プロフィール

YYNews

Author:YYNews
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【英日語放送】■It is always the ordnary people・・・戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画・実行し巨額の利益を得る世界支配階級は誰も死なない!
Hello Everyone!

みなさん こんばんは!

Thank you very much for your kind attention to my English-Japanese broadcast form Japan.

日本からの英日語放送を視聴していただきありがとうございます。

We are now Wednesday the 16 August 2017 at 9:40 PM in local time.

今日は2017年8月16日水曜日日本時間で午後9時40分です。

My name is Yasuhiko Yamazaki.

山崎康彦と申します。

I am a japanese independent journalist based on internet media.

私は独立系のネットジャーナリストです。

I am also a political and social activist.

同時に私は政治&社会運動の活動家です。

I am broadcasting everyday in Japanese 【YYNewsLive】 except Saturday and Wednesday at 8:30 p.m. in local time for more than 5 years.

私は日本語放送【YYNewsLive】を土曜日と水曜日を除く毎日午後8時半から配信しすでに5年以上になります。

Approximately 500-1000 people are watching each time.

毎回約500-1000名の方が視聴されています。
                                    
I started English broadcast biweekly on Wednesday night from the 7th October 2015 in order to talk directly to 1.4billions of English speakers around the world to let them know the hidden and unknown truths on Japan and the world.

私は隔週水曜日夜に英日語放送を2015年10月7日からを開始、日本と世界の隠され知らざる真実を世界14億人の英語圏の人々に直接伝える放送をしています。

【Video】 59M47s

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/395786630

【the principal subject of today】

今日のメインテーマ

■It is always the ordinary people who are killed and who kill the people in the wars!No one of the world ruling class who plans,executes the war
and who gains huge profits from the war dies !

戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画・実行し巨額の利益を得る世界支配階級は誰も死なない!

In our civic life, the killings and violence of others, the invasion of others' house, the looting of the land and possessions of others, the
destruction of personal dignity and freedom and the infringement of basic human rights are prohibited.

我々の市民生活では、他人の殺害や暴力、他人の家への侵入、他人の土地や所有物の略奪、個人の尊厳と自由の破壊や基本的人権の侵害はすべて禁止されている。

If you commit these norms,you are subject to heavy criminal penalties.

もしもそれらの規範を犯した場合は重い刑事罰が課せられる。

However, once a war is commenced, the killing and violence of the enemy, the invasion of the enemy country, the plundering of the land and possessions of the enemy, the destruction of personal dignity and freedom of the enemy,and the infringement of the fundamental human rights of the enemy are all permitted,legalized,encouraged.

しかし、いったん戦争が始まると、敵国人の殺害や暴力、敵国の侵略、敵国人の土地や所有物の略奪、敵の個人の尊厳や自由の破壊、敵の基本的人権の侵害は、すべて許され、合法化され、奨励される。

What is this all about?

これは一体どういうことなのか?

Why will "the norm of civic life" be denied and become the opposite norm "the norm of war" at the moment when the war was declared ?

なぜ市民生活の『市民生活の規範』が、戦争が宣言された瞬間から真逆の『戦争の規範』になってしまうのか?

That is because "the World Ruling Class" who designates enemies, declares the war and starts the war deliberately causes a "shocking event" by which "the norm of civic live" will be reversed to "the norm of war".

それは、敵を指定し、戦争を宣言し、戦争を開始する『世界支配階級』が、『規範』が逆転するような『ショッキングな出来事』を意図的に引き起こすからである。


"The shocking event" launched by "the world ruling class" will lead the people's exacerbation and hostility to the enemy countries and the enemy people at once and will lead the whole nation to the war.

『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』によって、国民の増悪と敵意が一挙に敵国と敵国の人間に向かい全国民を戦争に誘導するのだ。

As a result, "the norm of civic life" is reversed to "the norm of war".

その結果『市民生活の規範』が『戦争の規範』に逆転するのだ。

▲ the example 1 of "the chocking event" launched by "the world ruling class"

『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』の例1

それは、米国が日本との太平洋戦争に参戦するきっかけとなった1941年12月8日の日本の連合艦隊による米国ハワイ真珠湾の米海軍基地への奇襲攻撃である。

It was the surprise attack on the US Navy Base Pearl Harbor in Hawaii by the Allied Fleet of Japanese Navy on December 8, 1941 which has created a chance to the United States to participate in the Pacific War with Japan.

日本軍は米海軍戦艦を破壊し3000名以上の米軍将兵を殺した.

Japanese Navy destroyed the US battleships and killed more than 3000 US officers and soldiers.

This was a plot of US President Roosevelt and the US ruling class who had induced Japan to make a surprise attack to the US Naval Base Pearl Harbor in Hawaii in order to reverse public opinion against the war at that time.

これは当時戦争反対の世論を逆転させるためにルーズベルト米大統領と米国支配階級が日本にわざと奇襲攻撃させた謀略だったのだ。

▲ the example 2 of "the shocking event" launched by "the world ruling class"

『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』の例2

It was "the simultaneous terrorism in the United States" that is said that the Islamic extremist group of "Al Qaeda" has occurred on September
11, 2001.

それは、2001年9月11日にイスラム過激派テロ組織『アルカイダ』が起こしたとされる『米国同時テロ』である。

It was told that the two high-rise buildings in the New York International Trade Center were completely collapsed and about 3,000 civil were killed by the crash of 2 air-crafts conducted by the islamic terrorists.

ニューヨーク国際貿易センター高層ビル2棟にイスラムのテロリストが2機の旅客機を激突させビルは完全に崩壊して3000名が殺されたと言われるテロ攻撃である。。

However, it was not the Islamic extremist group terror organization "Al Qaeda" that has organized and executed this terrorist attack.

しかしこのテロ攻撃を企画・実行したのはイスラム過激派テロ組織『アルカイダ』ではなかった。

It was planned and executed by the top leaders of the the American government such as President Bush, Vice President Cheney and Secretary of Defense Rumsfeld of the US military-industry complex・Neo-con war school members in corporation with American CIA,English MI5 and Mosad of Israel.

それは、米軍産複合体・ネオコン戦争派のブッシュ大統領、チェイニ―副大統領、ラムズフェルド国防長官など当時の米政権のトップリーダーが米CIA,英MI6,イスラエルモサドのの協力で計画・実行したのである。

The US Army invaded Afghanistan only two weeks after the attack and collapsed Taliban regime saying that Taliban has hidden AL-Qaeda.

米国は、タリバン政権がアルカイダが匿っていると言ってこのテロの僅か二週間後にアフガニスタンを侵略してタリバン政権を崩壊させた。

And in two years later in March 2003 the US Army invaded Iraq and crushed Saddam Hussein regime and executed him by lying that Saddam Hussein would be trying to use weapons of mass destruction.

