raised "abolition of private property" in order to become "free" from the "exploitation of workersby the capitalists, but if the leaders of the "Communist Revolution" are monopolized by the members of "Illuminati",all private property once abolished by the people would be held in theie hands.

【解説山崎】:マルクスの「共産主義革命」は資本家階級による「労働者の搾取」から「自由」になるために「私有財産の廃止」を掲げたが、もしも「共産主義革命」指導部がユ『イルミナティ』のメンバーが独占していたら、大衆が放棄した私有財産のすべては彼らの手に握られることになる。

【Image6】Soviet government committees were monopolized by Jews!

【画像6】 ソ連政府各委員会はユダヤ人が独占!

20180215ソ連政府ユダヤ人SS

【Image7】 Lenin and other Russian revolutionary leaders had Russian names and Jewish real names!

【画像7】 レーニンをはじめとするロシア革命指導者はロシア名とユダヤ人の本名を持っていた!

20180215ロシア革命ユダヤ人SS

4.In order to reach the final goal, we can justify all kinds of means. Honorablequalities as citizens such as frankness and honesty will interfere with politics, so those who try to become rulers must appeal to cunning and deception.

最終目標に到達するためには、ありとあらゆる手段を正当化出来る。率直さや正直さといった国民としての立派な資質は政治に支障をきたすから、支配者となろうとする者は狡賢さ、欺瞞に訴えなければならない。

[Explanation by Yamazaki]: Here is the source of the badness of all LDP politicians, including Prime Minister Shinzo Abe.

【解説山崎】:安倍晋三首相をはじめとするすべての自民党の政治家たちの悪辣さの源流はまさにここにある。

5.Our rights lie in power. The new right we are finding is the right to attack by the rights of the strong, the right to crush all the existing orderand discipline and the right to reconstruct all existing systems.

我々の権利は力の中にある。我々が見出している新たな権利とは、強者の権利によって攻撃する権利であり、既存の秩序、規 律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する権  利である。

【Explanation by Yamazaki】: Looking at the violence of the "French Revolution", "Russian Revolution" and "Japan's Meiji Restoration" led by the world's ruling class "Illuminati", it is easy to understand that it has aimed to "crush all existing order and discipline and to reconstruct all the institutions!.

【解説山崎】:世界支配階級『イルミナティ』が主導した「フランス革命」や「ロシア革命」や「日本の明治維新」の暴力性を見れば、「既存の秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する」ためであったのがよくわかる

* (to be followed by No2)

(以下はNo2に続く)

④2018.02.16(金) 日本語ブログ

■(改題加筆訂正版)2008年7月の米連邦最高裁判決『米国憲法修正第2条は銃の個人所有を認めている』は秘密結社『イルミナティ』最高幹部ブッシュ大統領と米連邦最高裁判事による『謀略』だった!

米国でまたしても銃器を使っての『無差別大量殺人』が起こった!
__________________________________

▲フロリダの高校で乱射、生徒ら17人死亡 元在校生の男拘束

2018年2月15日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3162472?pid=19822007
__________________________________

米国民は、米国フロリダ州の高校で退学処分を受けた19歳の青年が半自動小銃を乱射して17名を殺し多数を負傷させた今回の事件が、米国憲法が『個人の武器所有』を認めていると信じ込まされ3億丁の武器で武装した米国民同士で殺し合うように仕組まれた『巧妙な謀略』の結果だという事に早く気づくべきである!

そして米国民は、この『巧妙な謀略』を仕組んだ『世界支配階級』=『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金マフィア』=秘密結社『イルミナティ』を全面的に解体する戦いに決起すべきなのだ!

私はこの米国が抱える深刻な問題を今年1月26日放送の【YYNewsLive】のメインテーマで取り上げ、翌日1月27日にブログ記事「『米国憲法修正第2条』で『銃の個人所有が保障される』という2008年7月の米連邦最高裁判決は『米支配階級による大謀略』であり米国民は騙されていけない!」にまとめて広く配信しました。

この中ブログ記事の中で、米国憲法が『個人の武器所有を認めている』と米国民が信じ込まされている最大の根拠である2008年7月の米連邦最高裁判決は、当時のネオコン戦争派ブッシュ大統領が任期の最後の時期に任命権を持つ9名の連邦最高裁判事に命じて『米国憲法修正第2条は銃の個人所有を認めている』との判決を出させた『謀略判決』であったことを暴露しました。

『米国憲法修正第2条』の正しい解釈は「規律ある民兵は自由な州の安全にとって必要であるから人民が武器を保有しまた携帯する権利はこれを侵してはならない」であり、

すなわち、『米国憲法修正第2条』の本来の意味は強大な軍事力を持つ連邦政府の連邦軍に対抗して、州の安全の為に『規律ある州兵が必要であり州兵の武装を認める』という意味であり『個人の武装を認める』という意味では全くないのである。