そして2年後の2003年3月、米軍は大量破壊兵器を使用しようとしていると嘘の理由でイラクを侵略してフセイン政権を崩壊させフセイン大統領を処刑したのだ。

▲Here are the most important things for us to do!

我々がすべき一番重要なこと!

We must understand that our civic live will be realized by "the norm of civic life" and that it will be destroyed by "the norm of war".

平和な市民生活は、『市民生活の規範』によって実現されるのであり『戦争の規範』では破壊される事を理解することである。

We must not be fooled by "the shocking events" launched by the world ruling class to mobilize the people to the was and to reverse "the norm of civic life" to "the norm of war".

世界支配階級が仕掛ける国民を戦争に動員し『市民生活の規範』を『戦争の規範』に逆転させる目的の『ショッキングな出来事』に騙されないことである。

We must firmly refuse "the norm of war" if the government forces it.

政府が『戦争の規範』を強制したら断固として拒否することである。

▲ the concrete things for us to do!
 
我々がすべきこと具体的なこと!

① to observe "the norm of civic life" and to refuse "the norm of war".

『市民生活の規範』を守り『戦争の規範』を拒否すること。

② to refuse the mobilization and the cooperation for wra.

戦争動員や戦争協力を拒否すること。

③ to refuse the conscription of war.

徴兵を拒否すること。

④ not to work in the military manufacturing and the military enterprises.

軍需企業や軍事企業で働かないこと。

⑤ to refuse the military education who drives war

戦争を煽る軍国教育を拒否すること。

⑥ to reject the announcements of media who drives war

戦争を煽るメディアの報道を拒否すること。

⑦ to reject all activities of the war-cooperating private organizations who drive the war such as the cult religions, the patriotic youth
associations, the patriotic women's associations ans the neighborhood groups).

戦争を煽る戦争協力の民間組織(カルト教団、愛国青年団、愛国婦人会、隣組など)の活動を拒否すること。

In the wars so far, the ordinary people who were deceived by "the shocking event" structured by the world ruling class have abandoned "the norm of civic life" and have accepted "the norm of war".

これまでの戦争では、世界支配階級が仕組んだ『ショッキングな出来事』に騙された一般庶民が『市民生活の規範』を放棄して『戦争の規範』を受け入れたのだ。

As the result, the ordinary citizens have cooperated with the war and they have been mobilized in the war,they have killed the enemy and they have been killed.

その結果一般市民は、戦争に協力し、戦争に動員され、敵国民を殺し、自分たちも殺されてきたのだ。

All the war dead of the war so far were of the ordinary people and no one of the ruling classes dies!

これまでの戦争の戦死者は全員一般庶民であり、支配階級は誰も死なないのだ。

▲List of the total numbers of dead in the main wars! (All deaths are of the ordinary people)

これまでの主な戦争の死者数!(死者は全員一般庶民である)

① The World War I (1914-1918)

第一次世界大戦(1914-1918)

total dead : about 27 million people

戦死者:約2,700万人

② the World War II (Nazi Hitler's Europe, Soviet Union, North African Aggression Wars) (1939-1945)

第二次世界大戦(ナチス・ヒットラーによるヨーロッパ・ソ連・北アフリカ侵略戦争)(1939-1945)

total dead : about 50-80 million people

戦死者:5,000万-8,000万人

③ Asia-Pacific Aggression wars by Emperor Hirohito of Showa (1932-1945)

昭和天皇によるアジア・太平洋侵略戦争(大東亜戦争)(1932-1945)

total dead : about 50 million people

戦死者:5,000万人

④ Air Raids by US Army in Japan (end 1944-August 1945)

米軍による日本空襲(1944年末-1945年8月)

total dead: about 1 million people in over 200 cities

死者数 :100万人(200以上の都市)

⑤ Atomic bomb attacks in Hiroshima and Nagasaki by US Army

米国による広島、長崎原爆投下

total dead in Hiroshima :about 200,000 people (cumulative number of 5 years after the bombing)

広島:約20万人(被爆後5年間)

total dead in Nagasaki : about 140,000 people (cumulative number 5 years after the bombing)

長崎:約14万人(被爆後5年間)

⑥ Korean War (1950-1953)

朝鮮戦争(1950-1953)

total dead : about 4 million - 5 million people

戦死者:全体で400万人-500万人

(2.5 million people dead on the North Korean side, 1.33 million people dead on the South Korean side )

(北朝鮮側の死者250万人、韓国側は133万)

⑦ Vietnam War (1960-1975)

ベトナム戦争(1960-1975)

total dead : 8.2 million people

戦死者:820万人

South Vietnam side 3.35 million people

南ベトナム側 335万人

North Vietnam side 4.78 million people

北ベトナム側 478万人

US military and others: 70 thousand people

米軍他:7万人

⑧ Iran-Iraq War (1980-1988)

イラン・イラク戦争(1980-1988)

all dead : about 1 million people on both sides

戦死者:双方で約100万人

⑨ Gulf War (1990-1991)

湾岸戦争(1990-1991)

all dead : about 100,000-150,000 people

戦死者:約 10-15万人

⑩ Afghanistan Invasion war by US Army and allied Armies (2001-)

米国によるアフガニスタン侵略戦争(2001-)

all dead : about 500,000 people

戦死者:約50万人

⑪ Iraq Invasion war by US Army and allied Armies (2003-)

米国によるイラク侵略戦争(2003-)

all dead : about 1 million people

戦死者:約100万人

⑫ Anti-Terrorism Wars (Islamic State) by US Army and allied Armies (2013-)

米軍と有志連合軍による対テロ戦争(イスラム国) (2013-)

all dead : about 500,000 people

戦死者:約50万人

(end)

(終り)

******************************
【Informations From Suginami】 【YYNews YYNewsLive】
Yasuhiko Yamazaki
e-mail: yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
***************************

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************














スポンサーサイト
[2017/08/17 00:23] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■(加筆訂正版)戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画・実行する世界支配階級は誰も死なない!
いつもお世話様です。                         

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。
    
昨日火曜日(2017.08.15)に放送しました【YYNewsLiveNo2345】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 46分08秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/395511983

【今日のブログ記事】

■(加筆訂正版)戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画・実行する世界支配階級は誰も死なない!

我々の市民生活では、他人の殺害や暴力、他人の家への侵入、他人の土地や所有物の略奪、個人の尊厳や自由や基本的人権の侵害はすべて禁止されている。

もしもそれらの規範を犯した場合は重い刑事罰が課せられる。

しかし、いったん他国との戦争が開始された場合には、敵国人の殺害や暴力他、敵国への侵略、、敵国人の土地や所有物の略奪、敵国人の尊厳や自由や基本的人権の侵害はすべて許され、合法化され、奨励され、英雄視される。

これは一体どういうことなのか?

なぜ市民生活の『市民生活の規範』が、戦争が宣言された瞬間から、『市民生活の規範』が全否定され真逆の『戦争の規範』になってしまうのか?

それは、敵を指定し、戦争を宣言し、戦争を開始する『世界支配階級』は、『規範』が逆転するような『ショッキングな出来事』を意図的に引き起こすからである。

『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』によって、国民の増悪と敵意が一挙に敵国と敵国の人間に向かい、全国民を戦争に誘導するのだ。

その結果『市民生活の規範』が『戦争の規範』に逆転するのだ。

▲『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』の例1

米国が日本との太平洋戦争に参戦するきっかけとなったのは、1941年12月8日に日本の連合艦隊による米国ハワイ真珠湾の米海軍基地への奇襲攻撃である。

日本は米海軍戦艦を破壊し3000名以上の米軍将兵を殺したが、これは当時戦争反対の世論を逆転させるためにルーズベルト米大統領と米国支配階級が日本にわざと奇襲攻撃させた謀略だったのだ。

▲『世界支配階級』が仕掛ける『ショッキングな出来事』の例2

2001年9月11日にイスラム過激派テロ組織『アルカイダ』が起こしたとされる『米国同時テロ』である。

このテロ攻撃で2機の旅客機が激突したニューヨーク国際貿易センター高層ビル2棟は完全に崩壊し3000名の犠牲者を出したが、このテロを企画・実行したのはイスラム過激派テロ組織『アルカイダ』ではなく、ブッシュ大統領、チェイニ―副大統領、ラムズフェルド国防長官など当時の米政権を支配していた米軍産複合体・ネオコン戦争派と米・英・イスラエルの諜報部隊であった。

米国は、このテロを口実にして二週間後にアルカイダを匿っているとの理由でアフガニスタンを侵略してタリバン政権を崩壊させた。そして2年後の2003年3月には大量破壊兵器を所有し使用しようとしていると嘘の理由でイラクを侵略してフセイン政権を崩壊させフセイン大統領を処刑したのだ。

ここで一番重要なことは、平和な市民生活は『市民生活の規範』があって初めて実現するものであり、世界支配階級が仕掛ける国民を戦争に動員し『市民生活の規範』を『戦争の規範』に逆転する目的の『ショッキングな出来事』に騙されないことである。

ここで一番重要なことは、我々の唯一の規範は『市民生活の規範』であり決して『戦争の規範』ではないこと、そして政府や国が『戦争の規範』を強制したら断固として拒否し、以下の事をすべきなのだ。

①『市民生活の規範』を守り『戦争の規範』を拒否する。

②戦争動員、戦争協力を拒否する!

③徴兵を拒否する!

④兵器製造企業、軍需企業、軍事企業で働かない!

⑤戦争を煽る軍国教育を拒否する。

⑥戦争を煽るメデイァの大本営発表報道を拒否する。

⑦戦争を煽る組織(カルト教団、愛国青年団、愛国婦人会、隣組など)を拒否する。

これまでの戦争は世界支配階級が仕組んだ『ショッキングな出来事』に騙された一般庶民が『市民生活の規範』を放棄し『戦争の規範』を受け入れた結果、戦争に協力し、戦争に動員され、敵国民を殺し、自分たちも殺されてきたのだ。

これまでの戦争の戦死者は全員一般庶民であり、支配階級は誰も死なないのだ。

▲これまでの主な戦争の死者数!全員が一般庶民だ!

①第一次世界大戦(1914-1918)

戦死者:約2,700万人

②第二次世界大戦(ナチス・ヒットラーによるヨーロッパ・ソ連・北アフリカ侵略戦争)
(1939-1945)

戦死者:5,000万-8,000万人

民間人の被害者数:3800万-5500万(飢饉病気によるものは1300万-2000万)

軍人の被害者数:2200万-2500万(捕虜としての死者数も含む)

③昭和天皇によるアジア・太平洋侵略戦争(大東亜戦争)(1932-1945)

戦死者:5,000万人

④米国による日本空襲(1944年末-1945年8月)

死者数:100万人(200以上の都市)

⑤米国による広島、長崎原爆投下

広島:約20万人(被爆後5年間)

長崎:約14万人(被爆後5年間)

⑥朝鮮戦争(1950-1953)

戦死者:全体で400万人-500万人

北朝鮮側の死者250万人、韓国側は133万人大多数が一般市民

⑦ベトナム戦争(1960-1975)

戦死者:820万人

南ベトナム側 335万人

北ベトナム側 478万人

米軍他:7万人

⑧イラン・イラク戦争(1980-1988)

戦死者:双方で約100万人

⑨湾岸戦争(1990-1991)

戦死者:10-15万人

⑩米国によるアフガニスタン侵略戦争(2001-)

戦死者:約50万人

⑪米国によるイラク侵略戦争(2003-)

戦死者:約100万人

⑫米国有志連合VSイスラム国 (2013-)

戦死者:約50万人

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2017/08/16 17:11] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
08/15のツイートまとめ
chateaux1000

【YYNewsLive】■戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画し実行する世界支配階級は誰も死なない!https://t.co/i6eQaE7Ohf https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 23:49

【YYNewsLive】■戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画し実行する世界支配階級は誰も死なない! https://t.co/i6eQaE7Ohf
08-15 23:47

@chicago_b 情報ありがとうございます。おそらく入院されたのでしょう。 https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 23:36

①寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」瀬戸内寂聴が語る戦争体験と反戦、憲法への思い「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」2017.08.15 Litera https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:54

産経新聞OBが驚きの社内事情を証言!「本物の右翼はいない」「幹部は商売右翼」「東京新聞に記者が大量移籍」Literahttps://t.co/iYZ1TThjjl https://t.co/kwMswK3KbL
08-15 22:52

グアム周辺にミサイル発射なら 金正恩は側近に暗殺される2017年8月15日 日刊ゲンダイhttps://t.co/ClSksvCE0m https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:51

米国 メルクCEOがトランプ大統領に抗議、助言役辞任2017年8月14日 共同通信・毎日新聞https://t.co/HGS6seUXYh https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:50

白人至上主義への非難回避 トランプ氏に批判集中 東京新聞https://t.co/cby6qVoA5Y https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:49

動画:米で白人主義者らと反対派が衝突、車突入の瞬間2017年08月13日 AFP日本語版https://t.co/624tE77Mn4 https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:48

「YYNewsLive」!PCからキャス配信中 - 戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画し実行する世界支配階級は誰も死なない! https://t.co/kwMswJM8Nb
08-15 22:11

続きを読む
[2017/08/16 04:13] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【YYNewsLive】■戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画し実行する世界支配階級は誰も死なない!
いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

本日火曜日(2017年8月15日)午後10時時10分から放送しました【YYNewsLiveNo2345】の放送台本です!