ネオコン戦争派ブッシュ大統領は当然ながら『世界統一政府樹立』を秘密裏にもくろむ秘密結社『イルミナティ』の最高幹部の一人である、

【画像1】秘密結社『イルミナティ・悪魔手信号』

20180216悪魔イルミナティの手信号S

【画像2】ブッシュ大統領の『イルミナティ・悪魔手信号』例1

20180216ブッシュSS

【画像3】ブッシュ大統領の『イルミナティ・悪魔手信号』例2

20180216悪魔崇拝10ブッシュSS

ブッシュ大統領が2008年7月に米連邦最高裁判事に命じて『米国憲法修正第2条は銃の個人所有を認めている』との判決を出させたのは、『世界支配階級』=『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金マフィア』の初代マイヤー・アムシェル・ロスチャルドが1774年に秘密結社『イルミナティ』を設立しその行動計画書『ユダヤ世界革命行動計画25項目』の第22項目の『行動規範』に忠実に従った行動だったのである。

▲『ロスチャイルド世界革命行動計画25項目』第22項目の『行動規範』

最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士  と、プロレタリアートの大衆が残ればいい。ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武 器 増強が開始されなければならない。

▲以下にブログ記事を再掲しますので是非お読みください!
____________________________________

■『米国憲法修正第2条』で『銃の個人所有が保障される』という2008年7月の米連邦最高裁判決は『米支配階級による大謀略』であり米国民は騙されていけない!

2018.01.27 ブログッ【杉並からの情報発信です】

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/8d799b94105716df49fffe4076415e54

米国では毎年20,000以上が銃で自殺し、13,000人以上が銃で殺され、銃乱射で無防備の市民が一度に数十人殺されても「銃規制」や「銃所持禁止」が一向に実現しないのはなぜなのか?

それは、米国憲法修正第2条で『銃の個人所有が保障されている』という2008年7月の米連邦最高裁判決が出されたからである。

『米国憲法修正第2条』とは何か?
_______________________________________________________________________________

▲『米国憲法修正第2条』英語原文

A well regulated militia, being necessary to the security of a free state, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.

▲『米国憲法修正第2条』の正しい解釈:

規律ある民兵は、自由な州の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利はこれを侵してはならない。

▲『米国憲法修正第2条』の従来の誤った解釈:

『規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。

▲その理由:

上記英語原文の「a freestate」の意味は「自由な国家」ではなく、独立当初の13州の一つ一つの州を意味する「自由な州」である。

もしも「free state」が「自由な国家」を意味するのであれば、英語原文は「a free

state」ではなく「the free State」となるはずである。
_______________________________________________________________________________

すなわち『米国憲法修正第2条』は、『国家の軍である連邦軍』に対して『州の安全』の為に各州が武装した『規律ある民兵軍』を持つことを認めた条文であり、決して『国民個人の武器所有』を認めたものではないのだ。

これを『米国憲法修正第2条』の『集団的権利説』という。

これにたいして、『米国憲法修正第2条』は『銃の個人所有を認めている』と主張する強力な勢力があったのだ。

この説を『米国憲法修正第2条』の『個人的権利説』という。

この説を唱えたのは、言うまでもなく莫大な利益が保証される銃器メーカーであり、彼らの利益団体である『全米ライフル協会』であり、多額の政治献金や賄賂で買収された共和党と民主党の政治家たちであり国防総省や国務省などの官僚たちやマスコミ、言論人たちであった。

そして、『米国憲法修正第2条』の『集団的権利説』と『個人的権利説』に最終的な決着をつけたのが、ネオコン戦争派のブッシュが大統領であった。

彼は8年の大統領任期の最後の年2008年の7月に任命権を持つ9名の連邦最高裁判事に命じて、銃の個人所有を認める『個人的権利説』の判決を出させたのである。

これこそは、米国で日常茶飯事となっている米支配階級による『陰謀』』謀略』の最たるものである。

米国民よ!米支配階級によるこの『大謀略』に騙されてはいけないのだ!

米国民よ!2008年7月の米連邦最高裁の『個人的権利説』判決は『無効』であることを主張せよ!

米国民よ!米連邦最高裁判決に対して再審を請求して『集団的権利説』の判決を勝ち取れ!

米国民よ!「銃の個人所持禁止」「銃器メーカー解体」「軍産複合体・ネオコン戦争派解体」の闘いに立ち上がれ!

米国民よ!国民が選挙で直接えらぶ『本当の憲法の番人』=『独立した憲法裁判所』の創設を実現せよ!
_______________________________________

(ブログ記事再掲終り)

(終り)

⑤2018.02.17(土) 日本語ブログ

■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢や歴史の本質を理解する鍵となる!

今回は第6項目-第10項目を取り上げます!

No6.我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、表面化しないよう保たれなければならない。戦略計画の基本路線から逸れることは何世紀にも及ぶ営為を無にする危険がある。

【解説山崎】世界各国で『世界支配階級』=『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』=秘密結社『イルミナティ』による『支配と搾取の基本構造】が巧妙に隠されて各国の国民民に『意識化されない』のはまさにこの『表面化しない』行動規範によるのだ。 その結果以下の質問に正確に答えられる人は殆どいないのだ!