【放送録画】 46分08秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/395511983

(1)今日のメインテーマ

■戦争で殺し殺されるのは常に一般庶民であり戦争を企画し実行する世界支配階級は誰も死なない!

我々の市民生活では、他人の家への侵入、他人の殺害や暴力、他人の土地や所有物の略奪、人間の尊厳や自由や基本的人権の侵害はすべて禁止されている。

もしもそれらの規範を犯した場合は重い刑事罰が課せられる。

しかし、いったん他国との戦争が開始された場合には、他国への侵略、他国人の殺害や暴力、他国人の土地や所有物の略奪、他国人の尊厳や自由や基本的人権の侵害はすべて合法化され、奨励され、英雄視される。

これは一体どういうことなのか?

なぜ『市民生活の規範』が真逆な『戦争の規範』になってしまうのか?

それは、戦争を計画・実行する世界支配階級が逆転するように仕組くむからだ。

世界支配階級は、市民の増悪と敵意が他国の人間に向かうような『ショッキングな出来事』を意図的に引き起こし、市民を戦争に誘導し『市民生活の規範』を真逆な『戦争の規範』に差し替えるのだ。

その例1

米国が日本との太平洋戦争に参戦するきっかけとなったのは、1941年12月8日に日本の連合艦隊がハワイ真珠湾の米海軍基地を攻撃して米海軍戦艦を破壊し3000名以上の米軍将兵を殺した奇襲攻撃であったが、これは当時戦争反対の世論を逆転させるためにルーズベルト米大統領が日本にわざと奇襲攻撃させた謀略であった。

その例2

2001年9月11日にイスラム過激派テロ組織『アルカイダ』が起こしたとされる『米国同時テロ』である。このテロ攻撃で2機の旅客機が激突したニューヨーク国際貿易センター高層ビル2棟は完全に崩壊し3000名の犠牲者を出したが、このテロを企画・実行したのはブッシュ政権のブッシュ大統領、チェイニ―副大統領、ラムズフェルド国防長官などの米軍産複合体・ネオコン戦争派と米・英・イスラエルの諜報部隊であった。

米国はこのテロを口実にして、二週間後にアルカイダを匿っているちの理由でアフガニスタンに進行し、2年後の2003年3月には大量破壊兵器を所有し使用しようとしているとの嘘の理由でイラクに侵攻した。

ここで一番重要なことは、平和は『市民生活の規範』があって初めて実現するものであり決して世界支配階級が仕掛ける『国民を戦争に動員するショッキングな出来事』に惑わされないことだ。

我々一般庶民は常に『戦争の規範』を拒否すべきなのだ!

これまでの戦争は、世界支配階級が仕組んだ『ショッキングな出来事』に惑わされた一般庶民が『市民生活の規範』を忘れて『戦争の規範』を受け入れ戦争に動員され、他国民を殺し、自分たちも殺されてきたものであり、戦死者は全員一般庶民であり支配階級は誰も死なないのだ。

▲主な戦争の死者数!(全員が一般庶民)

①第一次世界大戦(1914-1918)

戦死者:約2,700万人

②第二次世界大戦(ナチス・ヒットラーによるヨーロッパ・ソ連・北アフリカ侵略戦争)
(1939-1945)

戦死者:5,000万-8,000万人

民間人の被害者数:3800万-5500万(飢饉病気によるものは1300万-2000万)

軍人の被害者数:2200万-2500万(捕虜としての死者数も含む)

③昭和天皇によるアジア・太平洋侵略戦争(大東亜戦争)(1932-1945)

戦死者:5,000万人

④米国による日本空襲(1944年末-1945年8月)

死者数:100万人(200以上の都市)

⑤米国による広島、長崎原爆投下

広島:約20万人(被爆後5年間)

長崎:約14万人(被爆後5年間)

⑥朝鮮戦争(1950-1953)

戦死者:全体で400万人-500万人

北朝鮮側の死者250万人、韓国側は133万人大多数が一般市民

⑦ベトナム戦争(1960-1975)

戦死者:820万人

南ベトナム側 335万人

北ベトナム側 478万人

米軍他:7万人

⑧イラン・イラク戦争(1980-1988)

戦死者:双方で約100万人

⑨湾岸戦争(1990-1991)

戦死者:10-15万人

⑩米国によるアフガニスタン侵略戦争(2001-)

戦死者:約50万人

⑪米国によるイラク侵略戦争(2003-)

戦死者:約100万人

⑫米国有志連合VSイスラム国 (2013-)

戦死者:約50万人

(以上)

(2)今日のトッピックス

①動画:米で白人主義者らと反対派が衝突、車突入の瞬間

2017年08月13日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3139032?act=all

【8月13日
AFP】米南部バージニア(Virginia)州シャーロッツビル(Charlottesville)で12日、デモのため集まった白人至上主義者らと反対派が激しく衝突し、人だかりに車が突入して1人が死亡、19人が負傷した。

これ以外にデモに関連したけんかなどで16人が負傷した他、上空からデモ対応の支援に当たっていたバージニア州警察のヘリコプターがシャーロッツビル近くの森に墜落して乗っていた警察官とパイロットの計2人が死亡した。警察が墜落の原因を調べているが、現在のところヘリに対する妨害などはなかったとみられている。

車突入の目撃者によると車は反対派の人々に向かって突入した。警察は運転していた男の身柄を拘束し、殺人事件として捜査している。警察によると、車が交差点に突入してきた時に道路を横断していた32歳の女性が死亡した。

現場にはすぐに救急車が到着した。目撃者の男性はAFPに対し、突っ込んだ車は濃い色のセダンで「すごい速さで向かって来てスピードバンプ(スピード防止の段差)を飛び越え、バックして再び人々をはねた」と話し、車の突入は「故意によるもの」だと語った。

②白人至上主義への非難回避 トランプ氏に批判集中

2017年8月14日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201708/CK2017081402000199.html
 
【ニューヨーク=赤川肇】米南部バージニア州シャーロッツビル市街地で十二日に白人至上主義者らと反対派が衝突した事件で、トランプ大統領が白人至上主義者への非難を避けたことに米国内で批判が高まっている。ホワイトハウスは事件から一夜明けた十三日、白人至上主義の秘密結社「クー・クラックス・クラン(KKK)」を名指しで非難する声明を出すなど、火消しに躍起だ。

トランプ氏は事件後、記者団の取材に「あらゆる立場への憎悪、偏狭、暴力を非難する」と語ったが、衝突のきっかけとなった白人至上主義や極右思想には触れなかった。
 こうした対応をめぐり、トランプ氏が所属する共和党内からも「悪は名指しすべきだ」(オリン・ハッチ上院議員)などと疑問の声が噴出。

シャーロッツビル市のシグナー市長は十三日、CNNテレビで「大統領選を思い起こしてほしい」と述べ、人種差別的な発言を繰り返してきたトランプ氏が、今回の事件を助長したと非難した。

ホワイトハウスは十三日の声明で「大統領が非難した対象は当然、白人至上主義者ら、KKK、ネオナチ、すべての過激思想集団を含んでいる」と釈明した。
 事件では、乗用車一台が反対派の群衆に突っ込み、女性(32)が死亡、少なくとも十九人が重軽傷を負った。地元警察は乗用車を運転していたオハイオ州在住のジェームズ・フィールズ容疑者(20)を拘束し、殺人などの疑いで調べている。

ワシントン・ポスト紙(電子版)は十三日、フィールズ容疑者が事件前、白人至上主義者のグループと行動を共にしていたと指摘。高校時代の教師の証言として「旧ナチスに魅了され、ヒトラーに心酔」し、遅くとも高校時代から過激思想に傾倒していたと報じた。

③米国 メルクCEOがトランプ大統領に抗議、助言役辞任

2017年8月14日 共同通信・毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170815/k00/00m/030/132000c

米医薬品大手メルクのケネス・フレージャー最高経営責任者(CEO)

米南部バージニア州で白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突した事件に絡み、米医薬品大手メルクのケネス・フレージャー最高経営責任者(CEO)は14日、トランプ大統領が人種差別主義者らへの明確な非難を避けたことに抗議し、大統領の助言役を辞任したと明らかにした。

フレージャー氏は黒人で、大手製造業の経営トップで構成する大統領の助言組織のメンバーだった。メルクがツイッターで発表した声明で「米国のリーダーは、全ての人間は平等につくられたという米国の理想に逆行する憎悪や偏見、至上主義者を明確に否定しなければならない」と述べた。

これに対し、トランプ氏はツイッターに「彼はこれから、ぼったくりの薬価を引き下げることにもっと時間を使う」と投稿した。

④グアム周辺にミサイル発射なら 金正恩は側近に暗殺される

2017年8月15日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/211433/2

側近に囲まれて(金正恩委員長)

側近が命を狙っている――。北朝鮮が米領グアム周辺に中距離弾道ミサイル「火星12」を4発同時発射する計画。トランプ米大統領も繰り返し軍事的報復をちらつかせているが、軍事素人で怖いもの知らずの金正恩委員長なら発射命令を出す可能性も十分ある。そこで、米国の報復攻撃の強さを熟知する側近の一部は、“金正恩暗殺”を企てているという。

「今回は、1994年の北の核開発疑惑で緊迫した際に訪朝したカーター米元大統領のような仲介者も見当たらない。北がグアム周辺にミサイルを撃てば、トランプ大統領は黙っていないでしょう。有事を避けるには、北が計画を実行しないことが最大の解決策なのですが、メンツにこだわる金正恩が思いとどまるのか疑問です」(外交事情通)

北朝鮮の発表によると、グアム周辺へのミサイル発射は、8月中旬までに準備を終わらせ、発射台を立てた態勢で核戦力の総司令官(金正恩朝鮮労働党委員長)の命令を待つとされている。生きるも死ぬも金正恩次第というわけだ。元韓国海軍少佐で拓殖大研究員の高永テツ氏はこう言う。

「金正恩は軍隊経験もなく、軍事のことは無知。常々、幹部は不満を募らせていましたが、挑発で済んでいる限り、金正恩の“火遊び”を黙認してきました。ただ今回は違う。米国の本気度を感じている北の幹部は、米軍の報復攻撃を食らえば自らの命が危ないと考えている。何とか発射を思いとどまるよう説得しているようですが、それでも言うことを聞かない場合、金正恩暗殺しかないとの強硬論もあるようです。4月に中国の習近平が金正恩に亡命を促したとの報道がありましたが、これも北政権内の不満分子を警戒してのことです」

金正恩は甘く見ているかもしれないが、幹部は米軍のすさまじい攻撃力をよく知っている。

「米軍は攻撃前に“電子撹乱機”で妨害電波を送り、指揮命令系統やミサイルシステムを制御不能にし、反撃できないようにしてから攻撃する。4月に米空母カール・ビンソンが朝鮮半島近海を巡回した際、空爆の標的位置700カ所の情報をアップデートし、準備万端です。もちろん政権中枢の居場所が第1のターゲットです。約2時間の空爆で北全土を壊滅状態にできるでしょう」(高永テツ氏)

側近としては、金正恩暗殺は“正当防衛”ということか。

(3)今日の重要情報

①産経新聞OBが驚きの社内事情を証言!「本物の右翼はいない」「幹部は商売右翼」「東京新聞に記者が大量移籍」

2017.08.14 Litera

http://lite-ra.com/i/2017/08/post-3388-entry_3.html

周知のとおり、加計学園問題では安倍首相や政府の虚偽答弁、トンデモな言い訳が次々と露見したが、同時に各マスコミの“政権御用度”を国民が知るリトマス紙にもなった。周知のとおり、読売新聞は例の“出会い系バー報道”で官邸の謀略に丸乗りした様を満天下に知らしめたが、もうひとつ、忘れてはならないのは産経新聞だ。

たとえば、この間も、産経は安倍政権と加計学園の問題を追及するどころか、疑惑を追及している野党やメディアを批判することに血道をあげ、政権擁護のためにネトウヨがつくりだしたフェイクニュースをそのまま拡散する、なんてことまでやってきた。“安倍御用記者三羽烏”のひとり、阿比留瑠比論説委員兼政治部編集委員に至っては、コラムで〈テレビのワイドショーや左派系新聞を主な情報源としている人は丸め込めても、今後、そうした人は少なくなろう。すでにインターネット上では、メディアの偏向報道と印象操作は周知の事実だからである〉(7月24日付)と書き散らすなど、有象無象のネトウヨと同一化している始末だ。