『世界支配階級』とは誰なのか?

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』とは誰なのか?

秘密結社『イルミナティ』とは誰なのか?

No7.群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。

【解説山崎】

現代世界に於いて『群集心理を利用して大衆を支配する』最大の武器は、①テロと戦争による恐怖、②宗教による洗脳、③教育による洗脳、③マスコミによる洗脳だろう。

その意味で、我々の闘いは『反戦平和』であり、『宗教と教育とマスコミによる洗脳禁止』の運動だろう。

No8.酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。賄賂もペテン
も裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

【解説山崎】

『酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を利用して諸国家の若者の道徳心を低下させる』というこの行動規範の目的は、若者が政治や社会や平和や差別や不平等や貧困に関心が向かないようにして彼らの最終目的『世界統一政府樹立』実現の邪魔をさせないためである。

No9.そうすることで服従と主権を確保出来るなら、何
がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分たちにはある。

【解説山崎】

この行動規範は『神に選ばれた選民であるユダヤ人は非ユダヤ人のゴイム(家畜)の生命や財産を奪う当然の権利がある』というユダヤ教秘密経典『タルムード』の教えからきている。

No10.我々は「自由・平等・博愛」という言葉を民衆に教え込んだ最初の民族である。ゴイムは難解さゆえにこの言葉の意味とその相互関係の対立に気付くことさえない。ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。それは我々の拠り所、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

【解説山崎】

秘密結社『イルミナティ』が主導した『フランス革命』が成功したのは、万人が賛同する「自由・平等・博愛」という崇高な理念を掲げて一般民衆を動員したからである。

『米国の独立戦争』で秘密結社『イルミナティ』が支援した北軍が勝利できたのは、万人が賛同する「奴隷解放」という崇高な離縁を掲げたからである。

『日本の明治維新』で秘密結社『イルミナティ』が支援した薩長土肥の反幕連合軍が江戸幕府を武力で打倒できたのは、「封建身分制度の廃止」という崇高な理念を掲げて下級武士や被差別部落民の決死の力を結集したからである。

(No2終わり)


*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx5.alpha-web.ne.jp
*************************
[2018/02/18 02:15] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢や歴史の本質を理解する鍵となる!
いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日金曜日(2018.02.16)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2489】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】

【今日のブログ記事】

■(No2)マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが1774年に策定した『世界革命行動計画』の『行動規範25項目』は今の世界情勢や歴史の本質を理解する鍵となる!

今回は第6項目-第10項目を取り上げます!

No6.我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、表面化しないよう保たれなければならない。戦略計画の基本路線から逸れることは何世紀にも及ぶ営為を無にする危険がある。

【解説山崎】世界各国で『世界支配階級』=『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』=秘密結社『イルミナティ』による『支配と搾取の基本構造】が巧妙に隠されて各国の国民民に『意識化されない』のはまさにこの『表面化しない』行動規範によるのだ。 その結果以下の質問に正確に答えられる人は殆どいないのだ!

『世界支配階級』とは誰なのか?

『改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィア』とは誰なのか?

秘密結社『イルミナティ』とは誰なのか?

No7.群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。

【解説山崎】

現代世界に於いて『群集心理を利用して大衆を支配する』最大の武器は、①テロと戦争による恐怖、②宗教による洗脳、③教育による洗脳、③マスコミによる洗脳だろう。

その意味で、我々の闘いは『反戦平和』であり、『宗教と教育とマスコミによる洗脳禁止』の運動だろう。

No8.酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。賄賂もペテン
も裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

【解説山崎】

『酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を利用して諸国家の若者の道徳心を低下させる』というこの行動規範の目的は、若者が政治や社会や平和や差別や不平等や貧困に関心が向かないようにして彼らの最終目的『世界統一政府樹立』実現の邪魔をさせないためである。

No9.そうすることで服従と主権を確保出来るなら、何
がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分たちにはある。

【解説山崎】

この行動規範は『神に選ばれた選民であるユダヤ人は非ユダヤ人のゴイム(家畜)の生命や財産を奪う当然の権利がある』というユダヤ教秘密経典『タルムード』の教えからきている。

No10.我々は「自由・平等・博愛」という言葉を民衆に教え込んだ最初の民族である。ゴイムは難解さゆえにこの言葉の意味とその相互関係の対立に気付くことさえない。ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。それは我々の拠り所、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

【解説山崎】

秘密結社『イルミナティ』が主導した『フランス革命』が成功したのは、万人が賛同する「自由・平等・博愛」という崇高な理念を掲げて一般民衆を動員したからである。

『米国の独立戦争』で秘密結社『イルミナティ』が支援した北軍が勝利できたのは、万人が賛同する「奴隷解放」という崇高な離縁を掲げたからである。

『日本の明治維新』で秘密結社『イルミナティ』が支援した薩長土肥の反幕連合軍が江戸幕府を武力で打倒できたのは、「封建身分制度の廃止」という崇高な理念を掲げて下級武士や被差別部落民の決死の力を結集したからである。

(No2終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2018/02/17 09:06] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>