そんななか最近、この安倍応援団新聞の内幕を検証する『検証
産経新聞報道』(「週刊金曜日」編)という本が発売された。

同書では、産経が援護射撃してきた歴史修正主義、男女共同参画バッシング、教科書改悪運動などをめぐって、能川元一氏や斉藤正美氏、高嶋伸欣氏など右派運動に詳しい研究者たちが論文を寄せて、その虚偽やインチキを徹底的に明らかにしている。また、一連の慰安婦問題をめぐる朝日バッシングの標的とされた元朝日新聞記者・植村隆氏の寄稿文では、昨年、産経からのインタビューを受けた際の“直接対決”の裏側などが詳述され、阿比留瑠比記者たちのトンデモが白日のもとにさらされているなど、多方面から産経新聞報道の問題点を指摘している。

だが、そのなかでも実に興味深いのは、フジサンケイグループの「日本工業新聞」(現紙名「フジサンケイビジネスアイ」)の元論説委員・松沢弘氏のほか、絶対匿名を条件に集まったという3名の産経グループOBらによる座談記事だ。松沢氏は、産経労組とは別に、マスコミ界初の合同労組「反リストラ産経労」を立ち上げたことがきっかけで、不当な懲戒解雇に処された経緯を持つ。

一方、3名の産経グループOBたちは匿名ながら、最近、退社したと思しきOBもおり、これまた社内事情にかなり詳しそうだ。いったい彼らが暴露する産経新聞社の実情とはいかなるものなのか。

幹部は商売右翼、新入社員は他紙を落ちて仕方なく…

まず、素朴気になるのが、なぜ、産経には他の全国紙・ブロック紙ではほとんど見られない“ユニークすぎる極右記事”が並ぶのかということ。さぞかし、社内はネトウヨだらけなのかと思いきや、本気の右翼思想をもっている人はあまりいないらしい。
 まず、松沢氏が「『産経』の社員が、みんな右翼かというと、そんな人はほとんどいません」と切り出すと、OBのA氏も幹部批判をしながら、こう語った。

「取締役会に出たことのある人の話なんですけど、「『産経』の取締役は本当にひどい。どうしようもない奴らばかりだ。こんな無能な連中が取締役でいて、いい会社になるわけがない」とこぼしていました。幹部は思想的にも普通の人だったと思うんですけど、メディアにおける『産経』の位置づけからして、「商売右翼」でしか生きられないんですよね。幹部も社員も右翼的な思想とは全く無縁といって差し支えないと思います。

『産経』で経営者になったり、局長になる人は、そういう風に自らをしつけるというか、振る舞うほかないのかもしれません。左翼はあんまりいないでしょうけど、ホンモノの右翼もほとんどいません」

他紙に比べてシェアが低い産経が生き残りのために、右派読者にターゲットを絞ってどんどん極端になっているという話はよく聞くが、このOBによると、幹部もただの「商売右翼」らしいのだ。

一方、産経新聞に入ってくる新入社員たちの実態、メンタリティを明かすのは、同じくグループOBのB氏だ。

「そもそもどういう人が入ってくるかというと、「朝・毎・読」(『朝日新聞』『毎日新聞』『読売新聞』の略)とNHKの試験を落ちた人が『産経』を受けて、それぞれおさまっていきます。

そういう意味では、東京本社の記者はかなりコンプレックスが強いです。学歴的にも華々しい人はあまりいませんし。学校の成績も入社試験の成績もイマイチだった人が入ってきます。そして、東京本社の記者は自分の紙面を恥じている人が多い。本当は『朝日』に行って、カッコ良く社会批判の記事でも書きたかったんだけど、そうは問屋が卸さなかった。仕方なく『産経』に入り、「ジーナリストになりたいという夢」は一応、表面的に満たしてくれるので、そこで言われたことをやるという人がほとんどでした。

世間の評価は特に『産経』東京本社は低いですし、「自分は、こういう記事を書きたいんだ」という志のある人はあまりいませんでした。入社のときにジャーナリストとしての志が、挫けてしまった感じです」

ようするに、右派イデオロギーと政権擁護を前面に出した、ああいう紙面を本気で書きたいと思って入ってくる記者はほとんどおらず、他紙を落ちて仕方なく入ってきた者もけっこういるらしいのだ。しかも、驚いたのが、産経の記者たちが自分たちの紙面を恥じているという証言だ。

まあ、普通の知性があれば、あの紙面を恥ずかしいと思うのが当然だが、産経の社員にまだそういう良心が残っていたとは……。しかし、だとしたら、産経の記者としてあんな記事を書き続けるのは相当な苦行だろう。そこで、記者たちが考えるのは「他紙への転職」らしい。

「入社した頃、みんなで「とりあえず『産経』で仕事を覚えて、他に行ってしまおうね」という話はしょっちゅうしてました」(B氏)

実際、産経新聞では、記者の離職率がかなり高く、入社から数年で他紙や週刊誌に移るケースが頻発していると言われている。もちろん、読売や朝日と比べて給料が圧倒的に安いという事情もあるだろうが、記者たちのこうしたメンタリティも影響しているのではないか。

産経新聞からなんと、東京新聞に記者が大量流出していた

しかも、同書を読んでいて驚いたのが、産経を辞めた記者が一時、思想的に真逆のはずの東京新聞に大量に転職していたという事実だ。

「『産経』東京本社の中には、『東京』のスカウトマンがいると言われていました。『産経』の社員なのに『東京』からお金をもらって、「これは」と目をつけた記者をどんどんスカウトするのです。一時期、『東京』にものすごい数の記者が移りました。よく笑い話で、「『東京』に移った『産経』グループのOBで、野球チームができるどころか、リーグ戦ができるんじゃないか」と言われていたくらいです」(C氏)

よくもまあ真逆のスタンスの新聞社に移籍できるものだなと感心するが、もともと、「商売右翼」が多い産経の記者たちは、簡単に切り替えられるということなのだろうか。

しかし、産経新聞に「商売右翼」が多いからといって、決して侮ったり、無視するわけにはいかない。事実、産経が右派のイデオロギーをむき出しにして、デマの拡散や差別の扇動まで加担し、“日本の恥”としか言いようのないネトウヨを培養してきたことは、幾度となく本サイトでも取り上げてきたとおりだ。

「フジサンケイグループの社内風土や空気は、恐ろしいといえば恐ろしいです。普通の人が志や思想とは関係なく、「ド右翼」「権力の走狗」という風になってしまうわけですから。そうじゃない人は他社に移るか、私のように辞めさせられるかのどちらかです」(松沢氏)

とりわけ、近年の産経が政権の“広報部”よろしく、権力チェックをする他のマスコミの足を引っ張り、憲法破壊や他メディアへの報道圧力を“応援”する記事を濫造していることは、はっきり言って、戦後の平和主義にとっても表現の自由にとっても害悪でしかないだろう。

『検証
産経新聞報道』には他にも、産経新聞の経営的な問題やフジテレビとの歪な関係など、興味深い証言が載っている。産経新聞は、フジテレビから陰に陽に資金援助をしてもらってなんとかやっている状況で、フジに見切りをつけられた瞬間に“おしまい”だというくらい、経営が逼迫しているのだという。

ネット上では積極的なコンテンツ配信で幅を利かせているように見える産経新聞だが、その実態は読者が思っているよりも何倍も、いろんな意味でヤバいということらしい。
(編集部)

(4)今日の注目情報

①寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」

瀬戸内寂聴が語る戦争体験と反戦、憲法への思い「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」

2017.08.15 Litera

http://lite-ra.com/2017/08/post-3389.html

『生きてこそ』(新潮新書)

本日8月15日は72回目の終戦記念日となる。しかし戦後70年以上の時を経て、戦争の記憶と反省が失われつつある。テレビや雑誌などメディアでも、戦争の記憶を語り継ぐための企画は年々少なくなっている。そんな風潮に抗い自身の戦争体験を語る、仲代達矢、桂歌丸、市原悦子らの声を、本サイトでは紹介してきた。

もうひとり、熱心に自身の戦争体験を語り、戦争の恐ろしさを忘れつつある日本に警鐘を鳴らし続けているのが瀬戸内寂聴である。瀬戸内は新刊エッセイ集『生きてこそ』(新潮社)のなかで、自身の戦争体験についてこのように語っている。

〈北京で中国古代音楽史の研究をしていた夫は三十一歳にもなって、突然北京で応召した。まだ誕生日も迎えていない女の子をかかえ、私は初めて戦争のむごさを、身をもって思いしらされた。夫が出征して二ヵ月すぎた時、何の予告もなく夫は無事に帰ってきた。
 着の身着のまま子どもだけかかえて帰国してみれば、故郷の徳島の町はまる焼けになっていて、母は防空壕で焼け死んでいた。夫の家も焼けて姑は義兄の住む愛媛に移っていた。焼け跡に父と姉で手造りで建てた家がぽつんとあった。私たちは親子三人そこへ居候するしかなかった。二人の男の子を残し、出征した義兄は、ソ連へつれていかれたとシベリアからハガキが一枚来ただけだという。知人の家でもさまざまな苦難に耐えていた〉

無事に引き揚げられはしたが、故郷では家も家族も失ってしまった。防空壕では母だけでなく祖父も亡くなっていた。そして終戦の日には〈日本人は皆殺しにされるだろうと、その夜は一睡もできなかった〉(前掲『生きてこそ』)という。

そういった悲惨な体験をしているからこそ、子どもや孫の世代に同じような経験をさせたくないという思いが強い。そのために、彼女はメディアを通して、先の戦争でいかに人々がつらい思いをしたかということを伝えてきたのだが、そういった活動と反比例するように、現在この国は着実に先の戦争で得た反省を無きものにし、再び戦争ができる国へと生まれ変わろうとしている。瀬戸内寂聴はそういった傾向を危惧している。

〈戦争時の体験のない政治家たちによって運営されている戦後七十年の日本の行方が、日々不安でならないのは、死齢に達した老婆の妄想にすぎないのであろうか〉(前掲『生きてこそ』)

この文章のなかで瀬戸内の頭に想起されている〈戦争時の体験のない政治家たち〉のひとりは、いうまでもなく安倍晋三だろう。事実、瀬戸内寂聴はかつて「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥です」と痛罵したこともある。


瀬戸内寂聴「“戦争法案”を押し通した安倍首相の神経は理解しがたい」

それは、「女性自身」(光文社)2015年8月4日号でのこと。このインタビューのなかで瀬戸内寂聴はさらにこのように語っている。

「安倍晋三首相と、与党議員たちが強行採決した安保法案は、日本国民を世界中で死なせ、家族を不幸にし、国まで滅ぼすものだと思います」
「これだけ国民に反対されていることを自覚しながら、“戦争法案”を押し通した安倍首相の神経は理解しがたいですね」

 安保法制に反対する文化人・芸能人のなかでも、ここまで強い調子で安倍首相を非難できる人間はそう多くないだろう。そして、瀬戸内はこうまで言い切っている。

「多くの国民が安保法案に反対したという事実、そして安倍首相と政府与党がどれだけ横暴なことをしたのかという事実は、歴史に刻まれます」

安倍晋三のような首相ができあがったのも、それに共鳴する人間が増えたのも、ひとえに国民が戦争の恐ろしさを共有できなくなっているという状況が根底にあるのは間違いない。

先月に亡くなったばかりの、聖路加国際病院名誉院長・日野原重明氏もまた同じような危機感を抱いていたひとりだった。彼は、高齢者が健康的で活発な生活を送るためのサークル「新老人の会」をつくり、現在では1万人以上の会員を擁する組織となっているが、瀬戸内寂聴も参加するその会でつくった本について彼女はこのように語っている。

〈日野原重明氏提唱の「新老人の会」というのは、七十五歳以上の元気で前向きな生き方のできる老人たちの集まりである。その人たちは戦争体験者なので、余生は戦争の記憶を綴り戦争を知らない若者に伝えたいと念願して戦争体験記の本を出した。それは真面目な立派な記録だけれど、今の若者たちにどうやってそれを読ませるかが問題である〉(前掲『生きてこそ』)

また、そもそも、体験として戦争を語ることのできる人がどんどん減ってきてしまっているという問題もある。たとえば、水木しげる、永六輔、大橋巨泉、野坂昭如、ペギー葉山、野際陽子など、ここ数年だけでも戦争体験を盛んに語り継いでいた文化人や芸能人がどんどん鬼籍に入ってしまっている。

だからこそ、いま語り残される戦争の記憶はとても重要なものであり、そこで語られる証言を我々は胸に刻み込むべきだろう。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************











[2017/08/15 23:44] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
【今日のブログ記事】■なぜ東京新聞は自称・国際政治学者三浦瑠璃(るり)の100%事実認識が誤っているインタービュー記事を無批判に掲載したのか?
いつもお世話様です。                         

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。
    
昨日月曜日(2017.08.14)に放送しました【YYNewsLiveNo2344】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 76分48秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/395231686

【今日のブログ記事】

■なぜ東京新聞は自称・国際政治学者三浦瑠璃(るり)の100%事実認識が誤っているインタービュー記事を無批判に掲載したのか?

東京新聞8月12日付け朝刊【考える広場】「気分はもう戦前?今の日本の空気」という記事の中で、ジブリ映画監督高畑勲氏の「ボロボロの平和繕え」と 桃山学院大准教授石田あゆ氏の「ネット傾倒に危うさ」と共に三浦瑠璃国際政治学者の「全否定は過去見誤る」のインタビュー―記事が掲載されていた。

【該当記事】

2017.08.12 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/hiroba/CK2017081202000195.html

【三浦瑠璃氏のインタビュー記事全文】転載

◆全否定は過去見誤る 国際政治学者・三浦瑠麗さん

写真 三浦瑠麗さん

20170814三浦瑠璃

まず、「戦前回帰」を心配する方々が思い描く「戦前」のイメージに不安を覚えます。大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、一九四三(昭和十八)~四五年のせいぜい二年間ほどでした。それ以前は、経済的に比較的恵まれ、今よりも世界的な広い視野を持った人を生み出せる、ある種の豊かな国家だったと考えています。それを全て否定するのは一面的で、過去を見誤っています。

「今は、あの二年間に似ていますか」と聞かれたら、私は「全然似ていない」と答えます。「『共謀罪』法が治安維持法に似ている」というのも誤った分析。現代は当時のような共産主義やアナキズム(無政府主義)の脅威がありませんし、民主政治は成熟しました。
人権を守る強い制度も定着した。あの時代のような拷問や弾圧が容認されるはずがないでしょう。警察官もはるかにプロ意識のある集団に育ち、抑制が利いています。

「戦前回帰?」の議論は元をたどれば改憲論議。現在の憲法改正を巡る議論は、護憲派、改憲派ともに不十分な点が多い。

まず護憲派。悲惨な敗戦と、あまりに大きな犠牲を払った総力戦への反省に立脚する平和主義は、一国だけのものですか、と問いたい。日本が戦争をしないことにしか関心がない考え方は、世界に向かって普遍的に説明できるものではありません。志が低い。矮小(わいしょう)化された平和主義が、すでに国民の過半数の支持を得られなくなっている。それが今の状況でしょう。

改憲派は、一九四七年に連合国軍総司令部(GHQ)に押しつけられた憲法を否定し、少しでも変えることに固執していますが、こちらも小さい。安倍晋三首相は五月、憲法九条に三項を加える「自衛隊の明文化」を提案しました。連立相手の公明党への配慮だと思います。でも、それでは本質的な矛盾は解決しない。私は「戦力不保持」を定めた二項を削除すべきだと考えています。

改憲の議論を見ても、国家観、歴史観を持ち、理念を掲げられる日本人が育たなくなっていることが分かる。残念なことです。台湾の李登輝・元総統を見てください。困難な状況下で骨太の政治理念を養い、民主化を主導した名指導者ですが、彼を育てたのは戦間期(第一次世界大戦と第二次大戦の間)の日本であり、戦後の日本ではないのです。

(聞き手・中野祐紀)

<みうら・るり> 1980年、神奈川県生まれ。東京大大学院法学政治学研究科修了。東大政策ビジョン研究センター講師。『シビリアンの戦争』『日本に絶望している人のための政治入門』など。

(記事転載終り)

しかし、国際政治学者三浦瑠璃の主張はいつもながら論理展開の論拠となる事実認識が100%間違っているのだ。

▲三浦瑠璃の100%間違っている事実認識!

①「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、一九四三(昭和十八)~四五年のせいぜい二年間ほどでした。」

→これは全くの間違い。大日本帝国が総動員体制でアジア太平洋侵略戦争を開始したのは1943年ではなく、それより12年前の1931年からである。1931年9月18日関東軍は中華民国奉天郊外の柳条湖で南満洲鉄道の線路を爆破し(柳条湖事件)満洲全土を占領し、翌年1932年に日本の傀儡政権【満州国】を打ち立てた時からである。

②「それ以前は、経済的に比較的恵まれ、今よりも世界的な広い視野を持った人を生み出せる、ある種の豊かな国家だったと考えています。」

→これも全くの間違い。1930年代の日本は「豊かな国」ではなく、1923年の関東大震災の直撃から回復せず、さらに1929年の世界恐慌の直撃を受けて企業倒産が相次ぎ失業者が街にあふれ、娘を身売りするほどまで農村が疲弊しする大不況が続いていたのだ。

→1931年の「満州事変」、1932年の【海軍515クーデター】、1936年の「陸軍226クーデター」、1937年の「支那事変」と「日中戦争開始」はいずれも疲弊した国内経済の一挙に回復させるためのの軍部による軍事行動だったのだ。

③「それを全て否定するのは一面的で、過去を見誤っています。」

→過去を見誤っているのは三浦瑠璃氏の方だろう!

④「今は、あの二年間に似ていますか」と聞かれたら、私は「全然似ていない」と答えます。「『共謀罪』法が治安維持法に似ている」というのも誤った分析

→これも間違い。『共謀罪』法は277の個別法を網羅して「テロを実際に実行する前のテロの企画・計画・準備段階」の容疑で強制捜査できる権限を警察に与えたのであり、まさに「平成の治安維持法」そのものである。

⑤「現代は当時のような共産主義やアナキズム(無政府主義)の脅威がありませんし、民主政治は成熟しました。」

→これも全くの間違い。戦前の「共産主義」や「アナキズム(無政府主義)」は政権にとって「脅威」では全くなかったのだ。「共産主義」や「アナキズム」を「脅威」にでっちあげて「非国民」を治安維持法で逮捕し、拷問し、虐殺し、刑務所に送ったのである。

⑤「人権を守る強い制度も定着した。あの時代のような拷問や弾圧が容認されるはずがないでしょう。警察官もはるかにプロ意識のある集団に育ち、抑制が利いています。」

→これも全くの嘘。高井戸署の刑事二人が無実の中学3年生二人を窃盗の自白を強要するために大声で「首取る」「地獄見せる」などと戦前の特高並みの拷問を行っていたことが暴露された。

こんなでたらめな主張を繰り返す自称・国際政治学者三浦瑠璃の主張を無批判に垂れ流す東京新聞は一体どうしたのか?

その最大の原因は、自称・国際政治学者三浦瑠璃をインタビューをしてこの記事を書いた中野祐紀という東京新聞記者が、三浦瑠璃の事実認識がすべて間違っており彼女の理論は破たんしていることを正面から批判できなかったからだろう。

おそらく勉強不足で反論できなかったのだ。

さらに重大な誤りは、本来こんなウソだらけの自称・国際政治学者三浦瑠璃のインタビュー記事を不許可にすべき編集局幹部たちが、何の問題意識もなくそのまま掲載を許可したことである。

いっそのこと、記者会見で連日菅官房長官の嘘を暴露して奮闘している望月衣塑子(いそこ)記者を編集長に抜擢すれば良いのだ!

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
[2017/08/15 10:39] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>